青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「特に~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

物~ 物理~ 物置~ ~物語 物語~ ~物質 物質~ ~物音 物音~ ~特に
特に~
~特別 特別~ ~特徴 特徴~ 特有~ ~特殊 特殊~ ~特色 特色~ ~犠牲

「特に~」 8532, 92ppm, 1197位

▼ 特にこの~ (253, 3.0%)

6 点を 3 ことは, 感が, 種の, 頃は

2 [13件] ことに, ことを, ような, 人は, 人を, 傾向は, 句の, 感を, 方面の, 時局下に, 点に, 経を, 蛾を

1 [209件] おばさんが, お二人, お客に, ように, わたくしを, イデオロギーが, ギャップと, グループの, パリ祭を, モスクワを, モルフォロギー的思想である, ヴィクトローラの, 一ヵ月には, 一二年間ずっと, 一句について, 一味だけが, 一局を, 一章の, 一節の, 一部だけは, 三十歳を, 三四年は, 三年ほどの, 三浦老人と, 下の句は, 不一致の, 不幸な, 世界の, 事が, 事を, 事件の, 事件を, 二三年に, 二人に, 二重関係を, 五年来の, 京都の, 亭主夫婦に, 人々から, 人々に, 今の, 仙北地方に, 会には, 佐々兼武は, 作だけについて, 作品などの, 作者に, 作者の, 作者のには, 作者は, 信仰を, 個所の, 借用について, 催しを, 傾向が, 冬は, 前書を, 前期資本主義的な, 動きを, 十年来の, 半年ほどは, 古典を, 句を, 号に, 名古屋の, 問題が, 問題に関する, 問題の, 問題は, 国を, 土地に, 地を, 地方の, 地点が, 地点へは, 城に, 場で, 場合に, 場合においては, 夜だけは, 大切なる, 天宮を, 夫人には, 奈良の, 女だけを, 子を, 学問の, 家では, 家庭の, 審議会で, 尊氏が, 小鳥が, 市場に, 床下が, 店に, 店の, 度お, 座敷における, 役を, 思春期に, 恩典に, 恩命を, 悪文を, 悲が, 想像力を, 懇談会を通じて, 所証を, 挿話を, 掛物の, 数年来の, 数日怠業の, 文章は, 新方法, 方々呼び集めた, 方法, 方法を, 方面に, 方面において, 旅人は, 日の, 日本で, 時を以て, 時代に, 時代の, 時吾, 月見御殿の, 月魄を, 有望作家の, 朝廷に対する, 未曾有の, 本の, 村の, 条項だけが, 校歌は, 植物を, 概念を, 機に, 機縁だけで, 歌を, 段階が, 河野の, 派の, 海岸を, 涅槃経において, 満月寺の, 点が, 点で, 点における, 点について, 点は, 点ばかり, 点今まで, 点秀れ, 物語は, 現象の, 男の, 男の子に, 男を, 画家に, 目的で, 直覚的連関の, 相談めいた, 秀次に, 租税によってのみ, 稿を, 竹の, 経すなわち, 結合は, 絵は, 美くしい, 習慣は, 者について, 聖歌を, 職域の, 能で, 色を, 芸術至上主義は, 草を, 草紙の, 董卓を, 蟻につき, 衣裳の, 表題に, 観念を, 詩集の, 話を, 語について, 論證乃至, 赤城の, 身の, 辺りは, 遊び道具が, 運動に, 遺蹟について, 郡を, 都会の, 間内は, 関係について, 附近に, 際に, 際御, 際我が, 離れ島まで, 非人部落を, 非常時に際して, 頃なっ, 類の, 類型の, 點に

▼ 特にその~ (219, 2.6%)

5 ために, 中の 4 感が, 点を 3 ような, 作家が, 感を

2 [12件] ことを, 中でも, 前の, 原罪説を, 名を, 日は, 時は, 時代に, 為に, 眼が, 著しきもの, 表現性を

1 [168件] うちの, ことが, ことは, ための, ため前の, ため御, はたらく場所, わからないなりで, アクセントの, サアァッという, スポーツとか, タッタ一粒の, ニセ札の, 一, 一の, 一般的傾向が, 不孝者の, 事を, 二つの, 人々が, 人に, 人は, 人物, 作, 作品の, 作品は, 作法の, 作者である, 傾向が, 僧侶としての, 内の, 内容が, 内容と, 出現の, 初期作戦は, 割注に, 功として, 努力を, 労働手段の, 勉強する, 卓の, 叙事詩的の, 口の, 古典の, 名だけが, 名に, 名前が, 周囲の, 問題に, 回転を, 土地の, 地方の, 外側に, 夜に, 大きさ, 女が, 姿見において, 子供たちの, 子供の, 子孫らは, 官庁に, 実際の, 宣伝から, 対外的意義に, 対話である, 巨匠ルコント・ド・リール等は, 席に, 幾日という, 弊害の, 引立てを, 思い出の, 思考能力理解の, 怪声は, 意味に, 感じが, 感情を, 手近だけに, 才能の, 捕え所, 政治学的権謀術策論であっ, 教養あり, 文化的な, 文化的自由だけを, 新体風の, 方を, 方則に, 方法が, 旅は, 日だけは, 旨を, 時代思想の, 暴露した, 最後の, 最盛期としての, 期待が, 末項において, 樣に, 権利が, 機関が, 毛並みの, 毬彙が, 氏素性を, 濃厚なる, 災害について, 点神経も, 為めに, 物語は, 物語りは, 犬には, 独立性の, 理論的な, 生態と, 用も, 用途に, 眼を, 社会的実践活動の, 社会的背景が, 神々しい, 禁止を, 種の, 立体に, 立場から, 第三形態, 米國に, 精力の, 系譜学, 経済機構または, 結果は, 編纂に際して, 繁栄策として, 繁華な, 美醜の, 肩の, 自然哲学が, 自然哲学の, 芸術における, 苦難を, 葉が, 観去来品に, 解釈の, 詩を, 談話と, 講義で, 賛を, 身が, 近傍における, 速さ, 運命の, 遠い昔, 部落を, 郭外において, 郷愁的色調を, 鋏に, 長年月間扱い慣れ, 長所と共に, 阻遏さる, 隅田川と, 際人々が, 際各, 雑種である, 離島の, 面が, 面積が, 頂点で, 頃の, 頭部の, 題目と, 魂の

▼ 特に~ (130, 1.5%)

6 のため 5 の注意 4 の興味 3 の目, の眼 2 が小説, の家, の心, の敬服, の最も, の耳, の記憶, は彼自身, を感動, を選んだ

1 [89件] から小松栄君, がこ, がこの, がした, が今, が大, が好き, が嬉しく, が宇都野さん, が感じます, が文芸通信誌上, が秘蔵, が見出す, が説く, が買う, が選ばれ, が邪教, が附した, ごとき者, だけかも知れません, として自分, とも関係, と一緒, にだけよく, にだけコッソリ, にとって実に, にはそれ, にはそんな, には大変有用, には日常, には興味, には酷し, には重荷, にむかっ, に依, に対して神々しい, に手記, に示し, に興味, のどう, のめんどう, のやう, のよう, の不幸, の住ん, の例, の傍, の古稀, の名前, の地方, の小遣, の強調, の愉快, の意見, の感じ, の机, の村, の爲, の生命, の知つて, の研究, の私事, の胸, の見た, の趣味, はあなた, はおお, はかひたい, はこれ, はゼーロン, は中村君, は今, は今日天才作家, は十三年, は多感, は岩田豊雄, は強調, は恩師田辺, は梅, は然, をお, を引見, を感激, を打ちました, を歡待, を相手, を若井氏, を選ん, んとこ

▼ 特に注意~ (88, 1.0%)

23 して 6 すべきは 4 すべきこと 3 した, しなければ, する必要, を払った 2 したいの, せねば, を要する

1 [37件] されねば, される問題, したかつたの, した一人, しないため, しないで, し強調, すべきである, すべきであると, すべきであろうと, すべきでこれ, すべきもの, すべき事柄, すべき業績, すべき発見, すべき遺物, するにも, するの, するよう, する価値, する所, すれば, す可, せよ, せられる, もひかなかった, をする, をひかれた, をひく, を与え, を向けね, を喚び起す, を怠らぬ, を払い, を払わなく, を払われ, を牽いた

▼ 特にそれ~ (82, 1.0%)

2 が甚, を君, を感じた

1 [76件] から二時間, がし, がため, がはつきり, がひどく, がもしも, がニュートン, が一国主義的, が世間, が久世侯, が人間, が勇気, が厳しく, が古典, が可能, が夜襲, が強く, が当然, が感覚, が新聞企業自身, が景観, が曰く, が書い, が最, が激しく, が烈しい, が純一, が苦しい, が著しい, が著しく, が装, が親しけれ, が貨幣, が貴重, が起っ, が違う, が鹿, だけが中断, だけが目立った, だけのため, であるとは, なくしては, について注意, に定義, に対する批判, に属する, に注意, に興味, の乏しい, の優越, の持つ, はこの, は何, は観想, は解釈哲学, らしい静か, を代表, を先ず, を取り出し, を強いられで, を強調, を待っ, を悪, を悪人, を悲観, を意識, を感じる, を持っ, を斜め横, を特徴, を禁止, を納めるべく作った, を見まもる, を読む, を選ぶ, を避ける

▼ 特に日本~ (54, 0.6%)

3 のよう 2 に於, の島嶼

1 [47件] がよく, では, ではそういう, ではそれ, ではね, では俳優, では四十, では文学, では日本人, では昔, では濫用, では生物的面, では紛れ, では重大, などでは極めて, においてはそれ, においては日本型ファシズム, において著しい, にとって必要, には日本固有, には真性アル中, に多かっ, に於ける, の, の医者, の古典, の古典芸術, の国情, の国詩, の婦人雑誌, の官僚, の実質的, の文化, の文芸史, の条件, の歴史, の江戸時代, の社会, の習俗, の自然科学者達, の芸術, の若い, の詩人, の近海捕鯨, は若く, をドリームランド, を愛せず

▼ 特にこれ~ (53, 0.6%)

2 といっ

1 [51件] がひどく, がやかましい, が問題, が必要, が華やか, こそというもの, という印象, と云つて, と言う, には, に感じ, に適した, はと敬服, は申し, は真実, は老人方, まで日本, まで隠忍, をお作り, をか, をこ, をここ, をせよ, をそうした, をヤマトタチバナ, を人民, を使う, を個性的, を凝視, を嗜好, を堅牢, を嫌, を実際, を宣伝, を巻首, を彼岸桜, を徳さん, を文化危機, を疎外, を研究, を神秘的, を禁止, を立つる, を細叙, を細説, を言明, を証拠立てる, を賞する, を重く, を非難, 迄抑圧

▼ 特に~ (51, 0.6%)

5 れの 3 のため 2 れは

1 [41件] から不愉快, から使われてる, が, が典型, が彼女, が熱心, が私, が駅長, だけの慰み, である故, と親しく, にとっては母, に影響, に於, に注意, のこの, のイメージ, の主著, の人種, の代表作, の官職, の微笑, の心, の愛蔵, の感情的, の武器, の注意, の爲, の精神方面, の自然哲学, の面倒, の頭, は奇術, を庇護, を忌み嫌う, を愛し, を憎む, を育てる, を選べる, を選んだ, を避けさせた

▼ 特に~ (45, 0.5%)

3 頼みして 2 愛しに, 染という, 目に, 道だけに

1 [34件] つとめの, ゆるし下, わかれの, 三方に, 世辞は, 二人を, 優しい, 勧めしたいと, 召使いおき下され, 咎めなし, 声がかりで, 好きな, 妙の, 姿を, 嬢さまが, 定めより, 小袖二重ねを, 心がかりに, 愛相が, 断わりなさいましたから, 気の毒とも, 涌を, 漉かせに, 濠方という, 珊が, 白粉を, 目を, 経を, 絹という, 親しみを, 車を, 銀様という, 願申上げ, 鯉さんは

▼ 特に自分~ (42, 0.5%)

2 のため

1 [40件] が抜け出し, が文学, が目的, で調べた, としては心, と云う, と仲, などの重視, にだけ金二百円, にばかりなつきたがる, に対して何, に必要, に興味, のところ, のほう, のよう, の一室, の一軒, の一頭, の場合, の好き, の妻, の姿, の家, の所有物, の爲, の筋道, の罪悪, の行動, の行為, の趣味, の避け, は, はこの, は好ん, へこの, も一人, を引き抜い, を指名, を表す

▼ 特に~ (41, 0.5%)

6 についた 5 につく 4 をかけ 3 に立つ 2 をひかれ, をひき

1 [19件] にたつ, につき易い, にとまる, にも入らなかった, に入る, に着く, に立ち, に立った, をかけられた, をつけ, をつけたらしく, をつけないでしょう, をとめ, を引いた, を引く, を惹き, を惹く, を汝, 醒しい収入

▼ 特にそう~ (35, 0.4%)

7 である 2 なの

1 [26件] あらざるを, いって, して, だ, だが, だぜ, だった, だったと, だったの, だと, であったが, であったけれども, であったの, であるが, である理由, でない達筆, で強い, で我々, なるの, 思います, 思うの, 思われた, 思われたの, 感じたわけ, 感じること, 感ぜられる

▼ 特に興味~ (32, 0.4%)

4 のある 3 をもっ 2 があっ, の深い, をもつ, を抱い, を持っ

1 [15件] ある仕事, ある観察材料, があつ, がある, がなく, ふかく思う, もありません, をもった, を以て駒井, を喚び起こす, を惹かれます, を惹く, を感ずる, を持つ, を有っ

▼ 特にここ~ (26, 0.3%)

2 に拳ぐる

1 [24件] でご, では群衆心理学, で何, で出来る, で問題, で注意, で申し上げよう, には正面入口, には舞台, に偉人, に宿った, に挙ぐる, に言はず, に記述, に論じ, に述べた, に附記, に降っ, のところ, の床の間, をえらん, を一考, を目ざし, を破ろう

▼ 特に~ (26, 0.3%)

3 の人 2 に取っ, のひと, を愛し

1 [17件] が二人, が醒め, が靴, である伸子たち, と見る, にだ, にとっては在っ, にとって面倒, に注意, のたしなみ, のもの, の作家, の先輩, の児, の眼, の装束, の身体

▼ 特に注目~ (26, 0.3%)

3 すべきは 2 されねば, すべきところ, に価する, に値, に値する

1 [13件] されて, したの, して, すべき事柄, すべき指紋, すべき点, すべき者, すること, せらるべき点, に値い, をひく, を要します, を要する

▼ 特に今日~ (24, 0.3%)

2 のやう, の日本

1 [20件] この髷, においては日本, に於, の, のよう, の出版業者, の如く, の我国, の文化的民衆, の東半球, の社会, の私ども, の科学, の資本主義, の青年たち, は休暇, は寅毘沙, は骨, 備わって, 御訴

▼ 特に~ (24, 0.3%)

1 [24件] 交際の, 仁恕を, 側医師西崎松柏という, 入用でございましたら, 別懇の, 夫人は, 安心を, 寵愛なされ, 希望とか, 挨拶が, 挨拶に, 援助を, 注意が, 注意を, 注意申し上げたい, 熱心な, 留意を, 病氣, 目を, 米の, 訓戒の, 贔屓の, 鍾愛の, 隣の

▼ 特に婦人~ (23, 0.3%)

2 に適す

1 [21件] としての立場, にお, にかけては恐らく, にだけきびしかっ, にとって幸福, には親切, に取っ, に対してばかり貞操, に関係, に限らず, のすべて, のため, の側, の文学活動, の涙, の物, の間, は才能, は自分, を愚, を警

▼ 特に~ (22, 0.3%)

3 のよう

1 [19件] そういう心, となっ, なら五ヵ年計画, の世, の僕, の場合, は問題, は学童疎開, は新緑, は自然科学, は魔, までお, イライラと, 出来るもの, 注目しなけれ, 結合を, 記すべき一事, 迄ゐた, 高められた水準

▼ 特に重要~ (21, 0.2%)

3 な意味 2 なもの, なるもの

1 [14件] であったクマ, でありいずれ, でありそれ, でありながら, であります, である, なる軍事工業, な事, な問題, な場面, な話, になっ, になつ, 視せられる月

▼ 特に~ (19, 0.2%)

9 を入れ 2 を入れた 1 になっ, の不足, の加わった, をいれた, を加えたらしい, を注ぎ, を用, を用いね

▼ 特に強調~ (19, 0.2%)

5 して

1 [14件] されたこと, された時代, されて, される必要, したい, したいの, したの, した如くそれ, しようと, し主眼, すべきである, する, すること, せらるべきは

▼ 特に必要~ (19, 0.2%)

2 なもの

1 [17件] かと思います, だと, だという, である, であるか, であると, であるという, でしょうと, で又, なこと, なの, なるドクトル, な事情, な場合, な新しい, な智識, な物

▼ 特にあなた~ (18, 0.2%)

2 にあて, を選ん

1 [14件] がそば, が今, だけにお目にかかりたい, にお, におしらせ, については書い, に朱彫り, に申し上げたい, に目, に知っ, の立った, へ宜しく, を信用, を見詰め

▼ 特にそういう~ (18, 0.2%)

1 [18件] のは, ような, 人々の, 人が, 人たちは, 人達を, 儀式張ったこと, 力の, 唄が, 問題が, 思想が, 感じが, 折を, 気分は, 点に, 色彩が, 話を, 風に

▼ 特に~ (18, 0.2%)

1 [18件] に銘じた, のひび, の内, の動揺, の構造, の詩情, をくばった, をこめ, をとめ, を傷めたる, を刺す, を動かす, を奪う, を惹かれる, を搏, を用, を用い, を砕いた

▼ 特に自然科学~ (18, 0.2%)

1 [18件] がそういう, だが, でいい, とその, と歴史学, と歴史科学, に対立, に就い, のため, の世界, の内部, の夫, の性質, の科学性, の認識, やがて社会科学, を直接対象, 其の他

▼ 特に著しい~ (18, 0.2%)

2 のは, 内面の

1 [14件] ことは, ものである, ものは, ように, 事件だつた, 二焦点と, 処の, 名目的伝統, 場合としては, 威厳を, 性質は, 気象異常を, 異常の, 類似の

▼ 特にあの~ (17, 0.2%)

2 沢山の

1 [15件] こと以来の, ひとに, アラビア人の, 人の, 六体を, 坂で, 場所を, 御堂は, 晩は, 氣味の, 精巧な, 胸毛の, 色絣に, 身を, 鳴声

▼ 特に~ (17, 0.2%)

1 [17件] がやかましい, がドイツ哲学, が強調, が所謂日本精神主義, が更に, は宗教物, を, を促進, を原始的著作権者, を厳, を奨励, を婦人, を形式的直観, を愛する, を抽, を激賞, を選んだ

▼ 特に~ (17, 0.2%)

1 [17件] から教えられた, と鶏, に向, に関し社会, に馳走, のかつて, のもの, の声, の奥さん, の心, の感ずべき, は黄玉鷄血石, も知っ, を動かす, を抜い, を莫迦, を遠ざけ

▼ 特に~ (17, 0.2%)

2 の所

1 [15件] がだ, が多大, だけが彼奴, にかう, にこう, には色々, には面白かっ, の呪った, の姿, の缺點, はそう, は一人, は窓, を選ん, 如きは

▼ 特に多く~ (17, 0.2%)

2 の会葬者

1 [15件] かつ概ね, なったり, なります, の人々, の収穫, の心力, の注意, の犠牲, の違犯者, の金高, 準備した, 獲物が, 登山客を, 行われて, 言はれ

▼ 特に~ (17, 0.2%)

2 ものは

1 [15件] うつしに, ぜい, なるべしと, はやりの, 中小地主諸氏も, 位に, 先生ならびに, 戦争下などには, 新聞以外の, 東亜戦争が, 火災という, 禹を, 都会と, 都会よりも, 雷雨の

▼ 特に~ (17, 0.2%)

3 二の

1 [14件] 一に, 一審及終審の, 一次大戦後に, 三幕第, 二以下の, 二句と, 二室に, 二次性徴と, 二次欧州戦争に, 二第, 八章第, 四句で, 四階梯から, 四階級の

▼ 特によく~ (16, 0.2%)

2 発達し

1 [14件] あて嵌まる, この事実, しゃべったの, できてるの, 一致し, 似たもの, 出来て, 出来ること, 分る, 分るもの, 労って, 心に, 聞こえるよう, 記憶し

▼ 特に~ (16, 0.2%)

2 る一派, る一部分, る特殊 1 る地方, る宗派, る特定, る種, る舞踏会, る転換, る限定, る階級, 国民の, 時

▼ 特に目立つ~ (16, 0.2%)

3 のは

1 [13件] ことは, そして見る, て云, て来, て見える, のである, ほどの著しい, ような, ように, 一人を, 唐沢氏の, 樹が, 点である

▼ 特に~ (15, 0.2%)

2 を欲せしむべき

1 [13件] うと, かの参考, かの感じ, かの故人, かの理由, かの約束, か悪意, か観念的, の感激, の説明, ほどの深い, もするべき, を手がかり

▼ 特に若い~ (15, 0.2%)

1 [15件] ものに, ジェネレーションに, 人々の, 人たちには, 女断髪の, 娘さんたちにとっては, 層は, 方に, 日本の, 望月辛吉君なども, 漁師が, 男の, 観衆は, 読者の, 連中が

▼ 特にまた~ (14, 0.2%)

1 [14件] この旅行, こんどの, その中, そんな気, キールケゴールを, 一種の, 例の, 価値体系の, 價値體系の, 均斉を, 師匠が, 手工従って, 生活の, 関東の

▼ 特に~ (14, 0.2%)

1 [14件] すべて生きる, フランスに, 同氏が, 婦人の, 実験による, 批評の, 政治的イデオロギーを, 日本固有文化は, 物質構造, 社会時評そのものさえが, 空間的な, 自然科学の, 自然科学的な, 軍需資本家的な

▼ 特に~ (14, 0.2%)

5 を入れ 3 を押す 2 を押し 1 のため, をいれ, をいれました, を押した

▼ 特に美しい~ (14, 0.2%)

2 のは

1 [12件] ローマンチックな, 人という, 人の, 人は, 女だ, 妹の, 日本の, 期間が, 母で, 母である, 母を, 流星は

▼ 特に記すべき~ (14, 0.2%)

4 事が 2 ことも, ものは, 血統なし 1 ことなし, ほどのこと, 事は, 事をも

▼ 特に~ (13, 0.2%)

1 [13件] その成果, マルクス主義が, マルクス主義文学を, 之は, 他の, 又日本型ファシズム, 文士達, 日本文化の, 物理学, 物理学的世界の, 當時權勢並びなき, 立場, 自然科学と

▼ 特に~ (13, 0.2%)

2 に伝えず, に托する 1 が母堂, である場合, にとって大切, に伝へず, のところ, の御, の新聞, の目, を除外

▼ 特に女性~ (13, 0.2%)

1 [13件] から頼まれる, がこれ, だと, となる, にとっては把手, には色盲, に多い, の優し, の脳細胞, は人間的, は恐らく, は美しく, を描いた

▼ 特に文学~ (13, 0.2%)

3 の世界 1 が好き, だけの問題, として特色, と時々, と科学, と道徳, に於, のこと, のジャンル, の上

▼ 特に~ (13, 0.2%)

2 をつけ

1 [11件] にか, のついた, のつく, をくばれよ, をつけた, をつけね, をとめ, を利かし, を廻す, を配らざる, を附けなけれ

▼ 特に目立っ~ (13, 0.2%)

2 ていた

1 [11件] て, てい, ている, て不愉快, て吝嗇, て多い, て感ずる, て注意, て減った, て美しい, て額

▼ 特に記憶~ (13, 0.2%)

5 して 2 に残っ 1 すべきは, すべき事, せなければ, について言, に残つて, に残る

▼ 特にすぐれた~ (12, 0.1%)

3 認識の 1 ものとして, ものを, 人たちが, 外交家について, 意味における, 暗示すぐれた, 物を, 素質を, 者であった

▼ 特に大きな~ (12, 0.1%)

2 のを 1 ものであります, 不祥事に, 声で, 大切な, 御利益を, 星が, 権力者である, 樹が, 目は, 赤い二張

▼ 特に大切~ (12, 0.1%)

2 である, なこと, なもの 1 であると, で北満, なる研究題目, な特徴, に保護, に全力

▼ 特に強く~ (12, 0.1%)

2 感じられて 1 いう理由, でる, 人に, 匂って, 匂つてゐる, 思う, 感じたの, 感じられる現象, 特に清浄端正, 現われる

▼ 特に彼ら~ (12, 0.1%)

1 [12件] が武士, のため, のチャンコ鍋, の一般社会, の内, の境遇, の考察, をいつくしむ, をし, をひどく, を嫌, を嫌う

▼ 特に現代~ (12, 0.1%)

1 [12件] に於, に於い, に於ける, に近い, のアカデミック, のイデオロギー, の事情, の日本, の民主政治家, の演劇, の社会, の西欧

▼ 特に現在~ (12, 0.1%)

2 の日本, の貴君 1 では何, のいわゆる, のわが, の位置, の政治, の演劇, 甚だ人間嫌い, 言って

▼ 特に人間~ (11, 0.1%)

1 [11件] であるもの, にあてはめ, には何, の個性, の横っ跳び, の理性, の行為, の認識, の風土性, はどこ, 及び其他

▼ 特に彼女~ (11, 0.1%)

2 のこと 1 がゲーテ, のため, の伝記, の場合, の現下, は社交界, は黙つ, を動かすべき, を求める

▼ 特に日本人~ (11, 0.1%)

1 [11件] が, としては絶えず, として限定, に於, に注意, に独自, の現代生活, の癖, の社会縮図, は八釜, を不可解

▼ 特に~ (11, 0.1%)

1 [11件] が多い, の, の事業, の咒語, の感, の戯曲, の樫, の鎧, の魚, を汲む, を記

▼ 特に~ (11, 0.1%)

1 [11件] が万一, が不在, と親しく, について, にとりましては大, のよう, の心, の泰造, の病死, の血, は感激

▼ 特に著しく~ (11, 0.1%)

