青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「猪~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

独立~ 独身~ 独逸~ ~狭い 狭い~ 狸~ 狼~ ~狼狽 狼狽~ 猛烈~
猪~
~猫 猫~ ~猶 猶~ ~猿 猿~ 獅子~ ~獣 獣~ 獨~

「猪~」 1680, 18ppm, 6300位

▼ 猪~ (488, 29.0%)

70 松の 59 松は 38 松が 24 介は 20 松と 19 助は 16 松を 14 松に 13 松も 11 助が, 助の 107 助と 6 さんは, 助に 5 介が, 介の, 助, 助親分, 松だ, 松で, 松とが, 松との 4 助を, 松とは, 松方へ 3 さんが, 松でした, 松という, 松へ, 松方に, 松親分の

2 [11件] が綿入れ, さんと, さんには, に抱きつきぬ, 介氏の, 助とが, 助も, 松だけを, 松といふ, 松には, 松親分を

1 [72件] が云, が云う, が帰っ, が間にあう, さんの, さん独特の, をおぶっ, 介に, 介にも, 介はにや, 介も, 介を, 介経済学全集, 兄哥が, 助さん, 助さんね, 助さんや, 助であった, 助です, 助といふ, 助には, 松か, 松さんが, 松さんだつて, 松さんです, 松さんに, 松さんは, 松その間に, 松だった, 松だつた, 松ぢや, 松では, 松ともに, 松どんの, 松にとっては, 松にとっても, 松により, 松や, 松一人を, 松一家が, 松一家の, 松乾児の, 松五助など, 松儀これより, 松先へ, 松其方は, 松方で, 松方でも, 松方の, 松本人が, 松殿か, 松殿には, 松殿ほんに, 松殿を, 松登場, 松親分かと, 松親分から, 松親分とは, 松親分へ, 松身内に, 松身内の, 松錢形平次と, 松離屋の, 松離屋を, 松風情を, 物は, 輔さんが, 輔さんと, 輔さんとに, 輔さんとも, 輔君で, 輔渡邊三角洲両君とは

▼ 猪~ (284, 16.9%)

30 肉を 20 ように 7 ような 6 肉は 4 肉の 3 やうな, 床の, 王様だ, 肉が

2 [22件] おツ母さん, はん, 上に, 代りに, 助が, 年の, 文身を, 牙に, 牙は, 牙を, 産地で, 皮の, 肉で, 肉と, 股を, 腹を, 血を, 身の上の, 頭に, 頭を, 類は, 鼻息の

1 [161件] うまさ, お仲間, お祝い大手には, お雜煮, かかるの, がやはり, くいつくの, こと, ことで, ごとき男, ごとく毛, はんかて, はんこんな, はんには, はんみたいな, はん何んぞ, はん何んで, はん女護の, はん旦那の, はん藥鑵は, やうに, ようだった, ワナは, 一枚も, 一群は, 上肉三斤を, 事が, 事を, 事豚は, 人立す, 仔が, 仔で, 仔の, 仔を, 俺が, 先生にか, 出たこと, 出るの, 分けて, 勢ひで突喚し, 口うごめきあさる, 味が, 味だけで, 味で, 味や, 味覚が, 場合は, 夜藁で, 奴めこの, 如き早, 如き獸類, 如き鋭い, 如く無二無三, 如く飛込まないの, 子, 子が, 子でも, 子神さん毎年ござれ, 字は, 字ヶ原の, 宍鹿の, 尻の, 差こそ, 年, 床とはに, 床にも, 形を, 形容を, 御馳走で, 怒れる顔面, 所作を, 所為では, 料理を, 新しい生肉, 方は, 松と, 根原種たる, 様な, 樣な, 横に, 横伏し喘ぎ, 檻を, 毒消しだ, 毒質が, 毛で, 毛皮で, 汚臭には, 滝を, 焙肉, 熊入道も, 爪の, 牙あり, 牙で, 牙の, 王と, 生きたの, 画を, 番を, 皮が, 皮や, 目すかす, 目という, 目を, 相撲場で, 相撲場に, 相撲場の, 糞牛の, 美味さ, 美質を, 群山羊亦, 肉, 肉だ, 肉だけ, 肉だけに, 肉という, 肉とは, 肉とを, 肉など, 肉にも, 肉も, 肉片と, 股でも, 股の, 股や, 肥えたの, 肥鮮の, 背中の, 背山とか, 背骨も, 背骨を, 胴服を, 胴着に, 脂と, 脳味噌なら, 腹より, 荒れ方, 行事が, 行事を, 襲ふ, 親に, 言った事, 訳名を, 話を, 蹄に, 通った後, 通りです, 通りに, 遊ぶの, 隠れ家なりとして, 露店を, 頭や, 頸を, 類多くは, 食って, 馴れた豚, 驅ける, 高名だ, 鼻か, 鼻と, 鼻の, 鼻を

