青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「特徴~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

物語~ ~物質 物質~ ~物音 物音~ ~特に 特に~ ~特別 特別~ ~特徴
特徴~
特有~ ~特殊 特殊~ ~特色 特色~ ~犠牲 犠牲~ ~犬 犬~ ~犯人

「特徴~」 1954, 21ppm, 5449位

▼ 特徴~ (419, 21.4%)

25 もって 16 なして 10 持って 8 有って 6 もつて, 示して 4 明らかに, 有つ 3 なす, なすもの, 云い表わすもの, 具えて, 持つて, 有して, 発揮し, 詳細に

2 [29件] そなえて, なすで, なすと, 与えて, 備えて, 成して, 捉えて, 捕えて, 明白に, 更に浮き立たせる, 有する美術, 気持よく, 現して, 生かすこと, 発揮した, 発見し, 発見した, 発見する, 知って, 示すの, 示すもの, 見るばかり, 見覚えられる恐れ, 言ふ, 認めて, 語って, 説明する, 遺憾なく, 鮮かに

1 [258件] あげますと, あの人, あらわすと, あらわそうと, ありのままに, あり余る程沢山, いかすため, いくつか, いろいろ聞い, きっとあと, ことごとく身, して, すすめて, それぞれ持つ, それ以後かれ, だんだんに, つかまへようと, つかみ出した, つかんだ真似, つかんで, とって, とらえそれ, とらえたこと, とらえたとして, とらえて, とらえること, とらへて, とり込みあうて, どうつかん, なした知的, なすお, なすだろう, なすという, なすは, なす一現象, なす罪悪, ふざけて, ぽつりぽつりと, みて, めつけたがる, もじって, もちいさ, もったそれぞれ, もった植物, もった窒息死体, もつ溜り水, よくしらべ, よく了解, よく心, よく捕え, よく現, よく理解, よく生かさない, よく知っ, よく示し, よく見た, ハッキリさせよう, ハッキリと, 与えたに, 与える, 与えるという, 与えるの, 与へるの, 中国民族の, 中村君から, 主張する, 云い表わして, 人命の, 伸子は, 作りしもの, 作り上げるため, 作り出して, 保存し, 備えた一切, 備えた一集団, 備えた人物, 備えた新しい, 備へて, 共有する, 共通し, 具えては, 具へ, 具へて, 出して, 出すこと, 列挙し, 利用し, 剥ぎ去つて, 加へんか, 十分活用させた, 半分失い, 単に記述, 反映し, 反映する, 取り入れまして, 取り出しこれ, 取り除きまた, 取除けば, 口達者という, 合わされた小さい, 同うし, 吾, 呈して, 呈わして, 呑み込み万事要領, 呑み込み合, 外において, 多くそなえた, 多分に, 失い所謂, 失い眼玉, 失うもの, 失って, 失はない, 失ひ唯, 好んで, 完備し, 完全に, 巧く, 帝国主義戦争と, 帯びた, 広い偏見, 強調し, 強調する, 強調するなら, 形造っ, 形造った, 彼等の, 悉く備え, 感じただけ, 手帳に, 把握する, 押し与えて, 押し出して, 拾いながら, 持ったあるき方, 持ったタイプライター, 持ったバラック, 持った一つ, 持った方, 持った男性, 持った芸術, 持った顔, 持つた一つ, 持つた国語的性質, 持つた鳥, 持つの, 持つもの, 持つ千束町, 指摘出来る, 挙げれば, 捉へ, 捕えること, 捨てて, 探すなどという, 掴え, 掴むと, 描いたまでの, 描出した, 描出し見る, 数え上げ始めるん, 明かに, 暗示し, 更に代表, 更に理論, 最もよく物語っ, 最も純粋, 最も顕著, 有し従って, 有する, 有するが, 有するもの, 有った学問, 有つて居り, 検べ, 検査し, 次の, 止めたもの, 歴然たらしめし, 殺して, 洗い流すため, 減却しなく, 爲す, 現すと, 現すよう, 生かした音楽, 生かしまた, 生かそうと, 用いて, 発揮させる, 目標に, 真似した, 知ってるの, 知られて, 知る事, 研究考察する, 示した, 示すであろう, 示すばかり, 示すよう, 示す好, 示す言葉, 窺うこと, 窺ふ, 簡明に, 系譜的に, 細かく区別, 考えて, 考へさせた村, 考察しよう, 聞いて, 肯定する, 脈うたせ, 自分の, 若干だけ, 表は, 表わして, 表わすの, 表示し, 表象した, 見せるため, 見たらしい, 見つけたアレゴリー, 見つけ出す手がかり, 見る, 見わけて, 見事ふりおとし, 見出さなければ, 見出すこと, 見抜き見極めるの, 見抜く手がかり, 規定する, 覚えて, 言い現したもの, 記憶し, 記憶する, 記録に, 話したり, 認めない人, 認めるの, 語る例, 説明せん, 議論する, 讀者の, 身に, 追求するなら, 造化の, 逸して, 適切に, 選ぶの, 鋭く捕え, 附する事, 除外した, 隠して, 隠すこと, 音楽の, 顧みるの, 髣髴せしめる

