青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「独り~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

状~ ~状態 状態~ 狂~ 狂人~ 狂言~ ~狐 狐~ 独~ ~独り
独り~
独特~ ~独立 独立~ 独身~ 独逸~ ~狭い 狭い~ 狸~ 狼~ ~狼狽

「独り~」 4506, 49ppm, 2397位

▼ 独り~ (1475, 32.7%)

10 暮して 9 何か, 歩いて, 言って 8 立って, 自分の 7 気を, 笑った 6 きめて, それを, 勝手に, 寝て, 感心し, 笑って, 考えて, 酒を 5 悦に入って, 泣いて 4 いても, 二階に, 住んで, 先に, 帰って, 悄然と, 楽しんで, 歩くの, 茶を, 遊んで

3 [22件] いると, うなずいた, そんなこと, 働いて, 呑み込んで, 定めて, 帰れるから, 書斎に, 極めて, 決めて, 泣いたり, 留守を, 笑ったり, 考へて, 苦んで, 苦笑した, 見て, 部屋の, 静かに, 頷いて, 頷きながら, 首を

2 [86件] あつた, いたかった, いるところ, いるの, いる時, いる訳, せう, そう思った, つぶやいた, つぶやいて, つまらなそう, にこにこし, ねて, のうのうと, ぶつぶつ言い, ほかの, ぼんやりし, やきもきし, やって, やつて, よがって, よくそれ, ゐると, オツに, ノンキに, ポツンと, 上京し, 二階へ, 云いながら, 何時までも, 内職を, 出て, 動いて, 合点し, 喜んで, 喰べて, 困って, 坐って, 奥の, 宅で, 家に, 家の, 寂しい昼飯, 将棋を, 居ると, 居るの, 居る時間, 往くこと, 心配した, 怒って, 思案に, 感に, 或る, 斯う, 来て, 杯を, 楽しむ幸福, 次の, 海の, 海を, 淋しくって, 満足し, 点頭いて, 点頭きながら, 煩悶し, 生きて, 笑いながら, 置くには, 考えました, 考え込んで, 自分を, 興奮し, 船に, 行って, 赤面し, 踊るひょっとこ人形, 退屈な, 逃げて, 遊んだ, 邪魔を, 酌いで, 頷いた, 顔を, 飛んで, 飲んで, 黙って

1 [1072件 抜粋] あかくなつた, あちこち波を, あつたら, あの凧, あはあは, あらゆる破, あんな処, いい, いいました, いうたわけ, いじめて, いたら大勢, いって, いて, いました, いやがって, いらっしゃいます, いらっしゃいますこと, いられます, いること, いるには, いるん, いろと, うちの, うなずいて, うぬぼれてや, うーむと, おうたくら, おかしがった, おかしくなった, おく限り, おられるの, お今, お庭, お湯から, お酔ひ, かけて, かなり重い, がまんし, くくと, くよくよ想ってる, くるしく笑い出した, こうおろおろと, こう呻いた, こう思惟, ここに, こっそり書い, ことことと, この古い, この家, この広い, この旧式, これだけ, ごろりと放り出され, さういふこと, ささやいて, さっさと数寄屋橋, さつさと, さびしいとき, さみしく部屋, さ迷つて, しまったと, しょんぼりこの, じっとものおもい, じゃれて, すたすたと, すら, するよう, すーっと, せかせかし, そう極めてわざと彼女, そう言っ, そこそこに, そっちの, そのおかし, その池, その部屋, それに, そんな所, たいらげて, ぢつと, つぶやくよう, つまりませんよ, てれ臭さうな, とって, とぼとぼ辿っ, どぎまぎし, どなりましたぜ, なめて, なんとかアタリ, にやにやと, ねんねし習わなく, はじける, はらはらし, ひそかに, ふざけ廻って, ぶらぶらし, ぶらぶら六本木, ぶらぶら御, ぷりぷりし, ぺらぺらしゃべり続ける, ぼんやり物思ひ, ぽつねんとここ, まごついて, むきに, むずかしがらない, もっと乗り廻る, ものも, やったので, やって来たこと, やらせるには, やりだした, やると, やるの, わたしは, ゐないで, ゐること, ゐるの, ゐる藤村, ウヰスキーを, クス, クルクルと, サロンに, シチューで, ズクラを, ダラットの, ドシドシ進ん, ニヤニヤし, ハーモニカや, フラフラと, ブレント入江の, ベラベラと, ホクホク悦に入っ, ボツボツと, ポツンポツンと, ムツと, 一ト月の, 一定の, 一杯を, 一般的な, 万歳の, 三味線に, 上つて来た, 上野の, 上陸し, 不合理を, 世帯を, 両方が, 乗つた, 二日三日商売も, 云つてゐ, 亢奮した, 今頃まで, 仕末, 他の, 伸び, 住める部屋, 何やら感嘆, 何処かで, 何処かへ, 侘しげ, 借家捜し, 偉がった, 僅か許, 入り込んで, 内密に, 凄がっ, 凝と, 出かけて, 出つけない私, 出向いて, 出来ると, 出歩くから, 切抜けると, 力んで, 勉強と, 動き出す大, 動き廻る, 北叟笑みながら, 南部坂を, 占領し, 参れますから, 参ろうぞ, 友達の, 取り済して, 口に, 口惜しさ, 可笑しい, 可笑しがっ, 台所の, 合点を, 呟いた, 呟いて, 味わって, 呻った, 喋って, 喋りすぎ相手, 喋舌つてゐたら, 喧嘩を, 営もうと, 嘆息した, 噛みしめて, 困った時, 土間の, 坐つて, 声を, 夕食を, 外へ, 外濠の, 多舌立て, 夜の, 大いに頷く, 大丈夫かナ, 大人しく留守番, 大層喜ん, 大笑いに, 天狗に, 女中を, 妙な, 威張りながら, 媼は, 嬰児を, 学校へ, 室内を, 家事を, 寂しいから, 寂しく東京, 寂しそう, 富士登山が, 寝かして, 寝ちまっちゃ, 寝る, 寝るわ, 寝泊りし, 寝転びながら, 小さい自分, 尺八を, 居た, 居よう, 居られるナア, 居るよう, 居る方, 居る様, 屋外へ, 山村の, 岸本の, 島民に, 工夫を, 市中へ, 帆走される, 帝国劇場へ, 帰そうという, 帰ること, 帰れるわ, 幾度も, 床に, 庭の, 弁じて, 引き上げて, 弟の, 強く肯い, 彷徨い出そうと, 彼方に, 往った, 待ちかね顔, 待合室の, 得意に, 微笑んだ, 心配を, 忍び泣きしてばかり, 忘れられない楽しい, 怒つて, 怒鳴った, 思い惑いながら, 思うた, 思ひ出して, 思案し, 恐悦がる, 恥しくなっ, 恥じて, 悦に入りながら, 悩み独り, 愛想が, 愛想笑ひ, 感じ独り, 感心した, 感心を, 憂い窶れて, 戯けまわる, 手ぬぐいを, 手当を, 手習を, 折鶴を, 拗ねて, 持って, 持仏堂には, 掛金が, 撮ったの, 故国の, 散歩し, 斯うし, 斯んな, 新聞を, 旅館を, 明るさ, 時を, 暗い部屋, 暮した, 暮す叔母, 暮す覚悟, 曳や, 書生の, 朝から, 机に, 村へ, 来た, 板塀の, 某処, 根気に, 森へ, 検めて, 極めて一人, 極めて自ら, 様子ぶり忘れ, 横浜に, 機関車の, 歌い歩く声, 歎息した, 此処に, 此方へ, 歩かせる算段, 歩まれます, 死ぬなんて, 毎晩余儀なく, 気儘に, 水馴棹を, 汗を, 決定出来るであろう, 汽車にも, 泣くこと, 泥濘った, 津の, 浅草に, 海へ, 消えたん, 消えるとか, 涙ぐんで, 淋しかろう, 淋しさ, 深く考え沈んだ, 渡るか, 湯に, 滑降する, 澄ましこんで, 火桶を, 点頭いたり, 焦れて, 焦れツ, 煮タキ, 熱に, 燃える愛情, 燻し始めた, 物に, 物事を, 物言わぬさびし, 狼狽えて, 王宮を, 生えた, 生活出来る, 町の, 留まって, 留守させ, 異国に, 病気の, 登って, 登山し, 盤面に, 相当に, 眠れず苦しんで, 着換, 矢張りこの, 碁石を, 私の, 種々思い惑った, 窃に, 窓の, 立ち去った余, 立廻りを, 笑いこけて, 笑いだした, 笑うほか, 笑つ, 笑つてゐ, 笑ひ, 箱の, 篤と此, 絃を, 結構よ, 綺麗な, 練習しよう, 置きは, 置けないわ, 老婢を, 考えたかったから, 考えては, 考えると, 考え込むきり, 考へてばかり, 考へるたび, 肝癪, 胸に, 胸算用を, 腹の中で, 膳に, 自然に, 舟を, 花の, 苦しまないで, 苦しんで, 苦んでばかり, 苦笑いした, 苦笑を, 茶器を, 荒い溜息, 莞爾, 落つく, 薄ら笑ひ, 蚊帳の, 行かれたね, 行きたそう, 行くこと, 行くよ, 行けるの, 行た, 行つて来る, 街の, 裏づたいに桑畠の, 見るの, 覚えたいと, 解ったと, 言った, 詰所まで, 話し出すの, 誓って, 読み暮すこと, 読むの, 読書する, 謀略の, 讃美し, 豪くなった, 買うという, 赤城に, 起き上って, 踊って, 踏み越えた豪胆者, 転んだ時, 近づいて, 述べること, 退きました, 透き徹る, 通って, 通るの, 遊び歩いた, 遊んでばかり, 遊歩し, 運動場の, 過して, 遠い旅, 遠去かっ, 遣り通すといふ, 部屋に, 酌を, 酔いそうして, 酔つ, 野原の, 錬磨しました, 長火鉢の, 開けて, 闘おうと, 降りて, 階下の, 隠し芸を, 青嵐荘へと, 面白がっ, 面白く蛍狩り, 頂戴いたします, 頭の, 飛ぶわけ, 食って, 食べて, 食事の, 食卓の, 飲みな, 飲み初めた, 飲むの, 飲めも, 飲んだよう, 馬に, 髪の毛を, 鶴石の

▼ 独り~ (91, 2.0%)

