青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「特色~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~特に 特に~ ~特別 特別~ ~特徴 特徴~ 特有~ ~特殊 特殊~ ~特色
特色~
~犠牲 犠牲~ ~犬 犬~ ~犯人 犯人~ ~犯罪 犯罪~ 状~ ~状態

「特色~」 2589, 28ppm, 4171位

▼ 特色~ (586, 22.6%)

30 持って 25 有って 21 なして 12 有つ 11 もって, もつて, 示して 10 なす 9 発揮する 8 発揮し 7 明らかに, 示すもの 6 異にする 5 具へて, 持つて, 有して 4 与えて, 帯びて, 持つ, 決定する 3 もつ, 現して, 発揮した, 發揮し, 發揮する, 示すこと, 見せて

2 [24件] あきらかに, なすもの, 具えて, 具へ, 出すのに, 含んで, 失って, 挙げて, 有す, 有った, 有つて居る, 気持よく, 現は, 現わし, 現わす, 異にし, 発揮し得る, 示します, 立派に, 見せます, 見て, 説明し, 説明した, 鮮かに

1 [318件] あらわしまことに, ここにだけ, ことごとく除き去ろう, すてまいと, そこに, そなえて, その一面, その夏, それによって, つくるもの, つよく感じた, とどめて, とらえて, どういう処, どこまでも, なし居るとは, なすと, なすの, なす全体的, なす声調, なす多く, のぞくと, はっきりさせる, はっきり保有, はっきり識別, はつきりさせよう, ば観念という, ひっくるめて, ますます発揮, もたせる結果, もちかつ, もちまた, もち自然科学, もったもの, もった人, もった作者, もった十九世紀初頭, もった進歩的編集, もつかという, もつた俳優, もつた地方, もつた學生, もつた戯曲, もつの, もつよう, もつ一現象, もて些か, よろこばなかった, われわれの, コンデンスし, バルザックは, ブルジョア的政治新聞の, モスク, 一応捨象, 一般文化の, 一言で, 一語で, 与えられたもの, 与え日本, 与へて, 並べ立てるであらう, 之に, 云い表わすのに, 云い表わすもの, 云うと, 云ひ尽す, 云わば, 今既に, 他の, 他人より, 付与する, 代表する, 伝えて, 伝へたもの, 作らしめた天才, 作品の, 保存したい, 保維し生かす, 備えた処, 備えた在来, 備えて, 備えてない人, 具えた科学的操作, 具備し得, 冥, 出さうと, 出します, 列挙した, 列挙すれ, 別に, 刻印する, 前提として, 前景に, 又はそれ, 取り扱うこと, 吾, 呈しつつ, 味は, 味わうこと, 喪うもの, 基礎として, 変更せざる, 外国人から, 多くもっ, 多く含ん, 失いそれだけ, 失うた処, 失うという, 失うにも, 失った秩父, 失はずに, 失はんは, 