青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「父親~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~爲め ~父 父~ 父さん~ 父上~ 父子~ 父様~ ~父母 父母~ ~父親
父親~
爺~ ~爺さん 爺さん~ 爾~ 片~ ~片手 片手~ ~片隅 片隅~ 版~

「父親~」 5932, 64ppm, 1782位

▼ 父親~ (1778, 30.0%)

36 顔を 23 ことを 15 前に 14 ように 11 姿を 10 手に, 方へ 9 ことが, ために, ところへ, ような 7 紋七は, 胸に 6 所へ, 方を

5 [13件] ほうは, 代から, 傍に, 姿が, 家へ, 後を, 手から, 敵を, 方は, 眼を, 腕に, 許へ, 顔に

4 いうこと, ほうへ, 事を, 利助が, 家に, 手を, 方が, 生きて, 言葉に, 言葉を

3 [40件] いったこと, ことは, そばへ, たましい, ところに, ほうが, ほうに, もとに, マクシムは, 世話を, 乙束区長が, 仕事を, 代に, 傍へ, 命を, 命令で, 嘉三郎は, 噂を, 声が, 声に, 姿は, 居た時, 心が, 心を, 方に, 死んで, 泰造が, 滑稽を, 眼に, 私に, 肩を, 膝に, 膝の, 話を, 讒訴を, 遺産を, 部屋に, 顔が, 顔には, 首へ

2 [124件] あとから, ことだ, ことで, ことも, すがた, ためには, ない子, やうな, やうに, わきに, ピョートル・レオンチイッチが, 三郎兵衞は, 事は, 仇を, 介抱を, 伝平は, 何とかてえ, 借りた金, 働いて, 処へ, 出て, 前へ, 十三年忌の, 半九郎, 厄介に, 友達で, 口から, 名前を, 呻り, 命乞なら, 圓太郎は, 在世の, 地位の, 墓の, 姿に, 姿も, 子を, 孫六を, 家で, 専左衛門は, 少しばかりの, 岩太郎は, 峰太郎が, 峰太郎を, 帰るの, 庄之, 康太郎が, 形見です, 影響で, 後に, 心の, 心持は, 愛などを, 愛も, 愛情が, 態度で, 態度を, 手が, 手子供の, 手許に, 新三郎が, 方から, 方で, 方へも, 方も, 旧悪を, 昔の, 書架に, 様子が, 死と, 死に, 死んだ事, 死んだ後, 死後も, 死顏を, 死骸に, 死骸の, 死骸を, 気持が, 気持ちを, 源太郎が, 煙草を, 看病を, 眼は, 福次郎は, 禿頭と, 立って, 縁故から, 罪は, 耳へも, 聲が, 聲道ゆく, 職業は, 背後から, 背後に, 胸には, 胸の, 腕を, 自まんより, 自分が, 與三郎たつた, 袖を, 見て, 言うこと, 言ふ, 許に, 話に, 豊年坊主が, 身が, 逸平は, 遺伝を, 遺産の, 遺言状を, 部屋が, 銅像に, 間を, 頭を, 顏に, 顔は, 顔色を, 食事の, 首に, 駒吉に, 魂が

1 [1124件 抜粋] あいだで, あとに, あなたです, あの悲しみ, あの耐えがたい, あまりに当て外れた, あります子, いそがしい仕事, いないこと, いない家, いのちと, いるハワイ, いる所, うしろつきを, うしろへ, おどろきと, お前さんが, お古の, お気に入りでした, かかりく, こえを, こだわりの, ことだけは, ことなど, ことばに, ことをも, このみで, こんな事件, ごときは, ごとき境遇, さうし, すぐ傍, すべきこと, せいか, そういう家庭生活, その又, そばで, そばを, それに, ため朝夕の, たよりは, ところから, ともただの, ないこの, ない人, ない後, ない母親, ない貧しい浪人者, なわじりとって, ねて, ひいき目では, ひたむきな, ほうでしょう, ほうを, まなざしも, むずかしげ, ものだ, ものであり, ゆくところ, わかれの, ゐる時, アルミの, ウイリアム・シュナイダアは, オフイスで, クレメンス・アウグストは, シュナイダアは, デスクの, ハリは, パッカード, ヘルマン・メルゲル老人は, ベッドにさえ, ロンドン生活の, 一族で, 一行に, 七兵衛が, 三右衞門に, 三郎兵衛さんは, 三郎兵衞の, 上を, 下半身に, 不完全な, 不思議な, 不憫増なるべし, 不義に, 与平の, 世話まで, 両側に, 中の, 丹七は, 主水, 久助と, 乙束区長の, 乱心が, 事とは, 事業の, 云う声, 五兵衞が, 亡くなった日, 仇も, 今日は, 仕事が, 仕業と, 代りに, 代理で, 仲が, 伊八に, 伊奈長次郎は, 伝平も, 佐, 体を, 作った鈴, 価値は, 信頼, 借金を, 側へ, 傍へは, 傳六は, 僕に, 児玉市太郎に, 入れた證文, 入獄以来自分には, 写真が, 写真や, 冷たいもてなし, 出入先で, 出奔帰郷家出, 出迎いに, 分厚い節, 別邸で, 利助は, 制裁は, 前には, 勘五郎と, 勘兵衞は, 勘当容易に, 勝造が, 北庭筑波の, 医者という, 十三回忌に, 半兵衞, 半左衞門, 博士に, 厳格な, 又右衛門が, 受けた辱, 口でも, 口吻に, 古外套, 吉兵衛と, 吉川機関手が, 吉左衛門に, 同僚に, 名なぞ, 名は, 名代で, 名前と, 名折れに, 名跡を, 吾平爺が, 周吉と, 呼ぶといふ, 命で, 命までが, 命日よ, 唸り声を, 商売は, 善兵衛さんは, 喜兵衛は, 嚴めしい, 圓太郎が, 土産の, 在世中から, 地方人らしい, 場合を, 墓が, 墓へ, 声では, 声な, 声は, 声道ゆく, 大きな土地, 大事の, 大瀧清左衞門は, 大里金右衞門は, 女房だった, 奴は, 好みで, 好色めいた, 姓も, 姿だった, 威厳は, 子だ, 子に, 存在が, 存生中より, 孫右衞門に, 安兵衞は, 官兵衛よりは, 実家に, 室を, 家への, 容態を, 寛三が, 寝室へ, 寝部屋, 寢室には, 対手を, 専横主人と, 小さな顔, 小使い, 小説を, 居らぬを, 山口松雲とは, 山田氏だった, 岩太郎が, 左の, 左大将も, 市之助が, 市之助を, 市兵衞と, 市十郎を, 市太郎は, 帰りを, 平吉以上だった, 年ごろに, 年忌を, 幽靈ぢ, 建てた会堂, 建部久馬といふ, 弟は, 弟分だ, 弟弟子だ, 彌助が, 形見が, 形見の, 彦四郎には, 彫物師の, 影は, 役は, 後ろに, 後妻には, 後宮の, 後見人の, 従兄な, 微笑は, 徳右衞門と, 心だ, 心使ひであるらしい, 心持なども, 心持を, 心添えだ, 忠兵衞を, 忿怒は, 思いこんで, 思い出を, 思惑をも, 性格と, 怪我やら, 恐ろしい顔, 恰好を, 悪事は, 情として, 情愛から, 情愛の, 惣五郎は, 意向な, 意志は, 意見が, 意見には, 愛と, 愛は, 愛情は, 感化でも, 慈愛一つに, 態度に, 懇意に, 懷ろに, 所から, 所へは, 所有物であり, 手一つで, 手助けを, 手紙には, 手紙を, 技倆を, 拙者が, 持つて, 持物に, 指す方, 挙動が, 捨吉と, 掌に, 掛布団を, 放蕩で, 政策の, 教えたがるもの, 教育は, 敵と, 敵今度こそは, 文吉は, 新助, 日比野下野守と, 映像が, 春吉は, 晩年の, 曹嵩は, 服を, 望みで, 朝飯を, 木見武平は, 東条英教中将には, 松五郎少し, 枕許へ, 柔和な, 業を, 榮左衞門は, 様子に, 権利で, 横へ, 横顔に, 橘家圓太郎が, 歌は, 正当なる, 正統なる, 武左衛門の, 死から, 死ぬべき年, 死の, 死んだといふ, 死体を, 死後莫大な, 死顔が, 毎日々, 気に入りで町, 気の, 気性を, 気持ちが, 氣持が, 氣持も, 油滲んだ, 波多江さんが, 注意らしい, 海老蔵も, 清七, 源之助は, 源左衞門が, 源治が, 激しい反対, 濱田屋利助は, 無二斎, 無法な, 爪音に, 片腕を, 王様も, 生前勘當され, 生活からは, 生活の, 由之氏です, 留守中に, 病氣は, 痩せた手, 發作の, 皆川敬吉始め多勢の, 監督に, 目から, 目には, 目論見では, 相良さんです, 看病位一手に, 眠って, 眼つきが, 眼の, 着物なぞを, 知合ひで郊外に, 石原の, 石川屋權右衞門は, 社会的地位から, 社会的地位や, 福ずしの, 福次郎も, 私の, 突き詰めた愛情, 竹内栖鳳氏に, 筆跡を, 精進日ぐらい, 紋七に, 紋兵衞に, 素振りに, 細工を, 絶望と, 縁故で, 罪の, 罪悪を, 義務といった, 翁に, 老バアナム, 考は, 耳にも, 職業を, 肌着らしい, 肖像画に, 肩に, 背で, 背中さへ, 胸から, 胸へが, 脇の下に, 脳天を, 膝へ, 膝小僧へ, 臨終の, 自分の, 自叙伝である, 與三郎と, 與惣六は, 船宿は, 芸術の, 苦しい生活, 苦痛と, 菅原孫市の, 萬藏といふ, 落度で, 葬儀で, 蔵書印を, 血が, 血潮の, 行方が, 行跡が, 見まいに, 見当も, 見識が, 親友である, 親愛な, 解らない赤児, 言った言葉, 言分から, 言葉かと, 言葉一品の, 記念の, 許しも, 許を, 話, 説明に, 調子は, 謡が, 谷口善助も, 豊年師匠から, 財産として, 責任を, 足もとから, 足跡を, 跡は, 踵の, 身代わりだ, 身体に, 車夫が, 辰五郎が, 近ごろの, 述懐である, 迹へ, 追懐にたいする, 通りに, 逸平も, 違う妹, 遺した物, 遺命を, 遺業を, 遺留品の, 遺言にも, 遺言状は, 部屋から, 部屋の, 都合で, 酷薄な, 金六も, 鉄馬を, 銀造が, 鍬先を, 長い經驗, 門八爺が, 関係から, 霊恋人を, 青黒く腫れあがった, 面倒を, 面影の, 音次郎は, 頑強そうな, 頸を, 顏から, 顏を, 顔にも, 風間さんからも, 飲み代を, 首と, 首根へ, 馨之, 駒込の, 鬚だ, 黒雲源左衞門が, 鼻息を

