青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「物語~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

牛~ 牛乳~ 牡丹~ 牢~ 牧~ ~物 物~ 物理~ 物置~ ~物語
物語~
~物質 物質~ ~物音 物音~ ~特に 特に~ ~特別 特別~ ~特徴 特徴~

「物語~」 5004, 54ppm, 2145位

▼ 物語~ (1136, 22.7%)

41 中に 25 中の 10 中で, 中には 8 なかの 7 主人公は, 筋を 6 なかに, 中から

5 [11件] うちに, ような, 上では, 上に, 中にも, 中へ, 主人公の, 筋に, 筋は, 筋も, 結末を

4 はじめに, やうに, ように, 主題と, 作者が, 冒頭に, 出生なども, 女の, 筆を, 訂正を

3 [19件] テンポを, 中では, 主人公が, 主人公である, 主要なる, 作者, 作者の, 作者は, 先を, 外に, 女主人公, 如きは, 娘に, 性質から, 時代に, 最後に, 本を, 発端は, 續き

2 [82件] うちで, うちにも, お相手, かぐや, ごときは, ついでに, なかで, なかでは, なかにも, やうな, 一場面を, 上で, 中でも, 中なる, 主人公だ, 主人公と, 主人公とも, 主人公に, 主要な, 主軸は, 主題を, 人間に, 体裁を, 作られた時代, 作者だ, 作者である, 値打の, 全部は, 内容に, 内容も, 冒頭で, 冒頭において, 初めに, 初めの, 創作は, 原稿を, 叙述に, 口を, 場合には, 多くは, 始めの, 娘の, 後を, 御様子, 挿絵に, 昔から, 時代には, 書けるはず, 最初の, 本にも, 条件に, 校合を, 根幹を, 條件に, 構想に, 様な, 歌から, 畢りし, 発展を, 発端である, 目的です, 研究, 筋などは, 筋の, 範囲外に, 結末が, 結末は, 老夫婦, 背景の, 興味に, 興味は, 著者を, 連作を, 進展に, 進行を, 邪魔を, 部分が, 銀六は, 間に, 面白さ, 順序として, 類を

1 [700件 抜粋] あった当時, あつた, あとに, あとの, あはれは, あらすじは, あらん限, ある安積, ある尼寺, ある部分, ある限り, ある頼朝公, いずれの, いずれも, いとぐち, いろいろが, いわゆる大切, うすぐらい冒頭, うちには, うち長摩納に, うぶの, おいおいに, かたちである, かたはしをだに, かような, ことである, ことなども, ことを, この所, これが, ごときいやしくも, ごときも, さてもさ, すすむにつれて, すべてを通じて, ずっと後, そういう解釈, ただひとつ, つ, つづきを, どぶ, どれを, なぜか, はじまる頃, はじめの, はたの, ひとしをり, ひとつである, ひとふし, ほかは, もう一人, もつ, やうで, ようで, ようよ, エソツプは, カフカは, スムースな, テンポの, プロットには, モラルは, ヤマな, 一つとして, 一つの, 一例を, 一八五〇年版に, 一切は, 一弛, 一種とも, 一節, 一節な, 一部が, 一部始終を, 丁山, 七卷の, 三分の一を, 三分の二まで, 上にさえも, 上にも, 上編を, 上記の, 不思議さは, 世界いわば全然, 世界が, 世界にばかり, 世界の, 世界は, 中からも, 中にでも, 中より, 中始終, 中心が, 中心と, 中極, 中程に, 中途に, 主人では, 主人公だった, 主人公であった, 主人公です, 主人公とが, 主人公な, 主人公に対する, 主人公も, 主人公土屋庄三郎昌春は, 主人公旗本の, 主人公赤格子と, 主人公雛妓かの子は, 主点だけ, 主題として, 主題とも, 主題には, 主題または, 主題乃至, 事実に, 事実により, 二ページくらいの, 亞剌比亞の, 交換と, 人物たちは, 人物は, 人生観を, 人間像を, 仕方を, 伝はる背後に, 伝承者として, 伝統と, 位置が, 体, 佛譯を, 作られたこと, 作られたころ, 作者これを, 作者たらしめた, 作者という, 作者に, 作者については, 作者ばかり, 作者今日で, 価値に, 候なり, 傍流に, 催しを, 傳授とか, 全体が, 全体を, 典據調べなどは, 内容からも, 内容が, 内容は, 内容を, 内容如何に, 冒頭は, 写本を, 出た頃, 出来た十三世紀, 出現は, 出雲の, 分, 初めにも, 初めを, 到る所, 前半が, 前提である, 前篇は, 副主人公わたくし, 創作者最後に, 効果が, 匂いを, 半ばを, 半より, 半分は, 原本たる, 原本では, 収集の, 叙景の, 口写しらしい, 古い印象, 古い家々, 古い物語, 古形で, 古戦場から, 史蹟を, 史蹟調べも, 吉三郎建立と, 味いも下界で, 和歌に, 哀れを, 哀歌や, 四人の, 図に, 国へでも, 型である, 型を, 場である, 境遇が, 壁, 多くが, 多く侍ふなる, 多数の, 夢幻しに過ぎなかった, 夢想兵衛であるらしい, 大体の, 大要を, 奇しい, 奥に, 奥底に, 女, 女が, 女主人公ジェルヴェエズ, 好きな, 如きも, 如き淡々, 如く, 如く彼等, 妖婆の, 始まつたの, 始めに, 姫君の, 学問的研究は, 完成の, 定跡, 小さなひな形, 小主人公等, 尚存, 尼寺を, 尽きたところ, 屋根の, 巻尾を, 平家的諧調と, 年立を, 幻は, 幾種かを, 序文に, 序言を, 序論として, 底に, 延長にも, 弾かれたの, 当麻において, 形で, 形を, 形式でしか, 形式に, 形式による, 形式を, 影響が, 後に, 後の, 後私たちは, 徒に, 徒輩に, 心おぼえ, 必要上今日の, 恐ろしい場面, 恐ろしい妖婆, 悲しさ, 情調を, 意だ, 愛好者であった, 憎かりし, 成立を, 戯作なら, 戯曲化を, 才能という, 扱ひ, 技巧が, 技術によ, 押韻訳や, 挿画に, 挿話でも, 推移として, 插入, 故にでは, 数だけは, 数を, 整理や, 文が, 文体思想等についても, 文句は, 断篇とが, 新たなる, 新版が, 方が, 方も, 既存を, 日常的な, 昔など, 昔日の, 時代が, 時代すなわち, 時代にも, 時代即ち, 書き出しの, 書き方では, 書ける作家, 書出しに, 最も自然, 最中に, 最初に, 最初にも, 最初以来甲州から, 最後で, 最後では, 最後を, 末何処から, 本たちを, 本でがな, 本に, 本には, 本文, 本筋に, 本筋の, 本筋を, 本題には, 朱にも, 村に, 枢軸が, 校合も, 根幹と, 根本に, 極めて美しい, 構成と, 構成には, 構成は, 様式を, 標題を, 次を, 歌にも, 歐字本が, 此側から, 歴史性を, 民衆性は, 汎くまた, 治承, 洪水の, 流布に, 浄人の, 消滅し, 添加, 源流と, 準備である, 焼直し染み, 片影は, 王にも, 現在なお, 現実で, 男女の, 画をも, 発展し, 発展に, 発散する, 発端で, 発端と, 発端としての, 発端に, 発達する, 登場者の, 發端から, 目的でない, 目的では, 盲人の, 真偽は, 真実なる, 真相を, 真精神, 眼目である, 祕事と, 祕密出版などを, 種と, 種なれ, 種は, 穉気を, 空想は, 端緒が, 第一, 第三話, 第二回分, 第二部, 筆者も, 筋から, 筋が, 筋だけの, 筋だけを, 筋と, 筋などを, 筋には, 筋を通して, 筋及び, 筋通りである, 筋道などは, 筋道も, 粉本な, 粉本の, 約束から, 純益だ, 終は, 終りの, 終りは, 終わりまで, 終末に, 終結を, 組立に, 結びの, 結末, 結末だけを, 結末と, 絵入, 継承を, 緒は, 緯糸に, 繭を, 美しい, 美しさ真実さ, 老人が, 考証は, 考證は, 聽手達は, 背後の, 背景は, 背景を, 興味の, 舞台と, 舞台は, 舞臺である, 舞臺は, 著者が, 著者と, 著者は, 藤原の, 蘇生譚の, 蟋蟀の, 行われる一定, 行基, 要求を, 要点を, 要素である, 解釈の, 訓話の, 記事の, 記憶から, 記憶を, 註文にも, 註釈者の, 詞とは, 詞章が, 詩の, 話で, 話は, 詳しい事, 語りて, 語りてでも, 語り手, 語り手でなけれ, 語り手を, 誤りなら, 読み方とか, 読者諸君は, 調子も, 謂わば, 講釈でも, 資料と, 起きたの, 起こってるころ, 起原が, 起原の, 跡を, 辻褄を, 途中において, 通例として, 速度を, 連続なり, 進むにつれ, 進むにつれて, 進展につれて, 進展を, 進行に, 進行の, 進行中に, 遠眼鏡を, 部分や, 部分を, 重盛諫言の, 金髪の, 開展に, 間全く, 陰に, 非文学性虚構, 音羽にも, 題ださうです, 題で, 題の, 類で, 類の, 類殊に, 風, 首に, 骨子とも, 魅力が, 鹿の

