青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「段~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~残り 残り~ ~残る 残る~ ~残念 残念~ 残酷~ ~殘 殘~ ~段
段~
~段々 段々~ 段階~ ~殺され 殺され~ ~殺された 殺された~ 殺される~ ~殺し 殺し~

「段~」 5618, 56ppm, 2075位

▼ 段~ (893, 15.9%)

227 なると 110 なって 27 なれば 10 分れて 7 して 6 なっても, なつた, なつて, なりますと, わけて, 分けて 5 腰を 4 なったの, 於て, 重なって 3 なっては, なりて, 備えを, 畳まれて, 至りては

2 [31件] かけると, くって, なったが, なったり, なってから, なつたら, なります, なる, わかれて, 三つ, 五十枚他は, 仕切って, 入りました, 分かれて, 分ちて, 分つ可, 切って, 到ると, 区別する, 師事し, 推理の, 油が, 泥棒犬の, 活用し, 活用せしめた, 活用せしめる, 立って, 腰かけて, 舞台を, 進みました, 釣った棚

1 [382件] あったお, あって, ある疑ひを, いくら零し, いたしまして, いたり, いたるまでの, いたる間, いると, いる彼, いる時, いわくアンドラの, うきじまり, うねつ, おまいり, おられる能小鼓, おれとん, お弓, かかる, かかると, かぎられて, かまえ壁, かまへ, きいた, くだりて, けたたましい足音, こう書いた, こまやかなり, こんな家, ございますがな, さわらして, しがらん, しきつて, した, したばかり, した旧, した狭い, しつらえた丸太, しなければ, しめた, そうして海, そっと足, つ, つかえて, つかまつり候, つき上, つった寝台, つれて, とまる, なった, なったくり, なったその, なったと, なったとき, なったな, なったらお, なったらそこらじゅう切り疵だらけ, なったらそりゃ, なったら幾ら, なった下, なった処, なった小さな, なった時, なった水田, なった蚕棚式, なった豊頬, なった配膳棚, なった鉄砲隊, なった階段, なった飾り, なってからが, なってる書棚, ならべて, ならんで, なりふと, なりますると, なりゃすぐ, なりゃベタ金, なりゃ費用, なり多く, なるだけ, なるでは, なるとね, なるの, なるまで, なるよう, なる見込み, なる迄は, のぼって, のぼらうと, のぼりつき中, のぼり石垣, のぼると, はたらかしてを, はたらく様, ひどい待合, まるで赤子, めぐらされた白色, もぐりこみ腹ばい, よりて, わかち木, わかれ前, わかれ道, わかれ雁行, わけたあたり, わける, オカブを, カバンが, ステッキと, セイモクという, セイモクの, タッタ一討ち, チースを, ディレッタンティズムに対する, ハ行の, バラバラと, パパと, ベッドを, 一本一本日附け, 三十冊あまりなら, 三連敗した, 並べて, 並べられた, 並べること, 並べ多く, 並べ立てては, 乗せて, 二三目, 二枚落, 亘って, 亙る長文, 仏勅し, 仕切られたその, 代つて, 伐り倒されました, 会ったの, 伸して, 似長, 住んで, 佐々木四郎左衛門高綱の, 何本と, 使ふこ, 供へ, 備え立て中軍, 備を, 働く, 光度が, 入って, 入つたの, 入ります, 入ると, 入れて, 六つ, 出て, 出る一面, 分けまして, 分け加賀勢, 分たれる, 分たれ三様, 分ちその, 分ち讀者, 分って, 分つて, 分つ第, 分る, 分るへ, 分れたる, 分れた白木, 分れ二段, 分列し, 切れて, 別れた人数, 別別に, 刻んでも, 削平, 勝った, 勝味は, 化けて, 化した処, 区分される, 区分されるべき, 区切られた頁, 区切られて, 區分され, 卑下された, 取られて, 取掛り枯川, 受ける即, 合名詞法, 吊られて, 吊られ一段, 向い合った頭, 向った, 四季の, 囲まれ側, 埋めて, 塗る馬鹿, 売るとしても, 大事の, 大砲を, 天稚, 女は, 女神の, 安堂寺と, 実用向, 家来が, 就いては, 屈折した, 属します, 属するもの, 属する仮名, 属する種々, 差し迫つた, 巻いて, 巻きたて, 帰ると, 幾つか, 座って, 建てた割合, 弓の, 張った干し場, 形の, 形容する, 心が, 成つてユウゴオは, 成つて居た, 成て, 成りぬお, 或る, 手筈を, 打ちひびいたとき, 打ち折つて, 打ち折りて, 折つて座中に, 押入れの, 押入れみたい, 挨拶し, 振りたてた, 掛かるまで, 換算し, 攻め立てると, 敵の, 斬られし, 斬り八ヶ国, 斬り八ヶ所, 斬り刻み裏山, 於いて, 於けると, 於ける体言, 於ては, 曰く, 束ねた千代子, 条件づけた云い, 来る, 染まるか, 染め分けた縮緬地, 柵を, 桂馬飛せさせ, 棚が, 構え迂廻軍, 氣立たましい, 決つてゐた, 決つて了つてからも, 沈むと, 油を, 沿ひ, 洋燈を, 洗いざらした, 洗ひざらした, 活かせたミダル, 活用した, 活用する, 流れた, 渡って, 片脚, 片足を, 片足踏みかける, 王が, 現われた, 畳み上げられた石, 発せられ, 白地の, 白夜こごえぬ, 目を, 相当する, 着くに, 破れて, 破裂する, 磯へ, 示された古典, 禍, 移りて, 積みかさねられて, 積みかさね地下, 積んだ本箱, 積んで, 突立っ, 立った時, 立つと, 第一手, 第一手ぐらゐ前夜案, 筆を, 築き上げられて, 組み立てられ兵士, 組んで, 綴つた一種の, 縛つて向う側の, 繋がって, 繞らし, 置いて, 置き音, 美しい水, 考えて, 考へられる, 而頂戴仕度段奉, 肩を, 脚を, 腰かけニーナ, 腰掛けて, 腰掛け仰向け, 自然に, 至って或, 至つて落筆, 至つて頓挫した, 至ては, 至りて, 至りまして, 至り是, 至り矍然, 至るまでの, 蔦が, 藤原広, 行くつまり, 衣服の, 襲撃を, 見えた, 見ゆるもの, 言われること, 許多の, 話しかける, 該当する, 變遷し, 賣拂はん, 起る曲線, 足を, 足踏し, 足音が, 身を, 軍を, 近い淋しい濠端, 述ぶる, 述べて, 連れて, 進みかけて, 進めようと, 進んで, 遊女の, 道楽的職業という, 達したので, 達した時, 達すれば, 配置し, 配置した, 里美侯の, 重ねて, 重ねられて, 鉄砲隊を, 銘々の, 限って, 陣を, 陳列し, 隠れましたを, 雀の, 集まれり, 雪の, 靴先を, 頭を, 頼んだが, 飛ばし散らされて, 飛びあ, 高くなっ, 黒い滝

▼ 段~ (883, 15.7%)

26 上に 13 下に 12 上へ 9 下で, 下の, 方へ 8 坂を 6 上で, 下へ, 石段を 5 活動に, 途中で 4 ところで, はじめに, ような, 上から, 上の, 中途で, 方に, 石段が

3 [12件] ことで, ところに, 上を, 下から, 下まで, 前に, 口から, 坂の, 廉い, 棚が, 趣を, 階段が

2 [51件] あいだは, ぼると, ように, エレキトルの, カーテンの, ヤ行長音または, 一つに, 上には, 中途から, 事は, 仮名にあたる, 仮名の, 偕行社の, 備えの, 備えを, 前面に, 夜の, 夢中遊行, 婦人会の, 小枝, 所で, 手段に, 招魂社の, 数は, 海舟が, 畑を, 石を, 神話は, 端の, 策に, 策を, 老先生, 者へ, 腕を, 腕前で, 自動詞に, 華と, 行李を, 語尾の, 途中から, 遊就館に, 長い記事, 間に, 降口, 除數, 隅ツこの, 階段で, 階段を, 雪駄から, 順序を, 高さ

