青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「牢~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~片手 片手~ ~片隅 片隅~ 版~ 牙~ ~牛 牛~ 牛乳~ 牡丹~
牢~
牧~ ~物 物~ 物理~ 物置~ ~物語 物語~ ~物質 物質~ ~物音

「牢~」 1436, 16ppm, 7263位

▼ 牢~ (257, 17.9%)

27 中に 22 中へ 20 中で 6 ような, 中では 5 中の, 前に 4 中でも, 外へ 3 中は, 前へ, 合鍵を, 方へ

2 [12件] なかで, なかに, 中から, 内へ, 前を, 外で, 広さ, 格子を, 様子を, 者に, 鉄の, 鍵を

1 [122件] あるこの, あるところ, ある瘤山, ある近い, いわれを, うちで, うちの, うちは, お仕, ことも, すみっこでよく, すみには, そとで, そとへ, それも, どこかに, どこかの, なかは, まえで, ように, カギは, カギを, スウヴニルに, ヨハンは, 一つに, 一方から, 一方の, 三番べや, 上の, 上は, 下に, 中, 中さえ, 中での, 中なんぞ, 中につき, 中には, 中にも, 中への, 中へまで, 中を, 住人と, 僧宥長出牢し, 儀願い出で, 入口なる, 入口を, 内に, 内にも, 内を, 内外の, 前から, 前で, 前でも, 前まで, 口に, 各には, 同心だ, 囚人たちの, 囚人ヤリウス様を, 地域へ, 壁へ, 外から, 外に, 外には, 外側に, 天井から, 奥に, 女どもを, 如き頑丈, 如く閉めこんである, 安否を, 山つづきだ, 山を, 底で, 底に, 役人から, 徒で, 御牢番, 恐怖が, 戸に, 戸を, 戸口まで, 所に, 扉を, 掟を, 方かも, 方が, 方に, 明りとりであった, 景清と, 暗い中, 暗の, 板の間に, 柵あれより, 柵が, 柵わきへ, 柵を, 柵外に, 格子が, 格子の, 格子へ, 格子窓とに, 由来, 番人たちは, 監房とも, 穴も, 空気は, 窓より, 者は, 者を, 者共を, 者十八人を, 裏門から, 跡である, 近くに, 鉄柵の, 鉄格子, 鉄門潜水艦の, 錠の, 錠を, 鎖の, 隅に

▼ 牢~ (169, 11.8%)

6 入って, 入れられて 4 入つて, 入れて 3 入れられた, 這入つて 2 いる世阿弥, いる間, つながれて, はいったら煙草, 入ったこと, 入れられたと, 連れて

1 [129件] あらずなるべし否, あり, いた, いたが, いた罪人, いた者, いるあいだ, いること, いるし, いるはず, いる一八郎, いる人, いる俵一八郎, いる私, いれては, いれられ日夜, おる異国人, お入れ申した, こめられとり調べ, さげたまま, さげて, しとねも, つくられたその, つないで, つながれ鹿ヶ谷事件, とじこめて, とじこめられた鉄仮面, とじこめられて, とじこめるとは, とらわれて, なりかわりたる心地, なり表, はいった, はいった者, はいれば, ひったてられて, ぶちこまれて, ぶちこむと, ぶちこんだ, ぶち込まれた, ぶち込まれ非違, みげ, もう半月, よこたわって, わしの, ゐると, 二百日ばかり, 人なき, 入ったかの, 入った其の, 入った大工, 入った時私, 入ってからは, 入られ其筋, 入るよりも, 入る様, 入れたし, 入れたなど, 入れたり, 入れともかく, 入れないで, 入れば, 入れようと, 入れられたかも, 入れられたの, 入れられた囚人, 入れられては, 入れられても, 入れられないもの, 入れられるか, 入れられること, 入れられると, 入れること, 入れるという, 入れろ, 入れ家, 六カ月, 初めての, 向ふ, 囚われたまま, 囚われて, 坐って, 封じこまれて, 居て, 居ねば, 居るから, 居るん, 居る可, 帰る様, 引かる, 彼等を, 忘れて, 打ちこんで, 打ち込み五年前, 打込まれて, 投げこまれたけど, 投げこまれた上, 投げ込んだまま, 投ぜられたもの, 投ぜられ冤, 抛り込まれたまま, 抛り込まれて, 押し込められて, 捕われて, 数年間とじこめられ, 枯死し, 煙が, 牢医の, 牽かるる罪人, 狂う一八郎, 生きて, 留めおかれたところ, 監禁され, 終身押しこめ, 繋がれたとき, 繋がれること, 繋れし人間, 繋れ徒刑, 舞い戻って, 行かせるな, 行けます, 近づいて, 返納する, 這入っちまいました, 這入つた事, 這入て, 預けて, 馴れた人, 馴れないと

