青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「流れ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

活~ ~活動 活動~ 活字~ 派~ 派手~ 流~ ~流し 流し~ ~流れ
流れ~
~流れる 流れる~ 流石~ ~流行 流行~ 浄~ 浅い~ 浅草~ ~浜 浜~

「流れ~」 10906, 113ppm, 936位

▼ 流れ~ (5841, 53.6%)

450 いた 376 いる 161 いるの 134 ゐた 131 来た 128 ゐる 104 来て 90 行った 85 ゆく 80 行く 71 いて 64 くる 61 います 60 来る 57 きた 45 行くの 44 ゐるの 42 居る 41 いました 38 いるよう 33 いった 32 来るの 30 いたの, きて 27 ゐて 26 行つた 25 行って 23 来たの 21 來た, 行きます 20 いるもの, 來る 19 ゆくの, 居た 17 いるので 16 いること, いる水 15 いる川, きました 14 いると, 居るの, 来ました 13 きたの, ゐます 12 しまった, 出て 11 いるが, いるところ, くるの, 来るよう 10 いたが, いって, いるという, いるん, いる小川, ゆきました, 水流れず 9 ゐること, ゐると, ゐるやう, ゐる水, 居ります, 行く水 8 いるから, いるその, きます, ゐたの, 來て, 来ると, 海に, 行くよう, 行ったの 7 いく, いくの, いたこと, いない, いるか, いる所, いる血, おります, ゆく水, ゐました 6 いたから, いたり, くるよう, 来たので, 来ては, 来ます, 行きました, 行くこと

5 [13件] いきました, いつた, いるし, いるに, いるらしい, いる河, いる神田川, それが, ゆくこと, ゐるので, ゐるもの, 居る川, 来たもの

4 [29件] いつて, いなければ, いるこの, いるだけ, いる様子, おりました, きたもの, きたり, くるので, くるもの, しまいました, しまつ, それに, ゆくその, ゆくと, ゐたが, ゐる小川, ゐる川, 居ます, 居りました, 居るが, 居るので, 来たと, 来たり, 来れば, 行き野原, 行く人, 行く雲, 行こうと

3 [71件] いくよう, いたもの, いったの, いても, いないの, いましたが, いますが, いよう, いるあの, いるかと, いるじゃ, いるのに, いるばかり, いるらしかった, いる事, いる時, いる渓, いる熱い, いる谷川, いる雨, おるの, きたが, きたん, くるから, くる水, しまう, しまったの, しまって, はおりません, ゆきます, ゆくが, ゆくもの, ゆくよう, ゆく水の上, ゆけ, ゐたと, ゐた事, ゐるが, ゐるでは, ゐる血, 三島へ, 両岸, 來ました, 居りまして, 居ると, 居るよう, 居るん, 彼女の, 往った, 心ぼ, 来たかと, 来た時, 来た水, 来た群衆, 来るあやしい, 来るぞ, 来るので, 来る水, 橋は, 水は, 沈んで, 消えて, 私は, 落ちるの, 行かず筧, 行くと, 行くもの, 行く川, 行く道, 通る, 遂にこの

2 [212件] あつきなみ, ありに, いそう, いその, いたじゃ, いたと, いたという, いたので, いたのに, いたよう, いたん, いた時, いつまでも, いないし, いなかった, いまして, いるお, いるかも, いるけれども, いるそういう, いるだけに, いるとこ, いるどす黒い, いる中, いる他, いる処, いる夜, いる小, いる小さな, いる往来, いる心, いる思想, いる歴史, いる汗, いる江戸川, いる渓川, いる渓流, いる溝, いる溝川, いる潮, いる白い, いる部分, うかびたる鴨鳥, おりますが, きたこと, くること, くるこの, くるであろう, くると, くるなんて, くる時, くる白き, ここに, この島, ごらんなさい, しまえば, しまったので, しまひました, そ, そこと, そこの, そこを, その河, それを, とまらないの, ぴくぴくと, まん, やがて消え, ゆくか, ゆくそういう, ゆくでしょう, ゆく冷たい, ゆく憧れの, ゐたこと, ゐたので, ゐたやう, ゐないやう, ゐやしねえ, ゐるあたり, ゐるか, ゐるかの, ゐるから, ゐるし, ゐるで, ゐるといふ, ゐるとこ, ゐるところ, ゐるばかり, ゐるらしい, ゐるん, ゐる大川, ゐる様, ゐる涙, ゐる溪, ゐる溪川, ゐる狹, ブラマプトラ川に, 人の, 伊豆の, 何か, 何も, 入りました, 凝った血, 出た, 出た血, 出ても, 出ましたら村里, 出ます, 出る, 出るの, 出るよう, 危く倒れよう, 去る, 参りました, 参ります, 叢の, 合うの, 名は, 土地の, 地下十八尺の, 宙に, 尽きず夜灯, 居たの, 居ました, 居ましたから, 居りますが, 居るあらゆる, 居ること, 居る光りといふ, 居る小川, 居る恐らく, 居る河, 居る處, 岩が, 岸を, 帯の, 往って, 心持が, 感じられた, 日本の, 月光が, 木の葉が, 来そう, 来たか, 来たが, 来たとの, 来たもん, 来たらしく, 来たん, 来たピヤノ, 来た小枝, 来た旅芸者, 来た者, 来ないという, 来るだろうそうすると, 来るといった, 来るには, 来るはず, 来るメロディ, 来る涙, 来る間, 来る雑魚, 来る音楽, 柳が, 横ざまに, 樫の, 橋が, 水が, 法衣を, 泣くまいと, 流れて, 消える水の泡, 渡れないと, 熱きわが, 爪の, 爰に, 片明り, 盛りを, 目の, 眼に, 縁に, 落つる星一つ, 落つる涙, 蘇堤を, 行くから, 行くその, 行くぞ, 行くだろう, 行くであろう, 行くところ, 行くべき方向, 行くほど, 行くや, 行くやう, 行く中, 行く容子, 行く河水, 行く白い, 行く隅田川, 行く音, 行ったが, 行ったこと, 行っても, 行つたといふ, 見える, 警固の, 走って, 遥かに, 集まって, 雲が, 電燈の, 頸から

1 [1886件 抜粋] あうん, あつまるよう, ある所, いかぬもの, いき髪, いくばかり, いく木切れ, いけないと, いずまた, いそれでも, いたかは, いたし, いただけ, いたところこの間, いたらその, いた人民, いた前代, いた十勝川, いた心臓, いた時分, いた水っぱな, いた義気, いた近侍, いた鴨河, いったため, いったに, いつか雪風が, いないこと, いない事, いなかったの, いべ, いますの, いやあしません, いらあ, いるあるいは, いるかに, いるからと, いるさまざま, いるぜ, いるただ, いるだろういくらでも, いるでは, いるとでも, いるのみ, いるほど, いるらしいが, いるらしくそれ, いるわ, いるガソリン, いるデカダンティズム, いるヒポサツポ, いる一種, いる三峯川, いる世界, いる人情, いる伝統的日本, いる偕楽座, いる凄まじ, いる加茂, いる卓犖不覊, いる右, いる唯物論文化, いる大いなる, いる大河, いる太田川, いる実状, いる寂し, いる岸田川, いる工事場, いる広瀬川, いる往還, いる悪い, いる或, いる映画, いる景色, いる本然, いる檜縁, いる氏, いる水陰, いる泥溝, いる深い, いる湿地, いる激しい, いる無数, いる狭い, いる町, いる研究, いる私たち, いる笛吹川, いる純真, いる美しい, いる色, いる蜘蛛手, いる要求, いる込み合った群衆, いる鍋, いる雪, いる額, いる飯田松川, いる鹿股川, い七ツ星, うごいた, うす暗い燈火, おって人民, おりおりこぼこぼと鳴っては, おりましたろう, おりまする間, おり互礼, おり渓谷, おれば, かえらなかった, きこえて, きたくらいの, きたと, きたろう馬鹿囃子, きた時, きた精神, きた草庵体, きましょう, くだるの, くるという, くるのに, くるまるで, くるらしいと, くるマスコミ, くる中, くる光, くる垣, くる川一, くる拾って, くる月光, くる水道, くる涙, くる渡良瀬川, くる石工, くる舟, くる観念, くる雪解, くれば, けぶり立ちて, こないうち, この山, この白川, こられた, さっぱり趣き, ざわついて, しづかな, しまいは, しまうが, しまうん, しまったかと, しまったもの, しまつたか, しまふこと, すぐ咽喉, そうしてインド, そこへ, その一室, その暗い, その流れ, その穴, その関門, ついには, とうとう岸, どうしても寝つけなかった, なお四人, のこって, はたと留まる, ひとしきり話, まいった女, またお, みんなの, もう真, やがては, やがて天城山, やまず蘇生, やまぬ海, やむとき, ゆきしあと, ゆきますと, ゆくあたり, ゆくさま, ゆくのに, ゆくらしい, ゆく人, ゆく前兆, ゆく女, ゆく小川, ゆく急流, ゆく杖, ゆく河, ゆく浪費, ゆく生活, ゆく真黒, ゆく藻, ゆく途中, よつて, わしから, ゐたけれど, ゐたもの, ゐた古風, ゐた雲, ゐながら, ゐるあの, ゐるかも, ゐるそこ, ゐるとだけに, ゐるのに, ゐるらしい濶, ゐる三十間堀, ゐる人間, ゐる六尺幅, ゐる北上川, ゐる大きな, ゐる宿, ゐる快活, ゐる故郷, ゐる木, ゐる永遠, ゐる流れ, ゐる深い, ゐる町中, ゐる目録學上, ゐる草, ゐる谷川, ゐる隅田川, ゐる高梁川, ゐ同じく, ェ落ち行く先は, ゴトリゴトリガラガラと, スラツと, トゥピーノと, パデレフスキーが, ヤソ教に, 一千三百二十六粁, 一貫し, 三島の, 下つて, 下る千曲川, 丘は, 両方の, 中断される, 了は, 二人の, 京なれ, 仁右衛門の, 今宴会, 仕方なかった, 仕舞つた始めから, 伸子たちの, 何物かに, 來てる, 來るだらう, 俺は, 入り又, 兩眼を, 其めぐり, 円く地平, 凍る, 出ました, 出る気, 出来たという, 判事も, 加州へ, 北, 千鳥ヶ淵の, 南紀の, 参りますと, 司馬老, 向山の, 咽喉が, 四方に, 固唾を, 地に, 垂れさがり, 場所の, 夕暮の, 夜が, 夥しい彌次馬, 大ぜ, 大川に, 大阪へ, 奥の, 女まじり, 婦は, 宙を, 寄せ返る波, 寄れる種, 小穂口山の, 尽きない文章, 居た傾向, 居ても, 居は, 居り, 居り一方, 居るその, 居るでは, 居るのみ, 居るランプ, 居る其小川, 居る時, 居る清流, 居る谷川ば, 居ればこそ, 山間の, 巌に, 川と, 川幅が, 幅十間ばかり, 広い野原, 底の, 引金を, 強い日光, 往く, 往く累, 往つた木犀の, 徐々にこの, 心の, 思いも, 悩む習慣, 手足まで, 揺れて, 文辞の, 新宿に, 日本に, 明滅する, 時ならぬ, 曲の, 木立の, 朱文が, 村落の, 来たから, 来たそれら, 来たという, 来たべつ, 来たらこの, 来たわけ, 来た一個, 来た人, 来た女らしい, 来た尾根, 来た感じ, 来た日本声楽家, 来た欧化主義, 来た氷山, 来た浄瑠璃語り, 来た筏, 来た頃, 来ても, 来どこ, 来ましたが, 来ますよう, 来るし, 来るで, 来るなか, 来るやう, 来るブラマプトラ川, 来る一種, 来る何, 来る加茂川, 来る場合, 来る家, 来る弱い, 来る掘割, 来る材木, 来る河, 来る潮風, 来る秋祭り, 来る色々, 来る運河, 来る雑音, 来る霧, 来る風, 来る黒ずんだ水, 東京に, 枕が, 楢俣に, 歔欷と, 止まなかつたが, 止みません, 此岸に, 歩く間, 殆ん, 気が, 水すみ, 水溜りを, 江戸川に, 河水ために, 注ぐ時, 洗面所を, 浦佐小出町に, 消えた, 涸る, 淮へ, 清く滑らか, 満天の, 滋養分の, 滔, 漢中に, 瀧はおつ, 灰色の, 然るべきだ, 熄ま, 独逸に, 甘土, 男の, 男帯よりも, 白く風流, 皿山を, 直に海, 眼を, 着物に, 石燈籠の, 碁盤の, 神経が, 秩父の, 空は, 立派に, 箭を, 粕川と, 紫色の, 終にここ, 縁先に, 美しい瀬波, 聞えて, 肋骨が, 腰の, 舞いました, 花の, 草の, 萌え出した水草, 落ちると, 落つる雪どけ水, 薩摩に, 虚文を, 蝸牛の, 行きそう, 行きつ, 行きます歳月, 行き流れて, 行くかも, 行くだけ, 行くとき, 行くばかり, 行くらしかった, 行くノキシノブ, 行く一筋, 行く何處, 行く千曲川, 行く姿, 行く幅十間, 行く日, 行く朱柄, 行く水路, 行く涼み船, 行く煙草, 行く空気, 行く血液, 行く長い, 行く電光, 行く鳩, 行け流れて, 行ったきり, 行ったです, 行った一枚, 行つたで, 行つたのである, 行つた嫌ひ, 行つてしまつたのでした, 行つてウロウロ, 行手の, 裏には, 襟を, 見えるの, 評定の, 谿と, 賀茂の, 走るぞね, 足に, 踴る, 身に, 輝く, 返るや, 通って, 逸る氣, 道子が, 遠い海, 遠く山間に, 都府に, 金杉に, 開いた木戸, 降りて, 隠しても, 雑木山が, 雲の, 青い光, 頭が, 顔ぢう, 高草山と, 魚族は

