青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「爺~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~父 父~ 父さん~ 父上~ 父子~ 父様~ ~父母 父母~ ~父親 父親~
爺~
~爺さん 爺さん~ 爾~ 片~ ~片手 片手~ ~片隅 片隅~ 版~ 牙~

「爺~」 2928, 32ppm, 3713位

▼ 爺~ (427, 14.6%)

5 そう言っ 4 杵とり 3 そう言い, 幾度も, 微笑を, 眼の, 自分の

2 [17件] それを, そんなこと, つぶやきました, どうした, 今夜は, 今日も, 何事も, 何度も, 何時でも, 口を, 声を, 大きな鼈甲縁, 居眠りし, 山に, 山へ, 目を, 頭を

1 [369件] あの偉大, あるが, いかにも堅い, いくらかの, いって, いつかの, いつも変らぬ, いない, いないか, いませんか, いろいろ考え, うっかりし, うつかり, おおさ, おずおずし, おらぬか, お美夜ちゃん, かう呟, けげんな, けろりとした, こういう人間, こうお, こうこたえる, ことしで, ことし六十五である, この問答, この大通り, この山茶花, この洪水, この縁前, この言葉, この黒い, これで, こんなこと, こんなとき, こんな穴, さほど熱心, しかしそれ, しばらくの, しぶしぶ連れ帰っ, すぐに, すっかり帰り支度, すでにあえない, すば, すると, ずんずん進ん, そうじゃ, そう云っ, そう云った, そう呟い, そこを, そのいちばん後ろ, そのまますぐに, そのままそこ, その一本, その上, その事, その固く, その大きな私, その底, その後どんな, その後を, その煽り風, その白髪, その若き, その赤茶けた, その金, そりゃ好く, それが, それがね, それでも獨, それについて, それにも, それは, そろそろ近寄っ, そろそろ遣戸, そんなもの, そんな事, ただひと晩, ただ大きい, たれよりも, たんと御馳走, ちょうど反対, ちょっと子供, つづけさま, どうしたつ, どうしてもそこ, どうでもよ, どうにも生活, どんな幸福, なおやる気, なか, なかなか帰り, なかなか暇, なんとなく聞き覚え, ひどく間, ひどく驚いた, ほかの, また指, また根, また目, まだ頑強, もうかなり, もう一度こう言っ, もう一度そう怒鳴っ, もう一度彼, もう堪らなくなっ, もう寝, もともと一家, もとより賛成, やかましかつ, やはり瞼, ゆうべ消し忘れた, よく他人, わがお, わきに, わしが, わずかばかりの, われらが, カラ駄目だ, スーッと, ホッと, ボンヤリと, 一人さびしく, 一台の, 一寸咎めた, 一所懸命だった, 一本抜きとった, 一緒に, 七斤の, 不安の, 不毛の, 世界の, 事実よろよろ, 事実村でも, 二人の, 二十年来の, 二度ばかり, 二間道路の, 云った, 五銭白銅貨を, 亡児の, 今おります, 今では, 今度は, 今日來た, 仕事への, 他人よりも, 他所の, 以前の, 伜と, 伜の, 伜への, 体格は, 何し, 何だか心配, 何やら追従, 使命を, 俄に, 先ず大きな, 其処から, 再度生, 初めから, 剃刀を, 力なく, 努力一方で, 勿体なさそう, 去りたり, 只ビックリ, 叮嚀に, 名状し, 呆け笑み, 周章てて, 味方を, 呻って, 唇を, 唐鍬の, 唐鍬を, 唯々として, 唯にや, 嗅覚が, 嘘を, 土まみれの, 地主の, 堅いから, 夜具包みや, 大きく肯き, 大きな竹, 大王の, 奔流の, 始めて, 子供の, 安心しました, 寄って, 寝たまま, 寝て, 寝床の, 小さい赭ら顔, 少しむっとした, 尻居に, 屋根に, 山芋を, 岩松の, 己の, 市平を, 師範学校にでも, 帯の, 帰らなければ, 帽子を, 平次の, 平然たるもの, 年寄の, 幾分か, 幾度か, 形の, 彫刻の, 彼を, 後夫, 後生が, 微笑みながら, 心からこの, 忽ち年, 怒鳴った, 思いも, 思い出したよう, 怠けもので, 急に, 悠長に, 悲しい顔, 懐を, 懐中から, 或はもう, 戟を, 戻って, 手も, 手を, 手拭で, 手桶を, 投げ出した, 折々伜, 抱えて, 掌の, 改札口の, 教えた, 散々に, 斯う, 早くも, 早く雨戸, 晩出た, 晩餐の, 暗におびえ, 暫く私, 更に二三度自身, 書斎の, 最後に, 村一番の, 東京新聞にも, 東京新聞を, 枯木一束くくる, 森本を, 正勝の, 毎朝この, 気が, 気を, 水に, 永久に, 汗みどろで, 油烟の, 波を, 泣き顔を, 泥田の, 洟を, 涙に, 済まし返って, 湖岸から, 滅多に, 濁った目, 火箸で, 灰を, 炉の, 無い, 無精鬚を, 燒けた柱掘立てた, 燗の, 爛れた眼, 爺として, 猛り立てて, 甲州街道で, 申しわけの, 疾に, 病気で, 痩せこけた顔, 白毛混じりの, 目の, 直ぐ隣室, 相変らず, 相変わらず顔, 相手の, 真面目に, 真顔に, 知っとるの, 知つてゐます, 知るまい, 破れた帽子, 私に, 稲扱き機械を, 突然思い出した, 竈の, 笑いながら, 笑いの, 紙に, 綾子の, 総身を, 老女の, 考えたの, 耕作価値と, 耳が, 肝心な, 股引の, 胡弓を, 腹の中が, 自分たちの, 自慢の, 舟の, 苗代の, 若い時, 苦しまぎれに, 蔵人の, 薄暗い小屋, 薪を, 薬だ, 西洋菓子が, 見て, 見れば, 見世物の, 観音さまを, 解りの, 言いながら, 言うの, 言つて, 言つてました, 訊いた, 警官の, 豚小屋の, 足許の, 跛引き引き村の, 蹌踉き去り, 輕く, 辞退し, 遠慮勝ちな, 酒に, 酒好きで, 酔って, 重い溜め息, 開墾場で, 間歇熱が, 隣村の, 難儀し, 面白くも, 頑としてうごかない, 頻りにうなずい, 頻りに嘆願, 顎で, 顔丸く, 飛んだ粗忽, 首を, 馭者台の, 髯を, 龍子に