▼ 牢~ (139, 9.7%)

6 して 2 か, の境界, の生活費, の群れ, の身

1 [123件] いたして, かじゃ, かの, か主持, か知らねえ, が, があっ, がある, がうんと, がおら, がすぐ, がたくさん, が七百, が合体, が堂, が尊ばれ, が怒っ, が旅, が殖えた, が競う, が集まっ, しちゃって, し敵国, し敵國, する, だ, だからな, だったら, だってある, だなと, だよ, っていう, であったから, であったの, であつ, であること, であろうと, ではない, でもずいぶん, で先頃, で朱実, というの, とか申し, として百姓, とは心, と人, と他, と思っ, と称し, と組ん, と若い, と落合う, なら召捕るでしょうが, にこき使われ, にご, にし, にそんな, になっ, に与え, に與, に見つけ出される, に転落, のうち, のくずれ, のひとり, のふう, の一人, の中, の中心, の住み, の体, の北十左衛門, の境涯, の境遇, の姿, の子, の宮本, の宮本なにがし, の宮本武蔵, の数, の數, の某, の桑原甚内, の横腰, の武蔵, の白骨, の群, の胴, の胸, の赤壁八十馬, の顔つき, は, はあり得ない, はいきなり, はそれぞれ, はどれほど, はまだ, は丑之助, は京都, は名利, は呶鳴, は如何, は物の具, は蒼海, ばっかしだ, へ向う, もたくさん, もみな血まみれ, も蝿法師, も親, も身, や市人たち, や武者修業共, や武者修行ども, や游将, よと常々, らしいが, を呼び出し, を斬った, を相手, を突きとばし, を連れ歩く, ノ文字ヲ用ウレド

▼ 牢~ (137, 9.5%)

4 はいって, ぶちこんで, 入れられて 3 入れて, 連れて 2 いれては, いれられた, はいっても, 帰って

1 [111件] あの米屋, あらわれて, いれられたと, いれられて, いれられても, いれられるの, いれられるわけ, いれられ二, お曳かれ, お連れ戻し, きた後, こやつ, なげこんだの, のぼって, はいったほう, はいるか, はいること, はいると, はいるという, はいるの, はいる者, はいる覚悟, ぶちこませた, ぶちこまれたという, ぶちこまれた晩, ぶちこまれますが, ぶちこまれるに, ぶちこむか, ぶちこむつもり, ぶちこめば, ぶち込まれた話, ぶち込みな, ぶち込むなり, ぶち込んで, まぎれ込んで, やって, ブチ込ん, 下げい, 下げられたの, 二人の, 伴いました, 侍牢へと, 俵一八郎と, 入って, 入ってから, 入らずに, 入られるなら私, 入りました, 入りますか, 入ると, 入れ, 入れおいた俵一八郎, 入れたの, 入れたら事, 入れたり, 入れちまって, 入れようと, 入れられたと, 入れられたもの, 入れられると, 入れられるとも, 入れられるなり, 入ろうが, 入牢なされました, 出張し, 叩き込まれるよ, 封じこめて, 差送りました, 帰った翌日, 引っ返して, 往くの, 戻せ, 打ちこまれる, 投げこんで, 投げ入れい, 投げ込まれた, 抛りこまれて, 捕まって, 捕われた動機, 放りこんで, 新参の, 曳かれて, 曳き入れ, 来た時, 泊りたいか, 無期限, 移されちゃ, 移ってから, 行かなければ, 行かれるやう, 行かれるよう, 行き左官屋, 行くこと, 行けと, 走つた, 迎え入れた, 近づこうと, 近寄って, 追いこまれチャンドラ, 送って, 送られこの, 送られた男, 送りかえされて, 送りこまれて, 送りつけると, 送り戻して, 這入らんならんぞ, 這入りお, 這入り寒い, 這入ると, 遣った様

