青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「独~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~犯罪 犯罪~ 状~ ~状態 状態~ 狂~ 狂人~ 狂言~ ~狐 狐~
独~
~独り 独り~ 独特~ ~独立 独立~ 独身~ 独逸~ ~狭い 狭い~ 狸~

「独~」 1318, 14ppm, 7841位

▼ 独~ (96, 7.3%)

3 笑いながら, 鼻唄を

1 [90件] お上ん, して, そこへ, それを, どうする, はしゃいで, ぶつぶついっ, ぶつぶつと, ほくほく, ぼんやりベンチ, ぼんやり時間, むむふむ, むゝふむ, よがって, グズグズ言っ, 乗ること, 位置を, 何時までも, 信じても, 先へ, 出して, 切って, 利巧ぶつ, 勇み出して, 勝手に, 呟くよう, 呼び合いました, 堪へて, 寂いところまあ, 居る, 居るん, 帰って, 御得意, 御膳を, 微笑んだ, 悔んで, 悦んで, 悩み独, 感心し, 感激してる, 戴くの, 承知を, 撫でて, 擽られるよう, 敗れること, 暮して, 有らうが, 案じわ, 楽しんで, 死ぬの, 気を, 決心し, 物を, 甲斐, 画を, 私し, 立って, 笑うの, 笑った, 笑って, 縁側に, 繁昌する, 置けば, 考え込んでばかり, 肝煎って, 脊負て, 腕を, 苦しんで, 苦笑した, 苦笑する, 落着く, 行って, 行つても, 衣服を, 見送って, 読と, 跋扈する, 蹌踉け, 辛抱が, 遊んで, 遣つて, 遣ると, 頷いた, 頷いたが, 頷いて, 頷き, 顔を, 飲込み仰向いて, 馬を, 黙つて考

▼ 独木舟~ (66, 5.0%)

2 にのり, に乗っ, に乗り, 及び器具

1 [58件] から鱶, がおよそ, がしまっ, が一艘, が一隻, が三隻水, が大, が幾隻, が悪い, が浮かん, が着いた, が短, が繋い, だ, だった, でも並べた, で船, で逃げ去った, と微か, などを彼ら, などを浮かべ, なので, にはひじょうな耐波性, に乗つ, に分乗, に向つた, に気づきました, に積込ん, に逃げ上る, のうえ, のなか, の三角帆, の上, の向う側, の帆, の方, の漂流, の競漕, の縁, の置い, の舳, の舷, の船尾, はその間しだい, はついに, はカーヴ, は今, は成否, もある, も愈, や小屋, をその, をゆすっ, を取寄せる, を差し込んだ, を芋蔓, を風, 及び船具

▼ 独~ (56, 4.2%)

4 では 2 のツァイス, の浪漫派, の諺, へ行っ

1 [44件] からやつ, から来, から果して, が優に, が全欧, が生れ, が社会主義者其他, が聯合軍, であろうか, で撮した, で浪漫主義, にいた, にそれ丈, には実際, には無効, によ, に取つ, に各, に対する立場, に征服, に於, に有名, に祖国, のいわゆる, のもの, のアイヂアリズム, のフェヒナー, の事業, の勝利, の学者思想家, の所謂哲学, の敵, の智, の歴史哲学者達, の発展, の統一, の聯合, の自然派, は勝つた, は温かき, へ行く, もトライチケ, も同じ, をこう

▼ 独仙君~ (55, 4.2%)

2 はなかなか, は例

1 [51件] いい加減, が, がすぐ, が一生懸命, が云い出した, が口, が対坐, が澄まし, が立ち上がる, が鼻, しきりに独り, だ, だけな, だけに時局問題, ちょっと行き詰る, であったが, であって, とはどう, どうか御, に至っ, のみは泰然, のよう, の云う, の受売, の山羊髯, の御, の方, の足, の鼻, はああ, はいささか, はいつの間に, はそう, はもったい振っ, は丹念, は嘆息, は困った, は寒月君, は毫も, は無言, は独仙君, は目, は真面目, は超然, は進行, は鎌倉, ばかりじゃありません, ばかりは超然, も迷亭, より悟っ, 起きた起きた

▼ 独~ (43, 3.3%)

