青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「独立~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

狂~ 狂人~ 狂言~ ~狐 狐~ 独~ ~独り 独り~ 独特~ ~独立
独立~
独身~ 独逸~ ~狭い 狭い~ 狸~ 狼~ ~狼狽 狼狽~ 猛烈~ 猪~

「独立~」 3055, 33ppm, 3555位

▼ 独立~ (459, 15.0%)

19 生活を 8 ために, 生計を 6 気力なき, 精神を 5 人格を, 地位を 4 思想を, 生命を 3 ための, ものでなけれ, 上に, 人格である, 存在を, 気風を, 精神に, 精神は, 組織を, 風を

2 [22件] ものでないなら, 体面を, 価値ある, 保つべきと, 可能を, 命題として, 塾に, 大義を, 性格を, 意味を, 権義を, 歩調を, 気を, 気力あらざれ, 活計を, 生活が, 科学として, 第一歩において, 精神と, 言葉として, 魂と, 魂を

1 [320件] かんたん, ことは, ごとき英国憲法改正案, ごとくして, そのさき, ためです, ためには, できる男, では, はたらきを, ものである, ものと, ものとして, ものの, よろこびだつた, イチョウ科が, パラグラフでは, 一つの, 一商業区域を, 一団である, 一家の, 一家を, 一種族と, 一義に, 一義については, 一義もっ, 一葉で, 一軒家です, 一郷と, 三著を, 不可能と, 不可能を, 丹心を, 主人と, 主体として, 主体に, 主義に, 事件として, 事業あり, 事業であった, 事業を, 事業家に, 二つの, 人格と, 人格者でなく, 人物と, 人相集て, 人間としての, 今西忠通君も, 仕事を, 他の, 企図を, 企業主体と, 位地を, 位地をも, 位置を, 住民から, 体系の, 体面は, 何もの, 価値並に, 保持は, 個人の, 健全雄偉の, 傾向を, 出来ない女性, 出来ること, 出来るだけの, 出来る丈, 出来る道, 分である, 初期の, 判断が, 利潤を, 創見である, 力を, 功を, 助けに, 労働組合が, 労働者は, 動力に, 動機という, 勢威を, 危機, 危機から, 原理と, 原理を, 収入の, 取引である, 名を, 名称は, 名称を, 君主としての, 否定などは, 命題は, 品行まことに, 品行自尊自重の, 商人で, 商売人なり, 商業を, 商法を, 問題として, 営業と, 営業を, 団体で, 国だった, 国家として, 国家も, 国家を, 地に, 地位の, 地位は, 基礎を, 塔に, 塾なり, 墓の, 変化である, 外に, 外交を, 夢まどかならぬ, 大岩が, 大志あり, 女として, 女人妻に, 好結果, 姿では, 姿を, 字地か, 存在が, 存在と, 存在として, 存在は, 存在価値を, 学と, 学として, 学問あり, 学問が, 学問も, 学科の, 学科言語学は, 学者ならしめな, 学術である, 安息所である, 宗教あり, 官庁が, 実を, 実体と, 実例は, 実在である, 実在を, 家を, 対象として, 封建領主が, 尊厳を, 小ブルジョア的生活, 小学校が, 小家屋, 山塊にしか, 山畠をも, 島田三郎に, 年号なり, 幾つもの, 形態を, 形而上的なる, 径路を, 心なき, 心なく, 心を, 必要という, 必要に, 必要は, 必要を, 志操を, 思想が, 思想なく, 思想の, 思想は, 思想フランスの, 思想及び, 性癖を, 意味が, 意義を, 意識と, 意識を, 愛という, 愛とが, 態様で, 成人なく, 手本を, 承認を, 政党なりと, 政治的天地と, 教においては, 教会も, 文化を, 新年に, 日が, 日までに, 日本人と, 旨に, 旨を, 景影だにも, 有様とは, 本義を, 本能に, 根源性を, 植物が, 権利, 権利を, 機会を, 民俗学と, 民俗学民俗学それ自身独立し, 気力ある, 気力いよいよ, 気力すなわち, 気象を, 気風, 気風に, 気魄を, 活動として, 活計は, 点に, 為に, 為めと, 王国, 王国と, 生き物の, 生存を, 生活と, 生活とが, 生活の, 生活をも, 生活能力が, 生計が, 用言で, 画家たり, 画家は, 発言権を, 目的あり, 目録と, 知識としての, 研究に, 研究の, 礼式あり, 社会人として, 神たる, 神と, 私営賭馬人が, 科すなわち, 章であっ, 競技が, 範疇性と, 精神, 精神から, 精神そのものを, 精神である, 約束は, 組織あり, 経営を, 経済で, 統一国家を, 罪と, 美の, 義に, 職業と, 自信を, 萌を, 蓋然率を, 蔭には, 薄弱なる, 行為として, 街娼である, 表石という, 表石の, 要素が, 見なきは, 見識を, 見込みが, 覚悟で, 覚悟を, 観念が, 計を, 語は, 論文が, 諸社会科学, 議員と, 趣意を, 趣旨を, 身と, 身に, 身位なき, 軍を, 輿論は, 農民には, 近づきつつ, 進行とを, 運動が, 運動は, 運命が, 過失で, 道を, 遺蹟の, 邦国に, 部屋が, 部落を, 長から, 離島に, 霊廟を, 鞣皮工場を, 領域を, 領野に, 風あり, 風ある, 風に, 風習あり, 食物である, 魂で, 魂であった, 魂の, 魂は

▼ 独立した~ (383, 12.5%)

