青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「派~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

洗濯~ 洞~ 津~ 津田~ 洪水~ 洲~ 活~ ~活動 活動~ 活字~
派~
派手~ 流~ ~流し 流し~ ~流れ 流れ~ ~流れる 流れる~ 流石~ ~流行

「派~」 5697, 59ppm, 1950位

▼ 派~ (2317, 40.7%)

17 ような 15 人々の 10 人々は, 絵の, 連中は 8 ために, 人々が, 人々に 7 中に, 影響を 6 人の, 人は, 対立が 5 ように, 上に, 方は, 画家の, 者が, 運動は, 遺類

4 [18件] やうに, 人たちに, 作家の, 俳句集か, 僧, 僧侶が, 哲学者は, 対立は, 工人たちは, 態度を, 方に, 書を, 目的は, 絵を, 衰へ, 詩人と, 詩人を, 連中が

3 [40件] ごとく, ものに, 一人で, 二派に, 人々, 人たちは, 代表者たる, 作品には, 作品は, 作品を, 作家では, 作家は, 俳句の, 俳句を, 俳諧の, 傾向の, 僧侶等, 勢力が, 勢力は, 勢力を, 哲學者は, 大旨, 学説に, 學校の, 寺が, 影響の, 手で, 手に, 文学の, 文学を, 方が, 為めに, 爲めに, 画に, 画師に, 精神が, 絵に, 絵画を, 芝居の, 詩人に

2 [181件] おのれに, ことは, これに, これを, ごときは, ものは, やり方は, アイヌ皆竪穴に, カラス天狗が, 一人と, 一刀流を, 一大分裂を, 一種と, 中から, 中でも, 主将マリネッツイの, 主張する, 主義に, 事なり, 五人組の, 人々を, 人が, 人たちで, 人たちには, 人たちの, 人たちを, 人で, 人と, 人に, 人物に, 人達は, 人間とも, 仏教の, 代表者と, 仲間入りは, 何, 作品が, 作家が, 作家で, 作家でも, 作家として, 作家には, 作物は, 作物を, 作者と, 信仰に, 信仰を, 修道女で, 俳人に, 俳句に, 俳諧は, 像を, 僧と, 僧の, 僧侶も, 先駆を, 内治, 出で, 出現は, 分子までも, 別を, 制作によりて, 勝利を, 勢力の, 勢力次第に, 勢力膨脹を, 區別を, 反対を, 古学に, 名目が, 名篇に, 唱えるところ, 圧迫に, 大勝に, 大和絵師の, 大和繪師の, 大将株の, 大詩人, 天下を, 嫉妬, 学問に, 学生は, 学者が, 学者は, 學校に, 宣教師の, 宣教師達の, 宣言書第, 家臣たちは, 審美學を, 対立だの, 對比, 小説が, 小説は, 小説を, 尼寺に, 巨匠の, 巨擘たる, 彫金師として, 影響が, 志士に, 念仏聖として, 思想に, 恩顧を, 感情を, 或る, 戯曲を, 扶植に, 技法が, 文学, 文学である, 文学は, 文学的傾向に, 新聞は, 方で, 方へ, 日本に, 書の, 書法と, 最も極端, 本色を, 根拠も, 権力の, 歌人が, 歌人だった, 歌人の, 流れを, 牧師で, 特徴を, 田舎政治家は, 画の, 画家で, 画家は, 発達, 盛んに, 盟主を以て, 祖と, 空漠たる, 立場から, 筆に, 筆法を, 管長から, 統一を, 絵が, 絵は, 臭味を, 舞台装置の, 芝居を, 芸術と, 詩である, 詩に, 詩を, 詩人たちの, 詩人で, 詩人である, 詩人なり, 詩人の, 詩人等は, 詩篇の, 説を, 誰かを, 誰を, 諸先輩, 諸氏の, 議論が, 議論を, 貶斥に, 連中の, 運動が, 運動を, 道場で, 重鎮さ, 錚, 長と, 開祖の, 陰気な, 音楽, 音楽を, 領袖大石正巳氏の, 頭に, 首領である