3 間に 2 三国が

1 [38件] あらゆる探検隊, いわゆる三先進国, こされしこと, オーストリアにおける, カント仏の, ハウプトマン露の, 三科が, 儚き世, 区別は, 同志は, 国交が, 国交断絶について, 国境から, 国境が, 場合の, 境地である, 夢を, 学者が, 寺田先生に, 山登りは, 工夫あり, 心持は, 感じゐれ, 感染なるべし, 政治上軍事上の, 文学科が, 文学者すらも, 文学者にも, 旧形, 時なら, 書物が, 書物を, 機械論的唯物論に, 烈しい砲火, 重砲が, 野に, 関係は, 露における

▼ 独~ (32, 2.4%)

3 の子

1 [29件] がまだ, が一時, が厳島, が視る, には前後三人, に嫁, に玄俊, のため, の五十年忌辰, の京都, の初代瑞仙, の姪, の家, の弟玄俊, の血族, は一旦, は享保二十年乙卯五月二十二日, は人, は僅, は四十四歳, は大阪, は始, は寛政四年, は弟玄俊, は或, は文化十三年九月六日, は曼公, は母, は躋寿館

▼ 独~ (27, 2.0%)

1 [27件] がそんな, が悪い, でさ, には伯母さん, には妙, に仕えた折り, に当て, のやう, の剣, の勅語, の此勅論, の漫遊以来パレスタイン, の許, はいつも, はじ, はぶつぶつ, は人一倍, は今度, は何, は侍従, は六歳, は好き, は急ぎ, は恨めし, は真青, は英吉利, は電報

▼ 独~ (20, 1.5%)

1 [20件] がいま, が呉松路通インタナショナル理髪館, が彫像, が汕頭, が稲妻, が船着場, とビクトリア, のコムミュン騒動, の乗った, の健康, の悲壮, の率いた, の革命的遺産, は, はとる, はモスコー, は空虚, は自分, は虹, は阿片

▼ 独~ (17, 1.3%)

1 [17件] などの科学国, の三ヶ国語, の三国語, の三箇国語, の兵士ら, の兵士同志, の危機, の四ヶ国, の国境, の大, の好事家, の常備軍, の表現派芸術, の諸国, の関係, 両強国, 両民族

▼ 独~ (17, 1.3%)

3 の御蔭

1 [14件] が妙, が殺した, と云う, なども振った, なら立町, にそそのかされ, にやられた, の勢力, の説, もあれ, も一人, も何, も口, も糞

▼ 独尊者~ (16, 1.2%)

2 と云

1 [14件] その人, であつ, とか主人公, の与かり知らぬ, の実体, の巨歩, の方, の本体, の生き, は, はいつも, はもう, は抽象的思惟, を体認

▼ 独~ (14, 1.1%)

2 して, 今の 1 おこなわれた革命, なって, なりたいそればつ, なりたくな, なりて, なり私, なると, 余る心細, 倦み憊, 計ひかね

▼ 独木橋~ (13, 1.0%)

2 の上, を渡る 1 なりしと, のあたり, をば両, を渡っ, を渡ら, を渡り, を渡りかけた, を調子, を鉛直線

▼ 独~ (11, 0.8%)

2 守りて, 守る 1 慎しむ, 慎むわざと, 楽しむ, 楽しむ主我的観念也, 楽しむ外, 楽しんで, 遊ばせ独

▼ 独合点~ (11, 0.8%)

3 をし 2 して, の興奮 1 しや, でゐ, で兵馬, に陥る

▼ 独木船~ (11, 0.8%)

1 [11件] が水, が舫, とは次第, に乗っ, のよう, の船底, はこうして, は水, は濛気, へ移された, を挟み撃ち

▼ 独乙語~ (10, 0.8%)

1 かこれ, さえ書い, だろうか, で演説, のほとんど, の先生, の教師, の薄っぺら, はなにしろ, を習い

▼ 独~ (10, 0.8%)

2 の床, の閨 1 に慣れ, の冷たい, の臥床, をし, を辿った, 不愧衾

▼ 独~ (10, 0.8%)

1 したいと, したい気持, したい苦心, しちや, して, する意欲, にし, になっ, の不安, を彼

▼ 独逸文~ (10, 0.8%)

1 が認められ, だけは咀嚼, で書かれ, で書かれた, の宗教史, の翻訳, の訳, はあまり大して, を列ね, を少し

▼ 独~ (9, 0.7%)

