青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「状態~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~犠牲 犠牲~ ~犬 犬~ ~犯人 犯人~ ~犯罪 犯罪~ 状~ ~状態
状態~
狂~ 狂人~ 狂言~ ~狐 狐~ 独~ ~独り 独り~ 独特~ ~独立

「状態~」 8168, 88ppm, 1262位

▼ 状態~ (2252, 27.6%)

145 なって 70 陥って 58 ある 52 あった 48 あるの 45 おかれて 33 あること 32 なった 28 於て 27 置かれて 23 あったの 22 あるもの 19 陥った 15 なつて, なるの 14 あると, なる 13 あつた 12 あって, して 10 あるという, ある時, なると, 入って 9 あったので, 陥ること 8 あっては, あるか, あるとき, なつた, 在るの, 就いて, 於ては 7 似て, 在る時, 落ちて, 陥つて 6 あるかを, あるので, 陥ったもの 5 あつて, ありました, いるの, おちいって, なったの, なったので, 在る, 達して, 陥る

4 [21件] あったから, あったこと, あります, あるが, あるわけ, ある者, いること, おいて, なったこと, なっても, なること, はいった, 就て, 応じて, 於いては, 於ても, 置いて, 身を, 近づいて, 陥ったまま, 陥るの

3 [31件] あったとは, あり, ありそして, あるかと, あるかという, あるところ, あるよう, ある人, ある国, ある自分, おかれた, おかれること, おちいるの, なった時, なりました, 入る, 入るの, 向って, 在つた, 安住し, 對する, 就いての, 於いて, 移って, 立到った, 置かれた, 置かれた人間, 自分を, 達すると, 陥し, 陥れたの

2 [96件] あったかを, あったと, あった唾, あらゆる門, ありつづける運命, ありながら, ありや, あるかは, あるから, あるであろう, あるといふ, あるのに, あるやう, あるよりは, ある場合, ある彼, ある彼女, ある男, ある限り, あろう, あろうとも, いた, いたの, いて, いる, おいてでも, おちいった, おちて, しても, とどまって, なったか, なつたら, なりは, なるが, なるという, なるばかり, なる時, なれば, 一致する, 依るもの, 保って, 傾くもの, 入ったこと, 入ったと, 入ったの, 入ったもの, 内在する, 到らしめた, 吾, 困臥しながら, 固着され, 在っては, 在りて, 在ること, 在るとき, 基いて, 帰って, 復すること, 戻ったの, 戻って, 於てのみ, 最も適した, 止まって, 比例しなくなるであろう, 気がつくと, 沈んで, 沈淪した, 甘んじて, 生きて, 生活し, 立ち至った, 置いた, 置いては, 置かれそして, 置かれたの, 置く, 置くため, 自分が, 襲われて, 返った, 追いこまれて, 鑑みる所, 陥ちて, 陥ったが, 陥ったこと, 陥ったの, 陥った時, 陥つた時, 陥らして, 陥りつつ, 陥ると, 陥れて, 陥入, 陷つてゐた, 陷る, 順応し

1 [981件 抜粋] あきて, あったかと, あったけれど, あったその, あったに, あったもの, あったろうか, あったドレゴ, あった内閣, あった国民, あった岸本, あった心神, あった所, あった旧, あった昔, あった正統派, あった筈, あった街道, あった頭, あてはまるとは, あらず, ありがち, ありしを以て, ありと, ありながらも, ありますか, ありまた, ありチャンス, あり僕, あり得たであろう, あり新興ブルジョア日本, あるあの, あるからと, あること大約一百年, あるであろうか, あるとか, あるとしても, あるとも, あるは, あるものの, あるらしい, あるんで, あるカアネイション, あるメリコフ, ある一瞬, ある事, ある人民, ある今日, ある以上, ある僕, ある土地, ある大気, ある女子, ある少年, ある市場, ある庭園, ある患者, ある日本, ある時勢, ある水素, ある液体, ある無数, ある特殊, ある理由, ある社会状態, ある秘密結社, ある程度自信, ある美, ある蛙, ある足利時代, ある間, ある雪, いたが, いたとは, いつもいた, いない限り観念, いぶしつつ, いるかに, いるが, いるという, いるわけ, いる吉田, いる時, うごめいて, おいた, おかなければ, おかれかつ, おかれたでしょう, おかれたもの, おかれたスーザン, おかれた日本, おかれた精神, おかれる, おかれるよう, おかれ得る事情, おきっぱなし, おくため, おくの, おけば, おそわれて, おちいったの, おちいるお, おちいるよう, おちこむ作用, おち入, おち入る, おとして, おらない事, かえすため, かかること, この肉體, させる, さへも, されて, しては, しようと, すぎない, すぎないの, すぎなかっただろうという, すくなからぬ, すべての, する, ずっとぴったりした, そろえられて, ちかづいて, ついて, つけ込んで, てんで説明, とどまるであろう, どこまでも, なされたるもの, なったある, なったとき, なったまま, なったよう, なった原因, なった後, なっては, なってる自分, ならされたり, ならずに, ならぬ, なられたに, なりがち, なりきり相手, なりしかも, なりはては, なりましては, なります由, なり前のめり, なり唯, なり斯様, なり易い, なり行く傾向, なるかと, なるであろう, なるとかいう, なるまでに, なるよう, なるん, なる例, なる自分, なれるか, はいりました, はしる場合, ひき戻して, ふたりは, ふれて, また陥っ, みちびくこと, みる例, もっと近い, もてあそばれた稚拙, もどる秀吉, よく適, われわれは, ゐない限り観念, ゐる, ゐるの, ゐる君, ズンズン落ち帰っ, 一一の, 一大改革を, 一度逆転, 一時佇立せしめた, 一転化を, 不可避的に, 世の中を, 之を, 人が, 人民の, 今なお, 他の, 伴う所, 似た感覚, 例外が, 依りて, 依存した, 依存する, 保たれそれ以下, 保つこと, 保存し, 倦き, 入った, 入ったならば, 入った時, 入つて, 入らしめて, 入らせて, 入らなければ, 入りかけた間際, 入りそして, 入ります, 入り仔細, 入り切れずに, 入ること, 入るのみ, 入る事, 入れり, 公然の, 写されて, 処るだろう, 切齒し, 到達し, 到達した, 制約せられ, 化して, 即し副, 及ぼして, 反感を, 合して, 向っての, 向は, 囘復した, 圧倒され, 在った, 在ったの, 在つて, 在りながら, 在るであろう, 在るとは, 在るノルマル, 在る樣, 在る者, 在る過去, 在る鵜烏, 基いたもの, 基くもの, 堕ちた, 堕ちる恰好, 堕落した, 堪えて, 堪え得なかったし, 墜ちて, 変えて, 変ずる力, 変りその, 変化し, 変形し, 外ならなかった, 多少の, 大変動, 如何なる変化, 妾は, 學習又は, 家族制度を, 対抗し, 對し, 導きたる外道, 導き身心, 導くと, 導くのみ, 就かねば, 居た, 居らねば, 居るの, 属せる, 差別は, 帰ったとも, 帰らんと, 帰り又, 帰因する, 引き戻すに, 引き留めた責任者, 引き返せと, 当てはまる, 彼らを, 彼女を, 從つてその, 從ひ, 復したこと, 復するだろうと, 復するの, 復らう, 復ツて, 復帰された, 復歸せし, 徳性なる, 必然的に, 思い当って, 悪いです, 意味を, 憧れるといふ, 成って, 我国が, 戻さうと, 戻して, 戻す呪力, 戻った時, 戻られた先生, 戻ること, 戻る前, 戻ろうと, 抽出し, 持って, 捨て去るの, 接近するであろう, 支配される, 放置されれ, 新しい生気, 於けるとき, 於ける原子, 於ける生産力, 於ける電子, 於てよりも, 是非とも, 最も慎重, 来て, 止って, 止まらしめるもの, 止まること, 止まる間, 止ること, 正直に従って, 残された儘, 比べたなら王様, 比べるとき, 比例し, 民を, 気が付きました, 気の, 注意を, 満足し得ない, 満足せね, 潜伏し, 現在または, 生じた全的変化, 由て, 留まって, 疑を, 発展し, 盈虚が, 盛り返して, 直接の, 相当し, 相応した, 相応する, 相違ない, 知らず知らずの, 私が, 移ったの, 移つて丹澤山塊から, 移りゆくべき中心系, 移る場合, 突入し, 立ちいたったもの, 立ち來, 立ち到つたわけ, 立ち帰ったの, 立ち帰りましたため, 立ち至って, 立ち至りながら, 立って, 立つ支那官憲, 立到ってる, 立帰るであろう, 立歸らむとする思慕である, 終り大, 緊張される, 置いたうえ, 置かれたよう, 置かれたる客體, 置かれた加藤家, 置かれた気, 置かれた納屋, 置かれては, 置かれるであろうかと, 置かれるもの, 置かれる自由主義, 置きたがらないもの, 置き放して, 置くだけで, 置くもの, 耐えられなくなりかけて, 胸が, 臣を, 自分で, 自分達が, 自身を, 至らざる生物, 至りつ, 至るまで, 興味を, 苦楽の, 落ちこみがち, 落ちつかせないだけの, 落ち入ったが, 落とすには, 著しい変化, 行われて, 襲はれた, 見えたもの, 見えるの, 誘い込んだもの, 變ず, 走つて, 農民を, 近いよう, 近い極度, 近かった, 近づくこと, 返し各人, 返らないだろう事, 追いつめられて, 追い込まれるであろう, 逐ひこまね, 這入ったという, 這入って, 這入ろうと, 通常伴生する, 進むこと, 進んで, 過した評論家たち, 達した高潮, 達する, 達すること, 達するの, 達す此, 違いない, 遠ざかつて, 遠ざかるに, 適応される, 還す方面, 還つて, 還元し, 鑑みて, 長くゐれ, 開放された, 闘を, 陥いらせた, 陥すこと, 陥ち入, 陥ったか, 陥ったとき, 陥ったとの, 陥ったまま今回, 陥った場合, 陥った直接, 陥ってから, 陥つた, 陥つたので, 陥つた人, 陥つてしまつて, 陥らないため, 陥らない場合, 陥らんと, 陥りかつ, 陥りさえ, 陥りため, 陥りたるもの, 陥りながら, 陥りました, 陥り八日永眠, 陥り同じ, 陥り国内的, 陥り易い, 陥り生活感情, 陥り若し, 陥るだろう, 陥るなど, 陥るもの, 陥る事, 陥る危険, 陥る時間, 陥れた, 陥れること, 陥れるもの, 陥れる主義, 陥れる人々, 陥れる最も, 陥入らうとも, 陷って, 陷つてあらゆる, 陷つてゐる, 陷らせ, 陷ります, 陷れ, 順應し, 馴致し, 驚ろくべき

▼ 状態~ (1284, 15.7%)

14 つづけて 12 続けて, 見て 10 示して 9 見ると 7 観察し 6 なして, もって, 指すの, 知って, 研究し, 考えて, 見るに 5 作って, 想像し, 持続し, 現わし, 調べて

