青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「様子~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

構成~ ~構造 構造~ ~槍 槍~ ~様 様~ ~様々 様々~ ~様子
様子~
様式~ ~樂 樂~ ~標準 標準~ ~模様 模様~ ~樣 樣~ ~樣子

「様子~」 17864, 172ppm, 603位

▼ 様子~ (6103, 34.2%)

695 見て 499 して 227 見に 224 見ると 106 うかがって 95 眺めて 92 窺って 71 聞いて 69 した 63 窺った 49 見せて 38 みて, 探って 35 うかがった 31 見た 29 聞くと, 見ながら 28 見守って 25 見せた 23 しながら, 見ようと, 見ること 20 見せなかった, 見るに, 話して 18 探りに 17 する, 想像し, 知って, 見ては, 見れば 16 ながめて, 伺って, 察して, 示して, 見ても 15 示した, 聞きに, 聞けば 14 きいて, 見ますと 13 するの, 眺めながら, 覗って 12 見届けて, 覗った 11 うかがうと, 窺うと, 窺ったが 10 みると, 想像する, 窺いながら, 窺ひ, 見つめて, 見よう, 見るの, 覗いて, 訊いて 9 うか, きくと, したが, 眺めた, 眺めると, 窺つた, 窺ふ, 聞こうと, 見守った 8 うかが, したり, よく知っ, 注意し, 窺いに, 窺う, 見た上, 見てから, 見てからに, 見るため

7 [14件] お見せ, さぐりに, ちらと, 彼は, 知らせて, 窺うて, 窺つてゐた, 考えると, 見せたが, 見たり, 見なければ, 見まもって, 覗きに, 観察し

6 [16件] うかがいながら, うかがいに, うかがったが, うかがってから, ききに, さぐって, しました, じっと見, ぢつと, 変えて, 少しも, 御覧に, 私は, 考えて, 聴いて, 話した

5 [20件] のぞいて, 尋ねて, 思い出した, 拝見し, 探ると, 熱心に, 聞きましたが, 聞くこと, 装って, 見せながら, 見せに, 見たいもの, 見たが, 見たこと, 見ただけ, 見た時, 見るが, 見廻した, 見詰めて, 訊くと

4 [39件] しては, すること, なすって, 作って, 尋ねた, 尋ねると, 心に, 思うと, 思って, 想像した, 探らせると, 探ること, 探ろうと, 現わし, 監視し, 知つてゐる, 知らして, 示さなかった, 示すの, 窺いますと, 窺ったの, 聞く, 聞くため, 見せました, 見せましたが, 見せようと, 見せること, 見たいと, 見て取って, 見とどけに, 見るのに, 見るや, 見るより, 見定めると, 見廻して, 見張って, 観察する, 詳しく話し, 調べて

3 [73件] うかがったもの, お前に, お目, かえて, きいた, くわしく話し, さぐろうと, したの, したのち, してるの, じっと眺め, じっと見守っ, じろじろ眺めた, するから, たずねると, どこかで, なさいました, ひそかに, ぼんやりと, みに, よく見, ジッと, 一瞥した, 人に, 伺いに, 伺いました, 凝つと, 千世子は, 彼の, 彼女に, 怪しんで, 悟って, 感じ出して, 拝し, 捜って, 探った, 探るため, 探ろうとして, 気に, 気の毒に, 目に, 眺めました, 眼の, 知て, 知ると, 示したが, 私に, 窺うよう, 窺ってから, 聞きながら, 見おろして, 見せ, 見せたり, 見せなかつた, 見せるの, 見て取ると, 見ました, 見まもりながら, 見まわして, 見ようじゃ, 見ようとして, 見る度, 見入って, 見守ったが, 見守りながら, 見届けた上, 見廻わ, 見比べた, 覗う, 観察した, 話すの, 静かに, 面白そう

2 [207件] あの方, あの男, うかがいました, うかがいましたが, うかがい夜, うかがう, うかがうの, うかがうよう, うかがったり, お聞き, かいて, きき耳, きく, こっそり探っ, ごらんに, ご存じです, さぐると, してる者, しばらくの, しばらく窺っ, しようと, じっと窺ってる, じろじろと, じろじろ見調べ, じろりと見た, するもの, すれば, それとなく見, たずねた, たずねて, ただ見つめ, ながめた, ながめながら, なさるの, まじまじと, みせて, みた, よく現し, よく見よう, わきから, キラキラ光る, ジロジロと, チラリと, 一目見, 一目見た, 一目見る, 一眼見る, 丁寧に, 不思議がった, 不思議さうにジロ, 不思議に, 中江は, 人々に, 今でも, 伸子は, 伺うこと, 伺えば, 佯って, 傍にて, 備へて, 凝っと, 半ば気づかい, 口元に, 呈して, 問えば, 垣間見て, 如実に, 嬉しさ, 察したと, 察する, 尋ね, 尋ねたり, 尋ねに, 形容する, 御覧, 念入りに, 思い出して, 思い描いた, 怪訝そうに, 感じたもの, 打ち眺めて, 拝見いたします, 捜り, 探らせて, 探るの, 斯様に, 明らかに, 最前から, 様々に, 気遣ふ, 油断なく, 源氏は, 無言で, 目の, 目撃した, 看て, 眺めたの, 眺めた後, 眺めるの, 眺め乍ら, 知らない人, 知らない自分, 知るため, 知ろうとして, 示したので, 示しながら, 窺いました, 窺うため, 窺うに, 窺うの, 窺が, 窺がっ, 窺がった, 窺ったのち, 窺ったり, 窺つてから, 窺つてゐる, 窺ふと, 立聞し, 納得の, 細かに, 考えるに, 聞いた, 聞いたか, 聞いた上, 聞いても, 聞き, 聞きますと, 聞き澄し, 聞くに, 能く, 自分が, 自分の, 装ひ, 見が, 見させに, 見せたくなかった, 見せたので, 見せない, 見せないところ, 見せなかったので, 見せます, 見せると, 見せるよう, 見ただけで, 見ただけでも, 見たの, 見た人, 見た夫人, 見た方, 見た者, 見つめた, 見てからでも, 見てからの, 見とどけあわせて, 見ねば, 見ま, 見ましたが, 見ましょう, 見まわしました, 見やった, 見ようでは, 見られて, 見る, 見るところ, 見るにつけ, 見るよう, 見るん, 見る為, 見る為め, 見ろ, 見ろと, 見下して, 見守つて, 見定めた上, 見定めて, 見届けに, 見届けよう, 見廻してから, 見比べて, 見澄まし折, 見物し, 見物する, 見聞きし, 見計らって, 見詰めながら, 見調べた, 視て, 視るに, 覗つてゐた, 覗つてゐました, 覗ふ, 観て, 計って, 訊いた, 訊きに, 訊くん, 訊ねた, 試験官の, 話し出した, 語って, 調べようと, 述べて, 隈なく, 顔に, 驚いたやう, 黙って

1 [1845件 抜粋] あだ, あの山, あらため, あらわに, いたづら, いって, いぶかって, いろいろ話し, うかがいましたところ, うかがい宮方, うかがうところ, うかがうテレビ, うかがったの, うかがってると, うかがわせに, うしろの, うれしそう, おかしがっ, おぼえて, おもしろそう, お初に, お報せ, お気づきに, お知らせしましょう, お聞きなすっ, お話し下さいまし, かくさず袂, かなりに, きいたおりその, きかして, ききますが, きくこと, きく毎に, きょうは, くわしく物語った, くわしく語っ, こつそり見るの, こまごま書いた, ごまかそうとも, ご覧なさい, さぐらうと, さぐりもし, さぐるべく白須源, させること, さとって, しあふれるばかりの, しそれから, したくなかったので, したとき, したりっぱ, した中年男, した人, した女, した悪者, した者, しだした, しても, してるだろうそれ, してる一人, しない, しなかった, しは, しばらく見, しみずから気, しらずもしか, しわざとらしい甘っぽい, し光, し好奇心, し重々しい, し髭食い, じっとうかがっ, じっと眺めた, じっと見くらべ, じっと見守る, じろじろながめ, じろじろ見廻した, じろりと窺いました, すっかりお, すべて詳しく, するばかり, する者, そうたびたび見た, そっと見, そつと, その一つ, その無意識, その背景, それと, それとなく窺っ, そわそわさせた, たしかめなければ, たずねること, ただおめでたい, だまって, ちょっと眺め, ちょっと述べ, ちらりちらりと探る, つくって, つくりバラバラ, つくろうと, つぶさに眺めた, ととのえた, どうしてもここ, なおよく, ながめました, ながめ心, なさいますの, なさるん, なんと見る, にらんで, のぞいたが, のぞきました, のぞくその, はっきり窺い見る, ふりかえった天堂一角, ほとんどよそごと, ぼくについて, まざ, また表わした, まるで忘れ, みせたとき, みせること, みてたら垣根, みまもりながら, みるに, むっとした, もし知つて, やって, よくしらべ, よく知った, よく見定め, わきで, カメラにと, グレゴール, ジロジロ見, スパイダーに, ツァ・ルンバから, ヒョッと, 一々編集室, 一変しました, 一寸見せ, 一層はっきり憶え, 一応は, 一目見さえ, 一種尊敬の, 一通り見調べ, 上目で, 不問に, 不思議さうに見, 世間に, 久五郎は, 人づてで, 今も, 付け加えたの, 代表し, 伝えたもの, 伺いお, 伺いましょう, 伺うと, 伺えて, 伺ったが, 伺っても, 何んと, 何気なく眺め, 作り, 例の, 俺は, 偵察する, 偸むように, 充分に, 光あまねき, 内から, 写したもの, 冷やかに, 初めて見, 前からの, 匂宮は, 反って, 取り繕つて恥, 句に, 吉村は, 告げない, 問いなど, 問ひ尋ねた, 嗅ぎ知って, 地上において, 埃及の, 報告した, 変えた, 変えはじめて, 変え世上, 外に, 多計代, 大相に, 失わなかった, 好奇的に, 始めその, 子供あしらいに, 家の, 察したもの, 察知した, 尋かれる, 尋ねただけ, 尋ねるなどは, 小初, 少しく述べ, 尚も見, 岩かげから, 巡察する, 帯びて, 常陸介は, 幾らか気, 床の間に, 形容した, 彼女は, 後で思い合せる, 御存じじゃ, 御覧あそばした, 心から羨しく, 心得ませんで江戸珍, 心配しない, 念の, 思いながら, 思い出しては, 思い浮かべた, 思い浮かべようとしても, 思い浮べながら, 思ったり, 思ひやつ, 思出し, 怪しそう, 怪ん, 息を, 悟られぬやう, 想い浮べた, 想像いたします, 想像したまわ, 愛らしく見せた, 慮ったと, 憐れむよう, 手に, 手短かに, 打ち見守り乗ずべき隙, 承りお, 投げかけて, 拝見しよう, 拝見致しまし, 指摘し, 探ったまでの, 探ってから, 探つて, 探らずに, 探らなければ, 探りながら, 探りゃおおかた, 探るため故意, 探れば, 探ろうもの, 描きました, 擬人した, 新聞で, 時々見, 暫く名残り, 暫く見守っ, 書いたの, 朋輩の, 本当に再現, 東洋流の, 案じたの, 案じ見て, 楽しげ, 歌って, 残らずくわしく, 残らず聞い, 比べて, 気にも, 気早き, 江口さんは, 沢子は, 注意深く見, 流し目に, 満足らしく見た, 無線電信で, 父から, 物語った, 狙いながら, 珍しげ, 申し上げたらさぞ, 申上げる, 男女二人しかも, 疑つた, 白状しろつ, 皆が, 盛んに, 目前に, 直感し, 看守し, 眺めそれから, 眺めた時, 眺めては, 眺めまわした, 眺める事, 眺め始めました, 眺め荘一清, 睨み詰めました, 矢代に, 知ってるから, 知らせたいと, 知らせるからと, 知らせろ, 知らないため, 知らない新参, 知らなかった, 知らんか, 知りたいと, 知りたい心持, 知りたくも, 知りませぬから, 知り度, 知る一策, 硝子窓越に, 確信をもって, 示しざわざわ, 示した細君, 示しました, 示す, 示す祭り, 私達は, 空色の, 窺いさえ, 窺いて, 窺いまして, 窺い旁, 窺うが, 窺えとて, 窺く, 窺った足跡, 窺ってるかの, 窺つてゐ, 窺ひ澄まし, 窺わしむる, 窺わせに, 立聞きし, 笑いながら, 篤とながめました, 精しく知らせ, 納簾の, 細々と, 絶えず探らせよう, 罵つた, 考へると, 聞いたから, 聞いたらしく眼色, 聞いた祖母, 聞かして, 聞かせ同時に, 聞きかじって, 聞きたいって, 聞きたがるの, 聞きたげに, 聞きどうして, 聞き取ろうと, 聞き探ると, 聞き糺して, 聞くまでは, 聞こうなどとは, 聞置かんと, 聴いた茶屋, 聴き取りました, 腹の中で, 致しました, 色にも, 蔭から, 虚心に, 装い他, 装つてぶらりと, 見, 見かけない, 見かねたもの, 見くらべてから, 見し女, 見せごめんなさい, 見せたいや, 見せたくない, 見せたの, 見せつけた, 見せつけられ二人, 見せないに, 見せなくなったから, 見せぬのみかは, 見せませんでした, 見せられては, 見せられると, 見せるので, 見せれば, 見せ始める, 見たい, 見たいの, 見たか, 見たから, 見たくは, 見たてまつらんと, 見たところ, 見たらその, 見たるため, 見た事, 見た先生, 見た娘, 見た後ミサ子, 見た津田, 見た私, 見た青眼先生, 見ちゃ, 見つめたが, 見てくれと, 見てると, 見て取ったか, 見て取ったらしい娘, 見て取りフュマード, 見と, 見とどけるため, 見ないと, 見ぬ振り, 見ましたら何と, 見ましょうとて, 見まするに, 見まもったあと, 見も, 見ようとばかり, 見ようよ, 見りゃあお, 見るため天幕, 見るにはと, 見るも, 見る事, 見る力, 見ればの, 見上げたが, 見下すの, 見兼ねて, 見守らずには, 見守りました, 見守り感ずること, 見守ると, 見定めてから, 見届けなかったと, 見届けること, 見度, 見廻すと, 見恩, 見次に, 見済まし倉庫, 見渡して, 見申したところ, 見給え, 見舞い身支度, 見詰め太郎左衛門, 見調べました, 視に, 覗いおるうち, 覗きすぐ, 覗き込んだ, 覗こうと, 覚えたの, 覚って, 観察します, 言って, 訊いたり, 訊きますと, 訊ねて, 訊ねるため, 訝かし, 訴えに, 話されること, 話しました, 話すこと, 話そう話そうと, 詳しく申し上げる, 詳しく語りました, 認めなかった私, 語り申さん, 誰も, 調べたり, 調べましたが, 躯の, 述べた, 透き見される, 遠方から, 鍵穴から, 阮東は, 隆吉は, 隠しも, 隠居は, 雲霧は, 非常な, 順造は, 顕わして, 饒舌って, 駅前の, 髣髴せしめる

▼ 様子~ (2306, 12.9%)

57 ない 51 変だ 35 変って 29 なかった, 違って 23 ないので 21 ありありと, 見えて, 見える 19 変わって, 見えた 18 変な 15 おかしいので, 変だった 14 ちがって 13 おかしいと, 変です, 手に 12 ある, 変に, 目に, 眼に 11 あった 10 ありません 9 わかって, 気に, 見えない 8 違う 7 少しも, 少し変, 急に, 異って, 私には, 見えるよう, 違ふ, 非常に 6 かわって, ないと, 何か, 分らないので 5 あり, おかしい, どうも変, ないの, 私の, 見えるの, 違つてゐる