▼ 流れ~ (924, 8.5%)

46 中に 34 上に 20 ように 19 なかに 16 中へ 13 岸に, 音が 11 中で 10 ままに, 水を 8 やうに, 上へ 7 音を 6 うちに, ふちに, まん中に, ような, 上を, 中を, 末を 5 お家で, 上の, 岸で, 水は, 音に

4 [11件] うちには, ものが, 中から, 岸の, 底に, 底を, 急な, 方に, 方へ, 水が, 美しさ

3 [18件] ところへ, なかで, なかへ, ふちで, ほとりに, やうな, 両側に, 中の, 中央に, 傍らに, 向うに, 方向に, 末が, 末に, 水も, 落伍者の, 面を, 音も

2 [52件] かなたに, さまを, そとに, そばに, そばの, ところから, ところに, ふちには, ま, まん中で, もので, やうで, ゆるやかな, 一間ばかり, 上では, 下に, 下の, 中には, 側に, 傍で, 全部が, 向う岸は, 向ひ, 姿は, 姿を, 屋根を, 岸まで, 幅を, 方向が, 方向を, 早い宇治川, 早い川, 早さ, 時間は, 末の, 末は, 水か, 水に, 水草を, 激しいところ, 筋は, 筋を, 跡が, 身だ, 速い川, 速さ, 間に, 面に, 音, 音の, 音は, 音や

1 [440件] あたりに, あたりには, あったこと, あとだけが, あひだ, あること, あるという, あるところ, あるなし, あるの, ある水, ある街, ある道, うえに, うちから, うちでも, うちにおいてのみ, うつるよう, おもしろさ, お裔, かたに, かなり先へ, きしの, きらきらと, ぐあいが悪かっ, こっちの, ことを, こなたなる我, このよう, ごときその, ごとく, ごとく去って, ごと危かりし, さまの, さまも, さらさらといふ, すぐそば, すそと, すべてが, する固い, せせらぎにも, せせらぎも, せせらぎを, そばで, そばへ, そばを, ために, ちぎれ雲が, とある低, ところどころに, どこかの, ないこと, ないところ, ない汚水, なかから, なかからも, なかでも, なかを, にぶい川, のろい描写, はじまりでは, はやさ, ふかい所, ふちだ, ふちの, ふちを, ほうで, ほとりで, ほとりには, ほとりへ, ほとり百姓の, ほとり野うばらの, まざまざさ, まにまに活き, まにまに浮い, まにまに身体, ままです, まま流れの, まんなかあたりに, むらが, ものだ, ものであっ, ものであります, ものとして, ものは, もの多, ゆるい湖水, ようで, ようであった, よどみに, クセが, リズムです, リズムの, 一つである, 一環としての, 一筋として, 一部が, 一部分を, 七分三分の, 上から, 上で, 上と, 上より, 上一面に, 上下に, 上下は, 上下へ, 上四五尺の, 上手に, 下から, 下流が, 不思議なる, 両岸, 中からこそ, 中からは, 中でも, 中にも, 中ほどに, 中ほどまで, 中ほどを, 中央へまで, 中央を, 中流で, 主流を, 事である, 二点間に, 人々が, 人々は, 伴うの, 低きに, 余勢が, 倉皇として, 傍り, 儘に, 先端は, 光を, 冴えて, 冷たさ, 凹みから, 力と, 力の, 力は, 力も, 加減で, 努力という, 勢が, 勢に, 北の方より, 反対の, 叢の, 只中から, 合して, 合間には, 名に, 名を, 名消ゆる, 向うへまで, 向うを, 向う側の, 呑気な, 味, 喧しい音, 土堤で, 基調は, 堤を, 墨の, 壓力は, 変壊は, 外では, 外に, 多くの, 夜更け, 大きい力強いカーヴ, 大半の, 太鼓が, 太鼓を, 女が, 女と, 女は, 女を, 如くいちじるしき, 如くに, 如く素朴, 如く続いて, 姿が, 安芸人, 寂として, 密度が, 小さい田螺, 小さなダンスホール, 小川で, 小川であった, 小石の, 少し上手, 岩を, 岸から, 岸などに, 岸にかの, 岸には, 岸や, 岸をば, 川土手の, 工合, 幅が, 幅として, 幅は, 幾つかが, 幾曲すえは, 広告マンと, 底で, 底には, 底の, 強い底石, 強い河口, 強さ, 影響力から, 彼岸に, 彼方から, 彼方には, 急でない, 急なる, 感情で, 憂身には, 或る, 所に, 打ち合う波, 描写に, 文学として, 文学に, 断片が, 方から, 方が, 方よ, 方向の, 方向へ, 方向水藻の, 方面にも, 早いこと, 早いところ, 早い小, 早い小川, 早い瀬, 早い部分, 景気に, 曲がりかどに, 最も強い, 最も遠い, 期日を, 末だ, 末であった, 末として, 末とでも, 末にも, 末をも, 末永く人, 本質の, 模様も, 欲しいの, 止った泥溝, 止まった状態, 毛すじほどの, 民族で, 水さえ, 水で, 水の, 水ひかる, 水や, 水清く, 水澄み, 水粒であり, 水際に, 水面から, 水面に, 氷れかし, 汀から, 汀へ, 汚物ばかりが, 泉色も, 泡です, 泡に, 波に, 波紋に, 浄き, 浅く彎入, 浮浪民の, 浮浪者の, 消えないうち, 淀みの, 淀みを, 淀むところ, 深いところ, 深みを, 清らかさの, 清冽さを, 清水を, 渚から, 渦巻の, 温い茶, 湿りが, 源と, 潮騒の, 潯に, 潯を, 激しい小川, 瀞に, 瀬の, 瀬へ, 瀬を, 瀬音は, 無何有, 狭いが, 狭い所, 生々しさ, 生活を, 畔で, 異なるにつれて, 痕が, 白い飛沫, 白きが, 白泡を, 相談を, 真の, 真中の, 知らせが, 石とを, 石橋の, 秩序は, 窯場と, 糸を, 細ること, 絶えて, 絶え間が, 絶頂であっ, 続きに, 緩急にも, 縁に, 縁や, 縁を, 續きで, 美しい川, 美しい色, 者が, 者である, 者ながら, 者を, 胴を, 色が, 色である, 色も, 花の, 菖蒲も, 落ち消えた, 落ち込みに, 落ち込みや, 落伍者でも, 落伍者に, 落日を, 薄衣, 蛍だけを, 蛍と, 行きどまりに, 行方が, 行方を, 表情森林の, 表面に, 裏に, 裡へ, 裾だった, 裾は, 裾を, 複雑さと, 要所々々を, 言葉の, 谷川の, 谿河を, 質や, 走る武生, 起伏を, 趣が, 足が, 足を, 跡を, 身, 身と, 身には, 軸とか, 辺に, 辺りでも, 辺りに, 迅さ深, 近くに, 近くの, 近くへ, 迹を, 逆流である, 途を, 途中の, 通ひもあらで, 通ふ, 速いところ, 速い深い川, 速くない, 遅々と, 遅い川, 遊芸者をも, 道筋に, 遠い行先, 郵便屋さんよりは, 酒の, 鈍い水, 錦川を, 鎮天旗まで, 間から, 間では, 間を, 附近に, 附近の, 附近は, 際立ちて, 集りで, 雲は, 雲も, 霧が, 青白いつつ, 静かさ, 非人の, 面影が, 音かとも, 音さえも, 音さへも, 音であろう, 音と, 響きを, 響に, 駒形岩の, 驚嘆すべき, 高山より, 鴎の, 黄包車が, 黒は

▼ 流れ~ (724, 6.6%)

16 見て 14 汲んで 9 なして 8 汲んだもの 6 眺めて, 隔てて 5 くんで, さかのぼって, 溯って 4 ひいて, もって, 下って, 汲むもの, 渡って, 私は 3 くむもの, 前に, 成して, 汲む者, 見た, 見つめて, 越して

2 [39件] あつめて, くんだもの, せきとめて, つくって, ながめた, みだして, みつめて, みて, り清き, 一つに, 一心に走りました, 上下し, 下った, 中心に, 右に, 引いて, 挾んで, 横切って, 汲む人々, 渡りましたやら, 渡る, 溯つた, 眼の, 知らせて, 背に, 見ながら, 見ると, 見るの, 見る事, 見下ろして, 見詰めて, 越えて, 越えると, 越すこと, 逆に, 酌んだもの, 飛び越えるの, 飛ぶの, 飛越した