1 [599件 抜粋] あげ蓋, あたりを, あの湯殿, ある品, ある坂, ある坂道, ある鼻, ある鼻つき, お園, お差, お手際, お父さんの, かたられる事, こととして, ことばに, この先生, ころ本因坊秀哉名人と, ご注意, ついたひらひら, ついた二階, ついた羅馬鼻, ついた鼻, ついた鼻筋, ところから, ところでは, ところは, とっつきの, ない高い素直, はしごと, はしごを, ふるといふ, ほうで, ぼるか, ままでは, もとに, もとにおいて, ものが, もので, やうに, ゆるから, ゴロツキあがりだ, スロープの, ベッドが, ミダルは, ロケットを, 一くだりか, 一つと, 一つ一つが, 三八五〇です, 三八五〇という, 三八五〇番で, 三八五〇番です, 三八五〇番を, 上からと, 上なる, 上は, 上まで, 上り口の, 上り口まで, 上り口余り高く, 下あたりで, 下だった, 下には, 下は, 下り口で, 下り口の, 下を, 下口で, 下宿先へ, 世話係の, 両端には, 中でも, 中の, 中ほどの, 中坂までや, 中坂近く, 中程の, 中頃かと, 主観的象徴と, 事で, 事ども, 事業を, 二四飛に, 五句の, 仕事を, 仕切りが, 仮名なら, 仮名に, 仮名における, 低いもの, 作戦は, 例の, 修行を, 倫理学者を, 備えが, 備えだ, 備えは, 備えも, 備え立てが, 元服の, 元気じゃ, 兄弟二神の, 先手で, 先生に, 先辺りまで, 光帯が, 光明を, 免状を, 免許を, 入口と, 入口を, 入口三階に, 全文が, 公園を, 内容と, 処置が, 処置の, 処置も, 初めに, 削除を, 前には, 前へ, 前半を, 剣法, 力を, 力量を, 努力を, 勅命が, 動詞だけ, 動詞である, 動詞においても, 動詞の, 動詞を, 勝に, 区別, 区別が, 区別を, 区別法を, 区劃を, 及ぶ所, 友達の, 反省によ, 口で, 口へ, 右の, 右側三番目の, 各部屋部屋, 合理化を, 名で, 呉清源と, 周囲にばかり, 命令形と, 命令形に, 問いに, 問ひ, 団子下に, 土に, 土地で, 地名分類は, 坂上から, 坂上の, 坂上は, 坂上神田の, 坂下の, 堕落で, 場合に, 変化に, 変化を, 変遷を, 多少が, 大せつ, 大村さんの, 失策に, 失策を, 奔放な, 奥までも, 奴が, 如き, 如く他, 妓窩に, 学位, 学生である, 安いもの, 安い品物, 宮永という, 家から, 家主まで, 富士見軒で, 寡婦が, 対に, 対局料に, 対面も, 将棋における, 将棋講座の, 對局を, 小さい記事, 小さい鏡, 少ないもの, 尾根は, 岩佐, 工作に, 工合なども, 差が, 差別が, 已然形に, 希望をかな, 幅の, 平地に, 廉くっ, 廣い, 当時時の, 形態だ, 形態は, 彩錦を, 彼には, 後始末の, 必然帰結たる, 急な, 恐ろしい出来事, 懸隔ある, 戦術が, 戸石君も, 戸納に, 所から, 所に, 所まで, 手を, 手筈として, 押引を, 拍車を, 指したあと, 指し手が, 探索に, 描写は, 撃ち, 改善が, 攻勢を, 攻撃速度は, 教士である, 数二ツ一段低い, 敷き写し, 文句を, 文字を, 文章は, 斎藤の, 斎藤弥九郎の, 料理を, 新作戦, 方々には, 方の, 方を, 方針で, 昇段問題で, 明智探偵に, 時と, 時期を, 暗い穴, 暗示と, 書架を, 最後の, 木を, 未然形連用形命令形に, 末の, 末節は, 本山の, 条を, 松山さんは, 板間に, 柔道着を, 柵まで, 桑畑だ, 梨畑を, 梯子を, 梯状を, 棋士の, 棚などを, 棚の, 棚を, 森に, 極つて居る, 楽譜である, 構えから, 構えで, 構えとして, 構えを, 構を, 横縞を, 樹相を, 檢索による, 櫻が, 欄干から, 次の, 段に, 段を, 母音, 水沫を, 水銀拡散ポンプが, 沖に, 油は, 法を, 法科大学生は, 注意の, 活用に, 活用語尾の, 浪人組七人が, 淘汰を, 深さ, 準備を, 溜を, 濠に, 濠端で, 無造作な, 煙草を, 熟語法で, 燃焼が, 燈明台が, 爆発を, 片扉, 片方の, 牛ヶ淵です, 物を, 猛者の, 猫といふ, 猫の, 用意が, 田で, 畑と, 畑へ, 畠はなあり, 畢る, 発展の, 発達を, 登下りに, 相手を, 相違か, 知識で, 石の, 石段に, 石級とが, 石級を, 石階を, 研究即ち, 砲列を, 礼拝で, 祭で, 祭りと, 祭礼の, 祭礼用の, 私たちの, 私であります, 秋霜烈日の, 秘密記法を, 端歩の, 端歩は, 端歩を, 第一手七六歩, 等級が, 策までを, 策略に, 箍その間に, 精彩を, 紅を, 終には, 終りにも, 終止と, 終着段が, 経過は, 結論では, 継目の, 続きが, 緋毛氈, 緋毛氈の, 縮少, 考えに, 考え方で, 職田を, 肉を, 胸に, 胸中を, 能楽堂で, 腕まえだ, 腕前だった, 腕前を, 腹合わせの, 自動詞として, 興味を, 舷梯に, 良質である, 色に, 艶を, 落窪の, 蕎麦畑から, 裏を, 見方を, 角力に, 解答と, 解答に, 解説を, 計で, 計を, 計画に, 計画を, 記事に, 記事には, 訪問を, 許しを, 試みを, 説明を以て, 読違ひといふ結論に, 調べに, 調査の, 論にて, 講義を, 警察へ, 警察病院へ, 變化たる, 豪の, 足音の, 距離遠く, 身柄は, 軍勢が, 軍勢林の, 辺吹かくる, 近くの, 追撃策を, 途中に, 連用形として, 進境ならず, 進歩を, 進級おめでとう, 過程を, 違いである, 違いであろう, 違いと, 違いに, 違うところ, 違だ, 選手である, 選択過程が, 邊り, 部分を, 配置には, 重い足音, 重厚な, 野郎が, 鈴木に, 鈴木中尉は, 鉄砲組を, 鉄砲陣では, 銃隊が, 銅像は, 鍵盤に, 長い坂, 長谷川写真館の, 長音と, 門下で, 開展によって, 間が, 阪を, 阪神入りで, 降り口の, 陣には, 陣へ, 隊伍が, 隊伍は, 階の, 階を, 階子あり, 階縁の, 際には, 雅致を, 雛壇が, 雛段式に, 雪の, 青年は, 青年を, 静寂な, 鞭打つ, 頂ピエートロの, 順序, 順序が, 順序に, 頬へ, 類である, 風流を, 風流気を, 飛躍を, 飛躍的な, 高いの, 高い処, 高い物, 高い階段, 高下と, 高下も, 高低が, 高台右には, 高弟, 高林の, 高次的反省によ, 鮮やかさを

▼ 段~ (462, 8.2%)

14 のぼって 13 降りて 11 上って, 下りて 6 なして, 踏んで 5 おりて, 成して, 降りた 4 あがって, 上がって, 上った, 登って 3 つけて, 上つて行つた, 上ると, 下りた, 二階へ, 刻んで

2 [23件] 一二段で, 一躍び, 下りると, 二つずつ, 二つづつ飛降り, 伝って, 作って, 傳ひ, 半分以上も, 取って, 抜いて, 持って, 斜に, 昇つて来た, 為して, 相手に, 見ると, 読むに, 踏む足音, 軋ませて, 重ねて, 驅け, 高くし

1 [306件] あがつた, あがつたところ, あがる音, あげこれら, あげて, あらは, あるく内裏雛, お聞き, かけ上りました, かこんで, かねた終止言, きざんで, きりこんで, ぎしぎし踏ん, くつがえす勇気, けいこす, こ, こしら, さらふ, しとやかに, するすると, つかみとめた龍太郎, つくって, つくつて, つくりながら, つくるそして, つけた幅広, つけても, つけるの, つけるロール, とらに, とんとんと, どしどし上っ, なした木, なした瀑布, なせる路, のぼった, のぼりかけると, のぼりきって, のぼりきると, のぼりつめると, のぼり了, のぼると, ば先づ作りて, またぎしぎし, またド, みつめたまま, むやみに, もつて, もらつたが, やっても, やっと家, ややよろよろし, やるの, よこせ, わが導者, ジロリと, ズラリと, ノウトルダムの, モデルの, 一つか, 一つ越え, 一二間下り, 一度に, 一度トン, 一歩も, 一段ずつ, 一足飛に, 三つ下り三和土の, 三つ踏む, 三股半に, 上がった処, 上がると, 上つた, 上つてし, 上つてふす, 上つて來る, 上へ, 上らんとして, 上りきったところ, 上りこちら, 上り上り, 上り下りする, 上り半蔵門, 上り行きける, 上る時, 上ッて, 下から, 下だり, 下ったり, 下つて行き, 下へ, 下りかけた千代子, 下りたの, 下りた二人, 下りた宮本町, 下りた汀, 下りた高柳君, 下りるたど, 下りるの, 下りる上靴, 下りる跫音, 下りる音, 下り化粧部屋, 下り十歩, 下る時, 与えて, 与えること, 了らぬ, 二っつ踏ん, 二つづつ飛上がる, 二つに, 二つ下り, 二つ置き, 二度過ぎる, 二段ばかり, 二階に, 付けさ, 付け居り申し候, 仰せ聞けられますれば, 体言と, 作つて叢つて居るらしい, 作りき, 六ツばかり, 出して, 出ると, 切りおとされて, 切り離す直前, 刻みつけた梯子, 割いたもの, 割き, 包んで, 参詣人が, 合せて, 名人と, 否認したらしい, 咄しける, 唸ったり, 大手を, 天井の, 始めて, 威勢よく, 定むる, 宜く, 尽くして, 屆け, 屹と, 巻いて, 巻き始めた, 床と, 廻り半蔵門, 引いて, 当然占有, 待つ, 徐々に上りはじめた, 得て, 思いだしながら, 悪しからずと, 意識せしめる, 成し時として, 戻って, 手さぐりの, 抄出する, 抜けて, 指差し, 按ずるに, 挙げて, 掴んだ作左衛門, 散歩す, 斜めに, 日本語化する, 昇った, 昇つて來た, 昇らうとして, 昇らねえん, 昇り切ると, 昇るけ, 昇切った古, 木履で, 案内に, 歩む, 殆ど走る, 注意深く下り, 注意深く見, 洋袴の, 海中から, 漢文に, 父に, 物語り後難, 用心深くも, 申しますると, 申入れ八方を, 申込ける, 異にす, 畳んで, 登つて來ては, 登つて來る, 登つて四谷伊賀町へは, 登つて塀の, 登つて大, 登つて牛込へ, 登らせられて, 登りしなり, 登りました, 登り冨士見町, 登り通された座敷, 登る人, 白番で, 百ばかりずつ, 目がけて, 直ぐ訴え, 真っ直, 眺めて, 知らないもの, 示す, 祝って, 祝福し, 稲妻の, 積み重ねた棚, 立たせ眉, 築き草屋根, 紹介し, 組み立てて, 経由する, 給せられるの, 編んで, 聞いて, 聴いて, 聴くと, 膝で, 自分から, 芝居で, 薄暗がりに, 補って, 覆つて, 見たの, 見ても, 見ながめると, 見るよう, 見上げた, 見上げた時, 見上げて, 規律正しく, 視て, 覗込んだ, 解釈する, 言立, 設らえて, 許されて, 語った, 語りけるに, 語る, 説く事, 読まずして, 読み, 論じ呉, 講釈する, 謝礼として, 讀んでを, 踏みしとき, 踏みしめながら, 踏みて, 踏みのぼって, 踏みました, 踏み外して, 踏み外し真逆様, 踏む音, 踏んだ, 踏立て, 踏辷らす, 転げた時, 轉がる, 逃げ登つて來よう, 透間もなく, 通って, 通ると, 閉口させた, 降つて行, 降りかけた時, 降りきったの, 降りたり, 降りはじめた, 降りると, 降りるの, 降りる其, 降りる時, 降りる際, 限度として, 静かに, 靜かに, 面白そう, 願つてゐる, 颯と下りる, 飛下りて, 飛降りると, 飾り娘, 飾ること, 馬琴の, 馳け, 駆け上がるとか, 駆け下りて, 駆上り状, 駈けあがった, 駈けおりた, 駈け上って, 鼻に

▼ 段~ (224, 4.0%)

10 の右端, の左端 6 のところ, の勘平 53 に於い, の幕, は

2 [26件] が0, ぐらいまでナガシメ, で, とは同じ, と七段目, と同一, になっ, に出, に示される, のお, の光秀, の小間, の答, の被, の角力, の計算, の道行, の階段, はじまりといひて, は九段目, へ戻る, へ落ち, も一位, や九段目, をよく, を見る