1 であろうとも, と思考, と離, なる暗示, の幸, の犠牲, の草枕旅, の身, を迎え

▼ 独~ (9, 0.7%)

2 の型, の杖槍 1 に巻き上げた, に読みつづけ, の名案, の我儘, の鼓

▼ 独~ (9, 0.7%)

1 が, がまだ, だつた, といふ僧, はがばと, は何気なく, は女, は立派, は耳

▼ 独防共協定~ (9, 0.7%)

1 おめでたうと, が当時, が日本, であると, にイタリー, のこと, は勿論, は政府, や保護監察法案

▼ 独~ (8, 0.6%)

1 が世界, で英国, との混血児, との間, と血, に有利, の妻, も其等

▼ 独~ (8, 0.6%)

1 の全体主義, の協定調印, の各国別, の四箇国語, の国民, の文芸, を中心, 即ち東亜

▼ 独~ (8, 0.6%)

2 の大砲 1 が東洋根拠地, に入った, のテクニッシェ・ライヒサンスタルト, の海軍根拠地ウィルヘルムスハーフェン, へ移したる, 及び英国

▼ 独天下~ (7, 0.5%)

1 で骨, となった, なと言つて, なもの, になった, に吃ひ, の春陽堂博文館ともども

▼ 独~ (7, 0.5%)

1 たり, な文化史的条件, な祖先伝来, に皈, 之人, 梅花信不, 角盤相対

▼ 独~ (7, 0.5%)

2 をし 1 が出ます, する心, となりぬ, ひを, をする

▼ 独~ (7, 0.5%)

1 が出没, に乗っ, のサーチライト, の看護卒, の精鋭クルツプ砲, の軍医, の陸戦隊

▼ 独協定~ (6, 0.5%)

1 が行われ, により日本, の, のこと, の方, を放送

▼ 独~ (6, 0.5%)

1 して, しないもの, するもの, する事, の個人, の理

▼ 独山和尚~ (6, 0.5%)

1 で俺, に書, の名, は富岡鉄斎, は道楽, を弟子

▼ 独~ (6, 0.5%)

1 の憲法, の打ちこみである, の流儀, の現象, の生活気分, の美術的

▼ 独戦争~ (6, 0.5%)

1 が始まった, だつたの, で明らか, の折炸裂弾, の進行, やシベリア出兵時代

▼ 独~ (6, 0.5%)

2 のケンギ 1 などとは口実, にし, の家, 中には

▼ 独本土~ (6, 0.5%)

3 へ上陸 2 に近づき 1 へ兵

▼ 独~ (6, 0.5%)

4 なの 1 なわ, のはじまり

▼ 独稽古~ (6, 0.5%)

1 から初めて, で勝手, にし, には最も, を, を積ん

▼ 独唱竝~ (5, 0.4%)

5 に合唱

▼ 独~ (5, 0.4%)

1 の哲学, の学者, の屈服, 及び和蘭陀, 同

▼ 独我論~ (5, 0.4%)

2 を脱する 1 と取りかえっ, に終らね, を根底

▼ 独~ (5, 0.4%)

1 し得可, であります, といっ, にせん, を発揮

▼ 独法師~ (5, 0.4%)

1 だ考えて, になる, のお, の体, も随分

▼ 独~ (5, 0.4%)

1 がゐました, だし, で暮し, で渡りてえ, と推定

▼ 独詠歌~ (5, 0.4%)

1 だが, でないと, という, などと違う, には見られない

▼ 独詠的~ (5, 0.4%)

2 な歌 1 な分子, な特徴, の追懐

▼ 独~ (5, 0.4%)

1 である露国, の生娘, の諸, の軍艦, 各二人

▼ 独~ (4, 0.3%)

1 おもへ, おもへば, てまず, て見れ

▼ 独~ (4, 0.3%)

1 ゲーテ文集この, ドーヴァ海峡を, 移轍の, 箱付きか

▼ 独~ (4, 0.3%)

1 が侵入, の追跡, も露兵, を遠く

▼ 独息子~ (4, 0.3%)

1 が帰ったら, を無理無体, を玉, 余りエライ少年

▼ 独~ (4, 0.3%)

1 で, の戸山, の都合上主文形, へ通っ

▼ 独~ (4, 0.3%)

1 しければかの, して, の言い, の道元禅師

▼ 独~ (4, 0.3%)

