青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「父様~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~爪 爪~ ~爲 爲~ ~爲め ~父 父~ 父さん~ 父上~ 父子~
父様~
~父母 父母~ ~父親 父親~ 爺~ ~爺さん 爺さん~ 爾~ 片~ ~片手

「父様~」 1948, 21ppm, 5468位

▼ 父様~ (397, 20.4%)

6 お嫁, ところへ 5 お顔, 生きて 4 御機嫌, 御病気, 方が, 身代りに 3 お世話を, お位牌, お墓, お帰り, お誕生日, ことを, やうな, ような, 敵, 許へ

2 [37件] おめがね, お傍, お友達, お命, お声, お姿, お心, お心持ち, お手紙, お留守, お邸, ことが, もとの, 亡くなられた年, 処へ, 前でも, 外に, 大事には, 子は, 御容体, 御様子, 御滞在中, 御自慢, 御話, 性格でした, 怨みを, 所へ, 手を, 敵を, 王様と, 王様は, 話が, 身体の, 頭を, 顔を, 首が, 魂が

1 [255件] あげたイス, あとを, あなたまでが, ある限り, いひつけ, いらっしゃる処, おからだの, おそば, おため, おっしゃったこと, おっしゃること, おっしゃるよう, おっしゃる通り, お世話には, お便りが, お召使, お名, お名前, お妾さん, お宅, お導き, お居間, お年は, お形見, お心持次第, お心掛次第, お志, お手, お手助け, お死骸, お気に, お気にいりだ, お産れ遊ばした, お眼, お素顔, お羽織, お葬式, お蔭が, お血すじ, お見立て, お言葉, お話し方, お話を, お身体, お遺言, お部屋, お金を, お陰で, かかる折, かはり, ことしか, ことで, ことでございます, ことは, このお, この私, ご用の, ご病気, そのよう, その悪い, その時, ために, だから, だった藍色, ところに, ところにも, どの指, どらさ, ない此, はつきりした, はよく, ふところに, ほうから, ほうは, もう一つ, やきもち, ようすは, ように, ゐる日, アイチャンキャラ侯は, イマジネーションずき, キャラ侯が, ハムレットを, ラクダの, ヴァイオリンを, 一面ばかりを, 三十五日が, 上に, 不用心な, 丹誠で, 主義で, 事が, 事などを, 事について, 事も, 事を, 事何かと, 亡魂に, 仇どう, 仇を, 今では, 代から, 代理人の, 仰し, 仰しゃる事, 仰しゃる通り, 仰言, 住まって, 住んで, 何ぞと, 俄に, 信仰生活へ, 借金も, 傍へ, 僕に, 先程の, 先輩の, 児な, 全快を, 六条院の, 処に, 刀は, 分らない話, 力で, 力という, 助手を, 匂いが, 十徳を, 右大臣の, 名の, 命令で, 国で, 声が, 声だ, 声の, 声は, 声色である, 大切な, 大勢の, 大臣が, 大臣へ, 娘です, 子だ, 子に, 子の, 室では, 容態は, 小さい実験室, 帰る時, 幕下で, 店受彌兵衞と, 弟子です, 形見が, 後世の, 御なか, 御云, 御写真, 御力, 御在世中, 御容態, 御恩, 御愛情, 御成敗, 御用向でも, 御病気一日, 御返事は, 御返事を, 御遺跡, 心安くし, 志村浩太郎様が, 志村浩太郎様も, 怨みが, 恥に, 懐中に, 所に, 所番地に, 手が, 手は, 手紙お, 敵お, 敵が, 敵と, 敵などとは, 敵の, 敵は, 方から, 方は, 方へ, 旅を, 書斎に, 書物を, 様子に, 横顔に, 次ぎに, 死んだ今, 死目に, 死骸へ, 残した六千円, 殿様に, 気心を, 汚名も, 没く, 漢学の, 無慈悲な, 片耳を, 狂ったお, 王様が, 留守に, 病家で, 病家でした, 病気は, 病気見舞に, 看護の, 眼と, 眼を, 破滅も, 碁の, 禿紳士は, 立場が, 立腹も, 紹介や, 耳に, 耳までも, 肌着から, 胸に, 脇差も, 膝へ, 臥所へ, 自転車と, 苦悶が, 菩提を, 血を, 行き方, 行方を, 裏面の, 解らず屋, 言ったこと, 跡を, 選んだ道, 遺伝な, 遺言に, 門下だ, 間に, 隠れ遊びを, 霊が, 霊の, 霊魂が, 頑固と, 頭な, 頭へ, 顔ばかり, 顔や, 髑髏で, 髭だ, 黒いおみ足

