青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「流石~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

活字~ 派~ 派手~ 流~ ~流し 流し~ ~流れ 流れ~ ~流れる 流れる~
流石~
~流行 流行~ 浄~ 浅い~ 浅草~ ~浜 浜~ 浦~ ~浪 浪~

「流石~」 1823, 19ppm, 6074位

▼ 流石~ (1232, 67.6%)

11 私も 5 それは, それを, 私の 4 これは, 僕も, 御驚き, 目を, 胸が 3 大きい, 女の, 彼も, 猛き, 私は, 胆を, 胸を, 驚いた

2 [94件] あの一帖, あの強力, あわてて, あわてとにかく, いやな, しんから, そこは, そこまでは, その男, それと, てれくさい故, ふたたびバア, まごついた喜劇, むっとした, 一人知り, 一方口, 一流の, 一頭地を, 不安を, 中には, 些か不快, 人間の, 今日は, 信吾の, 信如袖ふり切り, 偉大なる, 兄妹であれ, 先生の, 凄い, 凍らぬと, 出来なかった, 医者である, 大厦高樓, 天下第, 女で, 女は, 好かった, 好みしかど, 嬉しそう, 子供心にも, 客の, 富江も, 専門家だけ, 少し不, 巡査の, 彼は, 彼女には, 御わかり, 心々の, 心は, 心細きこと, 快くない, 恥かしい, 慄然と, 明るく開け, 昔の, 昨日の, 暑い, 武士の, 母の, 気の毒に, 氣の, 洒落者, 海千山千の, 渠は, 源家の, 滑脱なる, 父の, 狼狽し, 男の, 疲れが, 疲れたと, 眼を, 眼鏡と, 第一流, 聡明な, 聲を, 膽を, 自分の, 花嫁は, 血を, 見上げたもの, 言ひかね, 詩人の, 軍人で, 途方に, 錠前くだく, 長野も, 面を, 顔を, 驚いたと, 驚いたやう, 驚いて, 驚かずには

