青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「父母~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~爲 爲~ ~爲め ~父 父~ 父さん~ 父上~ 父子~ 父様~ ~父母
父母~
~父親 父親~ 爺~ ~爺さん 爺さん~ 爾~ 片~ ~片手 片手~ ~片隅

「父母~」 2210, 24ppm, 4869位

▼ 父母~ (737, 33.3%)

11 ことを 8 喪中に, 家に, 膝下を 7 墓の 6 喪に, 墓を, 家を, 膝下で, 膝下に, 面影が, 顔を 5 ために, 外にも, 間に 4 冬, 前に, 名を, 喪を, 国, 国を, 外見を, 意に, 生活を, 育つた其

3 [15件] ことが, ように, 前で, 同意を, 墓に, 外には, 大病に, 子を, 家, 家へ, 心をも, 恩を, 慈愛に, 懐を, 膝に

2 [46件] お墓, ことで, ことも, その又, ため, ためにも, 下で, 仇を, 仮りの, 写真を, 冥福を, 処へも, 命ずるまま, 命と, 命を, 墓も, 墓前から, 墓石の, 外に, 好意を, 存命中は, 孝養の, 宅において, 家で, 家は, 容貌に, 年齢は, 恩師の, 慈愛の, 懐しい面影, 手から, 昼寝の, 期待に, 死を, 生きて, 生涯を, 胸に, 膝元を, 許しを, 許で, 貌を, 通りでした, 遠い祖先, 金銭を, 霊が, 骨も

