青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「片手~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~父母 父母~ ~父親 父親~ 爺~ ~爺さん 爺さん~ 爾~ 片~ ~片手
片手~
~片隅 片隅~ 版~ 牙~ ~牛 牛~ 牛乳~ 牡丹~ 牢~ 牧~

「片手~」 4009, 43ppm, 2682位

▼ 片手~ (1297, 32.4%)

38 持って 12 して 11 もって, 提げて 8 さげて, ぶら下げて, 握って 7 持つて 6 しながら, ピストルを, 掴んで 5 つかんで, ぶらさげて, ナイフを, 傘を, 彼女の, 持ちながら, 持ったまま, 蝋燭を 4 すると, 例の, 抱えて, 縄を, 脇差を, 蝙蝠傘を

3 [19件] それを, 下げたまま, 下げながら, 何か, 刀を, 剣を, 子供を, 彼女を, 抜いて, 持つたま, 提灯を, 握つて, 杖を, 杯を, 洋燈を, 盃を, 蚊を, 銃を, 馬の

2 [74件] かかえて, かざしながら, したまま, しっかりと, そこへ, ぶら下げた, コップを, バケツを, ビイルの, ビール瓶を, ヤカンを, 一人の, 一俵ずつ, 下駄を, 二階を, 仰向いて, 出て, 力が, 半身で, 取って, 取ると, 受けて, 右の, 壁を, 大刀を, 女どもを, 妙子の, 子供の, 家中を, 市女笠を, 手桶を, 手綱を, 抑へながら, 抜刀を, 抱いて, 抱きながら, 抱へ, 持ち片手, 持ったなり, 捧げて, 捧げ片手, 握ったまま, 携えて, 数珠片手に, 斧を, 新三郎の, 木鋏を, 東京地図を, 松明の, 梅の, 椀を, 樒を, 次の間の, 水の, 濡れた新, 燈籠を, 片手は, 牛を, 短刀を, 空の, 空を, 竹の, 裾を, 貧乏徳利を, 足らぬ荷, 足袋はだしに, 酒の, 鉄砲を, 銀の, 長い杖, 頭を, 頼家を, 額を, 風呂敷包を