▼ 特徴~ (249, 12.7%)

23 ある 16 あって 9 あった, あるの 7 あります 5 あらわれて, あると, 出て 4 現れて 3 あったの, あつた, あるよう

2 [11件] ありましたか, あるかも, あるから, あること, あるので, あるやう, ついて, 幸福論の, 立派に, 結晶し, 認められる

1 [135件] あったか, あったそう, あったと, あったろうし, あったろうと, あってね, あつて手, あらはれて, ありありと, ありそう, ありは, ありますか, ありますから, ありますよ, ありません, あり帯, あり忘れがたい, あり表現派, あり露骨, あり魅力, あるかと, あるが, あるけれども, あるため, あるだろうか, あるばかり, あるん, ある人, ある其の, ある虚無僧さん, あれば, あろうが, いっそう抽象示揚, かなりよく分る, ことごとくこの, この小さい, この書物, これだ, ございましょうがな, ずっと前, そうだ, その全体, その女, それぞれに, つかめるはず, つよくあらわれ, つよくて, でて, どう言, どんなに根づよい, ないその, ないと, なかった, なくいつも, なくなるから, なく外貌, なく苦心, はっきりし, はっきり認識, また此等, まるでなくなっ, みられる, やがてこの, よく描い, よく現れ, 一々符合, 一つあります, 一ツだけ, 一目で, 三つとも, 之である, 二人の, 人間性を, 今日文学と, 他の, 以上の, 伝わって, 全集を, 其処に, 分るもの, 判然と, 南の, 商品社会だ, 大竹に, 存し, 少しも, 少ない, 巧く現れ, 彼に, 性格である, 挙げられる, 描かれて, 斷片性不, 明らかと, 明白に, 書き加えられて, 最も明白, 最も露骨, 椿岳に, 活され, 消え失せて, 混りあい, 混入し, 滲み出して, 濃厚に, 無いの, 無くつちや, 物を, 現われて, 男と, 看取せられる, 示されるすなわち, 私の, 線の, 線香で, 考えうるかと, 芸術的に, 英国の, 著しく伸長, 見えるの, 見られねば, 見られる, 見られると, 見られるの, 見られるよう, 見出されないに, 解らなかつた, 認められるのに, 認められれば, 語られて, 身長こそ, 違うところ, 長大に, 食べ物に, 驚くほど

▼ 特徴~ (243, 12.4%)

7 一つとして, 一つは 6 ある顔 5 ある声, ある眼 4 あること, あるもの, 一つである 3 あるの, ある人物, ない平凡, ように, 一つだ

2 [15件] あるしゃがれ声, ある事, ある人, ある弓形, ある物, ある笑い声, ある髭, ある鼻声, ために, ないだけ, やうに, 一つで, 一つと, 方が, 言ひ