4 [16件] いつに, いつもと, おかしかった, すっかり変っ, ちがう, なかつた, へんだ, まざまざと, よく分る, わかる, ガラリと, 彼には, 現れて, 見えなかった, 見たい, 違うと

3 [36件] あつた, あるの, いいから, うかがわれる, うかがわれるの, おかしいの, だんだんに, どこか, ないから, よく見える, わからない, アリ, 今まで, 分って, 可怪しい, 可憐であった, 可笑しかった, 変で, 変である, 変わった, 大分変った, 妙だ, 宜い, 尋常でない, 少しずつ, 彼を, 残って, 目の, 真面目な, 知れないので, 腑に, 自分の, 見えること, 見えると, 訝しいから, 訝しいと

2 [107件] あったが, あって, あの方, あやしくなっ, いかにも華奢, いまにも, いやに, うかが, おかしくなった, おわかり, お変りに, お気の毒, かわりまして, がらりと, この上, ちがうという, どうもへん, どうも穏やか, どう見, どことなく変, ないが, ないじゃ, ないん, なくて, なければ, へんです, へんな, ほのかに, よくわかる, わからないので, わからねえから, わからん, わかりません, わかるから, わたしには, 一変し, 一変した, 人魚そっくり, 伸子に, 何だかおかしい, 何だか変, 何となく普通, 何んと, 余りにも, 余り真剣, 分った, 分らない, 分りません, 判然と, 勿論明瞭, 只事じゃ, 可なり, 可怪い, 変った, 変ったから, 変ったよう, 変つた, 変でした, 変りましたね, 変調を, 太, 好いじゃ, 好いよう, 好さそう, 妙に, 宜いという, 少しは, 少し妙, 少し違う, 心配で, 心配な, 心配に, 想像され, 明らかに, 朧ながら, 次第に変っ, 気味悪いん, 浮かんだ, 海の, 漂って, 無い, 現われて, 瑠璃子にも, 異なって, 白無垢を, 目から, 真剣な, 知りたい, 知れたもの, 知れよう, 私に, 私を, 稀世の, 窺われる, 美しかった, 見えたが, 見えたので, 見えないの, 見えないので, 見えました, 見えます, 見えもう, 見て, 訝しい, 違います, 違うので, 違つ

1 [1275件 抜粋] ああいう, あざやかに, あったの, あつて, あの商売, あまりに哀れ, あまり一途, あまり馬鹿丁寧, ありありその, ありあり笹村, ありあり顔色, あり佐兵衛, あるから, あるせい, あるのみ, あれば, あんまり妙, あんまり痛々しい, いい, いかさま覚悟, いかにもいじらしく, いかにもこまっ, いかにも人, いかにも可笑しかっ, いかにも好い, いかにも普通, いかにも沈黙, いかにも真面目, いかにも笑止, いかにも親しい, いくらかわかりました, いちばん悪かっ, いっそう可憐, いつまでも, いなせで, いやが, うかがえた, うかがわれた, うかんで, うつって, お, おおよそ分っ, おかしいから, おかしいじゃ, おかしいでしょう, おかしきに, おかしくなり, おだやかでなくなっ, おりおり夫人, お変りなされ, お延, お松にとっては, お関, かく俄, からっと変っ, がてんまいりませぬ, ききたくなった, きっとすべて, くわしいよう, こっけいにも, このへん, この頃, これこれだ, ございません, ごらんに, さっぱり分りません, さながら死のう, した, したので, すぐれないよう, すこぶる変, すっかりちがう, すっかり変った, すっかり心, すっかり飲み込めた, すれた男, そう少し変った, そっくり書い, その店, その時, その裏, それとなくお, それは, た, たいへん楽し, ただならない, ただ一通り, だいたい私, だいぶ違う, だんだんわかり, ちかごろなんとなくへん, ちがうけど, ちがった気分, ちっともわざとらしく, ちょうど太子, ちら, ときどきながめられ, とてつもなくおかしいもの, とんだもの, どういうふう, どうしてあんなにも, どうしても学校, どうせそう, どうも, どうもおかしい, どうも唯, どうも弟, どうも普通, どうも番士, どうも違つて, どうやら母親, どう変るだろう, どことなく変っ, どんなぐあいになっているのかということになると, どんなに気味悪い, ないこと, ないところ, ないなんて, なかなか無邪気, なくしっかり, なくそば, なくなつた, なくまして, なく反っ, なく眠りやらぬ, なつかしくのみ, なにか懺悔, なんだか変, なんだか怪しい, なんとし, なんとなくかわっ, なんとなく算数的, にわかに変りました, はずんで, はっきりわかった, はっきり分ります, はっきり見える, はつきり出, はなれて, ひどくあわて, ひどく変った, ひどく彼, ひどく目立った, ふっと思い出された, へんかね, へんに, ほぼわかった, まことに変, ましに, またこう, また嘗て, また本当, また葉子, まだそろわず, まったく滑稽, まるっきりちがう, まるでこの, まるでわからない, まるで変わっ, まるで形式的, まるで違っ, まんざら無人, みえなくも, みえる, みごとに, めっきり変っ, もうずっと前, ものものしくなる, やがて見え, やはり変, ようやく知れた, よくなった, よくわかっ, よくわからん, よく分った, よく桂子, よく見えた, よく解った, よほど仙台の, よろしいじゃ, わからないから, わからないこと, わからないという, わからなくなって, わかりましたので, わかりませんので, わかり客, わかるの, わかれば, わるいから, わるくなった, クラマールから, スッカリ違ツて, ソックリです, ツラかった, ハッキリする, ヒドく, フビンであった, 一そう彼の, 一寸鷺太郎, 一層癇, 一本引抜き, 一眼に, 一面に, 七輪に, 不安そうな, 不審であった, 不思議でなりません, 不思議やった, 不自然で, 主として同情的, 二人の, 二郎の, 亢奮と, 人柄の, 人間の, 今でも, 今に, 今の, 今夕も, 仔雀が, 以前よりも, 伝えられたの, 体に, 何うも, 何さま我々の, 何だか中年, 何だか理学者, 何となくお, 何となく冴えない, 何となく好き, 何となく私, 何とはなし, 何とも云えず, 何もかも想像, 何やらおかしい, 何様に, 余りおかしい, 余所に, 余程力添え, 俊亮を, 俺の, 傷心の, 光代には, 全く一変, 全く異い, 全で, 其の面, 内の, 分かるかも, 分った様, 分らず帰って, 分らないからって, 分らないだろう, 分らなかったの, 分らなくなって, 分らねえから, 分らねえと, 分らんの, 分りませんから, 分りませんでしたが, 分るだろうから, 分るであろうから, 分るん, 判ったらやるよう, 判りません, 判る, 前とは, 千状万態で, 却って滑稽, 去年の, 又不思議, 反って, 只事とは, 可哀そうだった, 可怪しく, 可愛くみえる, 可笑いん, 可笑しいと, 周子は, 唯で, 土から, 堪らなくおかしい, 変だつ, 変ったが, 変ったという, 変ったねって, 変ったばかり, 変つ, 変つてゐる, 変つて来たつ, 変でございます, 変よ, 変りましたから, 変る, 変るもの, 変わったん, 変わり僕, 変テコだ, 変化した, 多く見られる, 大体想像の, 大変おかしかっ, 大抵の, 大阪の, 夫人に, 奇異に, 女であった, 好い, 好いとか, 好い貴方, 好きに, 如何に, 如何にも可, 如何にも妙, 如何にも態とらしく, 如何にも極り, 如何にも美しく, 如何も, 妙な, 始終人から, 子供ながら, 子犬を, 宜しうございました, 実に落, 家構へにも, 容易に, 寄手の, 尋常でなく, 小気味悪く, 少しでも, 少し変った, 少し津田, 少女らしく, 岸本には, 己を, 平時とは, 平生に, 幼い頃, 座興とでも, 強くて, 彷彿する, 彼に, 彼女に, 彼独特の, 御ところ, 御想像, 心許なくかく, 快くなっ, 思いやられた, 思はれる, 急にとは, 怪しいので, 怪しく思われはじめた, 恐ろしがっ, 恰度墓場を, 悦ばしげ, 悪いこと, 悪いどう, 悪くなる, 情趣豊かに, 愉快でたまらなかつた, 意固地で, 感じられた, 慌てても, 房一に, 折から, 推量された, 改った, 敏子さんの, 日々に, 日頃が, 明かに, 昔から, 映ったので, 普段の, 普通とは, 有りさ, 本当に悪夢, 柔らかに, 案外真面目, 次第に嶮, 武士には, 死後十時間乃至, 残ってるよう, 殿村の, 比較的展望, 気に入ったの, 気の毒とも, 水らしい, 決して嘘, 津田の, 消えぬ, 渝った, 滅法可愛らしい, 滑稽に, 灯の, 燐寸ばかりも, 物さびしく, 物凄くなっ, 珍らしい, 生垣の, 町の, 異つて, 異様だった, 病院で, 百姓の, 皆若者達, 目立つの, 相手の, 真に迫っ, 眺めたくも, 眼の, 瞑目し, 知りたいと, 知りたかった, 知りたかつたの, 知れたら大森, 知れなかったので, 知れぬから, 知れること, 知れるッ, 確に, 私たちに, 私にも, 程よい感傷, 突然前, 窺へる, 立派じゃ, 籠城以前とは, 絵に, 美しく心, 耐えがたかった, 聞きたいの, 聞きたそう, 胆汁質で, 自分には, 自然に, 良く知っ, 艶であった, 苦しげ, 萎れるの, 薄い膜, 見えずかえって, 見えず眉根, 見えたら清助さん, 見えないこと, 見えないよう, 見えぬ今, 見えませなん, 見えません, 見えるお, 見えるため, 見えれば, 見え出してから, 見せたいと, 見たい漫ろ心, 見たかったの, 見たくなりましたよ, 見て取れて, 見られた, 見られなかったと, 見られるか, 見る人ごと, 見れば, 覗けるだから, 解った, 解りは, 解りませんお湯, 訝しいのよ, 訝しい気, 詳しく知りたかった, 誠に案じられます, 誰にでも, 身に, 辰代の, 追い追いわかって, 道理に, 違いましたが, 違いますね, 違うて, 違うの, 違ったよう, 違ってるよう, 違つて居る, 遽に, 酷くい, 鉄砲の, 長閑そうであった, 陰性で, 電話でも, 露骨に, 面白くも, 順調だったら, 頻りに幸子, 顔を, 顕われ, 飛だ, 騒々しく大袈裟, 髣髴する

▼ 様子~ (2266, 12.7%)

119 あつた 16 言った 15 見ると 12 頭を 11 彼の, 顔を 10 それを, 答えた 9 自分の 8 ござります, 出て, 帰って, 私の 7 云った, 首を 6 それと, 彼を, 立って 5 二人の, 口を, 急に, 手を, 私は, 私も, 肩を

4 [11件] ピアノに, 何か, 声を, 彼は, 急いで, 最後の, 眺めて, 聞いて, 語調を, 足を, 黙って

3 [27件] あッた, いった, こう言いました, ござりました, それが, それに, みると, みれば, テーブルの, 人の, 家に, 小声に, 平次の, 彼が, 彼に, 彼女の, 慌てて, 煙草を, 目を, 眼を, 碁盤を, 私に, 私を, 立ちつくして, 言って, 話を, 静かに

2 [129件] いつもの, いて, いる, お帰り, お涌, お話に, かたわらの, かつて一度, こう云った, こちらへ, このことば, この度, こんな事, ござりまする, さうし, そこに, その夜, それなら, そんなこと, たうとう, たまに一, つぶやいた, どうも苦しい, どうやら近い, どことも, ね, ふたたび河, ふと足, ぶつぶつ呟く, もどって, やって来た, ゆっくりと, わかった, わたしの, わたしは, アバヨと, ガラッ八, クリストフの, グッタリと, ニヤリニヤリと, フラフラと, ボンヤリ無言で, ポケットから, モジモジし, 上って, 上半身を, 下を, 主人の, 今度は, 以前の, 伸子の, 入って, 八五郎を, 出発を, 判って, 前の, 半七, 同じよう, 唇を, 囁いた, 坐りながら, 壇を, 外に, 女の, 妙な, 婦人は, 家の, 家へ, 容易に, 察して, 察しること, 小声で, 小屋の, 小笠原の, 小走りに, 少しも, 左右を, 帯の, 平次を, 彼女は, 微笑んで, 戸口の, 戻って, 是から, 暮らして, 最初に, 最後に, 椅子から, 横たわって, 此の, 歯を, 母に, 母は, 流れて, 深々と, 火を, 無言の, 疵の, 盃を, 盆暮の, 相手の, 知れる, 私が, 私と, 私には, 窓の, 立ち上って, 立ち止まりました, 立つて, 笑いながら, 箸を, 聴いて, 腰の, 自分が, 自分は, 芝居で, 見れば, 言うの, 訊いた, 訊ねた, 訪ねて, 話して, 迎えて, 近寄って, 部屋を, 降りて, 障子を, 隣の, 額に