▼ 物語~ (1022, 20.4%)

31 して 19 書いて 18 読んで 16 聞いて 8 書くこと 6 語って 5 した 4 しました, なす, はじめました, 創作する, 聞かせて

3 [17件] する, はじめようと, はじめること, もって, もつて, やって, 伝誦する, 始めたの, 書いた, 書いたの, 書きそれ, 書くに, 書こうと, 構成する, 耳に, 聞きながら, 語ること

2 [55件] いたす気, うけたまわりたいと, かいて, きいたとき, きくと, させて, しながら, すると, するの, する事, そのままに, それほど高く, つくって, はじめた, ひとつ見つけた, 不自然でなく書く, 伝えて, 伝へて, 伺いたいと, 作って, 僕は, 出して, 含んだもの, 夢想し, 大阪弁で, 始めた, 宝石の, 引き合いに, 描いて, 暗記し, 書いた作者, 書いても, 書かうと, 最後まで, 構成し, 発表し, 発表した, 終つた, 考えついた人, 考えて, 聞いたこと, 聞いたの, 聞かされて, 聞かして, 聞くこと, 聞くと, 胸中に, 自分で, 舞曲に, 見ても, 話して, 説き出した, 読んだの, 集めて, 骨子として

1 [738件 抜粋] あまり熱心, ありがとうございました, あわせ読むと, いと易々, うけて, うたつた, おひきうけした, お伝えし, お望み, お聞きなされた, お読み, かいても, かくと, かくの, かたりはじめた, からくりの, きいた私, きいて, きかして, きかせて, ききそこ, ききました, きくため, きくよう, きょうくりかえし読ん, くりか, くりひろげて, ここで, ここに, この上なく愛誦, この盲人, ごく短, ご存じだろう, さして, さしていう, さほど高く, したあらまし, したこと, したその, したら楽しかろ, したり, しつくしたが, しては, しなくな, しよう, しようと, し合っただけ, し合った末, じかにその大きな, すなわち雨月物語, すること, するため, するという, するよう, する人, する女, する時, する機會, する駅長, すれば, そのま, そのままここ, その二人, その後に, その神, たくさん書いた, たくさん書きはじめたり, ただ北, だれか, つくり出すこと, つくるとは, つづける, つづける必要, つまど, つらぬいて, では, とおして, とりあげたこと, とり出します, どう解釈, どんなにお, なされて, なされ私, なして, なすにつき, なすの, なめらかに, のんびりと, はじめたと, はじめたので, はじめて, はじめながら, はじめる, はじめ私は, ひきおこし同時に, ひきました, まるで希望, みずから自分に, みると, むすんだ, もう一応再, もたない, もった人, もった旧い, もとに, やさしい物言い, やっと写す, やめて, よく活動写真, よむ人, よんで, わが近く, わたしひとりの, シャクに, テスト一回通し, デッチあげ, フォマ・グリゴーリエ, ミンミン島と, 一々事実, 一つおきかせいたしましょう, 一つずつ, 一まず, 一寸よみ, 一笑に, 一貫せる, 上代の, 与えたクルィロフ, 世にも熱心, 中に, 中心に, 主人アントニイに, 了りました, 二つばかり, 二三拾いあつめ, 交した, 交わせて, 人形に, 人形を以て, 仕組む, 仕組んで, 伝えられるサン・ジェルマン伯, 伝えるという, 伝承し, 伝説として, 伴って, 伴は, 何かの, 何度も, 佛教的に, 作つたといふ, 作つてゐた, 作り上げ実験嫌い, 作り出させる次第に, 作り出した権力階級, 作り得たでも, 作り研究物, 作ること, 作るに際し, 作るに際して, 作ろうってのさ, 作者は, 例に, 修めねば, 傍聽せし, 先に, 公に, 冷笑し, 出来るだけ, 利用し, 創りあげましたので, 創るならせめて, 創作した, 創造する, 加えました, 単なる興味本位, 単純に, 參照し, 友人に, 取らず劇, 取り出した, 取扱つた, 口づたえにして誦し, 吟誦する, 含む, 含んで, 味い, 呼び起こすべき強い, 喋りそして, 喜ぶこと, 囁き交わさむと, 回想し, 多く傳えた, 夢の, 大分つじつまの, 大胆にも, 好いて, 好み遂に, 始めた句, 始めて, 始めましょう, 始めようと, 始めるに, 始めるの, 宇宙万物の, 完了した, 少しも, 尼さんから, 展開させる, 展開した, 嵌め込んで, 己が, 帳面へ, 幸内の, 延びさせて, 引きずつて, 強いて, 彼女に, 御報道, 御馳走に, 思いおこさせる, 思い付いたの, 思い出させるよう, 思い出して, 思い出し私, 思い合せた, 思つてゐる, 思ひは, 思ひ出した, 思ひ出して, 思ひ出づるまにまに, 思ひ合せた, 恐らくは初め, 悪文だ, 想い出す刻限, 想うたいつか駅長, 想像させる, 想像し, 想浮べました, 愛された高貴, 愛読し, 感じて, 成したの, 成して, 成り立たせる条件, 手本として, 承って, 披露する, 拝聴する, 拵えて, 持ちまた, 持ち又, 持って, 持つて, 持つよう, 推察する, 描いた, 描いた絵, 描くにあたって, 描くもの, 描こうと, 插んで, 插入し, 改作し, 救つて余りある, 断念せざる, 日本の, 更に不思議, 更に蒐集, 書いたこと, 書いたり, 書いた小説, 書いた後, 書かうとして, 書かしめた, 書かせて, 書きつづること, 書きつめあるいは, 書きのこして, 書きはじめた, 書きました, 書きより, 書き上げて, 書き始めたと, 書き始めてから, 書き支那, 書き残したいと, 書き直したり, 書き継ぐ忍従, 書き続けて, 書き綴る以外, 書き記す作者, 書くと, 書くオクタヴァス・ロイ・コーエン, 書く上, 書く場合, 書く必要上, 書く時, 書く筆者, 書けるところ, 最も直接, 最初から, 最近の, 有って, 期待し, 校訂す, 案出する, 極力打ち消し, 構成するであろう, 欲する, 歌うの, 歌ひ聞せ, 止めて, 此二大, 歴史で, 歴史的事実が, 残したディッケンズ, 残して, 残す所, 気違い沙汰だ, 求める気分, 汚すこと, 演じて, 漱石は, 為あげ, 熱心に, 片っ端から, 物語った, 特にあなた, 特に応仁以後, 独得の, 現す事, 現代的に, 生じた民, 生み出したの, 生み出すに, 生んだの, 申し上げて, 申し上げる, 発展させよう, 発生させ, 直接聞かされた, 看る, 知ってるだけに, 知つてゐます, 示さない, 私に, 私以前の, 移して, 空想の, 端切り中を, 節を, 簡明に, 紹介した, 終えたパーヴェル・パーヴロヴィチ, 終らなければ, 終ると共に, 終わった氏, 終始した, 組立てその, 結ばせて, 結んで, 絵巻物十二巻に, 絵模様に, 続けた, 続けて, 綴り縫う謎, 綴るに, 綴る婦人, 緒として, 織つた, 繰り返すつもり, 翻訳した, 考えながら, 耽読した, 聞いた, 聞いたとき, 聞いたまま, 聞いたり, 聞いた日, 聞いた時, 聞いてるとは, 聞かされたあと, 聞かされたわけ, 聞かされた当時, 聞かされると, 聞かされる面白味, 聞かせあたたかき, 聞き, 聞きこの, 聞きさ, 聞きたるならむ, 聞きつとこそ, 聞きてよりは, 聞きに, 聞きもし, 聞き入れる体, 聞き此像, 聞き終ると, 聞き貪ったこと, 聞く, 聞くとも, 聞くのに, 聞くよう, 聞く内, 聞けば, 聞ま, 聴いて, 聴かれたなら恐らく, 聴かんと, 聴き続けて, 聴くと, 聽聞すべく, 育てて, 胸に, 自分が, 致して, 致しましたが, 致し候, 色こく, 蔵し, 裏打ちする, 見たいという, 見つけ出したいもの, 見ては, 見ると, 見るよう, 見出されようけれども, 見出した, 観ました, 解釈する, 訂正し, 計画した, 訴うる, 註釈する, 試みようと, 話した, 話し出すの, 誘発する, 語ったという, 語つてきかせた, 語つてゐる, 語らせた, 語りながら, 語るだけ, 語るなか, 語る事, 語る人, 語る口, 語る如く, 説き明かした, 読まないかと, 読まれた諸君, 読まれる前, 読みその, 読みつ, 読みつづけたが, 読みて, 読み且つ, 読み其の, 読み多大, 読み聞かせたり, 読み行く際, 読むと, 読むに, 読むもの, 読むよう, 読む側, 読む時, 読んだこと, 読んだとき, 読んだ時, 読んだ誰, 読者に, 誰から, 謡うて, 謡つてお, 讀むこと, 讀めば, 貫き支える精神, 貴下が, 起すと, 近代語に, 述べて, 述べるよりも, 送って, 連想させる, 連想する, 進めて, 進めなければ, 進める上, 遊女に, 選んで, 遺しただけで, 隔晩に, 雄略天皇の, 集める一人, 集め一九二一年, 頼まれる十六日, 題材として, 麦田打つ手を

