青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「物音~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

牧~ ~物 物~ 物理~ 物置~ ~物語 物語~ ~物質 物質~ ~物音
物音~
~特に 特に~ ~特別 特別~ ~特徴 特徴~ 特有~ ~特殊 特殊~ ~特色

「物音~」 2320, 25ppm, 4651位

▼ 物音~ (671, 28.9%)

49 した, して 21 聞えて 16 する 14 したので 11 しました 9 きこえて 7 きこえた, すると 6 したり, するの, 聞えた, 聞こえて 5 するので, 耳に, 起る 4 あつた, するよう, 聞える

3 [14件] かすかに, したと, したの, しても, しない, しなかった, その時, 気に, 私の, 聞えました, 聞えるの, 起った, 起りました, 非常に

2 [32件] あって, ありません, きこえる, したかと, したが, したのに, しないので, しはじめました, しましたから, します, するから, するだけ, する度, なくなって, ひびいて, ピタリと, 例の, 夜の, 彼の, 手に, 絶えません, 耳について, 聞こえた, 聞こえなかった, 聞こえる, 聽えなかつた, 起つた, 起ると, 近付いて, 響いた, 響いて, 響く

1 [331件] あがりました, あちこちに, あちらでも, あった, あったから, あらかた靜まつ, ある, あるの, ある所以, ある時, いたしました, うるさいから, おこつた, おこりました, おっ被さる, きこえたの, きこえたらこの, きこえたらしいので, きこえた子供たち, きこえだした, きこえないかと, きこえなかったの, きこえなくなつ, きこえました, きこえると, きこえるの, きこえるらしい, きこえる筈, きこえ其の, くりかえされて, ここまでも, こたえて, こちらの, これら歓楽の, ござりまし, ごやご, さいぜんの, さわがしく聞こえ, ざッと, しきりにつづい, しきりにひびい, したかも, したから, したせつな, したぜ, したつ切り, したとき, したもの, したもん, したやう, したわけ, したキキ, した之, しつづけであった, しづまると市村, しないじゃ, しなかったかと, しなかつたの, しなくなったので, しなくなって, しなくなつ, しなくなりました, しは, しはじめた, しばしば比較, しばらく持続, しましたけれども, しまして, しようと, し出したので, し出してから, し始めた, すくなく, すぐ裏庭, すこしも致しませぬ, すべて聞えない, するかしらと, するかも, するたび, するだよ, すると共に, するのよ, するばかり, するやう, するん, すれば, そこで, そのとき, そのまま疑問, その上, その石, たくさん入っ, たつでも, だんだんはっきり聞こえ, だんだん激しく, ちょっとでも, つたわって, とだえましたが, どこから, どんと響い, ない, なかつた, なくて, なく閑雅, なく静か, なんだかくすぐったい, なんである, なんとなく心, はいって, はいらないうち, はいりこんで, ぱつたりやんだ, ひとしきり高, ひびきすぐ, ひびきました, ひびきます, ぴったりと, まっ暗な, まるで今, まるで絶え, みんな聞え, もれて, やかましく庭, わきはじめた, ソルディーニの, バッタリ止った, パッタリしなくなった, 一しきり釜, 一つするで, 一つに, 一つ一つに, 一つ一つはっきり, 一斉に, 上甲板の, 下界の, 二三度した, 井戸側の, 任意に, 伝は, 伝はつて, 伝わって, 伴奏を, 何ごとかを, 何である, 何やら遠く, 何処からか, 何処からとも, 何度か, 俄に, 停ったよう, 僕を, 公園の, 内から, 冴えかえって, 凄じ, 凄まじいので, 即ちその, 否むしろ, 四方から, 地響とともに, 地鳴りの, 墜落的に, 壁の, 大きくな, 大ぶ広がっ, 大臣席の, 奥座敷へ, 嫌ひである, 室内に, 家の, 寺園の, 少しやむ, 少し静か, 届かないうち, 岩穴から, 平常よりも, 幾年月を, 広間の, 床板へ, 店を, 廊下を, 引き続いて, 彼女の, 後の, 心地よく風, 急に, 意外の, 憚られた, 戸外に, 戸外へ, 手近く, 手近の, 揚りはじめて, 断続した, 時々のぼっ, 時たまぽつんと零れ, 暴れて, 更に旅客, 最と, 森ぢゆう, 森の, 欄間の, 歇んだ, 止まって, 止んだの, 正しくそれ, 死に絶えて, 沁みるよう, 波を, 洩れて, 消えて, 消えると, 消え去って, 消え失せる, 渡って, 渡る風, 湧きは, 湧起っ, 為た, 無人さに対して, 発したとたん, 監房内部で, 相まじり合っ, 相混じ, 真闇, 眠りを, 私を, 突然地上, 立って, 立つ, 絶えた, 絶えなかった, 絶えなかつた, 絶え間なく, 続いた, 綾を, 羨ましく聞え, 耳には, 耳の, 耳を, 聞えかけて, 聞えたかと, 聞えたが, 聞えたの, 聞えたので, 聞えたり, 聞えだした, 聞えだしました, 聞えないかね, 聞えないからと, 聞えないもの, 聞えなかつたといふ, 聞えなくなって, 聞えは, 聞えはじめたと, 聞えまして, 聞えます, 聞えまた, 聞えやがてひっそり, 聞えるでは, 聞えるとか, 聞えるばかり, 聞える新しい, 聞え出した, 聞え初めた, 聞え始めた, 聞え捜査課長, 聞え馬, 聞こえそう, 聞こえたかとも, 聞こえたので, 聞こえたゆえ, 聞こえたらしい, 聞こえた今度, 聞こえなくなった, 聞こえは, 聞こえはじめる, 聞こえました, 聞こえましたので, 聞こえるの, 聞こえるよう, 聞こえるらしい, 聞ゑまた, 聴えて, 聽えて, 自分の, 致しました, 致しません, 色々に, 荒れた町, 蠢いて, 行きかい, 表に, 表の, 裏山の, 起きた, 起こって, 起ったので, 起つたの, 起つて, 起り人々, 起り同時にすでに, 起り工夫, 足もとの, 距離の, 轟然と, 近づいた, 途絶えて, 連絡の, 遠くから, 遠くする, 遠くの, 遠く伝わっ, 鎮まるや, 間を, 間断なく, 間遠に, 階下の, 階段に, 障子の, 隣室に, 隣家の, 靉然と, 静かに, 面白すぎ, 頻繁であった, 頼母様討とう, 飾り壇の, 騒がしくなる, 高くなる, 鮮かに

