青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「独逸~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

狂言~ ~狐 狐~ 独~ ~独り 独り~ 独特~ ~独立 独立~ 独身~
独逸~
~狭い 狭い~ 狸~ 狼~ ~狼狽 狼狽~ 猛烈~ 猪~ ~猫 猫~

「独逸~」 1298, 14ppm, 7944位

▼ 独逸~ (286, 22.0%)

2 [20件] ある貴族, ビスマルクが, 伯林の, 俘虜は, 勢力が, 国境を, 如きは, 婦人が, 工場の, 方から, 方で, 方に, 植物書にも, 田舎の, 留学から, 芝居は, 軍隊が, 陣営に, 雑誌で, 駆逐艦が

1 [246件] いけるの, お医者さん, お医者様, それを, ために, どこかの, は子弟, ものとは, ように, グナイスト墺国の, グラアザア氏が, ケムニッツ市に, ゲエテは, テレフンケン会社その他ソヴェートの, デエメルイワン, ドクトルに, ナチズムや, ニコライ教授は, ニックス教, ハイデルベルヒに, ハルビッヒの, ヒットラーが, ヒッペルの, ピアニストを, フェルステマンなり, フォン・クルベーとの, フランクフルトアムマインの, ブリーカーという, ベリヒテという, ホラアフク博士が, ボッヘ誌によって, ミュウニッヒの, ライプツィッヒ市トイブナー社から, ライン河の, リルケや, リーベル博士の, ルントシュテット攻勢を, レクラム本が, ヴエルヴオルン教授の, ヴントなどの, 一労働者は, 一青年を, 三色旗が, 中尉によって, 人々が, 人などは, 人は, 人気の, 伝説, 伯林でも, 何とかいう, 作家の, 例を, 俘虜で, 俘虜には, 俘虜収容所に, 修道僧, 償金で, 児島高徳に, 全面的降伏を, 兵隊とが, 兵隊は, 兵隊を, 内閣制は, 初期自然主義の, 前線にも, 劇作家中に, 効果的写真帖の, 勃興が, 医学も, 医師ホーニツヒベルゲルも, 南の, 原子爆弾の, 厭世哲学者シヨペンハウエルが, 古典的な, 古詩, 名人形師, 名医が, 名宰相, 名家の, 名高い作者レツシング, 哲学の, 哲学者が, 哲学者で, 商品は, 困窮と, 国々はいふも, 国々より, 国境で, 国境へ, 国家主義を, 国民史を, 国民的自覚と, 国民皆兵主義と, 国際ヘーゲル連盟に, 国風が, 大使が, 大学で, 大学に, 大学生は, 大学者尤憲法学に, 大軍が, 女は, 女を, 女子共産党員, 奴め豚が, 奴原に, 如きもさうでありますが, 学位論文の, 学問の, 学問芸術までを, 学界で, 学者が, 学者だけ, 学者を, 安物屋街の, 官僚政治家です, 官吏は, 官憲にも, 客舎で, 宰相ビスマルクが, 山中から, 山中に, 山岳会員で, 工場でも, 工場は, 帝国主義者は, 建築雑誌を, 御用学者らが, 思い出である, 急速な, 怪奇映画, 戦線へ, 戦術も, 戯曲アルト・ハイデルベルヒを, 操人形, 支持する, 政策を, 故障あった, 敗戦後媼の, 教育家が, 教育法も, 文学が, 文学せいぜい, 新武器, 新聞にも, 方が, 方針に, 旅行家フリードリッヒ・マルテンスの, 旗を, 日本留学生が, 映画は, 最近の, 有名な, 有名なる, 木深い谷, 東北に, 歴史哲学的研究の, 歴史家モムゼンは, 民顕に, 気象学者ウェーゲナーも, 滅亡でも, 漫画雑誌には, 潜水艦だって, 潜航艇が, 潜航艇に, 潜航艇や, 潜航艇問題が, 潜航艇問題の, 物理学の, 物理専門雑誌に, 物理専門雑誌の, 犯罪精神病学者バーデンの, 状態が, 状態を, 状況が, 生まれである, 生活の, 画を, 画家に, 留学を, 盲目の, 知識階級も, 社会に, 社会党は, 社会党を, 社会現象を, 神秘家の, 科学を, 科学兵器, 科学的生産品である, 科学誌, 秘密探偵として, 粋を, 精力的な, 精粋である, 紙幣の, 絵入, 総理大臣に, 美術なり, 脚本を, 腸詰王が, 膠州湾租借を, 自動車が, 舞台では, 艦隊が, 菜食主義者には, 華族とか, 蚤を, 表現派に, 表現派露西亜の, 要求を, 要路の, 言語学の, 註文取, 註文取りは, 詩人ニイチェは, 詩人ハイネに, 話だけは, 諺を, 講和提議に対する, 負けたの, 貴族だった, 貴族の, 貴族は, 貴族主義者ニイチェである, 賄賂を, 超人的, 軍艦は, 軍閥政府と, 選手達も, 野は, 野菜伊太利の, 鉄血宰相ビスマルクが, 銭を, 鍛冶屋が, 閨秀作家の, 陸軍少佐で, 雑誌に, 青年学徒と, 革命の, 飛行船までが, 駆逐艦も, 駐米大使ベルンストロフ伯だらう, 高級品屋が, 魔法使いファウストだってんで

