青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「狼狽~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

独特~ ~独立 独立~ 独身~ 独逸~ ~狭い 狭い~ 狸~ 狼~ ~狼狽
狼狽~
猛烈~ 猪~ ~猫 猫~ ~猶 猶~ ~猿 猿~ 獅子~ ~獣

「狼狽~」 1758, 19ppm, 6044位

▼ 狼狽~ (502, 28.6%)

3938 ている 24 ていた 10 てしまった 8 ながら 4 ていや, てその, てまた, てゐる, て居る 3 てしまい, て一寸, て彼, て言った, て足, 赤面し

2 [33件] ていう, ていきなり, ています, ているだろう, てお, てきた, てくれれ, てこの, てこれ, てそそくさ, てそれ, てなす, てゐた, てゐました, て一溜り, て内, て前後左右, て召使, て右往左往, て呼び止めた, て実家, て帰っ, て怒号, て思わず, て急い, て悉く, て為す, て私, て逃げ出す, て顔, ながらその, ながら急い, 顔を

1 [279件] おしるこ, おろおろし, お色, からだで, こうして日記, こんなに悲し, その辺, それから腹, それから顔, たまの, たりし, たりする, たりと雖, たり悲鳴, たり激昂, ちゃだめ, つつ後退, てあぐら, てあたり, てい, ていい, ていたらしい, ていった, ていよう, ているらしい, ておいで, ておった, ておられる, ておる, ておるらしい, てお出で, てお前, てかお雪ちゃん, てこと, てざざざッ, てしきりに, てしどろもどろ, てしぶしぶ, てしまいました, てしまう, てしまっ, てしまふ, てすぐさま, てそうこう, てそんな, てたじたじ, てただ, てとび出し, てはいけない, てはいず, てはいた, てはならない, てはならぬ, ては気の毒, てぶき, てほこり, てほとんど, てまだ, てまつたく, てみた, てもしかた, てもと, てもどっ, てもわたし, てようやく, てわめき合う, てクルリ, てコップ, てサッと, てソワソワ, てターン, てドア, てホッ, て一人一人, て一兵, て一朝, て一生懸命, て中, て主人, て二人, て云い間違えた, て五人, て人, て人々, て人垣, て今, て今川橋, て仏頂寺, て伝えた, て俄, て全, て出, て出よう, て加勢, て卒然其処, て厭, て又, て取戻した, て叫んだ, て可, て吃り出す, て君, て哀願, て善後策, て四つん這い, て壜, て大広間, て大弐, て失態, て女, て如何, て子供, て家々, て居た, て居った, て山奥, て嵌め, て川, て市さん, て度, て庸三, て張譲, て当惑, て後, て応接室, て悪魔, て愚か, て慌て, て慎作, て我先, て手さぐり, て払いのけよう, て折角, て拳銃, て敬意, て断っ, て方々調査, て早桶, て村, て来た, て来たれる, て果樹園, て柴藤氏, て案内, て椽側, て汽車, て浴室, て激しい, て為ん, て爲す所, て甘受, て男, て畦道, て皆, て真実, て着々, て社会, て禿げた, て窓口, て立ち上り, て立っ, て笠, て粗相, て紙帳, て素朴, て聲, て肩, て臍帯, て草村, て莫迦げた金, て蜘蛛, て蟻, て血, て血の気, て表通, て被害民, て見守った, て見栄, て話題, て赤面, て走り, て走る, て起き, て身, て転ん, て軽く, て追われざる, て逃げ, て逃げ出した, て逃げ出そう, て逃げ惑いました, て逃げ戻ろう, て逃げ隠れよう, て途方, て遁辞, て遂に, て避ける, て釜場, て錐, て長吉, て陸上, て集結, て頓に, て頻, て飛び起き, て駈けまわっ, て騒ぎ廻った, て驚愕, ながらかつ, ながらこう, ながらこそこそ, ながらさ, ながらもハッキリ, ながらもハツキリ, ながらもピョン, ながらも一方, ながらも自ら, ながらパラソル, ながら二弾, ながら云, ながら云った, ながら口ごもった, ながら四辺, ながら屈み込んだ, ながら強く, ながら息, ながら憐れ, ながら横, ながら獣, ながら申し上げる, ながら知らん顔, ながら答, ながら答えた, ながら紀久子, ながら聞き返しました, ながら自分, ながら見守っ, ながら言った, ながら電報, はぢめ, やがてその, やがて彼女, やすくまた, タオルを, 一方役宅, 且つ不安, 全機関, 初めたるが, 右往左往に, 吾書捨て, 喫驚した, 困惑し, 奮激し, 左右に, 彼の, 後から, 心配する, 恐怖したらしい, 悩乱し, 慄え, 文政二年の, 早速同村, 易いん, 時借りの, 次に憤り, 混雑した, 激しく動揺, 牛太郎は, 田圃道を, 當惑した, 相手を, 群臣も, 自分で, 苦悶し, 莫迦莫迦しい, 誰かが, 誰よりも, 警察に, 顔色を