失わざると共に, 失わしめて, 存って, 学問それ自身の, 官吏全般へ, 実現したる, 専門では, 展開し, 巧に, 帯ば, 帯びそして, 帯びた一種, 帯びる, 帯びるよう, 年来の, 幽玄と, 延ばすこと, 引き抜いて, 強く現, 強く胸, 強調しなけれ, 心がけそれ, 忘れたもの, 忘れて, 忘れては, 意識し, 感じて, 成ししも, 成す物, 抜きに, 拂拭する, 担っては, 持たなくなるでありましょう, 持ちながら, 持ち出し又は, 持ち常に, 持ったもの, 持った場合, 持った女, 持った生え抜き, 持つこと, 持つそれ, 持つた民族, 持つという, 持つ個々, 持つ所以, 持つ民主主義, 持つ秀哉, 持とうと, 指す, 指すため, 指すだけ, 指すの, 指す事, 指摘し, 指摘したい, 指摘しなく, 指摘する, 指摘せね, 挙ぐれ, 挙げたのに, 挙げると, 捉えること, 捨てて, 控除したら, 掴み出そうという, 掴むこと, 描いたもの, 描き出すこと, 描出し, 揶揄し, 数えるならば, 数え得るであろう, 数へるなら, 明かに, 昔から, 最もよく具え, 最も多く, 最も性格的, 最も簡明, 最も露骨, 有し二階, 有し毫も, 有し酒, 有すること, 有するに, 有するもの, 有する表現法, 有せず, 有ち, 有ったファシズム, 有った有力, 有った法則, 有った産業, 有っては, 有つであろう, 有つと, 概括的に, 模倣し, 欠いた国民, 欠いて, 正当に, 此処に, 残す, 殘す, 段々こそ, 比較し合い, 永く伝える, 求むれば, 求めるならば, 没却する, 注意し, 注目しなけれ, 浮き彫りに, 混同し, 添えるため, 減じること, 湛えた性質, 満足には, 滑稽と, 濃く示し, 為しを, 無視し, 爲し居る, 物語って, 現さずといふ, 現したる者, 現した衣文, 現在の, 理解する, 生かして, 生かし道, 生かす連合協議会, 生ぜしめる, 異にした, 発揮しましょう, 発揮しよう, 発揮せし, 発揮せず, 発揮せられる, 発見する, 発見出来る, 發揮した, 發揮したる, 發揮し得た, 發揮せる, 發見し, 知って, 知らざる者也, 知るに, 知るべき一つ, 知解せし, 研究する, 示した, 示すという, 示すに, 示す機会, 示せり, 科学的に, 称へて, 窺うに, 立証し, 簡単に, 素直に, 結びつけること, 考えて, 胸に, 自己の, 自慢する, 自由自在に, 色々と, 著しくし, 蔽い匿くし, 表わして, 裏書きする, 見せた, 見た, 見ないわけ, 見のがすまいと, 見る, 見るという, 見出せた, 見抜くため, 言ひ, 言語論理性, 訂正しない, 記憶したまい, 証拠する, 誇り得るまでには, 認めて, 認めなければ, 認めぬわけ, 認められて, 認める丈窮屈, 語るもの, 誤り伝へるのみ, 誤解し, 説いたこと, 説明しよう, 説明し出せ, 論ずること, 輕蔑すべき, 述べたが, 造り出して, 除いては, 離れて