▼ 父様~ (300, 15.4%)

3 そんな事, 私を

2 [27件] あの晩, おなくなり, お在宅, お帰り, お邸, この頃, ずるいや, そのよう, その方, それを, どこに, どんなにお, まだ寝ない, もう家, もう御前, よく同じ, 何うし, 何も, 大抵夏, 帰らないでも, 御在宅, 御病気, 日本の, 気が, 相手を, 私の, 黙って

1 [240件] あ, ああいう, あとで, あなたに, あなたを, あのお商い, あの拝見, あの方, あまりお, あれだ, あれを, あんなだし, いいお方, いきなり愚助, いつまでも, いよいよその, うれしがっ, おきえさん, おきき, おっしゃいました, おまえの, おまへ, お前達を, お好き, お存生, お家の, お思い, お手医者, お母様が, お礼を, お立派, お笑いに, お臥, お船, お茶が, お茶を, お見え, お達者, お酒, きっと薬屋さん, こういう事, こういう話, ここへは, このこと, この家, この解決, この話, さんざんだった, すぐ行く, そうした美しい, そこの, そのあと, その二人, その婆さん, その翌年, その苦しみ, その頃, それは, それ見ろ, そんな歌, だめ, どういうお方, どうしてそんな, どうして南米, どうなさつ, どうなすっ, どうなすったでしょう, どうなる, どこ, どこかへ, どこへ, どちらにも, どなりつけた, どんな官, なかなかお許し, なし母様, なぜそう奥村さん, なに者かの, なんでも, びっくりなさるだろう, まだ寐, まだ寝, まだ帰, もうこの世, もうじき, もうとばかり, もう大分, もう行っ, もっともっと詳しい, もつと, やがて武士, やっぱりこの, やはり私, わかって, オブリアンさんを, グイグイと, ジャンさんと, ビックリなすった, 一人で, 一度も, 一猪口くらいしか, 一言だって, 三年前に, 不平に, 世間ていを, 両手で, 中, 事務所に, 二人の, 今の, 今までに, 今日も, 今朝濃, 今頃もう, 仰有ったけれど, 会社へ, 会議の, 佃さんを, 何うなされた, 何でも, 何と, 何とお, 何とも, 何もかも失, 何処ぞに, 何方へ, 元気が, 先刻どこへか, 兎を, 其の年, 剃髪し, 前にも, 南蛮寺へ, 又慌て, 右手に, 名乗って, 和一郎さんから, 商人でいらっしゃる, 喉の, 坊ちゃんの, 城下の, 大変な, 大変に, 大変喜ん, 大層お, 大悦び, 天国に, 好い内, 好かないから, 姉さんの, 始終来, 宇治な, 安斉先生の, 宜しいと, 家の, 寄り合いで, 小皿じゃ, 居りませんか, 山中の, 左内様に, 巻烟草は, 帰って, 帰つて来, 平生から, 平生決して, 年中お, 弱い人, 御他界, 御無事, 御自分, 御苦労と, 御養子, 心配し, 心配に, 忘れも, 怖ぢ, 思いがけなくニコニコ, 思召し, 愚助を, 愛するもの, 慾ばってんのねえ, 我慢が, 或る, 押しつけるよう, 断られたの, 旅の, 既に亡くなっ, 日本で, 日本へ, 早く死んだ, 昼は, 未だ帰りません, 本を, 来栖勘兵衛が, 東京の, 死にましたの, 死ぬこと, 死ぬことさ, 死んだ, 死んで, 殿様と, 毎日出, 気難しいから, 決して悪い, 片方の, 狂人な, 理学の, 異類だ, 直ぐに, 真実の, 着換だの, 矢張りこんな, 石州流の, 碓氷峠の, 秦という, 立派な, 笑って, 笑ひ, 結納を, 義理深い, 羽生村の, 自分の, 芸匠だけに, 若し東京, 薄情な, 薬師に, 藩の, 警察へは, 軍人な, 野良へ, 金城鉄壁だ, 鈴木に, 門を, 阿波の, 障子の, 青白い顔, 頭を, 食べないでも, 驚いて, 骨格の