1 [907件 抜粋] あか柄杓を, ありよう, いく本, いざ抜討, うすよごれた, うちわを, おくれ毛を, おもやせた, お京, お光, お向ひ, お持ち, お歌果報者だ, お由, お米, お綱, お美夜ちゃん, かかえた一人, かかえ片手, かざした白つつじ, かじりかけの, かぶった大刀, くらべると, けがを, こちらから, こちらを, このよう, この物語, さぐり, さげた柄杓, さげた美濃, さげる, さげ片手, さげ飛行甲板, さしながら, さし出して, さっとほら穴, ざぶ, しっかと小, しっかり麦桿細工, しばらく硝子窓, しぼりバケツ, じゅず玉の, すごすご身, そこらあたりから, そのままミシミシ音, その激しい, その鞄, それまで, だんだん窓際, ちよつと, つかまれて, つかみ片手, つきながら, つけた左膳, つまんで, とりあげお, とんぼの, なにげなく表, にこにこ笑っ, ぬッ, はかの, はこべを, はしつかりと, ひっかけ鉤, ひっさげながら, ひっ掴んだ防寒帽, ひょうたん籠を, ひらめかせて, ひッ, ふしぎな, ふらふらと, ふらりと, ふりあげ, ふりかぶった, ふりながら, ふるまひ酒, ふわりふわりと, ぶらさ, ぶらさげてを, ぶらさげ庭, ぶらさげ杖, ぶらさげ鬚, ぶらぶら大津, ぶら下げた何, ぶら提げて, ほうきを, まくりあげ膝小僧, まだ死骸, まと, もう入口, もちながら, もち時計屋, もち真赤, もち負傷, もったは, もった扇子, もった鉛筆, もつて, ゆかた掛けで, わき径, カバンを, カラモの, カーネーションの, キュラソーの, キラキラ閃く, ギターを, コーヒー茶わん片手に, ゴム靴片手に, ザルを, ジヨツキを, ジンらしい, スゴスゴと, ステッキを, ズックの, ゾロゾロ博物館, タオルを, チャンと, チーズの, トラックの, ナプキンを, ノコノコと, ハルスカイン山荘の, ハンドルを, パチリパチリと, フトンを, ブラリ家を, ブランと, ブリキかんを, プログラムの, ボンヤリと, メスを, ヨロヨロと, ロザリオを, 一つピースの, 一刀を, 一揮揮る, 一束の, 一生懸命に, 一節切を, 一頁ばかり, 三匹の, 三方を, 上手の, 下げて, 下げ外套, 下げ縞, 丘の, 両刀を, 主人の, 乱るる, 乾雲の, 二ツ片手に, 二束八銭の, 人形を, 介えて, 低い床几, 何かの, 余るだけ, 余る力, 佩剣の, 傘と, 充ちるほどしか, 其の杖, 冬宮を, 出刃庖丁を, 列車の, 制して, 剣の, 包を, 匍って, 十尋の, 半死半生の, 単身底穴に, 友太郎の, 取つて, 取りあげながら, 取りながら, 取り鼻, 取上げすたすた, 受留めた, 吊り革に, 吾輩の, 品物を, 喜連格子に, 圓朝は, 土塊を, 地図を, 外套を, 大きな壺, 大きな真珠, 大きな箱, 大きな鉄槌, 大声で, 天下の, 太いステッキ, 奇抜なる, 奥から, 奥の, 女で, 女の子の, 子守女たちを, 字引きと, 定子の, 実の, 寐させ, 小さいフロシキ包み, 小さい手桶, 小さき鏡, 小さな提燈, 小な, 小坂部の, 小旗, 小腰を, 山下の, 山盛り一杯金を, 左右の, 巻き込んだ捕縄, 巻煙草を, 師の, 帯を, 帽子を, 幣結える, 幽玄の, 幾種類もの, 廊の, 廻されて, 弁当箱と, 弓形の, 弓片手に, 引き寄せながら, 引っ抱え, 当時文界, 彼を, 待つ小刀, 得意満面馬喰町辺りの, 微風に, 念珠すっかり, 急いで, 恭, 息せい, 懐中の, 戎衣の, 手シャベルを, 手燭を, 手紙と, 打ちふり部下, 打掛, 扣へて, 抑へ, 抜き放った剣, 抜身を, 抱えた竜, 抱きあげむつき, 抱へて, 拂はれ, 拔い, 持ちあげいかにも, 持ち代えて, 持ち外, 持ち薬箱, 持ったは, 持った大刀, 持った王様, 持った長羅, 持つた, 持つた古本屋, 持つた小, 持つた長柄, 持てるやう, 持換え, 振りかぶって, 振りながら, 捕物を, 掌に, 控えて, 掴みあげた, 掴みばらばら, 掴んだまま, 掻きこみむりやり, 提げ, 提げたまま, 提げてる継続問題ぢ, 提げながら, 提げると, 提げ抜足, 提灯と, 握ったまま便所, 握った一通, 握りしめ, 握りしめて, 握りながら, 握り締めて, 摩で, 撓めて, 支えられる程, 支倉の, 敗けて, 文箱を, 新らしい, 日の丸の, 旦那様穿換えの, 時々喇叭, 書を, 書物を, 有らん限り先生家, 木の, 木剣を, 木彫の, 材木の, 杖つい, 杖片手に, 松葉を, 柱を, 梯子段を, 棒に, 棒を, 棹を, 楽譜を, 樽の, 橈を, 檜木笠を, 武器を, 毛氈を, 毬を, 水だ, 水盤お, 水竿を, 沖を, 泡の, 泰軒は, 洋傘片手に, 浜川平之進の, 浪人笠, 海辺に, 渾身の, 溌剌たる, 漏斗を, 火の, 火掻き, 火箸を, 無駄と, 煙管を, 煤けた行燈, 燃え残った枯葉, 燈火の, 燭台を, 片手を, 牛若を, 犇と, 独楽, 獨木橋, 玉串を, 玉藻の, 珠数を, 瑠美子を, 瓢の, 画具の, 画用紙を, 番傘を, 瘠せひどく, 白塩瀬に, 白馬の, 白髯長き, 皿や, 盃他の, 盥を, 真黒な, 眼の, 眼を, 短い杖, 短銃を, 石鹸を, 磨ぎ澄ました大きな, 祝儀を, 私を, 種ヶ島の, 立ち上ると, 立ち去らうと, 立つと, 立上って, 立上り主人の, 竹を, 竹笠を, 竿を, 笑いながら, 笠の, 笠井氏に, 箒で, 箱を, 箸片手で, 籠をかかへながら, 糸車を, 紅茶を, 紙巻を, 紙燭を, 紫匂の, 細紐だけの, 結びつけられるよう, 絵日傘を, 絶叫する, 綱を, 緊と, 緋総, 羊羹を, 耳を, 聖母の, 肉切庖丁を, 背中を, 腕白を, 腰の, 自から, 自分の, 般若の, 船を, 芒の, 花の, 花を, 花桶片手に, 茶受の, 茶碗を, 茶道具を, 草紙を, 荷物を, 葱を, 蒲生泰軒考えこん, 蕨を, 薙刀を, 薬壜へ, 藁で, 蝋燭は, 行く姿, 衣紋を, 袂の, 袴を, 裳を, 見得, 覗眼鏡を, 註解本を, 詩人の, 財布を, 買物の, 賑やかに, 赤い小さいロシア革, 赤い薔薇, 赤銅の, 足場の, 足駄を, 軍刀を, 軽々と自動車, 辞儀し, 追鮎箱, 進物の, 部屋の, 酒杯を, 酒盃片手に, 重いステッキ, 重たい果物, 金の, 金剛杖を, 釣り竿を, 鉄づくりの, 鉄扇野袴という, 鉈見た, 銭を, 鋭利な, 錫杖を, 鍬片手に, 鎌, 鎧の, 鏡片手に, 長いつえ, 長い白髯, 長槍, 長靴履き, 開いたベデカ, 阿斗, 陶器の, 障子を, 雪之, 静かに, 鞭を, 顔を, 風車を, 飛鳥の, 首かしげ, 首を, 馬丁が, 駒の, 髑髏を, 高く打, 髪を, 鬢の, 魯粛が, 鰻掻き, 鷹を, 黄な粉を, 黒百合を, 鼓の, 鼻唄を

▼ 片手~ (1114, 27.8%)

38 あげて 23 かけて 18 ついて 17 伸ばして, 挙げて 16 のばして 15 上げて 14 畳に 12 出して 10 額に 9 あげた 8 懐に, 振った, 突いて 7 彼の, 胸に, 膝に 6 掛けて 5 かけながら, ついた, 伸して, 伸べて, 振って, 頬に, 高くあげ