▼ 独逸~ (193, 14.9%)

3 だと, の家庭教師, の教師, の経営

2 [12件] である, です, となる, の, の一家, の一隊, の克明, の客, の趣味, の集めた, の青年, は独逸語

1 [157件] かほか, がある, がかなり, がこの, がそこで, がどんな, がまだ沢山, が二三人, が今, が傍, が全体主義, が印度, が吝, が大鷹源吾, が夫婦連, が居る, が悦ぶ, が昨夜, が物柔, が詳しく, が露西亜劇, くさいベットオさん, その物, だけあっ, だったの, だという, だとかいう, であったならば, であり露西亜人, であると, でこそあれ蘭語蘭文, でございますか, でその, でなければ, でね, でもなけれ, でキニツフル, で御, で長く, とは比べもの, と仏蘭西人, と北欧人, と同棲, と憎み合い, と独逸語, どもあ, なりに筆, なり何と, にあなた, にし, にとっては従来, には, によって戦術, にハイデルベルヒ, に会え, に出逢っ, に取っ, に向っ, に対しては何ら, に抵抗, に持たせたら, に擁立, に百万法近く, に言った, に訊い, に負ける, に限らず, のこと, のスピンネル氏, のフィルゼル, のフリッツ・ル, のホテル, のライン, の中, の事, の侵略, の処, の前, の医学士, の夫婦もの, の好む, の子, の宗教小説家, の屋敷, の愛する如き, の技巧, の支持, の方, の活動, の消息, の混入, の混血児, の独逸語, の男女, の眼, の紹介, の老, の老人, の英語, の観察, の許, の詩, の話し方, の謂, の軍事顧問, は, はかう, はこの, はしまり屋, はどこ, はむしろ, はゴルフ洋袴, はゾンネ, はニイチェ, は不正, は二言目, は仏蘭西, は何, は借金, は卓子, は夢にも, は彼, は往年, は懲罰, は敗戦, は未だ, は皆マターファ, は知つて, は知らぬ, は祖母, は私, は綺麗, は能楽, は英語, は英雄, は飲料水, もしくは墺地利人, も寧ろ, も彼等, も日本人, よりは偉大, らしい中年, らしい率直簡明, らしい若い, らしい鷲鼻, をこの, をし, を四方, を地獄, を幾人, を殺した, を殺したらしい, を治めしめ, を知っ, を神田, を軍国主義, を間諜

▼ 独逸~ (158, 12.2%)