4 時は 2 力では, 心で, 時間を, 武蔵を, 滝を, 身を, 部屋で

1 [73件] うちに, お話は, かせぎ高, こるならのこるよう, ほうが, みこみ顔, みこんで, ものだ, ようじゃが, アイリスは, 中で, 人が, 人にも, 会話を, 兵が, 勉強以外に, 勉強歴史は, 営みを, 姉が, 姉を, 子まで, 宗教家であった, 客も, 山旅へと, 工房とから, 往生では, 心に, 心持を, 思いに, 恥では, 想いに, 愛慾の, 方が, 旅と, 旅は, 旅を, 時そんな, 時には, 時間が, 時間に, 暮しも, 朝飯を, 歓びと, 歩みによって, 沈潜と, 淋しい生活, 清貧を, 生活に, 生活には, 生活を, 男が, 発明でない, 私では, 私に対して, 繰りごと, 罪人だ, 老母が, 聖のみ, 胸に, 胸の, 自分では, 自由を, 苦労で, 軽い身, 遊びを, 道を, 邑想を, 部屋に, 都会人の, 黄金哉, 黒く塗った, 黒く塗つた膳, 黙思

▼ 独り~ (85, 1.9%)

18 なって 14 なると 6 なってから 5 なった 3 なつた 2 して, なつて, ならなければ, 成って

1 [31件] あらゆる負担, されたの, される, されること, しては, なったところ, なったので, なった事, なった弟子, なった時, なった瞬間, なつたら, ならむとすらむ, なりすぎたね, なりたかったの, なりたくなった, なり帰って, なり彼, なり静か, なる, なるつもり, なるまで, なる時, なれた, なれる, 向って, 生きようと, 返ると, 違って, 限る, 馴れ気

▼ 独りごと~ (70, 1.6%)

23 のよう 4 のやう, を言い 2 をいい, をいう, を言っ, を言つて

1 [31件] から推す, しました, に, にいっ, にまで云う, にも言い, に呟きだした, に申し, の声, の様, へうなずい, や合点, をいいつづけ, をいいました, をいい出した, をいっ, をいひました, をしました, を云い, を云っ, を云った, を叫びはじめた, を呟いた, を呟き, を喋る, を始めた, を洩らし, を洩らした, を洩らす, を耳, を言った

▼ 独り~ (65, 1.4%)

20 のよう 3 のやう, を言った 2 にこう, をいっ, をいった, をもらし, を洩らし, を洩らした, を言

1 [25件] が洩れた, しか云, しつ猪口, して, ちを, つ, つた, に, にいった, にし, につぶやい, につぶやいた, に云い, のうち, の様, の独り合点, はいつのまにか, ばかり書い, を, をおっしゃる, をし, をつぶやいた, を云ひつ, を呟いてた, を空

▼ 独りでは~ (40, 0.9%)

2 しやぎ

1 [38件] あはあ言っ, いって, いられなかったろうが, お寂しかろ, それを, できなくなって, とうてい想望, とても夜なべ, ないでしょうが, なかった, なくて, なく彼女, なく皆, やりきれないの, ゐられないそして, 不自由でしょう, 何しろ荷, 凝つとして, 力が, 力もないし, 動くこと, 厭だつた, 口上手の, 堪えられないよう, 居られなかった, 心細い事, 恥しいと, 方返しが, 此の, 決して行かない, 淋しいの, 画として, 病気し, 行けなかった, 見て, 身動きも, 食えない, 首も

▼ 独り~ (28, 0.6%)

7 の別れ 3 ている 2 の夜

1 [16件] がなんとも, さ, て寝床, に別れ, に身, のつれづれ, のわかれ, のドクタア, の小さい, の旅, の朝, の歌, はちちと, は負け惜しみ, をする, 覚の

▼ 独り~ (26, 0.6%)

1 [26件] いい, いいと, こづき廻されて, しっくり樹葉, その家族, ぼんやり帰っ, よい, 一番静かで, 不運という, 天皇の, 好からう, 好きだ, 家中の, 手持無沙汰で, 持って, 料理屋へ, 極楽へ, 楽しむもの, 生きては, 生活能力を, 男で, 男子で, 登場し, 目醒め, 知って, 蓮華の

▼ 独りこの~ (26, 0.6%)

1 [26件] ことを, どちらとも, まんまる, カッフェへ, 一種の, 丘に, 二句から, 人間にだけ, 勘亭流の, 屋根に, 庭を, 影響を, 教を, 日ばかり, 民族の, 水清し, 演説男のみに, 牡丹は, 猶太人, 白花ユリ, 百姓だけは, 積極的な, 穴を, 絵ばかり, 間にあって, 願を

▼ 独り~ (21, 0.5%)

5 の中

1 [16件] で喜び, に秘めまし, に笑い, に誓いかため直し, に首肯きつ, のうち, の裡, へ浮ん, を悶, を慄, を慰み, を慰め, を痛めし, を苦しむる, を苦しめし, 淋しく傾ける

▼ 独りその~ (19, 0.4%)

1 [19件] たえなる姿, 仲間へ, 会の, 内行の, 内身の, 写生帳を, 努力を, 四囲の, 堂に, 変化の, 好む所, 愕き, 海洋分子を, 無用たる, 裏に, 裡を, 談林調たるが, 返報を, 長きを

▼ 独り息子~ (18, 0.4%)

1 [18件] が人殺し, だったの, である, であるから, でことし十六, ですから, で少から, とが道路, と生まれた, のせい, の与助, の口, の忠太郎君, の自分, の運命, の長之助, を持て余し, を禁

▼ 独り~ (17, 0.4%)

2 つちに, つちにな

1 [13件] そぽ, つちで或, つちで終日店番, つちなんだ, つちの, つちの方, つちの赤坊, つちの馬鹿, つち世の中, つ然, ッち, ッちでした, ッちの背中に

▼ 独り~ (17, 0.4%)

3 守って

1 [14件] おいとくこと, 好みて, 怖れなけれ, 思って, 慎しみ独りを, 慎んで, 慰めて, 楽しむという, 楽しむ事, 楽しむ時間, 楽しんだ, 淋しくさせない, 潔うする, 燃やすだけに

▼ 独り笑い~ (17, 0.4%)

4 をし 2 をした

1 [11件] とをやめ, ながら勝手, ながら同じ, に笑い, をしだし, をしてる, をもらし, を杯, を泛べた, を洩らし, 興じながら

▼ 独り~ (16, 0.4%)

2 にたたん

1 [14件] にたたんだ, に呑ん, に描い, に秘め, に誓い, に誓っ, に頷首, のみ痛めける, の中, をおどらせ, をば悩まし, を傷め, を痛め, を躍らし

▼ 独り自分~ (16, 0.4%)

1 [16件] が川, だけに限っ, に呟く, に言っ, のみでなく, の下宿, の利益, の室, の居る, の居間, の影, の所領, の胸, の臥榻, の身, の部屋

▼ 独りぎめ~ (15, 0.3%)

2 に決め

1 [13件] であって, で悟っ, で運んだ, などをし, に何, に思い過ごした, に極め込ん, に称ん, に立っ, のイデオロギー, の理由, の生活改善, をし

▼ 独り~ (13, 0.3%)

1 [13件] おもへば, ている, てそう, てそんな, て大きく, て憎ん, て手, て撰ばれしか, て歌ったず, て笑いだした, て笑っ, て酒, にもの狂い

▼ 独り~ (11, 0.2%)

2 なって, ぼとぼと歩い 1 きまって, なったとき, なった時, ぼとぼと尋ね, ぼとぼと暗い遠い, ぼとぼと極めて無, 侮って

▼ 独り~ (11, 0.2%)

1 [11件] が徒然, てこそもの, て人め, て怡, て節子, て髪, となる, のすさまじ, の淋しき, の生活, をほっと

▼ 独りいる~ (10, 0.2%)

1 が鬼, ことが, ときだ, ところへ, ところを, と突然, ように, 姉上の, 時に, 時も

▼ 独りきり~ (10, 0.2%)

1 だからよ, でいつか, でおります, でここ, で侘住居, で来た, で考え, になっ, になったら生き, の旅寝

▼ 独り~ (10, 0.2%)

1 がむるけはひ著, とふたり, のだ, のです, のは, のよ, んだろう, んです, 心持が, 静かな

▼ 独り坐っ~ (10, 0.2%)

3 ていた, ている 1 てい, て女, て琵琶, て頬杖

▼ 独り~ (10, 0.2%)

2 れ一人 1 が死刑, が眼識, に限らない, のみとの歎, の後, の衷, はなぐさめた, はなにか

▼ 独り離れ~ (10, 0.2%)

2 て自然 1 てい, ている, てゐ, て居る, て平穏, て店, て校庭, の隠居所

▼ 独りぐらし~ (9, 0.2%)

2 をし 1 して, だって, は, は不衛生, は十余年, らしくきちんと, をあれこれ

▼ 独りひそか~ (9, 0.2%)

1 な快哉, に, にし, に楽しむ, に歎, に眉, に砦, に空想感, に誓われ

▼ 独り~ (9, 0.2%)

5 ッち 1 ッちで, ッちである, ッちで離れ, ッちの身を

▼ 独り日本~ (9, 0.2%)

2 に限らず 1 に存する, のみが天皇, のみ拒み, の持つ, の新しい, の精神的文明, ばかりの問題

▼ 独り静か~ (9, 0.2%)

1 にこの, に入っ, に大きく, に富士, に断事観三昧, に暮らした, に歩む, に読書, に酔ひ給

▼ 独りこれ~ (8, 0.2%)

1 が嫌い, が治療, のみ披, を余所, を知る, を言つて, を賛, を食う

▼ 独りぽつねんと~ (8, 0.2%)

3 して 1 いつまでも, 小屋の, 小舟に, 楽しんで, 長火鉢の

▼ 独り勝手~ (8, 0.2%)

2 に断定 1 が出来ましょう, だと, な空想, な自分, にとぐろ, に現われ

▼ 独り考え~ (8, 0.2%)

4 ていた 1 て, てい, て思い, て見れ

▼ 独り自ら~ (8, 0.2%)

2 高しと 1 喜ぶ, 喜んだ, 慰むるのみ, 苦しみしのみ, 醒め独行勇進, 高しとして

▼ 独り角力~ (8, 0.2%)

2 を取っ 1 でない以上, というの, に終っ, に終ったろう, の甲斐, ももう

▼ 独り~ (7, 0.2%)