1 [527件 抜粋] あきれながら, いかでかす, いつしかつくっ, いつとは, いつもの, うけた内弟子, うけた男禁制, うけついだもの, うたう五十鈴川, えらぶ必要, おこさせて, おとしました, かいくぐるやう, かいくぐるよう, かえること, きわめて慎重, くい止めはんねん, くだって, くだり四川省, くひとめ, くひとめる, くみさらに, くみまして, くみ南国, くむその, くむとは, くむアテナイ, くむ幻術, くむ美術家, くむ落語, くむ金枝玉葉, くんだひどい惨, くんだ句作, くんだ平明さ, くんだ有名, くんだ貫心一刀流, ここから, こととも, こまかに, ご覧に, さかのぼりかけたが, さかのぼれば, さがして, さし挟んで, さらに各, ざぶ, すかして, せかれたよう, せきとめるほど, せき止めた時, せき止めに, そ, そっと渉らん, そのまま写し出した, その厩, それぞれの, たどって, たどりどんな, ちらと, ついて, つくったところ, つくるの, つくるやう, つたひ, つっきろうと, つづけんと, とどむべくたちまち, とびやがて, とらえなければ, どう観じるであろう, なが, ながめおれば, ながめて, ながめながら, なした全, なし降らねば, なすありて, なす堆石, なんの, ぬき出して, のぞんで, のぼり, はさんだ山村, ひかえて, ふるはせて, へだてた向う, へだてて, ぼんやり眺め, ぼんやり見, まっすぐに, まへに, まんべんなくアンダアライン, みおろしてでも, みせて, みとめたとき, みると, むやみに, ものとも, やり過ごして, ゆるめその, よどませて, り候哉, アゴの, アンリ・ベックに, エーボンと, ザザザと, ズンズンと, セエヌと, トクントクンと, 一つは, 一字一字連ね, 一方で, 三つ越え, 上って, 上流に, 下ったり, 下つた, 下に, 下りつつ, 下りて, 下りゆけども, 下るが, 下ること, 下るごとく落ちて, 下るだけで, 下るには, 下る舟, 下れば, 不思議な, 且堰き, 世の, 中に, 乗り切ると, 乱し時間, 争う世界最大, 二つに, 交えて, 他人に, 伝い山坂, 伝えた自分, 伝える家々, 伝え事相教相抜群, 伝わって, 伴うて, 伴って, 何か, 倶に, 偕に, 先の, 入れて, 共に汲む, 冒して, 凉しい, 凝視し, 凡て釣竿一本で, 分裂させない, 切りて, 利用する, 利用すれ, 到るところ, 制御する, 動力と, 北の方に, 区別しなけれ, 十騎二十騎, 取りはずさないよう, 受けた人々, 受けた後, 受け入れるについて, 受け後, 叩くよう, 合したものの, 合したり, 合せて, 同じゅうする人どうし, 吸いあげて, 吸う汗, 吸み, 吹き渡って, 味方に, 唐松村の, 喚起した, 嘆じただらう, 噛んで, 地を, 埋めて, 基底に, 埼子は, 堰きとめる力, 堰き止めて, 堰く網代木, 売喰, 太くした, 守って, 守つて画なら, 客観的に, 客觀的に, 射出する, 導くの, 少し堰いた, 尻を, 屋形船が, 川の, 工場裏の, 引いたいけす, 引いたと, 引き込み巨大, 引き雨戸, 強く代表, 形づくつて, 形づくる前提, 形作る一つ, 待つばかりね, 心ゆくばかり, 心頼みに, 忘れた, 忘れた人達, 思いおこした時, 思うの, 思ったが, 急湍の, 恐しく思うならお前, 想像し, 感じそれ, 感じた, 感じたのみ, 感じて, 感じます, 感じる, 感ぜずに, 憎く思う, 成さないもの, 我らが, 截って, 截つの, 截断した, 承けて, 押し止めるん, 持ち右, 持って, 指ざし, 指しながら, 指揮する, 挟んで, 振り返つて, 探し燃料, 探り探り, 控えて, 掴み作家, 描いて, 放流しつくし, 数町上る, 整え時間, 敵として, 日本に, 暗黒と, 暫時止め, 曲に, 更に, 最後にも, 望む傍觀者, 染めた加減, 柵し, 森を, 構えて, 構成する, 横ぎり出した, 横に, 横切った, 横切るの, 横断し, 横目に, 欄干の, 止めたとも, 武蔵野へ, 歪みうねらせた, 水の, 水力電気の, 永え, 求めつつ, 汲みそれ, 汲みまして, 汲みます, 汲みますもの, 汲み何, 汲み南洋, 汲み天保末年, 汲み文学座, 汲むが, 汲むこと, 汲むという, 汲むとには, 汲むツェラー, 汲む世界的愛他主義, 汲む人, 汲む写実的心理劇作者, 汲む劇団, 汲む劇的伝統, 汲む各地, 汲む同族, 汲む名家, 汲む家すじ, 汲む幸徳井家, 汲む悲劇, 汲む手猿楽, 汲む浄土真宗, 汲む連歌師ら, 汲む道庵, 汲む里見, 汲む露国, 汲める者, 汲んだあなた, 汲んだいわゆる, 汲んだが, 汲んだの, 汲んだスタイル, 汲んだ北面, 汲んだ呪法経典, 汲んだ当時問題, 汲んだ才能, 汲んだ浮世絵ぶり, 汲んだ玄孫弟子, 汲んだ甲州, 汲んだ西洋美術, 汲んだ近世装飾美術, 注ぎ込んで, 泳ぎ渡って, 泳ぐ, 流しつつ, 流して, 流れて, 浴びて, 浴び匂, 深くさせ, 渉つてや, 渉り, 渉る, 渡つて狂つた陰慘な, 渡らなければ, 渡りその, 渡り板鼻町, 渡り熊笹, 渡り鎮江府, 渡る誰, 渡ろうと, 渡渉し, 溢れさして, 溯つて, 溯り, 溯り初める, 溯り南宗北画, 溯上るの困難, 溶かして, 滑るよう, 漕ぎくだり, 漲らして, 無造作に, 物語って, 狭くした, 狭めて, 現実的に, 生産的な, 異様に, 登って, 白く濁し, 盛に, 相互に, 眺めたり, 眺めだしぬけに, 眺めながら, 眺めること, 眺めると, 眺め今夜, 眼に, 瞬間, 示し細い, 禁じたり, 突っ切って, 突切り丸ビルへ, 突破しよう, 紅くした, 結び合わせて, 絶えず一筋, 緩め東南, 縦から, 縫って, 考へて, 考へる時, 聞きながら, 聞き分けられさうに, 聴いた時, 肯定し, 育て捉, 育て捉えること, 背中へ, 背景に, 自分で, 自然の, 自由に, 葬いの, 行こうとも, 行進した, 裂いて, 裳も, 西岸の, 見おろしたこと, 見おろしたので, 見おろして, 見これ, 見せた, 見せたが, 見せる所以, 見そば, 見たかつたの, 見たの, 見たもの, 見つめた, 見ぬ様, 見ぬ樣, 見まもり心, 見まわして, 見ようと, 見る, 見るごと, 見るといふ, 見るよう, 見上げて, 見下ろした, 見下ろしました, 見下ろす, 見出すこと, 見廻した, 見物する, 見生活, 見給, 見迥, 観たいの, 観ること, 詠んだもの, 貪り汲まんと, 貫いて, 起こし水中, 越えた, 越えた上, 越えれば, 越え内宮, 越え巌石, 越させて, 跨いで, 跳り越し, 蹴たてて, 蹴立てつつ, 躍り越えた, 身の, 軒下へよけて, 軽蔑なさる, 辿って, 追い求め彼女, 追うて, 追って, 追って三方五方, 追ふごとき, 追ふて, 逆行させない, 通る, 運ぶドニェープル, 運んで, 過ぎてから, 遡る若鮎, 遮らぬこと, 遮り止める者, 遮る, 遮るもの, 選んで, 酌みますの, 酌み給うお方, 酌み貞室, 酌む者, 酌んで, 釣り登るの, 鏡の, 門前に, 防ごうとして, 阻んだ, 隔つる霞の, 隔て, 隔てた対岸, 隔て墨堤, 障子一重で, 隠す萱山, 集めた樋, 静かに, 飛び越して, 飛越して, 飛越す, 飲んだ河, 飲んで, 鵲の, 黄昏の, 黄色に

▼ 流れ~ (697, 6.4%)

38 沿うて 16 沿って, 身を 12 乗って 11 なって 7 まかせて 6 のって, 押されて, 添って 5 つれて, 流されて, 浸して, 添うて, 足を, 逆らって 4 さかのぼって, そって, 棹さして, 沿ひ 3 したがって, そつて, 似て, 分れて, 向って, 洗われて, 浮かんで, 臨んで, 落こん, 随って

2 [34件] さからって, して, ひたされたる火山質, まじって, みちびかれて, もたれかかるやう, もたれかかるよう, 任せた, 任せてなよ, 出て, 参るの, 口を, 合する, 呑まれて, 完全に, 家鴨も, 對し, 従って, 手を, 押し流されるもの, 日が, 暫くは, 板橋の, 沿いて, 沿いながら, 沿うた, 流れて, 添ふて, 石の, 落ちて, 融けて, 行く, 運ばれて, 隨が