5 の先生 3 の, を使つて

2 [12件] だ, であった, で頭, などの発音, に堪能, のほう, の成績, の教師, の時間, の発音, は主格, を並べ

1 [123件] ができた, がひどく, が使っ, が喋舌, が少し, が本当に, が苦手, が連発, しか知らなかった, じゃろうね, そのま, だから, で, であるが, でこれ, です, でもありません, でもなけれ, でも其通り, でやった, でガルテン, で云, で低, で何, で何やら, で其上, で尋ね, で屑, で書い, で書かれ, で書きかけた, で演説, で答えられました, で細かく, で自分, で落第, で襤褸, で言い, で話, で質問, で返事, とに対してなし, とを勉強, と少し, と支那語, と羅甸語, なぞ二度ともう, なぞ使っ, ならば, ならポオ, なり現在, にて記せる, にて語りいでぬ, にはない, にも通じ, に似, に似た, に訳され, に訳し, のうち, のごとく, のアインザーム, のヴィルトシャフトリッヘ, の処方箋, の出来, の勉強, の塾, の外, の大, の学校, の巻物, の形容詞, の所謂, の排斥, の書物, の罵, の臭味, の訳読, の話, の読める, の音律, はこれから, はどうも, はまた, は世界的, は如是, は成瀬, は私, もすこぶる, もよく, もわかります, も仏蘭西語, も少し, や拉丁語, らしく私, をその, をまぜ, をも自由, を交え, を仏人, を以て独逸人, を作らせ, を使い, を使う, を使ふよ, を使わなかった, を利用, を学ん, を学んだ, を封じなけれ, を廃め, を持っ, を教える, を独修, を知っ, を知りません, を習いたい, を聞いた, を聞きました, を走り書する, を連発, を遣った, 話します

▼ 独逸~ (52, 4.0%)

3 留学し 2 於て, 於ては

1 [45件] あらずや, あり, いた頃, いらつし, いるそやつ, いる一人, いる姉, おこって, ゆきたいと, ゐるといふ, シユレエツエルといふ, 七人プロヴァンスに, 三人しか, 上陸し, 倣ったため, 取入れられた原始経典, 名ある, 向って, 因つて代表された, 国籍を, 在る唯一, 居た私, 居た頃, 復讐し, 採って, 於ける唯, 於ても, 来し初, 渡った, 留学する, 留学中である, 発しつつ, 組し, 若くは, 薫染せし, 行きますると, 行くと, 行つてゐる, 行つてゲーテの, 負けたと, 赴かんと, 起りたる宗教改革, 遊ぶや, 遊学する, 限る

▼ 独逸から~ (34, 2.6%)

2 出稼ぎに, 帰って

1 [30件] くれた人, はるばるやって来, アーノルド・ファンク博士といふ, ツェペリンが, 休戦の, 又ミクロネシア, 受ける脅威, 和蘭へ, 商品を, 始まつて此処, 帰ったばかり, 帰つて来る, 帰国の, 帰朝された, 帰朝し, 帰来した, 招聘した, 来て, 沢山買っ, 温暖の, 無痛安産法を, 表現主義文学という, 西比利亜鉄道によって, 輸入され, 輸入し, 近代眼科学の, 返事が, 追われたユダヤ人, 送った武器, 郵便物が

▼ 独逸~ (23, 1.8%)

1 [23件] これが, さすがに, まだひどく寒い, やっぱり独逸, ナチに, 今では, 今二年生きのびたであろう, 仏国との, 他国に, 前から, 南北に, 国土に, 大戦中樟脳の, 屹度最後の, 当初の, 戦争の, 数百カラットの, 斯かる, 膠洲湾を, 英国に, 連合国側主として, 電光石火的戦争, 露西亜の

▼ 独逸~ (20, 1.5%)

2 行って

1 [18件] 入りベルリン, 出発いたしました, 帰って, 帰つた, 往くと, 旅行し, 渡つてエナ大学で, 留学を, 行かれるの, 行こうと, 行った, 行つた時スツツトガルト行きの, 行つて今では, 謝罪使で, 転送されない, 送りました, 遊学に, 電報で

▼ 独逸~ (20, 1.5%)

