青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「父さん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

燕~ 爆弾~ 爆発~ ~爪 爪~ ~爲 爲~ ~爲め ~父 父~
父さん~
父上~ 父子~ 父様~ ~父母 父母~ ~父親 父親~ 爺~ ~爺さん 爺さん~

「父さん~」 1939, 21ppm, 5492位

▼ 父さん~ (403, 20.8%)

6 自分の 4 それを 3 呑ぬけ, 子供心にも, 年を

2 [26件] ああいう, いくら僕, お前が, お前達に, お家の, お酒, お雛, その蝶々, まだ幼少, 人に, 何うし, 何してる, 何んにも, 僕の, 居ますか, 斯う, 榎木の, 次郎の, 気が, 爺やに, 自分が, 袖子の, 詩の, 論語だの, 近所に, 馬だ

1 [332件] ああ帰っ, あなたが, あの, あの児, あの時, あの晩, ありません, ある亞米利加人, あれで, あれは, あんたの, あんなこと, あんな事, あんな家, あんまり親分, いいお, いい人, いつか河原で, いつでも, いつもやかましい, いつも仕事, いるん, いろいろな, うちで, うれしくて, お主, お前こういう, お前の, お前達の, お前達を, お墓參, お家へ, お寺の, お年の, お気の, お灸, お腹の, お金を, かう言つて, きっと御, きょう朝倉先生を, こ, こう云われる, このごろ自分が, このペン, この四五日今, この好き, この家業, この少年, この年, この花, この間から, これから何処, こんなこと, こんな暗い, しきたりが, しきりと, すぐ役人, すこし可哀そう, すつかり, そういう心, そうやっ, そう云っ, そこい, そのきたない, その凧, その新しい, その時分, その木, その用意, そりや, それだけの, それでは又, それ以上の, そんなこんなで, そんな惡, ちぢこまって, ちやびんと, つくったこと, つまさきで立つ, どういう返事, どうした, どうしたでしょう, どうしても行けない, どうして僕, どうしました, どうでも, どうも作り, どこに, どっちが, どんな悪い, なあに, なかなか帰っ, へらへらと, ほかに, ほんとうを, また凧, また袖子, まだいる, まだ九歳, まだ帰らない, まだ本当には, めったにいっしょ, めづらしく思ひまし, もうとうに, もう帰った, もう貫一さん, もしかする, もとは, やがて帰っ, よくその, よくその道, よく馳, よっぽど心配, ゐるかい, ゐるん, コワい眼付, シナ人で, トトトトト勢よく, 一人で, 