1 [11件] この傾向, なった矛盾, 一々挙げたら, 伸び出, 増加した, 大なる, 現われるの, 肉感性が, 色づけられ, 見るも, 鼻に

▼ 特に親しい~ (11, 0.1%)

1 [11件] から君, という間柄, のだ, ようであった, 三名は, 人々の, 人の, 友達という, 素振りが, 者だけを, 青年でも

▼ 特に選ばれた~ (11, 0.1%)

1 [11件] この槍手一隊, という点, のだ, のは, ものである, 奇襲の, 演し, 百人以外の, 賢母良妻主義とか, 足達者が, 養嗣として

▼ 特に顕著~ (11, 0.1%)

2 である 1 だ, であって, でそこ, なよう, な国, な点, になり, に衆尼, に首

▼ 特にこういう~ (10, 0.1%)

1 テーマに, 哲学が, 日には, 注釈づき, 源空寺門前といった, 神経的の, 要求に, 語を, 論理が, 顔立ちに

▼ 特に~ (10, 0.1%)

2 ういふ, うした 1 うえらんだ, うして, うゆう, う思ひ思ひし, う言, う言つた

▼ 特にそんな~ (10, 0.1%)

2 気が 1 ことありません, 不用な, 傾向の, 名前なんか, 奇矯癖を, 奴には, 時に, 気もちを

▼ 特にフランス~ (10, 0.1%)

1 においてその, に於ける, に目, のもの, のアルビジョン, の事情, へ帰ろう, やイギリス, を擧げたる, を見たくっ

▼ 特に~ (10, 0.1%)

1 に優った, のスズメ, の人達の, の人間, の各種, の同郷, の哲學者, の府県, の瓜, の租税

▼ 特に問題~ (10, 0.1%)

2 となる, にされる 1 が日本民族, として研究, となるべき, にしたい, にする, になる

▼ 特に~ (10, 0.1%)

3 を大きく 2 を大 1 さえ沸, に魅力, の清い, をひそめ, を張っ

▼ 特に多い~ (10, 0.1%)

2 のは 1 ということ, という話, ところが近世, と聞く, のであっ, んだ, 事との, 拝殿前に

▼ 特に~ (10, 0.1%)

1 がイデオロギー的商品, が国民, が国民的信念, が思惟自身, が思想的, が深い, が至極, のそば, の現象学的, の論理学的

▼ 特に強い~ (10, 0.1%)

1 がそれ, ときは, とは思われない, と云われ, 作品である, 印象として, 印象は, 印象を, 太陽の, 風が

▼ 特に後者~ (10, 0.1%)

2 は阿弥陀, は阿彌陀 1 の国宝的反動哲学者, の流行, は, はまだ, は絶対, を援用

▼ 特に最も~ (10, 0.1%)

2 奇怪なる 1 微妙に, 心痛した, 悪いところ, 悲むべ, 氣懸りな, 滑稽なりし, 生命の, 重臣たる

▼ 特に最後~ (10, 0.1%)

1 にグッタ, の, の一句, の一句黄金, の一幕, の場面, の思い, の数年, の死, の部分

▼ 特に深い~ (10, 0.1%)

1 云い方, 印象を, 意味が, 感銘を, 海の, 考えが, 興味を, 趣味を, 部分を, 関心を

▼ 特に~ (10, 0.1%)

3 につく 1 が大きく鋭く, が普通, が非常, に付いた, や頭, をひいた, をひく

▼ 特にある~ (9, 0.1%)

1 一つの, 一定の, 人たちの, 人の, 場所などは, 境地で, 時代において, 状態を以て, 箇条に関して

▼ 特にひどく~ (9, 0.1%)

2 そういう気 1 ちかちかする, て立上つて, て自動車, なりました, なる, 感ぜられた, 驚いたの

▼ 特に一つ~ (9, 0.1%)

2 のもの 1 に恵まれる, の, の大きな, の時代一つ, の行動, の途, の類型

▼ 特に優秀~ (9, 0.1%)

1 であ, とされ, なもの, なるもの, なる人々, なタメトモ, なフランス・トオキイ, な店, な性質

▼ 特に好き~ (9, 0.1%)

1 だった, だという, でその, でたまらなかっ, というの, なこと, なの, な人, らしい

▼ 特に深く~ (9, 0.1%)

2 交際の 1 して, 切れ込んだもの, 印象され, 感じ入る, 我心を, 稽古を, 立ち入つて

▼ 特に親密~ (9, 0.1%)

3 なる間柄 1 で兄弟, なる關係, な交際, な人々, にしよう, や尊敬

▼ 特に農村~ (9, 0.1%)

2 の娘 1 では大衆, では自分たち, に対しては, に於ける, の只中, の小学校, の青年

▼ 特に重大~ (9, 0.1%)

1 だという, でなければ, とも思っ, なこと, なの, なもの, な原理上, な所, な点

▼ 特に面白い~ (9, 0.1%)

1 という狂言, と云, と思, と感じた, のは, やつを, 参考材料である, 男とか, 話が

▼ 特に~ (8, 0.1%)

2 をし 1 が社, のため, の治療方針, の痛感, の軍勢, は同じ

▼ 特に優れ~ (8, 0.1%)

3 ている 2 て意識化 1 てゐた, て有力, て歴史的

▼ 特に先生~ (8, 0.1%)

1 が力説, と喧嘩, にはっきり, の考案, の責任, の長所, は別に, を見込ん

▼ 特に其の~ (8, 0.1%)

2 大要を 1 トランクの, 後半部は, 日だけ, 東北諸, 点へ, 非道の

▼ 特に変った~ (8, 0.1%)

4 ことも 1 ことは, 出来事の, 御様子, 意味を

▼ 特に大きい~ (8, 0.1%)

1 であろう, のです, のは, フロシキの, 古墳と, 家では, 小屋の, 筈であった

▼ 特に意味~ (8, 0.1%)

1 がある, するの, をもっ, を持つ, を持つた, を有, を考え, 深いであろう

▼ 特に我々~ (8, 0.1%)

1 が最近問題, にはしなかった, のため, の場合, の注意, への攻撃, を哲學的, を尊敬

▼ 特に指摘~ (8, 0.1%)

3 して 1 されて, したいの, した点, しなければ, すべきこ

▼ 特に文芸~ (8, 0.1%)

2 に於 1 がこうした, との関係, においては町人, に関する芸術, はどういう, は認識

▼ 特に最近~ (8, 0.1%)

1 のわが国, の世界情勢, の十余年間, の半年足らず, の大河内氏, の実感, の彼, の状態

▼ 特に歴史~ (8, 0.1%)

1 と関係, の一線, の問題, の対立者, の理解, の科目, は前者, を学んだ

▼ 特に発達~ (8, 0.1%)

3 して 1 したジャーナリズム機関, した他力思想, した意識的動向, した資本主義社会, するという

▼ 特に社会科学~ (8, 0.1%)

1 という形態, としてのマルクス主義, と結びつかね, に就い, に於, や何, 乃至歴史学, 乃至歴史科学

▼ 特に私たち~ (8, 0.1%)

3 の注意 1 が心がけ, のため, の場合, の為, の育った

▼ 特に美しく~ (8, 0.1%)

1 かつ奇抜, 人好きの, 作らせ巻き絵, 作られた物, 尊かりし, 眺められ棄てたもの, 私は, 立派であります

▼ 特に関心~ (8, 0.1%)

1 が持たれた, し選ぶ種目, の強, はもたない, をひいた, をもった, をもつ, を惹かれる

▼ 特に~ (8, 0.1%)

1 が悪い, に残る, の働く, の白い, をもち, を下げ, を使う, を手拭

▼ 特にこれら~ (7, 0.1%)

1 とは種類, のもの, の人々, の節日, の茸, の草花, の言

▼ 特に二人~ (7, 0.1%)

1 だけの霊, で眺め, にとって見のがせない, にとって間違い, の使用, の元帥, の場合

▼ 特に優れた~ (7, 0.1%)

1 ものの一つ, りっぱな, 推理と, 研究所を, 素質が, 者か, 點の

▼ 特に印象~ (7, 0.1%)

1 が深い, に残つて, の深い, の濃く, ふかかった, ぶかい, を与えた

▼ 特に哲学~ (7, 0.1%)

1 などと云, における看過, の必要, の歴史, は古来, や法律学, や社会科学

▼ 特に大きく~ (7, 0.1%)

1 うなされたこと, させたという, したわけ, 寄せ手の, 彼らの, 映った, 観念論と

▼ 特に女子~ (7, 0.1%)

1 にのみ期待, に向っ, に限り, のみの乗艇, の上, の婬乱, を奪う

▼ 特に好ん~ (7, 0.1%)

1 でゐる, で今後, で尾, で新しい, で書い, で読まれる, で食

▼ 特に政府~ (7, 0.1%)

1 が国庫, が國庫, によって奨励, のやる, の政策, の神祇省, の高等官

▼ 特に文化~ (7, 0.1%)

2 の問題 1 が必要, という何, という概念, についてはそういう, の基礎

▼ 特に明瞭~ (7, 0.1%)

1 であろう, に批評家, に朝子, に現われ, に芸術的, に行為, に言

▼ 特に社会~ (7, 0.1%)

1 からこれ, から歴史, における女, に於ける, に関聯, の公式発言, の反映

▼ 特に科学~ (7, 0.1%)

1 しかも特に, というもの, という語, の場合, の大衆性, の方法論的方面, を自然科学

▼ 特に親しく~ (7, 0.1%)

2 して 1 してらした女友だち, なつたやう, なつた一人, 田中正造翁の, 話しかけたり

▼ 特に近代~ (7, 0.1%)

1 である, において個性, において商品, において演劇, の, の屋根, の經驗的自然科學

▼ 特に近頃~ (7, 0.1%)

1 となえら, は家臣たち, は彌生, は来る, 彼女の, 盛んに, 目立つ

▼ 特に選ばれ~ (7, 0.1%)

1 てこの, てすこし, て主将, て岐阜県権区長, て派遣, て重い, て附けられた

▼ 特に面白く~ (7, 0.1%)

1 てかめ, ないでしょう, 思うこと, 思うの, 思った, 思はれるから, 感じたの

▼ 特に音楽~ (7, 0.1%)

1 が満ち, などは今日, においては邦楽, の専門的, は好き, を愛好, を熱愛

▼ 特にこうした~ (6, 0.1%)

1 ものが, やりかた, 傾向が, 傾向を, 対立が, 怒りっぽ

▼ 特にそれら~ (6, 0.1%)

1 しきもの, のうち, のもの, の準備, の隊伍, を美しく

▼ 特に~ (6, 0.1%)

1 アレクサンドロス・パリスの, 君に, 激しく, 観劇気分が, 詣らんかと, 頬の

▼ 特によい~ (6, 0.1%)

1 位置を, 例として, 字を, 感情を, 支払を, 香料や

▼ 特に~ (6, 0.1%)

1 から自分, にも述べた, に身心, の方, の椎名安子, 頭部へ

▼ 特に厳重~ (6, 0.1%)

1 なので, な護衛, にし, になっ, にやつ, に眼匿

▼ 特に~ (6, 0.1%)

1 ざしたこと, ざして, を得ました, を秘す, を重んじ, を高めた

▼ 特に地方~ (6, 0.1%)

2 の史料 1 にあっ, においては女子青年団, に於, の学校

▼ 特に~ (6, 0.1%)

1 がいけない, なんか, の日中, の晴れた, の間, 会った時

▼ 特に~ (6, 0.1%)

2 を選ん 1 が短かっ, に入っ, に於, は風

▼ 特に工藝~ (6, 0.1%)

1 が堕落, において個人作家, における極めて, に関し彼, の面, の領域

▼ 特に彼等~ (6, 0.1%)

1 に伝達, のため, の注意心, は芸術, をのみ照す, を象徴派

▼ 特に意識的~ (6, 0.1%)

2 にそれ 1 にネグレクト, に意図, に旺盛, に言

▼ 特に我が~ (6, 0.1%)

1 ために, 好めるやう, 文明の, 日本民族を, 皇道即ち, 社会史を

▼ 特に~ (6, 0.1%)

1 とかストゥルソン, カント主義の, 古今集等の, 吉原と, 嘗屋其他の, 夫妻の

▼ 特に新しい~ (6, 0.1%)

1 と感覚, のを, タイプの, 灰を, 考えや, 軍靴を

▼ 特に~ (6, 0.1%)

1 の人, 党に, 年度後半期の, 月に, 門戒壇論即ち, 黨に

▼ 特に男子~ (6, 0.1%)

2 の方 1 が多妻, よりもその, よりも云々, よりも愛

▼ 特に留意~ (6, 0.1%)

3 して 1 せなん, せらるべき点, を促し

▼ 特に皆さん~ (6, 0.1%)

2 の御 1 が御覧, に注意, のお, のため

▼ 特に紹介~ (6, 0.1%)

1 して, する程, せなければ, にあたいする, の人以外, もされなかつた

▼ 特に自然~ (6, 0.1%)

1 と妥協, と建築, についての部分, のうち, や社会, を

▼ 特に芸術~ (6, 0.1%)

1 ではそう, にあっ, について考えよう, に関係, のごとき, の上

▼ 特に言葉~ (6, 0.1%)

1 に力, に関して理解, の上, を添, を長く, 乃至概念

▼ 特に説明~ (6, 0.1%)

3 を要する 2 する必要 1 を必要

▼ 特に読者~ (6, 0.1%)

2 の注意 1 のため, の内, の興味, へお断り

▼ 特に選ん~ (6, 0.1%)

1 でサンプリス, で他, で槍玉, で発育, で置いた, で食べ

▼ 特に~ (6, 0.1%)

1 さ三四寸の, さ十四フィートで, じて, んが, 吏として, 年月に

▼ 特に閣下~ (6, 0.1%)

2 の内閣, の議院政略 1 が表面, の御

▼ 特に青年~ (6, 0.1%)

1 に求めたい, の, のみに必要, の為, はジャック, らしい感傷

▼ 特にいわゆる~ (5, 0.1%)

1 イチョウの, コアー学生の, 処世訓という, 大甘, 部落の

▼ 特にうまい~ (5, 0.1%)

1 という, というわけ, とも思わなかった, ものを, 米は

▼ 特にこう~ (5, 0.1%)

1 きめたという, 云って, 出来てるん, 命じて, 附け加える

▼ 特にこんな~ (5, 0.1%)

1 なぞを, 場合えらんだ, 大事な, 所に, 表現を

▼ 特に~ (5, 0.1%)

1 ひいきが, りっぱに, 内密に, 機嫌を, 注意下さい

▼ 特にすぐれ~ (5, 0.1%)

1 たり, てい, ている, てゐる, て認識

▼ 特にそこ~ (5, 0.1%)

1 から男, から遠く, が他, にきめた, へ持運ん

▼ 特にわが国~ (5, 0.1%)

2 などに於 1 のインテリゲンチャ, の劇文学, の気象状態

▼ 特にわざわざ~ (5, 0.1%)

1 勝手元から, 印刷せられた, 店を, 戦時的な, 指摘した

▼ 特にわれわれ~ (5, 0.1%)

1 がた, が知るべき, が遭遇, の子孫, を愉し

▼ 特にドイツ~ (5, 0.1%)

1 およびソ連, などには実にいろいろ, のごとき, のブルジョア哲学, の産物

▼ 特に京都~ (5, 0.1%)

1 から出向く, でそういう, では坂, には所司代, の悲田院

▼ 特に人類~ (5, 0.1%)

1 に在, に恵まれたる, に最も, の歴史, は自意識

▼ 特に以上~ (5, 0.1%)

1 のこと, のやう, の個所, の分類, の諸氏

▼ 特に作家~ (5, 0.1%)

1 とオルグ的活動, などを迎えた, においては画家, の住宅問題, の持つ

▼ 特に力強く~ (5, 0.1%)

1 ある物, その断定, それ自身を, 浮び出でたの, 証言し

▼ 特に困難~ (5, 0.1%)

1 である, であるかも, なの, なもの, な区別

▼ 特に夫人~ (5, 0.1%)

2 の描かれる 1 に記憶, の卒直, は蒙

▼ 特に好都合~ (5, 0.1%)

1 であったと, である, なもの, なよう, なん

▼ 特に学問~ (5, 0.1%)

1 する時, と呼ぶ, に志, のし, の基

▼ 特に希望~ (5, 0.1%)

2 して 1 した場合, するの, により演奏

▼ 特に幸福~ (5, 0.1%)

1 でも有り得まい, というもの, な人間, になりたい, のシムボル

▼ 特に当時~ (5, 0.1%)

1 のその, の陸戦隊員中, は, は父, 依然としてメンシェヴィキ

▼ 特に~ (5, 0.1%)

1 がかかる, にとって熟覧, に負えない, を入れる, を膝

▼ 特に数学~ (5, 0.1%)

1 と音楽, に入る, の先生, の発達, や自然科学

▼ 特に文章~ (5, 0.1%)

2 をひねくる 1 を佐藤先生, を推敲琢磨, を書く

▼ 特に断っ~ (5, 0.1%)

2 てある 1 ていない, ておかなく, て置く

▼ 特に最初~ (5, 0.1%)

2 の記憶 1 から深く, から私, の三神

▼ 特に有名~ (5, 0.1%)

1 であり家臣, な, な変り者, になった, になつ

▼ 特に~ (5, 0.1%)

2 のよう 1 の如き, の張台子駅, の点

▼ 特に~ (5, 0.1%)

1 がね, が仕立, の口, の姿, はその

▼ 特に~ (5, 0.1%)

3 りである 1 うで, るけれども

▼ 特に~ (5, 0.1%)

2 らしいの 1 らしい爲, らしくは, らしく感じられた

▼ 特に異様~ (5, 0.1%)

1 なこと, なもの, な二名, な相, に感じられた

▼ 特に社会的~ (5, 0.1%)

1 である, なる存在, なる実践, な存在, または文学的

▼ 特に~ (5, 0.1%)

1 から人間, として祭られた, に仕えしめ, に請, の御

▼ 特に結句~ (5, 0.1%)

31 に, を

▼ 特に親しみ~ (5, 0.1%)

1 を厚く, を増した, を感じさせる, を示そう, 深い者

▼ 特に親交~ (5, 0.1%)

1 ありいま, があっ, があった, のあった, のあつ

▼ 特に~ (5, 0.1%)

1 しいもの, しみ, しめられるという, まるる, まれる

▼ 特に選んだ~ (5, 0.1%)

1 かそんな, のか, 夫の, 景色の, 芳子の

▼ 特に静粛~ (5, 0.1%)

2 なポオズ 1 な, なるべき船長, にという船長

▼ 特に~ (4, 0.0%)

4 はゆる

▼ 特におもしろい~ (4, 0.0%)

2 のは 1 ことには, と思った

▼ 特にお断り~ (4, 0.0%)

4 して

▼ 特にそうした~ (4, 0.0%)

1 はっきりした, 感じを, 知識に, 科学的世界観に

▼ 特につけたし~ (4, 0.0%)

1 ている, てゐる, て言, て言い加えず

▼ 特にどの~ (4, 0.0%)

1 主題を, 方向に, 点について, 科目と

▼ 特にはっきり~ (4, 0.0%)

1 した目的, と意味, と現われる, と答えた

▼ 特にはつきり~ (4, 0.0%)

1 して, とそれ, と人々, 憶えて

▼ 特にもの~ (4, 0.0%)

1 が安い, の価値, 好みして, 恐しいよう

▼ 特にわが~ (4, 0.0%)

1 おやかた多聞兵衛殿, 名へ, 戸沢図書虎家のみに, 日本の

▼ 特にわたくし~ (4, 0.0%)

1 に寄せ, のため, の難, は所謂学生生活

▼ 特にわたし~ (4, 0.0%)

1 として内部, の記憶, の近所, を驚かした

▼ 特にイギリス~ (4, 0.0%)

1 が飢饉, ではどこ, のジョン, を刺激

▼ 特に丁寧~ (4, 0.0%)

1 なる脚色, な祝い, に挨拶, に是

▼ 特に主観~ (4, 0.0%)

1 という概念, にぞくす, を強調, を意味

▼ 特に人々~ (4, 0.0%)

1 の生活, の眼, の興味, は科学

▼ 特に人間的~ (4, 0.0%)

2 なもの 1 といはれ得る怒, といわれ得る怒

▼ 特に今回~ (4, 0.0%)

1 にかぎり右処分, のいやがらせ, の手合, の華頂

▼ 特に代表~ (4, 0.0%)

2 の意味 1 して, するフェヤ・プレー

▼ 特に代表的~ (4, 0.0%)

1 であるアウステルリッツ, なの, なもの, に発達

▼ 特に何事~ (4, 0.0%)

1 かの欠如, かを話し合う, も手軽, も話し

▼ 特に依頼~ (4, 0.0%)

2 して 1 した, した理由

▼ 特に便宜~ (4, 0.0%)

1 をはかっ, を与え, を与える, を計っ

▼ 特に俳句~ (4, 0.0%)

1 が老年者, のため, の如き, の文法

▼ 特に傑出~ (4, 0.0%)

2 して 1 した婦人, もし

▼ 特に全く~ (4, 0.0%)

2 の聾 1 あつらえ向き, 異った

▼ 特に危険~ (4, 0.0%)

1 だという, で大声, なもの, に陥っ

▼ 特に取り立て~ (4, 0.0%)

2 て主張 1 ていうよう, て良い

▼ 特に吾人~ (4, 0.0%)

1 が假, の感嘆, の注意, の追慕

▼ 特に国民~ (4, 0.0%)

1 の意見, の権利, の精神的機能, を指導

▼ 特に外国人~ (4, 0.0%)

1 にはむずかしい, の方, の談話, を見る

▼ 特に大隈伯~ (4, 0.0%)

2 の如き, は最も

▼ 特に子供たち~ (4, 0.0%)

1 がしきりに, が手, に良心的呵責, の作品

▼ 特に客観~ (4, 0.0%)

1 であるとは, という概念, の句, をいう

▼ 特に密接~ (4, 0.0%)

2 に結合 1 な連関, な関係

▼ 特に専門的~ (4, 0.0%)

2 な知識 1 であるなんて, な意見

▼ 特に尊重~ (4, 0.0%)

1 されるべきか, して, するという, するやう

▼ 特に小さい~ (4, 0.0%)

1 人々の, 奴が, 昆虫を, 者だけが

▼ 特に~ (4, 0.0%)

1 の上, の品, を特別, を現

▼ 特に得意~ (4, 0.0%)

1 であったが, とする, の美音, 禁じ難き

▼ 特に念入り~ (4, 0.0%)

1 にし, にその, に観察, の寄合

▼ 特に恋愛~ (4, 0.0%)

1 に就, の深い, は取扱わぬ, を取扱う

▼ 特に~ (4, 0.0%)

2 かつた 1 句を, 感情を

▼ 特に悪い~ (4, 0.0%)

1 というの, という訳, ともなく, 科目も

▼ 特に意識~ (4, 0.0%)

2 して 1 せられた日録, を云々

▼ 特に感心~ (4, 0.0%)

1 されて, したと, したところ, を致します

▼ 特に感謝~ (4, 0.0%)

1 します結構, する所, する風, の念

▼ 特に慎重~ (4, 0.0%)

1 にこの, にとりあげられなけれ, に撰び挙げられたいづれ劣らぬ, に記録

▼ 特に我国~ (4, 0.0%)

1 では人種平等, においては非, のよう, の新聞記者

▼ 特に技術~ (4, 0.0%)

1 のすぐれた, はその, を実践的, を要する

▼ 特に探偵小説~ (4, 0.0%)

2 の場合 1 にはそれ, の中

▼ 特に文学的~ (4, 0.0%)

1 と区切るべき, な感覚, になる, に表現

▼ 特に日本的~ (4, 0.0%)

1 であらうと, なる素質, な矛盾, 乃至東洋的特殊性

▼ 特に日本精神~ (4, 0.0%)

1 というもの, と呼ばれる, と呼ぶ, を意識

▼ 特に昨今~ (4, 0.0%)

1 においては世界, は女学生, は物価, 激しいテムポ

▼ 特に有利~ (4, 0.0%)

1 でその, なる場合, な事情, な場合

▼ 特に朝鮮~ (4, 0.0%)

1 の一国, の文人達, を想わせる, を旅

▼ 特に東京~ (4, 0.0%)

1 から取寄せた, から武蔵知安氏, ではそう, を吾が

▼ 特に烈しい~ (4, 0.0%)

1 のは, 愛情も, 背の, 苦心を

▼ 特に現実~ (4, 0.0%)

1 に屈服, の上, の女, を超えた

▼ 特に~ (4, 0.0%)

2 しといふ 1 しい, しいも

▼ 特に甚だしく~ (4, 0.0%)

1 なった, なった事, 下町も, 世に

▼ 特に用意~ (4, 0.0%)

1 したに, したらしい女持, したらしい説教台, をした

▼ 特に~ (4, 0.0%)

1 せよ, 上げるほどの, 添えて, 添えました次第

▼ 特に目立ち~ (4, 0.0%)

1 て強烈, ユズリハは, 中村屋に, 頬骨の

▼ 特に秀でた~ (4, 0.0%)

1 ところが, ものと, 建築が, 者は

▼ 特に秀吉~ (4, 0.0%)

1 がいう, が意, の小さな, の軍略

▼ 特に純粋~ (4, 0.0%)

1 で鋭敏, な戦争ジャーナリズム, にした, の日本語

▼ 特に~ (4, 0.0%)

1 るく見ゆるなり, るし, るしく商品生産, 眼すべき

▼ 特に~ (4, 0.0%)

1 のにじむ, のよう, の濃い, を見る

▼ 特に西洋~ (4, 0.0%)

1 におきましては女, の影響, の韻文, へ渡っ

▼ 特に親切~ (4, 0.0%)

1 であるの, な忠告, にし, を老人

▼ 特に記し~ (4, 0.0%)

2 て謝意 1 ておきたい, て彼等

▼ 特に~ (4, 0.0%)

1 かが附, かれ見さかい, がそう, と名

▼ 特に警戒~ (4, 0.0%)