1 [126件] かもう, から, からくるり, からもんどり, から三段, から五段, から次, から顔, から飛び降り, から首, がすぐ, がその後, がそれ, がほんとう, がよく, が上場, が出なくなりました, が同じ, が開く, ぐらいに立派, ぐらいのところ, ぐらいの話, ぐらいまでは兄弟子連, ぐらいを数える, じゃあねえかな, じゃない, だから, だけしか出さない, だけは一寸, であ, であって, であの, である, でいっ, でお, では狸角, でも与一兵衛, でも由良助, で一桁, で一桁下つて, で何, で私たち, として現在, と十二段, と太閤記, と演, と舞台, と順序通り十二段, などは私, なり, に, にお, になった, には一七六五年, には約, にフートウ, に二三人, に切り抜きどおり, に初, に水色, に清元, に白太夫, に立った, に鮠, のとおり三桁, のほか, のやう, のよう, の三役, の中央, の喧嘩場, の四数字, の売出し, の定, の山崎街道, の師直, の平, の慥か末, の抽出, の操, の数字, の數字, の昔, の末, の棚, の歴史性, の浄瑠璃, の眞中, の真中, の眼, の石, の稽古, の空所, の茶屋場, の蝋, の裏門外, の除数, の除數, の4, は三桁, は大変, は水, は現代語, は1段目, へはいった, へ突き出し, までした, までの稽古, まではとり上げた, まで持ち上げた, や, やとかあり, や六段目, をお, をそれぞれ2分割, をやつ, をプロレタリア劇, を一気に, を世話, を助け, を掘っ, を極めて, を目がけ, を語れ, を踏み抜い, を踏んだ

▼ 段~ (214, 3.8%)

10 ある, ちがう 7 違う 5 ついて 4 あって, あつた 3 あった, まえの, 飾られて 2 あつて, それ自身の, ほぼ全体, 何だ, 廉くっ, 最高位である, 第一手, 1段に

1 [149件] あいにくな, あったの, あったので, あったり, ありここ, あります, あるきり, あるだけ, あると, あるね, あるん, ある少し, いかにもションボリ, いた, いつ対局, えし旅順口, おちこんで, かたられたもの, きりこんで, ぐるりと, こうなく, ございます, ずっと上, そろった製品, そんなふうに教え, たとえ雑草, ちがうだが, ちがって, ついた深い, つくん, つとめて, なかった, なかったら, ねころんで, はいここ, ふと, まえで, まえに, まえ三段, また幾つ, むき出しに, もう研究, もらひ下げて, やったの, よし碁, ゐるといふ, アメリカへ, ガンクビを, トンと, バットを, ビッコを, 七八つありました, 三倍に, 三十八手で, 中座した, 二人も, 付いて, 伴なっ, 何を, 作られて, 先刻予想し, 全然ね, 六分考へ, 六十ばかり, 出て, 出来た, 出来て, 分らない, 分りますけれども, 前と, 十五分おくれ, 十幾つ上から, 半分だ, 半分も, 半分以上も, 即ち本棚, 参加した, 又殆ど, 同様の, 塔の, 変っても, 大山八段と, 天下の, 天璽照妙隊を, 妙手を, 存分な, 安いそう, 安くて, 尻端折し, 崩壊し, 左右不ぞろいで, 幾つか, 廉く, 引越して, 戻らない, 最も偏, 最近しきりに, 最高位, 木村名人に, 朽ちて, 来る, 横に, 欲しくなる, 此に, 毎日の, 水の泡, 済み弓之助, 無事と, 独りで, 現れても, 現れない, 甚だ宜しくっ, 疲勞しきつた, 発見した, 盤側に, 神の, 私に, 私も, 移り行く, 立ち上つた, 立つて, 終わる, 組み立てられるの, 緩く架る, 考へはじめた, 落ちて, 藩公の, 見て, 解説し, 記録係に, 負けたり, 途中で, 進行し, 違います, 違いますからな, 違いやして, 違うと, 違うの, 違うもの, 違うわ, 違うん, 違って, 關根金次郎名人に, 雪子の, 飾られねば, 高くって, 高くなりましょう, 高くなります, 高く白塗り

▼ 段~ (212, 3.8%)

3 人を, 幾重にもお, 海舟が, 重々御 2 二畝以上は, 幾重にも御, 戸が, 新十郎, 省くこと, 背中を

1 [188件] あなたの, あまねく何れ, あらかじめ教頭, いかに暗黒, いっこう疲れない, いま来た, おゆるし下さい, おろか物騒な, お伽話の, お許しが, かくの, くちびるを, こうである, こころもとない, この当り, これが, こんな事, ごろりと寝ころん, さすがに, さてどんな, すぐ首, すべて他の, ずるずるに, そこで, そこに, その二, その例, その場面, その対局中, その理, その翌日, その著しい, その輩, それらの, ただ一つ, たっぷり打ちましょう, だいぶぶん, ちがうが, どうぞ御, どうなります, どの様, ないが, にこにこ笑っ, はっきりと, ひょいとから, ひらにお, ひらにお許しくだ, ふえること, やっぱり寝た, やや劣っ, わたくしの, カーテンを, ハッキリあきらめた, ヨレヨレの, 一つで, 一切頓着なく, 一向にウダツ, 一日じゅう部屋に, 一曲り曲る, 三三二マイルは, 三十段あった, 上演の, 下手名人と, 不届きである, 久しく人, 久しく伊沢, 九段人々は, 事件の, 二畝ある, 二級半ばは, 云うの, 五十六石余の, 今から, 仕事もろく, 何の, 何分真平, 何程かと, 例年通りで, 先日申し, 先祖の, 免し, 入って, 入門し, 全くありません, 全く彼何, 八時を, 再び築き直された, 勤儉と, 半分ほども, 半分より, 呉清源に, 哲学の, 国民服, 地を, 型だの, 多く孤立, 大出来, 大阪の, 如何わしい連中, 妻の, 官兵衛謝する, 実に感謝, 小林多喜二の, 少し敬太郎, 少し高う, 屋敷, 幾段あったでしょう, 幾重にもお詫び, 幾重にも御許, 広い, 廣く, 当てに, 御も, 御判読, 復員服, 忘れて, 忝ないが, 悪魔の, 慚愧の, 戸納下段は, 所謂分詞法が, 抜かり申した, 抱かれた足, 拙者から, 持って, 改めて御, 改悔の, 文句なし, 斑岩と, 日本カラテ界の, 明白に, 普通の, 更なり, 更に悪魔的, 来て, 東京のと, 柏木の, 柏軒が, 棋理明, 此書牘に, 殆どから, 殊に特異, 気軽に, 永久に, 沢庵が, 洗い清めた柔道着, 深くお礼, 満悦の, 源氏物語絵巻の, 牧童たる, 特に多い, 珍しい人, 甚だ恐れ有, 百拝した, 碁の, 碁将棋最上の, 神様と, 神様のせゐ, 私の, 終ります, 総じて, 胡麻の, 能く, 腐つて, 自分の, 色の, 色ペルソより, 英語で, 虚弱な, 見るでも, 言ひすてた, 語るの, 誠に御, 誠に恐入りました, 誠に恐入ります, 誠に是非, 誠に有難う, 負けるべき人, 退屈を, 違わない, 重々恐れ入ります, 重々恐れ入る, 重々恐入った, 重々相済まん, 銘々次第と, 難有, 飛び降りたらしい騒々し, 高く棒

▼ 段~ (112, 2.0%)

3 三段も, 上の 2 積み重ねて, 見た, 見劣りが, 重なった棚, 馳け

1 [96件] あったん, ありそう, ある, あるか, あるから, あるし, あるよう, ある大谷石, ある長い, ある階段, おりたとき, くぐって, くだると, この書, これに, ころげ落ちて, さうだ, さがった暮らし, して, すぐれた人, するの, たちまさって, ついて, なかなかこの, なく井戸, なにが, のぼりますと, よくなっ, ゐるの, アグラを, 一足跳び, 三四割高い, 三段もう, 上じゃ, 上だ, 上と, 下つて, 下の, 中途から, 人品が, 今しも, 今度例の, 低いもの, 低くで, 作って, 先き, 先刻より, 副詞表情を, 劇しい, 劣った女, 劣って, 劣るもの, 吉良殿へ, 土居八段もさう, 安く賣, 幾つか, 幾段も, 廉いようです, 怪美人を, 我に, 推理を, 攀じ上ると, 敷物も, 新しく敷物, 普通の, 来たが, 来て, 棲んで, 横に, 毛なみは, 深い穴, 済んで, 牛の, 男を, 立ち上つて, 緑を, 織物の, 置いて, 襞を, 見たばかり, 踏みはずし馬鹿馬鹿しく騒がしい, 辷り落ち肘, 追ひおろし, 通って, 重ねて, 降りた時, 降りないうち, 隱し持つ, 面白い, 風呂場も, 駆けあがり次, 驚いた様子, 高いし, 高いそう, 高い所, 高き境遇

▼ 段~ (98, 1.7%)

7 なって 43 なれば, 段の 2 なると, ウ段とには, 五人囃と, 対局した, 段との

1 [71件] いうが, おどり場, おなじ伝承, お下り, きいて, されたが, する, その下, なくピラピラ, なく古ぼけた, なく苦行, なく連なる, なく魂, なし唐津藩当面, なす所謂, なせし者, なったが, なったの, なっては, なつ, なつた, なります, なり右大臣豊成, なり時, なり雀右衛門, なるの, なれる巖角, やかましく礼儀, わき目, モンクスが, 一群を, 両手を, 二枚落ちで, 云う署内切, 併せ考, 合せて, 同居です, 向合せ, 呼ばれる男, 呼ぶに, 大将を, 大股に, 学園の, 岩谷社長と, 川留の, 延びを, 彼の, 従五位位田八町合計十町二段を, 打つても, 敵陣を, 文明的な, 未だ物言, 理を, 盤に, 知り合, 碁を, 私が, 私は, 箸墓説話とを, 計画し, 謂うたと, 謂ふも, 買い込んでは, 跫音を, 迫らない靴音, 重くなった, 重なって, 関係が, 降りはじめました, 隙間も, 骸骨の

▼ 段~ (68, 1.2%)