2 逃げ出した話

1 [18件] あまり好き, カイゼルも, 久しぶりに, 倒すという, 出てから, 去るに, 圧するが, 導きて, 引き上げて, 抜けて, 相手の, 知り其の, 破って, 縦横に, 見よ, 過ぎて, 除いては, 離れて

▼ 独逸~ (19, 1.5%)

1 [19件] 今度の, 仏蘭西に, 何の, 共和国に, 勝っても, 思索的な, 成功を, 支払は, 新しい武器, 混ってる, 潜航艇を, 現在の, 真向に, 色々の, 試みて, 赤くなり, 連合軍側が, 遺産を, 降伏した

▼ 独逸~ (19, 1.5%)

1 [19件] ごらんに, ヘーゲルに関する, ボルンや, 働いて, 出来て, 出版された, 四度幕の, 大和魂の, 将来の, 有名である, 有名な, 歓迎され, 盛に, 看また, 私たちの, 芝居も, 行いその, 銃猟した, 雪の

▼ 独逸~ (19, 1.5%)

1 [19件] のため, の一切, の優勢, の先鋒, の包囲, の塹壕, の士気, の強い, の攻勢, の斥候, の毒瓦斯, の決死的奮戦, の白耳義, の衛生隊, の裡面, の飛行機, はマルヌ, は二月, をやっつけるべき

▼ 独逸では~ (18, 1.4%)

1 [18件] この学問, この頃ユダヤ人, ないから, キール大学の, シュターツ, スプリイ河と, ヘーゲルの, ペン画家であった, 一リートル九銭即ち, 今の, 小学校の, 戦争から, 戸外に, 有名な, 歴史哲学や, 盛に, 石炭の, 魚は

▼ 独逸~ (16, 1.2%)

1 [16件] いえば, おなじよう, ずいぶんながい, その国民, フランスと, 之に, 云ふも, 亜米利加とは, 仏蘭西とでは, 仏蘭西を, 伊太利へ, 単独講和させよう, 我邦とは, 支那の, 違つて伯林に, 露西亜を

▼ 独逸~ (10, 0.8%)

1 なので, に, に行く, の仕方, の卒直, の悪, の教育, の演劇理論, の観念主義者, の遣

▼ 独逸~ (9, 0.7%)

1 とよ眼, のカットグラス, のケース, のサイコロ, の半, の無, の穴, の絵はがき, の薬品

▼ 独逸~ (8, 0.6%)

1 で出来た, にゐる, に留学, に行け, の創造, の有様, へ留学, より来朝

▼ 独逸皇帝~ (8, 0.6%)

1 が土耳其領内遊歴, が露国皇太子, の祖父さん, はあの, は近頃, よ汝, を招い, を指し

▼ 独逸~ (7, 0.5%)

1 ソ連の, デンマークなどで, 亜米利加に, 仏蘭西では, 仏蘭西の, 米国の, 英吉利で

▼ 独逸~ (7, 0.5%)

2 のヘルメット 1 が戦死, が扉, のなか, の輪姦, は吠えつく

▼ 独逸~ (7, 0.5%)

1 にします, にハア, のややっこ, のビール, の応用化学, の輪麺麭, を日本

▼ 独逸でも~ (5, 0.4%)

1 墺太利でも, 日本の, 無い伯, 特別学校を, 英吉利でも

▼ 独逸国民~ (5, 0.4%)

1 が誰, に告ぐ, に敬意, の有する, ばかりでなく

▼ 独逸文学~ (5, 0.4%)

1 に酔, のこと, の専攻, を唱道, を談ず

▼ 独逸民族~ (5, 0.4%)

1 か, に対して卑怯, の根, の脈管, の興亡

▼ 独逸~ (4, 0.3%)

1 そんな乱暴, 亦た, 加盟を, 近いと

▼ 独逸仏蘭西~ (4, 0.3%)

1 の如き, の戦, の語, はつい

▼ 独逸~ (4, 0.3%)

1 といずれ, と結ん, に有利, に洩れた

▼ 独逸公使~ (4, 0.3%)

1 であった, となっ, の次に, を惨殺

▼ 独逸~ (4, 0.3%)