1 して, する以外, する必要, を要する

▼ 特に賤民~ (4, 0.0%)

1 として国法上, として差別, の場合, の籍

▼ 特に長い~ (4, 0.0%)

1 のを, 戦争中殆ど教育らしい, 拍車を, 間引続いた

▼ 特に際立つた~ (4, 0.0%)

1 功績は, 峰も, 本質的特徴と, 高い大きな

▼ 特に高く~ (4, 0.0%)

1 建てられて, 聞こえるの, 評価さるべき, 隆起し

▼ 特にああ~ (3, 0.0%)

1 いうもの, 云う不運, 云う狭い

▼ 特にあと~ (3, 0.0%)

1 に残す, の方, の条件

▼ 特にいい~ (3, 0.0%)

1 こととも, とされ, 乳牛に

▼ 特にいちじるしく~ (3, 0.0%)

1 市民階級の, 暴露する, 歎美せられし

▼ 特にいや~ (3, 0.0%)

1 なところ, な奴輩, 単にそこ

▼ 特におもしろかっ~ (3, 0.0%)

2 たの 1

▼ 特にお前~ (3, 0.0%)

1 に齎ら, のため, は今大事

▼ 特にかう~ (3, 0.0%)

1 いふ仕事に, いふ注釈づき, いふ遁げ路を

▼ 特にきびしく~ (3, 0.0%)

1 教育を, 身を, 零下三十五度

▼ 特にさう~ (3, 0.0%)

1 いふ外来客が, いふ点を, であつ

▼ 特にどういう~ (3, 0.0%)

1 側面において, 点が, 風は

▼ 特になつかしく~ (3, 0.0%)

1 また自信, 思われるの, 自信と

▼ 特にぼく~ (3, 0.0%)

1 のよう, の注意, の顏

▼ 特にむずかしい~ (3, 0.0%)

1 もので, 事件に対する, 条件である

▼ 特にもっと~ (3, 0.0%)

1 勉強する, 実質的な, 意識し

▼ 特にやかましく~ (3, 0.0%)

1 いわれて, なった存在, 口出しも

▼ 特にアメリカ~ (3, 0.0%)

1 では人口, に於, のごとき

▼ 特にエタ~ (3, 0.0%)

1 として忌避, の中, を置く

▼ 特にソ連~ (3, 0.0%)

1 に起草, の方, の積極的研究

▼ 特に一人~ (3, 0.0%)

1 であったという, の女, の手先

▼ 特に一定~ (3, 0.0%)

1 の型, の形式, の性質

▼ 特に一篇~ (3, 0.0%)

1 だけ傑出, の文, を書きそえた

▼ 特に不思議~ (3, 0.0%)

1 がること, な暗合, の多い

▼ 特に世話~ (3, 0.0%)

1 して, になった, になる

▼ 特に~ (3, 0.0%)

1 にもわれ, 世紀という, 世紀を

▼ 特に予等~ (3, 0.0%)

1 の哀情, の満蒙旅行, を招かれた

▼ 特に人生~ (3, 0.0%)

1 の幸不幸, の痛ましい, を茶化した

▼ 特に人目~ (3, 0.0%)

1 にとまる, をひく, を驚かす

▼ 特に今夜~ (3, 0.0%)

1 だけ泊り, のダンス, はどうして

▼ 特に今年~ (3, 0.0%)

1 になっ, の後半, は一月六日

▼ 特に今晩~ (3, 0.0%)

1 のお雪ちゃん, の会, はあの

▼ 特に~ (3, 0.0%)

1 がよかつ, が良い, の惡

▼ 特に個性的~ (3, 0.0%)

1 な注意, な羞恥, な部分

▼ 特に偉大~ (3, 0.0%)

1 な勢力, な芸術家, をきわめる

▼ 特に優遇~ (3, 0.0%)

1 し外人, する方針, の意味

▼ 特に兒童~ (3, 0.0%)

1 が顛倒, に向, を對象

▼ 特に共産主義~ (3, 0.0%)

3 の基礎

▼ 特に出し~ (3, 0.0%)

1 てある, てくれた, て呉れる

▼ 特に切実~ (3, 0.0%)

1 なる要求, な刑法, な問題

▼ 特に初期~ (3, 0.0%)

1 に属する, の時期, の頃

▼ 特に勉強~ (3, 0.0%)

1 したよう, して, の時間

▼ 特に区別~ (3, 0.0%)

1 された狭い, されて, の無い

▼ 特に區別~ (3, 0.0%)

1 されたる意味, しようと, すること

▼ 特に十年~ (3, 0.0%)

2 の役 1 この方

▼ 特に印度~ (3, 0.0%)

2 大幻夢涅槃 1 などは凡て

▼ 特に厳しく~ (3, 0.0%)

1 て最低零下四十一度, 皇太孫允, 詮議され

▼ 特に取り出し~ (3, 0.0%)

1 て一方, て分析, て取り扱う

▼ 特に同じ~ (3, 0.0%)

1 ことを, 例が, 御性質

▼ 特に天下~ (3, 0.0%)

1 に全く, の珍, の老中差廻し

▼ 特に女子教育~ (3, 0.0%)

1 の任, の向上, の如き

▼ 特に好物~ (3, 0.0%)

1 といえ, として快, の一つ

▼ 特に~ (3, 0.0%)

1 のため, のロオル, は不具者

▼ 特に~ (3, 0.0%)

1 にすてられる, に捨てられる, 羔の

▼ 特に子供~ (3, 0.0%)

1 のうち, の喜ぶ, は助かる

▼ 特に実験~ (3, 0.0%)

1 に対立, に注目, の精神

▼ 特に小説~ (3, 0.0%)

1 が第, というもの, は絵画

▼ 特に~ (3, 0.0%)

2 白河法皇の 1 斎を

▼ 特に志願~ (3, 0.0%)

2 して 1 したり

▼ 特に思想~ (3, 0.0%)

1 に関すること, の明確, を中心

▼ 特に怪しい~ (3, 0.0%)

1 ところを, とも怖い, と思う

▼ 特に愉快~ (3, 0.0%)

1 だった, に思ふ, に感ずる

▼ 特に~ (3, 0.0%)

1 を傾け, を容態書, を用いる

▼ 特に愛し~ (3, 0.0%)

1 ていた, てお, て居る

▼ 特に感動~ (3, 0.0%)

1 させられること, した文句, の強い

▼ 特に懇意~ (3, 0.0%)

2 にし 1 にしてる

▼ 特に我等~ (3, 0.0%)

1 にとつ, の子供たち, を高

▼ 特に批評~ (3, 0.0%)

1 の, の筆, の面

▼ 特に技巧~ (3, 0.0%)

1 の中, を凝した, を重んずる

▼ 特に拙い~ (3, 0.0%)

2 漢字で 1

▼ 特に挙げ~ (3, 0.0%)

1 それから外国, てあげつらう, て褒める

▼ 特に推奨~ (3, 0.0%)

1 したいと, したよう, して

▼ 特に推賞~ (3, 0.0%)

2 して 1 に価する

▼ 特に支那~ (3, 0.0%)

1 の数学史家, の新しい, の軍隊

▼ 特に政治的~ (3, 0.0%)

1 な, な意味, な言論活動形態

▼ 特に教養~ (3, 0.0%)

1 ある紳士淑女, がある, のこと

▼ 特に敬意~ (3, 0.0%)

1 を缺, を表し, を表せざる

▼ 特に~ (3, 0.0%)

1 かにした, かにしよう, かに行

▼ 特に~ (3, 0.0%)

1 からああ, からの家号, から問題

▼ 特に~ (3, 0.0%)

2 になっ 1 の句

▼ 特に東洋~ (3, 0.0%)

1 で立ち遅れた, においてはそれ, の思想

▼ 特に東洋的~ (3, 0.0%)

1 なる素質, な意識, 乃至日本的宗教

▼ 特に楽しい~ (3, 0.0%)

1 ことと, こと特に, 農夫の

▼ 特に次女~ (3, 0.0%)

1 にあて, に来た, のさだ子

▼ 特に正月~ (3, 0.0%)

1 になっ, の七日目, の松の内

▼ 特に武蔵~ (3, 0.0%)

1 の剣術, の引立役, の画集

▼ 特に~ (3, 0.0%)

2 よりも強い 1 というよう

▼ 特に~ (3, 0.0%)

1 によって私, の長所, を敬服

▼ 特に江戸時代~ (3, 0.0%)

1 になる, に於, の文学

▼ 特に注文~ (3, 0.0%)

2 して 1 をつけ

▼ 特に熱心~ (3, 0.0%)

1 な団長, な注意, にその

▼ 特に物理学~ (3, 0.0%)

1 がどれ, と化学, の方面

▼ 特に物質的~ (3, 0.0%)

2 と考えられね 1 な生産技術

▼ 特に特徴的~ (3, 0.0%)

2 に論理的 1 に統一

▼ 特に理由~ (3, 0.0%)

1 がある, のある, を問う

▼ 特に理論~ (3, 0.0%)

1 の場合, への情熱, を講ずる

▼ 特に生活~ (3, 0.0%)

2 の主体 1 に対して日常的

▼ 特に目立った~ (3, 0.0%)

2 のは 1 何ものも

▼ 特に相手~ (3, 0.0%)

1 が嘘, として勉学上注意, の気持

▼ 特に真面目~ (3, 0.0%)

1 な年長者, になっ, に聞くべき

▼ 特に知識~ (3, 0.0%)

1 の名, はただ, は人

▼ 特に研究~ (3, 0.0%)

1 して, しようと, するという

▼ 特に社會的~ (3, 0.0%)

1 である, なる存在, なる實踐

▼ 特に私達~ (3, 0.0%)

1 の好んだ, の爲め, の身

▼ 特に空間~ (3, 0.0%)

1 が挙げられね, に就い, に相当

▼ 特に立派~ (3, 0.0%)

1 な背, に咲きました, に花

▼ 特に美味い~ (3, 0.0%)

1 のである, のは, ものには

▼ 特に~ (3, 0.0%)

1 にたたん, の病, の病気

▼ 特に~ (3, 0.0%)

1 から下, の痛まない, を低く

▼ 特に~ (3, 0.0%)

1 のちがう, へは新聞紙, を締めて

▼ 特に自然弁証法~ (3, 0.0%)

1 である所以, のよう, を内容

▼ 特に舞台~ (3, 0.0%)

1 と文学, に翻訳, は設けない

▼ 特に良人~ (3, 0.0%)

2 の妹 1 の乗る

▼ 特に芸術家~ (3, 0.0%)

1 としての過去, の創造力, の結婚生活

▼ 特に英語~ (3, 0.0%)

1 と指定, の出来る, の歴史

▼ 特に要求~ (3, 0.0%)

1 されて, したい気持, する国民

▼ 特に見る~ (3, 0.0%)

1 に足らぬ, 必要の, 物は

▼ 特に規定~ (3, 0.0%)

1 があれ, せる場合, の金額

▼ 特に親しかっ~ (3, 0.0%)

1 た, た巡査, た筈

▼ 特に~ (3, 0.0%)

1 穢の, 穢を, 穢禁忌の

▼ 特に~ (3, 0.0%)

1 はれる, ひ残したる語, ふを

▼ 特に言語~ (3, 0.0%)

1 などを機械的, をもつ, を合理的

▼ 特に~ (3, 0.0%)

1 においてそう, に對, に関して邪説

▼ 特に詳細~ (3, 0.0%)

1 でデューリング, にこれら, に説明

▼ 特に論理~ (3, 0.0%)

1 と呼ばね, によって代表, の優越性

▼ 特に~ (3, 0.0%)

1 外国の, 将を, 特殊科学から

▼ 特に諸君~ (3, 0.0%)

1 にもやっ, に申, の御

▼ 特に貴重~ (3, 0.0%)

1 なの, な建築, な発見

▼ 特に資本主義~ (3, 0.0%)

1 が軍事的, の国内的国際的, の技術的発達

▼ 特に~ (3, 0.0%)

1 に異常, を労する, を早める

▼ 特に~ (3, 0.0%)

1 にしみた, につまされる, に穢れ

▼ 特に~ (3, 0.0%)

1 よること, 來文壇並びに, 衞公の

▼ 特に選抜~ (3, 0.0%)

1 された公達, されて, される

▼ 特に重く~ (3, 0.0%)

1 か, 土地の, 負担する

▼ 特に重大視~ (3, 0.0%)

2 して 1 せらるべきゆえん

▼ 特に鋭敏~ (3, 0.0%)

1 なる感覺, な神経的反応, になつ

▼ 特に~ (3, 0.0%)

1 あがりの, のあと, の降る

▼ 特に~ (3, 0.0%)

2 の多い 1 が多く

▼ 特に頼まれ~ (3, 0.0%)

1 ている, ての縮図, て出陣

▼ 特に~ (3, 0.0%)

1 が嗜み食う, には特別, を下り

▼ 特に高調~ (3, 0.0%)

1 しようと, するため, するゆえん

▼ 特に~ (3, 0.0%)

1 にかけてせせら笑った, の神経, の静的表現

▼ 特にあれ~ (2, 0.0%)

1 などはこれ, を頼んだ

▼ 特にいう~ (2, 0.0%)

1 が秀吉, ほどのこと

▼ 特にいちじるしい~ (2, 0.0%)

1 戦争挑発の, 関係が

▼ 特にいつ~ (2, 0.0%)

1 が縁日, ておきたい

▼ 特にいつも~ (2, 0.0%)

1 より優しい, 目を

▼ 特にいま~ (2, 0.0%)

1 の女性, 気がついたからと

▼ 特におすすめ~ (2, 0.0%)

1 する, 致します

▼ 特にお礼~ (2, 0.0%)

1 をする, を云った

▼ 特にお話~ (2, 0.0%)

2 を請求

▼ 特にお願い~ (2, 0.0%)

1 がある, します

▼ 特にかかる~ (2, 0.0%)

1 意味に, 講義を

▼ 特にかく~ (2, 0.0%)

1 の如き, 言へるなるべし

▼ 特にかれ~ (2, 0.0%)

1 が快癒出勤, らは

▼ 特にかわいがっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て培養

▼ 特にきわだたせる~ (2, 0.0%)

2 点の

▼ 特にこしらえた~ (2, 0.0%)

1 型らしい, 語を

▼ 特にこれ等~ (2, 0.0%)

1 の人達, の特質

▼ 特にさかなたち~ (2, 0.0%)

2 に命じ

▼ 特にそういった~ (2, 0.0%)

1 意味で, 所以である

▼ 特にその後~ (2, 0.0%)

1 に作る, に長く

▼ 特にそれぞれ~ (2, 0.0%)

1 の外国語, 幼い折

▼ 特にただ~ (2, 0.0%)

1 の観念, 一度か

▼ 特にたのんだ~ (2, 0.0%)

1 便乗者に, 方に

▼ 特にとり立て~ (2, 0.0%)

1 て云う, て言う

▼ 特にどう~ (2, 0.0%)

1 という, 云ふ

▼ 特になつ~ (2, 0.0%)

1 てしまいます, て行く

▼ 特にはなはだしい~ (2, 0.0%)

1 のである, 例である

▼ 特にひどい~ (2, 0.0%)

1 のは, 劇団で

▼ 特にぽつんと~ (2, 0.0%)

1 切り離されたやう, 切り離されたよう

▼ 特にめざましい~ (2, 0.0%)

1 もので, 文学上の

▼ 特にめでたい~ (2, 0.0%)

1 一日を, 日を

▼ 特にもっとも~ (2, 0.0%)

1 広い意味, 蜀を

▼ 特にイデオロギー論~ (2, 0.0%)

1 の先駆者, の方法

▼ 特にカント~ (2, 0.0%)

1 に沿っ, の所謂

▼ 特にガス体~ (2, 0.0%)

1 に出逢う, の圧力

▼ 特にガン~ (2, 0.0%)

1 と大きな, はこんなに

▼ 特にコント~ (2, 0.0%)

1 の, の実証主義

▼ 特にゴーリキイ~ (2, 0.0%)

1 に関する夕, はその

▼ 特にスコラ哲学的教養~ (2, 0.0%)

2 に至っ

▼ 特にチャハル~ (2, 0.0%)

2 は大分外

▼ 特にデカルト~ (2, 0.0%)

1 の, の哲學

▼ 特にニコチン中毒~ (2, 0.0%)

2 の説

▼ 特にパン~ (2, 0.0%)

2 と牛乳

▼ 特にピオニェール~ (2, 0.0%)

1 に組織, はプロレタリア階級

▼ 特にフシギ~ (2, 0.0%)

1 というわけ, な処置

▼ 特にプロレタリア科学研究所~ (2, 0.0%)

1 と如何なる, の事実上

▼ 特にメンミツ~ (2, 0.0%)

1 な調査, に本当

▼ 特に一方~ (2, 0.0%)

1 に偏, のみを厳しく

▼ 特に一種~ (2, 0.0%)

1 の伝統的, の蔽膝

▼ 特に一般~ (2, 0.0%)

1 に名, の場合

▼ 特に一言~ (2, 0.0%)

1 を添, を要する

▼ 特に三成~ (2, 0.0%)

1 は四面, も武弁一片

▼ 特に上古~ (2, 0.0%)

1 から文芸復興期, はそう

▼ 特に上等~ (2, 0.0%)

1 であります, というべき

▼ 特に下駄~ (2, 0.0%)

1 や足跡, を持つ

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 生産的冷蔑な, 道に

▼ 特に不快~ (2, 0.0%)

1 でもなかつた, な印象

▼ 特に不換紙幣~ (2, 0.0%)

1 とを区別, とを區別

▼ 特に不潔~ (2, 0.0%)

1 なと, な子供

▼ 特に世界的世界~ (2, 0.0%)

1 と云, と云う

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 同士で, 體が

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 が事, の心

▼ 特に二つ~ (2, 0.0%)

1 の姿, 書く

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 えること, ひたいこと

▼ 特に云々~ (2, 0.0%)

1 すべきもの, するわけ

▼ 特に五ヵ年計画~ (2, 0.0%)

1 によって, の三年目

▼ 特に五代綱吉~ (2, 0.0%)

1 から八代吉宗, の治代

▼ 特に交換~ (2, 0.0%)

1 の数学的理論, の理論

▼ 特に人好き~ (2, 0.0%)

2 のする

▼ 特に人懐こい~ (2, 0.0%)

2 ところも

▼ 特に人才~ (2, 0.0%)

2 の選叙

▼ 特に人肌地蔵~ (2, 0.0%)

1 のあたり, を勧進

▼ 特に人肌地藏~ (2, 0.0%)

1 のあたり, を勸進

▼ 特に人麿~ (2, 0.0%)

1 のもの, の歌句

▼ 特に今度~ (2, 0.0%)

1 のため, は能

▼ 特に仕事~ (2, 0.0%)

1 には, の手先

▼ 特に仙右衛門~ (2, 0.0%)

2 は叩き

▼ 特に住民~ (2, 0.0%)

1 が頻々, の多く

▼ 特に何物~ (2, 0.0%)

1 でもない, をかしかと

▼ 特に作っ~ (2, 0.0%)

1 てある, てそれ

▼ 特に作った~ (2, 0.0%)

1 んです, プロムナードらしい

▼ 特に作らせた~ (2, 0.0%)

1 という精巧, 街道では

▼ 特に使用~ (2, 0.0%)

1 した理由, せられた各種

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 をあげる, を引いた

▼ 特に例えば~ (2, 0.0%)

1 机をのみ, 自由主義など

▼ 特に例年~ (2, 0.0%)

2 と変った

▼ 特に価値~ (2, 0.0%)

1 に関係, 多き部分

▼ 特に~ (2, 0.0%)

2 の政友

▼ 特に信玄~ (2, 0.0%)

1 から授けられた, が重用

▼ 特に信用~ (2, 0.0%)

1 があった, しにくい

▼ 特に修正~ (2, 0.0%)

1 の写真, までした

▼ 特に倫理的~ (2, 0.0%)

1 でなければ, に緊張

▼ 特に健康的~ (2, 0.0%)

1 でありまた, とは考えられず

▼ 特に傑作~ (2, 0.0%)

1 といふべき, の多い

▼ 特に優待~ (2, 0.0%)

1 されること, せられるそう

▼ 特に優越~ (2, 0.0%)

1 なる位置, な認識

▼ 特に兄弟~ (2, 0.0%)

1 たるべき東亜, のよう

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 つた或, の方

▼ 特に入口~ (2, 0.0%)

1 に別席, は高く

▼ 特に其温室~ (2, 0.0%)

2 は伯

▼ 特に其記性非凡~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 特に其論敵~ (2, 0.0%)

1 に対するや逼ら, に對

▼ 特に典型的~ (2, 0.0%)

1 な外貌, に色揚げ

▼ 特に再び~ (2, 0.0%)

1 お鳥, 人群を

▼ 特に冒涜~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ 特に凶兆~ (2, 0.0%)

1 とし, を示した

▼ 特に出羽~ (2, 0.0%)

1 でも仙北三郡, に関する史料

▼ 特に出色~ (2, 0.0%)

1 であって, の美

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 に奇, の長い

▼ 特に分業~ (2, 0.0%)

2 に転ずる

▼ 特に切支丹~ (2, 0.0%)

1 が追放, の拷問

▼ 特に列席~ (2, 0.0%)

1 して, を許された

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 の用語例, 仕立に

▼ 特に利発~ (2, 0.0%)

1 な長女, の人

▼ 特に前者~ (2, 0.0%)

1 を推したい, を際立たせた

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 のさかん, を学んだ

▼ 特に副業~ (2, 0.0%)

1 でなければ, として確実

▼ 特に劇文学~ (2, 0.0%)

1 といふ独特, に志す

▼ 特に力説~ (2, 0.0%)

1 しなければ, するところ

▼ 特に努力~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ 特に勝れ~ (2, 0.0%)

1 て強い, て強壮

▼ 特に勲功~ (2, 0.0%)

1 のあった, の再

▼ 特に医学~ (2, 0.0%)

1 に注目, や生理学

▼ 特に医者~ (2, 0.0%)

2 に分らぬ

▼ 特に十勝岳~ (2, 0.0%)

1 においては再々観測, においては頻繁

▼ 特に十惡~ (2, 0.0%)

2 に加

▼ 特に千鶴子~ (2, 0.0%)

1 にだけ感じる, に云いたく

▼ 特に升田~ (2, 0.0%)

1 にはストレート, に対しては特別

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 七の, 国権的

▼ 特に卑しい~ (2, 0.0%)

1 ものとして, 或は汚れ

▼ 特に南画~ (2, 0.0%)

1 においてそういう, に趣味

▼ 特に博士~ (2, 0.0%)

1 から頼まれてる, をすっかり

▼ 特に印象的~ (2, 0.0%)

1 だったの, でした

▼ 特に厳格~ (2, 0.0%)

1 でなければ, な戒律

▼ 特に去る~ (2, 0.0%)

2 者の

▼ 特に反対~ (2, 0.0%)

1 と呼ぶ, の方

▼ 特に取立て~ (2, 0.0%)

1 て言う, て語る

▼ 特に古い~ (2, 0.0%)

1 ということ, 時代の

▼ 特に古代~ (2, 0.0%)

1 という程, においては御

▼ 特に古河~ (2, 0.0%)

1 などではほとんど, の事業

▼ 特に古風~ (2, 0.0%)

1 な婚礼, な言

▼ 特に只今~ (2, 0.0%)

1 はドンナ原因, 御話

▼ 特に召され~ (2, 0.0%)

1 てこの, て第

▼ 特に叮嚀~ (2, 0.0%)

1 に剃っ, に扱っ

▼ 特に各地~ (2, 0.0%)

1 から女子, の花柳界

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 会議の, 時代の

▼ 特に同性~ (2, 0.0%)

1 との社交性, の事務員

▼ 特に同情~ (2, 0.0%)

1 ある読者諸君, すべき落伍者

▼ 特に吟味~ (2, 0.0%)

1 して, を必要

▼ 特に吾輩~ (2, 0.0%)

1 の功績, を出さなくっ

▼ 特に周公~ (2, 0.0%)

1 を夢みる, を尊び

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 がよかっ, もそつけ

▼ 特に呼んだ~ (2, 0.0%)

1 若い芸子, 若い藝子

▼ 特に命令~ (2, 0.0%)

1 がある, を受けた

▼ 特に和泉屋~ (2, 0.0%)

2 のこの

▼ 特に啓蒙的~ (2, 0.0%)

1 な目的, の方面

▼ 特に国家~ (2, 0.0%)

1 とか社会, の威信

▼ 特に土地~ (2, 0.0%)

1 で採れる, の名産品

▼ 特に圧力~ (2, 0.0%)

1 の高い, を加

▼ 特に夕なぎ~ (2, 0.0%)

1 が著しい, の有名

▼ 特に外科医~ (2, 0.0%)

1 のほう, の方

▼ 特に外部~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 計代, 計代の

▼ 特に多少~ (2, 0.0%)

1 の興味, の變改

▼ 特に多様~ (2, 0.0%)

1 にな, になった

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 を尊重, を愛した

▼ 特に大事~ (2, 0.0%)

1 な事, な苗

▼ 特に大和~ (2, 0.0%)

1 の国中数十箇所, の山

▼ 特に大学教育~ (2, 0.0%)

1 の任務, を云云

▼ 特に大衆文芸~ (2, 0.0%)

1 として必要, に限っ

▼ 特に大陸~ (2, 0.0%)

1 など, の人たち

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 よりくだ, より創られた

▼ 特に太平洋戦争~ (2, 0.0%)

1 がはじまっ, が始まっ

▼ 特に奥地~ (2, 0.0%)

2 にある

▼ 特に女子供~ (2, 0.0%)

1 がたとえ, はね

▼ 特に女客~ (2, 0.0%)

1 の執, の為め

▼ 特に女性時代~ (2, 0.0%)

1 といふこと, といふもの

▼ 特に女房~ (2, 0.0%)

1 にはね, を伴った

▼ 特に好ましく~ (2, 0.0%)

1 ないこと, ない何物

▼ 特に好意~ (2, 0.0%)