1 [156件] あつたあぶれ, あらわれて, あるあまり, あるおでこ, あるさっさっと, あるせき, あるその, あるぢ, あるとんとんとんと, あるゆっくり, あるショウバイニン, あるバス, あるヒメ, あるペン書き, あるリンネ, ある三白眼, ある人文, ある創壁, ある動き, ある博士, ある取り合わせ, ある口髭頬鬚頤髯, ある名古屋訛, ある咳, ある喉声, ある堂塔, ある大きな, ある大柄, ある太刀, ある太短, ある奇妙, ある子供, ある小鼻, ある平顔, ある年, ある建物, ある引きずるよう, ある形, ある彼, ある微笑, ある悩ましく, ある感じ, ある指紋, ある敏感, ある文化, ある方, ある日本, ある横向き, ある武田さん, ある歩き振り, ある歩き方, ある歴史的, ある毛屑, ある涼しい, ある目, ある目つき, ある相手, ある眇眼, ある真黒, ある瞼, ある祖父さん, ある立派, ある美しい, ある美髯, ある聡明, ある草履, ある行動, ある表情, ある表情的, ある語, ある語尾, ある語調, ある論, ある謡, ある足音, ある跫音, ある身体つき, ある軟體動物, ある部分, ある郷土料理, ある鋭い, ある門構え, ある面影, ある音, ある頭, ある顔付き, ある髪の毛, ある魅力, ある鼾, いちじるしい点, うちで, うちに, ごとくに余の, ごとく見られて, つよいもの, ないしかも, ないの, ないもの, ない僻村, ない凡俗さ, ない場合, ない大谷君, ない好男子, ない平凡人, ない服装, ない顔, なかでは, ひとつだつた, ひとつを, やうな, ようです, ようにさえ, カラリと, スタディと, マイナスの, 一つから, 一つであっ, 一つを, 一つ一つに, 一端を, 一面を, 中でも, 主な, 事で, 其中に, 内に, 多い花, 多きに, 大半を, 女に, 存する処, 少い一度, 或る, 方は, 明らかに, 暗示ぐらいは, 最も尊ぶべき, 有名なる, 極端と, 深井に, 濃い諸, 由来を, 積極的意義と, 符号を, 第一, 精神的意義が, 絶滅を, 肉体であり, 腹の, 若干, 見えるもの, 見られるもの, 鋭さである, 鑑別が, 面の, 鬚を

▼ 特徴~ (213, 10.9%)

