青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「牛~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

爺さん~ 爾~ 片~ ~片手 片手~ ~片隅 片隅~ 版~ 牙~ ~牛
牛~
牛乳~ 牡丹~ 牢~ 牧~ ~物 物~ 物理~ 物置~ ~物語 物語~

「牛~」 6514, 70ppm, 1611位

▼ 牛~ (1893, 29.1%)

78 ように 68 ような 34 背に 29 乳を 28 やうに 23 やうな 14 御前の 1312 手綱を, 背から 11 舌の 10 角を 9 皮を, 群が, 背で, 角に 8 ことを, ために, 尻を, 群の, 肉を, 頭を, 鳴声 7 糞を, 背を, 臓物 6 ところへ, 群を, 肉の, 背の, 背へ, 舌を, 血を, 頭の, 骨を 5 仔を, 尾の, 番を, 群も, 群れが, 背中に, 脳味噌, 腹の, 舌と, 鳴き声を

4 [19件] しりを, 中に, 先祖で, 吼えるよう, 小便の, 様な, 樣な, 歩みの, 為に, 生脂, 疱瘡に, 疱瘡を, 糞の, 脛の, 血が, 角の, 骨だ, 鳴く声, 鼻づら

3 [30件] おやしき, しつぽ, 上に, 乳から, 匂の, 声, 声が, 太吼, 子の, 御前が, 手綱は, 挽肉, 方が, 方へ, 歩みに, 生皮を, 皮で, 皮の, 眼に, 糞が, 綱を, 耳の, 耳を, 肉は, 舌, 足に, 頭は, 骨か, 鳴き声が, 鼻綱を

2 [136件] ありしかと, うめきや, うめき声の, そばに, そばへ, それの, ほうが, まなこの, やうにの, ロマンティシズムと, ロマンティシズムは, 世話を, 乳, 乳が, 乳で, 乳に, 乳の, 乳房から, 乳盛れ, 代りに, 作品の, 作品は, 健康診断を, 傍に, 傍よけて, 前に, 前へ, 勝利です, 化物で, 化物に, 名, 周囲を, 味と, 声に, 声は, 夢に, 夫婦が, 如くに, 姿を, 子, 子が, 子に, 小便に, 尻に, 尻へ, 尻尾を, 尾は, 尾を, 屋敷へ, 幼虫の, 形を, 後から, 後足に, 御前に, 御前祠の, 性は, 数を, 方で, 方に, 様に, 横臥し, 正面から, 歩みでも, 歩みも, 歩みよりも, 死骸が, 毛色が, 水か, 油で, 涎, 涎の, 煮込み屋から, 爲に, 片眼, 牢という, 王様と, 画を, 略歴, 痴に, 白い斑, 皮もて, 真似を, 眼の, 眼を, 瞳の, 突立つ, 立ちつつ, 糞, 糞だ, 絵の, 絵を, 繁殖を, 群は, 群れは, 群れへ, 群れを, 肉だ, 肉でも, 肋骨が, 胃袋の, 背も, 背や, 脂でも, 脊で, 脊の, 脚の, 脳味噌で, 脳味噌と, 脳味噌は, 舌みたいな, 草を, 血と, 行った方, 角, 角が, 角で, 角文字といふ, 話が, 足へも, 足を, 足跡に, 軛を, 通った痕, 遠鳴, 邸に, 鉄の, 闘を, 頭が, 頸に, 額へ, 顔を, 骨が, 骨など, 骨に, 鳴く聲, 鳴聲

1 [906件 抜粋] あとから, いない牛小屋, いるの, いる傍, うき彫が, うなりも, うめき声子, おなかに, お世話に, お墓, お守りが, お産が, お話を, かげ, からだを, けつを, ことであり, ことなんか, ことチンチは, こと一人前当時十五銭, こゑ, ごとき角, ごとく, ごとくなるもの, ごとくなるもの幾百, ごとく吼, ごとく猛, ごとく鳴くと, ごとし山鼠, ごろ, しかられても, すかたも, すがた, すき焼きを, その尾, その赤い, そばには, たぐひ邊際, つぶし初めとか, どこが, ない片, なき声を, なく幅廣, はうが, はづな, はらわた, は全体食牛, ひくまま, ひれ肉の, ふんしか, ほうはぞ, ほうへ, ほかに, ぼんのくぼ, まわりに, むれ閑, もうもう鳴きつづけ, もの程, やつに, ようだった, ようである, ようには, ようにも, わきに, わらじや, エ, キンタマを, クソふむ, シッポや, スタンデンドブーフは, スープで, スープ一合へ, ニーチェ論よりは, ハナグリは, バラー肉を, ヒレ肉を, ブリスケとか, ムチを, モツや, ランという, ロース肉と, 一件が, 一投足一挙手にも, 一毛なり, 一毛にも, 一眼光る, 一邸へ, 三々五々, 三倍は, 上から, 上を, 下, 下見を, 下部童, 世界が, 中で, 串焼, 乳しぼり, 乳は, 乳まだき, 乳房, 乳房の, 乾脂の, 事牛乳の, 二十四頭に, 五体を, 人間と, 仔と, 仔に, 仔牛, 仕事が, 代かき, 仲間が, 佐々木道誉の, 体からは, 体が, 体へ, 体術, 作品的価値の, 個人主義が, 個人主義の, 値の, 傍で, 傍を, 像が, 像も, 兄弟である, 光栄, 其汚物ちらばる, 冷肉を, 処に, 刀を, 列が, 初見, 前あし, 前には, 前後左右を, 力量をも, 助けを, 動きを, 動作を, 勝ち, 勢ひ嗅げる, 化け者の, 区別が, 十二頭感謝を, 単純化, 双角, 口を, 句十八の, 叫び声が, 名である, 名を, 吐息は, 吼おほら, 吼聲の, 咆えた, 咽喉を, 唸りも, 啼く真似, 啼声の, 喘歩の, 喰物なんぞ, 嗄れ声, 四角を, 四頭に, 図を, 場合とは, 場合に, 場合は, 墓と, 声で, 声などが, 声を, 夕陽に, 夢くわ, 大なる, 太鼓が, 奨励等による, 好いの, 如きもの, 如き粗生生産物, 如くその, 如く厳父, 如く嚴父, 如く押しすすめ姜維, 如く横着面の, 如く荒れ廻る, 妻が, 姿が, 姿は, 姿前景に, 子うまれた, 子じ, 子であっ, 子みたいだ, 子を, 学者な, 宍を以て, 家畜類から, 宿所では, 寢た, 小さき, 小便十八町, 小家が, 小屋であった, 小母さんや, 尻っぽ, 尻ッ尾の, 尻尾みたいな, 尻尾臓モツの, 尻毛卷き, 尾が, 尿の, 屁だ, 屍骸, 屠殺を, 峯続きにて, 崇拝に関し, 平和郷です, 座して, 当歳仔が, 彫像を, 影は, 影冰る, 彼方向うには, 後ろから, 後を, 後脚へ, 御前で, 御前白ヒゲ百花園と, 心の, 心臓, 忍耐その, 思索は, 性と, 性質なぞは, 性質によって, 性質初めて, 息, 息を, 悩み, 意かも, 意の, 愚鈍と, 慰楽の, 戦歴力量を, 扉, 手を, 手足を, 拝めるやう, 掘りだしもの, 損料は, 攻撃に, 數は, 斑が, 方は, 晩年の, 最後をも, 木や, 本の, 本文通りこれは, 杉並木では, 来歴を, 格闘, 樣に, 機嫌とか, 欠けて, 歩かないよう, 歩みさえ, 歩みを, 歩む能, 死ぬの, 死体に, 死骸でも, 殺され剥がるる次第, 毛皮靴そこで, 水たきすきやき, 汗何の, 油断を, 涎に, 淵から, 清見潟は, 焦る臭, 焼肉とを, 煉瓦, 煮込み屋の, 爪先を, 牝の, 牧場なんて, 牧場に, 狂いに, 玄関先に, 甘い乳, 生んだ子, 生皮じゃ, 生立ち, 生血や, 産を, 画の, 略歴でござい, 略歴で御座い, 疱瘡が, 疱瘡などを, 疱瘡は, 疾病治療法を, 病は, 白い腹部, 皮でも, 皮のも, 皮鎧に, 目方が, 眉間に, 真骨頂は, 眼が, 眼へ, 眼隠しを, 石像に, 神様化を, 種類が, 突離し, 童, 競走やら, 策で, 糞かといった, 糞だらけで, 糞ほどの, 糞も, 細胞が, 絵そして, 絵に対して, 綱も, 置物が, 置物に, 群に, 群れ, 群れの, 群之を, 群彼等生くれ, 耳二等賞は, 聲し, 聲や, 肉と, 肉や, 肉よりも, 肉身が, 肝臓だけ, 肝臓を, 股炙り, 股肥えたる, 肩を, 胃袋です, 胃袋や, 背からの, 背が, 背によるの, 背は, 背上に, 背中と, 背中を, 背借, 背部首根っこへ, 胎に, 脂を, 脊を, 脊中に, 脊中の, 脊髄の, 脚を, 脛です, 脛を, 脳ミソや, 脳味噌牛の, 腎臓脂肪へ, 腹から, 腹に, 腹には, 腹を, 腹脇には, 膏を, 膵等の, 臀を, 臓物料理と, 臥た, 臭いが, 臭気が, 舌が, 舌だの, 舌なんぞも, 舌も, 色に, 色は, 色彩の, 色感に対する, 苦悶を, 草喰ひ, 草鞋, 草鞋でも, 荒々し息, 荷車に, 荷鞍, 血から, 血に, 血液に, 血統が, 行事が, 行列なども, 行列を, 裸の, 襟裾を, 角から, 角つのだち行け, 角と, 角にか, 角は, 角や, 角一角獣猫毒グモ蜂蛭オウムなど, 角文字いろいろに, 角文字にでも, 角文字直な, 角細工を, 計略を, 註文で, 話, 話などを, 話を, 誕生の, 論文を, 象の, 赤肉と, 足どりは, 足もとへ, 足跡や, 足音が, 跫音の, 踏みちらした牧場, 蹄が, 身体が, 身躰は, 車兵は, 近くまで, 這うよう, 遅筆, 運動場には, 運搬は, 道誉のや, 遠吠, 邸である, 邸は, 邸へも, 部よ, 鈴, 銅像なぞを, 長く呼ばわる, 門を, 間に, 間を, 闘争が, 雑炊を, 青雲に, 鞍の, 鞣皮みたいに, 鞦外れ, 頑張とは, 頭, 頭には, 頭も, 頭煮たつ, 頭真黒な, 頭越しに, 頸の, 頸や, 頸根を, 額を, 顔が, 顔みたいに, 類と, 食は, 飲んだビール, 飼料を, 飼麦の, 餌を, 館とは, 首筋を, 骨とも, 骨ぼろ古, 骨二本足は, 骨見た, 髄の, 體は, 鳴き声の, 鳴き聲も, 鳴くに, 鳴くの, 黒い毛皮, 鼻さきの, 鼻も, 鼻先から, 鼻先へ, 鼻穴の

