青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「槍~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

榮~ ~構 構~ ~構え 構え~ ~構成 構成~ ~構造 構造~ ~槍
槍~
~様 様~ ~様々 様々~ ~様子 様子~ 様式~ ~樂 樂~ ~標準

「槍~」 4971, 48ppm, 2429位

▼ 槍~ (1565, 31.5%)

55 持って 26 もって 23 しごいて 22 手に 19 杖に 18 飛ばして 17 取って 16 立てて 13 揮って 12 とって, 小脇に 10 そろえて, 揮ひ 8 もて, 構えて, 横に 7 捨てて, 提げて 6 かついで, ついて, ひねって, 把って, 担いで, 横たえて

5 [13件] つかんで, つけた, つけて, ひッ, ふるって, 取っては, 地に, 引いて, 打ち揮, 投げて, 投げ飛ばし, 持つて, 肩に

4 [11件] かかえて, たずさえて, 向けて, 投げ出して, 抱えて, 拾って, 持出して, 振って, 振りまわして, 携へて, 立てかけて

3 [18件] とっては, ひっさげて, もつて, よく使う, 伏せて, 使うこと, 使へる, 取り直して, 合わせて, 向けた, 左の, 恐れて, 手許に, 投げ飛ばす, 片手に, 突いて, 舞わして, 返して

2 [92件] あわせて, おもちゃに, お持ち, かい込んで, かざして, しごいたり, すぐって, つかんだ, つけた亜鉛, つけられても, つらねて, とらぬと, ならべて, ふりかぶって, ふりま, ふるひて, もう一人, りゅうりゅうと, ブチ込ん, 一方の, 七三に, 上手に, 上段に, 下って, 並べて, 中取りに, 伸ばして, 使うの, 使ったこと, 使って, 借りて, 其手に, 取っての, 取っても, 向けるとは, 執って, 奪って, 左に, 引下し, 手から, 投げた, 投げつけた, 投げては, 投げ捨てて, 抛って, 抛りつけた, 押取りました, 拔く, 拾い取って, 持たせて, 持たせれば, 持ち直した, 持ち直して, 持ち直すと, 持ったまま, 持て, 持出す人間, 振ひて, 振りあげて, 掻い込んで, 揃えて, 握ると, 揮ふ, 杖い, 棄てて, 構えた, 構えたまま, 構えた米友, 構え直した, 横へ, 片手で, 用ゐ, 突つ込む, 突つ込ん, 突込ん, 立って, 立て, 立てること, 組んで, 縦横に, 繰り引いて, 自分の, 荷った, 落とすと, 見たいと, 見ても, 赤石を, 追取, 頭上に, 飛ばすに, 飛ばせば, 高くあげ

1 [891件 抜粋] あげて, あわせ, あわてて, いい加減, いつでも, いれなされ槍, うけとると, うけ或は, うしろへ, おあげ下さい, おきかえたかれは, おとして, おのおの振りかざす, おろした, お千賀, お貸し, かいこんで, かえしなにか, かけて, かついだ刑場人夫, かついでは, かつがせた, かつがせると, かまえて, からりと, くじかせたま, くらって, くりだして, くりのばした, くり出して, くり出すと, くわえて, ぐいと両, こう杖, さげながら, さげ戟, さしあげて, さしのべて, さッ, しごいても, しごきながら, しごき腕, しのばせて, すぐッ, すすめそれから, すて馬, その手, そばへ, そろえ白刃, たてて, つかいおるので, つかう通称, つかんだままタタタタタ, つかんだまま悶々, つかんだ覆面, つきたてながら, つきつけ, つき立てたよう, つけたの, つけたり, つけようと, つけられ戦い数合, つけ太刀, つっかけて, つなぎ持ちに, とらさぬよう, とりなおして, とりのべて, とり直したぜ, とると, とれ奮つて, なかなかよく使う, なげすてた, ならべた一隊, にぎって, ぬきとりつ, のばした, はずし手, はなつとき, ひき抜き穂先, ひっかついで, ひっさげた小, ひらめかせて, ぴんと立て, ふって, ふらせて, ふりかざし槍, ふりしごい, ふり回して, ふるい当るを, ふるい目, ふるって働く, ふるって追撃, ふるつて, ほうり出して, また乗り越えました, みがき濠, むかへます, もたせたほど, もち袴, もった不浄役人, もった曲者, もってる人影, もつたあら, もつてるぞ, もてアンテーノール, もて貫かるるを, やって, やっぱり寝, ゆらゆらと, よくする, りゅうりゅう眼にも, アダムに, エイと, グイとばかりに, スルスルと, ヒラリと, プスリ通された, レストに, 一斉に, 一本下された, 七三の, 三人の, 上げましょうと, 下に, 下段に, 与うれば, 両手で, 中段に, 二三度素振りを, 二人の, 二本立てる, 交えたる事, 交える, 交叉した, 付けようと, 付けられた事, 伐り出して, 伸して, 使いますれば, 使うこいつ馬鹿, 使うに, 使う猛, 使えるの, 使つてゐた, 使ひでも, 使わせると, 倉の, 借り出して, 免れて, 入れたその, 入れぬ, 入れる, 全面皆丸き, 八相の, 其剛強の, 再び取り直しました, 再び訪れるべく, 出す奴, 出す岩石, 前方へ, 加えて, 十文字に, 半兵衛の, 危ないところ, 取ったら日本一, 取ってこそ, 取られた, 取りながら, 取りアレース, 取り上げて, 取り來, 取り右, 取り施薬院, 取り直したの, 取り直すと, 取り降して, 取る, 取るが, 取る間もなく, 取ろうと, 取卸しました, 取寄せて, 取直し肩, 受けた, 受けた牡牛, 受けて, 受け恩, 受け損じた, 受取りながら, 叩いたり, 叩き落して, 右手で, 合する, 合せたが, 合せたこと, 合せて, 合せ運, 合わし剣, 合わせたかと, 合わせたが, 合わせること十数合, 合槍を, 向けたので, 向けたまま屋内, 向けた若者, 向け直しからく, 否認する, 呑ますぞ, 咄嗟そのまま, 問わず敵味方, 噛みあわせて, 地面に, 執っては, 堂の, 壁上から, 外して, 大量に, 太刀の, 奪い取って, 奪った, 奪われその, 女の, 奴に, 如松に, 学び槍, 孫策は, 宙天高く, 家の, 小わきに, 屍より, 岩の, 岸より, 巻き落されて, 座に, 廊下へ, 廻して, 引いた, 引き側め闇, 引け, 引っさげて, 引ったくる, 引っ奪った, 引っ提げ袴, 引ッ奪, 引ッ提げ, 引寄せ, 引提げ, 形造った, 後で眺めあう, 心得て, 忘れて, 惜まず, 戰車の, 戻した, 手さぐりに, 手ばさんで, 手を, 手元に, 手挟んで, 手渡すと, 手繰り返すと, 打ちふるつた, 打ち振つて, 打ち振り, 打落されよろめいて, 扱いたり, 扱う素質, 把っては, 把り, 把り直し, 把れ, 投ぐ, 投ぐるに, 投げすてると, 投げつく其前, 投げとばす, 投げよや, 投げる, 投げ付けると, 投げ出すもの, 投げ棄てて, 投げ込んで, 投げ飛ばした刹那新九郎, 折った, 折り武道, 抜いて, 抜き取るだけの, 抱えては, 抱えながら, 押し立てて, 押っ取っ, 押ッ取っ, 押立てた, 担ぎ出して, 拔き, 拔き取りつ, 拭い戦, 拾いとると, 拾い取るかと, 拾い取るや, 拾うて, 拾った, 持たざれば, 持たせた, 持たない者, 持ちある, 持ちかえて, 持ちて, 持ちなおして, 持ちながら, 持ち出した樣子, 持ち左, 持ち直し, 持ち直してからの, 持ち直します, 持ち直すやいな, 持ち顔, 持ったさも, 持ったそんな, 持ったまま後ろ, 持った供, 持った奴, 持った殿様, 持った男, 持った韋駄天, 持った騎馬隊, 持ってる者, 持つこと, 持つより, 持つ男, 持てば, 持上げたが, 持出したこと, 持出したの, 持直した, 挙げて, 振っただけ, 振ったり, 振ふべく, 振りまわしまた, 振り上げて, 振り廻すこと, 振り立て拍子, 振るって, 振舞い人血, 捨て, 捨て太刀, 捨士の, 捻くって, 掴まれた乾児, 掴んだ伊東, 掻い込み更に, 揃え, 提げたなり, 提げ外出, 提げ大尉, 提げ腹, 揖の, 握った叛軍, 握りながら, 握る手, 揮いまた, 揮ひつ, 揮ひ飛ばせ, 揮ふて, 揮ッて, 携えた, 携げて, 擧ぐとせば, 擬しながら, 支へ, 教えて, 敵と, 敵將の, 斬られるの, 斬折られ下拙刀, 曳き一本歯, 望まば, 杖つきもろともに, 杖として, 杖にも, 林の, 柄に, 植えたよう, 構えたその, 構えたもの, 構えた時, 構えましたが, 構える必要, 構へ, 横ざまに, 横たえると, 横たえ歩兵三千, 橋板の, 正式に, 死屍より, 民部に, 無效, 片ッ端, 物々しげ, 用ゆ各々, 用意させた, 登ったと, 皆取り上げ, 相手に, 眞つ, 研ぎはじめる, 砕きその, 磨ぎし時, 神は, 称する仲仕言葉, 空に, 突きあげた, 突きつき, 突きつけて, 突きつける馬鹿者, 突きとおし, 突き出したの, 突き出した者, 突き出しました, 突き出だす, 突き刺そうと, 突き立てたまま土間, 突き込み, 突き通した, 突き通しました, 突けると, 突っかけた, 突っかけました, 突つ込まれ, 突出しました, 突掛けた, 突込まれた, 突込んで, 立たせ乗換え馬, 立てかけ身, 立てその他, 立てた以上, 立てても, 立て並べて, 立て数人, 立て草履, 立て飾鉄砲, 立て騎馬, 縦走した, 繰り出し, 繰り出した者, 繰り出して, 繰り出す暇, 繰る, 習うか, 習った, 背負ったまま両手, 自在に, 致して, 落したところ, 落して, 蒲団へ, 虚空へ, 被って, 見て, 見に, 見るだけの, 見るや, 見参にと, 見舞いその, 見鷲羽連峰等, 親しき剛勇, 豪勇の, 貰うたそう, 貰ってから, 貸すこと, 跨いだ程度, 身に, 身構へ, 返しに, 逆しまに, 遣うべく米友, 遣わせては, 選び稽古着, 避け, 重たそう, 鍛える稽古台, 鍛え武器, 閃かしたり, 防ぎながら, 降ろして, 隠して, 離した, 霜の, 預かった, 飛ばしたり, 飛ばし射る, 飛ばし急所, 飛ばせろ, 馬上に, 高くさし, 高く振っ, 鳴らしかがやく松明