1 [1610件 抜粋] あえてせざる, ある僧侶, うちに, お仲間, お寺に, きらいは, ことや, ごとく政治一方, すべての, ただ時の, ところに, どれにでも, ぬらぬらした, ほうの, もって, ものを, ようだ, わが人民, アイヌ皆石器土器を, イズムを, エヴェレストでも, クウ・デタにたいする, クリチク, コクトオ氏なども, コーヘンは, シュレーゲルの, ジユアン・ゴンサレ・デ・メンドウサ, チューブの, トマスが, ヒロイズムは, フェルメエルの, ポルトガル人ソメド, マラルメや, メロディアスな, ラマと, ルネッサンス論には, 一人が, 一人まかり間違え, 一僧あり, 一味を, 一後胤たる, 一派であります, 一画匠として, 一種として, 一論拠を, 一部に, 一隊が, 上京する, 不明快, 世に, 中からは, 中にも, 中傷の, 中心人物に, 中魯韓二派及び, 主張から, 主張に対して, 主持する, 主義の, 久和島栄湖であろう, 乾燥に, 予言者藤田東湖に, 二つに, 二大, 二種類ある, 亞流と, 京一さん組の, 人々で, 人々でも, 人々には, 人たちから, 人であった, 人には, 人を, 人若し, 人達から, 人達ばかりで, 今雄さんびいきの, 仏法学者では, 他に, 代表なる, 代表者の, 代議士は, 仲間へ, 会堂に, 但馬が, 何物たる, 作は, 作品などよりも, 作品の, 作家たちが, 作家たちを, 作家とは, 作家も, 作家ピエル・ルイスの, 作曲者達の, 作物又は, 作者は, 価値哲学文化哲学が, 保羅なり, 信條たる, 修道女に, 俳人であったらしく, 俳人によって, 俳人らは, 俳句が, 俳席らしい, 俳諧師これを, 倫理観スピノーザや, 傀儡と, 傑僧だ, 傾向と, 僧なりき, 僧ヂョン出る, 僧侶だった, 僧侶は, 僧侶ロージャー・ベーコン, 僧古, 僧院あり, 僧院を, 元気な, 元素伊藤左千夫氏は, 先生が, 先駆をな, 全勝を以て, 全部に, 公卿たちを, 公卿で, 公武合体公議政治論を, 典型, 内政旨義, 写生文が, 出る幕, 分れたこと, 分離が, 利用する, 創始者である, 創設者らは, 力強い構成, 助勢と, 動きが, 勝利だ, 勢力圏内で, 北村季吟の, 區別が, 半之丞は, 参考と, 反動思潮は, 受け持ちだった, 古畫, 各分派, 合戦絵図の, 同志の, 名を, 名刹で, 名工来, 名目に, 吟味は, 吾, 哲学が, 哲学ブレンターノや, 哲学者の, 哲學者を, 哲學者等は, 唱ふる如く, 嚆矢と, 図を, 国々では, 国学者が, 国粋主義者達と, 坊さんが, 基を, 墨摺絵また, 壮士六七人頻, 変り種だ, 外新に, 大主義, 大先達, 大名好みの, 大寺であります, 大教主, 大村組と, 大要, 天才で, 天球運動の, 女の, 女人を, 奴等を, 如きは, 如何に, 婦人詩人ギッピウスの, 存在を, 学問が, 学徒たちは, 学的系統を, 学者に対する, 学説に関する, 学風を, 學者は, 守旧を, 宗因とも, 宗教原理で, 宗皇帝を, 宝ラ・フォンテーヌの, 宣伝ビラとが, 室内風景なんかには, 家元で, 寄席にも, 富田渓仙氏に, 寺であります, 寺院異端に, 対照である, 尊王論に, 小説, 小説な, 小説や, 小説家は, 少女を, 尼君の, 山名貫義さんという, 山水なぞが, 岸本辰雄熊野敏三磯部四郎本野一郎の, 川島が, 左行派である, 巨匠が, 巨頭だ, 差し出した願書, 巴里機関紙, 師匠に, 幽婉体, 建前である, 弁護者として, 弱点で, 弾き手なら, 当流に, 彫像の, 影響による, 後殿として, 徒輩に, 復活であり, 志士たちと, 志士達は, 思惟に, 思想的背景としては, 怪奇も, 悪影響を, 情緒主義によって, 意見と, 感傷道徳に, 感覚も, 態度これより, 懷疑論の, 戒律を, 所屬を, 所謂経験的作品の, 手法によって, 手相学は, 批判主義は, 技巧を, 抗戦が, 指導下に, 捕虜を, 描きさうな, 擡頭が, 支那人は, 政府から, 政治家は, 敍情詩とは, 教えを, 教徒らが, 教育を, 文人たちの, 文壇を, 文士は, 文字に, 文学という, 文学即ち, 文学等には, 文学者や, 文学論法であり, 文学青年の, 文献主義者なる, 文藝上に, 新しい文士, 新俳句, 新論派, 方々だろう, 方からは, 方らしい, 旗持ちと, 日を, 日本画にも, 旨若, 明白なる, 是認する, 時代は, 時局的意義とやらに, 普化宗明暗寺に, 暴慢な, 書に, 書法を, 書論, 書風を, 有力なる, 朗吟法の, 朝比奈様佐藤様等の, 本である, 本塁は, 本山である, 本拠の, 本領, 李光明一派が, 条件は, 根が, 楽まざる, 樂まざる, 機関誌に, 欠陥を, 歌の, 歌を, 歌舞伎座において, 正教に, 正統を, 武士達でも, 死んで, 毒泉に, 気焔は, 求めるところ, 治療法の, 法理哲学に, 泰斗今の, 活躍した, 流行とか, 浪士達が, 深くふくむ, 清洒な, 演説会に, 激化と, 火論家と, 無理論性, 熱心は, 爲さんと, 父なる, 牧師であった, 物に, 物部氏中, 特色なり, 特色は, 独立せね, 猥陋なる, 王党員らと, 珍しい銅, 理外に, 理論を, 生命と, 用語例に, 申報や, 画人は, 画家でありました, 画家に, 画工とは, 画法に, 界を, 畫師に, 疲弊を, 発生と共に, 發展で, 白亭の, 皇甥を, 盛んな, 盟主である, 相續, 真価を, 真言宗と, 矛盾が, 砲撃は, 祖である, 神祕な, 神道家が, 禁慾主義者以上の, 私塾に, 科学者は, 秘密部を, 穏和進歩主義たる, 立場である, 立場を, 立言法は, 第一期, 筆頭として, 策動は, 策源地とも, 管槍も, 粉本から, 精巧な, 純一に, 組合に, 組織は, 経済学は, 結合の, 絵である, 絵などには, 絵師が, 絵画に, 經學は, 総帥山川均氏を, 繪とか, 美術を, 老女師匠から, 者か, 者と, 者に, 者らは, 聖餐で, 能海寛氏が, 自由党を, 興りて, 舞台的成功など, 良知良能禅僧の, 芝居とは, 花形の, 花鳥山水が, 芸術だ, 芸術は, 芸術家と, 芸術家らしく, 芸術絶対論は, 若手でも, 英法学者では, 菊坂長政は, 落語家が, 蒼ずんだ, 藝術の, 蘇我氏と, 蜂起は, 行動は, 西郷大久保木戸たちは, 見本の, 規定の, 觀方によ, 詩が, 詩と, 詩人たちその, 詩人であり, 詩人には, 詩人ソログープの, 詩人ロゼッテイの, 詩人共は, 詩人若く, 詩風の, 誣説の, 説に, 説教始まり, 論をば, 論拠に, 論理学, 諸君たちの, 諸将, 諸詩人達, 議論に, 豐山大, 負け色を, 賜なり, 起こりしも, 起らない以前, 趨勢一つでは, 跳梁は, 軍学も, 輩は, 通説に, 逸品や, 運動にとって, 運命を, 道を, 達人だ, 遺愛幼稚園と, 郷土文學スウェデンの, 重鎭, 銃口を, 長老の, 開山蓮華生, 開祖とも, 関係と, 限りない, 陥穽に, 陰謀は, 随一である, 集団に, 青年論客が, 面, 面々も, 音楽ダダイストの, 頭ゼノンは, 頭目も, 頭領で, 顔ぶれが, 餘燼輝く, 首領は, 首領男爵フォン, 驍將は, 高蹈派

