青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「涙~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

消え~ ~消えた 消えた~ ~消える ~消し 消し~ ~消息 消息~ 消費~ ~涙
涙~
涼しい~ ~淋し 淋し~ ~淋しい 淋しい~ 淋しく~ ~深 深~ ~深い 深い~

「涙~」 15350, 159ppm, 663位

▼ 涙~ (5610, 36.5%)

399 流して 166 こぼして 155 流した 147 ためて 100 こぼした 91 流しながら 88 拭いて 57 浮べて 55 こぼしながら 49 落した 47 溜めて 46 ふいて 45 ながして 38 のんで 34 拭いた 33 うかべて, 拭きながら 30 もって 29 こぼしました 25 浮かべて 24 たたえて 23 はらはらと, 呑んで, 落して 22 こぼすの, ためながら, 流しました 20 そ, ハラハラと 18 ふいた, 一杯ため, 流す, 流すの 16 湛えて 15 こぼす, ながした, ふきながら, 拭って, 流すこと, 眼に 14 垂れて, 払って, 流したり, 浮べた, 目に 13 拭いながら, 流したの, 滾して 12 うかべながら, ためた, 出して 11 こぼしたの, ぽろ, 流さんばかりに, 滾した, 見ると, 零して 10 こぼしたり, 感じた, 押えて, 流したこと, 落しながら, 見て, 零した 9 拭ひ

8 [15件] いっぱいため, お流し, たれた, にじませて, ぬぐって, ぽろぽろと, 一杯溜め, 含んで, 拭き, 拭きました, 拭つた, 拭ふ, 流し, 溢し, 落しました

7 [17件] いっぱいに, こらえて, たれて, どうする, ながし, ふきました, ほろほろと, 一ぱいため, 一パイに, 呑んだ, 手の甲で, 拭くの, 浮かべながら, 袖で, 見せまいと, 見た, 頬に

6 [19件] おこぼし, こぼしそう, はら, はらって, ふき, ふく, ぼろぼろこぼし, ぽたぽたと, もつて, ポロ, 出した, 拭った, 持って, 横なぐり, 流したが, 浮かべた, 浮べながら, 溜めながら, 誘うもの

5 [32件] おさえて, こぼしては, こぼすと, こぼすほど, ながす, ふるって, ほろりと, ぽろぽろこぼし, ぽろりと, ボロボロこぼし, ポロポロこぼし, ポロポロと, 催した, 催して, 押へる, 拭いも, 拭く, 新たに, 止めること, 流さんばかり, 流したもの, 流しつ, 流し始めた, 浮めて, 湛えながら, 湛へて, 納めて, 落としながら, 襦袢の, 見せて, 隠して, 飜し

4 [48件] いっぱい溜めた, いつぱい, うかべた, おとした, おとして, こぼしたこと, こぼしたもの, こぼしはじめた, しぼって, そそいで, そそぐの, たたえながら, ためた目, とおして, どうしよう, ながしながら, ながしました, のんだ, ふくんで, ほろ, ハンケチで, ホロホロと, ポトポトと, 一ぱい溜め, 一杯に, 伝わらせながら, 光らせて, 収めて, 呑みながら, 呑みました, 呑むばかり, 払いながら, 抑えて, 押へて, 拭いたり, 拭うと, 指で, 泛べて, 流さぬばかりに, 流しながらも, 流すばかり, 流す事, 湛へ, 膝の, 落すの, 見せたこと, 見せまいとして, 隠そうとも

3 [75件] いっぱいたたえ, いっぱいためた, いっぱい溜め, おさめて, おとしながら, おふき, お拭き, かくしながら, かくすため, こすって, こすりながら, こぼしたそう, こぼしつつ, こぼしても, こぼしながらも, こぼします, こぼし乍ら, こぼすこと, さへ, そそいだ, そそった, たたえた, ためたまま, ためた眼, ためる, だして, とめること, にじませながら, ぼろぼろと, ホロホロこぼし, ポトポト落し, ポロポロ流し, 一パイ溜め, 一パイ溜めた, 一杯ためた, 人に, 催さずに, 含んだ眼, 呑込みぬる, 垂らして, 宿して, 怺え, 手に, 払ひ, 抑えながら, 拭いたが, 拭きも, 拳で, 揮って, 止めて, 流させた, 流しその, 流したと, 流しつつ, 流しては, 流しましたが, 流し乍ら, 流すもの, 溜めた, 溢らせ, 滴し, 澪し, 無理に, 眼の, 膝に, 落しそう, 落したこと, 落す, 落とした, 袖に, 見せない女, 誘い出した, 誘うの, 誘った, 零しながら

2 [248件] あとから, いっぱい目, うかべつつ, うかめた, うるませて, おさえること, おとしたり, おとす, おぬぐい, かくした, かくして乘, かくして見出せ, かけましを, かわかして, くくみ, こすった, こぼさんばかりの, こぼし, こぼしそして, こぼしたか, こぼしたと, こぼしたので, こぼしたよ, こぼした事, こぼし恥ずかし, こぼし眼, こぼすだろう, こぼすので, こぼす事, こらえながら, こらえること, こらへて, さそって, さそふ, さそふ酒, さめざめと, しぼつ, しぼらせた, せぐりあげながら, そそぐ, そそのかすすべて, それとなく乾かし, た, ためその, ため家康, たらした, たれ, たれながら, とめて, とめども, ながしたり, ながすこと, ながすの, ながめて, にじませると, ぬぐいながら, ぬぐつた, ぬぐひき, ぬぐふ, のみこんで, のみながら, はらつて, ふいたり, ふいては, ふくと, ふりそそいで, ふりちぎっ, ふりほどいて, ほろほろこぼし, ぼろぼろこぼす, ぼろぼろ雪, ぽろぽろ零し, ぽろりぽろりと, もった, もよおした, もよおすよう, わたくしの, グッと, ソッと, ハンケチに, バラバラと, ボロボロと, ボロボロ流し, 一ぱいためた, 一時に, 一杯溜, 一杯溜めた, 一杯眼, 乾さぬ間, 他人に, 催しかけた, 催す, 出したん, 出しながら, 出しまた, 出すまいと, 出せば, 十七字に, 受けて, 口に, 含む笑, 含んだやう, 含んだ二字, 含んでを, 吸って, 呑みつ, 呑みて, 呑みます, 呑み込んで, 呑むの, 呑むやう, 呑んだこと, 啜った, 啜り, 嚥んだ, 嚥んで, 垂らした, 垂れた, 堕した, 堪へて, 墮し, 奇麗に, 幾度も, 惜しむ, 惜ま, 感じて, 感じる, 感じるし, 我手の, 抑えかねた, 抑えようと, 抑えること, 抑え得ない, 押え止めて, 押しぬぐいながら, 押しぬぐった, 押し拭, 拂ひ, 拂ひも敢へ, 拭い, 拭いたあと, 拭いつつ, 拭いては, 拭うて, 拭おうと, 拭おうとも, 拭き取って, 拭け, 拭つて隔ての, 拭ひました, 振りほどきながら, 揮ツて, 泛べ, 泛べた, 流いて, 流さずに, 流させること, 流さぬ者, 流しきっと, 流したので, 流したよう, 流しても, 流しはじめる, 流します, 流し合った, 流し地上, 流すだろう, 流すなんて, 流すに, 流すほど, 流すほどの, 流すまで, 流す者, 流せ, 流せば, 浮べ, 浮べたまま, 浮べた儘, 浮べての, 浮べました, 浮べ或, 浮めまして, 湛えた, 湧かしめぬ, 溜め居るなり, 溢しました, 滲ませて, 滾したこと, 滾しながら, 潤ませて, 濺が, 濺ぎし, 眼から, 瞼に, 知って, 砂に, 禁じ得ぬので, 禁めえぬ, 私に, 私の, 納めぬ, 納めると, 紛らして, 絞った, 絞って, 絞つて, 胸の, 自分で, 舐めた事, 舐めて, 萋, 落さずに, 落さずには, 落し, 落したの, 落しはじめ興奮, 落しましたが, 落すこと, 落すと, 落としたの, 落として, 袖の, 要求する, 見せた, 見せたり, 見せなかった, 見せるよう, 見つけて, 見なければ, 見られるの, 見るに, 見上げて, 覚えた, 誘うほど, 誘うよう, 誘つた, 誘はれたこと, 誘ひます, 誘ふやう, 誘われて, 透して, 隠しました, 雨の, 頬の, 飛躍しなけれ, 飜した, 飲みながら, 飲んで

1 [1850件 抜粋] あなたには, あふれさして, あまた, いかにも口惜し, いっぱい流し, うかべこの, うかべたが, うかめる, うつすの, おおうて, おさえきれなくなって, おさえられなくても, おしかくしながら, おとさせた, おとしましたが, おとすほど, おぼえるとともに, お拭い, お辰, かくしきれずに, かくして何もの, かけそれ, かみしめる, かんじた, こすつて, こびり付かせたまま, こぼさずとも, こぼさせて, こぼさせるの, こぼさせるよう, こぼさなければ, こぼされましたが, こぼしかけた, こぼしその, こぼしたくて, こぼしたって, こぼしたよう, こぼしたん, こぼした相, こぼした頃, こぼしての, こぼしまして, こぼし乍ら笑つて, こぼし始めた, こぼし泣き乍ら, こぼし義姉, こぼし顔つき, こぼすくらい, こぼすとき, こぼすばかりの, こぼすもの, こぼす日, こぼせば, こみ上げさせた, こらえるため, ごまかした, さそう, さそふよ, さそわれるの, さん, しばたたく顔, しぼったこと, しぼらせるやう, しぼりし忠臣, しぼり出そうと, しぼる物語, じつと抑, すすりながら, すすり上げる, すすり込むよう, せぐられる一つ, そそいだこと, そそいだ自分, そそがれたって, そそぎし我, そそぎましょうただ, そそぎ自分, そそげと, そそり陽子, そそる快感, そっと拭い, そっと袖, その上, その鼻, たたえぜひ, たたえた者同士, たたえるだけ, たまたま快く, ためたり, ためていう, ためてるナポリ, ためます, ためるに, ため父親, たらして, だしたり, ぢつと, つけた大事, つつみ帝, とかして, とどめ得なかったという, とめどなく流す, ながさせられると, ながしその, ながしてを, ながし疲れきった血相, ながすところ, なぜ今お, にじませた, ぬぐいきると, ぬぐいて, ぬぐいやりつつ, ぬぐい立ち上がって, ぬぐうても, ぬぐっても, ぬぐふとき, のみ歯, のむ, はてしない, はらいおとしながら, はらい落して, はらはら差俯向, ばは, ひそかに, ふいたが, ふきふきそっと, ふきも, ふき襟, ふくの, ふくんだやう, ふこうとも, ふりちぎつて大空, ふり絞らした, ふるってこの, ふるって馬謖, ほとばしらせながら, ぼろ, ぼろぼろ流し, ぽたぽたこぼし, ぽたぽた落し, ぽろぽろ出し, ぽろぽろ零した, まぎらわすに, また湖水, みたので, みなぎらして, みんな出さし, もちながら, もて我, もよおされける, もよおすほど, やどす器, ようく, わかされた土地, われ知らず零す, ズウウと, ダラダラと, パラリパラリと, ホロ, ホロリと, ボロボロボロボロと, ポタリポタリ落し, ポロポロこぼした, ポロポロ零した, 一しずくポタリと, 一つこぼす, 一ぱい含くませた, 一ぱい眼に, 一層激しく, 一杯ためてる, 一滴二滴は, 一生ケン命こらえ, 一雫も, 下した忠孝, 両手の, 丸めた袂, 乾かしてから, 二つぶ三つぶ零し, 今も, 伝わって, 伯母は, 何時まで, 催うし, 催さしめられたと, 催させた, 催させるほどの, 催さない者, 催したが, 催したそして, 催しながら, 催しまして, 催す時, 兄さんに, 光らせ, 具足に, 凍てつかせて, 出させたり, 出し, 出したり, 出しはじめる, 出す, 出すの, 分ちながら, 制しきれなかった, 刻みひいては, 包んで, 危ぶみながら, 収め始めて少し, 叱ったこと, 含まないのみか, 含む, 含んだよう, 含んだ悲憤, 含んだ顫, 呑み, 呑みこんでから, 呑む, 呑んだよう, 呑んでも, 味へる, 咽んで, 啜り上げた, 啜れり, 噛みしめて, 圧え, 垂るる, 垂れたこと, 垂れるとは, 堕し燕棣, 堪えながら, 堰きとめるほどの, 塵芥裡に, 墮しぬ, 声に, 奔らせ, 如何とも, 嬰児の, 宿したよう, 寄せて, 少しこぼした, 巖に, 年寄の, 底に, 強情に, 待つて, 忍んで, 忘れましょうね, 怪しんだ, 惜しまなかった母, 惜しめ而, 想わせた, 感じたが, 感じるの, 憐れんだ, 我慢できなかった, 手荷物に, 払い, 払いも, 払うその, 払う源氏, 払った, 払った手の甲, 払つて, 払ふ, 抑えようとしても, 抑へる, 押えたほど, 押える, 押しぬぐいつつ, 押し拭うた, 押拭った, 拂ひつ, 拂ふ, 拭いたの, 拭いた中年, 拭いた芬子嬢, 拭いはじめる, 拭い拭い笑い, 拭い暫らく, 拭い隠そうと, 拭うよう, 拭う真似, 拭かねば, 拭きつつましく, 拭きなさいよ, 拭きますと, 拭き乍ら庫裡, 拭き女中, 拭き拭きただ, 拭き拭き又もや, 拭き拭き誓って, 拭き片手, 拭き髮, 拭くひま, 拭くピエロオ, 拭く形, 拭く眞, 拭つたのは, 拭つて悲気に, 拭つて蒲團を, 拭ひもせず, 拭へる, 拭取った, 持った尼君, 振って, 捧げもの, 控え目に, 掻きこぼしたわけ, 揮い苦慮痛心, 揮つて猛犬稻妻をば, 揮払つて彼は, 斥けて, 有つてゐる, 柩おおいに, 横に, 止めあえなかっ, 止めさせるため, 止めると, 歯で, 母の, 汚れた脱脂綿, 泛か, 泛べつつ, 泣き始めた, 注いだ人, 注ぐこと, 洗ふ, 流さしたよう, 流さしめたり, 流させた明日子, 流させようと, 流させる仕儀, 流さないため, 流さぬは, 流さぬ計り, 流されたそう, 流され和歌, 流しかけながら, 流ししまいに, 流しそして, 流したか, 流したさうです, 流したという, 流したまま, 流したる心境, 流した事, 流した心持, 流した舞台, 流しつくした後, 流してか, 流してること, 流しはじめたとき, 流しほんの, 流しましょう, 流しも, 流し二心, 流し命, 流し年, 流し必死, 流し悲しみ, 流し果てん後, 流し泣き言, 流し浮藻, 流し爪, 流し空前絶後, 流し締め返し, 流し誰, 流し領民, 流すぞ, 流すでないぞ, 流すとき, 流すなど, 流すまい, 流すよう, 流す人々, 流す俳優, 流す場面, 流す日, 流す者さ, 流す身, 流せり, 流れるに, 浮かべし片岡中将, 浮かべてる人気取り, 浮かべようと, 浮かべるほど, 浮ばせること, 浮べさえ, 浮べた眼, 浮べながらでも, 浮べ一座, 浮めお, 浴びし底, 涸渇させ, 湖水の, 湛えたまま, 湛えた青い, 湛えニコニコイソイソ, 湧かせて, 満たして, 溜めたまま, 溜めてたそう, 溜めないばかり, 溢した, 溢れさせて, 滲ませた, 滴らし初め, 滾したり, 滾すか, 潜然, 濺いで, 濺ぎ上天が, 濺ぐものなどは最早, 灌ぐ余地が, 灑ぎ掛けた, 無下に, 無限に, 猛烈に, 留度なく, 盡くして, 真似て, 眼と, 眼頭に, 知らないもの, 知りつくして, 砂原に, 禁じえなかったと, 禁じ得ないの, 禁じ得ぬの, 禁じ難, 籠めての, 細い指, 絞らせる美人, 絞りながら, 縫って, 羨やましいと, 翻して, 腹いつ, 舌の, 落さぬばかりに, 落したいよう, 落したとの, 落した何年ぶり, 落します, 落し勝ち, 落し給, 落すべし, 落す事, 落とさない者, 落としました, 落とそうと, 藥指に, 覆して, 見せず, 見せては, 見せないやう, 見せませんでした, 見せるとこ, 見せる波子, 見たから, 見たる事, 見つけた事, 見ながら, 見られまいとして, 見るより, 見出して, 覚えて, 許すより, 誘います, 誘い出した秋, 誘う泣き黒子, 誘う面白い, 誘つたのか, 誘はれた, 誘はれるかの, 誘はれるよ, 誘ふかの, 誘ふ二日月, 誘ふ純一, 誘わる, 誘われました, 諸君は, 買取つて一日も, 辛じ, 連, 道を, 鎧の, 隠さうとして, 隠しながら, 隠すため, 隠そうとして, 零しながらも, 零す, 零すよう, 頑く, 頬一面に, 飛び血, 飮み, 飲み落す秀江, 飲んだ