▼ 猪~ (92, 5.5%)

3 売って 2 求めて, 煮て

1 [85件] お射, たいぢしました, ぶらさげて, みせたいの, パクつきながら, 一匹宛買っ, 一頭捕っ, 二頭殺し, 仕止めて, 仕留めこれぞ, 写生し, 十数匹猟って, 友達の, 取らむ, 取る, 取るか, 取るなり, 取れんよう, 取ろうと, 呼ぶ名, 型どった蚊遣, 好むか, 家畜に, 射しが, 射たま, 射るに, 射貫きめでたく, 射透すとは, 屠って, 屠りて, 常食と, 待つと, 打たといふ, 打つつもり, 抱き鹿, 持ち来ったの, 捉んと, 捕ったり, 捕るため, 搏つと, 撃つこと, 料理させ, 斬ったかと, 殺すの, 煮る時, 狩って, 狩りに, 猟し, 献上し, 獲た, 獲って, 獲むや, 獲るため, 生姜と, 画いて, 画く, 胆吹山神の, 見たるに, 見つけたかと, 見付ければ, 豕, 買いに, 買うこと, 買って, 踏み殺したは, 踏み殺して, 追い出すの, 追い廻して, 追うて, 追うよう, 追う女, 追ひかけ, 邦訳の, 野猪また, 闘わすと, 食うところ, 食ったばかり, 食ったむくいという, 食った人, 食つたのは, 食はせる, 食べても, 食べません, 飼う事, 鳥右さんが

▼ 猪~ (65, 3.9%)

2 出ました, 出る, 文身し, 最も味

1 [57件] あった事, あらはれて, あらわれること, あると, いる, いると, ことに多かっ, さか, すんで, とれた話, ふしくさ, ぶら下がって, まだありました, ゐます, 一疋の, 三匹ぶらさが, 下宿屋の, 久しく中絶, 人家の, 仔猪を, 仮, 出たり, 出て, 出まさア, 出ると, 化ける鹿, 喪主と, 嗅いで, 奔って, 居る, 常に筋肉, 年の, 忍び込み納屋, 怒つて, 我を, 捕れた, 捕れ申したか, 明日の, 来るそう, 林から, 梯子から, 氷の, 浄処を, 火を, 煮え出したもの, 熊の, 牙を, 畑を, 美味い, 脚を, 芋を, 蝨を, 転がり出した, 飛出したやう, 飛出しました, 飛出すぞ, 鼠より

▼ 猪右衛門~ (62, 3.7%)

2 である, と玄女

1 [58件] か, が足, そうして女, だ, であった, です, ですっ, でもんどり, とそうして, とは争い出した, とやらへ掛かっ, とを追っかけ, と右近丸, と相棒, と追って, などに突かれる, などの一小隊, ならあれ, には解らないらしい, にも胸, のやった, の声, の後, の手許, の背後, の足音, の隊, はいよいよ, はこれ, はしかし, はどうしてどうして, はにわかに, はニヤニヤ, は一本, は不安, は人形, は兇悪, は右近丸, は得意, は懐中, は玄女, は相手, は素早く, は花木の間, は謂う, は迂散らしく, は部下, は頷いた, は馬, へ渡した, へ話しかけた, も手下, も玄女, も背後, や玄女たち, をやっつけた, を担い, を追って