4 [13件] 保つて, 呈した, 呈して, 推測する, 現出した, 異にし, 示すもの, 維持する, 考へて, 考慮し, 見ても, 言ふ, 説明する

3 [17件] あらは, いうの, して, 一から, 予想し, 保持する, 意味する, 持続した, 新に, 異にする, 目撃し, 研究する, 私は, 續けて, 脱却する, 説明し, 離れて

2 [84件] いつまでも, いふの, くりかえしながら, さすの, しらべて, つ, のべると, みて, みても, みると, もつて, 一と, 云うの, 人工的に, 仔細に, 作ったの, 作りまた, 保って, 保てる内閣, 利用した, 変えること, 変化させ, 大方それ, 得るの, 忍ぶ能, 感ぜしめて, 持續し, 指して, 探って, 探究し, 改善する, 明らかに, 普通の, 有するに, 有せずし, 止揚する, 現して, 現出し, 現出する, 理解し, 疑って, 発見した, 白地に, 皮肉に, 眺めて, 知ること, 知るに, 知悉し, 研究した, 神格化し, 第一, 簡単に, 経て, 経過する, 経験する, 続けた, 維持し, 維持しよう, 考えるため, 考えると, 考へると, 聞いて, 脱して, 脱すること, 自分で, 自然な, 表示する, 見せた, 見せて, 見た, 見れば, 視る事, 観察した, 観察する, 観測し得た, 解剖し, 記して, 詠んだもの, 話した, 話して, 詳かに, 語り自分, 読者は, 調査し

1 [882件 抜粋] あからさまに, あらわして, あらわすこと, あらわすよう, あるが, いささかも, いろいろと, いろいろに, いろいろ調べ, うけとらせずもっと, おき降るに, おとなしくすらり, およろこび, かえって権力, かきこむよう, きょうは, ここに, この童画, これを, さしていう, さらにますます悲しみ, しらべに, じっと見, するかも, そこで筆者, そのま, そのまま幾百年, その現状, その男, それぞれ数理的に, たしかめたかったから, ただこの, たづね, たもって, ついに持てた, つくりだして, つづけた, つづけたいと, つづけてるうち, つづけ各, とって, とばして, どうして知る, どのよう, ながめて, ながめに, なししかも, のべた, はっきりと, はっきり分かっ, はつきり知つ, ば人の, ひきおこし却って, ひきおこし却つて真実, ひとめで, ひと通り視廻り, ふりま, まともな, まるで忘れ, みましては, みるに, もう少しはっきり描いた, もたらした産業革命, もちつづけて, もっと砕けた, やがておこす, よいと, よく現, よく知っ, よく辛抱, よむ人, わるくする, アナウンスし, コントロールされ, ハッキリと, 一つも, 一変させた, 一変し, 一年ばかり, 一所懸命に, 一新する, 一時に, 一瞥する, 一瞬の, 一通り聞い, 三昧境と, 不名誉きわまる, 不如意だ, 不完全ながらも, 与える, 世界に, 世話人達に, 中断し, 乱さないため, 乱すからと, 云い現, 云えば, 互いに評し合う, 人には, 人間の, 今から, 今日まで, 代え従って, 以上二篇において, 以下, 仮りに, 何と, 何と云, 何人にも, 作り人間, 作り出したもの, 作り出すの, 來たし, 例示し, 保たせて, 保ってる作者, 保つた, 保つ三十過ぎ, 做し, 偵察してる, 僕が, 僕等の, 兇器が, 公平に, 内包する, 写すの, 写真に, 出來, 出発点として, 切り抜けるため, 判断し, 別の, 劃き, 勘定に, 区別する, 十分観察し, 危んで, 厳重に, 取り扱ったもの, 取扱おうと, 口では, 口説き続けた, 句に, 同じうし, 名づけるの, 吟詠し, 呈した草木, 呈しつつ, 呈し始めて, 呈し泥土, 呈する, 呈するかを, 呈するなり, 呈するを, 告白した, 告白致しましたら, 呼んで, 問合せに, 善變する, 喚び起すの, 嗅ぎ出しえないほど, 噛み殺して, 回復しかけ, 回想し, 圖式に, 堕落させ泣かせ, 報じて, 変えは, 変える, 変え得るか, 変じなければ, 変へる, 外から, 多くの, 夢の, 失いつつ, 失って, 女房たちは, 存続せしめた, 安座に, 実感し, 実演させよう, 実視する, 客観した, 客観視しなけれ, 寄せ比べて, 察する, 察せん, 實現する, 寧ろ面白く, 小水滴, 少しく述べざる, 展開するであろう, 崩して, 巧みに, 平衡な, 引き起したの, 強いていえ, 強く裏書, 形容し, 形容せん, 彼に, 彼の, 彼女は, 得たいという, 得度いと, 得意がっ, 復元する, 心自ら記憶せず, 忘れて, 忘れること, 思いしらされるよう, 思いも, 思い合わせて, 思い浮かべて, 思い通りに, 思ひ浮べた, 思ひ浮べ如何にも, 思わせた, 思わせるもの, 恥じいりながら, 悉した, 悲しい気持, 悲しむ気持, 想うて, 想像する, 想定する, 想見する, 惹起した, 意味し, 意識する, 愛すること, 愛想笑いに, 感知した, 成りたたせるもの, 或る, 所謂理想状態として, 打ち破るあの, 打破つていかにも, 批判した, 把握する, 抜け切って, 抽象され得ない, 招いたの, 持ちつづけると, 持つて, 持續した, 持續すれ, 指したもの, 指す, 指すもの, 指定する, 捉えた, 捉えたところ, 捉へ, 推し進めて, 推測し, 推測せし, 描いて, 描き得るもの, 描出し, 換えること, 撮影しよう, 支持する, 改めて仕舞, 改めなかった, 改善しよう, 改良し, 改造する, 教えられる様, 整へる, 断ち切って, 日本社会史の, 昂進すべき, 明かに, 昨日一日繰り返し, 暴露し, 最も端的, 最大の, 有せる, 有りの, 望まなくては, 望んで, 本当は意味, 条件に, 根本から, 検し, 概観すれ, 標準として, 歌つてゐる, 歎い, 歐洲の, 正常の, 毎日の, 比較する, 氣の, 永續しなく, 汝のを, 沈静せしめる, 活眞の, 測るには, 演じて, 無慈悲な, 熱心に, 特別考慮し, 状態として, 猶未開, 現出させた, 現出させられ, 理解する, 甚だ醜い, 生じて, 生じ四六時中吾, 生み出して, 男子が, 疑いモンマルトル, 疑い出した, 疑ったの, 発達させない, 目撃する, 目睹した, 相当蚕食, 省みる可, 真に悲しむべき, 眺める彼, 眼の, 眼前見せ付けられ, 知った者, 知らしてさえ, 知らずそれ, 知らせては, 知らなかったし, 知らぬ旧知, 知りかつ, 知りつくそうと, 知るため, 知るべきであると, 知るべき参考, 知るべき根本資料, 知るわけ, 知る材料, 知ろうという, 知覚し, 研究し続け, 硬化する, 確証する, 示さうが, 示したもの, 示し始めた, 示すため, 示すの, 示すを以て, 示す者, 示す顕微鏡, 示せり, 示唆的に, 神格化したる, 究めて, 突然別人, 窺ふ, 第一篇, 精密に, 精神転換と, 素子は, 組立てて, 経過させた, 經て, 継続し, 継続する, 続け来ったの, 總括し, 繰り返させられて, 繰り返して, 繰返すの不利, 繼續し, 美緒に, 考うる, 考えずには, 考えない官僚教育者, 考えまわすと, 考えようと, 考えるについて, 考える前, 考え其想像力, 考へこの, 考慮に, 聞かんと, 聞き知って, 聞く, 能く, 脱しそれ, 脱したと, 脱したとは, 脱し得るであらう, 脱し恢復期, 脱すれば, 脱せないわかしに, 脱却せしめる, 脹れて, 自分の, 自然に, 自然の, 良くする, 苦しみ人, 表すの, 表は, 表現しえた, 要求する, 見たこと, 見たと, 見たもの, 見たり, 見て取つた, 見ますると, 見よ, 見るにつけ, 見事な, 見分ける鑑識, 見心理状態, 見聞した, 見誤つた, 規準に, 視て, 視察した, 親しく見, 観察しました, 観察しよう, 觀察し, 解すること, 言い現, 言うの, 言うので, 記した紙片, 記録させ, 訴えた, 訴へ, 話しあって, 詳しく知っ, 詳しく調査, 詳細に, 認めざるも, 認め得るよう, 誘発し, 誘発せし, 語ったもの, 語った時, 誤解した, 説くもの, 説明が, 説明すれ, 調べこれ, 調べてから, 調べては, 調べられたん, 調べると, 調べ或は, 調査した, 論じかく, 論ずるや, 警戒し, 變じ, 變革する, 起すこと, 超脱する, 距る, 辿る外側, 述べると, 述べる処, 通らずに, 通りぬけ, 造り出して, 進めむ, 過して, 過去四五年に, 道子が, 遠かり, 適当に, 選択する, 郷里の, 重んずるの, 鈍重らしい, 錯り認め, 鑑定する, 長く滞らせ, 開陳し, 間違って, 阪部から, 隣室の, 離れたいと, 露わした, 面白がっ, 頽廃させ, 類型化す, 類推する, 顧る, 飛び越して, 馬鹿らしく感じた, 高層気象観測の, 黙視する, 黙過する

▼ 状態~ (713, 8.7%)

6 ある, 非常に 5 私に, 続いて 4 続いた, 続くと 3 いつまで, いつまでも, その後の, つづいて, よくない, 如何に, 彼を, 現われると, 続くの, 自分の

2 [38件] あって, あるもの, いかにし, このよう, これに, しばらくつ, つ, つづいた, つづく, つづくの, よくわかる, わるくなっ, 一週間ほど, 可なり, 右と, 唯一の, 変った, 変化する, 多くの, 必要と, 悪くて, 悪くな, 探偵小説の, 推測出来る, 暫らく続いた, 来た, 来ると, 残って, 永久に, 現われて, 私には, 私の, 続いたの, 続けば, 落付い, 過ぎた, 違う, 長く続いた