▼ 涙~ (3377, 22.0%)

205 出て 74 流れて 63 こぼれた 61 出た 54 頬を 50 出そう 48 湧いて 47 こぼれて, 流れた 42 あふれて 41 にじんで 35 光って 31 溢れて 29 出るほど 28 出る 26 落ちた 25 こぼれそう, 浮んで 23 あふれた 22 こぼれる, こみあげて, はらはらと 21 眼に 19 ほろほろと 18 こみ上げて 17 たまって 16 ハラハラと 15 あった, わいて, 止め度, 溢れた 14 にじんだ, 浮んだ, 滲んで 13 いっぱいに, とめども, ながれて, 光った, 湧いた 12 こぼれました, にじみ出て, 浮かんで 11 うかんで, 出るの 10 こぼれます, ポロポロと, 出さうに, 出ました, 後から, 目の, 私の 9 こぼれるほど, ぼろぼろと, ぽろ, 乾いて, 宿って, 彼女の, 流れる, 頬に 8 あとから, にじみ出して, 出ます, 彼の, 溜って, 落ちて, 零れた 7 ある, ほろ, 一杯に, 落ちる

6 [11件] あふれ落ちた, いっぱいたまっ, こぼれ落ちた, でて, にじみ出た, ぽろぽろと, 一ぱいに, 出なかった, 溜つてゐた, 眼から, 自分の

5 [18件] あつた, あふれそう, あふれ出て, こぼれるの, ぱらぱらと, ほろりと, ぽたぽたと, 一時に, 出ると, 出るよう, 流れそう, 流れました, 溢れる, 滝の, 滾れて, 目に, 眼の, 見えた

4 [24件] あふれかけて, いつまでも, こぼれ出, こぼれ出した, こぼれ落ちそう, でた, とまらなかった, ながれた, ひとりでに頬, ほとばしって, ぽたりと, わきました, 伝わって, 光つた, 出る程, 流れたの, 流れ落ちた, 浮かんだ, 溜った, 滾れさうになつ, 眼が, 胸に, 胸の, 頬へ

3 [56件] あふれる, ありました, あります, あるの, いっぱい溜っ, こぼれたもの, こぼれると, こぼれるよう, ころがり落ちた, さんさんと, じめじめと, それを, たまつて, つきあげて, とまらないの, とめどなく流れ, とめどなく流れる, タラタラと, ハラ, ホロホロと, ボロボロと, ポロポロ出, 一度に, 一杯たまっ, 一杯溜っ, 今も, 出たが, 出たり, 出ない, 出ること, 急に, 止めども, 流れだして, 流れるの, 流れ出して, 流れ出た, 流れ落ちたり, 浮いて, 涌いて, 湧きました, 湧き上って, 溢れそう, 溢れました, 溢れ出した, 溢れ落ちた, 滂沱として, 滲み出て, 滲む, 滲んだ, 瀧の, 眼瞼に, 眼瞼を, 胸まで, 膝に, 落ちそう, 零れる

2 [157件] あふれ落ちるの, あるであろう, いくらでも, いっぱいです, いっぱい溜った, いつぱい, いッぱい, ういて, うかんだ, おのづと流れ出た, お目, きら, くやし涙が, こぼれかけた, こぼれさうに, こぼれたり, こぼれはじめ太田, こぼれまする, こぼれる矢張り氣, こぼれ落ちるの, さきに, しきりに出, しぜん, するすると, その蒼白い, その静か, たたえられて, たまった, たまりました, つき上げて, つとあふれ, でる, でるほど, とまらない, とめどなく流れた, とめどなく流れました, とめどなく流れ落ちる, ない, ながるる, ながれる, にじみ出たの, にじみ出ました, にじむの, にじんでは, はら, ほおを, ほた, ほたほたと, ほとばしった, ぼろぼろこぼれた, ぼろぼろ出, ぽろぽろこぼれ, また一時, みのるの, もりあがって, わくよう, キラキラと, ダボダボあふれた, ホロ, ボロ, ポタポタと, ポトポトと, ポロ, ポロリと, 一ぱいたまっ, 一ぱいになつた, 一杯にな, 一杯浮かん, 一滴光っ, 一滴溢れる, 一雫二雫頬に, 両眼, 両頬, 交って, 伸子の, 催される, 僕の, 先に, 光ったの, 光つてゐた, 光りました, 出たとの, 出たの, 出たん, 出ないから, 出ますの, 出るが, 出るぞ, 出るばかり, 出るよ, 出るん, 勝手に, 又し, 垂れる, 堰を, 大粒の, 天皇の, 宿つて居た, 幾条と, 散った, 止まらない, 止めどなし, 止め度も, 止りませんでした, 気持よく, 泉の, 流れ, 流れた南無阿弥陀仏, 流れること, 流れると, 流れるという, 流れるので, 流れ出て, 流れ込んだこと, 浮びました, 浮ぶ, 浮ぶよう, 湛えられて, 湧きあふれて, 湧き出して, 湧くやう, 溜つた, 溜まって, 溜るとき, 溢れら, 溢れるよう, 溢れ出て, 滴れる, 滾れ落ちた, 潤んで, 火の, 留度も, 目じりから, 目頭に, 眼を, 睫毛に, 睫毛を, 知らずに, 知らず識ら, 糸を, 美奈子の, 耳の, 膝の, 落ちさ, 落ちました, 落ちるの, 見えて, 見えました, 込み上げて, 迫った, 閉ぢた, 雑炊の, 霧の, 頬の, 顔の, 鼻に, 鼻の

1 [1081件 抜粋] あお向いた, あたくし, あったこと, あっても, あなたの, あの病的天才服飾家, あふれさうに, あふれてるらしかった, あふれました, あふれ上がったと, あふれ出た, あふれ出るやう, あふれ用意, あふれ顔, あやうくあふれ, あらゆる歓楽, あり訴え, あるか, あるならば, あれば, あろうとも, いかに純粋, いっぱいだった, いっぱいの, いつか彼の, いつのまにか宿っ, いつぱい溜, いまにも, うるんで, おそろしい勢い, おのずから膝, おのずと湧いた, お手, お顏, かわきみんな, かわくに従って, きらきらした, ぎら, ことごとく流れ, この小さな子供, この時ドツ, こぼれおちた, こぼれかかるよう, こぼれかけたこの, こぼれさうだつ, こぼれさうな寒い, こぼれその, こぼれたぜ, こぼれたなあ, こぼれたわ, こぼれた程, こぼれだして, こぼれない代り, こぼれましたねえ, こぼれまする事, こぼれようと, こぼれるから, こぼれること, こぼれるだらう, こぼれるので, こぼれるほどの, こぼれるん, こぼれる味, こぼれる樣, こぼれる程哀れ, こぼれ出して, こぼれ相に, こぼれ落ちさ, こぼれ落ちたの, こぼれ返って, こみ上げたがって, ころがりおちる形, さしかけて, さしぐんで, さそわれる, しきり, した, しぼり出されるといふ, じくじくにじみ出る, すぐ溢れ, すこしも出なかつた, すっかりかわい, せき上げて, せりあがっ, そそがれた, その上, その時, その時堰, その松葉, その茶色, その顔, そら鼻柱, たきの, たぎり落ちた, たまってるの, たまつた, たまり見てよ, ためて, だき寄せたお, だらしも, ちょっとは, つきあげそう, つき上るやう, つたっても, つたはつた, つづけさま, つめたく頬, でそう, でないさ, でるの, でる生つば, とまって, とまらず流れて, とまると, とめどなくあふれた, とめどなく出, とめどなく流れ始めた, とめどなく落ち, とめ途も, どこかへ, どっと流れ, どんどん沸い, なかったなら, ながれかけて, ながれました, ながれるの, なくて, にじみだして, にじみ上って, にじみ出さうと, にじみ出したよう, にじみ出る, にじみ拡がって, にじむ, にじむでしょう, にじむ程, はいって, はてしなくこぼれた, はらはら伸子, ばらばらこぼれた, ひかって, ひたすの, ひとりでにこみあげ, ひとりでに出た, ひとりでに彼女, ひとりでに落ちた, ふいに, ふりかかって, ふり落ちた, ほおに, ほとばしるよう, ほとんど流れつくし, ほろほろ零れる, ほんまに, ぼとぼとと, ぼろ, ぼろぼろこぼれる, ぼろぼろ止めど, ぽたぽた流れ落ち, ぽたぽた滴り落ち, ぽたりぽたりと, ぽつりと, ぽとぽと本, ぽとりと膝, ぽろりと, まじって, また, またなんとなく眼, またもや眼頭, また新しく, また頬, まだ彼, まだ頬, まるで馬鹿, みなぎつて落てきた, みんな出尽した, もよおされた, もろもろと, やたらに, やむの, ゆるやかに, ようやくたらたらと, よく流れた, わいた, わいたの, わかるとは, わきでた, わき出て, わく, われにも, われ知らず滲み出, アンジョーラの, キラキラ青い, ストーブに, スーッと, タッタ二すじ右と, タラタラ流れ, ニジミ流れ始めた, バラバラと, ペーチャの, ホロホロこぼれた, ホロリと, ボロボロ零れ, ポタポタ落ち, ポトリ, ポトリポトリ続け, ポロッと, ユルユルと, 一つするする, 一つポタリと, 一ぱいです, 一ぱい浮かん, 一パイに, 一字一句に, 一杯たまつて, 一杯で, 一杯溜った, 一杯目に, 一滴たまっ, 一滴自分の, 一筋にな, 一筋右の, 一筋頬を, 一雫ポタリと, 下るといった, 不思議な, 両手の, 乞食の, 乾きはてて, 二つ彼女の, 二三滴落ちた, 二粒三粒ほてり切つた, 交る, 今夜は, 代表し, 伝る, 何か, 先立ちそう, 先走つて, 光つてゐなく, 光つてゐる, 光つて居ります, 光ります, 光るそれ, 全く出, 兩方の, 共にながれ, 再び彼, 冷たく蒼ざめた頬, 凍るかと, 凝りかたまっ, 出さうだつ, 出さうです, 出さうなので, 出たえ, 出たかい, 出たこと, 出たぞ, 出たとか, 出たのよ, 出たほどに, 出たよ, 出たら今, 出た頭, 出ちゃった, 出ちや, 出てよ, 出ないの, 出なくな, 出なければと, 出ましてネ, 出ますよ, 出ます涙, 出やした, 出るうち, 出るご, 出るところ, 出るもの, 出るんでした, 出る位, 出る思い, 出れば, 切って, 初めて湧い, 危くこぼれ, 又ぼろ, 又湧き上っ, 双頬, 含まれて, 咲いて, 唇へ, 喉からの, 喉の, 噴いて, 噴きこぼれた, 噴き出そうな, 垂れた, 堰きあえずあまり, 墮ち, 壺に, 多いの, 多すぎる, 夜更けの, 天国の, 妨げて, 容赦なく, 宿つてゐた, 富岡に対して, 寝起きの, 小滝の, 少年の, 尽きると, 布子を通して, 干乾らびてゐた, 幾たびか, 床に, 彼に, 徐々に眼瞼, 心に, 快よく, 怺えきれなかった, 感ぜられました, 戦車帽の, 承知を, 抑え切れなかった, 押えよう, 拭きたて, 指先へ, 新吉の, 早かった, 最後の, 来た, 枕の, 染んで, 歓びの, 止まらなかったの, 止まりませんでした, 止らなくな, 止度なく, 止所も, 正太の, 残つてゐた, 氷の, 沁み出しました, 沸った, 洪水に, 流るるでしょう, 流れかけた双眼鏡, 流れさえ, 流れたこと, 流れたと, 流れた事, 流れだしました, 流れてばかり, 流れでて, 流れますと, 流れるよう, 流れ下る, 流れ出すと, 流れ出ました, 流れ出る, 流れ出るふう, 流れ尽くして, 流れ次第に, 流れ落ちるでありませう, 浮かびます, 浮き上って, 浮びます, 浸み, 涌きあがりさ, 涙が, 涸れて, 混り合い, 温かく頬, 湧きこぼれました, 湧き上った, 湧き出さうに, 湧き出て, 湧き出るぢ, 湧き流れた, 湧き起って, 湧くと, 湧くほど, 湧く程, 湧立っ, 溜ったとき焼跡, 溜つてゐる, 溜つて声は, 溜つて来た, 溜まり唇, 溢ふれ, 溢れかかると, 溢れするする, 溢れてるの, 溢れます, 溢れます勿体ない, 溢れること, 溢れるほど, 溢れる事, 溢れ出す, 溢れ平野, 溢れ生ぬるく, 溢れ落ちる, 溢れ頬, 滅茶滅茶に, 滲みます, 滲み出た, 滲み出るの, 滲むの, 滲む程, 滴った, 滾び, 滾れさうだつ, 滾れる, 滾れ落ちそう, 漲り出して, 潮し, 潸然としては, 火鉢に, 無いの, 無理かと, 熱く冷たく流れる, 熱く頬, 玉に, 王さまの, 甘い, 生暖かく着物, 留め度, 畳へ, 白くひかっ, 白く溜る, 盛んに, 目を, 直ぐに, 眦から, 眼では, 眼底に, 眼頭から, 睫毛の, 瞳を, 瞼の, 瞼一杯に, 磨きを, 私に, 私を, 秘められて, 突きあげて, 筋を, 米や, 絞り出されて, 絶え間なく, 縁板に, 縷々と, 美しく輝いた, 老の, 肌に, 胸へ, 胸一杯に, 胸中に, 腹の, 膨らみ溜るならば, 自分ながら, 自然に, 英雄的な, 落ちかかってる, 落ちたの, 蒼ざめた頬を, 薄紅く, 裏切って, 見える, 見られる, 見る見る目, 言葉を, 譲吉の, 豐かな, 赤い血潮, 走る, 身の, 転がり出たと, 迫って, 迸しり, 迸り出た, 逆上げ, 道づれでない, 長く垂れた, 降って, 降るよう, 際限も, 零れそう, 零れたので, 零れました, 零れるので, 零れるよう, 露と, 青二の, 頬から, 顏を, 飛ぶ, 飛騨の, 黒いしずく