▼ 牛~ (686, 10.5%)

17 引いて 11 殺して, 牽いて, 見て 10 ひいて, 曳いて 9 つれて 8 飼って 6 見に 5 つないで, 殺すの 4 だいじに, 見ると 3 くびき, 売って, 持って, 繋いで, 追って, 連れて, 馬に

2 [38件] うまやから, そこに, つないだ椿, 何遍も, 使用する, 又納めた, 受け取って, 奪って, 引き出す手筈, 引出した, 手に, 手離し, 打ったの, 拵へて, 指さしながら, 斬り馬, 曳出した, 楢の, 止めて, 牽いた老人, 牽く事, 率いて, 眺めながら, 置いて, 見かけた者, 見ては, 買って, 購ふそ, 追いながら, 追う男, 追ひ, 陸軍に, 頭に, 食ったり, 飼うの, 飼う者, 飼ひ, 駆って

1 [478件] あしらって, あしらってるので, あしろう, あずかるの, あそばせあそんで, あそばせて, あつかってるあいだ, あてが, いい値, いけにえに, いじって, いとしいと, うそつきだ, おそう鷲, おだてそこないました, おもちゃに, お友達, かいて, からかうの, かり地獄, かわいがって, かわして, さがすの, さす蠅, さそひて, しかったり, しかっても, しかる元気, して, じらす犬, すぐれた作家, すすめて, ずいぶん思いきった, そうして春, その男, そらすくらい, たくさん買い集め, たたいたから, たたいたと, たたいたの, たたくという, たつ, つかって, つけて, つつんで, つないだ所, つなぎました, つなぎ身, つなぐ, つなぐな, つらねたながい, とって, とらへて, とり殺したという, にくにくしげ, ぬすんだこと, のせどこ, はげまし他, ひきだしたという, ひきながら, ひっぱって, ひつぱつてそつと, ひどいめ, ぶっ叩く, ほふって, ほめたてた, またのぞい, みたから, みちづれにうららかな峠一里, みて, もって, もつて, もとめたが, ものの, わしは, わたしては, キャベツ畑から, ジリジリ押しつけた, テーマに, ブンな, ベコと, 一ヶ月の, 一匹ひい, 一匹もっ, 一匹追い出し, 一方へ, 一疋牝牛を, 一疋貰つてその, 一疋馬を, 一頭, 一頭丸焼する, 一頭落とし, 一頭落とした, 一頭買った, 七人で, 七八頭飼っ, 七頭もっ, 三匹ずつ, 三匹合わせた, 不親切から, 世に送り出した, 中心に, 丸焼きに, 主としていた, 乗せた舟, 乗せた船頭, 乗せようか, 二つの, 二十留で, 二階へ, 二頭それから, 亡くしたそう, 仕止めるの, 代表に, 休ませるため, 伴れ行き, 何故に, 作って, 作りしきりに, 使います, 使い鍬, 使う技術, 使ったり, 使って, 使役する, 先に, 先立て, 入れて, 入れると, 其前に, 出されれば, 初めて引き裂きかけた, 初めと, 制作した, 制服す, 前の, 剥ぎに, 力まかせに, 助けに, 勵まして, 取りあつかふこと, 取り挫い, 取るとき, 取囲みこれ, 受取りも, 叩いて, 召上れ, 叱つて, 呑み得んと, 呑むアーチ, 呑んで, 呶鳴り, 呼びその, 呼び止めようと, 呼んだ, 呼んだの, 咬むが, 嚥むが角だけは, 囲んで, 圧殺し, 埋めて, 売りそこねないよう, 売りました, 売るよう, 売るよりも, 外した一輛, 大事に, 大別する, 大地の, 失ったので, 奢ってね, 奪ひ, 好むという, 家へ, 寺に, 射る, 尋ね去る, 導き, 小舎の, 屠ったこと, 屠って, 屠りその, 屠りて, 屠り其の, 屠り馬, 屠れる獅子, 屠殺する, 山へ, 山中に, 川の, 店先に, 庭の, 建築の, 引いた博労, 引きながら, 引き七夕, 引き候え, 引き出して, 引っ張って, 当日まで, 後に, 後ろ歩きに, 得つ, 得るため, 得んとて, 御し, 御存じです, 忘れて, 怒らせる役, 思わせるよう, 悋んで, 想い出せど, 想像し, 愛読する, 感激の, 慕ひ, 懲らすよう, 戸内に, 手の, 手ば, 手ばなしちやあ, 打って, 扱って, 抱きすくめて, 抱き込むよう, 拝んだといふ, 拝見し, 拵へ, 拵へても, 持つて, 指して, 捕えやりつつ, 捧げしも, 掠め去ったから, 掠奪せん, 控えて, 控へて, 推せ, 描いたの, 描いて, 描きしに, 撫でたり, 放して, 放ち車, 放ち飼いに, 放ち馬, 放つの, 放牧場から, 放養, 救いに, 教会へ, 數ふる, 斃し, 斃す, 料理する, 日本人は, 曳かせ牛, 曳きだしたやう, 曳き出したという, 曳く, 曳け, 松に, 椿に, 楯に, 次々に, 欺く程, 止めるよう, 歩かせたん, 殴る男, 殺さうと, 殺さないよう, 殺さむとにはあらず, 殺さんとには, 殺しただ, 殺したの, 殺した直, 殺してから, 殺し栖, 殺すこと, 殺すといふ, 殺すなどは, 殺すやり方そつくり, 殺すを, 殺す事, 殺す時, 殺す者, 殺せるなり, 殺そうとは, 母として, 毎朝山, 洗ってる刈立て, 流に, 渡しましたが, 濁流へ, 火星へ, 無数に, 無理やりに, 煮て, 牛小舎に, 牛舎に, 牧ひたる, 牧場に, 牲に, 牽いたが, 牽いたり, 牽いた男, 牽いた百姓ら, 牽いてる臍, 牽きまして, 牽き牧場, 牽く, 牽くという, 牽くといふ, 牽く女, 牽く者, 犬は, 狂ふ, 狩る, 獅子王襲ひ, 生きながら, 畜って, 発見た, 百頭斃した, 盗まれたので, 盗み出した, 盗んだから, 盗んだとでも, 盗んだんで, 盗んだ為, 盗んで, 盜みいだし, 盜んだ, 眺めたまま, 知って, 知らぬ馬, 石殺, 祀つて, 神様の, 神物と, 穀神と, 穀神として, 積む方法, 積んだ船, 立つる由, 立てた事, 立て加, 立て寒気, 絞刑, 繋いたり, 置いちゃ, 置いちやいかんぢ, 美くしむご, 老画生, 肥らせて, 肥育する, 臆面も, 臥か, 自分が, 船へ, 草つ, 荒らすところ, 葬つたスバラ, 表彰しない, 表現し, 被告として, 見かけるの, 見ずや, 見せて, 見せられたが, 見せるの, 見たがる事人一倍, 見たと, 見たという, 見た時, 見るほどに, 見る私, 見れば, 見受けた, 見失う気づかいは, 見舞うた, 見計らって, 見計らつて, 見送つて, 見送ると, 覘に, 詠んだの, 調理し, 論ずるとき, 護るという, 護るに, 谷の, 貫くという, 買いたがった, 買いたく思う百姓, 買い集め九百九十九疋, 買う, 買うこと, 買うとき, 買えば, 買つて男の, 買ひ, 走らして, 越後へ, 車に, 輸入し, 辞したの, 迫うて出, 追いこむ, 追いたてるため, 追い捕うる事, 追い立てつつ, 追うて, 追う女, 追う爺, 追う絵, 追う翁, 追う舌打ち, 追ったり, 追って堂前, 追つて山, 追ふ, 追ふて, 退け馬, 送つて, 送りこむの, 逐ひ, 逐わせ六歳, 途上に, 造り追儺, 連れたの, 連れた三人, 連れた男, 連れ帰つた後, 運び去る, 運んで, 遣って, 遣るから, 配達させます, 闘わせること, 附けた撒水車, 降りて, 隠して, 隠すの, 離れると, 預けて, 預って, 預つて, 食うとは, 食うを, 食う摂理, 食っても, 食つた, 食は, 食べるの, 食や, 飮み, 飼いしたがって, 飼い日ごと, 飼い草臥, 飼うこと, 飼うとは, 飼うには, 飼う草地, 飼えと, 飼え駱駝, 飼っても, 飼つてゐる, 飼つて隠者の, 飼は, 飼ふと, 飼わぬ家, 飼育し, 養って, 馬の, 駆るよう, 驚かすに, 驚かせること, 驚かせ彼

▼ 牛~ (537, 8.2%)

4 彼の 3 これを, それを, 死を, 牛の

2 [27件] いつもの, うそつきだ, こっち向い, つけず黒い, 一頭も, 二三日の, 力の, 君達の, 回向院の, 大変よろこんだ, 寺男に, 弱い牛, 強い牛, 急に, 殆ん, 水上五寸の, 沢山の, 泉を, 練りあし馬は, 美しい草, 草の, 角が, 角を, 逃げ遅れた, 頭を, 馬の, 黙って