1 [974件 抜粋] あきれて, あなた方は, あまりい, あれだけの, あんまり人, いい句, いい気持, いざと, いつもよりは, いろんなこと, うまい, うまいオルドヴル, うまく嫌, おいしいと, おしまいには, おつ, おふくろほどの, お加女夫人, お志保, お由羅, かかる苦しい, きかれず, ぎょっとした, ぎよつとしたやうでした, ぐっと真面目, ここだけは, この人, この和蕃公主, この映画一つ, この時, この表紙, これだけは, さまざまの, しっかりした, しまいの, しんみりと, すぐ, すぐに, そうした法律的, そうも, その中, その光り, その商人, その夥しい, その感じ, その智慧, その調子, その非凡, その顔, それから, それ以上は, そんな些事, ぞっとする, たっぷりし, たゆた, ちゃんと筋道, つらかつ, できない, どうもいや, なつかし, なれなかつた, にこにこし, はっとしたらしかった, ひどく鬱ぎ込んでる, びっくりし, ぴたりと, ほっとした, まだ立春, まだ船, むす子, もういや, やさし, やましい気, ゆつくり, よく断じてゐる, わが實, わくわくし, イベットは, カブリツキは, ギョッと, サモア人の, チベットとは, ハリスで, ピカピカと, フランス自然主義大家の, ボンヤリ立っ, ムツと, モムゼンも, ラテン語の, ルビツチの, 一世の, 一寸した, 一寸テレ気味, 一寸変, 一寸苦笑した, 一寸驚いた, 一言も, 七草すぎた, 三人の, 上川平野の, 下さい, 不機嫌, 与里も, 世を, 世間の, 両方共一度に, 中原を, 主人だけ, 之には, 事に, 二足ばかり, 云い知れぬ喜び, 亡夫の, 人よりも, 人中を, 人情として, 人殺しの, 人目を, 人足足えず, 人間は, 今でも, 今や尽きん, 仏の, 仙台平を, 代りばえも, 伊藤公は, 伊豆の, 何う, 何と, 作家ゴンチヤロフは, 侍です, 信濃の, 修養が, 俳諧の, 偉いよ, 兄も, 兇賊である, 先生は, 先輩の, 光つてゐた, 入り悪し, 八十幾つといふ, 其時困る, 兼家は, 冴えて, 冷たい光, 凉しい, 凡太の, 出獄の, 初夏の, 勘定高い, 勝気な, 北国生れの, 北海道だ, 医者の, 千数百年の, 午前三時を, 印度女達は, 口ごもるの, 口上手の, 古い街道, 古今の, 古賀政男は, 可哀相に, 吃驚したらしい, 名人である, 名山大川の, 名高いだけに, 君も, 呆気に, 呟くよう, 咽喉の, 商人は, 商売柄舞台の, 善人の, 嘉吉の, 四千年來の, 困惑を, 国の, 国民の, 土地から, 土地柄も, 土龍は, 地肌に, 埼子の, 堪えられなくなって, 堪忍強い, 士族出だけ, 夏は, 多少は, 夜に, 夜を, 大がかりで, 大きかった, 大人だ, 大名の, 大家の, 大阪だ, 天幕らしく, 奇を, 女房だけ, 好い気持, 好い氣味, 好意が, 如何に, 始めは, 嫁に, 嫌は, 子爵どの, 孔子だけは, 孔子様だ, 孝行者で, 学者らしくひねった, 安藤巡査も, 宗教的背景を, 客席も, 家柄だけに, 寂心で, 富士屋ホテルも, 寒い心, 寒げに, 対手の, 封建的な, 專門歌人らしい, 小生自身も, 少しくたびれた, 少しの, 少し侘びしく, 少し平, 少し暴れられ, 少し狼狽, 屈しなかった, 屍体には, 山の, 山里の, 島村君は, 巧妙を, 巴里の, 平生を, 年の功といふ, 