▼ 派~ (409, 7.2%)

7 客観派との 5 称して 4 客観派の, 見做 3 いえども, 云ふ, 無技巧派, 称するもの, 称する者

2 [32件] いっても, いわれて, なしつ, なれり, 世間では, 云ふも, 今の, 其心事を, 其精神を, 写実派の, 同うする, 客観派, 屡々提携, 提携し, 提携せ, 提携せし, 提携せしめ, 政所派の, 板下派との, 理想派との, 異なるところ, 目される, 目す可, 目せらる, 目せらるる, 称せらるる, 自然派とが, 自然派とを, 見做す, 言うべきもの, 言われて, 雖も

1 [310件] あだ名され, あぶらや, いい得るの, いい攘夷派, いうと, いえど, いえば, いかなる関係, いちじるしく反対, いって, いひ其二, いふ, いふよりは, いわず最も, いわず王道派, いわれる三玄院, いわれる人々, いわん, おっしゃいましたが, およそ日本, これに, しめし, し之, すこぶる相, そのイズム, その弾劾派, その形, その根源, その間の, ちがい山水, である, なしむしろ, なす, なすこと, なすに, なすべし, なすもの, なす著書, なす講談会, なせし, なった時, なりその, なりて, なりほとんど, なりダダ, なり唯心的傾向, なり戦わないため, なり未来派, なり深き, なる, はなはだ相, はなはだ近く, まったく反対, みたらしい, みられる一部, むすんで, ややその, やや同, やや相反, やらいう団体, よばれた近代文学同人たち, よばれる一つ, よばれる一連, よび労働組合, アイデンチカルの, アルマグロ派との, エークスの, シュールレアリズムといった, スポーツ派, ダダイズムは, デモクラシック派との, ピエール・ド・ベリュールによって, フランス派との, 一致しない, 一致する, 三田派等の, 両立しない, 並行し, 予防派との, 二つが, 二つに, 二条派との, 云いますが, 云いますの, 云い新, 云うと, 云う名称, 云う方, 云つて宜, 云は, 云はれ, 云ふべき, 云われた一団, 云われる芸術家, 互ひ, 人道主義とについては, 他の, 佐幕派が, 保守派と, 先生派と, 光明派現実派と, 入りみだれて, 内政に対する, 内治派, 内閣審議会派とに, 写実派等の, 勤王派と, 印象派といった, 反対し, 反対したる, 反対派の, 反尊氏派, 号した, 合理派に, 同じく主として政治上, 同じ所, 同じ貧富, 同意味, 同時に非常, 同時頃に, 同様イタリアで, 名くる, 名づく, 名づくべき, 名づくる, 名づけたり, 名づけたるに, 名づけて, 名づけ末, 名づけ次, 呼ばれた一つ, 呼ばれた傾向, 呼ばれて, 呼ばれること, 呼ばれるもの, 呼ばれる人々, 呼ばれ一様, 呼び, 呼びたい, 呼びなした, 唯物派に, 国民論派とは, 地主派との, 垂直派との, 堕落派と, 多くの, 大いに異なる, 大いに異同, 大劇場派, 大学派は, 女性派と, 客にも, 客観派とが, 客観派とは, 客観派は, 客観派即ち, 対した結果, 対称区別し, 対立させ, 対立する, 對比する, 少しくその, 左翼との, 帝政派とは, 帝政論派との, 帝政論派とは, 幕府の, 建長寺派とに, 当時反, 往復し, 徹底的尊攘派が, 心理派と, 思われて, 抜刀を, 拮抗した, 排日派とに, 接触した, 攘夷派, 攘夷派の, 改進論派とは, 改革派という, 文学界派或は, 新たなる, 既成政党との, 旧左翼系, 曰ひたる, 木村派との, 本山反対派の, 本山派とに, 楽観派暗黒派と, 次の, 正反対の, 此派との, 武断派との, 歴史派との, 殆ど同じ, 民権の, 江戸派の, 活動写真が, 浪漫派と, 浪漫派とは, 浪漫派も, 為すは, 為れり, 無定見派経済的には, 爲すは, 爲れり, 片づけられる程堕落, 玄関派に, 王権論派とは, 理想を, 理論派との, 瑜伽行派との, 申しますの, 申す, 異同あり, 痴遊左楽しん, 皇甥派の, 皇道派の, 目され, 目された, 目せられて, 相似たり, 相反し, 相和し, 相容れざる, 相照応, 相異なる, 相策応, 相策應し, 相近く, 相近く自由論派, 相連繋, 相隔絶, 看做すべきもの, 眞古文派との, 科学派とに, 称える人, 称し, 称したるもの, 称しつねに, 称し明治, 称し自由党, 称すべきは, 称すべきものこれ, 称する一派, 称する利功主義, 称する流派, 称す可, 称せられる劇団, 称ばれ, 称ばれる, 稱し, 稱する, 競争せしめ, 競爭せしめ, 等しく単に, 策応しない, 絶交する, 絶縁し, 罵るに, 考えて, 肌の, 自ら名づけ, 自ら呼び, 自然派との, 自然派もしくは, 自由党派が, 自由派とは, 自由論派との, 自称する, 花派とを, 英国風の, 荷風薫氏等の, 著しく相違, 藩老の, 蛙殿, 西山派とに, 見つねに, 見ての, 見ないで, 見なされて, 見られて, 見られること, 見做さ, 言うは, 言うべきところ, 言うべし, 言うべし政府, 言うもの, 言うよりは, 言う何と, 言ったところ, 言つていい, 言ふ, 言われたヨーロッパ的小説方法, 言わん, 詩人に対し, 謂ふところの, 近くし, 近藤派とが, 近藤派とは, 連合し, 連絡が, 連絡できる, 進歩派との, 遠か, 非追討派, 革命派との, 高踏派或は

