青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「父子~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

爆発~ ~爪 爪~ ~爲 爲~ ~爲め ~父 父~ 父さん~ 父上~
父子~
父様~ ~父母 父母~ ~父親 父親~ 爺~ ~爺さん 爺さん~ 爾~ 片~

「父子~」 1097, 12ppm, 9226位

▼ 父子~ (317, 28.9%)

13 間に 4 対面を, 間には 3 ような, 姿を, 邂逅は, 間は 2 あいだの, ご対面, すがた, 事を, 住んで, 悲しい淋しい緊張, 間で, 関係は, 首を

1 [266件] あいだ, あせりに, うしろに, うわさを, おことば, おんなかも, おん仲が, おん仲で, おん仲でこそと, おん仲に, おん名のり合いもさせ, お名のりあい, がビクター, くせに, ことばかり, ごときは, ごときまたは, ごとく以, せいの, ために, とる道, なせる, ぬかりを, はうの, ひとりでございます, ほかに, まえに, めぐり会うのぞみ, ものは, レコードで, 一つ鞠がが, 上に, 世にも稀, 両大将, 主人筋で, 争いは, 争は, 争ひ, 事なかなか, 事蹟の, 二人が, 交り, 人情で, 他には, 他俳優に, 代と, 伝に, 住家ダーウィンの, 作った銅雀台, 作つた三つは, 使者が, 供が, 信じて, 倫を, 偏見は, 側仕えを, 僅かに, 働きである, 働きぶりを, 兵と, 兵力を, 内争に, 再会にも, 処分が, 出発の, 切ない立場, 別れ, 別れという, 前には, 功労である, 勇戦と, 厄介な, 去月下旬にわかに, 反目に, 叩いた籾, 合作は, 合同でも, 合戦は, 名のりも, 名を, 名乗りは, 名乗りを, 向背は, 周りには, 善戦で, 因果モノ的蒙昧さは, 坦率を, 場合に, 墓あり, 墓地案内の, 墓最も, 墓石なぞも, 大成した, 大義に, 天運が, 失脚と共に, 奉公ぶりには, 契約をさえ, 如きは, 如くきっぱり, 如く孔子, 如く生れ, 如し, 妥協も, 姿は, 姿も, 孤忠および, 學問の, 宮島の, 家である, 家に, 密談は, 対面だった, 対面であった, 対面に, 対面の, 対面は, 対面も, 居る地方, 形はと, 待ってる日, 後を, 御不和, 忘恩を, 恨みの, 恩愛が, 息が, 悪事お, 情, 情か, 情という, 情熱に, 情誠に, 愁歎場を, 意地張から, 意気地は, 意見が, 愛情が, 態度は, 懐を, 手だけ, 手と, 手に, 手先と, 持ちは, 擡頭から, 敵だ, 斡旋で, 方へ, 旅は, 日本書籍考經典題説が, 時には, 時代と, 書が, 最期を, 木像に, 本領は, 材能が, 校訂に, 正月に, 此漫遊中右の, 武士らしい, 歿後は, 水際立った奮戦, 江戸に, 決意を, 沈没船の, 海釣りの, 消息を, 淋漓と, 温情らしい, 無事を, 物争いを, 率ゐた, 理りも, 疑惑を, 病んだ時, 癖に, 盃を, 目に, 真心に, 礼も, 礼を, 私宅を, 立場に, 立場を, 策を, 縁も, 縁切れ父でない, 縁故ある, 罪は, 罪案も, 義を, 義を以て, 者が, 者は, 者を, 職人は, 背後へ, 自隊, 血が, 血は, 術という, 衝突尚, 衝突新旧思想の, 衣鉢を, 覆轍を, 見舞いにとて, 親といふ, 計画に, 討死こそ, 討死も, 記載が, 詩幅も, 話に, 話の, 話を, 話声が, 誓約は, 誠実さをも, 論争を, 謀み, 謀叛なら, 譴責が, 讒言による, 贔屓に, 赫々たる, 身も, 身を, 身辺に, 轢死事件と, 迎えを, 追放だの, 遺墨展覽會が, 遺愛の, 遺著漢藝文志それから, 邂逅であった, 酒盛は, 鑑別法を, 間でも, 間の, 間を, 間不和で, 間夫婦の, 間柄が, 間柄であった, 間柄にても, 間柄を, 関係だ, 関係で, 関係も, 關係, 關係である, 關係にも, 關係も, 關係をも, 陣は, 陣前, 陣前に, 陣地だけは, 隠家, 頑迷すこしも, 首尾いかに, 騒動, 驚きと, 齢を