▼ 猪~ (57, 3.4%)

2 団栗が, 痩せほそり皮, 足の

1 [51件] いつも一人ぼっち, かみ合, このあたり, これを, さらに幾倍, たちどまりました, ないとて, なにか傷, なほ猛りたつ, ほんとうに, まだ色々の, もちろん肉, ゆらゆらと, 一本の, 不弥, 仁田の, 仲の, 何か, 全く勇, 又た, 同類の, 味に, 味において, 喰い付き, 大層好ん, 宿はずれの, 小さな眼, 居ない, 山芋が, 当歳, 急所を, 悪さ, 我敵に, 格段に, 毛を, 滅多にか, 澤山に, 焼け過ぎても, 爾は, 牙を, 犬の, 突進しました, 背中の, 脂が, 脂に, 蛇咬の, 豚の, 雪に, 頭を, 鼻面で, 龍象の

▼ 猪~ (47, 2.8%)

2 似て, 化れる, 続いて

1 [41件] かぎらずそこ, さいなまれて, しても, とびの, なつた, なり, なれるは, 乗るとか, 仕上げたは, 会ったの, 似たる大石, 似た大石, 似た山豚, 係り猪八戒, 化けたもの, 向って, 向つて爪, 味噌を, 呶鳴られた, 咬まれたあと, 手を, 扮しなければ, 攻められおまけ, 殺され, 殺された兄, 毒の, 王たり, 矢が, 萩の, 落され仕留められたと, 衝かれて, 語って, 蹴ちらされる木の葉, 近づくべ, 近付くべ, 逢い, 逢いました, 道を, 適用し, 魅せられて, 鹿まるで

▼ 猪~ (43, 2.6%)

3 鹿を 2 なりて, 間違えて, 鶴とを, 鹿の

1 [32件] あり, いい豚, たいしてちがった, たたかって, なった藤五, 一匹の, 一緒に, 並び称せられる唐岬, 云ふ, 仔猪とは, 取組むよう, 同じで, 名づく, 大きな熊, 奔り, 書いたの, 書いたので, 書かねば, 柿と, 気付かず, 熊とが, 熊とを, 現われ殺した時ヴェヌス, 生姜は, 生姜を, 申す獣, 穀物や, 言う位, 違うて, 間違へ, 闘い熊を, 鹿とを

▼ 猪~ (37, 2.2%)

4 猿を, 鹿が, 鹿の 2 熊や, 熊を, 鹿も

1 [19件] 信州の, 兎なぞ, 兎の, 兎や, 熊だ, 牛や, 狼が, 狼に, 狼を, 羚羊も, 追い剥ぎが, 雉の, 鮪へ, 鮭の, 鶏を, 鹿どころの, 鹿などを, 鹿へ, 鹿を

▼ 猪太郎~ (24, 1.4%)

2 というの, や妾, よく戻った

1 [18件] が必死, こそこの, じゃ, では, というどうやら, という海賊船, と名付けられた, と呼ぶ, の二の腕, の右, の手紙, の身の上, はその, は今, は十歳, よく参った, を枕もと, を産んだ

▼ 猪八戒~ (22, 1.3%)

2 のよう

1 [20件] だと, だよ, として米友, と子路, と沙悟浄, と沙悟淨, にも劣らぬ, に似, に似た, に沙悟浄, の勢力範囲, の御相手, の方, の野郎, はあんなに, はともかく, はとりわけ, はヘタ, は最もよく, は豕

▼ 猪鹿~ (19, 1.1%)

3 の肉 2 の害

1 [14件] が最も, が畑, などの害獣, などの踏み分け, の息つぎ, の通る, の道路, を射る, を殺し, を狩っ, を追う, 伏すと, 待つと, 待つ如

▼ 猪~ (16, 1.0%)

2 の公定値段, の至味

1 [12件] で野葡萄, などと同じく, にも牛蒡, の面目, は高い, や山鳥, や鯛, を少し, を賞味, を食せざる, 売りの, 売りますの

▼ 猪~ (15, 0.9%)

