青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「海上~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~浮べ 浮べ~ ~浮ん 浮ん~ 浮世~ ~浴び 浴び~ 浴衣~ ~海 海~
海上~
~海岸 海岸~ 海底~ 海軍~ ~消え 消え~ ~消えた 消えた~ ~消える ~消し

「海上~」 1330, 14ppm, 8072位

▼ 海上~ (270, 20.3%)

5 於て

2 [14件] あり, 出て, 出でて, 出ると, 浪が, 浮ぶ, 浮んだ時, 浮んで, 浮んでは, 漂流し, 点在し, 船を, 見わたし, 遊弋し

1 [237件] あっては, あっても, ありありと, ありの, あると, あるの, あるよう, ある伊吹島, ある初島, ある姫島, ある小倉領, ある水軍, ある者, ある雲, あれば, いても, いるだろうからね, いる誰, うかびちょうど, うかぶ, うかべる舟, うかんだこと, おびただしい炊煙, おろされた, おろそうと, かがやいて, ぎらぎらと, さしか, しきりである, そばだつ無, た, たくさんの, ただようては, ただようよう, ただよって, ついやしまして, つくって, でると, どんなに波, なって, ねらいを, はい出たため, ひろがって, ぴたりと, ぽっかり氷, ぽっかり浮かん, みせて, もどします, もどすところ, ゆき直ちに, ゆるゆると, シー・タイガ号は, ターンと, チラチラと, ブラ下げた, ポツリと, 一杯の, 一脈の, 一艘の, 一道の, 一部分頭を, 七人ききぬ, 下された一艘, 下ったが, 下りた, 下ろした, 不意に, 不時着, 中天たかく, 二隻の, 仏国東洋艦隊を, 住む, 何故と, 停船およそ, 働かないこと, 働く船員, 充満せり, 光を, 兵船の, 出たせゐか, 出たと, 出た自分たち, 出られるよう, 初島と, 勢力を, 勤めそして, 去年の, 吐き出して, 向かって, 吹く風, 呼び声を, 善く琢, 在った時, 在ること卅四日, 在るよう, 墜落の, 変ったこと, 大きい旗, 大きな背, 大入道が, 大島が, 大海魔の, 姿を, 孤立し, 実現させた, 密林の, 密集し, 實現させ, 小さい黒い岩, 山かと, 山影が, 左舷の, 差掛った時, 帆影を, 干珠満珠島, 幽霊船の, 弄ばれる小舟, 弓の, 当って, 影を, 怪物の, 戦い馬, 戻るとともに, 捲き起つて, 探照灯の, 散り乱れて, 散布されたる, 敵艦隊は, 於ける合衆國, 於ける警戒ぶり, 於ては, 昇り屍, 朦乎と, 桟道を, 横は, 此時まで, 残ったの, 求めたの, 泛びたるさまを見せ, 泛びたる高輪の, 泡が, 波も, 浮かぶが, 浮かべば, 浮かんで, 浮かんでは, 浮たるを, 浮び一方, 浮び上ったと, 浮び出ると, 浮び海底, 浮ぶ本船, 浮んだので, 浮んだ無数, 浮んだ蜃氣樓, 消え失せて, 滯泊し, 漁火星の, 漂い去ると, 漂うて, 漂うのみ, 漂う大入道, 漂う船, 漂う身, 漂つてを, 漂ふ, 漂泊し, 漂蕩した, 点々と, 烟を, 焔を, 無数の, 燃ゆる, 燈台の, 片苫, 物質を, 現るる, 現れて, 現れ男子, 現わし, 現出する, 現出れ, 生きる男, 生活する, 當つてまた, 當つて一個の, 當つて天軸一時に, 當つて星火榴彈に, 當つて極めて, 白き影, 白波が, 監視を, 眺めた事, 砲火迸り, 移されたり, 突き出して, 突起せる, 竜灯が, 緋の, 船手を, 船足の, 艦影が, 若干の, 英国を, 見い波, 見ると, 觀じ, 起ちて, 起る千差萬別, 起る風, 近く浮んだ, 送らねば, 逃れ去ること, 逃亡し, 連った, 進んで, 遊びに, 遊んで, 道を, 達して, 配列し, 釣り秋, 長々と, 長く尾, 長鯨, 降りる時, 難破船などの, 霧は, 露出し, 面白いもの, 颱風の, 飛んで, 駐在せる, 高島あり, 魔女が, 魚取りに, 鳴りひびく