1 だつたかと, の我妻栄, やりましたの, を出

▼ 独立ち~ (4, 0.3%)

2 の馬 1 した感じ, て交

▼ 独笑い~ (4, 0.3%)

2 をした 1 を浮べ, を漏し

▼ 独~ (4, 0.3%)

1 からヒント, があった, させ畢生, で

▼ 独~ (3, 0.2%)

2 月は 1 我が来し

▼ 独両国~ (3, 0.2%)

1 で面目, の葛藤, はすでに

▼ 独~ (3, 0.2%)

1 の一人, の神, 隠身

▼ 独協商~ (3, 0.2%)

1 の原則, の如き, の成立

▼ 独~ (3, 0.2%)

1 をし, 在余子尽墳塋, 憂之

▼ 独~ (3, 0.2%)

1 の兵制軍法, の墨, の行き

▼ 独~ (3, 0.2%)

1 とこれ, の境地, の時勢

▼ 独~ (3, 0.2%)

1 にしまる, に駈出す, を打

▼ 独文科~ (3, 0.2%)

1 の出身, の秀才, を出

▼ 独~ (3, 0.2%)

1 でご, の夜道, の辿

▼ 独本土上陸~ (3, 0.2%)

1 の希望, の決死隊二百名, をやっ

▼ 独本土上陸作戦~ (3, 0.2%)

1 である, を樹立, を決行

▼ 独~ (3, 0.2%)

1 席と, 席は, 席へは

▼ 独~ (3, 0.2%)

1 几に, 暁烟来, 緑烟行

▼ 独~ (3, 0.2%)

1 とは式日, の格式, の班

▼ 独~ (3, 0.2%)

1 ただ幽か, ただ徹ります, 成り坐しに

▼ 独舞台~ (3, 0.2%)

1 で欧洲中原, で目ざましい, となつ

▼ 独~ (3, 0.2%)

1 ではなく, の追跡, を怖

▼ 独行道~ (3, 0.2%)

1 ぐらいを含味, のうち, は決して

▼ 独~ (3, 0.2%)

1 の効能, は勿論, をよく

▼ 独造底~ (3, 0.2%)

2 の作品 1 の完成品

▼ 独領ニューギニア~ (3, 0.2%)

1 のフインシャハ, の最北端, はいま濠洲艦隊司令官

▼ 独じゃ~ (2, 0.2%)

1 心細くって, 遣切れねえ荷物

▼ 独のみ~ (2, 0.2%)

1 居るといふ, 聞けば

▼ 独よがり~ (2, 0.2%)

1 とから発生, の人

▼ 独~ (2, 0.2%)

1 などのいわゆる, の開戦

▼ 独ソ不可侵条約~ (2, 0.2%)

1 が締結, を締結

▼ 独ソ戦争~ (2, 0.2%)

1 で常識的, の惹起

▼ 独~ (2, 0.2%)

1 古キ櫃ドモ取出, 在リ

▼ 独乙人~ (2, 0.2%)

1 のリマー・ヘニッヒ牧師, らしい一対

▼ 独乙唐檜~ (2, 0.2%)

2 の茂み

▼ 独乙字~ (2, 0.2%)

1 が書い, の標題

▼ 独乙留学~ (2, 0.2%)

1 から帰つて, の期

▼ 独乙統一~ (2, 0.2%)

1 のため, の為

▼ 独乙語の~ (2, 0.2%)

2 なら大抵

▼ 独仏その他~ (2, 0.2%)

1 の諸, の諸国

▼ 独仏戦争~ (2, 0.2%)

1 に於ける, の永久

▼ 独仙君君~ (2, 0.2%)

1 なども妻君難, の気に入り

▼ 独伊防共協定~ (2, 0.2%)

1 がむすばれ, が調印

▼ 独住居~ (2, 0.2%)

1 の七兵衛, はすべて二

▼ 独~ (2, 0.2%)

1 し, に閑居

▼ 独~ (2, 0.2%)

1 などを演, をやった

▼ 独~ (2, 0.2%)

1 したこと, に行っ

▼ 独嘯庵~ (2, 0.2%)

1 なるもの, の墓

▼ 独国境~ (2, 0.2%)

1 の交通, の交通断絶以来

▼ 独墺合邦~ (2, 0.2%)