4 [13件] あげる, うしろに, かけたまま, かざして, のばした, ズボンの, 上げた, 働かせて, 出した, 前へ, 口に, 壁に, 腰に

3 [22件] あてて, かけた, かけました, さし出した, つかって, ふところに, ポケットに, 上着の, 伸ばすと, 動かして, 土に, 差伸し, 挙げた, 振りながら, 掛けました, 畳へ, 疊に, 私の, 突込ん, 置いて, 肩に, 自分の

2 [75件] いれた, うしろへ, かけた儘一時間許, かけつつ, さし伸ばして, さし入れて, さし出して, しっかりと, それへ, ついたなり, つかえた, つきながら, つき出して, つっこんで, とった, のばすと, のべて, ひろげて, ふちに, やった, グッと, ポケットへ, 上げたが, 下に, 入れて, 内ふところ, 刀の, 力なく, 動し, 地に, 垂れて, 宙に, 差しだすと, 差出した, 差出して, 帽子に, 廻して, 後ろに, 後ろへ, 懐中に, 懐中へ, 投出し足, 投懸け, 持って, 挙げながら, 揚げて, 握って, 支えて, 曲げて, 柱に, 柳の, 殺して, 添えて, 畳について, 畳の, 突いた, 突込んだ, 立てて, 縁の, 翳したまま, 耳に, 背後に, 背後へ, 膝の, 舷に, 草の, 袂に, 逆に, 離して, 頭に, 頭へ, 首の, 高くさし, 高く差し上げ, 高く挙げ

1 [571件 抜粋] あげ, あげたので, あげた大岡越前, あげては, あげると, あげるの, あげ妙, あげ私, あげ腰かけてから, あてたまま腹部, あてたり, あて突き刺された人, あやなして, いそいで, うごかして, うしろの, うち振って, うんと伸し, お口, かくしてうつされ, かけたかと, かけたが, かけたま, かけたままこちら, かけた襖, かける, かけると, かけ幽霊, かけ掌, かけ頭, かけ黒い, かざし, かざした山城守, かざしながら, かためて, かって, かるく頬, ぐい, ぐったりと, こちらへ, さしこんで, さしだしちょ, さしのべて, さしのべながら, さし上げて, さし上げ悲劇, さし伸べて, さし伸べました, さし込んでの, さらに八雲, しかと膝, しを, すこし遠く, そっと差しいれ, そっと握っ, そっと背中, そつち, そつと, そのままに, その中, その尻, その松, その肩, その胸, その膝, その葛籠, その髪, だせ, だよ, ちゃんと炉縁, ちよつと, ぢっと, ついたま, ついたまま, ついた拍子, つかつて, つかまえられたまま, つきずっと, つき前身, つき千鶴子, つき崩れるやう, つくと, つけた, つっこんだまま中腰, つっぱるよう, つと延ばした, つらまえながら, とらえながら, とり右手, とるや, なくしたって, ぬいと, のせた, のせた左, のせて, のばし差出されたもの, はずして, はだけた衿, はなして, ひいて, ひかれた花嫁, ひざの, ひしと胸, ひろげ片手, ひろ子に, ぴくつとひつこめた, ふった, ふところへ, ふり踊る人びと, ぶらりと垂れ, またぐら, まわして, みると, もぎとって, もぎとられても, もぎ取られるか, もたれかけて, もって, もつて, やうやう挙げかけ, やかれたの, やっと上着, やつて, やられて, ゆっくりと, ゆっくり動かし, わしの, わたしの, われ振りあげ振りあげ, アッパーカットの, オモヨさんの, クラリモンドの, グルグル振っ, ズイと, ズボンへ, ソッと, チョッキの, テーブルの, ドファルジュの, ヌッと, ヌーッと, ブルブルと, ブンと, プランセットに, メガフォンに, ロパーヒンと, 一の, 上がりが, 上げそれで, 上げた格好, 上げながら, 上げ一方, 上に, 上る許, 上向けて, 上手に, 上段に, 下し後方, 下ろし時々, 不具に, 中に, 丸太小屋の, 久慈の, 乳の, 乳母車にかけて, 井桁の, 他の, 付けて, 代議士の, 仰山に, 休ませるため自分, 休めたが, 休めて, 伸しました, 伸すと, 伸ばした, 伸べたもの, 伸子の, 使つて小さい, 信吉に, 兄の, 兄君に, 入れました, 入口の, 其の肩, 其の蒼い, 内懐に, 出しいつ, 