3 共に吹かる 2 熊も 1 ついでに, ゐる, 似て, 実際は, 射ずして, 少からず, 打ちきと, 狼も, 組み伏せて, 豚も

▼ 猪~ (15, 0.9%)

2 であった

1 [13件] が云, が怪しい, が潜った, でないこと, でもない, でもなけれ, のよう, の出, の声, の死ざま, の死骸, はちょっと, は衣

▼ 猪~ (14, 0.8%)

2 とか狼, と言っ, ねえ猪, のを 1 から狸位何, という, とおかしい, とかまた, とか鹿, とウッカリ

▼ 猪でも~ (9, 0.5%)

1 引っぱるよう, 手捕り, 打ちましたか, 扱うよう, 肉の, 豚でも, 雉でも, 雉子でも, 鹿でも

▼ 猪之さん~ (9, 0.5%)

1 が一緒, が中, のこと, はそれ, は助かるでせう, は嫁, は近所, は阿, も亦

▼ 猪之の~ (9, 0.5%)

2 戻りて 1 乾兒で, 同勢へ, 家に, 方から, 賭場で, 賭場の, 首を

▼ 猪番小屋~ (9, 0.5%)

1 でそこ, で五人, で死んだ, といえ, にあつまった, に松葉, の戸, の方, へ行っ

▼ 猪狩り~ (7, 0.4%)

2 の用意 1 でそれ, とな, の日, の軍勢, を行う

▼ 猪~ (6, 0.4%)

1 それとも鹿, でなければ鹿, むじなか, 熊か, 狼で, 猿を

▼ 猪なべ会~ (5, 0.3%)

1 がある, で猪, というふれこみ, のみに限らない, をやる

▼ 猪~ (5, 0.3%)

1 と怯懦, と称し, に逸る, の同僚, を排し去る

▼ 猪名野~ (5, 0.3%)

2 は見せつ 1 は摂津, をば見せつ, を来れ

▼ 猪村巡査~ (5, 0.3%)

2 の顔 1 はそうした, は毛ムクジャラ, は高笑い

▼ 猪右衛門一豊~ (4, 0.2%)

1 であった, などもよばれ, など多士済々, の手勢

▼ 猪~ (4, 0.2%)

2 太という 1 太が, 太は

▼ 猪突き槍~ (4, 0.2%)

1 だの熊, や鉄砲, らしくねえ, を捨て

▼ 猪~ (4, 0.2%)

2 は忽ち 1 既に散じ, 来って

▼ 猪~ (4, 0.2%)

1 で全然, に窘む, の上, の勇敢そう

▼ 猪~ (4, 0.2%)

4 の岡

▼ 猪だの~ (3, 0.2%)

1 借金取だ, 奇躰な, 希代な

▼ 猪などを~ (3, 0.2%)

1 おって, 一と, 仕止めたこと

▼ 猪へは~ (3, 0.2%)

1 どういう風, 他の, 毒消しという

▼ 猪~ (3, 0.2%)

1 が額, の右, はその

▼ 猪~ (3, 0.2%)

1 という男, とが立ち去った, の口

▼ 猪~ (3, 0.2%)

1 につづく, の枕詞, の笹原かぜ

▼ 猪~ (3, 0.2%)

1 のにおい, の二杯目, を運ん

▼ 猪突き~ (3, 0.2%)

1 にしなけれ, にサツ, に眞

▼ 猪追い~ (3, 0.2%)

1 にし, に持ち出し, 眼を

▼ 猪~ (3, 0.2%)

1 と見, ばかり殘, を外

▼ 猪~ (2, 0.1%)

1 これは, ごわりまし

▼ 猪とか~ (2, 0.1%)

1 山犬とか, 鹿とか

▼ 猪とは~ (2, 0.1%)

1 よく言った, 大層な

▼ 猪などの~ (2, 0.1%)

1 肉を, 野獣の

▼ 猪なども~ (2, 0.1%)

1 とれました, 澤山に

▼ 猪なべ~ (2, 0.1%)