▼ 海上~ (251, 18.9%)

3 島の, 旅を, 水鳥を

2 [13件] ガス即ち, 危険は, 敵は, 旅に, 明月潮と共に, 王たらし, 生活には, 道, 道は, 道を, 霊地の, 靄の, 風波は

1 [216件] ある地点, お迎えに, ことです, この異様, そこここに, そなえとのみ, ものよりも, やみうるしの, ザンの, スポーツである, ビルディングである, メリー号に, 一夜だつた, 一大宝塔, 一点を, 一覇王として, 三時間だつた, 三里は, 不思議さは, 不知不案内を, 不知火は, 世界とは, 主宰神が, 交通が, 交通に, 交通は, 交通も, 交通をも, 交通史を, 人々は, 人鴎に, 仕事には, 光景は, 光景を, 冒険的な, 別離だ, 前には, 剽賊にも, 力が, 勢力が, 危機は, 危難を, 同じ高, 向うに, 吟, 和船の, 国において, 国際的な, 國を, 地理形况等を, 夜の, 大なる, 大惨劇, 大渦, 大漁一家の, 大王たる, 大秘密, 大空には, 大船団は, 天候は, 婚禮の, 安全な, 安全を, 宝塔, 実習と, 宣伝方法が, 寒かった, 寒気の, 小島をば, 小島を以て, 屋久島は, 島, 島が, 島と, 島に, 島へ, 島を, 島国である, 島或は, 嵐の, 巌窟でございます, 市街なり, 平安を, 幻影, 弥勒の, 彼方から, 彼方に, 往來の, 往来こそ, 往来は, 心理の, 恐ろしい惨劇, 悲しみを, 情熱の, 戦争において, 戦仕, 故郷である, 敵が, 敵数千ぞうは, 斎忌厳しく, 新手が, 旅行者の, 日と, 日本アルプスだ, 旭光は, 智識を, 暴風雨や, 暴風雨鳴り響く, 月を, 有様を, 朝霧の, 案内に, 様子も, 様子を, 権者と, 權力を, 気であった, 気圧と, 気層に, 水面を, 汽笛に, 沸きたち, 法則から, 法則を, 泡とも, 波は, 波を, 活動は, 活躍を, 浄土の, 浄土遠く, 清く澄みたる, 清風は, 渡だ, 火が, 炬火を, 無線電信は, 燦火なら, 牢獄での, 状を, 状景を, 猛者ばかり, 理智という, 生活から, 生活は, 甲板で, 疲れを, 白い波頭, 白波に, 監視艦の, 眺望と, 祈願に, 神が, 神として, 神は, 空気が, 空気と, 空気は, 空気も, 粟島などに, 経験も, 習慣を, 耳目を, 職工と, 自由が, 興趣も, 船から, 船に, 船は, 船列は, 艦隊を, 荒々しい労働, 蓬莱宮中に, 表現を, 要衝として, 規則で, 規則では, 規則として, 規則は, 諸船, 警戒にも, 警戒は, 警戒を, 貿易の, 貿易商たちが, 貿易商人の, 賊船に, 赤い雲, 距離は, 跡は, 軍備までには, 迷信, 迷信を, 途に, 運送に, 道と, 道潮が, 里程は, 里程を, 里程北欧南欧の, 長旅を, 闇に, 防空監視は, 雄者に, 難を, 雪空を, 霧の, 風位は, 風向きは, 風景が, 風波, 風波の, 風波社会の, 饒舌, 騒が見えた, 鴎の

▼ 海上~ (178, 13.4%)