1 という爆弾的宣言, の話

▼ 独~ (2, 0.2%)

1 でまだ, の雪江さん

▼ 独~ (2, 0.2%)

1 から助け出す, を権利

▼ 独専慾~ (2, 0.2%)

1 は悲しい, を持つ

▼ 独尊的~ (2, 0.2%)

1 なると, なヒンドスタン

▼ 独~ (2, 0.2%)

1 であれそれ, といふそれ

▼ 独~ (2, 0.2%)

1 ではない, と同じ

▼ 独支那~ (2, 0.2%)

1 のみに在る, の各国人

▼ 独文学~ (2, 0.2%)

1 とかいう少し, を専攻

▼ 独棲み~ (2, 0.2%)

1 というもの, の寂し

▼ 独楽師~ (2, 0.2%)

2 に扮

▼ 独~ (2, 0.2%)

1 の爆弾, を射撃中

▼ 独~ (2, 0.2%)

1 な歌, な気分

▼ 独法科~ (2, 0.2%)

1 に通っ, の学生

▼ 独~ (2, 0.2%)

1 あるいは叢生, の人

▼ 独相撲~ (2, 0.2%)

1 がはじまりだ, でもとる

▼ 独神御身~ (2, 0.2%)

1 隠します, 隠します時

▼ 独秀等~ (2, 0.2%)

1 の参加, の赤色テロリズム

▼ 独~ (2, 0.2%)

1 のもと, の所

▼ 独~ (2, 0.2%)

1 のごとき, の青年男女

▼ 独~ (2, 0.2%)

1 から粉鉱, の四個国

▼ 独美字~ (2, 0.2%)

2 は善卿

▼ 独自力~ (2, 0.2%)

1 にとぼしい, のない

▼ 独~ (2, 0.2%)

1 と英独, の諸

▼ 独英日~ (2, 0.2%)

1 が別々, の各国語

▼ 独~ (2, 0.2%)

1 の発明, もでき

▼ 独~ (2, 0.2%)

1 の乾坤, の別

▼ 独連絡~ (2, 0.2%)

2 の国際列車

▼ 独逸品~ (2, 0.2%)

1 との性能比較, のみで

▼ 独開戦~ (2, 0.2%)

1 の三年前, の直前

▼ 独領事~ (2, 0.2%)

1 にたいして交渉, の三頭政治

▼ 独領時代~ (2, 0.2%)

1 からいる, に民俗学者クレエマア教授

▼ 独~ (2, 0.2%)

1 は強い, をた

▼1* [368件]