▼ 父子~ (134, 12.2%)

1 [134件] あの日, あれきり城へ, いっとう長く, いつも一緒, いよいよ朝倉, いわゆる取る, ここに, ここ五年ばかり, この小, さっぱりした, すぐ秀吉, そこで茫然, その側, その場, その御, それまでにも, たま, ちや出羽守どの筒井じゅんけいどのなど, なお大手, はじめてストランド, はやくも, ほとんど無傷, まっ先に敵兵, まるでお, もう一度この, もともと北畠信雄, もとよりその他, やうやく, わずか十数騎, アンドラダが, エセックスに, 一両年の内には, 一幅の, 一度ならず, 一度聞け, 一緒に, 一門宿将を, 一間ほど, 三人ひとつ壕の, 上と下とに, 予定を, 二千騎をもって, 人質として, 今や睨みあっ, 住んで, 佐沼から, 何と, 何も, 余り好い, 信忠などとともに, 俳諧では, 傷ついた, 元来論ずる, 共に得がたい, 共に貨殖, 内乱者の, 別に家, 功名に, 又, 名乗った, 呂布の, 太き息, 太史の, 女王を, 姿を, 安穏に, 完全に, 官位を, 実際小身, 宿屋の, 小寺政職の, 小身でも, 市民としての, 庭へ, 当然平和論者, 彼の, 彼ら自ら選ん, 待合室を, 後から, 御所の, 徹底主義な, 心地よげ, 恟りし, 愉快そうに, 愕然と, 慴伏し, 成合を, 支局の, 旅の, 日ましに, 日を, 日本史中古今稀である, 昂奮の, 昨日曜夜の, 暗い廊下, 曹操から, 最後に, 最早思ひ置く, 果して此日, 桜井の, 此年文政四年五月二十二日に, 此時から, 武辺も, 深い驚き, 澄まして, 濡れながらに, 焼けた死骸, 狼の, 生ける心地, 眼を, 確信した, 秀吉へ, 笑いながら, 肚を, 自尊心を, 船頭を, 若年の, 茶屋の, 菅茶山を, 藤吉郎から, 褌一本女房の, 見るかげ, 軽く左右, 追放に, 連れだって, 遊行派の, 道を, 遠く別れあっ, 鄭重な, 非常に, 頑として聞き入れな, 顏を, 風の, 高野山の

▼ 父子~ (120, 10.9%)

2 ある, 一日を, 出て, 匿れた, 叛いた, 平和に, 高野の

1 [106件] あがめて, いかに慄, いたの, いづれも, お別れ, これへ, これまでの, さすがキチンと, その本陣, それぞれの, それを, できちまったが, とてつもなく奇妙, はしごを, ひと目会う, ほっと大息, ぼつぼつ陥し, よいよう, よろしゅうござりましょう, ドジを, マターファの, 一体に, 一命を, 三河の, 乗込み兄, 京都の, 今やここ, 今度拝領した, 今生の, 休んで, 佐々木道誉と, 來て, 倒れて, 出かけたあと, 加って, 去就一決と, 叛旗を, 吉岡家を, 地雷火で, 多助の, 大勢の, 大坂, 大宝寺町まで, 大矢野島へ, 奈良に, 奥州征伐の, 家へ, 寮へ, 将軍家治を, 居るが, 帰り扨五日, 帰京する, 座敷へ, 後鳥羽上皇順徳上皇土御門上皇を, 従者大勢と共に, 情に, 惨死する, 打つ槌, 新政の, 新来無, 旌旗しずかに, 明智家とは, 時政公の, 暇乞に, 来たと, 東西に, 根津惣門前に, 樹に, 此の, 此年五月二十日に, 残って, 殺された記事, 殺害した, 水入らずの, 沓掛へ, 渡辺の, 漁舟を, 激論を, 物を, 猶黄葉夕陽村舎, 申しなだめて, 発向した, 相踵, 相踵い, 福山に, 私情を, 秋に, 称へ, 立て籠って, 立上り長い, 等身の, 義満の, 自分を, 被官と, 親交ある, 諜し合わせ, 近江篠原で, 遊んで, 陣を, 雨に, 雪子を, 面前に, 馬籠の, 駈け出そうと, 麻の, 麾下を