幽峭, 幾分わ, 幾千の, 床し, 度胸も, 康煕の, 廣く, 弱られて, 強烈な, 当年文壇の, 形容を, 彼女も, 後の, 後藤伯の, 御渡世柄, 微に, 心おもしろから, 心の, 心残りした, 心細くな, 心細くなっ, 心苦しく只, 心配に, 忙しさ, 怒り出した, 思出した, 思慮深き, 急所を, 恥ずかしく思った, 息苦し相, 悄げ返つて, 悚然した, 悧巧な, 悪びれず一週間, 悸っと, 愕き, 愛憐の, 感極まって, 慌て心, 憂慮の, 憤慨した, 懐しく嬉しく感じた, 戒しめ重けれ, 戦慄を, 手を, 手練の, 手頼りなく思われ始め, 才子で, 抜目が, 振は, 捨て難く, 推してとも, 支倉は, 放っては, 敬語を, 断り通して, 斯様な, 新年でも, 日の, 日本の, 日本人は, 早稲田大学を, 明治の, 明治時代は, 昔忘れず, 昼からの, 晝は, 暑さ, 有頂天には, 朝夕は, 朝日の, 未だ雪, 本流は, 朱の, 杜甫は, 東京駅である, 柔和の, 根負が, 根負けの, 極めただけの, 権威ある, 欧洲の, 正成も, 此の, 此離縁法の, 武家魂は, 殘念には, 母は, 母親も, 氏郷だ, 氏郷は, 気が, 気には, 気の毒そうな, 気まずくなった, 気怯れ, 気持は, 気毒そうに, 氣根も, 氷りかねて, 汝も, 江戸ツ子の, 池坊式で, 沈着剛毅な, 法律上の, 泣いて, 泣聲を, 海軍士官の, 涙顏を, 淋しさうな顔, 満員である, 源太だ, 演劇の, 澄ましたもの, 烈しかった, 無鉄砲な, 無頓着, 煩くなっ, 燕雀たる, 物見高い市中, 狼狽えたらしく力, 猛惡, 玄人に, 生れ変ったよう, 生物も, 用いなかった, 田町附近は, 男だけに, 畑仕事は, 異様な, 疲労し, 痛いと, 発狂と, 白亭の, 皆んな心配らしい, 皮肉哲学者の, 益満さんは, 盛装した, 直には, 相澤の, 真先き, 真暗の, 真直ぐに, 眩しく美しかった, 着のみ, 着想が, 知らぬでは, 短刀や, 神州の, 秀吉である, 秀吉は, 私みたいに, 秋らしい, 積年の, 立ちまさった見解, 立派だ, 立派な, 笠を, 第一回, 笹野新三郎も, 筆鋒も, 筋張った処, 簡素であった, 精神異常者でなけれ, 紅矢が, 結論は, 緊張の, 練れて, 美しい, 義理は, 老に, 老功, 老婆が, 老成の, 老練な, 老舗を, 耐へ, 聲も, 職掌柄とて, 肉身の, 肩を, 背中の, 胸一杯の, 腕を, 腹はって, 自分が, 自分を, 自重し, 興奮の, 舵は, 色を, 若くは, 苦笑であった, 苦笑を, 荒蕩たる, 華族の, 落胆り, 蒼くな, 薄気味が, 薩摩隼人だ, 蛇の, 行徳も, 見るところ, 見苦しく其, 親子恩愛の, 言ひ淀んだ, 言葉も, 詩人だけ, 話せなかった, 誰も, 謹厳剛直の, 豪壯なる, 豪胆な, 貞子も, 赧い, 足に, 躊躇て, 農夫の, 遊んで, 道理の, 達者の, 違う, 違った感じ, 適切な, 避妊具は, 部屋は, 都らしく, 重臣ブロック論は, 鈍感な, 鋭くいった, 長かつ, 長者様とも, 間を, 院長にだけは, 険しくな, 隠し切れない力, 青々と, 靜めて, 面伏せな, 面白くは, 面目なかった, 領事も, 頭には, 頭脳明晰である, 頭髪は, 額から, 顫え, 飛行慣れた, 馴れぬ眼, 驚いたね, 驚き思はず呼吸, 驚駭の, 高くなっ, 高僧たちは, 魯迅さんだ, 鳥渡顫えた, 黒吉は, 黒田武士じゃ, 黙って, 黙つて