1 [1571件 抜粋] あいさつを, あたりに, あちらこちらを, あつて, あの学校, あまりい, あらわれて, あんまり勝っ, いう, いきなり庇, いつまでも, いながら, いるか知りたかつた, いろいろお世話, うずくまって, うなずいて, おいでに, おまえは, お世辞屋, お仕度, お国, お察し, お座敷の, お志, お教え, お眉, お秀, お袋は, お金を, お鶴, かっかと燃える, かれと, きく, きょうあなたの, くすくす無理, くるりと, けれどもやはり, こう云っ, こう続け出しました, ここが, こそこそ食べ, ことばを, このへん, この事, この店, この良人, これつ, こんな問, ご自分, さう言つて, さすがの, さまよって, しかし直接, しげしげ桃, しばらくは, しばらく火鉢, しぶしぶ沢田先生, しゃべって, じっと亮二, じろじろながめ, すぐ寝, すぐ解った, すぱすぱと, すわって, そうか, そう呟いた, そう言われない, そして泰然, そのあと, そのこと, そのまま外, そのもてなし, その人, その借金, その句集, その後も, その時親鹿, その点, その結い, その血, その貴族的, その青年, そば近く, それじゃ, それでいてそんな, それでもなお, そろそろ帰り, そんな素振り, たいてい宵, たしなめた, ただお, ただもう, ただ唐突, ただ虎, ためつすがめつした末, だらりと, ちょっと居ずまい, ぢつと, つぎつぎに, つるりとお, ときどき男女, とにかく下, どうだ, どさん, どなった, な, なかを, ながめながら, なにか返答, なよなよと, なア, にこりとも, ねて, のろのろと, はっきり判った, ひたすら柔術, ひとり言の, ひろ子を, ふたたび生活, ふと横, ぶつぶつ言っ, ほとんど疲れ, ぼんやり二人の, ぼんやり引幕, まことにばからしい, まじまじ襖, またの, また入っ, また男, また言い出した, まだ床, まるで狐, みずから余命の, むしろ明るく, もうこの, もう瓜畑, もじもじし, やがてふと立, やがて息, やってるよう, やはり一しよう懸命, やや足, ゆき子を, よくききわけさせる, よほどただならぬ, わかりまする, わざと, わざわざお, わたしたちを, ゐること, エリスが, カマを, キリキリと, クラフト氏の, グーセフなどは, ゴーリキイを, シャルルが, スイッチを, スパイダーの, チチと, チラリと, トシに, ドンドン歩い, ニヤニヤと, ノッソリと, パイプを, ビュルストナー嬢が, ピョイピョイと, ヘエ, ホッと, ボツリボツリと, マリユスを, モーブュエの, 一々私, 一ト風呂あび, 一人は, 一寸もじもじし, 一度拾おう, 一生懸命に, 一言も, 七平は, 万兵衛, 三度目に, 三高木工所へ, 上空を, 下戸までも, 不規則に, 両眼, 事件が, 二ツ切りの, 二三日うちに, 二人より, 云いました, 云つた, 五ツ紋の, 五郎を, 京を, 今がた, 今夜の, 介抱し, 仙太の, 伊豆相模武蔵など, 会釈を, 但馬の, 住んで, 佐藤春夫に, 何かと苦し, 何だか二人, 何も, 何よりでした, 何処からとも, 余に, 使いの, 俺は, 偵察し, 働きかけた, 僕は, 兄の, 先を, 光丸に, 兎も, 入替り立替り目, 八十松に, 其の髪, 内外の, 円地文子その他を, 再び言った, 冷, 凝っと, 出席した, 分ったや, 分るよう, 切出しました, 刑事達の, 利巧な, 前方に, 医者を, 十五日に, 千種は, 半眼を, 卑怯な, 却って真面目, 又心持, 友人夫妻の, 取なし, 口ごもつたが, 口笛を, 右は, 同じ境遇, 向うの, 君江は, 周囲を, 命じた, 唇も, 商売を, 問うよう, 喘いで, 四方に, 坐って, 報告も, 墓碑の, 夕焼けした, 夢中に, 大つ, 大体わしにも, 大方は, 大統領の, 天井あおい, 夫要を, 女中さんが, 妹も, 姿が, 子供の, 安南人, 宛名は, 実家に, 宮は, 寄り添って, 密通も, 寝ました, 寝室から, 察する, 尊い神様, 小さく首肯き, 小説家といふ, 少し上気, 少し顔, 尖った鼻面越し, 居ります, 居るん, 崩れた御堂, 工場や, 差出した手紙, 帰ったか, 帰りまして, 常盤橋御, 平次に, 幽かに, 広間に, 店先へ, 庭面など, 廻廊の, 引っかえす, 強そう, 当人同士異存が, 彼らを, 往来の, 後へ, 後向きに, 御主人, 御新造さんと, 御礼を, 復た, 心に, 応答した, 忽まち走り戻り, 思わず深々とう, 息を, 想像された, 感づかれたのに, 慰めようと, 懐中から, 或る, 房一は, 手に, 手袋に, 押しても, 持って, 振りかえり, 振り返ると, 推すれば, 教師を, 新しい主人, 早足に, 明るい真昼間, 是で, 時々この, 時々訪ね, 晩饗は, 暫く手, 暫らく昇の, 暮残る, 曽孫の, 有った余, 有ッ, 朝血痰出る, 末は, 李聖学の, 来るので, 枯れかかったの, 案外こざつぱりした夜具, 楽譜を, 様々の, 機械的に, 次郎朝時を, 正夫は, 歩いた, 歩き回って, 歯の, 死体を, 残念です, 毎日ぶらりぶらりと, 毎晩召し上がる, 汗に, 池の, 泣きさうな, 浮かぬ顔, 深い息, 湖水を, 滅茶滅茶に, 濡鼠の, 焔に, 無理に, 父は, 片手に, 片足退っ, 物を, 特別の, 狭い庭, 玉藻は, 現われた, 瑰麗な, 男の, 町に, 番茶を, 畳表を, 疲れて, 病室を, 百メートルぐらい, 目には, 相かわらず, 相州さまの, 真三, 真青に, 眺めながら, 眼八分に, 睨みつけた, 矢庭に, 破れソフトの, 祈祷を, 禅師さまは, 私どもも, 私達が, 程なく禁裏, 空を, 突然非常, 窓際に, 立ち上が, 立ち上がり甲虫, 立ち去ろうと, 立ち止まりも, 立上った, 立派な, 笑いを, 笹島先生は, 箱から, 素子が, 紫の, 結構に, 絶えず横, 縁側の, 縮こまつたり, 群がって, 老主人, 考えに, 聞く, 育って, 脚を, 腰を, 自分たちの, 自動車を, 舌を, 舞台の, 芝生の, 茶の間から, 草を, 菜園から, 蒼くなっ, 薄色の, 藤井薫を, 行きずりの, 表に, 裏木戸を, 襖を, 見せなくても, 見ても, 見守って, 視線を, 解るだろう, 言い聞かせた, 言葉を, 訳を, 話しかけました, 語り続けた, 説明し, 謂わば, 議場を, 貴作, 走り出した, 足が, 足踏みを, 身づく, 身動きも, 辺りを, 迎へ, 近くの, 近づき通りすぎ, 近所へ, 送って, 逆さ屏風の, 這入つて, 通り抜けようと, 逸子に, 過去の, 違う, 遮りました, 鄭寧に, 里子と, 金五郎の, 鉄格子を, 長い溜息, 長塚も, 関東の, 降り立ったの, 雑誌社に, 雨の, 雪子女史は, 青白い顔, 頑なに首を, 頭痛あ, 顔には, 飛んで, 饒舌る, 駆け付けて, 驚いて, 魚戸は, 鵠の, 黙々と仕事, 黙つてゆき子, 黙礼しました

▼ 様子~ (1432, 8.0%)

78 なかった 35 少しも 32 ありません 30 ない 11 見えなかった 10 どうだ, ないの 9 して 8 なかつた 7 手に 6 ないか, 変って, 見せなかった 5 ありませんでしたか, ねえか 4 ございません, すっかり変っ, どこにも, 何か, 無いの, 私には, 絶対に, 見えない, 見て

3 [20件] ありませんでした, お庄, どんな風, なかったろうか, なくそれ, わかって, 一向になかっ, 今でも, 何んと, 余計に, 分って, 前と, 彼の, 更に見えなかった, 此主人に, 無かった, 知って, 見えません, 見えませんでしたか, 見るに

2 [59件] あとで, ありませんか, ありませんね, いつもの, おかしかった, かわって, がらりと, この上, さらに見えなかった, その年, ちっともなかっ, ちつとも, どうかね, どうした, どうであろう, どうです, どうな, どこか, ないが, ないので, ないのに, なく, なくただ, ほかの, よく知っ, わからなかったが, 三千代に, 人形の, 何うし, 何となし, 何も, 内地の, 分らないの, 天晴れ姐御, 如何で, 少し変, 彼女の, 微塵も, 必し, 慣れない仕事, 我々と, 日本紀を, 殆ん, 滑稽な, 無い, 知らぬが, 知りませんが, 確かに, 私を, 見えぬ, 見えませぬ, 見えませんでした, 見える, 見ても, 見られない, 見るも, 解って, 誰の, 随分変っ

1 [960件 抜粋] あたかも自分自身, あの扇, あの橋, ありありと, ありませんなあ, あるいは加工的, あんまりよく知らねえ, あんまり長く, いかがでございます, いかにもはかな, いかにもデリケート, いかにも人柄, いかにも幸福そう, いかにも感情, いかにも物, いかにも男らしく, いかにも素人, いくたびしたってまるで気持, いっこうにない, いっこう知れよう, いつか雑誌, いつも機嫌, いやただお, いよいよ丁寧, うす, おおようで, おちついて, おりおり見えたが, お前御存じだろう, お末, お隅ら, かういふ市井, かなりおかしい, きみも, きわめて美しかっ, けだかい静穏, こう云う, ここしばらく, この世の, この取調, この少年, この男, これだった, これらの, こんな処, ございませんでしたのに, ご存じです, さすがの, さつきと, さながら学年試験, さらになかっ, しかとわかりかねました, しながら, すこしも, すこしも見えなかった, すっかりなくなっ, すっかり下流, すっかり変った, すっかり落付き, すつかりのみこん, ずっと自分, そうです, そのお, そのまま晴, その動作表情, その後よほど, その微動, その猿マワシ, その道長, その間からも, それとも, それほど突き詰めた, そわそわと, そんな事, たいてい娘, たしかに画, ただ鞣された, たとえば葉子, たびたびの, だれの, だんだん険悪, ちっともなく, ちっとも分らない, ちっとも見せなかった, ちゃんと心得, ちょうど人, ちょうど戦争, ちょうど魔法使, ちょっと凄かっ, ちょっと違っ, とても面白, ともかくも, どうかと, どうしても唐時代, どうしても忘, どうしても馬, どうである, どうなされた, どうもよろしくない, どうも変, どうも香川礼子, どうやら彼, どう考え, どこから, どことなく写真, どこやら, どの品一つ, どんな, どんなだった, どんなにか, どんなに不調和, どんなふう, ないかい, ないから, ないじゃ, ないで, ないながらに, ないよう, ないん, なお彼, なかったろうな, なかなか泰平, なきにぞ, なくその, なくても, なくなって, なくゆるやか, なく一番, なく事実, なく刑事, なく四方, なく広間, なく抜き放つた短刀, なく更に, なく棺, なく火種, なく第, なく距離, なく連れ, なしお, なし腕, なまめかしい悩み, なんだかかすみ, なんの, ねえの, のこらず見せ, はち切れるほど, はっきり映らない, はなはだ吾意, ひと眺め, ひどく覚悟, ふと別人, ほとんど彼女, ほとんど見る, ほぼ, ほんのちょっと, まあそんな, まあどうでしょう, まことに哀れ, まことに愛らしい, まことに面白かっ, まさしく大道, まさにこの, まざまざと, まずこの, またいかにも, また人, まだこのほど, まだなかッ, まだ漸う十五六, まったくなくなっ, まったく少年, まるでとんでも, まるで丸く, まるで人間, まるで分らなかった, まるで変りました, まるで宣教師, まるで田舎, まるで病ん, まるで絵, まるで要塞, まるで見えなかった, みえないという, みて, むしろ得意, むしろ狂的, もう三四十分, もちろんいつもと, もれなくうか, やっぱりもと, よくわからない, よく分らない, よく現れ, よく見えなかった, よく訣ら, よけいしだら, よっぽど可愛くっ, よほど越前守, わかつて, わからないが, わからなかった, わからんでも, わしに, アラブ族が, アーダに, シンから, ゾッとする, ツイぞ, トルコの, ニューイングランドの, マア報いかな, レヴィー・クールの, 一切わからなくなっ, 一口で, 一向眼, 一層見, 一見し, 一面そは, 一面に, 丁度多く, 下屋敷から, 不審怪訝なぞと, 不明, 世帯の, 丸きり, 事情を, 二匹の, 二十七八の, 五十ぐらいの, 京都や, 人殺しを, 今では, 今夜と, 今日も, 以前の, 伊勢の, 何う, 何じゃ, 何だかはっきり分りません, 何となく似通っ, 何ともいえない, 何とも云えず, 何とも言えず, 何と申しまし, 何んとも, 何事も, 余ほど, 余りハッキリしない, 余程不, 例ようも, 俄然変わった, 側から, 傍に, 僕が, 充分ご, 先刻お, 先刻見た, 先生の, 先達にも, 全くからかわれる, 全く変っ, 全く旦那様, 全く泣く, 全く盲目, 全く菊花, 全く詩, 全然ない, 兵隊と, 其愚しい, 凄いよう, 出て, 出帆の, 分らないかと, 分らないけれど, 分らなかった, 分らなかったん, 分らんけれども, 分りませぬが, 分りませんが, 分明でない, 判って, 判りますが, 力の, 十分見えた, 危くて, 又くわしく, 叔父さんには, 只事では, 可怪しい, 同じである, 同じ年頃, 名状すべからざる, 向こうで, 君も, 哲学者沁み, 嘘らしく思えなかった, 四十歳計りとしか, 囲碁仲間の, 固体化された, 変った所, 変よ, 変りません, 変梃と, 多少違う, 大きな子供, 大分変った, 大変風情が, 大方存じ, 大祓その, 大臣らしい, 奥様然, 女義太夫の, 好い景色, 如何か, 如何にも自信, 如何にも颯爽, 妙に, 威圧的であっ, 娼婦とは, 子供心にも, 存じません, 存分に, 学校時代と, 実におそろしい, 実に奇妙, 実に美事, 実際苦し, 察せられよう, 将しく, 尋常で, 小学校の, 少くとも, 少しお転婆, 少しは, 少し大き, 少し開いた, 尽きぬ興味, 岸本には, 左様心配, 巨大な, 常の, 平常の, 平生猫に, 平調に, 幾らか和らい, 幾分滑稽, 彼が, 彼には, 彼ら以外の, 後に, 後姿からでも, 御自分, 怒れば, 怜悧き, 恐るべきもの, 息苦しさうにさ, 恰も愛人, 恰度人間の, 悪くなかった, 想いやられるが, 意外だった, 感じられないので, 感動的だった, 慥に, 戦場の, 手紙の, 招くと, 敬虔そのものである, 斯う, 日曜日の, 日本紀記録, 昔と, 映画で, 昼間見, 普通で, 普通の, 暢気すぎた, 更になかっ, 更に無い, 最初から, 朝臣と, 本当に分る, 東野の, 柳が, 次郎の, 歩きつ, 残らずあっち, 段々重くなやまし, 母に, 毎々雪子, 比較的どこ, 気にいったかね, 気も, 気付かれなかつたらしい, 決してただごと, 決して暢気, 泥坊の, 活動俳優そのものと, 浪子夫人そっくり, 深刻そのものです, 満足とも, 滅多に, 烈しい苦痛, 無いねえ, 無く常, 無類の, 燕の, 牛の, 物凄いというも, 物語の, 狂暴な, 現れない, 甚だ親, 田舎者に, 畏れ多き極み, 疑いも, 痛々しいほど, 百姓の, 皆が, 皆略, 皆目存じません, 相当な, 真個に, 眼の, 知ってるけれど, 知ってる行来, 知りぬいて, 知れた, 知れないの, 知れる, 神明造りを, 神村という, 私たちみんなに, 種々な, 窓際で, 笑止千万と, 素気ない, 絵にも, 美しくもあり, 聞いて, 聞けど, 能登守としては, 臨終の, 自ずと手, 自分は, 船中の, 良家の, 艶で, 若々しかった, 茂子自身に, 落着い, 虹ヶ浜の, 見あたらなかつた, 見えず腐りかけた雨水, 見えないけれども, 見えなかったが, 見えなかったでしょう, 見えぬという, 見えませんね, 見せずに, 見せて, 見せ申さず皆, 見たところ医者, 見ものだろう, 見られたけれど, 見るめ, 見る事, 見る者, 見受けられなかった, 見違えるぐらい, 親しそう, 解ったかい, 解つたのまごつき, 解りませんけれども, 話に, 語ったこと, 誰にも, 買出しでなけれ, 車の, 逐一覗い見る, 違わなかった, 遠目には, 部隊そのものの, 酒に, 重い力, 間違いも, 院長の, 随分変わっ, 隠せません, 隣室で, 雪子の, 霜こし, 非常に, 面白くひろ子, 頭に, 食卓の, 餌を, 駒込署の, 鶏小屋へ

▼ 様子~ (1175, 6.6%)

102 ない 78 なかった 57 ありません 29 なく 23 ないので 17 見えなかった 14 見えない 12 ないの, なかつた 10 ないから, ないが 8 ないし, なくその 7 ありませんでした, 見えなかつた, 見せなかった 5 なくただ, 見えません, 見せずに 4 なくそれ, なければ, 知って

3 [19件] あった, して, ないこと, ないのに, ないん, なくこう, なくすぐ, なくて, なくまた, なく依然として, なく話, なしに, みえなかった, 変だった, 無い, 見えぬ, 見せないで, 見せませんでした, 見て

2 [50件] あつて, あります, しなければ, ないと, ないとの, ないよう, なくいきなり, なくいつも, なくついに, なくむしろ, なく何心, なく却って, なく小声, なく扉, なく無, なく真面目, なく私, なく自分, なく言った, なく雛, なく静か, なく顔, なし, なしまた, ねえから, 分り自分, 分る, 同じよう, 変って, 少しも, 想像する, 様々に, 気に, 無いから, 無かった, 目に, 知らされずに, 知ること, 知れなん, 聞きたくて, 見えず, 見えたが, 見えないし, 見えなかったから, 見えなかったが, 見えなかったの, 見えなかったので, 見えぬので, 見せず, 見せない