▼ 爺~ (380, 13.0%)

8 左近は 7 顔を 6 ように 4 ような, 左近も, 手を, 癖に 3 ために, 家の, 家は, 左近が, 恩智左近が, 方は, 目には, 面の, 顔は

2 [28件] ことを, ほうへ, やうに, 写真が, 前で, 場合は, 声が, 姿が, 姿は, 家に, 左近と, 左近の, 左近や, 後に, 恩智左近は, 恩智左近へ, 恩智左近や, 悪口を, 方へ, 方を, 牌票が, 留守に, 胸を, 腕を, 言葉を, 話に, 話を, 遺骨の

1 [260件] うちに, うなり声, おかげで, お芝居, お蔵, くせに, ことが, ことだ, こととは, こと貧しい, このリンネル, さまをも, すがた, そういう思いつき, そう言っ, その小屋, となりの, ほうを, ほかには, まへに, まへへ, むかしむかしを, ものばかり, ゐること, ゐる薬屋, アイヌが, イビキの, ウオウオウイウイが, キン玉を, チャンフーという, チレシアスに, パジャマの, ピークの, モノスゴイ視線を, ラッパは, ロチョー部だった, 一人ぐらいは, 一人なぞは, 一人なんぞは, 一坪四銭五厘で, 三平が向, 上にも, 事だ, 二日も, 云い遺したこと, 人形な, 人形芝居から, 今日も, 仕事は, 代から, 伜であった, 伝五めに, 伝五郎, 体が, 体を, 倅の, 倅程の, 傍へ, 先達で, 全財産, 全資本, 写真を, 処へ, 出した茶, 出張だ, 刑部まで, 前に, 加持の, 勧むるままにやがて, 化精でございまし, 半ば裸体に, 南峰の, 卵である, 口から, 口に, 口を, 口占では, 呼ぶ聲, 咄は, 喜ぶこと, 噺を, 因果が, 地処だ, 声, 声で, 声です, 声な, 声に, 声は, 声を, 女房で, 好きな, 姉の, 姿や, 姿を, 威風を, 娘, 娘だ, 娘で, 娘と, 娘にも, 婿に, 嬶とも, 宅で, 宅に, 宰八の, 家で, 家である, 家を, 家主は, 寝て, 小商人, 左近に, 左近へ, 左近を, 左近をも, 巾着婆の, 店の, 庭内で, 役, 彼は, 御ちょうちゃく, 心からも, 心に, 心は, 心持そつくりだ, 心持ちは, 怒りを, 怖きを, 恩智左近を, 恩智左近南江正忠ほかの, 息子が, 息子武蔵守貞将を, 意志を, 愛, 慰めるよう, 所へ, 手から, 手に, 手紙は, 手際である, 押丁ね, 持ってる石笛, 指が, 掘切に, 敵なら, 文句を, 方から, 方の, 旦那さまであり, 昔話と, 昔話の, 書いた物, 書院の, 本家だ, 村に, 松の, 枕もとで, 植木屋甚平名と, 機嫌を, 機嫌取, 歩きながら, 死体に, 死体は, 死骸は, 死骸を, 気もちも, 気持が, 注意によって, 漁る状, 煙草入を, 爛れた眼, 父親に, 物語の, 狂言を, 独活苅なども, 生きてる日, 生活は, 生活も, 生述懐, 用という, 用件には, 申した通り, 画に, 畜生め, 畠打ちを, 病勢は, 病気見舞だ, 白い遺骨, 白痴息子粂太郎という, 目の, 相談は, 眸を, 眼からは, 眼で, 瞳には, 砂糖を, 禅門でも, 種蒔き, 笠の, 笠太郎が, 筬に, 総領息子だ, 考では, 耄碌ツ, 耳へ, 耳へも, 聲です, 背中へ, 脛を, 腰が, 膝を, 芝居です, 菩提の, 葬式も, 蔵書を, 虎狩も, 血を, 見識は, 解釈であった, 言うよう, 言葉に, 設計である, 訴えは, 評判が, 話として, 話は, 説であり, 説得だけ, 説明で, 財布の, 資本は, 赤帽は, 足許から, 蹙足爺め, 身も, 車に, 轍を, 辰さんが, 道具等を, 酔い痴れた, 野郎は, 金博士であろう, 長い労苦, 門八は, 間歇熱は, 間歇熱を, 霜げた耳に, 非義非道, 音に, 頑固が, 頬には, 頭に, 頭は, 額を, 顔つきで, 顔と, 顔には, 顔や, 首が

▼ 爺~ (257, 8.8%)

4 出て

2 [17件] いたら, きょとんと, そこへ, ぼんぼんは, カラカラカラ, 己の, 張る四つ手, 日永と, 日永や, 来た, 生きて, 自分の, 行かなくても, 言った, 身を, 顔を, 魚を