▼ 牢~ (96, 6.7%)

5 にいる 2 から盗み出し, で死んだ, で鰻めし, の人気, の習慣

1 [81件] から出たろう, から牽き出される, から白洲, から盗み出す, から見せ, がいつのまにか, でお, できょう, でそんな, ではいい, では牢名主, では目, では立派, でも薄々, でわめき狂っ, で役附, で斬られる, で科人同士, で第, で罵った, で花鳥, なん, にいた, にこの, につながれ, にはやはり, には人, には却, に出入, に命, に囚, に囚われ, に居ります, に居る, に帰った, に忍び入り, に毒害, に禁獄, に窮命, に繋がれ, に蠢い, に送られ, に青い, に鼠, のお, のすみ, の一同, の三日間, の人気役者, の刑場, の噂, の場, の恐ろし, の拷問蔵, の方, の武田伊那丸, の生活, の知人, の者, の者ども, は, はもう, は動揺, は総立ち, へ, へはいっ, へはいった, へはいる, へは刃物, へよろぼい, へ差し向ける, へ帰っ, へ帰る, へ戻っ, へ投げ込まれ, へ繋い, へ飛び降りた, をテイネイ, を歩む, を窺っ, を覗い

▼ 牢~ (82, 5.7%)

10 破って 5 脱け 4 出る時 2 出されて, 出て, 通って

1 [57件] あけましょう, おおせつけられたとらわれ, さした其方, たった一晩, つくつて, ぬけて, ぬけ出して, ひらいて, まちがえて, やぶって, 仰せつかるん, 供えて, 出して, 出たら誓って, 出た身, 出てから, 出てからも, 出で, 出でて, 出るだろうよ, 出ると, 出るの, 命ぜられた, 廻って, 思わせるよう, 抜け出て, 抜け出で, 抜け出る世間, 指で, 放されたら何処, 放たれるきょうだいたち, 申し渡されたものの, 番し, 破った, 破ったという, 破ったなど, 破ったの, 破ったり, 破ったん, 破った南条, 破った浪士, 破ってから, 破つたか, 破りました三国峠, 破り狒, 破る様, 破れば, 脱けたり, 脱けた時の, 脱けられる, 見つけたん, 覗いて, 解放し, 訪れようと, 訪れるべく単身江戸, 追放し, 飛び出ると

▼ 牢から~ (38, 2.6%)

3 出して 2 出たとき, 出て

1 [31件] あのモンゴムリー徒刑場, お出し下さいまし, お助けしなけれ, ひきだして, ひびいて, オオと, 佐渡の, 出せ, 出たお客様, 出たの, 出たばかり, 出た人, 出られない, 出ると, 助け出して, 姿を, 引き出されて, 引き出されると, 引出されましたは, 引出されるを, 押ッぽ, 放して, 救い出すこと, 日の目を, 死人と, 秀子を, 第二, 脱け, 解かれて, 退き検査官, 這いだした

▼ 牢格子~ (37, 2.6%)