▼ 槍~ (989, 19.9%)

30 柄を 19 柄で 18 穂を 17 穂先が 16 ように, 穂先を 14 穂が 13 やうに 11 柄に 10 ような, 下に, 石突で 9 折れを 8 先に, 小六, 穗を 7 石突きを, 鞘を 6 名人だ, 柄が, 穂に, 穂の, 穂は, 穂尖, 穗は 5 さき, 柄の, 石突を, 穂 4 中に, 先き, 先で, 名將イドメネー, 大喰岳, 棘なんか, 穗が, 肩まで, 長さ

3 [22件] あいだを, さきに, ために, やうな, 先を, 光が, 千段を, 名將メネラオス, 心得が, 手筋を, 柄は, 石突きで, 穂さきを, 穂で, 穂も, 穂先で, 穂先の, 穂先は, 穗で, 肩から, 葉, 身の

2 [55件] ことも, たぐいを, ケラ首を, 一端を, 上手な, 中を, 中心だけ, 中心に, 中心を, 丹智さんが, 使い方を, 先は, 先ッ, 光や, 光を, 勢いで, 名人が, 名人で, 名人でも, 名人の, 名將オヂュシュウス, 宝蔵院と, 尖を, 尻で, 形を, 影が, 手は, 手を, 手並みを, 手筋は, 折れで, 折れなんか, 折れや, 方へ, 月, 柄へ, 目釘の, 秋山彌, 秘術を, 稽古を, 穂さきが, 穂と, 穂には, 穂や, 穂先だ, 穂先に, 穂先へ, 穂先も, 穗に, 穗も, 肩に, 連峰東には, 間から, 鞘に, 頂上へ

1 [484件] あいだに, ありかを, あるもの, うまい人, おこりだと, お手筋, お見舞, お話が, かがやくところ士馬, かわりに, きらめきが, ことで, ことであろう, ことなどは, ことまで, ごとき迅さ, ごとく波面, さきが, さやを, して, たぐいが, たんぽは, つかいよう, つかひてに, つかひ方, つけどころが, つもりに, てっぺんに, とッ, なかばを, にぶさ, はげみは, はたらきも, ひかりが, ひとりと, ひとりにも, ひびきが, ひびきと共に, ひびきも, ほさきは, やり場を, ようだ, ようで, よに, ケラ首あたりを, ケラ首が, ケラ首へ, ピークについて, ピークへ, 一半は, 一将こそ, 一尺ほどの, 一手を, 一方に, 一本を, 一本折れた, 一番口を, 一番手前の, 一突きに, 一端に, 一筋, 一群, 一閃また, 一隊はと, 七三の, 三つまたも, 三角点へは, 上から, 上へ, 上手, 上手で, 上手である, 上手は, 下を, 下皆, 不利を, 両端を, 中で, 中も, 中段を, 中腹以上と, 中身は, 丹智で御座います, 主と, 主も, 二三十倍は, 二世かけ, 二喬岳を, 二山が, 人々が, 人々を, 人が, 人は, 仕合は, 仕置を, 任務は, 位を, 使いが, 使いては, 使い手という, 使い手可児才蔵であった, 使い方さえも, 使い方も, 修行を, 傷も, 傷口から, 働きにかけても, 働きを, 元を, 先から, 先が, 先だ, 先など, 先には, 先の, 先へ, 先も, 先ッ穂, 先生が, 先生だけ, 先生であった, 先鋭く, 光は, 光も, 兵を, 出来るの, 出端を, 刃鋭く, 切尖, 列, 列からは, 列を, 利を, 利得を, 前に, 力で, 力に, 力は, 力を, 勇士の, 包囲陣は, 北に, 北峰より, 北鎌尾根な, 千段巻の, 千段顔を, 半分ずつを, 南の, 反撃を, 同勢と, 名を, 名人さ, 名人そこで, 名人でございます, 名人でなきゃ, 名人と, 名人に, 名人も, 名人道中は, 名家の, 名將, 名將アイアース, 名將アキリュウス, 名將イドメネー今, 名將イドメネー兵車, 名將オヂュシュウスかく, 名將ペーレゴーン, 名將メゲース, 名將メネラオス・アートレ, 名將彼, 名手たる, 名手であり, 名手と, 名手に対して, 名残の, 名誉, 向け場を, 四喬岳の, 坊主小屋あたりに, 場と, 場所は, 塗柄に, 墻を, 壁を, 外に, 大地に, 如き柄, 如き高峰, 如くさ, 如くに, 妙術から, 始末に, 姿を, 姿勢という, 威迫には, 宝蔵院が, 宝蔵院で, 家柄だった, 密集団が, 寸法が, 射程に, 小六ふりかぶった, 小六三方づつみに押っ取り囲ん, 小六大月玄蕃などの, 小六大月玄蕃金井一角の, 小六山陰きっ, 小六笊組の, 小六達, 小屋が, 小屋の, 小屋は, 小屋も, 小屋を, 小舎なんぞで, 尖の, 尖も, 尖りを, 尖端から, 尖端に, 尖端も, 尻が, 尾根に, 岩登りを, 師範役市川大介とが, 幾筋とが, 後だ, 後に, 後裔だ, 御賞辞, 御高名, 心を, 必要に, 忍返, 怒濤, 急所をは, 怪我か, 怪我では, 手が, 手ごたえと共に, 手もとに, 手並と, 手元へ, 手元を, 手巧みな, 手練に, 扱いが, 扱いぶり至極めずらしい, 扱いや, 折れる音, 折れ踏みしだかれた旗さし物, 抜身の, 拝借を, 持ちよう, 持ち主で, 持ち方, 持主と, 持手は, 指南を, 指南役で, 指南役であった, 挟み箱, 效なき, 教えを, 整列は, 敵の, 數多し, 新十郎, 方が, 方で, 旗本連も, 時あの, 最初の, 最南峰, 林, 林が, 林は, 柄ぐるみ日吉を, 柄とともに, 柄にも, 柄も, 柄や, 柄を通して, 極意だ, 極意で, 極意に, 極意を, 構えには, 構えも, 槍ブスマが, 槍ヶ岳まで, 槍持が, 標高より, 権三は, 正面に, 武器を, 武士が, 武芸に, 残らずを, 殺生小屋までは, 気すら, 気焔を, 氷を, 法に, 法を, 流れを, 浪人に, 烈しさ, 無いこと, 片穂, 状の, 猛練習, 猛訓練, 玄妙を, 理あいも, 痕と, 痕は, 発明が, 白い穂, 白い穂先, 白さ, 白兵戦と, 白刄きらめく, 直下だろう, 真正面に, 眸で, 眺めを, 瞬間に, 石づきを, 石突きが, 石突きが当の, 石突きは, 石突と, 神技の, 禍い, 稽古では, 稽古の, 穂か, 穂から, 穂さき, 穂さきの, 穂さきは, 穂だ, 穂だけ, 穂だけが, 穂だけを, 穂では, 穂ばかり, 穂へ, 穂先, 穂先からは, 穂先き, 穂先きが出来る, 穂先きが波に, 穂先と, 穂先にて, 穂先には, 穂先はが, 穂先より, 穂先チャリンと, 穂先ヒラリすばやく, 穂先広, 穂先早く, 穂先霜を, 穂光り, 穂鞘を, 穗くらゐ, 穗だけ, 穗先が, 穗先き, 穗先誠に, 穗成程, 穢れ, 穴で, 空しごき, 突きし, 突傷が, 立ちたる物, 立つを, 笹穂を, 筋は, 紛失から, 素扱きを, 細く短いもの, 絆で, 絶巓へ, 絶頂に, 緋羅紗は, 美しさ, 者が, 者に, 者は, 者小荷駄足軽どもへまで, 肩で, 肩も, 肩を, 腕では, 腕は, 自慢でありました, 自慢を, 自由な, 芸が, 若者以下有功の, 荊路を以て, 葉は, 葉よ, 蛭巻から, 蛭巻を, 血を, 行くえ, 行列の, 術に, 術には, 術により, 術を, 表武器, 製作を, 試合を, 話か, 話に, 話は, 話を, 説を, 走り唸って, 身を, 身傳へ, 辺を, 連中を, 連峰, 連絡さえ, 道場と, 道場の, 道場も, 道場を, 達人が, 達人である, 遣い手で, 郡兵衛と, 郡兵衛とも, 野辺, 鉾先が, 鉾先を, 鋭い気ぐみ, 鋭い穂先, 鋭さに, 鋭刄, 鋭刄彼, 錆と, 錆に, 長きを, 長城だった, 閃きが, 閃きそれから, 開祖, 開祖は, 間で, 間には, 間より, 間通り過ぎ, 防禦に, 隊伍を, 雨でも, 雨を, 青貝の, 鞘へ, 音ばかりが, 響きなどが, 響きは, 響き切り結ぶ, 響を, 頂上なんと, 頂上までは, 頂上午前十時南岳三角点午後十二時一ノ俣小屋午後三時帰着, 頭が, 頭は, 顔を, 類では, 類を, 飛び交う下, 飛閃が, 餌と, 高名, 高坂流こう, 高坂流翼を, 高橋伊勢守が