▼ 特色~ (363, 14.0%)

14 それが 6 夫が 4 併し 3 人間の

2 [17件] ここに, その, そのなか, その筋, まず第, 一に, 一定の, 一方に, 今後ますます, 他の, 何である, 優しき色調, 受納力の, 彼が, 我々自身の, 板画に, 社交的色彩を

1 [302件] あったが, あのスマート, あらはれて, あらゆるもの, ありながら, ありません, あり得るという, ある, あるが, あるけれども, あるやう, あるよう, ある意味, あれ結局氣質, いずれも, いつの間にか話題, けっして逆らえない, けっして過去, こうした常識的, ことに第, この一語, この人間, この人間的自由, この半, この場合, この小説, この政治的意義, この最後, この構成, この自然弁証法, この集一巻, これぞと, これより, さう, さういふ作劇法, さし当りその, さそりの, しかしさ, すぐ一般, すでに地方産商業家, すでに述べた, すべてに, そこに, そのデモクラシー, その人間, その労働価値, その名, その大き, その存在, その形式的, その敬神家たる, その文化批判, その方法, その東南隅, その機械論, その瘠せぎす, その社会常識, その観想的, その調和性, その論文集, その象徴的, その輕捷, それである, ただに彼, だれも, どうして出, どこにも, ない, ないが, なかった, はつきりし, まず鳴物, もしそれ, もはや価値関係, よく云われる, われわれ三人が, エピカルと, ガラスの, ドイツに, ヘーゲルの, マグロの, マホメッドを, リズムの, ルーテル派の, 一つたり, 一種の, 一見雑然, 一言で, 一部分は, 三つ算へられます, 三七年に, 中世紀, 主観の, 之が, 之と, 云うまでも, 云わば, 人後に, 今は, 今も, 今日の, 仏教を, 他諸家, 以て, 件数が, 何かと云, 何だ, 何であった, 何よりも, 何より先, 何処へ, 作ち, 作品の, 作者の, 価値は, 俳句に, 個人と, 健康性という, 元来内面的, 全然失われ, 公然人, 其ナイーヴな, 其一片を, 冷感である, 劇文学の, 十分な, 十分もっ, 協奏曲に, 単なる模写, 単にそれ, 単に物質, 単純で, 単純性という, 印度文化と, 同時に又, 国史上の, 在家仏教に, 地方出身の, 報道よりも, 多かれ少なかれ又, 多くは, 多人数に, 多少にも, 多産の, 夫の, 失われない, 失われなければ, 失われ個性, 奪ふべからず, 女性的平民趣味の, 妨げる者, 存在が, 実にこの, 実はそこ, 実はその, 実は必ずしも, 実は決して, 宣伝費の, 家族主義である, 實に, 寧ろ其典型的, 小学校の, 少くとも, 屏風の, 山伏の, 山稜が, 山頂を, 差別主義といふ, 帰趨を, 平和と, 序言にも, 形の, 彼女たちの, 後に, 後者に, 従来の, 心理や, 必ずしも事実歪曲, 恰も方法, 恰も非, 愛や, 感情の, 我我の, 或はそこ, 或る, 戯曲の, 所謂客観的論理, 承久乱後, 持って, 支那の, 政治的判断に, 数月の, 文化の, 文化を, 文学主義的哲学の, 新聞紙という, 方法に, 既知の, 日を, 日本の, 日本アルプス系の, 日本文学に対する, 明確に, 昔, 是非とも, 時間の, 曲目の, 曲線的だ, 更にこの, 曾て, 未だ以, 本質上に, 東西人種の, 果してその, 極めてレアリスチック, 極端に, 次第に国際的, 次第に現れ来る, 氏族制度と, 民衆を, 水中の, 江戸っ, 決してその, 決してただ, 決定的な, 海潮に, 海野君の, 深林と, 温感であり, 満喫し得る, 潟に, 物を, 特殊科学の, 狂言の, 珠の, 現代日本に, 現実の, 理論を, 生物的生命の, 男性的貴族主義で, 畢竟この, 目立つて, 相同じ, 眼である, 知識の, 社会事情の, 祖先崇拜である, 神の, 私が, 私の, 種種ある, 立廻りが, 第一, 第二, 純日本種, 統計の, 絵画的要素の, 総てが, 自分では, 自然科学に関する, 自由である, 自由観念や, 舞台の, 色々に, 色彩的絵画的と, 花鳥風月を, 茲に, 菊に対して, 著しく静か, 著者達が, 薄らぎました, 蝶が, 表現が, 表門の, 要するに所謂文化社会学, 要するに政治的活動, 要するに言語, 見えないやう, 見はるか, 見られなかった, 言ひ, 言葉の, 認識論の, 誰からも, 誰が, 誰の, 象嵌の, 近世の, 近代人らしい, 近代戦における, 道徳的宗教的で, 遥か後に, 都市殊に, 量が, 銘々が, 防寨が, 隈取りの, 非常に, 風俗画に, 驚くべき高齢, 黄と, 黄河または

▼ 特色~ (328, 12.7%)

46 ある 14 あった 12 あって 11 あります 8 あると, あるの 6 出て 4 あったが, あつて, 現われて 3 あつた, あること, あるので

2 [16件] あったの, ありますが, ありまた, あり大成, あるか, あるから, あるだろう, あるに, ないかの, なくなって, なければ, 何故に, 十二分に, 取りも, 濃く現れ, 現はれ