1 [461件] あとを, あの世へ, ある間, いう言葉, いさかいが, いさかいの, いたわが家, いづれかを, いない生まれ故郷, いる家, いる屋形, うちに, うちには, おしえによる, おめぐみ, おもかげ, おりました間, おん為に, お蔭であり, かほどまでに, かわりだ, こと, ことについては, ことのみ, ことは, ことや, この希望, これを, ごとくしなくては, すがた, すること, すんで, その言葉, たまの, ためには, ためまたは, つつましい日常, ところに, どちらか, どちらから, ない子, ない身, なさけを, ひざもとで, ほかに, ほんた, ほんとうの, むかししのび, めぐみ戀しや, もとへ, もの妻の, ような, よは, わけて, 一周忌の, 一心に, 不在に, 不理屈, 世に, 世話までを, 世話を, 中一人是非出京し, 争いに, 事, 事は, 事ばかり, 二十五年記念, 亡くなったお, 仇じ, 仇だ, 仇又, 仇敵だ, 仇敵である, 仇敵と, 仇敵は, 付, 代で, 代人を, 任意選擇で, 会, 会が, 会話を, 伝な, 位, 位牌, 位牌だった, 位牌の, 住む部落, 住んで, 何ものかが, 何%か, 余徳を, 便宜的, 保護の, 保護監督を, 俤を, 像であろう, 円満な, 再生を, 写真が, 写真どころか, 冥福をも, 出迎いに, 別れて, 別れ話が, 利心に, 到底これ, 制裁に, 前は, 前へ, 前を, 労苦から, 労苦とに, 勧めにより, 協力として, 反対を, 古手紙だ, 古河の, 同意即ち, 名が, 名と, 名ならびに, 名は, 告訴を, 呪咀と, 味方に, 呵嘖, 呼び名だけは, 命ずる儘, 命に, 命を以て, 命日でも, 命日に, 品行方正に, 喜こび, 喪が, 喪は, 喪中で, 喪中には, 喪中は, 国は, 墓は, 墓参を, 墳に, 墳は, 墳を, 墳墓の, 声, 夜長く, 天与の, 天皇皇后は, 如き尊族, 如くあるいは, 如くする, 如くせよ, 如く敬ふべき, 委任も, 姿そのものを, 姿やら, 姿を, 婬楽の, 子か, 子たる, 子であります, 子では, 子は, 子供に, 存命し, 存命中の, 存在を, 存生中に, 孝養, 孝養と, 孝養や, 孝養を, 孝養心に, 安きを, 定めた夫, 室から, 家にか, 家も, 家系の, 寂しき閨, 寝て, 寝室の, 寵児として, 居るとき, 居る地, 屍を, 己れ, 希望に, 帰りと, 年忌に, 年齢と, 役目なり, 得心でない, 御名は, 御心, 御恩返し, 御身を, 心して教, 心に, 心の, 心は, 心を, 心をば, 心を以て, 心身の, 心身を, 心配を, 忌も, 忌日には, 思い出, 思い出は, 思ひ出, 性の, 性格教育そんな, 性格等, 性質正直に, 怨念に, 恋しいの, 恨み俺, 恩の, 恩は, 恩先生の, 恩荷ひ切れず, 恩重き, 悪逆の, 悪遺伝, 悲嘆が, 悲嘆を, 悲歎大方ならず, 悲痛の, 情は, 惡血を, 意に従って, 意見ばかり, 意見を以て, 愚かな, 愛が, 愛であろう, 愛と, 愛に, 愛にも, 愛も, 愛を, 愛同胞の, 愛最, 感情を, 慈しみと, 慈ならざる, 慈愛を, 慈愛深い, 慰安と, 懐ろから, 懐中へ, 懷に, 懸念が, 所で, 所へ, 手で, 手を, 手許を, 承諾なし, 承諾を, 折檻の, 拘束を, 指図を, 挙動に, 授けたもの, 掌中を, 故郷を, 教えは, 教その, 教に従って, 教へ, 教育家を, 教訓は, 敵の, 方が, 方だけ, 方で, 方へも, 方も, 日日の, 旨を, 晩年の, 晩年は, 望みを, 木像が, 本心真実正銘の, 本意なる, 枕に, 枕元を, 極力反対, 歌, 歎き, 歎きが深い, 死が, 死したるとき, 死の, 死んだ事, 死んだ時, 死以来一応, 死後三ヶ年經つて喪が, 死日と, 死期の, 歿後その, 気が, 気向, 永遠の, 決したる所, 泣いて, 浄水にでも, 消息は, 涙をも, 深くない, 温かい手, 温き保護, 溺愛に, 溺愛を, 為に, 為めに, 無情を, 爲に, 爲めに, 爲め家の, 爲め若く, 爲若く, 父母たる, 父母は, 犧牲と, 甘いを, 生みなし, 生れない先, 生先, 生前には, 生存し, 生存中に, 疾を, 疾病を, 病気および, 病気が, 監督によって, 目が, 目には, 目を, 相違ある, 眠って, 眼が, 眼には, 眼にも, 眼を, 禮を, 禽獣に, 笑顔の, 素姓や, 素願ある, 絶対の, 縁に, 義務なる, 老い給い, 老い衰へて, 老後を, 耳を, 職分は, 肖像の, 育った其, 膝を, 膝下では, 至情を, 至情誰か, 良き教, 苦しい心, 苦心した, 葬いを, 葬儀の, 行う所, 行くべき道, 行儀を, 行状と, 行状に, 行状正しから, 表情が, 裂けしころ, 補助に, 見舞ひ, 見送りを, 親類知合ならびに, 言うこと, 言葉が, 言行ともに, 言行によって, 言語を, 訃音に, 訓で, 記念にと, 許さぬの, 許に, 許へ, 許も, 許より, 許を, 許可も, 詞を, 話では, 話は, 誇りと, 諸仏と, 財産で, 財産の, 貧しうくらす, 貧苦を, 責任に, 跡を, 跡慕ふべき, 躾の, 迷執を, 追憶を, 遺せる最も, 遺伝も, 遺伝是れ, 遺体を, 遺嘱, 遺産を, 遺言に従って, 遺體, 邦を, 郷国が, 都合によって, 銀婚式にも, 銀婚式の, 間の, 間柄からも, 閨房関係を, 陰謀が, 陰謀である, 陰謀なら, 随意, 随意に, 霊, 霊を, 霊殊に, 霊魂から, 霊魂の, 霊魂は, 面影であろう, 面影までが, 面影や, 顏には, 顔いろいろ, 顔に, 顔も, 顔色を, 骨の, 骨を, 鬢の, 魂が, 魂は, 魂まつる, 齡を

▼ 父母~ (222, 10.0%)

7 對する 5 して, 對し 4 仕えて 3 伴はれ, 受く, 孝養を, 連れられて, 非ざる 2 事うまつるに, 伴われて, 叱られたもの, 向って, 告げて, 従うて, 絶對的服從を, 非ざる者