5 眺めて 3 飛んで

2 [12件] ながめながら, 埋め氷河, 引かれて, 望んで, 渡って, 照らして, 眺めやった, 航海し, 航行し, 見た, 風が, 飛ぶから

1 [146件] うろつくこれ, おろおろと, お治めなさい, こうして小笠原列島, こぎだした, ご脱出, さまよ, さ迷, すかして, すでに摂津, すべりだした, そっとすべり入っ, その暗黒, ただよう, ただよって, ながめ合って, はしりだした, ほのかに, ゆく大船, ゆく微, サンパン止め, ロンドンに, 一目散に, 一隻の, 二隻の, 互に呼びあい, 人目に, 低空飛行によって, 傳つて來た, 傳は, 光らして, 全速力で, 凝視せるあり, 勢ひよく往復する, 十一日で, 南東に, 吹いて, 吹きまくる, 吹き流されて, 吾輩が, 唄の, 問題の, 安全に, 安穏ならしめ, 封鎖され, 小舟で, 帆が, 彷徨した, 征服し, 怖ろ, 戻る計画, 折生迫の, 指した, 指して, 掃蕩し, 掠めて, 支配し, 支配せしめよ, 支配せん, 攻撃した, 新しい船, 旅する, 日本へ, 明るく染め, 暗紅色の, 暴れ廻って, 望む風景おの, 望めば, 東に, 横断する, 横行せる, 歩めること, 歩んでかの, 江戸へ, 波立つ水面, 泳いで, 流浪する, 浮ぶ汽船, 渡る時, 渡御し, 漂ううち, 漂うこと, 漂って, 漂到した, 漂流し, 漂流した, 漂浪せね, 点々と, 照し, 照らしたとき, 照らした時, 照らし爆雷, 照らす浮き灯台, 物騒がしいもの, 異様な, 真北, 眺むれ, 眺めた, 眺めたこと, 眺めた私, 眺めながら, 眺めるあの, 眺めると, 瞶め両手で, 経めぐった, 翔けて, 脱れ出る, 航海した, 航海する, 船が, 船体を, 荒い波, 行き過, 行く船, 行けと, 見たが, 見な, 見る何とか, 見れば, 見渡しおびただしく, 見渡して, 見渡すと, 見渡せば, 親船から, 觀望せられん, 談笑指呼の, 警戒る, 走って, 走つて, 走り暮れがた, 走るもの, 走る三隻, 走る存在物, 走れるか, 追ッ, 通る総, 進んで, 遊弋させ, 過ぎ行くなりけり漁業, 釣りまわって, 長いあいだ漂流, 陸地らしい, 飛びまわって, 飛び行くその, 飾る緑色, 鯨の

▼ 海上~ (64, 4.8%)

6 出て

1 [58件] あらわれた, おもどしねがいたいです, お逃れ, かえれるでしょうがな, こぎ出だし, でたランチ, でて, でる, のがれたとき, のがれ出たとも, ぽっかりと, むかって, もどすこと, もどるところ, 下ろして, 乗り入らう, 乘り入らう, 低く垂れ, 傲遊さし, 出た, 出たらその, 取り逃がしましたが, 吐き出して, 向けて, 向って, 商船に, 墜ちて, 墜落し, 夥しい泡, 富岡は, 引かれて, 散らかった, 流されて, 浮かんで, 浮し離した, 浮び上げる人類, 浮び上った鯨群, 浮んだでは, 漂った, 漂わしむることは, 眼を, 移られたぞ, 舟を, 船で, 行っては, 行っても, 行つては, 見えたと, 誘引き, 返還する, 追いかけて, 送って, 送り出すの, 逃げたが, 逃げ毛利家, 運び去り小, 響いて, 顔を

▼ 海上~ (51, 3.8%)

2 風波の

1 [49件] かなた陸上の, その乗船, その友だち, にわかの, ふつと, むかえて, わが艦隊, クエリヨの, 一事件が, 一隻の, 働くとき, 働く者, 其噂を, 助けを, 動作に, 包囲される, 大竜神, 尊氏方の, 己が, 当直夜番の, 拿捕されました, 敵船の, 星火榴彈を, 暴風か, 暴風に, 暴風雨に, 暴風雨の, 死んだ, 浮き岩が, 海賊船を, 漁を, 演ずると, 爆発させよう, 破船の, 稲光り, 約五哩, 行衛不明妻サヾエは, 覇を, 見かけて, 見る桜島, 送つて, 遊びます, 遠い灯台, 集ると, 難破する, 青森県を, 面倒が, 風浪に, 餓死する

▼ 海上~ (50, 3.8%)

