青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「木の下~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

朝廷~ 朝日~ 朝飯~ 朝鮮~ 期~ ~期待 期待~ 期間~ ~木 木~
木の下~
~木の葉 木の葉~ 木下~ 木戸~ 木曾~ 木村~ ~木立 木立~ 木綿~ ~未だ

「木の下~」 1044, 10ppm, 10964位

▼ 木の下~ (451, 43.2%)

39 立って 7 きて 5 たたずんで, 来て, 腰を 4 埋めた, 落ちて, 集まって 3 しや, すわって, つないで, 佇んで, 坐つて, 穴を, 立つた, 立つて, 行って

2 [32件] ある貸, いて, お前を, くぐって, くぐらなければ, こしを, ごろりと横, しゃがんで, とまりました, なって, ひとりの, やってきました, ブン蛙の, 丸木の, 人が, 兄さんの, 埋けて, 埋めること, 居て, 居眠りを, 床几を, 待って, 木の, 来た, 森さんが, 私たちの, 竹の, 置いて, 葬られたり, 行きました, 近づいて, 集まりました

1 [287件] あったみすぼらしい, あって, あっては, あまり雨にも, あらぬ方, あるという, ある二階家, ある藁葺屋根, いい月夜, いた, いたけれど, いたの, いたんだね, いた伸子, いました, いるその, いる時分, うずくまって, おいでに, おきやがて, おちても, おつぎ, おりたとき, おりて, おる, おろして, おろしました, お立ちに, かけて, かけよりました, かわいらしいすみれ, がん張っ, きたの, きれいな, ぐったり寝, こんな物, ごろりとなる, さ, しのぶずりの, しばし疲れ, しまらく輝きに, しゃがみ土, しゃがんでいらしったじゃありませんか, しよんぼりと, しよんぼり立つて, じっとし, じっと屯, じっと腰, すえて, すわったまま, すわりました, その少女, たくさんどんぐりが, たちすくんで, たてられました, ちょっと立ち止った, ちょっと立ち止まった, ついゐ, どこからか, なにか動い, ねころんで, ねられるから, のたうつて, はいり込み暗闇, ひれ伏し星辰, ふと一つ, ほうむった四人, ぼんやりと, ぼんやり突っ, ぼんやり立った, ぽつねんと佇っ, またを, むしろを, もう一度何, もどって, やってきて, やって来ました, やっとたのん, ゆきそこ, わざわざ兩袖, ゐた老人, ゐませう, ウマヅラハギを, カムバスを, ズラリと, 一かたまり, 一つの, 一二疋ずつ, 一人いる, 一人兵隊が, 一堆, 一本榧が, 一疋の, 三匹の, 並べて, 丸い自然石, 乳母さんが, 二尺角位に, 互に互, 人の, 人を, 仔山羊を, 休みながら, 休んだり, 休んだ旅人, 休んでも, 佇んだまま, 作つた, 倒れた, 倒れて, 先生の, 入ると, 円い小屋, 前髪を, 十ばかりと, 四角な, 固まつて, 圧されて, 在る, 地を, 地蔵菩薩が, 坐って, 埋まって, 埋めさせ私, 埋めたこと, 埋めたやう, 埋めて, 埋め帰った, 埋葬, 夢みて, 大きい囲い, 大きい荷, 大きな目, 天幕を, 天狗が, 姉と, 家が, 宿を, 寄りつかずどこ, 寝たがのう, 小さい緑色, 小さな理髪店, 小判が, 小形の, 居るとか, 年と, 座って, 座る組, 建てて, 建てられて, 建立し, 彳んで, 彼女が, 後ろ手に, 悠々と, 戻れば, 手足を, 手造りの, 投げおろされた, 捨てて, 据ゑてあるベンチに, 据ゑられた風呂には, 揃えて, 数年前父が, 敷いた筵, 敷かれた毛氈, 斃れ, 昏倒し, 昔から, 時々怪しい, 来た時, 来ました, 林さんが, 棧敷を, 椅子に, 椅子を, 植木屋の, 楽しい場所, 横たわった死体, 横たわってる瞑想的, 横に, 歩み寄つた, 歩み寄ると, 死んで, 残したまま, 油単を, 漸く人一人, 潜む黒衣, 犬が, 生えて, 画架を, 異様な, 白いドレス, 白い頭巾, 白と, 白張の, 白髪を, 白髪垂れたる, 目も, 真黒な, 眠って, 眠りました, 着いた, 着くやいなや, 碑が, 私は, 私達の, 程合の, 立たして, 立たせた, 立たせられた晩, 立ちて, 立ちどまって, 立ちました, 立ち尽して, 立ち止まって, 立ったこと, 立ったの, 立ったり, 立った者, 立ってる裸体, 立つと, 立て茅, 立戻った, 籐椅子を, 粗末な, 紫紅色の, 細い一本, 終日同じ, 縁台を, 繁て, 繩で, 置いた, 置いたまま先, 置いた弁当, 置きました, 美しい篝, 自分は, 與吉と共に, 船長と, 苔むした墓石, 茶室を, 草履を, 萩の, 葛子が, 薦を, 藻は, 行きぬ, 行き死したる馬, 親がにが, 赤いポスト, 走って, 走つて行つて, 走りいって, 起き直り深く, 蹲って, 車を, 転ってる, 近づいた, 近寄った, 逃げ込んで, 這入つて, 遊ばないもの, 避けて, 避けては, 避難した, 金色の, 鉄砲が, 鉄砲を, 長崎の, 隠れて, 集った, 集って, 集めて, 雨に, 雨やどり, 雨宿りし, 雨宿りと, 雨宿りを, 霜柱の, 非常に, 韮二寸ばかり, 頭を, 飛び行きそこ, 鷹の, 黄色い乗合, 黒シャツを