▼ 涙~ (1502, 9.8%)

37 顔を 34 中に 29 出るほど 22 うちに 16 ために, 中から, 眼を 15 ような 14 中で 13 玉が, 痕が 12 ように 11 あとが, 目を 10 目で, 谷に 9 こぼれるの, こぼれるほど, すじが, 出るよう, 玉を 8 やうに, 谷, 顏を 7 味を, 眼で, 音が 6 たまった眼, なかに, やうな, 出そう, 出る程, 流れるの, 粒が, 隙から, 雨に, 露が 5 痕を, 種を, 裡に

4 [18件] あとを, かわくヒマ, こぼれるよう, すじを, にじむよう, 中の, 出て, 出るの, 堰を, 底から, 熱さ, 玉の, 眼に, 落ちて, 袖を, 門を, 間から, 面を

3 [42件] ある人間, うかぶを, かわく間, こぼるる, こぼれそう, こぼれるに, しづく, たまって, たまるの, でるほど, にじんで, 上に, 中にも, 中へ, 乾くひま, 代りに, 価値を, 出ること, 出るもの, 堰が, 壺を, 川に, 後の, 意味を, 止め難けれ, 池に, 泉は, 流れて, 溢れて, 滴が, 痕は, 目に, 種, 筋を, 袖に, 跡が, 雨が, 雨を, 雫が, 露に, 頬に, 頬を

2 [96件] あいだに, あとの, いっぱいたまった, いっぱい溜った, うちから, うちでございます, おさまつ, かのひと, こぼれて, こぼれました五十分一, こぼれること, こぼれるを, こぼれ落ちるの, ごひ, しずくが, ない以前, なかで, にじむこと, にじむほど, にじむ思い, にじむ様, ばらばら袖に, ひまひまに, ほうが, わくの, 上で, 乾いた眼, 乾かねえの, 乾く前, 光って, 出るに, 出るほどの, 出るまで, 出る様, 出る眼, 前に, 前には, 匂ひ, 半生, 味が, 味は, 声たかく, 多い生涯, 奥から, 奥で, 奥の, 如く, 川の, 怺え, 文字は, 方が, 時雨に, 条が, 様, 水こぼし, 水動悸の, 泉が, 洪水に, 流るるに, 流れるまま, 流れを, 浮んで, 海に, 混沌を, 湧くの, 溢るる, 滲むほど, 滾れるよう, 漲るの, 為に, 犧牲を, 玉は, 珠が, 痕と, 痕の, 痕はみゆれ, 痕も, 種だ, 種と, 種の, 粒を, 糸が, 紐が, 織手, 落ちそう, 落つるかな, 落つるを, 裏打を, 跡は, 跡も, 鍾る, 間を, 隙に, 雨の, 雫を, 露を

1 [668件 抜粋] あいだから, あと, あとで, あと斑, あふり落ちたの, あふれるやう, あふれ出る, あらん限り, あるもの, ある優しい, ある方々, いじらしいを, いちじるく, いつぱいにたまつた眼を, いろを, うかぶこと, うき島, うちの, うち掻口説かれる, おさまった自分, おのずから頬, おのづか, おもて, お言葉, お願いきい, か, かかる時, かぎりかけまし, かげで, かわいたのち, かわかない娘, かわくの, かわりに, きらきらする, くり言を, ことだって, ことを, こぼれけり角の, こぼれるばかりじゃ, こぼれるひやっこ, こぼれるやさしい, こぼれる方, こぼれる様子, こぼれる気持ち, こぼれ落ちそう, こぼれ落ちる眼つき, こみ上げて, こもった待遇, こゑ細く, ごはず一, ごふえ, さしぐみて, さす顔, しずくか, しずくも, しぜん, したたりの, したたるよう, しのびあし, しみの, しみ出るよう, しめりの, すじは, すじまで, せかれずば, そこに, そそがれた痕, それに, たえぬくらい, たねも, たまるやう, ため息も, ため息を, ちかと, ちんも, つたは, つぶが, つららとけやらぬ, と, とどめがたい, とめどなさ, ないこと, ない不, ない人生, ない大きい目, ない恋, ない慟哭, ない残忍, ない藝術, なかから, なかにこそ, ながれて, ながれなが, にじみでて, にじみ出て, にじみ出るの, にじみ出るほど, にじみ出る気持, にじみ出る目角, にじむ一年, にじんだもの, にじんだ眼, にじんだ辛い辛い, ぬしに, のちの, の何と, ひぎき, ひとつも, ひとみに, ほかに, ほとばしるの, ほろほろと, まだ流れ尽きぬ, まま永, みきりふさがれる山里, やうでありました, やうでございます, やうでした, ようであった, よごれを, わいて, わかるの, わかる顔, わきか, われ知らず催し来たれる, ギラギラする, シミが, 一しずくが, 一しずく毎に, 一しづく, 一升五合も, 一斗も, 一杯たま, 一杯湛った, 一滴が, 一滴ずつ, 一滴に, 一滴一滴を, 一種類で, 一粒一粒が, 三りんぼう扱いに, 下から, 下は, 下る瞳, 中でかう, 中には, 乾いたあと, 乾いた皮膚, 乾いた緊張, 乾く時, 乾く暇, 人々も, 人々を, 人たら, 人と, 人を, 人生の, 伝った痕, 伝わって, 体よろしく, 価値, 修業の, 催すに, 價値は, 光さえ, 光った眼, 光と, 光るところ, 光るの, 内にも, 冷えゆく除夜, 出かけて, 出しっぷり, 出ずるを, 出たくなる時, 出た長篇小説, 出でん, 出ないすすり泣き, 出ない哀れさ, 出ない慟哭, 出ない歔欷, 出なくなるの, 出ぬに, 出やすい, 出るが, 出るくらいの, 出るとき, 出るやう, 出る口, 出る思い, 出る時, 出る程大笑い, 出る程我, 出る程笑つた, 出口が, 別れの, 劇ばかり, 力のみ, 匂いで, 半紙は, 原因は, 句である, 可能人間に, 合掌の, 名殘, 味とは, 味について, 味わいを, 哀訴が, 地に, 地風を, 垂れるの, 基たる, 報告記である, 声で, 声と, 声ふるはせ, 声を, 外には, 多いその, 多いの, 多いは, 多い人, 多い作者, 多い六年, 多い母, 多い話, 夜も, 奥底を, 奧に, 女が, 如きもの, 如くに, 如し, 嬉しいこと, 子に, 安息を, 宿った痕迹, 宿って, 寒さ, 川が, 幌泉, 幕の, 幾行, 床に, 底に, 強者, 形に, 形を, 影も, 影を, 彼は, 微笑を, 心地こそ, 忍従と, 快感に, 思い出や, 恋や, 恨み顔何を, 息を, 悔みを, 意である, 意味が, 意味に, 感じで, 感触が, 感触に, 憂き瀬, 手もて, 抱擁もて, 捕縄, 握手談笑を, 文と, 日ばかりを, 日記, 明の, 晴れ間も, 暇から, 暗闇のみ, 月にか, 未だ乾かぬ, 未だ乾き果てぬ, 枯れるかと, 棄て場所, 様な, 止まって, 止め途が, 正體, 残りを, 水杯で, 水車小屋で, 氷る未曾有, 汚点を, 池, 池を, 河に, 河また, 沸く目, 泉の, 泉も, 洪水, 洪水憤激した, 流る, 流れたこと, 流れた痕, 流れた顔, 流れるもの, 流れるを, 流れる顔, 流れ出ないの, 流れ続けるため, 浪に, 浮かんだ眼, 浮びか, 浮べるなり, 浮んだ眼, 海なり, 涸く, 涸渇した, 淡絹, 淵には, 添ひ, 温かさ, 温度迄, 湖に, 湛えぶり, 湧き上る熱, 湿は, 源泉と, 溜った眼, 溜つ, 溜つた目で, 溜つて来た, 溜る海, 溢れそう, 溢れるやう, 溢れるを, 溢れる余地, 溢れ方, 溢れ落ちん, 溪, 滲み出すよう, 滲み出るよう, 滲むやう, 滲んだ絹, 滴し, 滴りが, 滾れるほど, 漂った底, 漏る眼, 潮を, 瀧に, 無言で, 熱くなる, 爆発だ, 爲に, 狭霧の, 玉この, 玉で, 玉も, 玉膝に, 珠に, 珠も, 珠を, 珠海棠の, 琵琶の, 甘くし, 甘さ, 生理という, 疼きが, 痕に, 痕滂沱たる, 痕跡及画面に, 痩せを, 白金の, 皺の, 目から, 瞼を, 硝子石, 祈りに, 禁めが, 科学的意義がのみ, 種か, 種で, 種であった, 種である, 種でない, 種では, 種なれど, 種には, 種ばかり, 種我が, 粒の, 糸と, 糸に, 紀念として, 紋切形をば, 納まったひま, 結晶である, 絶えたこと, 絶えないの, 絶え間も, 絶ゆる, 網膜に, 総量よりも, 緒が, 繁に, 繰言, 聯珠として, 聲あわた, 腺が, 臨終を, 自覺, 色を, 花の, 芸であった, 苦々しさ, 苦くし, 華なれ, 落ちぬ, 落ちるの, 落ちるほど, 落る, 葬い, 葬礼行列の, 蒸發した, 薄暗い屋根裏, 虹と, 裏打ちによ, 裏打ちによって, 裏打によ, 記事である, 記憶が, 記録何うし, 谷が, 谷であっ, 谷である, 谷にて, 谷の, 谷を, 谷父の, 貧しさ, 跡, 跡さえ, 跡さへ, 跡の, 跡のみ, 辛い味, 込み上げて, 迫り來, 迫り来て, 連続であった, 遊びだけ, 道を, 遣場, 遺族の, 酬も, 金を, 門は, 関が, 限り泣いちゃった, 限り泣きました, 陰に, 隠れたもの, 隣に, 雨, 雨は, 雨も, 雨露が, 雫のみ, 雫は, 零れること, 零れ候, 霧が, 霰ポロリ, 露の, 露は, 露も, 露音する, 靄を, 面ともなり, 面紗を通して, 音, 音とが, 音やら, 領域から, 頬の, 顏などが, 顏も, 顏今も, 顔, 顔で, 顔と, 顔は, 顔へ, 顔も, 願なり, 飴を, 香も, 黙祷を

▼ 涙~ (1058, 6.9%)

43 濡れて 36 くれて 27 ぬれて 17 ぬれた顔 15 なって 13 濡れた顔 12 咽んで, 暮れて 11 うるんで, くれた 10 むせんだ, むせんで 8 むせびながら, 咽びながら, 曇って 7 濡れた顏 6 おぼれて, ぬれた眼, 濡れた眼 5 ひたつて, ひたり, 濡れた頬, 誘われて, 身を, 頬を 4 くれました, なった, ぬらして, よごれて, 沈んで, 濡らして, 顔を

3 [16件] うるんだ眼, くれるの, して, ひたって, 似たもの, 咽んだこと, 声を, 泣きぬれて, 洗はれ, 溺れて, 潤んで, 濡る, 濡れながら, 眼を, 胸が, 袖を

2 [64件] あふれる淋し, かきくれた, かきくれて, かすんで, くもりしや, くる, くれたり, くれながら, くれまする, くれる, くれるほど, くれ爾来, しめって, ですか, なりかけた, なりそう, なる, ぬれたかお, ぬれた目, ぬれながら, ひたりながら, ふるえて, まみれて, むせた, むせて, むせびつつ, むせぶの, むせ返って, よりて, 似た愛惜, 光って, 咲いた, 咽せ, 咽びました, 手巾を, 掻昏れ, 暮れつつも, 暮れながら, 暮れるお, 暮れる枝垂柳, 曇った, 曇りつつ, 気がつくと, 汚れて, 泣く, 洗われて, 浮くばかりの, 溶けて, 濡れた, 濡れたまま, 濡れた大きな, 濡れた長い, 濡れた青白い, 濡れるの, 瞞着された, 瞼を, 至っては, 蒸されて, 遮られて, 酔おうと, 重き百葉の, 重くなし, 霑れた, 霞む眼