1 に対し仏国人, の侵入, の特質, の紹介演出

▼ 独逸~ (4, 0.3%)

1 か独逸, ではない, の例証, の軍服

▼ 独逸文字~ (4, 0.3%)

1 でギッシリ, で書き埋められ, の学術的, は仮に

▼ 独逸~ (4, 0.3%)

1 で外国, の翻訳, を一二冊手, を重

▼ 独逸海軍~ (4, 0.3%)

1 であり制限, の名誉, の精, の鉄

▼ 独逸航空会社~ (4, 0.3%)

1 が純, には一層, のヒルト, は純

▼ 独逸領事~ (4, 0.3%)

1 とは直ちに, と結ん, は軍艦, を兼ねた

▼ 独逸にて~ (3, 0.2%)

1 有名なる, 此類の, 物学びせし

▼ 独逸に対する~ (3, 0.2%)

1 対抗上事毎に, 彼の, 聯合軍の

▼ 独逸大使~ (3, 0.2%)

1 としてペテルスブルグ, とウドノ・マカローニ伊太利大使, のレセプシォン

▼ 独逸~ (3, 0.2%)

1 が案内, と連立つ, の腕

▼ 独逸帝国~ (3, 0.2%)

1 に対する敵, の皇帝, を半分進上

▼ 独逸近代~ (3, 0.2%)

2 の大家 1 の軍国主義さ

▼ 独逸~ (3, 0.2%)

1 だった関係, になった, になつ

▼ 独逸駆逐艦~ (3, 0.2%)

1 がどこ, が我々, のシャッガァ号

▼ 独逸あたり~ (2, 0.2%)

1 では盲人, の婦人

▼ 独逸での~ (2, 0.2%)

1 クリスマスを, 出版であり

▼ 独逸という~ (2, 0.2%)

1 国は, 外敵に

▼ 独逸なぞ~ (2, 0.2%)

1 では乾燥食料, では商人

▼ 独逸などでは~ (2, 0.2%)

1 出来ないと, 最もそういう

▼ 独逸などの~ (2, 0.2%)

2 本にも

▼ 独逸には~ (2, 0.2%)

1 やがて所謂シュトゥルム・ウント・ドランク, 在りそう

▼ 独逸にも~ (2, 0.2%)

1 同様の, 英国にも

▼ 独逸によ~ (2, 0.2%)

1 つて今日迄, つて標榜された

▼ 独逸人クルト~ (2, 0.2%)

1 の出版, の著

▼ 独逸人夫婦~ (2, 0.2%)

1 が帰つて, は手荷物

▼ 独逸出来~ (2, 0.2%)

1 の人形, の本

▼ 独逸劇壇~ (2, 0.2%)

1 に送り込んだ, を席捲

▼ 独逸勢力~ (2, 0.2%)

2 の東漸

▼ 独逸~ (2, 0.2%)

2 すべし

▼ 独逸商会~ (2, 0.2%)

1 と独逸領事, の農場

▼ 独逸商館~ (2, 0.2%)

1 の手, の理髪床

▼ 独逸国内~ (2, 0.2%)

1 に起った, の家庭道徳

▼ 独逸学生~ (2, 0.2%)

1 の歌謡集, の青春気質

▼ 独逸将校~ (2, 0.2%)

1 の夫人, や兵卒

▼ 独逸少女~ (2, 0.2%)

1 だった, との恋愛

▼ 独逸~ (2, 0.2%)

1 のよう, を大事さうに頭

▼ 独逸廃帝~ (2, 0.2%)

1 と快諾, も付け狙っ

▼ 独逸建築~ (2, 0.2%)

1 の写真, をあり

▼ 独逸文明~ (2, 0.2%)

1 の世界, の安物

▼ 独逸本国~ (2, 0.2%)

1 の方, へ独逸

▼ 独逸武人~ (2, 0.2%)

1 の魂, らしく立派

▼ 独逸~ (2, 0.2%)

1 の踏襲, を参酌

▼ 独逸潜航艇~ (2, 0.2%)