▼ 物語~ (474, 9.5%)

6 これで 4 ここで, 一変する 3 一と

2 [13件] おわった, こ, これにて, ゴーリキイにとって, ペンペン草の, 何を, 彼の, 日本に, 私が, 解説に, 謂わば, 面白いもの, 靴音の

1 [431件] あたかも現今, あった, あとに, あの名高い, あの独自, あまりない, あまりに悲惨, あまりに気違い, あまり長く, あらゆる読者, ありませんか, あり得ないあれ, あるが, あれだけで, あれで, あんまり哀れ, いかに美しく, いくらも, いたくわが, いたって, いっそう古雅, いつごろの, いつのまにかそれ自身, いつは, いつまで, いはば, いままで, いま保元の, いみじき物, いよいよクライマックス, いわばその, おのずからその, お葉, かういふの, かういふ事実, かえってこの, かくして発生, かなり長い, かの, かれロジェル, きょうに, こうした種類, こうして, こうして生れた, こうである, ここから, ここに, このふしぎ, このよう, この一室, この作家, この夜, この本, この泥坊事件, この秘密, これからさらに回, これから始まる, これから源平紅白二つ, これぎりでお, これより, これを, さう, さほど遠い, ざっとこの, しかしみな, しかし実は学問, しばらく運命, すでに中世, すでに文字的創作文学, すべての, そこに, そのため, そのよう, その一見, その作られた, その名, その和島丸, その妻, その当時, その彼, その意図, その手記, その時敬太郎, その時根, その本質, その柔弱, その清盛, その特別, その翌年, その間の, そもそも何, それぞれに, それで, ただ定まった, ただ彼, ただ汚らしく, ただ陰惨, だいたい平家栄花時代, だれ易き, ちょっと風がわり, つきものかも, とびます, とりも, どうやら五日目, どれも, どんな小説家, どんな諧調, なかなか面白い, なんとなくアラビアンナイト, のせられないでも, はじまる, はじめて聞く, はや緒, へんてこに, ほとんどことごとく宋時代, ほぼ一様, ほんの全体, ほんの序曲, まさしく大衆的, まずこの, またとないであろう, また異常, まだいろいろありました, まだどっさりある, まだ仔細, まるでけばけばしい, みずみずしく記憶, みな學識の, みな実に, みな小, むしろ厳粛, もういちど, もって, もっとずっと古代, もと三十卷あつ, やはり古風, やはり王朝時代, ようやくここ, ようやく始まった, わたしたちに, アショカ王より, アフンルパ, イカバッドの, インドの, オウィディウスの, オルコット女史が, ギリシアの, ケント州の, シムラの, スタティウスの, ゾラの, ディオン・カッシウスの, ドイツの, ハリスの, フレデリックと, ラッパチーニの, 一体何, 一八一五年より, 一八二頁, 一六八頁, 一大関節に, 一層物凄く, 一見非常, 一通り君に, 三六六ページ, 三十幾歳で, 三日経過する, 上代の, 下手くそである, 不完全たる, 不思議な, 世に, 世にもふしぎ, 世界文學の, 世間に, 中央の, 中村君一流の, 中臣女, 主として甲州裏街道, 了って, 事実である, 事実の, 二つの, 二番艦明石の, 五世紀の, 京都居住者の, 人交も, 人生の, 人類の, 今から, 今だに, 今の, 今我空想, 今日まで, 今日私たちに, 今更茲, 仏在世既にあまねく, 他の, 以上だけ, 伝へられて, 伝わって, 何か, 何となく彼女, 何と私たち, 何時か, 佳境に, 佳境の, 傑作である, 傳説第, 元から, 充ち満ちて, 先き, 先ずその, 先づ半, 児童教育の, 全く外國, 全三巻, 六月頃から, 其に, 再び運命, 凡て連続物で, 出来たもの, 出発点を, 別に, 別の, 前に, 前の, 前後の, 前者の, 創作半, 力づよく語っ, 勿論である, 勿論私達, 十分に, 十勝の, 卑彌呼時代に, 南朝の, 単に情痴, 印度文學の, 即猿女, 原稿紙に, 古い帳面, 古くて, 古来多く, 句ごとに, 可なり, 右の, 各地の, 同じ事, 周圍の, 嘘の, 噺の, 固より, 土地の, 在来の, 変だ, 外にも, 多いの, 多うございます, 多分に, 多少経験, 夜の, 夢中に, 夥しく殘, 大切な, 大嘗祭にのみ, 天の, 太閤記で, 失われること, 奥羽には, 女の, 如何に彼等, 始まること, 姑く, 学習室で, 定めて, 実に当時, 実に戦慄, 実に津々たる, 実際こちら, 實相で, 少しく別, 少し陰惨, 尚長く, 尽きないが, 尽きなかった, 尽きるところ, 展開する, 山伏し, 山林の, 岩波文庫に, 島の, 巧みな, 巽風, 平安に, 平静に, 弟子から, 彼が, 彼ポーニンが, 後に, 後へ, 必ずしも吾妻鏡, 必ず神曲, 必妻争ひ, 恐らく神代, 息づまる生活, 恰も彼, 恰好の, 悉く歴史的事実, 悪魔の, 成立せぬ, 我ら江戸っ子全体が, 我國に, 或る, 戦前に, 戯曲の, 控えた方, 支那人の, 政治小説では, 数え切れないほど, 数多い遭難哀話中, 文学として, 文学の, 文豪の, 新しい寿詞, 旅客機ヤヨイ号が, 既に以前, 日本の, 日本書紀には, 明日も, 昔の, 昭和初期の, 是が, 時間によって, 曰う, 書いて, 書き終, 最初余が, 最後に, 有名な, 木曽の, 検事長閣下が, 楽器が, 次の, 欧州の, 止むときなかりしかど今は, 正しく系統, 正に国際的舞台, 此ら盲巫覡の, 此形ばかりを, 此所で, 歴史第, 段々あつ, 氏忠と, 永く耳, 江戸時代の, 池の, 決してこれ, 決して夢, 決して歴史的事実, 決して理解, 熊野信仰の, 片仮名を, 物語としての, 物語を, 物部の, 特にその, 特に面白く, 琉球の, 甚竹取, 生そのもの, 疑ひも, 疑わしいかども, 皆無だ, 皆百合若に, 皇室の, 盡きるだらう, 瞽女の, 硯友社外の, 神だけに, 神の, 空をも, 窒息する, 立派にて, 第十話, 箱根権現の, 約四十種, 紫式部が, 終えたと, 終ったの, 終って, 終らうとして, 終るの, 終ろうと, 終わった, 結局は, 耳にも, 自分らの, 舞台を, 芸術鑑賞の, 茲に, 著者コフマンの, 藤原信実の, 虎御前の, 虚構と, 蚕の, 西暦一千九百五十年に, 言う, 言ふ, 詩として, 誠に楽しく, 読者の, 読者を, 誰でも, 諸君の, 諸氏, 越後へ, 農民の, 進んで, 逸話の, 遂に頑固, 金の, 金五郎の, 鉱物とともに, 錢形平次が, 鏡葉之, 長いから, 阿部家へ, 非蓋然的, 頗る長く, 餘り