1 [558件 抜粋] あふぐ市びとが, あふれたロイス, あふれて, あふれるよう, あふれんと, あらは, いつか枕は, うるほひぬ, うるみかけた, うるむが, うるむ男, うるんだ, うるんだ両, うるんだ顏, うるんでるやう, うるんでるよう, おせんは, かがやく瞳, かきくもると, かきくれたと, かきくれたる様, かきくれた目, かき暮れまするばかり, かすれた声, かすれる, かすんだ目, ききとれないほど, きら, くぐもった声, くもった眼, くもつた眼, くもらされて, くもりて, くもり顔じゅう, くるると, くるるのみ, くるる秋, くれいたり, くれしが, くれたが, くれた事, くれた夫人, くれつつ, くれていうばかり, くれてるの, くれてる母親, くれなお, くれるお, くれるでしょう, くれるに, くれる姿, くれる者, くれる風, くれ五月十二日, くれ彦右衛門, くれ細事, ござ候, した, しても, しと, しとったハンケチ, しながら, しながらも, しめらされて, しゃくりあげしゃくりあげ秘密, すっかり曇っ, そこの, その今, その晴着, その眼, その胸, その身, ただれた, たとえたの, つかへ, つきあげられて, つき上げられた風, つまされて, つまされる葉子, つめよられて, つゆ偽, つりこまれて, ときどき絶句, とけあって, とけるとも, とらわれて, なして, なったの, なっての, なつて, ならない涙, なりいる女房, なりかけるほど, なりさ, なりて, なりゐる女房, なりシク, なりシクシク, なると, なるとは, なるばかり, なる胸, にじむ心中, にじむ曲, にじむ木綿縞, にじんだ左, ぬれた, ぬれたあと, ぬれたよう, ぬれた人, ぬれた姉, ぬれた小さな, ぬれた左, ぬれた怨めし, ぬれた感動, ぬれた手, ぬれた蒼ざめた, ぬれつ敵, ぬれてるの, ぬれに, ぬれひたりながら, ぬれる, ぬれるお蔦, ぬれること, ぬれる顔, ぬれ明, ばし, ひたされた熱, ひたされて, ひたしきって, ひたった, ひたりました, ひたること, ひたるの, ひぢ, ひよい, ふくらみ熟し切らぬ桃, ふけって, ふさわしくなかった, ふた, ふりしきる, ふるえる声, ほだされて, まさる思い, まじり, また新しい, まみれながら, みちた日, みちて, むせいりながら, むせかえって, むせばれて, むせびおるもの, むせびかけた, むせびそれからまた, むせびついに, むせびジャン, むせび合うたの, むせび声, むせび感泣, むせび泣く若い, むせび給えば, むせぶ, むせぶの体, むせぶよう, むせぶ連中, むせんだの, むせんだほど, むせんだもう, むせ返るの, もろい倉蔵, もろかつ, よごれた小さな, よごれた眼元, よごれた頬, よごれた顏, より明るい, キラキラと, グチられ, ボロボロ濡れる, ムセびつゝ首肯く, 世紀の, 乱れたり, 乱れるの, 今の, 代りました, 似たるつゆ, 似たる雨, 似た雨, 価する, 候, 充ちて, 光った目, 光つてる, 光つて居た, 光るの, 光る眼, 六度の, 出かねて, 刺された, 創作を, 動こうと, 化して, 口に, 合わせて, 吊り上った, 同情する, 咽せぶ, 咽せんだ, 咽ばうとして, 咽ばしめたり, 咽ばせたこと, 咽ばせて, 咽ばぬ者, 咽ばるるかは, 咽ばれしも, 咽ばれぬ, 咽びこれ, 咽びそう, 咽びわれ, 咽び妻, 咽ぶこと, 咽ぶばかり, 咽ぶべきなれど, 咽ぶ事, 咽ぶ声, 咽ぶ夜, 咽ぶ心持, 咽ぶ目, 咽んだ, 咽んだだろう, 咽んだという, 咽んだので, 咽んでしまつた, 咽喉を, 哀れを, 唆られた, 喉が, 塞がった, 塞り, 変った, 変わって, 変わりは, 変化し, 多分の, 娘は, 媚び給うな, 媚ぶと見え, 宿りし面影, 富んで, 当惑した, 彼の, 彼は, 得堪へぬ, 怒りが, 思はず貰泣, 意気地も, 成ったと, 成つたとして, 成りませる神, 我れ, 我身を, 手さへ, 打ち湿って, 打蕭れつ, 托して, 掻き暮れた, 掻き暮れて, 掻き暮れぬ, 掻き消えるかと, 故山の, 斑, 明くる, 明けた一月あまり, 明けて, 昏れて, 星の, 時を, 暮るる, 暮れたもの, 暮れたる, 暮れました次第, 暮れまして, 暮れる, 暮れること, 暮れる木, 暮れる様子, 暮れる百姓, 暮れ南の, 暮れ涙に, 曇った声, 曇った眼, 曇つた私の, 曇つてゐ, 曇らされて, 曇らして, 曇らせ, 曇りつ, 曇るばかりにて, 曇る時, 曇る玉, 曇る目, 曇る眼, 曇る瞳, 曇る聲, 曇る顏, 曇れる, 枕も, 染んで, 欺されない, 死体の, 気がついた, 気がついたよう, 気がついて, 気がつきそして, 氷る枕, 汚れたる男, 汚れた顏, 汚れた顔, 沈ましめて, 沈み居たるが, 沈む様, 沈んだ, 沈溺する, 沾み, 沾れた, 沾んだ, 泣きくずれて, 注意を, 洗い去られて, 洗って, 洗は, 洗われたよう, 洗われた後, 洗われた顔, 洗われては, 洗われながら, 浮き沈む, 浮くばかり, 浸されずには, 浸された先生, 浸せる我心, 浸れる灰色, 消えました, 深き袖, 添ひ, 湿おされた愛しき, 湿った声, 湿って, 湿め, 満ちた作品, 満ちた眼, 満ちた美しい, 満ちてる目, 満てる梅子, 溢れた涼しい, 溢れた眼, 溢れて, 溶かして, 溶かすまいと, 溶けても, 溶けぬ, 溺れなかった為, 溺れながら, 溺れるの, 溺れるやう, 溺れるよう, 滲んだ弔詞, 滲んだ眼, 滲んでる筆先, 滿ちた, 漂って, 漲つた聲, 潤うた心, 潤った低い, 潤ってる, 潤へる, 潤み頻りに, 潤む声音, 潤んだ目, 潤んだ瞳, 濁った恋, 濡める, 濡らされて, 濡らした凄, 濡らすは, 濡れ, 濡れぎらぎら, 濡れし其袂, 濡れたつぶら, 濡れたま, 濡れたよう, 濡れたる二つ, 濡れた声, 濡れた女, 濡れた左右, 濡れた平次, 濡れた彼ら, 濡れた微笑, 濡れた手, 濡れた接吻, 濡れた深刻, 濡れた私, 濡れた細り畳んだ手拭, 濡れた群衆, 濡れた蒼ざめた顔, 濡れた麗子, 濡れながらも, 濡れほの暗き, 濡れました, 濡れること, 濡れ潤つた, 濾過せられる, 無理は, 熟ましむる魂, 燻蒸し, 特別な, 生きる漢同士, 疲れた眼, 目くらみ, 目の, 目も, 目もとを, 目を, 真摯な, 眼が, 眼も, 知れそして, 破れんと, 礙えられ, 祝福あれ, 私は, 結び着けて, 絶えなかつた, 絶句しました, 美しくぬれ, 耐えて, 聲を, 肩打たれたる, 胸も, 脆い父, 自分が, 興奮し, 色の, 著て, 蔽るる, 薫蒸され, 薫蒸し, 衣濡せり, 袖の, 裂くパン, 襟を, 見えわかぬ, 触れる機会, 詰まったよう, 誇りを, 誉に, 誘うの, 誘つた, 誘はれさうになつ, 誘はれたので, 誘はれ終, 誘われたよう, 誘惑された, 豊かな, 負けただけ, 負けて, 赤らめる眸, 蹌ふ, 輝いた眼, 輝く眼, 輝けり, 迎え家中, 近い感謝, 送られて, 透かして, 途切れるの, 遊戯する, 過ぎなかつたの, 道を, 醉へる, 金剛石は, 長手紙が, 閉ざされて, 閉じられて, 関連させられた, 雨の, 震えて, 震へて, 霑された, 霑し, 霑んだ, 霞む老眼, 青みゆかむ, 頼つて悲し, 頼ること, 驚いたの, 驚きて, 驚愕し, 黒くよごれた

▼ 涙~ (556, 3.6%)

10 頬を 6 とめども 5 ない, 出なかった 4 ながる, 一滴も, 私の

3 [11件] あとから, あふれて, こぼれて, すぐと, なかった, もう乾い, 人生を, 出て, 各自に, 彼女の, 流れて

2 [41件] すぐに, そのま, そんなにも, とまらなかった, とめどなく流れる, はても, はら, ほおを, ほろほろと, もうすっかり乾い, もう胸一杯, ら, ハラハラと, ポロポロと, 人の, 僕の, 僕を, 出ず豹一, 出ても, 出ない, 塵を, 容易に, 尽きぬ, 幾何流れ, 彼の, 後から, 日常の, 止まらなかった, 止らなかつた, 母子の, 水では, 泉の, 流れる, 清子の, 湿す薜蘿, 滂沱と, 漸く乾きました, 甘いだらう, 眼に, 私には, 頬に

1 [403件] あったの, あったればこそ, あなたが, あのひと, あふれたが, あふれ落ちた, あまり, ありません, あるもの, あれは, いくらでも眼, いたい, いちどに男, いったい何, いつか知らず, いつの, いつの間にか乾い, いつまでも, いまだに, いまは, いよ, いよいよ流れ, うつむいたままあふれ, おのずから乾いた, お互, お互いに, お前たちだけの, お妃, お嫌い, お見せ, かくこそ, かれら, かれ悲し, かわくこと, この子, この玄境, こぼれしが, こぼれないのよ, こぼれないもの, こぼれない心持, こぼれなかった, こぼれぬかと, ございません, さすが眼, さそい出されて, さっき父親や, しじに, すすり泣きに, すると, そこから, そのひと, そのゆえ, その傷者, その寝, その指, その理由, それと, それに, そろそろ甘い, たしかに別離, ただちに源三郎, ただわけ, ためつ, だらしなく, だれに, だんだん流れ, だんだん量, ぢき, てなし, でないで, とうとう頬, とまって, とめどなく流れた, とめよう, ともかくも, ともに誘われた, どういふ, どうする, どこへ, どの位, どんなに悲しい, なおつづい, なお流れつづけた, なお速く, なかつたが, ながしたが, ながれ出, なくて, なくなり生命, なによりも, にがい, にじみ出るであらう, はてしなく, はや宮の目, はらはらと, ひえっと, ひとつぶも, ひとみの, ぴたりと, ふり落ち来, ほろ, ほんの三粒, ぽろ, ぽろりと, またほほ, またよく, まだかわい, まぶたに, みんなお鍋の, もうこぼれなかった, もう一人, もう側, もう古い, もう止められない, もう流し切っ, もう生き, もう頬, もとよりこぼし, もりあがって, やがて止まった, やつぱり自分の, らひもあ, わきて, われらが, われらの, アグーシャの, アドニス花と, ウソだ, エレーンの, ヒロと, ホロホロと, ポトポトポトポト溢れ, マヂメで, マヂメな, 一層激しく, 一度堰, 一時に, 一滴ずつ, 一箇の, 一緒に, 一行書く, 万人の, 不吉だ, 不吉でございます, 不吉不吉ご覧候え, 不思議にも, 不覚に, 丑松の, 九四歩の, 乾かじな, 二人の, 亭主の, 人が, 人を, 人恋ふる, 人生に, 人見ず, 人間苦の, 今が, 付き物と, 何うし, 何か, 何だか神聖, 何だろう, 何の, 何も, 作者一人の, 信用できる, 個々に, 偉大を, 僕が, 光って, 光る, 全くわけ, 全く突然に, 兩眼に, 兩頬に, 六三郎の, 其方が, 其若い, 其顔を, 冷ややか, 凍る威海湾, 出さうにも, 出さず眠りました, 出さず考えるよう, 出すまい, 出ないけれども, 出ないのに, 出なくな, 出る顔, 出れど, 初て, 千行に, 単なる悲しみ, 卯平の, 反つて, 反省の, 口惜しい意味, 名前を, 名奉行, 喉に, 基督の, 塩っ, 声の, 外に, 夙に流し尽した, 夜の, 夢から, 大雨の, 奈何に, 嬉しい涙, 嬉し涙とは, 子供の, 宛然に, 実は桂子自身, 実際彼, 容易ならざる, 容易にと, 小児でも, 小言などには, 少しも, 少し鹹, 少年の, 尽きる間, 己れ, 巻紙の, 幻の, 幾何ぞ, 床板を, 彼らによって, 彼らの, 彼女に, 彼自身にも, 徒に無心, 心ない, 必ずあがなわれなく, 忍ばれず雙頬傳, 忘れたよう, 思はず知らず流れ落ちて, 悲しみを, 愁く, 愈, 意気地なく, 意識し, 感激の, 慰藉である, 我得, 或は民族的, 戦敗の, 抑えやすい, 拙者には, 拭くあと, 拭われたが, 指の, 新しくわき返った, 新たに, 新に, 日の本の, 日頃の, 昔の, 時雄の, 最も激しく, 枕の, 枯れて, 染め絹の, 栄華の, 止って, 止めどなく, 止めどなし, 止めようも, 止らなかった, 止りそう, 止度も, 此身の, 毒杯の, 水の, 決してわけ, 法衣の, 流さなかった, 流して, 流る, 流るるとも, 流れた, 流れたその, 流れなかった, 流れに, 流れるけれども, 流れるでしょう, 流れるほども, 流れ出すの, 流れ笑, 浮かばなかった, 海の, 海より, 海人も, 消えて, 涸れたが, 涸れて, 涸れないだろう, 渇かなかった, 湧かなかった, 湧かなかったの, 溢れたり, 溢れ溢れて, 滂沱として, 滝の, 滴々として, 滴々彼等が, 滴々湛え, 滾, 潜, 潮時が, 瀝ぎきれない, 点々と, 為に, 無いです, 無かった, 無念の, 無論出なかった, 熱かった, 爆音を, 猪口へ, 理智の, 理知や, 生あた, 男の, 男は, 男らしい御, 男子の, 男泣きにかと, 異常な, 痩せた頬, 発作的に, 白粉の, 益々繁く, 益眼に, 盡きず, 目から, 眼を, 眼中に, 瞼に, 瞼を, 知らぬ男, 知ろしめさめ, 砂を, 禁物せっかく, 私よりも, 秋の, 秋雨に, 篦棒である, 紙上に, 終に見ざり, 経験で, 絶えずまぶた, 絶えず彼らふたり, 絶えなかったこと, 絶間も, 耳から, 耳からは, 耳の, 胸から, 能く, 自ずと頬, 自分から, 自分の, 自然に, 若々しい頬, 苦手だった, 菊之丞の, 落さなかった, 落ちずに, 落ちた, 落ちて, 落つるので, 蜆貝に, 見えなくとも, 見せない事, 見せなかった, 見せなかったが, 誘われがち, 讀むに, 赤く光っ, 走る, 身より, 辛かつたらう, 近づくあらし, 遂に理性, 遠く別れた, 酔って, 降って, 際限ない, 雨と, 雨後の, 雨洩, 雪が, 雪の, 零さなかった, 頬っ, 風の音にも, 鹽つ, 黒き汚れ, 鼻の

▼ 涙~ (403, 2.6%)

8 出て, 出なかった 5 出ない 4 乾いて 3 ない奴, 何も, 出ないの, 出ません, 流して

2 [32件] ある, あるの, あるよ, ある血, こほる, こぼさずに, こぼして, ないし, ないん, ない人間, ない殺人鬼, なかった, なくただ, ろくなつて, 乾きはてた遭遇, 今は, 凍る冬, 出ないくらい, 出ないですよ, 出なかつた, 出なくなって, 出ねえ, 出るの, 忘れて, 止った, 水洟も, 流さずに, 流れて, 涸れて, 添って, 無い奴, 良心も