▼ 槍~ (246, 4.9%)

3 彼の

2 [13件] いつでも, すぐ手繰り寄せられる, サッと引かれ, 九尺の, 二本ございます, 出ない, 彼が, 持って, 捻つて, 槍持供ぞ, 相手の, 確かに, 空しく飛ばざりき

1 [217件] あるだらうな, あるだろうな, いいが, いくらだ, いたずらに, いつかその, うかつに, うなりを, おれだ, からみ合って, かわす間もなく, くだけ旗, ぐざと胡軫の, ここで, ことごとく鞘, このまま進上, この中村, これを, さびても, しばしば流れ, すべて竹槍であった, そこに, そこへ, そつと, その, そのまま何, その上, その時ぎり, その馬印, それた, それて, たしかにあの, たちまち王允, だいぶ上達, ちゃんと返し, つづいて, てばなすこと, ともすれば平次, どこから, どこまで, なかった, なんとした, はげしく勇敢, はなさず間毎間毎, はねかえって, はらったが, ばかげて, ほんの手先, また闘い, まだ見えない, もう小, もう生物, わしの, わずかに, われに, アレース愛づる息, スヴェンを, ビューッと, ピタリと, 一つも, 一代に, 一本の, 丁々発止と, 三位, 三輪大, 三間柄が, 不思議に, 中川隊の, 中段に, 之より, 九尺柄の, 九州の, 亀一の, 二つに, 二度目に, 二條の, 互に揮, 伊賀の, 伊那丸の, 何時から, 何處の, 使うだよ, 使えるん, 信濃と, 俺らの, 元これ一道, 元の, 兎も, 六枚の, 典厩が, 内臟, 凄いばかり, 切りつめて, 刺殺に, 前に, 十日も, 単なる樫, 単に嚇し, 取りは, 名誉の, 名譽, 吾事に, 唸りを, 大地の, 天堂の, 天性得意と, 天然自然に, 太史慈の, 奇妙千万で, 宙に, 宝蔵院流小太刀は, 射りて, 將軍ヘクト, 少々心得, 少しも, 島田先生の, 巻きこんで, 影の, 彼を, 彼方の, 悉く鞘, 戦場では, 截り, 戰地に, 手もとへ, 手放さないで, 手離さず, 折れて, 折れ一槍, 折れ鉄弓, 担げど, 拙者の, 指南する, 敵將の, 暴風の, 望月家秘蔵の, 本人に, 柄に, 格に, 楽に, 槍と, 槍の, 槍持供揃, 槍持銀なん, 樹木の, 正確に, 此處で, 死人を, 気早く, 汝の, 流れました, 深股, 滅多な, 滅多に, 激しく劈き, 片手に, 片鎌, 物置の, 独楽の, 獲物に, 生れてから, 畢に, 畳三四枚ほどの, 相当の, 眞白き, 真っ紅, 神技の, 私も, 穂先が, 穂先下がりと, 穗先を, 空しく飛ばざる, 空ならず, 突けないぞ, 米友を, 精巧に, 細目だった, 給仕が, 義元の, 義元を, 肩に, 腰に, 裸体の, 誤らず, 象の, 貫き盾, 貫ぬかん, 貫ぬき, 貴殿に, 身に, 身体が, 退がる槍, 途端に, 重すぎる, 錆びても, 鎌に, 長短いづれ, 閃光するどく, 附物, 降りても, 雑兵の, 離れて, 雪が, 雲かかり, 青銅の, 青銅貫かず, 頭腦の, 顔へ, 風を, 飛ぶ, 飛んで, 馬の, 骨まで, 高くのび, 高坂甚内を, 黒樫の, 齒の

▼ 槍~ (202, 4.1%)

4 降つて 3 降ろうと, 飛んで

2 [16件] ありません, キラキラ輝い, 三筋弓が, 上手な, 二本手槍の, 出た, 出て, 小三郎の, 折れた, 掛けて, 槍の, 流れて, 済むと, 見える, 走った, 降っても

1 [160件] あった, あつた, あつたら, ありやがる, あるかい, あるだけ, あるの, ある宝蔵院流, あろう, いちどに彼, うごくよう, うつる, えらばれて, かけて, かなり鋭い, からみあう, ここでは, この身, こわかったら, さがります, すなわち窩人, そうは, その脇腹, そば近く, ちょっと見えた, とぶぞよ, とれない, どんどん売れた, ない, ないと, ふろうと, まだ地, よかった, よく見える, よれたから, わからねえか, キラキラ月影, クレーヴシンの, ササラの, サッとさがる, ダッ, チラチラ通る, ヒマラヤの, ブーンと, ポカンと, ワナワナと, 一尺の, 一本あります, 一本立てかけ, 三本鎧が, 主兵器, 九尺米友の, 事なく, 二人あとは, 二本, 二本さも, 二本と, 二本も, 二本同勢六人で, 二本日傘坊主小姓馬廻り挟函医者胡牀馬土産の, 五十筋弓が, 五百人自分の, 人々の, 休意の, 伸びて, 使えるの, 使用の, 來る, 俄然うごき出す, 傍へ, 光る, 全貌を, 出ると, 出来るから, 出来るし, 出来るという, 出来るな, 出来るん, 刎ね, 利か太刀, 前後左右から, 力まかせに, 動いて, 十本程, 含んで, 四五本駈け, 多少の, 夜目にも, 大好きで, 太刀に, 好きで, 宙に, 容易には, 小やり, 岳か, 岳で, 岳と, 岳の, 左右の, 引きずられて, 役に立って, 役に立つ, 彼の, 得意で, 怖いかな, 怖いと, 懸けて, 懸つて, 手が, 折れて, 掛つてゐた, 救いに, 月光を, 来るか, 横を, 次に使われ, 欲しけりゃ代り, 残雪に, 殺意を, 流れたぞ, 片手なぐり, 現われて, 発見された, 發見された, 眼に, 祟るとか, 突きだされた, 突き出された, 突き出されて, 突き差さらあ, 突き立った, 突っかけ, 立って, 立てて, 立とうや, 絡んだ, 脇玄関の戸ぶ, 腋下に, 自分の, 自分方より, 舞台を, 草叢の, 落ちて, 葉之, 行く, 行くお, 見事な, 走って, 走り刃, 走ろうと, 軽い, 追いかける, 遣えるん, 閃いて, 閃めいた, 降って, 陽に, 雄大に, 電光の, 鷲羽と