1 [50件] これも, さだめし漆, すっかり濃霧, たいへんなぎわたっ, ともかく岐阜, どうな, どこも, ひどい寒風, まっくら, まっ暗で, よほど荒, 不気味な, 何時も穏, 凪ぎであつた, 吹き荒れて, 四十キロの, 墨の, 大きな波, 大荒れ, 大荒れだった, 天佑と, 尋常ならず, 幸に, 広くて, 後醍醐お, 朝を, 次第に波高, 気候意外に, 油を, 波平らかに, 波立って, 波高く, 無制限, 無月暗黒ただ, 煮えるよう, 白衣の, 相当波, 穏かで, 穏やかです, 織田家の, 至って穏, 至極無事, 茫として風光, 荒れ始めた, 静かである, 音の, 風やや, 風波強い, 風清く, 黒煙に

▼ 海上から~ (45, 3.4%)

2 姿を, 船で, 見ると

1 [39件] この火, この靈山, これへ, そそりたつ岩, 人の, 伝わって, 來る, 俺は, 化け物が, 印度や, 原城を, 商船に, 喜望峯まで, 幽霊船の, 廻送した, 彼らの, 拾いあげて, 摂津に, 望んだ刹那, 望んだ新, 本土の, 来た我等, 来るもの害, 樺太廳の, 決死の, 直ぐお, 眺める, 砲撃させた, 砲撃させる, 自分たちに, 見えて, 見たほど, 見た島山, 輸送する, 鉄砲で, 陸上を, 陽が, 霞ヶ浦に, 霧を

▼ 海上には~ (35, 2.6%)

2 何んにも

1 [33件] いくつかの, きっとわが, もうねらうべき, 一千三百隻の, 七百余艘の, 三井の, 世にも怖, 僕等の, 北条家の, 夜を, 夜光蟲が, 夥しい油, 尊氏の, 岩松の, 帆影一つない, 常に見られぬ, 広汎な, 忽ち目, 数千の, 此邊空氣の, 江の島列島が, 海から, 海上の, 海坊主の, 海賊岩松の, 破片一つも, 確實に, 船も, 船手の, 赤膚の, 連年さまざまの, 音も, 鴎の

▼ 海上生活~ (22, 1.7%)

2 をし, をした

1 [18件] が僕, が十日, が好き, が安穏, にたわいなく, にも始め, に対する無知, の最も, の経験, もした, をする, をやって来た, を偲んだ, を思いださせた, を止め, を続け, を送り, を送る

▼ 海上遠く~ (10, 0.8%)

1 で日光, カプリ島の, ヘツは, メーンマストの, 去る如し, 微かな, 持ち運ぶなどという, 持ち運ぶなどといふ, 放ちやつ, 注がれながら

▼ 海上~ (9, 0.7%)

1 あまり涼しかっ, よかろう, 大きく烈しく凄じ, 少しずつ, 広く明るく見渡される, 燦い, 美しいので, 荒れたので, 荒れて

▼ 海上~ (9, 0.7%)

1 また危険, まだくらい, 先づ無事, 夕茜に, 春凪に, 海岸の, 海底も, 無事だ, 無事で

▼ 海上では~ (8, 0.6%)

1 たしかに日本, ホーメロスの, モーター, 一ト騒ぎが, 司権者である, 同じく生命, 天気の, 米軍の

▼ 海上より~ (8, 0.6%)

1 この国土, 一見する, 天邊一髮の, 岸頭を, 来ること, 水煙を, 灯明が, 貴人の

▼ 海上交通~ (8, 0.6%)

1 すなわち潮流, には民族形成以前, の便利, の歴史, の門戸, は早く, を營ん, 従って博多

▼ 海上において~ (7, 0.5%)

1 おどろくべき事件, フランスの, 十二月の, 求むべき方法, 生産する, 至急貨物船, 起ったの

▼ 海上はるか~ (7, 0.5%)

1 に一声, に去っ, に向け, に思, に消え, に見渡し, の沖

▼ 海上海底~ (6, 0.5%)

4 の光景 1 の三方, の四段構え

▼ 海上遥か~ (6, 0.5%)

1 あなたに, な彼岸, な死, に流され, に霞こめ浦路, の孤島

▼ 海上からは~ (5, 0.4%)

1 まるで大きな, 対岸の, 尊氏の, 純友一党, 防波堤の

▼ 海上ビルデング~ (5, 0.4%)

1 が出来, と今, のあたり, のあらゆる, の建物

▼ 海上~ (5, 0.4%)