▼ 物音~ (354, 15.3%)

31 聞いて 18 聞きつけて 13 耳に 10 聞いた 8 させて 7 聞くと 5 きいて, ききつけて, たてて, 立てて 3 反響する, 消して, 立てても, 聞きつけたの

2 [21件] おきき, き, きいた, きかなかったか, ききながら, させたの, たて, 太田は, 目的に, 立てたり, 立てないよう, 立て出して, 聞いた様, 聞きどうも, 聞きました, 聞き付けて, 聞き澄まして, 聞く, 聞くよう, 聴いた, 聽か

1 [193件] あげなければ, あげ始めて, あわただしく始める, いち早く予知, うかがって, うばわれたこの, お立てなさらぬ, きいたから, きいたの, きいたん, きかなかったかね, きかなかったの, ききすます, ききつけたか, ききは, ききました, ききませんでしたか, ことごとく聞い, この世の, さしたこと, さして, さしても, させずに, させず屋根, させたわけ, させては, させながら, さらって, しかも男, たてずに, たてたり, たてない, たてないよう, たてませんでした, たてられては, たてるという, たて出した, たて始めたが, たよりに, つつんだ音響, てんでに褒めそやし, ともに聴いた, ぬすんで, ひそと, ひそめながら, ほんとに聞き始めた, やわらげる木煉瓦, ゆき子は, ウルリーケは, ピョッピョッピョッピョッと, 一ツ聞いた, 世上へ, 余所ながら, 先立てて, 叩きつぶすよう, 合せた様, 合せた樣, 圧し潰さうと, 大井の, 嫌ひ, 容易に, 封じて, 幾日か, 引いて, 心しずかに, 忍ばせて, 怕れ, 思ひ出した, 怪しんだと, 怪しんで, 恐れた, 悟られないやう, 感じたから, 感じぬ, 感ずると, 打消して, 抑えつけようと, 探し当てようと, 掻き消して, 数十尺だけ, 早い足取り, 曲者だけが, 極端に, 気に, 沈黙し, 消されて, 消した, 消す為, 炭坑の, 発し或いはまた, 真夜中に, 知って, 知り, 知覚し, 私達は, 突きぬけて, 立てさせずに, 立てずに, 立てず又, 立てそこ, 立てた, 立てたらしい, 立てたら出なくなって, 立てた者, 立ててから, 立てないとは, 立てないので, 立てないやう, 立てない人, 立てない様, 立てない限り, 立てなかつた, 立てながら, 立てなくとも, 立てぬよう, 立てました, 立てようと, 立てる, 立てるさえ, 立てるだけの, 立てるの, 立て何, 繰り返し耳, 翁は, 耳で, 聞いたと, 聞いたの, 聞いたばかり, 聞いたよう, 聞いた者, 聞かざりき, 聞かず, 聞かせるの, 聞かなかったかね, 聞かなかったと, 聞かなかった旨陳述, 聞かなかつたか, 聞かなかつたの, 聞きしって, 聞きすまして, 聞きたいよう, 聞きつけた, 聞きつけたおとうさん, 聞きつけたおばさん, 聞きつけたらしいだが, 聞きつけた人々, 聞きつけた母親, 聞きつけるや, 聞きとがめながら, 聞きとめたもの, 聞きません様, 聞き分けて, 聞き定めようと, 聞き往来, 聞き得ん, 聞き澄ました, 聞き附けて, 聞き附け寝衣, 聞くこと, 聞くため, 聞くの, 聞くのみ, 聞く為, 聞こうと, 聞付けたらしい主人, 聞付け来て, 聴いたと, 聴いたの, 聴いて, 聴かずと, 聴きつけて, 聴き取ろうと, 聴き澄ましたり, 聴き澄まして, 聴くやう, 聽い, 聽いた, 聽きません, 背後に, 裏の, 調べようとして, 警察の, 谷, 起した, 起して, 足軽部屋の, 跳ね散らして, 蹴すてて, 近間に, 追ってついに, 遠くかすめ, 避けるため, 階下の