1 [435件] あつて, あるらしいもの, ある短い, いる山女魚, うつって, おし流されずして, おし流されて, おどろくこと, お札が, かかるや, これは, さかのぼりて, さかのぼりゆけば, さからうこと, さらわれて, されて, したが, したがい社会的責任, したがえば, しても, し蛍, し霞, すぎず押しあい, せかれて, そうて, そったもの, そば立てる, そふて, ぞくして, ぞくする, た, ただよわされて, たち一九〇〇年代初頭, たてがみを, たわむれる, ちかい平地, ちらつく街灯, ついて行くん, つけごしごし, つり込まれて, でくわしました, とけ合って, とびこみそう, とまった, ともないゆるい, とられながら, なお近く, なぞえに, なった子, なつた, なつて, なりそれ, なり船, なり飛沫, なるの, なる上, なる水, のぞむ広間, のった浮草, はこばれて, ひきいれられて, ひたして, ひたって, ほのかに, ぽんと, まかした所, まかす花, まかせた一枚, まかせては, まかせながら, まかせれば, まきこまれ朝鮮, まき込んで, まとめたの, みそぎし, ゆつくり, よどむうたかた, よりて, わたされた一本橋, カラダを, ハヤが, ピタリっと, ポタンと, ヤマメが, ユラ, 一匹の, 一枚板の, 一羽の, 一致し, 一葉舟を, 一部は, 下りて, 不服な, 乗じて, 乗せられて, 乗せると, 乗った, 乗った気, 乗りだした, 乗るが, 乘つてゐる, 乘つて曳船に, 乘つて權力者の, 二度と足, 任せた軽, 任せて, 任せる外, 会えば, 伝わらぬよう, 伴奏の, 似たもの, 似た切, 似た太い, 住むカメレオン, 体を, 傍うて居た, 優る如くなれば, 先方へ, 入って, 入る人々, 入れて, 六月の, 冷され上, 処してつひぞ崩, 出た, 出で, 出でたもの, 出る, 出会う, 出会ってから, 分れ出でて, 到らざるさき, 力を, 加わったが, 劣らず注目, 化さんこと, 反逆する, 取つた中, 取り残されて, 向つて, 和し, 喩へて, 喰ひ入る, 嗽いし髪を, 嗽ぎもし頭も, 嚥まれて, 国土の, 垂れた釣竿, 垢を, 堪へ得られよう, 堰かれながら, 変へ, 変化常なく, 奔る, 姿を, 婢を, 家鴨が, 宿す影, 寂然と, 寒暖の, 対したまま, 就て, 尻を, 尼の, 届くほど, 属するの, 山男が, 山裾の, 左右される, 平行した, 引かされ悲しみ, 引かれた私, 引かれて, 引きずられて, 引きずり落され急斜面, 影も, 影を, 彷彿と, 従う光線, 従ってること, 従つてゐた, 従ふて止まる, 微かながら, 応じて, 応じる術, 忠実な, 或る, 戻った, 打たれずに, 打たれたら最後, 打ちかけはや, 打ちかけ既此洲, 打沈められて, 托して, 投げこんだものの, 投げて, 投げ捨てた, 投げ棄て, 投じもって, 抗し, 抵抗し, 抵抗する, 押された, 押されてか, 押されてへ, 押しまくられて, 押出され, 押流され, 押流される, 挟まれた狭い, 捨てて, 接して, 掩い, 揺れて, 攫はれ, 於て, 映した, 映した風雅, 映し乍ら, 映ずる月影, 映って, 映るげんげ, 曳き入れて, 書いても, 朝霧が, 木材の, 枕す, 枝を, 架, 架した, 架すと, 架った橋, 架った紅屋橋, 染まなかったの, 柵んだ, 根を, 棹さすとも, 棹ざさせる, 棹ざし, 棹し, 横わっ, 機械の, 歩調を, 死人と, 毒薬を, 比べて, 比べますと, 水の, 永遠が, 汗を, 汚ない, 沁み入りて, 沈めて, 沈められる恐れ, 沈んだ晝, 沈んで, 没して, 没し去って, 没入する, 沿い出して, 沿い甑嶽, 沿うた地, 沿うた小, 沿うた裏口, 沿うた道, 沿うた道ばた, 沿う戸倉, 沿う熊笹, 沿う舟, 沿ったところ, 沿った一室, 沿った奥深く, 沿った道, 沿つた小, 沿つた小ぎれいな, 沿つてただ歩きに, 沿つてゐる, 沿つて上つて行つた, 沿つて並樹の, 沿つて歩い, 沿つて生れ出た, 沿つて行く, 沿ふて歩く, 泛んだ, 波紋に, 泥垢を, 注目し, 泳ぐイワナ, 洗はれ, 洗われてる白壁, 流れる御, 流れる水, 流れ入る一つ, 浮いた, 浮いたアクタモクタ, 浮いた屋久島, 浮かびて, 浮かべたの, 浮かんだの, 浮き沈みし, 浮くもみぢ, 浮くる笹舟, 浮びて, 浮ぶ漂流物, 浮ぶ現, 浮んだ, 浮んだ一本, 浴する身, 浸しこなたに, 浸つて, 添いつつ, 添った薄暗い, 添つた温泉宿の, 添つて歩い, 添ひ, 添ふも, 渡したる掛橋, 渡して, 渡って, 湯の花が, 溢れながら, 溯つて, 溯りて, 溶けて, 溺れさせそう, 溺れるもの, 滌いでおる, 漁りして, 漂うて, 漂う小舟, 漂つてゐたらしい, 漂わせて, 瀬が, 犯されなかったの, 犯されなかつたの, 生簀を, 眼を, 碇泊し, 祖先の, 立ち込まねば, 立ち込む癖, 立って, 立つたり, 竿さし, 第三流, 結び付いて, 絶えず無意識, 総身を, 緑の, 織り込まれて, 置き去られる気, 耐えられないよう, 耳を, 膝ほど, 臨むその, 臨む寿春, 臨む水車小屋, 臨んだ世離れた閑靜, 臨んだ彼, 臨んだ裏二階, 臨んだ酒肆, 臨んだ酒髟, 自分も, 舟を, 芽出し柳の, 菜を, 落ちた, 落ちたので, 落とせば, 落花しばらく, 藍が, 蚕蓆を, 融け込んで, 行きあたり舟, 行きあたる, 見る, 視線を, 触れること, 訣別した, 誘はれて, 誘われて, 譬えるならば, 走る頃, 踏み入った彼, 躍り込んで, 軋りを, 近いから, 近い八幡, 近い旅舎, 近くゐる, 近く立った, 近く篠藪の, 近く静母蘭の, 近づいて, 送ったという, 送られて, 逆った, 逆って, 逆つて河, 逆ひ, 逆らいながら, 逆らふ, 逆らわむとする, 逆茂木を, 連れられて, 運ばれながら, 運ばれる, 運ばれるの, 過ぎないこと, 過ぎぬ, 遠いの, 遡って, 遮断された, 釣れても, 釣糸を, 陥ったらなかなか, 随が, 隨い, 面したとき, 面した小, 面して, 響いて, 順は, 領せられたかの, 顔を, 風波が, 飛びこんだ, 飛び込み百匹, 飛び込んで, 飮んで, 飲むこと, 飲んで, 駈け入った, 魚族が, 鼻を

▼ 流れ~ (484, 4.4%)

13 ある 10 あって 7 あった 4 急に, 流れて, 見えて, 見える 3 あるばかり, ゆるやかな, ゆるやかに, 眼の, 走って, 通って

2 [19件] あったかね, あつた, ありそれ, あるの, もとの, 何処から, 幾筋も, 彼の, 急で, 急な, 急速に, 早いか, 暫らくは, 現れて, 私を, 見る人, 非常に, 音を, 飛び越せず水中

1 [382件] あったに, あつて, あの家, あらゆる権威, ありその, ありました, ありまして, あり上潮, あり今, あり参詣, あり対岸, あり山川菊栄, あり巨大, あり池, あり蟹, あること, あるため, あるという, あるところ, あるに, あるのみ, あるわけ, ある故, ある日, いくらも, いったん山すそ, いやに, うず巻いて, うねって, うようよし, えんえんと, おおよそ引去った, おそろしく水, お前の, かの時, きつくて, きれいな, こうある, こう変わっ, ここだけは, ここに, この一寒村, この山, この極東, ございますぜ, ささやき風, さっとほとばしっ, さら, さんさんと, ざあざあ云っ, しかし次第に, すぐに, すぐ前, ずー, せかれたよう, そそぎ込まれた, その幅, その格ガラス, その鉄柵, その音楽, その頃, それから, それぞれの, たえるよう, たちまち赤く, だんだん疾くなっ, ちょろちょろと, ちらちらと, つき物, つながって, つよく自覚, てりはえて, できて, ところどころ砂, どの位, ない, ないから, なくて, なくなった, なんの, はいるたび, はっきりと, はやいので, ひたひたと, ひと組み, ふっつりと, ほとばしって, ほとんど垂直, ほぼ, まことにただ, まじつたの, まともに, まるで違っ, まるで違った, もう天竜, もはやその, やはりそこ, やや広い, やや濁っ, ゆるい波紋, よいとか, イヨイヨハッキリ鏡の, オロシャに, チョロチョロと, ラムプの, 一つあれ, 一つの, 一小冠者の, 一方へ, 一時に, 一様だ, 一雨ごとに, 丁度この, 不断の, 世相の, 世間を, 両軍, 中断された, 九州などには, 乱れて, 二分する, 二間幅か, 人造岩の, 今は, 今ぴったり, 今日は, 仰向けに, 何処に, 僕たちに, 僕の, 先ず暗く, 光って, 入つた, 八筋ありました, 其処にも, 再びぐるぐると, 凍って, 出て, 出来て, 出来ます, 前を, 創造的情熱の, 加つたのを, 動いて, 動揺する, 勢いよく, 北へ, 北上川の, 十文字に, 南から, 南に, 単調な, 合しまた, 和んだ時, 唯サロン中, 土台を, 堰き留められて, 堰止められ, 塞がるくらい, 変えられでも, 変えられるまで, 変って, 変らないよう, 変りその, 多い上, 夜の, 大きくう, 太くなる, 奏でる悽愴, 女としての, 妻妾に, 始まると, 婆さんの, 宮を, 小石の, 少し冷え, 展開した, 山を, 山口部落まで, 岐れ, 岩の, 左に, 左右に, 帯の, 平原の, 幾重にも屈曲, 広い平野, 広くなり, 引いて, 引きこんであり擴げ, 強くて, 強くなれ, 彼らの, 彼等に, 御叮嚀, 必要だ, 急か, 急だった, 急であった, 急でありました, 急であれ, 急なせゐ, 恐ろしい勢い, 恰度二股大根の, 悠々と, 悠や, 感じられるほど, 懐しまれた, 或時, 所々に, 抵抗も, 拡がって, 描かれて, 描きかけに, 放出され, 斜に, 断ち切れて, 日の, 日光に, 早い, 早いから, 早いし, 早いと, 早いので, 早くあやうく押し流され, 早くいま, 早くて, 早くなっ, 早くなった, 早く聞える, 早く透明, 星の, 時々聞こえる, 曲折し, 書割一体を, 最も緩慢, 最初から, 最後の, 月を, 机の, 東と, 果つべき, 枯葦の, 根を, 根柢まで, 桐柏山脈に, 森林の, 横に, 橋の, 次第に合流, 次第に強く, 次第次第に, 止ったむし暑い, 此世の, 此方側は, 武蔵野の, 歴史の, 水でくの, 氷河の, 沈滞し過ぎ, 流れこみ心, 流れ出して, 海から, 海に, 海の, 涸れて, 淀んで, 深々と, 深いはず, 深く黒くなっ, 渦巻いて, 湧き出るのに, 満潮で, 溢れるばかり, 滝に, 滝の, 滞ること, 漣の, 潺湲として, 澄むの, 澄明底石の, 激しいのに, 激しい上, 激しかった, 激しく白く泡立つ, 激して, 濃くなり, 瀬波の, 無ければ, 無意味な, 煽って, 狭い海峡, 現実には, 甚だ急, 生きて, 生ずるやう, 田から, 発したの, 白くあわだつであろう, 白く滝, 白銀の, 目に, 眉間を, 眼に, 稍広い, 突然きらりと, 突然現われ, 端的に, 結晶した, 絵を, 絶えず四方, 絶えず彼, 絶えず淙々, 絶えなくて, 緩いもん, 縮れながら, 美しいし, 肉体蔑視の, 肌身に, 胸に, 胸先を, 脈を, 脚下を, 自然, 自由に, 花粉を, 葦を, 蜿蜒三十町に, 行く, 衛生の, 衝って, 見えその, 見えた, 見えはるか, 見えます, 見え出した, 見られる様, 見渡すかぎり, 観音の, 貨幣に, 走りそれ, 起こるかという, 起るか, 越せないので, 踊りつつ, 蹴上げから, 辻ごとに, 迂回する, 迅い, 近くに, 逃げおめいて, 逆しまに, 逆流し, 逆風に, 途切れも, 這つてゐ, 通うて, 速すぎる, 運んで, 過不及なし, 重な, 重りかかって, 鈍くなる, 銀流の, 開け閉ぢ, 間断なく, 闇黒に, 随分それ, 隠顕する, 電流の, 青空の, 静かに, 音する, 頭から, 馬賊に, 高原の, 麦畑と, 黄土を, 黄昏れた, 黄河に, 黄色く濁つ, 黒血川の

▼ 流れ~ (329, 3.0%)