1 [590件 抜粋] あつた, あらせられず穏やか, ありここ, ありませんが, ありませんよ, ある, あるし, あるので, あわてる様子, いつもと, いつもより, いろいろお, うかがえる時, うかがわれるの, おかしいの, おかしかった, おざれば, おわかり, お庄, お目, かなりくわしく, がらりと, ききおぼえてるので, ききまた, きっと分る, この寂寞, この眼, ございませんが, ございませんので, ごぜえましょう, ご案内, さらに見えません, しても, しない事, しなかった, しらず軍事教育, じっくりと, すでに見, せず, せずノン, せず富田さん, せず玄関, そのせい, その先, その報告, その縁談, その花, それだけの, そんなに悪く, たいがい解った, たいそう変りまし, ただでは, だいたいわかった, だんだんと, ちゃんとしまっ, つぶさに話した, とんと東北, どうかする, どこか, ないしの, ないだけ, ないだろう, ないとは, ないには, ないまま, ない事務机, ない冷淡, ない平次, ない忠房, ない扨, なかつたし, なくあいかわらず, なくあたり, なくあながち, なくあれ, なくお, なくおだやか, なくかえって, なくかぼちゃ, なくくるり, なくくるりくるり, なくこんな, なくさえた, なくさて, なくさも, なくしずか, なくす, なくせかせか, なくそう, なくそろそろ, なくたのしげ, なくぢ, なくついにもう, なくつづけ, なくつて, なくどこ, なくどっち, なくなお, なくのっそり, なくひとり下, なくふてぶてしく立, なくほんの, なくますます, なくまるで, なくゆ, なくゆうゆう, なくゆき子, なくようやく, なくわたし, なくアリゲエタア, なくガラッ, なくジッ, なくスタロ・ゴンチャールナヤ街, なくスピード, なくチ市, なくドレ, なくニッコリ, なくニヤリニヤリ, なくフワリ, なくミルキ閣下, なく一人, なく一人一人, なく一向, なく一寸, なく一度, なく一座, なく万事貴方, なく三人, なく下駄, なく両足, なく中, なく争, なく二人, なく云, なく人, なく人々, なく今年, なく伊豆, なく会館, なく何, なく何年何月何日, なく余, なく兄君, なく出陣, なく分らぬ, なく半年, なく却, なく厩, なく受取った, なく吉本, なく問, なく堀, なく堆肥, なく天地, なく女, なく妊娠三ヶ月頃, なく妾, なく孫兵衛, なく安楽椅子, なく家出人, なく密談, なく寛, なく小, なく小僧, なく少し, なく平気, なく平然, なく年齢, なく床, なく店先, なく彼, なく従って, なく御用聞, なく御門, なく徳利, なく快活, なく意外, なく或, なく手巾, なく手掛けた, なく手術者たち, なく接吻, なく斯ん, なく新田先生, なく方角違, なく昼夜銀行, なく時として, なく時折, なく暫く, なく最後, なく椅子, なく植木, なく歓遇, なく此儘, なく毎日, なく毒ガス, なく汽船, なく洋々, なく淡々, なく済ん, なく無言, なく煉瓦, なく煙草, なく父, なく物珍, なく相変わらず, なく真暗, なく神々しいほど, なく神妙, なく穴, なく空轎, なく笑, なく笑い, なく第, なく算木, なく箪笥, なく米友, なく絶望, なく考へ, なく肝腎, なく腕, なく自然, なく舌なめずり, なく若い女, なく落つき払った, なく蒼白, なく見, なく見廻り, なく言葉少な, なく語るの, なく警官, なく賛成, なく起ち上がった, なく近々の, なく進ん, なく錠前, なく長州騒動, なく階段, なく雇人, なく静, なく頗る, なく頻繁, なく黙つ, なしあくまで, なしあゝ, なしどう, なし下男, なし出し抜かれた, なし焚火, なんにも, ねえが, のぞいて, はっきり浮かぶ, ひと通りは, ひどく異様, ほかに, ほっそりし, ほつそりして, ほぼ想像, ほぼ解った, また二カ月前, また仕事場, また型通り, また襖, みえないん, みえるので, みせずいつも, みせずただ, みせなかつた, みな許し, よくわかります, よく分りませんでした, よく判ります, よく庭, よく知らない, よく見, よく視, よし, よほど趣, わかった, わかったし, わからず歳越し, わからず遠慮がち臆病がち, わからないが, わかりました, わかりませうし, わかり且つ, わかり糸, わかるし, われわれの, カメラに, テレビジョン鏡で, 一と, 一向にみえない, 一向香具師, 一変し, 一種の, 不慣, 人の, 今見, 仔細あり, 伝わって, 伸子には, 何となく陰気, 何も, 元の, 全然知らない, 全然見受けられません, 分かりかねるの, 分ったろうに, 分らずそう, 分らない, 分らないから, 分らぬ所, 分りかねたので, 分りません, 分り差入物など, 判らないの, 判らなかったけれども, 加奈子には, 十日の, 印象に, 双方で, 同じでし, 名打て, 哀れで, 品よく, 困つた風, 地理も, 塩野の, 変だ, 変つて行つて了つてゐる, 変り小流, 変り新進, 変わりましたろう, 変化した, 大に, 夫人では, 妬む気色, 婆さんの, 子供ぽい, 子供らしい, 察して, 察せられる, 尋ねず控室, 小林の, 少し腑, 常とは, 幾分か, 彦兵衛の, 彼には, 御聞, 心に, 忘れはてて, 思い出す, 怪しきに, 恐れおののい, 悲しかった, 想像が, 想像し, 愉快そうである, 愛らしかつ, 感ぜられた, 感動した, 憤る様子, 手に, 探って, 敏感に, 春琴の, 普通の, 有りません, 案じられるから, 構わず何やら, 樹立の, 死が, 死んだ子, 気がかりな, 気の, 決して人, 沈んで, 消えて, 源中将に, 無いので, 無いのに, 無いばかりか, 無きに, 無きにし, 無くあゝ, 無くずつと, 無く丁寧, 無く宛, 無く巧, 無く新妻, 無く椅子, 無く殊に, 無く立, 無く落つき, 無く高度, 無論大体, 玄人以上だ, 現れるよう, 甚だ素直, 生々として, 盆の, 相見え, 知らずに, 知らないで, 知らない国, 知らんしね, 知りたく一度, 知りつくして, 知れないので, 知れなかった, 示さないし, 窓越しに, 窺われる, 紅筆などを, 美しい, 美しく感ぜられた, 美事な, 聞かないで, 聞かなかつた, 聞かれること, 聞かれるだろうと, 聞きたいしね, 聞きたがって, 聞きとうございます, 聞くこと, 若い姫君, 落ちつき過ぎて, 落付い, 表わさない, 複雑な, 見いださなかったろう, 見えざりき, 見えすいて, 見えずただ, 見えず目科, 見えず石, 見えず色相世界, 見えた, 見えたの, 見えないの, 見えないので, 見えないほど, 見えないよう, 見えない頭, 見えなかつたが, 見えなくなった静か, 見えぬ単に, 見えましたが, 見えませんか, 見えませんでございますよ, 見えるので, 見えるよう, 見えん, 見え浄瑠璃, 見が, 見せずにへへへへと, 見せず俊夫君, 見せず払って, 見せず普通, 見せた, 見せては, 見せないので, 見せなかったが, 見せなかつた, 見せぬ, 見せぬこと, 見せませぬ, 見せませんでしたが, 見たいからな, 見たいと, 見たくその, 見ないこと, 見ないわけ, 見受けませぬ, 見受けられず反, 見染五郎以下, 覚えて, 解るだろうから, 詳しく聞い, 詳しく聞く, 認められませぬ, 調べあげられました, 調べて, 貴人らしかった, 近く見せられる, 通りがかりに, 逸子には, 違うの, 違つて居た, 間違いも, 閲覧券売場の, 陛下へ, 随分変りました, 面白くなく, 面白く愛らしかったでしょう, 顔色も, 風変りだ

▼ 様子~ (821, 4.6%)

26 なって 25 見えた 24 気を 14 眼を 12 なった 11 注意し 8 目を, 耳を, 見える 7 何か, 見えます 6 不審を, 見えました 5 私は 4 なる, 心を, 見えたが

3 [11件] ござります, なりました, なること, なるの, 変ったこと, 戻って, 早くも, 気が, 気づいて, 腑に, 返って

2 [55件] ある変化, ぎょっとし, くらべて, ございまする, どこと, びっくりし, びっくりした, ほとほと厭気, よると, よれば, わたくしも, ハッと, 二人は, 口の, 同情の, 君江は, 変った, 変な, 安心し, 安心を, 少なからず, 平次も, 引きかえて, 引き入れられて, 彼は, 彼女は, 御座候, 拝された, 拝されました, 気がついて, 気がつくと, 気が付いて, 気づいた, 気付いて, 注意した, 注意する, 注意を, 源氏は, 玄徳は, 現わし, 現われて, 縮み上りながら, 自信が, 舌を, 見うけられました, 見えて, 見えるだろう, 見えると, 見せて, 見とれて, 見受けられたが, 這, 頓着なく, 馴れて, 驚いて

1 [499件] あの飲みっ, あれ, あれあれ危, あわれんで, いくらかの, いささか変, いつもながら, いよいよ不審そう, いよいよ驚かされ, うなされて, おいたましい, おそらく常, おどろいた, おどろいて, おどろかされて, おどろきと, おゆう, お六, お前さんお, お牧, かえった, かえって興, かかるので, かの女, かの男, かわいい怜悧さ, かわりが, がっかりし, きき耳, きわめて艶, ぎょっとした, こしらえて, このまま, これと, こんどは, ごく不快, ご安心, さすがあきれ, さてはと, さては気に入った, して, しめやかな, しよう, すぐ気がついたらしく, すぐ気づいた, すっかり喜ん, すっかり安心, すっかり心, すっかり面, すつかり, すつかりその, そうなく, そっくりだった, その人, その女, それが, それと, それとなく注意, それとなく目, そんなに怯えた, たがわず東京, ただ夢, ちがいない, ちっとも前, ちっとも変わった, ちょっと目, ちょっと躊躇, ちらりと眼, つい一人, つい気, つきては, つけこんで, てんから取り合わなかった, とくべつ注意, どうやら見憶え, どことなく非常, なおさら言葉, なったが, なったの, なったらその, なった事, なつた, なにか変った, なられやはり, なられる, なり, なりおしゃべり, なりその, なりだした, なりて, なりながら, なります, なりクリストフ, なりルブラン氏, なり仕事, なり口, なり恐るべき, なり表紙, なると, なるほど高等遊民, はじめて気がついた, ひかれて, ひきかへ, ひとみを, ひどく上品, ひどく胸, ふっと笑い, ふっと胸, ふと異常, ぶっつかると, ほっと安心, ほっと胸, ほほ笑んで, ほッ, まいらされながら, まず一驚, まとって, みえた, みえます, みとめて, むしろいくら, むっとし, もう黙っ, やりきれない淋し, よそおいくだされ青塚, よったらもっと, よったら僕, よっちゃ, わが意, わたくしは, アッと, カマを, ギヨツと, サッと顔色, ジルベールが, タヾ恐ろし, チエンネットは, ニコニコ笑っ, ビツクリし, ベッシェール夫人は, ミルキ閣下は, ユリー・エルスベルゼは, ラファエレは, 一同は, 一同唖然として, 一向頓着, 一変した, 一層気, 一晩中聞き耳を, 一点の, 一途に, 一郎は, 三人の, 三吉も, 下卑た不行儀, 不完全な, 不思議を, 不愉快を, 中井は, 中剃, 中将は, 九兵衛は, 京へ, 仔細を, 似げ, 似ずこの, 似ずどんどん, 似た処, 似ては, 似合わない云いかた, 似合わぬ若々しい, 似気, 佐野は, 体を, 何となく姉さん, 何となく胸, 何となく色気, 何とも, 何よりも, 何らの, 何時までも, 作られて, 依って, 依っては, 俄然ふたたび総, 信頼する, 俺も, 候, 候これまた, 倦きがきた, 光君は, 内心気味わるく, 凜, 凝乎, 出て, 出る機, 出来るだけ, 初めて驚いた, 別な, 別れの, 別段困った, 別段変った, 別段変つた所, 別段敬太郎, 動くこ, 千世子は, 半之丞は, 半蔵も, 南無三宝飛び退り, 厭気の, 反感を, 合ふ, 同じ思い, 同情が, 同情せざる, 呆れッ, 周平は, 品の, 唯何, 喫驚し, 声を, 変ったところ, 変って, 変りは, 変わったところ, 変わったの, 変わって, 外に, 多く気, 多少感染, 大きな変化, 大分心配し, 大変動, 失敗した, 失望し, 奇妙な, 奥様は, 奥様も, 女という, 女は, 女房たちは, 女房は, 女達は, 好奇気に, 妄に, 妥協的な, 娘も, 存じ候, 孫堅も, 安堵し, 安心した, 宗助は, 家中は, 容易くは, 寄っては, 寄つては, 察しられる, 対照を, 小宮山は, 少々不審, 少からず, 少しく安心, 少しも, 少し安心, 少し鼻じろみ, 尾崎旦那は, 巍然として, 帰って, 帰つてし, 常ならぬ, 常に超えた, 年長者らしく, 幾らか変, 底意地の, 康雄は, 引かえ, 弟子の, 弦之, 弱々しい可憐さ, 張, 張允文聘などが, 彼の, 彼はは, 得意気らしい, 微笑を, 心の, 心待ちに, 必定何等の, 念入りに, 思い合わせて, 思わず私, 思わず躊ら, 思わず身, 思われた, 思われました, 怪しいとこ, 恐縮する, 惟光も, 愕い, 感じよさ, 感じられる, 感づいたな, 感づいて, 感嘆し, 感心する, 慌しい一瞥, 慣れて, 成って, 我が裸身, 戯言らしい, 房子も, 手の, 打驚き, 折も, 押され気味, 拝され, 拝した, 拝せられた, 接しう, 放蕩山人さては, 敏感だった, 於て, 旅人と, 昔と, 昔の, 春琴も, 暗い夫婦, 暗い疑惑, 曇りも, 来かかったが, 東助は, 桑田は, 楊雄は, 楽に, 構わず平次, 権之, 横から, 樽野は, 橋守の, 此方の, 死んだ恋人, 殆ど, 残忍な, 比べると, 気おくれ, 気がついた, 気がついたか, 気がついたから, 気がついたはず, 気がつきました, 気がつき慌てて, 気がねを, 気が付いたの, 気が付かないでは, 気が付きました, 気が付くと, 気づいたと, 気づいたの, 気づいたので, 気づくにつれて, 気の, 気付いたならば, 気付いてか, 気品が, 気附いたらしく, 汲みとれて, 決して表すまい, 泉殿の, 注意しはじめた, 注意せよ, 流石呆れ, 浦野今市君は, 深い警戒, 満足し, 満足したらしい, 源助は, 煩わしさ, 熱心に, 物をも, 物足りなさ, 現わ, 現わすまい, 生徒には, 由つては, 異状は, 疑惑を, 白井は, 相成り候, 相見え, 真剣味が, 矢倉の, 矢張, 示さないの, 示さなかった, 示した, 示すよりも, 示そうとは, 福子も, 私の, 秘密の, 秩序らしい, 窺えます, 竜子も, 笑いこけて, 範之丞は, 細君の, 続いて, 美くし, 老女は, 老父が, 老衰の, 聞耳を, 聴き入って, 聴き耳, 肝心の, 胸先ず, 腕に, 自分は, 自分も, 花子は, 苛苛し, 落付きが, 蒲田は, 蔦子は, 藤次が, 蜘蛛の, 血を, 表はれる, 表面何の, 襖の, 見うけられた, 見えしが, 見えただけ, 見えたと, 見えたので, 見えたり, 見えたろう, 見えたわけ, 見えなかったかと, 見えながら, 見えまする, 見えるある, 見えるから, 見えること, 見えるの, 見えるので, 見える博士, 見える扨, 見え候えども, 見え左, 見せた, 見せまいと, 見たがって, 見とれた, 見られました, 見受けましたれば, 見受けられた, 見受けられた日, 見受けられました, 見受けられましたただ, 見受けられますとは, 見覚えが, 視線を, 観測せられます, 触れては, 訳が, 話し込む, 認めた妙, 誘われて, 語られて, 誰にも, 走り倚, 起因し, 身の毛の, 車上の, 較べて, 近ごろ変わった, 近頃何, 返った, 迚も, 遊んで, 還りもじもじ, 重きを, 釘勘は, 釣り込まれながら, 門口まで, 非常に, 順造は, 頼んだもの, 顎で, 顔真赤に, 驚かされその, 驚かされたこと, 驚きながらも, 驚き呆れる長者, 驚き恐れて, 驚き角右衞門, 驚き身, 鳥渡其方へ