▼ 派~ (384, 6.7%)

4 政府の 3 これを

2 [23件] いつの, おもにこの, かの自由論派, この点, これに対して, それを, ただに, むしろ国権, 一向に尊重, 一変し, 亦終に, 人の, 人を, 人類の, 喜むで公を, 悉く相, 智巧なる, 更に組織改造論, 果して星氏, 立憲政体を, 第一期, 色を, 遂に最初

1 [331件] あえて国富, あえて抽象的理論, あえて民権, あまり感心, あらずその, いたずらに, いつだって, いつまでも, いつもより結束, いつも上位, いふ, いまの, いよいよただ, いよいよ燃え立っ, いわく, かくの, かつて存在, かのルーソー, かの二政論派, かの快活民権論派, かの改進論派, かの過激的民権論, けっして独乙, こう発達, ここの, この二原則, この二者, この時, この機, この自負, これだけしか, これで, これに, これより, こんな時, しきりに流言, すでに国民的特性, すでに攘夷, すでに梁田郡西部, すなわちこれ, すなわち然, すべて茶道の, そのよう, その中, その前, その名, その源, その目的, その祖先, その細目, その表面上, その論拠, たいていその, ただ唖然たる, つねに史蹟, ともに欧米, どうだ, なかなかどうして真っ正直, はじめてここ, はたしてその, はたして保守, ひとりのこらず有形無形, ほとんど共和政治, ほとんど史蹟, またも, またもこれ, また謀叛, また高, まったくこれ, まったく政府, みごとに, みないわく, みな既に, みな日蔭者の, むしろ奇矯, むしろ漸進家たる, もしほか, もっとでかい, もっぱら便益, もっぱら国富, もとより, もと同根, もと民選議院論, ようやく萌芽, エルヴイユウの, クラシズムの, コロポックルに, ドイツ風なる, ハルトマンが, リベラール論派なり, 一〇九八年に, 一つの, 一の, 一人も, 一国民自身の, 一層激しく, 一斉に, 一方において, 一方の, 一時の, 七百余名で, 主として政治法制, 主観主義である, 之が, 事を, 云うが, 互いにいかなる, 亡びは, 人智の, 人間性の, 今こんな, 今の, 今日有る, 他年の, 以為らく是れ乗ず, 以爲らく是れ, 伝統的に, 伯爵の, 何の, 何故に, 例えば川端康成氏, 個人と, 個人主義すなわち, 傲然と, 僞古文を, 兄弟に, 内容の, 内治干渉, 内部に, 内閣の, 写実主義文学に, 凡ての, 凱歌を, 出でたり, 初めより, 別に, 別に帝政論, 利益の, 力という, 勤王論の, 勿論その, 勿論一般, 勿論清朝, 北派を, 十年の, 単に抽象的原則, 参朝を, 又これ, 反抗を, 右の, 名前は, 味方とまでに, 哲學の, 唐代に, 四条派で, 団体を, 国体明徴派にまで, 国家または, 国家主義すなわち, 国富上の, 国権と, 国権を, 国権民権を, 国民の, 国民性時代などに, 国民的任務を, 城北中学校柔道師範講道館二段の, 外政上において, 多く戦争, 多面的な, 大なる, 天皇の, 女人を, 始めから, 嫌いだ, 官立学校において, 実にかの, 実にこの, 実にこれ, 実にわが国政党, 実に当時, 実に日本, 実に欧化風潮, 実に自由論派, 実に薩摩, 実に論派, 実に近代詩, 実は鴎外一人, 将軍の, 小党分立ともかく, 山田盛太郎平野義太郎を, 崩壊した, 帝政論派が, 帝政論派とともに, 常に個想派, 常識の, 幸いに, 当時に, 当時の, 当時まさに, 当時オリフラム紙や, 当時政府の, 当時政界の, 彼等独自の, 後嗣晴信を, 心理主義を, 心象の, 必しも, 必ずやジャヴェル, 急激民権派より, 急進家に, 恋愛を以て, 或る, 技師の, 折衷民権派より, 抽象的自由を, 持明院統と, 排外的論派に, 改進論派の, 政府攻撃派なる, 政府賛助派なりと, 政権の, 政権争奪を以て, 政權爭奪を以て, 政論と, 斉彬公の, 新きもの, 新しい插楽劇, 既に輝, 日本の, 日輪寺の, 明らかに, 明治法律学校を, 明治維新によって, 最下なり, 最新洋学者の, 極力事実, 極端に, 次の, 欣喜雀躍し, 欧米諸, 正反対, 此點に, 毒蛇悪, 毫も賛成, 民権拡張を, 民権論を, 法学院を, 泰西に, 流動を, 浪漫派の, 浪漫派を, 海外に対して, 無上政治を, 無産党である, 無能で, 物体も, 特に厳格, 狩野派に, 猶予なく, 猶劃然, 現在の, 現在まで, 理學の, 理想を, 申すまでも, 皇帝が, 目的の, 真に泰西, 硯友社の, 社交上において, 社交上の, 社会百般の, 神である, 私利私慾を, 空気を, 立憲君主政体の, 立憲政体すなわち, 立憲政体の, 第一, 第一帝国議会, 第二期, 経済上の, 経済論派に, 結局あらゆる, 絞首台, 絵画に, 絶えず捻じ合い, 翻訳民権派の, 自主自由の, 自家弁護の, 自治論派と, 自然を, 自然法学説を, 自由放任を, 自由論派と, 自由論派とともに, 自由論派より, 自由貿易主義を, 芽を, 英国, 英国の, 華族および, 藩閥内閣を, 蟄伏され, 衆議院の, 表現派や, 衰微し, 西洋に, 西洋へ, 解体合体合同し, 解散をもって, 認識論と, 論外だ, 議院尚早論を, 貧富強弱の, 貧富智愚の, 賛成だ, 足尾銅山の, 逃走し, 進歩主義の, 遂に浪漫派, 違うが, 違ふ, 選挙が, 都市を, 重厚な, 関の, 隠然三種に, 露骨にも, 首切り法案