1 [467件] あからさまに, あっても, あの調子, あはて, あわて狂うて, あんなに他人, あんなに大きく, あんなに強い, あんまり文句, いい気, いくらで, いずれも, いっしょうけんめい, いつぞや荷, いつでも, いつのまに小舎, いない, いひました, いまさかんに, いま何とか, いま憤激の, いるが, うそつきだった, うやうやしく太閤さん, うれしかった, えらいとも, おいらんの, おこって, おとなしいか, おとなしいから, おとなしく向き直っ, おもしろかった, およしなさい, おりの, おりを, おれて, お可笑, お婆さん牛が, お日様の, お通, かういひながら, かならず洋牛, きょうの, ぎくりとした, こういうもの, こっちの, こっちを, ことごとく完全, この和加布都努志命, この地蔵たち, この家, この村, この船, こんなよぼよぼ, こんな男, さつぱり, さびしく思ひました, さもこの, さんざん暴れ, しきりに友, しばらくみんな, しばらく間, すぐに, すつかり, ずんずんその, そうやっ, そこで, そこへ, そこらで, そこらの, その子, その年来, その後も, その散らし髪, その気質, その祭, その精神的, その線, その荷, それから, それに, それ以上聞けなかった, そんなこと, そんなに大きく, たずねるの, だいじに, だまりきつて, ついて, つぶらな, とうとうわたしたち, ときどき飼葉桶, とても柳橋寄り, どうした, どうしても真面目, どうして水音, どうしました, どう処分, どう流され, どこまで, なかなか勢い猛, なかなか進まず, なかろうぜ, なにか知ら, のそ, のそのそ引き出され, のたりのたりと, のろのろと, のろりのろりと, のんびり鼻面, ひし, ひとりでの, ひやりとした, びぞんといふ牛で, びっくりし, びっくり猛り立っ, ぴつたり, ふうう, ふさは, ふと又, ほっそりした, ぼんやりと, まことに怜悧, まずこれ, またぺろり, またクフンクフン, また大きく, また大川, まだ五歳, まだ出, まだ闘い, まだ食べ, むしろ冷静, むせぶよう, もうう, もうおいら, もうもう鳴き, もうもどってる, もうマン, もう動く, もう年, もう弱った, もう言葉, もう起き上っ, もちろん犬, もっといい, やがてのそのそと, やがて柳, やっと七, やっぱり機嫌, やめなかった, ゆう, よく声, よしこの, よし手, ろくで, わが身の代, わしの, わりに横眼, シンボリズムを, テュロたちに, ナポレオンの, ヒンヅ教で, 一たまり, 一つの, 一向手応, 一度暗い, 一応孔子, 一昨年なくなりました, 一生臥せる, 三人掛りで, 三四志で, 下手な, 不思議そうに, 中心を, 乳が, 乳を, 乳場へ, 乳量を, 二三度大きな, 二三遍あがき廻った, 二百貫を, 五六志また, 五尺七寸五分二十三貫五百の, 五色の, 亜米利加産母牛は, 亡くなつた大隈侯, 人語を, 人間が, 人間と, 人間の, 人間より, 今まで, 今六十頭を, 何て, 何と, 何事も, 何頭で, 依然としてのっそりと, 依然の, 僭越にも, 元気が, 先に, 全体どういう, 全身の, 六七頭しか, 其の時, 其爲すに, 出雲民族によって, 別として, 利助さんの, 到る處, 力と, 力を, 労働に, 勇猛で, 十字架の, 卑怯な, 印度において, 又非常, 吉雄流外科の, 名を, 君子の, 吠え火馬, 味が, 和太郎さんにとっては, 嗚咽した, 四五十頭も, 土を, 土手に, 地響を, 坤なりと, 声を, 売って, 売るがは, 夕日の, 外に, 夜着の, 大きくなっ, 大きくなり, 大伝馬町, 大切な, 大概糖尿病に, 大津の, 大豆の, 太い喉, 太い繩, 女性の, 好きだ, 妙に, 娘の, 嫌, 嫌々だ, 子供たちを, 子供の, 孔子の, 存じませんわ, 完全に, 宙に, 宜う, 実に骨, 宰判する, 容易に, 小屋の, 小径全体を, 小橋の, 小舎から, 小舎の, 尻毛を, 居眠りを, 山野の, 左へ, 左右へ, 己達の, 常に他, 年を, 引割と, 形式を, 後年彼の, 心の, 必ず仕止められる, 忽ち渾身, 思うまま, 思ひがけ, 思ふま, 急いで, 急ぐとも, 怪しんで, 恐らく私, 恐れて, 恨まれる何もの, 恰もさつき守吉, 悲鳴あげ, 悲鳴の, 我が家の, 我国のよりも, 戸辺に, 手綱を, 打たれた尻, 持ち主の, 攸, 改良せね, 斃れた, 斑で, 斯, 新たに, 既に四つ, 既に場内, 昔から, 時々草, 暗闇から, 暴れて, 暴れ馬よりも, 更に六本, 朝の, 本來, 杢平牛に, 板を, 栗毛の, 概して味, 横倒れ, 横合から, 正直者でした, 殺されるの, 毛が, 気が, 水に, 水を, 汗を, 決して労働, 決して食べません, 沼に, 沾んだ, 波打際を, 泣く泣く屠殺場, 注文に, 海の, 温和しくついて行く, 渾身の, 漆黒の, 激昂した, 火星には, 炎日の, 烈しい一鞭, 無事に, 無人同様で, 無論犠牲, 片づけた, 牛づれ, 牛づれと, 牛づれとか言う, 牛づれと思われ, 牛づれと昔からも, 牛づれに, 牛づれ子供は, 牛に, 牛を, 牛山羊は, 牛方の, 牛舎の, 牛連れと, 牛馬は, 牧に, 物思ひ, 狂って, 玉環を, 現在は, 町の, 画商の, 畠を, 疲れて, 痩せて, 白い草, 白である, 白黒斑の, 百姓と, 百姓を, 百年も, 盛んに, 目を, 盲の, 相当筆が, 眉も, 眠って, 知らない筈, 石の, 砂の, 神様の, 穏やかな, 突いても, 童児の, 第二, 答えました, 米飯を, 糞が, 綱を, 緒方の, 繋がれたま, 腹を, 自分の, 臭くて, 舌だけ, 舌を, 花野に, 若松署長に, 若牛, 苦しいもん, 苦も, 荒れるようす, 荷車を, 落ちた谷, 藁沓を, 蠅でも, 血だらけに, 裂くやう, 西の, 見つからなかったの, 見つかりますまい, 見附を, 親子づれ, 親子で, 誰の, 赤いです, 赤い色, 起きて, 起き上るが, 足を, 身を, 車を, 轅に, 追いたてました, 追って来よう, 逐に, 通らずなりに, 遅筆の, 道を, 酒を, 重きを, 重そう, 重傷を, 重荷を, 野原の, 金と, 鈍いからと, 鈍や, 長いこと, 闇夜を, 随分仕合せ, 随分硬く, 雷の, 頸を, 頻りに友, 頻りに草, 食用として, 食用牛の, 飼主の, 飼養する, 養って, 首の, 首を, 馬では, 馬を, 駆け出して, 驚いて, 高く吼えた, 高らに, 黒く猫, TOROSと

▼ 牛~ (529, 8.1%)

7 鳴いて 5 遊んで 4 啼いて, 首を 3 出て, 眼を, 角を

2 [41件] ある, あると, いる, いると, すぐ眼, すこし離れ, でて, まだ草, ものを, キリキリぶらさがっ, ニューと, 一匹河童の, 一匹臥て, 一頭花を, 今五十頭ばかり, 仔を, 仔牛を, 俄かに, 吠えた, 吼えるやう, 吼え車, 啼いた, 四足を, 度々立ち止まる, 悲鳴し, 放れて, 放牧され, 曳いて, 更にたずねた, 柴車を, 椿の, 犢を, 繋いで, 繋がれて, 羆の, 群れて, 草を, 走りました, 逃げたなんて, 通った痕, 雨を

1 [418件] あくびを, あったので, あの日, あばれだしたとき, あばれだすほど, あやしい唸り, あり一夏ごと, あり背中, ある奴, いくつも, いたのよと, いたら崖上, いつ見, いて, いない時, いひました, いました, いやいやを, いるかという, いるの, いるわ, うしろへ, うずくまって, うっとりと, おいしかった, おいしそう, おつ, おどろいて, おなかを, お前さん位牌班と, お産を, かわいそうで, きょうは, こ, こうしてなつい, こっちを, この下, こんなに重い, さきに, さびしげ, さびしそう, しばしば訪れる, すぐ側, すこしわるい, するかも, せっせと土, そこらの, その下, その旋風, その日, その犢, その精悍さ, その飼葉, それて, そんな速, たいそうそれ, ただうろうろ, ちゃんと道, ちょうど出あい, ついて, つながれて, つぶれると, つまらなく思われた, できどんな, でる, どうしてこの, どうして暴れた, どうとかいふ, どた, ないた, なく猫, なけば, なにかの, なめるつちふ, なんでも, ねそべりそして, ねて, のさばりでたやう, のそのそ人, のっそりした, のっそり起ち上がった, ひとり歩い, ひよつくり飛び出して, びっくりし, ほえるぐらゐに思, ほえるなんて, ほが, またうら, また一, また丁度, また人, みちくさく, もうもうとない, もう公, ものが, ものに, やがて中央, やって来た, やるよう, よそつぽ, よっぱらった晩, よほど遠方, ゐるの, ゐる事, ゴロンゴロンころがった, スクスク肥育, ニイチエから, フイと, モウモウ, モーッと, モーモー鳴い, ランニングシャツ一枚で, 一どに, 一ぱいで, 一ぴきふえ, 一ぴき臥て, 一列に, 一匹しょんぼりし, 一匹しよんぼりし, 一匹それに, 一匹つながれ, 一匹のそのそ, 一匹ぽっつり, 一匹優さしい, 一匹優しい, 一匹真黒焦, 一匹立っ, 一匹繋い, 一匹近寄っ, 一匹降っ, 一匹鶏が, 一本路を, 一番好い, 一頭と, 一頭ねた, 一頭乗せられ, 一頭此方へ, 一頭連れ込まれた, 三匹も, 三千頭もい, 三頭犢を, 上るらしくところどころ, 不愉快な, 世界的に, 主である, 乾草を, 二三度繰り返し, 二匹います, 二匹位歩い, 二匹泳い, 二頭で, 二頭繋い, 五六頭モーモーと, 五百頭, 人が, 人間より, 仁について, 今にも絵, 今日は, 位牌班といふ, 何か, 何が, 何ごとかといふ, 何処から, 何故製作, 何里先まで, 來て, 先ず耳, 先づ耳, 先に, 其です, 其処此処に, 再びラストスパート, 出る, 出るが, 出来たもの, 分かれ分かれ, 制裁を, 前あし, 割合に, 加減が, 動いては, 勝手に, 口を, 合図する, 同じ毛色, 向い風を, 向うから, 向き合うすると, 君子について, 吼えるよう, 味も, 味わって, 咳を, 哀れに, 啼いてるよ, 啼く, 啼く馬, 喫驚する, 地べたの, 地神であり, 垣根に, 塩を, 墓の, 売られて, 夏には, 大へん好き, 大分輸入された, 大家に, 大息を, 大道の, 太く死, 好い馬, 好きで, 如何に, 子を, 宜しい, 家畜と, 寄つて來て, 寝ころんで, 寝そべって, 寝たり, 寝て, 小さい牧童, 小屋の, 尻を, 居る, 居るの, 居る妻, 屠場に, 屠場へ, 山犬に, 川に, 帰って, 幅の, 幾種類と, 店へ, 引いて, 待って, 待つて, 後ろから, 後ろ脚で, 必死に, 忽ちヘトヘト, 思い出したよう, 思はず感嘆, 思ひ思ひの, 恐いと, 息を, 悉く積まれた, 悲しい声, 我国に, 描いて, 描かれて, 放される, 放して, 放し飼いに, 放たれて, 放ち飼いに, 新らしい, 暴れ出したの, 暴れ出しまして, 曳くです, 月夜か, 朋輩の, 村を, 束に, 杢平牛の, 来て, 来る, 来ると, 板囲いを, 果してどれ, 桟橋へ, 森の, 棲み亀山, 椿を, 横に, 樹の, 歩いた, 歩みを, 死んだり, 死力を, 歿し, 殺されたという, 殺せる, 殺せるという, 毛玉を, 水を, 水牛だろ, 水車を, 沈んだ顔, 沐浴を, 沢中に, 沢山往来, 法外の, 泣いて, 泣くので, 洒落た人間ども, 流れは, 淵で, 淵へ, 淵まで, 湖水の, 火を, 無邪気な, 焼け死んで, 牛市へ, 牝牛の, 牡牛である, 牧場の, 物に, 犯人だ, 犯人と, 狂うて, 狂って, 狼に, 猛然と走り現れた, 田の, 畑を, 疲れたからと, 癩を, 白い犢, 白象に, 皮の, 目の, 直ぐ近く, 眠って, 睡つて, 砂を, 神戸附近に, 秣を, 突き崩した, 窓から, 窪四時雪あり, 立ち直ると, 答へる, 粉ひき臼を, 糞を, 紐の, 紫色の, 絞め殺されるよう, 絵入りロンドン, 続々と, 羅馬の, 美的生活という, 老爺さん, 耕して, 胃袋を, 舌を, 草原で, 草食い, 荷車を, 葉を, 藁で, 蟠まったよう, 行き更に, 襲うて, 見えるぜ, 言葉を, 請け合う, 貨物室の, 貰つた, 買へる, 走りかかった, 超党的, 足を, 跳び越して, 蹲って, 身ぶるいし, 車お, 返辞を, 送られるので, 逃げだした, 途の, 這入て, 通つた, 通らうが, 通りか, 通る, 遁げた時の, 遁げて, 遅いな, 道中で, 部屋いっぱいに, 重い荷, 重なり合, 金を, 長く啼いた, 降りて, 難なく退治, 雨に, 静止してる, 頭を, 飛んで, 食いたくなっただけの, 食うため, 食は, 食べる草, 食わない為, 飲むごとし, 飲んだうえ, 飼つてある, 首島という, 馬か, 馬に, 馬よりも, 馬肉かも, 馬鹿囃し, 鳴いた, 鳴いた不安, 鳴いた遠く, 鳴き馬, 鳴くいつ, 鹽を, 鹿の子に, 黒い巨体, 鼻先を