▼ 様子~ (310, 1.7%)

5 うちには, ないの, 見えるの 4 変って 3 い, なかった, 人も, 変った人間, 変な

2 [18件] ありそう, いいお方, いい陽気, ために, ないこと, ないという, ないところ, ほうが, よい旦那, よさ, 人を, 変ったところ, 変ったの, 女だった, 氷河は, 知れない所, 者博徒らしい, 聞きたくて

1 [240件] あとで, あまりおかし, あらゆる限り, あること, あるもの, ある事, いいお方ネー, いいこと, いいの, いい噴水, いい女, いい学生, いい方, いい血気盛, いやらしいったら, うちに, うちにも, おかしいこと, おかしきところ, おかしさ, おとなしい男, お妙ちゃん, お袋の, かわいそうな, かわった新花町あたり, きびしさ, くせに, ことみさ子に対して, こどもの, ございましたの, しとやかな, ただならぬに, ためだった, ちがって, てきぱきした, ところ異, どこかに, ないには, ない憂鬱, なかに, は御酒, へんな, ま, ままだった, まま爪を, ものか, ものであった, ものは, ものばっかりが, もの悲泣し, よい子, ようでした, ように, ようにも, よく分っ, りっぱである, わかって, わからない神戸駅, わからなかった私, わかるの, わかる新聞記事, をかしい, ガラッ八, ガラリと, 中に, 中にも, 乳母が, 些少でも, 人たちが, 人であった, 人です, 人は, 人間だ, 人間だった, 人間です, 他愛な, 似たるに, 何やらいわれ, 何処と, 優美さに, 元吉, 元気好, 出来る可愛げ, 分った運転手, 分らぬ事ゆえ, 分らぬ廓, 切な, 判るまで, 割に, 劇て, 十人ばかりの, 千鶴子は, 原因が, 受け取れる人, 君江である, 呑込めぬ, 哀れさは, 塩野を, 変ったこと, 変ったのに, 変ったもの, 変った事, 変った原因, 変った様子, 変った男, 変つた, 変つたのに, 変つた彼の, 変つた河原町を, 変つてゐる, 変つて来た, 変であった, 変りようの, 変りようを, 変り方, 変る人, 変わったこと, 変わったの, 変わったのに, 変化を, 大冊な, 女が, 女だ, 女に, 女の, 好いお, 好いこと, 好い事, 好い処, 好い奴, 好い方, 好い男, 好い美しい若い二人連れ, 好い花魁, 好い若造, 娘が, 婀娜っぽい点, 子が, 宜い, 家が, 容貌などを, 尋常で, 尋常でなかった, 小さな干からびた, 小門が, 少しも, 少女が, 山なら, 帆村が, 常に変, 年寄り染みる, 底だった, 底に, 庭でない, 引立たぬ, 御変り, 怖ろ, 怪しいよう, 怪しさ, 悪い, 悪いそれ, 悪いの, 想像とに, 感ぜら, 捕手は, 探りようも, 方が, 方で, 方へ, 方を, 武士が, 活発で, 滑稽な, 漂って, 灰色の, 無いこと, 牝牛でした, 物々しさ, 物凄さ, 狼藉者で, 田舎じみ, 男だろう, 男で, 男であった, 男でした, 男に, 男は, 男らしい事, 男女の, 異った, 異なること, 真剣な, 知れたの, 知れねえこと, 美くしかった, 美しさ, 美醜に, 老婆が, 者が, 者は, 脈を, 良い人, 艶かさ, 若々しくて, 若い女, 若者だった, 裡に, 見えた土岐鉄馬, 見えないこと, 見えないの, 見えること, 見えるところ, 見える時, 親切そうな, 謂わば, 貧しさ, 軽率な, 連中との, 違いました事, 違うの, 違う金, 違ったおせん, 違ったところ, 違ったもの, 違った廊下, 違った言葉, 違つた, 違つた別物の, 違つた驕慢の, 重々しくなった, 限りなく, 雪子の, 青年で, 面白い事, 顔にも, 風変りな, 首尾を, 馴れ馴れしいこと, 高尚なる, 鳥右ヱ門を

▼ 様子では~ (276, 1.5%)

4 ない 3 ありましたが, あるが, 何か

2 [12件] あれは, ないか, ないの, 余の, 俺が, 城下の, 大分お, 女房を, 母親に, 確に, 自分の, 須々木乙彦の

1 [239件] あいつを, あすは, あったが, あなたが, あなたは, あなたも, あの人, あの女, ありません, ある, あんな奴, いかがわしい先生方, いくら耄碌, いって, いつまで, おれも, お前の, お前は, お嬢さんが, お気に, お花, お葬い, かなり荒っぽい, かの白い, かんじんな, きょう己は, こっちを, ことによる, この上いくら評定, この街道, この話, こよい, これからどこ, これと, これゃどう, こんな家業, ごく近ごろ, さぞ御, さては武蔵, すぐ刃物, すでに夜逃げ同然行方, せっかく九州, そうばかり, そのどちら, それが, それでも構わない, たった今の, ちと手数, とうに血, とてもお, とてもこの, とてもたやすく, とても今日楽, どうかな, どうせ吉見さん, どうせ見込み, どうなる, どうもあまりいい, どうもそうらしい, どうも僕, どうも村, どうも難, どうやらその, どうやら彼, どこに, ないと, なかった, なかつた, なかなかおいそれと連絡, なかなか暇, なくそんな, なくむしろ, なく却つて, はあと, はなやかな, ふさわしくも, べつに怪我, まずチベット仏教, またお, また和女, まだなに, まだ若, まだ若い, まったく死, まるで二十前後, もうあの, もう五十, もう四時, もう永久, もしや明智, よほどおわるいらしい, よほどはげしく, よほど古い, よほど慌て, よほど深入り, よもや苦し, わからないうち, わる者は, カルルも, ピース提督も, 一人縛れ, 一日も, 一足だ, 万事好, 万太郎ひとりで, 三十を, 三年あとお前さんを, 上の, 下駄は, 両刑事, 主膳の, 乱暴も, 予後は, 事実そんなに, 事実ひどく, 二千人ぐらゐやつて来た, 交換教授の, 人に, 今しがた庭を, 今夜は, 今夜も, 今宵の, 今日も, 今明, 会葬者は, 何だか腹の中, 何だか非常, 何でも, 何処へという, 余程の, 余程ひどく, 余程深い, 兄は, 兎ても, 入ってから, 八郎太か, 内々じゃ, 切腹し, 勇吉も, 十九か, 半月も, 又何, 友人らしい, 可愛いどころか, 同じく翼, 同行を, 周助が, 国を, 土屋君の, 声をも, 外は, 多分今夜, 夜中に, 夜中前の, 大変御, 大森の, 寅吉は, 尾根と, 左右なく, 市中の, 弦之, 彼は, 彼らは, 彼女に, 御兄弟, 忘れて, 思立った, 懐妊致し, 我々より, 手紙まで, 新吉は, 日本人居留民は, 明らかに, 昨夜の, 昨日立っ, 普通の, 最早や, 最早先, 有るが, 机の, 楽観は, 此の, 武家に, 武家奉公を, 殴ぐられてから須山, 汐が, 江戸御, 油断も, 泊りの, 洋学の, 浅草観音堂を, 渦巻の, 湯治客らしい, 火星人は, 無論自分の, 犯人は, 生きては, 町年寄や, 留任運動を, 留守中も, 疾に, 盗まれた, 相当鋭利, 相手の, 眠ったよう, 矢代は, 確かに, 私が, 私についての, 稻垣小三郎さまから, 立木に, 罪を, 老人であった, 聴衆は, 職人風の, 胸も, 自分が, 自分を, 色恋の, 花陵島へ, 若いに, 茶も, 行ったところ, 西洋で, 西洋料理の, 諸君に対して, 豊艶と, 近頃亡くなられた, 部署にも, 金が, 金蔵は, 長く弟, 間もなくカンカンに, 間違いも, 青江の, 青沼の, 頼朝様の, 飲料で, 麻布か

▼ 様子~ (260, 1.5%)

96 から, が 4 と, よ 3 がその, がそれ, つたから, と云, のを 2 から特別, があの, が一体, が彼, が誰, ぞ, と聞く, なア, ねえ, のに急

1 [196件] あの時何, え, お品さん, お浦, お累さん, かお前, かどう, からあした, からあわて, からい, からうかと, からお前, からこの, からその, からその間, からそれ, からそれで, からな, からはて, からひとつ, からほんとに, からわっ, からタクシー, から一つ, から一晩店, から二度と, から些, から今晩, から今更, から介添, から何物, から余, から僕たち, から加十, から可, から可愛, から四人, から困る, から多分, から大方, から尚さら, から建物, から当分同居, から彼奴, から後腐れ, から掻巻, から政宗, から故郷忘, から明日川端, から智恵, から此, から流れ, から無理, から確り, から社員, から私, から素人家, から裏, から話, から買手, から身支度, から車, から通り越し, から逢引, から遠慮, から静岡, から飛び出し, か僕, があいつ, がお, がこっち, がこり, がこれ, がすべて, がと押, がなおも, がなぜ, がぼく, がまだまだ, がまったく, がもしそう, がややもすれば, がよく, がよろめき, がマア坊, が一体これから, が丹治, が予防医学, が今晩, が以前, が何ん, が俺, が元気, が兎, が前, が君たち, が君自身, が大学, が妙, が少尉, が悲しい, が新吉, が東側, が物, が狭い, が獣物, が真剣, が職業, が若い, が荒天, が藩主, が裏庭, が親友, が貞吉, が運ぶ, が銭金, が飯, けれどお, けれどたいした, けれどもその, けれども例, けれども同室, けれど怪美人, し, しお, しそれら, しまた, し一方, し下女, し今, し又, し口数, し摩擦, し村, し案内者, し橋, し皮膚科, し石原, し私, し訪問, ぜ, そうで, それが, っけな, つたが, つたの, つたので, という, というで, とお常, とかそれから又, とこれから, とすぐ, とする, とそこ, とは思った, とわたしども, と三枝子さん, と云っ, と今日一日, と何だか, と僕, と大, と彼ら, と思っ, と思った, と怪我, と承りました, と晴天, と答える, と言った, なんぞは少々, な事, ね私, のう, のにそんなに, のに姿, もう仕方, もの家に, もんです, オイ細川彼等全然, シテ見る, ッた, 何の, 兎に, 再び組み打ち, 多分此, 姿は, 安心し, 容体を, 尤も気, 左右の, 早く往き, 有難い有難い余, 沢山の, 秀子は

▼ 様子~ (182, 1.0%)

22 のである 18 のだ 13 のです 7 ので 6 ので私, んだ 3 のを, んです

2 [11件] のか, のが, のであった, のであります, のでございます, のでつい, のでびっくり, のでわたし, ので与次郎, ので又八, ので彼

1 [82件] の, のじゃ, のだった, のでおもわず, のでかつ子, のでこっそり, のでこれから, のでした, のでしばらく, のでしめた, のでそつ, のでその, のでそのまま, のでそのままブラブラ, のでとじこもっ, のではや, のでほっと, のでまま, のでもしも, のでよくよく, のでれい, のでわたくし, のでイヴニングドレス, のでヒョイ, ので一先ず, ので一同, ので一時, ので三月, ので三浦さん, ので伊織, ので何だか, ので侍部屋, ので便船, ので初め, ので合せ鏡, ので呼ん, ので大急ぎ, ので安心, ので客, ので富岡, ので小次郎, ので康子, ので弦, ので彼ら, ので従者, ので怖, ので思い返し, ので急, ので成るべく眠らせる, ので手, ので捨て置けない, ので櫓, ので武蔵, ので津田, ので玄関, ので畦道, ので私たち, ので紺, ので美貌, ので耳, ので脱い, ので藤枝, ので見, ので誰, ので跟, ので近所, ので電池, ので高橋, のにそれから, のにでなければ, のに気, のに錦子, のよ, んざちょっと, んざ余程, んざ私にゃ, んで, んである, んでござい, んでさ, 方だい, 脛の

▼ 様子です~ (164, 0.9%)

8 が, ね 75 から, がその, が平次 3 から私, ぜ, の 2 からこれ, がお, がそれ, が八五郎, が声

1 [107件] か, かね, からあの, からい, からお, からお嬢様, からこいつ, からここ, からそこで, からその, からそれで, からどこ, からぬからず, からまた, からよう, からよろしく, からソレッ, から不思議, から先生, から小用, から御, から急い, から成行き, から泥棒, から眼, から竜, から紅矢, から自然, から進呈, がお気, がきっかけ, がこれ, がさして, がさすが, がす, がそのままそっと, がそれでも, がそれなら, がそれにしても, がそんな, がどこ, がね振り向い, がふるえる, がまだ, がもし, がわたくし, がカンカン, が一, が一年前, が丁度, が三十分, が不幸, が事件, が以前, が何, が何やら, が入口, が内匠, が半面血潮, が同時に, が呉, が商売, が場合, が夏侯淵, が外, が小僧, が当家, が彼, が御, が恐らく, が昔, が月, が朝吉, が未だ, が死に際, が溜める, が町内, が結局誰, が聾, が肝腎, が菊次郎さん, が蝋燭, が連れ, が道, が間もなく, が顔, こと, しお, しひょっと, し二階, し他, し大体四十二度以上, し患者, し私, そんなこと, と今彼, な, なはっはっ, のでここ, またも, もの, もの助かる, わ, 戸山ヶ原その他が, 真珠色の, 真白いワンピース, 虎穴に

▼ 様子でした~ (155, 0.9%)

15128 がやがて 6 が私 5 がその, ね 3 がそれ 2 がおどろいた, がこの, がしかし, がそれでも, がまもなく, が思い直し, が母, が間もなく

1 [85件] か, かね, からあいきょう者, からいっそ, からどう, からね, からタクシー, から何, から名人, から彼女, から後で, から白い, から私, があなた, がいかさま, がいかにも, がおりん, がきょろきょろ, がけげんそう, がしばらく, がすぐ, がそこ, がそんな, がと, がとうてい, がとにかく, がどんな, がね, がほど経, がまことに, がやがてさらさら, がやがてずばり, がわたくし, が一刻, が伝六, が伽羅大尽, が何事, が其暇, が内外, が名人, が問返し, が外泊, が夢, が大した, が対処, が屍体検案書, が平次, が度々, が日本左衛門, が暫く, が最後, が末弟, が根, が気, が法律, が炎天, が直ぐ, が確か, が私達, が程, が第, が練れた, が繰返し, が翌, が藤吉, が親父, が親類たち, が訳, が誰, が蹄, が軈て, が頓, しわたし, し自分, その男, な, なア, のが, ので, ので早く, ので私, チャラピタは, 倉, 御寝に, 竜吉さんの