▼ 父様~ (292, 15.0%)

6 お帰り 3 そんなこと, 居ないと, 私に

2 [22件] あなたの, おいでに, お亡くなり, お亡くなりなさる, お倒れ, お出かけに, これを, ほんとうに, よく浅間山, 一緒に, 事情を, 今迄, 信任し, 出して, 初めてその, 好いお方, 宅の, 御覧に, 承知しない, 有罪に, 監獄へ, 苦心し

1 [233件] あすこへ, あそこへ, あの方, あの通り, あれだけ, いつもと, いない時, いなさること, いひました, いら, いらしったよう, いらっし, いらっしゃらなくなったら私エミリイ, いらっしゃるわ, いらっしゃるん, いらっしゃる処, いろんな人, うまいもの, おいで, おいでな, おかあいそう, おかえりに, おかへりに, おかわいそう, おっしゃいました, おっしゃる, おっしゃる通り, おつき夕方の, おひま, おまえを, おれば, おわるい, お出掛, お切られなされた, お勤め, お可哀そう, お在, お好き, お姉様, お嫌い, お屋敷, お店, お庭中, お待ちかねだ, お忘れ, お死に, お母様に, お泊まりがけ, お若く, お薬, お逝去前, かまって, かわいがって, こちらへ, こっそり妾, これだけは, さういふ事, さうお, さきだった, さきに, そう言っ, その育英資金, その長浜, それほどまでに, そんな事, ちよつと, とてもお許し, どうした, どうして日々, なかなか私, なくなつた, なすって, なれるって, なんと言っ, まあ口惜しい, また本, みんなの, やがて姉さま, よく仰, わけても大事, カンシャクを, ガナツシユです, キチガイの, クールスクから, ジウラ王子の, ダイヤモンド鉱山の, ッ, ツカツカと, デザインなすった, ニコ, ニコニコし, パリで, ミンチン先生に, 一度発見, 一度連れ, 一生懸命建築の, 一番好きよ, 三十八で, 三日ごろに, 三輪崎とかいう, 不図江戸, 不意に, 世話を, 丹誠し, 九州へ, 事も, 二三日前に, 亡くなったって, 亡くなった後, 亡くなってから, 亡くなっては, 亡くなられた時, 今お出かけ, 今の, 今夜は, 今夜僕の, 今度親類に, 今御病気, 仰せられた, 仰っしゃったことがある, 仰有る途端, 会で, 会社を, 何でも, 何と, 何の, 何を, 俵国一氏が, 倅は, 僕に, 内密に, 出て, 十四日急逝なされました, 半年も, 叔父様へ, 古かね屋, 呼んで, 変死された, 夜学の, 大学で, 夫婦に, 子と, 学者として, 守りを, 官途に, 定めて, 寄宿舎に, 専門違いで, 少しずつ, 屋敷を, 帰らねえって, 彼女の, 御先祖さま, 御存じです, 御得心, 御改名, 御死去, 御歿, 御無事, 御疵, 御病気, 御覧の, 心配だ, 怖い顔, 恋しくて, 悪かった, 悪かつ, 悪酔し, 戦場で, 房州に, 手放して, 抱いて, 斬られて, 昆虫館から, 昔私と, 時々お, 月川家から, 有難いこと, 来ては, 来栖勘兵衛と, 東京から, 東京へ, 死なれる前, 死んで, 母様の, 沈着な, 河原の, 洋行し, 浪人し, 湖の, 満洲, 烟草を, 然言, 狂気の, 畠に, 畠の, 畠へ, 神経痛で, 福羽氏に, 私あの, 私を, 約束し, 紅茶を, 美留楼公爵様と, 羨ましがっ, 聞いて, 聴かぬので, 肯いて, 腹を, 良心だの, 若かった, 薬師な, 血統の, 行って, 行衛不明に, 表を, 西洋のね, 西洋人から, 見つけて, 言ったん, 誰かに, 買って, 賛成なら, 走って, 遠慮し, 釘抜きと, 長いあ, 長い手紙, 階下に, 離座敷の, 頭の, 頭を, 駈け込んで