▼ 父親~ (1213, 20.4%)

10 いいました, それを 7 自分の 6 言った 4 どうした, 云った, 叫んだ, 娘の, 娘を, 子供の, 子供を

3 [18件] お島, ことしで, それが, だまって, どこか, ほんとうに, 先刻より, 子供に, 彼の, 早くに, 机の, 村の, 死んで, 涙を, 父親で, 眼を, 起きあがって, 非常に

2 [63件] いつでも, お庄, この子, これを, こんなこと, そういう, そういっ, そう言っ, そこで, その前, その時, その次, そんなこと, だんだん年, ちょうどその, なにかいっ, ひろ子を, まだ達者, まるで自分, わたしの, グレゴール, マクシム・ペシコフ, 三年前に, 仰天し, 何う, 何も, 何を, 何事も, 何故魚, 俳諧に, 喜んで, 声を, 子供が, 尺八を, 平手で, 店の, 彼を, 心の, 思ったの, 急に, 戻って, 房枝の, 日本橋で, 本家の, 根津の, 母親に, 涙に, 無理に, 煙管を, 玄関の, 病院に, 私と, 私の, 笑って, 第一回, 答えました, 箸を, 誰な, 赤爛れの, 酒が, 電話でも, 頭を, 驚いて

1 [972件 抜粋] あか児の, あまりいい, ある将校, あわて, いかなる人, いきなり肌, いきなり駈けだした, いくらかの, いちいち品物, いって, いつしか肱枕, いつの, いつの間にか闇, いつもそう言う, いつもの, いつも念入り, いぶかしそう, いよ, うしろの, うたを, うっすりと, うまやの, うんと言わず, おそらく銀行, おとなしい一方, お辞義, かう小鳥, かう言つて, かりそめ, きちんと坐っ, きょうは, くり返して, けっして許そう, こうした微妙, こう言った, ここの, ことに死ぬ, このころ, この坂倉屋, この花畑, これは, こんなにも接近, こんな無器用, さけんだ, さっそく姉たち, さびしがっ, さもうま, さる出入り先, した, しばらくだまっ, しゃがれたよう, じきに, じっとわたし, じっと考え込ん, すぐに, すぐ座, すぐ賛同, すでに太刀, ずっと前, そういう事業, そうも, そう云い云い, そう言った, そこで外, そこらに, そっけなく問いました, そのころ, そのとき, そのとき二人, そのままそこ, その一人一人, その姿, その子供, その度, その日, その男, その言葉, それだけ, それに, それまでに, それ以上に, そんな時, ただいよいよ, ただ息子, ため息を, だれだ, ちょっと呻, つぶやいた, ていねいに, とうの, ときどきその, どういふ, どうしてもその, どこに, どこやら, どなった, どんなに悲しむ, なぜバルブレン, なるほど自分, なんでも, はげた頭, はじめに, ひどい重症, ひどく神経質, ふらふらと, ぺつちやんこに樹の, ほと, まことに幸福者, またお, また手網, まだね, まだ大きく, まだ年, まだ繃帯, まちきれなくて, まるでぼんやり, まるで注意, まるで身体中, みんなと, むずかしい顔, もう, もうさんざん酔っ, もう一度, もう亡, もう子供, もう焼け, もと中国筋, やがてエンゼル, やっとこさ, やはりこの, やや離れた, よく, よろ, わからぬなりに, わざと産室, わたしたちが, アカーキイでした, ウッカリ平常, オルゴールを, キヨトンと, ケムブリッジ大学を, ジヨツキの, セルの, タラスにも, トーチカの, ニヤリとも, フロックコートを, ボンヤリ床を, マチアを, マルコの, ムシャクシャし, ヴァイオリンを, ヴェリチャーニノフの, 一と, 一人でも, 一人娘であった, 一人息子に, 一向平気, 一層けは, 一方非常, 一日部屋に, 一番末の, 一種の, 一言の, 丁度その, 丁度昼寝, 七十の, 上京する, 上機嫌だった, 上着に, 上野まで, 不図感染, 不快な, 不思議な, 不明なる, 世にない, 中学の, 中年から, 二三杯の, 二人の, 二年も, 二脚の, 云う事, 五十そこそこの, 人づき, 今なお, 今度初めて, 今日の, 今日熊谷に, 仕事から, 他の, 代議士な, 仲間の, 住吉から, 何か, 何んな, 例の, 信太荘司に, 健康だ, 傷心の, 働きに, 兄が, 先に, 入牢姉さんは, 八年の, 其処に, 内気の, 出勤した, 初めの, 判って, 前から, 加須まで, 勇次郎の, 勘定が, 包みを, 医師だった, 千二の, 南洋で, 博奕打ちでとか, 又父親, 反問した, 取引が, 只今金沢新地で, 叫んで, 台所へ, 叱った, 同情を, 名代の, 呆れた顔, 和泉の, 唯, 商賣, 四つ橋興業会社の, 四十あまりの, 国が, 地位は, 執拗に, 墨を, 夕食の, 外から, 夙に死亡, 大体こんな, 大坂城代部下の, 大学者の, 大層錺屋, 大森に, 太郎から, 奥へも, 女の, 女穂男穂の, 奴を, 妻や, 始めて, 嬉しさ, 子供たちにとって, 子供らの, 子煩悩だ, 学校の, 孫を, 安堵を, 実は叔父, 家に, 容易に, 寝たの, 寢たつ, 小さい町, 小さな娘, 小太郎に, 小田切久之進の, 少しの, 少し離れ, 山の, 山内の, 左手を, 巻煙草を, 帰って, 帽子の, 帽子を, 年を, 幼児の, 床の, 弟に, 強いて, 彫刻まで, 彼女が, 往く度, 律義な, 後ろ姿を, 御家人でした, 心で, 心配の, 怒つて, 怖かった, 思い出したよう, 思案に, 怠け者で, 急き込んで, 恩ある, 悲しそう, 惡事が, 愈お, 愛児が, 憤怒の, 懇, 我が子, 戦死し, 手ごろな, 手の, 手探りで, 手籠を, 承知し, 承知せず, 持って, 指さしながら, 掌で, 提灯を, 故郷の, 敵意を, 斬つて, 新田義貞の, 日に日に生活, 日本橋の, 日露戦争当時から, 旨そう, 早く死に, 早目に, 昔あまり, 是認し, 時々家, 時々雷, 時江が, 時計を, 晩年を, 暗いところ, 暫くし, 最初は, 最後の, 月を, 朝鮮政府の, 木を, 木賃宿の, 村を, 村長も, 東京の, 架空の, 根性まがり, 梟の, 槌を, 樣子ぶっ, 横に, 機械の, 次男と, 歯を, 死ぬとき, 死んだ源吉爺さん, 死んでしまつたけれど, 残されました, 段々徳利, 毀れかけた目覚し, 母親と, 毎日雪風に, 民法に, 気の, 気も, 永の, 決して一人, 汽船に, 油商売の, 泣きじや, 洋服を, 海の, 消えうせて, 清水の, 満足し, 滝壺の, 澄ました顔, 火鉢の, 炭小屋から, 無口な, 煙草を, 燈明を, 父親なりに, 物凄い顔, 特に怒り, 狐に, 猪口を, 現に私, 甘そう, 生れたらしい, 用心の, 田舎の, 男やもめで, 町役場の, 異うらしい, 病気に, 病身の, 療養所の, 白い毛布, 白く輝き, 益々癪, 直ぐ闇, 相場鉱山などに, 相当高い, 真青に, 瞳が, 石山新蔵という, 祝の, 私が, 秩父民部とて, 空腹の, 窓際に, 立上つてカーテンと, 童子の, 笹枝宗左衞門といふ, 箒を, 紙を, 終には, 絶望的に, 罵りながら, 美しく蕾, 義理が, 老眼に, 耳を, 聴きつけ, 肚の, 股引の, 胸の, 脚を, 腕を, 腹からの, 自分が, 自分と, 自分も, 舌鼓を, 船頭に, 良い商人, 芳子を, 若者たちに対して, 苦笑した, 茂右衞門の, 草原の, 葉巻を, 藩でも, 蜜柑畑の, 行方不知に, 街子を, 袋物の, 言いました, 言葉まで, 許して, 話は, 説明を, 誰に, 譜面台を, 財布の, 財産を, 貧しい漁夫, 買立ての, 賭博する, 赤いさん, 赤鬼の, 足を, 軍医で, 転位された, 辻馬車の, 近所での, 返事を, 逆せあがっ, 通りから, 遊蕩で, 違った母, 郡視学であった, 酒に, 酒は, 酒を, 酒飲みで, 重苦しい口調, 金を, 鉄灸で, 鋭く言い放った, 長い顎, 長火鉢の, 関係を, 隣近所の, 雨で, 青ざめた恐ろしい, 鞄に, 頑愚で, 頭取りの, 顔の, 風呂に, 飛び上がって, 首を, 馬場下町の, 驚きました, 高度の, 鮨を, 鶴見の, 黙って, 黙りこくって

▼ 父親~ (824, 13.9%)

9 言った 7 死んで, 自分の 6 生きて 4 帰って, 彼の 3 たずねた, まだ生き, 中風で, 亡くなって, 仕事を, 口を, 娘の, 死んでから, 目を, 私の

2 [40件] あること, あるの, いった, かえって来た, こう言っ, そんな事, ないと, なくなって, むすめ, 上役なりし, 今の, 何か, 健在で, 出発する, 喪く, 娘に, 娘を, 子供に, 存命の, 急に, 死ぬと, 死んだあと, 死んだとか, 死んだの, 死んだので, 死んだ折, 歿く, 殺されたと, 殺されたといふ, 気付いて, 没な, 牢死した, 相か, 眠って, 空車を, 立って, 見廻り裏, 身上を, 迎に, 骨董に