1 [170件] あづけん, あらが, あらぬなり, うくあえて, おわびの, くだり彼, こころなおき, この一条, この恋, さへ, したがいまた, しても, せがんで, そむいて, そむきての, そんな事, たよること, つれられ船, できる限り, なつた, ねこの, ねだって, はた, まみゆる, まもられて, もらい受ける手数, よりて, わかれ弟妹, ヌーリン即ち, 与えこれ, 与えるな, 乞うて, 事うべ, 事え遠く, 事へ, 事へては, 享く, 仕えること, 仕え君, 仕え遠く, 代って, 代り外, 代るべき最も, 代わって, 会うほう, 伝えたい, 似て, 何しか, 傷を, 僅少の, 先立って, 内緒で, 内証の, 別れたの, 別れたので, 別れたよう, 別れた事, 別れた幼弟, 別れ土地, 劣らざる心地, 劣らなかった, 劣らなかつた, 厳しい儒教的躾, 反抗し, 反抗する, 反抗する如き, 可愛がられて, 叱られること, 向かっても, 向つて, 向つて敬虔, 向ひ, 吹聴さする, 告げようとして, 告げ其同意, 告げ承認, 咨らむとて行く, 嘆きを, 回向し, 報ぜしめた, 報知する, 大小便, 婚姻を, 孝に, 孝兄弟には, 孝行でありますれ, 孝行を, 孝順といふ, 容認される, 寄する, 寄せかけた彼, 寄せたること, 対すれば, 寿詞まう, 専ら孝, 幸福を, 強いられて, 強引に, 当つて, 從つて暫く, 從順を, 御報恩相, 心を, 心配を, 惡口を, 愛せられて, 憧れて, 手紙を, 才学あら, 打明けて, 托して, 披露す, 持ったと, 挨拶を, 断った, 於てを, 早くわかれ, 暇乞いは, 望むべきに, 死なれて, 死に別れ, 死に別れた時, 死別し, 気の毒で, 泣いて, 渡しますと, 物言ず来, 甘えること, 疑惑を, 痛い思い, 痛い思ひ, 相談する, 知らせず窃か, 知らせなくっては, 示し喜ばさんと, 礼を, 育てられ長, 背かせ天子様, 背くの, 背く科, 自分の, 見せたもの, 見まもられて, 計つて, 託して, 訣れそして, 訣れ兄, 許可を, 訴えた, 詫を, 話しました処, 語つた, 語りて, 語るか, 返え, 逝かれた孤児, 逝かれた悲し, 逢いたいなら大きゅう, 逢い更に, 進むること, 進めること, 遊学の, 道徳上の, 遠慮が, 阿つた眼, 陽気に, 非ず, 願って, 養育せらる, 養育せられた

▼ 父母~ (198, 9.0%)

5 毆打した 3 毆打する, 辱か, 顕わす, 養ふ

2 [16件] して, はじめ親戚一同も, 告訴する, 失って, 恋うる, 愛するの, 愛する能はず, 殺さば, 殺害した, 知らない, 置きて, 罵る者, 見ては, 蹴れ, 軽蔑し, 離れて

1 [149件] うしない別に, うしなったので, うしなって, お尋ねに, お説き, かかる日, かわるがわるひしとばかり, さがし出して, さがし当, すてると, そこもとの, たずねて, たずねる女, たより姉, たよる乙女心, はじめ世間の, はじめ伯母も, はじめ家庭の, はじめ見る, はじめ親戚一同拝む, はなれて, まねき末, よめる句, ロムバルディといへるごとく, 中に, 亡くしたあと, 亡った, 亡ふ, 仰ぎ來, 仰ぎ来, 保護者として, 傷つけ自ら不愉快, 再びこの世, 助けること, 告言する, 呼ぼうと, 呼んだので, 呼んで, 喪せりと, 嘆かしめた, 基として, 失いければ, 失い子, 失ったと, 失った不幸, 失った身の上, 失ってから, 失つて了つたのを, 失ひ姉, 失われ相当, 奉じ妻子, 始として, 始めみんな勧めた, 始め弟妹の, 後に, 忘れたかの, 思い出します, 思ふもの, 思出し, 怨んでは, 恋い慕いつつ, 恨んだ, 悩ませ虎, 惡口する, 愛するため, 愛せり兄妹, 慇懃に, 慕いさ, 慕い死人, 慕い父母, 慕って, 憚りて, 懐う, 懐うのみならず, 懐ひ, 抱えて, 拒んだ淋し, 拜する, 拜せず, 拝する外, 持たねば, 捜して, 捨てたこと, 捨て流浪せり, 探して, 探しに, 敬せよと, 棄てたの, 棄てた浩平, 棄てて, 殺した犯人, 殺すが, 殺す筈, 殺害せん, 毆い, 毆くに至つては, 毆つ, 毆つた, 毆ツ者ハ皆斬, 毆打せし, 求めて, 法華経に, 泣かせて, 特別に, 犯すが, 理想と, 生み我が, 省する, 省みない心苦し, 眺めて, 知らないという, 知らなかった, 知らなかつた, 知らぬ未, 知るよし, 第二, 縁と, 罵つて惡口, 胸に, 見すて妻子, 見て, 見るに, 見れば, 見喪つたの, 見舞いたまえ, 見舞ふと, 親しみ慕うは, 親しみ父母, 訪うこと, 詈る, 説いた, 説いて, 謀殺する, 譏る, 質に, 迎えた, 選ぶこと, 遺るる能わざりしなり, 重んじて, 除くほか, 離れ恋人, 顧みずに, 養うこと, 養うの, 養うべき働き, 養う孝子, 養ひかね, 驚かしたいもの, 高く思へ