▼ 狼狽した~ (217, 12.3%)

14 ように 9 ような 8 のは 5 のだ 3 がやがて, のも, やうに, 様子を, 調子で

2 [18件] が, が彼, ところを, ね, ので, のである, のを, ほどであった, ようであった, 声で, 声を, 容子は, 市民の, 彼は, 様子で, 気持に, 運転手の, 顔を

1 [130件] お艶, か, かのよう, かは三吉, かも知れない, からとて逃げ場, がおそかっ, がかろうじて, がしかし, がもとより, が同時に, が日頃, が松葉杖, が槍, が標札, が煙草, けはい, けれどももう, けれども沖, さまが, さまを, というわけ, という様子, という現実, といわれ, ときには, とはいえ, と云う, にはちがい, に違い, のだろう, のであった, のでしょう, のです, ので舞台, はずみに, ほどだった, ものか, もので, ものと, ものの返答ぶり, ものらしい, やうな, よ, ようす, ようすで, ようでした, ようなこえ, ような嗄れた, ような焦だたしい, ような訴える, んだ, オドオドした, ジルベールには, マドロスは, 乾児たちが, 事は, 人々は, 体で, 余り娘は, 作爺さんは, 兵士は, 処を, 加十の, 危険感から, 口調で, 古河が, 叫びだった, 呂宋兵衛は, 味方同士の, 城兵が, 声が, 声であった, 女記者の, 妻は, 容子で, 容子を, 少尉が, 彼には, 彼等は, 心で, 悪漢らは, 悪魔どもが, 態で, 所を, 手付だった, 手紙に, 振りで, 時に, 有様は, 東京府の, 東儀与力も, 林内閣が, 様子が, 様子であった, 武士たちは, 気味の, 気持ちに, 気持ちの, 気色である, 渡辺刑事は, 百姓が, 眼を, 瞳と, 程だった, 程で, 程彼女, 結果で, 結果であった, 結果である, 結果金で, 自分たちは, 自分の, 自分を, 色が, 芥川の, 行員が, 訳です, 話などを, 譯です, 軍隊に対しては, 返答に, 面持で, 響きが, 顔つきを, 顔で, 風で, 風でした, 魏延は, 鶴雄の

▼ 狼狽~ (196, 11.1%)

37 色を 12 色が 4 様子で, 気味で 3 いろを, 極に 2 あまり君といふ, ありさま, さなかで, 上に, 容子は, 影が, 状に, 眼を, 色に, 色も

1 [113件] あとも, あまりか, あまりそんな, あまりたった, あまりとは, あまりまた, あまり二階に, あまり半ば喪心し, あまり城門を, あまり妾が, あまり山の根まで, あまり海中へ, あまり父を, あまり私が, あまり血型の, うちに, ささやきが, さまこそ, さまを, しかたは, し方, ていで, ほのめくもの, まま立ち向っ, ような, チョビ安は, 三つが, 中に, 中にも, 仕方で, 仕方は, 体, 体にて, 体を, 何たるかを, 余りおなじ, 余りの, 余り前後の, 余り却て, 余り彼に, 余り怪物と, 余り泰然として, 余り牛乳屋の, 余り縺れた, 余り谷間へ, 余り跣足で, 光が, 声と, 姿が, 姿に, 容子であった, 底に, 度が, 度も, 影へ, 後ろ姿憫れ, 後発作的の, 念も, 情が, 態で, 態であった, 態でした, 態度が, 態度を, 有様で, 果ての, 極あれこれ, 極であります, 極と, 極を, 極度で, 極胴巻と, 極蓉子に, 極逆上した, 極馬を, 様子がを, 様子でした, 様子を, 模様なり, 樣子で, 歩調で, 気も, 気味いや, 気味が, 気味であり, 気味でさえ, 気味に, 気味を以て, 気持まで, 気色が, 気色の, 気色を, 氣色を, 沙汰では, 物腰を, 状は, 状を, 瞳を, 結果であった, 結果でも, 者も, 舌打ちを, 色でしか, 色なく, 色放心の, 表情を, 表現でしか, 視線を, 貫一と, 銅羅声擾し, 雪崩れを, 面持ちで, 響きが