1 [170件] あったこと, あった筈, あつたか, あらわれた, あらわれて, あらわれないと, ありいわゆる, ありおぼろげ, ありその, ありそのまま, ありそれだけ, ありまして, ありましょうか, ありますので, あり個性, あり到るところ, あり古代日本語, あり各, あり如何にも, あり工夫, あり建て物がわり, あり時に, あり洋式, あり目, あり竹細工, あり良, あり過ぎるよう, あり過ぎる程特色, あるかと, あるかといふ, あるし, あるという, あるとも, あるね, あるもの, あるやう, あるよう, あるわけ, ある上, ある如くである, ある程度まで, いは, うけいれられて, およそどの, きわだたないかわり, ここで, この文学主義, これな, さし当っ, そこに, その地方, その廉価, それぞれあった, それだけの, それに, だん, だんだん失はれ, ない, ないと, ないよう, なくつて, なくては, なくても, なく新味, にじみ出て, はつきりわたしたちの, ひそんで, まるでなくなる, みられるの, やがて哲学, よくわかります, よく出, よく分かる, より豊富, わが国には, ベーコンの, 一方から, 一方に, 不明である, 不足します, 乏しいとも, 云い残されて, 互に減殺, 他の, 体験的である, 何らかの形, 何等かの, 作られ, 備わって, 充分に, 具は, 出ると, 出るもの, 出れば, 出来上りすぎて, 加わった, 加わって, 可なり, 同一人, 君の, 含まれて, 哲学の, 問題では, 在る, 寧ろ一種, 導かれて, 幾つか, 幾つも, 弱い国, 強く現, 彼女の, 感じられるの, 折々著しく, 指摘出来る, 文学を, 文芸の, 斑に, 明かに, 明らかと, 時に却つて, 曾て, 最も欠け, 有るかい, 根強くしっかり, 横たわって, 正に現在, 殆ど大成せられた, 残って, 残りなく, 浮び出ない場合, 漂って, 潟に, 無く平次, 理論物理学に, 生じたかを, 生れて, 發揮され, 目立つのみ, 眼立つ, 瞭然として, 示されて, 科学的理論の, 空間と, 節子に, 自らその, 自然出, 舞台労役の, 著しい, 著し過ぎる, 著るしく, 蔵され, 薄いという, 表現され, 西田哲学を, 見いだされると, 見えて, 見られて, 見られない, 見られるであろう, 見出されるの, 見失われるだろうから, 認められるかと, 認められること, 認められるであろう, 貫いて, 隈なく, 非常時的に, 音楽的である, 鮮かで, 鮮明で

▼ 特色~ (304, 11.7%)

15 あるもの, 一つは 9 一つである 5 あるの, 一つで 4 一つと 3 やうに, ように, 一つとして

2 [19件] あること, あるところ, ある作家, ある品物, ある土地, ある声, ある所, ある歌, ある美しい, ある顔, 一つが, 一つだ, 一つに, 一つを, 一なり, 上に, 凡てが, 果して, 著しいもの

1 [204件] あったこと, あったの, あった家, あった窓, あるあの, あるお伽噺, あるお話, あるまた, あるもじゃもじゃ, あるウクライナ刺繍, あるジャーナリスト, あるホテル, あるルポルタージュ, ある一つ, ある一人, ある上唇, ある上手, ある丘, ある二十一篇, ある人びと, ある人物, ある住人, ある作, ある作曲家, ある効用, ある印象, ある口もと, ある句, ある否, ある大きな, ある女性, ある娘たち, ある婦人達, ある宇治, ある家, ある家庭, ある封建制, ある小学校, ある山岳景, ある廻り舞台, ある強い, ある形, ある役割, ある思想家, ある手紙, ある才人, ある才能, ある文章, ある断面, ある村夫子, ある松, ある様式, ある派手, ある漆器, ある演技, ある点, ある物語, ある独自, ある理論, ある男, ある異, ある皮膚, ある眺め, ある眼つき, ある眼もと, ある立場, ある細い女らしい, ある絣, ある縮れ髮, ある耳, ある芳香, ある草, ある草屋根, ある表現, ある言いかた, ある詩, ある読み方, ある踊, ある連中, ある長い, ある陶器, ある集会, ある音, ある顏, ある顔つき, ある顔付き, ある風貌, ある魅力, ことだろう, ことである, そなわって, ためであっ, ためでは, ないお, ないただ, ない一兵卒, ない中年, ない多く, ない女, ない山, ない平凡, ない方, ない粗悪, ない言葉, なくなること, なさそう, ものだ, もので, ものであった, ようであります, ようである, ような, よく出, より多く, わるく顔, 一たる, 一つだった, 一つであります, 一つでも, 一つとさえ, 一つとしての, 一つなり, 一つも, 一で, 一である, 一として, 一とも, 一に, 一ツである, 一種の, 一端を, 一色だけを, 中で, 中に, 中には, 中へ, 乏しい暮し, 乏しい自由主義者, 他に, 備わった女性, 共有なる, 内に, 出て, 利害に, 努力から, 商売であった, 善悪は, 外に, 大きい黒い瞳, 大事な, 大阪落語は, 少い性格, 少ないシンフォニー, 尤なる, 影響を, 必然な, 必然的な, 必要は, 快楽場を, 方は, 明かなもの, 景色を, 書だ, 最もよくあら, 最もよく発揮, 最も生々, 最も鮮, 有るもの, 木枯が, 本質が, 根に, 比較に, 比較は, 比較的は, 没却即ち, 治療法であった, 治療法は, 深い文章, 淵源する, 点で, 烈しい眉目, 現れて, 現われであるとも, 生れるもと, 発揮に, 目立つの, 相である, 研究が, 硬さ, 第一, 第二, 粋という, 繪畫遺品を, 美しさ, 背後における, 著しい上人, 著る, 裏に, 見られるの, 認められるの, 豊かな, 部分が, 魅力と, 鮮かな