一寸と, 一日よそへ, 一生懸命働い, 一生懸命金を, 三吉の, 上りにくい, 九つの, 九州炭山の, 二十二三だ, 云つた, 些も, 京の, 人樣に, 今の, 今日も, 今日正木へ, 仏蘭西という, 伯父さんに, 伯父さんの, 伯父さんや, 何う, 何かの, 何し, 何という, 何と言つて, 何にも, 何を, 何ん, 何処へ, 何故坊主, 何處へも, 偉かつ, 僕を, 元気かい, 先に, 先之, 内心ガツカリした, 内証で, 凧の, 出掛けて, 初めて消防夫, 割り出して, 化けるね, 十に, 半信半疑の, 友伯父さんと, 同胞新聞を, 品物の, 問屋の, 嘘を, 四五日前ちょっと, 図々しく勉助, 壮士の, 外出, 外国の, 外套を, 大いに督戦係, 大丈夫です, 大層喜ん, 大抵金曜日, 好いナア, 好い事, 好くちび, 子供っぽい, 子供で, 学校の, 宵寢だ, 家に, 家へ, 寄宿舎を, 實に, 小さい支那, 小さな鞄, 小田原の, 小説出, 尾張者じゃ, 居りやすか, 屹度御, 左様云つて, 帰ったね, 帰って, 帰つ, 帰らないけれどね, 帰りなさらないん, 平生から, 役人でしょう, 後にも, 御用金, 御留守, 御砂糖, 心が, 忌がる, 応召し, 怒って, 怒つて, 怒つてる, 思ひました, 悪いと, 惜しいこと, 意気地なし, 懲り性, 手の平を, 手紙を, 手細工が, 打遣っ, 打遣つ, 承知しなかった, 敵同士だ, 明方からの, 昨日どこの, 暖簾にか, 更に首, 書斎にばかり, 最後に, 最早御, 朝日が, 木の, 木曽川の, 未だこの, 未だ怒っ, 未だ怒つ, 本當, 東京へ, 枝から, 枝に, 校長にも, 桑の, 機嫌が, 此処で, 此処に, 此頃どうしていらし, 歸つ, 歸らない, 死にたいの, 死ぬほど, 死んだの, 死んだんぢ, 死んで, 毎晩酒を, 氣の, 水の, 海へ, 湯槽に, 無論僕, 無骨な, 煙草盆を, 煮団子, 燕の, 特別に, 独りじゃ, 珍しくお, 甘いから, 病氣やら, 百軒目の, 皆んなに, 目白の, 知つてる, 破れシャツ破れズボンザン切り頭で, 確かに, 神棚の, 私が, 私の, 私を, 種々な, 空つと, 立派な, 笑った, 笑つてそれを, 笑ふ, 答へ, 節の, 約束した, 紺の, 締りもろく, 繁の, 美濃へ, 老妻, 聞き入れなかった, 芸者などに, 苛, 茶の間の, 薄々承知, 薄情だ, 薄眼, 蝙蝠と, 表庭, 袖子を, 裏の, 西洋料理の, 視線さえ, 言つて居ました, 話しました, 誰かの, 誰の, 赤紙が, 近所まで, 金之助さんを, 金錢が, 鉄線模様の, 非業の, 頬髯が, 頸を, 額に, 顔色を, 食べませんでした, 馬丁の, 馬方の, 馬車の, 魚に, 鰥で, 鶯が, 黙って