1 なぐさめ下さいませ, 勢而已は, 留守居だ, 登和嬢と, 登和嬢のみに, 粥を, 膳に

▼ 独りじゃ~ (7, 0.2%)

1 あるめ, どうだ, ないと, やだ, 物騒です, 起きられない, 随分寂しい

▼ 独り~ (7, 0.2%)

1 ぜ, つたから, つたのか, といい, と云, と感じる, と私

▼ 独りつぶやい~ (7, 0.2%)

3 ていた 1 てみ, て居た, て帰った, て秋

▼ 独りでも~ (7, 0.2%)

1 だも, やって来て, よくそこ, 乗れる, 出かけるから, 家の, 生きて

▼ 独り~ (7, 0.2%)

2 なれて 1 あまりに淋しけれ, そうは, ますます若く, 歩く只, 閉口です

▼ 独りぼつ~ (7, 0.2%)

2 ちで 1 ち, ちであらうと, ちで画集, ちにな, ちを

▼ 独り~ (7, 0.2%)

1 い, いない, だゆる, ないよう, なかつた, なかりき, 寂しいといった

▼ 独り住居~ (7, 0.2%)

1 してるん, ですから, で朝, には広かっ, に耐, に飽き, の

▼ 独り~ (7, 0.2%)

1 がり, がりな, がりの, がりは, がりを, がり気な, がり過ぎる気

▼ 独り居る~ (7, 0.2%)

1 ときに, は好ましき, 事を, 休息の, 寂しさ, 時だけ, 無聊を

▼ 独り残っ~ (7, 0.2%)

2 ている 1 て二つ, て勝手元, て好き, て教室, て痛飲

▼ 独り~ (7, 0.2%)

2 に浮世絵 1 にほ, に富士浅間, に席, に感服, に舌

▼ 独り立つ~ (7, 0.2%)

1 て居る, て海風, て演ずる, ような, 夕陽の, 時最も, 柴荊の

▼ 独り舞台~ (7, 0.2%)

2 だった 1 だったの, で働く, で腕組, のよう, を見せ

▼ 独りうなずい~ (6, 0.1%)

31 ていた, て信長, て彼女

▼ 独りかも~ (6, 0.1%)

5 寝む 1 あらむ

▼ 独りさびしく~ (6, 0.1%)

2 海の 1 学校へ, 暮らして, 無念の, 琴を

▼ 独りそれ~ (6, 0.1%)

2 を知らなかった 1 のみならず, は花, ばかりで, を眺め

▼ 独り~ (6, 0.1%)

1 かうなずい, かつぶやき, かをじっと, か冥想, か憂悶, をし

▼ 独り~ (6, 0.1%)

1 お由利, であるからと, のあった, は島田, を殺され, 固いという

▼ 独り慰め~ (6, 0.1%)

1 たりした, ていた, て居った, にし, も持ち, 鼓舞し

▼ 独り~ (6, 0.1%)

1 にむくむく, に弥勒様, に揺れ始めました, を打った, を組, を重ね

▼ 独り相撲~ (6, 0.1%)

1 があまりにふんだんに, だと, だとは, で力ん, で強い, に呆れ

▼ 独り語り~ (6, 0.1%)

3 が囈語 2 の物語り 1 にいう

▼ 独り~ (6, 0.1%)

1 にし, に思, に散歩, に歩, に留守, に羽子

▼ 独り高く~ (6, 0.1%)

1 取り澄し, 時計台は, 浄まりたい, 聞える, 聳えて, 雲表に

▼ 独りこう~ (5, 0.1%)

1 やって, 云った彼, 呟いたと, 呟きながら, 答えて

▼ 独りっきり~ (5, 0.1%)

1 だと, でいる, で一日じゅう口, で栄さん, で淋しい

▼ 独りわが~ (5, 0.1%)

1 主君劉予州は, 現代文化の, 神話学に関しては, 道を, 部屋に

▼ 独り~ (5, 0.1%)

1 て, てはあれ, ては考, てみ, て寐

▼ 独り住い~ (5, 0.1%)

1 のよう, の犬, の猫, はいよいよ, をし

▼ 独り取り残された~ (5, 0.1%)

1 その祖母, と云, 彼女は, 気持ちが, 私は

▼ 独り呟い~ (5, 0.1%)

2 ていた, ている 1 たりした

▼ 独り女子~ (5, 0.1%)

1 に限り, のみに限った, のみを責むることなく, の不徳, を警

▼ 独り~ (5, 0.1%)

1 に入った, に帰つて独言つた, へ上った, を出, を守っ

▼ 独り思う~ (5, 0.1%)

1 ことが, ことだった, には此林中, に古来, の時

▼ 独り文学~ (5, 0.1%)

2 に限らず 1 の力, はしからず, や芸術

▼ 独り書斎~ (5, 0.1%)

2 で昨夕 1 にい, へ忍び込ん, へ退く

▼ 独り極め~ (5, 0.1%)

1 で信じ, にし, に嬉々, に思い込ん, に極め

▼ 独り楽しん~ (5, 0.1%)

4 でいる 1 でいた

▼ 独り泣く~ (5, 0.1%)

1 ことが, ことしばしば, たましい, 時は, 病の

▼ 独り留守~ (5, 0.1%)

2 して, をし 1 をする

▼ 独り科学~ (5, 0.1%)

1 だけだった, だけに科学的, に限らず, の専有物, の認識

▼ 独り自然科学~ (5, 0.1%)

3 に限らず 1 だけで, だけの事情

▼ 独り芝居~ (5, 0.1%)

1 のみならず, の時, をし, を打つ, を演じた

▼ 独り行く~ (5, 0.1%)

1 ことを, と云う, やうな, ような, 時は

▼ 独り~ (5, 0.1%)

2 を楽む 1 のない, を修めた, を歩き

▼ 独り~ (5, 0.1%)

1 というの, を酌い, を酌ん, を醒まし, を飲

▼ 独り頷い~ (5, 0.1%)

1 て, てそこ, てやがて, てゆっくり, て見せた

▼ 独りそう~ (4, 0.1%)

1 して, 思う, 思われる, 頷いて

▼ 独り~ (4, 0.1%)

2 や面白く 1 や薄気味悪く, や這入れない

▼ 独りです~ (4, 0.1%)

21 かな, が

▼ 独り~ (4, 0.1%)

1 の井上侯, の場合, は全然, も猶

▼ 独り伊藤侯~ (4, 0.1%)

1 に倦まれたる, のみに非, の冀望, の本意

▼ 独り~ (4, 0.1%)

1 にホテル, に東京, へ歩きだした, へ駒

▼ 独り~ (4, 0.1%)

1 てみた, て行った, て銀行, で小舟

▼ 独り~ (4, 0.1%)

1 して, っていた, つよう, に呟いた

▼ 独り~ (4, 0.1%)

3 じて 1 じるが

▼ 独り~ (4, 0.1%)

1 に限らず, のみの問題, の縦, の道

▼ 独り寂しく~ (4, 0.1%)

1 かの暗い, ゐる際, 深川の, 留守を

▼ 独り帰る~ (4, 0.1%)

1 がんりきの, さには, に道すがら, 時の

▼ 独り思案~ (4, 0.1%)

1 して, の腕, の臍, をし

▼ 独り我が~ (4, 0.1%)

1 同胞は, 吾妻村のみ, 日本国にて, 晶子さんは

▼ 独り文芸~ (4, 0.1%)

1 だけが認識, に限らず, に限らぬ, のクリティシズム

▼ 独り~ (4, 0.1%)

2 を読む 1 を読み, を読ん

▼ 独り~ (4, 0.1%)

1 にむかっ, によっ, に向い, に向かっ

▼ 独り~ (4, 0.1%)

2 に成っ 1 になつた, に成った

▼ 独り~ (4, 0.1%)

3 くべし 1 冷たい煮

▼ 独り~ (4, 0.1%)

1 によりて生きん, のみ, 及び人類, 成りまして

▼ 独り~ (4, 0.1%)

1 が入る, に歎, の家, ばかりでなく

▼ 独り稽古~ (4, 0.1%)

1 にふけっ, のそら, をし, をした

▼ 独り笑っ~ (4, 0.1%)

1 ていた, ている, てやがて, て居た

▼ 独り笑み~ (4, 0.1%)

2 をし 1 を洩らした, 傾けて

▼ 独り~ (4, 0.1%)

1 から信じ切, から安心決定, から架空, 惚て

▼ 独り起き~ (4, 0.1%)

1 てさめざめ, て洋服, て炊事, 一人食事す

▼ 独り部屋~ (4, 0.1%)

1 でロシア, にいた, にゐる, の内

▼ 独り黙っ~ (4, 0.1%)

2 ていた 1 てうなずきました, て絽刺し

▼ 独り~ (3, 0.1%)

1 てテレーゼ, て佃, て監視

▼ 独りいらいら~ (3, 0.1%)

2 しながら 1 するの

▼ 独りうなずいた~ (3, 0.1%)

1 かのよう, のでした, 御方は

▼ 独りこれら~ (3, 0.1%)

2 の軸 1 の句

▼ 独りしょんぼり~ (3, 0.1%)

1 として太郎, とネネ, と曇った

▼ 独りそこ~ (3, 0.1%)

1 に佇ん, に残っ, へ残し

▼ 独りだけ~ (3, 0.1%)

1 でございました, 十歩ほど, 隅ッこに

▼ 独りだけで~ (3, 0.1%)

1 古典思慕に, 愛惜する, 漂って

▼ 独りだけの~ (3, 0.1%)

1 大胡坐, 微笑を, 男の子として

▼ 独りだった~ (3, 0.1%)

1 だけだ, と思う, の

▼ 独りであった~ (3, 0.1%)

1 ことに, ように, 時の

▼ 独りでなんぞ~ (3, 0.1%)

1 おいで, とても通られる, 屋外へ

▼ 独りなら~ (3, 0.1%)

1 ともかくも, ば独り, 善くても

▼ 独りにて~ (3, 0.1%)

1 住みし人, 極めゐる様子, 燈火に

▼ 独りにな~ (3, 0.1%)

1 つてね, つてゆき子は, つて街を

▼ 独りにやにや~ (3, 0.1%)

1 して, と笑っ, と笑った

▼ 独りぶらぶら~ (3, 0.1%)

1 と野末, 月が, 歩いて

▼ 独りほくそ笑ん~ (3, 0.1%)

2 でいる 1 でいた

▼ 独りぼんやり~ (3, 0.1%)