▼ 槍~ (172, 3.5%)

3 似て, 突かれて, 貫かれて 2 なる, 出かけたのに, 向って, 巧みなる, 斃れ, 登って, 矢に, 胸板を, 蜻蛉かな

1 [145件] あらずただ, うたれて, かかって, かかっては, かけちゃ, かけられ無残, かけ槍弾正, こらえ得ず大地, さされた黒熊, しかと穂先, したいもの, したり, して, すがりながら, すぐれし, すぐれて, すぐ刎, すれば, その秘手, たとえたもの, つかまったお, つらぬかれて, どうした, なって, まかされて, また突く, むごくも, アイアース, クロイスモスの, 一流を, 下腹部貫ぬけ, 串刺しに, 仕止め, 代へ, 倒したるわが, 傷く, 利あり, 刺され, 刺されし後, 刺されたと, 刺され一切, 刺しころし, 刺し彼, 刺し落せば, 加えられ功, 劣らなかったので, 劣らぬ手練, 化けるよう, 化して, 向うた友人, 向かって, 向ふ, 君討ちし, 命を, 喉を, 因りヘクトール先づ三寸, 大盾, 太股を, 妙を, 守られて, 射られて, 對する防ぎ, 就いての, 届くよう, 屠られた, 巧みに, 幾色も, 引かれ來, 彼の, 徳右衛門は, 心せよ, 心を, 心胆を, 感じられた, 手は, 手を, 手向へば, 打ちて, 打ち負けてこ, 打倒し, 托し腕力, 持ち替えようかと, 持ち替へようかと, 捲きつける, 敵將の, 斃され亡び去る, 斃し, 斃る, 於ては, 構えたものの, 殺しぬ, 熊の, 生血の, 用の, 登ったこと, 登頂し, 相当するらしい, 碎かれて, 秀づるプリアモス民衆ともに, 秀でし者, 秀でたる, 突かるれば, 突き, 突き倒す, 突き刺させて, 突く, 立ち得る者, 竹の, 米友様の, 素繰り, 組み立てるよう, 結ぶ灯, 続いて, 縫い貫, 胸の, 血ぶる, 血を, 行き足, 行く予定, 行く気, 見紛, 討たれ地, 試みむ, 誓いを, 貫かれながら, 貫かれまさき, 貫かれ亡べりこなたアカイア, 貫き逃げ走る彼, 貫くヘクトール, 身を, 車臺より, 近づきて, 追いつめられた祇園藤次, 追はれ, 追われ何しろ, 逃れ行く我が身, 逐はれ, 通じ鉄砲, 限ったこと, 馬の, 馬術, 魅入られて, 鳴りひびいた, 鴉や, 黒纏

▼ 槍~ (157, 3.2%)

6 突き殺し 4 突殺す 3 人を, 突き殺した, 突き落した 2 もって, 三寸の, 刺されて, 刺して, 突いた創口, 突かれたの, 突かれて, 脇腹を

1 [122件] あつた, あの, あの胸元, いきなり脚, うずめたまま, えぐったか, えぐられたに, おいらが, お見舞い, ござりませぬ, それを, ただひと, つき刺して, づぶづぶ刺され, どうする, なぐった, のどぼとけ, はねられた勢い, また長吉, まわりを, やられたあたり, よし, りゅうりゅうと, ゑぐつたか刀で, 一々払つて, 一同に, 一間余大身の, 三カ所突い, 中央が, 二番手の, 二間どまりの, 人が, 以つて無茶苦茶に, 以て, 刺されたと, 十分に, 十分の心ゆく, 向うが, 向って, 向つて來, 四五振りなぐった, 太股の, 女の, 守りながら, 官兵と, 家康の, 尊公に, 手で, 打ち合うよう, 抉られるよりも, 押して, 押し寄せて, 挨拶を, 探って, 撲りつけた, 撲り飛ばされて, 有名な, 柔らかい壁板, 検視の, 横っ腹を, 横はたきに, 武装し, 武装した, 死んで, 殺られちまうん, 無しに, 熊を, 爭ふ, 片っ端から, 猛虎の, 現在主人の, 直接附け入っ, 秀吉の, 突いたと, 突いたほう, 突いたもの, 突いた方, 突いた時, 突いた紙, 突いてると, 突かうなんて, 突かして, 突かせて, 突かれたあたり, 突かれた人足, 突かれました手強い, 突かれるだけの, 突かれるの, 突かれる様, 突きあげられて, 突き上げるきわどい, 突き刺した, 突き刺して, 突き合ったか, 突き殺されて, 突き殺されるかも, 突き飛ばされた弾み, 突く, 突くなんか, 突くに, 突くほどの, 突く段, 突つ刺し, 突殺された, 突殺し, 突殺した, 罪人の, 股を, 胸いた, 胸か, 脅して, 腹を, 自分を, 荒木と, 虎と, 衝いたやう, 衝かれた, 負けたの, 責めて, 遠方から, 馬上の, 騎兵を

▼ 槍~ (117, 2.4%)

4 槍を 3 一緒に, 引替えに 2 刀と, 太刀の, 槍は, 槍太刀と, 長槍

1 [97件] あとは, いいなま兵法, いい剣, いうと, いっしょに, いって, いつて, うたわれた若者, お引替え, さし又, すると, する者, その眼, つるぎと巨大なる, なんでも, よく似, ナギナタが, ボロ鎧を, 一変する, 七本の, 具足櫃とは, 刀とで, 刀とは, 刀とを, 刀の, 刀は, 刀を, 刃の, 劔と, 力とに, 叫びに, 同じ働き, 同形の, 呼ぶ, 圓楯かざし大音に, 多くの, 大きな男ども, 大喰岳, 太刀, 太刀が, 奥穂高と, 子とを, 小太刀が, 小銃とを, 小銃を, 弓だけ, 思われては, 戈と, 捕道具, 提灯とを, 撲りあい, 旗さし物など, 旗差物が, 望月の, 朱柄の, 来れば, 棍棒が, 楯と, 楯との, 楯を, 槍, 槍とが, 槍との, 槍の, 槍一騎と, 槍刀と, 槍楯と, 槍白刃対白刃馬上馬上の, 燦爛光る, 爺岳との, 狩猟短剣とが, 甲冑が, 盾と, 矢を, 短剣, 礫が, 称え今, 稱する, 稲妻という, 穂高と, 穂高との, 穂高の, 精妙無比な, 絃上を, 草履とを, 荷物に, 薙刀とを, 蛇の目の, 酒精ランプと, 釘とに, 鉄砲を, 鍔なし, 鎧櫃とを, 陣笠と, 食糧とを, 馬とを, 鴉といふ

▼ 槍~ (105, 2.1%)

7 の功名 3 を揃え 2 が, にかかっ, にかけられ, に梟, に突っ, は灯

1 [83件] あやまたず脇腹, からポーッ, から下, から逃げまどう, がこの, がしばしば, がたとえ, が変っ, が待っ, が最初, が牛, が眼, が鈍った, きや, でした, で仕留めましたる, で私, で自分, とてもあなどり, と一槍毎, と金モウル, に, にか, にかけた, にかけて刎, にかけて追払った, にかざし, にたちまち, につらぬき, にて渡邊, にチラチラ, に久田, に向っ, に命, に得し, に故意, に斃, に田楽刺し, に突きころされる, に突き抜かれた, に見ぬ, に貫かれ, に貫かれたい, に追い詰められ, の二人もろ共, の働き, の功, の幾つ, の当て, の犠牲, の田楽串, の走る, の邪魔, の首, はこの, はたしかに, は決して, は透かさず, は過たず, は金城鉄壁, ばかりそろえ, へ這いずり上っ, を, をつかん, をつき続け, をみつめ, をもっ, をもって応援, を並べて, を刎, を向けた, を喉, を引抜き, を擬し, を横たえた, を突き, を試みん, を遮り, を避けた, 受けては, 受ける勇気, 揃えて, 擬して