▼ 木の下~ (119, 11.4%)

2 おれの, ひそひそと, わたしは, 云った, 消えて, 蝉の, 見張りを, 遊んで

1 [103件] あつた, あの時, あわない, いつた, うろうろし, おばあさんが, おもしろいお話, お君, お新さん, お酒宴, ぐっすりと, ごちそうを, さわやかな, しきりに汗, じっと俟, その弟, その枝, その美貌, それを, そんな話, たたみやが, ちょうどこれ, ときどき奇態, なにか深く, にわかに幼, ふりかえって, ぺちゃぺちゃいっているがなにを, ぼんやりと, ぼんやり一二時間を, まこう, まだら, まだ目立たない, ゆらめいて, ゆりかごの, よく遊んだ, よろめいて, ディップサークルを, ペスが, 一人の, 三十四五人の, 三村夫人から, 二人が, 会って, 何を, 倒れた日, 倒れて, 兄弟は, 円満な, 冷たい水蜜桃, 南極探検の, 去年も, 夕飯に, 夜を, 姉と, 宴を, 寒そう, 寝たふり, 寝るの, 寢た, 小さくて, 小枝に, 幾晩も, 拾ったの, 拾った色眼鏡, 拾った銀杏, 数十人の, 日蔭の, 昨夜集まった, 時局と, 暫くそんな, 暮して, 本を, 東金君から, 極めて平凡, 次々と, 止る, 水蜜桃の, 産気づいて, 眠って, 瞑想三昧に, 石蹴り, 磔殺せられた, 私は, 竹ざおを, 粘土を, 約束の, 罵って, 若い女, 落ち潰れ, 落ち葉を, 蛇籠を, 見えなくなって, 見知らぬ美男, 言いました, 貴公と, 遊びました, 遊びまたは, 道具屋の, 道具箱を, 遠くの, 釣糸を, 鋭い鏃, 雪が

▼ 木の下~ (89, 8.5%)