3 なかった, 一つも

2 [12件] それが, どれも, ないの, むしろ不, 何か, 各線条, 存する, 小説の, 常識には, 感傷的である, 殺されたの, 氷河の

1 [183件] あらわれて, ありません, あり優劣, あるけれども, あるとしても, いかにも軽快, いま書いた, いるかいない, いわゆる落ちる, うそが, かくの, この作者, この反発, この点, これらの, ござりませ, さう, すでに, すでに同じ, すべてそのまま, すべての, そういう考えかた, そのよう, その好む, その式, その恒存性, その文学, その漢字, その繊細, その表現, その超越, それを, そんなところ, どうも現実, どこから, どこに, どこの, どんな政令, ない, ないが, なかったです, なくきわめて, はっきりし, ひどく取る, ひどく古い, まさに意力, また意味, みんな齢の, むしろ媒介, もっと奥, やがてそれ, やはり非常, わかり切ったこと, わたしたち日本の, アジャンターの, インドペルシア西域等の, インフレーションの, コウスが, ニグロ, フキさんが, リアリスティックな, 一つの, 一ばんよく, 一八九九年, 一切が, 一方に, 一方において, 一枚の, 一種めかし立て, 一見ま, 両者が, 中性表現の, 事情によっては, 二尺乃至, 二重瞼の, 今日と, 仏国警察の, 他の, 何れも, 何処に, 何度繰り返し, 何色にでも, 作家の, 作家藤村の, 作者の, 例えば藤村, 例の, 侍の, 依然として天皇, 全くこの, 全く美文調, 全米国内, 内部の, 分化する, 単に出世間, 単に同時存在的, 単に夫, 右に, 右の, 同人たちの, 同時にまた, 多少形, 大森の, 存するであらう, 季節の, 安いこと, 宗教自らの, 小林家の, 山々の, 左の, 彼が, 彼にとって, 従来の, 徳永さんも, 必然性と, 想像し, 想像する, 手に, 押しも, 捕られる方, 放射する, 政府主義, 文化運動を通じての, 文章が, 日常身辺に, 日本の, 昔と, 最初白色の, 服従である, 極めて自然, 極めて興味, 正にこの, 殲滅戦略の, 段々畑に, 氏の, 水茶屋土弓場また, 決してこの, 洋學年表も, 無戒, 無論かの, 物事に, 猛烈な, 現われて, 生命に, 男女を, 発揮せられ, 看護婦がわりに, 真面目な, 眼鏡に, 知識人としての, 破戒でなく, 破戒では, 示して, 第一水, 筋を, 紙さえ, 職業的な, 肢体が, 脊柱が, 自分が, 自分を, 自然が, 航海通商に, 船尾に, 華やかに, 葉腋に, 装飾における, 複雑な, 見つからないの, 言ひ伝へ, 計量を, 評論面においては, 語義の, 諺的の, 象牙の, 赤人一流の, 身体の, 道具を, 階級性の, 非常に, 領域の, 顳, 高賃金

▼ 特徴~ (110, 5.6%)

10 して 8 なって 5 いえば, する, するところ 4 されて 2 いえる, 云えば, 申せば

1 [67件] いうべきもの, いって, いふべきである, いへば, いわなければ, したデカダンス, すること, すると, するならば, するよう, する主人, する処, する家, する様, する若い, する近世哲學, せられて, それが, でした, なった, なったその, なつた, なりぬ, なる, なるに, なるもの, なるよう, なる相貌, みなされて, ピタリと, 一つの, 一致する, 不如意の, 云って, 云ふと, 密接に, 対照し, 思う, 思われたの, 思われる事, 思想を, 条件だけ, 欠点とは, 欠点なり, 気分で, 照し合せ, 猛烈さとを, 申しますか, 相応じ, 結び付いたもの, 考えて, 蜥蜴類の, 見なされて, 見なすべき許多, 見ら, 見るべきもの, 見受けられます, 言えば, 言えるであろう, 誇りながら, 認むるを, 論理とを, 謂はれる, 連関し, 酷似し, 重写, 関係が

▼ 特徴~ (106, 5.4%)

10 なもの 7 である 5 な場合 4 なこと 3 な点, に代表 2 です, なの, な状態, に物語っ, に論理的

1 [64件] だ, だと, であった, であるだろう, であるに, でしょうおのずから, となっ, なたとえて, なところ, なよく, なカーヴ, なリアル, な一定限定, な事実, な事情, な二三, な偽善, な傾向, な僞善, な出版, な印象, な固定投資, な場面場面, な心理的, な性格, な数行, な方向, な日本社会史, な明治維新, な様相, な欠陥, な歴史的地位, な特色, な現, な現象, な生産, な病気, な病氣, な相貌, な真名古, な硬, な社会, な節, な経歴, な結婚, な苦悩, な表現, な認識論, な身ぶり, な転調, な部分, な風俗, に云うなら, に労働手段, に労働用具, に太い, に指摘, に掴み出す, に狭い, に用いた, に知ろう, に統一, に説明, のやつ

▼ 特徴として~ (58, 3.0%)