▼ 様子~ (149, 0.8%)

4 自分の 2 いったらない, それから人, ちがって, なった, よく似, 少しも, 聞いて

1 [131件] あのお, あの甘く, いいあと, いいあの, いいいつ, いいなかなか, いいなんだかゾッと, いいまた, いい一壇, いい一方, いい初手, いい声, いい御, いい明, いい海, いい特別, いい生, いい節ちゃん, いい草鞋, いい言葉, いい言葉数, いい言葉遣い, いい誠に, いい身, いい重い, いい長火鉢, いい長田, いえば, いちじるしい対照, いったら, いったらまるで, いつたらそれ, いつたら宛然, いふので, うちの, かすかに, くり返す, ことに外観, ことばに, この証文, そのかっこう, その子, その後三人の, その握り拳, その男, それから犬, それと, それにお, それを, ともかくも, どこからとも, なって, なりて, なります, なり言葉, ひよわい白い蝶々, まつたくおなじ, まるで異う, まるで違う, むしろ兄, ソロモンの, 一緒に, 云い何, 云い所謂天平時代, 云い泥坊, 云うの, 云ったらいまだに, 人の, 今の, 仕方が, 仕方とで, 兄の, 全然違う, 兵太郎の, 其顔立とで, 刑事の, 却つて不思議な, 古ぼけた制服, 同時にどこ, 味方との, 国男さんの, 声の, 声は, 変な, 変わったこと, 室の, 富士見小学校附属の, 思い合せて, 思い合せ突然, 思想の, 態度とを, 新聞紙の, 更衣の, 来たらいかにも, 来たらとても, 来たらまるで, 油染みた所, 狡猾な, 私どもにも, 絶えざる苦しみ, 緩急を, 美しさ, 聞くも, 自分が, 自身とが, 見えた君, 角立った冷ややか, 言いどうやら, 言いひと, 言い中, 言い武州, 言い睫毛, 言い青白い, 言ったらありません, 言ったら飛びつきたいほど, 言つたら, 言葉から, 言葉つきを, 言葉とが, 言葉とを, 語調とで, 調和し, 調子とに, 金使いとを, 鋭い声, 鋭い眼つき, 頬に, 頬の, 顔を, 馴染の, 高飛車な

▼ 様子から~ (148, 0.8%)

7 して, 考えると 6 見ると 4 見れば 3 判断し, 察する, 見て, 見ても 2 それと, 察して, 想像する, 推すと, 私は, 考えて

1 [100件] いいかげんに, いうと, いたしましても, いつとは, いろいろな, こうも, すると, その人, その年, その時, その男, でも, どうしてもむかし縁日, どうもその, どうも其, なんとかし, ふと九鬼, みても, みると, ようやく重大, 一寸変, 一種違った, 七八年前の, 云うても, 云うと, 云っても, 会話の, 健三は, 判断する, 判断すれ, 医者に, 半日洗濯を, 受ける不安, 名を, 問題の, 嚔の, 声色まで, 多計代, 始めてその, 察しても, 察しまする, 察しられる, 察しると, 左う, 帯を, 庭の, 強い衝動, 待合に, 思い合わせると, 思合せ, 急に, 感じた, 或る, 押して, 探ること, 推して, 推しても, 推しましても, 推せば, 推察した, 推測する, 推量ると, 散々に, 断片的に, 時刻を, 普通人には, 枝豆の, 根彫, 椅子に, 氏が, 深く怪しみ, 清岡を, 湧き出て, 物言いまで, 田島先生が, 疑惑を, 皆世間で, 相当ケンノン, 着て, 睨みの, 知れるとおり, 私の, 窓外の, 考えたらほんま, 考へて, 考へると, 脳溢血か, 自分が, 自分の, 葉子は, 血を, 表情まで, 見ますと, 言葉つきから, 言葉つきまで, 訊いて, 語って, 責められた, 雨を, 鶏の

▼ 様子だった~ (148, 0.8%)

13 がやがて 96 のです 5 か, がその 4 ので私 3 が突然 2 がすぐ, がそのうち, がとうとう, が間もなく, そうである, のだ

1 [91件] え, かね, からあなた, からいずれ, からおおかた, からである, から大した, から念, があの, がいきなり, がいつか送り狼, がこんど, がそれでも, がだんだん, がでも, がとき, がときどき, がどういう, がどこ, がふと, がまた, がまもなく, がわたし達, がツン, がバセドーウ氏, がミドリ, が一度, が主人, が事, が今朝, が伍一あて, が何, が元気, が先, が出, が別に, が制服, が又, が女中, が床, が店, が彼女, が急, が楽しみ, が正造, が泰造, が激, が目, が硬, が私, が組頭, が結局死体, が翌, が足, が金, が雪江さん, が額, けど, けれどすぐ, けれども法水, けれど先, しジャックリーヌ, し彼女, し御, し私, ぜ, ぜなんだか, という, ということ, というの, とは聞かなかった, と横田, と眼, ね, のか, ので, のでしょう, のではっきりそう, のでクリストフ, ので取りあえず, ので幸子, ので引き返しかけたら, のを, ものです, ものも, もんだ, わ, んだ, ワ, 代表が, 折から

▼ 様子であった~ (129, 0.7%)

12 がやがて 94 がそれ, という 3 がその, がそのまま, が何 2 からこの, がお, がしかし, がそれでも, がとうとう, がふと, が忽ち, のだ

1 [75件] かということ, からあまり, からよい, から勝治, から四月, から手, から源氏, かを思いみる, かを私, があたり, がいや, がおとど, がこう, がこの, がこれ, がさっき, がしかも, がその道, がたとえこう, がついに, がつと, がつまり, がなにげなく, がにわかにゲラゲラ, がまず, がまったく, がまるで, がもちろん, がやがてホッ, がやがて何やら, がやがて渋々, がキン, が不眠症, が互いに, が五六ぺん笑い声, が余, が和田, が夜, が当時, が怒り, が思いやり, が慌て, が故意, が暫く, が朝, が死期, が段々, が気の毒, が灰雨, が父親, が生前, が登城, が神サマ, が私, が突然, が笑, が笑い, が自分, が言葉, が証拠, が賊, が遂に, が階子段, が音譜, が顔, と父, ね, ので先, ので私, のに自分, のを, よ, 人が, 暫時し, 金之助は

▼ 様子には~ (113, 0.6%)

4 それと, 一種の 3 少しも 2 何処か, 無頓着な, 現わ, 自分の

1 [94件] いかにも捨身, いつも通り, おのずからな, さすがの, さすが親, しかし落着, すぎなかったろうと, そう云っ, そのころ, その外, そんな心持ち, だれからも, どこか, どこかしら, どっかテコでも, なぜか, なにかしら, なにか踏むべき, ならないだろうのに, ならなかった, なんの, ひろ子も, まるで淋しい, まるで無頓着, よそ目にも, ガスパールおじさんに, パオロが, ミリガン夫人の, モスク, ユーモアが, 一向に変った, 一向無, 一層憐れ, 人の, 他からの, 以前とは, 伊兵衛の, 伸子の, 何か, 何だか楽々しない, 何でも, 何となくぞっとする, 何となく危害, 何となく灰汁, 何とも云え, 何とも言, 作意の, 先生も, 全く仰天, 全るで, 円味の, 出さんでも, 初めの, 前と, 前の, 取り乱したところ, 口に, 周囲の, 唯驚き, 容易ならぬ, 平常と, 平素に, 強猛, 彼らの, 御父さん, 心配らしい, 思わず頭, 怪しい慎重さ, 敵すること, 根からの, 次郎だけが, 気がつかないよう, 気がつかないらしい, 気の毒で, 気附か, 法螺吹きの, 淡い反感, 清まで, 無関心, 片輪者, 異った, 確に, 示さないで, 示さなかったが, 神戸氏も, 羞ぢらふ, 艶な, 若々しくて, 表面取り立て, 見えなかった, 見向きも, 重々しさ, 陸に, 頼春も

▼ 様子~ (108, 0.6%)

3 いかにと, 女の, 物の 2 口数の, 母の, 身なりなどから, 顔色を

1 [91件] あのバラ色, あの眼, あの言葉つき, お嫁さん, かず公, から, からだの, ぎごちの, この間中, これまでに, そういうところ, そのまた, その生長, その裡, それからこの, たった今の, またあり, また感興, また私, 一生懸命な, 不機嫌さで, 不機嫌な, 世間に, 丸屋の, 主人の, 主人孫右衛門の, 主張ダダイズム耶教崇拝変態心理尊重等いう, 乱暴な, 事を, 事何か, 伝言を, 何かが, 先刻からの, 別府から, 動作は, 卑しい媚び, 口の, 変遷を, 外記に, 大佐の, 妹の, 客の, 家の, 居所が, 幼時の, 床に, 店頭で, 庭などを, 形ばかりの, 心持の, 心持を, 恨めしそう, 態度が, 手がけた台所, 最初の, 最近の, 松浦民弥が, 枯坊主に, 椋鳥主義を, 殊に伊勢, 気分も, 泳ぎながら, 温かげに, 特別な, 王宮の, 男女の, 男達と, 番頭さんの, 監禁の, 目つきは, 私を, 種別を, 笑うとき, 自分の, 蓴菜の, 行いは, 衣服は, 裏木戸の, 親爺の, 言葉を, 言葉使のみを, 軽捷な, 近所の, 途切れ途切れの, 鋭い眼付, 隣室の, 頭で, 顔色から, 顔色が, 食堂の, 馬方の

▼ 様子でも~ (81, 0.5%)

10 あった 3 あつた, ない, なかった 2 お分り, 知れた, 知れる金釵玉簪

1 [56件] あったが, あったの, あったので, あったわ, あつだ, ありそれ, あります, ありません, あり幾分, あり非常, ある, あるが, あるし, あれば, かなり精確, かれには, すぐ解った, それが, それ以上には, ないから, ないけれども, ない早速, なかったです, なかつたし, なかつたの, なくただ, なく却つて, なく訝しげ, なく豆戦車, なさそう, はなして, わかるよう, 一日ごとに, 伺って, 佃君は, 分りそう, 分る, 分るが, 判ると, 医師は, 変わったん, 帰る様, 申し上げたらよろしい, 知れて, 知れますが, 知れよう, 知れよう泥棒様, 知れる, 見せたらすっかり, 見たの, 見て, 見に, 見ようと, 見ようとして, 解った, 解る通り

▼ 様子じゃ~ (64, 0.4%)

5 ないか 3 ねえか

1 [56件] あまり香ばしい, ありません, いずれ近々お, いつに, いつまで, いつ急, いつ痛く, おおかた島破り, お前いつ, お止め, きついらしい, ことによる, せっかく加柴四郎, だいぶこんがらかった, だいぶ手元, とても宿, とても間に合わない, とても駄目, どうも面白く, どんなこと, また軽便, めったに口, もう一度入る, もう分んない, もう篠山, ア, ア子供として, 下手人は, 二十円以内の, 人を, 俺が, 先々が, 判らないよ, 前から, 十里くらい, 千山行は, 危くて, 大した事, 大丈夫だ, 大分一雪女史が, 大月さんの, 寝頸, 幻の, 当分約束を, 形見分けと, 江戸中で, 決して楽観, 海に, 男は, 白山は, 直ったところ, 確に, 良人の, 貧農じゃ, 靄を, 顔も

▼ 様子である~ (60, 0.3%)

2 から和尚, から私, が, ために, のを, 余は

1 [48件] から, からこれ, からその, からまして, から一人, から何, から大巻博士, から娘, から槍, から漢字, から相当, から神様, から豪傑, かグレ, がいかにも, がここ, がこの, がどう, がどなた, がまだ, がよく, がチョンガレ夫婦, がチンピラ, が並々, が云, が今度, が再び, が手, が旅人, が父, が狂気, が私, が秋元氏これ, が諦め, ことは, し私, し私自身, し若い, ということ, という次第, とか告げ, とも云い足した, とも聞いた, と宮, 之だけは, 余, 未だ降り, 頓て

▼ 様子にも~ (54, 0.3%)

2 心を

1 [52件] あらずただ, ありあり見えた, ござなく, その様, とりなしにも, ふだんと, べつに, まるで無頓着, もう苛立った, わざわざ目立たぬ, 不細工な, 他の, 伸子たちの, 似ずまた, 似ずよく, 似ずツイ拳固, 似ず何となく, 似ず堂々たる, 似ず安寿, 似ず襦袢, 何か, 傘の, 分るので, 反映し, 品の, 変りは, 嫌疑を, 念入りに, 思い合わされた, 思われますが, 悟って, 悲しみに, 新しく自分, 明かだった, 源氏が, 眼を, 知れる左衛門太郎, 私は, 窺われた, 自制し, 見えたが, 見えたという, 見えたといふ, 見えたり, 見えないから, 見えないけれど, 見えなかった, 見える, 見えるので, 見せられたこと, 見ゆるに, 過去と

▼ 様子などを~ (37, 0.2%)

3 見ると

1 [34件] いちいち書き留め, いつと, いろいろ胸, ことごとくで, ながめて, わたしは, 何かと聞きたがった, 報告する, 大将が, 尋ねた, 尼君は, 御下問, 心に, 思い出すこと, 思い出すと, 思い浮べる, 思うと, 想像し, 想像に, 眺めて, 眺めながら, 知らせて, 神経質に, 考えて, 考え出して, 聞かれましたので, 聞きたがった, 聞きに, 聞くと, 見ること, 訊ねて, 詳しく書く, 詳しく聴き取っ, 院は

▼ 様子などは~ (32, 0.2%)

5 少しも 2 微塵も

1 [25件] さすがに, どこにも, ない, なかった, なかつた, なかなかあどけなく, まったく見せない, まるきり見えなかったであろう, まるで見透しだ, ガラッ八, 一寸滑稽, 坐って, 大したもの, 彼ら二人を, 彼女の, 書かないでも, 無かつ, 眼中に, 確かに, 絵に, 見えなかった, 見えなかったが, 見えなかつたが, 遥か後にな, 陛下の

▼ 様子にて~ (29, 0.2%)

2 おん仲至極めで

1 [27件] お言葉, さては藤井氏, しかしながら人間, ただハイ, 先を, 其の側, 半刻, 噛みしめると, 坐り白刃, 場の, 大いにさけび, 大小に, 察しますれば, 少し小鼻, 当時仕, 彼女をも, 悲惨の, 推す時, 握手致し, 此方へ, 此方を, 気に, 決して依頼心, 狼狽し, 突と, 覚り候も, 随分疲労

▼ 様子など~ (26, 0.1%)

1 [26件] いかにも美しく, お聞きいた, こいつは, して, しませんでした, すべてが, それからそれ, どうやらこちら, ほとんど変っ, ぼくには, まるで気, よほど親しい, ユンケル氏の, 具体的な, 女の子よりも, 尋ねた, 少しおかしい, 思いあわせて, 思いながら, 懐しそう, 手に, 眺めて, 考合せ, 見えなかった, 言語学的立場から, 訊きますので

▼ 様子でございます~ (21, 0.1%)

32

1 [16件] からそう, からそっと, から何, から安心, から御, から遠慮, がそれ, がわざわざ, が叛逆, が大変結構, これは, しのち, のね, 今日は, 其の中, 判然とは

▼ 様子なども~ (21, 0.1%)

1 [21件] ありありと, お話し申し上げる, ずいぶんひどい, ほかの, また新しく, 一向に呑み込めなかった, 一応きかせ, 人間の, 御無理, 心得たこの, 思いだした, 思ひやられて, 昔の, 決して大事, 目に, 知りました, 笹村の, 自然に, 話したところが, 話して, 読むが

▼ 様子~ (20, 0.1%)