6 になる 3 になっ, をつけた 2 になつ, になりました, に移る, よく運ばない

1 [48件] から出入口, がきまる, が平生, が生き, が違う, だけの事サ, で, となつて, となる, となるであらう, と目標, にした, にとりかかった, になった, になってる, になり, になれ, にはどう, にまでなった, にもならず, にも成る, に進み得た, のあらまし, のつかう, のつかない, のとおり, の極り, の間, はバタバタ, は急, は抜, は講中, へ段々, までは行っ, まで万, まで出, まで決っ, も手伝っ, をきめよう, をこねまわし, をし, を一歩ごと, を不断, を心, を拵, を整え, を火鉢, を編集

▼ 段から~ (66, 1.2%)

2 おっこっ, できて, 上が, 下まで, 廊下に, 生えるよう, 落ちて

1 [52件] あのお, お濠, きて, ころがした, すを, ずっと廻っ, ちゃんちゃんと, ぬっと一尺, もう血潮, 下りると, 両国へ, 両国まで, 久保が, 二階に, 云っても, 五段ぐらゐの土地が, 他の, 入れたらどう, 兩國へ, 兩國まで, 出たもの, 出たらしい語, 半分出し, 名詞の, 呼ばれて, 墜こっ, 声を, 天井裏へ, 少し離れ, 彼女を, 成る台, 来た隠語, 槍を, 段への, 洩れて, 番頭を, 眺めても, 神田方面にかけて, 私を, 突き落し尻餅を, 第一回, 第百三十七段, 落ちたのに, 説明を, 贈られた, 足を, 逃げて, 降りて, 電車に, 飛び降りて, 駿河台神田橋外柳原両国へ, 駿河臺神田橋外柳原兩國へ

▼ 段では~ (65, 1.2%)

21 ない 6 ございません 4 ありません, ござらぬ 3 なかった 2 ございませんその, なくむしろ

1 [23件] ありませんでした, ありません頭, ございませぬ人, ございませぬ当地, ございませんもともと, ございません方丈様, ないが, ないこと, ないこの, ないん, なくそんな, なくちょッ, なくなつ, なく下手, なく吹きまくる風, なく吹きまく風, なく必要, なく日本, なく顔, はなはだ心もとない, 御座りません, 我々人後に, 母音の

▼ 段~ (60, 1.1%)

12 はござりませぬ 3 あつた 2 はどうも, 踏み外したと

1 [41件] したたか飯, そうして身の丈六尺, はあつ, はあらゆる, はござりませぬほんに, はござりませぬゆえ, はなから, は未然形, は足りず, むすんで, もって, ア行と, 一寸隅に, 一番困る, 三人の, 上段よりも, 二十四個提灯山笠みたいである, 兵助が, 名人に, 天井の, 小相撲, 彼女の, 怪我を, 息が, 手を, 抱いて, 新刊物の, 東京へ, 柔道は, 法然上人が, 演じて, 獅子が, 盛大に, 砕けたの, 腹ん, 蓄財者の, 行詰って, 見ると, 話の, 陸上競技部の, 鳴く蝉

▼ 段にも~ (59, 1.1%)

5 なって 2 四段にも

1 [52件] ある, ぎっしりと, こうして一番上, こまめに, して, なった草原, わかれた広い, わかれて, 三段にも, 下つて, 亦た, 何段にも, 分つの必要, 分れて, 切り分けて, 区別が, 又他, 及びやがて, 及んで, 堂舎を, 塗つた群青の, 変るの, 奥が, 層に, 懸け連ねる, 掛け列ね夜, 棚が, 棚に, 構えて, 横皺で, 活用し, 當ります, 積み畳, 組み上げて, 縁取つてゐる, 考へられる様, 自働的, 自分の, 見ゆ, 説明する, 連って, 連中は, 遠かった, 重なって, 重なり合って, 重畳した, 野菜の, 釘にかけて, 錯落離合し, 防空監視哨を, 飛躍を, 飲ませようと

▼ 段~ (58, 1.0%)

4 を見 3 の声 2 が手, が肩, が駆け出し, とお, など無視, の唄, の耳, は礼, も仙太郎, を押

1 [31件] から手, から胸, がくぐり, がオッ, がオツ, が人, が何, が立ち上る, が立上がる, っあん, である, と仙太郎, と滝三, と瀧三, などをつぎつぎ, に, に向っ, の伯父, の伯父さ, の伯父さん, の持っ, の肩, の胸倉, の袖, の言葉, は走っ, もそれ, やあんた, を黙らせよう, 入って, 見て

▼ 段右衞門~ (52, 0.9%)

2 に向, を召捕

1 [48件] が云, が仕業, が惡事, と岡引吉藏案内, と愈々, と改めて, と申す, と申立, と申者, と言者, に向かひ, に對面, に申聞, に相違御座, の後家, の爪印, はハツ, は大岡殿, は少し, は怒り汝, は惡事露顯, は是, は暫く, は此時, は此體, は江戸表大岡殿, は漸, は猶, は落付, は覺, は鈴ヶ森, も今, も厭倦果, も又, も只, も大事, も心中, も愕然, も更に, も當惑, を引出させ, を見られ, を見遣, を高手小手, 承はれ先年富右衞門所持, 未, 然あらぬ, 爾ぢ

▼ 段~ (46, 0.8%)

5 屆き, 屆に, 屆至極に 4 埓に 3 屆なり, 届に 2 埓なり, 埓の, 屆の, 届至極に

1 [13件] 埓千萬なりと, 埓至極に, 屆なれ, 屆千萬なり, 屆者めと, 屆至極なり, 屆至極の, 届且不心得に, 届千万上意によって, 届至極である, 行屆き, 覚悟の, 逝

▼ 段じゃ~ (40, 0.7%)

8 ねえん 5 ない 4 ござんせぬ 3 ございません 2 ねえや

1 [18件] ありませんお嬢さん, ありませんとんだ, ありませんや, ありませんよ, ございません今や, ごわすまいが, ないね, ないの, ないみんな, ないよ, ないわ, ないん, ない今朝, ない器械的, ねえが, アございません, アない, 済むまいぜ

▼ 段~ (40, 0.7%)

3 にある 2 の旅館, の趣味

1 [33件] からずっと, でスパイ, と思わなけれ, にあっ, にのぼった, にもどっ, に上つて, に在る, に見られ, に近づい, のつとめ, のところ, のもの, の丘, の人, の侯爵邸, の先生, の地, の孟子, の広場, の御, の教育, の段, の濠端, の生物, の美, の自由, の螺旋, へと登っ, へもどった, へ出, へ燒, 迄歩い

▼ 段には~ (38, 0.7%)

2 沢山の

1 [36件] いささか不明, かりにこの, ちょうど一日, ならなくつて, まだなかなかな, もともと勘気, スター・ダスターズの, 一つも, 一種の, 二三の, 二人が, 今も, 仕方は, 何と, 同郷の, 壺が, 外科医の, 夜具が, 小さいながらも, 小銃なども, 巨大な, 槍を, 次の, 浅草の, 焔硝と, 燭台だの, 盆栽の, 米の, 美しさ, 至らないん, 至不, 蜜柑箱が, 行きませんが, 譬へば十三臂, 附木と, 雁でも

▼ 段抜き~ (36, 0.6%)

8 の大 4 の記事 2 で, でこの

1 [20件] か何, くらいで出る, だから, でその, でだれ, で仰々しく, で取扱ふか, で報道, で大きく, で掲げ, で知事令夫人以下十四五名, で紙面, で紹介, で載せ, に報じ, の大きな, の見, の見出し, 二段抜きの, 靴の

▼ 段ずつ~ (35, 0.6%)

2 階段を

1 [33件] お浚いの, のぼって, のろのろと, ひとと, ゆっくりゆっくり昇り始めました, 一と, 一ぺんに, 一足に, 一跨ぎ, 一遍に, 七折ばかり, 上るの, 位と, 八人である, 六人女三分の四段ずつ, 出ない事, 女には, 念入りに, 掘って, 横に, 歩みしめて, 登りはじめた, 石垣を, 素子の, 薄暗い梯子, 蝗の, 読んで, 開けて, 降りるとき, 階子段を, 音を, 飛び上がるとき, 飛ぶこと

▼ 段~ (31, 0.6%)

3 四段の 2 三段に, 何か

1 [24件] お前さん, これは, こんな晩, すぐれて, であった, 七段ぐらいの, 三段かに, 三段くらい, 三段歩かの, 不見目, 乗る人, 二段しか, 何かで, 四段か, 四段に, 四段位に, 富山で, 拙者の, 教わった, 格子戸に, 知れないけれども, 警官でも, 高いより, 高い名門貴種

▼ 段~ (31, 0.6%)

3 出て 2 かけて, ふみかけた

1 [24件] あがって, かけられました時, それから丸の内, ぬける長い, 一足飛に, 伺うたんび, 帰って, 引退る, 往くの, 据った, 沈みしずみトントントン, 片足かけた, 登りつくこと, 登り着いた, 矢の, 行きました, 行く, 裾を, 起つて, 足を, 躍り出た子供, 載せ換える方, 遣つて, 麦を

▼ 段ばかり~ (29, 0.5%)

2 棚を

1 [27件] あがって, あつた, ある階, いったところ, ころがりおちて, ずらりと掛け, そのまま戸袋, でなく信太, まっすぐに, もつて, 一人で, 上ると, 上を, 下りて, 先の, 少年は, 書いて, 畑は, 目に, 石を, 私の, 細く削った, 続く, 自分の, 降りると, 降ると, 階段に

▼ 段どり~ (28, 0.5%)

4 となる 3 になる 2 はこの

1 [19件] がつき, が実に, が実になんとも, が起っ, だけはチャンチャン, になっ, になりました, に出来, はおよそ, はでき上がった, はなかなか, まで漕ぎつけた, よろしく諷, をします, をちょっと, を極め, を重ね, を面白, 呼吸その間の

▼ 段三段~ (25, 0.4%)

1 [25件] ときい, とわき, と大将, と大股, と敵陣, と理, と計画, と跫音, と迫らない, と重なっ, と降りはじめました, に備え, に卑下, に埋め, に破裂, に重ね, の区劃, の拍車, の構え, の準備, の策, の追撃策, を抜い, 御裳, 第四

▼ 段~ (24, 0.4%)

8 達申上候 2 届申上候

1 [14件] 取上に, 吟味願上候以上, 宥恕なし, 容赦下され, 容赦被, 届け申し上げ, 恐悦申しあげる, 憐察被, 用捨, 老中筆頭松平伊豆守殿へ, 裳を, 賞美あり, 達に, 達申上候同月十一日血忌引御免被仰付候明十二日御番入仕候段御達申上候

▼ 段~ (23, 0.4%)

2 が後々, そうだ, んと

1 [17件] からなあ, が上二段, しおりた, そうで, ぞ, という水戸, といつた, などと威張つ, んいくらも, んに, ん不安に, ん判明した, ん快く, ん話し合っ, ん近づい, ん面映ゆい, ん高く