1 [219件] あいさつに, あったとか, あの通り気, あの金時計, あまり馬鹿馬鹿しい, ある, ある時三四歳, あんなボロツ株, いいたる, いた, いつかこの, いつか此の, いて, いる, いるだけ, いるばかり, かぶりそう, くどく言, ここに, この夜中, この山小屋, こんな風, せっせと傘, そういい, そうし, その子供, その翌日, それを, ただ不体裁, たちまち眼, ために, どこに, なかったら, はさみ出して, ひどくて, ぼっそり, まだ秀才, まだ誰, まつ黒, もっと何, もどって, ゆうべの, よう知っ, よろよろと, クンクンと, ユックリと, ロスコー家裏手の, 一人しょぼん, 一人しよんぼりと坐, 一人炭や, 一人腰を, 一生の, 一羽まだバタバタ, 三月かかっ, 不満らしく, 両方の, 中気で, 二人いた, 云う, 云うの, 云ったじゃ, 井戸の, 亡くなってからも, 人間レコードな, 代助, 低声, 何を, 作へて, 來た, 俳諧を, 倒れて, 傍に, 出したの, 勝手口で, 勧めて, 十三年の, 又遣っ, 叫んで, 台所から, 右の, 向こう岸に, 周章てて, 喋舌って, 喫む煙草が, 団子を, 地べたを, 城内に, 声を, 売りに, 外に, 大きな雪かき, 大変怒っ, 大枚の, 天理教に, 女色に, 如露を, 始めて, 娘の, 娘を, 嫌いで, 宗七だ, 寄ると, 寝惚眼, 居った, 居て, 居民, 山茶花を, 川に, 巻き奉書, 帰れば, 常に煙たく, 床に, 度々申し, 庫裡へ, 庭から, 廃せというは, 引受けた, 御恩, 御被官, 御邸, 心酔した, 思いついたの, 恋しうなりました, 悦びまして, 悪いから, 戯談に, 手さも, 手に, 手渡す丼, 押えたの, 押しこんだ柴, 招いて, 持って, 振り向いた, 提げたる鈴虫, 政治を, 早朝からの, 明日銀行に, 昔流行った, 時々なけなし, 最初に, 望む儘, 村へ, 来て, 柄の, 案じたほどの, 案内に, 棒打とか, 死ぬ村, 死んだら誰, 死んだ時, 殿で, 水洟を, 汲んで, 泣き婆, 泥棒だ, 済ました明六つ, 火箸で, 灰を, 煙管しきりに, 煙草を, 爺が, 物々しく鉾, 狂に, 獅噛火鉢に, 病気で, 病気の, 目を, 眞面目顏じ, 砂糖でも, 穴一の, 突立って, 突返し, 立ってるの, 立上った, 立上る, 竹を, 答えて, 美しい青い石, 羨んで, 考えて, 肩より, 膳さかう, 船頭で, 花を, 苔を, 茶店でも, 草履を, 虎狩を, 處さ行ぐつちとおとつゝあ怒んだ, 表へ, 裏木戸から, 見えまして, 言つてた, 話した, 誤って, 貴女に, 賀川さんの, 賜びたる蓮, 身に, 轆轤を, 這入って, 通る人, 遙, 釣狐の, 長州征伐の, 長火鉢に, 附纏っ, 雲から, 面も, 頑として口, 顔出す, 餅を, 首を, 驚いたほどに, 驚かしやがって, 鬼の, 黒い幽霊, 鼻水を

▼ 爺いさん~ (178, 6.1%)

4 が, の傍 3 である, はこう, は云った, は目

2 [14件] が出, が小さい, と自分, に負けぬ, のこう, の出, はこの, はそれ, は元, は眼鏡, は自分, は黙っ, 婆あ, 岩の

1 [130件] あれは, お婆アさん, がいた, がどうも, がどんなに, がふと, がゐ, が云, が傍, が其夜, が参つて, が又, が声, が手, が教, が来, が為め, が背後, が荒々しい, が詞, が附い, が隠居所, が隱居所, が頼み少なく, だけは立ち, だけは腕組み, で目, で禿頭, と酒, なぜ寝ない, なんぞは仙人, に, にお, にキス, に値, に問う, に問うた, に声, に好意, に杯, に相手, に紹介, に見えた, に連れ, ね, のため, のトビアス, の内, の子供, の学者, の家, の左, の後姿, の心, の懐中時計, の手, の支度, の教へた通り, の法律顧問, の申分, の背後, の記憶, の話, の身の上, の麻, は, はこわい, はずん, はそつ, はその, はぢ, はとうとう, はどうして, はまた, はまだついぞ, はもう, はもう余程, はパン, はボオト, は一本腕, は世話, は何, は先, は卓, は取つ, は右, は小言, は岩, は左, は得心, は戸籍, は据わっ, は据わった, は格子戸, は棒立ち, は水, は流浪人, は渋い, は焼, は煎餅, は直ぐ, は真面目, は穹窿, は紋, は綺麗, は膝, は色々, は親切, は読みさした, は謹ん, は讀み, は起っ, は返事, は難, は靴, は飲ん, は髪, は鳥瞰図的, は鼠色, も気の毒, も矢張懐中時計, も胸, よ, を取り巻い, を早く, を蔭, を邪魔, を顧み, 一人は, 気が

▼ 爺~ (159, 5.4%)

7 さんを 6 爺や 5 さんが, 何処より 4 たちは 3 さん, さんの, たちに, たちも, です 2 あけて, かい, から渡された, たちが, たちを, でした, の言う, 夫婦が, 殺しの

1 [99件] あっち婆や, ありや, あれは, お前そんな, お前に, お前ン処まで, お前何を, お母さんの, お美夜, かまアお, からこう, から取りました, から受取つて, から聞い, か婆, が, がまた, が呆れ果てた, が床べた, が憂わし, が殺された, が爺, が申上げ度, が相手, が静か, この茸, これからどこ, さんお前さん何とか, さんです, さんに, さん今ほどは, さん今日は, さん何か, さん峠の, さん有難う, さん来, さん羽織はね, じゃ, ただ玩弄, たちの, だったね, だろうけれど, であった, であったか, でございました, でしたから, ですって, ですよ, では, でもよく, で今, というの, とこの, と九紋龍, どうした, な, なんという, の小鼻, はあははと, はさう, ひとりで, まじりに, みたいに, もう帰れ, やはり青い, より巧, わたしの, ア, アどうか, アを, ア私は, ッ三吉ッお客様たちも, 一人で, 一人を, 一緒に, 与三爺も, 伝助とだけ, 俺は, 南江正忠などに, 南江正忠なども, 危険を, 同志で, 夫婦に, 夫婦は, 安心し, 彼の, 御精, 此間は, 武田は, 殺しが, 爺やと, 私は, 私怖い, 自分の, 茶屋, 茶屋は, 行くワ, 錢太爺が, 鹿島槍を

▼ 爺~ (92, 3.1%)

5 なって 2 声を, 訊いて

1 [83件] いいつけての, いひつけての, おっしゃって, おんぶし, お美夜ちゃん, かて分らぬが, くどくど纏いつかれ, しても, しろ長作, すすめた, たずねた, とつて, なったとき, なっちょ, なりかねない素質, なりましたよ, なりましてね, もとめて, ソックリだ, 乳房を, 五年前から, 亡くなられて, 付けられたんで, 任せて, 会ひ, 借せと, 出会い仔細, 別れると, 取られた, 名刺を, 向い, 向って, 向つて, 告げて, 呼吸を, 問うた, 堅く禁じられ, 変装し, 導かれて, 彼の, 御一座, 怒られつから, 感づかれないよう, 手間暇が, 拾われ困った事, 振舞つて呉れ, 教えあっち, 梅子さんの, 渡した, 渡して, 燒かつ, 相違御座いませぬ, 知れたもの, 知れないよう, 縁の, 聞いたらおいら, 聞かれると, 聞けば, 聞て, 肯くと, 若いもの, 見えて, 見つかるの, 言って, 言つた, 言はれた, 話しかけた, 話したそう, 話したら私, 話して, 諭させても, 輪を, 通じること, 逢うの, 逢って, 過ぎない, 違ない, 遭つた, 還り叮寧, 金の, 鐘の, 間違いの, 随って