あそびの幼く, 独あたりでも同様, 独占領した, 独ここには少女, 独ごつこそ楽, 独寝れば, 独し思へば, 独やア, 独つくづくとこうも思うた, 独つくねんと座って, 独でかう呟いた, 独でに震い出す手先, 独では特に好まれます, 独よく似た, 独というような, 独との二冊に, 独げきの, 独など出来る事, 独なんでもござれだ, 独における独の, 独にたいする講和促進と, 独にてたひらかに, 独には地震が, 独に対する講和促進と, 独ぬるかな, 独ほのかに暮, 独ツちの寂し, 独ぼつちの魂が石塊, 独っちで, 独ぽつねんと待つ貞之進, 独りて, 独かむか, 独ゆく人の, 独よがりであることを, 独よく遊ぶ吾子, 独よりも先に, 独りくよ, 独て物, 独ソ間の不可侵条約, 独ダ一ニ書ヲ是レ信ジテ, 独テイケイ映画をつくった, 独フランドル諸国人その水, 独ポッチにし, 独リハ善夢ヲ見, 独リ十四世紀ノジョットーニサカノボレバ然ラズ, 独リ召サレ直チニ東京ニ赴ク, 独リ吾レヲ肥サントス, 独リ柳北ヲシテ再度楚囚, 独の神, 独一真神の事業, 独三味線さらひ小説四五枚, 独三国人から成る, 独三国市民の名, 独三国語の解説, 独成眠, 独語版とも, 独両国語で同時に, 独両国領事裁判の結果, 独ずっと続い, 独主力軍の運動翼, 独主独行の士人, 独主義者として知られる, 独乙カツレツといふの, 独乙人ギンター・シュベルトとリマー・ヘニング来訪, 独乙人ヘニングとシュベルト, 独乙人リマー・ヘニッヒ来り, 独乙人リマー・ヘニングとグィンタ・シュベルト, 独乙人伊太利人ギリーク人黒色人実にあらゆる, 独乙人夫婦はめいめい, 独乙冠詞を, 独乙勢力の増進, 独乙国内を流浪, 独乙大使グラアフ・レツクスよりアルント, 独乙帝国は成立, 独乙式で挙国兵, 独乙文はお, 独乙皇帝陛下の真似, 独乙種の下女, 独乙統一前には生存上有効, 独乙統一論者になつて仕舞, 独乙英吉利もまた, 独乙英吉利的な特長, 独乙菓子屋の奥まった, 独乙行を勧め, 独乙語教師として二三年, 独二人英二人だ, 独二国なること, 独人モレンドルフ説に北京辺, 独人リマー・ヘニッヒが迎, 独仏いずれの先進国, 独仏その他いずれの国, 独仏三箇国の名誉, 独仏両者を比較, 独仏人だそう, 独仏以西等の諸国雷応, 独仏伊西の各国語, 独仏入り乱れて, 独仏日これらの四ヶ国, 独仏混淆だ, 独仏等のごとき, 独仏羅希にも通ずる, 独仏語で書い, 独仏間の軍備, 独仏露エスギリシアラテン其の他, 独仏露伊西以外和蘭瑞西波蘭瑞典那威澳太利匈牙利葡萄牙墨西哥アルゼンチン将た, 独仏露支の五ヶ国語, 独仏露敵味方各国の人民, 独仏露米伊等の何れ, 独仏高等兵学の方式, 独仙先生にも聞い, 独仙寒月東風の五君, 独仙流の消極説, 独伊両国の干渉戦, 独伊国民に対する日本人, 独伊希臘羅甸の書物, 独伊枢軸側との戦闘, 独伊等の劇壇, 独伊米仏などあらゆる, 独伊自分を見, 独伊軍事同盟が結ばれ, 独伊防協の祝杯, 独伊露の現代語, 独のしづか, 独住むみ山, 独作文を作る, 独侍りける頃人の, 独ならで, 独八幡楼の跡, 独八日三で長期, 独六日三などという類い, 独出づること稀なる身, 独判断英語独稽古から初めて, 独剣至妙の刃鬼丹下左膳, 独創造の作品, 独で撰ん, 独化三神の自ら化生, 独化独生の人, 独化神は盖, 独化神天譲日天狭霧国禅月国狭霧尊の化生, 独化繊の内容, 独北路漫漫農田随処寛又知工業盛, 独北部の道, 独協会なんかじゃナチ, 独協力の責任, 独協力作家の追放問題, 独博奕の雁木鑢, 独独来の, 独口ききつつ眠り, 独大不在, 独同盟の成る, 独を取る, 独名カニンヘン伊名コニグリオ西名コネホこれらはラテン語, 独名ハーセラテン名レプススペイン名リエプレ仏名リエヴル等が出た, 独名流から更に, 独君道を然, 独吾輩の如き, 独呑込の様子, 独和辞書を引っぱり, 独問答をし, 独国交の雲行, 独国海軍の侵入, 独国的色容を帯, 独国豆戦艦グラーフ・シュペー号上で安泰, 独国軍艦にお目にかかる, 独国風これに入り, 独園天龍寺の滴水, 独在御馳走がありすぎた, 独在的な面白, 独地震のみで, 独墺両国中に卓出, 