1 をもった, を持たれ

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 である, に気

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 を呼びし, を迎え

▼ 特に姓名~ (2, 0.0%)

1 までが書きつけ, を遠慮

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 ある美女, を恣

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 の多津子, を信用

▼ 特に嫌われた~ (2, 0.0%)

1 のは, 理由

▼ 特に季題~ (2, 0.0%)

2 とする

▼ 特に学問的~ (2, 0.0%)

1 なる研究, な研究

▼ 特に学校~ (2, 0.0%)

1 をもっ, 及び各種

▼ 特に学識~ (2, 0.0%)

1 に乏し, に乏しかっ

▼ 特に宇宙~ (2, 0.0%)

1 の問題, を二階造り

▼ 特に安く~ (2, 0.0%)

1 はできません, 例えば一日八十銭

▼ 特に安易~ (2, 0.0%)

2 にこの

▼ 特に完全~ (2, 0.0%)

1 に發達, に自己

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 に留守, を作り

▼ 特に家康正信~ (2, 0.0%)

2 はしつこい

▼ 特に宿屋~ (2, 0.0%)

1 の隣室, を営ん

▼ 特に富農~ (2, 0.0%)

1 が, には把握

▼ 特に専門~ (2, 0.0%)

1 の医学, 諸算家

▼ 特に将門~ (2, 0.0%)

1 は武人, を悪

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 うた振りと, 介を

▼ 特に小さく~ (2, 0.0%)

1 こしらえたもの, して

▼ 特に小さな~ (2, 0.0%)

1 ハチや, 人たちの

▼ 特に小柳雅子~ (2, 0.0%)

2 ということ

▼ 特に少女~ (2, 0.0%)

1 の心理, の脱線ぶり

▼ 特に就中愛~ (2, 0.0%)

1 に於ける, や人道

▼ 特に尾崎氏~ (2, 0.0%)

2 の共和演説問題

▼ 特に居留日本人~ (2, 0.0%)

2 の取締

▼ 特に山崎~ (2, 0.0%)

1 と親しい, の一戦

▼ 特に岸本~ (2, 0.0%)

1 の心, は好ましく

▼ 特に巧み~ (2, 0.0%)

1 なるアルカヂア人多く乘, にと申します

▼ 特に巧妙~ (2, 0.0%)

1 である, なる場合

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 にのみ篤から, れの

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 へ奏聞, へ直奏

▼ 特に幕府~ (2, 0.0%)

1 から諏訪藩, に対しての行動

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 とともに環境, の小さい

▼ 特に年代~ (2, 0.0%)

1 の如き, を明記

▼ 特に年寄~ (2, 0.0%)

1 になっ, になつ

▼ 特に建築~ (2, 0.0%)

1 の模様, の美

▼ 特に弁証法~ (2, 0.0%)

1 と決め, を否定

▼ 特に張る~ (2, 0.0%)

1 氣に, 氣のみ

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 ひて, 張した

▼ 特に強烈~ (2, 0.0%)

1 な聯合作用, の為

▼ 特に強迫観念~ (2, 0.0%)

1 が烈し, が烈しかっ

▼ 特に影響~ (2, 0.0%)

1 されたもの, を受けた

▼ 特に後頭部~ (2, 0.0%)

1 をひどく, を湯

▼ 特に御簾~ (2, 0.0%)

1 が下ろし, を高く

▼ 特に心弱い涙脆い~ (2, 0.0%)

2 同心が

▼ 特に心臓~ (2, 0.0%)

1 についての訴え, の発生

▼ 特に心霊科学~ (2, 0.0%)

2 に多大

▼ 特に忙しい~ (2, 0.0%)

1 ことである, 時には

▼ 特に忠義~ (2, 0.0%)

1 と献身, の心

▼ 特に念頭~ (2, 0.0%)

1 にと, を去らない

▼ 特に思い出す~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ 特に思う~ (2, 0.0%)

1 ところあつ, のである

▼ 特に急い~ (2, 0.0%)

1 で対外的, で自己

▼ 特に怪む閣下~ (2, 0.0%)

1 は憲政党内閣, は憲政黨内閣

▼ 特に恥しい~ (2, 0.0%)

2 といふこと

▼ 特に意地~ (2, 0.0%)

1 が悪かっ, 悪くわざわざガリガリ

▼ 特に意識化~ (2, 0.0%)

2 されたもの

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 である, の発表

▼ 特に愛すべき~ (2, 0.0%)

1 品が, 男として

▼ 特に愛執~ (2, 0.0%)

2 すること

▼ 特に愛情~ (2, 0.0%)

1 がうるさい, を強く

▼ 特に愛着~ (2, 0.0%)

1 と煩累, をもつ

▼ 特に愛読~ (2, 0.0%)

1 した本, して

▼ 特に感じ~ (2, 0.0%)

1 とつた, やすいところ

▼ 特に感傷的~ (2, 0.0%)

1 といはれる, といわれる

▼ 特に感銘~ (2, 0.0%)

1 を受けた, を深く

▼ 特に憲法紀念館~ (2, 0.0%)

2 を公

▼ 特に成金~ (2, 0.0%)

1 の活用, を寄附金

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 れのみに, れ外

▼ 特に我慢~ (2, 0.0%)

1 のならぬ, の無い

▼ 特に戒飭~ (2, 0.0%)

2 したる意

▼ 特に手錠~ (2, 0.0%)

1 を免じ, を免ずる

▼ 特に才能~ (2, 0.0%)

1 がある, に富んだ

▼ 特に技術的~ (2, 0.0%)

1 なもの, に具体化

▼ 特に抒情詩~ (2, 0.0%)

1 ならば, に哲学

▼ 特に招いた~ (2, 0.0%)

1 のは, ものだった

▼ 特に持つ~ (2, 0.0%)

1 てゐるらしく, やうな

▼ 特に指せる~ (2, 0.0%)

1 にはあらじ, 聖歌あり

▼ 特に指名~ (2, 0.0%)

1 した人, して

▼ 特に指定~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 特に捕物~ (2, 0.0%)

2 の名人

▼ 特に推理~ (2, 0.0%)

2 に重点

▼ 特に擧げ~ (2, 0.0%)

1 て居る, らるべきであらう

▼ 特に改まっ~ (2, 0.0%)

1 て英語, て酒屋

▼ 特に敏感~ (2, 0.0%)

1 な文科系統, な詩人的感覚

▼ 特に敬語~ (2, 0.0%)

1 の使い方, を使ったらしく

▼ 特に数学史~ (2, 0.0%)

1 である, に関する報告

▼ 特に敵情~ (2, 0.0%)

2 を語れ

▼ 特に文化運動~ (2, 0.0%)

1 に於ける, の先頭

▼ 特に文字~ (2, 0.0%)

1 によって考える, に録

▼ 特に文学者~ (2, 0.0%)

1 としてで, の方

▼ 特に文官任用令~ (2, 0.0%)

2 を正し

▼ 特に文部省~ (2, 0.0%)

1 から貸費, へ出勤

▼ 特に断つ~ (2, 0.0%)

1 ておく, てはゐられる

▼ 特に断わらない~ (2, 0.0%)

1 でもいい, 限り範疇とは

▼ 特に新た~ (2, 0.0%)

1 なる驚き, な令

▼ 特に新進~ (2, 0.0%)

1 のウイスコンシン州, の作曲家たち

▼ 特に方法~ (2, 0.0%)

1 が重大, を中心

▼ 特に日本婦人~ (2, 0.0%)

1 にはその, の現在

▼ 特に日本画~ (2, 0.0%)

1 について誌, ばかりかく

▼ 特に日本紀~ (2, 0.0%)

1 などは恐らく, の神代卷

▼ 特に日蓮聖人~ (2, 0.0%)

1 については当り, の宗教

▼ 特に日蔭~ (2, 0.0%)

1 の場所, を忌み

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 かりしも, 目に

▼ 特に早く~ (2, 0.0%)

2 悟れる理由

▼ 特に映画~ (2, 0.0%)

1 の場合, の立場

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 は夏, を數量的

▼ 特に時代~ (2, 0.0%)

1 の美人画, の風俗

▼ 特に時文評論~ (2, 0.0%)

2 に對

▼ 特に時評~ (2, 0.0%)

1 になる, に至っ

▼ 特に時間性~ (2, 0.0%)

1 の支配, の理解

▼ 特に晩年~ (2, 0.0%)

1 の放縦, は唯一人

▼ 特に晩成先生~ (2, 0.0%)

2 の驚いた

▼ 特に普通~ (2, 0.0%)

1 の旅館, の生徒

▼ 特に暑い~ (2, 0.0%)

1 ようです, 日である

▼ 特に暑気甚~ (2, 0.0%)

1 しく, しく三十一日

▼ 特に曲線~ (2, 0.0%)

2 と考える

▼ 特に~ (2, 0.0%)

2 を寄せ

▼ 特に書い~ (2, 0.0%)

1 ている, て彼

▼ 特に書物~ (2, 0.0%)

1 の序, を載せる

▼ 特に曹操~ (2, 0.0%)

1 に対しても感服, を可愛がっ

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 ても私たち, て過去

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 の大層, の詩人

▼ 特に朝廷~ (2, 0.0%)

1 に奏請, に職人

▼ 特に本格的~ (2, 0.0%)

1 な自然科学, に技術

▼ 特に材料~ (2, 0.0%)

1 を多く, を精選

▼ 特に東北文化~ (2, 0.0%)

2 の研究

▼ 特に東方~ (2, 0.0%)

1 は上信越, より北東

▼ 特に柔らかい~ (2, 0.0%)

1 緊張を, 肩の

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 をたてる, を設ける

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 に持つ, のある

▼ 特に案内~ (2, 0.0%)

1 して, せらる

▼ 特に機嫌~ (2, 0.0%)

1 がよい, が悪かっ

▼ 特に欧洲~ (2, 0.0%)

1 に於, の思想

▼ 特に欧米~ (2, 0.0%)

1 の認識, の諸国

▼ 特に欲しい~ (2, 0.0%)

1 ものは, ものも

▼ 特に此処~ (2, 0.0%)

1 で述べなけれ, に来た

▼ 特に武士~ (2, 0.0%)

1 という非合法的, の家

▼ 特に~ (2, 0.0%)

2 の抜けた

▼ 特に歴史的~ (2, 0.0%)

1 だという, な真理

▼ 特に歴史科学~ (2, 0.0%)

1 や社会科学, 乃至社会科学

▼ 特に殺人~ (2, 0.0%)

1 の動機, の情況以外

▼ 特に毎朝~ (2, 0.0%)

1 振り慣れた鉄唖鈴, 振り慣れた鐵亞鈴

▼ 特に比較~ (2, 0.0%)

1 して, に持ち来される

▼ 特に民族~ (2, 0.0%)

1 であり血液共同体, の相互接触

▼ 特に民族生活~ (2, 0.0%)

2 または国民生活

▼ 特に民藝~ (2, 0.0%)

1 が論ぜられね, を語る

▼ 特に民衆~ (2, 0.0%)

1 の個性, の大衆

▼ 特に気がかり~ (2, 0.0%)

1 になるらしい, にもならない

▼ 特に気に入った~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 をつけ, 付いたの

▼ 特に永く~ (2, 0.0%)

1 区別せられる, 支配者の

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 の朋友, を冷遇

▼ 特に沖縄~ (2, 0.0%)

1 だけにある, への数度

▼ 特に河田~ (2, 0.0%)

2 には気質的

▼ 特に法学的~ (2, 0.0%)

2 の訓練

▼ 特に法文~ (2, 0.0%)

1 に掲ぐる, に明記

▼ 特に洋燈~ (2, 0.0%)

1 を取, を取っ

▼ 特に活字~ (2, 0.0%)

1 に縁, の通り

▼ 特に浅草~ (2, 0.0%)

1 らしいにおい, を選んだ

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 の問題, を祭る

▼ 特に海軍~ (2, 0.0%)

1 では人的, に至っ

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 かつた, さが

▼ 特に深謝~ (2, 0.0%)

1 するところ, の意

▼ 特に清潔~ (2, 0.0%)

1 だとすら, であった

▼ 特に源氏物語~ (2, 0.0%)

1 の訳本, を訳し

▼ 特に激賞~ (2, 0.0%)

1 しあわせて, した

▼ 特に濃く~ (2, 0.0%)

1 そして体全体, 浮かせて

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 の用心, を重んずる

▼ 特に炬燵~ (2, 0.0%)

2 が出来

▼ 特に炭焼~ (2, 0.0%)

1 だという, はその

▼ 特に無産者~ (2, 0.0%)

1 の体験, の體驗

▼ 特に父親~ (2, 0.0%)

1 は今度, は転位

▼ 特に特殊~ (2, 0.0%)

1 な一上部構造, な階級

▼ 特に独特~ (2, 0.0%)

1 な高い, のうち

▼ 特に独逸~ (2, 0.0%)

1 で盛, などにはない

▼ 特に玄徳~ (2, 0.0%)

1 のうしろ, の容子

▼ 特に珍重~ (2, 0.0%)

1 される由, という言葉

▼ 特に現存~ (2, 0.0%)

2 の存在

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 の本質, 乃至生命

▼ 特に申しあげ~ (2, 0.0%)

2 ておきたい

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 の側, より劣った

▼ 特に男女~ (2, 0.0%)

1 の人物, の性別

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 が好き, の下方

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 った資格, を樹

▼ 特に異常~ (2, 0.0%)

1 な衝撃, の恩典

▼ 特に疾病~ (2, 0.0%)

1 が流行, の状態

▼ 特に病気~ (2, 0.0%)

1 などした, に罹る

▼ 特に病的~ (2, 0.0%)

1 だと, に発達

▼ 特に痘科~ (2, 0.0%)

1 を京水, を学んだ

▼ 特に痛切~ (2, 0.0%)

1 にそう, になった

▼ 特に痛感~ (2, 0.0%)

1 した心もち, するもの

▼ 特に皆様~ (2, 0.0%)

1 に見, へお詫び

▼ 特に益々~ (2, 0.0%)

1 そうだろう, 落着い

▼ 特に盛ん~ (2, 0.0%)

1 であつ, にし

▼ 特に目前~ (2, 0.0%)

1 に厳寒, の戦況

▼ 特に目標~ (2, 0.0%)

1 となる, を出し

▼ 特に矢代~ (2, 0.0%)

1 には見逃し, の気持

▼ 特に知らず~ (2, 0.0%)

2 是れ

▼ 特に知らせ~ (2, 0.0%)

1 て戴く, て置く

▼ 特に知力~ (2, 0.0%)

1 と記憶力, にいたっ

▼ 特に知識層~ (2, 0.0%)

1 そのなか, の

▼ 特に磯谷少将~ (2, 0.0%)

2 は蒋介石氏直参

▼ 特に示した~ (2, 0.0%)

1 のだった, ものと

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 をいう, を述べた

▼ 特に神経質~ (2, 0.0%)

1 なの, になる

▼ 特に禅刹~ (2, 0.0%)

2 で入浴

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 れたる研究家, れて

▼ 特に私自身~ (2, 0.0%)

1 に向, の気持ち

▼ 特に科学的~ (2, 0.0%)

1 では, な問題

▼ 特に科學~ (2, 0.0%)

1 に接觸, の論理

▼ 特に積極的~ (2, 0.0%)

1 にこれ, に観念論

▼ 特に節約~ (2, 0.0%)

2 をしよう

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 に対しては特別, を主食物

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 東洋の, 露西亜の

▼ 特に終り~ (2, 0.0%)

1 の河原, の部分

▼ 特に経済~ (2, 0.0%)

2 の点

▼ 特に結び~ (2, 0.0%)

1 て睨みつけ居, の

▼ 特に結婚~ (2, 0.0%)

1 の場合, の申し込み

▼ 特に統計的方法~ (2, 0.0%)

1 と呼び, による長期予報

▼ 特に綜合~ (2, 0.0%)

1 にこれ, に重心

▼ 特に緊急~ (2, 0.0%)

1 とせられる, なもの

▼ 特に繁昌~ (2, 0.0%)

1 する基, を極めた

▼ 特に織物~ (2, 0.0%)

1 の鑑賞, の領域

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 が増す, を意識

▼ 特に美しかっ~ (2, 0.0%)

2

▼ 特に~ (2, 0.0%)

2 を裁

▼ 特に老人たち~ (2, 0.0%)

1 はそんな, は一層

▼ 特に考える~ (2, 0.0%)

1 とつかまえ, 価値の

▼ 特に考慮~ (2, 0.0%)

1 しなければ, を拂

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 に快く, を澄ませ

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 から二, の角度

▼ 特に腐敗~ (2, 0.0%)

1 せる日本教権, の甚しき時代

▼ 特に自分たち~ (2, 0.0%)

1 に比し, をひきつれた

▼ 特に自分達兄弟~ (2, 0.0%)

2 を愛し

▼ 特に自動車~ (2, 0.0%)

1 に轢かれる, の発達

▼ 特に自然科学者~ (2, 0.0%)

1 がこの, に重き

▼ 特に自由主義~ (2, 0.0%)

1 の問題, の精神

▼ 特に自由詩~ (2, 0.0%)

1 に関する議論, の詩形論

▼ 特に自覚~ (2, 0.0%)

1 されねば, せざるを

▼ 特に自身~ (2, 0.0%)

1 の曝露, の生活態度

▼ 特に興味深い~ (2, 0.0%)

1 もの, 數節を

▼ 特に色彩~ (2, 0.0%)

1 と輪郭, の見事

▼ 特に芝居~ (2, 0.0%)

1 で先生, のやう

▼ 特に苦しい~ (2, 0.0%)

1 こと, ことは

▼ 特に英國~ (2, 0.0%)

1 に於, の法理學

▼ 特に茶の湯~ (2, 0.0%)

1 のため, を嗜まれ

▼ 特に草木~ (2, 0.0%)

2 の嗜好者

▼ 特に葉石~ (2, 0.0%)

1 との同行, の無情

▼ 特に著しかっ~ (2, 0.0%)

1 たの, た事

▼ 特に藝術~ (2, 0.0%)

1 と宗教, の上

▼ 特に藤村~ (2, 0.0%)

1 が全力, や栄太楼

▼ 特に~ (2, 0.0%)

2 てもらう

▼ 特に見込ん~ (2, 0.0%)

1 で, でお

▼ 特に規則~ (2, 0.0%)

1 がなけれ, など有る

▼ 特に覚え~ (2, 0.0%)

1 てい, ていた

▼ 特に親し~ (2, 0.0%)

1 かつた, そうな

▼ 特に親子~ (2, 0.0%)

1 の情, の愛

▼ 特に親近~ (2, 0.0%)

1 し奉ったの, にし

▼ 特に言明~ (2, 0.0%)

1 するの, する迄も

▼ 特に設けられた~ (2, 0.0%)

1 席の, 船舶用の

▼ 特に許され~ (2, 0.0%)

1 ていた, 奨励された

▼ 特に許可~ (2, 0.0%)

1 を受け, を得なけれ

▼ 特に評論~ (2, 0.0%)

1 して, に限定

▼ 特に評議~ (2, 0.0%)

2 の上これ

▼ 特に詩語~ (2, 0.0%)

1 として用, として用いられた

▼ 特に認識~ (2, 0.0%)

1 という名, としての特徴

▼ 特に認識論~ (2, 0.0%)

1 といふ含蓄, として現

▼ 特に語尾~ (2, 0.0%)

1 をつよめた, をにごさぬ

▼ 特に調べ~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ 特に調査~ (2, 0.0%)

1 の必要, や穿索

▼ 特に論ずべき~ (2, 0.0%)

1 こと多き, ものは

▼ 特に謝意~ (2, 0.0%)

2 を表しなけれ

▼ 特に貴下~ (2, 0.0%)

1 のよう, 御肝照

▼ 特に貴兄~ (2, 0.0%)

1 に対しては, のやう

▼ 特に貴方がた~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ 特に質問~ (2, 0.0%)

1 しないよう, すべきこと

▼ 特に赤い~ (2, 0.0%)

1 からである, リボンが

▼ 特に赤絵~ (2, 0.0%)

1 で名, の方

▼ 特に趣向~ (2, 0.0%)

1 を凝した, を変え

▼ 特に足利時代~ (2, 0.0%)

1 といふ一時代, を設

▼ 特に跫音~ (2, 0.0%)

2 高く道化

▼ 特に軍事教育~ (2, 0.0%)

1 を待った, を待つた

▼ 特に農家~ (2, 0.0%)

1 の一主婦, の伝統的

▼ 特に近く~ (2, 0.0%)

1 にチェック, 呼んで

▼ 特に近世~ (2, 0.0%)

1 のいわゆる, の諸

▼ 特に近代的~ (2, 0.0%)

1 な感覚, な理論

▼ 特に近代的唯物論~ (2, 0.0%)

2 の名

▼ 特に近年~ (2, 0.0%)

1 に至つて, は覚えまする

▼ 特に近所~ (2, 0.0%)

1 の人たち, の薬剤師

▼ 特に近来~ (2, 0.0%)

1 に至つて, の表面化学

▼ 特に通知~ (2, 0.0%)

1 して, するまでも

▼ 特に進ん~ (2, 0.0%)

1 でそれ, で御

▼ 特に遅らせた~ (2, 0.0%)

1 というわけ, といふわけ

▼ 特に運動~ (2, 0.0%)

1 において把握, に於

▼ 特に過敏~ (2, 0.0%)

1 になっ, になります

▼ 特に過程的~ (2, 0.0%)

1 なるもの, なる存在

▼ 特に違った~ (2, 0.0%)

1 ところは, 地方の

▼ 特に遠方~ (2, 0.0%)

1 から透視的, は猛烈

▼ 特に適う~ (2, 0.0%)

1 ので御座います, んだ

▼ 特に選り上げ~ (2, 0.0%)

2 て使

▼ 特に部下~ (2, 0.0%)

1 の喧嘩, の張

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 に対して弱い, を零す

▼ 特に重き~ (2, 0.0%)

1 をおいた, をおかれ

▼ 特に重んずる~ (2, 0.0%)

1 だけのすぐれた, 以心伝心あるいは

▼ 特に重視~ (2, 0.0%)

1 して, せらるるは

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 をかけない, を喜捨

▼ 特に金泥~ (2, 0.0%)

2 を入れ

▼ 特に釣り師~ (2, 0.0%)

2 の多い

▼ 特に銘記~ (2, 0.0%)

1 すべきだ, すべきである

▼ 特に銭形~ (2, 0.0%)

2 の平次

▼ 特に鋭い~ (2, 0.0%)

1 論理の, 電気の

▼ 特に鋭く~ (2, 0.0%)

1 訴えて, 訴へ

▼ 特に長く~ (2, 0.0%)

1 なり体, 餌を

▼ 特に長男~ (2, 0.0%)

1 でなければ, は大いに

▼ 特に関東地方~ (2, 0.0%)

1 では全く, の落伍者

▼ 特に関羽~ (2, 0.0%)

1 の手許, をえらん

▼ 特に附言~ (2, 0.0%)

1 したいこと, して

▼ 特に集中~ (2, 0.0%)

1 した部分, で秀歌

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 はれて, 入れた現に

▼ 特に難解~ (2, 0.0%)

1 な哲学書, の雰囲気

▼ 特に電車問題~ (2, 0.0%)

1 に関する氏, に關

▼ 特に露骨~ (2, 0.0%)

1 になっ, になる

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 でぼんやり, のこめた

▼ 特に非常~ (2, 0.0%)

1 な興味, の奮発

▼ 特に面倒~ (2, 0.0%)

1 な説明, をし

▼ 特に面白~ (2, 0.0%)

1 さうに話した, そうな

▼ 特に頼ん~ (2, 0.0%)

2 でおく

▼ 特に願っ~ (2, 0.0%)

1 て家, て往復幾日

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 のない, や雨

▼ 特に風情~ (2, 0.0%)

1 のある, を添え

▼ 特に驚いた~ (2, 0.0%)

1 ことには, のは

▼ 特に高い~ (2, 0.0%)

1 山も, 音には

▼ 特に~ (2, 0.0%)

2 の目

▼ 特に~ (2, 0.0%)

1 かで敵, かな図柄

▼ 特に鮮明~ (2, 0.0%)

1 である, な多彩

▼ 特に麻生河野菊川~ (2, 0.0%)

1 の諸氏, は外見上所謂

▼ 特に黒い~ (2, 0.0%)

1 喪服を, 板戸は

▼1* [3839件]