▼ 父母~ (169, 7.6%)

4 これを 3 私に 2 それを, はじめから, 健在である, 勿論その, 東京に, 畜生道に, 私の, 自分の

1 [146件] あの通り, いかんその, いかんなどと, いずこの, いつまでも, いつも子, いつ頃花聟さん, いないらしいが, いますほろ, いまだに健在, うまそう, おのれ等の, きっと私, ことし十五の, この一二年前, この二, この勘蔵, これに, さしちがえて, じろりと彼, すでに三四日, すでに死んでる, その中門, その息子, その物品, その頃東京, それに, それに対して, そんな病気, ただ只管, とても此子, どうしてゐる, どんなにか, ない, なるべく本人, まず劉, またこの, また温かき, イノチ拾い, チピカルな, フビンがって, ロムバルディアの, 世に存, 二人とも, 京に, 今初めて, 今迄, 何か, 何かと気苦労, 何の, 何んと, 何事かと, 何等罪には, 何者か, 健在で, 健康なる, 僞證の, 僧正の, 元は, 公然と, 勿論まだこの, 医師たらん, 唖然と, 唯無意味, 唯発案者, 單に, 噂し, 国の, 地下において, 多少の, 大変落胆しました, 大阪から, 姫君を, 娘が, 娘に, 娘の, 嫁の, 子供の, 宗家から, 少しの, 居ないでも, 屋根の, 川手庄太郎の, 彼を, 心配し, 必ずその, 忘れせぬかも, 恋しゅうても, 恒に, 悲しみに, 慈愛厚く, 我を, 或ひ, 承知しなかった, 拙者が, 既に亡くなられ, 早く死に, 早く歿, 望んで, 未だ年, 未詳である, 果してわが, 果して極力反対, 歸り, 死んだの, 死んだ子, 死んで, 母とて, 母屋の, 毎朝暗い, 気の毒が, 涙の, 漁民として, 炭櫃に, 父の, 現實, 監督なる, 直ぐに, 直接に, 相当の, 真向から, 真向に, 社会に, 私を, 義理の, 習慣の, 考へること, 苦しさうに身, 苦しそう, 行く行くは, 表面保守主義な, 言ふ, 詮方なく, 説明を, 送嫁, 醵金を, 関西に, 阿子, 階下, 隣家の, 離別しなけれ, 非常に, 面目や, 革命の, 食事を, 高本安蔵と

▼ 父母~ (130, 5.9%)

3 歎き, 罪を 2 わが子を, 上京いたしましたら, 苦しんでも

1 [118件] あたえたささやか, あったとさえも, あつて, ありながら, あるかも, いないから, お前を, きかなかったら一層, ござりまし, ささ事, そうしろ, その人, その女子, その媒介人, それを, そんなに心, そんな風, とっくに日, ないの, ないので, ないよう, ふと今, まあとにかくも, やるの, よそに, 一緒に, 主婚, 予の, 争いを, 云うには, 亡くなった後, 交換した, 付いて, 何か, 何を, 僕を, 八人高, 其子を, 其様である, 写真ヤッと, 出して, 切りに, 制作に, 勸めた, 十三人, 同意するしない, 同時にたおれ, 同時に帰っ, 君に, 呪った悪人たち五人, 呼ぶよう, 善良で, 喚ばれるので, 坊主にでも, 埋まって, 夢に, 大いに有難, 大変喜ん, 女子の, 如何に, 始終近く, 姙娠した, 媒介人に対し, 子を, 子供と共に, 存するならば, 学校教育に対して, 実の, 寐間を, 居ないから, 己れ, 帰った, 年八十以上, 御留守, 心痛し, 思出されるだらう, 急死し, 恋しいだろう, 恋しいばっかりに, 戦災で, 押しつけられその, 描きあらわした偉大, 文彦様と, 旅中お, 既に存命, 未だ在世中, 梅子に対する, 歔欷するある, 死んだ妹, 死罪の, 毎日の, 法律上の, 生きて, 生活し, 田舎で, 申して, 相続いて, 相談し, 眼を, 石垣島へ, 私を, 秋川家の, 絶対的圧制で, 老年で, 聴かなかったら一層, 自ら設計し, 自分が, 襲は, 親しそう, 買われて, 跼んで, 銭の, 非理でも, 面白おかしく, 面白を, 頭かき撫で, 顔を, 馬鹿に