▼ 物音~ (312, 13.4%)

28 しなかった 14 ない 11 しない, 聞えなかった 9 聞えて 5 聞こえなかった 4 ない時, ない黄昏, なかった, 聞えなかつた, 聞こえない, 聞こえないの 3 きこえないので, しなかつた, しません, 聞えない, 聞こえて, 話声も

2 [18件] いたしませんでした, きこえない, きこえなかつた, した, しないで, しないと, する, せず, ないよう, なく眠つた街, 何も, 物珍らしい, 立てずに, 立てないで, 聞えずその, 聞えては, 聞えなくなった, 聞えません

1 [156件] ありませんでした, いたしたであろうに, いつしか消え, おさせに, ききませんでした, きこえず森閑, きこえないという, きこえないにも, きこえなかった, きこえなかったと, きこえません, こ, こういう雪, ここでは, この場, させずに, させずわたし, させず幻, させず煙, させなかったが, しずまりかけると, したはず, したわけ, しだいに振幅, しないの, しないので, しないよう, しない一構え, しない人たち, しない台所, しない熱気, しない部屋, しなかつたの, しなかつた沖, しなくなった, しなくなる, しませぬので, しませんから, しませんでした, すっかり静まった, するよう, せず五分, せず家内, せず長い, せぬ, せぬ小, その樫, たてなかった, とだえその, どこか, ないので, ない世界, ない奥まった, ない寂しい日本, ない海浜, ない深山, ない穏やか, ない静謐, なかつた, なかつたの, なき夏, なき鹹河, なくしん, なくそして, なくそれ, なくただ, なくなるという, なくはじめてこ, なくヒッソリ, なく五十丁峠, なく人々, なく大気, なく小鳥, なく息, なく村全体, なく目, なく静まり返って, のどかに, ひびいて, ぼっとなっ, まじって, まじつて, まったく聞こえなくなりました, やむ, やや静まりぬ, よく聞こえた, 一切知らなかった, 不思議に, 二人の, 人声も, 人間の, 伝はつて, 何んにも, 全くきこえなく, 内部へまでは, 動きも, 園内では, 変って, 夜に, 奪って, 寂と, 悲鳴も, 感じないかの, 揚がって, 止み墓場, 止んで, 此の, 気配さえも, 為ぬ, 無かつ, 煩ひもない, 知って, 立たない機械的, 立てずしんと, 立てず光って, 立てず汗みどろ, 立てず眼, 立てないばかり, 立てなかった犯人, 立てぬよう, 立ては, 筒抜けに, 絶えて, 聞えざりき, 聞えずそこ, 聞えず何, 聞えないし, 聞えないに, 聞えないの, 聞えない堪へがたく, 聞えない奥まった部屋, 聞えなくなったと, 聞かず皇帝, 聞かない, 聞かなかつたと, 聞きもらすまいと, 聞き洩すまいと, 聞こえずとつぜんパッ, 聞こえないで, 聞こえなかったので, 聞こえなくなった, 聞こえません, 聞こえるので, 聴え, 聴えぬ, 聴かずと, 聴かなければ, 舟を, 色彩も, 覚えなかったの, 話し声も, 起らぬという, 遠く離れた, 遠ざかり沈々, 開き逃すまいと, 静まって