8 一つの, 一個の 7 ものである 6 もので 5 ものとして 4 二つの 3 ものと, 意味を, 意志

2 [20件] ような, 一の, 一人の, 一棟で, 人間として, 個々の, 別の, 効果を, 存在である, 完璧を, 実感を, 思惟を, 文体の, 文章として, 物語に, 生物の, 社会人である, 芸術を, 詩と, 財産を

1 [296件] お祝ひ, かたちに, が夫, けもの, ことに, その後だ, ただの, ために, とありました, というの, といふわけ, とかいう訳, ときの, と言, のだらう, のであった, のである, ので翌年英国, のは, のを, ばかりで, ばかりでなく, ひと棟を, べつの, まんまで, もの, ものが, ものであり, ものであります, ものとしては, ものに, ものの, ものの数, ものを, もの前後に, やうな, わけだ, アジア, アトリヱを, ニュースである, ハイドンの, パノラマを, 一ト幕ものとして, 一定専門領域の, 一家を, 一家庭を, 一形式にまで, 一科に, 一種の, 一篇の, 一軒の, 一部の, 一部門としての, 一部隊を, 三つの, 三畳の, 不愉快の, 世俗の, 世界を, 主君に, 予定の, 争いの, 人と, 人の, 人格で, 人格の, 人格者でなくなる, 人的要素である, 人間が, 人間だ, 人間では, 人間と, 人間は, 体系であった, 何等かの, 作品そのものに対する, 作品として, 作品としての, 作品としては, 作家評乃至, 価値が, 価値を, 信仰の, 俳句として, 個人による, 個体としての, 個性を, 創作であり, 劇団活動は, 労働者としての, 南天の, 単に印象, 単位でない, 単行本として, 印象を, 句と, 可なり, 名詞だ, 哲学や, 商業一般を, 問題では, 四つの, 四十華厳の, 国語な, 地方権力者と, 堂宇が, 塔へ, 天上界の, 天平後期の, 奇怪な, 女性の, 女性を, 姿が, 婦人たちが, 婦人であったら, 婦人労働者だ, 子供部屋が, 孔子語録であったらしく考えられる, 存在で, 存在であり, 存在として, 孤城の, 学問だらう, 完全な, 宗教上の, 宗教的な, 官制に, 客観的存在そのものの, 室が, 室を, 家に, 家屋で, 家庭音楽としての, 宿命という, 専門の, 小さい部屋, 小さな家, 小テーブル, 小山群であり, 小山脈, 小舟に, 小説と, 屋根屋根を, 山の上に, 州が, 工藝の, 市街中の, 席へ, 平家建ての, 広い墓地, 庵の, 建物が, 建物であった, 建物では, 建物に, 建築物が, 形において, 形を, 役には, 心が, 心境を, 心的能力だ, 恒久的観測研究の, 悪魔の, 意味での, 意味の, 意見を, 感動詞, 成立を, 戦いでは, 手狭な, 批評を, 振動体である, 支配者として, 故郷が, 文化は, 文化や, 文化を, 文学として, 文学としては, 文学的価値などは, 文学的思想の, 文明国に, 文芸組合または, 新しい存在, 新しい或, 新派俳優伊井蓉峰の, 日本無双の, 映画芸術の, 時に, 本体だ, 格の, 業が, 権利を, 樹木である, 機械にまで, 機能体である, 歌が, 歌の, 歌曲も, 歌集として, 武勇談である, 武器とは, 民族である, 民族の, 永遠の, 法則などという, 湖水としての, 演技の, 為に, 物とも, 理想郷と, 理論だ, 生き物の, 生命を, 生活が, 生活を, 生計を, 痕は, 発句に, 発句にも, 登山の, 真実性も, 知識と, 短い笑話, 社会を, 社会人として, 社会人としての, 社会的な, 社会的存在である, 秩序だった, 秩序界に, 空間形態の, 立場に, 立派な, 章である, 競技化し, 箇々の, 精神で, 精神的に, 純然たる, 純粋な, 絵本と, 総理大臣を, 美しさ, 美事な, 考察を, 職業について, 職業劇団と, 自己の, 自然条件を, 自由な, 自由人となりどんな, 芸術でありまし, 芸術といふ, 芸術として, 芸術品としての, 芸術家に, 芸術様式と, 芸術的価値それだけで, 茶室を, 蒙昧種族が, 装置を, 言葉だけの, 言葉の, 言語と, 言論家に, 証拠の, 評価を, 評論としても, 詞句とは, 詞章として, 試験所を, 課目は, 論理自身の, 諸テーマ, 諸分科, 講座が, 趣味を, 身魂が, 車輪です, 農民だった, 通用性を, 造語能力が, 道徳と, 部屋だった, 長唄, 長唄について, 長文の, 関係であっ, 限りの, 静かな, 領分を, 領域を, 高等科の, 魅力を

▼ 独立~ (374, 12.2%)

49 ている 17 て存在 10 ていた 5 ていない, て生活 4 てその 3 て, てやっ, てゆく, て一つ, て一国独立, て了, て何, て居る, て来た

2 [20件] てある, ており, てこの, てしまう, てしまふ, てゐる, て今日, て別, て口, て呉服商, て大, て店, て意味, て来る, て生き, て生硬, て生計, て研究, て自身, て行ける