1 として問題, をする

▼ 猪なり~ (2, 0.1%)

1 云々, 勢衰へて

▼ 猪にも~ (2, 0.1%)

1 乗った勢, 更に又

▼ 猪に対して~ (2, 0.1%)

1 申し訳が, 野生の

▼ 猪のう~ (2, 0.1%)

1 だき, だき畏

▼ 猪ばかり~ (2, 0.1%)

1 でありません, 打って

▼ 猪みたい~ (2, 0.1%)

1 に迫った, に追いかけ

▼ 猪より~ (2, 0.1%)

1 もっと恐ろしい, 軟かで

▼ 猪よりも~ (2, 0.1%)

1 太くて, 強い所

▼ 猪ン中~ (2, 0.1%)

2 の王様

▼ 猪一郎さき~ (2, 0.1%)

2 に一書

▼ 猪一郎君~ (2, 0.1%)

2 は肥後熊本

▼ 猪一郎君さき~ (2, 0.1%)

2

▼ 猪之と~ (2, 0.1%)

2 一所に

▼ 猪之は~ (2, 0.1%)

1 どうした, 何した

▼ 猪之まで~ (2, 0.1%)

2 自然と

▼ 猪之や~ (2, 0.1%)

1 なんにもあり, 何にも

▼ 猪五日~ (2, 0.1%)

1 は牛, を牛

▼ 猪五百猪~ (2, 0.1%)

1 に王, の王

▼ 猪伯父~ (2, 0.1%)

2 あるいは伸

▼ 猪八戒先生~ (2, 0.1%)

1 が, の活躍舞台

▼ 猪十郎~ (2, 0.1%)

1 の許, の首

▼ 猪古目~ (2, 0.1%)

1 が長野, 放太

▼ 猪名県~ (2, 0.1%)

2 の佐伯部

▼ 猪~ (2, 0.1%)

1 と異なり, の上牙

▼ 猪~ (2, 0.1%)

2 の命

▼ 猪~ (2, 0.1%)

1 の段, や魚取り

▼ 猪早太~ (2, 0.1%)

2 ほどにもない

▼ 猪~ (2, 0.1%)

2 が臭我

▼ 猪汝速やか~ (2, 0.1%)

2 に去るべし

▼ 猪~ (2, 0.1%)

1 のにおい, の黒髪

▼ 猪独活~ (2, 0.1%)

1 の白い, をあしらい

▼ 猪~ (2, 0.1%)

1 にひとしい, の餌

▼ 猪猟槍~ (2, 0.1%)

1 と狩猟短剣, や刀剣

▼ 猪~ (2, 0.1%)

1 なんぞはどう, の小屋

▼ 猪~ (2, 0.1%)

1 の骨, をも制せん

▼ 猪~ (2, 0.1%)

1 に罹っ, の構造

▼ 猪~ (2, 0.1%)

1 の属, 之属

▼ 猪自ら~ (2, 0.1%)

1 誇って, 誇りて

▼ 猪~ (2, 0.1%)

2 にその

▼ 猪野猪~ (2, 0.1%)

1 を並称, を別

▼ 猪麻呂~ (2, 0.1%)

1 が自分, というもの

▼1* [163件]