▼ 牛~ (279, 4.3%)

11 乗って 5 生れ変って 4 ひかれて, 易え, 生れて 3 なって, なると, 似て, 向って, 牽かれて, 負わせて

2 [15件] かけられた事, せよ桂華, ひかせて, 乗ったお, 干し草を, 引かれて, 曳かれて, 生れなければ, 生れ変つて, 背負わせて, 負せ, 蹴とばされる, 車を, 追われて, 騎した

1 [203件] あまりたくさん, いいました, いくらおまえさん, いくら金を, いったの, うそを, かかった, かけられた冥加, かなわぬ, かぶれて, くらべれば, されて, したかった, したかつた, しようかと, しろ衣服, すべての, ちがいない, ついた虱, ついて, つけその, つけたら換えて, つけて, つっかかれたくらい, つまずくところ, なったが, なったという, なった男, なつた, なつたんださうで, なつて, ならって, なるとか, なるの, なるよほど, ぬきんで, のって, のませたり, ひかせた見上げるよう, ひかれた妻, ひかれながら, ひきづら, ふさわしいたむけ, ふまれたか, ふまれて, ふみつぶされる道傍, むかつて, やっても, やりましたが, やる雑炊, わかったもの, マルセーユの, ムチ打つ, 不足する, 乗ったふげんみたい, 乗った普賢様, 乗った武士, 乗った童子, 乗つて, 乗らないだけの, 乗りうつっ, 乗り天下泰平, 乗り換えるも, 乗り越後様, 乗ると, 乘換へる, 仕上げよう, 仕立てて, 付いて, 似た男, 似る項蛇, 修身の, 入りて, 分かれるの, 分が, 化して, 十八歳で, 単身抗争し, 危ない事, 向っても, 吹きかけて, 味方し, 呼びかけて, 因んだよう, 土手の, 声援する, 夜は, 大枚一万四千弗も, 子供の, 師事し, 引かせてよ, 引かせる荷車, 引敷かれたる, 当てがって, 怪我を, 或は囚, 扮する, 挽かせて, 挽かせる物, 接した自分, 揺られて, 搬ば, 日が, 易う, 易えた, 易ゆとも, 曳かして, 曳かせたの, 曳かせた網代車, 曳かせた綺麗, 曳かせて, 曳かせながら, 曳かせる, 材木車を, 松の, 松明つけ, 次ぐに, 此般の, 武器としての, 殺されたもの, 殺された時, 殺されて, 殺されること, 比すれば, 比べれば, 水を, 汗すべくいずれ, 火を, 無理かも, 牽かれた山車, 狩に, 狸が, 猛獸, 瓦斯タンクの, 生れ変つておいで, 生れ変らせて, 田を, 白堊を, 百姓たちの, 直面し, 相談した, 眼を, 移らなければという, 穿かす草履, 突かれて, 突かれれば, 突き殺されたの, 突き殺された人, 突き殺されるほどモロイ人, 立ち向い, 結ばせその, 続いて, 縛めて, 續く, 義足の, 耳を, 肩を, 良く似た, 草飼ふところ, 著いた, 被せた, 見る如き蹄, 言い含め終夜芝, 誓ったこと, 謝した, 譬えた菩薩業, 負ける虎, 踏ませて, 踏まれたん, 身構えの, 軛を, 近寄ろうと, 追いついた, 送牛人, 通じること, 過ぎざる也, 違いない, 適した種類, 酒の, 重い荷物, 闘志が, 限ったもの, 限って, 限りますが, 限りますな, 随って, 非ず, 面会に, 鞍鐙猩猩緋の, 鞭打たせたため, 鞭打って, 頭を, 頼みました, 食べさせるから, 食べ物を, 飮まれ馬に, 飼い葉を, 飼うと, 養はれ, 養はれし, 餌を, 騎する, 騎り

▼ 牛~ (230, 3.5%)

7 丸の 6 丸が 4 と弁慶, 丸に 3 の姿, は 2 が可, だ, だ牛若, の師, はこう, は鞍馬, 丸, 丸か, 丸を

1 [185件] がいいました, がいつも, がお, がそう, がつい, がやや, が京, が人, が偶然, が僧正ヶ谷, が呼びかけた, が息穴, が悶絶, が毎晩, が泣きやんだ, が生まれた, が笛, さこそと, だねえ, である, といい, という, というた, という一粒, という三人, という童, という若, といおう乎, とは人間, とは察し, と小, と披露, と浄瑠璃姫, と男の子, と綽名, にかぎらず, にこしらえた, に出家, に剣法, に剣術, に扮, に扮したる, に早くから, に武将, に母乳, に装っ, のいた, のす, のする, の三児, の九郎冠者, の仮装, の体, の偶然, の凜, の名, の失踪, の役, の得度剃髪, の意中, の成人, の成人の日, の放浪期, の日常, の生長, の義経, の行く, の衣裳, の襟, の身, の金五郎, の頭上, の顔, の髪, はいっ, はいばっ, はくやし, はすぐ, はすやすや, はずんずん, はその間, はそれ, はため息, はだんだん, はとうに, はなおも, はひょいと, はふい, はふと, はほろほろ, はぽつねんと, はまた, はまだ, はまったく, はもう, はわずか, はわれ, は一人, は七年間, は不思議, は両手, は云う, は五条, は京都, は伴, は何かしら体, は何処, は十四, は厳格, は口数, は叱られる, は吉次, は名残り, は坂, は宮の森, は左, は平気, は彼, は心, は思っ, は押しいただい, は拝殿, は拳, は日, は木太刀, は柱, は泣き脅える, は爪, は真面目, は稚, は笛, は笠, は肩, は背中, は腹巻, は裏山, は身, は退がっ, は逃げ損じ, は間もなく, は馬の背, は黙っ, へ叱, へ教導, へ近づく, ほどの器量, までが泣く, も, もあれ, もかくや, もその, も人々, も何, も育っ, や乙若, をながめた, をにせ, をよそながら, をよん, を剃髪, を呼びとめ, を坐らせた, を得心, を思いすて, を懐, を抱い, を抱いた, を撲りつけた, を早く, を書い, を眼, を睨みすえ, を迎え, を連れ, を連れ去った, 三郎という, 丸だけに, 丸と, 丸や, 人形, 伝次を, 弁慶五条の, 生立て, 脱走の, 自身から

▼ 牛~ (180, 2.8%)

4 小鳥は, 馬が 3 いつしよ, 豚の, 馬と, 馬との, 馬とを

2 [17件] いっしょに, 人とが, 別れて, 半ダアス, 原の, 同じやう, 山羊と, 新年と, 競争を, 組を, 羆とが, 羊の, 虎背に, 豆の, 豚とは, 赤牛との, 集り弱い

1 [123件] ありたけ, いう, いうが, いうよりは, いえども, いって, いっても, いふ, かえたと, すれ違わなければ, そつくりの, ちがう, でしたろう, とりかえっこしよう, なって, なりあるいはまた, なり或は, なるべし, またあるきはじめた, まちがえて, よぶの, ろ馬東海道旅行さし, コンニャクと, ムシを, メフィストだけが, 一しょに, 一個の, 一匹の, 一生の, 三つに, 両方が, 二人を, 云う文字, 云ふ, 交換し, 交換したい, 人と, 人足とを, 人間と, 人間とを, 仲弓の, 六十人の, 刻まれき, 匕口の, 十二支に, 又あるきはじめた, 同じこった, 同じ地べた, 同じ年, 名づくる, 喧嘩を, 四尺六寸の, 四角羊と, 塩谷村の, 変じて, 大差ない, 婆さん牛とは, 婆さん牛は, 子牛とを, 孳み, 小牛が, 小鳥から, 小鳥が, 平和とは, 形と, 彼とを, 換えよう, 換えんというも, 日ごろの, 最新式耕作機具と, 来たら世界, 松の木の, 格闘した, 桂華とを, 母牛を, 民俗との, 牛が, 牛とが, 牛の, 牛は, 牧童の, 犢と, 狐, 申します, 画学生桂華との, 白牛が, 目を, 石神とを, 稱し, 立向い古武士的な, 組合わせるの, 羊と, 羊と共に, 羊を, 羚羊は, 耕作牛との, 腹の, 自分との, 荷馬車の, 薯エ薯でしょう, 虎の, 虐殺し, 角力を, 言つて居ります, 言ふ, 記入され, 豚と, 豚を, 赤紐, 農夫と, 農耕との, 闘えと, 食用牛と, 飼主との, 馬とに, 馬の, 馬は, 馬も, 騾馬とに, 鯨と, 鳴き狐と, 鵞鳥が, 鶏だけが

▼ 牛~ (166, 2.5%)

21 馬の 10 馬を 9 馬が 8 羊を 6 羊や, 馬は 5 豚の, 馬や 4 豚を 3 桂華の, 羊の, 羊は, 豚も 2 巒気と, 犬や, 首の, 馬でも, 馬に, 鳥の, 鶏の

1 [66件] そこらを, ひつじの, またねこ, アミーバーは, テーブルぐらいの, ーい, ーいと, 人間が, 人間の, 仲弓も, 兎の, 動物と, 子供の, 子供を, 山羊その他諸, 山羊や, 山羊を, 巨人や, 才槌や, 斃死した, 木材などは, 桂華が, 熊に, 牡牛を, 牧場の, 犬, 犬なども, 犬の, 猿などが, 瓜の, 白い被服, 百姓を, 羊が, 羊と, 羊と共に, 羊も, 豚は, 豚や, 豚狐の, 象を, 雑種や, 馬いや, 馬から, 馬じ, 馬その, 馬その他家畜動物は, 馬である, 馬でない, 馬では, 馬の背で, 馬の骨が, 馬まで, 馬までが, 馬も, 馬よりこッぴでえ使い方し, 馬よりも, 馬犬子供たちばかの, 騾をも, 驢馬が, 鬼と, 魚は, 魚を, 鳥を, 鶏を, 鷄を, 黒馬が