▼ 父子~ (86, 7.8%)

3 して 2 始めと, 子とも, 離間しよう

1 [77件] おいて, おしもに, おら見た, ご信用, すすめて, そういうもの, はじめ一同は, はじめ徳川一味の, はじめ森長可, はじめ長防二州の, ひきあわせた, まつこと, めぐる残余, よんで, ノックアウトし, 一つ戦場に, 一揆が, 下宿させ, 中心と, 主賓に, 乱軍の, 介して, 佐沼の, 信じて, 先鋒と, 入れても, 初めとして, 初め左右両翼とも, 名生に, 向うに, 告發し, 城中に, 夜中に, 始めとして, 寵用し, 対面させよう, 射させたの, 尻眼に, 引入れて, 御信任, 急に, 恭順せしめ, 悩ませた, 憎む気もち, 懷ひ起さざる, 捕捉し, 携えて, 攻撃し始めた, 救うため, 木曾の, 死なしたと, 殺したの, 殺したん, 殺せり, 活餌に, 混同し, 生じ其後之, 病院に, 相手に, 真実賢人だ, 睨めつけた, 繞る, 背景と, 見て, 見る, 見ると, 見下ろして, 見継がぬならば, 訴えし憎き, 説いて, 謹慎させ, 迎えた, 近づけて, 送って, 遠島に, 離間せん, 魔の

▼ 父子~ (39, 3.6%)

1 [39件] いいようやく, いえども, その奇襲部隊, その家来, その家来小者, それを, なった左膳, なって, 一しょに, 丁穉一人一つの, 世を, 主従わずか, 云つて居ります, 其方とは, 分った, 同嗜, 子婦島との, 小野寺十内は, 山侍たちの, 思いながら, 此の, 比肩すべき, 氏郷とを, 気脈を通じて, 瀬田とは, 瀬田渡辺と, 瀬田渡辺との, 瀬田渡辺庄司との, 父娘とが, 目と目を, 相識り, 睨み合って, 称して, 結び付けたの, 蘭軒との, 計らって, 語らい残兵, 諜し合せ, 都合四人で

▼ 父子~ (35, 3.2%)

1 [35件] あらずやと, あるので, おかれては, しろ誰, とりあげられて, なって, なる方, よく利害, よび出され, 不平を, 不満不平が, 与すよりは, 会心の, 伸ばして, 信貴越を, 加へ, 勧めた, 卷き上げられるぢ, 取次いだが, 対面を, 悔悟の, 手渡したと, 投げ与えて, 歌道の, 殺されたに, 毒を, 當り得る, 相續, 草本を, 言うこと, 誘はれて, 軽く会釈, 追いつめられて, 降伏を, 馬鹿な

▼ 父子~ (33, 3.0%)

1 [33件] いよいよ都, この辺, その噂, その煩悩さ, それには, ついにここ, ひかへて, みな幕を, 一層誠忠, 不在證明が, 二代を, 交じる, 亦踴躍, 傷つき弟, 傷を, 兵力を, 凡愚と, 参加した, 土佐と, 大原も, 姫路から, 強つてお, 当然それ, 彼に, 御役, 未だ考へ得ない, 根城を, 此処え, 田んぼの, 萩の, 裏切りして, 許された, 遂に機先

▼ 父子~ (15, 1.4%)

1 [15件] あんなにお, ござりまする, すら果たそう, その死体, 作つた如き, 多津吉, 度々遊び, 御相傳, 持ちむすめ聟, 看護を, 私を, 結婚は, 身に, 遼海の, 食事を

▼ 父子とも~ (9, 0.8%)

1 にロオペ, に一獄, に計っ, に講壇, 其処に, 多年御, 御心安く, 御首, 思わず追いかけ

▼ 父子~ (9, 0.8%)

1 これを, 下った, 下るもの, 伝えて, 対して, 御肴料, 御謀り, 申し告げて, 討手の

▼ 父子兄弟~ (9, 0.8%)

2 の間 1 とも頭, のあいだ, のあの, の戦い, の産, の絶え間, の説

▼ 父子二代~ (8, 0.7%)

1 かかって, こういう事, つづいて, のうち, の傾向, の忠義者, の積悪, の縁故

▼ 父子三人~ (7, 0.6%)

2 の淋しい 1 が口, とも熱, のみ生き, の噺, は壕

▼ 父子~ (7, 0.6%)