特にあげてい, 特にあこがれを寄せる, 特にあざやかな印象, 特にあたしだけに逢いたい, 特にあったのだ, 特にあついから本当に, 特にあまはせづか, 特にあらうがなから, 特にあらためて無礼講と, 特にあらゆる方面に, 特にあり他邦, 特にいいたねを二つ, 特にいい加減であるが, 特にいうべき必要は, 特にいかなる資格を, 特にいずれの海岸, 特にいたやや桜皮, 特にいちばん幼い子供, 特にいはずアダムが, 特にいまさういふ, 特にいまだこの理, 特にいわんでも解ってる, 特にうすら寒くてセル, 特にうちとけたご挨拶, 特にうどセレリーチサ若いな, 特にうまそうな, 特にうれしかつた, 特にえらいとされ, 特においしいものを, 特におかまいもしませんでした, 特におくゆかしい所以である, 特におくれた文化の, 特におしゃべり者をと注文, 特におっしゃったことその, 特におでん燗酒のせい, 特におとなしい性質で, 特におどしを利かす, 特におなかのすく, 特におねがい申して, 特におめかしをした, 特におらんだの緑茶, 特にお守りさせるため, 特にお客をもてなす, 特にお母さん御用に買った, 特にお茶に招かるる, 特にお許しを願, 特にお話申上げるよう, 特にお金をやる, 特にお雪ちゃんが上野原, 特にかう思はずにはゐられなかつた, 特にかくかくの取扱い, 特にかしましきはとくに, 特にかたむけたと思しい, 特にかつ頻繁に, 特にかの女子が, 特にかような死に, 特にからだが, 特にきびしさを, 特にきょう私たちが文学, 特にきらいというもの, 特にきらきらきら, 特にきらつてゐる, 特にきりはなしてこれ, 特にきれいに化粧, 特にきわだって眼, 特にきわだった個性である, 特にきわだつてどう, 特にくどく説明する, 特にくわしい知識を, 特にふに, 特にけりで結んだ, 特にこいつだけを責める, 特にこうして大きな荷物, 特にこころをくばった, 特にこしらへて, 特にこしらえてくだされた, 特にこたへたそして, 特にこだわらずにはいられなかった, 特にこだわりもしなかった, 特にこちらでその, 特にこつちを凝視, 特にことばもやさしく, 特にことわつて置く, 特にこの世につかわされた, 特にこの間の關係, 特にこんどだけは, 特にこんなに民衆の, 特にご用を仰せ, 特にさうだと云, 特にさえて見える, 特にさし許すと, 特にさしたる美も, 特にさし上げると云う, 特にさすものの, 特にさせたいお考え, 特にさつき云ひましたすべて, 特にさまざまのこと, 特にさむらいという, 特にさわがしいことは, 特にざわめいて, 特にじみの, 特にしげのをおどおど, 特にしっかりして, 特にしつかり頭に, 特にしつっこく彼, 特にしつらえた建物では, 特にしばらく燈を, 特にしゃくなげはつや, 特にしゃべり難か, 特にすぐれし部, 特にすべてを子孫, 特にずばぬけた作品が, 特にずんずん進んで, 特にそうね子供の, 特にその他の芸壇, 特にその道の天才, 特にその間田中君一流の言, 特にそんなに怖れる, 特にたいなどは南日本海, 特にたいしたことで, 特にたい子の作品, 特にたくさんの上役, 特にたびたび水を, 特にたべてみ, 特にたまらないと思ふ, 特にがつた特長, 特にちびのティム, 特にちよつとつけ加, 特につい先達って, 特につけ加へたいこ, 特につけ加えて置く, 特につつしまねばならぬ, 特につばめに氣, 特にていねいに応待, 特にということは, 特にとりあげてはいない, 特にとりたてて好き, 特にどこそこの店, 特につて, 特になお家康が, 特になければならない, 特になしたが彼, 特になじみが深かっ, 特になつくという訳, 特になりゲッソリし, 特になるために, 特になるべく様式の, 特になんじの死, 特になんらの激動, 特ににぎやかだった, 特にねる場所に, 特にはしゃぎもしなかった, 特にはじめの方, 特にはつきり之が現, 特にはれやかなもの, 特にひきとめて子, 特にひそひそ声を, 特にひたすらなヒューマニズム, 特にひろ子にとって困った, 特にふだんよりも早く, 特にふめでたに感ぜられる, 特にほしいと思った, 特にほしかったの, 特にますます事実であろう, 特にみじめに見える, 特にみそのの母娘, 特にみのる一人に, 特にみよちゃんが好き, 特にみんなから私, 特にむかし流行った枝模様, 特にむす子に, 特にむづかしく工夫したもの, 特にをかけ, 特にめずらしい材料でも, 特にめだっている, 特にもう交際する, 特にもし誰かが, 特にもてはやされることを, 特にもとの山, 特にやがて発展すべき, 特にやさしい声で, 特にやまとであったという, 特にやんごとなきあたりに, 特にゆき合うことの, 特にゆるされて庫裡, 特にかつた, 特によう覚えて, 特によかったらしく唐雅堂, 特によき生活の, 特によりすぐった特務機関隊, 特によろこばしく見ゆるやを, 特によろこばれていた, 特によろこびてこれら, 特によろこぶ贅沢な, 特によろしいのが, 特にわが身を追, 特にわたしたちの人生, 特にわたし等の生れ乍ら, 特にわれらを召さずし, 特にわれわれ日本人その中, 特にわれ千々岩安彦のため, 特にアイルランドにおいては既に, 特にアカイアの守りゲレーニャ・ネストール, 特にアカデミックな社会環境, 特にアジア人の血, 特にアジトとして選ばれた, 特にアジヤでは各地, 特にアストレーンは悲しみ, 特にアチラの砂糖, 特にアッコルティ先生に伝え, 特にアテンの学派, 特にアテーネー戰利の司ヂュウス, 特にアナタは女性, 特にアビシニアの辺境, 特にアフガニスタンのハッダ, 特にアブノルマルな事件, 特にアマリリスと俗称, 特にアメノカクの神, 特にアメリカ辺ではそう, 特にアルデンヌ地方に前進, 特にアレキサンドリア学派の著述, 特にアレース不運なる, 特にアワビ採りの名人, 特にアングロ・サクソン民族の資本主義政策, 特にアンシクロペディストであったの, 特にアンダスン氏を挙げる, 特にアンリ・セアアルはゴンクウル, 特にイギリス人であつ, 特にイサナギ・イサナミは, 特にイサベルが激しい, 特にイシイシと称し, 特にイタリアのオペラ, 特にイタリードイツにおいては日本, 特にイデオロギッシュなの, 特にイデオロギー的に前進, 特にイヌタデと限定, 特にイメージを強く, 特にイラン語の, 特にインテリジェンスではない, 特にインドの風, 特にインド人との混血児, 特にウィーン學園のシュリック, 特にウウル県の格別, 特にウクライナでは僧侶, 特にウツリが宜, 特にウワアヅウワアスに至つて, 特にエスパーニャ側の方, 特にオウィディウスを指す, 特にオオヒルガオと呼ん, 特にオカネの殺された, 特にオサシミ類はフグ以外, 特にオシラ遊びの語, 特にオダンスという村, 特にオットセイを持ち出し, 特にオネダリして, 特にオハイオカリフォルニヤ二州において先鞭, 特にオペラシンガーは咽喉, 特にオランダの中立尊重, 特にオランダ渡りの新, 特にオレを選ん, 特にカシャクなく政府攻撃, 特にカトリック教的なもの, 特にカトリック的な色彩, 特にカメラの焦点, 特にカルフッチを擧げし, 特にカルメンのよう, 特にカレー汁が食卓, 特にガチャガチャいわせて, 特にガマ六や雨坊主, 特にガリレオの諸, 特にガリ版で, 特にキチガイにきく, 特にキミが大物, 特にキモノを生みだした, 特にキリスト地獄に下り, 特にキールケゴールなの, 特にギリシア室を見ろ, 特にギンミして, 特にクジラと云われない, 特にクラスノヤルスクの附近, 特にクリスマスの夜, 特にクリティシズムについての知的省察, 特にクリヴォフ夫人の死, 特にクロダイの鋭敏, 特にクーシネンの, 特にケットすなわち毛人, 特にケルビーニは彼, 特にゲーテの, 特にコポオの秘蔵弟子, 特にコロラド方面は豊富, 特にコンシエルジュリー監獄ではパリー街, 特にコンドルが小生, 特にコンナ事にかけては気, 特にコーエンとリッケルト, 特にゴチックの建築, 特にサビエルの遺体, 特にサルトルの, 特にサン・メーリーの痛ましい, 特にサービスを差, 特にシェストーフの名, 特にシェストーフ的なもの, 特にシグソンの写真, 特にシナ建築らしい印象, 特にシナ美術の独創, 特にシンクレアの作品, 特にジェニファーに近い, 特にジロリの女, 特にスイスやフランス, 特にスウェーデンの比率, 特にスギという名, 特にスヂとよん, 特にスミレというの, 特にスールト元帥が躊躇, 特にセミチック語旧約全書の歴史, 特にセリファンが厩舎, 特にソクラテス以前の哲学, 特にソビエトの国是, 特にソラニンデュルカマリンを含む, 特にタイホを発表, 特にタコスケ氏のタンテイ眼, 特にダブルという洋服, 特にダンスホールがねらわれ, 特にダ・ヴィンチは技術学上, 特にチェホフの短篇, 特にチベットから出, 特にヂャムプは我流, 特にヂュウスを讃美, 特にツギナという語, 特にツルゲネーフとドストイェフスキー, 特にツーロン徒刑場をしばしば, 特にテエヌの説, 特にテーヌを読んだ, 特にデルブリュックの影響強き, 特にトオサンにはいとしく, 特にトスカーナに行, 特にトマス・アクイナスの, 特にトレルチのもの, 特にドイツ的精神の伝統, 特にドイツ観念論をそのまま, 特にドイツ邊に優秀, 特にドウデエなどがまざまざ, 特にドストエフスキーの安直, 特にドルュエルモに頼ん, 特にドロ棒する人, 特にニイチエの弟子, 特にネギは粉食, 特にネクセーの如き, 特にネバシ搗きの, 特にネンゴロだという, 特にハイカラをとりいれ, 特にハステラー検事ね, 特にハッキリとした, 特にハツキリとお断り, 特にハワイ島にはキラウエア, 特にバラモン教の畑, 特にバルザックなんか最大, 特にバートンのアラビアンナイト, 特にパスカルが啓示的, 特にパチンコ屋と町, 特にパラティーノでそれ, 特にパリ・コンミュンによつて立證, 特にパーセンテージの高い, 特にヒガミも生れた, 特にヒダは古代史上, 特にヒポコンドリー性の著, 特にヒューマニズムとなる, 特にヒューマニティーをテーマ, 特にヒルガオと称えた, 特にヒルベルトの位相幾何学, 特にビジテリアン諸氏よくこれ, 特にピアノを一台, 特にピッカルダの兄弟コルソ, 特にファシズム反対という否定的, 特にファラデーを選んだ, 特にフィルムの繰り出し, 特にフランス・インテリゲンツィアの理想主義的解放論, 特にフランス文学の翻訳, 特にフロレンスの事業好き, 特にブック・レヴューを主, 特にブラジルの沿岸, 特にブリテン諸島に比較的, 特にブリュンティエールの影響, 特にブルジョア哲学に対する教養, 特にブルジョア社会学の独自, 特にブレモンの, 特にプラットフォームで出発, 特にプラトン・アレクセエヰツチユに望ん, 特にプルードンとバスチア, 特にプロレタリア批評家にとって早速, 特にプロレタリア文学に限らず, 特にプロレタリア文学運動がおこっ, 特にプロレタリア的道徳の, 特にヘグリあたりの最上川, 特にヘラの使者, 特にヘリウムと水素, 特にヘーゲルはこの, 特にヘーゲル学徒クーノー・フィッシャーと, 特にヘーゲル学派にとっては重大, 特にベエトオヴェンのソナタ, 特にベルチョン博士の懇望, 特にベーコンの大, 特にペンと紙, 特にボウシアマクリと称える, 特にボクが重大, 特にボニアァキウスは墮地獄, 特にボーイが監視役, 特にポオト・ディスカヴァリ附近では人間, 特にポレミックの場合, 特にポロンソー街からドロア・ムュール街, 特にポーの小説, 特にマアテルランクの, 特にマキアヴェリやベーコン, 特にマコの血管, 特にマリアを選び, 特にマルクスの理論, 特にマルクス主義者達は自由主義, 特にマルセイユとの通商上, 特にマルテルの子, 特にメキシコやペルウ, 特にメチエというもの, 特にモスクワ芸術座のはじまり, 特にモスコウを好ん, 特にモンゴリヤからそういう, 特にモントルイュ・スュール・メールには一種, 特にヤケ酒に酔ッ払ッ, 特にヤス子さんあなたの場合, 特にヤッツケ合うもの, 特にユズリハと呼び, 特にユーモレスクに, 特にヨウロッパの文物, 特にヨーロッパでは固有, 特にラサ府の事, 特にラスキンを偉大, 特にラテン語にその, 特にラロの仮, 特にリッケルト等の手, 特にリヒノフスキー公爵とシュミット教授, 特にリルケのだけを持ち込んだ, 特にリール竿の研究, 特にルクレチウスによって後世, 特にルグナンシェが盗んだ, 特にルネッサンス的気分の濃い, 特にルピック夫人の戯画, 特にルリなど蒼く, 特にルヰ十五世時代にはフランス, 特にルーデンドルフは両, 特にロシアが建設, 特にロシア民族の発達, 特にロセッチなどに多く, 特にロリー氏のため, 特にロンドン風俗を背景, 特にローマへの巡禮者, 特にワイルドが好き, 特にワグナーの楽劇, 特にワグマンについて真面目, 特にワザワザ警視庁から出向い, 特にヰンダアミヤ附近ダアエントグラスミヤ等に遊ん, 特にヴィルラーニの記録, 特にヴィンデルバントの場合, 特にヴェルレエヌヴェルハアレンロオデンバッハマラルメの事, 特にヴェルレーヌはそう, 特にいろに, 特に一つ社会の枠内, 特に一ツの犬, 特に一ヶ条だけ訓戒, 特に一七八九年には出生, 特に一両の褒美, 特に一九〇五年以後十年間のロシア, 特に一九一五年ルーデンドルフ等の東方, 特に一九三一年の後半期, 特に一九三五年の秋, 特に一九三六年としての特色, 特に一九三六年度云わば, 特に一九二八年八月東京高等学校三年生であった弟, 特に一事をここ, 特に一二茎植えたもの, 特に一人これにか, 特に一個この鍛冶屋, 特に一八一〇年創立した陸軍大学, 特に一八三一年派手で鳴らしたカストリィ公爵夫人, 特に一八三二年六月の戦い, 特に一円を理髪代, 特に一冊にとりまとめた, 特に一切に優り, 特に一列一列植えるの, 特に一句に纏め, 特に一台飛行機をお, 特に一名の給仕, 特に一周忌の営み, 特に一四はこれ, 特に一団として考える, 特に一定社会の一定時代, 特に一室を設け, 特に一層事柄を, 特に一巻の色彩, 特に一幅の揮毫, 特に一度もした, 特に一心不乱になる, 特に一文の金銭, 特に一方向に著しく, 特に一日のうち, 特に一時的に建設, 特に一書を呈す, 特に一期を始終, 特に一本の臘梅, 特に一杯盃をふくむ, 特に一画家を選, 特に一番二番三番という頭, 特に一番目のもの, 特に一章を設け, 特に一等巡洋艦マール号に積載, 特に一能一芸に秀, 特に一般民衆が異, 特に一般的教養のため, 特に一般関係にしか過ぎない, 特に一葉の場合関心, 特に一衣帯水のソ連並び, 特に一言注意を促した, 特に一軒の民家, 特に一郎を呼び入れた, 特に一部をとりあげ, 特に一面に叢生, 特に一頭の逞しい, 特に一風變つてゐる, 特に一館を彼, 特に七五三縄を許した, 特に七戸や八戸地方, 特に七福神の舞姿, 特に万人の涙, 特に万葉集でのカナシ, 特に万難を排し, 特に三人に限つた譯, 特に三十以後の勉強, 特に三圈を撰, 特に三州方面から駈けつけた, 特に三日から一週間, 特に三日月の杯, 特に三月十九日彼を載せた, 特に三村刑事が熱心, 特に三株の苗, 特に三條村から操座, 特に三次元であること, 特に三脚を用いる, 特に三角形が意味, 特に三造を愛し, 特に三間所伺候にさし加, 特にの二人, 特に上人を産んだ, 特に上代のもの, 特に上出来だった, 特に上層にはそれら地上, 特に上州の一局部, 特に上方地方にのみ主として, 特に上流の淑女, 特に上流向きに出来, 特に上肢以外の筋肉運動, 特に上顎門上歯が幾分, 特に賤の, 特に下された菓子だった, 特に下したまえるもあり, 特に下るにあらざれ, 特に下品な音, 特に下婢などの寡, 特に下宿住居の心持, 特に下層階級または奴隷階級, 特に下等の民間, 特に下級武士もしくはそれ, 特に下谷からかけ, 特に下賜された菊水紋, 特に下隅に描かれ, 特に不便なるは, 特に不品行不道徳な松島様, 特に不問にふした, 特に不埒として感じる, 特に不変の真実, 特に不安の能力, 特に不審を懐い, 特に不平を越し, 特に不幸な人間, 特に不得意らしい, 特に不穏な時節柄, 特に不空羂索観音を天平随一, 特に不肖を使い, 特に不足に感ずる, 特に不遇をならし, 特に不鮮明で形状, 特に与えられていた, 特に与えられしものの, 特に与えられた法典を, 特に与えられ許された恩寵である, 特にの視聴, 特に世の常の巌, 特に世人の注意, 特に世界とその, 特に世界現在の風潮, 特に世界的な名篇傑作, 特に世界的協同を主張, 特に世間の人, 特に先生を, 特に両神山の中, 特に両親に愛され, 特に中国の様々, 特に中央航空行政機関の新設, 特に中学部女生徒と呼ぶ, 特に中宮蔵人多治真人, 特に中川一政氏を煩, 特に中橋に誓約書, 特に中流インテリゲンツィアの中, 特に中生代の蜥蜴類, 特に中等教育における理化学教授, 特に中等程度の学校, 特に中編を設け, 特に丹家の還, 特に丹念に選び集められ, 特に丹精をこらし, 特に丹色は突き出た, 特に主任が私, 特に主婦だけでなく, 特に主客の合一, 特に主張するやう, 特に主意的な人生観, 特に主膳は子供, 特に主観派と言うべき, 特に久世侯の周旋, 特に久子が, 特に久板君のもの, 特に乗車や出札口, 特に九大を有する, 特に九太夫その人, 特に九州や東北, 特に九州攻めには堀秀政, 特に九度山の監視, 特に乞うて華厳宗, 特に乞うたら直ぐに, 特に乳母が抱, 特に亀井兄弟の本, 特に予報の問題, 特に事変中軍の嘱託, 特に事変勃発後は, 特に事実であろう, 特に事情を具, 特に二十代のもの, 特に二幕目の始め, 特に二律背反の如き, 特に二日で間に合う, 特に二月に力, 特に二枚重ったまま発掘, 特に二章を費し, 特に云いふくめている, 特に云い立てる必要の, 特に云うべき言葉は, 特に云ったのだろう, 特に云わばモスコウ的距離, 特に云われたことの, 特に五十円にし, 特に五重の石, 特に井上が加賀山, 特に亜米利加の文物, 特に亢奮状態でもなく, 特にを結んだ, 特に交情相許す仲, 特に交渉と名づける, 特に交通の急速, 特に交通関係としての特色, 特に交響楽に名, 特に享保以後はいろいろ, 特に京伝の, 特に人工的の制度, 特に人性に適合, 特に人払いして, 特に人数もふえ, 特に人文的な世界, 特に人気作家にだけ各社, 特に人物などは不快, 特に人物画を教え, 特に人的資源である, 特に人相家にとって厄介, 特に人造石とゴム, 特に人間教養のため, 特に人間生活の自然形態, 特に人間界の種々相, 特に人間的存在に固有, 特に人類文化の正当, 特に今一度とりあげて, 特に今一度私の専門, 特に今宵のもの, 特に今度井沢民事部長に行っ, 特に今後は, 特に今日一般に優秀, 特に今日啓蒙と呼ばれるべき, 特に今日私たちは心しなけれ, 特に今日結つたばかりの島田, 特に今日自然科学や哲学, 特に今次大戦下のよう, 特に今母はお, 特に介抱その他に依る, 特に仏国の屈伏後, 特に仏堂を設け, 特に仏教における先覚者, 特に仏教的であって, 特に仏様を選ん, 特に仏蘭西に於, 特に仏蘭西等の短篇小説, 特に仕立ててくれた, 特に仕込んだわけで, 特に他人を救, 特に他国の説客, 特に他書には見えぬ, 特に他者性の契機, 特に付けてよこした, 特に付けられたこの二人, 特に付記して, 特に仙子さんの作品, 特に仙臺の方言, 特に以下列記されたる個条, 特に寧を, 特に仰せがあっ, 特に企てらる, 特に伊予守と称せよ, 特に伊勢を起點, 特に伊太夫のため, 特に伊東に敵, 特に伊藤山県両侯の調和者, 特に伊藤山縣兩侯の調和者, 特に伐って来る, 特に休むといふの, 特に休息に立ち寄った, 特に会うことに, 特に会戦に重き, 特に会食の為, 特に伝えたいことは, 特に伝へる必要を, 特に伝右衛門が彼, 特に伝染性のもの, 特に伯耆の伝説, 特に伴緒と称し, 特に伸子にとって受けみ, 特に伸子たちの方, 特に伺候せずしてかへ, 特に似たもの夫婦の, 特にの側, 特に壓の, 特に低くなったものの, 特に低温研究が試みられる, 特に佐助に対する時, 特に佐川二等兵の喜ぶ, 特に佐渡ヶ島には法縁, 特に佐藤氏が優れた, 特にと台座, 特に体系に対立, 特に何かしら苛立たしい形, 特に何らのお, 特に何人へお, 特に何故働くもの, 特に何晏の, 特に何流何派の型, 特に何等の縁故, 特に何者であるという, 特に何藩の定宿, 特に余人ならぬ鏑木さん, 特に余等が專門, 特に余計なこと, 特に余輩同人の経営, 特に作つてある, 特に作法にやかましい, 特に作用させ他, 特に作者の意図, 特に作詩したもの, 特に佳い茶を, 特に使つたと思はれる, 特に使用語彙の場合, 特に例へば新聞小説の, 特に例外なく人目, 特に供出に関する討論会, 特に価格の成立, 特に侯成をいたわっ, 特に便利である, 特に係りに選んだ, 特に係官の注意, 特に俊助の注意, 特に俊夫君の興味, 特に保存してあつ, 特に保田与重郎の夫, 特に保護室に収容, 特に信定の菩提所, 特に信心堅固で行い, 特に信頼をおい, 特に修学させて, 特に俳優教育に情熱, 特に俳諧連句という独自, 特に倉庫を開きまし, 特に個々の部分, 特に個人主義と天才崇拝, 特に個人的なそんな, 特に個別的であると, 特に個性はただ, 特に屋住居の, 特に借りて来た, 特に値安興行をこころみる, 特に値段を割引, 特に倹約して, 特に偉人の内生, 特に偏重して, 特に停車場の待合室, 特に停電用といふの, 特に健全なる学生, 特に健康だった, 特に健康法として日常実行, 特に健康状態によつて決定, 特に側面の, 特に偶然彼が最も, 特に傍訓を附し, 特にれて, 特に備えてある, 特に備えられるものの, 特に催すことが, 特に傷心の様子, 特に傾倒して, 特に働きを鈍らす, 特に働く婦人農村における, 特に僕たちのよう, 特に僕らの地方, 特に僕等のやう, 特に僻陬の地, 特に儒教等の現, 特にとか艶, 特に優先権を有, 特に優劣がある, 特に優旨を以て御, 特に優秀者の能力, 特に優良といわれ, 特に優越感を抱い, 特に封三年の, 特に元子に第, 特に元帥のアートレ, 特に元来が, 特に兄様そもじ小田村, 特に兄頼朝へ心, 特にから先, 特に先ず須要に, 特に先日の京日講堂, 特に光り日を, 特に光一に取っ, 特に光子がそう, 特に光学に関しては全く, 特に光春は馬術熱心, 特に光秀は晩年閑, 特にしを, 特に免じてやる, 特に免れている, 特に免除された階級, 特に党争の結果個人的取引, 特に党機関紙にどういう, 特に法界品と, 特に入って突当り, 特に入らうと思つて, 特に入場を許さるる, 特に入港の前, 特に入用でもない, 特に體性に, 特に全ての愛, 特に八丁堀の屋敷, 特に八十吉夫婦と竹造, 特に八幡大神や宗像明神, 特に八年は窮乏, 特に八時頃から支倉, 特に八百屋卵子屋果物屋菓子屋などは朝日夕日, 特にの場面, 特に公卿はいかなる, 特に公式なるもの, 特に公明な学, 特に公爵夫人ヴォルコーンスカヤをよん, 特に公的生活によりて榮, 特に公衆浴場はぜいたく, 特に公開したという, 特に六ヶしい材料, 特に六分縮むべき理由, 特に六十六年の細注, 特に六月も朔日, 特に六条御息所の取り扱い, 特に六条院と今, 特に共同態の秩序, 特に兵二郎と張り合った, 特に兵力を分散, 特に兵営から岸本, 特に兵器が進歩, 特に兵科の事, 特に其一人をさす, 特に其中ゆつくりとした, 特に其乘組人の一人, 特に其侍醫を印度, 特に其俳句を示さう, 特に其地震學上から見た, 特に其対照が著しい, 特に其思想運動の經過, 特に其感が深い, 特に其教育を重んじ, 