5 歩いて 3 通って, 離れて 2 はなれて, 掘つて, 探し廻りましたが, 潜って, 見て, 通つて寺の, 通りますと, 通るとき, 通る時

1 [60件] あちらから, あやしげ, あるいては, いったり, いまにも, うろついて, うろ付い, く, くぐったり, くぐった奥, くぐって, くねくね折り曲っ, この戸口, これで, さがすの, じっとみつめ, せか, そして濡れた, ただ一人, とおると, とんで, はって, ぶらりぶらり行っ, まるで魚, もぐって, ゆっくりと, ギヤロツプで, 一息で, 五六歩進む, 北へ, 屈まずに, 左へ, 愉しさうに馬, 指して, 掘って, 掘り始めた, 曲れば, 歌を, 歩き出した, 歩き回った, 死に場所と, 潜り抜けたから, 牛の, 見ると, 見返って, 試みに, 走る小, 逃げて, 逍遙し, 通った時分, 通らねば, 通りながら, 通るの, 通るので, 通ればといふ, 過ぐ, 隠れて, 離れたれば, 離れた水野越前守, 駆出し川べり

▼ 木の下~ (83, 8.0%)

7 ベンチに 3 ところへ, 苔の 2 ブン蛙の, 寂しい所, 御方は, 芝生の, 闇の

1 [60件] うちです, おん事は, くずれた五輪, すみれの, その石, ベンチから, ベンチの, 一番キレイな, 二つ目の, 井戸へ, 入口をは, 分れ道に, 古墳高い, 土の, 地面が, 女神を, 子供の, 子供へ, 寒空に, 小さい家, 小判の, 小卓, 小舎から, 小路を, 屋根の, 岐れ, 彼女は, 往來を, 御事, 方で, 方へ, 暗やみに, 木蓮の, 枯れた草穂, 枯芝には, 柔かな, 毛氈を, 水面に, 池の, 泉の, 猿同, 真黒い動物, 石燈籠の, 穴に, 空地で, 空箱の, 群に, 肥溜めに, 芝生に, 茶店で, 草原で, 草地に, 許さ背戸口から, 謎を, 道なぞは, 重くろ, 闇であっ, 青あおと, 青いくら, 飛石づたひにうしろ向きに

▼ 木の下~ (80, 7.7%)

5 いって 3 来て, 穴を, 行って 2 きたとき, 来ると, 行きますと

1 [60件] かけつけると, かけて, かけ上るか, くると, だしました, つれ出した, どっかりと, はいって, まかう, やって, やってくると, ゆるく寄りくる, よろめくよう, ウイリイを, 並べ太陽, 仆れ, 仕掛けの, 何度も, 來まし, 例の, 倒れると, 倒れるよう, 入りました, 入るん, 入れた, 出たと, 友伯父さんを, 嬰児を, 家を, 差し込んだ, 引込んで, 引返すの, 往った, 往って, 戻って, 持って, 掘った穴, 木戸を, 来た場合, 来る, 歩み寄つた, 無理やりに, 用を, 穴, 立って, 立寄ったもの, 蘭よ, 行きます, 行った, 行ったこと, 行つて一人で, 行つて遊びました, 走つて行, 近づいて, 近づくと, 遊びに, 顕れた義弟, 風邪を, 駈けだした, 駈けて

▼ 木の下には~ (36, 3.4%)

2 紅い小さな, 雛芥子の

1 [32件] かねて奈良井, りっぱな, 一疋の, 丸い手洗い, 冷たい卯平が横, 半ば傾いた, 古い苔, 大きいがま, 好い実, 好い實, 小區域, 座りませんでした, 枯葉が, 柿の, 此の前と, 洋卓が, 清治の, 白い硝煙, 種々な, 細い溝川, 美しい濶, 自分だけは, 花売り, 茂った広葉, 蔭に, 辰吉の, 青い草, 香ばしい小さな, 髪の毛も, 髯の, 黒が, 黒くなった

▼ 木の下から~ (28, 2.7%)