1 と幻, と此方, 帰って

▼ 独りわたくし~ (3, 0.1%)

1 に宗家, の思索, の知識

▼ 独り二階~ (3, 0.1%)

1 に待っ, の縁側, の部屋

▼ 独り人間~ (3, 0.1%)

1 にのみ, のみ日々, は値段以上

▼ 独り住み~ (3, 0.1%)

1 の心, の門前婆さん, の静けさ

▼ 独り先生~ (3, 0.1%)

1 と先生, の下, を然

▼ 独り~ (3, 0.1%)

1 のこと, の宣揚, の秀才

▼ 独り~ (3, 0.1%)

1 でも利い, のうち, を噤んだ

▼ 独り~ (3, 0.1%)

2 やいた 1 やいたの

▼ 独り呟き~ (3, 0.1%)

1 ながら, ながら帰っ, 独りうなずい

▼ 独り呟く~ (3, 0.1%)

2 ように 1 と寝台

▼ 独り~ (3, 0.1%)

1 を歩む, を縫, を縫う

▼ 独り嬉し~ (3, 0.1%)

1 がって, そうに, 顔に

▼ 独り寂寞~ (3, 0.1%)

1 として茶, を抱きしめ, を破っ

▼ 独り居室~ (3, 0.1%)

1 で書物, にいる, に静坐

▼ 独り~ (3, 0.1%)

1 に籠っ, のみに限らず, の中

▼ 独り帰り~ (3, 0.1%)

1 て妾, 来ぬ, 来りぬ

▼ 独り彼女~ (3, 0.1%)

1 が占有, が置, の境遇

▼ 独り~ (3, 0.1%)

1 に残された, に残し, のもの

▼ 独り~ (3, 0.1%)

1 出でに, 廊下を, 当家のみ

▼ 独り微笑~ (3, 0.1%)

1 した, して, を洩らした

▼ 独り思い~ (3, 0.1%)

1 に思い, 極めた様子, 独り悩み

▼ 独り愁え~ (3, 0.1%)

3 多きや

▼ 独り~ (3, 0.1%)

1 が長く, のみなら, のみならん

▼ 独り新しい~ (3, 0.1%)

1 位牌に, 帳簿の, 道を

▼ 独り日本神話~ (3, 0.1%)

1 に於, のこの, 猶太神話

▼ 独り期し~ (3, 0.1%)

2 ている 1 ていた

▼ 独り棲む~ (3, 0.1%)

1 ように, 中は, 白雲の

▼ 独り~ (3, 0.1%)

1 のみならず, の寂しい, の挙動

▼ 独り残され~ (3, 0.1%)

1 ていました, てぽつねんと, 侘しさ

▼ 独り残し~ (3, 0.1%)

1 ては, て会社, て置い

▼ 独り~ (3, 0.1%)

1 をもむ, を負, を長く大きく

▼ 独り~ (3, 0.1%)

1 をたれ, をのみ独り遺憾, 含んで

▼ 独り演説~ (3, 0.1%)

1 であったから, ではない, に過ぎない

▼ 独り生き~ (3, 0.1%)

2 ている 1 て行か

▼ 独り~ (3, 0.1%)

1 から帰っ, の中, を歩い

▼ 独り目覚め~ (3, 0.1%)

1 て, てある, ている

▼ 独り~ (3, 0.1%)

1 を横, を醒す, を閉じ

▼ 独り研究~ (3, 0.1%)

1 しつつ, といった形, を始めた

▼ 独り~ (3, 0.1%)

1 の好, の話, はその

▼ 独り立っ~ (3, 0.1%)

1 ている, て吾室, て氏

▼ 独り~ (3, 0.1%)

1 ひながら, ふ, ふなりき

▼ 独り縁側~ (3, 0.1%)

3 の柱

▼ 独り考えこん~ (3, 0.1%)

3 でいた

▼ 独り腰かけ~ (3, 0.1%)

2 ていた 1 ている

▼ 独り自ら娯~ (3, 0.1%)

2 しんで 1 しむ

▼ 独り自由~ (3, 0.1%)

1 にものおもわ, に翔け, に駆け

▼ 独り~ (3, 0.1%)

1 に移っ, のサロン, の艫

▼ 独り苦笑~ (3, 0.1%)

1 した, して, 致し候

▼ 独り蕪村~ (3, 0.1%)

1 がこの, だけが卓越, は何

▼ 独り~ (3, 0.1%)

1 ばかりでなく, を弄す, を賦

▼ 独り語りする~ (3, 0.1%)

3 語部や

▼ 独り読書~ (3, 0.1%)

2 に耽っ 1 に耽る

▼ 独り~ (3, 0.1%)

3 ゆらん

▼ 独り閣下~ (3, 0.1%)

1 が余りに, の利益, は方正謹厳

▼ 独り~ (3, 0.1%)

2 を避け 1 の音

▼ 独り頷き~ (3, 0.1%)

1 つつ, つつ貫一, をし

▼ 独りあの~ (2, 0.0%)

1 お胸, 浜手の

▼ 独りある~ (2, 0.0%)

1 きがしたい, 旅寝の

▼ 独りあるき~ (2, 0.0%)

1 はなんだか, はやがて

▼ 独りうとうと~ (2, 0.0%)

2 と眠っ

▼ 独りおのれ~ (2, 0.0%)

2 の命数

▼ 独りかたく~ (2, 0.0%)

1 期して, 職分に

▼ 独りかの~ (2, 0.0%)

1 有名なる, 畏も

▼ 独りくすくす~ (2, 0.0%)

2 笑った

▼ 独りここ~ (2, 0.0%)

1 へ置い, へ逃避

▼ 独りさ迷~ (2, 0.0%)

2 ひゆ

▼ 独りすたすた~ (2, 0.0%)

1 と夜旅, 引っ返して

▼ 独りだけに~ (2, 0.0%)

1 しないで, 荷物とても

▼ 独りつぶやき~ (2, 0.0%)

1 つつ上機嫌, ながら榎

▼ 独りである~ (2, 0.0%)

1 からだ, ことの

▼ 独りでいらっしゃる~ (2, 0.0%)

1 わ, んでしょう

▼ 独りでかき~ (2, 0.0%)

1 口説いた, 口説いたり

▼ 独りでし~ (2, 0.0%)

1 て降り, まひまで

▼ 独りなぐさめ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 独りのみ~ (2, 0.0%)

1 込みな, 込みに

▼ 独りほくほく~ (2, 0.0%)

1 打ち喜びぬ, 頷きて

▼ 独りぽつんと~ (2, 0.0%)

1 何か, 考えこんで

▼ 独りまた~ (2, 0.0%)

1 伴うて, 冥想に

▼ 独りみんな~ (2, 0.0%)

1 からはなれ, から離れ

▼ 独りもん~ (2, 0.0%)

1 じゃ暮したくない, でまだまだ

▼ 独りよりは~ (2, 0.0%)

1 或は男, 数倍よし

▼ 独りグイ~ (2, 0.0%)

2 飲みの

▼ 独りニイチェ~ (2, 0.0%)

1 に限らず, ばかり知った

▼ 独りニヤニヤ~ (2, 0.0%)

1 と眺め, と顔

▼ 独り一室~ (2, 0.0%)

1 におかれ, の中

▼ 独り下水~ (2, 0.0%)

2 の流れ

▼ 独り丑松~ (2, 0.0%)

1 は洋燈, ばかりは気

▼ 独り世の中~ (2, 0.0%)

1 に投げ出された, を眺め

▼ 独り世界~ (2, 0.0%)

1 にある, に冠絶

▼ 独り~ (2, 0.0%)

1 れを, を擅

▼ 独り~ (2, 0.0%)

1 が家, が師太史公

▼ 独り二・二六事件そのもの~ (2, 0.0%)

2 に就い

▼ 独り仏蘭西~ (2, 0.0%)

1 のみならず, ばかりでない

▼ 独り仕事~ (2, 0.0%)

1 に親しもう, をし

▼ 独り~ (2, 0.0%)

1 の人物, の動物

▼ 独り~ (2, 0.0%)

1 の指導, は弁論演説

▼ 独り住む~ (2, 0.0%)

1 ほど寂しき, もその

▼ 独り住ん~ (2, 0.0%)

1 でいる, でゐる

▼ 独り俳諧~ (2, 0.0%)

1 だけでなく, に遊びたる

▼ 独り~ (2, 0.0%)

1 だけだらう, のみならず

▼ 独り児童~ (2, 0.0%)

1 について言う, を対象

▼ 独り其の~ (2, 0.0%)

1 為さむ, 美を

▼ 独り~ (2, 0.0%)

1 の母, 朝の

▼ 独り~ (2, 0.0%)

1 にしたい, ひを

▼ 独り印度日耳曼民族~ (2, 0.0%)

1 に於, をのみ高し

▼ 独り取り残され~ (2, 0.0%)

1 て深い, て胸

▼ 独り可笑~ (2, 0.0%)

1 かりき, く感じたが

▼ 独り~ (2, 0.0%)

1 い誇る処, ふ心

▼ 独り哭い~ (2, 0.0%)

1 て呉, て獄裡

▼ 独り~ (2, 0.0%)

1 に幸福, 欠くため

▼ 独り喜ぶ~ (2, 0.0%)

1 が如くなれ, に比すれ

▼ 独り四畳半~ (2, 0.0%)

1 に立籠, の書斎

▼ 独り地上~ (2, 0.0%)

1 に立つ, を照らし

▼ 独り坐つ~ (2, 0.0%)

2 てゐる

▼ 独り~ (2, 0.0%)

1 をあげ, を放っ

▼ 独り~ (2, 0.0%)

1 に発明, 負傷を

▼ 独り大原君~ (2, 0.0%)

1 に限っ, の味方

▼ 独り大隈伯~ (2, 0.0%)

1 は其の, をし

▼ 独り~ (2, 0.0%)

1 に誓っ, を仰い

▼ 独り天地~ (2, 0.0%)

1 の奥処, の間

▼ 独り天才~ (2, 0.0%)

1 に限らない, の領域

▼ 独り太陽~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ 独り~ (2, 0.0%)

1 のみならず, ればかり

▼ 独り婆さん~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ 独り孤立~ (2, 0.0%)

1 して, するよう

▼ 独り孤高~ (2, 0.0%)

1 の感懐, の清節

▼ 独り学問~ (2, 0.0%)

1 の真理, の研究

▼ 独り定め~ (2, 0.0%)

1 になり, に定め

▼ 独り~ (2, 0.0%)