▼ 爺~ (87, 3.0%)

3 だ, 貴老

1 [81件] あれあれ, お探しし, お聞きくだされ, お遊び, かどう, がさよう, がどうして, が五日, が居, が然, が皺, が突然, が途中, が鉈豆, が餌箱, この里, さ, さそして, さ私, だから, でございました, ですない, と相談, と相談すべ, なかなか凄腕, なぜでございましょう, なの, には森右近丸様, にも根, にアノ, に一伍一什, に半, に厚く, に殺されます, に異状, に見つけられ, に遠慮, に頭, のこと, のでねえ, のところ, のよう, のト, の乗った, の代, の慌てた, の時分, の洗濯, の瘧, の肩, の背中, の饂飩屋, は, はさめざめ, はねどこ, はもう, は世界中, は今, は汚れた, は生きた, は白髪小僧, は聞い, は見向き, は面白い, まあここ, まだ確乎, までが何, も亡くなった, も夜, も居つた, も患った, も酔っ, も随分, やこんな, や継母さん, を喫驚, を見遣っ, 嘸ぞ, 寝ましたきり, 渡して, 頼んます鎮守

▼ 爺やの~ (86, 2.9%)

2 ところへ, 六兵衞は, 出て, 手から, 熊吉は, 留守などに, 與八に, 言ふ

1 [70件] いじくって, お伽話は, ことです, ことは, こと故, しゃがれた声, ところへは, ところへも, ところを, ガロが, 五十五に, 仇を, 伐つた木, 何処か, 六兵衞が, 六兵衞を, 卯八, 卯八だけ, 友吉が, 友吉までが, 口からは, 唯一の, 嘉助と, 嘉助は, 嘉助下女の, 声である, 外に, 夜なべを, 大きな手, 室で, 室へ, 小屋も, 影は, 得意さと, 挙動に, 方が, 方で, 方は, 方も, 案内で, 権幕と, 歓びは, 正平を, 死を, 江藤老人夫妻と, 無表情な, 熊吉それから, 畑の, 白い眉, 直す下駄, 羊歯を, 耳元で, 背中で, 與八は, 與八を, 芝山宇平と, 行動にも, 訴えで, 話だけ, 話では, 話の, 話は, 話も, 話を, 辰さんから, 辰さんこそ, 造つて呉れる, 顔, 顔が, 顔を

▼ 爺~ (72, 2.5%)

2 あつた, あり道具, お慈悲, 罷めさせられたと

1 [64件] ああいう, あの年, あまり食物, あるめ, あれば, いって, お辞儀を, きもを, こんな不恰好, さぞ喜びましょう, すぐその, すでに, そう思うであろう, そのとおり, その席, そんな事, だいぶ酔っ, とうとう死んだ, またなん, まったくもっ, もう年, やや福, やれやれという, オームの, トントンと, 一層蔭, 一期を, 久しぶりで, 亡くなりました, 今は, 來ましき, 先の, 刀を, 参りましょうず, 合点し, 君非常に, 外国で, 娘の, 安心しましょう, 居り午後, 岸に, 己も, 市平も, 持って, 村の, 澄夫と, 火傷した, 無い, 煙草を, 爛れた眼, 爺では, 相変らずいる, 稀れ, 親切だ, 起きて, 近寄って, 遂に自分, 間に合わなかったそう, 阿爺, 阿Qの, 降りて, 驚きましたらう何しろ, 驚きましたろう何しろ, 黙諾の

▼ 爺~ (72, 2.5%)

2 出しやりぬ, 呼んで, 相手に

1 [66件] おさ, おも, お招き, お頼み, この上, すてて, ずたずたに, せびった小使, つけて, はじめ人々は, ひっかけて, へこまして, よく知つて, ホロケと, 一つ見, 上演する, 俺の, 刀下の, 勤める役者, 取絞めて, 取絞めるて, 呪つてゐる, 呼びに, 呼ぼう逗子, 呼寄せて, 土手に, 堺から, 太郎が, 始め二人, 庇う位, 強いて口説い, 恋しく思う, 愛すること, 持たなかったが, 持った, 持って, 振向いた, 捕まえろ, 探し出いて, 探出したので, 横町へ, 殺いたよう, 殺したの, 無事に, 登って, 知つて居る, 蔑に, 見た, 見付け出したから, 見給え, 見送った, 訪ねて, 誘拐した, 説得しよう, 誰か, 識って, 責めて, 逃すな, 連れに, 遊び対手と, 銑吉を, 雇って, 非常に, 音を, 頼んで, 顧みた

▼ 爺~ (62, 2.1%)

3 婆が 2 一緒に, 子供の

1 [55件] いう, おともさん, おぼしい声, つてやん, なったの, なる, もう一人, もう一人秀才太爺, 一所に, 並んで, 二人で, 兄さんの, 口を, 同志の, 同様あの, 同様に, 名のる, 呼ばれて, 呼んで, 唖の, 太郎と, 女と, 女中の, 婆, 婆との, 婆とは, 婆ア金太の, 婆二人ぐらし此處に, 媼と, 媼とが, 媼の, 子供は, 宇潮は, 宣るところ, 対坐し, 己は, 懸想された, 来た日, 歓迎し, 武田が, 気短な, 泰軒居士へ, 火あ, 烙きつけられ, 申す名, 番頭とが, 相談し, 罵りたるは, 美術学校の, 臺所の, 言えば, 言つても, 違ひ, 錢太爺と, 鹿島槍が

▼ 爺やは~ (61, 2.1%)

2 そういう苛ら苛, 他の, 山から

1 [55件] ああああっと, あわてて, お内儀さん, ここの, この頃, これが, そこい, そこも, その屏風, その木, ときどき羊歯, どうし, また木曾風, また裏, まだいろいろの, まだ打ちのめされた, まめに, ゐるかい, ハアハア息, 今日の, 何となく奧齒, 何やら綾子, 何を, 何んだ, 何んにも, 全く一人っきり, 力一ぱい杵を, 合点が, 坊ちゃ, 大へん, 将軍が, 山へも, 庄吉といふ, 御飯の, 心配し, 思い出したよう, 恐ろしい権幕, 恐縮し, 意氣込みました, 斯んな, 杵で, 歯の, 気づきよう, 水戸に, 洟水と, 爐で, 片手で, 目を, 砂上に, 神妙な, 私の, 窓の, 起されながら, 電気に, 飲んだくれで因業