1 [299件] あった, あったろう, あってこそ, あつた, あなたを, あらは, あらむ歌, あり, ありがたい涙, ありませんでした, あり未, あるばかり, あるん, ある上申, ある人間, ある廉直, ある男, ある鎌倉, あれば, いかなる至情, いと熱く, うかべない夫人, うけよとや, おとして, おぼえる, おもほ, かきあへ, かなしみも, かれて, かわかざるとき, かわかないうち, かわかぬ今, かわきあがった両, こぼさせなかった, こぼさないで, こぼさないでしおれて, こぼさなかった, こぼされないの, こぼしこぼしした, こぼすまい, こぼれず動悸, こぼれつべくゆかし, こぼれて, こぼれない, こぼれないまでに, こぼれない色里, こぼれようわい, これだ, さそわずに, したたらむ, したたり, しるく, すこし出たい, そのままほとばしり出た, それからの, それで, たつぷり, たまつて, つまる極端, てる彼, でないや, でなかった, とどまらずあかあか, とどまらず親, ないお, ないて, ないといふ, ないの, ないので, ないやり方, ないよう, ない仕方, ない冷やか, ない冷静, ない厚顔無恥, ない強慾者, ない悪党, ない政略家, ない根性, ない極悪非道, ない母子ぢ, ない生涯, ない男性, ない督促, ない緑地, ない老人, ない遣り, ない金, ない鋼鉄色, ない非情, なくこの, なくその, なくなる奴, なく哀傷, なく平易, なく憎々しく言い切っ, なく苦しもう, なく荒涼と, なしに, にじみ出して, ねえ獣, ねえ畜生, のんで, ふいたよう, ふいて, ふかずに, ほしいの, ほろほろと, また涸れ, まづその源, みんなあげ, もうハンカチ, もう乾い, もう涸れ, もろい, ろくに出なかつた, わいて, わかず茫然自失, バツカスの, バーンズの, 一し, 一しよ, 一分も, 一度に, 一所くた, 一緒に, 乾かぬうち, 乾く, 乾くらむ, 交って, 亦湧き, 人目を, 人間性も, 今に, 他れ, 仮借も, 催さむ許, 共に唯一息眼, 内田が, 冷笑し, 凍るこの, 出かからないばかり, 出ずかへ, 出ずその, 出ずた, 出ずただ, 出ずに, 出ず声, 出ず息もつけずに, 出ず折々, 出ず隆夫, 出そう, 出たがヨー, 出でざるべしさて, 出でず, 出でず当局者, 出でず素より, 出ないし, 出ないで, 出ないほど, 出ないよう, 出ない今, 出ない光君, 出ない口惜し, 出ない声, 出ない心持, 出ない思い, 出ない有様, 出ない樣子, 出ない現, 出ない由五郎, 出ない程, 出ない訳, 出なかったし, 出なければ, 出ぬ, 出ぬ始末, 出ねい, 出ねえよう, 出ませんでした, 出ませんへ, 出るじゃ, 出んよう, 加勢には, 唾も, 啜泣, 喜びも, 嘘では, 声も, 夜は, 夢も, 嬉し, 容易には, 宿っては, 尽きて, 尽き果てて, 幾す, 度重なると, 彼を, 従って涙そのもの, 心づかいも, 心も, 忘れました, 怒りの, 恋人の, 悲哀の, 情も, 意識しない, 意識する, 憐み, 拭かず往還, 拭き得なかったの, 拭き敢, 拭わず位牌, 拭わず見送って, 拭われぬ限り, 持たずに, 持たないのに, 持たない一個, 持たない資財, 持って, 既に乾きし如く思はれ, 果して人間的, 枯れたよう, 枯れ果てて, 歎息も, 止めあえぬ川手妙子さん, 気ままに, 決心も, 泛んで, 流さずく, 流さず考え, 流さないでしょう, 流せなくなって, 流れなかった, 流れなかつた, 流れるの, 流石に, 浮かんで, 涙に, 涙雹の, 涸れきった上, 涸れさうに, 涸れそう, 涸れた様子, 渇いた二つ, 滾れるの, 漲り落ちる黒女, 無い人々, 無い優勝劣敗掴み取り, 無い卑怯, 無い惨毒そのもの, 無い無, 無い観賞眼, 無い資本万能, 無く泣きじゃくっ, 焦立ったよう, 皆ここから, 皆一つ, 眼の, 睫毛に, 知らずに, 知らぬ, 知らぬよう, 知りつくしたはず, 私の, 笑いも, 笑ひも感嘆の, 細繩ほどの, 綺麗サッパリない, 義理も, 苦悩も, 落さなかった, 落しけむ, 落しました, 落ちます, 薫るらむ, 袖に, 褪せ果てた見すぼらしい本心, 襦袢の, 見えた, 見えるか, 見せずに, 見せず問い返した, 見せて, 見せなかった, 見た, 解けるでしょう, 詰まって, 道を, 隱さう, 零つるばかりに, 露も, 静かな, 静まって, 頬に, 飮みたれ, 骨も, 鼻水もよ

▼ 涙~ (375, 2.4%)

14 いっぱいに 8 ぬれて 7 濡れて 6 うるんで, 眼が 5 目が 4 あつた, ぬらして, 濡らして, 顔を 3 かがやいて, 一ぱいに, 一杯に, 出たが, 洗われて, 濡れた眼, 瞼が, 頬を

2 [19件] いっぱいだった, いっぱいな, かすんだ目, ぐっしょり濡れ, ぬらしながら, べたべたに, もって, よごれた顔, 一ぱいになつてゐたさうでございます, 一パイに, 一杯にな, 共に, 彼女の, 日を, 濡れました, 眼を, 胸が, 頼むの, 顔が

1 [251件] あたりが, あの美くし, あふれるでは, あらうか, いた, いっぱい, いっぱいであった, いつぱいになることがある, いるという, いる人, いる新, いッぱいになってきた, うまく勤め, うるませた, うるんだ声, うるんだ眼, うるんだ聲, おた, お目, お綾, お話は, かがやいた, かくす白粉, かすれる聲, かすんだ, かすんで, かたの, かたまったの, くもった, くもって, くらして, ぐしゃぐしゃに, ぐつしより濡らした, こね廻して, このごろは, こらえて, こりゃ新造, しじゅうぬれ, しのいだ年月, しばしの, しめされるな, しめらせて, しめりました, すっかり浸され, すっかり濡れ, すっかり濡れ輝い, すらあった, せう, そこが, そこに, つぐなわれるからね, つまって, どこまでも, ぬらしその, ぬらしたこと, ぬらし甘やかすだろう, ぬれた顔, ぬれる静か, ねった土埃, ひからせて, ひどく濡れた, びしょぬれの顔を, びしょびしょに, びっしょりに, ふさが, べた, ぼやけた, ぼやけて, まちがいだらけの, まるで気持, むかえた老, むせ返って, ものが, ものを, よごす白粉, よごれ独り, わしの, わたしは, わっと, グジャグジャに, グツシヨリにな, ケースが, ベトベトの, 一たんこぼれ出した, 一ぱいだった, 一ぱいで, 一ぱいになつた, 一ぱいになつて来ました, 一ぱいの, 一体何, 一杯だった, 一杯だつた, 一杯で, 一杯です, 一杯の, 乾張つた顔に, 亡き人を, 人間に, 今度いよいよ, 以って, 以て, 以來野口から, 伸子に, 何にも, 何もかも, 何を, 僕も, 光ってる頬べた視, 光つてゐる, 光らしながら, 光らせた瞳, 全然酒, 冷たかつた, 出ましたもの, 出現した, 切れたらそれ, 別れて, 別れを, 別れ独り市ヶ谷本村町, 半歳我慢した, 半襟の, 原稿を, 台無しじゃ, 合点しました, 向うが, 咽喉が, 咽喉を, 唄を, 堪えきれなくなつ, 声が, 声を, 大きく斑点, 妥協する, 尋ねたが, 山が, 崩れたあなた, 崩れて, 必ず月, 怨んで, 悔いの, 患者を, 悲しい相, 慄えるであろう, 手渡して, 抱擁し, 押し流して, 拭つ, 採集される, 描いた眼くま, 撒る, 暗くなる, 暮して, 暮らして, 曇って, 曇つた圭一郎の, 曇つた宗右衛門の, 曇つた眼で, 曇つてなんにも, 曇らされる, 曇る眼鏡, 書いたといふ, 書いて, 書かれた宗教, 月は, 枕を, 権堂を, 欄干を, 止められる事, 死ぬばかり, 死衣裳に, 水鏡は, 汚らしくし, 泣きました, 泣くもの, 洗うに, 洗ったよう, 洗って, 洗われた, 洗われた美しい, 洗われた顔, 流したかった, 浸って, 湿おうて, 潜然, 潤って, 濕つてゐた, 濡て, 濡らしたまま, 濡らした大地, 濡らしながら, 濡らすという, 濡れた, 濡れたハンカチーフ, 濡れた顔, 濡れるの, 濡れるばかり, 濡れ放題にな, 灰が, 煮え返るその, 熱くなった, 燈架は, 燒ける, 物が, 現像し, 生甲斐なく, 男泣きの, 白粉を, 目の, 目も, 眼も, 私の, 私自身を, 答えた, 築造せしめた, 絶句し, 編目が, 胸も, 自分の, 自己の, 自殺まで, 臺無しぢや, 茹であげたやう, 蔡瑁は, 薄く潤ん, 見えなくなって, 見えなくなるまで, 見えなくなる眼, 言うた, 言ふた, 話も, 責めるな, 赤色に, 輝いて, 送るよう, 途切れて, 重ったまぶた, 錢形の, 長い間, 開かぬ眼, 降るぞへのう, 雲が, 震える視野, 霑んだ, 音が, 顔いっぱい濡らし, 顔じゅうを, 顔中ぬらぬら, 顫へて, 魂まで, 鼠を, 鼻が

▼ 涙~ (245, 1.6%)

12 なって 8 なつて 7 一緒に 3 なった, 水洟を, 汗の, 涙の, 笑ひ

2 [12件] なりに, 一所に, 云ふも, 同じやう, 同じよう, 堅い鉄, 感謝とが, 流れ, 笑いの, 笑とを, 追憶に, 鼻水と

1 [179件] いう, いえば, いえるよう, いっしょに, いっしょの, いふが, いや己, うめきと, おなじよう, きいたから, ことに江戸城奥向き, ござんす, ごっちゃに, した, しろき涙, その身, それに, つるぎの下に, であった, です, なったと, なっては, なやみと, ならないで, ならぬほどの, なり, なりそして, なりますれば, なり妻, なれば, なろうと, ふりしきる, まごころ, まじって, まじつて見える, また怒ったら, みじめな, めぞ, やさしい笑み, アモモとを, ガスの, 不幸との, 云うの, 云うもの, 人工との, 今また, 何とちがっ, 光栄とを, 全体の, 共に散り, 共に語る, 勤勞に, 化して, 口惜しい涙, 同じくらい, 同じもの, 同時に何, 同様に, 呪詛と, 哀願によって, 嗄れるばかりの, 嘆息の, 圧迫とを, 声とが, 変わって, 太息とで, 奇靉を, 奮起する, 媚と, 寝垢, 峻厳を, 幸の, 引き裂かれ失われたすべて, 影を, 心の, 忍耐とを, 怒りで, 思ったの, 怨みを, 息を, 息子の, 悔恨とに, 悪罵とででも, 悲痛とを, 情痴な, 愛と, 感激とに, 感謝と, 感謝との, 感謝とは, 感謝とを, 慈悲の, 慰められて, 憂ひを, 成って, 成るので, 戦慄なし, 戯れて, 接吻で, 接吻の, 救ひとが, 敬虔と, 時たまの, 根気を, 歎息と, 歓喜の, 残って, 水ぱなが, 汗, 汗と, 汗とが, 汗とで, 汗に, 泥を, 洟とが, 洟の, 涎が, 淋しさ, 混れる, 溢れ流れるの, 濡れた睫毛, 無言の, 焦燥とを, 生命と, 生命とを, 申しますの, 眞情が, 石と, 祈りで, 祈祷とで, 称ばれた, 空とを, 竜巻とを, 競うもの, 笑いと, 笑いとを, 笑い万事, 笑と, 笑とが, 笑とで, 笑とは, 笑とを通じて, 笑の, 筋肉を, 結びついた, 聞くや, 興奮に, 花やかに, 苛立った憤りとを, 苦い経験, 苦しい笑い, 苦惱の, 萬朝の, 薔薇の, 血と, 血とで, 血とに, 血の, 血を, 見し露, 見る趣向, 言葉との, 訴えとだけで, 訴えとを, 誤解し, 身悶えに, 送りて, 透明な, 遠い追憶, 針を, 闘いながら, 露に, 青白き夜, 音樂との, 頬摺りの, 香の, 鼻水とを, 鼻汁とで, 鼻汁とは

▼ 涙さえ~ (98, 0.6%)

6 光って, 浮んで 5 流して 4 こぼして 3 出て, 流した, 浮べて 2 含んで, 泛べ, 浮かべて, 浮かべながら, 浮かんで, 浮べてるらしい, 浮べながら

1 [54件] うかべ, うかべた, かわいて, こぼしたの, こぼす桜, こぼれて, これについては, そのまま黄色く, たたえながら, ためて, ないでしょう, ながした, もって, 一滴も, 予期し, 催されます, 光らせて, 出されない苦し, 出ない, 垂れて, 大抵は, 宿して, 差しぐんで, 忘れて, 恨めしげ, 止まって, 泛べた, 泛べて, 流したら許して, 流した事, 流しは, 流すこと, 浮かべたの, 浮かべたもの, 浮ばせる, 浮べさせたの, 浮べた若い, 浮べば, 浮べられました, 浮めました, 涸れ尽して, 湛え, 湿んで, 溜めて, 溜めるの, 溢れて, 眼に, 落しました, 落ちそう, 見せたくらい, 見せたので, 見せて, 遠慮し, 頬には

▼ 涙ながらに~ (95, 0.6%)

3 いいました 2 友の, 手を, 辞退の

1 [86件] あきらめしめました, お立ちに, お請, かき口説いた, こう語り進みました, こう語る, この家, しがみついて, そのこと, その夜, その袖, その話, それを, ひまを, もうとても助からぬ, アワレミを, パンを, 三つの, 三年前の, 云い張った, 云つた, 依頼される, 入り来り, 刀を, 取り出して, 呟いた彼, 唯一人の, 固い約束, 声を, 少年たちの, 待ちうけるその, 待ちながら, 承知し, 拜むお弓を, 拝むお, 按摩し, 掻口説け, 書いたよう, 歎息する, 正介, 死裝束の, 波を, 漸と, 物語った, 物語れば, 申しました, 申し上げると, 申渡すという, 男に, 私の, 窮状を, 答えた, 答えました, 羊の, 膝を, 臨終に際して, 船は, 良人の, 花嫁の, 葉子と, 見たこと, 見送つて, 言うん, 言ふ, 言ふんだ, 許して, 訴えたり, 詫言を, 詰め寄った, 話した, 語った, 語りました, 語り出づるよう御身に, 語り續, 語るもの, 説き勧めて, 説き諭した, 諫むる瀧口入道, 諫めかける, 諭したま, 遣つた, 野辺送りを, 金星を, 頭を, 頼むの, 頼んだと