▼ 槍~ (81, 1.6%)

6 刀を 3 刀で, 刀や, 鉄砲や 2 刀の, 刀剣や, 太刀を, 棒を, 鉄砲を, 銃を, 長柄や, 長柄を, 陣刀を, 陣笠などが

1 [46件] が重吉, 刀などを, 刀なら, 刀なんぞ, 刀も, 刀入りまじった, 剣, 剣を, 剣術の, 剣銃などが, 大刀に, 太刀が, 太刀で, 太刀と, 弓や, 弓を, 弓火光に, 斧を, 旗の, 柔術までも, 棍棒や, 棍棒を, 棒, 棒が, 棒の, 棒も, 楯の, 楯を, 武者の, 火縄の, 火縄筒を, 矢が, 矢の先に, 穂高の, 穗高へ, 竹槍を, 薙刀などが, 薙刀を, 鉄杖を, 鉄砲などが, 長柄などを, 長柄の, 長柄刀は, 陣笠や, 馬の, 鳶口や

▼ 槍~ (75, 1.5%)

2 あり本箱, 殺生も, 穂高も

1 [69件] あり櫃, ある, あるだろうもし, あるナイト, ある敷物, ここから, しあらば, すこぶる怪しい, すでに血, その頤, それから, それと, ちゃんと肩, ちらちらつづく, つき通らない抵抗, ないし, ないよう, ない貧窮, まじえず逃げる法, またかく, もう用, よく使う, 一本携え, 三舎を, 乱離と, 伏せて, 使えぬと, 使えるの, 使ったこと, 先箱も, 共に宇内, 出なかった, 出れば, 刀も, 合さずに, 同じ道理, 同樣手跡, 呂布と, 大きな尾根, 少し覚えました, 弓矢も, 待たずかならず, 手許へ, 拳法も, 是唯泰平の, 有るべく短刀, 杜若も, 林右衛門自ら小, 棒も, 楯も, 武者には, 民部の, 無し, 白馬も, 砕け剣, 磨こうすわと, 能く使わるる, 荷物も, 血に, 見えなかった, 見ゆ, 走らずただ橋手前, 越の, 距離において, 酒のむ, 鉄砲も, 長柄も, 静かであった, 鳴り雲

▼ 槍ぶす~ (32, 0.6%)

12 まを 8 まの 3 まに 2 まは 1 まが, まであった, まで迎える, まと, まにじり, まも, ま味方

▼ 槍突き~ (29, 0.6%)

3 の噂 2 の曲者

1 [24件] か, が出, が召捕れなけれ, が涼風, ぐらいが怖くっ, でしたよ, という悪い, なら相子, に出っ食わした, に出逢っ, に塗り付ける, に殺られ, のはやる, の一件, の仕業, の御, の詮議, はその, はまったく, は本身, をやった, を御, を挙げなけれ, を食った

▼ 槍騎兵~ (29, 0.6%)

4 の将校 2 のこと, の話

1 [21件] がはいっ, がひとり, が突拍子, が調子, だの, とを車室, とトラヴェール, と軽, のばかめ, の剣, の馬, は, はおごそか, はこんな, はもつれる, は凶賊カルトゥーシュ, は呟いた, は熱, は答えた, をながめてる, を入れる

▼ 槍~ (25, 0.5%)

2 の前, は槍

1 [21件] あり工具, かが突撃, か鉄砲隊, がどっと, が奮戦, で穂先一尺, といっ, となった, との接戦, と槍隊, と歩兵部隊, など八面鉄桶, のうち, の士たち, はそれ, はどこ, は槍隊, は駈け, をすぐ, を前, を前面

▼ 槍~ (22, 0.4%)

1 [22件] かぶった, つかまったが, また飛びつい, われと, 上って, 八時間常, 向うため, 吹っ懸け, 天幕を, 平さんの, 手を, 案内する, 片手を, 登って, 登りたいと, 登りますと, 等分な, 絡んで, 行かれるのに, 行く途中, 行こうか, 行って

▼ 槍~ (21, 0.4%)

1 [21件] が突入, だった, っ, とつづき, と鉄炮組, などが眼, に接触, のうしろ, のさむ, のなまこ塀, の将士, の武士, の諸, の足軽, の軽輩, の部将, の随一, は, へ廃止, へ移し, をさしまねき

▼ 槍でも~ (17, 0.3%)

2 持って, 鑿でも

1 [13件] あり剣, ない, ないおかしな, ないを, クサリ鎌でも, 使は, 刀でも, 取らせたら八万騎, 向けた時, 突いて, 突き刺しに, 突き通せ, 見るよう

▼ 槍~ (17, 0.3%)

42 りて

1 [11件] ひポリュドーロス, ひ互に, ひ我, ひ投げとばし, ひ神, ふ, ふアカイア, ふアレース, ふパイオネス族, ふ土人, ふ衆勇士來

▼ 槍穂高~ (17, 0.3%)

3 の連峰 2 に比し, の連嶂 1 などと云う, の一群, の山塊, の方面, の長壁, は縦走, よりこちら, を除け, 大天井, 後立山

▼ 槍一筋~ (16, 0.3%)

2 で立身出世, の家柄, の手柄, の武士 1 あわれお, でも持っ, で主人, で東海道, の侍, ひっさげて, を押立, 持って

▼ 槍小六~ (15, 0.3%)

1 [15件] が一閃二閃, が交じっ, だけはきっと, という男, との悪縁, とピッタリ, と一緒, と申す, と異名, と金井一角, の楽屋, の横鬢, の腕, はやッ, は笊組

▼ 槍使い~ (14, 0.3%)

2 だな, はこれ 1 が出た, が来, ではなかっ, とそれから, と書い, の大, の姿勢, の芸当, の面, を買い込ん

▼ 槍~ (13, 0.3%)

2 鑿で

1 [11件] あるいは槍, ついでひと, 何か, 何かで, 何んかで, 刀か, 刀鉄砲で, 刀鐵砲で, 剣か, 弓矢を, 素槍か

▼ 槍~ (13, 0.3%)

2 槍だ

1 [11件] から虫, か竿, ぞォ, という者, とか劍, と思った, と笑い, ので攻めたて, 槍が, 槍で無い, 槍の

▼ 槍鉄砲~ (13, 0.3%)

1 [13件] がいつ, で列, などを二股山, など一斉, など携え, の流れ, の調べ, も拭き磨い, をたずさえ, を持ち歩く, を持っ, を草むら, 避けの

▼ 槍では~ (12, 0.2%)

1 [12件] ございませぬか, ない, ないか, ないかと, ないかとの, なく匙, 今山岡静山天下の, 名人と, 奥へ, 役に立たぬ, 食えんし棒, 高橋と

▼ 槍一本~ (12, 0.2%)

2 で一国一城 1 お与え下さい, かついだきり, かついで, かつがせて, かつぎ出して, が砕ける, で追払った, はある, をあの, 持って

▼ 槍~ (12, 0.2%)

1 [12件] かァ, があった, が毎日, ではない, でもない, でもなく, に堪えやらず, の穴, を一つ, を受け, を布, を負い

▼ 槍~ (12, 0.2%)

21 がすい, がその, にかけて突, に突かれ, のよう, の如く, の根元, の電光, はグザ, をそろえ

▼ 槍~ (11, 0.2%)

2 の峰, の洞窟 1 が唐松岳, と命名, の一番, の大, の連峰, の頂, をあおいだ

▼ 槍~ (11, 0.2%)

1 [11件] が断然, が残っ, が絶える, と刀法, の教え, の調練, の達人, をうけ, をみせた, を一手, を感得

▼ 槍薙刀~ (11, 0.2%)

1 [11件] どころか火縄, の三法一如, の武術, の鞘, の類, ばかりか火縄, もしくは飛道具, も鞘, をたずさえ, をひっさげ, を提げた

▼ 槍~ (11, 0.2%)

1 [11件] がじりじり, で捕, におどろい, の一角, の向う, の突き, へ押し迫りました, を作っ, を作ツ, を八方, を戞矢

▼ 槍さき~ (10, 0.2%)

1 がズバリ, が井戸, だ, にかかっ, にかけられ, にかけられた, にさし, にたたき伏せられ, をグッ, を鈍らせ

▼ 槍~ (10, 0.2%)

1 と刀, などもあわせ, の武器, の類, はさび, もすべて, を取っ, を失ひ, を揮っ, 預という

▼ 槍から~ (9, 0.2%)

1 べっとりと, ザイルで, 双六岳および, 右手かすかに, 棒に, 無残に, 穂高にかけての, 荷物まで, 遁れる

▼ 槍などを~ (9, 0.2%)