▼ 爺やが~ (57, 1.9%)

2 もう一, 其処を, 薪を, 見つけたもの

1 [49件] いるだけ, さう申しました, しばらく仮, ちょっとした楓, どうかしました, どうもこの, なんだか体, なんと言っ, やって来て, ホロリホロリと, 一人五人の, 一人起きました, 二三人の, 何かという, 何かと働い, 何んとか, 來ない, 傍に, 出て, 出掛けて, 切つて來て, 参りましたよ, 呼止めました, 大きな太鼓, 大変だ, 小さな麻裏草履, 小屋から, 居る, 山から, 庭の, 戸口を, 持ツて, 日向の, 来て, 杵を, 松林の, 止めるの, 死んだの, 死んで, 父さんに, 申しました, 畠から, 知って, 羊歯を, 裏の, 連れに, 野菜の, 鍵束を, 青い竹

▼ 爺~ (47, 1.6%)

3 ぁん, あま, あまに, あんが

1 [35件] ぁんあぶねえあぶねえ, ぁんあんまり, ぁんお, ぁんお前も, ぁんお前を, ぁんお前武右衛門の, ぁんが, ぁんそれじゃ, ぁんだ, ぁんだぜ, ぁんだって, ぁんちょっと, ぁんと一杯飲ろうと思っ, ぁんは, ぁんはいつも不機嫌そうね, ぁんやに, ぁん世の中なんて, ぁん主, ぁん何か, ぁん何ていう, ぁん寒い, ぁん山王の, ぁん春には, ぁん百両だ, ぁん耄碌しっ, ぁん覆し, ぁん黙っ, あまが, あまさ, あまの, あまや, あんがなによりの, あんこうし, あんの, あん船を

▼ 爺さま~ (43, 1.5%)

2 がいわっし, のお, の家

1 [37件] あの大, お爺さま, から伺います, がいわしった, がおそろしく, がこんな, が潜っただ, が胴の間, が鴉, これから何所, その時, だ, って云われる, でございますか, では, と三, にあれ, にお, に七十, の手, の掌, の目, はそら耳, は女, は快く, は斯ん, は親切, へ渡し, もう沢山, もお, もそう, も婆さま, も文學者, も飮, や婆さま, を鶏, 早う来

▼ 爺~ (35, 1.2%)

2 に化けました, の昔話

1 [31件] がまた, が安心, が家, が居る, が煩い付い, だけで, だろうと, でも塩, でも鹽, とともに煮, とのみ思い込ん, ならまだしも, になっ, になる, に厄介, に啼い, に扮, に昔, のため, の出, の姿, の方, の死骸, の石像, は以前, は俄, は大, は如何に, は荒縄, を逐い除け, 若返つて騷ぐためしである

▼ 爺~ (33, 1.1%)

6 さんの 2 ころりん, ぢや

1 [23件] から不断ここ, が己, そのまま上, だ, だからな, だな, とこく, なかなか猾, に一泡, に云, の背中, の部類, の金聾, はすこし, は夜, をさ, 人殺しの, 奴, 奴相模屋の, 婆を, 扱ひ, 梨の, 汝だ

▼ 爺ちゃん~ (31, 1.1%)

3 のこと 2 に会いたい, のあと

1 [24件] がね息せき切っ, が親切, じゃない, だよねえ, でそんな, にそんなに, になった, にまた, に別れる, のお山, のところ, の家, の顔, はあそこ, はあの, はただ, はネいつも, は日中, もお, もみんな, も来, やっぱりゆく, を引っぱり出してえ, を探し

▼ 爺どの~ (31, 1.1%)

2 は悚然

1 [29件] お孝, がその, が云います, が待, が恐怖紛れ, が振, が潜り込んだ, が肩, が自分, だから俺, で息, の方, の背, はお, はどうやら, はどっこいしょ, は二度吃驚, は冷汗, は心外, は手, は爺どの, は身震い, は這う, は駆け, もむかっぱら, を呼, を推, 了簡で, 阿爺どの

▼ 爺やに~ (26, 0.9%)

2 暖炉に, 連れられて

1 [22件] きいても, しましたら爺, ひやかされるほど, やるもの, 一目置い, 不平を, 何か, 呼び止められた, 慰められても, 手傳つて貰つて造りました, 手傳つて貰ひまし, 抱かれて, 捲き揚げさせますわね, 曳かれて, 盆を, 笑はれました, 給料を, 自分で, 訊ねたやう, 造つて貰つた鳶口を, 頼んで, 飯を

▼ 爺~ (16, 0.5%)

1 [16件] あつた, あなたの, お歴々の, ござります, その二階, ね, 一人で, 新造が, 昭和十六年五月私が, 焚火の, 無くなった, 白いの, 網の, 背の, 鉄砲の, 雑魚や

▼ 爺やを~ (16, 0.5%)

2 殺したの, 相手に

1 [12件] ぐんぐん押し戻し, なだめて, 刺したの, 叱ること, 呼んだ, 従へて, 案内に, 殺して, 炬燵の, 無理に, 知らせに, 見て

▼ 爺~ (15, 0.5%)

2 と松太郎, な, よ 1 から手前ん, がそれ, そうです, つて御, とこの, とただ, と宙, と思った, のが

▼ 爺やも~ (15, 0.5%)

1 [15件] そこへ, なかなか帰ろう, またそれ, やっぱり臆病, 久しぶりで, 変り者です, 奥さんの, 時々言っ, 水車も, 爺や, 私に, 綾子も, 美保子も, 見ようとも, 難物ぞろいでした

▼ 爺から~ (14, 0.5%)

2 鹿島槍に

1 [12件] いわせて, いわれなくても, わけも, 出る二十五両, 巻きあげて, 巻物の, 幾重にもお詫び, 廿歳に, 本陣問屋庄屋の, 留守中の, 笛を, 送って

▼ 爺~ (12, 0.4%)

1 [12件] えせ物知, が何, が土用干, が要, この露路, だ, なぜ死んだ, はご, まさかおれ, やはり幾ぶん, を京, 追っかけるよう

▼ 爺やと~ (10, 0.3%)

2 一緒に 1 いえば, 別れた, 別れて, 女中さん二人が, 気に入られて, 申しました, 私だけに, 話すん

▼ 爺つあん~ (9, 0.3%)