▼ 物語~ (430, 8.6%)

14 出て 8 耳を 6 して, しても 5 なって, よれば 4 必要な, 於いても, 現われて 3 あらわれて, あるよう, なつて, なるの, 就いて, 書いて, 現れて, 関係の

2 [18件] ある光源氏, ある巨人, すぎない, なる, なるだらう, 仕立てて, 属する, 平次も, 於ける兎, 気を, 浮身を, 私は, 興味を, 見えたり, 語られて, 重大な, 関係ある, 限らずギリシヤ神話

1 [314件] あくが, ありさ, あるその, あると, あるなが, あるの, あるのみ, あるバベルの塔, ある京, ある仇打, ある兎, ある垂天, ある学者, ある平井権八, ある改悛, ある烏, ある竹, ある莫大, ある財産, いい加減, いう, いつも新鮮, いづ叔父マーク, いよいよ拍車, うち興ずる, うつつを, うつること, おのが, かういふ話, きいたが, きき入って, くらべると, こういう話, こしらえあげて, ことよせて, この石門, しばらくは, しろスタンダール, しろメーテルリンク, しろ求めるもの, すぎずされど, すぎないの, すぎないわ, する, その名, それが, たいへん心, たったそれだけの, たるみを, つき紫女, つりこまれるにつれ, つれて, でて, なったであろう, なつた, ならその, ならつたもの, なりますと, なりマダム, なるから, なるでしょう, なると, なるよう, なるわけ, なる時, はなやかな, ひそかに, ひどく, ふけって, ふさわしい声色, ふさわしい狂的, ぶつかる, ほぼ同じ, まとめあげて, みなさん夢中, めでたきこと, もとづいたノリナガ, もり込んだ, やさしい同情, やや色, ゆくか, よくあります, よったか, りやうじゆせんの, われは, アメノフイスといふ, ハンス王が, 一僕銀白蛇の, 上東門院の, 不必要, 不知不測夜を, 両人は, 主題を, 二人の, 云う, 人を, 人類は, 他は, 以前は, 伏在し, 伝えられた最明寺時頼, 伝えられて, 伝えられるあの, 伝える類, 伴奏を, 伸子は, 何の, 何度も, 何等論理的まちがい, 余念とては, 作り上げること, 倣つた, 傳は, 優るもの, 入つて, 入り込んだもの, 入れて, 典型的な, 内舍人, 出た蘆刈り, 出た諸, 分かれたこと, 別れを, 半七, 危機一髪の, 危機一髮の, 参与し, 反映し, 取りかかった, 取りかかる価値, 同情し, 名高きオレンジ伯ウイリアム, 回主が, 因りて, 土牛の, 地下の, 基づいて, 変つて行つた, 外術と, 大そう, 大変興奮し, 大酒家, 天狗の, 天皇の, 女らしい好奇心, 始まった言葉, 始まって, 始まる, 始まること, 始めて, 安倍頼時が, 宗教上の, 富んで, 対抗し, 対照し, 専らなる, 少しく色, 少しく隙, 少なくない, 尽しきれない, 展開される, 属して, 属するし, 帰着する, 引き込まれて, 從へ, 御座候, 徴し, 心を, 心奪, 必要は, 応用したるなり, 感じて, 感ずる風趣, 感激し, 憧れ渡って, 我々の, 或る, 戻る前, 手加減を, 拍子を, 拠ると, 拠る宗教楽, 拵えようと, 持込んで, 描いて, 描かれた事, 数多く接し, 於ける平家, 於て, 於ては, 既に記載, 明かそうでは, 昔し, 星が, 時の, 時刻を, 時移り, 暮して, 曰く, 曰く頂上に, 更けた, 書かれて, 書き下さなかったの, 期待し, 杜子美に, 柿の木金助の, 次の, 殘つて居る, 殘る, 母一人子一人夕の, 比してずつと, 比べれば, 氣を, 池の, 沒頭し, 没頭し, 法體にも, 流れて, 添えること, 清盛が, 準じナイル河, 熱心に, 特有の, 珠運も, 現わす, 現われたあらゆる, 現われた氏, 現われる主要, 疲れを, 疲れ過ぎた現代的, 登場する, 白装束や, 相応しいよう, 示されて, 祖父や, 神, 私も, 移りたいと, 移るの, 空想を, 箝めて, 篠の, 粉飾する, 紛れて, 終った, 組み立てたの, 結びつきそう, 綴りオーギュスト・ヂュパン, 綴り代, 綴るとしても, 綴る必要, 編みあげしかも, 縁古の, 置き換え出した, 耽った, 耽つて, 耽りました, 耽ると, 聞いたこと, 聞いて, 聞きいること, 聞きつるメヂチ家, 聞く少年, 聞く山姥, 聞ける亞弗利加沙漠, 聞恍れ, 聞惚れ, 聴き入つた, 聴水といふ, 自ら興じ, 與らで, 興味が, 見えたる巫女, 見えて, 見えても, 見える伊勢武者, 見し時, 見る朱雀大路, 証拠だ, 詩を, 詳しく出, 詳しく記され, 誘われて, 語られる神, 読みふけった, 読み耽けられたん, 譲ろう, 豐玉姫と, 負けて, 載つて, 近いもの, 近い曲節, 追いついた, 這入つて, 通じて, 過ぎない, 過ぎなかったが, 過ぎぬだろうが, 違わず翌日, 遠慮なくは, 酔わされこの, 釣られて, 鋳造し直す, 鎌を, 鑄造し直す, 關する, 限って, 陷らしめず, 音声に, 題は, 飛躍し, 驚きながら, 魅かれ

▼ 物語~ (360, 7.2%)