1 [58件] ああ俺, いつも精神, こんに, そういう人権蹂躙, そこには, その作品, それが, どこかに, どんなもの, ゐる故, 一も, 一年中霜や, 主観を, 事件発生前より, 今でも, 何よりも, 何人にも, 何気なく半ば無意識, 兵力の, 区別判然たる, 取り入れたもの, 各, 君は, 器量も, 太陽崇拜構築の, 太陽崇拝構築の, 婦人作家の, 婦人大衆の, 実に近松, 寝殿造りと, 居ります, 工事は, 左の, 左肋骨の, 巧みに, 戸内の, 持つ高次的客體, 挙げなければ, 挙げられると, 掲げられた法則概念, 数えられる, 最も學習, 物を, 特に強調, 目立つ傾向, 知られた補足作用, 示して, 秋が, 考えて, 茴香剤を, 見逃し得ないもの, 認めて, 論じた諸, 起り易き, 身許の, 逆上し, 隣近所は, 非難されるべき

▼ 特徴である~ (52, 2.7%)

3 がその 2 がこの, ことを

1 [45件] かも知れない, から致し方, が四郎, が悠紀, が鋭敏, が鼻, けれども同時に, ことに, この顔面, そうだ, ということ, と云う, と共に根本弱点, と思う, と考えられる, と考える, と説明, に外, のか, のかも, ようだ, ように, インテリジェンスを, 一人称で, 事を, 例の, 個性的表現を, 史的唯物論へ, 大きな鼻, 怠慢な, 我から, 撫で肩の, 権力追従を, 無戒, 考え深い, 自然への, 船を, 色彩の, 虫の, 詳しい話しぶり, 諧謔は, 資本主義の, 通り精細に, 闊達な, 雑多な

▼ 特徴ある~ (45, 2.3%)

2 笑声を, 筆蹟にも, 部分のみを

1 [39件] おかっぱ, が爲, ことを, ものと, ものの, ものを, ように, ニュアンスに, ポプラの, 一つの, 一時期である, 三白眼や, 個性が, 六連音の, 制約を, 図案は, 場合を, 峨々たる, 島の, 建築でも, 怒り肩なれ, 性質が, 態度の, 手首は, 段階へ, 犬歯が, 犯行を, 産業を, 粘膜の, 花甘藍形の, 表情で, 身振りの, 造営物は, 連関の, 随筆の, 青臭い香, 頭を, 顔で, 髪も

▼ 特徴~ (44, 2.3%)

10 なって 3 して 2 応じて

1 [29件] しても, すぎない, つきて, なるわけ, ふれて, 一致し, 依て, 加えるもの, 安易に, 富んだ人, 少しの, 就いては, 影響を, 挙げた, 数えられた眉, 於ける還元性, 於ても, 次いで, 気がつかないの, 注目する, 相応し, 相應, 立つ独自, 色づけられて, 見えた, 過ぎないの, 過ぎないもの, 適応し, 関わる

▼ 特徴~ (40, 2.0%)

5 あつた 3 あつて 2 あらう, どうかする, 私は

1 [26件] うるさくて, だから右門, どうかした, また一世, ローマン主義の, 今度の, 右に, 同時に弱点, 學生間には, 平次には, 彼らが, 恐らく日本人, 意識しはじめ, 新しい芝居, 正木博士が, 決して美味い, 熔岩池の, 発作的に, 知ってるの, 私だけしか, 自分を, 興奮性だ, 航海者の, 芭蕉の, 遠くから, 面長な

▼ 特徴~ (39, 2.0%)

3 ないが 2 ない, なかった

1 [32件] あって, ありません, ありませんが, あるには, あるの, おそらくここ, この少年, つかめないの, ないの, ない三十五六歳, ない中年, ない代物, ない売子, ない姿, ない時鳥, ない町駕籠, ない短刀, ない貧血, なくただ, なければ, また同じ, 一層明瞭, 変化した, 大いに用い, 年恰好も, 掌を, 明らかに, 犯人が, 生かして, 考えられなくは, 見えない平凡, 頂けなかつた

▼ 特徴~ (26, 1.3%)

7 のである 5 のだ 4 んだ 2 んです 1 のだろう, ので, のであった, のであり, のでございます, のです, んで, んである

▼ 特徴~ (16, 0.8%)