21 さ見せ, と一緒, はあ, はあなんぼ, まあ聞い, 今日は, 子供に

▼ 爺~ (9, 0.3%)

1 であったの, でしたよ, というの, とお, と呼び捨て, に下郎, に会った, のよう, までがその

▼ 爺とは~ (8, 0.3%)

1 いつまでも, 一体どんな, 世を, 五六間程の, 何ものか, 何んじゃ, 小さい爺さん, 顔を

▼ 爺~ (8, 0.3%)

2 んでございまし 1 でく, のさ, のだ, ので私, んざアヒョロ, んでございます

▼ 爺には~ (8, 0.3%)

1 しかしまだ, 似合ひましねえ, 判るまい, 性根が, 竜雄が, 聞えやしないから, 酔った勢い, 黙ってよ

▼ 爺チャン~ (7, 0.2%)

1 ヲ是非一ペンボクシングニ引ッ張ッテ行クワ, ヲ楽シマセルタメニ, ヲ殴, 可哀ソウニ, 早クソッチヘ行ッテ頂戴, 早ク食堂, 見テ戴キニ来マシタノヨ

▼ 爺~ (7, 0.2%)

1 か鹿島槍, というの, としても差支, との間, に対する越中人, に当る, の双

▼ 爺~ (7, 0.2%)

1 が代, せえ, だつちつたつて, なり, に打たれた, に鐵火箸, はどう

▼ 爺~ (7, 0.2%)

1 に聞い, のいない, の血, も帰っ, も承知, も知っ, を噛み殺した

▼ 爺という~ (6, 0.2%)

1 のは, の唖であり, ものだ, ものよく, 人町より, 祖父の

▼ 爺ガ岳~ (6, 0.2%)

2 の種蒔爺さん 1 という山名, のについ, の記録登山, の頂上

▼ 爺いさん達~ (5, 0.2%)

1 が云つて, が谺響, はうめく, は云, は腹立たし

▼ 爺ちゃ~ (5, 0.2%)

1 だって安心ッ, ま, まに, 応援すべな, 言ってたぜ

▼ 爺~ (5, 0.2%)

1 おまえの, お爺, なにす, 何刻も, 爺よと

▼ 爺~ (5, 0.2%)

1 が理, で, ですが, に話し, は顔

▼ 爺~ (4, 0.1%)

2 玉だ 1 玉さね, 玉奴

▼ 爺そち~ (4, 0.1%)

1 が下赤坂, と南江正忠, も一射, も乗れ

▼ 爺たち~ (4, 0.1%)

1 が私たち, に見つかっ, はこんな, は二人がかり

▼ 爺です~ (4, 0.1%)

1 から当て, がこの, ね, わね

▼ 爺とか~ (4, 0.1%)

1 さまざまの, 武田それに, 河童の, 謂って

▼ 爺として~ (4, 0.1%)

1 あのおふくろ, かいて, 尊敬される, 通って

▼ 爺やには~ (4, 0.1%)

2 菜穂子の 1 やっぱり私, 矢っ

▼ 爺くん~ (3, 0.1%)

3 ねえか

▼ 爺こと~ (3, 0.1%)

1 も連れ, 見て, 起すべか

▼ 爺これ~ (3, 0.1%)

1 だけ目印, でわしたち, ほど自在

▼ 爺ちゃんと~ (3, 0.1%)

1 お話します, このお, 仲よしに

▼ 爺~ (3, 0.1%)

1 お止め, ちゃ止っ, ちゃ無い

▼ 爺では~ (3, 0.1%)

1 ない, ないか, なかったろう

▼ 爺ども~ (3, 0.1%)

1 が拍子木, の胡麻塩, も空

▼ 爺なら~ (3, 0.1%)

1 いいと, いま呼ん, 四方の

▼ 爺はん~ (3, 0.1%)

1 と三人, の肩, は今夜

▼ 爺までが~ (3, 0.1%)

1 また一笑, 座蒲団を, 歯の

▼ 爺やとは~ (3, 0.1%)

1 ずい分仲が, 仲違を, 老用人

▼ 爺チャンハ~ (3, 0.1%)

1 困リマスヨ, 早起キナンダカラ, 黙ッテオ休ミナサイ

▼ 爺一人~ (3, 0.1%)

1 でニヤニヤ, に任せ, の手

▼ 爺~ (3, 0.1%)

1 が, は竹, は苦笑

▼ 爺~ (3, 0.1%)

1 また此間來, 嚇す気, 嚇す氣

▼ 爺~ (3, 0.1%)

1 が買う, の手首, の風説

▼ 爺殿~ (3, 0.1%)

1 でご, と二人きり, にも慎作

▼ 爺~ (3, 0.1%)

1 が他人, は恐ろしく, を想像

▼ 爺臭い~ (3, 0.1%)

1 声を, 親爺の, 騒ぎは

▼ 爺臭く~ (3, 0.1%)

1 なつたわ, なつたわねお, なつた気

▼ 爺いき~ (2, 0.1%)

1 りきって, りきつて門口から

▼ 爺~ (2, 0.1%)

1 爺早, 飯出來た

▼ 爺お前~ (2, 0.1%)

1 早く行っ, 知ってるの

▼ 爺~ (2, 0.1%)

1 婆か, 嬶か

▼ 爺がな~ (2, 0.1%)

1 クックックッと, 有つたつけ

▼ 爺~ (2, 0.1%)

1 が富める, が木洩れ日

▼ 爺さまおれ~ (2, 0.1%)

2 の顔

▼ 爺さまそれ~ (2, 0.1%)

1 は酒, は飛ん

▼ 爺さま何~ (2, 0.1%)

1 ういう, うぞ

▼ 爺さイ~ (2, 0.1%)

2 のウ婆さイ

▼ 爺じゃ~ (2, 0.1%)

2 ないか

▼ 爺だらり~ (2, 0.1%)

2 と古

▼ 爺ちゃんどこ~ (2, 0.1%)

1 かへ行く, へも行っ

▼ 爺ちやん~ (2, 0.1%)

1 と一処, の巾着

▼ 爺~ (2, 0.1%)

1 や, やが

▼ 爺っつ~ (2, 0.1%)

1 ぁんというのもおよそ, ぁんの

▼ 爺でも~ (2, 0.1%)

1 よう口に, 平生の

▼ 爺とに~ (2, 0.1%)