4 いよいよ急 3 こちらへも, 水田の 2 ここに, これを, それぞれ出発点を, それを, 小さいが, 急で, 流れと, 速い, 道に, 音も

1 [299件] あたかも静止, あらゆる細部, ある所, いがい, いくつにも, いずれの, いつの間にやら, いま街道とは, いよ, いよいよふくれ上り, いる涼風, いろいろの, いわずもがな, かなりゆるやか, ここにおいて, このチクタク, この一標識, この個人, この橋, この毛利氏, これは, これまで, さかのぼるもの, さすが鴨川, さらに別, さらに青々と, しない, しないか, しないかと, しないだろう, すぐまた, すなわちエントロピー, すべての, ずいぶん急, せぬかと, せん, せんか, そうさせまい, そうした血, そこで, そこまで, そのまま横, その三角州, その原動力, その源, その石, その頃, それから, そんな光景, ただ風致, だんだんはげしく, だんだん透明, ちょうど空, ぢめた, つつじの, つねに昼夜, ときどきチカチカ光る, ときどき一同, どうあろう, どういふ風, どうにでも, どこから, どこまで, どんな不調和, どんな病, なお脈々と, はなはだおそい, ひろがり行き, ふつ, ますます続い, ますます遙, まだきわめて不安定, まだ低く, まだ凍る, まっすぐ田原町, みんなの, むすぼれほどけ廻環, もう少し源, もう見られない, もっと川幅, ものの, もはや急, もはや涸れ, やがてみな矢田川, やがて下流三十マイル, やはりこっち向き, ゆるいので, ゆるくきたならしくなった, ゆるやかであった, ゆるやかである, ゆるやかに, わたくしの, わたくしを, クウルトリイヌによ, ジョルジュ・クウルトリイヌによ, ズボンの, 一時そこで, 一時に, 一時徒渉の, 一棹押し, 三歩我等を, 下へ, 不思議な, 世間の, 両岸, 両眼, 丸で, 乗り切れなかった, 京成電車の, 人の, 人を, 人数の, 今でも, 伸子が, 何處まで, 余り急, 俄然大河, 停止し, 僕が, 元の, 光りの, 共同し, 其麼病にでも, 内に, 冷たくない, 刹那刹那に, 動いて, 十尺の, 千曲川の, 同じく深く, 同じ時刻, 器物を, 土地を, 土橋難波橋, 地を, 地図に, 堤に, 堰かれるほどの, 壁廂に, 夜の, 夜半に, 夥しい水, 大きく強くな, 奔馬の, 奸人の, 始めは, 始末の, 孤より, 小さな泡沫, 小川とも, 少しも, 山陵を, 岸に, 川の, 工藝にも, 左右の, 市之瀬橋で, 広い鋪道, 庭の, 当時大小幾すじにも, 彼らよりも, 彼等の, 必然現実上の, 急しふ, 急である, 怪しい女, 恰も遠い, 成りて, 戦災者の, 押し起こして, 数十里の, 新カント派, 日を, 日本橋へ, 日浦坂の, 早いの, 早くなっ, 早し雪どけ, 昔の, 昨日も, 昭和の, 暗い, 暫く眺め, 暫時は, 曠劫より, 朝の, 本当に違っ, 東京近郊に, 林の, 林や, 桂川の, 案外に, 極めてゆるやか, 極めて単調, 樹木の, 正座に, 此處に, 歩みを, 殆どありません, 殆ん, 殊に早く, 比較的簡単, 水ぬるむ, 水音も, 永久に, 汲めども, 決して一様, 決して堤, 河北から, 河沿の, 波も, 流れの, 浅いけれども, 海から, 淀み河幅は, 深いわり, 清くとも, 清らかにも, 温かの, 温や, 湿地の, 満ち渭水, 源少し, 滞るところ, 激して, 濁って, 瀬の, 灰色だった, 烈しいし, 無数に, 無数の, 然し昔, 熔けた金属, 爪先から, 爾後七八年間種々転変し, 物の, 犬吠崎の, 球形磁石の, 疾い, 白く日, 白く泡立ち煮えくり返つ, 目立たずここ, 直結する, 石原に, 石川です, 祖靈の, 祭りの, 私に, 稍瀬の, 空し法皇, 箱型の, 紅い木の葉, 紅庵の, 細い絹糸, 細くなっ, 細り下流, 終戰と, 絶えず進ん, 緋に, 緩やかに, 繭糸を, 美しくつづい, 自らここに, 自分だけで, 自分の, 自然で, 自然の, 臭くし, 船を, 色を, 藤村君を, 血管の, 見えぬが, 見さ, 訶和郎の, 谷窪から, 身を, 迅い, 迅いが水は, 迅く, 逆流する, 逍遙の, 速いの, 速かった, 速くはや, 遅かれ早かれ止ん, 遠慮なくだら, 銀色を, 門の, 随分滔々, 雪の, 電車を, 霧の, 青い海水, 静かな, 音高く, 風邪に, 飛沫を, 高雅に

▼ 流れ~ (128, 1.2%)

5 あへぬ 3 せずに, 速き廣瀬川 2 その時, ない, 塞がらんばかり, 皆氷つて, 須磨も

1 [107件] あえずに, あえず元, あえず絹, ありましたから, ありませんでした, いでよ, くぐって, しないし, しないで, しないドロン, しよう, せずはっきり, せずふわり, せず泡立ったまま沈滞, せず浮んで, そこに, とまるという, どこからも, ないと, にぶい銀, ひとしきりで, みんなその, もはや限り, やらず留まりも, ゆけば, ゆるく渡る, ゆるく瀬, よく見える, ハタと, 一またぎ, 一切が, 一層速く, 三つに, 不自由で, 交じえ, 人家も, 今日は, 低い磧, 何だか止まつ, 何となく霞ん, 何時か, 其時から, 加って, 北方の, 唄の, 堰かれるほど, 変るでしょう, 変わり芦荻, 多くとても, 夢の, 大して役に立たず, 大空も, 寄るか, 小さくて, 幾筋か, 底に, 思ひの, 急に, 急流も, 敢えず, 旗の, 日本の, 早き巌瀬, 早くな, 木の間より, 木草も, 来よや, 枯れすすきの, 柱胴の, 樹を, 止まった, 止まり無言, 止り草木, 比較的公平, 水が, 汲み習, 河原も, 河水と, 泉も, 流れお, 涸れつくしたという, 清い伊勢, 清き徳川, 清き隅田川, 温んで, 滔々たる, 激しいせい, 現実には, 白い往還, 白水の, 真白に, 矢を, 紅に, 緩んだ波うち際, 美しかった, 聞こえなくなった, 腹一杯に, 舟には, 荒ら立っ, 落ちついて, 見せずに, 見るには, 踏み越えて, 速く然, 長く治まる, 隅田堤へ, 風の

▼ 流れ~ (114, 1.0%)

17 なって 7 人の 3 なつて 2 相激, 考えるならもっと, 見るならば

1 [81件] いうものの, いっしょに, いって, いふべきである, いや水, おして今日, するだけの, それに, それらの, だらだらした, なく板, なってるの, なつた, なりその, なりて, なりひそ, なり不, なり牧場, なり静粛, なる, なるその, なるの, ふた筋の, 一致し, 一致した, 上小川の, 主風の, 云つた方が, 云ふ, 云ふこ, 交って, 人通りの, 今一つ藤原本流とも, 何様その, 円い小さな, 出て, 出合ひ, 利根川と, 利根川の, 化して, 十の, 十数丁に, 反対に, 合した, 同じく町人, 同じく高き, 同じもの, 同じやう, 同じよう, 同じ水準, 呼吸血流の, 多くの, 大塚の, 宇宙の, 対岸の, 小松の, 川の, 微風とに, 戦つた勇敢な, 抑揚とは, 早さ, 時評の, 海の, 深みを, 渦巻が, 生活の, 申しあるいはまた, 白さ, 知られ歪めば, 石ころの, 義務の, 考へるならもっと, 考へるならもつと, 見えぬ深, 見えるもの, 観じて, 観ずる人達, 解すれど, 運命の, 違って, 関口の

▼ 流れ~ (75, 0.7%)

5 あつた 4 手を, 洗って 3 顔を 2 あらう, へずられて, 最栄えた, 最榮

1 [51件] あつたの, あつて, かおを, すなわち吾人, すら氷, そうな, そこは, その傷口, その又, それが, めまいし, ゆきどまりと, ゴシゴシと, タナゴでも, 七度清め, 三百年の, 二回会つたばかり, 体を, 何か, 兵粮を, 危いくらい, 土手に, 大分手に, 姿も, 小蟹, 底に, 当時の, 手拭を, 武蔵の, 歩行いてる, 水を, 水量は, 洗いあげた作り身, 洗い落し, 洗濯した, 浮かばせながら, 演劇改良論者の, 濯いだり, 犇めいて, 町の, 自然に, 至って勢い, 語られて, 變つ, 通る, 遠くまで, 鍋の, 陸と, 雑沓し, 頻りに眼, 馬鈴薯の

▼ 流れ~ (48, 0.4%)

3 出た 2 落ちて, 顔を

1 [41件] かがみ込むと, かがんだまま, かけて, くれば, こぼして, すぐ出刃, そそぎ風, はねとばされたが, むかって, ドブウンと, 一つの, 下りた白鳥, 出たが, 出て, 出ると, 出るまで, 同情を, 向つて, 寄って, 引くの, 御放し, 投げ込まれた, 投げ込んで, 朝の, 杉戸が, 来て, 浮み, 浸り込むと, 犬を, 突き入っ, 竿を, 臨んで, 蜻蛉返しという, 行って, 蹴おとした, 連れて, 飛び込み息, 飛び込み田畑を, 首を, 駒を, 鮎釣りに

▼ 流れから~ (39, 0.4%)

2 出て, 目を

1 [35件] あらわれた大きな, ある晩吉原, いっても, だが, みれば, エメラルド色の, 一つ家に, 云うなら作家, 今日という, 出ようと, 只岐, 塩の, 大観すれ, 岐れた, 引離して, 感じた, 投影される, 水を, 熟れた果実, 現れた, 現われる文明, 現われ始める, 現在のみを, 生じる一つ, 生成され, 白い煙, 直接に, 竹の, 自分だけが, 起る風, 身を, 除外され, 音の, 飛び上がった, 駈けもどって

▼ 流れたり~ (37, 0.3%)

7 して 4 した 2 げに流れ, 強ひ

1 [22件] こはれ, したの, しないよう, しますん, するの, する場合, する有様, そうかと, で東京驛, また支流, 乱れ立つ蝶, 亂れ立つ, 崖の, 撞く人, 時には孔雀, 木の葉が, 水溜りに, 流れたり, 白い孔雀, 眉が, 稲田の, 縺れ飛んだり

▼ 流れ~ (33, 0.3%)

2 牧場や, 石原を, 秋の

1 [27件] そういう昔なじみ, その両側, または風, わたしを, スタイルを, 前進座の, 化粧坂, 小径や, 小鳥にまでも, 峰を, 常磐樹の, 斑紋を, 村落が, 森を, 様々の, 水溜りを, 流沙の, 浜辺に, 淀みを, 深い淵, 溝には, 物を, 眼を, 笑を, 至るところ, 葛城生駒の, 風の

▼ 流れ流れ~ (31, 0.3%)

1 [31件] ていず, てきた, てこっち, てこの, てふたたび, てまた, てゆきました, てアドリア海, てェ, て両国川, て今, て仮寝, て加州, て南紀, て奥州街道, て寄った, て故国, て日本, て止みません, て歩く, て毎日毎日, て江戸, て浦佐, て消える, て漢中, て終に, て行く, て谿, て間もなく, に添っ, を渉

▼ 流れては~ (30, 0.3%)

3 いない 2 いたが, いなかった, 居りません, 来ましたが

1 [19件] いかぬと, いないの, いないもの, いませんか, いやしない, いる, しなかったよう, とまりとまっては, ゐない, ゐるが, ゐるそれ, 引き返し引き返しては, 浸み, 消えただ, 熱いしかも, 真実の, 落ちました, 落ち流れては, 金瀲

▼ 流れには~ (28, 0.3%)

1 [28件] あまりに姿, いつて, かつて埴生, たとえ過去, 何の, 切り口の, 勝てず, 唐碓かけたる, 土に, 変りが, 存外の, 富岡は, 寒鮒は, 小鮎, 山の, 幾つかの, 抗いよう, 抗し難かっ, 板橋いくつか, 水明かりすらも, 水車が, 水車も, 淵多く恐ろしき, 片目の, 紅黄大小かずかず, 負けて, 金魚緋目高子, 陽性が