▼ 流石~ (326, 17.9%)

15 私も 11 彼も 9 僕も 5 吾輩も, 父も 4 明智も 3 名探偵, 帆村探偵も, 支倉も, 警部も

2 [17件] あっしも, チチコフも, 仙太郎も, 余も, 先生も, 博士も, 弟子たちも, 恒川警部も, 悪人も, 根岸も, 根岸刑事も, 浅田も, 海螢にでも, 目科も, 石子も, 神戸牧師も, 長次郎も

1 [231件] いと子女史も, おかく, おそろしい流行病, おばあさんも, おやじ事ムの, お八代さん, お前にも, お前も, お杉, お爺さんも, お艶, お葉, お金も, お関, この男, ごり, ご老人, じいさんまいっ, ぢいさん, のつ, わしも, われ言句も, カアネギイも, コンドルも, ダリア嬢も, デーカルトも, ドン様ドン様連中も, ニュートンも, ハイカラ先生も, バルタザアルも, バルチック艦隊も, パリ贔屓の, ピントも, ブラウエンベルグ氏で, ブランデスも, ブリダアの, ベッシェール夫人も, ワシも, 下婢も, 乃公も, 乱暴書生も, 事件に, 二人も, 五平も, 伊曾も, 伊達政宗を, 伯父さんも, 俺にも, 俺も, 僕を, 元気男の, 先生たち手も, 兩君も, 兵隊さんも, 剛の者も, 剛造も, 友達も, 古今無双の, 只圓翁も, 吉川勢も, 同胞たちも, 名家も, 名探偵宗像博士, 名法医学者若林鏡太郎博士, 君も, 和尚さんも, 園八郎も, 増賀も, 壯士も, 大勢も, 大地震, 大岡越前守も, 大江山課長も, 大河内博士も, 太宰さんも, 奧さんも, 女傑たちも, 女探偵さん, 女流作家も, 奴も, 奸物も, 如電先生も, 妖怪たちも, 婆も, 子供たちも, 安も, 宗像博士も, 宗助さへ, 宗教出版物の, 宗教物も, 実業界の, 家光も, 小林氏も, 岩倉社長も, 川手氏も, 帆村も, 師匠も, 師直の, 常平太, 広告屋の, 庄司署長も, 庭球狂も, 廣介も, 彼の, 彼女も, 後藤新平氏も, 復讐鬼も, 徳川勢も, 怪物も, 悪人松五郎も, 悪僧も, 悪党も, 悪党永禪和尚も, 悪婦も, 悪漢も, 悪魔が, 情慾を, 惡少年ナポレオンも, 憲兵も, 我も, 我侭者の, 政宗だ, 政治家も, 敵も, 文學論者木々高太郎君も, 斎藤先生も, 斎藤老人も, 断髪男装令嬢も, 新宿駅も, 新左衞門, 星宮理学士も, 朝寝坊も, 松竹も, 桂氏も, 梅吉も, 権之, 樫尾大尉も, 權勢家も, 正雪も, 武村兵曹も, 母親も, 毒竜の, 毒龍の, 法医学者も, 法水も, 渡辺刑事も, 渡邊も, 滄洲も, 瀧口入道も, 瀧口限りなき, 炭坑王谷山家の, 熊襲も, 熱海検事も, 犯罪専門家達も, 猛獣天女だった, 猛獸, 玄洋社代表も, 王女も, 班超も, 甘粕氏も, 甚兵衛も, 生蕃小僧も, 田中も, 田舎者の, 田部君も, 男も, 病人に, 百合子も, 石子刑事は, 社会学会の, 福岡でも, 福島正則みたいな, 私にも, 紅矢も, 羅馬の, 義広を, 義淨も, 義淨三藏も, 老人も, 老医パーポン氏, 老婆も, 老舖, 職充も, 能勢氏も, 腕白連も, 自分も, 色魔早川医学士, 若殿様, 若殿樣も, 英国人も, 茂之助も, 荒くれ男共も, 菱川も, 薩州も, 虎蔵も, 蠅男も, 裁判長も, 覆面探偵も, 親達も, 課長殿も, 謹厳な, 警察も, 警視庁も, 豪傑大森彦七も, 豪傑奈良原少年も, 越前守も, 軍部の, 軍部も, 通尖, 遠藤博士も, 長吉も, 長尾君も, 陸軍当局も, 霊公も, 青年名探偵が, 静子も, 音吉も, 頑固親爺が, 頭山満も, 風葉君も, 香椎六郎も, 馬賊もは, 馬鹿も, 駄夫をも, 駒吉も, 髯将軍も, 鬼刑事も, 鬼畜の, 鬼警部も, 鴨田も, 黄血社の

▼ 流石~ (122, 6.7%)

3 錢形の 2 一代の, 創業の, 女心で, 東京だ, 武士の

1 [109件] お浦, ご三家の, そこで粛, ゲエテを, ゴオゴリだ, 三宅博士言ふ, 世を, 世慣れた齡, 世慣れた齢, 世界の, 乳婆だ, 井関さんの, 何うも, 信玄勢の, 俺だ, 先生です, 公家の, 兵法の, 凄腕だ, 処女気に, 剣士何時の間にか, 勇士で, 勝名で, 北川だ, 医師である, 可笑しくお, 司法主任だ, 同情を, 名司会者, 君だ, 唐代の, 商売人だ, 商売人だけ, 商売柄だ, 地元だ, 外交家の, 外人と, 外国人だ, 大家と, 大家の, 大王と, 大阪と, 大阪ね, 天狗を, 女だ, 寒さ, 専攻科たる, 専門家だけ, 山の, 山ふところ未だ, 山内伊賀之, 巧者氣を, 平生から, 彼だ, 彼奴だ, 後に, 御ほとけなれ, 御商売柄, 忠三郎氏郷だ, 捜査課長だけ, 探偵劇の, 支那料理の, 政宗である, 教育家で, 教育者で, 斯界の, 日本の, 日東島帝国の, 日頃の, 旦那さ, 明治の, 昔から, 東京の, 松花堂は, 正学の, 武士低い, 武芸者で, 渡邊氏の, 湖南博士で, 独逸の, 猛犬痛, 男だ, 町人智慧は, 畔柳博士の, 禅学を, 素人, 結構な, 絶代の, 維新元, 維新元勲の, 義に, 老練じゃ, 老骨だ, 聖書会社で, 職業である, 芸人だけ, 若い頃江戸, 若者の, 蓼川家で, 藤の, 蘊蓄の, 貴方です, 軍部だけ, 輪太郎だ, 青柳, 飯島平, 首領であった, 首領として, 鵞湖仙人屋敷の

▼ 流石~ (3, 0.2%)