▼ 派~ (382, 6.7%)

18 分れて 12 して 11 属して 10 別れて, 属するもの 9 屬する 7 わかれて 6 反対し 5 あらずして 4 なったり, 分かれて 3 ありては, しても, 対立し, 屬し, 比すれば

2 [22件] あっては, あらざるなり凡そ, ありて, せよあるいは, なると, 云はせる, 傾き中, 傾倒し, 分かる, 分かれ一方, 分れた, 分裂する, 別れまして, 対抗し, 属するとか, 属する文学, 属する若い, 屬す, 於て, 至りては, 近づきたるとき, 非ざる

1 [227件] あき足りなくなって, あったの, あつて, あるよ, いたりては, いちじるしき点, および土佐, かかはらず我が, しかめッ面, したがって, しろ主張, しろ抽象派, しろ新, すぎないところ, すぎんですよ, すっかり吹き込まれ, せずには, つきまとふ形式主義, つぎ詩的精神, なって, なつた, なつたつ, ならねば, なりまして, なる, なるから, なれるよう, ひき込まれて, ゆかりの, よしみが, よると, わかれ座中, わかれ数代, わかれ表現, わかれ討論, クーデターを, ピストルで, ミザンセエヌ, 一分科した, 与えられました, 之が, 云々と, 云って, 云わせたら今日, 云わせると, 付いて, 付いては, 代りて, 代る自然主義, 何うし, 供奉された, 依ること, 偏せず, 傾きたり, 傾きたる当時, 傾き他, 優れり常識, 優劣なし, 先だちて, 入った, 入つた事, 入るもの, 入れといはむこと, 入れりとも, 入れるの, 全く附屬, 八九年先んじ, 共通する, 内通し, 分かるる以上, 分かれたが, 分かれたもの, 分かれた内, 分かれました, 分かれ陪審員, 分ける慣習, 分れたが, 分れましたので, 分れる, 分れるの, 分れるよう, 分れる端緒, 分れる羽目, 分れ一方, 分れ主戦論者, 分れ呟きながら, 分れ左, 分れ若様, 別れいわゆる, 別れた, 別れたところ, 別れた数十人, 別れては, 別れば, 別れるの, 別れ常盤, 別れ販売網, 割れて, 加えたよう, 加盟してる, 動かされたり, 勝りたる所以, 勢いを, 及ばざりきついに, 反マルクス主義, 反対せし, 反対を, 反對, 合して, 合は, 同程度, 味方する, 唾を, 在て, 在りて, 変つ, 多分の, 多少の, 大隈を, 学びエピクテイタス, 宇野浩二流の, 対抗した, 対抗する, 對し, 對峙した, 對立する, 導かれて, 就きて, 就きては, 就て, 屈せざるべからず, 属しそして, 属したとの, 属しながら, 属しフランス法律, 属し前, 属し著述, 属す, 属すべきである, 属すべきであろう, 属するお寺, 属するユートピア的社会主義者, 属する一派, 属する人々, 属する団体, 属する尊攘党, 属する系統, 属する者, 属する芸術家, 属する詩風, 属せしが, 属せし領域, 屬せりと, 帰して, 帰す, 帰順したらしい, 引かれさらに, 復歸し, 心を, 感化と, 戻って, 抵抗し, 持つて, 接觸し過ぎ, 描かした事例, 擬したるもの, 改宗する, 故実あっ, 敵愾し, 敵視せらたる, 新しき武器, 新大橋, 於ける母音, 於ける認識論, 於ては, 映ります, 時々この, 最も強く, 有ししかして, 極めて近い, 次ぎて, 正反対, 比して, 比べて, 流れ入った彼女自身, 無関心, 特有な, 率いられた武力, 異なるところ, 異なるは, 當れり, 疑惑する, 相分れ, 相当する, 相違なく, 眩惑する, 睨まれて, 禍いされ, 移ったん, 立ち別れ切り合い攻め合い致しましたため次第, 縁故が, 肉迫し, 至って, 至り吾輩, 至り編, 至る段階, 與すべし, 譲らざりき, 譲らざること, 賛揚せられ, 近いこと, 近い舞台, 近かった, 近かりし, 近しデモクラシック派, 近寄る機会, 這入った事, 通じる資質, 過ぎず, 違いない, 酌み俳体, 関係の, 限らずすべて主観, 限らず支那, 雌伏期の, 非ず, 類して

▼ 派~ (204, 3.6%)