▼ 涙もろい~ (57, 0.4%)

4 歌や 2 か, 人情のみが, 性質を, 気の, 男は, 藤吉郎は

1 [41件] からばかりで, こと, ことに, しとやかな, とかなんとか, ところが, ものは, ものを, 二人は, 人たちの, 人に, 人を, 人情家の, 人間だ, 人間と, 先輩が, 友達に, 同心が, 外に, 女今でも, 女客などは, 女近代主義の, 思いやりの, 性分で, 意気地ない, 方であった, 東北出身である, 気持に, 気持を, 江戸かたぎから, 泣き蟲, 火星の, 男だ, 癖の, 瞼の, 純情の, 苦労人といふ, 西田は, 詩や, 話など, 鈍愚な

▼ 涙もろく~ (46, 0.3%)

6 なって 2 て几帳面, なる

1 [36件] ある時, おなりに, さえなっ, そして義胆鉄, それだけ激, ちゃあいけねえ, てお玉さん, てよく, て困ります, て妙, て情, て清らか, て誰, なった, なったお母さん, なったの, なった平, なりしきりハンケチ, なりました, なりますから, なり情緒, なり戦争そのもの, なり泣いてばかり, なること, なるだろう, なるので, なるやう, ひょろりと立っ, もなっ, 同情と, 女性的な, 後者は, 手紙でも, 涙が, 私たち子供たちに対しては, 老人は

▼ 涙でも~ (44, 0.3%)

5 なければ 2 流して

1 [37件] あったか, あったが, ありました, あり喜び, あるならば, あるの, あれが, うつむいて, うれしくて, お色気, こぼせば, こぼれそう, ございません何とも, そんな意味, たまったよう, でるだろう, ない, ない白, のみ込むやう, また悲しく, よい進ん, 一滴くそ, 何でもねえ, 信吉にとっては, 出て, 口惜しい涙, 含んで, 堪へて, 女は, 拭きねえ, 昔を, 流さねば, 溜めて, 滾しながら, 滾れさうな, 見せられは, 黙って

▼ 涙ながら~ (42, 0.3%)

3 写真と

1 [39件] いはるるにぞ, いろいろ始末, いわるるにぞ, うなずいた, この終わり, これ, そのままじっと抱, であったと, ニコニコし, 三戸に, 云うには, 人々は, 何処かへ, 來し, 向き直って, 嘆いたこと, 報じた, 巻き納めた, 彼の, 後に, 思うこと, 承知した, 控へる, 掻き口説くの, 桔梗の, 火宅の, 物語った, 甘夫人, 真雄の, 聞かされまして, 見て, 見送る幼少, 言つた, 語るを, 読んで, 踞居て, 長沙城, 門出を, 頼んで

▼ 涙と共に~ (41, 0.3%)

2 光つてゐた, 掻口説き

1 [37件] あのよう, おわびを, よよと声, 別れた, 口説かれたの, 叫んだ, 喜ぶより, 声を, 娘を, 容易く二人, 床の, 庵室の, 悲しい声, 手を, 打ち伏, 掻き口説いて, 揺った, 日を, 歌われたブラームス, 水戸を, 流し去って, 流れ出すと, 浮かぶ考え, 涸れはてて, 溢る, 疊に, 私は, 穴生の, 節子は, 糧を, 絡み付く繁代, 自白した, 葬られたなどとも, 言った, 語り出で, 長老の, 随喜の

▼ 涙~ (41, 0.3%)

14 がるる 5 がしぬ 3 のか 2 がしき, がれい, がれき, のだ, のである 1 がしける, がしそ君, すしづく流れ, のでした, のです, ので勝氣, んでございます, 添へそ山ほととぎす, 艱苦と

▼ 涙~ (37, 0.2%)

5

1 [32件] が死ん, こそは大衆小説中興, という世にも, といえ, と遠ざかっ, などを愛読, に興味, のあの, の二十年代, の作品, の作物, の全, の創作, の小説, の探偵小説, の探偵小説全盛, の書く, の書物, の死美人, の洋装, の翻訳, の著作, の著書, の著書蒐集, の訳, の話術, の飜譯物, は小説家, もある, も翻訳, を再び, を忘れかけ

▼ 涙~ (30, 0.2%)

2 へ, へ出されない, へ浮べ, へ涸れなけれ

1 [22件] う云, へあつ, へこぼし, へこぼした, へこぼれた, へさしぐむ, へにじみ出し, へも出さう, へ催させる, へ君, へ大抵, へ幽か, へ染ん, へ流し, へ浮べた, へ浮べられ, へ浮ん, へ浮んだ, へ滲む, へ禁じ得な, へ見せぬ, へ込みあげ

▼ 涙とともに~ (29, 0.2%)

1 [29件] うめられこけで, がばと椅子, こみ上げて, ささやかれる孤, また新しい, 一心に, 一時に, 否応なしに買い取っ, 噛みしめた歯, 塞いで, 弁解した, 微笑みかけた, 悲しまずには, 感嘆した, 感謝いたしました, 手も, 撒き散らさむ, 東京駅を, 泥に, 浮袋が, 溢れ出た, 申しました, 畳へ, 盃を, 真は, 祈りました, 見送った, 言ふところに, 飲み士気

▼ 涙という~ (28, 0.2%)

10 ものは 7 ものを 3 ものが 1 のは, ものに, ものも, やつは, 厄介ものが, 奴は, 珍らしい, 風情だ

▼ 涙なし~ (28, 0.2%)

4 では 2 にこの, にはゐられまい

1 [20件] で兄, にきく, にはいられなかった, にはその, には住めまい, には幕, には母, には聞けませんでした, には聴い, には見られない, には読みきれない, には読み得ない, には読む, に先生, に出, に彼女, に自身, に見, に語れなかった, に読む

▼ 涙~ (27, 0.2%)

2 溜息か

1 [25件] くやし泣きか, しらぬが, その白い, それともよく, とにかく正味三時間, なつかしや, なんかでか, はた露, 初めには, 嘘の, 嘲罵か, 恐怖の, 書きつつ, 桜花, 桜鯛, 歎息か, 汗かを, 清吉の, 犬千代の, 男を, 目の, 知らんが, 藥鍋の, 長からぬ, 降るは

▼ 涙とを~ (24, 0.2%)

3 もって

1 [21件] あびせた, いつしよ, とおして, 一眼の, 一緒に, 争ひ, 他人一倍に, 叱る声, 吸ひ, 多量に, 感じて, 手の, 拭く手拭ひもニコチン, 流した, 湛へて, 白く照らし, 目から, 繰返す, 若い五体, 表現し, 見た

▼ 涙~ (24, 0.2%)

2 煩悶や

1 [22件] しほや, それから何, はてしない, 冷笑の, 同感の, 哀愁の, 多き, 当座の, 悲歎を, 接吻に, 歓びやなどを, 毛髮が, 無限の, 痙攣を, 笑いや, 笑声の, 笑聲の, 絶賞の, 音無しの, 鼻水が, 鼻汁を, 鼻涕を

▼ 涙なき~ (22, 0.1%)

5 を得ない 4 を得なかった

1 [13件] までなけ, ものが, ものは, も可也, を得ざるなり, 債権者たちを, 悲哀が, 権謀の, 沈黙, 滑稽でない, 老の, 能わぬ, 黄金時代にか

▼ 涙一滴~ (21, 0.1%)

2 こぼさないで

1 [19件] こぼさず, こぼさずに, こぼさず応急, こぼさないこの, こぼさないの, こぼさなかった, こぼさなかったの, こぼさぬ勇士, こぼさぬ娘, こぼすどころか, こぼすわけ, 出さずに, 流さずに, 流れなかったほど, 流れるでも, 浮かんで, 浮べずに, 落さなかつた, 見せないつもり

▼ 涙っぽい~ (20, 0.1%)

1 [20件] ぐにゃぐにゃした, その調子, つづけ字, ほうだ, ものが, ものには, ような, 一言を, 几帳面な, 女で, 敬虔主義を, 気持を, 浮華な, 物語りは, 理想主義彼らの, 眼で, 砂糖に, 種じゃ, 細やかな, 膨れ目

▼ 涙など~ (18, 0.1%)

2 こぼして, 流して, 見せたこと

1 [12件] こぼさぬ曲, こぼせなかったの, こぼれも, そそいだらあなた, 出ないもの, 武門では, 流しては, 滅多に, 落ちず冷静, 見せては, 見せるな, 面倒くさし此儘

▼ 涙~ (17, 0.1%)

5 ぼるる

1 [12件] ほりし胸, ぼる, ぼるるといふ, ぼるるなので, ぼるるなり鳥, ぼるるのみ, ぼるる城ヶ島人間ひとり, ぼるる月読, ぼるる次第, ぼるる美談, ぼるる自然, ぼるれ

▼ 涙すら~ (17, 0.1%)

3 たたえて

1 [14件] あった, こぼして, こぼすの, たたえるの, ためて, ない巨像, みえたので, もって, 浮かべて, 浮べて, 浮んで, 滲んだ夜, 見せずにじつと, 見せて

▼ 涙ながらの~ (17, 0.1%)

2 別れを, 話を

1 [13件] 告白, 懇願にも, 懺悔を, 物語, 物語で, 物語に, 物語によって, 物語りだ, 物語りで詳しい, 物語を, 訴へに, 話だ, 話に

▼ 涙には~ (17, 0.1%)

2 およばじな

1 [15件] なりきれない, ふしぎな, よほど本能的, ウカと, 価せず恐らく, 勝たれないという, 思わず語らせる, 恐ろしい毒, 極めて脆い, 濡れて, 片頬, 甘い涙, 白も, 至って弱い, 誰も

▼ 涙まじり~ (17, 0.1%)

1 [17件] にあい, にかきくどく, にくどくど, にで, になっ, になり, になる, にクドクド, に悔い, に斯ん, に昔, に盃, に陳述, のくどくど, の小鳥, の金切り声, の願い

▼ 涙~ (16, 0.1%)

2 なんて壜

1 [14件] か分らない, か汗, か解しかねた, つて絞らう, といわれ, とゆき子, と云いたい, と俺, と思ふ, と感じる, と知っ, 倦怠だ, 涙だ, 金切声だ

▼ 涙含ん~ (16, 0.1%)

3 でいた, でさ 21 でいる, でさえいる, でたじろぐ, ではじめ, でらッ, でゐた, で居りました, で見る見る

▼ 涙とが~ (15, 0.1%)

2 そのまま終る

1 [13件] あった, あつた, ある, あるけれど, あるの, こみ上げて, 交錯し, 止度なく, 流れ苦しい, 溢れて, 皮膚を, 瞬間に, 見えないか

▼ 涙とは~ (15, 0.1%)

1 [15件] いったいな, これほども, そのまま膝, また別, 凡そ縁, 反対な, 奈何に, 新たであった, 涙が, 當節じゃ, 知りながら, 自ら一致し, 見えない, 過ぎし日, 違い歓喜

▼ 涙なんか~ (15, 0.1%)

1 [15件] 一つも, 出さないと, 出さなかった, 出されると, 出して, 出すほど, 出た, 出なかった, 当てに, 忘れて, 流すの, 流す奴, 滾して, 落して, 零すん

▼ 涙ばかり~ (15, 0.1%)

2 先立って, 拭いて

1 [11件] こぼして, だった, でお, では, 伝わらせて, 先立ち胸, 出て, 拭って, 流すやう, 溢し, 漸く二七日

▼ 涙を以て~ (15, 0.1%)

2 語り得る

1 [13件] おおわれました, カッサイ, 云う言葉, 切り開く人跡未到, 竹を, 綴って, 考えました, 臨んで, 見て, 見れば, 記載し, 訴え不信, 説きました

▼ 涙流し~ (15, 0.1%)

2 て悲め, て陳ずれ

1 [11件] て今一度, て幾度, て渺々, て溜息, て眺め見る, て端嚴, て翼, て膝, て逃げ走る, て陳ずる, ながらもそれ

▼ 涙こそ~ (13, 0.1%)

2 こぼさないが, 流して 1 あなたの, こぼれないが, われと汝, 天下を, 忘れがたい, 息子の, 悲しみの, 流さないが, 罪なく

▼ 涙では~ (13, 0.1%)

2 ないの, なかった 1 ありましょうが, ありませんでした, ありません私達, とかされないもの, なからう, なくて, なくやはり, なしに, 動いた

▼ 涙なく~ (13, 0.1%)

3 して 2 しては 1 ては情, ては語れぬ, ては誠, よくぞ, 彼らは, 打ち捨てて, 禍なく, 見送りぬ

▼ 涙ある~ (12, 0.1%)

2 を口癖 1 が江戸旗本, とはか, のみ, は原頭, ばかりでございます, 世界に, 人もし, 力を, 士は, 計らい

▼ 涙などは~ (12, 0.1%)

2 うるさいばかり, 今まで, 愚かしい水 1 一滴だって, 一滴だつ, 上記の, 凄いもの, 見せるもの, 跡方も

▼ 涙ながし~ (11, 0.1%)

2 て御, て讃め 1 ておくりませう, て何度, て女, て寝ころび, て接吻, て気の毒, て笛

▼ 涙ばかりが~ (11, 0.1%)

1 [11件] あった, あふれて, こぼれて, 世世に, 先に, 弱うて, 流れるの, 滲み出した, 白く見えた, 胸を, 頬を

▼ 涙まで~ (11, 0.1%)

2 こぼして, 流して 1 ためて, ながれだすの, 垂れて, 搾り出して, 流すの, 浮かべた, 真赤に

▼ 涙をも~ (11, 0.1%)

1 [11件] おしかくす御, おしまない人たち, こぼさなければ, こらえて, なべての, 出さぬよう, 唯々自らの, 推拭ひつ, 流さなかった, 流さねば, 潔しと

▼ 涙乍ら~ (11, 0.1%)

2 に言 1 にその, に平次, に戰場, に斯, に私, に語りました, に頼んだ, の仕業, 訴えると

▼ 涙こぼし~ (10, 0.1%)

2 などしたら 1 たりし, たりする, てい, ていました, て欲し, て話し, ながら到頭, 一人うしろを

▼ 涙~ (10, 0.1%)

1 くだる, くだるあめつちの斯, まさる玉手箱, 殊勝なる, 熱き秋, 睚に, 落つる, 袖を, 降るここち, 青き波

▼ 涙~ (10, 0.1%)

1 ぱいものだつたか, ぽいの, ぽいもの, ぽい戯曲, ぽい晦暝, ぽい眼, ぽい種類, ぽい自分, ぽく, ぽくな

▼ 涙にも~ (10, 0.1%)

2 溢れるの 1 これまた, 平気で, 暮れそう, 月が, 流れ落ちる気力, 現わす, 私は, 足りねえよう

▼ 涙のみ~ (10, 0.1%)