3 持って 1 帯びて, 引ッさげ, 担いで, 持った捕兵, 買いもとめて, 買ひもとめ

▼ 槍ヶ嶽~ (9, 0.2%)

1 から穂高, の事, の峯伝, の案内者, の登山者, の絶巓, を見当, を越え, 常念ヶ嶽

▼ 槍だの~ (8, 0.2%)

1 ぼろぼろの, 刀だ, 剣術だ, 弓だ, 弓だの, 棒だ, 熊射ち, 鎖鎌だの

▼ 槍にて~ (8, 0.2%)

1 した, 倒しチュウクロス, 刺す也, 刺殺申候大, 突き伏せられました, 突く時, 立ちかかる, 脾腹を

▼ 槍~ (8, 0.2%)

1 が目, すでに血, にふさ, に取り, に大, に揮, の首, より勇猛

▼ 槍とか~ (7, 0.1%)

1 乗馬なども, 剣とか, 唐金の, 太刀とか, 石劍とか, 穂高とかいう, 長巻とかの

▼ 槍もて~ (7, 0.1%)

1 向ひ, 屍覆, 彼の, 彼を, 敵の, 敵を, 腹部貫け

▼ 槍踊り~ (7, 0.1%)

1 というよう, というわけ, の丹前節, の名, は自他共, は著名, をやった

▼ 槍という~ (6, 0.1%)

1 のだ, のは, んだ, 字は, 手も, 武器が

▼ 槍とを~ (6, 0.1%)

1 代表し, 併せて, 奪ひ取る, 念入りに, 持ち腰, 提げた

▼ 槍にも~ (6, 0.1%)

1 なりどうか, 太刀にも, 少しも, 棒にも, 毒が, 足りませんが

▼ 槍もろ~ (6, 0.1%)

1 とも勢い, とも泥水, とも瀬兵衛, とも躍った, とも躍りかかる, とも駈けだし

▼ 槍~ (6, 0.1%)

1 剣は, 劍非我事, 喰中南北穂高涸沢奥穂高前, 天井あたりの, 天井燕などの, 將又は

▼ 槍~ (6, 0.1%)

2 は多けれ 1 さすがは, だ, といえ, となるほど

▼ 槍~ (6, 0.1%)

1 あすっぽかし, お米蔵, じゃねえ, になんと, よ, を当て込み

▼ 槍~ (6, 0.1%)

3 の小屋 1 から吹き下ろす, は西, を経

▼ 槍飛ばし~ (6, 0.1%)

1 わざと覘, われ討た, アイナイアスの, テラモニデース・アイア, 覘ひたる, 黄銅鎧ふ

▼ 槍だけは~ (5, 0.1%)

1 ご勘弁, 一人前に, 強いて, 必ず立てる, 穂高と

▼ 槍とり~ (5, 0.1%)

1 がたし更に, てコオーン, て兵車, て勢猛, て落す

▼ 槍など~ (5, 0.1%)

1 使い得るもの, 別格視される, 持つこと, 要らぬ沙汰, 道に

▼ 槍には~ (5, 0.1%)

1 三位の, 不便じゃ, 懸の, 熟練なすっ, 突く手

▼ 槍ガ岳~ (5, 0.1%)

1 のみその, のよう, の肩, の西裏, を右

▼ 槍ナギナタ~ (5, 0.1%)

2 の十数名 1 にまもられ, に腕, のほか

▼ 槍~ (5, 0.1%)

1 に尖っ, に尖った, の匕首, の者, を作り付ける

▼ 槍~ (5, 0.1%)

1 で長刀, の下, は断たれなかった, は真赤, は碎け

▼ 槍~ (5, 0.1%)

1 が赤, しばし打, に受け, を囲ん, 半隱

▼ 槍である~ (4, 0.1%)

1 かそれとも, と思いました, と言い伝えられ, 無限の

▼ 槍です~ (4, 0.1%)

1 か, かい, から一つ, よ

▼ 槍とも~ (4, 0.1%)

1 いう, つかない棒, つかない胆刺, なしたりき

▼ 槍ひと筋~ (4, 0.1%)

1 につながる, のにおい, のもの, の家

▼ 槍まで~ (4, 0.1%)

2 尾根を 1 持出して, 行った時

▼ 槍よりも~ (4, 0.1%)

1 その穂先, 大切な, 短いところ, 長槍

▼ 槍を以て~ (4, 0.1%)

1 これと, 戦はんと, 欺し討ち, 陣した

▼ 槍ブスマ~ (4, 0.1%)

1 が敵, の中, の如く, をそろえ

▼ 槍~ (4, 0.1%)

3 たちが 1 は一斉

▼ 槍仕合い~ (4, 0.1%)

1 の勇敢, の殊勲, を, を眺め

▼ 槍~ (4, 0.1%)

1 からは此襞, に在り, に竪立, は少し

▼ 槍取り~ (4, 0.1%)

2 て左右 1 てヘレネー, て奮

▼ 槍奉行~ (4, 0.1%)

1 に転じました, の丹後守忠長, の大久保彦左衛門, を勤め

▼ 槍投げ~ (4, 0.1%)

1 てデキシアデース, て彼, て背筋, 槍

▼ 槍試合~ (4, 0.1%)

1 でもあつ, の功, をし, をする

▼ 槍長柄~ (4, 0.1%)

1 で外, などの光, など思い思い, など物

▼ 槍馬士~ (4, 0.1%)

1 から仕, が出, が必死, のひとり

▼ 槍あげ~ (3, 0.1%)

3

▼ 槍さえ~ (3, 0.1%)

1 ある, とれば, もって

▼ 槍その~ (3, 0.1%)

1 ほか種ヶ島の, 剛勇の, 背後

▼ 槍といふ~ (3, 0.1%)

1 ものは, ような, 火器をも

▼ 槍とでも~ (3, 0.1%)

1 いいたいが, いうよう, 届かないくらい

▼ 槍なども~ (3, 0.1%)

1 得意と, 筑紫の, 舷に

▼ 槍にかけて~ (3, 0.1%)

1 宙に, 眼を, 飛ばすくらいは

▼ 槍使~ (3, 0.1%)

1 ひ立派, ふ, ふ英豪

▼ 槍~ (3, 0.1%)

1 の一隊, の身, を立て

▼ 槍~ (3, 0.1%)

2 といったよう 1 合わしたならば

▼ 槍太刀~ (3, 0.1%)

2 と太刀 1 のひびき

▼ 槍~ (3, 0.1%)

1 は避, を射る, を疵つけ骨

▼ 槍抜き身~ (3, 0.1%)

3 の薙刀

▼ 槍~ (3, 0.1%)

1 に聳えた, の垂直線, の穂高

▼ 槍~ (3, 0.1%)

1 の束, を下げ, 尖の

▼ 槍組頭~ (3, 0.1%)

1 で七百石, の住んだ, の湯浅五助

▼ 槍長刀~ (3, 0.1%)

1 がひしめい, まで担ぎ出される, を取っ

▼ 槍~ (3, 0.1%)

1 はケシ, をからっと, 払って

▼ 槍ある~ (2, 0.0%)

1 は利劔, ひは

▼ 槍いずれ~ (2, 0.0%)

1 も脇腹, 劣らぬ切ッ先

▼ 槍うけ~ (2, 0.0%)

1 て地, て末代

▼ 槍こそ~ (2, 0.0%)

1 なけれ三尺余寸, 小脇に

▼ 槍さび~ (2, 0.0%)

1 がいい, を唄つて彼

▼ 槍じゃ~ (2, 0.0%)

1 ないかね, ア

▼ 槍であった~ (2, 0.0%)

1 から槍持, がさすが

▼ 槍との~ (2, 0.0%)

1 かち合う響, たたかいに

▼ 槍とは~ (2, 0.0%)

1 どんなもの, 知っては

▼ 槍と共に~ (2, 0.0%)

1 すッ, 大地へ

▼ 槍なり~ (2, 0.0%)

1 持って, 木剣なり

▼ 槍にかけては~ (2, 0.0%)

1 腕に, 鮮やかに

▼ 槍にでも~ (2, 0.0%)

2 行って

▼ 槍により~ (2, 0.0%)

1 アテーネー・, 彼は

▼ 槍のべ~ (2, 0.0%)

1 て, て胸

▼ 槍ばかり~ (2, 0.0%)

1 です, 並べてや

▼ 槍ひつ~ (2, 0.0%)

2 さげて

▼ 槍また~ (2, 0.0%)

1 一槍, 拔けず

▼ 槍までが~ (2, 0.0%)