▼ 牛~ (143, 2.2%)

6 馬も 4 ある 3 それに, 豚も

2 [12件] ここへ, 人も, 今は, 低くうなりました, 出る牛, 同じこと, 多いと, 無事だ, 突然僕, 躓く人, 連れて, 連れで

1 [103件] あった, あばれまわったの, ありまた, あり厩, あり牡牛, いささか萎び, いたの, いっせいに声, いない, いのちの, いるけれど, おりしかも, おれも, この手, これに, じぶん, ずいぶん弱ったろう, そのうち, たいそうだ, たくさんいる, たくさん飲んだ, ついに腹, つけて, ともによびあっ, なく配達車, ひきわずらう, びっくりしました, またそれ, みんなお前に, みんな本当に, ゆったりと, よい, わが, ゐるさ, アフリカから, クリーも, ニワトリも, ミルク・カウェーも, 一人で, 一役勤めた, 一齊に, 人と, 來りぬ, 初めて素直, 初音と, 千里だ, 半死半生もう, 取って, 呼びました, 和太郎さんの, 回を, 土手を, 大切で, 大助かりだ, 婆さん牛が, 婆さん牛と, 子牛も, 実際の, 家路の, 少しく疲れた, 山羊も, 彼も, 思い合わされ見る目, 悪くない, 我が, 探しあてること, 早くお出で, 時として復讐, 根笹に, 極めて鷹揚, 水牛も, 浅間の, 涎を, 澤山來る, 熱いの, 牛に, 牧場の, 牧場も, 犢ほどしか, 皆勇む, 目隠しを, 直ぐに, 眠って, 睡れない, 笠をか, 繋いで, 臀部の, 自分も, 舌を, 若草の, 見えこの, 見なかったの, 負けずに, 通る場所ぢ, 酒を, 野牛も, 闘牛師も, 食い物が, 食わぬ間, 首を, 驢馬も, 骨の, 鳴き狐も

▼ 牛小屋~ (107, 1.6%)

5 の中, の方 3 のある, の前, の戸 2 のうち, の掃除, の蠅, へ入れ, へ案内, まで連れ

1 [76件] ありて, からは相, から出し, から出る, から掴み出され, か便所, があつ, があり, がありまし, があるらしい, がいぜん, が作っ, が無い, だが, だの鳥, である, であること, ですがね, で一夜, で牛, で馬, との間, と海草, と納屋, なんかに入れられた, なんぞへ送られ, に, にいる, につない, になっ, にはいっ, に入る, に埋め, に接した, に泊っ, に物音, に着い, に行った, に辿りつく, に連れ, に遠く, に雌牛, のうしろ, のお, のとなり, のわき, の傍, の傍ら, の匂い, の牛, の鍵, の間, の隅, の青, はルセット, は高原, へいつ, へつく, へでも入れ, へほうりこまれた, へ入れる, へ引込む, へ繋い, へ行く, へ行け, もしずか, も出来ない, も見えなかつた, や水車小屋, や物, や納屋, や馬小屋, を出, を忍び出で, を清め, を見た

▼ 牛~ (40, 0.6%)

5 の女中 3 の女中さん 2 の主人, の姉さん

1 [28件] がありましたら, がそれ, などがその, なン, についてはわたし, にゐる, に上りまし, に吊した, に坐っ, に行つて, の, の下足番, の中, の傍, の姐さん, の荘ちやん, はいつ, はまだまだ, はボッコ, は河岸端, へ買い, へ連れ, も一時, をたづ, をはじめ, をもたし, を始めた, を語っ

▼ 牛でも~ (39, 0.6%)

9 馬でも 4 鳥でも

1 [26件] ある時代, どうも五位, なければ, にないきれますまいね, ふざけて, ヘタバる, 以前は, 吸い殺すの, 吸殺す, 急くよう, 林の, 梁川でも, 殴るよう, 殺すよう, 沈んで, 激しく労働, 熊でも, 牡牛でも, 猫でも, 病気に, 虎でも, 買に, 野菜よし, 食って, 魚でも, 鶏でも

▼ 牛~ (37, 0.6%)

11 鳥の 4 馬の 3 馬か

1 [19件] くる空, なるほどじゃ, ひと話し, ひましき, ひや, ひ男歌あれ, 人か, 熊にでも, 豚であります, 豚に, 豚の, 雲群れぬ, 馬かが, 馬かに, 馬かの, 馬かを, 馬を, 馬見た, 鹿が

▼ 牛~ (36, 0.6%)

2 からうむ, から今日, のは

1 [30件] あな, からねえ, からタヌ, から気, か馬, が, がのイ, つて人間だ, つて殺せます, つて草を, つて象だ, とあっ, ということ, というところ, という怪物, という意, という種牛, とか午, とか猿, とても売り物, とばかり思っ, と思う, と思え, と思ひ, と称する, と言ふから, ね, のが, よしかも, わね

▼ 牛~ (35, 0.5%)

2 の, の多く

1 [31件] が夕陽, が草, その奇畜, とともに草, なぞはあまり, のご, のごとく取り扱う, のみが気まま, の多い, の始祖, の幼児, の得々, の甘き, の群, の群襲, の肥えし, の肥えたる, の食物, の鮮血, は沢, むらがり來, をもその, をわれ, を殺す, を追う, を連出す, を飼う, 何ぞ択ばん, 多く二麦, 多く富ましめ, 曳き來

▼ 牛~ (34, 0.5%)

4 の男 2 の青年

1 [28件] がイヤイー, が二, が双方, が右往左往, だ, と同じ, なしで貸した, によって唱和, の一人, の側, の勝利, の声援, の顏, の顔面, は, はこの, はやつぱり, は即死, は場, は手綱, は方々, は杉, は角, までが呼び寄せられる, までその, もなかなか, や山田村, より申し出

▼ 牛~ (34, 0.5%)

10 の目 4 の, の眼, の誓紙

1 [12件] あり牝虎, のそれ, の神紙二十七枚, の筋, の肉, の誓文, の起請文, の革, をおそるる, をとりのけた, を押し置きける, を血

▼ 牛飼い~ (29, 0.4%)

5 の若者 2 の少女

1 [22件] がものがたる, がやってき, がカルメル修道士, が言った, が雪, というもの, と牛, などは角, にでもなれ, になりました, にはげまされ, に同じ, に牽かるる, のヴィクトル・ポルタイエ, の子, の童, の童子, までが飲む, もない, 小僧や, 小屋も, 馬飼いの

▼ 牛~ (28, 0.4%)

2 でも

1 [26件] あつて, あれは, いいと, いいの, うようよさせる, おしりの, がす, がんした, この術, さへ, その堂々たる体格, なし, もたれの, ようやくそれ, 今日の, 儲けた金, 八斤か, 年とった, 彼は, 持ちきつ, 挽く車, 日光の, 相談調い, 耕耘される, 赤兵衞という, 鱗が

▼ 牛から~ (24, 0.4%)

3 乳を

1 [21件] しぼりに, 下りた茂太郎, 下りる, 乳が, 乳は, 二枚の, 云へば, 切り取って, 初めよう, 十五斤も, 取った乳, 取れる乳, 搾り取った乳, 病気が, 練って, 落ちたという, 落ちた時, 落ちた話, 鋤鍬の, 食用に, 馬馬から

▼ 牛には~ (21, 0.3%)

2 焼印を, 違いない

1 [17件] いつもよりか, ご修身, そう信じられた, なりません, タンノウした, 一種特別の, 乳牛と, 二十世紀の, 休養の, 大して興味, 好感が, 日が, 牡ばかり, 相違ない, 礼儀が, 運が, 頭は

▼ 牛若丸~ (21, 0.3%)

3 のよう 2 はてんぐ

1 [16件] がいでまし, が京都, が秀衡, が鞍馬山, と弁慶, になりたい, の大, の鬼一法眼, はあれっきり屋台, はつい, はにこにこ, はまだちょっぴり, は早速, みたいな, をめぐる, を平泉

▼ 牛太郎~ (19, 0.3%)

3 の女房 2 のよう

1 [14件] がせせら笑っ, が廃, が蒲団, だけがそれ, という女郎屋, と一緒, にでもなれ, になり, にまでなった, に見せる, の手の甲, は互, は肯定, までし

▼ 牛~ (19, 0.3%)

1 [19件] が首, と合流, などあわてふためい, などは鳩首, の乞い, の五百騎, の危急, の後詰, の来訪, はしきりに, はたびたび, はにわかに, はまた, は城門, は大事, もそれ, を副将, を目がけ, を防ぎ

▼ 牛商人~ (18, 0.3%)

1 [18件] が一頭, が聊, に丁寧, のこと, の救抜, の耳, の肉体, はうつ, はその, はとうとう, は伊留満, は得意さうに自分, は思はず, は毘留善麻利耶, は相手, は笑, は覚束, は首尾

▼ 牛小舎~ (18, 0.3%)

2 の中, の匂い

1 [14件] では荷車, にある, に似た, に入っ, に大きな, に結構, に閉じ, の前, の装具置場, の遺物, は牧場, へ自由, へ行き, を訪ねました

▼ 牛流馬~ (18, 0.3%)

1 [18件] がこの, が備わった, が隴西, とかいう器械, とはどんな, と称する, と蜀兵, なるもの, なれば, の口, の口中, の口腔, の構造, は入神, は残らず貰いうけた, をことごとく, を分捕り, を曳い

▼ 牛部屋~ (18, 0.3%)

2 のかげ

1 [16件] がある, では鞍, でホルスタイン種, で乳, なりで泊っ, に等しき, の前, の牛, の臭い, の臭気, の蠅, の隣, へはいっ, へ行った, へ駈け, をのぞき

▼ 牛ども~ (16, 0.2%)

1 [16件] がのんびり, が唸り出した, が喰, のその, のやう, の気に入り, はすぐ, はその, はたちまち, は勝ち誇った, は牧場, は軛, もやってきた, も再び, よ載せられ, を集め

▼ 牛ヶ淵~ (16, 0.2%)

2 の濠端

1 [14件] が近く, ですよ, で出, で逢つた八五郎, とか九段坂, に河童, に浮い, に飛込んだ, の原, の方角, の鬱蒼, へ礫, へ突き, まで来た

▼ 牛にも~ (15, 0.2%)

5 馬にも 1 コラム天の, ジャケンであろう, 似たる太腿, 出会った, 大牛, 比較的多分, 水を, 牡牛にも, 角が, 逢ひつ大原の

▼ 牛みたい~ (15, 0.2%)

2 に大

1 [13件] だ, なからだに, なのろくさし, なやう, な凡児ども, な形, な猪, な鈍重さ, にの, にのっそり, に共有, に唾液, に首

▼ 牛天神~ (15, 0.2%)