独墺人などとは人種, 独墺側の人民, 独墺共に内乱, 独墺文学専攻の経歴, 独墺露の五強国, 独とする, 独壺さんがき, 独壺君来訪三人で飲み, 独夜枕上これを聴け, 独辞典, 独大本営は自ら, 独天狗赤天狗青天狗烏天狗木っ葉天狗, 独せん才踈ニ識, 独女中部屋に寝る, 独子すなは, 独子幸助海, 独子幸助の墓みな, 独子聖霊及び基督, 独存的に存在, 独存的概念であって, 独家宅が改まった, 独寂しく語らむもおもしろからずや, 独寂寞ですたい, 独する晩, 独寝し羽山は, 独寝したがそれでも, 独寝る床ちかく, 独専所有にたいする制限, 独専者なの, 独将棋をし, 独尊主義者でない場合, 独尊性や鎖国性, 独尊文学神聖主義がある, 独尊自大はともかく, 独居る暗き眼, 独嶺上に得, 独帝ウィリアムだ, 独帝国劇塲に立寄り, 独平八郎の与党, 独廻しておき, 独の下品, 独を痛め, 独げなる, 独恐る可き, 独悟ったつもりに, 独悟剣刀影三寸動いて, 独悩める彫工の, 独想家であつ, 独と瞑想, 独慎俯仰天地に愧ぢ, 独慎自分で自分, 独我主義の思想, 独我国にあり, 独我的に信頼, 独我論的な意味, 独或いは近く昭和六七年に, 独探だな, 独探だった事が, 独探ですよ, 独の, 独撰者不詳の京水墓誌, 独支八ヵ国の少年, 独放れて一人椅子, 独文タイプライター事務所の計画, 独文出身だからと, 独文化の連絡, 独文句を言っ, 独文学科私は経済学部経済学科, 独日本に潜入, 独明しの旅磯うつ浪, 独木曜会に徃, 独木舟いま南東貿易風圏内にある, 独木舟そこはかと巡り漕ぎ, 独木舟旅行を企てた, 独木舟造りに至る, 独本土上陸作戦それは英本土上陸作戦, 独本土上陸用の新, 独の道, 独柏軒のもの, 独ぞと問, 独案内の仮名, 独棲生活に飽い, 独棲苦行神を驚かす, 独にあらず, 独老夫村, 独機八機現わる, 独を発する, 独此山脈中に比す, 独此翁の詩, 独武器くらべ, 独武者杖をわきばさみ, 独武者羅生門よし土蜘蛛, 独する, 独残して置い, 独がた, 独にさいし, 独浜町の隠居, 独の嗣法, 独無聊に苦, 独無邪気ないたずら童子, 独物思うそ, 独生人之道而已, 独生説を立つる, 独甲板の欄, 独留学中の二年間, 独志, 独に非, 独的個人的の記述, 独相対して, 独相有之雨夜葉, 独看するのみであった, 独知るとま, 独神ひと柱のみ, 独神妙にお婆さん, 独福岡市外千代町役場に出仕, 独秀山の山路, 独秀貴方はライオン, 独の字, 独立つ木も, 独競技の八百米, 独笑み隅田の春光今日, 独笑坪に入った, 独笑顔を擡げ, 独五軍は, 独算気な頷きを, 独啜らむとする時, 独絃哀歌あたりの作品, 独の庖丁, 独美二世瑞仙晋京水の三人, 独美善卿母は錦橋, 独を掩, 独聖者の寂しげ, 独聞く夜は, 独聞くべき松の, 独に想像, 独臥したのであらう, 独臥漫読出て, 独臥閑々寂々水のやう, 独国境の, 独艦ビスマルク号に載せられ, 独艦三隻と対峙, 独艦上に姿, 独艦二隻在港, 独を呈する, 独芝居を演じた, 独芳原の小, 独英仏伊その他十ヶ国からイプセン研究者イプセン役者, 独英支の先生, 独英露等の諸国, 独の頂, 独がそこ, 独の稀覯書肆, 独蘭国境に向, 独行くとてはつ, 独行力を呼び, 独行道二十一条というもあり, 独行道二十一章の真価, 独西伊墺匈の諸国, 独西鶴のみで, 独見る事の, 独が多少, 独言言つたんぢ, 独訳本の多い, 独ではない, 独自得によって, 独を書い, 独語った姉の, 独語科の学生, 独談会だ, 独諸国の新聞, 独身中はそれ, 独のベルギー侵入, 独軍制下にある, 独逸文次の二行, 独逸民の生死, 独逸話を知らざれ, 独遊ぶ今朝の, 独遺されることに, 独邦画の真髄, 独のみならん, 独之楽, 独寒江雪, 独鈷入の博多, 独鈷抛山の観音さま, 独の博多, 独隠れて世の中, 独難比恐是当初帝釈居, 独露あたりの虚無思想, 独露伊西日の六ヵ国, 独露国境に着す, 独露墺スエーデンなどと結んだ, 独露日墺伊八カ国の出兵, 独露辞書らしいもの, 独領東亜弗利加会社の伝道医師, 独領西南アフリカヘアフリカ, 独領諸島を掃蕩, 独風月堂にて晩餐, 独食事をなし