5 の中 2 のやう, の前, の間, を隔て

1 [24件] で額, にしがみつきました, にとびつきました, に寄せ, に縋った, に背中, のあたり, のついた, のなか, のむこう, の上, の内, の扉, の錠, ははめません, へ, へがり, へぶつけ, へぶつけたらしい, へ向っ, へ噛みつい, も苧殻, をはめた, を開い

▼ 牢人者~ (26, 1.8%)

2 が四方

1 [24件] かさもなければ, がある, がここ五年, がむっくり, が住ん, だ, だったが, だの女, で, であろう, ですが, とか儒者, のうち, の三名連れ, の数, の群れ, は, はお伽草子, はすこし, はその, も憎い, をああ, を一人, を追う

▼ 牢には~ (24, 1.7%)

8 いって 2 いるか, いるの

1 [12件] いってからは, いってたのよ, いねえ, いるかだ, いること, いるという, いるん, きびしい番, 一羽の, 入りきれません, 入れるだろう, 姉上が

▼ 牢屋敷~ (21, 1.5%)

3 から棧橋, に呼び出される, へ呼び出され

1 [12件] で涼み, で鮨屋, にゐた, に行き, のほう, の外, の木口, の者, の表門, へ妹, へ行っ, も両

▼ 牢~ (20, 1.4%)

1 [20件] ござります, その年, やったよう, ゆうべ人切りが, わしの, 今ごろは, 何にを, 其処には, 刺し殺させも, 困ったこと, 掛けて, 暮さねば, 死刑執行前まで, 濟ま, 濟むか, 獄死した, 病死を, 聖餐式を, 聞いたの, 自殺しました

▼ 牢~ (19, 1.3%)

1 [19件] あまりひど, いったい誰, こちらでない, この自然, こわれかけて, どこだ, ひどからう, ひど過ぎる, むうっとするほど人間で, 一面の, 三間と, 上から, 上へ, 右ねじり, 同じ棟, 大きく囚人, 左ねじり, 平牢, 牢番に

▼ 牢~ (16, 1.1%)

1 [16件] いいましてね, いって, して, よぶ獄舎, コンコルド広場ほど, 云ひます, 云ふ, 呼ばれて, 唱えられて, 女牢とは, 御聞き, 来た, 棟を, 第一, 言って, 違って

▼ 牢~ (16, 1.1%)

8 ぶりを 2 ぶりの 1 ぶりが, ぶりだ, ぶりで, ぶりに, ラ, 嶋破りや

▼ 牢抜け~ (14, 1.0%)

2 の金蔵, をした 1 がございました, が又, のなか, の大物, の重罪, は二人, は知っ, をし, をする, を企てた

▼ 牢人たち~ (13, 0.9%)

1 [13件] が, が歯ぎしり, が隠れこんだ, にとっては屈強, のため, のみで, の側, はそんな, は思わず, は歯, は牢人たち, へ向っ, もとうとう

▼ 牢~ (13, 0.9%)

2 の戦い

1 [11件] でよく, に向う, の三戦, の内, の前衛軍, の固め, の大敗以来, の守り, の方面, の関, へ引き退いた

▼ 牢として~ (11, 0.8%)

2 抜くべからざるもの 1 動かすべからず抜くべからざる傾向, 崩すべからざる判明, 抜くべからざる奴隷的, 抜くべからざる根, 抜くべからざる根柢, 抜くべからざる病気, 抜く可, 絶ちがたき, 黙だせるなり

▼ 牢やの~ (8, 0.6%)

1 お蔭で, たべ物, 中では, 中の, 御馳走の, 政治監に, 生活ほど, 監房で

▼ 牢人ども~ (8, 0.6%)

1 からどんな, が博奕, が押し借り, できょう, に捕えられ, に見つからず, はきのう悪戯, をみなごろ

▼ 牢~ (8, 0.6%)