1 とし, 坐して

▼ 独り寂し~ (2, 0.0%)

1 さうに巻煙草を, さうに本院の

▼ 独り密か~ (2, 0.0%)

1 に急行, に祝福

▼ 独り~ (2, 0.0%)

2 転びながら

▼ 独り寝る~ (2, 0.0%)

1 のが, 夜は

▼ 独り小説~ (2, 0.0%)

1 にかぎらず, のみが繁栄

▼ 独り居残っ~ (2, 0.0%)

1 て昨夜, て綿密

▼ 独り~ (2, 0.0%)

1 に砕ける, の上

▼ 独り床上~ (2, 0.0%)

2 に坐し

▼ 独り~ (2, 0.0%)

1 を起たん, を起ち

▼ 独り当時~ (2, 0.0%)

1 における偉大, に限られた

▼ 独り彼等~ (2, 0.0%)

1 の反抗, の狼藉

▼ 独り待っ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 独り微笑ん~ (2, 0.0%)

1 だりし, で身

▼ 独り恋愛~ (2, 0.0%)

1 のみならず, ばかりでなく

▼ 独り悄然~ (2, 0.0%)

1 と広間, と西

▼ 独り悠々~ (2, 0.0%)

1 とゴールイン, と休息

▼ 独り悦に入る~ (2, 0.0%)

1 のであつ, ものあり

▼ 独り悩ん~ (2, 0.0%)

1 でいた, でいる

▼ 独り悵然~ (2, 0.0%)

1 たり, と壁

▼ 独り悶え~ (2, 0.0%)

1 たりした, ている

▼ 独り愉快~ (2, 0.0%)

1 に堪えざる, を禁じえぬらしい

▼ 独り感じた~ (2, 0.0%)

1 のであろう, んだ

▼ 独り政治~ (2, 0.0%)

1 にのみ関し, の健全

▼ 独り散歩~ (2, 0.0%)

1 かなハハハハ, して

▼ 独り斉広~ (2, 0.0%)

1 の上, の方

▼ 独り断腸~ (2, 0.0%)

2 の泣

▼ 独り日本人~ (2, 0.0%)

1 のみが人類, を咎むる

▼ 独り東京~ (2, 0.0%)

1 のみならず, の家

▼ 独り東北~ (2, 0.0%)

1 の一隅, の地勢

▼ 独り歎ずる~ (2, 0.0%)

2 時しも

▼ 独り歓び~ (2, 0.0%)

2 喜んで

▼ 独り歩い~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ 独り歩く~ (2, 0.0%)

1 と怖, のは

▼ 独り死ん~ (2, 0.0%)

1 でいく, でいっ

▼ 独り残った~ (2, 0.0%)

2 が先生

▼ 独り沈吟~ (2, 0.0%)

1 して, の結果

▼ 独り沈思~ (2, 0.0%)

1 して, の歩

▼ 独り~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ 独り泣い~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 独り淋し~ (2, 0.0%)

1 さを, そうに

▼ 独り淋しく~ (2, 0.0%)

1 なる, 屋根裏の

▼ 独り深山~ (2, 0.0%)

1 のみに生じ, の水

▼ 独り~ (2, 0.0%)

1 に向っ, のかたわら

▼ 独り煩悶~ (2, 0.0%)

1 して, するが

▼ 独り~ (2, 0.0%)

1 にうつむい, を明るく

▼ 独り父親~ (2, 0.0%)

1 が好い, は残されました

▼ 独り物思い~ (2, 0.0%)

1 に沈みました, に耽っ

▼ 独り琉球節~ (2, 0.0%)

2 の一曲

▼ 独り生き残っ~ (2, 0.0%)

1 てそうして, て居る

▼ 独り男子~ (2, 0.0%)

1 の罪, を目的

▼ 独り目ざめ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 独り~ (2, 0.0%)

1 だけは標準, の芸術家

▼ 独り~ (2, 0.0%)

2 を昨日

▼ 独り社会科学~ (2, 0.0%)

1 にだけ通用, や歴史科学

▼ 独り空想~ (2, 0.0%)

1 する, に楽しん

▼ 独り~ (2, 0.0%)

1 から街, の側

▼ 独り立てる~ (2, 0.0%)

1 ラヴィニアの, 者

▼ 独り端然~ (2, 0.0%)

1 として腰かけ, と酒盃

▼ 独り笑つて~ (2, 0.0%)

1 ゐた, ゐるの

▼ 独り繁昌~ (2, 0.0%)

1 して, するよう

▼ 独り考へ~ (2, 0.0%)

1 てゐた, ながら師匠

▼ 独り~ (2, 0.0%)

1 を洗っ, を澄まし

▼ 独り腰掛け~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐる

▼ 独り~ (2, 0.0%)

1 を屈し, を抱い

▼ 独り~ (2, 0.0%)

1 に向った, を控え

▼ 独り~ (2, 0.0%)

1 たり起き, つ起きつ安否

▼ 独り自由党~ (2, 0.0%)

1 に倦まれたる, の冀望

▼ 独り~ (2, 0.0%)

1 に乗じ, に入っ

▼ 独り良心~ (2, 0.0%)

1 ある作家, を以てコルビエール

▼ 独り芭蕉~ (2, 0.0%)

1 のみの力, の精神

▼ 独り芸術~ (2, 0.0%)

1 とは限らない, の力

▼ 独り苦しん~ (2, 0.0%)

1 でいた, でいる

▼ 独り茶の間~ (2, 0.0%)

2 の膳

▼ 独り茶山~ (2, 0.0%)

1 のみで, の彼

▼ 独り著者~ (2, 0.0%)

2 の幸福

▼ 独り行き~ (2, 0.0%)

1 ても宜, 得な

▼ 独り託っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て嘆息

▼ 独り謡う~ (2, 0.0%)

1 ことも, のは

▼ 独り議論~ (2, 0.0%)

1 したッ, したツ

▼ 独り~ (2, 0.0%)

1 であるならば, を急ぎぬ

▼ 独り返す~ (2, 0.0%)

2 気は

▼ 独り遊ぶ~ (2, 0.0%)

2 と揺れ

▼ 独り遊里~ (2, 0.0%)

2 のみには限らない

▼ 独り~ (2, 0.0%)

1 方無く, 瀬の

▼ 独り郊外~ (2, 0.0%)

1 の村, を散歩

▼ 独り長火鉢~ (2, 0.0%)

1 の前, の横

▼ 独り閉じ~ (2, 0.0%)

1 て箏, 籠めて

▼ 独り~ (2, 0.0%)

1 の海, の褥

▼ 独り~ (2, 0.0%)

2 吹く野

▼ 独り飛騨山越~ (2, 0.0%)

2 の間道

▼ 独り高尚~ (2, 0.0%)

2 がって

▼ 独り高柳君~ (2, 0.0%)

1 がたまらなかっ, のみは粛然

▼ 独り黙想~ (2, 0.0%)

1 して, の快

▼ 独り黙考~ (2, 0.0%)

1 して, するとき

▼ 独り黯然~ (2, 0.0%)

1 とした, と予覚

▼1* [1291件]