1 [15件] から程遠から, から見える, と同じ, になる, の五箇所, の境内, の女坂, の方, の森, の森蔭, の標高, の石級, の社内, や赤城神社, よりも更に

▼ 牛という~ (14, 0.2%)

2 のは, やつは 1 ことで, のを, 事で, 人の, 人間を, 名状すべからざる, 字も, 家畜の, 者と, 話に

▼ 牛ほども~ (12, 0.2%)

2 あろうという 1 ありました, あるおおきな, ある怪獣, ある毛むくじゃら, ある真っ黒, ある硬い, ある西蔵犬, あろうかと, ユッタリした, 大きい魁

▼ 牛よりも~ (11, 0.2%)

1 [11件] なお小さかっ, なお温柔, ズット早く, 人にとって, 大きい岩, 大きい海, 旨くない, 温柔だ, 独歩よりも, 馬を, 騾馬は

▼ 牛~ (11, 0.2%)

2 ののぼる 1 あれば, に入る, に移り, の星これ, の頂, は主, は白羊宮, もきらめき出し, を過

▼ 牛方仲間~ (11, 0.2%)

2 を笑えなかった 1 から声, がこの, が団結, に言わせる, のもの, のよう, の姿, は従順, は言うまでもない

▼ 牛行司~ (11, 0.2%)

1 [11件] が二人, であったこと, ではある, でもなんとも, で利三郎, にあったら, の利三郎, の後ろ姿, の手, は福島, も半死半生

▼ 牛~ (11, 0.2%)

1 [11件] がいう, が向島, が現われた, が虚飾, と合金, などを饗する, の載れる, は黄色く, を拾つて, を見る, 飽くまで太高く

▼ 牛では~ (10, 0.2%)

1 ありましたが, ある, とてもかう, ない, ないから, ないです, ないの, 有るが, 肉の, 飼育法を

▼ 牛とが~ (10, 0.2%)

1 それを, ぽつりぽつりと, 太閤さんと, 東西から, 死を, 沈々と, 玄関に, 真剣に, 角を, 顔を

▼ 牛~ (10, 0.2%)

2 の言葉 1 に対するほどの親しみ, のゐる, の中, はその, はどんなに, も毎日一回運転手, をたべつ, を囲

▼ 牛~ (10, 0.2%)

1 だ, には床上, に運ばれた, の前, の屋根, の方, の流し, は見る, へも水, より引き出され

▼ 牛といふ~ (9, 0.1%)

2 人だ 1 もの, 作家が, 作家は, 動物を, 種類で, 組織である, 雅号に

▼ 牛~ (9, 0.1%)

2 は真物, は繊維, を注文 1 の御飯, の飯, を屋台

▼ 牛だの~ (8, 0.1%)

3 馬だの 1 そこらで, 乳だ, 人形だの, 笛だの, 麦粉や

▼ 牛である~ (8, 0.1%)

2 ことが 1 ことは, し辺り, という事, としばらく, のと, 以上牛の

▼ 牛なら~ (8, 0.1%)

1 あなたは, どうです, ばスタンデンドブーフ, ば今頃, ば肉挽器械, ば貧血, ましを, 子供を

▼ 牛のよ~ (8, 0.1%)

3 だれの 2 だれが 1 こは, だれ, だれは

▼ 牛~ (8, 0.1%)

1 おちつき込んだでは, せまる, ひとりずつ, 乗った女子衆, 乗り小熊, 接近し, 連れ戻されるに, 青草を

▼ 牛めし~ (8, 0.1%)

1 が前, です, は十銭, もやる, を供す, を食い, を食っ, を食べ

▼ 牛一頭~ (8, 0.1%)

1 かかった見事, の値段, の價, の馬, も殖え, を養う, 持てぬ細々, 振即ち

▼ 牛~ (8, 0.1%)

1 が奇蹟, が立っ, というの, にそっくり, に似た, の顔, は卵, は黙っ

▼ 牛肉食~ (8, 0.1%)

5 ひに 1 ひ乍ら, ひ乍ら座, ふ

▼ 牛若さま~ (8, 0.1%)

1 お痛く, とは呼びません, にお, にはお, のうわさ, ひどい目, を化粧, を此家

▼ 牛~ (8, 0.1%)

2 の首 1 の死, の軍, は逃げ, も残兵五千, を不意, を殺した

▼ 牛~ (8, 0.1%)

1 かへる, が杓子, のよう, の男, は牛, ひかへる野, ふ子ら, を追い立てた

▼ 牛との~ (7, 0.1%)

2 生涯が 1 区別が, 戯戦で, 間に, 関係を, 闘いだ

▼ 牛~ (7, 0.1%)

4 のです 1 のか, のよ, んだ

▼ 牛めし屋~ (7, 0.1%)

2 の暖簾 1 になつ, の下働き, の方, へ, を開業

▼ 牛方事件~ (7, 0.1%)

2 の張本人 1 から受け入れた, の中, の成り行き, の紛争, を知る

▼ 牛~ (7, 0.1%)

1 がどうして, に何, に関しては非常, の作品, の絵, の芸術観, はその

▼ 牛~ (7, 0.1%)

2 の砦, の要塞 1 だ, の手薄, をうかがっ

▼ 牛~ (7, 0.1%)

1 が前, が幾台, が引出され, にかまえ, の輪, の轍, を曳き出し

▼ 牛~ (7, 0.1%)

2 はこれ, は雪 1 の頸, はそこで, はスバー

▼ 牛魔王~ (7, 0.1%)

1 か何, さらばと, は既に, や羅刹女, を打つ, を見知り, 堪えかねて

▼ 牛~ (6, 0.1%)

6 逃げる

▼ 牛ぁ逃げ~ (6, 0.1%)

42 だだも

▼ 牛たち~ (6, 0.1%)

1 が角, のそば, はおだやか, は森林法, よ, を見まわる

▼ 牛とは~ (6, 0.1%)

1 その形, ちが, 人間と共に, 反対に, 小さな牛小舎, 生れしぞ

▼ 牛ばかり~ (6, 0.1%)

1 だ, だ牛, でありません小児, では, ゐる標, 食って

▼ 牛まで~ (6, 0.1%)

1 とっちまって, まじって, ゐるそして, 一ト鞭あて, 売らんならん, 食べて

▼ 牛より~ (6, 0.1%)

1 よくない, よほど大きい, 広いと, 強いジョージ, 木を, 迅い

▼ 牛~ (6, 0.1%)

1 として駿河君, にもすわり込ん, の不快, は開店, へ立寄, を背景

▼ 牛曳き~ (6, 0.1%)

1 が皆, て春川, の利助さん, 出だししぼる, 家路を, 居酒屋往来の

▼ 牛~ (6, 0.1%)

2 の鬼 1 だけは是非夜, の当日, は静か, を催す

▼ 牛裂き~ (6, 0.1%)

2 にし 1 にされよう, にしろ, に逢おう, や釜

▼ 牛~ (6, 0.1%)

1 に飲む, の六閲月, の旗亭, の秀才鏡花氏, の酒亭, ノ一傑デアラセラルルヨウナ事

▼ 牛~ (6, 0.1%)

1 というの, ならば, にかえ, も食えない, やす, やすいと

▼ 牛鬼蛇神~ (6, 0.1%)

2 の像 1 の珍, の譚, の類, ほとんど吾人

▼ 牛など~ (5, 0.1%)

1 だ, どこに, 皆よく, 蜿蜒洛陽の, 裂かせて

▼ 牛などを~ (5, 0.1%)

1 いかにも生気, 探索し, 自分の, 買いたいこと, 飼い自然人

▼ 牛ほど~ (5, 0.1%)

1 あるブル, ある逸物, で頭, 値に, 死を

▼ 牛ガ淵~ (5, 0.1%)

1 ですが, でゆゆしき, で何, の土手, は武蔵野

▼ 牛一匹~ (5, 0.1%)

1 あれば, が二輪車, の画, の飼料一ヶ月平均三圓, よりもはかなく

▼ 牛~ (5, 0.1%)

1 介という, 助の, 助は, 助流浪, 革と

▼ 牛全集~ (5, 0.1%)

1 の一, の一巻, の中, の五冊, をひっぱり出した

▼ 牛~ (5, 0.1%)

1 が七千六十五尺, となる, の左, を窮め, 起つ

▼ 牛胡頽子~ (5, 0.1%)

3 の側 1 のとこ, の傍

▼ 牛~ (5, 0.1%)

2 の肉 1 などの屑, に好意, のよう

▼ 牛豚肉~ (5, 0.1%)

1 の切売, の生焼け, の配給, は滅多, も最上

▼ 牛馬捨場~ (5, 0.1%)

1 に捨てられた, に死癈, の売買, の特権, を尋ね

▼ 牛ぐる~ (4, 0.1%)

21 まに, まを

▼ 牛でさえ~ (4, 0.1%)

1 あれば, それほどに, 凄絶の, 引き裂くその

▼ 牛です~ (4, 0.1%)

21 か, かと呟いた

▼ 牛とを~ (4, 0.1%)

1 ながめて, 十匹七面鳥と, 引き分けて, 格闘させ

▼ 牛などの~ (4, 0.1%)

2 言葉を 1 動物或は, 用意も

▼ 牛ひとり~ (4, 0.1%)

4 居りけり

▼ 牛ほどの~ (4, 0.1%)

1 大きさの, 岩を, 岩石の, 熊を

▼ 牛~ (4, 0.1%)

1 なし, 汝は, 牛よ, 牛太郎君

▼ 牛~ (4, 0.1%)

1 のある, の家, の養子先, を上りきる

▼ 牛捨場馬捨場~ (4, 0.1%)

1 とは牛馬屠殺食肉, なるもの, にはしばしば, の由来沿革

▼ 牛桂華二人展~ (4, 0.1%)

1 でもよく, のとき, は老, ほど私

▼ 牛~ (4, 0.1%)

1 だと, といっ, はそう, はまず

▼ 牛若様~ (4, 0.1%)

1 には聞かし, のお, へお, をはじめ

▼ 牛~ (4, 0.1%)

1 のしたたか, や象牙, を伸, を閃かし

▼ 牛角力~ (4, 0.1%)

1 に関する限り, の番, の番付け, を見る

▼ 牛~ (4, 0.1%)

1 の形, の踏む, は馬, も

▼ 牛さん~ (3, 0.0%)

1 にでも買つて, の柿, 聞いて

▼ 牛だって~ (3, 0.0%)

1 ことです, みなおぼれ死に, 主人たちが

▼ 牛づれ~ (3, 0.0%)

1 という, などとはとんでも, に伝六

▼ 牛なり~ (3, 0.0%)

1 ければ, またかく, 人を

▼ 牛に対して~ (3, 0.0%)

1 必然的関係を, 特に親愛, 牽引と

▼ 牛のみ~ (3, 0.0%)

2 ぎり角ほ 1 車の

▼ 牛九郎~ (3, 0.0%)

2 老夫婦 1 の方

▼ 牛九郎夫婦~ (3, 0.0%)