▼ 父様~ (150, 7.7%)

4 似て, 頼んで 3 なって, 感謝し, 連れられて 2 お目, お鉢が, なつて, 別れるの, 取次いで

1 [123件] ああ言われ, あいに, あたられる方, あの点, あやまって, いろいろと, うかが, うんと叱られた, おあい, おね, おねだり遊ばし, おわるい, お仕えし, お会いした, お取次, お持ちなされ, お目にかかること, お詫びし, お話し, お話したら, お話しなさい, お送りする, お逢いいたしましょう, お金千円一時融通し, ききたい事, きこえたら大変, くっついて, このお話, この上, この話し, こんな事, そう云っ, そう言っ, そんな事, たった一目, ついちゃったかぎつけた, とっくり詫びなけれ, なくなられそれから又, なら話した方, なれば, ねだったとの, めんじて, よく似, よく肖た, よろしく, 一度逢いたい, 一番美味しい, 上げて, 久し振, 云って, 仕えながら, 代って, 仰しやら, 仰有ったその, 会いに, 伺うこと, 似た双生児, 何て, 先だつ不孝, 別れたの, 助けられやしたどう, 及ぶ方, 取っても, 叱られて, 叱られますよ, 叱られるから, 叱られるくらい, 叱られるだろう, 叱られるやう, 叱られるわ, 告げ口を, 咎められるという, 声を, 大変似, 孝行致しまする, 寄宿舎の, 引き取られて, 引き離されて, 弾丸を, 当るよう, 御目, 御相談, 御覧に, 恩返しが, 悪いところ, 悲しくても, 打たれましたの, 抱っこし, 持つたお蔭, 明日喰べ, 林中の, 此処で, 済まないどういう, 無理に, 片耳を, 生き写しの, 申しあげかねると, 申しあげて, 申しわけが, 申し上, 申し上げて, 申上げる, 相談が, 知れないよう, 箒が, 英語を, 見せて, 証明し, 話しては, 買って, 買われて, 起きて, 輸血を, 逢は, 逢わずに, 重大な, 霊が, 顔が, 願えますか, 願って, 飛びついたら, 食わして, 髯の

▼ 父様~ (104, 5.3%)

18 お母様も 3 御母様, 母様も 2 お年を, 建てるか, 来て, 決してお前, 私も

1 [70件] あなたも, いらっしゃらないのに, いらっしゃるから, いらっしゃるとき, いらっしゃるよう, うれしいの, おまえを, お亡くなり, お兄様, お喜び, お役所, お気の毒, お留守, お祖父様, お逢いでございました, お連れ, ごく純, すつかり, そのお方, その二人, その時, それを, たって仰, なくなりました, びつくりなさいました, みな一緒に, もう生れる, ゆっくり考えよう, ゆつくり考へよう, よく御, よく御存じ, サンドウィッチに, 一ついい, 二三度おいでに, 亦それから, 何処かで, 兄さんも, 兄ちゃんも, 兄も, 出て, 初江さんも, 呆れて, 喜んで, 大音楽家, 家に, 工合が, 左様仰し, 帰って, 廃人, 御丈夫, 御苦労さま, 心配さう, 情けないこと, 承知し, 有一君も, 朝晩神様や, 根岸に, 案じて, 正直な, 狂人で, 珍らしく, 現在の, 百城様を, 私の, 私を, 笑ひ, 義理ある, 負けては, 週に, 釣魚は