1 またたく間に, 手持無沙汰で

▼ 槍をと~ (2, 0.0%)

2 つては

▼ 槍~ (2, 0.0%)

1 以テ敵ニ向, 擬シ誰何ス

▼ 槍~ (2, 0.0%)

2 すぢ

▼ 槍一すじ~ (2, 0.0%)

1 でこれから, で一城一国

▼ 槍~ (2, 0.0%)

1 で昨日温泉, までのは胡摩塩状斑点

▼ 槍中村~ (2, 0.0%)

1 と号し, と称えた

▼ 槍九郎~ (2, 0.0%)

1 と名乗っ, はおらぬ

▼ 槍刀剣~ (2, 0.0%)

1 お手入れ役, 及び

▼ 槍刺撃~ (2, 0.0%)

1 の技, を得意

▼ 槍~ (2, 0.0%)

1 から吹き出す, を負っ

▼ 槍~ (2, 0.0%)

1 の達人, は空

▼ 槍参る~ (2, 0.0%)

1 これは, ぞと一声

▼ 槍及び~ (2, 0.0%)

1 常念山塊, 青銅を

▼ 槍囲い~ (2, 0.0%)

1 に監視, を解い

▼ 槍~ (2, 0.0%)

1 の門徒共, を示した

▼ 槍師槍師~ (2, 0.0%)

2 は多けれ

▼ 槍~ (2, 0.0%)

1 の武具, の類

▼ 槍弾正~ (2, 0.0%)

1 という名, も鬼弾正

▼ 槍~ (2, 0.0%)

1 の歩兵八百余, を持ちたる

▼ 槍~ (2, 0.0%)

1 かるれ, きとれど

▼ 槍持ち~ (2, 0.0%)

1 今なら, 奴共の

▼ 槍~ (2, 0.0%)

1 へず, へて飛びかゝるヂオメーデース叫び曰

▼ 槍~ (2, 0.0%)

1 のわき, の影

▼ 槍~ (2, 0.0%)

1 と楯, などを贈った

▼ 槍~ (2, 0.0%)

1 の手, を貫か

▼ 槍~ (2, 0.0%)

1 すでに手がき, や弾傷

▼ 槍穂高連峰~ (2, 0.0%)

1 が見えました, をさえ見る

▼ 槍穂高間~ (2, 0.0%)

2 を御

▼ 槍~ (2, 0.0%)

1 或ひ, 込んだ

▼ 槍~ (2, 0.0%)

1 じゃ, じゃ槍舞

▼ 槍薙刀弓柔術棒馬術水練~ (2, 0.0%)

1 しかも, ともの

▼ 槍薙刀鉄砲~ (2, 0.0%)

1 などが, を棄て

▼ 槍重く~ (2, 0.0%)

1 して, て堅くたくましく

▼ 槍鉄棒~ (2, 0.0%)

1 で対手方, で押掛けた

▼ 槍飛ばす~ (2, 0.0%)

1 トロイア勢の, メーリオネース誤らず

▼ 槍飛び~ (2, 0.0%)

1 の芸当, 馬上の

▼1* [454件]