5 ある 4 あった 2 あって, あつて, あり一方, それを, 他の, 出來, 即浪漫派, 日本に, 最古語を, 有つた

1 [175件] あったが, あったり, あつて一, あります, ありますか, ありますが, あるああ, あるけれど, あるけれども, あるという, あるとの, あるの, あるん, ある其一派, ある如く, あわない性格, いかなる主義, いかなる関係, いたには, いたもの, いないらしいから, いよいよ官党, いること, おのおのその, かういふもの, きり結ぶ, この部門, これである, そうであった, そのうち, その藩士, それである, それに, ついに勝利, つかわれて, どうの, どこか, どんな非, はじまったとだけ, はびこる中, もう簇生, もし分裂, クウ・デタを, ダンスは, チャーチストに, モダーニズムの, モダーン文学意識と, 一人も, 一致し, 七分勤王派が, 三分という, 三百人と, 上から, 不思議な, 世界無比に, 主張する, 二三度攻撃した, 二年の, 五名, 五名反対派と, 余り理想, 佳いといふ, 使うよう, 先天的に, 全盛に, 再び勃興, 出て, 出来て, 出来るよう, 出来上がると, 出願した, 分れて, 初めて渡来, 前衛芸術家同盟を, 勝ちを, 勝つか, 勝を, 勢力を, 占めて, 合は, 合わぬだけ, 唱道する, 固めて, 外的觀察に, 多かった, 多少の, 多年発行した, 多数派間の, 大分裂, 好調子, 嫌いで, 宅へ, 安蘇郡へ, 宣伝に, 寄つて集つて寺内伯を, 対立し, 對立し, 年と共に, 広東政府を, 建てたもの, 強硬に, 当時の, 当時共和主義なりとまでに, 当然得意, 形式の, 影響しはじめた, 彼らの, 待ち構えて, 徳川から, 必ず存在, 忍びこみやがつたみんなビラを, 戦死した, 手口を, 打ち揃って, 抜刀し, 描いたらしい伏羲文王周公孔子, 改良主義的尊攘派と, 改良黨に, 放火した, 数室を, 新しい思想, 新旗幟, 既に明, 日本人民の, 日本紀を, 旧教に対して, 是機に, 時としては, 時局紛糾につれて, 景気の, 有る無し, 有力に, 東西に, 権利上の, 横浜埋立事件を以て, 横濱埋立事件を以て, 殷の, 求めて, 池上市長を, 浪漫主義を, 狼狽した, 現れたころ, 用ゐ, 皆竪穴に, 盛りに, 盛り返すと, 盛んに, 種々の, 第四期, 策動し, 素朴に, 組合の, 総崩れに, 考えたよう, 聡明な, 自己の, 自由詩の, 著明, 蠢動し, 解体し, 試みたこと, 起って, 起つてから, 起り土佐絵系, 追われたのち, 違ふだらう, 選挙人へ, 銅像を, 関流の, 隆盛を, 隠遁超脱の, 隨分出, 革命に対する, 額に, 黒滝川即ち

▼ 派~ (190, 3.3%)

6 もって 5 して 3 然り, 突つい, 経て

2 [16件] うち立てようと, はじめとして, 代表し, 代表したる, 代表する, 使嗾し, 出づること一等, 制馭する, 區別する, 叙する, 吟味する, 指嗾し, 攻むる者に, 眇視し, 見るに, 見るにも

1 [138件] あらわして, うち樹てた, おのが, お払い箱に, かけるの, この方面, それぞれこの, なして, はばかって, ほんの少々, みな滅し, もう一つ先, もつて, ドイツや, 一括し, 一網打尽せ, 主と, 主張し, 仔細に, 代表させた, 代表した, 代表せし, 作って, 倒そうと, 克服し, 共に非, 典型し, 再述, 出ないもの, 分たむとせしもの, 分ちて, 分ち党, 分つとき, 別つ, 刺戟し, 勉強し, 区別し, 区別する, 参酌した, 友人たちに, 受ついで居た, 受ついで居られた, 合同しよう, 同じくし, 唱えて, 唱へたり, 喜ばせたとしても, 国賊と, 壓倒する, 大戦後の, 始めとして, 学びて, 学んだが, 完膚ない, 左右において, 引き立てた島村抱月君, 忠実に, 悪くいう, 憎んで, 憤慨させる, 成すに, 批評し, 抑制し, 抱込んで, 抽象派と, 拡張し, 指して, 挑発する, 捨て専ら, 排斥し, 排斥しよう, 描かないよう, 援ける, 攻撃し, 攻撃する, 救援し, 敵として, 敵対視し, 敵視し, 文学の, 新しい大, 昔の, 材と, 極力宥める, 極端まで, 標榜する, 模せる, 模擬する, 樹て, 毛ぎらいし誠党領袖の, 求めむ, 汎称し, 汎評する, 汲む人, 激昂せしめ, 為せり, 理論的な, 生じたこと, 生じたので, 生ずるに, 生まんが, 生み出した進歩性, 略叙せん, 略説せん, 異にし, 目するに, 目中に, 瞠若させ, 知らなかったという, 破壊論派または, 称して, 立つるとき, 立てこれ, 立てたり, 立てたる標準, 糾合し, 総括し, 罵倒し, 脚下に, 脱して, 自任した, 興しき, 見て, 視るが, 覗いちゃ, 討つか, 論じた文, 起さ, 起しこれ, 起した, 起し一方, 起せるもの, 起せる者, 近しと, 追っかけ家宅捜索, 退けると, 鎮定し得た, 頑迷と

▼ 派~ (63, 1.1%)

2 からな, から歯, とか云っ, とか芸術派, とし, と思っ, な, のと, わね

1 [45件] かちょっと, からね, から一流, から合点, から折, か何, けれども理想派, これは, ぞ, つたらしい, つていはれる, というの, という政治的, といふ愚, といわれた, とかそう一概に, とか印象派, とか支考派, とか立体派, とか英吉利, とか表題, とか言っ, とか誰, として居る, とはこの, とも考えられただろう, と云, と云う, と云った, と同級生, と思い, と思う, と思ふ, と申したい, と申す, と罵られた, と見なされる, と言う, ね, のという, よ, わ, 健やかな, 結城だ, 表現派だ

▼ 派~ (57, 1.0%)

3 肉体派の 2 未来派の, 象徴派の

1 [50件] あるいは溌墨淋漓, また百穗, ソシアリストや, ティルキュイル・ド・コルセル派などは, バンジャマン・コンスタン派や, モダーニズムや, ユルシュリーヌ派の, 中間小説が, 之に, 人生派の, 人道派の, 人道派等の, 写実派が, 写実派の, 四条派と, 四条派の, 国体護持派が, 墓守流は, 平田派の, 怪奇派には, 文化哲学派生の, 新定律詩派の, 新興文学派の, 新興芸術派の, 未来派などの, 未来派は, 未来派や, 構成派などと共に, 構成派を, 浪曼的の, 浪漫派の, 立体派あるいは, 立体派の, 立体派や, 絶対不敗派が, 耽美派や, 肉体派さんたちの, 肉体派にとっては, 肉体派作家を, 肉感的な, 自由人派などが, 芸術至上主義の, 表現派の, 表現派等に, 象徴派に, 象徴派等の, 高踏派と, 高踏派に, 高蹈派, 高蹈派等