1 のため, を観る

▼ 独逸百貨店~ (2, 0.2%)

1 の一三・五, の同じく

▼ 独逸~ (2, 0.2%)

1 なもの, な権力感情的

▼ 独逸皇帝ウィルヘルム二世~ (2, 0.2%)

1 に擬し, はいま

▼ 独逸~ (2, 0.2%)

1 じゃない, だと

▼ 独逸~ (2, 0.2%)

1 の欧州, の活躍

▼ 独逸~ (2, 0.2%)

1 の物理学者, の米人

▼ 独逸聯邦~ (2, 0.2%)

1 が騒いだ, のよう

▼ 独逸~ (2, 0.2%)

1 が国々, ヘレーン号

▼ 独逸行き~ (2, 0.2%)

1 の志望, を不可能

▼ 独逸観念論~ (2, 0.2%)

1 の典型的, の必然的

▼ 独逸貴族~ (2, 0.2%)

1 との同棲, の城

▼ 独逸軍人~ (2, 0.2%)

1 であるか, の本分

▼ 独逸露西亜~ (2, 0.2%)

1 の娼婦, の芝居

▼ 独逸音楽~ (2, 0.2%)

1 と南欧音楽, の特色

▼1* [191件]

独逸からの放送を, 独逸だって充分に, 独逸だの仏蘭西だの, 独逸であるがその, 独逸といふ野蛮な, 独逸とかハイカラな, 独逸とが確に, 独逸とで全く同じ, 独逸とは則ち, 独逸などにはないよう, 独逸などは目下特別の, 独逸においてショペンハウアを, 独逸における現勢力, 独逸にてかような, 独逸にては伯林に, 独逸にとって何より幸福, 独逸に対して宣戦を, 独逸への帰途六月一日から, 独逸へは同情を, 独逸もしくは墺地利以外の, 独逸らしい影に, 独逸カナダ等各国の選手達, 独逸クルウの誰か, 独逸ゲルマン族の一族長, 独逸ステテン港へ上ろう, 独逸スペイン艦隊の旗艦シャルンホルスト号, 独逸ナマリの英語, 独逸ニューギニア会社の探険隊, 独逸ニューギニア拓殖会社の年, 独逸ビールのオフィス, 独逸ライプチッヒ大学新聞研究が数年前之, 独逸ライプチヒ大学に在る, 独逸主義の国家教育制度, 独逸人あれほど国民, 独逸人そつくりの細い, 独逸人どもが何, 独逸人はじぶんの国, 独逸人めは吠え, 独逸人ウンテルベルゲル氏が経営, 独逸人オットー・リリエンタールの発明, 独逸人キューネより, 独逸人ザイトリッツの, 独逸人フロウレンスの歯科医, 独逸人ペルヂンスキイの, 独逸人一人西班牙人一人仏蘭西人一組の夫婦, 独逸人俳優ルッドイッヒ・ロンネは傍演出者, 独逸人商館に勤め, 独逸人某は此要約, 独逸人的に驚く, 独逸人英国人の女性, 独逸人農夫の注意深, 独逸人風に綺麗, 独逸人魯人以太利人西班牙人の名, 独逸仏国の教育, 独逸仏蘭西英吉利にい, 独逸仏蘭西辺りでは例, 独逸仕込の接吻, 独逸以上の光栄, 独逸に洋行, 独逸俘虜が既に, 独逸公使ケットレルも白昼兇刃, 独逸公使館の立っ, 独逸其他の狐, 独逸劇英国劇露西亜劇等を中心, 独逸加奈陀新西蘭とぶつかり, 独逸が攻め寄せた, 独逸北米合衆国墺太利匈牙利白耳義清国丁抹西班牙仏蘭西希臘伊太利ルクセンブルグ墨西其モンテネグロ和蘭波斯葡萄牙羅馬尼亜露西亜塞耳比亜暹羅瑞典那威瑞西土耳其勃牙利の二十六ヵ国, 