▼ 段~ (23, 0.4%)

3 の上

1 [20件] からわざわざ, だという, とお, の五倍, の傾斜, の斜面, の最, の涼夜, の灰色, は今, へ差しかかった, まで行つて, よりも緩やか, より堀伝え, をのぼり, をも下り, を上ッ, を下り, を下り車, を降り

▼ 段活用~ (23, 0.4%)

2 の動詞, の語

1 [19件] かしら, があります, で, であったと, ですが, ですと, でなかったかとも, なの, にうつつ, には, にもまた, の一元, の様, の語尾, はすでに, は実は, は終止, ばかりの単純, よりも前

▼ 段かの~ (22, 0.4%)

2 書棚を, 棚が, 棚の

1 [16件] あの刑事, 前には, 又聞きであった, 変遷を, 実力を, 密集隊と, 層を, 巫女を, 帆が, 段々に, 石段を, 鐶に, 階を, 階段を, 階級に, 高い砂丘

▼ 段まで~ (22, 0.4%)

2 来て

1 [20件] おりた時, きたとき, ふちなし, よろけて, 下りた時, 何段ある, 崩れたと, 来たとき, 来ると, 漕ぎつける, 潰乱され, 畳んだもの, 短縮する, 聞かせられ夕飯, 行くと, 行くん, 見送ります, 這うよう, 這ふ, 進み來

▼ 段にな~ (21, 0.4%)

1 [21件] つてこの, つてこれで, つてはじめて, つてひどく, つてゐ, つて其鋭どい, つて出来, つて勇壯なる, つて大器晩成の, つて居, つて思ひ出した, つて意識的に, つて持病の, つて撓ん, つて涙を, つて礑と, つて突然, つて脹れ, つて自分は, つて踊り場の, つて閂を

▼ 段九郎~ (20, 0.4%)

3 の手, の配下 2 が山犬

1 [12件] が境内, が快く, が蒼く, だけが当日, になつい, のもと, の山犬, の配下ども, は先, は配下, もたのん, や

▼ 段という~ (19, 0.3%)

2 のも, ものは

1 [15件] ところあり, ところを, のは, ものを, 上に, 体格を, 名に, 地方四五里四方は, 女中が, 文字が, 男が, 荒武者な, 豪の, 陣形に, 風に

▼ 段ほど~ (19, 0.3%)

1 [19件] あって, おりて, おりると, でたらめに, のぼって, 上って, 下りたとき, 下りると, 助広の, 残って, 段を, 浅彫り, 登ったとき, 登つてそこで, 石段が, 石段を, 苔に, 降り行きしと, 鞠に

▼ 段重々~ (19, 0.3%)

10 不屆 4 不屆至極 2 不埓, 不届 1 不相済

▼ 段ある~ (16, 0.3%)

3 石段を 2 ゆゑに七ツ釜と, 梯子の, 石段の 1 からそこ, か天王寺, のか, んでせう, 坂を, 石の, 高い石段

▼ 段~ (16, 0.3%)

2 三段は, 五段の, 春雨を 1 つき當, 三段皆の, 上田愛桂四段などは, 令嬢が, 六段の, 六段残した, 四段の, 床の, 猿楽町, 長唄の

▼ 段目左端~ (14, 0.2%)

2 が7, と九段目左端, は7, は7以上, は9, も1 1 の除数, の除數

▼ 段より~ (13, 0.2%)

2 上へは

1 [11件] お夏, なのね, 一町六段郡司は, 下に, 下には, 五段を, 代筆させ, 成れる短き, 段に, 第七十四段, 第三

▼ 段~ (12, 0.2%)

1 [12件] から必死, じゃ, にこう, にさっき, に中央路, の大次郎, の洞窟, の玉川堂, へ手, へ降り, ゾウリなど, 一段變化の

▼ 段~ (12, 0.2%)

5 ひの 2 ひに 1 に上手, の対手, ひ, ひですと, ふと云

▼ 段ぬき~ (11, 0.2%)

3 の大 1 でのっ, で書かれた, で組ん, のデカデカ活字, のミダシ, の見出し, の記事, の頭

▼ 段~ (11, 0.2%)

1 [11件] がぬらぬら, とが置かれ, とを積み重ねた, に噛りつ, の焔, の燃えた, をつきつけ, を二三度, を指, を捕え, を握り

▼ 段といふ~ (10, 0.2%)

2 ことに 1 ことも, ところまで, のも, ものは, 字は, 段位を, 規定は, 長い名前

▼ 段として~ (10, 0.2%)

1 あの安, あの安っぽい, この婦人, 之れ, 当然わが, 掲げられるの, 特に云い立てる, 置いて, 翻訳を, 集まる人

▼ 段~ (9, 0.2%)

1 いかりなさいませぬ, ふれで, ゆるしある, ゆるし下さい, 取次ぎくださいますよう, 取次ぎ下さいますよう, 取次下されい, 見上げ申した, 那珂は

▼ 段構え~ (9, 0.2%)

1 が出来上っ, でそれ, で宙, にならざる, の文法形態, よりは一筋, をし, を持出しました, を断然

▼ 段~ (9, 0.2%)

1 一手に, 一段と, 三段の, 二段が, 二百十一段などの, 四段が, 四段の, 四段は, 四第

▼ 段~ (9, 0.2%)

4 の母音 2 とウ音 1 と合体, の次に, またはオ段音

▼ 段との~ (8, 0.1%)

1 ぼつた, 争ひでは, 対局で, 対局である, 対戦で, 読売十番碁に, 間の, 隔たりが

▼ 段坂上~ (8, 0.1%)

1 から下町, にある, に居た, の今, の停留場, の夜, の富士見町通, は現今

▼ 段~ (8, 0.1%)

2 へ行く 1 って料理屋, ではなく, と言っ, の独特, の鍋, へ寄る

▼ 段~ (8, 0.1%)

2 が違う 1 で中段以上, という, といったその, に応じ, の昇級, を貰った

▼ 段返し~ (8, 0.1%)

2 わけても照手姫 1 で見せる, とかいう, とか称する, に宙乗り, みたいに, をもっ

▼ 段でも~ (7, 0.1%)

2 五段でも 1 こういう風, よいけれども, 上の者に, 四段でも, 捏ち上げる特別

▼ 段とか~ (7, 0.1%)

1 云う心臓, 五段とか, 伝説的な, 何, 取る恐ろしい, 四段とか, 神変杉狒々退治の

▼ 段とも~ (7, 0.1%)

1 あらう達人, なく生い茂って, なれば, に切り離し, 上に, 知れず空, 知れぬ純白

▼ 段~ (7, 0.1%)

1 と五段め, に位する, の四桁数字, は似た, は妹, は末, までおり

▼ 段上っ~ (7, 0.1%)

1 たり下り, ていた, てはじめて, てみ, て中台, て古, て見る

▼ 段成式~ (7, 0.1%)

31 かつて試み, が人, であります, を加え

▼ 段~ (7, 0.1%)

4 終わり 1 でぎっしり, ではあった, でよみ

▼ 段高い~ (7, 0.1%)

1 ところに, 内陣へ, 地歩を, 所に, 標準からは, 舞台で, 處に

▼ 段ごと~ (6, 0.1%)

1 にある, に倒し, に土砂, に母, に流れおり, に雑草

▼ 段だけ~ (6, 0.1%)

1 だから, めちゃくちゃに, よじ登ったこと, 下って, 昇って, 狭い甲板

▼ 段とは~ (6, 0.1%)

1 いえ素人相手, もう年貢, 北船場へ, 必らず, 暗い壁一重, 逆の

▼ 段~ (6, 0.1%)

3 といふこと 1 といふの, と書い, の上

▼ 段~ (6, 0.1%)

1 か, で連體形, なら変格, になつ, になる, を見る

▼ 段~ (6, 0.1%)

1 と云, の山, の手, の落着き先, は妻恋一, やらいろいろ金

▼ 段~ (6, 0.1%)

2 の上 1 が円形, と入れ, の構築, や穴畑

▼ 段神妙~ (6, 0.1%)

1 なり依て, に付死一等, に似, に思し, に思召さる, の至り

▼ 段降り~ (6, 0.1%)

1 ていった, てくるり, て中, て戸袋, て行った, ながら下

▼ 段かに~ (5, 0.1%)

1 つながれて, なったその, 並べて, 指定した, 高まつ

▼ 段~ (5, 0.1%)

1 や, やありません, やない, や無い, や無え

▼ 段のぼっ~ (5, 0.1%)

1 ていた, てゆく, て来, て行き, て行っ

▼ 段ばかりの~ (5, 0.1%)

1 処で, 場所で, 物を, 石段を, 高い石段

▼ 段~ (5, 0.1%)

1 加算, 大旨ナリ, 進化ヲ, 進化ヲナセリ, 高サノモノ

▼ 段~ (5, 0.1%)

1 イロイロ云ッテ仲直リ同様ニシテ帰ッタラ, 申述ベ且又該時種, 経八重洲口, 詫ビルカラ大草ヘモ云ワズニ帰ッタオヨソ壱時バカリノコト御, 述ベテ世間剣術話ヲシテ居タガオレノナリヲヤタラニ見

▼ 段六さん~ (5, 0.1%)

1 あがって, つまらんこと, と子供衆, と申しまし, に聞きました

▼ 段奇特~ (5, 0.1%)

3 に思し 1 なり瀬川事討, に付

▼ 段~ (5, 0.1%)

2 願上候処即刻願之 1 願上候所即刻願之, 願上候所同月十九日願之通被仰付候, 願候処早速

▼ 段~ (5, 0.1%)

3 の麻の葉鹿の子 1 であった, に成つた綸子

▼ 段~ (5, 0.1%)

1 の警戒網, へで宙, への上段, への秋色, への鉄砲

▼ 段階段~ (5, 0.1%)

1 がある, の数, をおり, を降り, を降りる

▼ 段高く~ (5, 0.1%)

1 して, なってる第, なつて, 王座あり, 矩形に

▼ 段鹿子~ (5, 0.1%)

1 であったの, の麻の葉, を別に, を目的, を脱がせよう

▼ 段あり~ (4, 0.1%)

1 これを, てカクー, 先, 名称と

▼ 段じゃねえ~ (4, 0.1%)

1 このとおり耳, ひょっとする, ほこらの, 朝湯と

▼ 段すぐれた~ (4, 0.1%)

1 この地方, ものに, やつさえ, 女も

▼ 段その~ (4, 0.1%)

2 ため口上東西東西 1 人を, 罪最も

▼ 段です~ (4, 0.1%)