▼ 派~ (55, 1.0%)

2 あつた

1 [53件] あつたの, ありすぎるから, あり過ぎたの, あり過ぎて, お客を, その生涯, たくさんだ, なしたる行為, ふるくは, またボナパルト派, やっつければ, キレイに, 一は, 不満な, 主任が, 主任の, 伝統の, 全くお, 内々では, 凡そ喧嘩, 凡そ行儀, 勇み肌の, 国学者や, 大御所と, 天幕劇場にか, 当日第, 従って極端, 思いつめれば, 情理を, 慶喜の, 批評家は, 新しいやり方, 既に討幕, 有名な, 望月玉泉先生西宗は, 橋本雅邦という, 武者小路実篤氏の, 毘沙門樣の, 清長それから, 現実主義者であり, 筆も, 筆力雄渾だった, 自分の, 自然の, 芹沢の, 行こう, 辛い思い, 通った親父, 鈴木松年先生が, 面白くも, 食料品商売から, 飯に, 香具師実際

▼ 派~ (51, 0.9%)

2 支麦派も

1 [49件] ありそして, あり儒学, ある, あるし, あるという, あるアメリカ, ある場合, あれば, おとなしく交っ, こっそりこれ, それは, どちらも, またその, また天明寛政, また政界, また旧, また自ら, みんな引っ, やりすぎる, スワとばかり, 亦人間, 人道派も, 僕と, 内政については, 写実派も, 出来あるいは, 出来た, 出来英国派, 危いね, 同時にその, 堕落派も, 大概の, 少からず, 悪いには, 日本に, 柳派も, 根本から, 根本的生活活動から, 此目的を, 演説どころで, 無邪気な, 用いるに, 用ゐる, 白樺派も, 真本位, 自然派も, 進出し, 運慶も, 隨分ある

▼ 派との~ (46, 0.8%)

4 対立が, 間に 2 二つに, 二流に, 対立は, 間の

1 [30件] あいだに, あるの, 争論に, 二大, 二手に, 二派が, 二派に, 信仰の, 優劣論では, 別離, 区別を, 区別漸く, 各自の, 哲学者たちの, 対立と, 差違なり, 差違に, 意見の, 政党的対立が, 板ばさみに, 祖先なり, 紛争日に, 紛爭日に, 美に対する, 衝突で, 衝突の, 関係も, 関係調べる, 闘争と, 黙契が

▼ 派とは~ (38, 0.7%)

2 何か, 何ぞや

1 [34件] すこぶる遠し, その淵源, ともに欧州, ともに立憲政体, どういうこと, はなはだ径庭, はなはだ遠し, もとより同一視, フランスの, 一般についての, 互いに手, 京都で, 何をか, 全く別, 全く対蹠的, 別に確乎, 前々から, 同じ精神, 営利的通俗派には, 国権論において, 宗教上の, 意見が, 本来の, 欧化時代において, 正反對, 歴史的にも, 氷炭相容れざる, 油と, 異った, 相反する, 結局, 結局言っ, 趣の, 陰険に

▼ 派~ (36, 0.6%)

2 で, であること, では, なもの, にいえ

1 [26件] だろう, でありシュールリアリズム風, である, な, なそして, なにおい, なら, なポーズ, な世界, な享受家宰予, な又, な哲学, な小曲, な強調, な新造語, な興味, な芸術論, な若い, な言動, な遊戲文學者, な開かれた眼, に並べ, に彼, に生かす, の耽美, の鳥

▼ 派たる~ (30, 0.5%)

2 ことを, を得むや

1 [26件] に相違, に足る, の本領, を知る, アイヌは, コロボツクル即ち, 以上に, 伊東甲子太郎の, 価なし, 価値あらず, 価値なき, 勿れ, 国富論派より, 国民論派と, 大貴族, 所以だ, 所以だろう, 改進論派に, 李光明一派と, 現在の, 純粋美術について, 自由論派は, 誠忠組の, 諸生党, 過激論派の, 高知県士族武市熊吉以下八人の

▼ 派でも~ (28, 0.5%)

2 これを, ない

1 [24件] あったの, あの何, あり空想性, あるわけ, そうでなくっ, その方, ないだろう, ない画風, なかった, なく王陽明派, 世の中の, 俊慧の, 僕は, 印象派でも, 多少大師, 我を, 構わないから, 浪漫派でも, 虚無派でも, 表現派でも, 誰の, 象徴派でも, 赤門派でも, 高蹈派

▼ 派という~ (28, 0.5%)

2 のは, ものは, ような

1 [22件] あたりが, ことは, ことを, ところまで, のかね, のが, ものに, 一派が, 中間の, 名前で, 奴を, 必然は, 文学を, 条実は, 特別の, 獅子身中の, 腐っても, 言葉が, 言葉は, 言葉を, 造庭上の, 風変わりの

▼ 派である~ (27, 0.5%)

2 ことを, 私なども

1 [23件] かも知れない, からだ, が, があれ, がこの, がため, けれども味覚的, けれども言葉, こと換言すれ, これに, ということ, というこの, という矛盾, といふの, とかいふやう, とか王陽明學派, と共に革新派, にすぎない, のに, 俳句は, 傾きが, 其の他, 自分は

▼ 派では~ (27, 0.5%)

2 なかった

1 [25件] お宗旨, こうした感情的態度, これを, すべての, それらに対してまで, それを, なかつた, なかつたが, なくて, なく巴里, びっくりし, やはり辟易, 了俊, 京極為兼を, 升田が, 又辯解, 大の, 子規はじめ門流一同進むべき, 当時まだ, 指折りの, 木村が, 歌麿, 矢張り肉體を, 管長の, 饗庭篁村が