▼ 父母~ (85, 3.8%)

2 一緒に, 叔父とを, 同じ苫, 同居し出した, 師長と, 弟たちは, 私と, 私とは

1 [69件] あがめ奉る意味, いひ, いひ人民, うち出来に, こういう状況, した不幸, し娘, その子, その家庭, それから, ならんと, なること, なるに, はらからから, ぽつりぽつりと, よろしからず, アリスの, サンチアゴ・デ・コンポステラへ, 一しよ, 三人暮しで, 今朝も, 仲違ひし, 伴れ, 住んだ壮麗, 元旦に, 先祖と, 別れた子供, 別れて, 別れの, 別居し, 十歳ばかりの, 叔父を, 同じくする, 同じやう, 同じよう, 同じ苦しみ悲しみ, 和藤内と, 和解する, 大した関わり, 妃の, 妹とが, 妻子あり, 姉と, 姉とは, 姉に, 姉弟が, 子, 子祖父母と, 常に遊びき, 弟妹の, 思って, 思われる二人, 摘みて, 既に嫁, 海に, 申しますもの, 男が, 相談の, 真面目な, 真面目に, 私は, 私共, 自分との, 言い人民, 言葉を, 話して, 語る長夜, 近親の, 遊びまつらで

▼ 父母~ (54, 2.4%)

4 皆あの 2 なければ, はんぶんは, 妻も

1 [44件] あり, ありますが, あること, あろう妻子, いつも樂, おどろいて, かなしう, かなしかるらむ, しよつちう秋山家, その女, とうに死ん, どうせ死ぬ, なく君, なく妻, 久しくお参り, 兄も, 兄弟も, 其跡を, 加へての, 動かしがたし, 同罪である, 喜んで, 困じ果てて, 姉妹も, 家庭も, 少なからん, 御祖父母, 悦び給覽, 愁眉を, 才次夫婦も, 母屋に, 汝に, 然か, 父母も, 珍しがっ, 祖国ロシアも, 私と, 色を, 花にもがもや, 親類も, 近所に, 釜屋の, 長上も, 鼻が

▼ 父母~ (39, 1.8%)

2 兄や, 兄弟の, 叔父を, 妹を, 弟に

1 [29件] お時, その無心さ, 上官や, 兄姉も, 兄弟と, 兄弟や, 先生の, 其他の, 友達や, 叔父伯母などが, 召使いたちは, 大人たち私が, 女房の, 妹たちより, 妹や, 妻子や, 姉に, 姉や, 家族に, 弟や, 弟妹への, 愛するもの, 祖父母や, 神を, 自分に対しても, 自分の, 舅姑の, 親戚の, 長上も

▼ 父母から~ (31, 1.4%)

2 命ぜられて, 離して, 離れて

1 [25件] うけたこの, しきりに永久客分, して, 一家の, 伝わると, 厳しく云, 役所に, 招かれて, 新教育, 歳暮に, 独立した, 生じまた, 生みつけられて, 生れても, 発生し, 聞かされた, 自分は, 見ると, 見れば, 言い渡されたこと, 譲られた性質, 買って, 遠く離れ, 選挙し, 選挙せね

▼ 父母兄弟~ (31, 1.4%)

2 とも喧嘩, に至る

1 [27件] から相, がその, が死者, そのほか一族, でありましょうとも, である, でも案内人, と共に, なく独りぼつ, にその, に世話, に余所, に寄せる, に対し衷心, に柬, に送られ, に離れ, の代り, の名, また妻, や先生, や故郷, をさ, をも養っ, を弁護, を養っ, 異處

▼ 父母妻子~ (16, 0.7%)

4 もある

1 [12件] にすらその, に別れ, の人間, の齢, もすでに, をうっちゃっ, をうつ, をかえりみず, を始め, を殺さん, を苦しめたる, ノ負

▼ 父母たる~ (14, 0.6%)

2 ことの

1 [12件] に適したる, の名義, の道, ものが, ものこの, ものの, 土彦も, 天地の, 天子にも, 本分を, 祖父母より, 舅姑の

▼ 父母たる者~ (11, 0.5%)

1 [11件] が之, が其行末, が夫婦, その子, に問わん, の義務, の身, は子, は特に, よく子, 又夫たる者

▼ 父母には~ (11, 0.5%)