3 のわし 1 たるわし, という沽券, の坐る, の重ね畳, は毎日

▼ 牢~ (7, 0.5%)

2 で切腹 1 で死んだ, で送っ, にある, のあらまし, はみな色

▼ 牢人衆~ (6, 0.4%)

1 がうろつい, がかたまっ, が集まっ, であったに, などを九度山, へ手

▼ 牢~ (6, 0.4%)

1 におわす, のお, のなやみ, の思出, もいつか七十余日, をなぐさめた

▼ 牢という~ (5, 0.3%)

1 のは, もっとも悪い, 名は, 字を, 渓間に

▼ 牢にも~ (5, 0.3%)

1 いなければ, 入らないで, 入り板子, 入り死人, 近いもの

▼ 牢~ (5, 0.3%)

1 こんなこと, だいぶ近づい, 今の, 囚牢に, 鳴りどよむばかり

▼ 牢~ (5, 0.3%)

2 ひに 1 に掛けました, ひの, ひは

▼ 牢ぬけ~ (4, 0.3%)

1 は一度, をした, を怖がっ, 以来一度も

▼ 牢まで~ (4, 0.3%)

1 まぎれこむの, 出たほどの, 寄って, 達して

▼ 牢~ (4, 0.3%)

1 に入りし, に禁籠, をここ, を距

▼ 牢御所~ (4, 0.3%)

1 と名, のほう, へちかづく, をお

▼ 牢番頭~ (4, 0.3%)

1 の同, の同心, は, を伴っ

▼ 牢長屋~ (4, 0.3%)

1 とはまったく, の奥, の屋根, の開かねえ

▼ 牢~ (4, 0.3%)

1 じみた感じながら, そっくりな, のさせる, のなか

▼ 牢~ (3, 0.2%)

1 我手を, 拳銃を, 締め切つて

▼ 牢~ (3, 0.2%)

1 ても寄るべ, て火あぶり, 愛宕下円福寺へ

▼ 牢へまで~ (3, 0.2%)

1 この足, ぶち込まれて, 入ること

▼ 牢人てい~ (3, 0.2%)

2 の男 1 の者ども

▼ 牢人宮本武蔵~ (3, 0.2%)

2 という者 1 と申す

▼ 牢~ (3, 0.2%)

1 が代りました, として責任, の佐々木

▼ 牢~ (3, 0.2%)

1 が云い放つ, して, せられて

▼ 牢払い~ (3, 0.2%)

1 になる, になれ, にもなる

▼ 牢~ (3, 0.2%)

3 の上

▼ 牢輿~ (3, 0.2%)

1 にて連れ行かれし, に乗せられ, に入れられた

▼ 牢~ (3, 0.2%)

2 の外 1 をぶ

▼ 牢~ (2, 0.1%)

1 あるばかり, 出来たので

▼ 牢くせ~ (2, 0.1%)

2 むことを

▼ 牢それら~ (2, 0.1%)

1 の地牢, の鉄

▼ 牢~ (2, 0.1%)

1 ぜ, と思っ

▼ 牢だろう~ (2, 0.1%)

1 じゃねえ, よ

▼ 牢~ (2, 0.1%)

1 のだ, 砲台の

▼ 牢にへ~ (2, 0.1%)

1 えりてえの, える位

▼ 牢ばい~ (2, 0.1%)

2 りは

▼ 牢へも~ (2, 0.1%)

1 参籠し, 訪れるもの

▼ 牢やで~ (2, 0.1%)

1 がんばった重吉, こんな呑気

▼ 牢やに~ (2, 0.1%)

1 いたの, いるか

▼ 牢より~ (2, 0.1%)

1 出して, 大きな部屋

▼ 牢~ (2, 0.1%)

2 中へ

▼ 牢人め~ (2, 0.1%)

1 が土民, を生かし

▼ 牢人扶養~ (2, 0.1%)