21 からトオサン, よお気

▼ 段とび~ (4, 0.1%)

2 をし 1 の数字, の第

▼ 段なら~ (4, 0.1%)

21 ば相当, まだしも上

▼ 段~ (4, 0.1%)

3 しご 1 降りれなくなったで

▼ 段ほどの~ (4, 0.1%)

1 所に, 石段を, 階子段が, 階段が

▼ 段一段と~ (4, 0.1%)

1 あるの, 上りゆく彼, 暗黒の, 降りて

▼ 段以上~ (4, 0.1%)

1 でなければ, の達人, は書けた, ノ題

▼ 段切れ~ (4, 0.1%)

1 だ, ということ, のいろは送り, の法

▼ 段~ (4, 0.1%)

1 に捲きつけられ, のところ, の柄, を握ろう

▼ 段~ (4, 0.1%)

1 で, の甚八さん, は全, を許され

▼ 段玉裁~ (4, 0.1%)

2 は更に 1 の注, は之

▼ 段~ (4, 0.1%)

1 という男, のふたり, の首, はひとり野道

▼ 段登る~ (4, 0.1%)

2 とずるずる, と落ち

▼ 段目あたり~ (4, 0.1%)

1 から転落, に立ってる, の辣薤畑, へ落ち

▼ 段相違~ (4, 0.1%)

1 なきや, なき趣き白状, 之なき, 無之

▼ 段連用形~ (4, 0.1%)

3 に用いる 1 に用いられる

▼ 段~ (4, 0.1%)

2 りの 1 の荒蕪地, りぢ

▼ 段あるいは~ (3, 0.1%)

1 オ段の, 四段を, 弓術でも

▼ 段ぐらいの~ (3, 0.1%)

1 棋力しか, 無名の, 腕は

▼ 段この~ (3, 0.1%)

1 お喋りに, 中に, 独創的な

▼ 段さがった~ (3, 0.1%)

2 ところで 1 ところに

▼ 段さがり~ (3, 0.1%)

2 に低く 1 に左

▼ 段さん~ (3, 0.1%)

1 が怒ります, はよく, 早く田んぼ

▼ 段~ (3, 0.1%)

1 てもらつた, てもらへた, ても二畝以上

▼ 段しか~ (3, 0.1%)

1 ない, 作つてゐない, 石の

▼ 段づつ~ (3, 0.1%)

1 先立ちけるが, 薄暗い梯子, 飛び越えて

▼ 段づゝ~ (3, 0.1%)

1 も飛び, 出ない事, 急いで

▼ 段である~ (3, 0.1%)

1 かも知れない, というの, のです

▼ 段とな~ (3, 0.1%)

1 つた, つてだけ, つては

▼ 段どりで~ (3, 0.1%)

1 一切が, 冬の, 私は

▼ 段などは~ (3, 0.1%)

1 さしたるもの, よくその, 絶対に

▼ 段にまで~ (3, 0.1%)

1 居餘つて, 縮まつて, 進みかけて

▼ 段まことに~ (3, 0.1%)

2 面目次第も 1 失礼に

▼ 段もの~ (3, 0.1%)

1 砦を, 縞模様と, 脈が

▼ 段上り~ (3, 0.1%)

2 ながら青年 1 かけて

▼ 段上る~ (3, 0.1%)

1 とその, と急, と網戸

▼ 段下がった~ (3, 0.1%)

1 まったくの, 廊下外であった, 扱いを

▼ 段下った~ (3, 0.1%)

1 崖端の, 書院風の, 水面の

▼ 段六公~ (3, 0.1%)

1 ではねえ, の馬鹿野郎, 同じ百姓

▼ 段~ (3, 0.1%)

1 と申します, の文句, は判っ

▼ 段厚く~ (3, 0.1%)

1 御海恕, 御礼申し上げます, 譽置く

▼ 段取だ~ (3, 0.1%)

1 から急ぐ, が出, つた

▼ 段四段~ (3, 0.1%)

1 さながら梯子, におれ, に重ねられ

▼ 段~ (3, 0.1%)

1 の丘ひとつ, の方, の陣地

▼ 段~ (3, 0.1%)

2 けなし然 1 けなく

▼ 段~ (3, 0.1%)

1 入り候え, 入奉, 入奉り

▼ 段恐れ入り~ (3, 0.1%)

1 候えば, 奉つる是, 奉りぬ幾重にも

▼ 段教授法~ (3, 0.1%)

2 を以て教 1 だ児童心理学

▼ 段申立~ (3, 0.1%)

1 しかば則, たり依, る何れ長庵

▼ 段~ (3, 0.1%)

1 り六俵ぐらゐがこの地方, り四俵, り賠償金

▼ 段登っ~ (3, 0.1%)

1 てから, て廊下, て行った

▼ 段~ (3, 0.1%)

1 の踏段, を上げる, を握る

▼ 段石段~ (3, 0.1%)

1 をあ, を上っ, を飛び登ろう

▼ 段秋霜烈日~ (3, 0.1%)

2 の厳 1 の嚴

▼ 段~ (3, 0.1%)

2 がある 1 を区別

▼ 段草子~ (3, 0.1%)

1 といふ名, の前, 及び其系統

▼ 段落し~ (3, 0.1%)

1 てそれから, の床, の憂き

▼ 段~ (3, 0.1%)

1 は四段言, も俗語, よりも古い

▼ 段誠に~ (3, 0.1%)

1 女丈夫共云べし, 恐れ入奉つり候, 憤慨泣涕の

▼ 段近く~ (3, 0.1%)

1 の濠端, までの古本屋, も上った

▼ 段~ (3, 0.1%)

1 がつめかけ, が考へ, の研究

▼ 段進ん~ (3, 0.1%)

1 でその, で定期, で居つた

▼ 段進んだ~ (3, 0.1%)

1 と見た, ものと, 船舶用の

▼ 段重ね~ (3, 0.1%)

1 に十二個, の箪笥, の薬戸棚

▼ 段長音~ (3, 0.1%)

1 が発生, の開合, の開音

▼ 段降りる~ (3, 0.1%)

1 と同時に, と行き着く, ように

▼ 段あがる~ (2, 0.0%)

1 とパッタリ道, 時まで

▼ 段あたり~ (2, 0.0%)

1 で専ら, の内地

▼ 段およそ~ (2, 0.0%)

2 百ばかりに

▼ 段おろし~ (2, 0.0%)

1 になります, を選ん

▼ 段お許し~ (2, 0.0%)

1 下さるよう, 下され

▼ 段からも~ (2, 0.0%)

1 下の, 汲まれるの

▼ 段くらい~ (2, 0.0%)

1 では, 積み上げればね

▼ 段ぐらい~ (2, 0.0%)

1 だったと, やるの

▼ 段ぐらいに~ (2, 0.0%)

1 なって, 別れて

▼ 段さえ~ (2, 0.0%)

1 廉けれ, 高く出せ

▼ 段した~ (2, 0.0%)

1 んだ, んです

▼ 段すぐれ~ (2, 0.0%)

1 ている, て白く

▼ 段だけは~ (2, 0.0%)

1 けっして先刻, 削って

▼ 段だの~ (2, 0.0%)

1 何が, 秀策を

▼ 段であっ~ (2, 0.0%)

1 てそこ, て理屈

▼ 段であった~ (2, 0.0%)

1 がこんど, に相違

▼ 段でなく探りすぎ~ (2, 0.0%)

2 て悩まされ通し

▼ 段としては~ (2, 0.0%)

1 主體, 先ず核

▼ 段とには~ (2, 0.0%)

1 ないの, 全くなくなり

▼ 段とへ~ (2, 0.0%)

2 通ふ

▼ 段なども~ (2, 0.0%)

1 先手の, 頭の

▼ 段などを~ (2, 0.0%)

1 見て, 誦み上げる

▼ 段なる~ (2, 0.0%)

1 や知らず, 者が

▼ 段において~ (2, 0.0%)

1 なすべき叙述, 叙せらるべき

▼ 段について~ (2, 0.0%)

1 名詞法を, 述べるつもり

▼ 段にて~ (2, 0.0%)

1 お遁げ, 更にシエクスピイヤ

▼ 段にでも~ (2, 0.0%)

1 なって, なれば

▼ 段にわたって~ (2, 0.0%)

1 五人の, 歴史的に

▼ 段のうで~ (2, 0.0%)

1 まえで, まえですから

▼ 段ばかりに~ (2, 0.0%)

1 仕切った棚, 横

▼ 段ほども~ (2, 0.0%)

1 ある庭, あれこれと

▼ 段また~ (2, 0.0%)

1 段と, 段を

▼ 段までも~ (2, 0.0%)

2 両国までも

▼ 段よりは~ (2, 0.0%)

1 山神と, 美しくて

▼ 段よろけ~ (2, 0.0%)

2 落ちた

▼ 段一杯~ (2, 0.0%)

1 に大, の大

▼ 段一段~ (2, 0.0%)

1 のぼって, 緩然

▼ 段上つて~ (2, 0.0%)

1 ずつと見渡し, 見ると

▼ 段下つて~ (2, 0.0%)

1 るよ, 居たかも

▼ 段下り~ (2, 0.0%)

1 て下, て僅

▼ 段主人~ (2, 0.0%)

1 に代, へ申

▼ 段~ (2, 0.0%)

1 事に, 舞

▼ 段二段~ (2, 0.0%)

1 とお, の事

▼ 段五段~ (2, 0.0%)

1 と隙間, を割いた

▼ 段五畝~ (2, 0.0%)

1 からぢ, といへ

▼ 段今更~ (2, 0.0%)

2 に御礼申上候

▼ 段~ (2, 0.0%)

1 とあり, の石段

▼ 段備え~ (2, 0.0%)

1 に鶴翼, 鶴翼の

▼ 段八三上郡藏~ (2, 0.0%)

1 があわ, の三人

▼ 段八畝~ (2, 0.0%)

1 という田地, ほどの宅地

▼ 段六伯父~ (2, 0.0%)

1 さ, さたらいつも

▼ 段六恐怖~ (2, 0.0%)

2 の極

▼ 段六早田~ (2, 0.0%)

2 を認め

▼ 段動詞~ (2, 0.0%)

1 が諸種, の已然形

▼ 段匹庫~ (2, 0.0%)

1 と命名, と申します

▼ 段即ち~ (2, 0.0%)

1 最上方, 最下方

▼ 段取で~ (2, 0.0%)

1 子供の, 有つた

▼ 段取である~ (2, 0.0%)

1 がぼく, が三河

▼ 段右衞門方~ (2, 0.0%)

1 へ參, へ罷り

▼ 段~ (2, 0.0%)

1 が山, の上

▼ 段地方~ (2, 0.0%)