32 ある 8 あるの 5 あった, これである 4 あります, あるが, 一切語部の, 彼の 3 あって, あること, あるに, あるん

2 [11件] あつた, あるぢ, さほひめ, して, 丹比壬生部に, 完成する, 示すよう, 私達に, 自ら描写に, 見られるよう, 野卑陳套の

1 [260件] あったの, あったのに, あったろう, あつたらう, あつて, あつめられて, あふれて, ありそう, ありました, ありますね, ありまた, あり不思議, あり繁華, あるけれども, あるだけ, あると, あるもの, あるよう, あるわけ, あるんで, ある君, ある湯, いいな, いくつも, いささか突飛, いったいこの世, いつか苅萱の, いつの間にか消え改まり, いよ, いろ, いわゆる神話, うかび上がる, うち断たれ, うまくお話, うまく小説, おこるとは, おそらく十二世紀末, おもいがけず僕ら, おわると, かかれて, きわめて論理的, くりひろげられて, くりひろげられる, ここまでで, ことによる, このこと, この作者, この天皇, この病青年, この英雄, こまごま述べ, これと, さかんに, すでに存在, すでに盛ん, すんだあと, すんだの, そこから, そのやう, その後から, その部落・部曲, そんな風, たくさんある, だんだんに, てるて, できあがった, できあがる, できたの, とめどなくはずみました, どういう源泉, どうやら彼, どんなにまざまざと, どんなに深く, ないからといふ, ないと, ないといふ, ない為, なかなか尽き, なくては, のって, はじまります, ばかばかしく聞い, ひどく私達, ひろくよまれる, ふいと, ふたたび彼, ほうぼうから, ほかひ, ほんとうに, まだ原稿, みんなを, もつすばらしい, もと富士山下, ようやくここ, よく出, わかります, アイスランド人の, アラビアン・ナイトであっ, ショパンの, テーマだった, トヤに, ルイ, ルパンばりの, 一々現代, 一しきりはずみました, 一つの, 一冊ある, 一応済む, 一段らくついた, 一段落へ, 一番確かな, 一種の, 一緒にな, 三十年以上も, 不調和に, 世界の, 世界到る, 中心と, 久しく打, 事実らしくなっ, 二つ三つそこらの, 人種も, 今ある, 今に, 今も, 今日の, 今日まで, 今昔では, 仏教書に, 伝えるところ, 伝つて居た, 伝承せられ, 伝誦の, 伸びて, 何にも, 作られさらに, 作られたが, 作られたの, 作れるよう, 俗見, 信じ難い, 傳はつた, 光明ある, 光明に, 全部おわり, 其部民或, 出て, 出来たとも, 出来ますね, 単なる前代, 原形だろう, 厳粛な, 古代の, 同時に歴代斎宮, 呪詞でも, 喜ばれて, 夙くから, 多い, 多くなった, 多くの, 多く出た, 多少影響, 始まって, 始まつた, 始まりかかって, 始まると, 密儀劇から, 小さな顔面, 少くない, 幻想的傾向を, 引起す, 後に徳永直, 後世の, 御座いますと, 思いも, 悉く信頼, 感じやすい, 成立し, 扱って, 採録され, 掲載され, 插入された, 教えて, 教えようと, 文字に, 既に出来た, 日向ばかりの, 日本書紀に, 春秋末あるいは, 時々用意, 更に平凡, 書かれて, 書きたいといふ, 書けて, 最初の, 最古の, 朗々たる, 次第に人間化, 次第に入り込ん, 残って, 残ること, 段々神殿, 永い記念, 永久に, 派生し, 済んだとき, 源氏以前にも, 潜んで, 無いと, 特に美しく, 生きるの, 生まれましたが, 生れか, 生活に, 発見され, 盛られて, 相当見え, 祭の, 竹取, 節子との, 純然たる, 終ったころ, 終ったとき, 経線と, 結合した, 結末に, 続いたの, 繰り返し繰り返しこれ, 耳に, 育つて, 自然でなく, 自然に, 茲にも, 著聞集に, 行われて, 見たいといふ, 言い伝えられ語り伝えられて, 記紀の, 記録以前に, 語って, 語られて, 語られ得る筈, 読みたいといふ, 諸国に, 賑つた十時近くな, 起こった時代, 起こった頃, 起りまさあ, 載って, 輩出した, 近代小説の, 進むに, 進行し, 進行しない, 進行する, 長いの, 関東の, 集めて, 面白くなっ, 鬼気せまる

▼ 物語~ (112, 2.2%)

4 なつて, 言ふ 3 なって, 云ふ 2 いふよりは, おなじく悲劇的, なる, なるの, 全く別個, 同じよう, 実社会と, 言ふも

1 [82件] あまりに縁, いうと, いうべきである, いうものの, いえば, いっしょに, いっても, いひそれから, いふからには, いふが, いふに, この事, したの, したので, そうで, そっくりそのままである, ちがって, ちつとも, どういう関係, なしたり, なすこと西洋, なすべし泣くも, なったけれども, ならずいわば, なりそれから, なりながら, なり切って, なるでありましょうか, アナトール, ユダヤの, 中篇小説とを, 云へる, 交渉の, 今から, 伝へられる様, 伝説とを, 似通, 似通う節, 作者とは, 傳説とを, 同じ持參道具, 同じ時代, 同様な, 名づけて, 名乗る以上, 呼ばれて, 唄を, 因縁が, 大した関係, 姿を, 対立し, 形象による, 思い合わされるもの, 所謂生態描写との, 探偵小説とが, 時代を, 暗合の, 極めて幻想的懐古, 歌との, 歴史との, 殆ど一つ, 比べて, 物語の, 異なるところ, 看做されても, 祝言と, 称する様, 称せられる軍記物, 称へ, 称へて, 結びつけられて, 結び付けたの, 絵を, 要点比べの, 見える様, 見ること, 言う意味, 追憶とが, 遠くから, 遺跡や, 関り, 題する洛陽三十三所觀音

▼ 物語~ (94, 1.9%)

2 ここに, さうです, 他の, 出て, 書いて, 瑞歯含む, 自然と

1 [80件] あった, あります, あり利口, あるから, あるが, あること, あるだろうの, ある可, ある点, いつか三年を, おしまいだ, お聴致, こ, ここまで, ここらで, この兄妹, この辺, すべて悲しい, そこに, そのあと, そのとき, その一つ, その中, その発端, それの, つまるところは, ない, なく恋愛, またこの, また神代の, やはり同様, やはり少年, やはり水, コフマンは, 一向に進展, 一応ここ, 一生涯書く, 一種の, 亦われわれ, 今日で, 今日は, 休みぬべし, 何も, 信ぜられて, 前言の, 受け継いで, 口の, 同じよう, 同樣, 嘘も, 少しは, 常世の, 当時の, 後数回で, 折々おかき, 数多く伝えられ, 数種説明を, 早これ, 檻に, 正直な, 残した人, 残して, 沢山あります, 深くなる, 済んだの, 済んで, 物語でなく, 現世の, 現用の, 終ったわけ, 終りました, 終を, 結局は, 聞いて, 複雑と, 複雑に, 語り手が, 謡曲も, 軽くはず, 高聲

▼ 物語~ (78, 1.6%)

7 あつた 3 あつて 2 有名な, 読んだ, 誰も

1 [62件] あの時代, いうところ, いちばん肝腎要な, いっぱいに, いろ, うずめられて, おぎないながら, おはぐ, ことに男, これは, ござります, すべての, その名, その舞妓, それも, なつかしがっ, みると, もと歌曲, もの, ゆうべからの, よい道案内, よくお前, よくわかります, わたしは, ボヘミアの, 一つは, 何か, 借金が, 元は, 其間に, 勇士が, 只今の, 同雑誌記者, 埋れて, 填められて, 少しばかりぞ, 幽霊が, 彼女は, 御存じの, 想像される, 懇意なるべし, 我が語部式, 文中, 本地物語とも, 津軽領の, 浪漫主義の, 無いかも, 知って, 科学的智識に, 筋も, 蔵元屋の, 裁判官は, 見る切ない, 見れば, 覚えた古, 訣る, 語原, 読んだばかりの, 読んで, 誰でも, 食も, 養はれた

▼ 物語には~ (71, 1.4%)

2 みつはを, 向かない, 唖然と, 所謂, 此の, 男が

1 [59件] あなたの, いくつも, いる前, うるさい程, きまった主人公, こんな家, すくなからず, すさのをの, ずいぶん盛ん, それ自身に, だいたら法師, どうにも救, どうにも救いよう, なかった, なって, ゆかりの, われわれの, 一定の, 上代の, 不必要, 人と, 人柱を, 人身御供の, 今は, 会下山という, 何等はらはらさせられる, 余り関係の, 作為の, 作者自ら出で, 其を, 前提として, 又別, 叔父のみ, 夢中に, 大抵見え, 宗教的感情の, 容貌が, 對話者の, 常に応用, 必ずその, 必ずトリック, 必要が, 必要で, 拠って, 次の, 決して見られない, 町人生活の, 皇室が, 相異, 種々な, 積日の, 筆者が, 精通し, 細目を, 肉身焼かれず, 融合し, 載って, 違いない, 関係が

▼ 物語~ (68, 1.4%)

2 それらの, 写生文の, 小説や

1 [62件] あるいは小さな, それから, どや, ますら雄といふ, また生物, また自分自身, リベヂンスキイの, 上代の, 伝記の, 伝説の, 作物を, 偉人が, 其から, 内容を, 十日物語の, 口碑に, 史書の, 合戦ばなしなども, 合理性の, 吝嗇で, 吾妻鏡に, 大国主の, 好色伝説が, 宇治拾遺物語に, 小説で, 小説などに, 思い出という, 思想にも, 怪談物なぞを, 文体の, 断章やに, 日記等に, 日記類を, 時花歌を, 書紀の, 本に, 歌に, 歌の, 歌は, 歌を, 歴史の, 江戸貢進使の, 浄瑠璃などに, 浜松中納言物語などの, 源平盛衰記以外に, 物の, 狂言・人獣の, 現在世界各国の, 生れ故郷の, 盛衰記などの, 神話中の, 科学書とか, 立廻りの, 節会の, 英雄征旅の, 討議し, 詞曲として, 詩歌の, 講釋が, 踊り神中心の, 身の上ばなしは, 迷信は

▼ 物語つて~ (59, 1.2%)