あたりより向う, 槍あとの生々しい, 槍あれが何, 槍あッと血飛沫, 槍いかに強きかを, 槍船印の, 槍おし曲げて, 槍かも知れない, 槍からは大体支脈が, 槍からも白い虹, 槍きずでわかるのである, 槍くりだして兩軍, 槍ぐみ番がしら, 槍こそ泥舟の胸, 槍これもゆっくり, 槍これから上が, 槍ざを, 槍さ穂, 槍さき丈を魚, 槍さながら飛豹の, 槍されども彼, 槍ている, 槍した彼の, 槍じるしの短, 槍ずつ合わせて, 槍せんせんと, 槍そのものの構え方, 槍その他がよく, 槍その他すべての道具等, 槍それを外し, 槍それに大きな黒い, 槍それ自身の主, 槍ぞろい十五名の部下, 槍だけだったが, 槍だけにいつかわかる, 槍だけを横たえた者, 槍だこに鍛えられ, 槍ださうですよ, 槍だったが小笠原, 槍やなし, 槍つん出したねコバエテ, 槍であってそれ, 槍であります此の, 槍であろうが薬師, 槍でござるか, 槍でござんす, 槍でさえ夙くから, 槍でないことを, 槍でなきアよく, 槍でなきゃアよく, 槍でなくとも立派, 槍で無いと, 槍とが川原の, 槍とたんに幕を, 槍とて随分重かっ, 槍とともに落葉の, 槍とぶ場に, 槍とり直ししかばねの, 槍とればアカイア族, 槍どころじゃない, 槍んだ, 槍なぎ刀の, 槍なぎなた御腰の物, 槍なだらかな南岳, 槍などで樽に, 槍などと物騒な, 槍などとともに馬には, 槍などのような, 槍などは下手でも, 槍ならばこの, 槍なら突けるわけだ, 槍なるものは, 槍なんでもござらぬ, 槍なんか持出したつて, 槍なんぞをみんな何処かへ, 槍においてもそのころ, 槍にかくる, 槍について私は, 槍にとまつて, 槍によってひとたまり, 槍による戦ひは, 槍に対して全能を, 槍ぬきとれば暗黒, 槍はくの字, 槍はずし取って青江流手, 槍ひきしごきイワン, 槍ひきさげて落ち, 槍ひときわ燦と, 槍ひとしく鳴るとき, 槍ひとすじ具足を出せ, 槍ひとつがじつに, 槍ひらめかし剛勇の, 槍ふりて投げ飛ばし, 槍ふりかざし敵の, 槍ふるひ敵の, 槍への残雪は, 槍ほどもある長く, 槍すぐに, 槍まつ青に錆びた, 槍までは主系の, 槍みずから誇る彼, 槍みたいな形, 槍むなしく突き損じた, 槍きたるもの, 槍もう一度使って, 槍もつ手は, 槍もなが光線な, 槍もろともに身, 槍どうぞ俺, 槍よく鉄甲も, 槍よって望月家へ, 槍より先は, 槍らしいが槍, 槍らしき武器は, 槍らしくねえ, 槍わざと石突きの, 槍をからぶりさせた, 槍をさえ携える事, 槍をねえこんな場所, 槍をば兩樣に, 槍を以ては叶ふまじ, 槍トロイアのテレフオス, 槍上手故, 槍ヘヘン槍がありやがる, 槍モドレッドの胸, 槍ヲモテ柴田ガ金ノ御幣, 槍一人は刀, 槍一本六角型の窓, 槍一本鏃ひとつにも気, 槍一筋馬一頭二百石の十, 槍一緒に彼女, 槍一騎と一騎, 槍七筋を持った, 槍三人の人数, 槍三十本鉄砲三十挺弓二十張そのほか徒士武者一団, 槍三千余本鉾なぎなた五千丁弓楯などは数, 槍三室山を兵庫乗鞍, 槍三本試合に於い, 槍三百本具足二百領其他とある, 槍三鎖鎌四には手裏剣, 槍三鎖鎌四弓五馬の六泳ぎ, 槍両道にも秀でた, 槍並めて, 槍事, 槍九郎本田龍平こう七人, 槍五百本弓と鉄炮五百挺, 槍五竜に至る, 槍五竜唐松不帰白馬諸山歴々聖光燦として座, 槍五竜大黒牛首唐松奥不帰鑓杓子白馬小蓮華, 槍五龍唐松等を経, 槍は頭上, 槍今度こそはと思う, 槍付けたら鼈甲柄の, 槍以上と以下, 槍使い一代の履歴, 槍修行の荒法師ぞろい, 槍倒し岩といふ, 槍備えにあてられ, 槍傷太刀傷滅茶苦茶だ, 槍先一つであしらい, 槍先功名までも侵, 槍先和尚の胸板, 槍先斧の類, 槍は血, 槍六本がつきそっ, 槍六法を踏ん, 槍兵どもは新しい, 槍其掌中にあり, 槍刀創を体じゅう, 槍刀弓矢鉄砲城の奴等, 槍刀銃を嗜まざる, 槍刀馬の鞍, 槍をつきつけ, 槍の響, 槍よりも一層, 槍前立にカチ, 槍剣いずれもその, 槍剣戟の類, 槍剣旌旗の紛雑, 槍剣術の先生, 槍劍人に後れ, 槍劍術の世話, 槍勢子棒などを持っ, 槍北方のゴリウ岳, 槍十二筋三つ道具二通りその他の諸, 槍十五筋門の入口, 槍十字架旗すべて血のよう, 槍十手そんな武器, 槍千甲の敵, 槍南ゴリフから, 槍の金もち, 槍又は五竜孰れ, 槍取らば汝, 槍受けの丸い, 槍受けられるかな, 槍各種の武具, 槍吉君だったと, 槍同山説を主張, 槍同様に, 槍唸りをさせ, 槍喉笛はづれ, 槍四方八方槍ばかりです, 槍囲みにした, 槍垣御坊より和泉守, 槍に鉄砲, 槍士隊で尾州公, 槍大刀を閃, 槍大和の国三輪大明神, 槍大黒の山々, 槍を突き, 槍太刀かけや薙刀, 槍太刀具足の燦, 槍太刀長柄で喚きあう, 槍失ときは熊, 槍奉行その他の合議, 槍奉行坂田内蔵之丞, 槍奉行坂田方へ押し入り, 槍奉行斉藤源太夫の息子源之進, 槍奉行旗奉行御蔵奉行御料人様衆御小姓衆, 槍奥穂などが池水, 槍に手, 槍があった, 槍容易く盾を, 槍小六重ね打ちに三尺余り, 槍小屋に行く, 槍小槍がうつる, 槍小脇にし, 槍少しく覘ひそれ, 槍尖らしい桿状の, 槍屋町に住ん, 槍山刀鉞槌なども持ち歩い, 槍岳洞窟や富士洞窟, 槍岳燕岳の連峰, 槍岳燕岳蓮華岳の上, 槍岳爺ヶ岳蓮華岳等の所謂北アルプス, 槍岳頂上で聯合艦隊司令長官末山大将以下戦死者一万数千人, 槍より成る, 槍嶽穗高嶽を初め, 槍巍然たり, 槍師行徳助宗という, 槍念赤石等中部地方の, 槍平方面の見える, 槍には紫, 槍床の間をのぞけ, 槍弓矢をはじめ, 槍弓鉄砲奉行成田次家と康長, 槍弓長太刀それぞれの部将, 槍弓馬から仕方舞, 槍引き拔きて, 槍ともいい, 槍張飛趙雲の概, 槍当てて責めた, 槍形牙形というよう, 槍の守り, 槍を乗せた, 槍従者などの一群, 槍思い思いの一槍, 槍恐れ其れ, 槍悉く皆當る, 槍から此方面, 槍我が朝におきましては, 槍或は箭に, 槍手たちと共に馬, 槍手一隊は忽ち, 槍手隊を使うた, 槍打ち揮ふ, 槍ではない, 槍投ぐる術にすべて, 槍投これはもう, 槍折れ力つきて討死, 槍抜刀を携えたる, 槍押取床机の上, 槍拙者はこの, 槍持ち能う槍持つて, 槍振ひ耳の, 槍挾箱長柄其外引揃へ行列, 槍捌きの稽古, 槍捕縄などおもいおもい, 槍から一本, 槍掛けにあった, 槍揚げて奮然と, 槍握るトロイア族何ら, 槍す, 槍擧げて, 槍放ち兩手を, 槍の屍體, 槍く鳴るとき, 槍方面からは此急斜面, 槍が群鳥, 槍旗凛々たる所へ董荼奴以下, 槍旗竿鉄砲長柄などの林, 槍木剣薙刀が厳しく, 槍未熟者の習い通り, 槍い幟旗, 槍をつい, 槍板囲いの間, 槍柳生流の太刀筋, 槍梅雪の体, 槍などであった, 槍棒何へ向っ, 槍棒刺叉などの捕, 槍棒薙刀のよう, 槍棒薙刀千鳥鎌の類, 槍を導く, 槍槍四方八方槍ばかりです, 槍槍槍四方八方槍ばかりです, 槍から突い, 槍樫みがきの槍, 槍欲しやと奪い, 槍武田市之丞, 槍武鑑を繰る, 槍もするらしい, 槍に弱りゆく, 槍気合をかけ, 槍水中の槍, 槍ない庭, 槍法たるや世の常, 槍法師たちが集まっ, 槍流しの水独楽, 槍無手道具や戦法, 槍燕王を殪す, 槍燦爛たるを手, 槍鎌ささ, 槍田さんにでもお願い, 槍田氏は三隅, 槍甲冑物々しく固くなっ, 槍だの紺屋町, 槍を巻い, 槍白刃対白刃馬上馬上の斬りあい, 槍白旄黄鉞朱旛などを持った, 槍白馬といへ, 槍白馬越中の剣山, 槍百筋を押立, 槍相亂れ群がり寄, 槍真額へ一太刀, 槍矛戟の類, 槍矢切の槍, 槍槍を, 槍石鏃石錐石匕の如く細工, 槍石鏃石錐石匕等とす, 槍秦明の風, 槍穂先の代わり, 槍穂高それらが二列, 槍穂高乗鞍御岳と続き, 槍穂高乗鞍等を雲際, 槍穂高群山を抜き, 槍穗先に近き, 槍突いたのを, 槍突き合わす敵の, 槍突棒刺叉というよう, 槍立山がそれ, 槍竹槍刀棒いろいろの, 槍竹槍長脇差大鎌鋤の類, 槍二三四四部隊川之上隊です, 槍を経, 槍が揃い, 槍四百徒士の, 槍組二百人が突進, 槍組二隊をひきつれ, 槍組十五名の猛者, 槍組白刃組弓組をせん, 槍組衆の河尻与兵衛, 槍続きの山, 槍綱渡りの槍, 槍の方, 槍繰りしても八十石, 槍繰り出し敵將の, 槍繰り出せばアテーネー, 槍肴白刄肴けっこうとばかり, 槍に猟銃, 槍を詰め, 槍良い剣良い, 槍のかかった, 槍荷駄その他の組, 槍薄刃刀天秤棒あらゆる得物, 槍薙刀台笠立傘挟箱用長持引馬までが動揺, 槍薙刀弓矢の類, 槍薙刀木剣などの武道具, 槍薙刀鎖手裏剣棒武技という武技, 槍薙刀面胴籠手の道具類, 槍藤兵衛といった, 槍蛇矛を揮っ, 槍をかじり, 槍襖土煙りを, 槍見事な道具, 槍試合槍を上段, 槍誰彼と四, 槍貫きて地, 槍足軽三百人鉄砲足軽七十人残りが小者, 槍の処, 槍躍りを踊る, 槍込めたら此処に, 槍近頃の掘出し物, 槍進上とは胆, 槍くること, 槍酷く刺し通し, 槍重たげに, 槍野太刀狩弓などを持っ, 槍鉄甲の武者, 槍鉄砲半弓までひっさげ, 槍鉄砲奴の六法, 槍鉄砲旗さし物を全, 槍鉄砲等ヲ大勢シテ持歩, 槍鉄砲等携帯者は勿論, 槍銃太刀ごっちゃにした, 槍鋭く突きかける, 槍鋭きを, 槍鍛冶の名手, 槍鑓劒赤鬼餓鬼錫杖等は北アルプス, 槍長刀以上に無用化, 槍長刀大鳥毛の供触れ, 槍長刀馬轎長棹ギッシリ, 槍長柄ニテ大イニ利, 槍長柄太刀の閃き, 槍長柄弓矢によって厳め, 槍闘騎闘肉闘白刃戦敵味方混み合って, 槍をまんま, 槍陣刀薙刀など思い, 槍陣太刀半弓袖搦み鉢ワリ鉄棒六尺棒ありとあらゆる得物, 槍隊先鋒の真, 槍隊千余騎は前途幾段, 槍隊天馬隊土木隊などの機動作戦, 槍隊弓隊などが三段, 槍隊武者隊とつづき, 槍隊鉄砲隊長柄隊などおよそ, 槍隊騎隊荷駄隊など列伍, 槍などが沢山, 槍靭鍬などの彼, 槍頂上に着いた, 槍頂戴して, 槍などへも洩れなき, 槍を揃え, 槍飛ばむわが, 槍飛ばし射當て, 槍飛ばし逃れんとする, 槍飛び過ぎて, 槍飛弓が匿, 槍飛越えの, 槍飾り馬標領地江戸邸各家, 槍飾鉾が三本, 槍が突き通り, 槍馬上の影, 槍馬技に長, 槍馬術を修める, 槍騎兵テオデュールの顔, 槍騎兵八百八十人が控え, 槍騎兵士官を自分, 槍騎兵将校ばか者従兄のテオデュール, 槍騎士が飛び出した, 槍騎隊三千儀仗一千戦車石砲弩弓手鼓手螺手干戈隊鉄弓隊など四団八列, 槍高く後ろへ, 槍黄銅の穗, 槍黒槍樫みがきの槍, 槍鼓銅鑼楯などを飾る