1 [577件 抜粋] あたりまえに, あったの, あったり, あと十五分間も, あやしいと, あらゆる人々, あらわれて, ありましたな, あり得るため, あり得ると, あると, あるに, あるによって, ある場合, あれでも, あんなふう, あゝでなかつたら, いかに哀れ, いくばくの, いくらでも良い, いけないのに, いつの間にか変化, いつも二人, えんえんと, おこる, おこるかも, おそらく要求, およそいかなる, かえってある, かつてこれ, かなり不思議, かなり続いた, かなり長く, からくも, かわらなかった, かんちがえされた, ぐるりと, ここでは, このごろは, このま, このまま, このまま滑らか, こまっかい, こんなで, こんなふうに悪化, さけ難い, さだ子と, さっぱりわからなく, さなき, しばらく続いた, すぐに, すでに永続, すでに躍動的, すなわちロゴス, すべてな, ずっとつづい, そうなっ, そう長く, そのままで, そのままに, その人間, その儘, その民族, その適当, それぞれ異, それだけ不, それである, それには, それみずからの, そんなとき, たしかにすこしよくなってる, だいぶ以前, だん, だんだん悪く, だんだん進んだ, ついに船中, つづいたあと, つづいたかも, つづいたが, つづいたと, つづき, つづきその, つづき時に, つまり無, できてから, どういう風, どうなっ, どうなる, どうにも不思議, どうもよく, どうも誇張, どう変化, どれだけ, どれ位つづいた, どんなかと, どんな酒, なくなれば, なぜ存在, なだらかに, なんとも言えない, なんべ, はたしてそんなふうにまで, はたして愛, はつきりし, ひどくなる, ひどく異常, ほぐれて, ほとんど同一, また大変, また寂しく, また苦労, まだいくらか永, まだえんえんと, まだそんな, まだ心配, まるきり解らなくなる, まる一年以上, まる三日, むしろうるさく堪えがたい, めちゃだ, めちゃめちゃに, もう少しどうにかな, もっともっとよくなる, もっと明確, もとよりこの, もどって, ものの, やって来る, やや収, やんだ後, よいか, よいこと, よい方, よくなった, よくわかったでしょう, よくわかり, よく分る, よく判明, よく描かれ, わかったらお, わからないので, わかる, わかるの, わかるまで, わるい, わるく話, われらを, アンタブスを, アンマリ非道いん, カクテールを, サッと浸入, ニュウ・ジイランドの, ノルマルでない, 一ヵ月以上も, 一ヶ月ほど, 一世に, 一二時間も, 一向に苦, 一変し, 一変しない, 一層よくなった, 一度私, 一日でも, 一時間二時間, 一時間続いたら, 一月し, 一生つづく, 一番この, 一番理想的と, 一箇月近くも, 一致し, 一般に, 一進一退し, 三年越だつた, 三日も, 三百六十五日繰りかえされる, 三週間ほど, 上述の, 下る, 不自然な, 与えられたと, 与えられる即ち, 中世ころまでは, 久しく継続, 乙の, 事実の, 二三日続いた, 二三百年も, 二十分も, 二週間あまり続いた, 二週間ばかり, 五十日余りも, 人間にとって, 人間らしい男女平等, 今でも, 今なお, 今少し, 今後半年一年或, 今日にては, 今朝から, 他の, 他国の, 他国民, 仮定せられ, 伴った例, 何によって, 何事よりも, 何年といふ, 何時まで, 何百年の, 余りひどい, 余りよくありませんでした, 保てて, 僕を, 入り込んで, 全く封建的, 全く違っ, 全然なく, 円滑に, 再びインテリ問題, 再び立, 凡そ十年も, 出て, 出來, 出現しなけれ, 分ること, 分るよう, 分裂し, 切なく伸子, 判りゃしないかと, 判る, 前の, 前大戦, 創作の, 劣って, 十五分ほど, 十年後の, 半年あまり, 原理的に, 反映し, 反覆せられる, 可なりに, 同じ民族, 含まれて, 周囲に, 問題に, 困難だった, 困難な, 在るならあなた, 報じられたの, 変らない, 変らなければ, 変化し, 変化した, 変調子に, 外に, 大正十三年度の, 好きで, 如何にも情けない, 如何程不合理, 始まった, 子供の, 存し, 安定を, 完全に, 実在した, 実感される, 実現されおりし, 富岡には, 察しられるよう, 察知し, 小ひと月, 小バイロン, 少し向上, 少し継続, 履行の, 帰って, 平常と, 年々傾きつ, 幾瞬間続いた, 幾週間も, 弛緩する, 強いられて, 形成し得られた, 彼と, 彼には, 彼らの, 彼女を, 得た所, 心もとないのに, 急に, 恢復し, 恥かしくて, 悪いため, 悪かった, 悪くなった, 慎まし過ぎる, 慢性疾患の, 我々国民の, 手に, 手伝って, 扱われたの, 描かれるので, 描き出された, 描き出されると, 撮影出来れ, 支那から, 改まらない限り, 数学の, 旅行に, 既に熟し, 明かに, 明らかでない, 明白に, 明瞭と, 時としては, 普通に, 更に三年, 更に動い, 書かれて, 最も哀れ, 最も困難, 最後まで, 有利な, 望ましく少くとも, 朝子によって, 未だ数学, 果して国, 根本的に, 極めて悲惨, 極度に, 樺太に, 機械的に, 次々に, 次第, 次第に展開, 次第に快復, 次第に沈静, 次第に激情, 正しいか, 此時代に, 歴然とあらわれ, 残り伝わっ, 殘つてゐた, 段々複雑, 毎夜續いた, 氏の, 民主主義文学運動を, 気に入つたり, 氣の, 永くつづく, 永く續, 永びくようなら, 永久的ならしめられる, 決定的に, 洛内中に, 浮んで, 減じた景色, 満足すべき, 潜んで, 潰れると, 無意識の, 物の, 物質である, 特に日本, 狂い出した鸚鵡, 現れて, 現われたわけ, 現われる, 現われるより, 現出した, 現在も, 現実に, 生じて, 生ずるため, 生ずるであろう, 生れまた, 生命そのものである, 生命の, 生命現象の, 異う事, 異って, 異る, 異常に, 異様だった, 病人で, 発見される, 益々根, 目ざましければ, 目の, 目前に, 目睫に, 目立って, 看取される, 真冬と, 眠って, 眠りかけた彼女, 矢張り思わしからず, 知らる, 知れて, 確かめられないうち, 社会に, 私にとって, 私を, 窺い得られること, 窺はれた, 第二義の, 精神にも, 精神状態と共に, 精細に, 紙の, 終ると, 終わり父, 絵を, 絶対に, 絶望だ, 続いたか, 続きますので, 続く, 続くという, 続く時, 続く間, 続けられたこと, 続けられるもの, 維新後一層, 繰り返されたもの, 胴体たる, 胸を, 脳髄に, 自分には, 自然でない, 自然の, 興味ある, 舊にかへ, 良好であれ, 良好に, 芸術的に, 苦しかった, 英国では, 落ち着くと, 著しく人間, 著しく低下, 著しく変化, 著しく悪いこと, 蓮の, 襲って, 見たいと, 見ら, 見られた, 見られなくなるから, 見るもの, 見るよう, 訪れる, 許さなかった, 許さぬ理由, 許しませんので, 認められるという, 語って, 調べられなければ, 調べられるかね, 諷刺され, 諸州に, 變化すれ, 起こっただろうが, 起こりそれ, 起つた, 起る, 起るもの, 起るん, 転じて, 近ごろとしては, 逆で, 通り過ぎること, 進んで, 進歩的である, 進行すれ, 運動に, 過ぎ去ると, 違ふ, 適さぬ者, 遺憾なく, 都鄙いたる, 醒めるの, 長くつづいたら, 長く継続, 長く続いたら, 長く続きました, 長く続く, 長く続くだろう, 長く続け, 長引くにつれて, 長続かない, 間もなく鎮定, 関係なく, 陽子は, 静止的である, 面白くない, 音響的の, 頭を, 高い方

▼ 状態~ (597, 7.3%)

4 一変し, 彼を, 非常に 3 今の, 普通の, 殆ん, 長くは

2 [17件] いっそう悪く, これらの, それに, それを, どうだ, 一度その, 今日の, 元の, 多くの, 如何である, 或る, 日本の, 死に, 確かに, 脱したが, 試験管内の, 限定の