1 によろい姿, に別条, に句作者, に獰猛リミニ, に立のき, に西丸, に討死

▼ 父子には~ (6, 0.5%)

1 いつまた, どっちも, はっきりひびかなかったらしく, ロンドンで, 出逢はず, 影の

▼ 父子~ (6, 0.5%)

1 ぜ, 佐々成政などと, 別荘居残り, 平大納言時忠, 玉枝の, 番頭達の

▼ 父子二人~ (6, 0.5%)

1 が身, が遅れ, で杉田, で河原, で責め折檻, の習慣

▼ 父子から~ (4, 0.4%)

1 一鞭の, 事起っ, 何事か, 聞いて

▼ 父子~ (4, 0.4%)

1 て尽くそう, て来る, て欺いた, て町

▼ 父子との~ (4, 0.4%)

1 交は, 偶然な, 応酬を, 間に

▼ 父子とは~ (4, 0.4%)

1 いいながら, お心入れ, 相識では, 縁故の

▼ 父子にも~ (4, 0.4%)

1 わけて遺族, 安彦君にも, 親しみの, 酌し

▼ 父子~ (4, 0.4%)

1 たずさえて, 争う浅ましい, 依り懽少, 見ず

▼ 父子に対する~ (3, 0.3%)

1 お咎め, 崇拝が, 疑惑は

▼ 父子夫婦~ (3, 0.3%)

1 の間, または兄弟, 老穉更相食

▼ 父子そろっ~ (2, 0.2%)

1 ていや, て永く

▼ 父子づれ~ (2, 0.2%)

1 の荷車, の釣り旅

▼ 父子であり~ (2, 0.2%)

1 ながらの議論, 北齊書を

▼ 父子とともに~ (2, 0.2%)

1 丹波へ, 焼き殺さるるほか

▼ 父子と共に~ (2, 0.2%)

1 会飲しめやかな, 囲炉裡の

▼ 父子など~ (2, 0.2%)

1 みな去就を, 次々に

▼ 父子などの~ (2, 0.2%)

1 やうな, 目録學に

▼ 父子に対して~ (2, 0.2%)

1 氏郷を, 気の毒で

▼ 父子までが~ (2, 0.2%)

1 山の, 賛成だった

▼ 父子より~ (2, 0.2%)

1 他に, 成立ち飯綱権現

▼ 父子一族~ (2, 0.2%)

1 の住居, の首

▼ 父子三人家康~ (2, 0.2%)

1 に味方, に従って会津

▼ 父子三代~ (2, 0.2%)

1 に亘り, のあいだ

▼ 父子~ (2, 0.2%)

1 由内々有計, 親

▼ 父子二人きり~ (2, 0.2%)

1 の不自然, よりか寛ぎ

▼ 父子代々~ (2, 0.2%)

1 で御, の音楽家

▼ 父子~ (2, 0.2%)

1 にはただ, のあ

▼ 父子兄弟間~ (2, 0.2%)

1 の容隱, の権力争

▼ 父子共謀~ (2, 0.2%)

1 だ, のうえ

▼ 父子別居~ (2, 0.2%)

1 についての一通, の話

▼ 父子及び~ (2, 0.2%)

1 荀王阮の, 門下の

▼ 父子同じ~ (2, 0.2%)

1 からざること, 血を

▼ 父子商会~ (2, 0.2%)

1 の名前主, の雇人

▼ 父子対面~ (2, 0.2%)

1 の巧緻, の賀

▼ 父子~ (2, 0.2%)

1 対面なされた, 恩の

▼ 父子相伝~ (2, 0.2%)

1 のこの, の天職

▼ 父子絶縁~ (2, 0.2%)

2 の状態

▼ 父子連署~ (2, 0.2%)

2 して

▼ 父子銀行~ (2, 0.2%)

1 の行員, の頭取

▼1* [163件]