2 見ても

1 [18件] あなたが, こいさん明日見舞いに, その様子, 一度は, 一遍見, 今度は, 僕行っ, 君に, 大体この, 実地を, 拝見に, 敬坊の, 服装か, 血族と, 行つて見た, 見て, 見とどけに, 顔附に

▼ 様子とは~ (20, 0.1%)

1 [20件] うって, おのずからちがっ, およそ反対, がらりと, だいぶ変わっ, びっくりする, まるで違, まるで違った, やや変った, 互いに相応, 似ても, 別人の, 受取れない, 大分異って, 大変な, 座の, 忽ち変った, 相当に, 私を, 違って

▼ 様子まで~ (20, 0.1%)

2 して

1 [18件] お鳥, かぎ出したの, その様, まざまざと, まるで異, よくわかります, 先日の, 少し新鮮, 度々の, 手に, 昨夜自分と, 略ぼ分っ, 目に, 知りあつ, 突っ込んで, 見えちょこんと, 詳しく聴きたかったらしい, 連想される

▼ 様子あり~ (19, 0.1%)

11 げに 5 げな 1 げでした, げの, 気な

▼ 様子をも~ (18, 0.1%)

2 見せなかった

1 [16件] ほとんど気, 上方勢の, 併わせて, 尋ねたい心, 強いて, 探って, 探りに, 探り日光, 書き今, 知らざるには, 知り得る限り, 知り政宗, 示し得なかった, 窺いあわせて, 見落さじと, 調らべて

▼ 様子だつた~ (17, 0.1%)

2 が女中

1 [15件] がこれ, がすぐ, がそれ, がやがて, がブラウエンベルグ氏, が何, が僕, が帰り, が病人, が細君, のでゆき子, ので富岡, ので直吉, ので音田, わ

▼ 様子なれ~ (17, 0.1%)

2 ど女房

1 [15件] ども時々, ども此方, ども私, ども肺, ど以前, ど思想, ば, ばきょう, ばその, ばなおも, ば伴藏, ば余, ば倒れたる, ば問い, ば進む

▼ 様子さえ~ (16, 0.1%)

2 しなかった

1 [14件] ある, して, もう全く忘れ, よく見えない, 分らなかった, 分らぬでは, 現われる, 示すので, 見うけられる, 見える, 見せた, 見せはじめた, 見せるの, 覚えて

▼ 様子じゃあ~ (15, 0.1%)

1 [15件] あなたも, あの鶏, お房, それから又, とても駄目, どこかで, ないか, ないけれ, まだ当分, ゆうべ此の, 二三日は, 千ちゃんお前様と, 皆こりゃ, 相手は, 総領の

▼ 様子などが~ (15, 0.1%)

2 眼に

1 [13件] いろいろ見え, お延, ちら, まだ訪問, まばらな, 何う, 可憐であった, 宏子の, 思い返された, 目に, 艶であった, 見えた, 解つた

▼ 様子ゆえ~ (15, 0.1%)

1 [15件] あまりボロ, お痛, お竹, どうか, どうぞ後, はばかりまして, もはやのがれん, わざとお呼び, ピタリと, 其の儘鍔, 引き止めさせたなれど, 或いは世に, 段々と, 追っ払ッ, 驚いて

▼ 様子なり~ (14, 0.1%)

1 [14件] ければ, すばらしいの, てっきり貴方, ま引移り, 動作なりについて, 動作なりを, 勝負の, 態度なりが, 気風なりが, 煙草盆, 物言いなり仲町, 老人の, 言葉なりが, 言葉遣

▼ 様子~ (11, 0.1%)

2 て盗む 1 てお, てなさっ, てはる, てむっくと, て一寸, て別に, て子供, ながら言った, 乍ら奥様は

▼ 様子その~ (11, 0.1%)

1 [11件] ふれる感覚, 中私にも, 動くに, 取りこみに, 姿の, 子細を, 年配正しく, 息子と, 様子しだいで, 正直さは, 鳴声

▼ 様子なら~ (11, 0.1%)

1 [11件] ばもう, ば近日中退院, まだ当分, チベット人と, 君は, 大丈夫らしい, 安心です, 小当りに, 当分ご, 晴れだ, 汝も

▼ 様子ぶった~ (11, 0.1%)

2 ことを 1 ってしょうが, と云わん, もので, 人々から, 小市民, 態度が, 男に, 身構えで, 鉛の

▼ 様子までが~ (11, 0.1%)

1 [11件] うるさくなった, さも懐し, ただの, よく似, ハッキリ目, 平次に, 心の, 胡乱に, 葉子には, 詩であった, 跫音を

▼ 様子でございました~ (10, 0.1%)

2 がやがて 1 かね, からそれでは, がここ, が法華堂, けれども左衛門尉義盛さま, けれども当時, のにこの, よ

▼ 様子それ~ (9, 0.1%)

1 が東京, でゐ, と同時に, は何故, は天然, も例, も気の毒, をお前, を承知

▼ 様子だけは~ (9, 0.1%)

1 いかにも肝, おだやかに, つたえて, わかる, 如何にも胆, 文面に, 朧ろ気に, 知れり去れど, 門人達にも

▼ 様子~ (9, 0.1%)

1 や, やあまり, やありません, やない, や僕, や名, や然, や行先, や黒川さん達

▼ 様子という~ (9, 0.1%)

4 ものは 2 ものが, ものも 1 のが

▼ 様子とを~ (9, 0.1%)

1 そなえて, よく現し, 憶い出した, 楽し気, 比較し, 窺いながら, 見くらべるのに, 見て, 頭に

▼ 様子~ (9, 0.1%)

1 イロイロ話シテ, 探ルコトモアリ得ルト, 残ラズ聞合ワセテゴザッタガ捨置ケヌトテ心配シテ今度庭ヘ, 聞イタラ右ノ, 聞イタラ命ハ今晩ニモ受合ハ出来ヌト云ッタカラウチ中ノ, 見タラ, 見テカラニナスッタラドウ, 見ルヨウニト命ジタカラナノデアル, 話シテ思イ出シタカラ逢イニ来タト云ッタラ親子ガ悦ンデ

▼ 様子だけでも~ (8, 0.0%)

1 すでに十分邪魔, ほんまに, 知りとうございます, 窺つて置きたい, 老婆は, 見たいと, 見よう, 話して

▼ 様子かと~ (7, 0.0%)

2 聞いて 1 いうと, ついて行ったところ, 力なげ, 思って, 鳴り物に

▼ 様子だけ~ (7, 0.0%)

1 あって, である, では, で精神, 見て, 覗いて, 解れば

▼ 様子でありました~ (7, 0.0%)

1 からお松, から右門, から小官, がやがて, がよくよく, が僕, が日本左衛門

▼ 様子とで~ (7, 0.0%)

2 荒君は 1 それは, セルの, 彼が, 松崎は, 野童は

▼ 様子なりし~ (7, 0.0%)

1 がこれ, がなおも, がやがていと, が京橋堂精算, が忽ち, が空箱, が高

▼ 様子について~ (7, 0.0%)

1 おきかせ下さい, ひそ, まったく知る, もう何もかも言い尽くし, 別に考え, 私に, 説明しはじめた

▼ 様子によって~ (7, 0.0%)

1 しばらくお, たつの, 四辺の, 恋する市之丞, 第一公式, 考えると, 調節する

▼ 様子ばかりを~ (7, 0.0%)

2 眺めて 1 お見せ, して, 気に, 見守ること, 視守ること

▼ 様子ったら~ (6, 0.0%)

1 ありゃあしない, どうでしょう, なかった, ほんとうにもの, まるでそわ, 無かった

▼ 様子であり~ (6, 0.0%)

1 にがにがしがった, 僕に, 前途有望な, 子供らは, 弟の, 或る

▼ 様子とが~ (6, 0.0%)

1 あたかもバンドリ, 健三に, 同じである, 対比的に, 少し変, 毛虫より

▼ 様子ながら~ (6, 0.0%)

1 まだひょうひょうと中空, まだひようひよう, 問われるまま, 平次の, 改めて口, 逃げも

▼ 様子などに~ (6, 0.0%)

1 あれだけにも, どうやら, なると, まえもっていくら, 就ても, 魅力が

▼ 様子なんか~ (6, 0.0%)

1 おしでない, した, まるで大学, やはりそこ, ガラリと, 話して

▼ 様子~ (6, 0.0%)

1 から下町, から酒, が申訳, を一向に, を合点, を見

▼ 様子探り~ (6, 0.0%)

1 にいっ, にでも忍ん, に出向いた, に来た, に駆け走っ, の先手

▼ 様子~ (5, 0.0%)

1 千絵の, 望みの, 案じ申し, 知りか, 蘭は

▼ 様子からも~ (5, 0.0%)

1 信吉は, 彼等に対して, 秀一との, 落魄という, 読み取れた

▼ 様子であります~ (5, 0.0%)

1 からこの, が内心, が私, が私たち, ゆえ濱田へ

▼ 様子でござる~ (5, 0.0%)

1 が名前, が天晴れ手練, が広い, ぞ, な

▼ 様子とに~ (5, 0.0%)

1 なみなみならぬ, なれて, ますます脅かされ, 気づきところどころ, 注意を

▼ 様子にては~ (5, 0.0%)

1 あまり長いきも, なく候, 主人は, 明日は, 骨牌に

▼ 様子によ~ (5, 0.0%)

1 つては, つて一時に, つて場所の, つて漸く, つて覚悟し

▼ 様子ばかり~ (5, 0.0%)

2 見て 1 して, 気に, 目には

▼ 様子ぶっ~ (5, 0.0%)

1 ていやがる, てお辞儀, てミスタ石田, て一礼, て五十銭玉

▼ 様子如何~ (5, 0.0%)

1 と窺, に, にというよう, にと待ち構えたる, にと耳

▼ 様子~ (5, 0.0%)

1 は其の, は皆重三, をいろいろ, を種々, 真に当時

▼ 様子いかに~ (4, 0.0%)

1 ときき尋ねました, とそれとなく, と待ち構え, と窺った

▼ 様子こそ~ (4, 0.0%)

1 あまり上品, おばさんは, ガサツでは, 異にすれ

▼ 様子これ~ (4, 0.0%)

1 が一馬, はお, は神, をその

▼ 様子さえも~ (4, 0.0%)

1 ないので, なかった, 示さなかった, 見られるの

▼ 様子だの~ (4, 0.0%)

1 そのすべて, そんなもの, 夜着の, 母の

▼ 様子でございまし~ (4, 0.0%)

1 てそうした, て実にしばしば, て御詠歌, て黙つ

▼ 様子とか~ (4, 0.0%)

1 応対ぶりとかに, 耳よりな, 身分の, 近所から

▼ 様子なく~ (4, 0.0%)

1 ただとにかく, 今度浅草鳥越において, 余が, 柔しき手し

▼ 様子などには~ (4, 0.0%)

1 かなりの, まるで無頓着, 目も, 頓着せず

▼ 様子なりが~ (4, 0.0%)

2 真物らしく出来た 1 あなたがたを, もうすつかり丁稚

▼ 様子なる~ (4, 0.0%)

1 がウシロタテヤマ, により喚起, も儂, を見る

▼ 様子にな~ (4, 0.0%)

1 つて, つて恰も, つて来た, つて西へ

▼ 様子に対して~ (4, 0.0%)

1 じぶんたち, それを, 何人もが, 長太郎博士は

▼ 様子までも~ (4, 0.0%)

1 はっきり彼女ら, ヂロ, 公報する, 載せあった

▼ 様子~ (4, 0.0%)

1 か不審, か用談, がさて, が扨

▼ 様子~ (4, 0.0%)

1 家老も, 想像下さい, 承知成されたく, 知らせ下され度候これ

▼ 様子~ (4, 0.0%)

1 てましたら, てやろ, て参るでござろう, て来

▼ 様子からは~ (3, 0.0%)

1 ともかくある, 空想も, 絶対に

▼ 様子がち~ (3, 0.0%)

1 がつて, がふ, がふと

▼ 様子がを~ (3, 0.0%)

1 かしい, かしかつ, かしくなほなほ落ちつきはらつ

▼ 様子この~ (3, 0.0%)

1 うえ逆らう, 上も, 分では

▼ 様子しだい~ (3, 0.0%)

1 であっち, でその, で取るべき

▼ 様子でし~ (3, 0.0%)

2 てね 1 て名高い

▼ 様子とから~ (3, 0.0%)

2 最も趣 1 なり誠に

▼ 様子との~ (3, 0.0%)

1 ことに, ために, 事母様に

▼ 様子などで~ (3, 0.0%)

1 いかにも人目, その時, パリから

▼ 様子なんぞ~ (3, 0.0%)

1 よく見られなかった, 一度だって, 見て

▼ 様子にさえ~ (3, 0.0%)

1 見えた, 見えるの, 見えるまでの

▼ 様子ばかりが~ (3, 0.0%)

1 案ぜられて, 眼に, 見えますもの

▼ 様子ぶり~ (3, 0.0%)

1 に目, は実に, 忘れて

▼ 様子~ (3, 0.0%)

1 横目を, 注意を, 眼を

▼ 様子よく~ (3, 0.0%)

1 ば木曜, 幕外に, 笑いかえし

▼ 様子よりも~ (3, 0.0%)

1 なおいっそう, まづ二階, 何だかじりじりしてるらしい

▼ 様子らしい~ (3, 0.0%)

1 がどこ, が僕, のは

▼ 様子~ (3, 0.0%)

1 たらなかっ, たらまるで, たら何

▼ 様子合い~ (3, 0.0%)

1 から見, までいずれ, も見え

▼ 様子~ (3, 0.0%)

1 ただ今粗酒, ニ駕籠デウチヘ連レテ来, 牝鶏が

▼ 様子がね~ (2, 0.0%)

1 亡なった, 内の

▼ 様子きき~ (2, 0.0%)

1 がてら, がてら行っ

▼ 様子けったい~ (2, 0.0%)

1 なするだけの, な思

▼ 様子こんな~ (2, 0.0%)

1 可愛い者さ, 晩よく

▼ 様子~ (2, 0.0%)

1 ざりませぬ, 注意なされ

▼ 様子~ (2, 0.0%)

1 へ見えた, へ見受けられた

▼ 様子しかし~ (2, 0.0%)

1 早晩御, 知らぬ間柄

▼ 様子じゃが~ (2, 0.0%)

1 あれは, どうじゃ

▼ 様子じゃった~ (2, 0.0%)

1 がお越し, がな

▼ 様子そこで~ (2, 0.0%)

1 娘の, 親切に

▼ 様子そのもの~ (2, 0.0%)

1 がすでに, が如何

▼ 様子それで~ (2, 0.0%)

1 住居も, 玉子酒に

▼ 様子だけが~ (2, 0.0%)

1 志野みたいな, 源氏に

▼ 様子だけで~ (2, 0.0%)

1 いうと, 察しても

▼ 様子だっ~ (2, 0.0%)

1 たりした, たり喚き

▼ 様子だろう~ (2, 0.0%)

1 と思っ, また実際

▼ 様子ちと~ (2, 0.0%)

1 変だ, 急用でございます

▼ 様子って~ (2, 0.0%)

1 どこか, なかった

▼ 様子てえ~ (2, 0.0%)

1 なねえ誠に, ものは

▼ 様子であっ~ (2, 0.0%)

1 てサン・マルソー郭外, て一言

▼ 様子でしか~ (2, 0.0%)

2 なかった

▼ 様子でない~ (2, 0.0%)

1 ので何, 矢五太夫の

▼ 様子でなく~ (2, 0.0%)

1 何か, 意地わるく

▼ 様子での~ (2, 0.0%)

1 そりと, ッそり腰を

▼ 様子とても~ (2, 0.0%)

1 なかった, なくじっと

▼ 様子とも~ (2, 0.0%)