特に其日山木の娘, 特に其点を強く, 特に其爲めに柱, 特に其部分の意義, 特に具合の好い, 特に典型らしいもの, 特に典獄より預けられ, 特に兼康横町とも呼び, 特に内々の指図, 特に内容からされた, 特に内心得意らしい, 特に内政の一刷新, 特に内村直也君の書卸ろ, 特に内生の記録, 特に内的生もしくは, 特に内科の診断, 特に内部の装飾, 特に円タクの窓, 特に円朝の西洋人情噺, 特に円滑な皮膚, 特に冒頭に掲げ, 特に写させるような, 特に写楽のポートレート, 特に写真が上手, 特に冨美子のため, 特ににそして, 特に冬向きのもの, 特に冷たい眼を以て, 特に冷やすように, 特に冷気甚しかつたの, 特に冷淡なの, 特に冷遇したり, 特に冷静というの, 特に凝った作りも, 特に凡人だから, 特に凡庸の人, 特に処方を出す, 特に凧上げの技巧, 特に凶暴を逞し, 特にてなんらかの, 特に出す特別の, 特に出ることが, 特に出勤して, 特に出征中の軍人, 特に出来ないような, 特に出来上るまでどういう, 特に出陣を命じられ, 特に出雲のは此, 特に出雲地方の如く, 特に出馬を懇請, 特に刀鍛冶など急所, 特に進合撃が, 特に分子の運動, 特に分隊長が指揮掌握, 特に切り出して話す, 特に切支丹信徒の殉教, 特に切支丹宗門の内情, 特に切離して取上げる, 特に刑中の身, 特に刑法を読みました, 特に刑罰執行者としての彼ら, 特に見として, 特に初めのうち, 特に初学者に法学, 特に初日を択ん, 特に初茸や黄茸, 特に判りたいとも思わない, 特に判断と呼ん, 特に判断論理学と呼ぶ, 特に別れが惜まれ, 特に別れ話を二人, 特にを啗わせ, 特に利害として意識, 特に利巧な犬, 特に彼岸の, 特に制裁を厳に, 特に刷つた赤字のビラ, 特に刹那刹那の気分, 特に刺戟せられたところ, 特に刺戟症状を呈する, 特に刺激的な用語, 特に刺青に関係, 特に前もってお吹聴, 特に前二戦争の体験, 特に前年自分が氏郷, 特に前後の事情, 特に前日は大, 特に前生の因縁, 特に前衛党の立ち遅れ, 特に前髪に命じ, 特に剖析細究, 特にくなっ, 特に剛直であったが, 特に剥製にし, 特に副えて差向ける, 特に割れ目に塗る, 特に割引車というもの, 特に剴切に通用, 特に創作創造発明発見の仕事, 特に創作心理と鑑賞心理, 特に創設という語, 特に劃時代的の新生面, 特にについてはインド, 特に劇薬ばかりで満ち, 特に力強き原理的主張を, 特に力量抜群の三上皇, 特に功労のあつ, 特に助けとらし五千の, 特に助命して, 特に助手を志願, 特に助長されるよう, 特に努めて金髮, 特に労働婦人貧農婦人そして一切, 特に労働集団農場クラブ用の小, 特にがある, 特に効くか否, 特に動きのある, 特に動作によって表わした, 特に動員下戦時体制下に於ける, 特に動揺して, 特に動植物を研究, 特に動物の高等精神作用, 特に動物学の研究, 特に勘次に許され, 特に勝れたる徹底的なる, 特に勢いよい口髭, 特に勤めるように, 特にひに, 特に化物扱いをされ, 特に北の方は積雪, 特に北支那に於, 特に北方に棲む, 特に北条一族中でもかがやかしい, 特に北極附近の氣象, 特に北海道の米作, 特に北満に居住, 特に北陸地方や東北, 特に医員に命じ, 特に医学方面の大家, 特に医官の禄, 特に医業の門外漢, 特に十三篇を選ん, 特に十二時を恐れ, 特に十八世紀の啓蒙家, 特に十六区の臭い, 特に十分に事, 特に十字架上のキリスト, 特に十字軍の影響, 特に十月を以て祭る, 特にの日, 特に午後六時以後の婦人, 特に半兵衛にも松寿丸, 特に半島の人々, 特に半蔵のもと, 特に半身像を選んだ, 特に協力一致の精神, 特に南シナ海の真中, 特に南朝に對, 特に南町奉行所のみの高札, 特に南画中の神品, 特に南部では白人, 特に南部地方に盛行, 特にの日, 特にのある, 特に印刷して, 特に印度教化された佛教的, 特に印象づけられたのは, 特に印象深く聞いた, 特に危機として意識, 特に危険性のない, 特に危險を顧みざる, 特に厚い首枷や, 特に厚き冬毛を, 特に厚意を寄せられ, 特に厚遇しようと, 特に原典批評の方法, 特に原因と考えられる, 特に原因結果の鎖, 特に原始的な宗教的情緒, 特に原始社会で極めて, 特に原文のまま抄出, 特に厭世詩家に多き, 特に厳かに, 特に厳命されて, 特に厳島文化財のすべて, 特に去年四月以後同志小林が行った, 特に去年蘆名義広との大, 特に参りたる甲斐は, 特に又次郎は興味, 特に友人達のこと, 特に友子たちに近づい, 特に友情と恋愛, 特にソヴェト干渉の, 特に反動に立つ, 特に反動的な役割, 特に反対意見を持たれる, 特に反省すること, 特に反語や逆説, 特に収録中の各, 特に取らせてくれい, 特に取りきめた縁組に, 特に取りたてて論じ, 特に取りやがるナという金, 特に取り上げられねばならない, 特に取り分けて常用, 特に取り残したというの, 特に取出されて流行, 特に取寄せたといふ灘, 特に受け取ることの, 特に建築物に関する, 特に古くさくこんなイヤミ, 特に古ぼけた石造りで, 特に古人の曾孫, 特に古典の中, 特に古典的文書の解読, 特に古典経済学も亦, 特に古史に見ゆる, 特に古池の一句, 特に古老の見聞, 特に古銭に精しく, 特に上った物, 特に召喚せられた, 特に召連て来た, 特にい, 特に可愛がった弟子, 特に可愛いといふ通り, 特に可愛らしいと言, 特に可笑しきは小学, 特に台風的風土をもつ, 特に史学雑誌の判決文, 特に史料の取扱いかた, 特に右近が夫人, 特に右近丸の眼, 特に右門ならばという, 特に司教において慈悲, 特に司法関係の仕事, 特に司祭詩人が産出, 特に司馬遷の生年, 特に各種のつつじ, 特に各組の刑事巡査, 特に合っている, 特に合理的なの, 特に合議者間に平素, 特に吉弥が電球, 特に吉田さんが, 特に吉田小五郎君は是非, 特に同一性の契機, 特に同伴者作家への働きかけ, 特に同君の, 特に名づけて, 特に名前を秘し, 特に名古屋を加えた, 特に名指さなかったからたぶん, 特に名画といわれ, 特に名誉餓鬼だった, 特に名題とか名題下, 特に名高いお経, 特に名高く学者が, 特にふに, 特に向かって左後ろの, 特に向けられたのは, 特に君たち青年の立場, 特に君主の権限, 特に君側にいる, 特に君寵義貞に厚し, 特に君等は知らぬ, 特に含むべきイワレは, 特に吹上の一亭, 特に吾が国に, 特に呂布のため, 特に呉茱萸といい, 特に告げるのだ, 特に周知のやう, 特に呪われたか彼女, 特に呼ばれそしてこの, 特に呼吸器病の医者, 特に命じて調製, 特に命じられて岩石ヶ城, 特に命じられたのか, 特に和倉の有名, 特に和平交渉のため, 特に和術和算の名称, 特に咲枝は太郎, 特に哲学倫理教育宗教等のごとき, 特に哲学法にとっては之, 特にのうたえる, 特にに対して賀平使, 特に唐軍法力作の仏頭, 特に唯物史観の全般, 特に唯物弁証法の研究, 特に唯物論と云う, 特に唯美主義の精神, 特に商業国においては強い, 特に商業学校長で支那語学者, 特に問い直したが何だか, 特に問屋の九郎兵衛, 特に問題解決のかかる, 特に善くかくさんためかしこ, 特に善良振る愛情主義的評論家達, 特に喋々する必要, 特に喜久山添采氏一家のお世話, 特に喧伝されるよう, 特に喫烟をする, 特に單獨法として國會, 特に営巣生殖の時期, 特に嗅覚を中心, 特に嗜んでツバキ, 特に嗜好するところ, 特に嘆いて意見, 特にの美, 特に器用である, 特にと七, 特に四十二歳の前後, 特に四十八手の錬磨, 特に四天王に至っ, 特に四季の歌, 特に四方の戸, 特に四次元振動を完全, 特に四畳は西日, 特に回廊の客たち, 特に因縁が深く, 特に因習を貴ぶ, 特に団体競技駅伝競争となる, 特に団十郎のみを責める, 特に団結性のほう, 特に固く突っ張るよう, 特に固有なの, 特に国体明徴日本精神の昂揚, 特に国内に於, 特に国内政情の不安動揺, 特に国分寺の造営, 特に国史は大方, 特に国民心理のうち, 特に国民生活の綜合的指導訓練, 特に国法上賤民の中, 特に国王からの報知, 特に国粋主義イデオロギーの批判, 特に国粋的に扇情的, 特に国語読本を授ける, 特に国鉄をはじめ, 特に國務大臣にソン, 特に國府津止の箱, 特に國民を指導, 特に國語の原形, 特に團長格で行つた, 特にの移動量, 特に土佐にはよい, 特に土州には親しむ, 特に土師部や駆使部, 特に土星と火星, 特に土曜日に限つて, 特に土木局に命じ, 特に土瓶の製作, 特に圧倒性の反対物, 特に圧迫の多い, 特に地下室のウナギ, 特に地下戦車の設計製作, 特に地主的な政友会, 特に地価と金利, 特に地力の減った, 特に地方指導者が標準語, 特に地方文化振興についてその, 特に地方生活産業に結びついた, 特に地方読者が増した, 特に地殻の研究, 特に地獄にこし, 特に地球の内部, 特に地盤の弱い, 特に地腫れをし, 特に地蔵さんの意志, 特に地震を考慮, 特に地面の上, 特に坂口昴先生の, 特に坐禅を力説, 特に垂示を煩わす, 特に埋葬にせしめた, 特に執念の強い, 特に執拗な下痢, 特に執着の切, 特に執筆を始める, 特に堀尾茂助一箇をさも, 特に場所をあけ, 特に塑像としての可能性, 特に塩屋はその, 特に塾員に命じ, 特に境遇が悪く, 特に墓標が設けられ, 特に増加したの, 特に増加率が多かっ, 特に墨汁を膠質, 特に墨絵のよう, 特に墨色の美し, 特にの塗り, 特に壮年の頃出家, 特に変っていない, 特に変化を認めない, 特に変態と思う, 特に変装して, 特に変質とか偶然, 特に夏外国人の身なり, 特に夏期の書斎, 特に夏目漱石さんの嫌い, 特に夕刊面のわれわれ, 特に夕方電燈の点かぬ, 特に夕日が西, 特に外交の危機云々, 特に外交上の考慮, 特に外交官などは其, 特に外出を禁ぜられ, 特に外国に註文, 特に外国ものの場合そう, 特に外国法奨励のため, 特に外国生活での対手, 特に外国航路ともなれ, 特に外国行とかあるいは, 特に外見の好い, 特に多しそは, 特に多事多忙なるに, 特に多分に露骨, 特に夜中に這い出し, 特に夜寢てから床, 特に夜更けの街路, 特に夜雪が囲, 特に夥しい人間を, 特に大きかった場合, 特に大したもので, 特に大してわるくない, 特に大久保が今日, 特に大乗経典はギリシア芸術, 特に大乗院門跡のみの付属, 特に大勢の中, 特に大変で大抵, 特に大学生むきだな, 特に大家連に於, 特に大将らしい華美, 特に大尉があの, 特に大巻先生には, 特に大師に同情申上ぐる次第, 特に大度が大切, 特に大形に育ち来る, 特に大物をさしひかえた, 特に大目に見, 特に大砲はフランス, 特に大脳の発達, 特に大臣の演説, 特に大蔵大臣の尻押し, 特に大衆などと銘, 特に大衆作家としての彼, 特に大軍と思う, 特に大都市の婦女子, 特に大里町子にそれ, 特に大門を明け, 特に大阪をはじめ, 特に大阪人には云う, 特に大阪商工会議所では大阪府市, 特に大阪方の出し物, 特に大饗楽となる, 特に大騒ぎしなくても, 特に大黒柱にはな, 特に天人や恋愛, 特に天分の豊か, 特に天啓あたりのもの, 特に天孫降臨を天孫民族, 特に天平時代は金光明経, 特に天津神の代表者, 特に天然色映画に対する関心, 特に天理教の輸入以来これ, 特に天皇制こそは彼ら, 特に天皇制的なファシズム, 特に天皇後醍醐はお気, 特に天覧に供する, 特に天邪鬼でない限り, 特に太夫にだけは明かす, 特に太宰はそういう, 特に太政大臣のお召, 特に太祖の恩寵, 特に太郎が大, 特に太陽だけが運動, 特に夫婦関係にかかわる, 特に夷三郎の信仰, 特にとする, 特に奇怪なる青年, 特に奇抜な思いつき, 特に奇拔なもの, 特に奇異の感, 特に奇蹟と存じます, 特に奥州の部分, 特に奥座敷の雨戸, 特に奥村助右衛門夫婦を招い, 特に奥羽の端々, 特に奨励せられないもの, 特にひユウプォルボス, 特に奮発して, 特に女たちがそう, 特に女の子についてはいう, 特に女中をし, 特に女優や踊り, 特に女剣劇梅沢梅子一座の花形, 特に女史のため, 特に女子売買は決して, 特に女学生の人たち, 特に女工頭の責任, 特に女性たちが本当に, 特に女性同志の場合, 特に女踊りの達人, 特に奴婢の徒, 特に好き嫌ひを, 特に好く生かせたもの, 特に好まれますが, 特に好みを変え, 特に好むとてその, 特に好んだ事柄は, 特に好奇心をそそられた, 特に好感がもてた, 特に好評でよく, 特に如何にし, 特に妙手をさすで, 特に妨げないけれどもしかし, 特に妬くような, 特にの為, 特に妻君とのせまい, 特にの宏子, 特に姉様と呼ばれ, 特に始めの方, 特に委員を設け, 特に委員会の指命, 特に委員諸氏はそろそろ, 特にの御, 特に威儀を張っ, 特に娘等の, 特に娘達の土産, 特に娼妓や芸妓, 特に婦人作家たちの活躍, 特に婦人労働者の保健, 特に婦人委員会の社会的文学的意味, 特に婦人客の背後, 特に婦人達が多, 特に婦人部を中心, 特に婦女の少い, 特にと叔, 特にふ樣子, 特に嫌うよりの反動, 特に嫌われるかという, 特に嫩木を選ん, 特に嬉しい事で, 特に子どもが好き, 特に子供達には大いに, 特に孔子のお供, 特に存八をあしらう, 特に存在判断として数える, 特に存在論という言葉, 特に存在論的構造から基づけられなけれ, 特に存在論的範疇に就い, 特に孝道を忽, 特に季節の影響, 特に孤島や山間僻地, 特に孤立感の痛切, 特にのある, 特に学問的真理性であるの, 特に学校教育は最も, 特に学生の時代, 特に学生問題に触れ, 特に学窓にある, 特に学芸に長, 特に学術に於, 特に學校の先生方, 特に宅地として選定, 特に宇宙微塵などのよう, 特に宇宙飛行用に作った, 特に宇野さんの小説, 特に安いのかと, 特に安政の開港以後, 特に安産の守り, 特に宗教と密接, 特に官公庁を除外, 特に官吏に限っ, 特に官職に対して謙屈, 特に官舎を貸, 特に定まったある日, 特に定めたる教義あり, 特に定価のこと, 特に定見のない, 特に宝暦明和寛政と加速度, 特に実利派の陰謀家, 特に実業界などに志す, 特に実業者の側, 特に実現されるという, 特に実用的な効果, 特に実証的積極的なもの, 特に実証科学乃至自然科学, 特に実践の問題, 特に実際方面の, 特にに此, 特に客分としての待遇, 特に客座敷というもの, 特に客観主義の文芸, 特に客観的存在が就中実在, 特に客観的情勢の急激, 特に宣旨があっ, 特にのお, 特に宮中でさういふ, 特に宮大工を江戸, 特に宮様のこと, 特に害毒を流す, 特にをひらい, 特に家人奴婢と伍, 特に家庭環境が大きな, 特に家族手当の規定, 特に家来たちは信長, 特に容儀を正し, 特に宿退りを, 特に宿所として置い, 特に寂しく落付かぬ, 特に寂心が僧, 特に寄宿して, 特に密令を帯び, 特に密入国的な隠遁移住, 特に密封にて或, 特に密度を加えた, 特に密集して, 特にの生産, 特に富有で強力, 特に富者の責任, 特に富貴を授け賜わった, 特に富農らがどんなに, 特に寒い所では, 特に寒く叡山に, 特に寒天を眼前, 特に寒梅と断らず, 特に寒気に苦しん, 特には七十六歳, 特に寛大な処置, 特に寝台の側, 特に實暦明和寛政と加速度, 特に實踐と關係, 特に寧親に侍せしめられた, 特にして, 特に寵愛を言, 特に寺名を抄出, 特に寺院や旗本, 特に対象が選び出された, 特に対面には全然, 特に寿司屋を当て, 特に寿江子が一緒, 特に封建制馭の道, 特に封建性のつよい, 特に封建時代においては思想上, 特に封建的な生産様式, 特に専ら学問の, 特に専念して, 特に将来自分がいつか, 特に将校階級がトラック, 特に将軍をイリ, 特に將士のおのおの, 特にや姥, 特にばる, 特に尊きもの, 特に尊ばれクラヴィホその他の, 特に尊ばれたのである, 特に尊び敬ふ, 特に尊厳なる所以, 特に尊敬すべき芸, 特に尊王佐幕のイデオロギー, 特に尊顔を拝, 特に小さつぱりなれば, 特に小中出身の篠崎, 特に小作の多かっ, 特に小使部屋などというの, 特に小児の無事息災, 特に小児用として製, 特に小前の者, 特に小半次に懇請, 特に小姓の水野啓助, 特に小学一年になった, 特に小学教育者諸子よ, 特に小学校でない限り, 特に小学校教師養成機関に就, 特に小学読本の如く, 特に小川の紙, 特に小形の, 特に小栗上野介の如き, 特に小樽人の特色, 特に小田原のタクシー, 特に小説家の頭脳, 特に小説的な話, 特に小鬢に多く, 特に小鳥が此, 特にかつた, 特に少し寒い日, 特に少なくないだろうから, 特に少将に進められ, 特に少年たちの参与, 特に少年少女がシートン, 特に王統の, 特に就中加賀千代女等によつて代表, 特に就中反対論者に対して僕, 特に就中叙事詩の如き, 特に就中建築や彫刻, 特に就中文学はそう, 特に就中日本の国情, 特に就中自然と人生, 特に就中詩人の影響, 特に尼僧の生活, 特に尽力をされた, 特に尾張の信長, 特に居住者の子供, 特に居残りを命じられた, 特に屈強な精兵五百人, 特に屋敷へ来た, 特に屋梁の取扱い, 特にの穢, 特に展覧会のため, 特に属する所の, 特に屡々映画についても, 特にに没入, 特に山の手の朝, 特に山キの二人, 特に山岳地方の森林, 特に山川菊栄女史の文章, 特に山手隊のうごき, 特に山本はその, 特に山水を描いた, 特に山田孝雄博士の説, 特に山男の場合, 特に山番二人と牢番一名, 特に山路愛山先生に対して一言, 特に山間に僻, 特に山階宮殿下の御, 特に山麓の木津川べり, 特に岡山以北の土地, 特に岩竹女史においで, 特になどの山坂, 特に峯子の気, 特に島原の乱, 特に崇拝して, 特に崇高にし, 特に崋山の泉石像, 特にに面し, 特にの字, 特に巌流へくだされた, 特に川上の実家, 特に川中に一杯, 特に川口にとってはいけなかった, 特に川越を目的, 特にを擧げし, 特に工事着手を七日以内, 特に工業と美術, 特に工藝史家にとって直観, 特に左方の坐像, 特に左翼社会民主主義者によって意識的, 特にに説明, 特に巧言令色に構えこん, 特に差し当りて佐賀, 特に差別を愛し, 特に差状が廻っ, 特にの母性的, 特に巴里では黒髪, 特に布哇出身の美術家, 特に帝劇という異色, 特に帝徳を讃, 特に帝王の眷顧, 特にについて更に, 特に師匠の知己, 特に師匠思いの東雲師, 特に師団長のお, 特に師範役というよう, 特に帰えりに廻, 特に帰りたいというわけ, 特に倫に, 特に常人の女性, 特に常軌を逸し, 特に帽子の被り, 特に幕末から明治, 特に平一郎を指し, 特に平八郎に親しい, 特に平安朝文芸の特質, 特に平安朝時代の文学, 特に平屋建にあ, 特に平常と異, 特に平林さんはつけ加える, 特に平民労働者の為め, 特に平泉の史跡, 特に平生の日本人, 特に平生我を喜ばざる, 特に平行線と名づけられる, 特に平野名人の如く, 特に年寄りでも若者, 特に年少時代において体験, 特に年表部は整備, 特に幸いなもの, 特に幸運であったと, 特に幼き女の子は, 特に幾つかの特徴的, 特に幾億人の一人, 特に幾重にも影を, 特に野原と, 特に広い墓地を, 特に広大な蜜柑山, 特に広汎な領域, 特に広義の文学的学科, 特に座方に注文, 特に座標は一つ, 特に庭竈のみに限っ, 特に庸三に強請っ, 特に廣大を期せね, 特に延びるという理由, 特に延長の無限, 特に建国というべき, 特に建物はいたん, 特に建築物の美的意匠, 特に弁信にあっ, 特に弁舌の士, 特に弁証法的連続であると, 特に弁護の必要, 特に弁護士の願書, 特にの稽古, 特にあげて, 特に引きたててやる, 特に引き立て守り示す態度が, 特に弘法大師の, 特に弘道会という国粋的, 特に弥生に同席, 特に弱く浅くモロく淡く, 特に弱められている, 特に弱小にし, 特に張遼へ託し, 特に強いられたのか, 特に強まりやすかった, 特に強制的になる, 特に強大な安定性, 特に強靭な肉体, 特に弾薬爆薬燃料等は満州国, 特に番長の, 特に当てこもうと思う, 特に当てはまるように, 特に当人よりもその, 特に当代に抜きんでた, 特に当初においては仏教, 特に当方における同伴, 特に当時盛名を馳せ, 特に形式論理学にぞくする, 特に彩画に転ずる, 特に青の, 特に彫ってもこの, 特に彫刻においてそう, 特に役に立つのかが, 特に彼ひとりを選ぶ, 特に彼云悪党が, 特に彼女たちのため, 特に彼女達に知られない, 特に彼過去帖に遠近, 特に往々深さ, 特に往来の多い, 特に往生ぎわの悪, 特に焦れること, 特に待たるる心地し, 特に後世エタと呼ぶ, 特に後半は私, 特に後年神を祭るべき, 特に後期の作品, 特に後白河をこきおろす, 特に後白河法皇がそれ, 特に後篇はまだ, 特に後足にこもっ, 特に後退もしない, 特に従二位に叙せられ, 特に従容として死す, 特に従来の自然科学, 特に従来殆ど顧慮せられて, 特に御馳走すると, 特に微細に具体化, 特に微行を命じた, 特に徳川に近い, 特に徳川幕府の圧制, 特に徳川期の半, 特に徳義深しと, 特にして, 特に徹底して, 特に心から感動させられず, 特に心がけて勉強, 特に心中が多い, 特に心付いた若干の, 特に心弱い涙もろい, 特に心当りはございません, 特に心理的にゼロ, 特に心臟や肝, 特に心配して, 特に心配そうな様子, 特に心霊的に解釈, 特に必用なの, 特に忌むのである, 特に忌むべき人間として, 特に忙しかったの, 特に忙しく利益の, 特に応仁以後の時代, 特に応用の諸, 特に快晴で私達, 特に念入に診た, 特に怒りもしなかった, 特に怖しいわけ, 特に思い出の年, 特に思い浮かべたのであります, 特に思い立って来なけれ, 特に思ったことは, 特に思入れがあっ, 特に思惟の問題, 特に思慮も勇気, 特に思慮勇気ふたつあるそち, 特に思考の形式, 特に怠惰という訳, 特になるを, 特に急ぐというの自由, 特に急坂の連続, 特に急激なん, 特に急速に排除, 特に急進派の若, 特に性格檢査については大西憲明, 特に性病予防の知識, 特に性的な関係, 特に性的生活は実に, 特に性的経験と呼ぶ, 特に性質も善良, 特に恋人をおもう, 特に恐ろしい光景が, 特に恒星のエネルギー, 特にに思っ, 特に恩恵的侮辱的の意味, 特に息子達はその, 特に恵まれた自然の, 特に恵まれたる幸福である, 特にと称すべき, 特に悪し本コース中, 特に悪作だと, 特に悪意がある, 特に悪評ある政治家, 特に悪食の奴, 特に悲しむのであります, 特に悲しむべき文化的貧困として, 特に悲痛な運命, 特に情熱をもつ, 特に惟任の姓, 特に惠まれた個人, 特に惡夢などで經驗, 特に想望しての, 特に惹かれる心を, 特に愉快そうな口, 特に意匠はない, 特に意地悪そうないらいら, 特に意外とした, 特に意気張った態度, 特に意義があった, 特に意識現象は唯一回限り, 特に愚かな動機, 特に愛したのは, 特に愛するのは, 特に愛でたまへ, 特に愛好するやう, 特に愛欲のこと, 特に愛用して, 特に愛蔵する夏目漱石氏, 特に感じたことは, 特に感じられるように, 特に感じるのは, 特に感ずる理性の, 特に感ぜざるを得なかった, 特に感性的活動といはるべき, 特に感情上複雑な理由, 特に感想集に横溢, 特に感慨の深い, 特に感服する絵, 特に感激するもの有, 特に感覚と空間時間, 特に感電に対して弱い, 特に慘めな方, 特に慰問されたほど, 特に憂鬱さうな顔, 特に憎む心などは, 特に憎むべきはその, 特に憎悪の感情, 特に憐れむ所の, 特に憲政党と頗る, 特に憲政黨と頗る, 特に憶良の歌, 特に懇情を尽し, 