▼ 狼狽~ (100, 5.7%)

3 感じた, 隠すため 2 不憫に, 始めたの, 極めながら, 示して

1 [86件] うかがって, おぼえた, かくして, かくして何気な, かくしながら, かくすため, かくそうと, きわめた主, きわめた平軍, きわめて城中, きわめみるま, させるに, さへ, したの, した姿, して, しなければ, せぬよう, ただ狼狽, つくろいながら, とめにでも, とり鎮めてから, どこかで, どこかに, ののしるも, はじめた, はじめたの, はじめました, はじめましたよう, みせて, もって, 与えられたほか, 与えるもの, 伴うもの, 伴って, 余さずに, 冷ややかに, 冷笑し, 叱責する, 嘲りでも, 増大する, 心地よげ, 感じさせて, 感じたくらい, 感じた様子, 感じて, 感じないわけ, 感じながら, 感じました, 憤るほか, 押しつつんで, 押し隠して, 根に, 極め, 極めた, 極めたらしいん, 極めて, 極めてみな, 極めて急, 極め遂に, 深めて, 滲ませて, 演じなければ, 現わし, 竜之, 表して, 見せいよいよ, 見せた, 見せたの, 見せて, 見せまいと, 見せまいとして, 見せると, 見て取った彼女, 見ると, 見済すと, 覚えた, 解せないこと, 語調に, 起したとき, 重ねたろう, 重ねた事, 重ねて, 重ねるばかり, 防ぐこと, 駆り立てるよう

▼ 狼狽~ (81, 4.6%)

43 方は

1 [74件] いた, いた時, いる故, この様, しまって, しまってさ, そこらを, てい, ていや, ているらしかった, てし, てそれに, て俯向, て出, て制動機, て口, て告別, て壁, て娘, て封, て座布団, て後悔, て懐中, て抱, て昇, て梯子段, て無理, て片端, て甲板, て着物, て節子, て自分, て謝罪ッ, て起揚ッ, て身, て車, て迎え, て陸, て顔, て飛, て首, て駈出し, またお, ゐる故, チュウと, 二の, 出した, 出したところ, 出して, 出す, 制服を, 卒方を, 又吸, 否私, 地下を, 宇潮の, 彼方を, 後に, 懐中に, 打消てから, 撥ね起きた, 方で, 方であります, 方については, 方には, 横へ, 気味に, 緞帳を, 自分を, 走って, 逃げ失せる, 鐵檻の, 飛び起きさま, 駈けつけたもん

▼ 狼狽する~ (71, 4.0%)

3 ことも, のは 2 ことだらう, のである, のを, 必要は, 木下に

1 [55件] かと思い, から熊, か大袈裟, がため, が如き, が常, ことが, ことである, ことは, しかなかっ, ためであっ, というの, といふ病, と云う, と同じ, なという意味, なと抑える, なよ, にかかわらず, には及ぶまい, のだった, のであった, のであつ, ので返つ, のみで, のみならず, のも, の風情, はずは, ばかりでありました, ばかり疵口, ほどの喜び, ものだ, やうに, ような, ように, よりは六百, 事は, 人間の, 声と, 声を, 市民の, 時に当たっては, 有様を, 村の, 樣迄が, 次第で, 次第であった, 気持で, 気配が, 私たちその, 表情が, 要するに意氣鎖沈, 訳である, 途端に

▼ 狼狽~ (49, 2.8%)

2 しなかった, 極めて直線的, 無理も, 見るも, 譬うる

1 [39件] あわれ, けだし察, したが, したけれど, したけれども, しても, しないでしょうが, しなかったが, せず徒莞爾, せつなの, その極, その点, ただならぬもの, ちよつと, なかった, なにごとだ, はなはだしかった, ひと通りでない, みせずただ, むしろあさましい, むしろ甚だしかっ, もうよそう, もっとひどい, もっと大きかっ, 一通りでなく, 何から, 光秀一箇の, 国難を, 外目にも, 定めし見苦しかっ, 少しも, 極めてはいる, 甚だしかった, 畢竟火災, 目も, 言ふ, 隠しきれず血走つた蒼白, 隠そうとして, 非常であった