1 [539件 抜粋] あたかも一歳, あたかも今, あたかも天秤, あっちの, あの頃, あまりにも, あまりに変則, ある国, いい心持, いかがでしょう, いかにと, いかにも困った, いかに逆上, いかん, いけないこと, いけないもの, いさ, いさぎよしと, いずれに, いちいち挙ぐること, いっそうよくなり, いっそう彼女, いっそう悲惨, いつたいどこ, いつたい日本, いつまでも, いつも重大, いつ果, いまやそれ, いやだ, いよいよ苦しく, いろいろであろう, うや, おさまったらしく無感覚, おして知るべきであり, おそらくアメリカ, おそらく五年, おそろしいもの, かえって若, かかる知識, かなり危険, からり一變, けっしてうらやむ, こ, こうでも, この, このアパート, この以外, この手記, この時以後, この自己, これが, これだけの, これで, これまで, これまでに, これを, ごめんである, さて措き, さほど悪い, じつに清潔, すこぶるよろしい, すでにそういう, すべて平板へ, せいそうだ, そうだった, そうな, そう何時, そう悪く, そこで何らかの, そこに, そなた, そのひと, そのほか, そのよう, その二つ, その反動的, その国, その最も, その生活状態, その継続, その間に, それが, それこそ, そんな事, ただ中止, ただ今述, ただ休養, ただ未来, だんだん弱まり, ちがう, ちょうどそういう, ちょうど寝坊, ちょうど星雲, ついにこの, つづいて, つまり心理学者, できるだけ早く, どうか, どうしても行き詰る, どうして養, どうだった, どうであったであろう, どうである, どうな, どうなっとった, どうにも仕, どのよう, どんなだったろう, どんな具合, どんな風, ないから, なお続くであろう, なかなか良好, なくて, なにを, なんであろう, なんらかの方法, ぬけて, ひどく切迫, ひどく私, ほとんど影響力, ほんのちょっと, まじめな, ますます変調, またしばしば, またその, また全然, まだ二三日, まだ当分, まったく共通, まったく情ない, まづノルマアル, まるで世界じゅう, みんなに, めったにない, もう今月一杯, もちろんの, もはや若干, やがて過ぎ, やはりニセコアンヌプリ, よい芸術映画製作, よくないらしかった, よく似, わが衷, わたくしの, わたしたちのとは, われわれが, アルコールと, イタチゴッコに, エトナ式と, クリストフの, ソックリこの, ソヴェトの, トテモ凄惨で, ドイツと, ドウなった, ナポレオン時代も, 一九一七年に, 一八三〇年まで, 一切の, 一層ひどく, 一層よく起り, 一層彼, 一方に, 一日一日と, 一時に, 一時は, 一時性の, 一晩中つづい, 一見する, 一部分は, 丁度この, 万人が, 上來行論中に, 上層に, 下の, 不健全な, 不幸に, 不思議な, 不意に, 両女, 久しく耐えられ得ないであろう, 之を, 事ある, 事実だ, 二三日と, 二人には, 二重にも, 云って, 五・一五事件の, 交換の, 人を, 人口増加に, 人間に, 人間本来の, 今に, 今は, 今も, 今日から, 今日と, 今日に, 今更いう, 他に, 他国の, 他所の, 以上の, 以前の, 以前よりも, 低い絶え絶え, 体に, 何うです, 何だか見当違い, 何と, 何を, 何年も, 何度戦場を, 何時の, 何時始つたか, 何時襲來する, 何時間か, 保ちえられると, 保証の, 個々に, 個人に, 個人意識では, 個個の, 健康な, 僧侶の, 先ず大, 先史考古学の, 免れないだろうという, 全く新, 全然本人, 全速力沈降を, 全體, 内部的には, 再び活, 分って, 分らなくな, 初耳で, 別として, 別の, 到底久しく, 到底望まれない, 刻々に, 前よりは, 前よりも, 前者に, 動機も, 十一月いっぱいつづいた, 十八世紀まで, 千ミリバールの, 半ば事件其物の, 半年と, 危険に, 却, 収穫期に, 古代文献によ, 古來學者, 可愛相と, 右の, 同じこと, 君の, 吾, 啻にこの, 回復されるだろう, 固より, 固体であっ, 国を, 国立オペラ舞踊劇場の, 堪えられない然し, 堪らないと, 堪らなく不愉快, 増進した, 変って, 変わるだろう, 夏の, 外国人の, 外界からの, 多かれ少かれ近代人特有, 多少の, 大いに變化, 大して学生生活, 大して豊か, 大体あの, 大体において, 大体良好である, 大変早い, 天国だった, 好くなっ, 好くなった, 好条件の, 如何と, 如何なる點, 妻と, 子供漫画の, 存じません, 存在しない, 存在しなかった, 完全に, 実にうらやましい, 実に根柢, 実に異状, 実に見る, 実は予算, 実際そうな, 客観的事実は, 容易に, 寝ながら, 實物を, 封建の, 封建的な, 専門家の, 将に, 少しずつ, 少しの, 少しも, 市民精神に, 常に不自然, 常に現在, 平常経験, 平穏で, 平衡を, 幸いに, 度々繰り返し, 引続き増進, 当分続き, 当分続くんでし, 彼の, 彼らにとって, 彼らの, 往時の, 後者で, 従って, 従って一箇, 微妙な, 心と, 心理学の, 心臓カージオグラフによって, 必らず, 必然的に, 応仁乱後に, 思って, 急に, 恋愛に対する, 恐らく何, 恐らく地球上, 恰も番頭, 恰も蝕みたる, 悉く無常, 悪くなつた, 悪化する, 憐れな, 我々を, 戰時中の, 手も, 技師の, 投錨の, 探偵小説を, 描写に, 改善され, 数学の, 文化を, 文学の, 文献にも, 日常生活が, 日常生活に, 日本では, 昔しの人の, 昨日本紙の, 時に経験, 時並びに, 晩唐の, 暗示せられ, 更にある, 最もいけない, 最後に, 最早一刻, 木戸を, 未だ, 未だ何人, 東京も, 東洋と, 果してわるかっ, 果して能率増進的, 根本的には, 案外深刻, 極めて安定, 極めて深刻, 極端すぎる, 極點, 次の, 次第に売る, 正にこれ, 歴史的に, 殆ど悲しい, 殆ど死人同, 殊に甚, 殊に目立つ, 民藝の, 永く続く, 永久に, 永遠に, 決して今日我々, 決して幸福, 決して永く, 決して胎毒, 決して貴僧, 決して起り得ないであろう, 決して長く, 法廷において, 活動の, 測りかね窘めるよう, 無比であった, 無関心, 爲替相場の, 物価によって, 特にこの, 特に変化, 特別な, 現今の, 現代では, 現在において, 現実として, 理解出来ない, 甚だ不良, 生産が, 田楽と, 疑いも, 百餘國と, 目下の, 相川良之介の, 知り難い, 知り難く, 短い間, 破綻に, 神必ず, 私たちが, 私どもが, 私に, 私には, 私の, 私有制度だ, 稀少性の, 種々に, 種々雑多, 空襲後は, 笑い事では, 粉雪という, 精密には, 精神の, 経過した, 絶えず生じ, 絶望だ, 絶望です, 續きました, 聴覚よりも, 自分にとって, 自分の, 自然的な, 自覚的に, 至って良好, 航空不適と, 良好である, 英国と, 萬延元年飽, 著しく良くなった, 行き詰まって, 複雑で, 西洋演劇の, 見えない, 見ようによっては, 見るに, 解消せらるべきだ, 記入しない, 詳知し, 誠に惨憺, 読者に, 諸君が, 識者の, 近頃の, 通常の, 進むに, 過ぎたらしかつたが, 重い病気, 野蛮であり, 鉄砲の, 鎌倉横須賀辺に, 長い時間, 長くつづいた, 長く続きませんでした, 長年の, 鞭を, 顕微鏡下で, 餘程違つて來る, 驚くべき変化, 鳥打の, 鼠算に, 鼻感冒と

▼ 状態~ (568, 7.0%)

32 下に 15 中に 14 うちに 10 ままで 9 中で 8 なかに, 中から 7 なかで, もとに 6 ま, 方が, 時には 5 ところへ, ように 4 下において 3 ために, 一斑を, 上に, 下で, 儘で, 場合には, 変化に

2 [25件] ことで, ことも, ままな, もつ自由, ものも, 下では, 下には, 中では, 事の, 反映と, 名称と, 変化を, 存在を, 差別を, 後に, 悪あがきの, 時に, 目の, 結果だ, 維持の, 裡から, 裡に, 解剖を, 説明を, 鋭敏さを

1 [355件] あやしいもの, あらゆる変化, あるもの, ある大変化, いいとき, うちへ, うちより, うち最初の, おかげで, おりからも, お美夜, かげに, ことです, ことなどでは, ことより, こまかな, ごときは, ごとき綜合的, ごとく保存, さらに汝, すぎ去った, すべてでは, せいだった, せいであった, せいに, ためか, ためごく, ため果せなかった, ため漸次に, とおりな, ときあとの, ときそれは, ときには, ときにも, ときの, とき実は, ところだけを, なくなった後世, なま, はなはだしいの, ほうが, ほかにも, ほんの上面, まえには, ままうち捨て, ままうろうろ, ままお, ままが, ままであったら, ままであります, ままである, ままに, ままの, ままもっと, まま一方の, まま一種根こぎに, まま二本の, まま伸子が, まま小屋の, まま府中に, まま彼女は, まま搾られ, まま文化面でも, まま時間が, まま病院に, まま眠りに, まま馬車の, ままNJBに, もう一つ, もとで, もとにおいて, ものから, ものが, ものだ, もので, ものである, ものは, ようで, ような, ようにも, よくない, わるいとき, ウスノロぶりについて, エネルギーを, エネルギー値が, クライマックスを, ラレツは, 一区劃を, 一半の, 一定度である, 一挙一動を, 一時的共通, 一種の, 一繼起であり, 一面に, 一面を, 万年雪に, 上から, 下においてのみ, 下における, 不便さを, 不可思議さを, 不妙, 不幸の, 不斷, 不滿さ, 中へ, 中を, 事で, 事を, 二個の, 人々の, 人の, 人物だ, 人間を, 今日に, 低さ, 体と, 佳き景色, 例外と, 偏差が, 儘まだ, 全体の, 全然別, 全體, 公算の, 其と, 内から, 写真を, 出現, 分析という, 到底有, 割には, 助長に, 効果の, 動きは, 動揺は, 動搖を, 危險を, 原因ともな, 原因は, 原因を, 反映であった, 反映として, 反映の, 可能である, 可能なる, 同じやう, 吟味と, 問題について, 善變は, 善變より, 四大, 回復は, 國には, 圧迫が, 均衡と, 基盤と, 報告に, 場合とは, 増進を, 変わったため, 変テコな, 変動は, 変化から, 変化が, 変化であった, 変化と共に, 変化にも, 変化によって, 変化は, 変化も, 変更に対する, 多人数の, 多寡深浅を, 夢を, 大略を, 大衆文学が, 大部分, 天気の, 女が, 女を, 如きも, 如きもの, 如くに, 如何に, 姿が, 姿である, 存在は, 実例を, 実験を, 小さい火球, 層が, 川が, 差違に, 差食物の, 幸福と, 幻覚に際して, 店は, 形跡を, 彼の, 後では, 後を, 後再び, 後私一個の, 微妙さで, 徴候に, 心理をも, 怒りが, 怒りがを, 性質が, 性質そのものが, 性質を, 悪いこ, 悪さ, 想像は, 意識または, 感じらしい, 成りたつの, 成立の, 折から, 折豊後へ, 抽出を, 拡張を, 排除から, 推移や, 推究に, 描写が, 描写は, 損失も, 支配を, 改善と, 改善に, 改良と, 敗戦直後に, 方は, 日本を, 昨今ただの, 時が, 時な, 時を, 時オストロフスキーは, 時人は, 時代においては, 時取調べた, 時吝嗇漢ラザレフは, 時地表に, 時捺された, 時期であった, 書き物を, 最も熱情的弁護者, 最も確実, 有と, 有様を, 来るべきこと, 根底には, 概観が, 標本も, 標準であり, 欠陥の, 母体に, 気分の, 気層が, 水を, 浪人に, 深い眠り, 深さ等, 混亂が, 源は, 溝の, 演劇に, 漸く凝固, 無我夢中で, 爲に, 特殊の, 状態という, 理由を, 生存競争に, 生理的器械に, 男を, 発生した, 発達した, 相異, 相違が, 真っただ中, 真っ只中, 眼ざし, 眼に, 矛盾と, 研究といった, 研究に, 研究は, 研究等いろ, 研究資料と, 社会旧, 神経を, 私, 秘密, 立場に, 粗筋を, 細い葉, 紹介さ, 経過が, 経過の, 結果として, 結着を, 絵を, 絶頂に, 続行を, 緊張の, 縮圖である, 缺陷を, 美とを, 背景を, 自分に, 自分の, 荷物は, 表れが, 表徴でした, 裏面を, 見通しも, 規定並に, 解剖から, 解剖であります, 解剖である, 記述が, 記述は, 記述批判でなけれ, 記述等この, 記録である, 調査から, 謂いだ, 變ずる, 變化が, 變化したる, 變化と, 變化とに, 變化を, 責任が, 質に, 質的の, 起り得べき最深度, 連続である, 進歩を, 逼迫や, 違いだろう, 違うという, 酷似する, 間の, 間を, 陣十郎には, 青ぐろい皮膚, 非常に, 顕著な, 飽和点に

▼ 状態~ (531, 6.5%)

40 あつた 7 私は 6 暮して 4 あつたらう 3 あつて, いたこと, いること, いると, 彼は

2 [28件] あつたの, いて, いなければ, いる, いるの, うつらうつらと, そこに, まことに正しい, ゐると, 今日まで, 倒れて, 出て, 出来たもの, 宙に, 家の, 幾日も, 描いて, 有るに, 残されて, 液状の, 生きて, 私の, 考へると, 自分の, 長い年月, 降って, 降ると, 馬場との