1 [677件 抜粋] あちこちと, あって, あつちや, あのトランク, あの世から, あの泥棒, あまり質, あり労働者, あると, あるといふ, あるならば, あるもの, あわてて, いいました, いう, いうのに, いきなり起ち上る, いくら調べよう, いた, いたわしく又, いって, いつに, いつの間にか耄碌, いつもの, いて, いないとき, いまこの, いるの, いる外, うしろから, うまやには, うんと, おおいかくし, おもん, おりよく, おりると, お前は, お前を, お后, お通夜, かえってから, かなりの, かれには, ぐれ出して, こういった, こうして自分, こう叫んだ, こたえる, このごろは, このとおり, この人たち, この人魚, この家, この病気, この穴, この老翁, この豪華, この近い, こんなこと, こんな事, こんな嵐, さう云つて私, さけんだ, さっそくやって来, しきりに腰, しっかりしない, しゃがんだので, すつかり, するまま, するよう, そう言え, そこに, そこの, その女の子, その子, その左手, その建禮門, その息子たち, その方, その無謀, その財産, そばへ, それを, それ丈けが楽しみの, そんな風, たいへんな, たずねて, だしに, ちがうの, つけたので, つけて, つひぞ見掛けた事, つれて, でっちあげた作り話, とった不思議, ともすれば最愛, どこの, どれに, どんな成行, どんな暮らし, ないから, ないので, ないみたい, ないゆえ, なく専売局, なしたとおり, なるべくイワン, のこして, はいって, ふらりと, また夢中, また少々粗, まだドア, まだ下谷, まだ得心, まるで彼女, むき出しに, もういいかげん年寄り, もう少し父親, もう起きる, やって来た時, やって来るの, やっと故国, やられたの, やるだろうと, ゆうべ火柱で, よそから, よろめきながら, わが娘, わざわざ逗子, わたしに, ゐても, ゐる, アメリカへ, アメリカ人の, グレーテの, コツコツと, ゴリ, スワを, ハドソンが, フェルステッドの, フレデリツクである, ブツブツ云い, ミーチャの, ロスリッジと, ロンドンに, 一二度しか, 一人残った, 一人残つた, 一度は, 一昨, 一札を, 一歩で, 一種の, 三年前に, 上京し, 上京した, 上野輪王寺の, 不幸に, 不快な, 不承知で, 不浄の, 並んで, 九十の, 事に, 事業熱で, 二人しか, 二抱へも, 二週間に, 云つた事を, 云ふがいな, 亡くなったので, 亡くなった時, 亡くなっても, 亡くなつた今, 亡くなつて, 亡くなりましてから, 亡くなると, 京で, 京都へ, 人間の, 今から, 今咲子, 今日は, 今晩上京する, 今現に, 他の, 他所から, 代つて言, 仮にどんな, 任所に, 会社の, 佇って, 低い声, 佛壇に, 使嗾し, 來た, 例の, 侑めて, 偽者かも, 僕を, 儒者の, 入り込んでも, 八月の, 内へ, 内職に, 写真を, 冬中ね, 出し抜けにも, 出てから, 出征した, 判るわけ, 創設した, 加わった四人, 勤めに, 午後に, 半三郎, 卒倒した, 印を, 危篤だ, 卸して, 去ると, 古くから, 古河に, 叫んだ, 台所へ, 合図する, 同年輩の, 吾家の, 周助を, 呼んで, 商売で, 商売に, 商賣で, 嗄れ声, 四十一歳の, 国許から, 土の, 地味な, 夕日の, 夢枕に, 大また, 大分限者, 大奮発, 大怪我, 大野木村に, 夫, 失望し, 好かないので, 妻子を, 姫君と, 姿を, 娘にたいして, 子供づれでやってきて指で, 子供の, 子供を, 学校に, 定木であった, 宛てがう心, 家で, 家に, 家出を, 寄木の, 寝所へ, 寺荒らし, 将来酒の, 尋ねた, 小マメ, 小児を, 小学校の, 少しばかり, 少年を, 居ります, 川崎船で, 工場へ, 左側の, 帰ったであろうかと, 帰ってから, 帰りでも, 平常誰, 幾日も, 床から, 庭を, 引取つて行つた, 強いて, 強慾で, 弾けと, 待って, 待つの, 御眤懇, 心を, 心配し, 心配そうに, 忘れて, 念を, 忽ち自家用自動車, 怒鳴った, 怨めしかつ, 息子に, 息子を, 悉皆安堵, 悲憤の, 惚れるやう, 愚かであれ, 懐しかった, 戦争に, 戸口まで, 手の, 手短に, 手紙を, 打ち込むと, 承知したら, 承知しない, 承諾を, 抱いたならば, 拵えたとかいう, 持つこと, 捜索願に, 探が, 描いたの, 描いた怪しげ, 教えて, 散々道楽を, 敵に, 旅から, 旅稼に, 既定の, 日本へ, 明るいランプ, 昨夜何刻に, 時々羽織袴, 晩年の, 書いて, 望んで, 末造の, 本意ながる, 杉の, 来あわせて, 来て, 来てるので, 来ましたよ, 来ると, 東京に, 東京を, 果すべきセッカン, 森の, 椅子に, 業務を, 槌に, 橋板を, 次ぎ次ぎに金, 正気に, 歸つてホツと, 歸つて來てからは, 死にさうに, 死ぬまで, 死ぬやう, 死ぬ前, 死んだこと, 死んだといふ, 死んだもの, 死んだ跡始末, 死んでも, 死去した, 歿なる, 殺されたに, 殺された事件, 母と, 毎日絵を, 毎朝の, 気に入らなかったらしく永逗留, 気の, 気を, 気候の, 水を, 没してから, 泉水の, 泣いたという, 泣き出すと, 洋行帰りという, 海を, 海嘯で, 渋い顔, 源吉に, 滞在する, 漁場主で, 無いんで, 焦慮し, 然言ツ, 燈籠を, 片手を, 牛を, 猫の, 猫背に, 獣類の, 田舎から, 田舎へ, 異って, 病死し, 病死する, 病気な, 病気に, 病気の, 痛いところ, 発狂し, 発見し, 目の, 県会議員の, 真夜中に, 硬い手, 神様の, 私に, 突然そんな, 突然不思議, 立ちどまると, 立ち停ると, 童子の, 箪笥や, 篠谷に, 紋付の, 絶壁の, 締めかけに, 縫立ての, 老年な, 聞き取って, 聽い, 肺病で, 胴巻から, 膝を, 臧を, 自分で, 自分へ, 自慢し, 自殺した, 船から, 花嫁に, 若いおり, 若い時, 若い時分, 苦しそう, 茶飮み, 落ちつき澄まして, 落着かな, 虎狩に, 蝙蝠傘の, 血眼に, 行って, 行つてから, 見えませんから, 見せた頭, 見たの, 見物に, 覗くと, 親しかった, 言う, 言うと, 言うよう, 訪ねて, 訪れたの, 許さぬから, 話が, 調子を, 質屋の, 赤ん坊の, 軍人という, 迎へに, 逐い出した芳太郎, 通りかかったの, 違って, 遠く遠く薄, 遠慮なしに, 遺して, 部落から, 酔払つて丼を, 醫者を, 野良仕事の, 金貨や, 釣竿を, 鋪石の, 長い航海, 長い間, 長く別れ, 開墾事業に, 間もなく朝鮮, 附き添つて, 附添ひ, 陸奧から, 隱居所に, 青江を, 非常に, 非業に, 頓死を, 題を, 飛んで, 養子を, 馬の, 高品さんの, 髮結の, 鶴見の, 黙って