▼ 父さん~ (367, 18.9%)

15 お家の 7 お家へ, ところへ 6 厄介に, 所へ 5 田舍では 4 お友達, ことを, ように, 幼少な, 心を, 方が, 田舍の 3 ために, 傍と, 前で, 好きな, 子供の, 御機嫌, 生れたところ

2 [25件] お家では, お帰り, ふるさとです, やうに, マント, マントは, 事も, 使に, 博士も, 国家社会の, 姿を, 幼少い, 御都合, 心持は, 方にも, 本當, 村へも, 様に, 漢詩は, 猿廻だ, 田舍は, 留守に, 話では, 遺言だ, 顔を

1 [222件] ありがた味が, お古が, お墓, お墓参り, お家で, お家でも, お家には, お家にも, お家は, お家へも, お帰来, お留守居, お相手, お話が, お話ばかり, お話ばかりを, くちぞ, ことだ, ことなんか, ことも, こと考えかけた, こと考えてる, そばで, そばに, ためだ, ためなら, ためにも, だ, ところから, ところに, ところへは, ところを, とった一二枚, はほら, は一週間, ほうが, やうな, よく遊んだ, を出し, ホントの, 一周忌は, 一番好きな, 一番樂しみな, 三十も, 上着は, 世話を, 中に, 事だ, 事を, 云うところ, 云うには, 云う通り, 云は, 云ひ, 云ふ, 云われる事, 人形娘であった, 人形娘では, 仇が, 仇は, 今朝出, 仕事場に, 代まで, 伝法で, 借りたお金, 側に, 側へ, 傍に, 優しい声, 兄弟の, 出入りの, 刀だ, 分ける金, 力を, 友情を, 口真似ばかり, 古服, 名から, 名は, 営業の, 声だらう, 声に, 如きも, 妹は, 妾の, 姿が, 姿は, 子だ, 子だつた, 子供にな, 家では, 家に, 家には, 家の, 家を, 家業が, 宿題に対する, 寢る, 小ボブ, 小學校友達, 小言は, 屍体が, 市之助は, 師匠だけ, 席へ, 帰るを, 年回でも, 度胸は, 弟である, 役目でした, 御帰り, 心が, 心は, 心持, 心持を, 怒るの, 恩を, 惡い, 意久地なし, 愛は, 所に, 所作だ, 手に, 手伝いを, 手蹟だ, 持ってたもの, 故郷です, 方で, 方は, 方へ, 方も, 方を, 曲つた望みを, 書いた物, 書く平次, 最愛の, 村では, 村でも, 村なぞに, 村には, 村の, 村のは, 村は, 来るの, 棒で, 様子は, 死骸を, 気持は, 氣風を, 為る事, 生れたお家, 生れた山地, 生れた村, 生れた田舍, 生れた神坂村, 生れない前, 産んだ子, 用を, 田舍には, 田舍を, 畑の, 畠に, 番だ, 癖に, 眞似, 眼に, 眼の, 知り合ひも向方, 祖母が, 祖母さんの, 竹竿に, 筆跡に, 米僊先生が, 米僊先生とは, 締めて, 耳に, 聲を, 肚には, 肚は, 胸に, 膝から, 膝に, 自由に, 草履の, 荷物は, 螺鑽を, 血を, 行くところ, 行く先に, 見て, 言った通り, 許で, 許へ, 訳だ, 話あ, 談話が, 謡を, 財布へ, 足は, 身に, 身にな, 身の上を, 身を, 身体に, 身体を, 迷子札ぢや, 遊びに, 道具を, 道具係だつた, 道連には, 達ての, 遺伝を, 遺書を, 都合を, 金時計です, 鑿も, 頑固にも, 頭の, 頭を, 頸に, 顔にも, 食べる物

▼ 父さん~ (313, 16.1%)

8 わたしを 5 帰って 3 来て, 東京へ

2 [18件] あの人, お家の, そんなこと, 何か, 呼び付けて, 子供の, 弓が, 抱いて, 死んだ後, 殊による, 生れて, 私の, 自分で, 草を, 言ひました, 話して, 遊びに, 龍華寺の