1 [217件] がたき文士, きたる過程, そうに, そしてなおぼくら, それでいて相, それ独自の, それ自身の, たる権義の, ていかなる, ていなかった, ていなけれ, ています, ていれ, ておらん, ておる, てかつ, てからもやはり, てくっきり, てくる, てここ, てこれ, てしまっ, てしまった, てずいぶん, てそれ自体, てそれ自身, てなお, てはいない, てはじまる, ては問題, ては意識, ては観測, てみたい, ても世, ても差支, ても店主, てやつ, てやる, てゆけた, てゆけなかった, てゆける, てゐ, てゐた, て一家, て一家独立, て一層, て一手, て一時苦難, て一瞬, て上演, て世の中, て世評, て両, て両者, て並存, て予め, て事, て事務所, て二官, て互いに, て互いになんら, て今, て仕事, て他, て以来, て以来俄, て会, て何もの, て価値, て個々別々, て働かなけりゃならない, て働く, て働けるであろう, て其平易化, て別に, て別種, て副詞, て劇, て勝手, て勝敗, て南部氏, て取扱うべき, て右, て各, て各自共産主義国家, て同時に, て周囲, て国, て国民, て夏, て大和魂, て天下, て妻子, て婦人運動, て存, て宮廷詩, て家, て家族, て対立, て居た, て居つた, て居なかつた, て居り, て居りました, て差支, て布教, て師匠, て年齢自身, て幽霊, て店員時代, て建て, て強力, て後, て思索, て成立つ, て或, て戯作, て抽出, て抽象化, て持っ, て提出, て支配的, て改めて, て政治, て散在, て新た, て既に, て日本国中文明, て旧, て暮し, て最も, て有る, て本末, て様々, て此方面, て歩ける, て歩行, て法律上, て活版, て浮ん, て現われ, て現存, て理性, て生れる, て生活費, て甲府, て発生, て発育, て発達, て発音, て直接, て真価, て短篇, て石炭ブローカー, て私, て種々, て立っ, て立派, て米国潜水艦隊, て純粋, て紹介, て美術家, て美術館, て習慣, て考え, て考えすぎ, て考えら, て考えられ, て自, て自ら大衆, て自分, て自分達, て自在, て自己, て自然, て舞台, て芸界, て芸術, て衆母, て行けぬ, て見る, て詩, て読まるべきである, て貰いたいでしょう, て貰ひたい, て超, て踏みだす, て運動, て酒, て酒屋, て関せざる, て関係, て随意, て高村晴雲, ながら頻繁, にくいもん, よし社会, インドも, 一国独立し, 一家独立し, 京呉服木綿の, 体系づけられ, 侵入軍との, 個人の, 再三帝展出品, 半ば屈従の, 哲学を, 天下国家も, 定義も, 客も, 家も, 戯曲が, 治療や, 法律の, 純然たる, 自活する, 舞台装置も

▼ 独立~ (230, 7.5%)

8 維持する 4 主張し, 意味する 3 全うする

2 [14件] した建物, 主張した, 保って, 保護する, 助くるに, 否定する, 失うと, 宣言し, 宣言する, 尊重し, 得ること, 必要と, 恢復し, 維持し

1 [183件] いとおしむため, かがやかしはじめて, かち得た国民, かつてこれ以上, さして貰う, させユダヤ人, した日本, して, しない即ち, すべきより, たいそう重んずる, とどむべきや, なさしむるときは, なすもの, ねがう婦人たち, ねがって, はかりついに, はかり我が, みずから誇っ, もったこと, フェボラブルには, 与えある, 主張し得る, 享受し, 企だ, 促した階級, 保たんと, 保ちし先人, 保ちながら, 保ち平和, 保ったが, 保つこと, 保つという, 保つべき傾向, 保つ場合, 保つ為め, 保全する, 保存する, 保守する, 保証する, 全うした, 全うしつ, 全うしない, 共有する, 助けざるもの, 助けなさんと, 助け成すべし, 勧めついに, 勧め士農工商とも, 厳守する, 告げつつ, 唱うるもの, 唱うる以上, 唱うる宗, 唱えその, 唱えたる精神, 唱えて, 唱え父母, 唱ふるは, 唱へながら, 唱へる, 回復した, 回復すべき, 図ったの, 図るという, 固くし, 夢みて, 天下に, 失いかつ, 失い今や, 失い口, 失うに, 失うの, 失うもの, 失う訳, 失える, 失おうと, 失った, 失わざりし所以, 失わざるべからず, 失わず置かるる人, 失わせること, 失わなかったが, 失わぬ, 奪われて, 女子に, 妨ぐべからず, 妨ぐることはなはだ, 守らなければ, 守ること, 守る経済基礎, 完全に, 完成した, 実現する, 宣するよう, 害し多額, 害すること, 尊重せず, 崇める値い, 建てて, 張て, 待つて, 得ざること識者, 得ざる者, 得せしめず, 得て, 得るの, 得るまでは, 得る事, 志すこと, 思い立っても, 思う声, 悦ばずして, 意味しない, 愛して, 感ずるの, 打ちたてて, 抗弁し, 捨てて, 擁護しなけれ, 救い出さなければ, 教え教師, 教へ, 敢て, 断言してやろう, 旗幟の, 有た, 有って, 望むもの, 望む人, 望んで, 期して, 期せざるべからず, 楽しんで, 求むるの, 求めたかという, 求めるの, 求める国民, 求める精神, 為終せさせた, 現すもの, 目指して, 確保しよう, 確保する, 確実に, 移して, 約束する, 経済的手段に, 維持すべき, 維持すべきなり, 維持せざるべからず, 維持せん, 肯定する, 自分で, 自分の, 自覚し, 自身の, 表象する, 見更に, 計って, 計るに, 計る必要, 計画する, 許され東京, 許可され, 認められて, 認めると, 謀らむが為, 謀りしたがって, 謀り余力, 謀るも, 謀ろうという, 輔佐され, 遂げようと, 重んじた証拠, 重んじついに, 重んじます, 重んじ人間万事, 重んずる君, 重んずる精神, 鞏固ならしめん, 顧慮しない, 鼓吹した

▼ 独立~ (210, 6.9%)