1 [403件] あつたか, あとへ, あぶなくて, あらう, あらねば, あらゆる心, あれだけの, あゝまで, いきなり貞子, いた, いたかった, いたが, いたの, いた伸子, いた妹, いた私, いた自分, いったらいつ江陵, いつ目覚める, いづくより, います, いらしたわね, いられるか, いるか, いるその, いるよう, いる母, いる瞬間, いる間, いわゆる型, うつって, うとうとし, うまれた, うれしゅうございます, おいと, おくめん, お使い, かくならね, きちんと学校, こういう機会, ここまで, このうえ, この事情, この二年, この左右, この状態, この町, この話, これが, ころげ廻った, さう, されて, しかもこれ, すきが, すこし離れた, すわって, ずるずると, そういう作者, そういう時, そうし, そのまま上, その長い, それが, それに, それは, それゆえ悲しく, そんな立派, たうとう, ただこう, ただとりとめ, たまに何, たよりない, だいぶ来た, ちょうどまた, つい子供, つづいて, であったが, できあが, とにかく生きつづけ, どうして戯曲, どうして満足, どこからとも, どんなスタイル, なお心, なかなかタフ, なほ何年かつ, はじまるもの, ふら, ぶら, ほんとに困っ, まず街上, まるで行き当り, みなくすみ, もどって, やって, やって来たの, やつと, やられて, ゆくだろうと, よく今日, よく生き, ゐること, アレヨアレヨという, ウロウロし, ガラス板に, クラムに, ジッと, タバコ屋の, トゥウェルスカヤ通を, ハンカチも, ヒキガネを, ヒロポンの, フランス語の, 一ヵ月経ち, 一二か月も, 一五八七年の, 一体なんと言っ, 一定の, 一年経った, 一時にど, 一時間ばかり, 一疋の, 一週間以上つづいた, 七十ぐらいの, 七月の, 上京下京と, 上部の, 世に, 世に喧伝, 世界事情は, 両手を, 中国と, 久しく麻痺, 之を, 二十七日まで, 互いに近寄ろう, 仆れた, 今なお, 今の, 今日つくった, 仕事を, 以て, 仰向けに, 仲間から, 伸子は, 佃と, 低い声, 何だか落ちつかない, 何の, 何を, 何時までも, 余波を, 作業が, 作者にも, 使って, 使用した, 保つと, 修羅の, 八時まで, 六十年後の, 共同戦線を, 其の落書, 再婚が, 出発できる, 切りと, 刑事なんかは, 判断する, 別れたくは, 前に, 前の, 労働者の, 勃発し, 十五年間住み荒され, 十年すぎ十年目に, 十月に, 半死, 単に小鳥, 参りましたあげく, 取引の, 口を, 古い文章, 各々の, 同じやう, 同じ事, 君が, 君を, 周子達と, 喉の, 嘗ての, 嘘でない, 嘘では, 囈言を, 回復した, 坐って, 壁へ, 夕方を, 外国に, 夜の, 大気中に, 夫, 女の, 如何に, 妙に, 妾の, 姿を, 学術の, 家へ, 家を, 容易に, 寝こんだが, 寝そべつて, 察せられるよう, 寢て, 實際生なる, 小学校へ, 少くとも, 少しも, 就任する, 居た, 居たこと, 居る, 己に, 己れ, 市民一般財産生命の, 平和な, 幸恵には, 幸福と, 幾年かを, 床上に, 店主の, 廃墟の, 廊下を, 引き上げられた, 強国に, 彼に, 彼の, 微笑し, 忘れようと, 忘我の, 悠然として, 悩まされて, 意識し, 成戸が, 我々の, 或は凝り, 戦争に, 手の, 押して, 捜査追究に, 描かれて, 摂氏マイナス五度くらいの, 支配者たる, 救助船を, 散らばって, 数分たつ, 文学と, 新しい生活, 新七草, 日々を, 日を, 昔の, 星野が, 暫く過ぎた, 暮らして, 曖昧な, 書いたに, 書いて, 書かれたと, 書斎から, 最低五年から, 有り得ず同一, 本国へ, 机の, 棒片の, 次の, 此を, 歩きまわるの, 死ぬと, 死ぬの, 死の, 殊に日本, 残されたらしかった, 民衆の, 氷の, 江戸の, 流れつつ, 流浪人を, 浮き出して, 浴場に, 混み入, 済む筈, 溜息を, 演奏し, 瀧を, 無人の, 無性に僕, 焼跡を, 父の, 父は, 物別れに, 玄関が, 玄関に, 生きるか, 生きるかの, 生き甲斐の, 生じた粗, 生れたか, 病人と, 病院に, 発表した, 発見された, 白い粉, 真に活躍, 眼も, 眼を, 睡って, 知った, 磨滅させ, 福井遊説の, 私が, 私に, 秋田市へ, 窓掛けの, 立ち去らせること, 精神状態も, 約一年, 絞首台に, 絶えず心, 絶息致します, 続いて, 続けて, 締められざるうち, 老夫婦, 聞いたり, 職業という, 脈搏を, 臨床訊問する, 自分を, 自費で, 苦しんで, 薪木隊と, 薬師寺へ, 蚯蚓が, 行わねば, 行われるという, 行われ他, 街, 表れて, 裁判を, 西の, 見えないけれど, 見出されたか, 視詰め続けた, 観ると, 観者, 觀る, 解明し, 言へば, 記録から, 譲り受けたの, 豆と, 豊後に, 走りつづけるの, 起つて, 足踏みを, 路傍に, 躰が, 辛うじて一夏, 追随し, 退院させ, 送るつもり, 連れて, 進めば, 進んで, 逼塞し, 遊びに, 過ぎて, 過ごして, 過ごす事, 過しどうにか, 遣つて, 醸成された, 野放しに, 鉱区を, 銃声が, 鎌を, 鎌倉時代を, 間の, 関門を, 阿母, 降るという, 雨もり, 霞町の, 青年を, 音楽が, 顕治からの, 食事も, 食堂で, 餘分の, 首都ロンドンは, 魂も, 鹽湯に, 麦に

▼ 状態から~ (247, 3.0%)

8 して 4 見て 3 他の, 考へて, 脱して

2 [14件] わたしは, 云えば, 人は, 判断する, 推すと, 推せば, 直ちに気化, 脱け, 脱した, 見ても, 見ると, 解放され, 農業状態への, 醒めかけて

1 [198件] あなたは, あまり遠く, いうと, いえば, いくぶん持ち直し, いっても, いつても, お店, お話ししなく, さめて, さめる習い, してさ, すると, すれば, ずれても, その凍結様式, そもそも研究, ただの, だん, つきとばされて, できるだけ読者, でした, ぬけたよう, ぬけ出て, のがれたいと, のがれようと, のがれるため, のがれ出ようと, まだ全く離れる, みても, みるとき, むりに, やがて, やっと幾分建て, やっと日本, ようやく浮き, わたしを, エンジンの, ハツキリした, ルミ子は, 一夫多妻が, 一歩を, 一秒でも, 一躍そんな, 云って, 人びとの, 人文の, 人間らしい智能, 今まで, 何となく刺戟, 來た, 俄かに, 元に, 先生の, 入るもの, 兵士は, 冷却し, 出て, 出なかった, 出発し, 出立しなけれ, 初まっ, 前と, 劇作家を, 半野生, 収縮し, 取り去って, 古賀が, 周期的に, 呼び覚まされたの, 喜多流今日の, 回復し, 回復する, 固まり始めたとき, 変な, 始まり次いで, 学び始めた方, 完全に, 居眠り的な, 工藝を, 帰納し, 幾許も, 引き出しえた唯一, 引き離されて, 引き離して, 形容詞の, 彼の, 彼は, 彼れ, 彼を, 彼女を, 得たもの, 得た名称, 必然的に, 思考を, 急に, 恰度この, 意識を, 我に, 批評の, 抜けて, 抜け出なくちや, 抜け切ろうと, 押して, 拠って, 推して, 推しても, 推察せられる, 推測する, 推測すれ, 改めて理科, 救い出すため, 救はれよう, 救ひ出さね, 救われたいもの, 散所, 文化状態へ, 文壇を, 新たな, 新劇を, 日本の, 時々刻々に, 暫く軽い, 最悪の, 来たもの, 来る詞章, 極力戦争, 概論し, 次第に專門家, 次第に進ん, 比喩の, 気を, 演劇を, 灼熱鎔解し, 爆発した, 現在の, 現実の, 現實, 生じたもの, 生ずる悉, 生れる偶然, 生れる結果, 発したもの, 發達し, 目が, 目ざめながら, 目覚めて, 眞の, 知らず識ら, 私を, 考えても, 考えると, 考えれば, 考へると, 脱したとき, 脱したもの, 脱しろとも, 脱せない間, 脱せんため, 脱出する, 脱却し, 自分を, 自然に, 自然著しい, 自由と, 蘇らせた, 蘇生しました, 見ては, 覚めた, 覚めたと, 覚めて, 覚めるの, 覚醒させた, 覚醒し, 覚醒せしむべく, 観て, 覺醒した, 解かれて, 解放される, 解放し, 言っても, 語る労働, 貨幣経済に, 貯蓄の, 身を, 逃れて, 逃れ出るため, 逆推する, 遊離した, 遠い地方, 避くる, 醒めかけた, 醒めかけ何, 醒めた, 醒めるまでは, 離れて, 離脱される, 類似の

▼ 状態~ (230, 2.8%)

20 なって 8 なった 4 なつた, なつて, なる 3 似て

2 [14件] それから, それに, なったの, なったので, なりその, なるに, 云うの, 云うもの, 云っても, 同じで, 同じよう, 必ずしも一致, 自分と, 関係に

1 [159件] あの不可解, いいまったく, いいやしょうか, いい得るであろう, いい難き, いうか, いうからには, いえなかなか, いかに異なる, いって, いは, いはなければ, うめき声が, きたえられた様, この絵巻物, これからの, しそれ, して, するという, する之, そっくりだ, その変化, その年, その必然的結果, その暴虐, その歴史的展開, その歴史的推移, その状態, その罪状履歴, それについて, である而, なったが, ならざるを, なりいわゆる, なりお, なりこの, なりしかも, なりそして, なりて, なりにわかに, なりはげしい, なりました, なり一方, なり三十四歳, なり世界人類的, なり列, なり四隣, なり実に, なり家, なり或は, なり数十名, なり暴力, なり東方戦場, なり波, なり矢野清舵手, なり終った, なり自動車, なり軒, なり食塩注射, なり黒川さん, なるであろう, なると, なるという, なるの, なるよう, なれるやを, ほとんど一致, ほぼ, ほぼひとしい, ぼんやり重なっ, まるで古風, よく似, よく照らし, アゴを, ゴッチャに, 一つである, 一致した, 一致する, 両親の, 二人の, 二十年前三十年前の, 云える, 云は, 云ふ, 云ふも, 人民の, 今後の, 似よった理由, 作用とが, 信じて, 入れ歯の, 全く反対, 全く同じ, 其結果に, 出来るだけ, 効果は, 勿論結びついた, 化して, 同じだった, 同じである, 同一で, 同様な, 同様に, 名づけること, 呼ぶこと, 嗜眠の, 固定させ, 国内市場の, 国民の, 夫との, 夫妻の, 失業の, 寸分の, 少しも, 島嶼民一般について, 彼女の, 思潮とは, 悲しさ, 成熟状態と, 我々の, 搾取被, 断定した, 日本の, 最も異常, 極めて低い, 比較し, 比較しましたなら, 比較するなら, 法律とは, 流動食事とは, 混乱に, 火元の, 照し, 特色を, 現在の, 相俟, 真実に, 破壊的戦闘方法とは, 第二段階, 精神が, 考えて, 考えられるわけ, 考えること, 考へたの, 自分の, 色彩と, 見るの, 見れば, 解したが, 解し他, 言つ, 言ふも, 認めこれ, 調和し, 財貨の, 貧血の, 農村の, 道徳的態度の, 酷似し