独りあきらめて居つた, 独りあぐらをくん, 独りあけて見よ, 独りあせっていた, 独りあてもなく, 独りあに叙事詩や, 独りあの世へゆく, 独りありすまひ, 独りあるいている, 独りあれやこれ, 独りあゝ吾れ, 独りいい気に, 独りいうことが, 独りいずこに, 独りいたゴーリキイは, 独りいって屍体, 独りいつまでも佇ん, 独りいねをり, 独りうっとりとなっ, 独りうなずきをした, 独りうなずくのだ, 独りうなづいて, 独りうなづきながら歩い, 独りうれしくてたまらず, 独りえがいていた, 独りおおぜい, 独りおかしがった, 独りおちつきながら, 独りおっ母さんにとって, 独りおのが影, 独りおる樵夫の, 独りお代さんを置く, 独りお父さんだけはいつ, 独りかと尋ねると, 独りからからと笑うらしいお, 独りきょとんとした, 独りぎめしてそう訊いた, 独りぎめして伊織のいいわけ, 独りぎめして四郎次郎は身, 独りぎめにかうきめて顔昵懇の画家, 独りぎめにきめていても俳優の一人一人, 独りぎめにきめてお宅へ言っ, 独りぎめにきめてそれまで手, 独りぎめにしている口吻だった, 独りぎりで部屋に残っ, 独りぎりになるわけだねこの頃ぢア, 独りくらしてることが, 独りぐっすりと睡り, 独りぐらいはこれを, 独りげたげた笑いながら, 独りごとしながら立ちあがった, 独りごとみたいに, 独りごろんと寝ころべ, 独りさがしあるい, 独りさびしそうに, 独りさまようて疲れ, 独りさみしきものぐるひ, 独りざわざわと歩い, 独りしくしく泣いて, 独りしずかに座, 独りしばしばこんなくやみ, 独りしゃべっている, 独りしよんぼりと残された, 独りしよんぼり残された自分は, 独りし思へば, 独りすませてから独り, 独りすむかわせみに, 独りすわってこの, 独りずつ夢さむ, 独りせせら笑って, 独りせっせとおしを, 独りそうした暴虐に, 独りそう感心しながら, 独りその間に老, 独りそれらの昔, 独りそんな空想に, 独りただ美術にのみ冠され, 独りたのしんでいる, 独りため息をもらし, 独りだけが仏に, 独りだけでも澄みきりたい, 独りだちに咲い, 独りつくづくと考える, 独りつくねんとして, 独りつぶやくのである, 独りづゝ夢さむ, 独りでありましたから心細く, 独りでくよ, 独りでですと, 独りででも出かけたがる, 独りでなく小諸から, 独りでなくなって何人, 独りでのべつに, 独りということは, 独りといふ事が, 独りとのご事情, 独りとぼとぼ歩いて, 独りとり残された老夫人, 独りなされた抒情は, 独りなしと恥じ入り, 独りなりと嘆ずること, 独りなるひとは, 独りにては運び得ず思量, 独りにでもなれば, 独りぬきんでても申, 独りのけもののよう, 独りひっそりと浸り, 独りふかい思いに, 独りふさいでいました, 独りふざけちらしている, 独りほかして置く, 独りほしいままに, 独りほとんど無傷である, 独りほほえむような, 独りほほえんでいた, 独りぼつちの怠けものの気楽さ, 独りままごとなどをし, 独りむしゃくしゃとして洋燈, 独りもだえているだろう, 独りやるに忍び, 独りゆっくりベートウベンの, 独りゆるゆると寒, 独り誰も, 独りよく深遠なる, 独りよければそれで, 独りよりずっとよかっ, 独りよろこびをなし, 独りよろこぶこと限りなかった, 独りわかったような, 独りわが国ばかりで, 独りわが家に燻り居る, 独りわたさむほどの, 独りわめいていた, 独りわれのみ存す, 独りわれら一個の偏狭, 独りわれ厳酷の精進, 独りゐる時を, 独りなると, 独りイフヒムは妙, 独りオクサーナだけが鍛冶屋, 独りカッシーラーに限らず, 独りカワセミだけは多分, 独りキリスト教成立前後のヨーロッパ, 独りクスクスと笑っ, 独りクヨクヨ物をおもう, 独りクラヴサンを弾い, 独りゴロンと寝そべっ, 独りシュークリームのみで, 独りジャブジャブと夜, 独りジャーナリズムの側, 独りストレンジアの様, 独りソクラテスに限っ, 独りチヤムバーレーンは全く, 独りツウラ沼のみに止まらず, 独りトルストイばかりでなく, 独りドストイフスキイの作品, 独りニコニコ恐悦顔, 独りニュースの範囲, 独りネビッチョ除け物, 独りビイアズレエの為, 独りヘシオドスの意見, 独りベルゲルミルのみは其妻, 独りベンチに腰かけ, 独りホテルに残つた旧友, 独りボーシャン塔に入る, 独りポカンとここ, 独りポッチであったの, 独りポツ然と, 独りポツネンと火の番, 独りマルクス主義文献の引用, 独りマンドリンを弾き, 独りランプを眺め, 独りレヴェズのみは半, 独り一夜を明, 独り一番目の舞台, 独り一篇の文, 独り一虎に当り, 独り一軒の家, 独り七八人のみで, 独り万葉を宗と, 独り万葉学者のみである, 独り三人が消え, 独り三河武士の末流, 独り三絃の合方, 独り三郎はなごり, 独り上宮の王等, 独り上框で靴, 独り上機嫌になっ, 独り上等と下等, 独り上陸したの, 独り下って来た, 独り下りた女の, 独り下山り行く伯母, 独り下閉伊の岩泉, 独り不可なりと反対, 独り不思議なこと, 独りに生き残っ, 独り両親があきれた, 独りに立ち, 独り中世と云わず, 独り中央丘の上, 独り主君にもの申す, 独り乗りこなしてむしろ, 独り乙州ばかりで, 独り九族を顧みざるや, 独り二郎のみは室, 独り云い訳の, 独り云うように, 独り云って日吉, 独り五体を帆穡, 独り五葉山中の山人, 独り五行配当の物理, 独り亡きものに, 独り京山に到り, 独り京水は過去帖, 独り京洛の路上, 独り人物の大小, 独り人生に触れ, 独り人間同志の問題, 独り人間界にそれ, 独り今夜をここ, 独り今野が寝かされ, 独り仏弟子のみに局らん, 独り仏法にのみ限った, 独り他人を軽侮, 独り他念なく読書三昧, 独り令二が, 独り令息俊郎和郎の両君, 独り仰いでいた, 独り伊勢に限, 独り伊藤公のみでない, 独り会心の微笑, 独り伝へてゐる, 独り伸子のみならず, 独りずま, 独り佇むばかりで, 独り佇んで他, 独りひを, 独り住みして折々, 独り佐用姫のところ, 独り佐野川村のみ王勢籠, 独りを埋め, 独り何ぞや, 独り何事か考え, 独り何処か他, 独り余りかけ離れすぎて, 独り余生を名利, 独り余輩は所謂藩, 独り作り独り喜ぶに, 独り作家に限らない, 独り作者に帰すべき, 独り侘しく暮らして, 独り俚俗の友, 独り信濃桜の問題, 独り信長の笑う, 独りで出掛けた, 独り修理が林右衛門, 独り向いた口, 独り俳優養成の衝, 独り俳句の然, 独り個人的能力の伯, 独り倫理的判断に限らず, 独り偉大に見える, 独り傷ましそうに, 独り働いて食わなけれ, 独り僥倖をした, 独り僭立を謀る, 独りが官吏, 独り兄さんをどうにか, 独り先づ殪れたの, 独りは雌雄, 独り入江杉蔵憤然として起つ, 独り全く独りで, 独り全土を統一, 独り全盛を極め, 独り八尋屋を馳せ越え, 独り八畳の方, 独り公卿の反抗, 独り六かしがッ, 独りの這い, 独り其不幸を訴, 独り其名を負う, 独り其空想に沈ん, 独り其術中に陥り, 独り其角が妙, 独りに入り, 独り内閣審議会に限らず, 独り冥想に陥った, 独り冥界に, 独り冷や飯をかき込んだ, 独り凱歌して, 独り出でて彷徨, 独り出迎えたので, 独り出迎え三人の遅い, 独りに安, 独り分け入って来た, 独り分離の条件, 独り切りに点頭く, 独り刈田嶺神のみは刈田神, 独り初めより怪しげ, 独り判断の出来る, 独り別物になっ, 独り利他の大, 独り前代の命脈, 独り前述の状態, 独り前進を続け, 独り剣道のみならず, 独り副食物のみで, 独りを看る, 独り劒岳は二千九百九十八米, 独り力み泣きに, 独り功名を誇ろう, 独り加賀の千代, 独り労働手段に限らず, 独り勇めば鳥, 独り勉強又或は英文, 独り勉強部屋に坐っ, 独りに迫らるる, 独り匂うて独り, 独り化石の語, 独り北の方へ歩い, 独り北叟笑んで探梅, 独り北斎の芸術, 独り北方へ馬, 独り北欧の天地, 独り医学部には限らない, 独り医家を然, 独り十二支を順に, 独り千曲川の上流, 独りの食事, 独りを枕, 独り南方へ旅, 独り南蛮寺の境内, 独り南郊の岡, 独り博士の友達, 独り印度欧羅巴民族のみならず, 独り原書で広く, 独り原著が優秀, 独りへ行く, 独り去ってしまった, 独り去らしめたのかな, 独り去り独り来る, 独り敷地の, 独り及ばざらん, 独り反対する要, 独り反対党の盛ん, 独り反芻して, 独り取り乱した書物の, 独り取り残されなかった安心の, 独り取り残されねばならなかった, 独り取り残されるのが, 独り取残されたことを, 独り取残されるのは, 独り口説にいよいよ, 独りからぬ, 独り可笑しさに, 独りに登る, 独り台湾においてのみならず, 独り叱りながら園内, 独りの茶山, 独り各自の慾望, 独り吉凶を占う, 独り同人ばかりでなく, 独り同意せざるを, 独り名誉を重んじ, 独りだけの送別会, 独り君側輔弼の宰相, 独り君江に限らず, 独り吟じ独り詠ず, 独り吹き澄ましています, 独りを憐, 独り吾が直行を, 独り吾人の詩人, 独り吾国のみならず, 独り吾等の教育者, 独り吾等一個の偏狭, 独り呆然と生命, 独り込んで, 独り呑みこみに彼, 独り呑んで見る, 独り呑込みに呑, 独り周布長井の徒, 独り鳴った, 独り呻きながらまた, 独り和尚と小僧, 独り和辻氏に限らず, 独り咳き入つてゐる, 独り哄笑して, 独り哲学乃至哲学法, 独り哲学界に不朽, 独り哲学科へはいつ, 独り哲学者に限らず, 独りをうたっ, 独り唐土に渡った, 独り唸いていた, 独り唸きながら彼, 独りひ独り嘆, 独り問い答えながら, 独り問い独り答えたあげく, 独り問うて独り, 独り善悪を別, 独り喋り倦んだ妙子さんが, 独り喜んでいた, 独り喜悦の助平顔, 独り喰う夜食の, 独り嘆くように, 独り嘯くように, 独りを鎖し, 独り国学のもの, 