1 向かって, 悲哀の

▼ 爺との~ (2, 0.1%)

1 トリオの, 四人が

▼ 爺と共に~ (2, 0.1%)

2 お定

▼ 爺どう~ (2, 0.1%)

1 した, した心持惡

▼ 爺などを~ (2, 0.1%)

1 勤めいたるが, 面倒くさがる

▼ 爺にと~ (2, 0.1%)

2 つては

▼ 爺に対する~ (2, 0.1%)

1 あの同情的, ときは

▼ 爺はね~ (2, 0.1%)

2 腥いもの

▼ 爺ひとり~ (2, 0.1%)

1 だ, 鈍き刃

▼ 爺みたい~ (2, 0.1%)

1 な名, になる

▼ 爺やだけ~ (2, 0.1%)

1 だ, で浩之介

▼ 爺やだって~ (2, 0.1%)

1 この村, それから此処

▼ 爺やより~ (2, 0.1%)

1 ほかに, 他に

▼ 爺ガ岳の~ (2, 0.1%)

1 が有名, と思う

▼ 爺サン~ (2, 0.1%)

1 も来, ノ存在ナンカ

▼ 爺チャンカラ~ (2, 0.1%)

2 仰ッシャッテヨ

▼ 爺ン爺~ (2, 0.1%)

1 いと, いよう

▼ 爺~ (2, 0.1%)

2 の爺

▼ 爺合戦~ (2, 0.1%)

1 と筆太, の角書き

▼ 爺~ (2, 0.1%)

1 になる, の物語

▼ 爺様お願い~ (2, 0.1%)

1 いたしました二品, いたします

▼ 爺武田~ (2, 0.1%)

1 が吉本管理人, の前

▼ 爺穢く~ (2, 0.1%)

1 させたいもの, なるばかり

▼ 爺~ (2, 0.1%)

1 どうせ夜, は掘った

▼ 爺~ (2, 0.1%)

1 がお互い, も圏

▼ 爺~ (2, 0.1%)

1 母と, 爺と

▼1* [318件]