▼ 父様~ (92, 4.7%)

7 一緒に 4 お母様に, 私の 3 お母様と, お母様の, 同じよう, 御一緒 2 お兄様, お母様とは, 仲直りを, 兄様の, 児と, 同じ団体, 私とで

1 [51件] いると, いろんな事, お二人, お座敷に, お母様は, お母様を, お父様, お見かけ, お話しいたしまし, お話を, この母様, どこへでも, なりご, はじめてナニ, ばあやさんの, 不審も, 両方から, 二人きりで, 二人っきりで, 云いました, 云うは, 云え, 云おうが, 云って, 仰有る方, 会うこと, 兄さんと, 兄さんの, 初めて来た, 合奏を, 同じ病気, 同様の, 同銀行, 呼ばるるが, 呼び新吉, 呼ぶは, 呼ぶほど, 呼ぶ様, 噂する, 妾が, 御母様, 思えなかったほど, 春子さまと, 来ては, 松坂屋へ, 柴忠さんの, 毎日毎, 相談し, 私と, 郊外に, 間違えられて

▼ 父様~ (90, 4.6%)

2 [13件] あんなにした, おおうて, お恨みいたします, お持ちです, ここへ, 何うし, 打ちは, 探しに, 暫らく一人に, 罠に, 苛めて, 見捨てないで, 買収され

1 [64件] あのよう, いたわって, おどかして, お呼びする, お殺し, お見送り, お起し, さいなむ, まづお仕合せ, みんなが, よろこばせたいばっかりに, 一緒に, 介抱し, 仲間はずれに, 何で連れ, 助けて, 取持つこと, 困らせようとしても, 坐らせました, 夜中に, 夢に, 大事に, 大変褒め, 少したしなめる, 御存じありません, 御覧に, 怒らして, 怨まずに, 愛して, 慕いまする故に, 慕へる, 打っちゃ, 打つちや厭ぢ, 抱く機会, 拝みに, 持つ事, 指さしたらみんな, 捕えた者, 捜しに, 捨てようと, 放して, 救おうとして, 救はう, 殺され仲, 殺しお母様, 殺した, 殺したあの, 殺した主, 殺した汝, 殺した犯人, 殺した野郎, 独り残し, 目付けに, 知りませんよ, 紹介し, 薪割で, 言い負かそうなんぞと, 討ちに, 警護の, 責めたつて, 赦して, 道場の, 養ふ, 駆って

▼ 父様~ (35, 1.8%)

6 お母様の 5 お母様に, お母様は 4 お母様も 3 お母様が 2 お母様や, 御母様 1 お母さまが, お母さんも, お母様から, お母様のみ, お母様への, お母様を, 大次郎さまが, 母様の

▼ 父様には~ (21, 1.1%)

2 それを

1 [19件] お煙草盆, お目にかかりました, この上, ご自分, やさしいこと, わかっても, わっしゃ, 一番お, 不機嫌でねえ, 二人の, 今回の, 以前から, 以前通りご, 分らんと, 別に議論, 大変お世話に, 巷に, 無論お, 聞えるわね

▼ 父様~ (19, 1.0%)

2 はあなた

1 [17件] が十一, が悪い, ずいぶんいい, で御座んす, に養子, のお, の眠ります, はほんとに, は一生懸命, は帰ります, は御願, は旦那様, は昨夜夢, は最う, は真実, もう一度あの, を接吻

▼ 父様~ (17, 0.9%)

2 父様

1 [15件] 一人の, 兄さんお, 可哀そうなお, 帰んなさい, 忘れもの, 怒りなすった, 掛け遊ばせ, 時間で御座います, 父様あなた様は, 父様そんな, 父様仰し, 父様刺繍な, 父様急ぎましょう, 父様正気づかれ, 返事を

▼ 父様お母様~ (17, 0.9%)