1 が殺され, ではなかっ, はあまり

▼ 牛~ (3, 0.0%)

1 とに此瞬刻, と錯, は嘗て

▼ 牛~ (3, 0.0%)

1 となる, なる荷車, に怒り争闘

▼ 牛~ (3, 0.0%)

1 で左, の多く, の星

▼ 牛書店~ (3, 0.0%)

2 の二階広間 1 で稽古本

▼ 牛~ (3, 0.0%)

2 に入 1 の犢

▼ 牛王院~ (3, 0.0%)

1 のみに限らず, の名, は其本来

▼ 牛王院山~ (3, 0.0%)

1 が挙げ, の名, は

▼ 牛盗人~ (3, 0.0%)

1 に向っ, は一寸, は黒い

▼ 牛~ (3, 0.0%)

1 と酒, に浸し, を浴びた

▼ 牛~ (3, 0.0%)

1 にし, の極刑, の私刑

▼ 牛~ (3, 0.0%)

1 と博戯, の御馳走, を以て軍族

▼ 牛~ (3, 0.0%)

1 が居る, と名, のごとくであった

▼ 牛うなじ垂~ (2, 0.0%)

2 り日

▼ 牛かい~ (2, 0.0%)

1 乗せもどる作舟, 馬かい

▼ 牛かと~ (2, 0.0%)

1 思うて, 思う稲妻

▼ 牛~ (2, 0.0%)

1 へ, へ何

▼ 牛じゃ~ (2, 0.0%)

1 ねえが, アあるまい

▼ 牛そして~ (2, 0.0%)

2 二人の

▼ 牛だけは~ (2, 0.0%)

1 健在に, 角を

▼ 牛であっ~ (2, 0.0%)

1 てもこの, てもこんな

▼ 牛であった~ (2, 0.0%)

1 ともいいます, のか

▼ 牛であり~ (2, 0.0%)

1 かおり高い, ながら僅

▼ 牛といった~ (2, 0.0%)

1 ものです, ような

▼ 牛として~ (2, 0.0%)

1 売る気, 来れば

▼ 牛とで~ (2, 0.0%)

1 また稀, 自活の

▼ 牛とも~ (2, 0.0%)

1 つかぬ冷酷, 唄はれた

▼ 牛どころか~ (2, 0.0%)

1 まだ人間, 戦争に

▼ 牛なんか~ (2, 0.0%)

1 ひっぱって, まことにもっ

▼ 牛に対する~ (2, 0.0%)

1 ときは, 考えは

▼ 牛~ (2, 0.0%)

1 一匹いる, 羊ね

▼ 牛のや~ (2, 0.0%)

1 しきの, しきへ

▼ 牛のを~ (2, 0.0%)

2 さな

▼ 牛はか~ (2, 0.0%)

2 へりゆき

▼ 牛ぼたる~ (2, 0.0%)

1 かしらん, というの

▼ 牛また~ (2, 0.0%)

1 白い犢, 騾馬に

▼ 牛までが~ (2, 0.0%)

1 結構な, 躍り出しその

▼ 牛みた~ (2, 0.0%)

1 ような, 様に

▼ 牛やら~ (2, 0.0%)

1 そんな事, 病死した

▼ 牛らしい~ (2, 0.0%)

1 恰好だけは, 物は

▼ 牛をも~ (2, 0.0%)

1 大切に, 隠すほどの

▼ 牛を以て~ (2, 0.0%)

1 処女権を, 神を

▼ 牛ドン~ (2, 0.0%)

1 のカメチャブ屋, の味

▼ 牛ヶ淵等古来人~ (2, 0.0%)

2 の称美

▼ 牛七匹~ (2, 0.0%)

1 と人五人, 住み左

▼ 牛九郎爺さん~ (2, 0.0%)

1 の代, はその

▼ 牛~ (2, 0.0%)

1 を出さぬ, を搾らるる

▼ 牛二頭~ (2, 0.0%)

1 ひとしく勇氣, を倒す

▼ 牛以外~ (2, 0.0%)

1 にはどんな, に取りたて

▼ 牛~ (2, 0.0%)

1 の講演, の賞

▼ 牛~ (2, 0.0%)

1 のうしろ, 我がため

▼ 牛使い~ (2, 0.0%)

1 の荒っぽい, は力むる

▼ 牛六日~ (2, 0.0%)

1 は馬, を馬

▼ 牛切り~ (2, 0.0%)

1 の媽, の若い

▼ 牛~ (2, 0.0%)

1 奉汝所獻男生口四人, 還到録受

▼ 牛~ (2, 0.0%)

2 の子

▼ 牛多く~ (2, 0.0%)

1 おり馬舎, 死し虎常時

▼ 牛大臣~ (2, 0.0%)

1 すなわち銭, に告げた

▼ 牛~ (2, 0.0%)

1 の声, の奴吾輩

▼ 牛~ (2, 0.0%)

1 には似合わない, の恋

▼ 牛小僧~ (2, 0.0%)

1 も月並, やあい

▼ 牛小舍~ (2, 0.0%)

1 に似たる, の前

▼ 牛山脈~ (2, 0.0%)

1 をこえ, をこえる

▼ 牛市場~ (2, 0.0%)

1 のあたり, の草

▼ 牛~ (2, 0.0%)

1 に導かれた, の名

▼ 牛景先~ (2, 0.0%)

1 の伝, は東湖樵夫

▼ 牛~ (2, 0.0%)

1 しょげて, などの子分

▼ 牛~ (2, 0.0%)

1 には不, に武芸万般

▼ 牛~ (2, 0.0%)

1 の戸, の鍵

▼ 牛泥棒~ (2, 0.0%)

1 の不徳漢, の水兵

▼ 牛流馬隊~ (2, 0.0%)

1 をくり出し, を待ち伏せ

▼ 牛~ (2, 0.0%)

1 から犬鳴山, と云う

▼ 牛滝山~ (2, 0.0%)

2 へ行った

▼ 牛王宝印~ (2, 0.0%)

1 の料紙, の札

▼ 牛~ (2, 0.0%)

1 あり, あり子之

▼ 牛祭り~ (2, 0.0%)

2 の祭文

▼ 牛立てりけり~ (2, 0.0%)

2 深くう

▼ 牛~ (2, 0.0%)

1 は水飲み, 呑んでる所

▼ 牛~ (2, 0.0%)

1 となす, と金牛宮

▼ 牛~ (2, 0.0%)

1 あるいは羊群, を守りする

▼ 牛~ (2, 0.0%)

1 して, の許

▼ 牛自身~ (2, 0.0%)

1 にとつて, の感懐

▼ 牛~ (2, 0.0%)

1 のハヤシライス, 煮込

▼ 牛若どの~ (2, 0.0%)

1 にもにせ, はもっと

▼ 牛蒡拔~ (2, 0.0%)

1 きに, きにつれ

▼ 牛~ (2, 0.0%)

1 が並ん, に苦しみ

▼ 牛~ (2, 0.0%)

1 は一つ, を弁じだした

▼ 牛豚同様~ (2, 0.0%)

2 誠にハヤ

▼ 牛豚開店~ (2, 0.0%)

1 と見ゆる, までやりやがっ

▼ 牛~ (2, 0.0%)

1 であるところ, ヲ受ク

▼ 牛連れ~ (2, 0.0%)

1 て棹手, と言っ

▼ 牛~ (2, 0.0%)

1 すなわち剣閣道, の基礎

▼ 牛酪炒~ (2, 0.0%)

1 とパンがわり, にでも葡萄酒

▼ 牛~ (2, 0.0%)

1 とは常陸牛久沼, と云

▼ 牛~ (2, 0.0%)

1 がずらりと, を手

▼ 牛~ (2, 0.0%)

1 としか得られなかった, と称する

▼ 牛飯屋~ (2, 0.0%)

1 が一軒, の店先

▼ 牛~ (2, 0.0%)

1 したもん, 仕るが

▼ 牛馬豚山羊~ (2, 0.0%)

1 などを飼っ, を飼ってる

▼ 牛~ (2, 0.0%)

1 の陰具, 走りて

▼ 牛~ (2, 0.0%)

1 の間, をする

▼1* [457件]