2 他の, 起って

1 [24件] いつまでも, お嬢様が, かけ出して, この辺, その枝, どぼん, よく見えました, スウッと, 一羽ずつ, 仏間の, 切取った樹枝, 去らなかった子供, 叔父様が, 救ひ出す, 曲ったところ, 次郎の, 泉が, 狭い庭口, 背戸へ, 見ると, 走りさり, 退いて, 逃げだし危, 離れて

▼ 木の下~ (24, 2.3%)

5 の訪

1 [19件] が谷底, そよ吹く風, では虫, で道, に吸われ, のみが宙, の底, はじめじめ, は暗い, は鼻, をえらん, をさえ奪っ, をたどります, を下り懸けた, を潜り, を照, を白く, を見る, を見込む

▼ 木の下まで~ (22, 2.1%)

3 行って 2 出て, 来ると, 行けば, 連れて

1 [11件] あるいて, くると, 土を, 来て, 来ました, 歩いた, 無我夢中に, 行かむと日, 行くこと, 行ったとき, 這って

▼ 木の下~ (15, 1.4%)

2 青い芝生

1 [13件] いまは, しばらく静か, とっぷりと, ジメジメで, ドングリが, 一面に, 二た, 夏は, 大桶小桶の, 日蔭が, 汁も, 風が, 黒い地

▼ 木の下では~ (10, 1.0%)

1 あかんぼ, なく土手, ほんのちょっと, もつと, ナント勅令の, 子供らが, 寝た者, 熟れた実, 男の, 白いシャツ

▼ 木の下~ (10, 1.0%)

2 池の 1 あるいは山羊, こちらの, 三途の川や, 塀の, 岩蔭に, 或ひ, 林の, 茨や

▼ 木の下~ (10, 1.0%)

1 から日脚, が夕暮れ, であつ, に囁, に駒, のやや, の落葉, へ入っ, やほととぎす, をたどっ

▼ 木の下あたり~ (6, 0.6%)

1 から, から引き返し, でもう, にベンチ, へ小さな, を歩き

▼ 木の下~ (6, 0.6%)

1 あちこち土の, いいや, やかましかった, 二坪ばかり, 好きに, 遊び場でした

▼ 木の下~ (5, 0.5%)

1 にのみ闇, のよう, を歩い, を行く, 清く掃

▼ 木の下~ (4, 0.4%)

21 とこいつ, よ

▼ 木の下暗に~ (3, 0.3%)

1 は無論, 物の, 葉影を

▼ 木の下ごと~ (2, 0.2%)

2 の雪

▼ 木の下だの~ (2, 0.2%)

1 一日ぢゅう陽の, 小松原の

▼ 木の下である~ (2, 0.2%)

1 ことを, 漸く羽

▼ 木の下でも~ (2, 0.2%)

1 散歩しよう, 生まれずいたって

▼ 木の下~ (2, 0.2%)

1 しそこ, 四方から

▼ 木の下なぞを~ (2, 0.2%)

1 あちこちあちこちと, 歩きながら

▼ 木の下などを~ (2, 0.2%)

1 ぶらぶらし, 徘徊し

▼ 木の下にて~ (2, 0.2%)

1 われを, フラア・マルチノが

▼ 木の下~ (2, 0.2%)

1 に取り包まれた, の何だか

▼1* [25件]

木の下あたり蛍の数, 木の下かやの下, 木の下これは辻待ち, 木の下へや秋, 木の下といふだけでいくつ, 木の下などへ往つてや, 木の下なれば草, 木の下にやすらひて, 木の下やみに隠れ, 木の下一石の上, 木の下一面に散らばつ, 木の下の中, 木の下岩角が自然, 木の下庭一面に青い, 木の下佗し, 木の下殊に高いの, 木の下白張の提灯, 木の下竹箒握りしめて, 木の下は露, 木の下のさやけく, 木の下藤吉一番鎗一番乘一番首の功名, 木の下足許にはずんずん, 木の下のうす, 木の下路茄子畠の畝, 木の下は寒く