▼ 特色~ (157, 6.1%)

23 する 21 して 5 した 4 するの, するもの, なって 3 する処 2 いえば, す, すべき時間, するところ, なししかも, なる, 誤認せらるる

1 [79件] いうべきもの, いうべき点, いえる, いっては, いっても, いつて, いひそれ, いふべき日常, いへば, いわなければ, されて, されてるもの, されるだけの, される実証性, しなければ, します, しわけても, し後者, し永遠, すべきは, すべきもの, すること, するだからこそ, するのに, するやう, するイギリス, する人々, する人事百端, する問題, する大衆的言論, する守備戦, する心, する秩父, する転向, する顔, せられて, それの, であったが, なすに, なすべきなり, なったの, なったもの, なつて, なり強味, なるべき固有, なるもの, なるわけ, またその, よく一致, 一致し, 云うならば, 云うもの, 云えば, 云って, 云ふ, 云ふも, 云わなければ, 人間の, 伝来の, 傾向とを, 同伴しなけれ, 実地的な, 思ふ, 思われるもの, 技能を, 普通考えられる, 更に又, 民族的特色とを, 深さ, 相対し, 結びあわせ, 考えられる, 臭味とさえを, 見たの, 見て, 覺しく, 言っても, 認める上, 長所とは

▼ 特色ある~ (124, 4.8%)

4 ものが, ものは, ものを 3 ことを, ものであります 2 ものたる, ものと

1 [102件] こと先生の, しかも正系, にぎやかさがそのあたりに展開, もので, ものである, ものに, ものの, やり方であります, を富人, を看破, ギリシャ式舞台で, 一対は, 一部分は, 一面を, 二人を, 五色の, 人物で, 人物の, 人物を, 人間學の, 仕方において, 作とを, 作品を, 個性である, 偉大な, 写生句を, 北国の, 反戦的短篇が, 句たるを, 句と, 名作である, 名稱, 品物が, 品物は, 哲学に, 噴火を, 国家を, 土地は, 土産の, 型の, 場合を, 天然の, 婦人の, 学者の, 小繁華, 年報の, 形で, 形に, 形のを, 形を, 復古主義的な, 性格が, 性格と, 性質を, 恋愛談を, 情勢は, 戯曲家的才能を, 手仕事としては, 手仕事を通して, 批評家チェスタトンの, 教育家独創的思想を, 文句だけを, 文学として, 文芸から, 新しい世界, 日本固有の, 早口時々, 景色という, 本質的な, 果樹園風の, 構造の, 様相です, 機能を, 歌として, 殆ど凡ての, 民藝こそ, 演劇の, 火成岩の, 焼物な, 独自の, 玩具が, 石屋根の, 社会性として, 筆致で, 範疇体系の, 織物と, 織物として, 美の, 舞台, 芸術としての, 菓子麺麭や, 著しい宗教的意識, 著書において, 著書は, 表現を, 裏町を, 言葉の, 言語たらしめね, 調和的な, 辺鄙に, 音色を, 風俗が

▼ 特色として~ (60, 2.3%)