父子あるものは, 父子いずれにもい, 父子いちどに御, 父子いっしょに暮らそう, 父子および三条実美以下の, 父子このたびの, 父子さえそれを, 父子すらもその血, 父子その分家で, 父子ただ二人再び帰らじ, 父子ただ二人名残の遊び, 父子と踏ん, 父子だけであるが, 父子って何者だ, 父子づれで杉の木, 父子であったとか天皇, 父子である以上この, 父子でございましたよ, 父子でさえその際, 父子ですが実は, 父子でも江戸の, 父子という相関関係に, 父子とでも云は, 父子のである, 父子などがその例, 父子などにもきょう自分たちの, 父子ならば血液, 父子にて牧の, 父子にとっては無量な, 父子にのみ集めさせて, 父子によって発見せられた, 父子のみ揃うて, 父子ばかりでなく一族末輩, 父子ふた手に, 父子ほどこの半年, 父子ほどに違う, 父子もしくは特志な, 父子よりもよッぽ, 父子らしい語らいはまだ, 父子わかれわかれになっ, 父子われへ同心一味, 父子をも手なず, 父子ウエストミンスターのカクストン, 父子ミュッセドオデエなどである, 父子先トシ尊卑ノコトナルハ君臣ヲ, 父子一室にくつろい, 父子一座として寄り添っ, 父子一體豈可, 父子三人将軍に狐, 父子三人従者も何, 父子三人扉口の方, 父子三人皆彦根に居つた, 父子三名に従う, 父子三善文衡中原清景橋本氏光などの持明院統, 父子上京して, 父子世嗣の問題, 父子両方で二十二万石, 父子中村孫兵次山内猪右衛門木下助左衛門弟の勘解由, 父子主従たった三人, 父子主従三人一緒に死ぬ, 父子主從三人一緒に死ぬ, 父子久しい間反目の, 父子二人暮らしではない, 父子二代がかりの彼, 父子二代三代にかけて尼子, 父子二千を以, 父子二神の姿, 父子となり, 父子仙石堀長谷川日根野浅野戸田高山一柳などのおよそ, 父子何事かと驚きおっ, 父子兄妹三人の手, 父子兄弟三名をあらためて, 父子兄弟各々業を異に, 父子兄弟夫婦の異, 父子兄弟夫婦朋友その他あらゆる無数, 父子兄弟妻子をし, 父子兄弟相争う悲劇, 父子兄弟相鬩ぎ骨肉互いに啄もう, 父子兄弟陸遜, 父子公一の妻由子, 父子共々力を, 父子共立籠ること, 父子典厩信豊その他の一族, 父子内応して, 父子會の, 父子なく冬, 父子前後十二年の苦闘, 父子医師の寺井玄渓, 父子南北史は李大師, 父子及岡西養玄を表出, 父子友達の如き, 父子叔父甥かたらいあって, 父子各各その道を, 父子各自の身上, 父子吉野山出語あれば, 父子樣の, 父子同名なる故, 父子同村大出の松沢元太郎氏, 父子同棲するも, 父子君寵を恃, 父子君臣夫婦長幼の大, 父子喧嘩を取, 父子四人が勢五百騎, 父子因縁ありて, 父子土屋兄弟以下討死相伴の衆, 父子坪井信道箕作阮甫杉田成卿兄弟および緒方洪庵等, 父子多助は嬉し涙, 父子大阪より上京, 父子天縦の豪雄, 父子夫妻最親至愛, 父子夫婦以下總て他, 父子夫婦兄弟の際, 父子夫婦長幼たがいに, 父子れなるを, 父子少し南に, 父子岡西養玄の往来, 父子島田篁村兼松石居根本羽嶽に漢医方, 父子平八郎の陰謀, 父子平安等房寛の陣, 父子必死に防戦, 父子情調だ, 父子意見の衝突, 父子揃っている, 父子救援の為, 父子数代の歴史, 父子既に危かった, 父子普恩寺入道または赤橋守時, 父子木村隼人佑藤堂与右衛門小川佐平次加藤光泰などの全, 父子来訪いつしよに, 父子東西に分れ, 父子松田の三人, 父子桜井の訣別, 父子様間御下向, 父子橡谷山には徳山, 父子死すとも北条家, 父子死んだ浪路より, 父子殺害の犯人, 父子殿して, 父子母子の悲涙, 父子無事の対面, 父子熊本の牛島盛庸等, 父子はすず, 父子狎れ合いの仕事, 父子生駒稲葉堀尾脇坂などの部将, 父子男女無別, 父子皆画ヲ能クス, 父子相姦が禁じられる, 父子相續して, 父子禮之故也, 父子に寄せた, 父子義絶す云々, 父子もあるだらう, 父子草母子草あゝこれ, 父子に詣り, 父子血合せの法, 父子襲名であらう, 父子討死し親房, 父子諸共に切死, 父子連れだそう, 父子邂逅にはじめて, 父子離散実にいかなる, 父子離散實に如何なる, 父子離散病死毒死誰のため