1 [258件] あすこに, あすこの, あの乾, あまり遅い, あんなにな, あんな商売, あんな女, あんまりだつた, あんまり怒る, いないん, いなかったらとっく, いらっしゃいッて, いる, いるのね, いる二人, おっしゃったよう, おぶって, お出ッ, お前と, お前を, お前達と, お家から, お帰り, お帰りなさる, お母さんを, お金を, お隣の, ききとがめました, きっと早く, こいつを, ことばを, この時, この話, これこれだ, さぐって, するから, そう云う, そう云ったら, そう言った, その小さな紫いろ, その方, その狐, そりや, それだ, それを, たずねた, たずねて, つごうが, どこも, ないん, ばかだ, ふところに, ほら時ちゃん, またいい, また節ちゃん, もっと上等, やって, やっぱり女, よく宿酔, よく遊ん, よしたらお前, わがまま言っ, ゐるらしいの, アメリカで, ニコ, ピンと, ポチを, リヤカーを, 一つ抱ッこし, 一つ見, 一人居, 一所だった, 丁度一代, 上野の, 下から, 不思議を, 二つ部屋を, 二人に, 亡いと, 亡くなつたつて, 人生を, 今に何, 今日いろんな, 今言つた通り, 仕事を, 何うし, 何と, 何べ, 何歳の, 何處へ, 信州に, 俵屋に, 倫敦で, 僕を, 先刻話した, 兎, 兎に, 入寺, 入用な, 全くそれ趣味, 全く申訳, 其方が, 出一番, 分らなかったかねえ, 初めてあ, 助けて, 千円位は, 危い, 参りましたよ, 又主人, 吉原の, 呼んだら返事, 呼んで, 呼んでるよ, 嚔を, 国会開設の, 外出など, 夜一つも, 夜毎に, 大きい声, 大の, 大よろこび, 大好きだ, 大急ぎで, 大怪我, 大變, 好きか, 好きだ, 好きな, 家へ, 尋ねましたら鶺鴒, 居た方, 居ないの, 居なくたって, 居るよと, 居る時分, 屋根の, 巴里で, 帰ったあと, 帰つ, 帰つてから, 幼少な, 弾かれたやう, 彼奴は, 往きに, 待って, 待ってるよっ, 待つて, 御亡くなり, 御土産, 御存じじゃ, 御褒美, 御飯の, 御飯粒で, 心配し, 怒るだろうかま, 急いで, 恋しいこと, 悪いんぢ, 悪かった, 我々の, 戻るや, 房ちゃんに, 承知しない, 承知しないでしょう, 押入の, 持つて, 捕まったの, 描いたん, 救い出して, 斯んな, 旦那樣から, 早く帰つて, 明日御, 昔あの, 昨日この, 時計を, 晃兄さんを, 暗いうち, 木やりくずしか, 村役塲の, 村長さんに, 来る真, 柳の, 梨の木に, 楽しむという, 武者繪の, 歩いて, 死く, 死ぬ前, 死んだらたくさん金歯, 殺されたと, 殺されたん, 殿様から, 氣を, 水車へ, 法律家だ, 泳がして, 洋服を, 炭を, 片輪, 独酌の, 獨り, 獨りで, 玄關の, 生きたまま, 生きて, 生き返った, 留守だ, 留守だった, 病気で, 病氣で, 皆な, 真珠貝を, 石垣の, 祖母さんから, 竹馬の, 笑ひ, 笑顔を, 絲を, 綺麗に, 聞きましたら, 聞きましたら麥, 自分の, 茶の間に, 荷物の, 蝶々を, 袖ちゃんを, 裏庭に, 見えたから, 見て, 言うとおり, 言うん, 言ひます, 言ます, 許しては, 調べに, 謡を, 讃めて, 買って, 輪でも, 這入り御, 連れて, 遊びだ, 遊び廻つた谷間と, 過多甘やかす, 遠い外國, 那如し, 酔つて来る, 金庫を, 釘附に, 長い間留守, 隣の, 雀に, 預かって, 食えと, 馬車を, 鬼更紗の

▼ 父さん~ (119, 6.1%)

4 叱られて, 御馳走し, 教へて 2 似て, 取り成し様, 御目, 御話, 断然御, 蔕を, 言ひました, 話を, 讒訴しやしない

1 [89件] ああ言っ, あやまって, あやまらせたくない気持, いろ, おあがり, お神さん, お詫びします, お願, お願いし, きかないと, きつぱり意見, ここで, この蟇口, しゃべったと, そつくりだ, たったひと目, だかれて, ちが, つれられて, なったり, なってる筈, やって, よく考え, よく考へ, 一つ指図し, 上げましょうね, 云ひつけ, 仰しゃったっていうじゃないか, 会つても, 会はう, 催促せられ, 出した手紙, 出られて, 分けて, 別れて, 向つて, 呉れたの, 呉れました, 問はれたら, 善く話, 嘘は, 嫌われたから, 宜敷言, 尋ねねました, 彼處を, 御帰りなさい, 心配させよう, 悪いから, 悪いからって, 手紙なんて, 手紙を, 拾はせ, 指して, 捕まると, 探し廻らせては, 書いた物, 毎晩お前の, 気の毒だ, 済まないじゃ, 済まないだけ, 済まないと, 済まない丈, 渡して, 無理な, 癪に, 相談し, 知れたら大変, 穗先の, 竹の子を, 置いて, 聲を, 股眼鏡し, 見せる, 言う時, 言っては, 言ふ, 訊いて, 話して, 話す筈, 誤解されたっ切りで, 逢いに, 逢ひ, 連れられて, 酒を, 酸醤の, 隨い, 願って, 飮ませ, 默って

▼ 父さん~ (107, 5.5%)