▼ 状態では~ (162, 2.0%)

7 ない 6 なかった 3 ないか, ないの 2 ちょっと望み, ないが, 国への, 小説を, 私は

1 [133件] ありません, ありませんでした, あり得ないの, あるが, あるの, あるまい, あるまいか, いくら総, いけないので, いられませんよ, かなり露骨, かりに種族そのもの, きたない事, ここにも, この題材, これで, これ以上ピアノと, すでに勝負, そういう姿勢, その形, その衝撃, それが, それほどの, だれでも, つかめる魚, つまらないと, てんで識別, とうてい聴く, とてもそこ, とても不安心, どうしよう, どうにも抜け, どのやう, ないかしら, ないかと, ないかという, ないから, ないきこえる, ないただ, ないという, ないので, ないのに, ないよう, ない現, ない現実, ない筈, なかなか堪えられない, なかろうか, なかろうかと, なくて, なくなって, なくむしろ, なく懶惰, なく本当に, なんとお, ひまは, ふと気がついた, まだ物, われわれが, サークルの, ユダヤ人らを, 不可能です, 事実に, 人口は, 仕方なかろう, 仮りに, 何か, 何でも, 何を, 何事が, 何事も, 何時まで, 余命幾ばくぞ, 僕は, 全く無, 六七十円の, 共産的精神は, 出るも, 到底理想的, 印度の, 却つて逆, 原子爆弾の, 吾, 国民の, 多くの, 多賀ちゃんに, 大いに得策, 大学教育まで, 夫婦に, 女性尊重を, 婦人の, 実際問題, 少なくとも城, 少女の, 当人は, 彼女の, 思索の, 愛情が, 政府が, 文化も, 旅費を, 日本人の, 書つ, 望めないであろう, 期限に, 水蒸気は, 決して迷信, 沢田正二郎没後の, 激しい恋慕, 無かつ, 無く兎, 父は, 特に親密, 生きた新しい, 生の, 神の, 精神病とは, 組合組織の, 絶対に, 經濟車は, 自分自身の, 自動車の, 興味ある, 舞台は, 航空船の, 表現不可能であった, 西洋の, 贅沢品と, 遂げ得ない望み, 遂にわれわれ, 閉口だ, 駄目だ, 高等の

▼ 状態である~ (98, 1.2%)

5 ということ 4 ことを 3 ことは, とすれ 2 ことも, ために

1 [79件] か, かという問題, かといふこと, かと思はせられる, かもしれない, かも知れない, からこれ, からし, からそれほど, からだ, からちかごろ, からである, からとても, からと答え, からより, からわれわれ, から以, から其の, から前者, から店, から河間七篇, から當時支那, から社会主義革命, から馬力型, から鼻, か專門, がいずれ, がその, がその他, がもはや, が今ここ, が来, けれどもそれ, ことが, ことだけは, ことで, ことに, こと明らかである, しみづか, だけに一層, というよう, というホッ, という意味, といつた, ときには, とさえ思い込む, としたら, とするなら, とはいいかねます, とを問わず, と云, と云う, と彼, と心, と思います, と思う, と思われる, と知った, と考えられます, にかかわらず, にもかかわらず, のである, のに, のにこの, のに一度, のに今, のは, のを, ものか, ように, ようには, よりなにかしっかり, 低賃金高コスト, 場合が, 大部分, 対照は, 気が, 間は, 靴下靴などまで

▼ 状態~ (97, 1.2%)

2 断えず変化, 過ぎた

1 [93件] あながちに, あやふやな, あるかも, あれば, いかなる態度, いわばたえきれぬ, おそらく近代社会, かの女, これも, これより, さぐって, したがってまた実際, そこに, その人, たくさんある, たしかにある, つづけなければ, はっきり眼, ほぼそれと, ほぼ了解, またこの, またその, またもとより, また憐れまず, また混乱, もういずれ, やはりこの, よくない, よく知っ, エモーショナルで, 一つの, 一年とは, 一掃されるだろう, 一様だ, 互いに顔色, 亦不健康, 亦冬期, 人によっては, 全く危機, 全く知る, 切実に, 加って, 危か, 即刻スワンソン氏の, 向上し, 善變する, 嘘では, 墨も, 大分変った, 大王に, 大變變化, 少しは, 常態に, 平生に, 幾分興奮時期, 彼女の, 御蔭様で, 悪くなっ, 惡く, 想像せられる, 推察された, 文化の, 曩日の, 極めて無心, 段々と, 決して悦ぶべき, 漸く落着, 漸次落ち着い, 潜在的な, 焼け出されの, 爪の, 甚だしく変化, 生理の, 目醒しい, 相違する, 矢張それと, 粉雪という, 聞いて, 至極良好, 航空写真の, 荒涼として, 著しい変化, 行き屆, 解って, 諸外国, 變化する, 起りかねないほど, 週期的に, 違ふし文藝に, 長くは, 非常に, 頗る明朗, 風土や

▼ 状態~ (93, 1.1%)

16 のだ 13 のである 11 んだ 7 んです 6 のです 4 ので, のであった 2 んぢや

1 [30件] そして時折うわ言, のか, のかと, のかも, のさ, のであり, のであろう, のでいま, のでお, のでございましょう, のでございます, のでした, のでほとんど, ので中根, ので土木, ので大勢, ので山, ので彼女, ので教区, ので早速, ので春子さん, ので落着, ので表高, ので誰一人婿, のは, のよ, のよ不愉快, わけです, んじゃ, んでしよう

▼ 状態~ (70, 0.9%)

3 つたから, ということ, といふ, と思う 2 からである, と思ふ, ね

1 [52件] からおまえ, からどう, からね, からムシャクシャ, からメリメ, からロシア, から今, から仕方, から医員, から夏, から彼等, から文面, から防衛, かわからない, がこの, がそれ, が別に, が往昔, が普請, この不可思議, そうだ, そうです, つたな, つたのだ, つたのである, つたのです, つたのね, といえるで, とう, とかを研究, とする, とそういう, とは云え, とは思つて, とは言, とばかりに眺めた, とも言, とわかった, と云います, と従って, と思つて, と思わなけれ, と戸籍調べ, と樹枝, と申し, と町医者, と矢代, と言, と間, なあ, もんでし, わい

▼ 状態において~ (59, 0.7%)

3 獲得し得る 2 なされたの

1 [54件] あらわれた助力者, ある土地, ある恒温, いかにし, かかる疾病, すべての, そして苦痛, たくさんの, ただちに融合, だね, でなければ, どうして家族制度, みずからは, ヴァランタンは, 一切の, 一国が, 一流国家たるに, 一貫性を, 下層階級には, 与えられかつ, 与えられたとして, 五フランに, 交換市場に, 他の, 参考図書館の, 同性なら, 国際法の, 奨励金が, 婦人を, 完全に, 専念紙幣に, 市場に, 最低の, 朱線を, 東洋的であり, 死んだ, 民衆の, 現在人口の, 現存し, 生ずる交換価値, 生産し得るであろう, 生起し得た, 発病した, 益々搾りつづけよう, 直接神に, 算出される, 終って, 表現し, 見るの, 諷刺文学が, 貴方と, 迫害されました, 長い間鬱積, 離れ難く

▼ 状態には~ (52, 0.6%)

2 いって, 何の

1 [48件] あり得ない, いつたらしい, いないけれども, いる, いるの, これ無く, して, すこしの, その合成力, とてもなっ, ないよう, なく貯蓄, なって, ならないかも, なりましょう, なり得なかったであろう, なれなかった, ひつてからは, ふれて, まだなっ, まったく無益, まづ次, わが烈しき, 一定の, 不均衡な, 停滞し, 全く劇的要素, 全然何, 在らざりしが, 存在し得ない, 学問としての, 少しも, 帰らない, 幾分でも, 幾分迷惑, 微小角柱や, 既に狂, 既に狂い, 相違ない, 立至って, 至り得なかった, 至り得なかつた, 被傭人, 親しい人, 誰も, 達して, 違いない, 長く堪えられない

▼ 状態であった~ (49, 0.6%)

3 と思う, ので, のである 2 からその, とすれ, のだ, のです

1 [32件] か, かということ, かは読者, からこれ, から今, から以下, から何, から余り, から日本, から本来, から結局, から院, か普通民, がこの, がその後, がもともと, が今, が信長, ことは, ことを, しかつて, しひと, ということ, と存じます, と察せられる, に相違, のか, のが, ので若い, ようだ, ような, 今日までは

▼ 状態においては~ (43, 0.5%)

2 私は, 種々なる

1 [39件] ある数, いつかは, かかる感情, かつて自身, この原因, この必要, すでに何等, すべての, その食物, それが, それは, それらは, ただちに合し, まだどの, 二商品ずつ, 人間は, 他の, 企業者の, 企業者は, 個々の, 労働の, 受取手形勘定の, 各商品, 吾, 商品の, 土地の, 少し相違, 彼らは, 既に述べた, 最上の, 次の, 殺児, 男子の, 穀物は, 経済学者の, 耕作者は, 自分も, 道徳的抑制が, 避けること

▼ 状態~ (43, 0.5%)

2 条件に

1 [41件] あるいはまたその, その全体, その増加率, その変化, その理由, みずから語ってる, 世間が, 予備校の, 何かに, 何かの, 到るところ, 制しきれない獣的, 周囲の, 問題の, 問題を, 外部からの, 実の, 家庭の, 性質やを, 接触作用なども, 日常生活などに, 日常生活の, 業績などを, 様式や, 欲求とは, 氣持の, 無意識, 父や, 理合を, 痴呆放心そこへ, 発達に, 社会状態が, 立場それに, 行動の, 趣味嗜好, 通用価値を, 通用價値を, 運動に, 運命を, 雰囲気にも, 風儀や

▼ 状態にまで~ (34, 0.4%)

2 達して

1 [32件] いって, おかれて, つきおとされしかも, なったの, なったん, なって, なりましたが, なり全滅, なること, 下落するであろう, 導き亢, 引き戻して, 必要欠くべからざる, 捲きこまれて, 撃攘され, 治癒した, 溶解し, 生長し, 發達した, 立至った, 落ち込んで, 行って, 衰弱し, 連れて, 進み彼, 進んだ, 進んで, 還元され, 陥つて, 陶酔的価値を, 高めた格言, 高潮させる