1 [17件] おききなさい, からの親しい, そのほかうち, と云われた, どうか勘忍, にした, にとりましては最初, にも云われない, に孝行, に我儘, に猶, のお許し, の御, の敵, は私, へも書置, へよろしく

▼ 父様から~ (14, 0.7%)

1 [14件] お斬られ, お許しが, お話が, お預り, 一寸伺っ, 事情を, 何十冊といふ, 便りが, 帯際を, 手紙を, 打ち開けて, 捨てられて, 書いて, 頂いた指環

▼ 父様あの~ (12, 0.6%)

1 [12件] お忙しい中を, お方は, そらあすこ, ねあすこ, 人は, 墨が, 娘は, 毎日あすこの, 男は, 皿を, 貴方が, 車の

▼ 父様~ (11, 0.6%)

1 [11件] はげが, ゆっくりなされる, 安心下さいませ, 帰りに, 母様ほんとうに, 母様察し, 母様此の間は, 母様浅草午前中さらった, 母様私は, 自分だって, 賛成下さる

▼ 父様ったら~ (9, 0.5%)

1 あんなひと, きのう買っ, どうしてああなんだろう, なんでも, ひとが, ひまが, 今出た, 今朝しきりに, 愚弄した

▼ 父様です~ (7, 0.4%)

21 か, が私, こと, よどうして, よ父様

▼ 父様にも~ (7, 0.4%)

1 先生だ, 少々お, 御機嫌宜しゅう, 承知し, 母様にも, 私にも, 阿母様

▼ 父様~ (7, 0.4%)

1 いえなに, おいしい物, お目, お願いしよう, 何んと, 御託づけ, 接近させまい

▼ 父様この~ (6, 0.3%)

1 人怜悧者な, 方が, 方に, 春からの, 瓶みょうな, 草は

▼ 父様それ~ (6, 0.3%)

2 でい 1 について大事, は余り, は嘘, は真実

▼ 父様だって~ (6, 0.3%)

1 ああやっ, ごぞんじでございましょう, 不意の, 昔であったら, 正田さんの, 私ぐらいの

▼ 父様という~ (6, 0.3%)

2 人は 1 のは, よび名が, 方は, 言葉が

▼ 父様母様~ (6, 0.3%)

1 からお, が言い聞かせた, といふ折, の昼夜御苦労, 恋し, 許して

▼ 父様~ (5, 0.3%)

21 ことあんな, つて昔で, と思っ

▼ 父様~ (5, 0.3%)

2 母様よ, 母様よと 1 其の通り

▼ 父様~ (5, 0.3%)

2 の番 1 では皆, に居る, へもいくら

▼ 父様でも~ (4, 0.2%)

1 お母様でも, こんなにまで, 片親で, 貴方が

▼ 父様どうか~ (4, 0.2%)

2 遊ばしたの 1 なすったの, 怒らないで

▼ 父様あなた~ (3, 0.2%)

1 がそう, だって御覧, のこと

▼ 父様あれ~ (3, 0.2%)

1 さア身に, でも人間, をどう

▼ 父様~ (3, 0.2%)

1 あゝ逢いとう, え, お母様の

▼ 父様からも~ (3, 0.2%)

1 お礼を, そんな強情者, 言われて

▼ 父様~ (3, 0.2%)

1 つこも, 乱心中には, 酒は

▼ 父様さえ~ (3, 0.2%)

1 しっかりし, ちゃんとしてとりかえさせておしまいになればいいのに, 生きて

▼ 父様その~ (3, 0.2%)

1 お気持, ような, 娘に

▼ 父様そんな~ (3, 0.2%)

1 乱暴を, 事は, 逃げ隠れする

▼ 父様たち~ (3, 0.2%)

1 がこっち, のよう, の御

▼ 父様って~ (3, 0.2%)

1 あるもの, かたはいったい, 何て

▼ 父様では~ (3, 0.2%)

1 ありませんか, 有りません, 矢張り

▼ 父様とも~ (3, 0.2%)