▼ 流れ~ (26, 0.2%)

1 [26件] かその, があぶない, がつき刺さっ, が危, が身辺, が飛ん, であったかも, であろうと, などに触れ給う, にあたった, にあたってあえなき, にあたり年三十八, にあたる, にちがい, にでも当たった, になどあたったら, に中っ, に射られた, に射通された, に斃, のよう, もとん, をく, を受け流し, を貰う, を避け

▼ 流れその~ (21, 0.2%)

4 流れの

1 [17件] せせらぎは, まはり, 上流は, 介抱に, 先から, 哀号の, 多様な, 対岸に, 對岸に, 岸には, 市街が, 時間の, 歌の, 激浪は, 灯火が, 雲らの, 首を

▼ 流れ~ (18, 0.2%)

1 [18件] かもう, からどう, けれども相当, し下流, つたとの, つてやつぱりアマゾンの, ということ, というで, として殆, と云っ, と思う, と見, なんち, ねあの, のと, のという, のといふ, 鶩だ

▼ 流れても~ (17, 0.2%)

1 [17件] あのチュウリップ, いないどころか, うまく湖面, かまわなかった, それに, それを, つつましい共稼ぎ, ゐなかつた川床, 呻き声, 容易には, 尽きなかった, 尽きなかつた, 山間の, 彼の, 拭おうとも, 歴史は, 皆湖水の

▼ 流れそう~ (14, 0.1%)

3 な気

1 [11件] だ, だった, であったが, でございました, で心, な一断面, な気持, な衝動, になっ, に思われた, に黄いろく

▼ 流れつつ~ (14, 0.1%)

3 ある 2 あり 1 あったかを, あるという, あるのに, いつも新た, そうして, それは, 歌よみした, 波間に, 海底に

▼ 流れ~ (14, 0.1%)

1 [14件] がそこら, が拾い集め, が河, ではない, で橋, につかまっ, に燃やしつけ, のだぶりだぶり, のよう, も一つかみ, や家, よりも自分, を捨, を集め

▼ 流れそれ~ (13, 0.1%)

1 [13件] がさらに, がピカピカ目, が全身, が古来数多く, つきりお, に伴奏, に沿う, に石橋, に緑, を渡っ, を眺める, を追いかける吸い取り, を通り越し

▼ 流れにも~ (13, 0.1%)

1 [13件] います, さだかな, その影, 似て, 名前を, 必ずと, 接して, 月が, 焼岳の, 畑にも, 等しいもの, 落ちた, 驚ろかなかつた

▼ 流れである~ (12, 0.1%)

1 [12件] から, がこの, がどこ, が後世, が木曾福島, が水車, ことには, ことを, と岸, のに今日, やらわからなかった, 道家の

▼ 流れ~ (12, 0.1%)

2 やせて, を汲む 1 とすれすれ, ともまじらず, の如く, の洗礼, の系統, はことごとく, は西岸, 流れながらに

▼ 流れ~ (11, 0.1%)

2 かつてくる 1 あって, かつてゐた, かつて来た, 水の, 王侯の, 空ゆく, 緑樹の, 谷川水の, 違う流れ

▼ 流れかた~ (10, 0.1%)

1 が急, だという, なの, にならなけれ, はただ, は実際, は男, もずっと, を云々, を自身

▼ 流れと共に~ (10, 0.1%)

1 その影, 下って, 俳句の, 動いて, 動こうとしても, 北へ, 完全に, 循り巡つ, 流れ漂っ, 絶えずかの

▼ 流れながら~ (10, 0.1%)

1 うつくしい声, その流れる, それを, ゆるやかな, 如何なるさま, 歌いました歌, 歌うこと, 歌つたという, 漂泊の, 花を

▼ 流れ去る~ (10, 0.1%)

1 とヘラクリタス, のにつれ, のを, 下水は, 垣も, 巨大な, 時間春の, 現在絶えず, 生の, 風景も

▼ 流れ~ (10, 0.1%)

1 が下之橋, にあふれる, に朽葉, に足, へは秋, へ小, も乾き, を得, を次第に, を見出す

▼ 流れ~ (10, 0.1%)

1 がこれ, が拙かっ, だった, である, というもの, によく, の勢, や特に, をはっきり, を調べる

▼ 流れ~ (10, 0.1%)

1 がまっ, が影, が渡り, が空, とも煙, に見える, の中, の動き, の動く, を見

▼ 流れがち~ (9, 0.1%)

2 だと, な今日, な苦しみ 1 だつた, です, になった

▼ 流れでも~ (9, 0.1%)

2 あった 1 ある, すれば, なかった, 北海道松前の, 稲ちゃんとか, 落ちようもん, 見下ろされる丘

▼ 流れ渡り~ (9, 0.1%)

1 だ, にこの世, の一人, の坑夫, の旅商人, の泥棒, の白ゆ, の者, の記

▼ 流れ灌頂~ (9, 0.1%)

1 がぼんやり, が作っ, ではござりまし, と云, と兄弟分, の傍, の周り, の有る, や馬の骨

▼ 流れでは~ (8, 0.1%)

1 あるが, あるまい, あるまいか, ない, ないのに, なくて, イトメや, 重い名

▼ 流れに従って~ (8, 0.1%)

1 下りるん, 下れと, 下れば, 文学に, 海に, 生きるとき, 色彩が, 行くの

▼ 流れ行く~ (8, 0.1%)

2 のを 1 さまの, のであった, のである, のに, 道, 道を

▼ 流れこれ~ (7, 0.1%)

2 は一たい何 1 が現, は特に, は高麗, より石坂, を傳

▼ 流れ~ (7, 0.1%)

1 うで, うで先刻, うな, した, って太陽, へも, へも眺める

▼ 流れついた~ (7, 0.1%)

1 ことも, だけのこと, というの, のが, 島の, 気が, 竹が

▼ 流れてを~ (7, 0.1%)

1 ちこ, ります, り函, り向, る, るちひさい渓, る水

▼ 流れとして~ (7, 0.1%)

2 映る 1 それを, ソヴェト絵画の, 内部的に, 根を, 見られず何だか

▼ 流れ~ (7, 0.1%)

3 のである 2 ので私 1 のだ, んだ

▼ 流れ作業~ (7, 0.1%)

1 としての印刷カード, に従事, のベルト, のベルト・コンベアー, の台, の組織, をした

▼ 流れ~ (7, 0.1%)

21 しが, て, て加茂川, り霧愁, るもの

▼ 流れという~ (6, 0.1%)

1 そのこんこん, ものがさ, ものを, ように, 曲を, 風に

▼ 流れとは~ (6, 0.1%)

1 別で, 別な, 別に理論的, 反対に, 夫の, 逆に

▼ 流れによって~ (6, 0.1%)

1 ゆっくりゆっくり廻転, 人間の, 変色か, 永久に, 永遠の, 鷲にも

▼ 流れやすい~ (6, 0.1%)

2 のは 1 のに油, もので, 心を, 相手の

▼ 流れ~ (6, 0.1%)

1 つた, つて山に, つて或は, つて金瓶村の, へ下, れるなり

▼ 流れ~ (6, 0.1%)

2 つてゐる, つて室の 1 つた, つた朝陽の

▼ 流れ~ (6, 0.1%)

2 の小 1 か碌, でもあつ, の度胸, の生活

▼ 流れ~ (5, 0.0%)

1 つる滝の, 厩口へ, 君は, 竹ぐらの, 落ちも

▼ 流れとも~ (5, 0.0%)

1 なく立っ, 称すべきもの, 葉ずれの, 見るべきその, 言えるでしよう

▼ 流れについて~ (5, 0.0%)

2 下って 1 富山越後金沢或は, 我知らずゆく, 調べたこと

▼ 流れより~ (5, 0.0%)

1 そうである, ほかに, 下流本, 出で, 彼に

▼ 流れ~ (5, 0.0%)

1 がやや, には美しい, のたたずまい, はあれ, 降り

▼ 流れ~ (5, 0.0%)

1 のかなた, のなぎ, の冷たい, の岸, を渡る

▼ 流れ工合~ (5, 0.0%)

1 で文学, で明らか, や川底, を外部, を見よ

▼ 流れ~ (5, 0.0%)

1 がくる, がついた, が着いた, だった, にする

▼ 流れ~ (5, 0.0%)

1 が始めて, にでも煽られた, に散る, もない, も吹く

▼ 流れこの~ (4, 0.0%)

1 冗談の, 精力的な, 覗いた海岸, 賑やかな

▼ 流れさえ~ (4, 0.0%)

1 するの, ない掘割, よく見えない, 日本文学の

▼ 流れそこ~ (4, 0.0%)

1 では権五郎, にかかっ, にも伸子, へまた

▼ 流れそして~ (4, 0.0%)

1 しばしは, だんだんに, 呂木は, 虚偽の

▼ 流れそれから~ (4, 0.0%)

1 やうやく, 吾, 稀に, 際涯の

▼ 流れだけ~ (4, 0.0%)

2 では 1 であった, 薄黒く

▼ 流れであっ~ (4, 0.0%)

1 たりカルメ, てもエタ, て両, て怠惰

▼ 流れであった~ (4, 0.0%)

1 ことを, という説, と思われます, 当時を

▼ 流れであり~ (4, 0.0%)

1 無限に, 無限の, 美濃の, 長江の

▼ 流れといふ~ (4, 0.0%)

1 ことで, のは, ものが, 共通の

▼ 流れなどは~ (4, 0.0%)

1 なかった, 一つも, 何んで, 私自身に

▼ 流れにおいて~ (4, 0.0%)

1 お互いに, それ故にまた, 変わらないもの, 把握し

▼ 流れやがて~ (4, 0.0%)

1 シローテは, 破れ突風, 葡萄の, 豊かな

▼ 流れ下る~ (4, 0.0%)

1 さまなど, を見, 巖角に, 状など

▼ 流れ~ (4, 0.0%)

2 はしばしば 1 に中, に中り

▼ 流れ~ (4, 0.0%)

3 入る我 1 は學業

▼ 流れ渡つて~ (4, 0.0%)

1 たうとう, ゐた, 居る夜, 居る女

▼ 流れ~ (4, 0.0%)

1 ひ, ふてゐた, ふの, ふ大

▼ 流れ~ (4, 0.0%)

1 のよう, の浮きつ沈みつ, の葉, の青き

▼ 流れあり~ (3, 0.0%)

1 その細波, 他人に, 名異なれ

▼ 流れおち~ (3, 0.0%)

2 ている 1 てもがき

▼ 流れからは~ (3, 0.0%)

1 好まれなかったの, 湯気の, 軍歌の

▼ 流れすぐ~ (3, 0.0%)

2 うしろの 1 眼の

▼ 流れそのもの~ (3, 0.0%)

1 が釣人, ではない, の生命

▼ 流れその間~ (3, 0.0%)

2 から覗い 1 を馬

▼ 流れそれら~ (3, 0.0%)

1 のもの, の文学, は何

▼ 流れての~ (3, 0.0%)

1 名を, 末こそ, 頼みむなしき

▼ 流れとが~ (3, 0.0%)

1 ある, 一つに, 日毎に

▼ 流れとしては~ (3, 0.0%)

1 和辻哲郎や, 決して有力, 鞍馬山の

▼ 流れとともに~ (3, 0.0%)

1 大海に, 漂うばかり, 瞬く間

▼ 流れにな~ (3, 0.0%)

1 つたといふ, つて東京の, つて茶碗は

▼ 流れに対して~ (3, 0.0%)

1 あひるに, かねて, 竿を

▼ 流ればかり~ (3, 0.0%)