▼ 父親~ (412, 6.9%)

11 似て 7 なって 6 向って 5 つれられて, 連れられて 4 向かって, 手を, 死なれて 3 命ぜられて, 對する

2 [26件] して, すすめられて, せがみました, そっくりであった, そのこと, なつた, なつて, むかって, 仇を, 代って, 内証で, 叫んだ言葉, 同じ質問, 声を, 宛てたもの, 宛てた遺書, 尋ねられてから, 手紙を, 相談し, 精神的に, 自殺を, 言葉を, 話したの, 話して, 違いない, 金を

1 [308件] あいさつした, あててだけ, あとで, あるだろうか, ある書面, いえば, かぶり付いて, こう言い置い, こごとを, さ, さう言, さよう, しかられたり, したの, しばしの, しました, しらせて, すがりついて, すがり付いて, すぐたずね, すっかり気に入られ, せがんだこと, せがんで, せつきましたなれど, せびった, せわしく尋ねる, そう云ったら, そう云われ, そう苛, そっくりで御座います, そっくりな, そつくりで, その愛人, それを, たずねたこと, たずねるの, たたき殺されて, ただしたところ, たのみました, だきついて, ちがいない, ちらりと目, つづいて, とつて, とりすがつた, どう説明, どこか, どなられても, なったひと, なった男, なった記念, なりすまして, なりたいとも, なり愈, なるという, なる老人, なる資格, なろうと, ねだって, はかった, ひしと寄り添っ, ふさわしく何事, ぶら下るやう, ぽいと, みつけられて, むかつて, もたなくって, もたれかかり両, もちろん会った, もって, もつた可, やさしくいいかけられる, ゆうべ打ち明けに, キッスした, ケーテが, ビールを, 一身を, 上の空の, 世話に, 両手を, 久太郎を, 二十万フランぐらいは, 云わせると, 五歳の, 仕え化物屋敷, 仕込まれたこと, 付いたの, 代ってと, 代つて女敵討, 代つて鞴, 代ろうという, 会いたかったと, 会うつもり, 会つて以来は, 会はせよう, 会われる, 伝えたの, 伴れられ, 似ず無口, 似せては, 似たん, 似た感情, 似てると, 似ないで, 似ると, 似寄って, 何か, 余計な, 催促せられ, 傲慢な, 先立たれて, 内所で, 内證, 分って, 別れたけれど, 別れた時, 別れまして, 別れること, 別れを, 助けられたの, 勘当され, 勘當され, 厭味を, 厳しく仕込まれた, 取りついたが, 古筆氏が, 可愛がられて, 叱られたという, 向けて, 向っては, 向っても, 向つて, 告げながら, 告げました, 告げ知らせねば, 告口を, 呑まれは, 呼びかけた, 哀願した, 問うた, 喜ばれ様, 土産に, 変って, 変な, 大いに同情, 大変世話に, 女房を, 嫌はれ, 子供は, 孫が, 安心させね, 宛て, 宛てた房枝, 宛てようと, 寄せた手紙, 寄り添って, 対って, 対抗する, 尋ねられて, 對し, 小供, 小言を, 小遣を, 少しばかりの, 少なからぬ, 少年時代に, 巾着の, 幻滅の, 床に, 引張り出された, 引立てられて, 当たる, 当る人, 従つて家へ, 怒られて, 意見を, 愛されて, 懇願しました, 懐くもの, 打ち明けて, 抱かれて, 抱きついたに, 抱きついて, 抱きつき父親, 抱きつこうとも, 抱き上げられた小さい, 押しまくられて, 挨拶し, 接する日, 接吻し, 接吻しよう, 教えること, 教育される, 新しい苦痛, 早く別れ, 早く別れた, 早く別れなけれ, 昼飯の, 書き残した手紙, 月々五円の, 椅子と, 此の, 武者ぶりついて行く, 死なれそれ以後一本立ち, 死なれ母親, 死に別れて, 死に別れてから, 残したもの, 殺される理由, 母親に, 気に入らないこと, 氷菓の, 注意し, 濟ま, 物を, 牽かれて, 狂態を, 現在の, 甘えたこえを, 男の, 男を, 町で, 白凧を, 相談しかけた, 着換えさせられてからも, 知れよしんば, 絶対なる, 罪が, 聞いた, 聞きました, 聲を, 肖て, 自分の, 自転車を, 興味を, 色々聞された, 花を, 苦しい胸, 荻生さんとが, 落胆させまい, 薫陶れ, 裏切られたやう, 褒賞を, 見せた, 見せびらかしそれから, 見せると, 見せる積り, 見つけられて, 見出されその, 解った, 言い含められて, 言って, 言はれ, 言ひ付け, 言ひ出さう, 言ひ含められ, 言ふ, 言わせれば, 訊いた, 訊いて, 訊ねた子供, 訊ね合せ手紙, 託けて, 訣れた時, 訪ねられて, 許して, 訴えたもの, 訴えるの, 話しかけた, 話しかけるのに, 話したに, 話したらあの, 話し掛けたり, 話すと, 話を, 説明し, 説明を, 貰ったいい, 質問する, 迫った, 送られて, 逢いたがって, 逢えるよう, 逢ったの, 逢ったよう, 逢ったり, 逢は, 逢ひ, 逢わせるとか, 違ひない, 遠く別れた, 遠慮するらしく見えた, 遭った, 遭って, 銘仙の, 附切りだった, 随い, 隠れて, 隠れるよう, 雇はれ, 零した, 預けて, 頭から, 頼みました, 頼んで, 額に, 顔を, 飛びついて