▼ 状態によって~ (32, 0.4%)

2 決定される

1 [30件] これを, そう細かく, それに, それは, であるから, どう妨害, にわかに起こり, 人の, 人口に対する, 作り出される, 利かない事, 制限される, 加減しなけれ, 加重された, 向う側へ, 変動する, 多くの, 好むところ, 定まるもの, 定められる, 数週間前から, 明らかに, 時々の, 暮しかた考える, 異り, 相当なる, 結晶形が, 起るの, 電流の, 食い物などは

▼ 状態とは~ (30, 0.4%)

1 [30件] あらゆる点, いずれも, こんなにも快活, そうしたわけ, ちがった, どこか, まるで反対, 一般に, 云うても, 似ても, 何である, 全く変つて, 全く違っ, 全然程度, 反対に, 吾, 大いに異なった, 大変趣きが, 如何に, 少しも, 常態に, 甚だよく似, 異った, 絶えず武装, 言ひ, 違うて, 違って, 違つておも, 非常な, 非常に

▼ 状態でも~ (29, 0.4%)

4 あつた 2 あったの

1 [23件] あったので, ありそれ, あり道理, ある, あるが, あるので, これを, どうやらお茶, なお改良, なくなり次第によろしく, なく世界, なく普通, 世界の, 人間は, 依然持久戦争, 六十年たて, 分かるよう, 我慢しなけれ, 放心状態でも, 煙草だけが, 見て, 起り他, 起り得るという

▼ 状態について~ (29, 0.4%)

2 何ごとかを

1 [27件] お話致します, かいたもの, くよくよし, ここに, その一斑, つぶさにその, どうな, なんとも鑑定, また霊的, もっと深い, 何と, 何一つはっきりした, 前に, 君に, 得た所感, 村の, 異常を, 考えて, 考えるとして, 英国政府が, 要求し, 見るならば, 記した描写, 詳細正確なまなましい, 誰に, 述べた説明, 述べて

▼ 状態だった~ (26, 0.3%)

2 のが, のだ

1 [22件] かも知れない, からね, から一升壜, から西荻, が先月僕, が正造, けれどもお, ことは, しその, し懐中, とは何事, と云えましょう, と私, のか, のである, のでございましょう, のです, ので引きつづき休む, ので私, ので結婚式, ので食う, んです

▼ 状態という~ (26, 0.3%)

10 ものは 4 ような 2 のは 1 ものが, ものと, ものの, ものを, 事は, 奴だ, 意味で, 観念が, 言葉には, 静止した

▼ 状態にな~ (23, 0.3%)

3 つてゐた 2 つたのである, つてし

1 [16件] かりしこと, つてからは, つてしまつたの, つてどんな, つてを, つて人々の, つて却つて逆に, つて參りませう, つて居たらしい, つて居勝な, つて来た, つて熱祷, つて自殺する, つて行く, つて行つた, つて雑婚に

▼ 状態です~ (21, 0.3%)

42

1 [15件] からそう, からそれ, からたちまち, からね, からねえ, からまして, からもし, からヨーロッパ, から一応, から他人, から大事, がいかんせん, が彼女, とこの, と家庭

▼ 状態より~ (21, 0.3%)

4 して 2 踏み出す了見

1 [15件] よい状態, ようやく進ん, 出でたもの, 分化し, 単一個人的恋愛に, 大分複雑に, 少しも, 最も精緻複雑, 来る不快, 次第に凝集, 漸次に, 結晶し, 覺めた, 解放され, 讃うべき

▼ 状態であっ~ (19, 0.2%)

3 てみれ 2 て現実

1 [14件] てこの, てすなわち, てその, てはじめて, て之, て体系, て個々, て均衡, て平常, て後世, て本当は, て氏, て知, て自分

▼ 状態として~ (18, 0.2%)

1 [18件] この種, この話, そういった, どういう意味, みて, やむを得ないと, アサの, 二人の, 伸子に, 常に動揺変化, 現われて, 理解する, 皇室は, 知るのみ, 考えられるいろいろ, 見ると, 選択する, 非帯電状態

▼ 状態をも~ (15, 0.2%)

1 [15件] もつと, 察せらる, 希うが, 改め万事研究心, 政府の, 深く究めずし, 理会する, 申分の, 知らしめること, 考慮に, 聴き僕, 良好に, 観察し得る, 記して, 述べねば

▼ 状態とを~ (14, 0.2%)

1 [14件] ますます痛感, 予知し得る, 區別した, 告げて, 問わず伝染流行, 審議し, 弁別する, 想像し, 殘り, 略ぼ, 知つて居る, 見ますると, 見較べて, 記した著作

▼ 状態における~ (14, 0.2%)

1 [14件] この大きな突変, より幸福, 二つの, 人口に対する, 人間という, 人間を, 任意の, 価格よりは, 十二宮星座の, 土地の, 女子の, 市場に, 永遠の, 関係が

▼ 状態にも~ (14, 0.2%)

1 [14件] いろいろ雑多, よりまた, 一般的に, 冷淡で, 彼女の, 水流が, 消長が, 種々あっ, 立ち至るだろう, 絶望する, 通じて, 適しからぬ, 陥らず何だか, 頓着しない

▼ 状態であり~ (13, 0.2%)

1 [13件] これらの, それが, ながら言文一致, もう一つ, 一騎兵を, 平常から, 彼が, 後の, 拙者の, 日本の, 無誠意, 生産物の, 芸術的にも

▼ 状態に対して~ (13, 0.2%)

1 [13件] きわめて都合, わたしたちは, 不満足, 内心から, 及ぼした影響, 大なる, 好ましい光景, 如何に不自然, 当然責任, 必要な, 本能的に, 第一流, 興行主は

▼ 状態でない~ (11, 0.1%)

1 [11件] ことを, といふこと, ときは, と思う, と思つて, と思われます, と私, のだ, 他の, 時なんぞ, 時に

▼ 状態については~ (11, 0.1%)

1 [11件] すでに度々申し上げました, その状態, それが, 何の, 何も, 大丈夫か, 改造された, 毫も責任, 沈黙を, 知らされて, 読者は

▼ 状態まで~ (11, 0.1%)

3 話して 1 くれば, さながら描ける, もつて, 更新させる, 発達し得る, 自分を, 規則的に, 進んで

▼ 状態などを~ (10, 0.1%)

1 もって, よく知っ, 僕は, 呈して, 問題に, 根掘り, 毛筆で, 私の, 色々話し, 話しかけて

▼ 状態といふ~ (9, 0.1%)

4 ものは 2 もの 1 ものが, ものを, やうな

▼ 状態に関する~ (9, 0.1%)

1 エジプト人の, 事実は, 右の, 極めて詳細, 正確な, 研究の, 秘密を, 総括的記述として, 記述は

▼ 状態を以て~ (9, 0.1%)

2 しては, 感覚し得る 1 すれば, 数年間を, 暗示する, 潔しとして, 神代の

▼ 状態及び~ (9, 0.1%)

1 その一般的性質, その世界, その結果, 之によ, 人口増加率は, 對外關係を, 心の, 身體状態を, 需要に

▼ 状態との~ (8, 0.1%)

2 間に 1 あいだには, いかに離れ, ことでした, 混合に, 間の, 類似を

▼ 状態~ (8, 0.1%)

1 向っての, 塗りつけたいやらしい, 彼女を, 投げ落とすこと, 自分を, 調整しよう, 追いこまれた, 逆戻りし

▼ 状態とか~ (7, 0.1%)

2 その一般的性質 1 あるいは世, いったよう, 定常状態間の, 彼らの, 教育事情と

▼ 状態やら~ (7, 0.1%)

2 また将来 1 その他の, また將來, 乃至日本, 各自の, 精神の

▼ 状態じゃ~ (6, 0.1%)

1 いないし, しょが, ない, ないの, 復た, 無駄じゃ

▼ 状態すなわち~ (6, 0.1%)

1 交換と, 実際の, 市場の, 平衡なる, 稀薄な, 風土の

▼ 状態につき~ (6, 0.1%)

1 おとした責任者, おとして, 快い印象, 推算せし, 猛烈な, 非難の

▼ 状態に対する~ (6, 0.1%)

1 余りよい, 僕の, 同感と, 意識的な, 政治的な, 最も都合

▼ 状態~ (6, 0.1%)

1 が文章, であるが, と共に実体, と言, につきこれ, に因つて

▼ 状態からの~ (5, 0.1%)

1 微かな, 救いを, 脱却でも, 観察であっ, 解釈で

▼ 状態とに~ (5, 0.1%)

1 なる時, 就て, 欺かれてるもの, 適合した, 陥って

▼ 状態とも~ (5, 0.1%)

2 云うべき有様 1 に全然, 推察される, 関聯し

▼ 状態などについて~ (5, 0.1%)

2 露ほどの 1 いろいろ聞かれた, 理由も, 議論は

▼ 状態なら~ (5, 0.1%)

1 ばいつ, ば見たい, 中毒と, 新聞記事だけで, 誰の

▼ 状態にて~ (5, 0.1%)

1 ありしか, いかなる方角, 生の, 造られきと, 進行すれ

▼ 状態によ~ (5, 0.1%)

1 つてする, つて得らる, つて決せらるべき, つて決定される, つて芸術的価値と

▼ 状態により~ (5, 0.1%)

1 またその, また年齢, 例へば破瓜性痴呆, 生ずる方, 自分の

▼ 状態に関しては~ (5, 0.1%)

2 私は 1 七八の, 別に顧慮, 英蘭の

▼ 状態即ち~ (5, 0.1%)

1 互ひ, 夢を, 戰時中に, 病態で, 運動量

▼ 状態~ (4, 0.0%)

1 または農業, 周囲の, 死に, 相手の

▼ 状態からは~ (4, 0.0%)

1 なお未だ, はるかに, 先に, 遠く寒峻

▼ 状態これ~ (4, 0.0%)

2 を低能 1 さ, を生産

▼ 状態そのもの~ (4, 0.0%)

1 が異様, が結局すべて, だけで, の象徴化

▼ 状態たる~ (4, 0.0%)

1 こと, や人民皆, や完全, 牧畜民族の

▼ 状態だつた~ (4, 0.0%)

1 ことは, ので未だに, ので疎開騒ぎ, ので私

▼ 状態~ (4, 0.0%)

4 やない

▼ 状態でした~ (4, 0.0%)

1 からね, がともかく, し, ね

▼ 状態とが~ (4, 0.0%)

1 ある, とうとう今夕, 交, 急激に

▼ 状態としては~ (4, 0.0%)

1 ここに, 最も自由, 生き生きと, 生れるもの

▼ 状態とでも~ (4, 0.0%)

1 云うべきであろうか, 申しませうか, 言いますか, 言わなければ

▼ 状態などが~ (4, 0.0%)

2 語られて 1 叙述の, 問題に

▼ 状態などは~ (4, 0.0%)