1 だった, であった, 眺めて

▼ 流れまた~ (3, 0.0%)

1 幾本と, 柔らかに, 淀む

▼ 流れもの~ (3, 0.0%)

1 というもの, といふ形状不明, 雲や

▼ 流れやう~ (3, 0.0%)

1 としてゐる, とする, は

▼ 流れわが~ (3, 0.0%)

1 前に, 心の, 齢余す

▼ 流れをも~ (3, 0.0%)

1 むげに, 忘れたかの, 溯るべく兼ねては

▼ 流れ下っ~ (3, 0.0%)

1 ている, て来, て来る

▼ 流れ下り~ (3, 0.0%)

1 てその, ながらこちら, 窓の

▼ 流れ~ (3, 0.0%)

1 が一, のよう, や三宝

▼ 流れ~ (3, 0.0%)

2 なん 1 が来る

▼ 流れ来る~ (3, 0.0%)

1 水止め, 笛にのみ, 西北の

▼ 流れ~ (3, 0.0%)

1 る, るまま, るる邦

▼ 流れ漂っ~ (3, 0.0%)

1 ている, て居た, て行く

▼ 流れ~ (3, 0.0%)

1 か何, でお, の中

▼ 流れ~ (3, 0.0%)

1 にのぼる, をいすくめる, を据え

▼ 流れ~ (3, 0.0%)

1 はその, はもはや, はラオコーン

▼ 流れ絶えず~ (3, 0.0%)

1 昔から, 移りつつ, 英独フランドル諸国人その

▼ 流れ自然~ (3, 0.0%)

1 のたうちまわって, の力, の推移

▼ 流れ~ (3, 0.0%)

1 か何ぞ, にし, はここ

▼ 流れ~ (3, 0.0%)

1 いた, る水, る音

▼ 流れ~ (3, 0.0%)

1 が静か, に濡れた, を縫った

▼ 流れ~ (2, 0.0%)

1 まつさ, われの

▼ 流れかを~ (2, 0.0%)

1 咽喉の, 探り當

▼ 流れ~ (2, 0.0%)

1 づれあひ, ぬぎ林

▼ 流れさる~ (2, 0.0%)

1 潮の, 爽美の

▼ 流れすると~ (2, 0.0%)

2 あとは

▼ 流れたる~ (2, 0.0%)

1 に彼, を平家

▼ 流れだま~ (2, 0.0%)

1 がとん, が飛ん

▼ 流れちゃ~ (2, 0.0%)

1 いけない, いけない流れちゃ

▼ 流れてから~ (2, 0.0%)

1 また山すそ, 唇を

▼ 流れであろう~ (2, 0.0%)

1 か, かと訝らぬ

▼ 流れでございます~ (2, 0.0%)

1 が雨上り, な

▼ 流れです~ (2, 0.0%)

1 から, から少し

▼ 流れといった~ (2, 0.0%)

1 ほうが, ような

▼ 流れとに~ (2, 0.0%)

1 和し, 挟まれた風雅

▼ 流れとの~ (2, 0.0%)

1 ままに, 交互映

▼ 流れとを~ (2, 0.0%)

1 自然以上に, 見くらべて

▼ 流れなどが~ (2, 0.0%)

1 地方官級の, 音を

▼ 流れなどを~ (2, 0.0%)

1 聞くと, 見まわすよう

▼ 流れにては~ (2, 0.0%)

1 月の, 月は

▼ 流れに従い~ (2, 0.0%)

1 正義の, 街は

▼ 流れのみには~ (2, 0.0%)

2 留まらない

▼ 流れみたい~ (2, 0.0%)

1 なもの, にどろどろ

▼ 流れもん~ (2, 0.0%)

1 が入りこん, の炭焼き

▼ 流れ~ (2, 0.0%)

1 パンよりも, 波よ

▼ 流れよう~ (2, 0.0%)

1 が充分, が違う

▼ 流れわけても~ (2, 0.0%)

2 轆轤目の

▼ 流れをよけて~ (2, 0.0%)

1 伸子たちが, 門の

▼ 流れ~ (2, 0.0%)

1 すぢ白沙, は越中島

▼ 流れ一樹~ (2, 0.0%)

1 の縁, の蔭

▼ 流れ一草一木~ (2, 0.0%)

1 について語る, の細

▼ 流れ下つて~ (2, 0.0%)

1 ゐた, ゐる

▼ 流れ入り~ (2, 0.0%)

1 この糸, 流れ去つて

▼ 流れ入る~ (2, 0.0%)

1 光線の, 窓の

▼ 流れ初めて~ (2, 0.0%)

1 いた, いる中

▼ 流れ動い~ (2, 0.0%)

1 てい, ている

▼ 流れ動く~ (2, 0.0%)

1 ものの, 水と

▼ 流れ~ (2, 0.0%)

2 が分明

▼ 流れ呼吸~ (2, 0.0%)

1 がはずみ, は荒れ

▼ 流れ多摩川~ (2, 0.0%)

1 も鮎, を除い

▼ 流れ太陽~ (2, 0.0%)

1 が東, は西

▼ 流れ~ (2, 0.0%)

1 の中, の失せし

▼ 流れ寄り~ (2, 0.0%)

1 たる椿, やすい区域

▼ 流れ~ (2, 0.0%)

1 の七個所, べの茶店

▼ 流れ平次~ (2, 0.0%)

2 の胸

▼ 流れ~ (2, 0.0%)

1 より出で, をおどろかした

▼ 流れ~ (2, 0.0%)

1 用心さっし, 通知

▼ 流れ或は~ (2, 0.0%)

1 ベベルギアオーム, 刺さり鼓舞

▼ 流れ~ (2, 0.0%)

1 ですくっ, を入れ

▼ 流れ~ (2, 0.0%)

1 たった女, ぬるや

▼ 流れ来り~ (2, 0.0%)

1 て味稲, 之を

▼ 流れ来りし~ (2, 0.0%)

1 によりて始めて, を衣

▼ 流れ此處~ (2, 0.0%)

1 で空中放電, に五ツ有

▼ 流れ~ (2, 0.0%)

1 に通じ, の向う

▼ 流れ泉水~ (2, 0.0%)

2 に分れ注ぎ

▼ 流れ洗濯女~ (2, 0.0%)

2 の白い

▼ 流れ海苔~ (2, 0.0%)

2 を拾い

▼ 流れ漂つて~ (2, 0.0%)

1 ゐた, 行くの

▼ 流れ~ (2, 0.0%)

1 が燃える, は湧きぬ

▼ 流れ白い~ (2, 0.0%)

1 木の, 湯気が

▼ 流れ~ (2, 0.0%)

1 が赤く, もくらむ

▼ 流れ~ (2, 0.0%)

2 中央に

▼ 流れ神経~ (2, 0.0%)

2 の火花

▼ 流れ~ (2, 0.0%)

1 には靄, の隙間

▼ 流れ緩き~ (2, 0.0%)

1 をもて, 淵の

▼ 流れ~ (2, 0.0%)

1 の口, を投じた

▼ 流れ船動き橋~ (2, 0.0%)

1 か, かかる処

▼ 流れ~ (2, 0.0%)

1 の葉, もえて

▼ 流れ蒼い~ (2, 0.0%)

2 空の

▼ 流れ観察~ (2, 0.0%)

1 に道, を導き

▼ 流れ間もなく~ (2, 0.0%)

1 向うの, 向ふ

▼ 流れ静か~ (2, 0.0%)

1 な雲, にし

▼ 流れ~ (2, 0.0%)

1 なくはやく流れ, のかなし

▼ 流れ~ (2, 0.0%)

1 の肉, を沖

▼ 流れ~ (2, 0.0%)

1 がツンツン, 啼き蒼空

▼1* [560件]