1 [11件] かならずできる, この決心, 姪なり, 子供が, 孝行兄とか, 孝行兄には, 孝養の, 扶持が, 深き考え, 生んだ子, 絶對に

▼ 父母にも~ (10, 0.5%)

2 告げて 1 すすめて, ヒタ隠しに, 兄にも, 劣らぬ最, 抱かれずに, 替え難い, 細君にも, 遠ざかり兄

▼ 父母たち~ (9, 0.4%)

1 が心配, と話しこん, の上, の時代, はどの, は多く, は神戸, は頼み少なく, を見つけ合っ

▼ 父母より~ (9, 0.4%)

1 助命を, 受けたる身体髪膚, 受けたる身體髮膚, 御厚情, 昔の, 生れて, 稟け, 譲受けた手と, 賜える

▼ 父母~ (9, 0.4%)

3 の家 1 が作っ, のすこやか, の存生, の苦難, の遊戯, の顔

▼ 父母~ (8, 0.4%)

1 うち出, まさ, 兄弟よ, 同胞よ, 安らかなれ, 弟よ, 神にも, 見よこ

▼ 父母~ (8, 0.4%)

1 になけれ, に人, に厳, に存命, に慈, に案じ, に爾, に貴種

▼ 父母~ (8, 0.4%)

8 重経

▼ 父母未生以前~ (8, 0.4%)

1 からただ今, という意味, と云う, と御, と思われる, に受けた, に溯った, の因果

▼ 父母に対して~ (7, 0.3%)

1 後悔と, 時々の, 済まないという, 激しく何, 礼儀なく, 秘密を, 表面上に

▼ 父母さま~ (6, 0.3%)

42

▼ 父母その~ (6, 0.3%)

2 人は 1 人を, 兄や, 姙める, 子に

▼ 父母として~ (6, 0.3%)

1 この世に, その子, われら同胞の, 明瞭に, 生まれたので, 生まれた俳句

▼ 父母をも~ (6, 0.3%)

3 兄をも 1 けろりと忘却, 愛すること, 愛情をも

▼ 父母祖父母~ (6, 0.3%)

1 が取消し, の同意, の心, の思い出, の教, までの同意

▼ 父母との~ (5, 0.2%)

1 喜びに, 對面にも, 接触等によ, 爲めである, 間私との

▼ 父母と共に~ (5, 0.2%)

1 あの世へ, この銀座二丁目, 先祖伝来の, 崖の, 東京に

▼ 父母よりも~ (5, 0.2%)

1 以上に, 大事に, 夫の, 更らに, 舅姑の

▼ 父母~ (5, 0.2%)

1 がわが, とさ, にさ, の声, の悲しい

▼ 父母弟妹~ (5, 0.2%)

2 また大勢 1 が時々, の血液型, の養育

▼ 父母~ (5, 0.2%)

2 の御 1 が可哀想, の御苦労, 御帰り

▼ 父母舅姑~ (5, 0.2%)

2 の爲 1 が蓋, の療病, は我子夫婦

▼ 父母であり~ (4, 0.2%)

1 又考位, 妻であり, 氏族であり, 而し

▼ 父母である~ (4, 0.2%)

2 ところの 1 ことは, 容太郎と

▼ 父母という~ (4, 0.2%)

1 ものは, ような, 所有者が, 関係から

▼ 父母とも~ (4, 0.2%)

1 に造られし, 叔父とも, 失いまして, 相談し

▼ 父母なき~ (4, 0.2%)

2 後は 1 を憂いん, 一孤児を

▼ 父母への~ (4, 0.2%)

2 孝養うらやましく 1 孝養と, 愛情である

▼ 父母もしくは~ (4, 0.2%)

1 乳母とともに, 乳母の, 兄の, 祖父母等に

▼ 父母~ (4, 0.2%)

1 同意ヲ, 如何ニ係ラズ, 子デナイトイフ理論ガ成リ立ツ, 隠栖

▼ 父母あり~ (3, 0.1%)

1 て存すれ, とし, 悌なる

▼ 父母ある~ (3, 0.1%)

2 人うらやましく 1 ばかりだ

▼ 父母いかなる~ (3, 0.1%)

3 日に

▼ 父母~ (3, 0.1%)

1 はらせ給, 又福井, 縁辺に

▼ 父母~ (3, 0.1%)

1 あつて自分, 内藤鳴雪を, 同家に

▼ 父母とともに~ (3, 0.1%)

1 して, 東京に, 行く歌舞伎座

▼ 父母とは~ (3, 0.1%)