11 ゐる 8 ゐた 3 をります, 居たの, 居ります 2 やつた, ゐるであらう, ゐると, ゐるやう

1 [23件] おきつべき事, からカテリーナ, きかせたからと, きかせるとき, はさめ, はゐない, はゐる, ゐさ, ゐたもの, ゐながら, ゐますが, ゐるかに, ゐるが, ゐるでは, ゐるの, ゐるもの, をりました, 居た, 居つたが, 居る, 居るの, 聞かせたもの, 見たいやう

▼ 物語では~ (45, 0.9%)

5 ない 3 ないの 2 ないか, ないだろうか, 三年も

1 [31件] あったけれど, あるけれども, そうなっ, たいてい熊, ないが, なかった, なくな, なく又, なく明日, なし又, もう一章, 二巻目帚木の, 人格視され, 何れにも, 余り現代コント, 僕なんぞの, 兄弟二人と, 光源氏の, 労働階級の, 壇ノ浦が, 女は, 女主人公の, 妻女が, 昔語りを, 書く私, 福原落去から, 私は, 花鳥風月と, 萩原の, 虎御前と, 読むこと

▼ 物語から~ (43, 0.9%)

5 出て 2 日常倫理の

1 [36件] ある部分, うけるの, これを, して, すぐに, でなくとも, はじまつた, われわれは, 一筋の, 丁度一年半ばかり, 何とはなし自分たち, 何の, 出たつくり話, 分るの, 取ったの, 始まつて, 容易に, 引用し, 想像する, 推測する, 教えられました, 書きとつ, 来た社会的幻想, 来た趣味, 来る誘惑, 歌の, 独立し, 発して, 發し, 脱落した, 自尊心と, 話題一転し, 謀反の, 起って, 超越し, 離れて

▼ 物語にも~ (40, 0.8%)

4 彼岸中日の 3 出て 2 ある通り, このあと, なんにもなっ, 何も

1 [25件] ありさ, ある, ある様, うき世語り, すでに見え, それが, またインド, やはり祖父, 仁和寺の, 似て, 似通うた所, 出る, 別々の, 同じ心持, 同樣, 往々化物談, 書けないほど, 此事あり, 殘つて居た, 無之由惣別これ, 現われて, 白峯は, 絵画にも, 言ふ, 載って

▼ 物語という~ (30, 0.6%)

5 のが 4 ものは 3 のは, ものが 2 ものの, ような

1 [11件] でしょう, のを, もの是は, ように, 名称には, 小説, 小説に, 書物にも, 書物を, 本です, 類の

▼ 物語である~ (29, 0.6%)

2 がこれ, が私

1 [25件] かどうか, から宗祇, から自然作意, がある, がこの, がそれ, が主題的, が出雲の神, が此, が浄瑠璃, が親戚, が説経, が黒奴, だけにかえって, だけに子供心, という意味, とも云い得る, とも言える, と云っ, と思っ, と考へ, にすぎない, ばかりでなく, 以上は, 以上平家の

▼ 物語として~ (28, 0.6%)

1 [28件] あらわされた会話, あらわれる, かいて, つたえられて, では, もう一度書きなおしたい, 久しく語り継がれ, 之を, 伝誦され, 傳承された, 受取れる, 国民的な, 扱われて, 抱き守り, 昔の, 次の, 洞穴を, 無關心, 現われて, 私は, 竜子は, 節面白く, 血族の, 見なければ, 見のがすこと, 記憶し, 語り残されたほどに, 遺つたかの

▼ 物語~ (24, 0.5%)

2

1 [22件] からこそだった, からで, から信じられぬなら, から歌, けれども飯, し, つたとお, つたのである, つて一種の, つて訣らぬ, といっ, といふ, とか著聞集, ともいわれる, と判断, と思つて, と義仲, と見れ, と言, な, のと, よ君

▼ 物語でも~ (19, 0.4%)

2 あらうか, ある, 簡単に

1 [13件] あり大事, およそ人口, お化けが, こ, して, それらの, ないが, 交して, 書きながら, 最も興味, 知られる, 読む時, 読んで

▼ 物語など~ (17, 0.3%)

1 [17件] この老人, しあって, して, しやが, し出されて, し姫, する間, なしきチアンゲルラ, 何か, 多分に, 思い出され或, 漁つてを, 自分でも, 致して, 見ながら, 言ふ, 面白く言

▼ 物語~ (17, 0.3%)

2 の人物

1 [15件] なる然るに, に引用, に紹介, に見え, の, のオレステス, の主要, の仮構, の娘, の家畜小屋, の最古, の老婆, の話, の騎士, 最も惨

▼ 物語~ (17, 0.3%)

1 [17件] だという, である, というの, なひびきを, なもの, なるもの, なリリシズム, なヴィジョン, な人, な夢, な心持ち, な筋, な趣味, には発展, に失した, に有名, の小説

▼ 物語などを~ (16, 0.3%)

1 [16件] おりおり取り上げて, かき全く, きいて, して, なしおりしにぞ, 妾から, 捜して, 書いて, 申し上げて, 絵に, 耽読し, 聞いたこと, 聞いて, 見出して, 読んで, 誰が

▼ 物語めいた~ (15, 0.3%)

1 [15件] ものを, 一そうの, 一艘の, 処も, 嘘か, 境界に, 巨人の, 文体で, 気分の, 泉水それに, 濕や, 百八つの, 空想を, 身の上に, 静かさでありました

▼ 物語~ (15, 0.3%)

2 の中

1 [13件] から獨立, が金, であっても, でも古い, でも讀む, とおよび, にもあちらこちら, に出, に見えた, の一節等, の千篇一律, は読み聴かせる, を読ん

▼ 物語~ (13, 0.3%)

1 [13件] でなければ狐狸, わからないよう, 何か, 何かを, 化物合戦記に, 幻燈の, 書いて, 曾我兄弟の, 架空の, 神話かに, 行為かを, 詩の, 詩を

▼ 物語といふ~ (13, 0.3%)

2 ものは, 本に 1 ことで, ただこの, のは, ものの, やうな, 一つの, 作品であります, 印象を, 風に

▼ 物語~ (13, 0.3%)

4 のである 3 のだ, んだ 1 のであります, のです, ので勝則

▼ 物語~ (13, 0.3%)

2 のもの

1 [11件] だと, で作者, な文章, にした, にちょうど, に書き, に書き綴ろう, のスタイル, の作意, の動機, の書物

▼ 物語する~ (12, 0.2%)

2 うちに, やうに, 間に 1 に打, ように, を聞く, 刀自たちの, 序に, 時間の

▼ 物語とは~ (12, 0.2%)

1 [12件] ちがって, なるもの, 何らの, 別な, 別の, 成りたるよ, 歴史物語の, 決して美男美女, 異り, 違います, 関係なく, 関係の

▼ 物語なども~ (12, 0.2%)

3 謂は 1 そこに, やはりこの, 彼等が, 改作によ, 新たに, 添えて, 謂わば, 逓累譚を, 随時聞きたい

▼ 物語にでも~ (12, 0.2%)

4 出て 3 ありそう 2 あるよう 1 あるやう, ある様, 推察される

▼ 物語において~ (11, 0.2%)

1 [11件] あまりに濫用, ある些細, まさに孔子, イエスの, 初めから, 孔子の, 完成せられる, 応仁以後の, 活動し, 神の, 自己告白も

▼ 物語全体~ (10, 0.2%)

1 が曖昧, にたいする御, にインチメート, に大きな, に対する短い, に浸透, の文学的意味, の眼目, の雰囲気, を生む

▼ 物語~ (10, 0.2%)

2 などを貰 1 でも読む, など買っ, に拠る, の作者, の数々, の記載, はみな巴, ばかり耽読

▼ 物語~ (9, 0.2%)

1 ている, て慰むる, て盃, て笑い声, て聞かしぬ, て聞かす, て聞かすべし, 給へと, 翌日此所を

▼ 物語であり~ (9, 0.2%)

1 お伽噺である, シンセリティの, 一方は, 一種の, 同時に娯楽, 文中, 日本の, 美しく勇, 音律を以て

▼ 物語によって~ (8, 0.2%)

1 伝えられて, 同人が, 桐壺の, 皇室を, 表現せられ, 見ると, 記録され, 読者は

▼ 物語作者~ (8, 0.2%)