▼ 物音~ (239, 10.3%)

23 耳を 21 驚いて 9 眼を 5 目を 4 気を 3 彼は

2 [11件] つれて, まぎれて, 少しも, 気づいて, 注意し, 注意を, 混って, 遠くから, 駭い, 驚いた看守, 驚かされて

1 [152件] いろを, おどろかされて, おどろかれて, おどろきて, お滝, お蔦は, かくれたよう, こういった, さへぎられて, さわぎ出した様子, じつと, すくみ上がったよう, すぐ目, すぐ眼, ただ独り瞑目端坐, たちまち驚き醒めた, ちがいありません, つ, つい気, どうなる, ひょいと後ろ, ひろ子は, ふと夢, ふと目, ふと眼, ぽかんとした, まぎれながら, まじって, まだ幾分, まったく消され, みさ子が, みな眼を, もう身構え, やうやく駈け来りたる, よく心, エリスは, グレゴール, トーチカの, ハッと, ヒョイと, フト眼を, 一心に聞き耳, 一旦目, 一船内が, 下男が, 不図眼, 丹左は, 予感とでも, 五八は, 交って, 仰天し, 何事と, 余は, 充たされて, 充ち満ちて, 兵馬が, 再び火, 初めて我, 初めて気がついたらしく, 吉次は, 君江は, 外から, 夢を, 山間の, 平太郎は, 幾度ぞっと, 心ひかれ, 心を, 思わず足, 悩まされ候事, 愕い, 愕として, 我に, 我にか, 戸板の, 振り返りたい気, 振り顧, 提灯を, 敏感さが, 敏感に, 方々の, 曉の, 望楼の, 本能的に, 李も, 樣子を, 気が, 気がついた, 気がついて, 気がつくと, 気づいた, 気づいたか, 気づきませんでしたか, 気の, 気附い, 気附いた, 氣を, 沖の, 澄され, 煩わされないよう, 甚く, 目が, 私は, 私も, 紛れて, 聞き入, 聞き入った, 聞き耳を, 聴き耳, 聴耳を, 脅えて, 脅えながらも, 膽を, 自分は, 興味を, 葉子は, 蒸れたり, 蓉子は, 蓉子も, 觸れ, 變化し, 負かされて, 走せ出でぬ, 起きて, 身を, 身体中の, 近づいた現在, 過ぎなかった, 遠巻きされ, 遠慮しない, 遮ぎられて, 遮られて, 部屋の, 醒める知覚, 釣込まれて, 間もなく驚かされた, 震えて, 革袴の, 飛んで, 馳け, 駆け着けたきっかけ, 駈け集まって, 驚いたよう, 驚いた商家, 驚いた宿, 驚いた鴉共, 驚かされたの, 驚かされたり, 驚かされ立って, 驚きお, 驚きて, 驚破

▼ 物音~ (183, 7.9%)