9 存在する 3 存す, 存するもの, 理解された, 発展する, 発生した

2 [14件] その富, 与えられて, 切り離して, 取り扱うこと, 存し, 存在し得ない, 客観的に, 導く心算, 日本の, 特別な, 理解する, 発達した, 発達する, 考えて

1 [158件] あらず, あるであろう, かつ独創的, この二人, この人, この独逸, この相互決定, この運動, して, せられねば, そういう事柄, そして特に, そのペンネーム, その本質, その特殊, その生命, その結果, その領域, それから引き離し, それだけで, それは, ただちに差支えある, ついて, なお自由芸術, なったもの, なるつもり, なるの, もろもろの, わが至情, ウィーン大学の, シナリオとして, ファシスト的反動化を, プロレタリア, 一つの, 一旦事実上, 一般的に, 与うること, 与える資格, 世間的に, 事物それ自身に, 事物の, 二様の, 人民乃至, 他の, 伝承され, 作り始められたもの, 健全な, 出来ること, 分析され, 分析した, 分析する, 切り離された裸, 切り離されて, 別々に, 創作されたらしく思われる, 加はつた, 動くよう, 単独に, 即ち意識, 反対される, 取り出された一定, 取出して, 吾, 在る特有, 地上に, 地球の, 基く良妻賢母主義, 変化する, 外ならない, 夫は, 妥当する, 始まったとしても, 子供は, 存せば, 存在が, 存在し, 存在しうる, 存在し得る, 実際性, 実験と, 家を, 専ら意味自身, 就いて, 展開しなけれ, 常識水準の, 弁証法的だ, 引き離された概念構成, 形式的に, 彼の, 心に, 志ある, 悟性とか, 慣れて, 成り立ち吾, 成り立ったの, 成り立つと, 成立し, 技術は, 抗議を, 拓かなくては, 拡張収縮の, 排他的にさえ, 教養が, 文化的自由主義は, 文学的通俗表象によって, 於ては, 時とともに, 暮らせるだけの, 概念という, 構えて, 横に, 歪み頬, 歴史的発達を, 歴史科学的概念構成が, 水準としての, 無関係に, 熱力学的に, 物自体の, 独自の, 現実は, 理解され, 生じた民謡, 画として, 発達させ, 発達し得る, 研究せられたる, 社会に, 社会における, 私たちの, 私には, 私自身の, 組み立てる, 経済的因素が, 美醜を, 考えられるに, 考えられ又, 考へ様, 而も, 脳を, 自存する, 自己の, 自然科学それ自身が, 自由主義では, 自足した, 至りては, 行なった上, 行なわれる, 行なわれるに, 行動する, 見えた理論, 見出されたもの, 観念としてのみ, 記憶し, 論ぜずただ, 論理と, 警視庁官房主事を, 起こるの, 通用する

▼ 独立~ (168, 5.5%)

8 ものである 5 ものとして 4 もので, ものと, 二つの 2 ので, ものが, ものだ, ものを, 人格が, 客体としての, 客観界, 客観界に, 折衝だ, 統一を

1 [123件] きわめて自然的, そしてその, それ自身の, のである, ので従って, もっと細かく規則正しい, ものであった, ものであり, ものでなく, ものでなけれ, ものとの, ものに, もの公共的な, もの対立する, もの肉体一世の, んだ, アカデミー的書斎学派を, ジャンルとして, 一つの, 一資本独立な, 不変な, 世襲財産の, 主体と, 主観からの, 之と, 事実, 人格意志を, 人間としての, 他の, 何物かが, 個体であっ, 個体としての, 内閣では, 処に, 包括的な, 区画に, 即ち他, 即ち存在上, 原則の, 又は之, 合理主義的思弁による, 命題を, 哲学が, 商品である, 問題と, 固定した, 固有に, 外界の, 大きいビジネス, 契機を, 存在では, 存在と, 存在として, 存在の, 存在理由を, 安定した, 完全な, 客観を, 客観性を, 客観界が, 客観的な, 客観的統一を, 対立に, 対象を, 屋根を, 幾何学的な, 座標を, 形式的真理への, 意味の, 意味を, 意識という, 感性的, 成立を, 抽出物の, 新しい領域, 新聞出版資本なる, 新聞現象に, 普遍的な, 最後の, 根拠を, 根源的な, 概念である, 概念として, 概念成立の, 標準が, 権威を, 機械的分業制を以て, 次元と, 独自の, 直観としての, 直観的に, 真の, 真埋, 真理性を, 真理自体でなく, 知識の, 研究が, 社会の, 科学と, 科学として, 秩序界を, 積極的機能と, 素材では, 者が, 而かも, 能動性から, 自分という, 自分自身の, 自己発展的な, 自律性を, 自由として, 自由な, 芸術としての, 要素としては, 要素的な, 規定として, 規範性が, 規範性を, 諸インスティチュート, 諸部門, 進路を, 需給関係の, 領域と

▼ 独立~ (96, 3.1%)

5 を有 4 を有っ

2 [11件] とは何, をもたせた, を保全, を否定, を失っ, を失わない, を持たない, を持っ, を持った, を確立, を認める

1 [65件] がある, がない, が今日根本問題, が保てた, が分類, が否定, が問題, が存する, が少ない, が必要, が欠け, でありクリティシズム, である, となり, とはどう, とは説明, とを強調, とを有する, とを要求, と価値, と普遍性, と権威, と演劇, と独自性, にも限界, に於, のこと, のない, のモメント, の保持, の否定, の獲得等々, の確実, はある, はその, はほんとに, は失われ, は強権, は必ず, は消され, も充分, も風前, をば自然科学, をもたせる, をもち得ず, をもった, をも有する, を云い表わす, を今, を保っ, を保持, を全く, を分解, を多分, を失はない, を有つて, を欠い, を欠いだ, を無視, を獲得, を確実, を証明, を認め, を認められた, を辛ふじ