1 がゐる, との合作, などが作った, にし, にすぎない, の伎倆, の権利, も見た

▼ 物語~ (8, 0.2%)

1 であつ, と地, の中, の伴奏, の如き, の性質, の断篇, を中心

▼ 物語~ (8, 0.2%)

2 より取りし 1 がそう, にみ, にも多く, に真砂庄司, は高等民種, を記述

▼ 物語~ (7, 0.1%)

3 ている 2 てくれた 1 ていた, てくれる

▼ 物語よりも~ (7, 0.1%)

1 一層文学的, 他の, 更に古い, 此世の, 筆拍子に, 自分の, 遅れて

▼ 物語~ (7, 0.1%)

1 の喪失, の殆, を再び, を取り戻しうる, を取り戻す, を失った, を持たない

▼ 物語そのもの~ (6, 0.1%)

1 が卓抜, が現すべき, のこの世, は垂直線, よりもそういう, を離れ出し

▼ 物語です~ (6, 0.1%)

2 がそれ 1 がこの, が仙翁, が登場, けれども併

▼ 物語などに~ (6, 0.1%)

1 ありて, ある詞, してからが, 信を, 見えて, 読みふけって

▼ 物語~ (6, 0.1%)

1 され人情化, し, しそして, したもの, して, せられてから

▼ 物語つた~ (5, 0.1%)

1 か二人共今, が彼, けれども見た, つもりだ, ものである

▼ 物語とか~ (5, 0.1%)

1 ライン河の, 太平記とかを, 平中日記とか, 弓張月とか, 言った種類

▼ 物語とも~ (5, 0.1%)

1 いえたし, なりぬれど, なろうから, 言はれ, 言ふべき

▼ 物語とを~ (5, 0.1%)

2 撒いて, 載せ雨 1 告げるでしょう

▼ 物語などの~ (5, 0.1%)

1 うちにも, やうに, ように, 如く一見, 様に

▼ 物語なる~ (5, 0.1%)

2 ものは 1 ものとな, ものに, 歴史伝承は

▼ 物語よりは~ (5, 0.1%)

1 かえってお伽噺, それらの, 吾, 好まれるわけ, 数層倍多くの

▼ 物語~ (4, 0.1%)

1 へあり, へいと, へそれ, へも仰せ聞かされ

▼ 物語であっ~ (4, 0.1%)

1 てその, て上代史, て集め, て馬琴

▼ 物語であろう~ (4, 0.1%)

1 けれど番町書房, と単なる, と思う, と気

▼ 物語などが~ (4, 0.1%)

1 あるわけ, 有ったの, 有名である, 歴史的事実を

▼ 物語などは~ (4, 0.1%)

1 まだ歴史, 全く目ざましい, 問題には, 疾に

▼ 物語なら~ (4, 0.1%)

1 かえって書け, その場, その著書, 必ず長い

▼ 物語については~ (4, 0.1%)

1 如何, 物語そのものよりも, 自分は, 角川源義君に

▼ 物語に対する~ (4, 0.1%)

2 興味が 1 同情よりも, 翁が

▼ 物語~ (4, 0.1%)

1 出た多く, 出て, 姿を, 移る境目

▼ 物語めい~ (4, 0.1%)

1 てゐる, て変化, て現実感, て聞こえた

▼ 物語をも~ (4, 0.1%)

1 創り市井婦女子, 演じ兼ねない様子, 記しつけた, 雑多に

▼ 物語作家~ (4, 0.1%)

2 である 1 に違い, を絞殺

▼ 物語小説~ (4, 0.1%)

1 に隨筆日記, のむずかし, の類, の類生れ出

▼ 物語あるいは~ (3, 0.1%)

1 とくべつに, 伝説によって, 抱腹する

▼ 物語からは~ (3, 0.1%)

1 何の, 全然出, 省きたいの

▼ 物語~ (3, 0.1%)

1 ばそ, ばや, む

▼ 物語だった~ (3, 0.1%)

1 ことが, ことも, のです

▼ 物語でない~ (3, 0.1%)

1 ことを, ところ何と, 生活の

▼ 物語でなけれ~ (3, 0.1%)

1 ばならぬ, ば語り手, ば述べられない

▼ 物語とが~ (3, 0.1%)

1 あつた, ちぐはぐで, 単なる初期

▼ 物語としての~ (3, 0.1%)

1 性質上非合理的な, 文学的要素, 話や

▼ 物語との~ (3, 0.1%)

1 互いの, 交渉の, 類似點に

▼ 物語などにも~ (3, 0.1%)

1 姿よりは, 書かれて, 盜賊談が

▼ 物語なり~ (3, 0.1%)

1 この物語, ニオベは, 或はラジオ

▼ 物語なんて~ (3, 0.1%)

2 ものが 1 空想も

▼ 物語における~ (3, 0.1%)

1 ごとく激しい, 最も主要, 滑稽は

▼ 物語にて~ (3, 0.1%)

1 その概略, 大原の, 毎に

▼ 物語にな~ (3, 0.1%)

1 つてしまつてゐた, つて後世に, つて遺

▼ 物語ばかり~ (3, 0.1%)

1 だった, では, 見ては

▼ 物語までを~ (3, 0.1%)

1 事も, 心に, 書いて

▼ 物語~ (3, 0.1%)

3 を問

▼ 物語日記~ (3, 0.1%)

1 に出, の文章, の言葉

▼ 物語時代~ (3, 0.1%)

1 の, のお, の命名法

▼ 物語~ (3, 0.1%)

1 でもない, にしばしば, まうで

▼ 物語~ (3, 0.1%)

3 二部

▼ 物語~ (3, 0.1%)

1 をうたう, を一篇, を語つて

▼ 物語あり~ (2, 0.0%)

1 という訳, わが邦

▼ 物語いや~ (2, 0.0%)

1 あやまりますあやまります, 自分の

▼ 物語こそは~ (2, 0.0%)

1 私たちを, 薬品の

▼ 物語この~ (2, 0.0%)

1 後の, 物語

▼ 物語これ~ (2, 0.0%)

1 に関聯, を詳しく

▼ 物語せし~ (2, 0.0%)

1 ことなし, に彼者共

▼ 物語だけが~ (2, 0.0%)

2 文学だ

▼ 物語だけを~ (2, 0.0%)

1 きちんとまとめあげた, ぐんぐん進めましょう

▼ 物語~ (2, 0.0%)

1 やありません, やが

▼ 物語つたの~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 物語であった~ (2, 0.0%)

1 が総, な

▼ 物語としては~ (2, 0.0%)

1 かような, 主要な

▼ 物語としても~ (2, 0.0%)

1 おもしろさ, 聴き手

▼ 物語とても~ (2, 0.0%)

1 その一つ, 宗教的に

▼ 物語においては~ (2, 0.0%)

1 如何にも真実, 次第に周知

▼ 物語においても~ (2, 0.0%)

1 一書に, 同様である

▼ 物語にこそ~ (2, 0.0%)

1 しばしば用いられる, 謂へ

▼ 物語について~ (2, 0.0%)

1 こういう不審, 何んの

▼ 物語についても~ (2, 0.0%)

1 同じこと, 私たちに

▼ 物語に対して~ (2, 0.0%)

1 作者が, 池田大助の

▼ 物語のみに~ (2, 0.0%)

1 とどまらず皇室, 夢中に

▼ 物語ぶり~ (2, 0.0%)

1 がちやう, に書

▼ 物語への~ (2, 0.0%)

1 移行が, 聯想で

▼ 物語までも~ (2, 0.0%)

1 とりこんだ物語群, 手に

▼ 物語みたい~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ 物語るる~ (2, 0.0%)

1 に至りし, も其目的

▼ 物語を以て~ (2, 0.0%)

1 した方, なんと結末

▼ 物語一つ~ (2, 0.0%)

2 だけはこの

▼ 物語上手~ (2, 0.0%)

2 である祖母

▼ 物語二ツ三ツ~ (2, 0.0%)

1 聞かせたまいつ, 聞かせ給ひつ

▼ 物語~ (2, 0.0%)

1 が前, に読ませ

▼ 物語又は~ (2, 0.0%)

1 舞踊, 説話から

▼ 物語多く~ (2, 0.0%)

1 この傳, の語り詞

▼ 物語平淡~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 物語~ (2, 0.0%)

1 には最, の大

▼ 物語文芸~ (2, 0.0%)

1 への過渡, を控え

▼ 物語日記類~ (2, 0.0%)