ありと傳, 猪ありかれ我ど, 猪あれども往診, 猪うたんと勘平が, 猪かと思われるよう, 猪かの猛獣の, 猪さんもう来た, 猪すなわち豕に, 猪だけでした, 猪だけにかぎったこと, 猪だったがこちら, 猪であったから殺し, 猪でございました原田どのは, 猪でさえ村が, 猪ですな踏留まつ, 猪でない物を, 猪でなくて病猪, 猪といふ奴は, 猪とが同音である, 猪としては大な, 猪とに近くなっ, 猪との性関係の, 猪どのよ, 猪などとなす説は, 猪などにも度々出會つた, 猪などよりは供養を, 猪なみの脳味噌, 猪なりという, 猪なんぞは寒い時, 猪なんて美味くない, 猪になつて現れた, 猪にのみイノシシまたは, 猪に関する伝説を, 猪移つた, 猪また語るらく, 猪または鹿そのものの, 猪まで致しました, 猪てえな男, 猪めなにをいう, 猪をよけて畠の, 猪イノコと唱えた, 猪カモシシと出す, 猪クビは有名, 猪ッ介です, 猪ッ猪牙舟か駕, 猪一廻りした処, 猪一郎志水小一郎山辺丈夫の諸君, 猪一郎氏は翁, 猪三八同上一番清蔵楫取弥之助, 猪上なにがしという若, 猪上金太夫の屋敷, 猪より生まれ変る, 猪之だっていうこと, 猪余儀なく虎少く, 猪が慌てます, 猪の似く, 猪八戒みたいな寝相, 猪八戒以下になり, 猪八戒前生天蓬元帥たり, 猪八戒沙悟浄等の恐ろしく, 猪八戒自体は天竺, 猪共にし, 猪ヘ過, 猪でたり, 猪出でてその, 猪十郎土持岱助らでご, 猪及び鹿も, 猪才な, 猪右衛門さんがお話し, 猪右衛門さんあいつ等どこ迄も追っかけ, 猪右衛門一豊以下わずかの, 猪右衛門木下助左衛門弟の勘解由, 猪右衛門片桐助作などかれ, 猪右衛門短気に声, 猪右衛門親方も行方不明, 猪吉お前は一緒, 猪名部真根, 猪が專ら動物試驗, 猪君何を考え, 猪和名クサイイキ俗称イノシシという, 猪和訓イノコだ, 猪嚇しの鉄砲, 猪土竜など内地, 猪場毅余の小説來訪者, 猪多し形牛の, 猪太郎様の眼, 猪太郎猪太郎よく参った, 猪よくもそんな, 猪婆龍が水, 猪孕めるがその, 猪小屋へ担ぎ込む, 猪小才で高慢, 猪小熊の生ける, 猪み起し, 猪あらし土竜, 猪左衛門が介錯, 猪で二十五歳, 猪を作っ, 猪往き過ぎ顧みて虎, 猪怒りてう, 猪触れ突く人, 猪悟能とともに新しい, 猪悟能八戒もまた, 猪打ち銃の, 猪撃ちに誘いだし, 猪といっ, 猪の穂, 猪のよう, 猪武士と呼ばれ, 猪水水阻始通灘猶駛, 猪油鹿角鳥羽の類, 猪波図書という三百五十石取り, 猪熊猿などの山, 猪熊猿白鳥七面鳥は八日目以上, 猪熊西頬の散, 猪熊西頬一町とある, 猪狐熊鹿の群, 猪狩り兎狩り等の遊び, 猪狩り沙汰とはいったいどう, 猪狩り致さば面白かろ, 猪に行っ, 猪猴狼多住, 猪多住, 猪猿熊を射, 猪猿鹿が山, 猪の老人, 猪を手, 猪白馬もて御, 猪白馬白鶏を御, 猪目透二字切となっ, 猪に髣髴, 猪神稲荷神いずれも穀精, 猪の三郎, 猪縛りにし, 猪肉藤森弘庵は鼠, 猪になり, 猪苗代水電の送電系統, 猪苗代水電会社壱百株を買, 猪茸虚無僧茸のんべろ茸, 猪荻野隣羽仁常諸兄御出崎, 猪に遇う, 猪などを煮, 猪へり, 猪する勇気, 猪進的に執念, 猪ぐるを, 猪還って便所, 猪野猪野獸を甚だ, 猪鉄砲で追う, 猪銀之丞中村中根小塩および名, 猪を突っつき合い, 猪除けの堀, 猪隈堀川油小路いちめん火の海, 猪太などは, 猪雉山鳥鶉猿地兎位なもの, 猪類皆好んで, 猪鹿多にあり, 猪鹿熊兎猿なぞの肉, 猪鹿熊猿に至る, 猪鹿狐其他の害獣退治, 猪鹿狩りの名犬, 猪鹿狩名犬調査書にもこの, 猪鹿野狐等ノ悪