1 [16件] からたぶん, からである, から内容, が, がやや, そうで, ということ, といふ同時に, とされ, と云う, と思います, と指摘, と断言, と普通, と考える, と言わなけれ

▼ 特徴づけ~ (14, 0.7%)

4 ている 1 がここ, が明言, てその, て言え, としては初め, に終らざる, に終るだろう, はつまる, を私, を通じて現在

▼ 特徴づける~ (13, 0.7%)

2 のは, ものだ 1 ことが, ことに, ことは, もっと由緒, ものが, ものそれが, ものであり, 処の, 所以が

▼ 特徴から~ (11, 0.6%)

1 [11件] いつとは, して, それと, もたらされるよろこびと, 分化し, 判断し, 工夫し出し, 歌人の, 生ずるあらゆる, 生ずる自然, 竜宮すなわち

▼ 特徴たる~ (11, 0.6%)

2 乳房その他の 1 あらゆる馬車, いつもの, 不可逆性は, 乳房ならびに, 他国の, 廃頽的情味を, 或条件, 癖を, 赤い線

▼ 特徴では~ (10, 0.5%)

3 ない 1 あっても, あるが, ないが, ないでしょうか, なかった, なくて, 云い表わしたがらない

▼ 特徴という~ (10, 0.5%)

3 のは 2 ものが, ものは 1 ことを, ものだろう, ものと

▼ 特徴とも~ (9, 0.5%)

2 なるの 1 いうべきは, いうべき獅子面, いふべきもの, いふべき獅子面, いふべき紫色, なつて, 云える

▼ 特徴であった~ (8, 0.4%)

1 からである, が今, が長篠, と思っ, 何と, 例の, 筈である, 髪や

▼ 特徴づけられる~ (7, 0.4%)

1 か, からだ, ことが, ことは, この自然科学的世界, にも拘らず, 種類の

▼ 特徴であっ~ (7, 0.4%)

2 て氷河 1 てこうした, てそれで, てジョルジュ・デュアメル, て仏教界, て静的

▼ 特徴には~ (7, 0.4%)

2 なるべく触れぬ 1 なりません, なるほどと, 人間本能に, 少なくとも気に入った, 異国の

▼ 特徴であり~ (6, 0.3%)

1 そしてそこ, またこの, また多く, また自分, 往時から, 社会進歩の

▼ 特徴としては~ (6, 0.3%)

1 このよう, 天地陰陽いわゆる, 射撃の, 永遠に, 王の, 針状結晶が

▼ 特徴によって~ (6, 0.3%)

1 わりに人, 他と, 他の, 区別しよう, 基本的に, 雑階級的に

▼ 特徴~ (6, 0.3%)

2 永年の 1 作品人物の, 性格について, 挿話を, 限界や

▼ 特徴附け~ (6, 0.3%)

3 ている, てゐる

▼ 特徴づけられ~ (5, 0.3%)

2 ている 1 ていた, もし, 商品の

▼ 特徴づけられた~ (4, 0.2%)

1 その権利, ので, のを, ものだ

▼ 特徴です~ (4, 0.2%)

21 いやね, よ

▼ 特徴でも~ (4, 0.2%)

1 ありました, ある, あるまい, なかったでござろう

▼ 特徴とは~ (4, 0.2%)

1 すでに夫, ほかでは, 五郎も, 左ヒジから

▼ 特徴とを~ (4, 0.2%)

1 七分三分とか, 引伸ばす, 細かな, 語るもの

▼ 特徴などを~ (4, 0.2%)

1 前よりも, 応対した, 見つけるよう, 見抜いて

▼ 特徴について~ (4, 0.2%)

1 いちどきにはっきり理解, 少しく申し述べたい, 私は, 貴方に

▼ 特徴かも~ (3, 0.2%)

1 知れないがね, 知れませぬが, 知れませんが

▼ 特徴そのもの~ (3, 0.2%)

1 が又, に関わる, を云い表わす

▼ 特徴だった~ (3, 0.2%)