3 聞えなかった

2 [11件] きかなかったと, したが, ぴたりと, 一体何, 二人の, 何も, 彼を, 消えて, 続いて, 自分の, 自然に

1 [158件] あまり伝わらない, あまり聞こえなくなる, いかな深夜, いささか酒, いよいよ烈しく, いよいよ高く, うるさく続い, おぼろであった, かすかにしか, きかなん, ききませんでしたか, きこえない, きこえないから, きこえなくなって, さして大きな, さらになかっ, しずまり夜, しないに, しないの, しなかった, しなかったの, しなかつたの, じき窓の, すぐに, すぐ止んだ, ずっと下, せず常住読書, そこでも, その一番奥, それが, それきりきこえませんでした, それきり聞えなかった, それは, たしかにあの, ただそれ, ただ犬, ただ白薔薇, だんだん天窓, だんだん高く, どうやらその, どこからも, ないので, なかった, なんだ, なんな, なんの, ほとんどききとれなかった, まだつづい, まだ止まなかった, まるで屋鳴り, みなある, もうすこしも私, われわれが, グランテールの, ショーム街を, パッタリと, ラエーフスキイの, 一つ一つ文字通り陳の, 一切立消えて, 上の, 二三度ミシミシと, 人に, 何かの, 何れも, 何一つきく, 何一つとして, 余と, 修道院の, 全く杜絶, 全く聞えぬ, 兵たちの, 再び聞こえなかった, 別段に, 刻々と, 刻々に, 単調で, 又きこえた, 同じはげし, 吹き消されたよう, 夏の, 外から, 夜の, 寝静, 小さい生物, 小さく呼吸, 少しも, 幻覚では, 当然起っ, 後にも, 悉く昨日, 悪い感じ, 手に, 打ち消すべくも, 支那蕎麦を, 新鮮であらう, 斷えず聞えた, 日本海大, 昼間では, 暫時の, 曲者が, 最後まで, 枕許の, 森を, 樫の, 次第に劇, 次第に静まっ, 止んだ, 止んで, 死んで, 殆ど聞取れぬ, 泥酔者を, 注連を, 消されて, 源十郎達の, 澄明な, 狂喚と, 申分の, 皿鉢飛んだ, 確かに, 確に, 神馬が, 粉碾車の, 糸子の, 絶えた, 絶えて, 絶叫だった, 罷ま, 羽目を, 聞えて, 聞えないで, 聞えないの, 聞えなかつたで, 聞かなかったと, 聞かぬよい, 聞こえずほか, 聞こえて, 聞こえません, 聽え, 能登守が, 膳運び出づるなるべし, 舗石の, 艦の, 表の, 豪雨が, 貝鐘太鼓鬨の声, 賊が, 走つて來, 起らなかったよう, 近いの, 近所の, 逃げ足の, 邸を, 野猫か, 鎮まりぬ, 間断なく, 雑然混然と, 静り返り, 高く

▼ 物音~ (117, 5.0%)

9 中に 4 ように, 中で 3 する方, やうに 2 けたたましい叫び, ことを, したの, した方, して, しないの, するの, ために, ない部屋, 近づくの

1 [74件] あるなど, きこえないしん, きこえ候, けたたましかった, さわがしきかな, したすき, したとき, したので, したわけ, した事, すくない, するに, するを, する入口, する場所, する夕暮れ, する心地, する村里, する車馬, たびに, どよみを, ないかすか, ないところ, ない不思議, ない昼下り, ない暗さ, なかへ, 一つが, 中でも, 中には, 入り交った, 全部を, 反響も, 因って, 場所を, 多さ, 始まること, 律動的駆使によって, 思うよう, 性質を, 息ひとつ聞えなかった, 感じ耳を, 手に, 方へ, 方を, 様子であります, 正体が, 正体を, 死にきつ, 気配さえ, 沈み果てたる, 洩れっこ, 流れて, 消されて, 為た, 無い人, 絶えた土, 聞えないしん, 聞える度, 聞える方, 聞こえたの, 聞こえるという, 聞こえる所, 聽ゆる, 複雑さがね, 起こるであろう事, 起ったとき, 起った方向, 起った方面, 途端に, 遠くに, 間を, 静まった時刻, 響きあるいは

▼ 物音一つ~ (57, 2.5%)

7 しなかった 6 しない 4 聞えて 3 しないの, 聞えなかった 2 せぬ山の上, 無く春風, 立てずに

1 [28件] お立て, からでもこの, させなかった, させなかつた, して, しないん, しない古い, しない山, しない閑寂さ, しない静かさ, しない静けさ, しなかったと, しなかった隣室, しませんでしたが, せず, ない, ない世界, なくしずまりかえっ, なく死相, 立てない無, 立てなかった, 聞えずに, 聞えない部屋, 聞えない閑けさ, 聞こえて, 聞こえない, 致しません, 起りません

▼ 物音~ (45, 1.9%)

6 目を 3 眼を 2 あつた

1 [34件] いっぱいだった, おこされると, おどろいたもの, かきにごされて, きっとろくにおやすみ, きりぎりすさんが, すっかり空想, それと, なるほどと, みなの, みんな飛び上がる, わかった, 一見新, 下を, 何か, 僕は, 其しとやかな, 判断する, 別段に, 夫人が, 家の, 察した市十郎, 彼は, 昨夜二時頃床に, 看守人たちは, 眼が, 知ったもの, 籠の, 薄目を, 足を, 近所の, 階下の, 障子を, 鼠が