1 お母様とも, またはジャンさん, 御相談

▼ 父様どう~ (3, 0.2%)

1 かお願い, しませう, 決罪る

▼ 父様なんか~ (3, 0.2%)

2 立派な 1 そりゃあもう

▼ 父様に対して~ (3, 0.2%)

1 恩返, 済みましねえから, 申訳ありません

▼ 父様わたし~ (3, 0.2%)

1 には分らない, の姿, をこんなに

▼ 父様~ (3, 0.2%)

1 か珍しい, するが, をなさいます

▼ 父様あんな~ (2, 0.1%)

2 男に

▼ 父様こそ~ (2, 0.1%)

1 お謝罪, 山へ

▼ 父様これ~ (2, 0.1%)

1 が佐久, をいただい

▼ 父様こんな~ (2, 0.1%)

1 家よ, 拝啓とか

▼ 父様じゃ~ (2, 0.1%)

1 ないか, ないから

▼ 父様すこし~ (2, 0.1%)

1 心臓が, 無理よ

▼ 父様そう~ (2, 0.1%)

1 いたそう, きまったん

▼ 父様だった~ (2, 0.1%)

2 のね

▼ 父様とは~ (2, 0.1%)

1 婿舅であり, 往年の

▼ 父様どうぞ~ (2, 0.1%)

1 侍女たちを, 私も

▼ 父様~ (2, 0.1%)

1 のでございます, のです

▼ 父様なん~ (2, 0.1%)

1 ですなん, でもない

▼ 父様にでも~ (2, 0.1%)

1 母様にでも, 見つかったら

▼ 父様にゃ~ (2, 0.1%)

1 困って, 孫も

▼ 父様に対する~ (2, 0.1%)

2 債権の

▼ 父様ので~ (2, 0.1%)

2 頬白だの

▼ 父様はと~ (2, 0.1%)

1 云うたから, 聞きますから

▼ 父様はね~ (2, 0.1%)

1 あの雄蝶, そんな風

▼ 父様への~ (2, 0.1%)

1 おみやげに, 御返事は

▼ 父様へは~ (2, 0.1%)

1 そのうちわたし, 夜具

▼ 父様また~ (2, 0.1%)

1 お入浴, イタリアへ

▼ 父様までも~ (2, 0.1%)

2 苦しめて

▼ 父様もう~ (2, 0.1%)

1 仰っしゃらないで, 負けは

▼ 父様一人~ (2, 0.1%)

1 で行っ, の力

▼ 父様~ (2, 0.1%)

1 のとき, 崎の

▼ 父様同士~ (2, 0.1%)

2 の関係

▼ 父様~ (2, 0.1%)

1 には聞こえませぬ, にも何

▼ 父様始め兄さん~ (2, 0.1%)

2 や私

▼ 父様~ (2, 0.1%)

2 にもう

▼ 父様~ (2, 0.1%)

2 猶太

▼ 父様暫らく~ (2, 0.1%)

2 御辛抱

▼ 父様私あなた~ (2, 0.1%)

1 が変わった, のお

▼ 父様私たち~ (2, 0.1%)

1 の花, はこれからどんなに

▼1* [177件]