6 母さんも 5 阿母さん 3 踏かへ 2 あり母さん, 兄さんも, 御母さん, 貰った, 馬鹿に

1 [83件] ああおっしゃる, いる, いるの, うなずいて, お母さんも, お祖母さんも, お金が, この身上, これで, これまでよりは, こんな道楽, さうだ自分, しいて, しかし今日, ずいぶんな, その太鼓, その小さな鞄, その書院, それを, そんな大きな川, とても, どこへか, どんなにお気, どんなに幼少い, どんなに顔, まだ二人, まだ帰らぬ, もうここ, もう次郎, やつぱり貫一さんが, やるん, よく承知, よく見, よく鰍, 一緒に, 今に, 仲, 伺う筈, 余程兄弟孝行, 元気, 凧を, 到頭此様, 困って, 困るでしょうから, 大たい, 大抵な, 奢ったねえ, 奮闘し, 姐さんには, 嬉しかつ, 学校には, 少し怖く, 帰って, 年を, 御一緒, 御出なすった, 御無事, 急に, 惡かつ, 折角来た, 故障を, 昔は, 昨日は, 時々姐さん, 未だ堕落以前, 根気が, 江戸っ子である, 江戸で, 泳いで, 浩さんも, 爺やに, 疲れた, 皆お前の, 石ころの, 考え直す, 聞いて, 能くお, 自動車なんか, 間の, 雀と, 馬籠の, 馬車に, 驚いた

▼ 父さん~ (62, 3.2%)

5 一緒に 3 一処に 2 いっしょに, 呼んで, 御一緒, 御母さん, 母さんが

1 [44件] いい争った, いっしょだ, いっても, くっつきますか, どちらが, なるたけ一緒, はじめて水泳, 一人の, 一度きり, 並んで, 二人で, 云ったね, 云ふ, 仲善し, 仲好しに, 俺と, 僕も, 冬子さんと, 別れてから, 千代松と, 同い年でし, 同い年でした, 同じ所, 呼びならわして, 喧嘩を, 太郎とを, 太郎女中さん安積へ, 妹が, 姉さんと, 娘を, 宗近, 旦那樣の, 母さんで, 母さんでしょう, 母さんと, 母さんの, 浜で, 町に, 私とは, 萬朝と, 言つて居た, 貴方の, 魚, 魚とは

▼ 父さん~ (52, 2.7%)

3 怠惰者に 2 一番怨ん, 待つてるよ

1 [45件] お待ちでございましょう, かねちゃん, しぼり取ろうと, ひとみしりした, よく見, 仲の, 便りに, 側へ, 刺したの, 助けて, 呼ぶわよ, 呼んで, 困らせ三年前, 大事に, 尊敬しました, 引いて, 待ち構えて, 怒らせました, 愛してるって, 愛してるね, 抱いたり, 持たして, 捉まえ, 探して, 殺した人, 殺した犯人, 殺しは, 殺し小三郎さん, 牢へ, 笑わせた, 縛つて行く, 苛めちゃ, 見かける度, 見て, 見失つて, 見舞って, 言ひなだめに, 訪ねて, 誘ひました, 誘ひましたが, 負つ, 起して, 踏付に, 送る言葉, 連れに

▼ 父さん~ (50, 2.6%)

12 阿母さん 5 母さんは 4 御母さん, 母さんに 2 おれの, 母さんが, 母さんの

1 [19件] おひろさん, お母さんが, お母さんに, お母さんは, お祖母さんまでが, 上級生の, 僕は, 兄さんだち, 兄さんに, 妾には, 姉さんや, 小母さんに, 弟さんが, 恭ちゃんは, 母さんと, 母さんには, 母さんも, 祖父さんは, 私には

▼ 父さんから~ (31, 1.6%)