▼ 狼狽~ (42, 2.4%)

2 いって, 混乱とを, 無秩序が

1 [36件] いえども, いえる, した, しょげ方, たれも, みせない腕, 不安が, 不安との, 不規律, 人知の, 動揺の, 動顛とを以て, 卑屈な, 反抗とで, 喜びの, 困惑は, 富子の, 後悔との, 心痛とを以て, 怒罵とを, 恐怖とに, 恐怖との, 恐怖心が, 擾乱と, 敗北の, 敗色から, 死に, 混乱の, 混迷の, 秀吉軍の, 私を, 衝動と, 醜態とを, 鉄窓の, 驚きに, 驚愕は

▼ 狼狽ぶり~ (39, 2.2%)

2

1 [37件] があまりに, がおかしい, がどう, が分るで, が想い出された, が目, が眼, だ, でほとんど, でよく, と当惑, に注意, に硬, のあわただし, はこれ, はまさに, はめざましい, は一方, は滑稽, は目ざましい, は知っ, は障子一重, は非常, も見えた, を, をいよいよ, をよそ, を僕, を帰るやい, を眺め, を示さず, を示し, を見, を見せ, を見せる, を見物, を隠す

▼ 狼狽~ (32, 1.8%)

5 た, たらう 3 たが 2 たと, 出した

1 [15件] させられて, さへ, たヒーヴリャ, た容子, た様, た様子, た樣, た眼つき, てくだらんこと, なかつた, なくても, 出し八日頃, 急ぎ元, 気味に, 騒ぐ自分

▼ 狼狽~ (24, 1.4%)

2 狼狽を

1 [22件] いよいよ勇, おちいらないわけ, しばらくぼんやり, つつまれた, なるだろうと, みちたようす, 似たもの, 似た気持, 似た驚き, 取合わない竜, 堪えられない気持, 墜ちて, 度を, 憤慨の, 気がつかない振り, 狼狽て, 襲われた, 走り書きを, 陥った, 陥るという, 頓着なく, 顔を

▼ 狼狽させた~ (20, 1.1%)

2 ことも, 男達は

1 [16件] かを知った, が, がちがう, が狼狽, が追い出される, ことか, ことを, とはい, と同じ, のが, のであった, のであつ, ばかりでなく, ものは, 次第である, 泉山蔵相は

▼ 狼狽へて~ (19, 1.1%)

2 お八重, ゐる

1 [15件] さまざまに, すぐ寝床, すぐ寢床, そんなこと, ゐるので, 入る, 兩膝を, 其手拭を, 又背中, 居られる, 帶の, 湯呑に, 諄々初, 諄々初対面の, 騒いで

▼ 狼狽~ (18, 1.0%)

2 無理で

1 [16件] しこいつ, したに, して, しないで, しなければ, しませんけれども, すれば, せず同じ, せず抗戦, せず気, ほんの瞬時, まったくない, みせず大きい, 忘れたよう, 胸を, 見せませんでしたが

▼ 狼狽~ (17, 1.0%)

2 ある, 見えて

1 [13件] かすめて, からみついた, はじまりますそこで, みかどを, 可笑しかった, 思いやられる, 新聞の, 見えましたので, 見え山田, 見られたうち, 走った, 走った途端, 起った

▼ 狼狽気味~ (13, 0.7%)

2 で, であった 1 でうなずき, でした, でもあった, で顔, になつ, に文献, のよう, はありあり, は隠せない

▼ 狼狽~ (12, 0.7%)

3 ように 1 お客さんな, か一枚半, と見え, のに違い, のを, やうに, 声で, 眼を, 顔を

▼ 狼狽させ~ (11, 0.6%)

2 てやる, 赤面させた 1 たりする, てしまった, てやらう, てやろう, て私, 一泡吹せ, 殆ん

▼ 狼狽せず~ (9, 0.5%)

2 にはいられなかった 1 に, にいられない, にはおられなかった, には居られなかった, にゐられなかつた, に案内, よく事物

▼ 狼狽しない~ (7, 0.4%)

1 だけの心胆, だけの訓練, で, ではいられない, ではいられなかった, でもいい, ほどの設備

▼ 狼狽から~ (6, 0.3%)

1 いよいよ恐怖, こぼれる出血, では, 俯向い, 泛びあがった, 知らず知らず取り返し

▼ 狼狽させる~ (6, 0.3%)