2 こぼれて 1 あふれて, くちなはの, せきとめがたき, ふりこぼし, ぽろ, 先立って, 多く流る, 滋し

▼ 涙~ (10, 0.1%)

2 で, になつて 1 で呼んだ, で枕, で濁つた, にさ, になつ, に變つて

▼ 涙である~ (9, 0.1%)

2 のを 1 かそれ, か私自身, が故に, ことは, ことを, と共に牧, 事を

▼ 涙とも~ (9, 0.1%)

1 いうべき執行猶予, つかない情熱, なつた, ならば, 云え, 分たぬもの, 判らぬもの, 噴き怒れば, 笑いとも

▼ 涙~ (9, 0.1%)

2 の上 1 から少し, に, のたもと, の少し, の木賃宿, の欄干, まで行き

▼ 涙あり~ (8, 0.1%)

1 てこそ也, ての事也, というの, 人情の, 学あり, 想は, 歎息あり, 武勇あり

▼ 涙から~ (8, 0.1%)

1 その場, まって, 出て, 結論を, 荷風は, 解放される, 身を, 魂の

▼ 涙だらけ~ (8, 0.1%)

2 だつた, にし, の顔 1 な萎縮的, になつて決心

▼ 涙といふ~ (8, 0.1%)

3 ものを 1 ものは, よりいつ, 句が, 手が, 武器で

▼ 涙ほど~ (8, 0.1%)

2 睫毛を 1 でも, なもの, 嘘の, 小さい小さいダイヤ, 愚かな, 貢いで

▼ 涙片手~ (8, 0.1%)

1 で本音, にあり, にくくる, にこの, に取り縋られ, に寐, に平次, の哀訴

▼ 涙~ (8, 0.1%)

2 して, に鳥 1 かなしむ日, ですよ, なる日, もこう

▼ 涙だけが~ (7, 0.0%)

1 その青い, まだ止まらず, 次から, 流れに, 流れる, 熱いの, 生々と

▼ 涙です~ (7, 0.0%)

2 かい 1 か, が年, もの着換える, よ, 百姓の

▼ 涙によって~ (7, 0.0%)

1 たとえ一瞬間, 一変した, 唱えられたこと, 幸福を, 底の, 私に, 離れるの

▼ 涙ほどの~ (7, 0.0%)

1 お宝を, ウォツカの, ダイヤを, 切米を, 小遣いしか, 遺族扶助料が, 鑑定料が

▼ 涙もろさ~ (7, 0.0%)

1 おろおろした, から自, と義, や人, や気弱さ, を思い出した, 傷つきやすさ

▼ 涙よりも~ (7, 0.0%)

1 ひどいしゃっくり, もっと輝く, ペスミストの, 汗汗も, 濡れて, 熱い蝋, 粘稠度

▼ 涙をさえ~ (7, 0.0%)

1 たたえて, ふりそそぎました, 含んだもの, 流されました, 浮べて, 見せて, 頬に

▼ 涙一つ~ (7, 0.0%)

1 お零, こぼさず, こぼさずに, こぼさず言, 浮べなかった, 落さなかつた兄, 零すじゃ

▼ 涙~ (7, 0.0%)

1 から持ち帰る, といふの, のほとり, の傍ら, の底, の痕跡, や狐塚

▼ 涙~ (6, 0.0%)

1 さへ, さへて, ぼゆる, 化粧が, 星様よ, 案じなされます

▼ 涙とに~ (6, 0.0%)

1 つかれつくして, 汚れた安, 汚れた安右衛門, 満てり, 濡れたる数々, 私は

▼ 涙なら~ (6, 0.0%)

2 ざらむ, 甘露の 1 ばこの, む

▼ 涙ばかりを~ (6, 0.0%)

1 ホロホロと, 出して, 流して, 袖に, 見あわすであろう, 遺し結局

▼ 涙をの~ (6, 0.0%)

4 んで 1 むでたゞウン, んでの

▼ 涙~ (6, 0.0%)

1 て奴, ぽい眼, ぽい粧い, ぽい訴え, ぽくって, ぽくなる

▼ 涙一杯~ (6, 0.0%)

2 の眼, 溜めて 1 の美しき, 含ませて

▼ 涙~ (6, 0.0%)

2 でたり 1 てまことに, て仕, て来ん, でざり

▼ 涙含ましい~ (6, 0.0%)

2 気持ちで 1 思いを, 気持ちに, 空気が, 言葉であった

▼ 涙~ (6, 0.0%)

1 から, から飛ん, なり, の名, の山腹, を攀ぢ

▼ 涙さしぐみ~ (5, 0.0%)

2 かへりき 1 つついますなら, て分, 帰りきぬ

▼ 涙さしぐむ~ (5, 0.0%)

2 品格の 1 ていの, 君ならず, 哀音の

▼ 涙しづか~ (5, 0.0%)

2 なりかかる, なり梅 1 に流る

▼ 涙なぞ~ (5, 0.0%)

1 こぼすの, 乾いて, 出ないの, 拭いて, 流しては

▼ 涙にな~ (5, 0.0%)

1 つてお, つてとめどなく, つての, つて流れ, ッた

▼ 涙までも~ (5, 0.0%)

2 こぼれて 1 こぼしたもの, 嘗めて, 押し流して

▼ 涙みたい~ (5, 0.0%)

2 なもの 1 なもん, な感じ, に見えた

▼ 涙をは~ (5, 0.0%)

1 な水, ふりこぼして, ふり落して, ふり落しながら, ふり落とした

▼ 涙含んだ~ (5, 0.0%)

2 ような 1 眼で, 眼を, 陽気さで

▼ 涙~ (5, 0.0%)

21 りつつ, るれども, る譬へば

▼ 涙流す~ (5, 0.0%)

1 のん, ばっかりでし, も, もつとめ, ものは

▼ 涙組ん~ (5, 0.0%)

2 で居る 1 で, でしまいました, でしまった

▼ 涙~ (5, 0.0%)

1 です, ではある, に冷やか, をし, を拭き

▼ 涙~ (4, 0.0%)

1 こぼして, こぼしてたっけ, ふらしたあの, 出したから

▼ 涙こぼれ~ (4, 0.0%)

1 そめ朧ろ, て令孃, て夕風黄, 何事とも

▼ 涙せき~ (4, 0.0%)

2 あぐる, あへぬ

▼ 涙だけは~ (4, 0.0%)

1 あきらめて, 二人とも, 抑えて, 流さなかった

▼ 涙っぽく~ (4, 0.0%)

2 私へ 1 しかこの, なって

▼ 涙であった~ (4, 0.0%)

1 かも知れない, か自分, としても四人, 鈴の

▼ 涙であろう~ (4, 0.0%)

1 かと思った, と, どう父, はずも

▼ 涙でない~ (4, 0.0%)

2 ことは 1 にはきまっ, までも少なくも

▼ 涙でなく~ (4, 0.0%)

1 て救い, 一種の, 又鼻水, 立腹の

▼ 涙ながれ~ (4, 0.0%)

1 てはて, て春, て薄き, て見え

▼ 涙にぞ~ (4, 0.0%)

3 足る 1 青白いガスマントル

▼ 涙にて~ (4, 0.0%)

1 この涙, さては猶我, しらる, 十年越し思ひ

▼ 涙もろかっ~ (4, 0.0%)

21 たし, たの

▼ 涙らしい~ (4, 0.0%)

2 ものが 1 ものを, 光の

▼ 涙をすら~ (4, 0.0%)

1 うっかりは, たたえて, にじませた, ふとつい

▼ 涙をば~ (4, 0.0%)

2 溢らす 1 並べて思ふ, 袖に

▼ 涙~ (4, 0.0%)

1 であると, で神像, の中, の前

▼ 涙~ (4, 0.0%)

2 るる 1 さしむ, しぬで歌

▼ 涙流れ~ (4, 0.0%)

1 てい, てかぎり, て止らぬ, て煩

▼ 涙組む~ (4, 0.0%)

1 のです, のを, ほどしおれ, まで美くし

▼ 涙~ (4, 0.0%)

2 の炎 1 には得, に呑み

▼ 涙香小史~ (4, 0.0%)

1 が小説飜譯, のほん案小説, の翻訳, を思わせる

▼ 涙あら~ (3, 0.0%)

1 ば強う, ば来り, ば濺げ

▼ 涙うかべ~ (3, 0.0%)

21 年わかき

▼ 涙がか~ (3, 0.0%)

1 あいい, かつた, かつてさう

▼ 涙~ (3, 0.0%)

1 ゑで, ゑで三太夫の, 諫言申しあげまする

▼ 涙ごえ~ (3, 0.0%)

1 でカテリーナ・リヴォーヴナ, で呼びかけた, になり

▼ 涙さえも~ (3, 0.0%)

1 こぼして, こぼれて, 出なかった

▼ 涙~ (3, 0.0%)

2 めりで 1

▼ 涙じゃ~ (3, 0.0%)

1 アありません, 哩今日より, 無い

▼ 涙そのもの~ (3, 0.0%)

1 にしろ, のやう, の滋養

▼ 涙などと~ (3, 0.0%)

1 子供だましでなく, 小供, 申せし由

▼ 涙なる~ (3, 0.0%)

1 か, かも, 愛兒の

▼ 涙なんて~ (3, 0.0%)

1 えもの, 滾れるの, 見せられては

▼ 涙はげしく~ (3, 0.0%)

1 はふり落つ, 洩れいでて, 潜然

▼ 涙ひとつ~ (3, 0.0%)

1 こぼさず遺言ひとつ, こぼしやしないん, 浮べず頬

▼ 涙ひま~ (3, 0.0%)

3 なし

▼ 涙~ (3, 0.0%)

1 わたしは, 引き返した, 恐い顔

▼ 涙むね~ (3, 0.0%)

3 の中

▼ 涙もろ~ (3, 0.0%)

1 かつたり, なるこの, に

▼ 涙やら~ (3, 0.0%)

1 分らん涙, 愚痴やら, 皆目見当

▼ 涙より~ (3, 0.0%)

1 先に, 成るとい, 鹹い

▼ 涙~ (3, 0.0%)

1 掩フニ遑ナシ, 注シテ墓畔ニ, 流スハ本妻

▼ 涙一滴澪~ (3, 0.0%)

1 さぬが, さぬで, さぬで我慢

▼ 涙以上~ (3, 0.0%)

1 に信吉, に深刻高遠, のせつない

▼ 涙含み~ (3, 0.0%)

1 つつ宮, てぞ見え, やがる

▼ 涙堰き~ (3, 0.0%)

2 も敢 1 あへず

▼ 涙母親~ (3, 0.0%)

2 は聲たて 1 は声

▼ 涙滂沱~ (3, 0.0%)

1 たる有様, として万感, として喜んだ

▼ 涙~ (3, 0.0%)

2 の零 1 を弾ぜし

▼ 涙~ (3, 0.0%)

1 になっ, の人, まで見せるで

▼ 涙~ (3, 0.0%)

1 から吸い込まれ, の関, を震

▼ 涙落ちず~ (3, 0.0%)

3 日蓮は

▼ 涙~ (3, 0.0%)

1 も魂, をおく, を流れ

▼ 涙~ (3, 0.0%)

2 を呑めり 1 を出し

▼ 涙香物~ (3, 0.0%)

1 が浅く, の醍醐味, を送らん

▼ 涙あふるる~ (2, 0.0%)

1 という形, 思い

▼ 涙いっぱい~ (2, 0.0%)

1 の目, の眼

▼ 涙いまだ~ (2, 0.0%)

2 干なくに

▼ 涙おとす~ (2, 0.0%)

1 と燃, を常

▼ 涙かしら~ (2, 0.0%)

2 泣いて

▼ 涙かとも~ (2, 0.0%)

1 思えて, 思はれた

▼ 涙かなと~ (2, 0.0%)

1 歌の, 私は

▼ 涙がち~ (2, 0.0%)

1 なり, に同じ

▼ 涙がは~ (2, 0.0%)

1 ふり落ちた, ふり落ちて

▼ 涙この~ (2, 0.0%)

1 不合理から, 界に

▼ 涙これ~ (2, 0.0%)

1 は仏国革命, を慰むる

▼ 涙しか~ (2, 0.0%)

1 こぼさないうち, 知らなかった

▼ 涙しとしと~ (2, 0.0%)

1 ちりかかる, 爪弾の

▼ 涙すらも~ (2, 0.0%)

1 ためながら, 流して

▼ 涙その~ (2, 0.0%)

1 服せる丹摺, 涙に

▼ 涙だけ~ (2, 0.0%)

1 だった, では

▼ 涙だった~ (2, 0.0%)

1 に違い, のかも

▼ 涙だって~ (2, 0.0%)

1 センチメンタリズムの, 悲しいん

▼ 涙っぽ~ (2, 0.0%)

1 ろいと, ろうございます

▼ 涙であり~ (2, 0.0%)

1 ある人, また勇気

▼ 涙であり怒~ (2, 0.0%)

2 の涙

▼ 涙との~ (2, 0.0%)

1 あとに, 中で

▼ 涙とを以て~ (2, 0.0%)

1 答え虚偽, 答へ

▼ 涙どころか~ (2, 0.0%)

1 微笑さえ, 血が

▼ 涙ながく~ (2, 0.0%)

2 したたりて

▼ 涙ながせ~ (2, 0.0%)

1 ば鳩, よ

▼ 涙ながらも~ (2, 0.0%)

1 微笑みて, 恐ろしそう

▼ 涙ながれむこ~ (2, 0.0%)

2 の父

▼ 涙などという~ (2, 0.0%)

2 ものは

▼ 涙などを~ (2, 0.0%)

1 流して, 見たの

▼ 涙なり~ (2, 0.0%)

1 この父母, 血なり

▼ 涙については~ (2, 0.0%)

1 もう何, 何ら知らぬ

▼ 涙にまで~ (2, 0.0%)

1 偽られて, 私は

▼ 涙によ~ (2, 0.0%)

1 つて, つて終るであらう

▼ 涙はらはら~ (2, 0.0%)

1 と湧い, と苦しき

▼ 涙びたし~ (2, 0.0%)

1 にし, になっ

▼ 涙~ (2, 0.0%)

1 くろが, くろとでも

▼ 涙また~ (2, 0.0%)

1 これが, 落つ

▼ 涙まだ~ (2, 0.0%)

2 結ひこめぬ

▼ 涙までが~ (2, 0.0%)

1 凍って, 出て

▼ 涙もか~ (2, 0.0%)

1 ひなきはかたみの色, るるばかりに

▼ 涙もて~ (2, 0.0%)

1 其頬を, 金はと

▼ 涙やらを~ (2, 0.0%)

2 流して

▼ 涙~ (2, 0.0%)

1 あゝ何時, きつと

▼ 涙わし~ (2, 0.0%)

2 りぬ

▼ 涙をぞ~ (2, 0.0%)

1 流しける, 落したる

▼ 涙をを~ (2, 0.0%)

2 さめて

▼ 涙~ (2, 0.0%)