▼ 父親~ (326, 5.5%)

6 もって, 持って 5 殺して 4 怨んで, 殺したの 3 つれて, 失って, 見た, 連れて 2 何故か無性にバツ, 害めた, 思つた, 悦ばせに, 慕うて, 殺した河井龍之介, 殺す筈, 知らぬ孫, 背負って, 見ると

1 [269件] あわれに, いかにルパン, いらいらさせる, おそろしいもの, おなわ, おひゃらかすよう, おびき出したの, お島, お庄, かぎだそうと, かこむ子供達, かばって, からかって, けしかけて, さしのぞいた, さし置いて, しきりに説きつけ, して, しめて, せめりゃこんど, そういう風, そっと穏やか, そのまま帰す, その松島, その霊感, そんなふうにほったらかし, たすけて, たすけに, たずねて, たづね, たぶらかしました, できるだけ幸福, とり巻いて, どうしても殺さなけれ, なぐさめるよう, なだめようと, なるたけ近い, はげまして, はたらきに, ひっぱったの, ひっ掴まえて, ひどく大切, ぴったり枕, またぎ越すよう, みごろ, みまって, むずかしい公事, むづかしい公事, めがけて, もたない子供, もっともっと惨め, もつた小さな, もつて, やったの, よろこばした, りっぱな, ベッドへ, 一杯でも, 一週間に, 不憫には, 世の中で, 仇と, 仰いだ, 伴れ帰す, 何と云つて迎, 侮辱した, 促した, 信頼し切, 傍に, 儲けさせるため, 其處に, 力弱い, 助けたかつたの, 助けだせるでしょうか, 助けねば, 助ける工夫, 又なく, 取りいれた短篇小説, 取り入れたもの, 口説きお仙ちゃん, 口説き落すよう, 同じくする, 同僚に, 呼びかけるのに, 呼びながら, 呼びに, 呼び込んだ, 呼んだ, 呼んだが, 呼んで, 呼寄せさえ, 哀れに, 喜ばすの, 喪って, 喪つた打撃に, 埋めた土, 売った二人, 大八車に, 大店の, 失うと共に, 奪われて, 子の, 宥めて, 宥め帰そうと, 寝室へ, 尋ねて, 尻の, 幸福に, 幾度も, 庇ふ, 引きずって, 引き上げながら, 引き起す, 引つ張り, 引取りたい, 引合ひ, 引立てて, 弥次った, 待ちわびたスワ, 得た心地, 御しやすし, 心配さした, 思い出して, 思ひ出し九つ, 思わせる様, 思出した, 怨みながら, 怨み抜いて, 怨むよう, 恐れないで, 恥ずかしく思う, 恨んで, 息子が, 悦ばせて, 悪い女, 悲しませるよう, 愛しまた, 慕つて何うにも, 慕ふ, 慰めて, 憎むん, 憐むような顔付を, 手つだって, 手に, 手一つに, 手伝って, 打たれたとき, 打ち仆, 打つ真似, 抱き締めたらしい, 抱擁し, 招いて, 持つこと, 持つた娘, 指導する, 振り向いて, 捜して, 探して, 探し出そうと, 探すため, 撫めた, 放さない, 救おうと, 救け降して, 救ふために, 教師に, 更に昂奮, 未決監に, 東京へ, 案じて, 案内し, 森の, 死に誘った憎みと, 歿なし, 殴ったこと, 殺さねば, 殺しさ, 殺したに, 殺したチョコレート, 殺した杉本友之助, 殺した經緯, 殺しては, 殺し江戸, 殺す, 殺すほどの, 殺す気, 殺害した, 気の毒に, 求めること, 決して一人, 法王は, 然るべきところ, 片輪, 牢に, 癒して, 看病し, 看護し, 瞠んだ, 知って, 知らない人間, 破滅させ, 示された時, 私の, 籠絡し, 納めたもの, 納得させ, 素通りは, 罪人に, 考えの, 聯想する, 自分の, 自慢した, 自殺に, 苦しめて, 苦しめる種, 蝶子は, 蠅男から, 見かえして, 見かへ, 見すてたの, 見たり, 見つめつぎ, 見つめながら, 見て, 見ても, 見やるの, 見上げた, 見上げたお里, 見上げて, 見上げますが, 見下して, 見出したという, 見分けること, 見向いた, 見捨てて, 見舞いに, 見舞ったころ, 視た, 覚まさないよう, 言は, 討つたといふ, 討つたの, 訪ねて, 訪問する, 訴えながら, 診て, 詛った, 説きふせて, 誰が, 論破する, 贔屓の, 起こしそれから, 起すまいと, 身動きできぬ, 車の, 迎えた, 迎へて, 追想するらし, 逢いたい逢いたいと, 金で, 除いて, 陥穽に, 離縁する, 顧みました, 養った, 養って, 騙して, 騙し親切, 鬼では

▼ 父親~ (239, 4.0%)

11 一緒に 7 いっしょに 6 母親は 5 二人で, 母親が, 母親とは, 顔を 4 母親と, 母親との 3 二人の

2 [14件] いくたびとなく, たった二人, ふたりで, 並んで, 娘とを, 忰は, 房枝の, 母親の, 母親を, 祖父と, 私が, 言つても, 話して, 違って