出しそれから, 出したの, 出しました, 出しましたらその, 出し余, 前に, 力の, 力無く, 助広の, 動かさば, 動かしながら, 動かす丈, 包んだ頤, 十分に, 半ば上げ, 半開きの, 卓子に, 取った, 取ったが, 取って, 取られたまま, 取りいたわるよう, 取りズルズル, 否定的な, 呉一郎の, 四人の, 団扇に, 地について, 地へ, 地面について, 執って, 執られた儘時儀, 執りながら, 壁際に, 外套の, 大地から, 太刀の, 奪はれた, 学生の, 密つと, 寝台に, 小手に, 小長火鉢, 少し上, 少年のう, 尻へ, 尻下りに, 岸なる, 左の, 左側に, 差しあげて, 差しこんで, 差しのべ彼, 差し伸ばしながら, 差し伸べた, 差し出した, 差し出したが, 差し出すかと, 差し出すと, 差し出すよう, 差し込んだとき, 差伸べた, 差出しながら, 差延し, 帯へ, 幽霊の, 床に, 延ばし八五郎, 延ばすこれ, 延ばせば, 引いて, 引き攫った, 引っとらえる, 引っぱられましたので, 引担ぐ, 弥四郎頭巾の, 当てが, 当てたが, 当てて, 後に, 後へ, 徳利の, 心臓に, 心臓の, 思いきり下向, 懐から, 懐へ, 懐ろへ, 懐中で, 懸けたる折, 懸けながら, 打ち振るやう, 打ち落されて, 托して, 把手にかけて, 抑えたなり, 投げ出して, 折った人形, 折りつる心地, 抜いて, 拔い, 拡げた袖の下, 拡げて, 拾ったん, 持つと, 挙げ, 挙げたぼく, 挙げた掌, 挙げ何, 挙げ正面, 挙げ眼, 挟まれた拍子, 振つた拍子, 振りふり早口, 振りまわした, 振り上げながら, 振り振り, 振り椅子, 振ると, 掛けたり, 掛けつつ, 掛けなかったならあるいは, 掛け悩ましい, 掛け詫びるよう, 掴まれて, 揚げた, 揚げれや, 握つて, 握りあって, 握りあつ, 握りしめた, 握りしめながら, 握りグイ, 揮って, 擧げつ, 支いたの, 支いたまま, 支えながら, 支え酒盃, 支きつ, 支へ, 支へながら, 放さうもの, 敷布の, 敷辷らした, 斜めに, 斬りおとした, 斬り落とされて, 更に持ちそえ, 最後まで, 服の, 朱太刀にかけて, 机の, 松葉に, 枕に, 枕元の, 柄下りに, 柱にかけ, 柱へ, 棹さし首, 椅子に, 構えて, 横木に, 橋の, 欄間に, 次郎の, 残したなり, 段々と, 毛皮の, 気取って, 水の上に, 水中に, 氷に, 泥に, 泳ぎ片手, 浸しながら, 添へて, 湯の, 湯船の, 源三郎喜びと, 漠然たる動作, 漸, 火入の, 火鉢の, 炉べりへ, 炬燵の, 焙り鉄瓶, 無心に, 煙草盆に, 父のう, 父親の, 片一方の, 男の, 町の, 畝へ, 畳みに, 白く天鵝絨, 白く投, 白く折, 目の下へ, 眼から, 眼に, 眼の, 石柱にかけ, 祖母ちゃんの, 穴に, 穴の, 空しく顔前, 突きながら, 突き下, 突き押しこら, 突き込み, 突こんで, 突っこんで, 突っ込んだ, 突っ込んだが, 突つい, 突出し, 突込みました, 突込むだ儘奴凧の, 突込んで, 窓枠に, 素早く振り, 細りと, 縮れ乱れた長い, 繃帯し, 繃帯で, 罎の, 置いたま, 置き退屈そう, 置くと, 翳して, 耳へ, 耳屏風に, 股野の, 肩の, 背中に, 胯の, 胸の, 脇差にかけて, 脇息にかけて, 腰の, 膝について, 膝へ, 膳の, 自動車の, 船縁に, 苔に, 落した, 落した途端, 落として, 蠅でも, 袖に, 裏表かざし, 襟から, 襟に, 触れたしかし, 触れながら, 貸して, 車掌に, 軽く上げ, 載せたまま, 載せわが, 載せ松千代, 通しかけて, 通しただけ, 通したまま, 通行人に, 郁次郎の, 針助に, 釦の, 鉢の, 銃の, 長押にかけて, 長火鉢に, 開いて, 障子に, 障子の, 障子へ, 離さない, 離しました, 電燈の, 震わせて, 静かな, 静かに, 靠せ, 鞄の, 頬っ, 頭上高く, 頭巾の, 頸に, 頸の, 額の, 顏へ, 顔に, 飾り造りの, 馬の, 馬車の, 馬鞍に, 高くこちら, 高くさしあげ, 高くひらひら, 高く差しあげる, 高く差上げ, 高く差伸べた, 高く打ち振り, 高く挙げ挙げし, 高く振った, 高く空, 髪の毛の, 麻の, 黒木綿の