特に應仁文明以後に於, 特に懐疑的でない限り, 特に懶かったので, 特に成績がよく, 特に我らは女性, 特に我弦月丸は今や, 特に我心に, 特に我青年諸氏に利益, 特に戒めて行かれた, 特に戒心すべきである, 特にの神様, 特に戦ふ国民として, 特に戦争の本場, 特に戦史課長フェルスター中佐の著書等, 特に戦時ニュースで充満, 特に戦時生活の全面, 特に戦災地には高札, 特に戦禍が激しく, 特に戲曲的な事件, 特に所謂特殊部落内務省では細民部落, 特に所謂犯人の足跡, 特に所謂精密科学に於, 特に所謂詩家なる者, 特に所長芳川博士直属の研究班, 特にの右側, 特に手痛く町民の, 特に手紙を書き, 特に手習師匠にあがった, 特に手荒に振舞うべからず, 特に手術料を負け, 特に手首から先, 特に払われた一切の, 特に批判的な精神, 特に批評者が自己, 特に和の, 特に技芸を加えた, 特に技術家の失業事情, 特にせずに, 特に抄出する, 特に把握的概念が論理的, 特に抗日という形, 特に折目のつけ, 特に抜き出て清光寺, 特に抜擢はせぬ, 特に択ばれし者の, 特に択ばれた者のみが, 特に択んで買っ, 特に披露して, 特に抱負があった, 特にき出しそれ, 特に抽んでて現われ, 特に抽象された場合, 特に拒絶する理由, 特にんづるほまれのコオーンかく, 特に拘留所を設け, 特にさを, 特に招かなければ本邸, 特に招かれたれば午後, 特に招待するん, 特に拝するという気分, 特に拝観をゆるされた, 特に括弧をし, 特に拵えたと云う, 特に拾い上げて書いた, 特に卸して, 特に持たせてやった, 特に持ち出して来たらしい, 特に持ち出したような, 特に持病もございません, 特に指すものの, 特に指示したい, 特に挑戦致すこと, 特に示したもの, 特に挙ぐるほどのレコード, 特に挙ぐる事を見合せましょう, 特に挨拶した時, 特に挨拶せいとのお, 特に捕虜に情, 特に捜索して, 特に捧げられなければならない, 特に授業中は先生, 特に授業時間中に落着き, 特に授爵されたり, 特に授賞の価値, 特に掌中の奇怪, 特に探して来, 特に探した処が, 特に探り得たるところを, 特に探偵のこと, 特に接待掛りの任, 特に接触のある, 特に接頭語を副え, 特に推したものが, 特に推古仏の清浄, 特に掲示し中食, 特に描かれた草の, 特に提唱する必要, 特に提案がございます, 特に提灯を用意, 特に援助者のほう, 特に撃針銃の採用進歩, 特に撰んでくれた, 特に撰抜せられて, 特に擁立して, 特に操芝居の人形舞わし, 特に擧げるといふで, 特に支度をし, 特に支那学についてはその, 特に支那思想に親しみ, 特に支那方面に於ける, 特に支那朝鮮日本の三国, 特に支那歴史家に隨分, 特に改まった用件でも, 特に政友会は総務委員会, 特に政友會は總務委員會, 特に政宗方に在っ, 特に政府当局が直接関心, 特に政權を利用, 特に政治と教育, 特に政治制度を打破, 特に政治家の受, 特に政治的機能を特色, 特に政道に私, 特に故郷を恋し, 特に救いがたく不遇, 特に敗戦といふ衝撃, 特に教えたものださう, 特に教学というカテゴリー, 特に教師諸君がこの, 特に教科書の内容, 特に教育や訓練, 特に教育方法に注意, 特に教育環境を主題, 特に教育者の子供, 特に教育者たるの人格, 特に教養以上に超, 特に敢闘賞をもらった, 特に兵の, 特に敬太郎の注意, 特に敬服に堪えない, 特に敬服感嘆に堪えない, 特に敬神の念, 特にが多い, 特に数句を存, 特に数多い方向が, 特に数多くまたしばしば, 特に数寄屋めいた建物, 特に数百万の部数, 特に整えて前駆, 特にの包囲, 特に敵意を抱い, 特に數學的自然科學に定位, 特に數行を書添, 特に文人墨客の魂, 特に文体の上, 特に文化カブレの小, 特に文化史的に考察, 特に文化形態にぞくする, 特に文化文政以来は西洋, 特に文化方面に関しては大事, 特に文化現象に於, 特に文化理論の領域, 特に文化的主體, 特に文化的技能の獲得如何, 特に文化的方面での女性, 特に文化統制という言葉, 特に文句をつけたい, 特に文学好きの十五六人, 特に文学座のため, 特に文学的科学としての特色, 特に文学的範疇である処, 特に文学的表現にすぐれた, 特に文学的表象に形象化, 特に文学的読者層においては社会, 特に文学者諸氏に訴, 特に文学青年などの耳, 特に文學的と區, 特に文學者のみの經驗, 特に文明が進ん, 特に文明批評又は文化批判, 特に文武の芸, 特に文法的に科学的, 特に文献学更に, 特に文章形式が内容, 特に文筆を弄, 特に文芸学にとって愈々, 特に文芸家に希望, 特に文芸批評にある, 特に文芸的認識に於, 特に斎屋と呼んだ, 特に料理ユリの名, 特に料金は二割引, 特に斜面を誇張, 特に断ったものと, 特に断らない限り観念論理想主義を, 特に斯んな晩, 特に斯様に厳格, 特に新しく設けた潜り戸, 特に新入生を虐め, 特に新劇の常習的観客, 特に新劇俳優の映画, 特に新奇な哲学体系, 特に新婚の楽しみ, 特に新宅という処, 特に新定律詩派の如き, 特に新宿のマーケット, 特に新年をたのしむ, 特に新春らしい背景, 特に新派劇に就, 特に新田先生にはそれ, 特に新聞などではそう, 特に新興戯曲作家の陣営, 特に方法的に体系的, 特に方法論の応用, 特に施してくれた, 特に施与をし, 特にの句, 特に旅籠料を安く, 特に旅行中の便宜, 特に旗山が, 特に旗本の山吉玄蕃, 特に既に奕秋の, 特に日常生活に即した, 特に日常的であるだけに, 特に日常的科学を頭, 特に日常語としての所謂, 特に日延べといふやう, 特に日月に近し, 特に日本ファッシズムはこの, 特に日本主義の資格, 特に日本人自身の方, 特に日本古典文学の領域, 特に日本国民の大, 特に日本国民たるの義務, 特に日本國民の大, 特に日本型ファシズムに就い, 特に日本服が喜ばれました, 特に日本独立後国連軍を無, 特に日本的義理人情をもち, 特に日本精神主義はこの, 特に日本菓子の人々, 特に日本製陶労働組合同盟に対し執拗, 特に日本郵船会社の支店長, 特に日本食を整え, 特に日永と呼ん, 特に日蓮において私, 特に日記を書い, 特に日露戦争後急激に東京, 特に日頃からこの, 特に日食はただ, 特にをうけ, 特に早川夫人が中年, 特に早起きをいたします, 特に早道早飛脚でしばしば, 特に旺んな場所, 特に昆虫の大小, 特に昇殿をゆるされ, 特に昌造について注目, 特に明かなる印象を, 特に明らかに写る, 特に明るく光って, 特に明和二年板の春信, 特に明朗だつた, 特に明治の煉瓦, 特に明治九年還暦の後, 特に明治以來その無韻, 特に明治以來濫造される飜譯漢語, 特に明治以来の文学運動, 特に明治社会と文化, 特に明治維新後の彼等, 特に明示して, 特に明言したの, 特に明記して, 特に明達懇篤な新進, 特に易経は老子, 特に映画批評人という人たち, 特に映画演劇絵画の作者たち, 特に映画界においては, 特に春団治は初代二代とも, 特に春季に於ける, 特に昨今何か新た, 特に昨夕は何だか, 特に昨年の花時, 特に昭和三年三男英男を失っ, 特に昭和五年東京と大阪, 特に昭和四年度における著しい, 特にこそが挙国一致内閣, 特に昼間も自由, 特に時事的な連関, 特に時局的な意味, 特に時期を失した, 特に時流を追わず, 特に時節がら一挙両損, 特に普遍的な哲学, 特に景品と致しまし, 特に景教碑のみに關, 特に晴れた日には, 特に晶子の芸術, 特にであつ, 特に暗い横町が, 特にぶ氣, 特に曇天の日, 特に曝されている, 特にってついに, 特に書いたのであつ, 特に書かれている, 特に書きしるすことを, 特に書きたいのは, 特に書き卸されたもので, 特に書き改めたことを, 特に書き残されたいぶかしい一句, 特に書き添えて置いた, 特に書き留めなん, 特に書すべき価値あり, 特に書付けて置く, 特に書庫を新設, 特に書画と名, 特に最上の幸福, 特に最終の登山前, 特に最終戦争と不可分, 特に最近世界情勢の必然, 特に最近年に至っ, 特に月といへるは, 特に月明の夜, 特に有力なもの, 特に有効だという, 特に有害なの, 特に有明小学校に御立寄, 特に有理であ, 特に有益なもの, 特に有難く感じるわけ, 特に有難味のある, 特に服從と呼ぶ, 特に朔日の方, 特に望まれて何回, 特に望むところである, 特に望んで喰わせ, 特にの景色, 特に朝家が尊んだ, 特に朝日島紀念塔設立の顛末, 特に朝権威をもっ, 特に朝風呂を命じ, 特に朝鮮官吏の植民地根性, 特に木地の細工, 特に木彫りとして勘考, 特に木村さんに指導, 特に木賃で泊め, 特に未だ真実に, 特に未來のこと, 特に末尾にその, 特に末法時代に相応, 特に本件に限り, 特に本場とされ, 特に本尊阿弥陀のほのか, 特に本年は, 特に本日は特別, 特に本紙を通じてなす, 特に本誌に載せる, 特に本論に於, 特に本部一行のうち, 特に本部諸君の方針, 特に本題の, 特にを入れた, 特に朱塗は評判, 特に朱書して, 特に朱鞘の人, 特に杉檜の類, 特に杏坪の事, 特に材料種類の選択, 特に村井と心安, 特にてもらっ, 特に来つて眞山君, 特に来られたと云, 特に東北地方の農民, 特に東南には遠山, 特に東国に数多い, 特に東国武士を東夷, 特に東寺では掃除, 特に東條の家族, 特に東洋哲学的な, 特に東洋教学の嶄然, 特に東海道の神様, 特に東郷元帥の国葬, 特に松の木や樫, 特に松山と私, 特に松茸にそッくり, 特に板橋口へは多数, 特に林さんの思ひ, 特に林内閣の組閣方針, 特に林相が深い, 特に林陸相の粛軍活動そのもの, 特にの垂れ, 特に枯枝といったの, 特に柏軒に学ぶ, 特に某日の一往診, 特に柔かなる心, 特に柔和な眼つき, 特にの木, 特にを上げます, 特にに就い, 特に根人と言, 特に根本的であると, 特に根源的弾性と名づける, 特に格別な煩悶, 特に格式三万石の恩典, 特にの花, 特に案内者一名を傭い, 特には当然, 特に桔梗河原での奇禍, 特にの園, 特に梶井に於, 特にを吊った, 特に棠嬢と称した, 特に森林地帯とあっ, 特にだとか, 特に植物には力, 特に検視を求める, 特に極めて高い死亡率, 特に極秘の御, 特に極端であった, 特に楷書から, 特に楽しかったの, 特に楽しくした, 特に楽劇オペラの系統, 特に構図なども公茂画伯, 特に様々の異相奇瑞, 特に様子が可, 特に標して日本国民, 特に模様を重要視, 特に権殿へお, 特にからながめた, 特に横浜埋立事件の真相, 特に横濱埋立事件の眞相, 特に横穴のない, 特に樹幹の色, 特に樹木の緑色, 特にを織り, 特に機関説を不当, 特に檀家すなわち受持ち, 特に櫻木大佐は春枝夫人, 特に櫻木海軍大佐の朗々, 特に欠点のみ拾っ, 特に欧州大戦が始まっ, 特に欽一郎と対座, 特にふを, 特に歌學は足利時代, 特に歌曲をも教わりました, 特に歌舞伎役者を賤しん, 特に歌舞伎新派の伝統的技術, 特に歓楽の激しい, 特に歓迎せられたであろうこと, 特に止むを得ない, 特に止めた上に, 特に倉院の, 特に正しと思わるる, 特に正文に拠る, 特に正月十五日が主流, 特に正装とも思われない, 特に正面に押し立てられた, 特に此事は経済的必要, 特に此再遊を企てられた, 特に此印度洋では是等, 特に此場合に於, 特に此山を推奨, 特に此年はタメルラン大兵, 特に此念強かるべく許さぬ仇敵, 特に此感情の病的, 特に此日は連日, 特に此歌に限る, 特に此点に心, 特に此處は好い, 特に此説話を名, 特に此辺より吾妻橋上流, 特に此頃流行の何玉何, 特に此點を力説, 特に武勇なる一特性, 特に武官官僚の一群, 特に武者所のうち, 特に武芸に名誉, 特に武蔵研究などに関心, 特に武蔵野の平野, 特に武道男の道, 特に武門の政治, 特に歩みをつつしん, 特に歩兵の戦闘, 特に歩行に関係, 特に歯力の強, 特に歴史上に於, 特に歴史学乃至文化, 特に歴史小説を書い, 特に歴史文学といふ特別, 特に歴史的変化を考える, 特に歴史的背景をもつ, 特に歸京を命ぜられ, 特に死に果てたような, 特に死ぬ気も, 特に死一等を許され, 特に死後に発表, 特に死牛馬を屠る, 特に殊域の品, 特に残念だと, 特に残汁と言っ, 特に殺人毒毒殺等の研究, 特に殺気立っていた, 特に母性ばかりを子供, 特に母親たちがなに, 特に毒々しく引立って, 特に毒薬劇薬を手, 特に比較的暖かい地方, 特にが多い, 特に毛織物が望ましい, 特に民族上興味を感じた, 特に民族方面の事, 特に民藝協会の同人, 特に民藝品に重き, 特に民衆化された, 特に気がついたのです, 特に気づいたことは, 特に気色がよく, 特に氣分が惡, 特にが耳, 特に水の上をわたつ, 特に水戰とては經驗, 特に水溜には蛭, 特に水滴が小さく, 特に水産動物の化石, 特に永田杢次の酔態, 特に永遠的生が神, 特に求めずして成る, 特に汚い形の, 特に江岸の警備, 特に江戸ッ子だけ調べ, 特に江戸趣味を鼓吹, 特には庭, 特に汲ませると断る, 特に汽艇を出し, 特に汽車も電話, 特にの木, 特に没頭したもの, 特に沢山夜店が, 特に油絵などは画材, 特に治水工事に長, 特に治病を促進, 特に沼沢に近い, 特にに即し, 特に法則や政治, 特に法律の知識, 特に法水の眼, 特に波多野先生の講義, 特に波田と来, 特に泥酔して, 特に注して, 特に注意線を引い, 特に洋服を着た, 特に津和野藩へ預けられた, 特に津軽百姓がさうで, 特に洪武の末, 特に活かされて来る, 特に活溌な動き, 特に活用するを, 特に活発な工事, 特に活躍して, 特に派手派手しく書かれたり, 特に派遣する事, 特に流行本や映画, 特に浅井朝倉の抑え, 特に浅野長政とはかつて, 特に浜田はその, 特に浦上のため, 特に浮腫せる胸部, 特に浴衣が好き, 特に海上雄飛時代をどんな, 特に海中に棲む, 特に海外ニュースにミリタリズム, 特に海外視察に人, 特に海軍力には全力, 特に涼しく感ず, 特に淡白な人間, 特に深きにより, 特に深厚なる謝意, 特に深甚の注意, 特にへられね, 特に添えてやった, 特に清い火を, 特に清廉なる, 特に清洲の人, 特に清浄端正に感ぜられる, 特に清濁の飛沫, 特に清輔の万葉学, 特に済まないと感じる, 特に渋江氏に縁故, 特に渡し場の所, 特に渡海を許されし, 特に温かい同情を, 特に温室栽培に専心従事, 特に温暖な土地, 特に湯の花でも入れた, 特に湿布が大事, 特に満腔の敬意, 特に源三は美しく, 特に平原の, 特に準備もなく, 特に滑稽劇といふべき, 特に滝川教授でなければ, 特に滝沢修君の熱意, 特に漂泊的賤者の名, 特に漂着して, 特に演劇といふもの, 特に演劇文化史の上, 特に演劇方面に於ける, 特に演者の技倆, 特に漢代以後支那哲学の正統, 特に漢文調の熟語, 特に漫画を低級, 特に漱石ばかりが自分, 特に澄み透つて見える, 特に澄み透って見える, 特に澄江を意識, 特に激しい変化が, 特に激しかった言葉, 特に激しく眼に, 特に激烈な表情, 特にかつた, 特に濃い鮮やかな, 特に濡れた白襦袢一枚の, 特に濱野氏の厚意, 特に瀬戸内海沿岸にこれ, 特に火事を重大視, 特に火口炭を入れる, 特に火山性地震を思わせる, 特に火焔の彗星, 特に炭水化合物や酸化炭素, 特に為政者に深く, 特に烈日にかがやい, 特に頓著な, 特に無害でありまた, 特に無機自然界の基本的, 特に無産勤労階級の利害, 特に無産政党にとっては各種社会立法, 特に焼いてくだされた, 特に焼かした茶椀の, 特に焼かせたという昔, 特に焼けた家を, 特に焼物で丹波, 特に煙る瞳を, 特に煙草の専売, 特に煤掃の時, 特に煤掃きをする, 特に煩いがちなの, 特に煽動性の目立つ, 特にを屠っ, 特に熊城君に一言, 特に熊沢氏のよう, 特に熔岩流の縁邊, 特に熟練工はソヴェト同盟, 特に熟読したが, 特に熱烈だったの, 特に熱病がハデ, 特に燧石で鑽, 特に爆藥ニトログリセリンの製造, 特に爪牙を授け, 特に父あてにおくった, 特に父側を悪しざま, 特に父兄教師の注意, 特に父権や良人, 特に片岡氏はその他, 特に片手もしくは両手, 特にや馬, 特に牛馬の肉, 特にの如き, 特にを組織立て, 特に物凄いからね凉風, 特に物凄く思われた, 特に物理化学の方, 特に物理学方面の領域, 特に物理学者が便宜上, 特に物理學に興味, 特に物識りとして尊ばれた, 特に物質上の満足, 特に物質的文明と名づけ, 特に特徴となる, 特に特性拡大の例, 特に牽牛織女の二星, 特に犬猫に近い, 特に犯人は一ツ, 特に狂信に近い, 特に狂的なけわし, 特に狂言方によつて, 特に狆好きだった印しばかり, 特につたか, 特にの感じ, 特に独り好がり, 特に独り旅の場合, 特に独占資本制生産関係と矛盾, 特に独唱者はすばらしい, 特に独房にいる, 特に独立化して, 特に独立自営の力, 特に独自な思想, 特に独身男子の経済力, 特に狭くきわめて長く, 特に狭義に於, 特にとほとんど, 特に狼狽した軍隊, 特に狼狽仰天して, 特に猛烈にこの, 特に猟奇的な性質, 特に猟師は原始時代, 特に猩々などとはきわめて, 特にが好き, 特に献身的な慈愛, 特に若舞, 特に猿類とは比較的, 特に獨逸のもの, 特に獰猛なゆっくり, 特に難い石類, 特に率直にいえ, 特に王事に竭, 特に王朝時代に黄金, 特に珍しいものと, 特に珍らかなもの, 特に珍重頑味すべきところ, 特に班超に心, 特に社会の, 特に現下の哲学的観念論, 特に現世生活を穢土, 特に現今の我国, 特に現代日本の子供たち, 特に現在性となっ, 特に現実味のある, 特に現象学派の倫理学, 特に理化學に擢んで, 特に理性のはたらき, 特に理想の形, 特に理想的民衆今日のそれ, 特に理窟をつけ, 特に理解のある, 特に理論的価値である, 特にを弾いた, 特に環境をきりはなし, 特に甘くしろと, 特に甘味をきかせた, 特に甘美な恋愛, 特に甚だ困るので, 特に甚だしいがけだし, 特に甚八の行動, 特に生きて居る, 特に生き物という以上, 特に生じたところに, 特に生徒一人あたり一円ずつを醵出, 特に生死不明の眼付, 特に生活資金の二百円削減, 特に生物学的な実証的根拠, 特に生物学科は人間, 特に生理上の障害等々, 特に生理学史に興味, 特に生理的に影響, 特に生産の釣合, 特に生産力の桎梏, 特に生産技術の上, 特に生産的用役の生産物, 特に生産者としての婦人, 特にゐる, 特に用いられることも, 特に用いる術として, 特に用人小畑藤三郎は中年者乍ら槍, 特に用心がなく, 特に田丸農村部長がみづか, 特に田舎出の人々, 特にであって, 特に甲州方にはこういう, 特に甲賀三郎氏の, 特に申したいのです, 特に申しますが日本, 特に申し入れは要りませぬ, 特に申し添えて置く, 特に申すことは, 特に男たちから伸子, 特に男の子のため, 特に男子側から御, 特に男子青年に, 特に男性を入れない, 特に男性間の交際, 特に男爵に面倒, 特に男爵未亡人の着物, 特に男爵閣下にわれわれ平民, 特に男達から甘い, 特にの人, 特に町人の婦人たち以外, 特に町人共にもお, 特に町方から選, 特に画家を雇う, 特に画竜点睛の妙, 特にの細い, 特に留吉の下半身, 特に留学生と規め, 特に留守中が不安, 特に留守番の必要, 特に畜生と名づけ, 特に畫期的なといふ, 特に異なっている, 特に異ならざるべからざる理由あり, 特に異例で毎年, 特に異国の珍器, 特に異国情調を売, 特に異国的ともいうべき, 特に異彩を放てる, 特に異教徒に誇った, 特に異称を招き, 特に異種の交媒, 特に異端者の悪しき, 特に當代の主人六右衞門, 特に當時に於い, 特に疎外せられたの, 特に疎略にはできない, 特に疎開児童の居る, 特に疑いを生じさせた, 特に疲れが激しい, 特に疲れたというわけ, 特に病人から来, 特に病体を氷点下二十余度, 特に病気平癒には縁故, 特に病氣にて感情, 特に病理を研究, 特に病院というもの, 特に痛々しいなどと感じた, 特に痛むや, 特に痩せ長い形, 特に療養の意味, 特にが強く, 特に癇癖荒気, 特に癩患者に深く, 特に発し易い型, 特に発作が猛烈, 特に発声映画劇と文楽, 特に発明の奨励, 特に発行所の希望, 特に発起されて, 特に発車を遅らせ, 特に登山と密接, 特にと言, 特に白い紙の, 特に白くその裏, 特に白昼彼女のところ, 特に白血病が起こり, 特に白鼠と書い, 特に百万の半ば以上, 特に百姓であって, 特に百石のご, 特にの注意, 特に皇后の一行, 特に皇女が皇子, 特に皇室及び国家, 特に皇族より分れ, 特に皐陶が秦, 特に皷吹したいの, 特に盗みの対象, 特にになった, 特に盛大とならざる, 特に盛装して, 特に監督の役, 特に目ざましくさえて, 特に目だった美しい自家, 特に目だつほどの人, 特に目まぐるしい都会生活を, 特に目上の人, 特に目立たせてあります, 特に目立たない場合に, 特に目立たぬという, 特に目立ちはじめるのは, 特に目覚しかつた, 特に目録學として注意, 特に盲腸をとっ, 特に直属の精鋭中, 特に直径百分の三ミリというよう, 特に直接行動的乃至ミリタリスティック, 特に直線をその, 特に直観されたもの, 特に直観空間と区別, 特に相州足柄の山, 特に相当水準の, 特に相違する点, 特に真夏の夕暮時, 特に真槍の試合, 特に真理が覆れ, 特に真理某でなければ, 特に真空管の製作, 特に真言密教では非常, 特に眼付がただ者, 特に眼唇の特長, 特に眼球と脳髄, 特に眼瞼のあたり, 特に瞞着者で落ち着いた, 特に矛盾におの, 特に矢島の名, 特に矢野雲谷派の雁刷毛, 特に矢釜しくいわれて, 特に知らされて見送つ, 特に知られている, 特に知りたがることを, 特に知ろうという気, 特に知名な科学者, 特に知己諸君に之, 特に知能の訓練, 特に知識人でも教育者, 特に知識階級の者, 特に短いのを, 特に短歌のごとき, 特に短気無法にし, 特に短篇に好き, 特に石原辰郎氏の努力, 特に石斑魚料理の看板, 特に研究家としては有名, 特に砕けやすい下層, 特に砲術航海術には際立つ, 特に破天荒というべきである, 特に破風のよう, 特に硅石を粉末, 特に硬直背は釘, 特にの鋒鋩, 特に確実に根拠, 特に示している, 特に礼拝する者, 特に礼物進上という訳, 特に大党, 特に社交性に欠け, 特に社会主義なる語, 特に社会人との社会的交通, 特に社会問題に深, 特に社会民主主義者どもの歪曲, 特に社会生活という面, 特に社会的訓練を経た, 特に社会科学歴史科学と現実的, 特に社会科学的ドクトリンのこと, 特に社会科学的知識などに於, 特に社会科学者は専門, 特に社会統計はそれ自身何, 特に社員を鴎外, 特に社會下層の人々, 特に社會主義者取締に關, 特に祈祷の心, 特にされて, 特に祖先の有した, 特に祖先伝来の家宝, 特にわって, 特に神々しいのは, 特に神人と世人, 特に神仏を敬わしめよう, 特に神代の民族学的研究, 特に神功皇后とおよび, 特に神学者や哲学者ら, 特に神戸信孝にたいしてはきのう, 特に神曲示現當時の法王ボニファキウス八世, 特に神棚に近づく, 特に神社仏閣の多い, 特に神社参拝に見られる, 特に神祇の憑依, 特に神秘な部分, 特に神経反応は念入り, 特に神経系を犯せ, 特に神経系統に効目, 特に神聖なもの, 特に祭ったのでわが, 特に祭礼の節, 特に禁忌のやかましい, 特にに深くあつ, 特に秀でている, 特に秀でたるものを, 特に秀子の名, 特に秀歌というもの, 特に秀逸でした, 特に私ひとりだけに強く, 特に私共は極端, 特に私学校の精鋭, 特に私流にアンバイ, 特に私的生活と複雑, 特に私立学校令に付, 特に私立學校令に付, 