よく杖, 爺あいつのこと, 爺あにが書, 爺あらかた街を, 爺あり中, 爺あれは卯木, 爺いうもんじゃあねえ, 爺いが中氣, 爺いがお萩を可愛, 爺いが眼球を抜き, 爺いだつたらお前は, 爺いちいち極東の, 爺いつも達者だ, 爺いと云ふ, 爺いなのか, 爺いなんて酒, 爺いふもんぢやあ, 爺いまにくたばる, 爺いま一つくんねえか, 爺いめ食えない面を, 爺いも手をやきました, 爺いやあは旨う, 爺い秘さんと云え, 爺うまい所へ, 爺おととしかなひどい, 爺おろそかにも彼方, 爺かと思われる鼠色, 爺からもお願いいたしまする, 爺がさ五十一歳だ, 爺がなんぞ云つてあいつが, 爺がにや佳味か, 爺がね大臣を, 爺がんだつけ, 爺くさい顔が, 爺ぐらいにはなれるだろうか, 爺お茶入, 爺こそ來ぬれ, 爺こと來らんめえつて云つたの, 爺この頃アホートヌイが, 爺さあァん, 爺さえ彼女の, 爺さまあそこに大, 爺さまあれは瀑布, 爺さまきのう着物着て, 爺さまここはよほど, 爺さまここらに狐, 爺さまわたくしこんななごやかな, 爺さまモー大丈夫でございますとも, 爺さま一人かんて, 爺さま婆さまが思い掛けなく, 爺さま媼さま連中が丸ビル見物, 爺さま彼所に見ゆる, 爺さま矢張り昔の隠, 爺さま鎮座祭とやらの時, 爺さんだつた, 爺さ此處掘れワンワン, 爺さ父なるならし, 爺そち大急ぎで林念寺前, 爺その犬に, 爺それではお前に, 爺それでもこの父, 爺そんでもち, 爺そんぢや俺, 爺居りける春, 爺たるは知らぬ, 爺だけで浜口, 爺だけが少なくもこれ, 爺だけには出来る, 爺だけは汗だくの, 爺だったのに, 爺だって婆あ, 爺だつたがせがれ, 爺だの剣劇の, 爺だらうと妾, 爺だろうという, 爺ちゃんチョビ安さんのため, 爺ちゃん今日はきょう, 爺ちゃん厭なこった, 爺ちゃん小僧というん, 爺ちゃん泰軒小父ちゃんこれはいったい, 爺ちょっと訊きたい, 爺であったが竜子, 爺でしたが声, 爺でしたらもっとよくやれた, 爺でなく予て噂, 爺といふのが, 爺とおつ母との, 爺とが何か, 爺としか見えませんから, 爺とともに挽くに, 爺とも婆とも, 爺なぞに言わせると, 爺なぞも非常に, 爺などが忘れられない, 爺などと共通であった, 爺などの字を, 爺などはおそれ入った, 爺などもただ一本, 爺などより明かじゃ, 爺なんか打殺して, 爺なんて木像と, 爺にさえ縋って, 爺について坂口安吾が, 爺にて候, 爺にでも見つかろうもの, 爺にも似あわぬ横着, 爺に対して腹が, 爺のせゐであつし, 爺のそのそ嗅ぎつけて, 爺のに魚多く, 爺はさように思わぬ, 爺はじぶんの子, 爺はとぢて, 爺はなんぞというとわい, 爺はにこ, 爺ははア駄目だ, 爺ばかりなの, 爺ぶりでもなけれ, 爺への大喚き, 爺または舌切り雀などと, 爺までウヰスキーを, 爺めあとで思いしらし, 爺めあれで死骸, 爺めいろいろな事, 爺めきのうは寝込ん, 爺め今だと, 爺め何んでも知っ, 爺め十人と言つて, 爺め濁酒に喰い酔っ, 爺め片手出して, 爺め空想に気, 爺め肉饅頭を半分食つた, 爺め覆面なんぞつけ, 爺め闇の中, 爺もし食うに, 爺やうやく十兵衞, 爺やだけが昔ながらに, 爺やだけには幕僚たちも, 爺やだの高嶋屋の, 爺やったらあんな田舎, 爺やでも警察へ, 爺やとお辻さんが, 爺やとから発病前後の, 爺やとの話は, 爺やなどはいつぞや御, 爺やにでも隨い, 爺やにまで愛嬌を, 爺やへ余分の, 爺やらしい汚れたカーキー服を, 爺やをも招いて, 爺やを使ひに, 爺よい所へ, 爺ようやく十兵衛が, 爺よく馬描きぬ, 爺よと自分を, 爺よとばかり忠吉の, 爺よりうめえやっやや, 爺よりも一段うわ, 爺らしい儀礼で, 爺らしく思はれて来た, 爺わしのどこ, 爺われを見, 爺をもルスタムをも, 爺ィさんに問ォ, 爺イさま案じて, 爺イぢやありません, 爺イ田丸の爺イ, 爺サンゲエテ閣下モアア忘レルモノカ芥川龍之介先生ハイノチ迄, 爺サンハ発狂シテルノデハナイカト思ワレルダケデモ極マリガ, 爺サン婆サンはとにかく, 爺サン本気デコンナニ泣イテルノカ知ラ何ヲタクランデルカ知レタモンジャナイ, 爺チャンアタシト寝ル時ハナゼ, 爺チャンアタシニドウシロッテ仰ッシャルノヨ, 爺チャンオ痛イコトハオ痛イデショウガソンナコトヲナサラナイデモ今ニキット, 爺チャンガアヽ仰ッシャルノモ無理ナイワ, 爺チャンコソ何カシラ感ヅイテイラッシャルノデハナイデショウカト乙ニ絡ンデ云ウ, 爺チャンシッカリシトクレヨ我慢シテレバ直キニナオルヨ, 爺チャンチョットイラシッテ下サイト婆サンガ予ヲ呼ビニ来タ, 爺チャンニシタッテソンナオ金ヲドウシテ持ッテラシッタンデス, 爺チャンニモオ耳ニ入レテ置キタイト思イマシテネ, 爺チャンノオ遣リニナッタモノナンゾ食ベヤシナイワ, 爺チャンノオ守リデ海ヘ行クコトガ出来ナカッタ, 爺チャンハアタシニソンナコトヲシロッテ仰ッシャルノ, 爺チャンハ早寝ダケレドアタシハ当分寝ラレナイカラ, 爺チャンハ朝ハイツモオ早イノネ, 爺チャンハ背ガ低インダカラ, 爺チャンハ颯子ニグット睨マレルノガ恐インデショウ, 爺チャンマダ起キテラッシャルノネ鼾ガ聞エテ来ナイワ, 爺チャンモドウゾ御無理ヲナサラナイヨウニ, 爺チャンモマダ足腰ガイクラカ達者グッタカラ, 爺チャンモ気ヲオ付ケニナラナイト風邪ヲ引クワヨ, 爺チャンヲオ一人オ残シ申シトクノハ心配デゴザイマスシソレニ軽井沢ハプールノ水ガツメタ過ギテ泳ゲナイカラ, 爺チャン勝手ニオ菓子ナンゾ遣ラナイデ頂戴, 爺チャン御免ナサイネ黙ッテ帰ッテ来チマッテ, 爺チャン油谷サンヲ覚エテラッシャルデショウ, 爺チャン階段ハ僕ガ負ッテアゲマスヨ, 爺チヤルメラを吹き, 爺つぁん, 爺ツアんいつも, 爺メティエンヌを彼, 爺三代に仕へ, 爺乙姫様や浦島太郎, 爺云ってたども北海道, 爺のいい, 爺今朝のお, 爺以上には見えない, 爺でも一本橋, 爺何時までか, 爺余り日南ぼ, 爺てから米, 爺の, 爺てども犬, 爺を相手, 爺ァ此縞, 爺は兄, 爺の望み, 爺其の方がよ, 爺北畠治房老人などが寄つて集つて北畠准后, 爺卯木はどんな, 爺即ち父性愛從姉ベット即ち, 爺叡山の坊主, 爺吃驚して, 爺合戦これらは現在, 爺合戰の如き, 爺呉れるつちのに, 爺喜八といふの, 爺喫驚して, 爺べてえ, 爺嗅い処で, 爺いでて, 爺いでて, 爺在所へ帰るだら, 爺というもの, 爺外三四人を相手, 爺大いに怒って, 爺大変なこと, 爺天狗なぞで, 爺はお, 爺奴一杯食はせた, 爺婆げつてわし等げ斯うた物遣しあん, 爺婆アで何, 爺婆世にはばかる, 爺婆交りで泊, 爺媼欺されたと, 爺嫗打交りて, 爺豈唯白髪, 爺嬢妻子走って, 爺を亂打, 爺学生アルパカの上っぱり, 爺安心せえ, 爺居たんだ, 爺の棟, 爺屋根より堕つる, 爺岳五六岳槍ヶ岳及び乗鞍岳, 爺岳五六岳槍ヶ岳乗鞍岳御岳と合せ, 爺平然として曰く, 爺後日合戰を出した, 爺心持よい男, 爺心配し泣くな, 爺怒って小犬, 爺急いで来うっ, 爺打つとばしたんだ, 爺拾い帰って汁, 爺斬れなかったのは, 爺よ出, 爺早く行って, 爺時には美しく着飾った, 爺本性は何者, 爺様ご存知ではござりませぬ, 爺様ようちょッくら往ッて見, 爺様婆様おびんずる様並み, 爺様婆様切籠持参は皆, 爺樣こと面倒見べと, 爺樣そつちこつちから, 爺樣一人で釜, 爺欄間に掛った, 爺段四郎の甘, 爺水みたいな粥, 爺汚く生えかかって, 爺とし, 爺父さんというの, 爺爺はさように思わぬ, 爺や婆猫, 爺番頭か三河万歳, 爺的総長が年度, 爺を塞い, 爺相応だろう, 爺真鍮縁の丸眼鏡, 爺と二つ, 爺と共にここ, 爺秀哉坊がちょうど, 爺穢いのなら, 爺等とつ返しとつた, 爺自分の筬, 爺を取り還し, 爺若いものの, 爺茸媼とも名, 爺草鞋の新しい, 爺荷物あんのになあ, 爺蕎麥つ粉, 爺蝶白馬これらが信甲駿, 爺てえだ, 爺親俺の胸, 爺親切にし, 爺貴様は手先, 爺にまとう, 爺途方もない, 爺は箒, 爺長男長女三男の四人, 爺雉子小屋に入り, 爺青年のよう, 爺やや禿げ, 爺になりかけ, 爺で一人, 爺食べる物が, 爺高い価な, 爺鹿島槍五竜大黒牛首唐松奥不帰鑓杓子白馬小蓮華, 爺鹿島槍五龍唐松等を経