▼ 片手~ (826, 20.6%)

13 自分の 11 顔を 9 頭を 8 頬杖を 7 押えて, 胸を 5 それを, 女の, 眼を, 額を 4 両眼, 彼の, 着物の, 耳を, 袖を, 頬を, 顎を

3 [11件] おさ, おさえて, しっかりと, もって, 刀を, 器用に, 抱いて, 押えながら, 押へ, 持って, 私の

2 [48件] おさえながら, おさえると, おせき, お妻, さぐって, ぶらさげて, わたしの, コーヒーを, シッカリと, ハンドルを, 三味線を, 何度も, 傷口を, 単衣, 受話器を, 口を, 和尚の, 外套の, 天女の, 密と, 帯を, 幹に, 彼女の, 戸を, 扉を, 払いのけるよう, 抑えながら, 押へながら, 拳銃を, 掴んで, 机の, 杖を, 涙を, 火鉢の, 男の, 緋の, 縄を, 腹を, 膝を, 袂の, 裾を, 身体の, 車の, 鉦を, 頭から, 髪を, 髯を, 鼻の

1 [594件 抜粋] あなたの, あやしながら, いくつかの, いぢ, うかうかあしらおう, うけとめただちに, うしろに, うまく受け, おさえるの, おさえ片手, おさえ狼狽, おでこを, おのが, お婆さんを, お月さん, お顔, かい退け, かきあげる真似, かぢ, かばひ, からだを, がらがら廻し, きつく自分, ぎつしり敷布團の, ぐいぐいと, ぐいとあふった, ぐいとその, ぐっと千浪, ぐっと差し上げた, ぐっと締, こすりこすり云いました, こすりながら, こめかみに, ごしごし頭, さかいの, さし上げて, さし上げれば, さし示す, さすって, しきりにポケット, しごいて, しじゅうさら, しっかと押しとどめ, しっかと鞄, しっかりさげ, しっかりした, しっかり掴み, しっかり旗竿, そっと木, そのあじろ, そのハンドル, その子, その手首, その提灯, その旗竿, その犯罪者, その聖像, その背中, その脇差, その裏, その首根っこ, その鼻先, たったいま電燈, ちょいと, ちょっと口, ちょっと衣紋, つかまえて, つかまり樋, つかみ次に, つかめるほどの, つかんだ, つきとばして, つるりと顔, どん, どんと押し返した, なにかを, なぶりなぶり小声, にぎり片方, はだかった前, ばたばたと, ひたいを, ぴッし, ふな, ほおを, ほつれ毛を, ぼくの, ぼり, ぼんやりし, また掻き遣っ, また酒, みずおちを, やけに人蔘色, やさしく馬, やたらに, やる勝負, やんわりと, わが眼, わきに, わたしたちの, アリスの, ウィスキーの, カチンと, カーテンの, ガタンと, クロロフォルムの, グルグルと, コップの, ゴソゴソ苦労, ゴーリキイの, サッドルの, スイッチを, ズボンの, ソッと, ゾロリと, タンマを, ツルリと, テーブルの, デッキの, トンと, トヴチェーニチキを, パイプを, フロックの, ブチこみ, ブルッと, プラットを, ポケットを, マレイの, メレンスの, ルパシカの, ワイシャツの, 一人ずつ, 一杯握り切れない, 上げに, 上半身を, 下が, 下へ, 不用意に, 不精らしく, 中村の, 乱れ髪, 乳を, 人を, 人形を, 今は, 今松, 何か, 何かを, 使って, 例の, 依然として日傘, 傘の, 傘を, 先生の, 兎の, 入口の, 其の水, 其処此処片付け, 円盤を, 刈りたて, 前に, 前のめりに, 前を, 剣を, 動物の, 取って, 取りのけながら, 取り上げて, 取り払った, 受けて, 受け取ると, 受刑者を, 古島さんの, 叩いた, 右門は, 吊り気味, 吊革に, 喉の, 国司を, 土を, 垣を, 執って, 壁を, 壁際の, 壺の, 大刀を, 大切そうに, 大掴みに, 大藏の, 天蓋の, 失敬の, 妻の, 妻を, 娘の, 娘を, 子供の, 宮子の, 家を, 寝乱れた髪, 小さい算盤, 小膝を, 尚ほ, 川底を, 左わきの, 差して, 布団の, 帆桁に, 帽子を, 幕政を, 幸吉の, 庄次郎の, 庇うよう, 弁護士の, 弄んで, 引き抜くよう, 引ずって, 引っつかみ股, 引つかむと, 引張って, 引立てざまに, 引絞つて, 弟を, 後から, 後の, 後ろを, 後頭部を, 急所を, 息せく, 懐剣の, 懐紙に, 戸棚から, 扉口を, 手巾を, 手紙を, 手綱を, 手荒な, 手頼りに, 打ちおろしたん, 打つ真似, 払いのけると, 払い落とした隙, 払ひ除け, 抑えた, 抑え別, 投げるよう, 投げ飛ばそうと, 抱いた, 抱いたまま, 抱えこむよう, 押えそろそろ, 押えた, 押えたまま, 押えるよう, 押え家人, 押さえたままグーッ, 押さえて, 押さへて, 押した, 押しても, 押すやう, 押へて, 担いだ百姓, 担いだ百姓ぢ, 拝むよう, 拝む真似, 拝んで, 拭った, 持ちあがるん, 持ちあげるジャイアント, 持ちきれない大きな, 持つ, 持つて, 持てない竿, 持てるほどの, 持上げました, 指さして, 指さしながら, 振った樫, 振り動かし, 振り廻すとか, 振ること, 捩ぢ, 探り此処ら辺, 控え目に, 掲げて, 掴み片手, 提げるよう, 提灯の, 握った形, 握って, 握りもう, 握り手, 握り潰した, 握添, 摘み上げ, 撫でる気, 擦りながら, 支えながら, 支える恰好, 敲きながら, 斯う, 新聞を, 明りを, 明智の, 春生の, 時々シガー, 暖簾の, 月江の, 望遠鏡を, 朝子の, 木の根や, 木刀を, 木製の, 本音を, 李を, 束に, 松夫の, 板戸を, 柄を, 柔かな, 栗の, 桃を, 梶棒を, 楫を, 槍を, 樅の, 樫の, 樹に, 橋の, 欄干に, 欄干を, 残らず掬ひとつ, 殴り倒すが, 母親の, 水に, 水を, 汗を, 泥を, 泳がなければ, 流しの, 源氏車の, 潜戸を, 澄まし込んで, 激しく之, 灌木の, 烈しく柄頭, 焙りながら, 無意識に, 煙を, 煙管の, 燈心を, 父親の, 片身の, 狙うよう, 独り酒を, 玄関に, 球を, 瓶の, 番傘を, 畳に, 畳を, 痛む左, 痩せた肋骨, 癖の, 盃を, 益満の, 目金を, 相手の, 相馬の, 眼の, 眼鏡を, 石炭の, 砂利を, 砥石を, 確り抑え, 確り船縁, 礼拝した, 禿げた頭, 秀子の, 私を, 秣の, 突きを, 窓掛を, 窓際の, 竹丸の, 第二斜檣, 箱を, 簪を, 粟を, 紙に, 紙を, 素早く持ち上げた, 絃を, 絞り上げ緊張, 綱を, 綾なしながら, 締め殺せるだろう, 締め返しながら, 縋って, 繁る楓, 美事な禿げ, 義雄を, 耕や, 肩の, 肩を, 肱枕を, 背中を, 胸の, 脇差の, 脇差を, 脇腹を, 膝の, 自由自在に, 自転車の, 艫を, 良人の, 色々な, 茶漬茶わんを, 草の根を, 荷馬車を, 蒲団を, 薄い赤髭, 薄白い, 薄黒い, 蜘蛛の, 血まみれの, 衣紋を, 衣装の, 衿もとを, 袴の, 襟が, 解剖着の, 誠を, 調子を, 貴婦人の, 赤坊を, 起きあがつて, 足へ, 跳ね返しながら, 踵が, 身仕舞を, 車体の, 軍服の, 軽々と外し, 軽くあしらっ, 軽く刀, 軽く押え, 軽焼を, 近くに, 運転し, 運転台の, 邪慳らしく, 酒の, 重くない, 重そう, 金森五郎八や, 鉄の, 鉄槌を, 銀貨を, 銚子を, 鍵盤を, 鏡台を, 長老を, 門口の, 開いたまま, 隙を, 隠し持ち, 電燈の, 霙を, 青地錦に, 静かに, 面白そう, 鞘の, 須永の, 頤を, 頬かぶりを, 頬っ, 頬髯の, 頭部を, 頸の, 頸を, 額と, 顏を, 顱巻を, 風呂敷を, 饅頭を, 首尾の, 首筋に, 馬を, 駕を, 高い球, 髪の, 髪の毛の, 髪の毛を, 髭を, 鬚の, 鬢の, 鵝ペンを, 黒布を, 鼻を, 鼻汁を