▼ 物音~ (45, 1.9%)

2 いうよりも, いつたらま, 人の, 全く相, 女の

1 [35件] いうよりは, いえるの, いっては, いっても, う, この沢山, さけび声, それに, なって, アサの, 一緒に, 云っては, 人声, 何やらすさまじい, 凄愴, 切れ切れに, 前後し, 叫び声に, 叫喚の, 同時にすばやく, 同時に僕, 声が, 廊下を, 往来の, 慌しいけは, 掛け声を, 気配が, 獣じみた, 申しますと, 笑声とが, 絶え絶えに, 続いて, 色合いそれらを, 震動とは, 青木の

▼ 物音~ (42, 1.8%)

4 人声が

1 [38件] あたしの, ざわめきが, 人々の, 人声に, 又自分, 叫び声が, 叫び声なんか, 叫び声は, 叫声が, 叫声に, 呼び声らしい, 喧騒が, 声を, 女中が, 子供の, 客の, 小禽の, 屋根室の, 気配を, 煩わしい注意, 物影にも, 甲冑の, 眠ろうと, 眼の, 窓の, 笑ひ, 聲は, 胃腸の, 話し声にも, 話し声や, 話声が, 話聲に, 誰のとも, 賑やかな, 鉄瓶の, 雄叫びは, 風で, 騒動に

▼ 物音にも~ (23, 1.0%)

2 消されずに

1 [21件] お雪ちゃんは, かかわらず二人, すぐ眼, ガアガア鳴き立てる, ギクッと, パッと, 妙に, 怯えるよう, 慄へる, 敏感に, 気づかないかの, 気づきませんでした, 気を, 盛大ならぬ, 直ぐ頭, 空気の, 羽翅を, 耳を, 聞き耳を, 脅えて, 飛び立ちすべて

▼ 物音でも~ (18, 0.8%)

1 [18件] あつた, お聽, したの, しなかったの, その話, わたしが, わたしは, 呼吸でも, 容易に, 知れるし, 耳に, 聞えたらついと, 聞えるかと, 聞かなかったかね, 聞かれましたか, 聽か, 起りは, 隣室に

▼ 物音ひとつ~ (14, 0.6%)

1 [14件] きこえない, きこえないから, しないので, しなかった, しなかつた, しなくなった, せず糸ひとすじ, ない青天, なくこうして, も聞えない, 立てずしいんと, 聞えないが, 聞えないの, 聞えなかった

▼ 物音~ (6, 0.3%)

2 て人 1 て, てその, て救助, て船体にわか

▼ 物音と共に~ (6, 0.3%)

1 たちまち物凄い, また外, 一同は, 不思議な光り, 囲いを, 大廊下

▼ 物音には~ (6, 0.3%)

1 いっこうに触れよう, いっこう気づかない, 彼も, 本気で, 相違ない, 胆を

▼ 物音では~ (5, 0.2%)

2 なかった 1 ないが, ないけれど, 自分が

▼ 物音とは~ (5, 0.2%)

1 あのとき, 別に天狗, 打つて, 比較に, 比較の

▼ 物音らしい~ (5, 0.2%)

1 ものが, ものは, 気配も, 物音人声らしい, 音は

▼ 物音~ (4, 0.2%)

1 か聞き取ろう, ということ, というの, のにそれ

▼ 物音とが~ (4, 0.2%)

1 やっとの, 外部から, 大きかった, 起った

▼ 物音とては~ (4, 0.2%)

1 しんしんと, ない, 噴水が, 島の

▼ 物音をも~ (4, 0.2%)

1 立てずすっと, 聞き洩すまいと, 聴きのがすまいと, 衝きぬいて

▼ 物音から~ (3, 0.1%)

1 たえずもの, 一箇の, 遠ざかつてゐる

▼ 物音さえ~ (3, 0.1%)

1 あればと, しなかった, 聞えない坂上

▼ 物音という~ (3, 0.1%)

2 のは 1 ものが

▼ 物音とを~ (3, 0.1%)

1 失って, 私は, 聞きつけて

▼ 物音~ (3, 0.1%)