特に私通を行う, 特に私達二人はどんなに, 特に私鉄事件に関しては小川平吉其他, 特にの空, 特に科学的世界となれ, 特に科学的体系従って又, 特に科学的批評と呼ぶ, 特に科学的理論に就い, 特に科学的精神と呼ぶ, 特に科学自身が元来, 特に科学論に就い, 特に秘儀という, 特に秘密にする, 特に秘愛の杯, 特に租税が賦課, 特に称揚し出したの, 特にといわれる, 特に種々相の下, 特に種子食用の西瓜, 特にの一生産期, 特に稲扱用器の改良, 特にの木, 特に穀倉を造り, 特に穂竿の剛, 特に積雪中に出来る, 特に穎果と呼ばれ, 特に穏便に取扱い, 特に穢れたものだ, 特に穢れたる賤しき者として, 特に究極の原理, 特に空想や漠然と, 特に空気が澄んだ, 特に空襲時の対策, 特に空間的生活という特徴, 特に空間直観と呼ばね, 特に突止め得なかったのは, 特に突然変異の誘発, 特に窘めるために, 特に窯藝はその, 特に立ち留まってやっ, 特に立つて描い, 特に立体派や未来派, 特に立優つた方法を考, 特に立春の日, 特に立秋ということ, 特に之助, 特に竜駒鳳雛として望, 特にを定め, 特に章條を設け, 特に端役が揃っ, 特に笑っている, 特にに関して選り好み, 特に筆意彫りをもつ, 特に筆者が強調, 特に等質的でなく又, 特に筋肉をならす, 特に筑後川流域説を主持, 特に箱根山中でも風物, 特に範疇という言葉, 特に築地小劇場以来の興行資本, 特に篤志だったは, 特に籠手のよう, 特に米国はこの, 特に米栂の細い, 特に粉白粉の場合, 特に粉雪の結晶構造, 特に粗末なもの, 特に粟野さんの前, 特に精密自然科学の科学性, 特に精巧に刻まれ, 特に精彩を放っ, 特に精神生活にはそういう, 特に精神病の発病, 特に精神的といわれる, 特に精神科学が心理学, 特に精細なる注意, 特に精練するもの, 特に系譜的な作品, 特に紅スジと称し, 特に紅葉が早い, 特に純文学を復興, 特に純正なる芸術的文学, 特に純正調につき啓發, 特に純理論的の諸, 特にを記載, 特に紙幣及び銀行業, 特に素材主義の文学, 特に紫色の美花, 特に細い小枝, 特に細胞分子間におけるその, 特に紳士といふの, 特に終始一貫有形無形に, 特に終戦後旧藩家すじの蔵品整理, 特に終戰近くの事, 特に組み上げた櫓の, 特に組合が実行, 特に組立部の者, 特に経典の中, 特に経済上の必要, 特に経済学を見よ, 特に経済学社会経済学の哲学, 特に経済学者の間, 特に経済理論家はそう, 特に経済界の好景気, 特に経験批判論の如き, 特に経験的である, 特に経験科学に用いられる, 特に結びつけたものの感, 特に結城蔵相新政策, 特に結婚式のこと, 特に結婚率のかく, 特に結核の薬, 特に結論を急ぐ, 特に結髪したもの, 特にには念, 特に統帥に最も, 特に統計関係の出版物, 特にを描いた, 特に絵画は資本主義, 特に絶大だという, 特に絶対必要なありがたい, 特に絶縁とか又は, 特にの小, 特に經濟學のもと, 特に継体朝以後推古時代までの間, 特に綾子に向けられ, 特に緊要となるであろう, 特に総合評論雑誌も之, 特に総理大臣桂伯と直接, 特に総理大臣級が甚だ, 特にの舷燈, 特に緞子の袴, 特に編集翻訳普及の方法, 特に緯縞や霞縞, 特に縁遠い娘さんなどは, 特に縊死を醜い, 特に縦坑の上部, 特に總理大臣桂伯と直接, 特に繁栄する時代, 特に織田殿がお, 特に纖細な趣味, 特に罪悪的な安易さ, 特に置いてあります, 特に置かれてある, 特に置かれることに, 特に置くといふ, 特に置物類にこの, 特に署名すること, 特に署名捺印のところが, 特に羅馬王庁から派遣, 特に美々しく着飾って, 特に美くしく見えた, 特に美しき御令嬢, 特に美人の前, 特に美人画家だけに女, 特に美味でありっこないが, 特に美女坂材木坂などの名, 特に美濃近江の国境, 特に美術の方, 特に美術中の客観派, 特に美術生の巣, 特に美貌を誇る, 特に美食がほしい, 特に群集心理によつて支配, 特に義経に好意, 特に義経亡命の研究家, 特に義貞へは節刀, 特にが細心, 特に習得した法学的, 特に微というは, 特に翻訳ものの読書量, 特に翻訳劇上演の意義, 特にパルチザンである, 特に老年の光田さん, 特に老後を考える, 特にをめぐらせ, 特に考えてみた, 特に考えたことも, 特に考えようとした, 特に考えるべきじゃない, 特に考へるのです, 特に考察を要する, 特に考案されたもの, 特に耆宿として枳園, 特に耳朶をきれい, 特に聖マルタの日, 特に聖徳太子にとって力強い, 特に聖書に關, 特に聖武孝謙時代を後期, 特に聖母の光明, 特に聞え一時は, 特に聞き屆け, 特に聞き書きすること, 特に聴衆の質, 特に職域組織に関しては職域, 特に職場教育とも云, 特に職業上の自由競争, 特に肉感を唆, 特に肉親の情熱, 特に肉食の穢れ, 特に肥え美味だ, 特に肩身狭く感ずる, 特に胃腸そのものを良く, 特に胃袋からくる, 特にく治平, 特に能楽や茶道, 特に能楽価値を認め, 特に能率を上げた, 特にの形, 特に脚絆の黄色い, 特に脳髄は物, 特にを差し伸べ, 特に腕輪にははんだづけ, 特に腰部の燃焼十分, 特に腹の中の黒白不明, 特にの大き, 特にの醤油, 特に臨幸を仰いだ, 特に臨時列車を運転, 特に臨時別冊発行の予定, 特に臨時資金調達法の如き, 特に自らオナラサマと称し, 特に自ら主張すること, 特に自ら小にする, 特に自分ひとりで思い立つ, 特に自力教の時代, 特に自己を意識, 特に自我の本性, 特に自然哲学に関して, 特に自然死といふこと, 特に自然的實在者へと導く, 特に自然的要素を重要視, 特に自然研究と異, 特に自然科学専門家の専門家, 特に自然科学的イデオロギーなどはその, 特に自然科学的方法の現実的内容, 特に自然科学的迷信は頑強, 特に自然科学者達が科学, 特に自然科學において明, 特に自由の問題, 特に自由主義者の心事, 特に自由気球にでも乗る, 特に自由結婚といふの, 特に自由詩論に関するもの, 特に自発的進出と云, 特に自粛自戒相互扶助の具体的問題, 特に自負して, 特に至粋のインスピレイション, 特に舅姑の福田, 特に興味深く思へる故, 特に興奮すること, 特に興行して, 特に舊教の會堂, 特にを捲いた, 特に舞いがすばらしい, 特に舞殿を装飾, 特にを雇つて, 特に船中に来, 特に船員などにはあり得た, 特に船員らは法話, 特に船島の文字, 特に船橋のこと, 特に船津領事等と日本食, 特に船頭と親しい, 特に艫寄りへ小さい, 特に良い氣持でも, 特に良く熱を, 特に良沢の来ない, 特に良源院からかどわかされよう, 特に良男良女と奴婢, 特に良配偶を求め, 特に色つやが悪く, 特にを消し, 特に芝居好きでない限り, 特にを夏季, 特に花嫁の妹, 特に花房君に秘密, 特に花籠の如き, 特に花街などでネンゴロ, 特に芸人社会には現今, 特に芸能界に於, 特に芸術作品を事実, 特に芸術座から近い, 特に芸術的文学だけが所謂文学, 特に苛酷な影響, 特に若き演劇愛好者にと, 特に若党一人をし, 特に若年という場処, 特に若殿御元服, 特に若衆役を持出した, 特に苦い經驗である, 特に苦しみと悲しみ, 特に苦しむのは, 特に英仏のライプニツ, 特に英米二大資本主義国, 特に茂手木の代人, 特にに言うまでもない, 特ににたしなみ, 特に茶趣味は多く, 特に茶道の如き, 特に茶道華道は有閑階級, 特に草廬を敲い, 特に荘重な形, 特に荷物の継立て, 特に荷重に製造業者, 特に荷電されたガス, 特に莫大な国債, 特に菅谷は冷汗, 特に菊池は石川, 特に菊池博士を訪う, 特に菊池寛の戯曲, 特に菩薩号を許される, 特に華嚴をえらぶ如き下らぬ, 特に華美と贅沢, 特に華麗に調製, 特に萬葉に於, 特に落書といふほどのもの, 特に落着いた振り, 特にに固有, 特に葉桜と限った, 特に著者の氣, 特に葬式に其の, 特に蒔絵のよう, 特に古史の, 特に蒸し暑かったのに, 特に蒸暑かったのに, 特に蒼い顔に, 特に蓄蔵の豊富, 特にの形, 特に蔡陽がおれ, 特に蕪村の俳句, 特に蕪村派の俳句, 特に薄暗い所へ, 特に薄暗く感ぜられる電燈, 特に藁沓には様々, 特に藝術的に觀察, 特にの花, 特に藤作は世, 特に藤兵衛はお前, 特に藤吉郎の顔, 特に藤子さんは一人, 特に藤沢氏のみを指す, 特にの御用, 特に藪柑子を描く, 特に蘇我流にした, 特に蘭丸が人知れず, 特に蘭草のため, 特にに注意, 特に虚子抔に手紙, 特に蚊張のため, 特にに比した, 特に蛇吉の手腕, 特にに重き, 特にの軍勢, 特に蝋燭だけで, 特に融雪による出水並, 特にについては時機, 特に衆人稠座の中, 特にを隔て, 特に行って見る, 特に行儀がいかめしく, 特に行成との間, 特に行為といわれ, 特に行為的知識であること, 特に行過ぎた自由主義者や, 特に衛生舎のため, 特に衝撃をうけた, 特に衣冠官階の尊貴, 特に表情の著しい, 特に表現報道現象と呼ぶ, 特に表象と考えられる, 特に表面に出さぬ, 特に衰えていたらしい, 特に被告に対して同情, 特にを持っ, 特に裁判官は女, 特に裁判所構成法規定の特別權限, 特に裁判長の許可, 特に裁縫ではいろいろ, 特に裏地には適した, 特に裕福な連中, 特に製糸職工であって, 特に複雑な事情, 特に西側の景色, 特に西南学派の価値哲学, 特に西方の煙突, 特に西洋人の中, 特に西湖になぞらえた, 特に西空はたっぷり, 特に西部諸島及びハイランド地方, 特に要塞を築いた, 特に要点をなす, 特に要路の人たち, 特に見せ場と云, 特に見たいと思った, 特に見たかったのだ, 特に見なおさないのだ, 特に見のがして慈悲, 特に見ようともなされない, 特に見るべきものは, 特に見張人を, 特に見易くなるの, 特に見物が出る, 特に見目立ちて見えぬ, 特に見知り越しの私たち, 特に見立てて送った, 特に見覚えのある, 特に見解を持っ, 特に見込んだ者でなけれ, 特に見逃がしてならぬ, 特に規則正しくすなわち毎日, 特に規則立ちたる取締りという, 特に規律とか規定, 特に視る者も, 特に視張るといふの, 特に視覚に訴える, 特に覚悟するところ, 特に親しまれてゐ, 特に親しんでみる, 特に親愛の情, 特に親戚のあいだ, 特に親鸞研究に没頭, 特に観る可から, 特に観世音の御堂, 特に観光事業の大きな, 特に観念上に於, 特に観念的な事柄, 特に観念的操作を理性, 特に観念論的な哲学者, 特に観覧税は入場税, 特に觀照ともいふ, 特に角力の頃, 特に角度の深い, 特に解せないというわけ, 特に解毒剤のよう, 特に解説のやう, 特に触れなくても城門, 特に触れようともしなかった, 特に言い残したる語なる, 特に言い添えておきたい, 特に言い聞かされたというの, 特に言うまでもなかろう, 特に言つて置かなければ, 特に言及して, 特に言論機関の代表者, 特に言論統制の問題, 特に訂正して, 特に計画ある幼稚園, 特に計算に大きな, 特に訓練した者, 特に託されて参った, 特に託すのだ, 特に記した物以外全部実物の, 特に記すのには, 特に記代子の場合, 特に記号としては勾, 特に記念號を出し, 特に記者の注意, 特に記載す可, 特に設けて下, 特に設けありし也, 特に設けた家は, 特に設けられたる境の, 特に設計したよう, 特に許されたというで, 特に許した場合でなく, 特に許せないのです, 特にのわからない, 特に註するに及ぶまい, 特に註文して, 特に註釈をしませんでした, 特に評判がよく, 特に評判作になつ, 特に評家の最も, 特に評論月刊雑誌の使命, 特に詞辭の學, 特に試合になれぬ, 特に詩壇のため, 特に詩文の稽古, 特に詩歌に於, 特に話さなければならない, 特に話しかけることは, 特に話題が尽きなかった, 特ににこれ, 特に誇ってよい, 特に誇りとすべき, 特に誉める程の, 特に認めねばならぬ, 特に認められている, 特に認可されました, 特に語りたい心持が, 特に語序が相違, 特に誤解があ, 特に説破する必要, 特に説経と称する, 特に読まれると聞く, 特に読んだわけである, 特に読書家であつ, 特に読書率の低い, 特に読者諸氏には二回, 特に課長さんの御, 特に調和力ということ, 特に調子が付いた, 特に調査委員会を設, 特に調理せられ鱧, 特に調香の美術, 特に談話をなす, 特に請うて移つたの, 特に請負人に頼ん, 特に論じて居らぬ, 特に論ずる価値が, 特に論爭が俺, 特に論理そのものを研究対象, 特に論理学的関係として展開, 特に論理的価値によって代表, 特に諮ろうともしない, 特に謙譲の徳, 特に謙遜や弁解, 特に講演の内容, 特に講義を開い, 特にし度い, 特に謠曲に因果應報談, 特に謹んで野, 特に謹慎を加, 特に識者を待っ, 特にを正しく, 特に警察の追求, 特に警察精神の涵養, 特に警戒心が深かっ, 特に警視総監の注意, 特に議会フラクションの指導, 特に護法と称し, 特に讀者の注意, 特にして, 特に谷崎潤一郎氏にはかう, 特にだとは, 特に豊かなる季節, 特に豌豆の有り余る, 特に豐沃の, 特にの精神病, 特に象徴させるため, 特に象徴派以後の新しい, 特に象徴的な仏教, 特に貧しい暮しを, 特に貧乏が痛感, 特に貨幣理論の根本, 特に責任の大, 特に貰わねばならない, 特に貴人の墓, 特に貴公の名誉, 特に買ってくれた, 特に貸与して, 特に賃銀とはどういう, 特に資本が一つ, 特に賜酒を下され, 特に賞するのは, 特に賞めてよい, 特に賞讚すべき者, 特に賤視せられたもの, 特に質すと, 特に質朴で古風, 特に贅沢したくも, 特に贈られたという先師篤胤, 特に贔屓にし, 特に赤城風雨を選ん, 特に赤牛岳往復は三ツ岳, 特に赤膚媛と標記, 特に赤蝋燭は美しく, 特に赤道下の大洋, 特に走馬燈のよう, 特に起きて働く, 特に特急, 特に超越した限り, 特に越前加賀越中のもの, 特にを異に, 特に趣味を持っ, 特に足先が鋭く長い, 特に足利氏中世頃から敗軍, 特に足利義満義政等が国外, 特に足音を静, 特に跋扈すること, 特に跛行的に発達, 特に踏み荒された所も, 特に身うちのひきしまる, 特に身体の一部, 特に身分のある, 特に車中で食べる, 特に車室の窓, 特に軋むということ, 特に軍隊衞るもの, 特に軍需工業資本家は云う, 特に軍需的尺度の下, 特に軍需科学の発達, 特に軸回転による変換群, 特に命令, 特に軽いという状態, 特に軽快な引き球, 特に軽蔑したわけ, 特にやかしい頂点, 特に輪番で其, 特に轢死すべき条件, 特に辛く落ちかかること, 特に辛味がある, 特に辰太郎には竪穴, 特に辰男は日, 特に農奴という戸籍, 特に農村工場の子女, 特に農業において土地, 特に農業経済と関係, 特に農民は社会革命党, 特に農民文学の面, 特に農民自治などを叫ぶ, 特に農産物等はほとんど, 特にへられて, 特に近ごろのよう, 特に近づきつつある, 特に近代以降の日本文学, 特に近代企業として様々, 特に近代女性の誇張, 特に近代文化の精神, 特に近代観念論とフィロロギー, 特に近年生活と仕事, 特に近日点付近に多い, 特に近来仙台阪の中腹, 特に近衛公の独逸学, 特に近衛管理部より設けたる, 特にぶ可, 特に述べてみたい, 特に述べたい事柄な, 特に述べ立てるほどのこと, 特に迷庵の消息, 特に追善して, 特に追求されたの, 特に退屈に圧され, 特に退屈千万でいわば, 特に送別会を開いた, 特に逃げ隠れている, 特に逍遙氏の如き, 特に透明なもの, 特に通りがかりの人々, 特に通俗小説又は新聞小説, 特に通信を強調, 特に通夜の習慣, 特に通太郎の方, 特に速く走るという, 特に速度の大, 特に造らせしものに, 特に造らせた離屋の, 特に造幣局が貨幣鋳造, 特に連句のみに限られた, 特に逮捕直後に於, 特に遅かった, 特に遅れて併, 特に遊里に盛ん, 特に遊食の人, 特に過去は一切空間世界, 特に過去一年来の日本, 特に過去現在の日本ブルジョア封建的教育, 特に過度に機嫌, 特にをかえ, 特に道中を花やか, 特に道庵先生に敬意, 特に道徳と呼びたい, 特に道徳的にその, 特に道徳的常識社会常識をこうした, 特に道徳的方面で堕落, 特に道徳的自由主義とでも呼ぶべき, 特に道案内者として成政, 特に道真のこと, 特に道義の昂揚, 特に道義的な色彩, 特に道誉を名, 特に達磨がすきじゃった, 特に州あたりから, 特に遠い清水から, 特に遠征軍の将兵用, 特に適した国にとっては, 特に適切であったせい, 特に適当な課税物件, 特に適応するよう, 特に適當な時期, 特にしと, 特ににあずかった, 特に選ばせたのは, 特に選ばれずして官権, 特に選ばれたる善人に, 特に選び出された容儀華麗血気の, 特に選び出される光栄を, 特に選ぶのであろう, 特に選定して, 特に遺伝性癲癇という言葉, 特にかに動員, 特に避けたい理由を, 特に避けたるにあらずし, 特に避難所を要する, 特に郡山を中心, 特に厚い木, 特に部屋の用意, 特に郵便屋のよう, 特に郷土の用語, 特に都会に生活, 特に都会人や機械力, 特に都会化さえしなけれ, 特に都会生活でない農民生活, 特に鄭重なとか, 特に配慮に値い, 特に酒友というよう, 特に酒杯の進行, 特に酒肴の用意, 特に醋酸曹達を造つて, 特に醍醐を指定, 特に醫師の投藥, 特に采配を賜わった, 特にされしこと, 特に里人の尊敬, 特に重々しい響きの, 特に重い惡逆を, 特に重っている, 特に重んじたというわけ, 特に重力を起し, 特に重厚なレスペクト, 特に重宝な言葉, 特に重点をこれ, 特に重要性を發揮, 特に重要視しまず, 特に野外でそういう, 特に野崎君の報告, 特に野猪と書いた, 特に野球は新しい, 特に野生の雑草, 特に野菜類を豊富, 特に野蛮な国, 特にと質, 特に金さんが得意先, 特に金ずくで僕, 特に金堂の薬師如来, 特に金持の豪農, 特に金紙の装幀, 特に金網で警戒, 特に金銭がバルザック, 特に鉄夜とよばれる, 特に鉄砲については独特, 特に鉄砲隊などは中央, 特に銀之助を憎む, 特に銀子の羨ましく, 特に銀座以外には見られぬ, 特に銀行で私, 特に銅像に対して使用, 特に銅鑼を叩い, 特にというもの, 特に銭金に数々, 特には先, 特に鋭利明晰なる頭脳, 特に錯綜した妄念, 特に鍋島寺沢黒田の三陣, 特に鎌倉殿から仰せつけられ, 特にと画面, 特にの割れ目, 特に鑑別し難い, 特に長めの睫毛, 特に長子が多分, 特に長州系の軍人, 特に長平が好き, 特に長慶天皇御眞筆, 特に長政などは人々, 特に長文であった, 特に長時間ぼくを画室, 特に長時間飛行のため建造, 特に長目の滞在, 特に長谷川は良教科書, 特に長野縣屋代町は新村融, 特に閑却されて, 特に間に合わせようというコンタン, 特に間歇的な希望, 特にが演段術, 特に関西地方に於い, 特に閹人を愛する, 特に閻魔に児, 特に關ヶ原といふ言葉, 特に關東に重, 特に阪中川口両君の名前, 特に防ぐ用を, 特に防禦に有利, 特に父は, 特に阿波に関する史料, 特に附きやすい花, 特に附け加えてはじめて, 特に附け加えるものは, 特に附記して, 特に降水が多い, 特に降雪の長く, 特に陛下の靴, 特に院長の診察, 特に陰惨である, 特に陰謀者と目すべき, 特に陰険な殺気, 特に陵戸となった, 特に陶器のもつ, 特に陸軍省海軍省の記者, 特に陽樹の柳, 特に陽気なの, 特に隅田川流域の町村, 特に隆起した地点, 特に階級的イデオロギーである時, 特に随行を免ぜられ, 特に際立って丈, 特に際立った印象を, 特に隠すがね商売, 特に隠居でありたいと, 特に隠岐においてミョウ, 特に隠遁の法然, 特に隣国の謙信, 特に雅致ありて, 特に集めるように, 特に集団的にそう, 特に集団農場化のよう, 特に雌雄の蚤, 特に離れ座敷へ, 特に雨坊主が丹沢山中, 特に雨気でもあります, 特に雲嵐矢よりも速く, 特に雷霆は狼, 特に雷鳴あり, 特に電気工業機械鉱業へ婦人, 特に電話で糸房, 特に電車の中あたり, 特に震災の事, 特にあるもの, 特に霜月三夜を大切, 特に露伴君の文章, 特に露独の心持, 特に露西亜文学に興味, 特に青くもあり, 特に青ガ島は再度, 特に青少年の科學教育, 特に青少年婦人にとってこの, 特に青少年義勇軍の生活, 特に青年たちがドンドン, 特に青年俳優の場合, 特に青年士官達は統帥権干犯, 特に青年期に於ける, 特に青年等の為め, 特に青年諸君の注意, 特に青年輩身心發育の時代, 特に青春の時期, 特に青森急行に二等, 特に静かな郊外, 特に非人であり乞食, 特に非凡な宗教的境界, 特に非常警戒すべき出来事, 特に非難がましい, 特に面会を求めた, 特に面子を尊重, 特に面白かったという, 特にに關係, 特に韓国皇帝は最も, 特に韓國皇帝は最も, 特に音曲がよかっ, 特に音楽会に行った, 特に音楽好きと云う, 特に音楽家崇拝者が多い, 特に音楽文学演劇の上, 特に音楽関係者の新しい, 特に音響の侵入, 特にける車輪, 特にを改めて, 特に預かっている, 特に頑迷なブルターニュ, 特に領主から苗字帯刀, 特ににも唇, 特に頭痛が烈し, 特に頸飾りだけに眼, 特に頻繁であ, 特に頼まずとも村, 特に頼まれた伝言の, 特に頼まれましてなこうして, 特に頼みたいのです, 特に頼み入るという書面, 特に頼み置きたる甲斐には, 特に頼み込まれる場合が, 特に頼むとちょっと, 特に頼る人が, 特に頼んだから出, 特に頼朝公の御, 特に頼襄の国民的詠詩, 特に頽勢にある, 特にを見られまい, 特に顔全体の大きな, 特に顔面は誰, 特に願いを聞き届け, 特に顛覆当時艇長以下二百名の将兵, 特に顯著なる術語的理論的表現, 特に顴骨の上, 特に風俗さんや肉体さん, 特に風向によって著しい, 特に風土が拙者, 特に風土的条件に従つて, 特に風景にだけ感情, 特に風流女学生ではなかっ, 特に風邪そのものを退治, 特に颱風のひどかっ, 特に飛鳥の地, 特に食う時の, 特に食べたいとも思わない, 特に食事に重き, 特に飢えたりヒガ, 特に飲用水だけは水屋, 特に飾ピンなど, 特に養いおかるるものと, 特にの中, 特に餌袋の重き, 特に饗応して, 特にを左右, 特に香合の箱, 特に香料を愛好, 特に馬上歴々の衆, 特に馬力をかけ, 特に馬場殿になっ, 特に馬琴があの, 特に馬車を辞し, 特に駄目になった, 特に駆逐艦を出動, 特にを抂, 特に驕慢にし, 特に驚いていた, 特に驚かされたのでした, 特に驚かされるものは, 特に驚かせるほどのもの, 特に驚ろくべきこと, 特に驚嘆に値する, 特に骨相手相などの研究, 特に髑髏室を設け, 特に體驗される, 特に體驗的時間を區別, 特に時の, 特に高きを用, 特に高しというべし, 特に高まりつつある, 特に高価な服, 特に高僧知識と仰がれる, 特に高取に最も, 特に高層観測のごとき, 特に高崎郡領一揆と大久保利通, 特に高氏には弟, 特に高潔なる精神的要求, 特に高等品や外国品, 特に高等教育が, 特に高給を與, 特に高踏派に属する, 特に高遠な議論, 特にを蓄える, 特に鬘師に註文, 特に鬼火を見た, 特に鬼畜の性向, 特に魅力を増した, 特に魅惑された美女, 特に魏王から戒め, 特に魏王曹操から奏請, 特に魚漿にうま味, 特にと鱒, 特になんかばかり食っ, 特に鯛ちやんばかりを誘ふ, 特にに粘無く, 特にの羽根, 特にに対して感傷的, 特に鴉片煙劫を創め, 特に鶏卵が二つ添, 特に鶯谷へ抜ける, 特にの條, 特に鹿や猪, 特に麗々しく表記し, 特に黄菊花に就, 特に黒くくっきりと, 特に黒子に関する観, 特に黒海沿岸では非常, 特に黒猫は充分, 特に黨爭の結果個人的取引, 特に鼎足の形, 特に鼬はたちの悪い, 特に龍代の放埒