▼ 片手~ (166, 4.1%)

9 指を 5 指で, 白く光る 3 指の, 掌に

2 [12件] 上に, 力を, 手綱を, 拳を, 指に, 指には, 指先を, 掌を, 握り拳に, 無い奴, 親指と, 音も

1 [117件] うしろつきつんと, きかない病人, つかみ合い, ないため, ない中, ない事, ない奴, ない男, もとで, カバンを, キッド手袋は, 一振りを, 三助が, 中で, 中段に, 乳のみ, 使ひ, 侍は, 働きで, 先を, 刀で, 切りとられて, 切ッ先は, 利鎌を, 剣を, 力ぐらい, 取巻連, 右で, 哀訴に, 喇叭を, 圓遊までが, 声の, 声は, 壺を, 太刀で, 妻楊子で, 小ザッパリ, 小男が, 小蟹貝ひろ, 巡査の, 意味を, 懐中電燈の, 扇子で, 手のひらを, 手套を, 手巾で, 手袋を, 手首を, 抜き打ち, 抜身を, 拳で, 拳骨を, 指から, 指さきで, 指と, 指にも, 指は, 指先で, 指先に, 指紋が, 指頭を, 捕繩, 掌で, 掌の, 掌も, 提灯をか, 方が, 方で, 方角には, 木剣に, 木剣は, 木剣を, 棒で, 槍を, 櫛で, 水差に, 汗を, 火を, 火箸で, 無いのに, 無い男, 煙草を, 物を, 生活といふ, 生活むしろ, 甲で, 甲の, 甲を, 畚を, 目つぶしを, 短剣を, 石膏像, 秋田雨雀氏の, 突き, 肉づき, 肩口から, 腕を, 腕時計を, 腸詰を, 自由が, 花あやぶみぬ, 若い衆が, 荷に, 蛇の目に, 蜆取りの, 袈裟掛け, 袖は, 袖を, 袖口を, 襦袢の, 鉄扇を, 銀銀銀銀, 長煙管, 長船を, 電気を, 音を, 鵞ペンと

▼ 片手には~ (108, 2.7%)

4 例の 2 しっかりと, 平茸, 提灯かた, 杖を, 澄江の, 青々と, 鶏の, 鶏を

1 [88件] おおいを, お土産, お盆に, お茶と, お辨當, きらりと, こまかな, さお, さっき彼女が, さむひたひ髪, その樂器, たのしい法螺, なにかの, イギリス産の, カップを, カバンを, ステッキを, ドギドギする, ピストルを, ピストル片手は, ブリキ製の, ベスの, ヤットコを, ランプを, リンゴを, ロザリオを, 一刀を, 一振りの, 一箇の, 一羽の, 丸形の, 今手拭, 俗に, 倒れ木, 刀を, 剃刀を, 噛りのこせし, 外套と, 夜番の, 大きな番傘, 大串を, 大型の, 小丸提灯夜道を, 布袋竹の, 庖丁振り抗げて, 弓と, 手拭かと, 手提電灯を, 新らしい, 新聞を, 最初に, 柱の, 株式新聞を, 泣き叫ぶ郁太郎, 泥だらけの, 火の, 点火した, 烟管を, 珠数を, 生の, 皇帝のけ, 相変らず, 着類を, 短刀を, 短剣が, 石を, 筆を, 箒を, 縫取りを, 縫物の, 繃帯が, 美しい象眼, 花や, 苦茶苦茶な, 葉巻の, 薬草を, 赤黒く血, 透明猫を, 金箱の, 鉄鉢を, 銚子を, 鞄を, 鞭を, 頑丈な, 麺麭の, 黄いろい小さな, 黄金の, 黒羅紗の