2 のだ 1 のです

▼ 物音なぞは~ (3, 0.1%)

2 少しも 1 聞かなかったこと

▼ 物音にでも~ (3, 0.1%)

1 びくり, 聞き入るよう, 聴き入って

▼ 物音ばかりに~ (3, 0.1%)

1 なった, なつた, 気を

▼ 物音一つ聴~ (3, 0.1%)

1 えて, えなかっ, えなく

▼ 物音~ (2, 0.1%)

1 人聲が, 叫喚か

▼ 物音せず~ (2, 0.1%)

1 わずかに, 外の

▼ 物音それ~ (2, 0.1%)

1 に交つて八五郎, を聞かん

▼ 物音でございます~ (2, 0.1%)

2 から

▼ 物音といつて~ (2, 0.1%)

1 はどこ, は今彼

▼ 物音とか~ (2, 0.1%)

1 でおよそ, 人聲とか

▼ 物音とともに~ (2, 0.1%)

1 潮が, 石膏の

▼ 物音とも~ (2, 0.1%)

1 判断は, 知れない極

▼ 物音など~ (2, 0.1%)

1 何も, 聞えないよう

▼ 物音にさえ~ (2, 0.1%)

1 愕え, 警戒し

▼ 物音によって~ (2, 0.1%)

1 夢を, 目覚めたという

▼ 物音に対して~ (2, 0.1%)

1 測候所の, 街道の

▼ 物音のみ~ (2, 0.1%)

1 で人, 激しき防戦

▼ 物音ばかり~ (2, 0.1%)

1 きかされて, 凄まじいボロ汽関車

▼ 物音まで~ (2, 0.1%)

1 一ツ一ツに, 聞えた

▼ 物音より~ (2, 0.1%)

1 かえっておそろしい, 正確な

▼ 物音人声~ (2, 0.1%)

1 などが外, らしい人声

▼ 物音禿鷹~ (2, 0.1%)

2 のやう

▼ 物音立て~ (2, 0.1%)

1 て内側, て押し流れ

▼ 物音絶え~ (2, 0.1%)

1 たり, て秒

▼1* [84件]

物音あって, 物音あの羊の, 物音泣笑ひ, 物音がとぎょッ, 物音がもぞくさと, 物音きこゆ, 物音けたたましい停車場全体を, 物音げにまれなる, 物音こそすれ, 物音さあまた事, 物音さえもせぬ秀子, 物音しない部落に, 物音すさまじくされども, 物音すさまじければ心, 物音すら極めて鈍く, 物音すれバ龍女に, 物音その中を, 物音その他のもの, 物音それらを気, 物音たかい生活力を, 物音たちまち起こりたちまち, 物音たてず土間での, 物音だけが暫く密か, 物音だけで耳を, 物音だけでもただならぬ鬼気, 物音だけには兵員たちも, 物音だけは確かに, 物音だったというの, 物音だのすきま風の, 物音つゆにぬれ, 物音であるから三人, 物音でしかなかった, 物音としては意外に, 物音とで目を, 物音ととよめきの, 物音などが聞こえ人々, 物音などには頓着なく, 物音などは耳にも, 物音などもまるで聞えなかった, 物音などを聞きつけて, 物音ならどんな些細, 物音なんぞきこえません, 物音なんてなにも, 物音なんどくり返されたか, 物音にて幕あく, 物音にまで熱心に, 物音はずつと遠退い, 物音ひとつたてもしなけれ, 物音うどんの, 物音まではまだ辛抱, 物音までも朧に, 物音をでもきくよう, 物音アア可哀相に子供, 物音一つたてなかった, 物音一つ灯影一つ見えも聞え, 物音一ツさせず奥深く, 物音一声の叫び声, 物音もや來つる, 物音人声跫音のやかまし, 物音人気なき家中, 物音以外は殆ど音, 物音は古, 物音充分聞えずして, 物音唸り声石に衝, 物音へは漏れず, 物音の人形, 物音寸時も止まず, 物音我等を迎, 物音振返ってそれ, 物音新しい香い, 物音楽隊それに交っ, 物音水門に水, 物音濁れる波を, 物音物売りの声, 物音物音という, 物音生命を雨, 物音空気を充たす, 物音立てぬよう軟い, 物音聞付けたる店の, 物音荒々しい叫び声息の, 物音話声硝子器のチリン, 物音走り廻る足音, 物音起り我等の, 物音高くせざりしなり