1 学術的にも, 実際には, 抽出され得ない, 知る由

▼ 状態なる~ (4, 0.0%)

1 が故に, が近世, により風, ものが

▼ 状態なんて~ (4, 0.0%)

2 政治家と 1 全身これ四百四病じゃ, 私の

▼ 状態においてのみ~ (4, 0.0%)

1 可能な, 存在する, 望むべきであると, 生じ得る労働

▼ 状態にを~ (4, 0.0%)

2 かれて 1 くこと, くと

▼ 状態に関し~ (4, 0.0%)

1 かかる記録簿, パアクが, 今まで, 記録や

▼ 状態までに~ (4, 0.0%)

1 なると, 及んで, 発達しきたった, 達したの

▼ 状態までも~ (4, 0.0%)

1 ある人, ほぼ察する, 一瞬間に, 知るやう

▼ 状態よりも~ (4, 0.0%)

1 恐ろしい情景, 物理学等の, 第一, 遥かに

▼ 状態らしい~ (4, 0.0%)

1 からどうぞ, そして時々, な, のにそんな

▼ 状態又は~ (4, 0.0%)

2 反應 1 一の, 生活状態を

▼ 状態こそ~ (3, 0.0%)

1 健康な, 凡ゆる, 最も望ましい

▼ 状態~ (3, 0.0%)

1 うだ全く, へ何, へ變

▼ 状態さえ~ (3, 0.0%)

1 変って, 平凡なる, 甚しく

▼ 状態そのまま~ (3, 0.0%)

1 であった, に復帰, 而も

▼ 状態それ~ (3, 0.0%)

1 にピタリ, に加え, を彼女

▼ 状態だけが~ (3, 0.0%)

1 その労働状態, 不足し, 君達を

▼ 状態だろう~ (3, 0.0%)

21 か又

▼ 状態であります~ (3, 0.0%)

1 から消極的, がその, のでとりあえず

▼ 状態でし~ (3, 0.0%)

2 やがん 1 てつまり

▼ 状態での~ (3, 0.0%)

1 受けかたです, 平等で, 認容インテリゲンツィアの

▼ 状態においても~ (3, 0.0%)

1 人口の, 可能である, 瞬間的な

▼ 状態についても~ (3, 0.0%)

1 何の, 細叙の, 述べたの

▼ 状態への~ (3, 0.0%)

1 変化を, 希求と, 推移の

▼ 状態または~ (3, 0.0%)

2 精神状態 1 社会上の

▼ 状態もしくは~ (3, 0.0%)

1 これらに, 最初の, 極端な

▼ 状態~ (3, 0.0%)

1 明ニスルノミナラズ又, 維持シ得テイルノハ恐, 装ッテイルノデ燈火ヲ

▼ 状態以上~ (3, 0.0%)

1 にほとんど, に存在, の健康

▼ 状態~ (3, 0.0%)

2 る社会 1 イハ退陣ニ際シテ追撃ヲ

▼ 状態からと~ (2, 0.0%)

1 云いそう, 云ひ

▼ 状態からも~ (2, 0.0%)

1 衣食に, 衣食においては

▼ 状態この~ (2, 0.0%)

1 太古の, 空白状態を

▼ 状態その~ (2, 0.0%)

1 然らざる, 状態という

▼ 状態だけは~ (2, 0.0%)

1 毎晩分つ, 認めないわけ

▼ 状態であったなら~ (2, 0.0%)

1 ば両氏, 恐らくなお

▼ 状態であったろう~ (2, 0.0%)

1 とは推測, と思います

▼ 状態でさえ~ (2, 0.0%)

1 あるだろうと, あるのに

▼ 状態でしか~ (2, 0.0%)

2 ない

▼ 状態とから~ (2, 0.0%)

1 未だに脱却, 餘儀なく

▼ 状態ながら~ (2, 0.0%)

1 同時に激しく, 密林の

▼ 状態なぞ~ (2, 0.0%)

1 いうあらゆる, いうもの

▼ 状態なぞを~ (2, 0.0%)

1 聞出し究竟, 順序正しく

▼ 状態など~ (2, 0.0%)

1 しらべて, によつて

▼ 状態などから~ (2, 0.0%)

1 いえば, 供述し

▼ 状態なりし~ (2, 0.0%)

2 が昌造氏

▼ 状態にかへ~ (2, 0.0%)

1 つた, つてゐた

▼ 状態にさえ~ (2, 0.0%)

1 なったが, 入り込めないで

▼ 状態にだけ~ (2, 0.0%)

1 ある, 関して

▼ 状態にては~ (2, 0.0%)

1 最もあり得べき, 最も有り有べき

▼ 状態にでも~ (2, 0.0%)

1 立ち至つて, 達したならば

▼ 状態にのみ~ (2, 0.0%)

1 妥当する, 注意を

▼ 状態にまでは~ (2, 0.0%)

1 達して, 達し得ず依然として

▼ 状態による~ (2, 0.0%)

1 のであっ, 人口に対する

▼ 状態ふと~ (2, 0.0%)

1 思い出したこと, 思ひ出したこと

▼ 状態までが~ (2, 0.0%)

1 危殆に, 見透かされでも

▼ 状態までは~ (2, 0.0%)

1 分るの, 観察する

▼ 状態みたい~ (2, 0.0%)

1 な素直, になつ

▼ 状態~ (2, 0.0%)

1 に認めた, 第二回

▼ 状態乃至~ (2, 0.0%)

1 作用だ, 条件を

▼ 状態或は~ (2, 0.0%)

1 人格的状態に, 継続する

▼ 状態更に~ (2, 0.0%)

1 如何に, 關係或

▼ 状態特に~ (2, 0.0%)

1 春に, 皇室及び

▼ 状態~ (2, 0.0%)

1 の変化, の遷移

▼1* [186件]

状態あたかも夢の, 状態ありてその, 状態あるいは飛行機についても, 状態いいましたら今考え, 状態いかにも奇怪に, 状態いわば雪の, 状態小遣いの, 状態かくの如し, 状態かというと, 状態かにおいては十分一税は, 状態かもしれない, 状態がかへつて女を, 状態がずつと今日まで, 状態ことに結婚と, 状態さてはよく眠るとか, 状態しかも從ふべく, 状態やない, 状態そして四ヶ月間の, 状態そっくりです, 状態その他の原因, 状態それに彼女は, 状態たり專ら人の, 状態だけであって, 状態だけでなしに, 状態だけにとらわれるから, 状態ださうだよ, 状態だの千世子に, 状態つまり自分では, 状態ものが, 状態であるだろうか, 状態であるならば支那, 状態であるらしいがただ, 状態であろうと決して, 状態でかくでしょうか, 状態でしやべる, 状態でしょうね, 状態でなかつたにしろ, 状態でなければ駄目, 状態ではとその驚き, 状態といったような, 状態とを以て彼は, 状態と共に善變し, 状態ないし態度が, 状態なかんずくこの種族, 状態などに就いて, 状態などについてはだれも, 状態などのことは, 状態なども夢の, 状態なり生活様式なりにおいて, 状態なりといえども, 状態なりに注意し, 状態なるべきを以て意識, 状態なんかはほんとうに, 状態なんぞについていまみたいに, 状態なんというもの, 状態においてこそ安らかに, 状態においてさえ疾病や, 状態においてすら狩猟者を, 状態におけるよりは遥かに, 状態にたいして彼が, 状態にたいする絶えざる心配, 状態にとむるなかれその, 状態になど出遇, 状態によるに最初は, 状態に対し実際農業労働, 状態に対しては果して正鵠, 状態に迄達して, 状態に関して会話する, 状態のみが許される, 状態のみを述べたの, 状態のみを以て終始する, 状態はとに角, 状態ばかりでなくさんざん, 状態ばかりによるので, 状態へと移った, 状態また不安に, 状態までを調査する, 状態みたような, 状態やが知られて, 状態やの或る, 状態やを同じくする, 状態ゆえその時お前, 状態ゆえたまにはくつろぎ, 状態ゆえ創作余談はいそう, 状態ゆえ脚気で斃, 状態よりはむしろ吾人, 状態らしかつた, 状態アラビア人の掠奪, 状態ウワゴトも言いかねない, 状態今ノトコロヨク分ラナイ, 状態ガ二三十分デナク一日モ二日モ一年も二年モ, 状態持続セズ全, 状態陥ルカ, 状態ニシテ輸出税ヲ課スル如キ原則ニ, 状態ニ二人ヲ置イタ, 状態ニ於テ不義ナリシ如ク廣漠不毛ノ西比利亞, 状態ニ於テ信仰ノ自由, 状態ニ置カレテイタ期間ハモノノ二三十分ニ過ギズ, 状態ハ實ニ最惡ナル政治ト云フノ外ナシ, 状態一歩進めて, 状態一言にいっ, 状態の問題, 状態並びに程度は, 状態乞食の流行, 状態乳児の状態, 状態云いかえると露骨, 状態正義ニ非, 状態の善惡, 状態仏教の予言等, 状態の植物, 状態伝統を見, 状態何がな工夫を, 状態何事も考えず, 状態依然なの, 状態六官七官のあり, 状態其儘で我々, 状態其者ニ非ザルハ論ナシ, 状態凍結進行速度の量的関係, 状態凡ての感覚, 状態出産当時の条件, 状態同じ劇団でも, 状態周囲の事情, 状態国民性ないしは文化一般, 状態地殻潮汐や地震伝播, 状態変化を調べる, 状態大いに平地と, 状態奔放な情, 状態如何にかかわらず, 状態姙娠中の状態, 状態季節や気象, 状態完全な社會, 状態の分配, 状態属性を示す, 状態従ってそれ, 状態從つて自滅の運命, 状態思へば死神, 状態思わしからず会財政部に, 状態恐しなんどいはん, 状態成立の時, 状態或いはその職業, 状態戦争や満, 状態揉ませている, 状態改善者慈善事業者動物虐待防止會員禁酒會員その他種々雜多, 状態一旦唐, 状態文学の低下, 状態明智との対話等, 状態と場合, 状態死後の向上進歩, 状態殊に朝子その, 状態のもっ, 状態注意事項が書きこまれ, 状態浄土真宗の信仰, 状態温泉成分海潮刺激等が有, 状態潮流の工合, 状態特有の怪異, 状態甚だ険悪である, 状態生活ノ有, 状態生活現象を観察, 状態生産組合と線, 状態発作当初の行動, 状態発生の暗示, 状態図上に, 状態相應の政治, 状態相手の状態, 状態研究のため, 状態社会的感情などを芸術, 状態社會の缺陥, 状態私共をめぐった, 状態竝びに態度, 状態等々がその, 状態等緩急抑揚のある, 状態統一の方法, 状態經營者の經營振, 状態聴手と自分, 状態づと, 状態自らその軌を一に, 状態自体ではなく, 状態自尊心円熟そして晩期, 状態航空船の模様, 状態若しくは静息の, 状態屬性を, 状態起床時と就寝時, 状態農夫の日頃, 状態通りにし, 状態関係等よりも本性上, 状態風土の關係