2 何返, 又胆力, 御談義, 聞いたん, 見れば

1 [21件] あやまっとくから, ききました, ちよつと, また手紙, まだ手紙, もし為替, もらったと, 一家づれで毎日潮浴び, 云はれた, 云われた通り, 十分に, 厚い木, 受け襲いだ財産, 叱られるかも, 叱られるやう, 奢って, 奢つて貰, 手紙を, 旨いもの, 聞いたら叔父さん, 貰った手紙

▼ 父さん~ (26, 1.3%)

3 とて私, よ

1 [20件] からあれ, からそんな, からという, からなあ, つてもう, つて左う, つて心ぢや, つて承知を, つて現在の, つて私だ, とお, とお婆さん, とは思わなかった, とばっかり思っ, と思っ, な, なあ, などと戯れた, わ, イ

▼ 父さんには~ (20, 1.0%)

2 僕が

1 [18件] お友達, これまで, ちっとも悪い, どうかナ, めづらしく思はれました, もう少し用, ミケランゼロの, 一番年長の, 内密じゃが, 内證, 初めて, 効力が, 心配かけない, 死なれて, 無いこと, 直ぐ繁ちゃん, 聞えませんでした, 見るもの

▼ 父さん~ (20, 1.0%)

2 のところ

1 [18件] からまた, がお家, がそんな, が東京行, だ, と違, にも寄つて, にも山, に話し, の国, の方, は, は坂, は笊, へ對, をお客さま, をよろこん, を引連れまし

▼ 父さんにも~ (14, 0.7%)

2 兄さんにも

1 [12件] いま少し, これっきり逢えなくなる, その製法, 困っちまうな, 国の, 母さんにも, 気の毒だ, 聞いて, 能う言うて, 賣つて, 頼んで, 頼んどいたが

▼ 父さん~ (11, 0.6%)

31 伊勢様へ, 光は, 光を, 寒そう, 提燈, 百姓し, 神さん貰う, 線香は

▼ 父さんだって~ (9, 0.5%)

1 あのとき, もう長い, ホントは, 一寸何, 嘘を, 妾だって, 悪い量, 母さんだって, 漸くこの

▼ 父さんどう~ (8, 0.4%)

4 したん 1 か承知, したの, しましょう, するの

▼ 父さん母さん~ (8, 0.4%)

1 がどんな, にすみません, にも僕, に世話, も, を御, 大きい兄さん, 憤り出し

▼ 父さんたち~ (7, 0.4%)

1 がここ, が厳然, だって負け, でしょうが, はおとなしい, はもう, ほんとに頓馬

▼ 父さん~ (7, 0.4%)

1 母さんが, 母さんには, 母さんの, 母さんを, 母さん二人なら, 母は, 父さん

▼ 父さん~ (6, 0.3%)

1 の耳, は母さん, は父さん, また龜, もう蠅, も行く

▼ 父さん~ (6, 0.3%)

3 を信じ 1 は大工, は学校, も

▼ 父さんこれ~ (5, 0.3%)

1 です, で雀, を口, を東京, 拗り立て

▼ 父さん~ (5, 0.3%)

1 あつたら, さへ, せう, 人車の, 御座ます

▼ 父さんとは~ (5, 0.3%)

2 打つて 1 全で, 又違った, 違ふんだ

▼ 父さん~ (5, 0.3%)

1 か面白い, してるの, しに, も商売, も言わなかった

▼ 父さんだけ~ (4, 0.2%)

1 あるわねえ, ならいい, 戻って, 越しちや

▼ 父さんです~ (4, 0.2%)

1 か, からね, か母さん, こと

▼ 父さんでは~ (4, 0.2%)

1 ありません, ございません, ないと, なくなって

▼ 父さんでも~ (4, 0.2%)

1 その日, ないくせ, ない人, 来たら何ぞ

▼ 父さんという~ (4, 0.2%)

1 のは, のを, 人が, 人は

▼ 父さんなら~ (4, 0.2%)

1 あのバルブレン, きっと何とかし, 何事でも, 必っと

▼ 父さんについて~ (4, 0.2%)