1 かなため, かに其到着, かに漕ぎ出した, かに遠い, に見ゆる

▼ 海上にて~ (4, 0.3%)

1 一たひ, 死せし亡者, 神女に, 風波に

▼ 海上にも~ (4, 0.3%)

1 きっとあの, 一隻の, 五十キロ乃至, 燈火一つない

▼ 海上~ (4, 0.3%)

1 に從, に從つて, の制定, を守り

▼ 海上~ (4, 0.3%)

4 の沖

▼ 海上生活者~ (4, 0.3%)

1 が港, が相手, や河, や海峡

▼ 海上~ (4, 0.3%)

2 があり 1 ではオミツチャゴ, に出た

▼ 海上風波~ (4, 0.3%)

2 の難 1 あり, の場合

▼ 海上にのみ~ (3, 0.2%)

2 一脈の 1 送って

▼ 海上まで~ (3, 0.2%)

1 いかなければ, わたしと, 運ぶべき介添船

▼ 海上~ (3, 0.2%)

1 て申上候通りニ御座候, 在ルガ, 見ユルノ日ナリ

▼ 海上ビル~ (3, 0.2%)

1 などの女, の東和商事, の試写室

▼ 海上一面~ (3, 0.2%)

2 に包囲陣 1 を掩わん

▼ 海上~ (3, 0.2%)

1 が天狗, のこと, の弟子

▼ 海上自衛隊~ (3, 0.2%)

1 のお, の応援, まで出動

▼ 海上からの~ (2, 0.2%)

1 敵水軍の, 風が

▼ 海上でも~ (2, 0.2%)

1 堂々と, 我々の

▼ 海上~ (2, 0.2%)

1 砲台との, 船の

▼ 海上なら~ (2, 0.2%)

1 またたく間だろう, む

▼ 海上わずか~ (2, 0.2%)

1 にさ, 十五分で

▼ 海上一帯~ (2, 0.2%)

1 に捜査網, は真昼

▼ 海上一昼夜~ (2, 0.2%)

2 の旅

▼ 海上三十七日~ (2, 0.2%)

1 も掛た, も掛った

▼ 海上三里~ (2, 0.2%)

1 のところ, の彼方

▼ 海上交通權~ (2, 0.2%)

1 を掌握, を握る

▼ 海上四十日間~ (2, 0.2%)

1 ことごとく英領, の所感

▼ 海上封鎖~ (2, 0.2%)

1 に活躍, を宣言

▼ 海上往来~ (2, 0.2%)

1 のさま, はいたしおりまし

▼ 海上暴風雨~ (2, 0.2%)

1 に会し, のため

▼ 海上~ (2, 0.2%)

1 たる宗湛, たる英国

▼ 海上用語~ (2, 0.2%)

1 じゃありません, の暗礁

▼ 海上~ (2, 0.2%)

1 なき所, にて罷

▼ 海上貿易~ (2, 0.2%)

1 の遮断, の開けた

▼ 海上遥か彼方~ (2, 0.2%)

1 にある, の神

▼ 海上~ (2, 0.2%)

1 つよく波, なく波平らか

▼1* [182件]