1 ことが, ことは, ことも, だけのこと, 企てを, 大手を

▼ 狼狽せざる~ (6, 0.3%)

3 を得なかった 2 を得ません 1 を得ず

▼ 狼狽~ (6, 0.3%)

1 あたりを, あつた, もって, 洋服を, 破門し, 血色を

▼ 狼狽したらしい~ (5, 0.3%)

3 のです 1 のを, やっぱり六十余り

▼ 狼狽してる~ (5, 0.3%)

1 それらの, と云, メルキオル心痛してる, 様子を, 自分を

▼ 狼狽さ加減~ (4, 0.2%)

1 が推測, でわかっ, といつたら, を雄吉

▼ 狼狽しきっ~ (4, 0.2%)

1 ている, て丁度, て立っ, て道

▼ 狼狽せし~ (4, 0.2%)

1 むるに, むるのみ, むるようななんら, むる者は

▼ 狼狽てた~ (4, 0.2%)

1 すえわけの, と見え, 容子は, 鵜呑式で

▼ 狼狽とを~ (4, 0.2%)

1 つけ加えたわけ, 示す簡潔, 親戚の, 重ねたからでも

▼ 狼狽へながら~ (4, 0.2%)

1 しはがれた声, 尚も頑然, 左や, 根限り馬を

▼ 狼狽振り~ (4, 0.2%)

1 と較べ, に渋面, は目, を恥ずかしく

▼ 狼狽~ (3, 0.2%)

1 て, てしまっ, て答

▼ 狼狽かた~ (3, 0.2%)

3 がをかしき

▼ 狼狽ぎみ~ (3, 0.2%)

1 で一體, に声, の返事

▼ 狼狽したる~ (3, 0.2%)

21 事なきわれつらつら

▼ 狼狽するだらう~ (3, 0.2%)

1 かと考へる, とお, と予期

▼ 狼狽との~ (3, 0.2%)

1 ために, 代りに, 後で

▼ 狼狽~ (3, 0.2%)

1 が居た, と勘定, よ白粉

▼ 狼狽者流~ (3, 0.2%)

1 は曰くパリ, は曰く仏国, は曰く出版

▼ 狼狽~ (2, 0.1%)

1 はいう, もおかしい

▼ 狼狽さえ~ (2, 0.1%)

1 交じって, 見えません

▼ 狼狽させられた~ (2, 0.1%)

1 のであった, 訳は

▼ 狼狽される~ (2, 0.1%)

1 に違い, 方で

▼ 狼狽しく~ (2, 0.1%)

1 取出して, 散漫な

▼ 狼狽しなけれ~ (2, 0.1%)

1 ばならなかつた, ばならぬ

▼ 狼狽せしめた~ (2, 0.1%)

1 のである, 事件の

▼ 狼狽せぬ~ (2, 0.1%)

2 ように

▼ 狼狽そのもの~ (2, 0.1%)

1 とも言うべき, のよう

▼ 狼狽だした~ (2, 0.1%)

1 ように, 目算だ

▼ 狼狽てたり~ (2, 0.1%)

1 したやう, するの

▼ 狼狽てる~ (2, 0.1%)

1 な, のだった

▼ 狼狽という~ (2, 0.1%)

1 ことは, ものは

▼ 狼狽とは~ (2, 0.1%)

1 どのよう, 意味の

▼ 狼狽とも~ (2, 0.1%)

1 つかない硬直, 無念とも

▼ 狼狽なす~ (2, 0.1%)

1 ことも, ところを

▼ 狼狽には~ (2, 0.1%)

1 ちがいなかった, 頓着なく

▼ 狼狽にも~ (2, 0.1%)

1 似た断行, 近かった

▼ 狼狽~ (2, 0.1%)

1 動揺は, 敵意や

▼ 狼狽ゆる~ (2, 0.1%)

2 を可

▼ 狼狽~ (2, 0.1%)

2 て行く

▼ 狼狽周章~ (2, 0.1%)

1 を極め, を極める

▼ 狼狽想像~ (2, 0.1%)

2 するに

▼ 狼狽措く~ (2, 0.1%)

2 ところを

▼ 狼狽~ (2, 0.1%)

2 が故意

▼ 狼狽混乱~ (2, 0.1%)

1 どうにもしよう, どうにも仕様

▼ 狼狽赤面~ (2, 0.1%)

1 させるよう, して

▼1* [139件]