1 それが, のである, 呶号的エロキューションや

▼ 特徴といふ~ (3, 0.2%)

2 のは 1 ものが

▼ 特徴なき~ (3, 0.2%)

2 陋巷に 1 ところを

▼ 特徴については~ (3, 0.2%)

1 かつて彼, ほんもの, 明瞭な

▼ 特徴にも~ (3, 0.2%)

1 なりまた, よるの, 生乾きの

▼ 特徴~ (3, 0.2%)

1 が, について足型, によりて具体的

▼ 特徴あり~ (2, 0.1%)

1 てうまし, とすれ

▼ 特徴すでに~ (2, 0.1%)

2 現代人に

▼ 特徴その~ (2, 0.1%)

1 基本的諸, 複雑性と

▼ 特徴だけを~ (2, 0.1%)

2 浮き立たせながら

▼ 特徴とさえ~ (2, 0.1%)

1 して, 申したいほど

▼ 特徴としての~ (2, 0.1%)

1 実験は, 純然たる

▼ 特徴など~ (2, 0.1%)

1 委しく聞いた, 説明し

▼ 特徴なり~ (2, 0.1%)

1 服装の, 茲に

▼ 特徴なんか~ (2, 0.1%)

1 外国語の, 少しも

▼ 特徴による~ (2, 0.1%)

2 のである

▼ 特徴に対して~ (2, 0.1%)

1 別に上品, 自分は

▼ 特徴のみを~ (2, 0.1%)

1 指し示す処, 生かすという

▼ 特徴までも~ (2, 0.1%)

1 読み尽して, 類似し

▼ 特徴らしい~ (2, 0.1%)

1 ものの, 読書で

▼ 特徴以外~ (2, 0.1%)

1 に今, に法水

▼ 特徴附けられね~ (2, 0.1%)

1 ばならぬであらう, ばならぬであろう

▼1* [68件]

特徴こそはベートーヴェンの, 特徴さえも残って, 特徴じゃからしかたが, 特徴じゃがそこで無理, 特徴すなわち作者側の, 特徴たるべきものである, 特徴だけは目に, 特徴だつたから, 特徴だらうこんなに早起しよう, 特徴づけなのである, 特徴づけようとする, 特徴づけられ得るのである, 特徴づければ主客, 特徴であったろうかそれとも, 特徴でありますからこの, 特徴であるならば水, 特徴であるべきものは, 特徴でなければならぬ, 特徴とかいうものは, 特徴とが出て, 特徴とでも言うの, 特徴とのなぞを, 特徴なければ論ぜず, 特徴なし年二十四当時無宿江戸浅草孔雀長屋人別紋日の, 特徴なぞは抜け目なく, 特徴なぞを最も誇張, 特徴などが相当分っ, 特徴などと言って, 特徴などにまで迫って, 特徴なりと云う可, 特徴なる鱗や, 特徴において描こうと, 特徴においても娘と, 特徴にさえなって, 特徴についてだけなん, 特徴についての把握複雑な, 特徴になつてゐた, 特徴はといへば, 特徴ばかりを見て, 特徴みたいなもの, 特徴やらが現代人に, 特徴らしく三島でも, 特徴をなんぞやと, 特徴をも併せて, 特徴を以て現われるかを, 特徴トスル多腕人間方式, 特徴メレジェコフスキーに云われてる, 特徴を性格, 特徴の様子, 特徴全部をもっ, 特徴凶器を擬せられ, 特徴即ちマイクの, 特徴大阪というところ, 特徴往々にし, 特徴或いは寧ろ一つ, 特徴時間性の形式的特徴, 特徴更にその青年, 特徴栄養の程度, 特徴であるぶなの, 特徴樹種はぶなですが, 特徴牛乳屋が通る, 特徴発見の途上, 特徴美点についての自覚, 特徴習癖などがたなごころ, 特徴背丈などが微細, 特徴要するにその思惟的特徴, 特徴とふん, 特徴面白さ役割としての