1 つかさま, 役人町らしゅうございます, 武家さんの

▼ 流石~ (3, 0.2%)

1 だけ気, の, の胸

▼ 流石東京~ (3, 0.2%)

1 と実は, と舌, のこと

▼ 流石~ (3, 0.2%)

1 だけにすぐ, の男泣き, も心

▼ 流石さびしく~ (2, 0.1%)

2 人訪は

▼ 流石~ (2, 0.1%)

1 と家中, なア

▼ 流石~ (2, 0.1%)

1 思われるもの, 読者に

▼ 流石にと~ (2, 0.1%)

1 しを, 思わせた

▼ 流石はと~ (2, 0.1%)

1 うなずかせる, 思はず手

▼ 流石~ (2, 0.1%)

1 に敬, のよい

▼ 流石~ (2, 0.1%)

1 司会者だけ, 奉行様だ

▼ 流石~ (2, 0.1%)

1 のゆかぬ, を取っ

▼ 流石~ (2, 0.1%)

1 に咎められ, も澄み渡り

▼ 流石~ (2, 0.1%)

2 功の

▼ 流石老巧~ (2, 0.1%)

1 の根岸刑事, の親身

▼ 流石音楽国~ (2, 0.1%)

2 の独逸人

▼1* [107件]

流石おせつかいの, 流石かるがるしき下々の, 流石がに此所作を, 流石これには迷, 流石そうも仕かねる, 流石であるが唐一代, 流石でなくたってヘタバッ, 流石とに皮肉を, 流石などと褒めるには, 流石なり商賣がら, 流石になあ娘さんで, 流石にのつそり, 流石にや活動写真の, 流石にをかしく解け, 流石のだけ余計かも, 流石やさしき文人とて, 流石キチガイ地獄の本場, 流石ニウマク寝ラレナカッタ, 流石ニバツガ悪イノデ一人, 流石一寸四囲に気, 流石三面記者の丸井老人, 流石下宿の女, 流石不敵の支倉, 流石争われぬ貫録が, 流石事件の場数, 流石云うべき言葉も, 流石の公卿, 流石人目も空, 流石代議士の候補者, 流石の娘, 流石亦顔, 流石剛の者も髯, 流石剛頑な山名宗全, 流石十五年アメリカを流れ, 流石博覧強記を以て自負, 流石古兵の斥候虚実, 流石名匠の腕, 流石名将だけに直に, 流石呆れて挨拶さ, 流石呑気な親方, 流石商売柄のお巡りさん, 流石商売柄それと知っ, 流石器用なり, 流石因循姑息の支那, 流石外人相手だけにうまい, 流石夜気は肌, 流石磐石の, 流石大足の私, 流石女丈に御, 流石女同志だけ初め, 流石女子の我が, 流石女性尊重の本家本元アメリカ, 流石が可哀そう, 流石娘心の感じ, 流石実業界では古狸, 流石寢室に瓦斯, 流石小三郎も息, 流石巾着切のお, 流石弁護士は忙しい, 流石強情な支倉, 流石強情我儘の盛政, 流石心中の動揺, 流石忽然として, 流石患者のあしらい, 流石悪人だけ自分, 流石にいつた, 流石手者でも多勢, 流石探偵の妻, 流石園情に, 流石の淡雪, 流石未練がのこる, 流石東京ぢや, 流石正直なは, 流石此作は又, 流石此処のはうまい, 流石が利い, 流石気持よし, 流石汚すに忍び, 流石法体の身, 流石淡白な玄竹, 流石温和の仁, 流石無双の大力, 流石無頓着な同室, 流石熊狩りの先生, 流石物好きからやり出した, 流石独逸人だと, 流石用心深い平田氏も, 流石がある, 流石直参の三河武士, 流石相当の気候, 流石省吾は未だ, 流石磊落書生も是, 流石秀吉である, 流石経験に富, 流石老人だけに当らず触らず, 流石老練の塚江事務官, 流石薄情残酷なる心, 流石薩摩七十七万石を手玉, 流石藍丸国第一, 流石西洋通だけあ, 流石覚悟を極め, 流石賢明なあなた, 流石運平が邪慳, 流石都大路も暫く, 流石都會に育つ, 流石飯島は智慧者, 流石馴染の料理屋