1 どうしても思われない, 暫らく願念寺に, 違って

▼ 父母なり~ (3, 0.1%)

1 また公務家, 同胞なり, 等の

▼ 父母にては~ (3, 0.1%)

2 無きか 1 なきか

▼ 父母にとっては~ (3, 0.1%)

1 そうです, 甘えっ, 私よりも

▼ 父母~ (3, 0.1%)

1 なんともお, また子, 孝行し

▼ 父母以上~ (3, 0.1%)

1 にも慕われ, にわが子, の恩

▼ 父母及び~ (3, 0.1%)

1 在世の, 我が妻, 朋友信者らの

▼ 父母同様~ (3, 0.1%)

1 にする, に親愛, の親戚

▼ 父母いずれ~ (2, 0.1%)

1 かによって地下, の意見

▼ 父母からの~ (2, 0.1%)

1 許しの, 送金は

▼ 父母そろひ~ (2, 0.1%)

2 て家

▼ 父母でさえ~ (2, 0.1%)

1 自分にとって, 逢いに

▼ 父母です~ (2, 0.1%)

1 からその, が

▼ 父母とか~ (2, 0.1%)

1 兄弟はいふまでも, 女房子供には

▼ 父母とを~ (2, 0.1%)

1 守って, 訪はんと

▼ 父母なる~ (2, 0.1%)

1 か, 事を

▼ 父母にて~ (2, 0.1%)

1 ありしなり, 候なれ

▼ 父母にまで~ (2, 0.1%)

2 見すてられただ

▼ 父母に対し~ (2, 0.1%)

1 将曹等, 情を

▼ 父母に対しては~ (2, 0.1%)

1 固より, 申訳なく

▼ 父母に従い~ (2, 0.1%)

1 嫁いる, 嫁し

▼ 父母に従って~ (2, 0.1%)

1 上海に, 馬車を

▼ 父母また~ (2, 0.1%)

1 よきその, 神の

▼ 父母をば~ (2, 0.1%)

1 恋ひ, 転疎遠に

▼ 父母世々~ (2, 0.1%)

2 の兄弟

▼ 父母五行~ (2, 0.1%)

2 は天地

▼ 父母伯叔~ (2, 0.1%)

1 の風, を観る

▼ 父母兄妹~ (2, 0.1%)

1 との交際, なり

▼ 父母兄姉~ (2, 0.1%)

1 に仕える, のやう

▼ 父母兄弟人間共~ (2, 0.1%)

2 の虚しい

▼ 父母兄弟妻子~ (2, 0.1%)

2 までも利益

▼ 父母兄弟姉妹~ (2, 0.1%)

1 は善良, を自分自身

▼ 父母兄弟師友~ (2, 0.1%)

1 と相, に相

▼ 父母其人~ (2, 0.1%)

2 を知らまく

▼ 父母其妊め~ (2, 0.1%)

2 る事

▼ 父母即ち~ (2, 0.1%)

1 嫁から, 舅姑の

▼ 父母又は~ (2, 0.1%)

1 僧に, 其位に

▼ 父母同棲~ (2, 0.1%)

2 の後

▼ 父母在す~ (2, 0.1%)

1 ときは, 時は

▼ 父母~ (2, 0.1%)

1 に出家, ヲ知ルモノハ鮑叔ナリ

▼ 父母我が~ (2, 0.1%)

1 父母を, 飲食を

▼ 父母~ (2, 0.1%)

1 生前などといふ, 生前より

▼ 父母~ (2, 0.1%)

1 なり古史神話, の命

▼ 父母~ (2, 0.1%)

1 の祖父母, の運命的

▼ 父母親戚~ (2, 0.1%)

1 に告げざる, を招待

▼1* [173件]