▼ 独立する~ (92, 3.0%)

7 ことが 3 ことに, ことの, について両親, のが, ように 2 ことを, ために, に至った, 自覚と

1 [62件] こと, ことそれを, ことです, ことと, ことは, ことも, ことをこそ, こと同棲しない, こと能わざる, ためには, だけのもの, だけの仕事, という条件, という考えかた, ときその, としてまず, とすれ, とはこの, とも独立, と同時に, と是, にし, には一人きり, に十分, に至る, までには時間, まで二度, まで後期印象派, ものとしては, ゆえんの, ような, わけが, わけで, を得, を甚だ, んだ, 事によって, 事の, 事をのみ, 人格者だ, 人的要素を, 価値が, 場合には, 外は, 女子家庭に, 年齢, 径路に, 必要が, 必要と, 時は, 時機が, 様に, 段階に, 理由が, 目あてが, 積極的の, 経路である, 考えを, 訣は, 資力が, 迄は依頼, 近代国家の

▼ 独立~ (62, 2.0%)

7 自由とを 3 体の, 安全を 2 研究の, 自由と

1 [45件] いえば, その文化, その資本, それと, それによる, であるの, なって, なり任意, よろこび多い, 之を, 二様に, 云うよう, 云う考, 人民の, 共鳴との, 号した, 大志とを, 安定の, 己れ, 平和さらに, 平和との, 平和とを, 平和を, 平和民主主義に, 平和確保の, 思い違いやすき, 思われるらしい教養, 感覚的な, 母性保護問題とについて, 永久的繁栄に, 混同すべきでない, 生産や, 申すべきなり, 称し職業的自覚, 精神に, 繁盛との, 考えられる形式, 自由とが, 自由とだけを, 自由を, 解放の, 言うと, 言うとき, 誤解し, 説を

▼ 独立~ (48, 1.6%)

3 になる 2 が出来, たるゆえん, にはなっ, のため

1 [37件] からの旅人, たりし, たる以上, だ大き, であり得る, である, であるが, であるけれども, であるならば, ではなかっ, でほぼ, でもこし, で時々, で而, として取り扱おう, として登場, とならし, となり, となりたる, と云う, なり, の他国, の体面, の利益, の日本, の状態, の貢物, の貿易相手国, の首府, はただ, は何時, は実は, は英, らしく思われる, を如何, を造っ, 起こるに

▼ 独立~ (43, 1.4%)

2 六かしい

1 [41件] あらゆる曲率, あるよう, この事情, この点, したが, して, そこでは, その問題, ついに侵されなかった, ない, なくとも, アメリカの, ドイツの, ボストン港に, 一応現象, 一日も, 主張せられ, 会計を, 併し, 元来農民, 危し, 右の, 叶い難き, 国民の, 夕張川の, 大切なる, 女子自ら経済上に, 好みすべきであるが, 婦人を, 寛文中九州から, 尊重する, 常に対象, 最上の, 条件つきの, 極めて初歩, 炭取りの, 確固不抜の, 要するに悠久, 覚束ない, 重大なり, 隷属に

▼ 独立~ (39, 1.3%)

2 なの, なもの, な生活

1 [33件] たること, であったから, であるならば, であるべきと, であろうと, でない感情, では, で同時に, と言います, な, なる綜合的認識形式, な一環, な価値, な全体, な外見, な実力, な心, な批判力, な権威, な気性, な生気溌剌, な短気, な確実, な精神, な論理, にした, に一つ, に取出し, に対立, に屈折, に思い立った, に自己自身, の事業

▼ 独立~ (32, 1.0%)

2 結果する

1 [30件] あった, あり価値, あるもの, おびやかされること, お銀様, ついにどうして得られた, できさえ, できないもの, できるでしょうか, どうのこうの文壇, まもられて, 不可能だ, 云い現, 何人にも, 保てぬという, 保障し, 出来る様, 十分に, 可能である, 困難に, 害せられるとは, 家族制度を, 得られるもの, 必要である, 日本の, 明治の, 有利であり, 確立した, 虐げられ踏みにじられて, 遅れたの

▼ 独立~ (29, 0.9%)

3 のない 2 の強い

1 [24件] から湧, がとぼしく, がどういう, がなくなっ, が強く, が旺盛, が発達, さえあれ, というもの, というよう, とこの, とを育てました, にもゆる, に乏しき, に乏しく, のいかに, の居処, の欠け, は闘争, も可愛らしく, や清廉さ, をあたえ, を備え, を持っ

▼ 独立させ~ (26, 0.9%)

6 て冷然 2 ては如何

1 [18件] て, ては呉れない, て之, て了, て全く, て好み, て学力, て来る, て異, て総理大臣直接, て考える, て考へ, て見, て見た, て見れ, て評し, 特殊の, 直ちにその

▼ 独立という~ (24, 0.8%)

5 ことは 3 ことを

1 [16件] ことから, ことが, ことも, ごとき意識, のは, ものを, ような, わけには, リッケルトの, 主張において, 問題が, 意味までも, 意識的又は, 純真な, 美くしそうな, 規定が

▼ 独立~ (24, 0.8%)

8 して 2 したもの

1 [14件] されたもの, しそして, したと, したインター・カルチュラル, し単位化, し定式化, し自由, する, せざるを, せられて, は併, は概念, は許されない, や向上

▼ 独立~ (21, 0.7%)

2 やって

1 [19件] あり得ないこと, あり得るから, その才能, できること, やつて, やるかも, やるの, 不変な, 勝手に, 同業を, 商売を, 婦人社会の, 布教に, 従って, 木彫りを, 洋食屋を, 百万の, 立派な, 遣れッ