4 見れば 3 ゐる 2 見ざるべ, 見るべきもの, 見るべき者

1 [47件] いました, この駅, こんな執着力, はじめから, ふしぎな, まず第, ゐた, ゐたやう, ゐます, 一時は, 世界婦人作家伝の, 亀井兄弟の, 人々の, 保存する, 再現せられたる, 包容性を, 取入れるべきもの, 商品世界を, 四段に, 地名を, 多言を, 大家に, 如何に, 実際に, 忘るべからざる, 感ずること, 来た人々, 来た彼, 来た独味, 現わ, 現代にも, 登場する, 目立って, 第一, 結構な, 考えられるあの, 自分の, 見えます, 解す可, 言葉は, 記憶すべき, 読者に, 誰からも, 誰の, 通用する, 飛躍的な, 驚異は

▼ 特色~ (52, 2.0%)

5 ない 4 ありません 2 あるの, ない半紙

1 [39件] あり消極的方面, ある, あるであらうが, そこに, そなわって, その一つ, その詩的, ないこの, ないまことに, ないまっすぐ, ない人柄, ない女, ない少年, ない政客, ない軽いもの, なかったらしい, なくその, なくなったら地球, なくなりますあなた, なくば, またますます, 亦以上, 備えて, 初めて正確, 初対面の, 彼には, 極めて薄められ, 模写説の, 残して, 現われはなはだ, 理想も, 発揮する, 看て, 真価も, 見えないし, 見えない男, 認められた訳, 認められなかった, 認める代り

▼ 特色~ (51, 2.0%)

9 して 2 他ならない, 信を

1 [38件] あるわけ, かぞえるけれども, したいと, した日蔭, すぎないもの, ぞくするもの, ついて, つき吾人, なって, なりますから, なるだろう, なるという, なるの, ふれて, 乏しい地方, 乏しい既成, 乏しかった, 変貌し, 存する事, 富みたるもの, 富みたる行事形態, 対応する, 就いて, 就いては, 帰着する, 平行し, 数えられるだろう, 於て, 気がついた, 氣が, 決してごまかされ, 由来する, 結びつけられること, 自信を, 説き及んだが, 貪慾な, 近いもの, 類属し

▼ 特色~ (47, 1.8%)

5 あらう 3 あつた, あつて

1 [36件] あるいは世の中, こういう独特, この作, この特色, この豊春筆岩井半三郎, これを, しかも表面上, せうね, それによって, でも, どちらが, ひとり信玄, もう少し価値, 下田選定は, 主観に, 人間に, 今でも, 何んと, 又支那, 屹度どこかで, 彼等の, 後房, 恐れるの, 文庫も, 斯う, 日に, 普通使わない, 材料は, 殊にこの, 殊に西沢, 沼崎君の, 父と, 而も, 脂こい, 興味を, 行けば

▼ 特色である~ (47, 1.8%)

5 と思う 2 かも知れない, という点, ように

1 [36件] かのよう, かも知れぬ, から和算, がその, けれども今日, ことが, ことは, ことを, この公私, とも思へない, と云っ, と考えられる, と言っ, どの部屋, にかかわらず, にし, ので, のは, もっとも十七字, ようにも, マルクス主義的批評界では, 世襲の, 事にも, 事を, 以上野心的な, 女で, 尾籠な, 平凡主義は, 形式主義に, 所の, 日本社会の, 独善的な, 範疇の, 紫が, 野獣の, 顔に

▼ 特色~ (38, 1.5%)

5 なの 4 なもの 3 であった 2 だ, な媚, な良い

1 [20件] である, であるとの, であるの, できわめて, でした, では, で空想, で髭, な, な作曲家, な唇, な建築, な根づよ, な湾曲, な生活態度, な皮肉, な良, にし, に一般, に付け

▼ 特色づける~ (30, 1.2%)

2 ことが, のに

1 [26件] ことには, ことによって, ことは, ために, だけで, という視角, のが, ものだ, もので, ものは, 一定標式によって, 他の, 凛々たる, 哀愁が, 夢とが, 必要が, 数々の, 文化風土並に, 深味が, 無意味な, 神秘に, 絶望的な, 線は, 興味深い逸話, 過程である, 郷愁は

▼ 特色~ (29, 1.1%)

6 ということ 3 とすれ

1 [20件] からである, からです, からね, から色, が早分り, つたのに, つたらしい, つた心理の, といっ, とすべて, と云い切る, と云っ, と今, と思った, と思ひます, と思われる, と私, と自分, と認められ, 相である

▼ 特色づけ~ (24, 0.9%)