あつかいにする, 牛あらばこれ, 牛ありて草, 牛ありしと見え, 牛あるもの黄金に, 牛あれて一, 牛いじりして, 牛いずれも鋭い, 牛うり損うだなあ, 牛おたがいに世を, 牛おのおの藍光の目, 牛お前が尻尾, 牛かい馬かい牛馬一点張り, 牛かってるんです, 牛かはゆしあきらめられず, 牛かを屠殺所に, 牛がぞろ, 牛がとうまるを, 牛がねえ米エ積ん, 牛がのそり, 牛さの, 牛くらゐか, 牛くらいの大きさ, 牛ぐらいあるもぐら, 牛ぐらいもある松虫, 牛ぐゎぁなどゝ言ふ, 牛こいつはどうして, 牛ここにある, 牛こそは天が下に, 牛この事早まるべからず, 牛ごみの南, 牛さえいれば, 牛さんたちは腹, 牛さん主人はどこ, 牛さん牛さん主人はどこ, 牛ざき穴つるし水責め, 牛すきの翌日, 牛すける見ゆ, 牛そうして巨蟹が, 牛ぞとおもしろと, 牛ぞろいなかにもマルセーユ代表, 牛だけになって, 牛だけを去らせて, 牛ださうでその悲しい, 牛だったなと緒方, 牛だったらと思っ, 牛や上等, 牛振りなら, 牛ってやつは, 牛っぽくない鳴きよう, 牛つれて松明, 牛づれと思われちゃ, 牛づれとか言うんで, 牛づれと昔からも申します, 牛づれのできた伝六でしたが, 牛づれ子供は子供同士, 牛てもな大酒, 牛てんだのエビてん, 牛であったらこんな乱暴, 牛であれ馬であれ, 牛であろうと人間, 牛でないことを, 牛でなくとも乳牛, 牛というもなァ酒の, 牛とか梁川などは, 牛とかの余りにも, 牛とでも申したいくらい, 牛どもめが二度, 牛なぞより荷物, 牛なぞの物語を, 牛などがフラッシで, 牛などというものは, 牛などとはその意味, 牛などに混って, 牛などは生きて, 牛なども寄って, 牛なり怒って妻, 牛なれ羊なれ, 牛なんかを闘牛場へ, 牛なんぞいるもの, 牛にこそ鼻繩は, 牛にさえ馬にさえ, 牛については辰野隆氏が, 牛にとつては, 牛にとってさぞかし冬, 牛にとってはこうした過去, 牛になつて八年間は, 牛によつて好きな, 牛によって引かれる, 牛によっては出し惜しみ, 牛に対してきの, 牛に対しても起す勇気, 牛のいばふ如く, 牛のかはらの, 牛のくびにつけてあつた綱が, 牛のべたくそ, 牛はげぶつとなにか, 牛はてまえの, 牛ばかりが逞しい飴色, 牛ばかりにもならず次, 牛ばかりを二三頭つけ, 牛ばっか食わして, 牛ぱ以上も失わしめるであろう, 牛ひきの和太郎さん, 牛ひく童餘念なく, 牛ひとつほつり出, 牛ふたつ林のなか, 牛ほどでつかい, 牛たるを, 牛ぼたるなんだろう, 牛または犢を, 牛まだ幾ほども, 牛みな草を喰, 牛は振, 牛めしまたの名をカメチャブ, 牛めし一杯食ったところが, 牛めし屋さんの一軒, 牛めし深川めし三好野の強飯, 牛めし焼とりの安価, 牛やらがちっとも言う, 牛やるといじ, 牛やを写して, 牛よい哉その, 牛よく聴け, 牛よりはずっと大きい, 牛の無垢, 牛らしくせよと申します, 牛らしくなく固くて, 牛わしは強い, 牛て薊, 牛をと思って, 牛をばわが枕辺, 牛シャリやワン, 牛スープを三分の割合, 牛ゼウスはイウロペ, 牛トハ四角ナル腹, 牛ベルキの郭公, 牛ベンケイであった, 牛ポリシーのねばねば, 牛ミルクにソップ, 牛ヶ墓のほとり, 牛ヶ淵あたりから半蔵, 牛ヶ瀬神子元島のまわり, 牛一ぴきのこらずくう, 牛一ぴきもとも子, 牛一ヶ月三十五頭ぐらいの由, 牛一匹一年六・六ツェントネル平均として協定標準, 牛一匹一日の産, 牛一疋兵隊へ頂戴, 牛七頭の皮, 牛によく, 牛三それにマン, 牛三頭と白金一笏, 牛乗せ来る舟の, 牛乗りを承る, 牛乗式が行われる, 牛乗権兵衛という神事, 牛乗馬は太古, 牛九郎老人の枕元, 牛にも去勢牛, 牛五十頭を東大寺, 牛五頭を作り, 牛と称する, 牛仔牛が親, 牛付き男をつれさせ, 牛仲弓の四人, 牛仲間にも好ききらい, 牛佇立し羊群馳, 牛のもの, 牛使ひの, 牛供養の石, 牛児苗の条下, 牛石, 牛入れて都濃, 牛全集五巻を世人, 牛八幡宮両所へ参る, 牛六頭と牡牛, 牛六頭羊四十頭そのほかパン, 牛其の詩人等を, 牛の小屋, 牛切り政どんは御飯, 牛切小町なんてお前, 牛切朝から閉籠つて, 牛初めて子を, 牛利渉遠道路勤勞, 牛利爲率善校尉假銀印青綬引見勞賜遣還, 牛に蝶ガ岳, 牛十三年忌追善のもの, 牛十二頭無垢なるもの, 牛千疋を土, 牛厳しき笞荷は, 牛口碑でありまして, 牛合わせて二千頭, 牛同じく白鳥山の, 牛同志角突き合いもせず, 牛君子を問う, 牛吼えてゆく, 牛和田金の牛肉, 牛噛み倒し皮を, 牛み, 牛に駐, 牛で乳牛院, 牛場内を一巡, 牛の上, 牛塚市長に面会, 牛の娘, 牛士牛車からくた, 牛売り損ふ, 牛売り損ない可愛い男, 牛売リ損ネタ実例の出典, 牛夥しく血を, 牛大いに鳴く時客人一同座, 牛大臣一日達摩后に后, 牛天神下に囲っ, 牛天神凌雲閣等からは右, 牛天神愛宕山道灌山などよし, 牛天神牛込赤城神社谷中白金高輪台あたりか或いは, 牛天神金杉天神ともいっ, 牛太夫の娘, 牛好きだけに喜ん, 牛に少なから, 牛姿の一瞥, 牛婆さん牛はその, 牛婚鷄婚犬婚の罪, 牛子規漱石鴎外逍遥等の先達, 牛宮処女紋と処女座, 牛宮白羊座とこの, 牛宿の星群, 牛寝そべる傍の, 牛小屋豚小屋糞堆まで, 牛小舎鶏小舎の番, 牛小路から火事, 牛の骨化石, 牛屠り衆は, 牛山羊は山羊, 牛は昔赤牛江, 牛には立花宗茂, 牛市川団十郎が日本随市川, 牛幾つも通る, 牛店雑談にはこんな, 牛の若者, 牛引きとらへ, 牛の頭部, 牛徐ろに之, 牛御前へ行っ, 牛心台炭坑がある, 牛心牛鉄面の牛鉄心, 牛心理学概論闘牛道徳闘牛作法扱牛法大綱なんての, 牛性兇暴にし, 牛息災なりという, 牛戦馬金銀犀角などのおびただしい, 牛房縞の裏柳葉色, 牛をお, 牛批評と私, 牛持ってい, 牛挽きて山田, 牛捨場または馬捨場, 牛摩天連岳明還滅, 牛数百を集め, 牛斑牛黒牛なども寄っ, 牛方さんお休み, 牛方一人は犁持, 牛方人足の世話, 牛方衆は苦手, 牛のほう, 牛景先王資劉仲翰林侍詔鄭洽欽天監正王之臣, 牛と見える, 牛曳かれ出づ, 牛書店二階でひらかれた, 牛を催, 牛に喘ぐ, 牛であるから, 牛村字東禅寺という, 牛村馬村と称する, 牛根垂水方面に甚, 牛を完全以上, 牛桂華神泉といつた, 牛楼上無状, 牛正面なり朱, 牛歯蓮根茄子桃南天賓などの黒焼, 牛殿は日頃某, 牛毛海苔鶏の足, 牛氏以上に商品的数量, 牛何ぞ拙く, 牛へ入った, 牛洲羊洲椰子洲宝洲神洲猴洲象洲女洲ありと, 牛溲馬勃ともに収め, 牛溲馬勃敗鼓の皮, 牛漱石芥川すべてこれらの人々, 牛は高ら, 牛牝牛をさす, 牛特攻隊があれ, 牛独歩花袋秋声白鳥荷風潤一郎三重吉など実に, 牛独特の美しい, 牛猴獺狐狸狗鹿鯨また殊に, 牛獅子象熊羚羊その他いろんなもの, 牛獣皮戦馬などをぞくぞく, 牛が牛玉宝印, 牛玉宝印とまで発展, 牛王杖と呼ん, 牛王石といっ, 牛王福杖などを貰っ, 牛王院山唐松尾などという名, 牛王院山雁坂峠甲武信ヶ岳であります, 牛王院平の四字, 牛に役, 牛産地ヴェラガ公爵所有の牧場出身, 牛男體山太郎山の偉容, 牛のあの, 牛畜各名あり, 牛畜溺死し村民, 牛番小屋のところ, 牛痩せさらぼえた, 牛白馬を用, 牛百頭羊三百頭の肉, 牛的剛力も余程, 牛盗者か後生者, 牛づかいと, 牛馳せるを, 牛眼らんらんとして全く, 牛矣菌即其人也, 牛石先生がおいで, 牛神格化の半面, 牛禅師の開基, 牛そして花嫁さん, 牛人間の, 牛最も多く, 牛種痘を実施, 牛立ちて二三歩, 牛立つ孟宗やぶ, 牛と装束筥, 牛童子の像, 牛三の, 牛系統のもの, 牛に傚, 牛羊乳の臭, 牛羊乾草及び穀物, 牛羊來り水, 牛羊同然複胃あり, 牛羊山羊等はまるで, 牛羊種子その他の日用品, 牛羊穀物を奪う, 牛羊絨氈を贈った, 牛羊豕犬鶏てふ, 牛羊豚馬鶏鯨という工合, 牛羊都城より, 牛羊駱駝豚河馬等これに属す, 牛羊驢の厩, 牛羊驢馬駱駝首さしのべて, 牛群彼はやしな, 牛翁来たりてやんごとなき, 牛の始まる, 牛育成における仏心, 牛脇腹の油揚, 牛のよう, 牛から靜浦江, 牛臥沼津の千本濱, 牛臥靜浦があり, 牛や緑色, 牛若さま一人を六波羅, 牛若たち三人の幼子, 牛若どの乙若どの, 牛若伝説の人物, 牛若流と弁慶流, 牛若自身が平家, 牛の激戦, 牛荘ニウチヤンと呼ばれ, 牛の衞生局附屬醫院部長, 牛董氏重力の理法, 牛蒡恁くて, 牛虫油虫これに酢模, 牛も米国産, 牛と台所, 牛がゐる, 牛血大蒜人参獣肝茯苓草のた, 牛血書の経巻, 牛行司二人の間, 牛行司利三郎だ, 牛でもよろしゅう, 牛の中, 牛裂五十子の焼打, 牛親徳の墓, 牛角上のアルデバラン, 牛角山というの, 牛角杯二箇で以, 牛をした, 牛が女, 牛謀計して, 牛豕羊を食い, 牛豚羊の群, 牛豚肉店栽培せる楊柳数十株点綴, 牛豚軍鶏にあらず, 牛豚類の肉, 牛に來, 牛をおくん, 牛質衆牛にぬきんで, 牛赤白斑の乳牛, 牛跳躍す落つる日, 牛身ギリシャ神話のミノトール, 牛身犬身魚尾などという怪物ども, 牛などが徴発, 牛を附け, 牛農爺蝶白馬これらが信甲駿, 牛遣いの命令, 牛から山地, 牛部屋厩を分けない, 牛部屋厩窓口裏口等いずれも建方, 牛配乳達の, 牛酪炒空揚薄衣揚葡萄酒煮ジェリ寄せ, 牛金軍五百を袋, 牛釧路國釧路郡釧路同郡釧路白糠間, 牛鉄心と云う, 牛鉄面の牛鉄心, 牛銀色の, 牛銅鉄王七世母なる牛, 牛じゃ, 牛鍋屋行きと申す, 牛から道, 牛鑵二個レモン二個バターに角砂糖一箱, 牛は即ち, 牛ひて, 牛闘牛士も幕下どころ, 牛の鉄牛心, 牛はニュートン, 牛頓祭という理科大学学生年中行事, 牛を蕃種, 牛は澆ぐがごとく羊食, 牛飮馬食の勢, 牛飮馬食會をやつ, 牛へる庭, 牛馬市も立たない, 牛馬捨場以外のもの, 牛馬犬猫豕兎鹿綿羊山羊狐鼠鶏天鵞その他なおあるべし, 牛馬猿犬人間は士, 牛馬糞の空地だらけ, 牛馬羊の如き, 牛馬羊年とった集団農場員, 牛馬豚を屠殺, 牛馬鹿などの繪, 牛馮宋史なり, 牛騾馬山羊と三段, 牛驢不典の物, 牛骨私とそれ, 牛骨襤褸古釘, 牛魔大王と戦った, 牛魔王一匹の香, 牛魔王急に大, 牛魔王角をもっ, 牛だけを扱, 牛鳥肉店が開店, 牛鴎外抱月逍遥四人の優れた, 牛鷹同様主として丸字, 牛麿の二子, 牛黒姫の寐牛, 牛黒岳を経, 牛黒牛なども寄っ, 牛齢五歳未満をもっ