狼狽あるのみで, 狼狽いたしおるとみえる, 狼狽いやもう乱痴気騒ぎ, 狼狽を走らせ, 狼狽無策の, 狼狽からか犯行の, 狼狽きった声を, 狼狽くさってそれ大砲, 狼狽ことごとくこの門, 狼狽さこれが今, 狼狽さして不用意, 狼狽さして其間に, 狼狽さすから今日, 狼狽させおるうち同じく, 狼狽させかけたことを, 狼狽させたくなって二人きり, 狼狽させてるという記事, 狼狽させないように, 狼狽させられながらも津上氏, 狼狽させられなければならなくなった, 狼狽させられることが, 狼狽ざまをし, 狼狽しきつた彼の, 狼狽しきった声は, 狼狽しすぎるのは, 狼狽したありさまを, 狼狽したらしかったが夫人, 狼狽したらしく外相を, 狼狽したらしく聞こえてきた, 狼狽した呻きの追想, 狼狽した喚き声が, 狼狽しちまってまるで, 狼狽しなかった筈だ, 狼狽しなくてもよかり, 狼狽しはじめていた, 狼狽しはじめたグロテスクの, 狼狽しはね返そうとし, 狼狽しまして大急ぎ, 狼狽しましたけれど忽ちケロリ, 狼狽しませんでそうして物静か, 狼狽しみる間に, 狼狽し出して森, 狼狽し出したのは, 狼狽し切つた勉強を, 狼狽し始めたのである, 狼狽し屈み腰に, 狼狽し散って逃げた, 狼狽し逃げようとして犇めく, 狼狽し開きかけた口を, 狼狽し頻に, 狼狽すべかりし場合, 狼狽すべき事柄では, 狼狽すまいことか, 狼狽するだろうと予期, 狼狽するであろうがも早どう, 狼狽すれば膝, 狼狽せる旧パリー, 狼狽たとへんにもの, 狼狽だけの犬死を, 狼狽だのある日, 狼狽ちゃいけないん, 狼狽ついたようだった, 狼狽つきながら, 狼狽てず以前の, 狼狽てながらもポウルを, 狼狽であったがさて, 狼狽であり誤解であり, 狼狽であることそこに, 狼狽ではなかった, 狼狽でもしなければ, 狼狽とが急に, 狼狽とにとらわれて, 狼狽なさって私, 狼狽なさる必要は, 狼狽なされるのであった, 狼狽などするはず, 狼狽などではない, 狼狽などはして, 狼狽な羽ばたきをし, 狼狽によって相手が, 狼狽のみが先立って, 狼狽のみに止まって, 狼狽ふるを車掌, 狼狽ぶりその後で彼, 狼狽ぶりたるや絵, 狼狽へたりと見られん, 狼狽へるとき, 狼狽はり動転する, 狼狽まこと寐耳に出水, 狼狽また芥川の, 狼狽めき慄う, 狼狽それが, 狼狽る慌てる確に, 狼狽をもののけは, 狼狽サッと青ざめソンナ, 狼狽シテ照レ隠シニ, 狼狽スル者ニ完備セル建築圖ヲ求ム可ラザルハ, 狼狽一生懸命刀は手, 狼狽不安の為, 狼狽仕りたしかにここ, 狼狽仰天して, 狼狽加減もよっぽど, 狼狽十月十九日に至つて, 狼狽叫喚大叫喚, 狼狽右往左往に逃げ散ります, 狼狽墓場の風, 狼狽冷汗を, 狼狽惑ふさま事情, 狼狽意気沮喪して, 狼狽戸外に飛出し, 狼狽敷枕元にあつまれ, 狼狽への遺伝的, 狼狽くいしばっても, 狼狽混沌の限り, 狼狽為すところを, 狼狽為すべき術を, 狼狽焦心する時, 狼狽狼疾狼煙などめでたき, 狼狽疾走するさま, 狼狽に見る, 狼狽で開い, 狼狽者めが小屋敷, 狼狽自身みじめな思い, 狼狽致して夜中何, 狼狽致したかは御, 狼狽致しましたので, 狼狽蒼白になっ, 狼狽付けたる, 狼狽赤裸のまま, 狼狽輾転反側して, 狼狽逃げまわるよし心得, 狼狽逃げ行くをなほ, 狼狽遁げ去るその, 狼狽閉口して, 狼狽陣十郎は胆, 狼狽震駭させた, 狼狽顛倒せしむる, 狼狽騒ぎて忽ち, 狼狽驚愕すべてを捨て