1 見えなかった, 違って

▼ 様子どうやら~ (2, 0.0%)

1 今夜の, 素人でも

▼ 様子ながらも~ (2, 0.0%)

1 悪狡く, 蔵や

▼ 様子なき~ (2, 0.0%)

1 のみならず, 故余自身にて

▼ 様子なぞ~ (2, 0.0%)

1 キチガイと, 知って

▼ 様子などから~ (2, 0.0%)

1 いい印象, その氷塊

▼ 様子などについて~ (2, 0.0%)

1 短い消息, 話した

▼ 様子などの~ (2, 0.0%)

1 うぶさ, 可憐さに

▼ 様子については~ (2, 0.0%)

1 すでに語った, 何事も

▼ 様子によっては~ (2, 0.0%)

1 歌うこと, 永田さんに

▼ 様子はと~ (2, 0.0%)

1 いうと, いふと

▼ 様子ぶる~ (2, 0.0%)

1 ために, 方が

▼ 様子~ (2, 0.0%)

1 て決定, に行った

▼ 様子やら~ (2, 0.0%)

2 新聞社を

▼ 様子をと~ (2, 0.0%)

1 思うと, 襖を

▼ 様子をば~ (2, 0.0%)

1 さも不安げ, 怪ま

▼ 様子~ (2, 0.0%)

1 見エルノハ, 見タカッタノデアルガ

▼ 様子~ (2, 0.0%)

1 アル, 飲ンダ

▼ 様子バタバタ~ (2, 0.0%)

2 と走っ

▼ 様子下手~ (2, 0.0%)

1 は下手, よりも一人

▼ 様子~ (2, 0.0%)

1 うき世, されど全く

▼ 様子何より~ (2, 0.0%)

1 でござった, と存じます

▼ 様子何処~ (2, 0.0%)

1 から魚, か是

▼ 様子全体~ (2, 0.0%)

1 が, に何だかちょこちょこ

▼ 様子分れしまへん~ (2, 0.0%)

2 さかいにな

▼ 様子分れへん~ (2, 0.0%)

1 し電話口, ねんけど今夜急

▼ 様子~ (2, 0.0%)

1 とちょっと, にもまして

▼ 様子~ (2, 0.0%)

1 になっ, は五右衛門

▼ 様子~ (2, 0.0%)

1 土の, 家持自身創作に

▼ 様子器具~ (2, 0.0%)

2 の置場

▼ 様子執念深く~ (2, 0.0%)

2 何か

▼ 様子堂宇~ (2, 0.0%)

2 の取り敷き

▼ 様子実は~ (2, 0.0%)

1 彼処にて, 私も

▼ 様子少し~ (2, 0.0%)

1 はお, もなく

▼ 様子平次~ (2, 0.0%)

1 にこう, は少し

▼ 様子~ (2, 0.0%)

1 も全く, を呼ん

▼ 様子振り~ (2, 0.0%)

1 つつしなし, 悩ましげ

▼ 様子暫く~ (2, 0.0%)

1 して, 門の

▼ 様子有りげ~ (2, 0.0%)

1 なれば, に墓

▼ 様子次第~ (2, 0.0%)

1 であれ, で斟酌

▼ 様子殊に~ (2, 0.0%)

1 感の, 病難も

▼ 様子~ (2, 0.0%)

2 の言葉

▼ 様子狭い~ (2, 0.0%)

1 けれ共, 家だ

▼ 様子甚だ~ (2, 0.0%)

2 残念ながら

▼ 様子~ (2, 0.0%)

1 わからず候段, 知れ申さず候

▼ 様子知らし~ (2, 0.0%)

1 て下さる, て来る

▼ 様子見たら~ (2, 0.0%)

1 あんまり楽, どうやらそうに

▼ 様子見てたら分つ~ (2, 0.0%)

2 てるの

▼ 様子見る~ (2, 0.0%)

1 とさては, と妙

▼ 様子~ (2, 0.0%)

1 か連, ぞ口

▼ 様子雨戸~ (2, 0.0%)

2 をば

▼ 様子驚き~ (2, 0.0%)

2 呆れる十軒店

▼1* [420件]

様子あしく打悩み, 様子あらましわかって, 様子あるを見, 様子あれも全く, 様子いうたら綿貫の, 様子いかんをよく, 様子いきはし, 様子いつも笑ったこと, 様子うかがいおること拙者においては, 様子おかしい今日帰ったら出られん, 様子お腹も立ちましょう, 様子かお見まいに, 様子かへつてあどけなし, 様子がかはつて, 様子がから駄々っ子で, 様子がさつぱり分らないには, 様子がよかたの, 様子がナ汝に, 様子くらい間の, 様子こういったこと, 様子こりゃ思いが, 様子これなん大円房覚明と見えた, 様子ごと自分がたべ, 様子さぐりに, 様子さぐるために, 様子さて一語を, 様子ざっと針鼠と, 様子しかるに館には, 様子しどろになっ, 様子じゃから帰るが, 様子じゃっけお顔, 様子じゃな眞達は, 様子すべてを与え, 様子すらなかった, 様子せめてあの丸山峠, 様子ぜひお前お, 様子そうなっては, 様子そしてその顔, 様子そしてまた握手など, 様子そっくりと申したい, 様子そのまま後へ, 様子その他お話すると, 様子それから平次の, 様子それにこの辺, 様子そろそろ歩くと, 様子見て, 様子たじろぐ隙に, 様子ただ事ならずとの, 様子たらどーだ, 様子だいいくら悲しいと, 様子だけを写真に, 様子だったけれ共そう大して, 様子だったではありません, 様子だったら先に, 様子だったら断わってしばらく, 様子だって何んな, 様子だってねえなんという, 様子だ分った葉巻煙草を, 様子ちょっと適当の, 様子ったらぶきりょうの, 様子っては無かった, 様子つぶさに自身聞きとりたい, 様子ッたら, 様子であったかれは例, 様子であったですけれども下僕, 様子でありしが到頭, 様子でいらっしゃるとのこと, 様子でけふ朝ごはん, 様子でございましょうな, 様子でござんしたがまもなく, 様子でしかも嘲りの, 様子でしょうそれでも梅, 様子ではと自分は, 様子でへッへ, 様子で御座いましたが程なく, 様子とうてい尋常で, 様子とかいう代わりに, 様子とござりますが, 様子としか受取れない, 様子として映つたの, 様子とて四隣の, 様子とてはなかった, 様子とともに尊氏へ, 様子とにかく御来訪, 様子ともはわさを, 様子とんと山奥へでも, 様子と共に夜も, 様子どういう方寸か, 様子どうかしたか, 様子どうも腑に, 様子どんな塩梅で, 様子どんなに次第によくなって, 様子ないけど, 様子なかなかリアリスティックな, 様子なければ詮方, 様子なされてその, 様子なし目, 様子なぞは微塵も, 様子なぞもボンヤリし, 様子などではなかった, 様子などにも詳しいの, 様子などによって一抹の, 様子などによってもかなりの, 様子ならびに家族の, 様子なら死ぬほどの気遣い, 様子なら降りではなかろう, 様子なりからして, 様子なりしかどもその書, 様子なりしかば先生は, 様子なんかはてんでなかっ, 様子なんぞに介意って, 様子なんぞはこの職人, 様子なんていいか, 様子についても大変優しく, 様子にても知れたり, 様子にというて, 様子にばかりでなく恥ずべき習癖, 様子によってもチョコレートや, 様子に対し森右近丸は, 様子に対してもそれを, 様子に対する関心は, 様子のちがつたゆ, 様子のみゆるに, 様子のみに注意した, 様子はっきりせず段々, 様子はも早や, 様子はやしたてて居る, 様子聞かんなあ, 様子ばかりのお見え, 様子ばかりは懸命に, 様子ぶってるだけじゃ無い, 様子ぶつた日本人, 様子まざまざ浮びますが, 様子ましてやこの大, 様子まずよかッ, 様子またあの山, 様子までを眼に, 様子まるで初心の, 様子みんなきいたって, 様子みんなみんないまのあなた, 様子もう止めるかも, 様子もかへつて少年を, 様子もござりませんから勝手, 様子もねえとなる, 様子やがておなかを, 様子やったわ, 様子やったらまあ安心, 様子へ松明, 様子ゆえお出ましには十分, 様子ゆえ今は与次郎, 様子ゆえ伊之さんの事, 様子ゆえ何とも云わず黙っ, 様子ゆえ余は首, 様子ゆえ儂は憂慮, 様子ゆえ咳ばらいをしたら, 様子ゆえ喜一郎は笑, 様子ゆえ彼処らが隠れ家, 様子ゆえ後から声, 様子ゆえ末座にお, 様子ゆえ間違いもなかろう, 様子ゆえ鞘に納め, 様子ゆえ音のしない, 様子より起居の, 様子らしくむやみやたら, 様子わからず又つづけ, 様子わたくし持ちましては, 様子われを軽蔑, 様子われわれもひとつ, 様子をさえ示したの, 様子をしか示して, 様子をなんか思い出したり, 様子をのでいて, 様子を以て休憩時間を, 様子を通じて相手国の, 様子カチンと硝子, 様子ザワというたびごと, 様子ソワソワとし, 様子ソーと身, 様子ダカラ直チニ佐野槌ヤヘハイッテ, 様子ダッタノデ僕ハ下ヘ降, 様子ッ振りじゃあどうやら, 様子たらまア, 様子ニナルモノダ稽古モ稽古場ヘ二組トキマッテイタガ, 様子見エナカッタ, 様子ハタからは全く, 様子ハヽアお熱, 様子ハ知ラナイガアトデ聞クト餘リ嫌味ヲ云ワレタノデ却テ颯子ガ反撃シタ, 様子ボルネオに比べれ, 様子ヲハナシテ勤向キノコトモ, 様子一ツで立, 様子一寸行って, 様子一応もっともには, 様子一揆嗷訴をいた, 様子一路平安を念じ, 様子上役人や銭形平次, 様子不審にて候う, 様子不明で困って, 様子世上の噂, 様子二人は, 様子主人の両, 様子事情お話しくだされますよう, 様子二列に並んでる, 様子の顔色, 様子人々がなんとなく, 様子朝方と, 様子仕事に向っ, 様子仲人もかの松村氏, 様子伏兵がある, 様子伺ひに出掛け, 様子何とこれが, 様子何となく疑わしくもし, 様子何となくいつもとは変り, 様子何やかや申分なく, 様子何んとも信用, 様子も捨て置き, 様子し海岸, 様子使者と云え, 様子信夫の手紙, 様子偵察にある, 様子も養父母, 様子ま, 様子其処に箪笥, 様子其所へ又, 様子出るのん, 様子出来上り等見るの, 様子分らず候えども収支, 様子勘次は素より, 様子及幕府ニもいまだ, 様子友ちゃんが台所, 様子叔父や叔母達, 様子取られた利腕を, 様子只今では人力, 様子只今御酒を戴きました, 様子各人がみずから, 様子合点ならねば, 様子吉弥は存外, 様子問わずと知れた, 様子因って一分一体異ら, 様子の強弱, 様子城内の者, 様子を出さず, 様子声それと比べ, 様子変った挙動は, 様子変りまして絵エ, 様子多助は重荷, 様子騒動起こし, 様子大ごゑたかわらひもへいぜいのとほりすこしも, 様子天下すなわちその, 様子天蓋山の吟味所, 様子太い眉の, 様子太刀や物具, 様子失礼ながら失恋, 様子の間, 様子奥方のお, 様子女部屋へ来, 様子は重蔵様, 様子は棕梠箒, 様子姓名をお, 様子委細は後便, 様子子供のよう, 様子安心する, 様子実に孝心で, 様子家々の屑, 様子家居の間, 様子家庭の不遇, 様子小宮山はまず, 様子小枝のよろこび, 様子少々ずつ御, 様子少女にはあり得ない, 様子追掛けて, 様子山ひだの細かい, 様子山家の人, 様子巡査は平気, 様子巣鴨の夜, 様子帆村は味噌問屋, 様子が空い, 様子座蒲団の上, 様子の方, 様子引受けたのが, 様子って厭, 様子当今なれば, 様子当惑したり, 様子往来に溢れ, 様子復命に及び, 様子の底, 様子心置きなく何ん, 様子忌々しい畜生だ, 様子思い浮かべながら陶然, 様子怪しからん嬌媚の, 様子怪しげに見え, 様子恐ろしいからと云っ, 様子悦子の友禅, 様子獣の, 様子悪く巣の, 様子悪者の姿, 様子感じなかったんだ, 様子感づいたらしいて二人, 様子態度に現われる, 様子にお, 様子程寝る, 様子にもあらず, 様子我らにお, 様子手伝に来, 様子手坑いすべき態度, 様子手馴れた銭を, 様子抜け道を聞かし, 様子拙者の眼, 様子拝見いたしましたところ, 様子振返る所作が, 様子探らせたまへ, 様子故まア此方へ, 様子を読む, 様子の仕業, 様子新九郎は頷い, 様子旅稼ぎの遊び人, 様子日本橋倶楽部の食堂, 様子早く本道へ, 様子の宿場, 様子時々夜の, 様子景色一本の松, 様子暫らくは起き上る, 様子暮し向き養子の与, 様子更に無し去れ, 様子の光り, 様子月娥怪しんで問う, 様子月見船の客, 様子朝夕立入る在来, 様子本郷辺から毎晩ここ, 様子に住, 様子松五郎もグウー, 様子林彦三郎とお, 様子林藏の方, 様子次第退却しようと, 様子此上長く此地, 様子此処からはもう, 様子武蔵と知らぬ, 様子殺された番頭伝六の, 様子気の毒さうに私を見, 様子洲崎のおいらん, 様子に洵, 様子渋めた顔つき, 様子澄んだ眼真直な, 様子激烈でかつ, 様子為内見万一, 様子も亦, 様子が幾度, 様子父母の心, 様子物思いばかりをし, 様子珍奇などと小見出し, 様子申しあげましたろうが十八日, 様子申上度且又御状一通御届申候ため一筆啓上仕候, 様子装にかけては, 様子病人の顔つき, 様子白粉をぬった, 様子鮫で, 様子に見える, 様子目ざしになれた, 様子相尋候処五七日内には出, 様子知っては憚りながらもう, 様子知つては憚りながら, 様子知りたいなどと昨日あたり, 様子知りたる和尚様随喜の, 様子私たちよりも粗末, 様子窺うてます, 様子立ち聞きして, 様子竹竿を持った, 様子米国教会の日曜学校, 様子細引を取っ, 様子結構なこと, 様子綾麿は観音様, 様子総ての振舞, 様子僧らしい, 様子合せ可, 様子聞いちまったんでがす, 様子の小面, 様子を拱い, 様子を屈め, 様子自分の姿, 様子すがた, 様子若い女の, 様子苦悩の色, 様子苦悶の白い, 様子の様子, 様子を取寄せ, 様子藩士かないしは, 様子製紙の現場等, 様子助の, 様子見えず住荒したる, 様子見えたよってに, 様子見えへんけど見えん, 様子見え始めたれど家内, 様子見てたらそうや, 様子見上げ参るべき様にとの, 様子見澄ました公爵は, 様子親切に山, 様子言語肩の瘠せた, 様子訝しく清さんが, 様子の具合, 様子話して下さる, 様子話した心を, 様子誠に御無礼, 様子走り寄って, 様子近頃はますます, 様子逆立った髪荒々しい, 様子てるの, 様子遠くひびいて, 様子遠見に来た, 様子邸外にお, 様子部屋を繋いだ, 様子酒テン童子を想わせる, 様子重い戸を, 様子鉄漿をつける, 様子鑿胝の具合, 様子雇人の顔, 様子電気を消し, 様子面白くない人間ども, 様子を躍らせ, 様子鶏娘の道化, 様子黙って眺めてた, 様子鼻息で水