1 [156件] いいますの, いい身嗜み, いうよりも, いつしよ, おなじく渡し舟, おふくろと, この眼, この隠居, こんな問答, しその, し会社, そいつと, そっくりの, その友人, その周圍, その女, その子, その息子, その日取り, その生活, その話, それから髪, つれだつて, つれ立つて, なって, なり母親, ぴったり一つ, ほんとの, むすめ, やはり古い, コルク削り, ダーネー氏との, リレーで, 一しょに, 一しよ, 一時間ばかり, 一番仲のよ, 中年の, 争い続けて, 争った, 二人で這入, 二人に, 二十三四の, 二十歳位に, 云う人, 云っても, 仲違ひ, 何やらヒソヒソと, 何やら話, 保子さんの, 兄から, 兄さんや, 兄との, 兄の, 先の, 分れて, 別れ教師, 勤勉な, 十二歳に, 友だちの, 友とに, 反対に, 叔母との, 取引される, 同じ心, 同じ程度, 同じ顔, 同僚だった, 同様の, 向い合うと, 向い合うところ, 向ひ, 呼んで, 和泉の, 商人との, 喧嘩を, 喬之, 四人の, 大喧嘩, 大論判, 夫と, 夫の, 女中との, 妹とが, 妹とは, 姉と, 娘が, 娘との, 娘は, 子供たちとの, 子供との, 子供とは, 寧ろ快活, 対い合っ, 小さいお, 少年たちは, 局を, 居候的の, 居間で, 幼い弟, 幼い弟達, 引き離して, 弟とで, 弟二人を, 弱々しく情愛, 従兄だ, 忠僕の, 忰の, 思い込んで, 思つて居た, 恋われるの, 息子の, 手を, 打ち合わせる仕事, 散々いひ, 早く別れた, 時雄と, 時雄は, 来たらいま, 歴然と, 死別れた, 母と, 母親だ, 母親という, 母親とが, 母親とで, 渚を, 玉太郎と, 田中とが, 田舎に, 申すの, 知人の, 知合な, 短い生涯, 社村とが, 私と, 等しいもの, 綺麗な, 縁側に, 聟の, 背の, 自分の, 荻生さんが, 荻生さんとに, 衝突さえ, 衝突し, 衝突した, 親しくした, 親類うちに, 親類全体を, 言うの, 言へば, 認めた人間, 連立って, 醜いちぎり, 開くつもり

▼ 父親~ (176, 3.0%)

22 母親も 3 さすがに, 乞食かも, 無言に, 空つ 2 一人, 低かった

1 [138件] あっけに, あれまでに, いくらか体, うしろに, うれしがっ, えらい女, おいらも, かの女, ここには, このこと, この時, すぐその後, すでに手, そうだった, そうなっ, そのまま水, その中, その傍, その娘, その子, その役だった, その手, その父親, その考え, その背教, それを, ただ娘, たまりかねたの, だまされて, ちとばかり, ついあきらめ, とうとうわが子, ない人, なく膝, なければ, なし母親, まさかその, また再び, また同郷, また喚きあげ, もうなに, もはや命, やうやく, やっと安心, やっと承諾, やつぱり職工で, やはり同, やはり患者, やはり軍医, よく細い, よもや動かされぬ, わざわざやつ, 一度は, 一緒に, 丁度家に, 七兵衞も, 不審そうな, 世間でも, 主も, 云うて, 云うとおり, 亡くなったのに, 今度ばかりは, 今日は, 代価に, 何の, 側で, 兄の, 到頭職人, 古めかしい羽織袴, 可哀そうであった, 同じよう, 同様に, 向う見ずな, 声を, 娘の, 子息と, 学園の, 宮城県栗原郡高清水附近の, 家に, 家族の, 小僧も, 小笠原に, 居らんの, 師匠も, 帰って, 弱り果てたらしく, 弾正と, 彼の, 彼を, 後ろ向きにな, 得意回りの, 心の, 心配し, 怨み死にに, 息子が, 息子も, 息引きとる, 感慨深さ, 承知し, 故郷は, 旅へ, 昔は, 最早好い, 木立の, 正気に, 死んで, 江戸では, 泣いて, 泣き声に, 注意を, 派手に, 流石に, 浮び切れません, 海外へ, 涙に, 混つて茂右衞門の, 狼狽し, 現実に, 知らなかった, 義光ちゃんの, 翌る, 聞きつけて, 自然つり込まれ, 落着の, 蒼くなっ, 行方が, 街子も, 親戚も, 許すに, 諦めたの, 貧乏は, 賛成の, 赤児の, 足を, 長い間苦勞, 頗る世間, 驚いた

▼ 父親~ (64, 1.1%)

5 母親の 3 母親が, 母親に 2 姉さんや, 村の, 母親を, 親類の

1 [45件] おどそうと, その一家, その仲間, または伜, むすこが, フリート街の, ヤアギチと, 下宿の, 兄が, 兄弟たちの, 兄達の, 分家の, 医師の, 妹たちも, 学校と, 宿六の, 宿六は, 少年たちが, 師匠が, 引上げて, 弟が, 弟たちの, 役人が, 放蕩無頼の, 正吉の, 母方の, 母親たちへまで, 母親だらう, 母親と, 母親という, 母親は, 母親も, 母親らしい, 気だての, 水谷という, 留守を, 看護婦が, 知合の, 祖母と共に, 自分の, 良人の, 言ふもん, 財産の, 養父の, 鶴さんの

▼ 父親から~ (53, 0.9%)

1 [53件] いろいろと, いわれると, さんざんと, しかられたこと, すっかり忘れられ, その脇差, たのまれて, どうやら金, ひどく叱られ, もぎ放した, もらって, 三十に, 久しぶりに, 仕送りが, 先ず手ぐる外, 先づ手繰る, 分前, 受けた三カ月, 呼ばれて, 呼びかけられて, 引継いだ趣味, 心の, 心配される, 愛情を, 手紙を, 抱いて, 持越しの, 教えられて, 教育も, 来た手紙, 炊事係を, 無視された, 男の子に, 相当な, 真赤な, 竹法螺を, 精一杯の, 素子の, 紹介させる, 紹介し, 縁談を, 聞いた色々, 聞いた話, 買って, 逃げ出して, 逃げ去って, 鉛筆を, 隔離する, 離れようとは, 離れる事, 難題を, 雪之, 頼んで

▼ 父親らしい~ (41, 0.7%)

2 熱心さで, 老人を

1 [37件] のとが, のは, ひとと, ひとは, ものが, 中年寄, 中年男, 乞食が, 人が, 厳しさ, 均衡が, 執念で, 壮漢と, 大きな思いやり, 大河彼が, 後ろ姿, 情の, 愚痴に, 愛情を, 愛撫と, 慈悲の, 態度で, 手つきで, 振舞いを, 日本語で, 様子を, 深刻な, 男の, 男は, 紳士に対する, 老人と, 腰の, 自信と, 表情で, 表情を, 調子で, 配慮を

▼ 父親さん~ (40, 0.7%)

4 や母親さん 2 の方

1 [34件] からは書い, から実印, がああ, が可愛がってる, が座敷牢, が生きてる, が言う, だ, ですよ, という人, と斯, と通信, には早く, に克, に気に入る, に言う, に貴方, のこと, のよう, のワル, の側, の声, の禿, の若い, はこう, はこんなに, は二階, は其樣, は又, は私, も女, も東京, も苦しく, や祖父さん

▼ 父親である~ (40, 0.7%)

2 のだ, 一畑治明博士は

1 [36件] かない, が, がこれ, ことは, ことを, このわし, この家, これらの, ところの, とともに母親, とともに自由, に反し, のか, ばかりでなく, ように, わけは, 一紳士と, 人, 六角博士ほか二名が, 博士で, 城北中学の, 将校は, 彼の, 泰造に, 甥に対する, 男が, 男に, 男爵の, 老教授, 耕吉の, 自分の, 貧乏な, 貴下と, 赤沢常造の, 銀行家ロタール, 鮨屋の

▼ 父親には~ (33, 0.6%)

2 自分の

1 [31件] おかしい程, おんぶされ, ききめ, そのうち僕, その困った, それが, そんなふう, どこか, ほんとうの, まだ会わない, むろんの, もそッ, もちろん親しい, 下宿代を, 似ず弓馬, 初耳であった, 反感を, 夭く, 始終こういう, 子は, 愛が, 感じずに, 死別した, 病的な, 破れかぶれに, 絵を, 聞き入れて, 赦すこと, 遠く離れ, 長い間, 黙許され

▼ 父親という~ (29, 0.5%)

14 のは 4 のが 2 ものは, 人は 1 ひとは, ものとを, ものに, やつも, 一応熱気, 感じだけ, 顔に

▼ 父親にも~ (25, 0.4%)

1 [25件] ある, その心持, なりたくない, 会われるという, 似なければ, 停車場で, 其の行爲, 十年程, 口を, 可愛がられなかつたが, 同情が, 子供にも, 弟の, 恐しい共犯, 懐いて, 母親にも, 物を, 當つて見た, 疑いが, 相談しなけれ, 知らして, 知らせずそっと, 紹介し, 自転車が, 見せて