2 の仕方

▼ 牢人時代~ (2, 0.1%)

1 からお側, のよう

▼ 牢人様~ (2, 0.1%)

1 はなに, を一目

▼ 牢以来~ (2, 0.1%)

1 この二人, 信じて

▼ 牢同心~ (2, 0.1%)

1 が腕, に引渡す

▼ 牢問い~ (2, 0.1%)

1 と云い, に指

▼ 牢天井~ (2, 0.1%)

1 の濃い, へ彼

▼ 牢~ (2, 0.1%)

1 から大, の蜘蛛

▼ 牢打ち~ (2, 0.1%)

1 首の, 首獄門あるいは

▼ 牢疲れ~ (2, 0.1%)

1 が見えない, で足腰

▼ 牢~ (2, 0.1%)

1 は今巡拜者, を出た

▼ 牢路地~ (2, 0.1%)

1 の辻, を指さし

▼1* [112件]

佐渡ヶ島だらう, 牢かぎの秘密, 牢かと思いますが, 牢からは出ましたけれど, 牢からも労役に, 牢基礎を, 牢吟味記録と, 牢さえそのまま, 牢させたきものなり, 牢した日から, 牢ば一論, 牢せらるれば其詩, 牢せられたる人心は, 牢たる屹立は, 牢つきあいの悪い, 牢でありますがかくして, 牢できたけれども男, 牢でなくなったそれら監房の, 牢では不安心ゆえ, 牢でも伝馬町でも, 牢とが同じもの, 牢とは別々である, 牢とを本書の, 牢などにおかずなぜ, 牢などへぶち込まれなすったの, 牢なるものは, 牢については前から, 牢にて吟味中で, 牢にまで入って, 牢ばかりだ, 牢びさしに女の眉, 牢へでもブチ込まん, 牢へとさがしましたが, 牢へはいったって, 牢へへえったん, 牢みたいな頑丈, 牢やとは違って, 牢やへはいらない様, 牢やを見物するだろう, 牢をば何として, 牢ヘマデ入レヨウトシタカトテ, 牢一人は不定, 牢上りらしい顔色, 牢下牢関皆な山水清絶, 牢不浄門の裏, 牢中囚はれし月數算, 牢二番牢といっ, 牢二箇月半の生活, 牢なり, 牢人ずれに, 牢人なんじゃ, 牢人一名が御, 牢人仲間では寄る, 牢人体の男, 牢人係累もなく, 牢人儒者風の者, 牢人剣士のそんな, 牢人新免氏の族, 牢人方と見れ, 牢人暮らしは随分, 牢人牢人っていう, 牢人生活の後, 牢人調べや女, 牢人軍を組織, 牢人達のかたまり, 牢人長者と若輩, 牢住まいにあっ, 牢住居の様, 牢内仕置場で執行, 牢内打首と同じ, 牢制度ができた, 牢にずかずか, 牢なるもの, 牢の手当, 牢に彳ん, 牢樣の, 牢同心詰め所の奥座敷, 牢問い拷問の劇, 牢問二十四回にし, 牢の世, 牢囚俊基をここ, 牢の噂, 牢女牢と棟, 牢守りは牢, 牢さに, 牢とさだめて, 牢屋敷のもよう, 牢屋敷裏門をそのまま, 牢の獄屋, 牢広場まで持っ, 牢役所の外, 牢後五十日間の手錠, 牢成敗に出会っ, 牢早々に吉五郎, 牢時代を偲ばせる, 牢普請でもし, 牢の果て, 牢生活に自分, 牢を出, 牢を破壊, 牢に封じられたる, 牢緘黙閉鎖されたる頭脳, 牢の上, 牢藏玄關と云つて, 牢近くへ来る, 牢造りになった, 牢門前から江戸払い, 牢開けまでにはわずか, 牢関皆な山水清絶, 牢露地をぬける, 牢頭二三日経つと, 牢頭様