▼ 片手~ (93, 2.3%)

4 まつくらな 2 しびれるばかりに, われに, 互の, 白樺の, 目の

1 [79件] あいつの, かけたものの, その扉, なお今, はじめから, はたはたと, ふところででも, ほとんど利かない伸ばした, また彼, まだつなぎあった, まっくら, まるきり動かぬ, もうその, ザビーネの, ズボンの, ナイフフオクを, ハンカチーフで, フトコロ手を, ブランコの, ワナワナと, 万寿の, 上下に, 二の腕まで, 二股に, 井筒の, 何かに, 兵部の, 利かない, 剣を, 半ば握, 卷いた毛氈, 土人に, 土手の, 壁の, 大地について, 女の, 女を, 女乞食と, 左の, 帯の, 弓の, 弟の, 後ろへ, 懐中の, 据え腰, 播磨屋を, 放しません, 本であり, 松明を, 深くポケット, 熊の, 獣の, 男の, 空の, 素早くポケット, 綱に, 緞帳の, 繃帯に, 老人を, 背に, 胸に, 胸を, 血ま, 観測簿で, 譲の, 軽い, 軽くその, 軽く握っ, 鉛筆片手は, 錨片手は, 鍔の, 長い釣竿, 長三郎の, 開いて, 青年の, 馬の, 馬を, 鶤の, 麻痺し

▼ 片手~ (46, 1.1%)

1 [46件] あがると, かけられたと, さっとおりた, そこを, その前後, たみに, ないん, によつきり, ひょいと上っ, ひょいと出た, まさぐるよう, もげた, ウインチに, 上り松女, 不自由で, 五十封度の, 伸びて, 刀の, 剣片手が, 動いたか, 同伴者である, 土塀に, 壁に, 帯の, 引張り出された, 怪しくも, 手摺に, 手首から, 昨夜の, 無いの, 穴の, 端へ, 縛縄天地眼で, 肩へ, 自分の, 薄色, 血潮の, 衝と, 見える, 踏み抜いた下駄一ツ, 逆に, 雪面上に, 頬を, 髪に, 髪の, 鮮やかに

▼ 片手では~ (29, 0.7%)

1 [29件] お銀様, かかえ切れないほど, しきりに独酌, しっかり衣, ちょっと持てない, ちょっと膝, どうしてもから, なおも私, まるで嘘, 一生懸命に, 三ツ組の, 代金を, 何か, 例の, 兵馬の, 受切れない, 安い両手, 帯を, 持ちあがらなかつた, 梯子を, 火箸で, 琵琶を, 生の, 薬の, 謀叛人どもを, 雉の, 音は, 額を, 鶉の

▼ 片手~ (21, 0.5%)

2 です

1 [19件] だな, でありますから, でなければ, ではありません, なこと, な学問, な次第, になる, に対治, のある, のお, のやう, の御沙汰, の感, の捌き, の沙汰, は本, は禁物, を詰問

▼ 片手なぐり~ (17, 0.4%)

2 に拭き上げる

1 [15件] が見事, にうしろ, におやじ, にヤッ, に切り込んだ, に妻, に斬, に斬っ, に斬払っ, に肋骨, に胴, に自分, に藤次, グウンと, 神変夢想流で

▼ 片手~ (17, 0.4%)

17 みに

▼ 片手~ (14, 0.3%)

2 片足を

1 [12件] バンドを, 両脚を, 両足とで, 両足の, 口とで, 片手の, 片脚, 片膝, 片足が, 片足で, 片足とを, 着物の

▼ 片手にて~ (10, 0.2%)

1 取ならわせん為, 取なり太刀, 我衣を, 我頬を, 持得, 数うる, 欄干へ, 疵口を, 絶えず小, 輪に

▼ 片手拝み~ (8, 0.2%)

2 に白い 1 に, にあっし, に三人, に娘, に拝む, をし

▼ 片手~ (6, 0.1%)

1 ぎゅっと力, ぶら下げて, 一ぱいだけお入れに, 張を, 猪口を, 縋り付く者

▼ 片手突き~ (6, 0.1%)

1 にその, に娘, に突いた, に風, の当て身, をし

▼ 片手でも~ (5, 0.1%)

2 押し倒せそう 1 つて橋の, 使うし, 命は

▼ 片手片足~ (5, 0.1%)

2 を光線 1 が利かなくなっ, でほった, 出て

▼ 片手青眼~ (5, 0.1%)

1 などといっ, に一直, に持った, の一本, の木剣

▼ 片手あげ~ (4, 0.1%)

2 て私 1 ておい, て円タク

▼ 片手おち~ (4, 0.1%)

1 とに苦しまなけれ, にしたがって, のよう, を強いる

▼ 片手ずつ~ (4, 0.1%)

1 とらえて, 手首へ, 掛けて, 離して

▼ 片手づき~ (4, 0.1%)

1 に白襟, に納戸, に膝, の反身

▼ 片手~ (4, 0.1%)

1 うっとりした, 片足, 片足の, 片足を

▼ 片手上段~ (4, 0.1%)

1 で飛びかかった, で飛び下りた, に持っ, に振り

▼ 片手伸ばし~ (4, 0.1%)

1 にふり下した, にブン, の助広, 平青眼

▼ 片手斬り~ (4, 0.1%)