1 では例, に入り込まし

▼ 段坂下~ (2, 0.0%)

1 の立ちン坊, の裏通り

▼ 段坂病院~ (2, 0.0%)

1 に入院, に入院中

▼ 段~ (2, 0.0%)

1 という僧坊, の外

▼ 段増し~ (2, 0.0%)

2 て恥

▼ 段~ (2, 0.0%)

1 膽なり, 象の

▼ 段女子~ (2, 0.0%)

1 にその, に一段百二十歩

▼ 段~ (2, 0.0%)

1 が運ん, なぞもコンパクト

▼ 段~ (2, 0.0%)

2 もって

▼ 段~ (2, 0.0%)

2 入候

▼ 段察し~ (2, 0.0%)

1 入ります, 入る處

▼ 段屹度~ (2, 0.0%)

1 叱り申付, 申渡し且右掛

▼ 段已然形~ (2, 0.0%)

1 と同じ, と同類

▼ 段巻き~ (2, 0.0%)

2 にした

▼ 段平に~ (2, 0.0%)

1 おゆるし, 御容赦

▼ 段幾重にも~ (2, 0.0%)

1 御容謝, 御詫申上候

▼ 段引き~ (2, 0.0%)

1 と申しまし, の鯛

▼ 段拍子~ (2, 0.0%)

1 に合, を入れ

▼ 段昇っ~ (2, 0.0%)

1 ていった, て個体間

▼ 段~ (2, 0.0%)

1 ぞ天罰, 又實父母

▼ 段~ (2, 0.0%)

1 だの, などは可笑しく

▼ 段有難き~ (2, 0.0%)

1 仕合なり, 仕合に

▼ 段~ (2, 0.0%)

1 や, を下り

▼ 段正造~ (2, 0.0%)

2 に代り

▼ 段~ (2, 0.0%)

1 がこれ, は字

▼ 段江戸表~ (2, 0.0%)

2 御老中方

▼ 段深く~ (2, 0.0%)

1 御礼申上候, 感謝仕

▼ 段~ (2, 0.0%)

1 にかさなっ, の高原

▼ 段白樺~ (2, 0.0%)

2 の巨木

▼ 段目三段目~ (2, 0.0%)

1 ぐらいに立派, ぐらいまでナガシメ

▼ 段目五段目~ (2, 0.0%)

1 と十二段, と順序通り十二段

▼ 段目位~ (2, 0.0%)

1 な奴等, までより出ない

▼ 段目六段目~ (2, 0.0%)

1 がよく, と演

▼ 段~ (2, 0.0%)

2 平御免

▼ 段祝着~ (2, 0.0%)

2 に存ずる

▼ 段祺瑞~ (2, 0.0%)

1 の擁護, を中心

▼ 段程の~ (2, 0.0%)

2 段階子を

▼ 段組み~ (2, 0.0%)

1 の形, をなしたひろがり

▼ 段~ (2, 0.0%)

1 ともいっ, の湯

▼ 段膨脹機関~ (2, 0.0%)

1 が発明, へタービン

▼ 段落ち~ (2, 0.0%)

1 て, の畑

▼ 段~ (2, 0.0%)

1 へけれ, へ出

▼ 段語っ~ (2, 0.0%)

1 て, てしまう

▼ 段際立っ~ (2, 0.0%)

1 て甲高, て見える

▼1* [658件]