独逸医学博士仏蘭西文学博士オルクス・クラデル氏が筆者, 独逸十八世紀のツォップフ, 独逸協会学校に居まし, 独逸古代の詩篇, 独逸和蘭対訳の原書, 独逸哲学と一緒, 独逸哲学出身の人, 独逸国リヒヤルトストラウスがツアラツストラ, 独逸国仏蘭西国英国と言った, 独逸国境の方, 独逸国民劇の創始者レッシング, 独逸国民的な物理学, 独逸国都の地名, 独逸地理学協会の紀行文庫, 独逸墺太利仏蘭西露西亜伊太利西班牙亜米利加瑞典諾威などから来る, 独逸士官達も出帆, 独逸古典の, 独逸大学に在る, 独逸天鵞絨のやう, 独逸太古の森林, 独逸のジャネット, 独逸婦人などを美しく, 独逸をみ, 独逸に於ける, 独逸学数学漢学国学何でも御座れ, 独逸官吏の待遇法, 独逸屈指の名門, 独逸巡洋艦エムデンが印度近海, 独逸工学博士を含んだ, 独逸帰りの土方与志氏, 独逸建国の歴史, 独逸た之, 独逸支部のよう, 独逸政府の前, 独逸教会か西班牙教会, 独逸文学者よ文学士, 独逸文学者なにがし, 独逸文学者酒井俊蔵先生の令嬢, 独逸文法を復習, 独逸文科の学生, 独逸教徒擁護の, 独逸新聞の社説, 独逸旅客機に似, 独逸映画の向, 独逸時代の医学博士, 独逸暖炉を据え, 独逸本国政府すらも捜索, 独逸本国警察へ送達, 独逸歌謡曲特有のあの, 独逸歴史学派の精神, 独逸民族優勢説をかつぎ出し, 独逸民法精神論の解説, 独逸水兵の血潮, 独逸汽船で長崎, 独逸流演劇学者の作劇術, 独逸流義の主旨, 独逸の海面, 独逸の画集, 独逸であったと, 独逸物理学の勃興, 独逸瑞西を遊学, 独逸生まれのブリキ, 独逸であつ, 独逸男ヒンケルマンは戦争, 独逸留学三四年帰朝目下ステージを去っ, 独逸的日本人である, 独逸的色彩など念頭, 独逸的軍隊教育の兵式体操, 独逸皇后より至急, 独逸皇孫殿下が新富座, 独逸皇帝彼は憐, 独逸皇帝狙撃事件の折, 独逸皇帝陛下のよう, 独逸社会党の勝利, 独逸祖国歌は非常, 独逸神学の光, 独逸科学の心酔者, 独逸第一流の精神病学者, 独逸管絃楽の旋律, 独逸精神に負う, 独逸系亜留然丁, 独逸系智利人たちの手, 独逸膺懲の鑰, 独逸艦長が保証, 独逸との混血, 独逸を送る, 独逸表現派の陰気, 独逸表現派劇やピランデルロ等, 独逸製カンヴアス・クロースにフアブル昆虫記, 独逸製以外に京都, 独逸製児島高徳の胸中, 独逸製品を拒む, 独逸製金庫の二つ, 独逸観念論者の言葉, 独逸まじりの, 独逸詩歌傑作に就い, 独逸語のと対照, 独逸語教授の非常識, 独逸語等を三時間, 独逸語習ふいざ, 独逸語詩が場所, 独逸は海, 独逸軍令部の秘密命令, 独逸軍全線の後方, 独逸軍占領のブルツセル市, 独逸軍艦の砲火, 独逸軍隊の行進, 独逸辺りでは皆将来, 独逸近年の外圧, 独逸連邦のよう, 独逸連邦成立の如き, 独逸に負ける, 独逸降伏平和条約調印紀念の祭日, 独逸青少年使節団一行を迎, 独逸領事館に出頭, 独逸領時代に入る, 独逸飛行船の空襲, 独逸食堂の独逸料理, 独逸馬鈴薯は根太, 独逸高熱化学会社製の色硝子, 独逸の血潮, 独逸魂ロシア魂のすべて, 独逸などが私, 独逸麦酒をしこたま