▼ 独立である~ (19, 0.6%)

4 ことが

1 [15件] からどの, から他, か他, がそれ, こと私に対して, ということ, という意味, といっ, としよう, とすれ, とは考えられない, と云わね, にし, 処の, 時次元は

▼ 独立~ (18, 0.6%)

4 を評す 2 をみ

1 [12件] だと, では見事, などはその, に較べ, のその, の作家諸君, の進歩性, は二科, は観, も少し, を見, を見る

▼ 独立せる~ (17, 0.6%)

2 一つの

1 [15件] ものと, ものとして, 一個の, 一幕物の, 人々の, 人文科学に, 山水を, 山水画を, 比較神話学は, 民族を, 現在すなわち, 生活とか, 要素が, 要素の, 風景画が

▼ 独立運動~ (15, 0.5%)

2 などではなく

1 [13件] が活溌, というの, に対する妥協, に潜入, に資金, のため, の如き, の志士潘是漢, の資金, の遊説家, の首領, をなし, を再燃

▼ 独立戦争~ (14, 0.5%)

2 の時

1 [12件] が起った, には独立自由, に心, に武器, のとき, の起こりし, の長い, もレキシントン, をおこし, を外, を指導, 前多年

▼ 独立させる~ (13, 0.4%)

1 [13件] かにある, かに存する, ことによって, ことを, ために, という大浦博士, としたら, と云う, については大変, に足る, ので, 方向へ, 過程は

▼ 独立なる~ (12, 0.4%)

1 [12件] ものすなわち, 主体性を, 全智なる, 具体的なる, 存在で, 存在である, 存在は, 実体と, 感性的に, 方法は, 生産的の, 者の

▼ 独立~ (11, 0.4%)

2 して 1 しましたし, せずに, ただ一国内の, 出来ず相, 出来ぬ, 日露戦争を, 望むべからず, 現実の, 自我も

▼ 独立とは~ (10, 0.3%)

1 そのため, なり得ないという, 一軒の, 世間の, 他国文学, 何を, 実は之, 密着, 畢竟婦人, 自分にて

▼ 独立不羈~ (10, 0.3%)

3 の精神 1 で商売, にし, になろう, の信条, の男, の魂, を護ろう

▼ 独立~ (10, 0.3%)

1 であつ, であるならば, としての判断, としての婦人, としての男, としての見識, として何者, として基本的, として生きられる, として生活

▼ 独立自由~ (10, 0.3%)

1 に脳, の人格, の政治, の気分, の生活, の精神, をたくましゅうし, を妨げざる, を知らず, を確保

▼ 独立であり~ (9, 0.3%)

1 そして物理的, そして通路, その妥当, それは, ながら互に, 不変である, 恒常な, 自己表現的である, 非連続

▼ 独立国家~ (9, 0.3%)

2 になる 1 たる威容, としての栄誉, としての面目, として国際場裡, をなし, を持たない, を持つ

▼ 独立変数~ (9, 0.3%)

1 が極めて, である, としては不, として妥当, と称する, にてある程度, にて代表, の析出, を含む

▼ 独立家屋~ (9, 0.3%)

2 のそば 1 があった, であるわが家, など実物どおり, の, のあたり, のさき, を所有

▼ 独立自尊~ (9, 0.3%)

2 の精神 1 あるいは婦人問題, というよう, の倫理, の必要, の意気, の態度, の軸物

▼ 独立しよう~ (8, 0.3%)

1 という気持, とし, として活動, とする, とはせず, と彼, と心, と思い立った

▼ 独立~ (8, 0.3%)

2 ということ 1 が経済的, というの, という点, という見方, とは結論, のと

▼ 独立生活~ (8, 0.3%)

1 とかいうこと, の中, の欲望, の端緒, の自由, は保ち, を営む, を営める

▼ 独立せしめる~ (7, 0.2%)

1 ことが, ことにな, ことによって, ことは, ために, のは, 運動更に

▼ 独立では~ (7, 0.2%)

2 なかった 1 そんなに大きな, ないので, なかろうから, なくして, なく女性

▼ 独立とを~ (7, 0.2%)

1 主張する, 信仰せず, 奪はん, 宣言した, 得ようと, 忘れて, 愛するすべて

▼ 独立~ (7, 0.2%)

4 全なる 2 全に 1 全な

▼ 独立自営~ (7, 0.2%)

2 の道 1 の力, の婦人, の目途, を主, を計り

▼ 独立~ (6, 0.2%)

3 覊の 2 覊を 1 覊とは

▼ 独立出来る~ (6, 0.2%)

2 ものと 1 が, と思い込んだ, 生活の, 職業を

▼ 独立~ (6, 0.2%)

2 の日本 1 の姿, の数年間, 初めて成立, 初めて行われた

▼ 独立自存~ (6, 0.2%)

1 しては, しようと, すること, な哲学, の気象, の逞し

▼ 独立させた~ (5, 0.2%)

1 ことが, ので戸締り, ものである, ものに, 橋渡しは

▼ 独立し得る~ (5, 0.2%)

1 だけの収入, に至つた事, ので, までの教育, もので

▼ 独立できる~ (5, 0.2%)

1 ことに, のよ, やうな, やうに, 仕事を

▼ 独立独行~ (5, 0.2%)

1 せず, だ, で勉強, という言葉, の頑固者

▼ 独立~ (5, 0.2%)

1 からアメリカじゅう一せい, の宵祭, の晩餐, を目, を祝った

▼ 独立~ (5, 0.2%)

1 と戦い, に忠実, の幽霊, の組織者, を挙げさせる

▼ 独立したる~ (4, 0.1%)