父様たくしどう, 父様あしたは隅田さん, 父様あすこの, 父様あっちに居た, 父様あと五分よ, 父様あなた様は長らく, 父様ありましたよ, 父様あんなにあわてて, 父様いっそのこと, 父様いったいここは, 父様いつだったか, 父様貴方も, 父様えらく心配の, 父様おやすみのところ, 父様お召かえ, 父様お母様今夜の事, 父様お母様女子大迄を悪く, 父様お母様昨夜は大変, 父様お母様私がわるう, 父様お礼を仰し, 父様お許し下さいませ, 父様かと早く悟り, 父様からのそれが, 父様からは答えて, 父様かわいそうだわ, 父様がからかふやう, 父様がね私を, 父様きこえますか父様, 父様くんちゃんみっちゃ, 父様ここにおります, 父様これ誰方なの, 父様こんどの旅行, 父様こんなに見苦しい形, 父様ごっこも大抵, 父様ご存じでしょう, 父様へしつかりし, 父様さ私もお, 父様すっかり正気の, 父様すみませんがあれ, 父様ずっと平調でいらっしゃるらしく, 父様そりゃお酒, 父様それではお互いに, 父様ただ貰ったん, 父様たちのはどう, 父様だけがお座敷に, 父様だけはあっちから, 父様だったら作業みんな良, 父様だってというのは, 父様だれか向こう, 父様やない, 父様っ子です, 父様っ聞かして下さい, 父様つまりませぬから私, 父様はござりやせんか, 父様である風間氏は, 父様でございますって, 父様でしたが今, 父様でしたらあなたは, 父様といふもので, 父様とか何とか言ふた, 父様としてはよくお, 父様とばかり一緒に, 父様どうぞ逃げない, 父様どうしてあなたは, 父様どうも不思議な, 父様なければ母さん, 父様などとはとんでもない, 父様なに殿様どうぞお願い, 父様なんかな能も, 父様なんぞ来なくても, 父様なんとかならないかしら, 父様にとって苦しみは, 父様に対しても不孝に, 父様に関する今の, 父様ねも飲ましとるに, 父様ほんとうでございますわね, 父様ほんとに心配なさらない, 父様まあお顔, 父様まだだってね, 父様まだずっとあっち, 父様までが此頃ぢや, 父様もうこれから二度と申し上げるよう, 父様もうずいぶん昔だ, 父様もねやっぱり朝湯, 父様よくおやすみに, 父様わたくしはあの, 父様をも恨んでは, 父様とは違っ, 父様アンテルはお母様, 父様エダじゃない, 父様オフェリアを出し, 父様ジウラさんは男, 父様たらば, 父様デッキの上, 父様この母様, 父様ハッキリと仰しゃ, 父様ハツキリと仰し, 父様モー少しお待ち, 父様一等にしなけりゃ, 父様一遍勇さんに逢, 父様にはお, 父様不思議と云え, 父様中村珊玉様のお, 父様今度こちらにおいで, 父様今日はお, 父様仰しゃる事は, 父様何分悪人とは, 父様先日お話しになつ, 父様内藤君も照彦, 父様冥途でお詫び, 父様刺繍なのよ, 父様の儀, 父様同志はこの, 父様君江はこんなに, 父様呆れた奴でございます, 父様問わず語りに, 父様大丈夫でございましょうか, 父様大変でございます, 父様大村の事, 父様妾一人残りましても, 父様く来て, 父様小川さんがお, 父様少し向こうへ, 父様居ないという, 父様を少し, 父様山形御出発, 父様山形なんだって, 父様帰って来た, 父様帰つて来たな, 父様廻してはいけません, 父様後生ですから, 父様徒刑場とはどんな, 父様御機嫌よろしゅう長い旅, 父様御覧遊ばせ此, 父様御飯におかえり, 父様志願して, 父様怒ってやっ, 父様に何, 父様折角この服, 父様探しあて可愛が, 父様日曜から土曜, 父様日本倶楽部だの何, 父様旦那様は今日お立ち, 父様昆虫館はどの, 父様昨夜はどう, 父様有難くて冥加, 父様朝鮮箪笥もあった, 父様本当でございますか, 父様正気づかれて, 父様の長助, 父様残って, 父様毛皮の外套, 父様決して御手, 父様父様ッたらば, 父様玉村侯爵のお, 父様王侯とやらの生活, 父様珍しいのね, 父様へ出る, 父様痛いじゃありません, 父様福原主水様, 父様福島へ御, 父様縁先にも, 父様聞かして下さい, 父様見やんせ余りに衣類, 父様計りでねえ叔父様, 父様許して下さりませ, 父様警察ではあの, 父様賛成なさる, 父様近くでどこ, 父様逃げないで, 父様進上げたって, 父様かまわずあがって, 父様開けたままお, 父様随分おわるい, 父様露西亜馬車にお, 父様でも焼きます, 父様黒い物が