海上あと十キロのところ, 海上いちめんに白浪, 海上かなりの遠く, 海上からも幾多の, 海上がりの御, 海上くらい爽快な, 海上これへまいる, 海上さして高きより, 海上さらに追撃を, 海上すれすれに飛びつづけます, 海上その他のビルデング, 海上たちまちに風逆, 海上たひらかに爽快, 海上たるを覚えざる, 海上とすれ, 海上だけに特にそういう, 海上でさえあの通り, 海上での風向きも, 海上ということに, 海上とか或は序詞, 海上としては高過ぎ, 海上との間に, 海上とを比較し, 海上ながれて来る, 海上などで霧が, 海上などを振向いても, 海上ならぬ陸上に, 海上なるや分らぬ, 海上にあたって法螺の, 海上におきまして海賊船を, 海上における活溌な, 海上にでも砂漠にでも, 海上にまで走って, 海上に対する攻撃の, 海上はいちめんな狭霧, 海上はなはだあらくひどく, 海上はるか彼方なり, 海上ばかりにいるもの, 海上へは出られず遠く, 海上へも響き渡れとばかり, 海上まる一日を, 海上めがけておち, 海上又それ, 海上よりの攻撃に対する, 海上よりも強くあたたまり, 海上らしい方面には, 海上づかに, 海上をも監視させた, 海上会い丸ビル精養軒, 海上ニ於テノミ彼ノ獨立, 海上ニ横行シテ他邦, 海上ニ關スル事ハ君ノ不, 海上優勝ヲ, 海上ビルディング内だけでも死者数万人, 海上ビル東京駅帝国ホテルその他である, 海上一キロメートル若干の地点, 海上一日の航路, 海上一里ほどの正面, 海上三キロぐらいだ, 海上三マイルというところ, 海上三万里を離れ, 海上三十海里にある, 海上三十里を渡い, 海上三十餘丈の上, 海上三千メートルのところ, 海上三千餘百尺誠に高燥, 海上三時間は少し, 海上三里弁慶がどう, 海上九里と申します, 海上二マイルばかりのところ, 海上二十里漕ぎ出し海, 海上二十里余あつた, 海上二時間の眺望, 海上二里ほどの所, 海上二里間風なく波面席, 海上五十キロもはなれ, 海上五百キロの沖, 海上五里夜のうち, 海上交通網を脅かさん, 海上今やまさに津軽海峡の, 海上以北晴れる間, 海上伝いにどこ, 海上何百里名の知れない, 海上保険のごとき, 海上保険検査員のこと, 海上光りわたり, 海上八十浬長さ二百五十間, 海上六十カイリの引っ, 海上六百里長江を溯っ, 海上共に難所あり, 海上は播磨灘, 海上千里月明の色, 海上里の, 海上及び空中に, 海上呼べば応, 海上四五十海里まで浅い, 海上四日の後横浜, 海上四時間にし, 海上国際語である, 海上多少の風波, 海上大島にある, 海上大約千二百哩それより橄欖島, 海上守護の女神, 海上安全戸賀港何の某, 海上安全期成同盟会という団体, 海上宮島を望こと至, 海上封鎖ニヨリテ食料ト軍需品トヲ遮, 海上屋久島に出漁, 海上山常陸に筑波山, 海上左右十町には足りまい, 海上平穏一時宇品着電車で局, 海上幾海里を距, 海上無事に, 海上微かに江の島, 海上忽ち起る大, 海上なく桑港, 海上或は洞穴を, 海上捜査ならば, 海上支那に交通, 海上政策が具現, 海上救助作業が開始, 海上数百間の許可距離, 海上数里の先, 海上方面から攻めよせる, 海上日本海の沖の島, 海上暗くなりわが, 海上暴風に遭つて目的, 海上楽土の存在, 海上楽土観にはまず, 海上標識のため, 海上にもの, 海上権力もまた, 海上ヲ占領シテ西軍海陸, 海上此景色を望む, 海上武族などがあっ, 海上歩行で辛くも, 海上遣なるべしとの, 海上荒れて, 海上浄土の出身, 海上浄土我々の生命, 海上浜辺を見廻した, 海上浪人のこと, 海上浪高ク激シキ風雨ニ遭セラレルヤ妃弟橘媛命ハ竜神ニ祷リ, 海上海中海底についてあらゆる, 海上漂泊者の経験, 海上火災の代理店, 海上無事の祈り, 海上無事日本に帰, 海上無事神戸に着きました, 海上無数の毒蛇, 海上煙り罩めて, 海上に困らぬ, 海上王国にただ, 海上生活二三日ののち, 海上生活者独特の皮膚, 海上白波を翻す, 海上懸けて, 海上眺望の図, 海上知識は多く, 海上石見高島の鼠, 海上一里という, 海上胤平が, 海上胤平翁のした, 海上行き過ぐるもの, 海上軍國主義ヲ碎破スルニ足ルベキ軍國的組織ハ不可缺ナリ, 海上く走る, 海上追跡が始, 海上通商のこと, 海上連絡は釜山航路一つ, 海上運輸の便不便, 海上道規凡四十里許り北の方, 海上郵船その他関係したビルディング, 海上里程が誌, 海上鎮護の神, 海上陸上に限らず, 海上雄飛時代をどんな, 海上難破して, 海上静まりしと見え, 海上に求め, 海上風光の鑑賞, 海上風静かに波平らか, 海上飛魚多し