2 来い 1 市場へ, 語り昭夫

▼ 父さんをも~ (4, 0.2%)

3 お前をも 1 辱か

▼ 父さん一人~ (4, 0.2%)

1 が死ん, でたくさん, を置いてきぼり, 養って

▼ 父さん小母さん~ (4, 0.2%)

1 が十人, が決して, と浩一さん, の聖地

▼ 父さん父さん~ (4, 0.2%)

1 て君, と呼ん, また出た, 早く帰っ

▼ 父さん~ (3, 0.2%)

1 お杉, 御母さん, 父爺には

▼ 父さんちょっと~ (3, 0.2%)

1 これな, の違い, 聞きてえん

▼ 父さん~ (3, 0.2%)

1 やありません, やない, や無い

▼ 父さんとこ~ (3, 0.2%)

1 で昼めし, にねる, に行きたくなる

▼ 父さんはね~ (3, 0.2%)

1 それにね, 医者な, 私や

▼ 父さんまた~ (3, 0.2%)

1 おもしろい話, 出た, 餌を

▼ 父さんより~ (3, 0.2%)

2 兄さんの 1 三つ年長の

▼ 父さんあなた~ (2, 0.1%)

1 のお蔭, もあなた

▼ 父さんあれ~ (2, 0.1%)

1 はなん, は正

▼ 父さんおいで~ (2, 0.1%)

2

▼ 父さんがも~ (2, 0.1%)

1 どつて, どつて來

▼ 父さんこの~ (2, 0.1%)

1 向うへ, 頃食欲あります

▼ 父さんこんな~ (2, 0.1%)

1 お父さんの, ところへ

▼ 父さんその~ (2, 0.1%)

1 かはり蜜豆買つて, 杉の

▼ 父さんそんな~ (2, 0.1%)

1 事する, 事を

▼ 父さんだった~ (2, 0.1%)

1 のだ, のです

▼ 父さんって~ (2, 0.1%)

1 言うの, 言うん

▼ 父さん~ (2, 0.1%)

1 え人, 君の

▼ 父さんてば~ (2, 0.1%)

1 よう父さん, 何だつて花

▼ 父さん~ (2, 0.1%)

1 んだ, んていう

▼ 父さんなく~ (2, 0.1%)

2 とも

▼ 父さんなんか~ (2, 0.1%)

1 怖くない, 讀むやう

▼ 父さんはか~ (2, 0.1%)

1 ういつて教, ういふところ

▼ 父さんへの~ (2, 0.1%)

1 ん, 手向けだ

▼ 父さんまで~ (2, 0.1%)

1 侮辱する, 汚い髮結

▼ 父さん~ (2, 0.1%)

1 ちょっくら, 馬車あ

▼ 父さん今日~ (2, 0.1%)

1 はこれッきり, は大

▼ 父さん~ (2, 0.1%)

2 儲かるなら僕

▼ 父さん小父さん~ (2, 0.1%)

1 といったもの, にはどんな

▼ 父さん~ (2, 0.1%)

1 茶が, 覽

▼ 父さん恋しい~ (2, 0.1%)

2

▼ 父さん母さん姉さん~ (2, 0.1%)

2 を連れ

▼ 父さん母さん我が身~ (2, 0.1%)

2 をも粗

▼ 父さん皆んな申~ (2, 0.1%)

2 上げた方

▼1* [154件]