流れあえかな尾, 流れあたらしい東風が, 流れあたりいちめんに静か, 流れあちこちからどっと, 流れあちらの山こちら, 流れあつた, 流れあの絵の, 流れあまりの苦し, 流れあらわれ三百余騎が, 流れあるはこの, 流れあるいは方向として, 流れあればこそだ, 流れあんばいといい, 流れいかなる調の, 流れいくつかの丸い, 流れいづる地を, 流れいで海ことごとく, 流れいますぐ前, 流れえと水の, 流れおちたもの等を, 流れおちる音が, 流れおまけにちん, 流れかえって開祖の, 流れかくその波, 流れかなたにはトロイア, 流れかも知れない, 流れかよりし君, 流れからも悲しみは, 流れかをりて風吹きの, 流れがぞろ, 流れきたった落葉と共に, 流れきょうの生命, 流れきりきりと舞い, 流れぎわの岩石, 流れくだりに伏木, 流れぐあいからその焼き, 流れけむ石むらがり, 流れこそあれ多く, 流れこちらに漂う, 流れこっちへ飛びする, 流れこつこつ三人の, 流れこぼれた牛の, 流れこめかみのあたり, 流れこれ等の古跡, 流れこんだ報告文学である, 流れさうな逆上した, 流れさうになりました, 流れさったその不幸, 流れさてはとみな身の毛, 流れさらんかそ, 流れざらまし, 流れと云, 流れしかも目前の, 流れしたがひつ, 流れすべては弱く醜く, 流れぜいたくに走る, 流れそういう風に, 流れそのままがお, 流れその後西流し再び, 流れその間総監は帝都, 流れそれからまたたびたび消えた, 流れそれっきりお宅, 流れそれ自体のあなた, 流れそんなものが, 流れたいへんでございます, 流れたまへかしこ, 流れだけは掌で, 流れだったが葦, 流れだの見渡すかぎり森, 流れだろうか, 流れちや居ないし, 流れちやつたからその, 流れやない, 流れっぱなしでもかまわねえ, 流れついていない, 流れつき絡み付く藻, 流れつぎからつぎ, 流れつく筏は, 流れづる黒き血潮, 流れづる淨血示し慘然, 流れてかの街を, 流れてがたりと青く塗つた函車, 流れてこそ作家は, 流れてぞゆく, 流れてつひに, 流れてと唄って, 流れてともすれば, 流れてはと父の, 流れてばかりいるの, 流れてやすらかなりし, 流れでありむせつける匂ひ, 流れでしたから瞬く, 流れでなければならぬ, 流れといふだけでは, 流れといふまでで有り其中, 流れとか自分たちが, 流れとぐろを巻い, 流れとだけであった, 流れとで自分を, 流れとばかりにて句には, 流れながらに凍りけり, 流れながらも音頭とる, 流れながれていよいよ, 流れなど話にも, 流れなどに投り込む, 流れなどの話が, 流れなども庭には, 流れなめくじはペロリ, 流れなりこれを, 流れなるものを, 流れにあたってグラグラ動い, 流れにおいてこそはじめて太子, 流れにおいてのみ自己自身を, 流れにおいてはすべてが, 流れにおけるのを, 流れにおけるは東西の, 流れにか投げ込むべき学, 流れにかけわたす橋, 流れにさえ時代の, 流れにつれ流れて, 流れにつれて崩壊の, 流れにでもぶっつかるかも, 流れにまでつながって, 流れにやならない, 流れによつて變色か, 流れにより嬉しさ, 流れに対する関心からは, 流れのみ我をへ, 流れはじむれば, 流れはをりを, 流ればかりが印象される, 流れひとり特殊な, 流れひろごり, 流れふわりと和らい, 流れへと暮れて, 流れまことに眺望が, 流れまたは御通し, 流れまで三十秒土堤を, 流れむ水遠く, 流れての方, 流れめまひがした, 流れもう一度直角に, 流れもし蘊奥を, 流れもぞする, 流れもはや兵士として, 流れやすかった, 流れやにはに蒲原氏の, 流れやらあって, 流れゆるきところを, 流れよどみて日, 流れよりは諸, 流れよることなどが, 流れあ, 流れらしいものも, 流れたつて, 流れて藻, 流れアスファルトの歩道, 流れエジプトの平野, 流れガラス戸棚のなか, 流れキアーシオと合し, 流れギリシャ劇の悲劇, 流れクサントス清き岸の, 流れクサントス其岸の上來, 流れコップはぽん, 流れサロニカ風の奇妙, 流れサーッと大きく, 流れザーッと風, 流れシェストリとキアーヴェリ, 流れシソワット王の城内, 流れセントルイスでミシシッピイ河, 流れちまいました, 流れちま, 流れパジャマにもいっぱい, 流れフィレンツェの西, 流れ一つにも行き悩んだ, 流れ一七一四年冬の一日, 流れ一人の船頭, 流れ一夫守って, 流れ一度水が, 流れ一滴も酒, 流れ一行の燈, 流れ三十丈に余る, 流れ三寸許り透明, 流れ三途の川へ引導, 流れを蔽う, 流れ下つたと思ふ, 流れ下つた甕をあけ, 流れ下つて溪流に注い, 流れ下草をくれない, 流れ不安恐怖の深淵, 流れ不思議な光, 流れのさだめ, 流れの木立ち, 流れ中央のにはピアノ, 流れ丸い玉の, 流れ九段下から丸の内, 流れ争いや呪い, 流れ事件と相伴わざる, 流れ二三人の人夫, 流れ二本の脚, 流れ二見の浜, 流れ五体に顫, 流れ井戸は死屍, 流れが溺れた, 流れ人心華美を衒, 流れ人格教育は怠りがち, 流れ人死するもの, 流れ人馬の溺死, 流れ今日の知識人, 流れ地方の, 流れいたそうよ, 流れ仙丈岳は渓谷, 流れ任意に伝説, 流れ伊那の渓谷, 流れひたるもの, 流れ伝いの谷間, 流れ伝はる親の其血潮, 流れ伝わっている, 流れ何かしら緊張した冷気, 流れ余光が天上, 流れ作業全体が一つ, 流れ作業的組織が飢え, 流れ作者の歌人, 流れ個人より集団, 流れ個性を反映, 流れ候人のやう, 流れはつた古人, 流れ儀式に落ち, 流れ優美を宗と, 流れ先祖の家督, 流れ光る瀬その, 流れ入りペーネーオスに注げ, 流れ八幡から宮久保, 流れほど美しく, 流れ其上に高山植物, 流れ其他井戸を汚す, 流れ其処にはまた, 流れ円転自在に体, 流れ再び秋が, 流れ凄く大地を, 流れ凝り紙帳の, 流れ処々に一揆, 流れ切れてはつづき, 流れ初めたの, 流れ前線は波動, 流れ創業者の住居, 流れ動き心に訴える, 流れ動き生成する男女, 流れ動き脈うつ芸術性を湛え, 流れ勘当されて, 流れだったの, 流れにて志久見川, 流れ北多摩の山裾, 流れ北海の砂浜, 流れ十七年五月に忠利, 流れ十三潟に注ぎ, 流れ千象万景得て, 流れ午後二時頃は人通り, 流れ半ば眠れる馬, 流れ即ち戯曲の, 流れ去り流れ来る数十万の, 流れ去り行くものかとも, 流れ北へ, 流れ反対の側, 流れ右手が遠く, 流れひ混, 流れ向うに石橋こちら, 流れ吹上げの清水, 流れ吾が心を, 流れって末, 流れかい着物, 流れ商人らしい服装, 流れ商売は正々堂々, 流れ四方に溢れ, 流れ四肢は私, 流れ団体見学者の群, 流れ國民の緊張, 流れ塩梅が卍, 流れ塩梅五智の如来, 流れ変化しつづけて, 流れは蒼白く, 流れ夜更けまで若い, 流れのよう, 流れ大きな森単調な, 流れ大河内の近く, 流れ天守台はあの, 流れ天明寛政に至り, 流れ太平洋に注い, 流れ失望の雲, 流れ学校がへり, 流れ安岳は幾百, 流れって行った, 流れ宮沢村の丹生, 流れ宵の口は薄ら寒かっ, 流れたる深林, 流れ寄っていた, 流れ寄つた天竺の香木, 流れ寄つた小人の神, 流れ寄つた枯枝であらう, 流れ寄つて来る, 流れ寄つて其恥ぢ処, 流れ寄る網走に, 流れ富川町や東元町, 流れ尊厳そのもののごとく, 流れ小川の流れ, 流れ小川先生のさびた, 流れ少年はるかなる空想, 流れにけり, 流れ居るが如く思ふ, 流れが自然, 流れ展開して, 流れ山々の雑木紅葉, 流れ崩れて漂っ, 流れの雨, 流れに激しく, 流れ川岸には夏草, 流れ川楊がこんもり, 流れ川邊には春, 流れに流れ, 流れ左手の方, 流れの雑音, 流れ幾世紀かの間地下, 流れ幾匹かの恐, 流れ床板の軋り, 流れから小石, 流れ廻り駈け繞って, 流れ弁護席はと見れ, 流れ彩雲陽をめぐって街, 流れ彷徨うの, 流れ往来には相, 流れは渓谷, 流れ後者を代表, 流れ従って河身の, 流れ微風にうるほふ, 流れのうち, 流れ心から自然に, 流れよい朝, 流れ思潮の渦, 流れが切れた, 流れ悪いという悪い, 流れ情味の芳醇, 流れ惨劇の影, 流れをし, 流れ我々はその, 流れ我一人のみ天国, 流れ手元はしばしば, 流れ手拭や越中, 流れまって, 流れ撫順炭鉱は河, 流れ文字に, 流れの入り, 流れ方皺の寄り, 流れ旅びとは街道, 流れ旅心恍として一味, 流れ旗幾万とも数える, 流れ日光が躍り, 流れ日本的なもの, 流れ早きにより随, 流れ易かった, 流れ易くそれ故に, 流れの夢, 流れ晁蓋たちは右側, 流れ暗がりで見る, 流れ暮色が漂っ, 流れ木の間洩れの, 流れ木材多く歩行困難, 流れ未だ尽きず六十二万石, 流れを開い, 流れ朱塗の門, 流れ朱色の躑躅, 流れ杉木立ちの並ぶ, 流れというの, 流れ来り流れ去るのだ, 流れを廻し, 流れ東洋のヴェニス一眸, 流れ果ては夕霧の, 流れ果樹実を結ぶ, 流れが傾い, 流れ槲樹からは蜂蜜, 流れ標準を失ひつ, 流れ横町にはすぐ, 流れに滴り, 流れ樹下は月光, 流れの葉越し, 流れ次第に頬へ, 流れ此処で空中放電, 流れ武器としては悪い, 流れ武藏野は雲, 流れは人, 流れ民顕を通っ, 流れ清く神静か, 流れ水田あり, 流れ水草の中, 流れ水道橋附近で大, 流れ水面をひろげ, 流れ水鳥亭の広間, 流れ永遠に帰り, 流れ江北橋の南, 流れへ入る, 流れ池水が湛えられ, 流れ河童橋を迂, 流れ沿岸に点在, 流れ泥濘は膝, 流れ注ぐ大海に, 流れ泰山の居然, 流れ洞穴と小径, 流れるる, 流れ浅黄の紋服, 流れの子供たち, 流れ浮薄に赴く, 流れ海島が漂い, 流れ浸すことあたわず, 流れゆるも, 流れ淀ます行く水, 流れ淙々たる巡査, 流れ深淵のうち, 流れ淵尻に移ろう, 流れる雲, 流れ清からざるの, 流れ清き徳川の, 流れ清く水量も, 流れ渡つて後更に何處, 流れ渡り鳥夏春冬に關, 流れ渡ッている, 流れ卷くクサントス, 流れ溢れる生活を, 流れは上, 流れ滴るのを, 流れ滾れたのだつた, 流れ漂う日暁の, 流れい乱れ, 流れ澱みの中, 流れくして, 流れ烈しきより呼び出せる, 流れ無性によろこび頬, 流れ狂つて居る, 流れ狂僧の枯躯, 流れ玄二郎の学年試験, 流れにあたって路傍, 流れ現在に到り, 流れ生々として自身, 流れや畑, 流れ由良の大河, 流れりぬ, 流れ疲労のため, 流れより出, 流れ疾く白銀の, 流れと黒, 流れ白樺の巨木, 流れ造が, 流れ混じ合, 流れ看護服の裳, 流れ眼中に木片, 流れ矢の先がチラ, 流れ矢一筋から来, 流れ砒素のよう, 流れ礼拝前身を浄むる, 流れ神心放蕩に流れ, 流れ神武陵法隆寺千年二千年の昔, 流れに吊るされる, 流れも暗く, 流れ空一面に気味悪く, 流れ空気が流れました, 流れ突然話は, 流れ立ちかへる, 流れは溢れ, 流れ二の, 流れに乗っ, 流れ紅緒の下駄, 流れの見ゆる, 流れ素肌に馬, 流れ細野といふ村, 流れふ, 流れ統一と調和, 流れ絶壁が聳え立っ, 流れ総身の毛筋, 流れの下, 流れ罩めたよう, 流れ美しい天が, 流れ義人が殺され, 流れ職人の少し, 流れは飛び, 流れ背景ははるか, 流れ自堕落になつ, 流れの波, 流れ花火を連想, 流れさの, 流れ苦しい夏であった, 流れ莫大な面積, 流れ落して來, 流れ落ち初めて村, 流れ薄暗い林の, 流れの穂, 流れ藥品や香料, 流れ蘆荻が見わたす, 流れ蘇苔類の育つ, 流れ虚栄は募る, 流れ蛇籠も動く, 流れ蜘蛛手に角ぐむ, 流れが流れる, 流れには押太鼓, 流れ行く先なる葡萄, 流れ行く手は北南, 流れをかへす, 流れ表面は素朴, 流れ振り合うも, 流れ襄江の激水, 流れ西岸には広びろ, 流れのうどん屋, 流れ角度などとっさ, 流れ許可地外の真暗, 流れ識らずして靡き, 流れを挟ん, 流れ赤牛岳との間, 流れ起るところ西北の, 流れも見える, 流れのまま重蔵, 流れ込むのさへはつきりと見えて, 流れ近い竹広あたりまで, 流れ近道は通れない, 流れ通うものが, 流れ通つてゐるやう, 流れ通常板で蓋, 流れ通過する数限り, 流れ之助, 流れ連歌でもし, 流れ進んだと私, 流れ遂に佐保川に, 流れ達者にまかせ, 流れ州の, 流れ部屋のなか, 流れに下っ, 流れに伏し, 流れ野ばらが咲い, 流れ野口助役に辨當風呂敷, 流れ金谷秀太はた, 流れ釣りなど道楽半分, 流れ鋼玉の小, 流れもて造る垣たて, 流れは陣自体, 流れ集まらなければならない, 流れ雑木林がある, 流れ雲ただ静かに屯, 流れ電車はもどかし, 流れ霰弾は人家, 流れ青く澄んだその, 流れは源平合戦, 流れが火, 流れ颯となびくの, 流れ飛石が二つ三つ浮き, 流れだの川, 流れの噴水, 流れ饗宴の広間, 流れじるし, 流れ高価な贅沢品, 流れが青空, 流れ髪の毛は怖, 流れ鯉寺のあたり, 流れ鳥居はこれから, 流れ黒雲があった