2 滾レサウニナル

▼ 涙~ (2, 0.0%)

2 アル

▼ 涙下り~ (2, 0.0%)

1 ければ, て曰く

▼ 涙下る~ (2, 0.0%)

1 者少なから, 西人此種の

▼ 涙~ (2, 0.0%)

1 りに, りの

▼ 涙催す~ (2, 0.0%)

1 はかの, 滝の

▼ 涙先づ~ (2, 0.0%)

1 下る, 落つ

▼ 涙~ (2, 0.0%)

2 に下る

▼ 涙再び~ (2, 0.0%)

1 凍らぬま, 袖を

▼ 涙垂れ~ (2, 0.0%)

1 あかき眼, たり

▼ 涙~ (2, 0.0%)

1 に溢れ, に貯えられ

▼ 涙多き~ (2, 0.0%)

1 ものと, 汝の

▼ 涙押し~ (2, 0.0%)

2 拭ひつ

▼ 涙拭い~ (2, 0.0%)

1 てくれ, て聴きや

▼ 涙未だ~ (2, 0.0%)

1 乾かざるに, 乾かざれども

▼ 涙涸れ~ (2, 0.0%)

1 て, てしかして

▼ 涙~ (2, 0.0%)

1 が一列, を見る

▼ 涙~ (2, 0.0%)

1 にしてやろう, にしよう

▼ 涙無く~ (2, 0.0%)

1 して, てはかなわぬ

▼ 涙無し~ (2, 0.0%)

1 には僕, に行く

▼ 涙~ (2, 0.0%)

1 でございます, 流る

▼ 涙~ (2, 0.0%)

1 ましい心持, ましい悲しい

▼ 涙~ (2, 0.0%)

1 に入, の数

▼ 涙繁く~ (2, 0.0%)

1 なる樣子, 聞き入って

▼ 涙~ (2, 0.0%)

1 が沸, の黴

▼ 涙~ (2, 0.0%)

1 なるもの, もいつか

▼ 涙~ (2, 0.0%)

1 に余っ, に置き

▼ 涙~ (2, 0.0%)

1 お国, に長大息

▼ 涙~ (2, 0.0%)

2 の玉

▼ 涙音頭~ (2, 0.0%)

2 なる小唄

▼ 涙頂戴~ (2, 0.0%)

1 から大して, のスリル

▼ 涙香君~ (2, 0.0%)

1 の奇筆, は如何なる

▼ 涙香研究~ (2, 0.0%)

1 と涙香, に着手

▼ 涙骨先生~ (2, 0.0%)

1 にお, に対してすまない

▼1* [444件]

ああらこの身, 涙あつきに君, 涙あなた程の方, 涙あふれて私, 涙あふれぬあふれ来る, 涙あらすな, 涙あらずば戀, 涙いたしたことでございました, 涙いつとなく長い, 涙いと快く涌き出, 涙いとどせきあへず, 涙いまぞ知る, 涙おうそれら幸福の, 涙おさえ難くなる, 涙おし拭ひ, 涙おとして詫び, 涙かたしき狭筵に思い, 涙かな日本武尊の, 涙がくゆって, 涙がたりの眼は, 涙がつつと頬を, 涙がとなかいの, 涙がにみじ出して, 涙がね先生随分, 涙がも一寸で, 涙がやどつて, 涙きみの屈辱, 涙くさむらに, 涙くだかばつら, 涙くらゐでは, 涙くらいしか割当てられない, 涙くんでお, 涙ぐましいくらゐであり純粋素朴な愛国的感情, 涙ぐましいほどおいしかつたまことに一鉢千家飯, 涙ぐましいものがこみあげてくるのをまぎらすべく万吉はひと足先, 涙ぐましくなつたのを紛すやう, 涙ぐましむることによって自らを感傷的, 涙ぐまるゝに友に別れし, 涙ぐまるゝは銀の鍋, 涙ぐまるゝやうでした何故です, 涙ぐまるゝやうな追憶となつ, 涙ぐむこころもちそういう感傷, 涙ぐんだやうなこゑでせかせかした, 涙ここに至り, 涙ことごとく流れも, 涙こぼさずに居られない, 涙こぼしなさるのん, 涙こぼすらむ鬼の, 涙こぼせばなほ燦爛, 涙こぼれしをいかに, 涙こぼれた心持分っ, 涙こぼれつ行へも, 涙こぼれるのね, 涙こぼれ候て致方, 涙こらえぬ秋の, 涙さそはるる, 涙さながら雨の, 涙さびしき夕別れせつなき, 涙さらには娘, 涙さらば故郷, 涙しかすがに乾く暇, 涙しげく流れ出でて, 涙しとどに溜め, 涙しるや知らず, 涙じゃがこの無, 涙じるを手の平, 涙すずろに玉, 涙せきあえぬ気持に, 涙せきとめることが, 涙せずにはいられなかった, 涙せぬばかりよろこんだ, 涙せりとぞ友ら言ふか, 涙そういうきずなには, 涙そこにいわば, 涙そそぎしかも勇敢, 涙そそぐ我れ, 涙そのものさへも毫も, 涙そらの露, 涙ばしり, 涙ただ焦慮する, 涙たといその表現, 涙たまなして, 涙たまりて見ざりき, 涙たまるも, 涙ためたなりじっと, 涙だけの価も, 涙だけをためて, 涙だしながらも其那薬, 涙だつたらうか, 涙だの歎だ, 涙だらうか, 涙ちょうだいとおい, 涙やありません, 涙ってあるでしょうか, 涙っぽい擽ったさが, 涙っぽく愛しくした事, 涙つたふに, 涙つまり体全体が一種, 涙づかりになっ, 涙ものは, 涙であり死なれた周囲に, 涙であるきわまれる明朗直截は, 涙でさえ濡れて, 涙でしたからきっともう, 涙でしょう濡れている, 涙でじぶんの, 涙でなければならない, 涙でばかり示して, 涙といった方が, 涙とか昂奮とか, 涙とかで分類出来ぬ, 涙として拙者には, 涙としても足らないほど, 涙とでもない, 涙とどまらぬながらここ, 涙とどめかねつも, 涙となッた, 涙とにはなるが, 涙とよだれと, 涙ない者は, 涙なからんや, 涙なかりきまたわれ答, 涙ながすも, 涙ながる然れ, 涙ながれしわれなら, 涙ながれぬともし, 涙なす宿星の, 涙なそへそ山ほととぎす, 涙などではなかった, 涙などに動かされたこと, 涙などの描いて, 涙などもあながち出る, 涙なみだに數添, 涙なりが補なひ, 涙なりき嵯峨の, 涙なりを只一度と, 涙なるべき夕暮も, 涙なれどもより, 涙なんかどつかへ, 涙なんかには反対します, 涙なんぞ滾して, 涙なんぞは干て, 涙なんぞを見せるわけ, 涙にあたりはかすんで, 涙にしかすぎなかった, 涙にすら値しないから, 涙にてはありしよ, 涙にのみ暮れて, 涙にばかり明け暮れした日, 涙にやありし又, 涙に対して下そうとも, 涙ぬぐい一句読み, 涙のにぢんだ, 涙のねえやつ, 涙のほどばしれる也, 涙のみをの泡と, 涙のむ者は, 涙はかえッて, 涙はかなく土に, 涙はくまでいとど, 涙はてもなし, 涙はらはらはては大声にわ, 涙ためて, 涙ばかりぞ薄化粧に, 涙ばかりで暮すぞね, 涙ばっかり流さなければ, 涙ばっかりになった空虚, 涙ばつか出た, 涙ひそかに推し, 涙ひぬものから, 涙ふるき屏風の, 涙ほしあへぬ, 涙ほどしかこぼれません, 涙ほどで何の, 涙ほどに量が, 涙ほどもありは, 涙ほろほろこぼれて, 涙ほんとうの声, 涙ろ, 涙ことこもり, 涙まじりでひとくさり, 涙まじりなくり言を, 涙てえ, 涙ものです, 涙もので極く古い, 涙もよほす, 涙もろあたりの花, 涙もろい弱い気持ちが, 涙やけつくような, 涙やっと堪えパン買い, 涙やむ時も, 涙ゆゑ濡れまろがりし, 涙よりしか懐かしさ, 涙よりは重大に, 涙よろしくあって, 涙よわく力なく, 涙らしかつた, 涙わが頬に, 涙をだに濺ぐ人は, 涙をにぢませ, 涙をのみ独り遺憾を, 涙をもほどなき袖, 涙をや絶えぬ清水, 涙を以ての告白にも, 涙翻して, 涙アモモの汁, 涙ア溢して, 涙ア澪して, 涙ガ乾キヽッテカラ予ハ布団カラ顔ヲ出, 涙ガ出ルダロウシソウシタラ颯子ダッテ義理ニモ泣イテ見セナケリャナルマイ, 涙ガ出ルノハイクラ涙脆イニシテモ尋常, 涙ガ堰ヲ切ッタヨウニパラ, 涙グンダカラカアイソウダカラ段々ト葉山ガ始末, 涙ぽろ, 涙ト泣キ声トヲ胡麻化スタメニ頭カラ掛布団ヲスッポリト被ッタ, 涙ニ打沈ム然ウ而, 涙少シモ豫期シテイナカッタ涙, 涙ハラハラと, 涙ハ何ノ證拠ダロウ, 涙ポタポタこぼしながら, 涙ヲゴマカスタメニ慌テヽ眼鏡ヲ取, 涙てきながしませんでした, 涙一つ滴さうでも, 涙一パイ溜めた眼, 涙一滴青年が頬, 涙一点落ち血は薔薇涙, 涙下ルナオ恐ル児孫, 涙の頬, 涙乾く間も, 涙二人相持して, 涙五歩に血, 涙の窮, 涙人知れず今までも, 涙今やとくらん, 涙仕方のない, 涙は持っ, 涙が悲しくっ, 涙けられた負け, 涙ま, 涙冷やかなり, 涙凍りて次, 涙凝つて流れず, 涙凝塊となり, 涙出ずるほどくやしく, 涙出づ眼鏡のまま, 涙出でず祈らば力, 涙劇的ヒロイズムの對象, 涙は武士, 涙勘当の意気張, 涙にする, 涙口もとからは涎, 涙口惜しさが, 涙口紅のあと, 涙含ましも, 涙含ましいような気持, 涙含ましくさえ思われた, 涙含まるるような, 涙含まれるときが, 涙含みし目を, 涙含み乍ら圭一郎に見せた, 涙含む徳三郎を, 涙れをば, 涙吾衣物を透せし, 涙には戦慄, 涙から胆汁, 涙に落つる, 涙垂らすなお, 涙垂れ熟視めぬる女, 涙の石, 涙堪へ難く, 涙のよう, 涙多く心を, 涙は深し, 涙大きな河に, 涙大息とともにわれ, 涙姿を見, 涙の血, 涙孤舟一繋故園心, 涙宿したり, 涙山下総に海上山, 涙浮ぶ水沫, 涙平次は自分, 涙幾下の鞭, 涙に倒れん, 涙弱くなつて, 涙強いて云, 涙彼等の歎, 涙後生の成仏, 涙堪えずと, 涙面に, 涙紅めたる, 涙にし, 涙をとざし, 涙み憂き, 涙悲しみにも涙, 涙悲憤して, 涙悲歎を貪食, 涙憐憫の涙, 涙憤怒の涙, 涙にあり, 涙押拭ひぬ, 涙ひて, 涙拭えば, 涙拭き拭き後くっ付い, 涙って其後, 涙ふ袖, 涙揮いし跡には, 涙支那の有名, 涙明神という社, 涙晴れんともせず, 涙暗い頬の, 涙曇りの声, 涙有間山雲居棚引き雨, 涙の宇土酒造所, 涙なす我, 涙果して慈父が, 涙止む時も, 涙止めぞかねつる, 涙気弱な涙, 涙と称する, 涙池土俗伝えて, 涙べしなり, 涙などはその, 涙流さぬ日は, 涙流したものの如く, 涙流せし心地の, 涙流れきその初め, 涙流れくだりて地獄, 涙流れざるはた, 涙流れてるのん, 涙流れぬ血のぼせけれ, 涙流れるのん, 涙浅い世間の, 涙浮かべていらした, 涙涸れずとか, 涙渋い涙鉛の, 涙湖涙阜が異様, 涙湧きいづるものは, 涙湧く程嬉しく, 涙湯酒などまでも広く, 涙湿りで火, 涙満ちたり, 涙満足して, 涙溜めて志保子, 涙溜めはって, 涙溜め溜め聞いてます, 涙溜息あるのみ, 涙溢れ來て, 涙滅びて行く, 涙のごと, 涙滿ちたり, 涙漲りて引止むる腕, 涙として頬, 涙潸々たらん義, 涙潸潸生前不逢音容絶, 涙潸然として下る, 涙すと, 涙灑がんわれの父, 涙灑ぎて悲まん, 涙灑げる幾たび, 涙無き能は, 涙の如く, 涙煩悶恐怖絶望それらのもの, 涙独語して, 涙をつらぬく, 涙男女の思, 涙白く散る, 涙白枕に毛布, 涙に窮窟, 涙相踵いで堕, 涙眺めたり, 涙眼以て答え, 涙に逼らん, 涙知るあはれの, 涙に捧げた, 涙禁じがたし, 涙はどうか, 涙紙上に迸りぬ, 涙紫竹を生じ, 涙組みながら私, 涙組んだ様に, 涙ゆる間もなく, 涙綿綿と青む, 涙縋る土にも, 涙義血に生涯, 涙聲哀れを返す, 涙背筋をつた, 涙咲けば, 涙の葉, 涙落しけむ一尺, 涙落しぬ恋の, 涙落ちけりかきつばた, 涙落つ箱根の, 涙落つるも女, 涙落つ思うは則, 涙葉のにほひ, 涙を傾け, 涙を沾, 涙襟ニ満シム, 涙ながら呆れた, 涙見せずに居らるる, 涙親爺も残念共泣き, 涙りである, 涙許りすすんだので, 涙誘へるか, 涙語りだ, 涙読者の胸, 涙諸共飲干して, 涙の涙, 涙にユラユラ, 涙輝く眸を, 涙りて, 涙遏めあえず復, 涙に泪, 涙金鍔の涙, 涙の涙, 涙の露, 涙が異様, 涙降るというヴェルレーヌ, 涙無きに, 涙零し候など, 涙零れぬある時, 涙のやう, 涙青白い月光の, 涙につた, 涙頻りに相催し, 涙をし, 涙顔天を仰ぐ, 涙願熱望つかまつり候, 涙餡ぱんの涙, 涙香ものに喰い付いた, 涙香もの等を借り, 涙香作の蔵書目録, 涙香君事情ありて, 涙香子探偵小説の如く, 涙香小史君が得意, 涙香式に英国名, 涙香弦斎というよう, 涙香思案外史鴎外なぞも漁った, 涙香文学中の怪塔, 涙香熱が高まり, 涙香研究家の知る, 涙骨老に改めて, 涙