1 に出, をよく

▼ 物語~ (2, 0.0%)

1 が日本, である

▼ 物語~ (2, 0.0%)

1 に写し, を見出し

▼ 物語聞くべき~ (2, 0.0%)

2 はずなり

▼ 物語~ (2, 0.0%)

1 が読者, の類

▼ 物語音楽~ (2, 0.0%)

1 とは言えない, を作っ

▼1* [279件]

物語あの二人の, 物語あまりに朧に, 物語ありきこのゆゑ, 物語いかに世に傳へらる, 物語思い当りに, 物語おまへにある, 物語お家騒動というやつ, 物語かうした物語が, 物語かの物語光源氏の, 物語かは知れぬ, 物語からの抜萃の, 物語かりに喝采と, 物語ぐらいはし合うもの, 物語こそ一九四五年八月十五日以後の, 物語こまやかなる法話, 物語しか書くこと, 物語しかも哀れの, 物語しつれど心, 物語じみた描写法を, 物語じゃないか, 物語すべき順番の, 物語その他の古書, 物語その他総てこの時代, 物語それが一つ, 物語それから詩の, 物語それらのもの, 物語たるや極めて, 物語だけあつて, 物語だけでイタリヤの, 物語だけに聞き苦しくは, 物語だけは例外じゃ, 物語だって決して非, 物語だの或はかう, 物語だろうと思います, 物語つたそれらの話, 物語つた人が殆, 物語つた叙事詩から生れ, 物語つた時自分はこの, 物語つた様子が思はれる, 物語つた記憶が残つて, 物語つて御坊は孤家, 物語つまりませんよ読んだ, 物語つまりオデュッセイア物語の主人公, 物語つめたいようで, 物語でございましたな, 物語でございますか, 物語でさえも万民の, 物語でしたが私, 物語でなく実在し得る, 物語での革命の, 物語でばかりスペインを, 物語とかは果して颱風, 物語としか私には, 物語としてのみ存在する, 物語とであつた, 物語とでも申しましょうか, 物語となつてを, 物語とにはどうしても離れぬ, 物語とのみ聞き流して, 物語とより他には, 物語どうです面白い, 物語どうやら頭の, 物語なお数百件あるなら, 物語なかなか日本の, 物語なくては村, 物語なさるがよい, 物語なぞ犬に, 物語なぞがいかに能舞臺, 物語なぞによっても牛若どのは, 物語なぞを聞いて, 物語などから芸術的作品を, 物語などと近く三人, 物語などよりもつと, 物語などをも残した, 物語なりきと宣給, 物語なんか素材としては, 物語なんどにも無く, 物語においてすらそうである, 物語にかへして, 物語にすら用語例の, 物語にたいする無味乾燥な, 物語につきいろいろと, 物語にては彼衆に, 物語にとってあの神仙譚的, 物語にとってもかなり重大, 物語にのみ姿を, 物語にまで拡散し, 物語によつて見るみる生き, 物語によつて彼, 物語によるときは, 物語あれを, 物語のてまが, 物語のみで読み魂, 物語はとどこおりなく終った, 物語はどいるの, 物語はよかつた, 物語はんとてなるべし, 物語ばかりは誰に, 物語ひとくさり語り終ると, 物語ふうの音楽, 物語ふらんす物語二書, 物語ぶみそのま, 物語またそれを, 物語まだつづくの, 物語までみずから描い, 物語めかしてでなけれ, 物語めかしい左様な, 物語もて彼らを, 物語もどきの噺, 物語もはや八十五回に, 物語やうなもの, 物語やっぱり同じめぐり合わせ, 物語ゆえまだ例, 物語よりずっとすぐれ, 物語らしい書物を, 物語らしくするために, 物語りすと見し, 物語れる二人は, 物語をば笑しげに, 物語をよまされた, 物語を通じて我々は, 物語アラビヤあたりの童話, 物語イソップなぞ片端から読んだ, 物語オホハツセの天皇, 物語たの, 物語ピリニヤークの狼, 物語ホオムズの冒険, 物語リヤ王はもう, 物語リ尽クトモ見エズ, 物語一名朝日物語に云う, 物語一宇治殿倒れさせ給いて, 物語一巻後人作為の如くなれ, 物語三一に出, 物語世界の人, 物語中ハムレットの一齣, 物語中古の傳説, 物語なき上手, 物語二書の校訂, 物語亞弗利加洲の東方, 物語今更のよう, 物語以上であろう乎, 物語以外において日本文学, 物語以来あらゆる小説, 物語以来幾変形を経た, 物語以来彼女はヴィール夫人, 物語以来評判の悪い, 物語伝記の枠, 物語であり天下, 物語作者酋長の番, 物語へ, 物語優美の中, 物語光源氏のある, 物語全曲に対する短い, 物語六道の巷, 物語其他を謡, 物語冒険探険小説等々を包含, 物語で淫逸, 物語創作の際, 物語に漢土, 物語十九に左大臣藤原師尹, 物語十冊ものを前後二篇, 物語は泣き, 物語卑劣ナレトモ勇氣正キ事日本ニ可劣國トモ, 物語印刷校正に忙殺, 物語歴史という, 物語即呪言を唱, 物語卷一上うとましかりつる, 物語卷四いかなりける, 物語祖母さんの, 物語及び其が, 物語古今著聞集などに, 物語古本の展覧会, 物語同様数へきれない, 物語吾妻鏡などすべて, 物語地獄に墮, 物語地霊の来歴, 物語執筆作家の写真自叙伝, 物語夜学や新聞小説, 物語のよう, 物語太平記太閤記に至る, 物語失念仕らず日々, 物語奇特に候, 物語宇津保物語は噺, 物語安寿恋しや, 物語とでもいう, 物語小さな物語しかも, 物語少しく後へ, 物語之下, 物語巻五三獣行菩薩道兎焼身語と云, 物語平家物語の歐字本, 物語平家物語方丈記近松西鶴の作品, 物語幻想をとりあげ, 物語に二つ, 物語徐々に更生し, 物語忘れようとて忘れられぬ, 物語情景印象などがとり集められ, 物語情熱の悲劇, 物語愛子物語をあわせ読む, 物語ひは, 物語所謂歌物語と言, 物語探偵奇談佛蘭西革命小説經國美談三國志西遊記等の珍書, 物語政界内幕話という工合, 物語数多ある中, 物語に通, 物語文学には見られなかった, 物語文学全般の, 物語方丈記近松西鶴の作品, 物語旅行小説などを読んだ, 物語の作者, 物語更に魂戦の, 物語之候, 物語本一冊もなかつた, 物語本位筋本位の安価低俗, 物語本朝部の記述, 物語構成上の主要人物, 物語横光利一とし, 物語欠伸かはゆき子, 物語と名づけ, 物語源氏物語枕草子更級日記その他いろいろの, 物語灌頂の巻, 物語無可有郷物語を, 物語物絵巻などをのみ対象, 物語特有のだらだら, 物語獄中の日誌, 物語田舍の爺婆, 物語田舎には今, 物語りしとき, 物語発祥の地, 物語的作品を主観的作品, 物語的存在のよう, 物語的展開とか発展, 物語的才能を絞殺, 物語的要素のムーヴマン, 物語的雰囲気をねらっ, 物語相互の間, 物語磐姫の場合, 物語神話と呼ばれる, 物語童話の類, 物語等々新装された諸, 物語絵書の綜合芸術, 物語かず, 物語を持つ, 物語考証の著者, 物語聞きしときの, 物語聞くよりも更に, 物語聞けば他事, 物語自体の与える, 物語自動車の物語, 物語自身があたかも, 物語自身お金に困っ, 物語至上主義者になり, 物語致し居りたる次第但し, 物語致候事など先達而中冗, 物語枝の, 物語若菜の卷, 物語草子は砕い, 物語西国立志篇程度のもの, 物語西遊記であり肖像, 物語要求と希望, 物語見たいで妾面白く, 物語ひ傳, 物語記者でありますけれども, 物語記録には皆, 物語鳥部寺女の, 物語詩地方のニュース, 物語はいま, 物語調流行がきざしかけた, 物語講釈や素読み, 物語讀了ののち, 物語近付べからず, 物語近代日本の支那, 物語かづき, 物語長きに店, 物語長者の妻, 物語集中に見えたる, 物語類はいふも更, 物語類歌集類諸種の絵詞, 物語類歴史類にもかなり, 物語類解釈の模範