2 ている, てゐる

1 [20件] が可能, が用意, この特徴, それと, ていた, てはゐる, て居られる, にまで高め, の一端, はどの, は或いは, は美学的, も亦, をも受け取る, を与え, を先ず, を行った, を試みた, を試みる, 豊かに

▼ 特色~ (23, 0.9%)

14 のである 4 のだ 1 のかと, ので, のであっ, のであろう, のです

▼ 特色から~ (20, 0.8%)

3 云って 2 みて

1 [15件] おのずから其処, して, すでに尤も, 判定される, 区別し, 叙事詩と, 引き出された所謂, 我々の, 我が国の, 最もよく説明, 有名な, 来る階級性, 研究の, 詩の, 説明する

▼ 特色では~ (15, 0.6%)

4 ない, なくて 2 ないか 1 ありました, ないが, ないこと, ないだろうか, なく他

▼ 特色づけられる~ (12, 0.5%)

1 [12件] ことが, という, と云う, と考えられない, のが, のを, ものなら, わけである, イデオロギー論に対しては, 或る, 理由が, 生命現象は

▼ 特色でも~ (11, 0.4%)

2 あつた 1 あったの, ありますけれどもね, あり佳作, あり愛嬌, あり自慢, あるかと, ない, なく更に, なければ

▼ 特色という~ (11, 0.4%)

2 ことが, のは, ものが 1 ことと, のも, 可きであろう, 点から, 訳で

▼ 特色であった~ (10, 0.4%)

1 かも知れません, がその, ことも, といえるでしょう, と思う, システムから, 原始化は, 知識に対する, 陽に, 高い丘

▼ 特色とも~ (9, 0.3%)

3 いうべきもの 2 なって 1 いうべき温和, 一つ新潟は, 認めて, 認めること

▼ 特色~ (7, 0.3%)

5 ている 1 しかも両者, ていた

▼ 特色たる~ (7, 0.3%)

1 この貴族主義的, てにをはと言語, 事は, 墨色の, 現実的な, 繊巧軽, 転化の

▼ 特色であっ~ (7, 0.3%)

1 てここ, てそこ, てはならぬ, て女御, て物質文明科学文明, て直接, て筆算式

▼ 特色であり~ (7, 0.3%)

1 そうして, 他の, 何が, 又目新しい, 又社会的存在条件, 日本人の, 時代性格の

▼ 特色づけられ~ (6, 0.2%)

2 ている 1 それが, ていた, て好い, て居る

▼ 特色としては~ (6, 0.2%)

1 かの欧洲アルプス, 在来の, 小さな絵, 年中雨, 興趣わくが, 達磨市である

▼ 特色とは~ (6, 0.2%)

1 どういう関係, 何か, 何であった, 何である, 成立する, 矢張丑松の

▼ 特色なる~ (6, 0.2%)

1 ことは, ものが, 十勝原野の, 欧化と, 雑木山を, 電気鍋が

▼ 特色には~ (6, 0.2%)

1 なると, 乏しい, 別に変り, 強い興味, 止まらず一般, 科学的労作を

▼ 特色によって~ (6, 0.2%)

1 である, 変化を, 発展し, 着色され, 蔽うて, 貫かれて

▼ 特色とを~ (5, 0.2%)

1 ゆたかに, 同列に, 発揮し, 発揮し出した, 看取する

▼ 特色なり~ (5, 0.2%)

1 といへり, と言えり, 少くとも, 観者を, 豫め多少

▼ 特色だった~ (4, 0.2%)

2 のである 1 かも知れません, この革命

▼ 特色づけた~ (4, 0.2%)

1 かの労協, この規範性, 作品, 閑寂な

▼ 特色なき~ (4, 0.2%)

1 これらの, に非, 店は, 歌を

▼ 特色について~ (4, 0.2%)

1 はじめに, 指摘されてる, 観察すれ, 語る場合

▼ 特色かも~ (3, 0.1%)

1 知れない, 知れなかった, 知れぬ

▼ 特色づけれ~ (3, 0.1%)

1 ば却って, ば文学主義, ば社会学的均衡理論

▼ 特色でなけれ~ (3, 0.1%)

2 ばならない 1 ばならないであろう

▼ 特色とか~ (3, 0.1%)