独り国民を挙つて詩化, 独りに出, 独り土佐へかへり, 独り土地を占領, 独り土蔵前の部屋, 独り在るは寂し, 独り在野の学者, 独り地平線的思想の任, 独り坊ッちで苦り切って, 独りつて, 独り城太郎とそして, 独り城山に対す, 独りのよう, 独り墳墓の問題, 独りに懸けた, 独り変らないのは, 独りの日, 独り夏姫を連れ, 独り夕方より観音, 独り夕暮れの枕, 独り夕飯を食べ, 独り夕餉の箸, 独り外交の難局, 独り外人のみがその, 独り外国醜業婦の移入, 独り外部と交渉, 独り夜ふけて燈, 独り夜分ばかりで, 独り夜道となる, 独り夜食を済まし, 独り大いに笑った, 独り大きな題目のみが, 独り大丈夫大丈夫と胸, 独り大国主神あるのみ, 独り大型デスクに倚, 独り大急ぎで窓, 独り大蔵の渡辺国武, 独り大衆政党だけで, 独り大重君だけが後れた, 独り天上の星, 独り天淵のみなら, 独り天然と精神, 独り天狗になっ, 独り太刀が使えねえ, 独り太古時代にのみ限らるる, 独り太郎の家, 独り太陽神のみ母, 独り奇妙な傲慢, 独り奈何せむ, 独りの間, 独り奥さまはぼんやり, 独り女体の美し, 独り女学雑誌社中を攻めん, 独り女神エリスのみは之, 独りと隈, 独りだけはおや, 独りが妝前, 独りのほう, 独り威勢よく風, 独り威張っていた, 独り威張つて見える, 独り威張るべきにあらず, 独り婚礼に至り, 独り婦人に対してのみで無い, 独り婦人作家に限らず, 独り婦人子供のみに限らない, 独り嬉しい甘い思い出を, 独り嬌名を専ら, 独り子供を野原, 独り孔子の一行, 独り孔明の胸, 独り存するのみならず, 独りばかりで, 独り孤城を守っ, 独り孤独を楽しむ, 独りを勉む可, 独り学びなどいう, 独り学問的真理に特有, 独り学校卒業生のみならず, 独り学生のみならず, 独り学習院の事業, 独り学芸に親しんだ, 独り学識の上, 独りを載せ, 独り安んずるの様はた, 独り安石が帰らなかつた, 独り官紀振粛, 独りいよう, 独りなり法, 独り実にして, 独り実験や実習, 独り実験室へ帰りました, 独りのみで, 独り室内に坐っ, 独り宥めて落着, 独りのみは騒げる, 独り宿なくに, 独り宿りて空堂, 独り寂然と坐っ, 独り寐覚めし凄じ, 独り寒声の修行, 独り寛斎に薄, 独り寝すると思った, 独り寝だなんてウマイ事云, 独り寝なものです, 独り寝台の上, 独り寡慾なるが, 独り寿陵余子のみならん, 独り封建社会の継児, 独り小さな無人島に, 独り小六だけが, 独り小山のみにあらじ, 独り小川町の方, 独り小机に向かい, 独り少し浮かぬ色, 独り少数の先導者, 独り尺八を吹い, 独り居たらんぞ, 独り居り場に, 独り居りましてもちっとも, 独り居ればひとり, 独り屈托の頭, 独り屋上の暗き, 独り屋外へ歩き, 独り山人のみにあらず, 独り山伏の問題, 独り山県侯は善く, 独り山県系に属する, 独り山辺に居れ, 独り山道をとぼとぼ, 独り岡山に留まる, 独りにたち, 独りの上, 独りの婆, 独り島津斉彬においてこれ, 独り嶺松寺の墓碣, 独りと御, 独り川上のみならん, 独り川辺を歩い, 独り市ヶ谷本村町の貸, 独りを起つ, 独りつて, 独り帰って来ました, 独り帰つて来た事, 独り帰国すること, 独りを利かす, 独り幕営の外, 独り平八郎が懐抱, 独り平屋で頑張つ, 独り平重盛に限らない, 独り年中行事の問題, 独り年配五十にも余るであろう, 独り年頭に自粛自戒, 独り年齢を思う, 独り幾度もうなずいた, 独りを敷い, 独り店頭にいた, 独り座して夕暮れ, 独り座敷に坐っ, 独り座禅して, 独りの方, 独り廻っている, 独り籠り居り候, 独り弱者でしょう, 独り強くそう思う, 独り強者にあらず, 独り当代に雄, 独り当時学校のみならず, 独り暗く蹲る, 独り影法師のよう, 独りみたり, 独り彼処に赴きけり, 独り彼方で後, 独り彼方此方歩きましたから, 独り往きて高, 独り往んでしまうた, 独り往来に立っ, 独り待つ間も, 独り後れたるを驚きけん, 独り後園の昼, 独り後悔慚愧して, 独り徒然と長手, 独り従容として名, 独り従来の宗教, 独り得々たるが如き, 独り微苦笑を禁じえなかつた, 独り徳国にあらず, 独り徹夜をし, 独り心配して, 独りはしき紀念, 独り忍び入るという, 独りるべからずまた, 独り忘れぬは最, 独り快楽を専ら, 独り思い上って居る, 独り思い直して元, 独り思い耽っていた, 独り思ったからである, 独り思はず野も, 独り思ひ居り候ひき, 独り思ふ境涯に, 独りを買, 独り怪しとも怪き, 独り怪しむかの天台, 独り怪しむべきは氏, 独りうや, 独り恍惚の夢, 独り恐縮するの, 独り恥辱を弁解, 独りれて, 独り悔しゅう悩んで, 独り悟ったような, 独りに入, 独り悦に入りながらしきりに, 独り悦ばしげには, 独り悦ばぬのは, 独り悩みて鬱積, 独り悲しみに浸っ, 独り悲しむが如くなれ, 独り悶え苦しみながら街, 独り情意に限らず, 独りひや, 独り想いつづけながら歩いた, 独り愁然苦悶に沈みたりき, 独り意中に決した, 独り意志薄弱と極められ, 独りに入った, 独り感じ泣きて彼, 独り感心した, 独り感涙にむせびし, 独り慎ましやかでしとやか, 独り憐む此は是, 独り憤れて, 独り憤激した, 独り点した, 独り我家に燻り居る, 独り我日本国に於, 独り我身のみならず, 独り我輩の怪む所, 独り我輩内国人の眼中, 独り戯曲の本道, 独り戻って来た, 独り手さぐりで行った, 独り手向る閼伽, 独り手馴れの琴, 独り笑む顔, 独り批評家として之, 独り技術的学問ばかりに限らぬ, 独り抉るほど慚愧, 独り抱き秘めていた, 独り鎮めて, 独り招かれざりしを怒る, 独り挨拶の意味, 独り描き独り楽しみ, 独りにする, 独りぐつたく思つた, 独り擽られながら, 独り支那のみに産する, 独り放って置く, 独り政党人の政治屋的常識, 独り政友会に限り, 独り政府が悦ぶ, 独り政治上の智識, 独り政界のみならず, 独りどうかし, 独り教室に残っ, 独り教育のみならず, 独り散々に騒げり, 独り文中瑞英善直を出す, 独り文人が之, 独り文人たるを屑, 独り文士に限らず, 独り文字を殺す, 独り文学少女が育つ, 独り文書に限らず, 独り文章而已は黴, 独り文芸時評や論壇時評, 独り斯く感ずるのみ, 独り見聞の, 独り新富座に赴けり, 独り方法の考察, 独り日常の知識, 独り日本動物説話のみに非, 独り日本犬ばかりでない, 独り日本画のみならず, 独り旧来の俳諧, 独り早く退り出つその, 独り早帰りする途中, 独りは迷, 独り明るみに出なけれ, 独り明朝に期し, 独り明治政府を怪しまざるなり, 独り星夜の外, 独り星氏の脚下, 独り映画の風紀検閲, 独りの雲, 独り春信のみならず, 独り春山を行く, 独り春情を催し, 独り春風のよう, 独り昼間は眠っ, 独り普請をし, 独り晶子歌に多く, 独り暗い部屋の, 独り暮さんや, 独り暮らせるはずである, 独り暴威を逞しうし, 独り書院の柱, 独り最も高い完成, 独り最後に掲げた, 独り最近の神話学界, 独り朝食を済し, 独りの枝, 独り木石にあらず, 独り木蔭に隠れ, 独り未来の事, 独りを読ん, 独り本山附近と八ヶ岳, 独り本邦ばかりでない, 独り本郷座の新派劇, 独り来るというの, 独りを含ん, 独りの方, 独り東京商大に限らぬ, 独り杳眇と燻る, 独りの根, 独り松田氏が聞き伝へ, 独り板垣伯は然, 独り林中に住, 独りが人, 独り柏軒は歌, 独り柳生流のみが将軍, 独り栄えることが, 独り根岸の家, 独り案じながら松風, 独り桑畠の間, 独り梅太郎高柳楠之助, 独り梅花の痩せ, 独りという一種, 独りを覆し, 独り棋盤に向, 独り森有礼は暗殺, 独り棲みをする, 独りの樹, 独り植民地あるのみ, 独り植物説話に於, 独り椰子の実, 独りを沸, 独りをし, 独り楽しみを暖め, 独り楽しみいつとはなく, 独り楽しむほど潔い, 独り楽むのでした, 独り楽天の文, 独り榛軒の養嗣子棠軒, 独り構内を徘徊, 独り様々に案じ入り, 独り模範村の名, 独り権威を専ら, 独りの欄干, 独り機嫌悪く由緒, 独り機関説問題に限らず, 独り欄干に身, 独り欠かさず詣でたと載す, 独り次元のみは両者, 独り欺かれたやうな, 独りなる者, 独り歌った如くであって相手, 独り歌舞伎座を立見, 独り歌許りでは, 独り歌麿のみならず, 独り止まりしが漸く, 独り正ちゃんだけはうれし, 独り正吉だけで, 独り正直なるが, 独り正面の時計, 独り此人を憐, 独り此処に来, 独り此地に丈行, 独り此山家にわびしい, 独り此年庚辰には七律二首, 独り此方へ両, 独り此書のみは, 独り此消食管の壅塞即所謂, 独り此神に就, 独り此詩筒を得た, 独り此間に立ち, 独り武士にのみ其精華, 独り武者顔する憎い, 独り歯噛みして, 独り歴史の学問, 独りに独り, 独り死出の山三途の川を漂泊, 独り死別という心, 独り残されたジェリーは, 独り残りて未だ, 独り残るは細川氏, 独り殺害の罪悪, 独り毅然として正しき, 独り毎日新聞之を記せる, 独りの一身, 独り民間の作物, 独り民間説話に於, 独り気がついたときその, 独り気の毒で残念, 独り気力少しも, 独り気違いのよう, 独りの中, 独りの暇, 独り永久に人間性, 独りに染みざる, 独り汚れ垢ついた衣, 独り江戸に出た, 独り江戸平民の文学, 独り江楼に上り, 独り沈みこんでしまっ, 独り沈湎して, 独り沈黙を破っ, 独り河岸っぷち, 独り沸らせて, 独り泊っている, 独り法師で大して, 独り法律学の上, 独り法華だけが漏れる, 独り泡盛の盃, 独り泣き伏していた, 独り泣き暮れておりまする, 独り泰西人のみならず, 独り泳ぎをはじめ, 独り洋外の文学技芸, 独り洋装したるは, 独りに眠りゐたる, 独り洩らしていた, 独り活力を失う, 独り流し元をし, 独り流れに沿う, 独り流涕す君山, 