1 それで一度, に大向う, に頃, 敵の

▼ 片手~ (4, 0.1%)

1 で出, と云, にも足る, に火鉢

▼ 片手から~ (3, 0.1%)

1 げに抜ける, 取った指紋, 生あるごとく

▼ 片手だけ~ (3, 0.1%)

1 では, 熟と, 畳の

▼ 片手でし~ (3, 0.1%)

1 きりと, やくつ, ツかり握つ

▼ 片手とを~ (3, 0.1%)

1 上げる, 畳に, 離さずに

▼ 片手をば~ (3, 0.1%)

2 胸に 1 垂れて

▼ 片手切り~ (3, 0.1%)

1 だ, に水草, の呼吸

▼ 片手撲り~ (3, 0.1%)

1 にうしろ, にする, の峰打ち

▼ 片手正眼~ (3, 0.1%)

1 に受けとめた, に得物, に構え

▼ 片手あしらい~ (2, 0.0%)

1 で両手, をし

▼ 片手しか~ (2, 0.0%)

1 ないから, 使えぬ大騒ぎ

▼ 片手~ (2, 0.0%)

1 という, めしに

▼ 片手だけは~ (2, 0.0%)

1 軽く天井, 離させませんでした

▼ 片手だけを~ (2, 0.0%)

1 取り離して, 挙げた招き猫

▼ 片手ついた~ (2, 0.0%)

1 が欄干, なりに顔

▼ 片手ない~ (2, 0.0%)

2 爺だらり

▼ 片手ながら~ (2, 0.0%)

1 力一杯, 反対に

▼ 片手にも~ (2, 0.0%)

1 つては, 画架か

▼ 片手~ (2, 0.0%)

2 はし

▼ 片手~ (2, 0.0%)

1 ふら, 細り色傘

▼ 片手を以て~ (2, 0.0%)

1 我らと, 自分の

▼ 片手出し~ (2, 0.0%)

1 て火鉢, て見せる

▼ 片手~ (2, 0.0%)

1 ってぬう, にした

▼ 片手払い~ (2, 0.0%)

1 にパチ, に薙ぎ返した

▼ 片手掴み~ (2, 0.0%)

1 で水船, に引下

▼ 片手~ (2, 0.0%)

1 で寝ころん, で毛布

▼ 片手~ (2, 0.0%)

1 に肩, に頼母

▼ 片手~ (2, 0.0%)

1 に突きかかる, に身体

▼1* [118件]

片手あるいは両手を, 片手いっぱいに掴ん, 片手おがみにあたり, 片手おちな教育を, 片手おろしに鱗, 片手ぶりの, 片手かけてしずか, 片手からは珠数の, 片手がと思う間, 片手きかないほどに氷った, 片手さし寄せしぱしぱと, 片手さしこんで片手, 片手ざしの渋蛇目傘, 片手て己, 片手じゃアどう, 片手ずつにして, 片手その婦人に, 片手それがただ台上, 片手だけで戦って, 片手だって負けっこなし, 片手や駄目, 片手つかまられて辿りついた, 片手つかんずまで打沈み, 片手つきてそっと, 片手づかえに, 片手づきしては腰, 片手づまみの大皿の鮨, 片手であろうとも両手, 片手でがつしり, 片手でございますよ, 片手でしましたよ, 片手ですからこういう, 片手ででも両手で, 片手でなければならない, 片手とが見えました, 片手とで池に, 片手とは五だ, 片手とれた鍋の, 片手ながらに一揮揮れ, 片手なぎに斬りつけた, 片手なくってその, 片手なぐに斬り放し, 片手なぞ今は, 片手にかかつた, 片手にかけていつもの, 片手にぎりの焼, 片手にても双手に, 片手ににぎつてヤッときあ, 片手のてのひらにうつし, 片手のばしにかれ, 片手のみ眼に, 片手のみを床に, 片手はと見れば, 片手ばかりでなく両方, 片手きりと, 片手ぽっきりと折れた, 片手また片足を, 片手まっしろい片手それが, 片手もしくは両手を, 片手もて哀願しつ, 片手つたりと, 片手をにゆッと, 片手ナグリに箒売, 片手ハンマを振つ, 片手胸に, 片手三本がひょいと, 片手上げ逆結び, 片手下段にのびのび, 片手両足を失い, 片手中段に構え直し, 片手使いに持っ, 片手六方で引込み, 片手六法かなんかで花道, 片手切り大刀宙へ刎, 片手片足を, 片手向うづきに, 片手喫しに立, 片手大上段片手青眼などといっ, 片手造を, 片手懐つてぬうと, 片手を曳かれ, 片手手綱でやつ, 片手に手, 片手打ちただもう, 片手払い返り血と共に, 片手折られても何うに, 片手拜みの手をその, 片手拝みしてもう, 片手捕えにねじあげ, 片手を斜, 片手撲りだ敵の, 片手支いたなり熟と, 片手支えに五尺, 片手敷居越に乗出し, 片手斬られてまでの働き, 片手なむなむの, 片手い肱, 片手業疾いこと, 片手構えの相, 片手を握りつ, 片手洋食のベル, 片手流しに持った, 片手漕ぎする舟かとも, 片手無いその切口, 片手に風, 片手片脚を斬り捨て, 片手片足失明オシという現代版丹下左膳, 片手締めで締めあげ, 片手の外, 片手の歩み, 片手老いの歩み, 片手腕まくりがしたい, 片手落と云は, 片手落偏頗に見え, 片手薙ぎと, 片手裁きです, 片手載せてあなた, 片手離すと車