1 ものに, 体操もしくは, 画布の, 関係すなわち

▼ 独立しなけれ~ (4, 0.1%)

1 ばならない, ばならぬ, ば日本, ば男子

▼ 独立せしめ~ (4, 0.1%)

1 あるいは春の部, そして立派, 彼は, 我が一身

▼ 独立せん~ (4, 0.1%)

2 とする 1 がため, とするなら

▼ 独立でなけれ~ (4, 0.1%)

2 ばならぬ 1 ばならない, ばならなくなる

▼ 独立には~ (4, 0.1%)

1 なぜ重力, 常々吾, 把握され得ない, 非らざるなり

▼ 独立行動~ (4, 0.1%)

2 は珍しかっ 1 に出で, の宣言

▼ 独立~ (4, 0.1%)

1 の中, の主義, は国民的性情, を意味

▼ 独立したら~ (3, 0.1%)

1 こんな風, 一所に, 好いでしょう

▼ 独立してる~ (3, 0.1%)

1 山々も, 者が, 者は

▼ 独立しない~ (3, 0.1%)

2 までも第 1 で多く

▼ 独立すれ~ (3, 0.1%)

1 ば一度, ば兄, ば眼

▼ 独立せし~ (3, 0.1%)

1 むるには結一句にて, むる者も, ものに

▼ 独立であっ~ (3, 0.1%)

1 てしかも, てはならない, て我々

▼ 独立でも~ (3, 0.1%)

1 ない, 又わが, 考へないと

▼ 独立に関する~ (3, 0.1%)

1 一つの, 英米関係の, 言葉を

▼ 独立への~ (3, 0.1%)

1 出品画に, 希望や, 愛人民解放の

▼ 独立~ (3, 0.1%)

1 世界の, 立派な, 自由や

▼ 独立以来~ (3, 0.1%)

3 わずかに

▼ 独立~ (3, 0.1%)

1 にしろ, の同情者, の連中

▼ 独立労働者~ (3, 0.1%)

1 になった, は失業, よりも安売り

▼ 独立市民~ (3, 0.1%)

1 として礼儀, の声, の投票権拡張

▼ 独立教会~ (3, 0.1%)

1 からも脱退, から脱退, で

▼ 独立精神~ (3, 0.1%)

1 であったか, と独立能力, の権化

▼ 独立~ (3, 0.1%)

1 であった, としての権利的要求, の名

▼ 独立者ら~ (3, 0.1%)

1 はその, は現在, を窒息

▼ 独立自恃~ (3, 0.1%)

3 の精神

▼ 独立自治~ (3, 0.1%)

1 ということ, の心, もって

▼ 独立させよう~ (2, 0.1%)

1 というの, とする

▼ 独立し得られる~ (2, 0.1%)

1 ものだ, よう商売道の

▼ 独立せね~ (2, 0.1%)

2 ばならぬ

▼ 独立できない~ (2, 0.1%)

1 し, 者に

▼ 独立といふ~ (2, 0.1%)

2 ことが

▼ 独立などと~ (2, 0.1%)

1 いへた義理, オフィス通いを

▼ 独立などという~ (2, 0.1%)

1 空想に, 論議を

▼ 独立について~ (2, 0.1%)

1 今日まで, 国家目的を

▼ 独立にも~ (2, 0.1%)

1 五七五の, 成立出来る

▼ 独立主体化~ (2, 0.1%)

1 した世界, 即ち論理学

▼ 独立事業~ (2, 0.1%)

1 としてはずいぶん, の経営

▼ 独立党員~ (2, 0.1%)

1 が舞台, で大東共報記者

▼ 独立出来た~ (2, 0.1%)

2 かと云え

▼ 独立労働党~ (2, 0.1%)

1 と少数運動者, の首領ケア

▼ 独立~ (2, 0.1%)

1 となしたる, のよう

▼ 独立問題~ (2, 0.1%)

1 の喧しく, を一種

▼ 独立国たる~ (2, 0.1%)

2 を得る

▼ 独立思想~ (2, 0.1%)

1 であったとしても, を実行

▼ 独立日本~ (2, 0.1%)

1 が軍事基地化, の要望

▼ 独立~ (2, 0.1%)

1 の侮辱, を侮辱

▼ 独立歩兵~ (2, 0.1%)

1 第十二聯隊, 第十二聯隊付衛生下士官

▼ 独立活動~ (2, 0.1%)

1 であった, を試みんべく

▼ 独立~ (2, 0.1%)

1 であらざる, である以上

▼ 独立独行誰~ (2, 0.1%)

1 の干渉, の恩

▼ 独立的人格者~ (2, 0.1%)

1 として生活, として生涯

▼ 独立的気風~ (2, 0.1%)

1 に富ん, は各人

▼ 独立的生活~ (2, 0.1%)

1 の第, を営ん

▼ 独立的精神~ (2, 0.1%)

1 の者, の象徴

▼ 独立自主~ (2, 0.1%)

1 の気風, の精神

▼ 独立自給~ (2, 0.1%)

1 だけにし, のできる

▼ 独立自重~ (2, 0.1%)

2 の心

▼ 独立記念日~ (2, 0.1%)

1 の朝, の道化役者みたい

▼ 独立資金獲得~ (2, 0.1%)

1 の計画, の評判

▼ 独立高聳~ (2, 0.1%)

2 して

▼1* [218件]