独り浅間山のみは東南, 独り浦辺の方, 独り海辺へ行つて, 独り深きこと一丈源竜我の, 独り深く考え沈んで, 独り深切なるが, 独り深淵を視つめ, 独り清々しく思って, 独り清く澄し込む, 独りを歩いた, 独り渡りゆく娘子等を, 独り渡辺子が心機一転問題, 独り温煖ならん, 独り温雅優美の情, 独り湖処子の猶, 独り湖沼ばかりでなく, 独り湧出る空想, 独り湯殿に降り, 独り満たされていた, 独り満足して, 独り源兵衛佐頼朝に見る, 独り演劇の部門, 独り演劇泡を噛, 独り漢文学然るに非, 独り漫然とくだらない事, 独り漱石氏の感懐, 独り潔しとする, 独りかに燃える, 独り澄めり底の, 独り激しそうだ, 独り濠傍で別れる, 独りを吹起, 独り火鉢の前, 独り灰色の着物, 独り炉端に坐っ, 独り炉辺に残つて, 独り点頭いて歩き出した, 独り無上に車上, 独り無事の形, 独り無産階級にのみ生き, 独り焦る御心, 独り焦躁して, 独りらず, 独り熾んになっ, 独り燃え残りの, 独り燈下に細書, 独り燦爛と見え, 独り片隅の壁, 独り牛王院のみに限らず, 独り牡丹畑の牡丹, 独り物案じに沈み, 独りばかりでない, 独り狂奔し怒号, 独り狂歌の全盛, 独り狂気のよう, 独り狗子を言わん, 独り独りに違っ, 独り独仙君に至っ, 独りの前, 独り珂雪のごとし, 独り理性によってのみ形成, 独り理論的を知れる, 独りを鳴らし, 独り然と, 独り甚だ心は, 独り生れ独り死に, 独り生存の欲, 独り生物学に限らず, 独り田中俊庵と云, 独り田中正造は忘れる, 独り田中英光に限った, 独り田舎に住つて, 独り甲板の手摺, 独り男の子と限った, 独り男女両性の関係, 独り男自身の疑問, 独りを画き, 独り留まらん事なり, 独り留守城にいる, 独り畠径を辿り往く, 独りをし, 独りな感じ, 独り異彩を放っ, 独り疾視の瞳, 独り病室におった, 独り病気のみでない, 独り病牀にち, 独り痛心しまた, 独りを守る, 独り発明したよう, 独り発達するを, 独り登山袋に杖, 独り白妙の衣, 独り白絽の小袖, 独り百年の計, 独り皇室と人民, 独り益満がでん, 独りに神話, 独り盛り上がる様な, 独り盛んでとかく, 独りを磨きゐる, 独り真宗に限った, 独り真正面にこちら, 独り眠つてゐる淫婦潘金蓮, 独り眺める隠士の, 独り眼眸のみ, 独り瞑目端坐して, 独り矜持を高く, 独り矢島優のみは母, 独り石榴の花, 独り破れ畳の上, 独り碁独特の清澄さ, 独り碁盤に向, 独り磨いて行こう, 独り社会事業に至, 独り社会科学関係に限らず, 独り祈りまた暑い, 独り祝福して, 独り神話或は説話, 独り禿山の頂き, 独り私情を圧し伏せる, 独り私達ばかりでなかった, 独り秩父山脈中に嶄然頭角, 独り稍不明なの, 独り税率問題ばかりで, 独り稿を継い, 独り空しく老身を, 独り空気中に混ぜる, 独り空間の相対性, 独り空間関係に止まらず, 独り立って, 独り突き放されたような, 独り突如とし, 独り窃かにこれ, 独り窯藝のみが優雅, 独りが出来, 独り立て他し, 独り立山連峰のみは日本アルプス, 独り立憲政友会に在, 独り立腹して, 独り笑はずにゐた, 独り笑み行く座頭の, 独り笑めるかのよう, 独り答えていた, 独り答えたあげくやがて, 独りを執る, 独り籠って古い, 独り米国の一大出来事たる, 独り米穀問題ばかりでなく, 独り精一杯愛されなくっちゃ, 独り精神の苦闘, 独り精神的の現象, 独り糞穢のみで, 独りを紡い, 独り糸満の海底生物学, 独り系図のみで, 独り素問に有る, 独り素面のまま碌々, 独り紫式部学会の人々, 独り紺碧の空, 独り経済機構又は之, 独りを衣, 独り繍仏の前, 独り置いて逝かなけれ, 独り置いとくのだ, 独り置かれていた, 独り置かれたので驚い, 独り置き残してどこ, 独り罷り出て丸, 独りを牧, 独りき顔, 独り美人として知られ, 独り羞含う控, 独り羽山の地, 独り男老女に, 独り老木の梅, 独り考えること数尅の, 独り考え定めてその, 独り考え込んでいた, 独り耕す石水の, 独り耕そうと変った, 独り耶蘇教に限った, 独り聖人となる, 独り聳えている, 独り職業ばかりで, 独り肉体的の苦痛, 独りを竦めた, 独り肯いてみせた, 独りを伸ばし, 独り背負つて立つたやう, 独りく深きこと一丈, 独り能力のみに限らず, 独りの身体, 独りけ出し, 独りを断つ, 独りのなか, 独り臥したり誰, 独り自ら帝王の如く, 独り自ら得意とする, 独り自ら憂慮に沈み, 独り自ら現状打破の主, 独り自ら胸中の躍, 独り自在に夢, 独り自家に戻っ, 独り自己の迷妄, 独り自然派に限らず, 独り自説を強行, 独り自転車の事, 独り興ずる折も, 独り舌打しては, 独り舞踊をやる, 独りへ残し, 独りに頬杖, 独り舷縁に腰, 独り船窓に倚, 独りのほう, 独り芥川氏のみで, 独り花子は考へる, 独り芸者は外, 独り芸術上の問題, 独り芸術的な思索, 独り苔むす岩を, 独りんでをる, 独り苦い顔し, 独り苦しみに耐え, 独り苦悶して, 独り茫然として座敷, 独りを立て, 独り茶番は極度, 独りに匍, 独り荷物をかつい, 独り荻沢警部のみは此少年探偵, 独り莞爾ともせず, 独り菅渡辺の陣, 独り菊五郎に反対, 独り落ちつき払った愛想, 独り落暉に対す, 独り落涙したほどの, 独り著席した, 独り蒼白く佇んだ春信, 独りを堅く, 独り薄明の, 独り藁灰のそば, 独り藤吉郎だけはそんな, 独り藩閥者流若くは, 独り蘭方医は敢, 独り蘭袋に辞し, 独り蘭軒は趨, 独り虹橋の上, 独り蚊帳の裡, 独りの声, 独りを見ん, 独り行い澄まして法悦, 独り行きつ戻りつ瞑想の, 独り行った母を, 独り行動主義の運動, 独り衣服のみに限らず, 独りへると, 独り袒裼裸体なるが, 独り西南に離れ, 独り西楚の覇王, 独り西洋の医方, 独り要務の官吏数人, 独り覆面をとろう, 独り見て取って何, 独り見る巴里の, 独り見守っている, 独り見抜いたやうな, 独り見捨てられた人の, 独り見物は矢張, 独り見送っている, 独り覚めて, 独り覚めた年十九の, 独り覚束無げに, 独り解き物をし, 独り言葉もなく, 独り託つと, 独り許嫁の約, 独り詠ずと自ら, 独り詩人あるのみ, 独り話してくる, 独り誇って居る, 独り誓っていた, 独り語っていた, 独り誤謬ばかりで, 独り説法のかたち, 独り読まぬと云う, 独り読者の迷惑, 独り課長に而已取入ろう, 独りを立たり, 独り論議をやってる, 独りをこし, 独りえらく吾, 独り謂知らず心を傷むるなり, 独り講堂の項, 独り講釈をたたい, 独りふ謡, 独りる厳君, 独り警察当局に限らず, 独り警戒して, 独り議院のみならん, 独り豪いでしょう, 独りばかりで, 独りふ気, 独り貧しく淋しく静かに, 独り貧乏を歎息, 独り責められもし, 独り貴族及び貴族院, 独り貴族品のみが優れた, 独り貴族詩人のみの専有物, 独り賀茂の場合, 独り資本主義的な生産, 独り質的結合の概念, 独り赤さんのアウギユスト, 独りい顔, 独り超然として内々, 独り越中地方にのみ限られた, 独り足早にさっ, 独りに残りし, 独り跪き泣いて祈り, 独り踊ってゆく, 独り踊りますがな, 独り蹲っていた, 独り蹲まりゐる処, 独り蹲んで見, 独り蹲踞まって, 独りと別れた, 独り車夫のため, 独り農民の理論, 独り返辞をし, 独り退いてもう, 独り送りたいからわし, 独り進んで戦い百人, 独り進歩党の領袖, 独り進歩派の為め, 独り遊びをし, 独り遊んでいる, 独り遊離説話に至り, 独り運動選手には限らない, 独り運慶のよう, 独りぐれば, 独り過去の古典, 独り道場入りを始め, 独り遮って賞め, 独り遺されてもどうやら, 独り遺した娘の, 独り遺っている, 独り遺った息子の, 独り遺憾をなぐさめ, 独り邯鄲の枕, 独り郷党知己の間, 独り酌いでは飲ん, 独り酒煙草ばかりで, 独り醒めたりと叫ん, 独りを恣, 独り重任を負える, 独り重蔵に同情, 独りに遊ん, 独り金持が勝手, 独り金歯に由っ, 独りしごと, 独り釣糸を垂れ, 独り銀杏の下, 独り銅版画として興味, 独り錦橋の齢, 独りの刃, 独りを眺め, 独り鐘楼に罩, 独り長嘆して, 独り長崎に於, 独り長崎医大だけの問題, 独り長育すること, 独り門前に限らず, 独り門外漢のみなら, 独り閉め籠んでいる, 独り閑然たる折, 独り間庭を逍遥, 独り間貫一のみにあらず, 独り間貫一一個人の恥辱, 独り関さんは退屈そう, 独りの近臣, 独り陰気に考え込ん, 独り険しい路である, 独りの方, 独り階級あるを, 独り障子の内, 独り雇人と暮される, 独り雑草の運命, 独り雑誌だけでなく, 独りを眺め, 独り離れた座敷に, 独り離れ島に老, 独り雪路の上, 独り雪道を月, 独り露人のみならん, 独り露西亜政府のみで, 独り露西亜文学に感ずる, 独り青年が机, 独り青木氏の如き, 独り青磁の香炉, 独り静思を楽しまん, 独り面白味が判らぬ, 独りの此詩, 独りをぞ鳴く, 独りのみを挙げ, 独り頬笑み警察署へは入らずし, 独り頬鬚の厳, 独りを振っ, 独り頷いたことだった, 独り頷いてるだけだった, 独り頷首いて, 独り頻りにうなずいて, 独りに, 独りを撫でゐ, 独り顔じゅうを涙, 独り風流の交, 独り食い付くと, 独り食事などする, 独り食堂で桃色, 独り飢えてけふも, 独り飲みながら, 独り飲む寝酒を, 独り飲んでいた, 独り飲込むように, 独り養子祐二のみで, 独りをふり, 独り首肯きこの下駄, 独り駿馬を駆っ, 独りのよう, 独り高うする態度, 独り高きが故に, 独り高挙超脱夐然として俗流, 独り高笑をした, 独り高等民種の境内, 独り鬱憤をつぶやきだす, 独り鬱陶に打ちくれ, 独り鬼神がない, 独り鰐淵はこれ, 独りに関してのみ世界各地, 独り鳥以上の不安, 独り鳴く蟋蟀を, 独り黄ばんだる林の, 独り黄泉に赴く, 独り首い, 独り黙然と端坐し