▼ 父親としての~ (24, 0.4%)

2 愛情を

1 [22件] 利己心から, 大失態, 家庭に対する, 彼は, 心遣いに, 思いの, 日常感情の, 歌の, 漱石の, 生活も, 申訳を, 私の, 立場から, 良人との, 若い姿, 責任が, 責任これは, 責任も, 責任を, 資格なんか, 追懐が, 面目までも

▼ 父親として~ (22, 0.4%)

1 [22件] あれの, うれしいこと, して, しのびなかっ, そういう点, つくして, です, とるべきもの, どのよう, また養育者, 一生を, 世話を, 会って, 切ないこころ, 叮嚀に, 家庭への, 小生は, 恥じるもの, 折々彼, 最後の, 自分の, 見るの

▼ 父親~ (20, 0.3%)

2 ということ, といふ, よ

1 [14件] からね, から引取, が大層, つたとは, つたのです, つても, という話, といふ老人, とは知るまい, と云う, と信じ, と気がつい, と言った, な

▼ 父親とは~ (20, 0.3%)

2 似ても

1 [18件] あまり仲, そのあたり, まだ親しく, わけが, ソリが, 似も, 八年前に, 別れ別れに, 名ばかりの, 手習傍輩で, 滅多に, 義理ある, 行田の, 親しかった, 近所へ, 金銭を, 金銭上の, 離れること

▼ 父親~ (19, 0.3%)

2 あつた

1 [17件] あられること, おあんな, この母, さへ, またある, まだ見た, も造つてや, 夜が, 失敗の, 女房に, 女房の, 娘の, 小泉町に, 悪いこと, 母親は, 清水屋の, 目明しの

▼ 父親では~ (18, 0.3%)

3 なかった 2 ないか, ないだろうかと, ないの, なくて 1 あの通り, ない, ないと, ないとは, なかったろうと, なかつたと, なくオブリアン

▼ 父親との~ (14, 0.2%)

1 [14件] あいだにも, わかれは, 二重の, 交渉を, 場合の, 生活を, 目に, 約束を, 衝突, 衝突看護婦と, 間に, 間の, 關係に, 隔たりの

▼ 父親~ (14, 0.2%)

4 のだ 2 のじゃ, んざ気を 1 のだろう, ので, のよ今年, んだ, んでしょう, んです

▼ 父親~ (14, 0.2%)

2 返せ

1 [12件] こう申しました, しが, ひきあわせスルリ, 使を, 告げた, 大島絣の, 婚約を, 尽くすよりも, 耳打した, 耳打ちした, 言葉を, 誰が

▼ 父親からの~ (12, 0.2%)

2 迎へが 1 もので, ものばかり, サラ・ブレッドでなけれ, 依頼で, 受売に, 感化であった, 手紙が, 英字タイプで, 返電が, 電話での

▼ 父親~ (11, 0.2%)

1 [11件] が感ぜられた, でくっきり, で大きな, で長い, と思つた次男, の丸い, の学者肌, の眼付, の肥つた四角, の頑固者, 斯の

▼ 父親よりも~ (10, 0.2%)

1 つと縁, どうにも, 先に, 利太郎を, 又お前, 女に, 昔の, 生母よりも, 逢いに, 高い位置

▼ 父親でも~ (9, 0.2%)

2 お父, なければ 1 あった, ある五十がらみ, また愛し, 死んだと, 母親でも

▼ 父親~ (8, 0.1%)

1 それとも一家, それに, どうかは, 二人の, 何んかが, 分らなかった, 祖父では, 義理の

▼ 父親たち~ (8, 0.1%)

1 が僕等, が迎え, の悪業, の狡猾, はいう, は楽々, は立派, よりはいささか

▼ 父親に対する~ (7, 0.1%)

1 何よりの, 僕の, 妙な, 憎しみが, 憎悪が, 憎悪さえも, 気持が

▼ 父親といふ~ (6, 0.1%)

4 のは 1 のも, ものの

▼ 父親とも~ (6, 0.1%)

2 親しめるやう 1 偶然に, 暫く一緒, 相識の, 知らない顔

▼ 父親に対して~ (6, 0.1%)

1 モーツァルトは, 借りさえ, 守って, 批判を, 明らかに, 母親は

▼ 父親千蔵~ (6, 0.1%)

2 の顔 1 が見, の手伝, はそんな, は天

▼ 父親治明博士~ (6, 0.1%)

3 のたま 1 に非常, は苦し, も母親

▼ 父親~ (6, 0.1%)

1 がまだ, が働き, が卑劣, が置屋, の共同, は承知

▼ 父親たる~ (5, 0.1%)

1 の顔, 僕に, 天皇自身でなけれ, 小生の, 私の

▼ 父親です~ (5, 0.1%)

1 か, がそれ, がね, がね十日, ものこんな

▼ 父親への~ (5, 0.1%)

1 執着が, 恨みは, 裏切りという, 酒の, 面当に

▼ 父親~ (5, 0.1%)

1 が建設, であった, の一行, はそれ, は勤勉強靭

▼ 父親をも~ (5, 0.1%)

1 いやそれ, 喜ばして, 混乱させた, 軽ん, 驚かした

▼ 父親同士~ (5, 0.1%)

1 が勝手, が殺し合った, が砲術, の争, の頭

▼ 父親母親~ (5, 0.1%)

1 が草葉, にハッキリ, のかす, はうわべ, は一先村

▼ 父親からは~ (4, 0.1%)

1 勘当同様と, 取り損, 準禁治産, 黒髪と

▼ 父親そっくり~ (4, 0.1%)

1 じゃありません, であるという, であるほか, の一徹

▼ 父親とが~ (4, 0.1%)

1 そうして土下座, そこへ, なお二人, 出た時

▼ 父親なら~ (4, 0.1%)

1 あんなこと, いやな, ばきっと, 私の

▼ 父親なり~ (4, 0.1%)

1 夫なり, 母親なり, 母親なりに, 母親なりの

▼ 父親について~ (4, 0.1%)

1 いっしょに, その社会的地位階級, 別れた, 彼が

▼ 父親にでも~ (4, 0.1%)

1 会ったよう, 会って, 抱かれるよう, 聞いて

▼ 父親まで~ (4, 0.1%)

1 こんな事, 亡くなったという, 何十年前かの, 売り飛ばそうと

▼ 父親より~ (4, 0.1%)

1 もっと色, 二つも, 分けられた魂, 貧乏で

▼ 父親以上~ (4, 0.1%)

1 に森夫, に辛辣, の芸, の関心

▼ 父親だけ~ (3, 0.1%)

1 あって, で母親, で錺屋

▼ 父親だけが~ (3, 0.1%)

1 おそらく級友, 一人家へ, 箱膳を

▼ 父親だけは~ (3, 0.1%)

1 こわい, さすが親子, 動かない

▼ 父親だろう~ (3, 0.1%)

1 かということ, かまたは, と思った

▼ 父親でない~ (3, 0.1%)

1 ことが, ことは, 方が

▼ 父親とか~ (3, 0.1%)

2 眼を 1 近親とかに

▼ 父親とを~ (3, 0.1%)

1 上へ, 見た, 貢いで

▼ 父親なども~ (3, 0.1%)

1 そういうふう, それを, 現れて

▼ 父親一人~ (3, 0.1%)

1 の力, の家庭, は釣

▼ 父親~ (3, 0.1%)

1 はあの, はやがて, も交じっ

▼ 父親自身~ (3, 0.1%)

1 が生き, が白骨, もそこで

▼ 父親おどろい~ (2, 0.0%)

2 て暫時

▼ 父親さえ~ (2, 0.0%)

1 居なけりゃ何, 早く寝

▼ 父親じゃ~ (2, 0.0%)

1 ないか, ないとでも

▼ 父親たる者~ (2, 0.0%)

1 があるなら, にその

▼ 父親だけに~ (2, 0.0%)

1 そんな事, 話して

▼ 父親だった~ (2, 0.0%)

1 からである, 場合には

▼ 父親だって~ (2, 0.0%)