父さんあたし小さい時, 父さんあての返事, 父さんあんな鳥が, 父さんいつごろまで船, 父さんいつごろ父といっしょ, 父さんおはよう母さん, 父さんお金ならまだ, 父さんかけ合いで馬糞物語, 父さんからの最初の, 父さんからはたった一度, 父さんからも叔父さんに, 父さんがね主税さん病気が, 父さんこういったんだっけ, 父さんこそ駄目だ, 父さんこそは誰よりも, 父さんこんなにおいしもの, 父さんさえこれで, 父さんさぞ困ってるだろうなと, 父さんしっかりして, 父さんそつくりの顔, 父さんそれはもう, 父さんそれからみなさんさようなら, 父さん大變, 父さんたち頓馬だっていう, 父さんたら妾が, 父さんだけが今晩も, 父さんだけのためなら, 父さんてっちゃん, 父さんであり戦争画の, 父さんでさえそれを, 父さんでなけりゃお祖母さんさ, 父さんといふのは, 父さんとしていくらでも, 父さんとどつちが, 父さんとやらがあるの, 父さんとんぼも, 父さんどうかお手, 父さんどうして私の, 父さんどうぞ頼みますもう, 父さんどうも済みません, 父さんどこけ, 父さんなぞは何と, 父さんならわかってくれる, 父さんなんかに肖ない方, 父さんなんかをつかまえたの, 父さんなんぞと違って, 父さんなんていうの, 父さんにだってすまないわ, 父さんにでも会つて貰つて何とか, 父さんにゃ父親としての, 父さんに対する第一, 父さんのでせう, 父さんはじめ遠い親類達, 父さんはめつたにその, 父さんばかして飲んだわ, 父さんばかりいるこの, 父さんほかの歌, 父さんほど真っ直, 父さんぽい味です, 父さんまでがもし知らん顔, 父さんみたいな恰好, 父さんもう帰るの, 父さんやり切れないでせう, 父さんようちょっくら, 父さんよりか全く学者, 父さんよーう, 父さんわたしの父, 父さんダビットさん張さんそれからラウダさん, 父さんダビットさん張さんあそこだ, 父さんて毎日, 父さんて一体, 父さんテニソンの, 父さんママに言わない, 父さん一つひっぱって, 父さん一寸行って, 父さん一度は誰, 父さん一杯つけて, 父さん九郎右衛門殿を千日前, 父さんでも盆踊り, 父さん今さらお礼も, 父さん今夜はひとつ夜中, 父さん今晩は飮, 父さん仏蘭西は遠い, 父さん何だつて花には, 父さん何処へ行, 父さん何物か, 父さん僕ここに残る, 父さん僕たち不幸せなん, 父さん僕一人でやっ, 父さん僕正直になる, 父さん博士でっ, 父さんお忘れ, 父さん同様の商売, 父さん唐人髷に結っ, 父さん圓太郎をそっくりそのまま, 父さん大丈夫起きて, 父さん夫婦のところ, 父さん好きでしょう, 父さん阿母さん, 父さんの身上, 父さん富ちゃんなど野原, 父さん小さいその時, 父さん帰っておくれ, 父さん度々言ふ, 父さん式粉炭こっぽ, 父さんとはもう, 父さん彼自身より十歳, 父さん待って, 父さん後生だから, 父さん御免なさい繁ちゃん, 父さんうしましょう, 父さん悪いのに私, 父さん悪かったよ, 父さん憤らないって言った, 父さん房ちゃんが一号, 父さんをお, 父さんへてくれない, 父さんう云, 父さん日本ばかりで, 父さん早く帰って, 父さん春月亭の方, 父さん昨日あたし達に拵, 父さん木びき歌唄うち聞かせちく, 父さん柏原といふところ, 父さんという, 父さん母さん連はそういう, 父さんに懸けない, 父さんをあび, 父さん汽車の音, 父さん治郎氏のこと, 父さん済まなかつたね, 父さん済みませんがこの, 父さん無事で, 父さん父さんッて毎日, 父さん病院から電話, 父さん真ん中だそら, 父さん矢張り虹蓋の註文, 父さん知らないのかい, 父さん確りして, 父さん章魚で酒, 父さんが一緒, 父さん羽織を着, 父さん蒲生泰軒といずれ, 父さん蓄音機でもやりましょう, 父さん行くんだ, 父さんの障子, 父さん覚えておいでです, 父さん貴島の小, 父さん赤鬼が来る, 父さんをどけ, 父さん飲むの, 父さん重いかい, 父さん障子が張れました, 父さん駕籠賃をはらっ