独立あそばした方が, 独立あそばすので御, 独立あるものである, 独立から依存へ, 独立さしてやる, 独立さすことに, 独立させたい希望の, 独立させたかったからで, 独立しきつて居ない, 独立したいから女学校, 独立したらしいものも, 独立した迸水が, 独立しなくてはならなかった, 独立しなくっちゃ, 独立し合ってい, 独立し始めて以来, 独立し始めた良心の, 独立し得ざる人なり, 独立し得ず常に前, 独立し得たところで, 独立し得ないという処, 独立し得なかったのです, 独立し得られなかつたからである, 独立し離れて行こう, 独立というも日曜日, 独立すべきことなし, 独立せしめざる者も, 独立せしめた時に, 独立せしめたるジョージ, 独立せしめようとしたら, 独立せしめられることであろう, 独立せずいつも主観, 独立せないということ, 独立せない従って作られた, 独立であるべき論証, 独立であるべくその意味, 独立ですから相当, 独立でないどころで, 独立とか植民地化を, 独立とかいう普通教育として, 独立とで保持し得る, 独立との主張に, 独立とはなんぞや, 独立とも考えられる, 独立なきものとは, 独立なく他人に, 独立なさるつもりでしょう, 独立ならずなんらかの関係, 独立なりと思う, 独立なんか扱ったもの, 独立において国是において, 独立については私も, 独立にていまだ他, 独立によって一人前の, 独立による満州国との, 独立に対して武力を, 独立もって他人, 独立やの存在する, 独立をさえ強調する, 独立をまで企てた平将門, 独立と思へ, 独立イクォル経済的自立ときっちり, 独立シ英国ト交ヲ絶チ, 独立スルノ理ヲ以テ独立シ, 独立自由ニセント死ヲ, 独立ボルシェヴィキの軍国化, 独立の妨害, 独立上必要なる理由, 独立不動と不羈, 独立不屈の大, 独立不撓の計らざる, 独立不羈神を神, 独立主権的国民として伊太利, 独立人格の承認, 独立人民の民主主義, 独立以後も久しく, 独立以来兵乱の少な, 独立以来歴年浅駸駸忽成富強基, 独立会館が文科, 独立作家クラブの結成, 独立作戦能力が大, 独立価値ではない, 独立保つべきや否や, 独立保全のため, 独立保全日満不可分関係, 独立傾向のあつ, 独立先生が久しく, 独立党バリー支部へ送られる, 独立公演したい田村, 独立出来ず位置も, 独立出来ない筈だろう, 独立判断でやっ, 独立創見は滅多, 独立の欠乏, 独立勝手次第の生活, 独立化後その塔, 独立単位にはじまりました, 独立し, 独立無競, 独立維新前後は, 独立否定説が必ずしも, 独立をする, 独立問題東宝対の色々, 独立国エチオピア帝国に嫁, 独立国ニ行フベキ事件ハ我国ニ於テモ之ヲ施行スルノ全権アリ, 独立国並みに大使, 独立地帯として歳旦, 独立の張り切り, 独立の側, 独立も男, 独立婦人に働く, 独立孤立しては, 独立学校ならしめその, 独立守備隊がどこそこ, 独立守備隊司令官らも相つい, 独立守備隊駐箚師団の参謀ら, 独立完全ならざる東洋諸国, 独立の制度一定, 独立射撃さ, 独立小生産者のイデオロギー, 独立展其他の所謂前衛的展覧会, 独立展的な観念, 独立左党の領袖ランジュルー代議士, 独立市政を布かん, 独立平行説のよう, 独立で買った, 独立後共和政体を組織, 独立後国連軍を無, 独立性それの現代生活, 独立性否認がなお, 独立性夫は理念, 独立性形式の自己独立性, 独立性自主性を主張, 独立性茲に自然弁証法, 独立恋愛の自由, 独立愛好心は確か, 独立を翻弄, 独立或は固定の, 独立戦争中はイギリス, 独立戦争時分の事, 独立戦争記念のバンカ・ヒル, 独立擁護および授業料, 独立政権を樹立, 独立政権運動とが報道, 独立て新, 独立に移行, 独立属と, 独立旗上をした, 独立日本人の独立, 独立日本学の独立, 独立時代と謂つた仮り, 独立が晩成, 独立標高点から右尾根, 独立檄文となり, 独立水陸両用戦車大隊の一中隊, 独立活動隊です, 独立游離する様, 独立溶合更に直線, 独立特務機関の有数, 独立特行の決心, 独立独行其議論を固守, 独立独行政治社会の牽制, 独立独行百事他人に殊, 独立独行良心を事務, 独立独行齢を眼中, 独立生存が他, 独立生活享楽生活の容易, 独立生涯を躬行, 独立男女にとつ, 独立男子の名, 独立畢竟私が, 独立発展のため, 独立的体面を守らん, 独立的存在でなければ, 独立的実力を示せ, 独立的意志の堅実, 独立的権能を保有, 独立的気質を受け継い, 独立的生計が営めない, 独立研究の自由, 独立積極的中立政策について中, 独立一回作品の, 独立の色, 独立純化の運動, 独立組織は各, 独立組織これなり, 独立経済にする, 独立統一した出版所, 独立絶対化すため, 独立美術協会新制作派, 独立美術系の若い, 独立耕作者は輸出, 独立能力との麻痺, 独立自主自由でなければ, 独立自力自活と覚悟, 独立自存三十三間堂が眼中, 独立自己を立てる, 独立自律的であったの, 独立自治国となつ, 独立自活して, 独立自然に対する趣味, 独立自由平等友愛進歩を以て記号, 独立自由美術などの画家, 独立自発心肝を砕い, 独立興廃にも影響, 独立行為といわれぬ, 独立記念賞金を受けた, 独立として扱, 独立の様, 独立論文である, 独立諸州に対してヨーロッパ, 独立資格を認める, 独立資金をうる, 独立の家, 独立閉鎖堡とする, 独立を張つて, 独立陰謀の故, 独立随一の技術家