父母あてに和一郎夫婦あて, 父母ありし故郷の, 父母いかにおはす, 父母いくつと寺受け, 父母いただくと弟, 父母いまさば遠く遊ばず, 父母および乳母の, 父母かなしくて為す, 父母からも許されぬもの, 父母へ達者, 父母さえもおいて, 父母さては東京大阪の, 父母すみたもう, 父母すら知らないただ, 父母その他彼等が未だ, 父母それから順次, 父母われら草いきれ暑き, 父母だけである, 父母だけを前に, 父母だって娘の, 父母というも自分たちの, 父母といふ関係で, 父母とかいう人では, 父母とかがお前は, 父母ときには私にさえも, 父母としての経済上の, 父母ん身まかり, 父母なしと云う, 父母など婚姻の, 父母などに見られしに, 父母なりとていかで知り得ん, 父母なんてものが, 父母にこそあれ我父母に, 父母にたいしても朝夕思い出し, 父母について記念の, 父母にとつて掛け代への, 父母によって腹一杯食べる, 父母に対してもそういう心持, 父母に対する重みがか, 父母に対するよりも更らに, 父母に従うは尤もなれ, 父母のせてかつ, 父母のみたまに, 父母はとと樣はは, 父母はやく亡せ, 父母もろともに我, 父母やは近藤巡査には, 父母をにへにし, 父母アラバ責任ハ更ニ重ク, 父母アリシ日ノ姿ノマヽニ保存サレテイル, 父母タル立場ニ於テ其ノ生, 父母トシテノ日常義務ヲ果スモノナリ, 父母ニシタトコロデ昔最初ニ埋メラレタ場所ニ, 父母孝ヲ, 父母喪ヒ後初, 父母不在なるに, 父母不快を感ずれ, 父母両方から来, 父母乃至世の, 父母二つの思想体系, 父母二人に限り, 父母にすぐれ, 父母からは親, 父母以外の他人, 父母伊兵衛夫婦が存命, 父母佛陀等の所愛, 父母たずで海外留学中, 父母倶存兄弟無故一楽也, 父母優しい兄弟孝行な, 父母などがこちら, 父母兄弟ともに住居, 父母兄弟云々の句, 父母兄弟妻君アニヨメ等に威張る, 父母兄弟妻子朋友隣人等他人との關係, 父母兄弟妻子朋友隣人等凡そ他人との關係, 父母兄弟姉妹及各戚屬家人之物, 父母兄弟朋友たちに絶対, 父母兄弟臥息異處, 父母兄弟良人妻にも他言, 父母兄弟親戚の言葉, 父母兄達とかたります, 父母先生師匠美人達人或は藝道, 父母共ニナキ兒童ヲ孤兒院ニ收容セザル所以ハ, 父母共世を去っ, 父母其子の夙く發, 父母列座にて君子, 父母を合せ, 父母ハ父ナキ兒童ハ國家ノ, 父母及一族近親の同意, 父母及祖父母の年齢, 父母同胞独逸民族の興亡, 父母国男スエ子の中, 父母堂, 父母在してもいまさ, 父母在せば遠く, 父母在世当時の私, 父母の座席, 父母夫婦と五倫部, 父母妻一弟二妹一子と共に小島宝素, 父母妻子ニ迄イクラ, 父母妻子兄弟姉妹己が生命, 父母妻子朋友と共に活き, 父母姉妹と叔母家族, 父母姉私病弟この五人, 父母子供犬まで揃っ, 父母子孫なく馬驢, 父母子孫等の縱, 父母子弟乃至社会, 父母存命ならば, 父母存在し一姉, 父母存生のうち, 父母守る事の, 父母の事情, 父母家庭の教育次第, 父母寵愛して, 父母尋ね来り喜び甚だしく, 父母師友の恩義, 父母帰り玉ひぬと, 父母干渉の弊害, 父母年高けて, 父母弟妹伯母布施夫人の一人, 父母弟等の不仁, 父母後日必ず舎利, 父母怒ってこれ, 父母れて, 父母怨敵現腹鼓, 父母恋し雉子の, 父母恋しい十二の, 父母恩愛の一端, 父母を人工的, 父母懐胎の時, 父母我訓なきこと, 父母或は伯叔父母とか, 父母捷平夫婦が住ん, 父母放たざるを引き放ち, 父母教育の関係, 父母既歿必称曰某院尤不可也, 父母朋友信者ノタメ, 父母未生以前本来の面目, 父母未生以前本来面目というの, 父母夫と, 父母様やあに様, 父母欣び限りなく, 父母殺しを論証, 父母殺害といふ不祥事件, 父母殺害者に最, 父母満足の状, 父母無き孤児の, 父母爾事毛告良比如明日吾者来南登言家礼婆妹之宮答久, 父母存する間, 父母生存者を導かん, 父母病弱なる者, 父母百年の後, 父母眷属を足す, 父母祖先の墳墓, 父母は古, 父母の話, 父母聞きて怨念胸, 父母良人兄弟友人とこれ, 父母良人弟妹と皆, 父母若くは祖父母, 父母英スエ子成田にお礼, 父母英男出かける, 父母親族及び恩人, 父母親類の心痛, 父母許したる我, 父母護兄弟姉妹護を加, 父母近親の者, 父母連れ立って地所, 父母長上に對, 父母長者の物語, 父母限り無くわれ, 父母の語