1 かれが, また君ら

▼ 父親であった~ (2, 0.0%)

1 のに, 人の

▼ 父親であり~ (2, 0.0%)

1 ながら娘, 主人で

▼ 父親でさえ~ (2, 0.0%)

1 二十コペイカ銀貨は, 見違える位

▼ 父親としても~ (2, 0.0%)

1 自分から, 若すぎ

▼ 父親なし~ (2, 0.0%)

1 にお, の哀れ

▼ 父親などは~ (2, 0.0%)

2 自分とは

▼ 父親なんか~ (2, 0.0%)

1 ぢや, もうとうに

▼ 父親なんて~ (2, 0.0%)

1 あやふやな, ものより

▼ 父親にあたる~ (2, 0.0%)

1 吉田武左衛門に, 私の

▼ 父親にたいする~ (2, 0.0%)

1 のにも, 彼女の

▼ 父親にとって~ (2, 0.0%)

1 あれは, この方法

▼ 父親めいた~ (2, 0.0%)

1 声音で, 情愛を

▼ 父親九郎兵衛~ (2, 0.0%)

1 にあっ, は同役山浦丈太郎

▼ 父親似な~ (2, 0.0%)

1 のだらう, ので大体

▼ 父親同志~ (2, 0.0%)

1 がボストン, が友達

▼ 父親和尚~ (2, 0.0%)

1 は何処, は何處

▼ 父親嘉七~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 父親~ (2, 0.0%)

1 にかかれ, に手紙

▼ 父親幸三郎~ (2, 0.0%)

1 でございますが, の行方

▼ 父親庄右衛門~ (2, 0.0%)

1 のため, を武士

▼ 父親得意場~ (2, 0.0%)

1 の蔵普請, の藏普請

▼ 父親清吉~ (2, 0.0%)

1 に逢つて, の話

▼ 父親石右衛門~ (2, 0.0%)

1 との二人, の代理

▼ 父親秋山佐仲~ (2, 0.0%)

1 と仲人, は後ろ

▼ 父親譲り~ (2, 0.0%)

1 の古い, の財産

▼ 父親譲り裁縫~ (2, 0.0%)

2 は絹物

▼1* [199件]

父親あての脅かし, 父親あの無類の, 父親かが山を, 父親かもしれません, 父親がからかつたり, 父親がきの毒, 父親がなんか埋めたに, 父親がのべつに, 父親こそさだ子伊達の, 父親さん一人きりになっ, 父親そういったものを, 父親そのほか一々, 父親その他の法律上, 父親たくさんのきょうだい, 父親たち一般のもの, 父親だけで何も, 父親だけとなりましたが, 父親だごまかされはしない, 父親だの母弟又は, 父親やありません, 父親っ子でしたが, 父親つまり私の, 父親であってもそれでも, 父親であったならたぶんこの, 父親であるべきだと思う, 父親であるらしいことを, 父親であろう主人に, 父親でございますからひとこと本当, 父親でさえが腫物に, 父親というは非常な, 父親とかの四人に, 父親としてだけの愛以上の, 父親としては迎えられなかった, 父親とても十四くらい, 父親とでも思うの, 父親とともに自分の, 父親ともども群衆のどよめき, 父親と共に家に, 父親どもといへ, 父親どれだけが母親の, 父親なぞと事業を, 父親などがそんな歌, 父親などの氣もちを, 父親などを親切に, 父親なみに心配, 父親ならずとも私, 父親なりがはつきりと, 父親なりにもし男の子, 父親なるあの浪人者, 父親にさえグレゴール, 父親にたいして寛大に, 父親については畏敬の, 父親にとっては朝食は, 父親にまであまり可愛がられ, 父親にゃあちっとも, 父親によってひそかに, 父親によりも娘の, 父親に対しての愛情と, 父親に対してはあまりいい, 父親に対しても済まぬこと, 父親に関することであった, 父親のうでに, 父親のうでの中に, 父親はけろっとし, 父親はと聞けば, 父親打開け, 父親ばかりにかぎったこと, 父親ひとりは浅間, 父親ぶりを発揮, 父親へかへしてやらうかとも, 父親へは似ずに, 父親へも見舞いの, 父親ほども年の, 父親までを殺しました, 父親みたいにボウト, 父親めいたとがめ方を, 父親もさびしさうにしてゐる話などを, 父親ゆづりの黒味, 父親ゆづりで着慣れて, 父親ゆづりで酒が好き, 父親よりは幾分柔か, 父親らしいまとまった考えは, 父親らしい諦めに幾らか, 父親らしく弱々しくは, 父親らしくふるまっている, 父親わしの実兄, 父親を通じて自分に, 父親イリヤはひどい, 父親カメラを出した, 父親ソックリで地腫れ, 父親てエの, 父親ト違イ僕ガ彼女ヨリモ彼女ノ母, 父親ドクトルに連れ立っ, 父親ドンコが頭, 父親ドーデに予想, 父親少イダロウ, 父親ハイツモ忰ヲ掴マエテヨク, 父親ピョートル・レオンチイッチはもう, 父親ベルナールは息子, 父親ベートーヴェンのかわらぬ, 父親ボーフォールの棺, 父親メルキオルの露骨, 父親ルピック氏はある, 父親一人息子一人のさびしい, 父親一心は貧窮, 父親一色清五郎殿が嚴重, 父親七兵衛はあまり, 父親七助もお, 父親三代目璃寛は鏡山, 父親三百五十石の旗本, 父親三郎兵衞に引き合せられ, 父親九兵衛が老後, 父親今村要人は秋田淡路守, 父親代りの人, 父親以外の男, 父親伊太夫に会わせ, 父親伊奈長次郎組下の若い, 父親似だな, 父親似である中にも, 父親作爺さんの住い, 父親働くものも, 父親儀十郎はまだ, 父親兄夫が死んだ, 父親公荘を通俗, 父親六兵衛の怒り, 父親六兵衞の怒, 父親加賀の紙問屋, 父親左衞門の, 父親右京が合點, 父親合點の母親承知, 父親同様書物好きとみえ, 父親同然のもの, 父親同行で郷里, 父親同道のもと, 父親喜平の激しく, 父親多門兵衛尉に武術, 父親女学校を出た, 父親安兵衞の二人, 父親安芸守は白河, 父親将来の夫, 父親小児を弟, 父親小左衞門との仲, 父親小説はもう, 父親小説以外のもの, 父親小野良実の居城, 父親山木混凝土氏の疑獄事件, 父親岡本吾亮がしばらく, 父親右衞門の, 父親庄平の弟, 父親弾正に対しましてわたくし, 父親彦兵衞を見, 父親徳右衞門の歸依, 父親志道軒の云いつけ, 父親忠兵衞と母親, 父親思いの半蔵, 父親怨めししと, 父親息子を想い出す, 父親愛人兄弟たちを奪い取りました, 父親敬蔵はかなり, 父親は浅, 父親昆虫館館主は無双, 父親来る藤田が, 父親来訪八月から神田, 父親東洲齋を殺した, 父親にあたる, 父親棚橋讃之助, 父親が東京, 父親次に芳子次に, 父親武左衛門殿を殺害, 父親武平がさわぎ, 父親殺しの疑, 父親母親たちがいつから, 父親母親姉達の猛烈, 父親河村のところ, 父親泣く喧嘩する, 父親激しい目にて, 父親玄龍の手, 父親理性的な母親, 父親甚兵衛であつ, 父親的利己心はすぐ, 父親は伊予守忠弘, 父親笹枝宗左衞門が役目, 父親紋七はどこ, 父親総一郎の殺された, 父親翠川健太郎が平泉, 父親育ての一人娘, 父親與三郎と八五郎, 父親船頭の傳六, 父親苦しい立場と, 父親菊屋市十郎の二人妾, 父親が福山侯阿部備中守正精, 父親蔵人は老人, 父親藤七は思はず, 父親違いの兄弟, 父親重兵衞と全く, 父親門八が彼女, 父親音次郎と懇意, 父親高木老人は心配, 父親麻井大七郎