1 個性とかいう, 社会条件なども, 話とか

▼ 特色とさえ~ (3, 0.1%)

1 しなければ, するよう, なって

▼ 特色なく~ (3, 0.1%)

1 ては叶はず, ては叶はず此歌, ては叶わず

▼ 特色にも~ (3, 0.1%)

1 おのずから制限, ならぬ, 拘らず直接

▼ 特色~ (3, 0.1%)

1 を通じて間接, チョウコウは, 統一を

▼ 特色らしく~ (3, 0.1%)

1 てやっと, 屋根などの, 感心し

▼ 特色をば~ (3, 0.1%)

1 ヘーゲルは, 一つの, 主語と

▼ 特色を以て~ (3, 0.1%)

1 世間に, 把握される, 貫かれて

▼ 特色する~ (2, 0.1%)

1 決定の, 詩境である

▼ 特色です~ (2, 0.1%)

1 が曾, ね

▼ 特色でなく~ (2, 0.1%)

1 てはならぬ, 汎く

▼ 特色といふ~ (2, 0.1%)

1 ものが, ものを

▼ 特色としての~ (2, 0.1%)

1 政治的性格も, 現実逃避である

▼ 特色としても~ (2, 0.1%)

2 現われて

▼ 特色と共に~ (2, 0.1%)

1 和辻氏の, 科学的批評とか

▼ 特色なら~ (2, 0.1%)

2

▼ 特色については~ (2, 0.1%)

1 まだ誰, 今論じる

▼ 特色のみを~ (2, 0.1%)

2 主題と

▼ 特色個性~ (2, 0.1%)

1 があっ, があるべきで

▼ 特色自身~ (2, 0.1%)

1 にとっては偶然, を云い表わさね

▼ 特色附けられる~ (2, 0.1%)

2 ことが

▼ 特色魅力~ (2, 0.1%)

1 があり, を発揮

▼1* [87件]

特色あり従つて同, 特色あるかれの形而上學的所信, 特色いちじるく現れ, 特色およびスケールの, 特色かと思います, 特色こそが元来この, 特色さえあったらたとえ, 特色さるべき筈である, 特色されている, 特色したものである, 特色その概念的, 特色それから従って又それ, 特色だけはまず初め, 特色だけを誇張した, 特色だらうと思つて, 特色だろうと自分, 特色づけなのだ, 特色づけられねばならない, 特色づける動かすべからざる精神である, 特色づけ得るかのよう, 特色でありまして旅行者, 特色でありますが私, 特色である如く此処でも, 特色でしかない, 特色でしょうかしら, 特色でないことは, 特色でねえ今言つた閉塞症みたい, 特色で御座ると云う, 特色といったのは, 特色とともに何と, 特色とによって簡単に, 特色とのからみ合いが, 特色とを以て選出し, 特色どんな性質を, 特色なければ名所, 特色などが複雑に, 特色などについてさまざまの, 特色などはないよう, 特色などまで物静かに, 特色ならずとせん, 特色なりと言うべきなり, 特色なるほがらかな, 特色にだけは限られない規定, 特色についてのみ見た意味, 特色にのみ興味を, 特色にまでなって, 特色による職能の, 特色に対する不自然, 特色ぬきにし, 特色こんなに眠りん坊, 特色のみから論ずれば, 特色のみには限らない, 特色引き直して, 特色または伝統という, 特色までは持って, 特色もしくは傾向という, 特色やらタイプやらを, 特色より推論し, 特色よりも共通な, 特色をも兼ね備えて, 特色一大創作的の識見, 特色の相違, 特色にまだ, 特色付けるそれぞれの, 特色以外に日常性, 特色公共図書館利用法を授, 特色即ちDDTの, 特色又は理想が, 特色只今申したよう, 特色を充分, 特色国家社会の特質, 特色契機である処, 特色如何と云, 特色実は生活それ自身の, 特色従って日本精神の, 特色徳川家の家風, 特色恋愛に倦みたる, 特色東京の裏町, 特色欠点と云え, 特色深い人生図を, 特色無き書より, 特色物理学的方法並びに対象, 特色独特性によるもの, 特色科学的な理性, 特色豊かな絵, 特色農村工業のゴマ化, 特色農民の狂信