はせて, 段あがって奥, 段あがりながらうっかり, 段あげるのにたっぷり四日, 段あごには汗, 段あたり何斗米がとれる, 段あって又, 段あったかなん, 段あったでしょうか, 段あつぱれ器量は, 段ありますと言下, 段あれに近い, 段あわわわわ話, 段いうまでもない, 段いじょうになろう, 段いつぺんに駈け上り, 段いよいよもって, 段へに立つ, 段うまいようだ, 段おずおずと階段, 段おそるおそる願い出ると, 段おちくぼんだ部屋に, 段おとされたこと忘れ果て, 段おもしろき細葉槙ふゆの, 段おりたところで, 段お詫び申しあげましたところ, 段お詫び申上げ奉りまする, 段かたづいたところで, 段かと思われたが, 段かを埋めるに, 段がちがひすぎる, 段がまへの強腰, 段くだけた歌なる, 段くらゐは, 段くらいずつ登っては, 段くらいの腕前に, 段くるくる舞うて, 段ぐみにした, 段ぐらいしかありません, 段ぐらいでとまるよう, 段ぐらいも飛び下りて, 段ぐらゐでとまるやうで名人上手となる, 段ぐらゐの仕種にわけ, 段ぐらゐの土地が彼ら, 段ぐれえじゃ, 段ことに教育が, 段これにつぎ, 段ころんでしまった, 段行変格の, 段さがって新しい, 段さながら梯子を, 段さらひて, 段さらったわけさ, 段ぶんの, 段じゃあがあせんつい, 段すぐ同歩, 段すでに旧冬来工藤左門を以て, 段すむともう, 段すら危なげに, 段すれつからしである, 段そちらとまわり, 段そんな大人気ない, 段たる絞首行為の, 段だけで我慢し, 段だけにあって, 段だっていうんで, 段つきになった, 段つつしんで願いあげますとも, 段つめてゐる, 段づいと高く, 段づつ一息に駈け上るらしい, 段野郎は, 段でありましたが上海, 段でがつくりと, 段でなくて四段, 段でなくずんぶりつかつて了, 段で崩れたらしい処では, 段とかいうように, 段としても試みに, 段とを見たこと, 段どりでみせている, 段などでもなんでえ, 段などには同じ世代, 段などのような, 段なほ未だ多から, 段なんかつかないで, 段にあたるゆるやかな, 段においては分りませんが, 段にくまれていた, 段についてはいまだ一つ, 段にては無之, 段にもなつてゐる, 段によつて開始された, 段によって多い少ないの, 段によっては笛の, 段によりてか, 段に対する神様の, 段のうへに据ゑられ巻奉書の, 段のかずがいくつ, 段のちと云う, 段のなゆといふ, 段のぼりつめた石段の, 段のぼれば恐らくは, 段はいおりたかと, 段ばかし作つとるん, 段ばかりと山を, 段ばかりはまだ壁, 段ばかりも昇って, 段ばかりを耕し大根二万五千根, 段ひとえに御容赦, 段ひらにご勘弁願いま, 段ふかく遺憾の, 段ふた段, 段ふらち至極とあっ, 段へそつくりしまつ, 段へと載せて, 段への高さ, 段へも帰られないの, 段ほかに小作, 段ほどとととととよろめいた, 段まさった容姿である, 段までがありありと, 段までを見ただけでも, 段めだつてゐる, 段もうへを行く, 段もさう教へて, 段もしくは四段の, 段やを見るの, 段ゆるんで居る, 段よりも高くて, 段らしいがこれ, 段をはづれたかと思ふ, 段をばぼくぼくと, 段イ段あるいはオ段, 段イ段これにつぎ, 段ウウウウ頻りにうなる, 段ウ段に属する, 段ウ段エ段オ段の仮名, 段エ段では母音, 段エ段オ段の仮名, 段オ段の仮名, 段グイと膝, 段セキバラヒか, 段タオルをとつ, 段ダラ形でこれ, 段ニ伸バシテ長椅子ニシソレニ臥コロンデ持ッテ来タ本, 段ニ畳マレル籐椅子ヲカツギ込ンデ来, 段ヌキトップに報道, 段ハラワタが煮え, 段ビルを出た, 段ピューリタニックであって, 段ロケットでは第, 段ワ行が四段, 段一つ隔てた上と下, 段一パイになる, 段一元が事実, 段一口坂辺りにあつ, 段一度に登った, 段一應御深切の御, 段一段縄梯子を上, 段一節を切り取る, 段一越え, 段三十三段の石段, 段三十六の劃内, 段三段のちと云う, 段三段四段さながら梯子, 段三段登ッたが, 段上がってゆく, 段上ったばかりで, 段上つた中途の上下, 段上つて云はば内陣, 段上りましたよ, 段上一段下一段變化, 段上下式になっ, 段上小川町呉服橋を経, 段上聞に達し, 段上野待乳山などに初日の出, 段上野青山と廻っ, 段上駿河台上野は桜ヶ岡, 段下げて書い, 段下っている, 段下りなければならない, 段下りる順に, 段下ろして風大, 段下二段上一段下一段變化, 段下等な政治, 段不仁不義の仕方, 段不便に思召, 段不埒につき三日, 段不届き至極しかも今回, 段不悪御宥恕被, 段不束なり以來屹度心付候樣致, 段主人讃岐守より相, 段九十六分考へて, 段九郎兵衞が注進, 段二人腕を揃, 段二十把になる, 段二条中山両卿, 段二畝歩にする, 段五分考へて, 段五十四分考へて, 段に母たる, 段人々は祝福, 段人々覚悟の事, 段人面獸心とは汝, 段以下の世間, 段仰せ聞られ候, 段会館へ, 段の三脚, 段伺ひ度い, 段低い中坪の, 段佐佐木茂索三段和木清三郎三段池谷信三郎などで時に, 段共合點行, 段何とも致方が, 段何卒お許し下さい, 段余りしかない, 段余田代八町八段余とあり, 段便所から戻り, 段信義厚く賞する, 段候あいだ其許ひましだい二三日ちゅう機嫌伺い, 段へに願, 段傑出して, 段優れている, 段儲けついで五人, 段充分と諸国, 段光る美の, 段光彩のある, 段光明に向っ, 段全く拙者の, 段全体が客, 段兩國行の電車, 段と郡藏, 段八段の石段, 段六あっちこっちをおびえた, 段六おらおらくくくやしくっ, 段六さ滝さこれだけで, 段六伯父さよ, 段六公おら帰ろうてや, 段六公どこでどうして, 段六公平松の旦那ちの地所, 段六公耳は遠く, 段六公鍬はおろし, 段六分藤沢九段四分といふところが, 段六女房などをチョイ, 段六尻ごむ, 段六彼方此方をおびえた, 段六段目ぐらいまでナガシメ, 段六通りがかりの他所, 段兵衛後段右衛門と称した, 段其頃御内の安田, 段内閣の瓦解, 段冥加身に餘, 段により6段, 段に対して幕府軍, 段剣道七段あるいは弓術, 段剣道三段というの, 段剣道四段という荒武者, 段劣った婿で, 段劣る無学者, 段動いた時余は, 段勝っておい, 段勝れた悪徒, 段といふ織物, 段十二個になっ, 段十八行二十四字詰めのを石川, 段十分考へて, 段半分だけが空, 段南無身延様三百六十五段, 段厳重になるべく, 段又はあの韻, 段及び第七十三段, 段取だったが, 段取ですが今度, 段取で聞こえないおりには, 段取なのです, 段に笛, 段古い形かと, 段古川緑波はシガアレツト・ライタア, 段古川緑波五段菅忠雄などといふ所, 段古風な, 段只今に相成, 段史生六段の類, 段右手をタタミ, 段右衞門コレ汝ぢは跡方, 段右衞門マア強情も宜, 段右衞門一件の者共, 段右衞門事前名畔倉重四郎と呼, 段右衞門今此彌十に顏, 段右衞門何穀平を殺した, 段右衞門假令如何樣の證據御座候共其儀, 段右衞門儀其方と近日對決申, 段右衞門元の名, 段右衞門其方は文, 段右衞門其者は私, 段右衞門冷笑ひ一旦, 段右衞門前名畔倉重四郎一件に付享保十一年十二月右係り合, 段右衞門夫なら愈々爾, 段右衞門左右に汝, 段右衞門我等今は別に, 段右衞門是は聞えぬ, 段右衞門殿夫な譯, 段右衞門汝ぢは是, 段右衞門聲高に噪, 段右衞門能く承, 段右衞門金飛脚の彌, 段右衞門面を正し, 段同じく無文白地の, 段名利の欲望, 段名手対局輒勝布置謹厳守堅攻鋭且才思敏捷, 段含ませたそうな, 段周馬も敬服, 段命令形にはその, 段しければ, 段和木清三郎三段池谷信三郎などで時に, 段嘸かし不實, 段囁き合ってちょうど, 段四分といふところが, 段四変格に応ずる, 段国家の御, 段在所表より申し越し候間, 段坂あたりの桜花満開, 段坂三田聖坂あるいは霞ヶ関, 段坂下須田町を通っ, 段坂本所緑町通ひの, 段の道, 段のきざはし, 段堅く相守り, 段堕した人間だ, 段に臨ん, 段を下り, 段を落し, 段の管絃, 段多かるべしと, 段大坂を領, 段大岡殿へ達せられしか, 段大村益次郎の銅像下, 段大根が兵士, 段大阪数万の軍勢, 段に通じ, 段奉蒙御意候, 段奉賀上候陳れば, 段奉賀候陳者小生今般時代の流行, 段始まりさよ, 段委細申し入れ御, 段存外に深い, 段存寄之通可被仕, 段安永君など勝負師, 段れば, 段宜しく御納得, 段実に御察し, 段の右側, 段の忠臣奚, 段少々上り而, 段尾行である, 段けに及びけれ, 段を成した, 段山岡治左衛門殿被仰, 段山藤崎台法華坂などに迫った, 段屹度承知仕り候, 段岡田初段が駈けつけ, 段までも見え, 段しくなり, 段嶺村に行く, 段嶺村大字豊邦字笠井島の某, 段川崎備寛六段濱尾四郎四段古川緑波五段菅忠雄などといふ所, 段左手を膝, 段巧みに言い表わされたる, 段市ヶ谷辺の町, 段師子と呼ばれる, 段が輜重隊, 段幼年には似合, 段幾十隊か数, 段廊下などに遠い, 段廣津和郎七段川崎備寛六段濱尾四郎四段古川緑波五段菅忠雄などといふ所, 段式相当のカタ, 段引き立って背, 段引どころでは, 段引立って見えた, 段とはい, 段にし, 段張り上げて, 段張り上げたが, 段強めるために, 段当たり七十銭の小作料, 段当り一俵ずつへらし, 段当り百八十円からの金, 段当家のため, 段の桟敷, 段御用番町野平助殿被仰, 段御請申上て引退, 段心得の為め, 段忝奉存候然共, 段忽ち出來, 段思出したら目, 段になっ, 段恐惶嘆願の外, 段恐縮ですが, 段愁訴可仕水府, 段き候外, 段感入たり殊に, 段感賞すと, 段慚愧に堪えず, 段慶賀の至り, 段慶賀至極恐悦のこと, 段憫然の至り, 段成功的な作品, 段成式著わす, 段我々式は翌朝, 段に優勝, 段戦名人戦も水もの, 段戸長より申来, 段にとる, 段打ち脱きの, 段まはり, 段の初号標題, 段抜かなんかで頼む, 段拙者より改めて, 段持参の自慢, 段掛けで余りに, 段推測し易い, 段文明の階段, 段斜めに重ね, 段方程式のほんの, 段早変りを演, 段昇つて行つた, 段昇るとそこ, 段昇格した, 段明るい珈琲店の, 段景住という者, 段景住らが旅商人, 段曲りという坂道, 段に財主, 段替ればい, 段最も重罪なり, 段會宗とか陳湯, 段有るし小作, 段有難仕合に, 段有難く存じ奉つる然, 段有體に白状, 段木村義雄と署名, 段未開田代十二町同員弁郡宿野原五百町, 段松屋に居る, 段染めの籠手, 段柵外開き迷路, 段桟敷のかたち, 段構え位でやる, 段に滑っ, 段樽天堂左又宮田, 段次第に上って, 段歎息の外無, 段正式の足どり, 段正確なところ, 段殊に二上りの, 段残したって仕様, 段殘念に存小腕, 段殘念千萬也我死なば, 段をつく, 段殿中に於い, 段池谷信三郎などで時に, 段沓抜組方というの, 段法度を重, 段注進の者有, 段活上下一段活を見る, 段活下一段さ行変格, 段活用その他終止と連体, 段流れに沁み入り, 段深切の致方, 段満足褒美可致別段之思召, 段源蔵戸浪菅秀才村の子供たち, 段濱尾四郎四段古川緑波五段菅忠雄などといふ所, 段頬を, 段片付けたつもりで, 段特におゆるし, 段珍重に存候偖私, 段甚謝仕候, 段生々世々の高, 段生々世々忝奉存候我等儀年罷寄, 段用心ぶかく, 段田圃が四段, 段申し進じ置き, 段申しわけない, 段申し上げ候, 段申し立て財布を差出しける, 段申上奉つり候, 段申上候は再度, 段申上林井戸へも其旨達し, 段申事に御座候, 段申聞ると, 段男厄坂四十九段あはせ, 段がある, 段町奉行所へ訴えました, 段画廊に中村氏遺作展覧会アリ, 段畑路上の石ころ, 段に耕土, 段登つていつたとき, 段登りなどには不便, 段登り詰めてからマッチ, 段登ッたが, 段白く霧ぞ, 段白地に白状, 段百五十圓二百圓と云, 段百姓の方, 段的攻撃と称する, 段の飯米, 段目のとほり三桁, 段目の下まで落ちた, 段目一幕をとうとう, 段目九段目の五幕, 段目二度目の清書, 段目五段目六段目と演, 段目五段目六段目九段目の五幕, 段目以上の角力, 段目修正論のたぐい, 段目六段目九段目の五幕, 段目四段目五段目と順序通り十二段, 段目四段目五段目六段目九段目の五幕, 段目尼ヶ崎の段, 段目木の実と鮨屋, 段目杉酒屋安達原三段目, 段目殿中の喧嘩場, 段目相撲万力甚五郎の宅, 段目福助の判官, 段目突き出しの小, 段目突き出し以下の取り, 段目辺りより木刀, 段を意味, 段相心得不罷, 段相答候へば獨逸抔, 段相聞不届, 段相談仕つるにより, 段相違御座なく然, 段相違無かと申さる, 段眞逆に落ちた, 段眼鏡を外し, 段と申入候, 段磯五とてもいたく迷惑, 段と下落, 段社頭の夜桜, 段神田本郷の寄席, 段神田辰之助氏らしい, 段祺瑞内閣から南方征伐, 段祺瑞馮玉祥と呉佩孚, 段れて, 段私ども一統心得難く, 段程も附いて, 段稽古を終る, 段稽古場の五番, 段はどうしても, 段立ちまさったごりっぱ, 段立ち勝っている, 段立てが常識, 段笑止の事, 段を貫いた, 段に作られ, 段を設け, 段篤く御礼を, 段の棋客, 段級名の名札, 段素人五段安永君など勝負師, 段組み六号活字総振り仮名付き, 段組み横書き底本では前後, 段組み段間に罫, 段組み罫囲み終わり, 段組上段終わり, 段組下段終わり, 段組罫囲み終わり, 段続いてかかっ, 段然と, 段縄梯子を上, 段小倉の, 段繭子夫人まで報告, 段杉しん, 段へを進め, 段聴いて上手, 段聴きだアンナものは, 段肝要のこと也, 段能楽堂で名人, 段腹痛のやう, 段膨脹ないし, 段膨脹エンジンの性能, 段膨脹機関一八九四年には四段膨脹機関, 段臣下の身, 段自分の狡猾さ, 段草子以前のもの, 段草子系統の稍, 段菅忠雄などといふ所, 段菊池寛五段廣津和郎七段川崎備寛六段濱尾四郎四段古川緑波五段菅忠雄などといふ所, 段落ちついたので頼長, 段行屆かざる, 段を穿く, 段複雑味を加えた, 段親分は怠け者, 段言語道断の不, 段設けられてあり, 段り, 段語ったらいいじゃあねえか, 段は別論, 段論法が最近, 段論法的なこじつけでは, 段変格の, 段證據人忠兵衞が申立, 段りと, 段變化上二段下二段上一段下一段變化, 段にまみえ, 段資本主義商業の色さまざま, 段越前守殿へ申立, 段を運ぶ, 段足掛けを掘り, 段足速に登った, 段跨ぎに階段, 段踏みかけたときである, 段踏むと妹, 段躓きながら褄, 段に染み, 段なくぞんじ奉, 段近村の寺塔, 段返し五段返しで見せる, 段返し糶上げ, 段追っ立てる上からも, 段通りのもの, 段通詞本木昌造を以て申越候, 段進めて世界人類, 段進めた積りであります, 段進歩した時分, 段がある, 段御聴御満足思召候段, 段遠ざかって行く, 段遠のいてゆく, 段郡司は六町, 段郭奥の砦, 段酒肴を贈っ, 段重々不埒至極依, 段重畳の御事, 段は, 段鎧扉になっ, 段鎧窓が二つ, 段長吉姉おせき, 段開きとなつてゐた, 段開き直って本格, 段に罫, 段闡幽の美挙, 段小鳥屋, 段阪下まで毎日字引, 段降ったところが取り, 段降りたところで, 段陣地の防寨, 段が出る, 段隔たった水の, 段の帷, 段領主の役人方, 段を見る, 段飛び離れてすぐれ, 段ひに, 段を踏んだらう, 段高まりて戸村牛岳, 段高める気魄常識以上の, 段鹿の子の浅黄, 段麁忽不義の致し方