▼ 派として~ (27, 0.5%)

1 [27件] ここに, この功績, これを, のこったの, ようやく社会, 仕事を, 優れたものの, 優れて, 出発を, 合法的に, 四ツ本, 天分の, 専念斯道に, 排斥され, 排斥せられた, 掲ぐるほどの, 有力な, 武家武術の, 知られた人たち, 知られた安井長十郎以下十一人, 立ち働いて, 算うべき, 算え, 算えん, 算する, 算入すべき, 算列せざる

▼ 派なる~ (25, 0.4%)

6 ものは 5 ものの 2 ものが, ものに, 中国側代表者と 1 ものと, ものも, もの四種に, もの起り, やも知るべからざれ, 三田は, 可けれ, 者も

▼ 派~ (25, 0.4%)

3 の絵 2 の表現

1 [20件] であつ, なこり, なもの, な偏奇さ, な傾向, な原始仏教解釈, な売店, な或は, に変形上演, に演出, のもの, の上演, の作品, の円, の可愛い, の奇抜, の明るい, の画, の自宅玄関, の認識論

▼ 派文学~ (24, 0.4%)

1 [24件] がこれ, がまた, が興っ, が英雄主義, でなくし, として見れ, には共感, に亙る, に対するアンチテーゼ, に至っ, のよう, の中, の二つ, の作例, の本体, の発生, の逸品, の運動, はいかなる, はコンミニズム文学, は正に, は資本主義, もそう, や社会主義

▼ 派から~ (22, 0.4%)

2 出発し, 最近詩派へ, 高蹈派

1 [16件] して, その懐古的ロマンチック, べつな, ローマ進軍へと, 万葉の, 人道主義に, 出て, 分離し, 新官僚美術院, 梁川星巌池内大学梅田雲浜等と共に, 浮世草子へ, 臆面も, 象徴派, 軽蔑されてる, 過激派に, 非常な

▼ 派~ (21, 0.4%)

5 んだ 2 のか, のである, んだろう, んです 1 のかは, のです, のでまず, ので説得使, のね, んだらう, 軽妙江戸前のが, 邸の

▼ 派~ (21, 0.4%)

2 のもの, のレアリズム, の名

1 [15件] が一層, が戦争, が詩壇, に見る, の作品, の全部, の小説, の或, の新, の諸, の間, は支配階級, も思う, を称し, 正に壮大

▼ 派より~ (20, 0.4%)

2 最も激烈

1 [18件] きたるもの, きたるゆえに, シア派に, シュープレマティズムシュール, 充実したる, 出でたる画工, 出でて, 強大なる, 来たり, 来たりて, 来たること, 来たるや, 武断派の, 生じ帝政論派, 産出し, 痛く非難, 継承したる, 離れて

▼ 派一刀流~ (20, 0.4%)

1 [20件] ご鍛錬, でその, では使い手, では免許, では天下, では無双, というれっきとした, にて銘人, の使手, の別派, の名誉, の宗家小野忠雄, の小野治郎右衛門様, の浅利又七郎, の衰退, の誇り, の鍛え, を打出し, を本, を蹂躙

▼ 派とか~ (18, 0.3%)

1 [18件] いわれて, エロ作家とか, ダダイズムとか, 三遊派へ, 人道主義とか, 人間派とか, 南宗とか, 哲人とか, 四条派とか, 未来派とかいう, 浪漫派とか, 狩野風とか, 称えられたもの, 肉体派とか, 表現派とか, 表現派とかいふ, 言つても, 高蹈派

▼ 派にも~ (16, 0.3%)

2 わかれて

1 [14件] ありますけれども, おのおの盛衰, なってるだろう, もし彼ら, 与みせず偏, 予防派にも, 二つあった, 似た新しい, 何にも, 分れた火, 分裂し, 同じく封建支配者, 屬せじ, 緩和派にも

▼ 派とも~ (15, 0.3%)

3 いうべきもの

1 [12件] なれば, に時, よばれるの, 云ふべき, 八重畑派とも, 称うべき, 称すべき他, 称するもの, 言うべきは, 言うべきもの, 言うべき慷慨民権派, 谷崎潤一郎などの

▼ 派には~ (13, 0.2%)

1 [13件] あらざれども, わからないので, 不賛成だ, 大坪山田宮野香山など, 将来への, 数えないこと, 有力な, 次々と, 興味を, 賢明な, 走らないが, 近い, 齊魯及び

▼ 派であり~ (12, 0.2%)

1 [12件] おのれの, ながらいざ, ながら超然延期論, わたしなどは, エロだ, ギリシア悲劇など, 主義よりも, 口では, 日常語感を, 気持ちの, 現実生活の, 過激王党派だった

▼ 派作家~ (12, 0.2%)

1 [12件] がゐる, が自分, だ, とその, とも呼ばれ, とも悪徳派作家, と呼ぶ, には蛆, はどうして, や, を芸術家, 某大先生作

▼ 派といふ~ (11, 0.2%)

2 大名が 1 ことで, のは, もの, ものを, わけな, ヨーロッパ近代文学思想の, 意味が, 旗が, 流派的な

▼ 派~ (11, 0.2%)

2 には比較的, の最も 1 では, にいちじるしき, にはおおよそ, にも別に, の保守論者, の進歩論者, もっとも急激

▼ 派とに~ (10, 0.2%)

3 分れて 1 入り乱れて, 属する修験, 属する者, 屬する, 有利な, 通じて, 通へ

▼ 派~ (10, 0.2%)

1 いって, 出て, 合流し, 変節した, 属するもの, 押し込めたもの, 登録し, 眼を, 足を, 長文の

▼ 派への~ (10, 0.2%)

3 反動であり 1 一考に, 不信任, 反動, 反動が, 敵愾心やら, 正面攻撃の, 賛辞であり

▼ 派詩人~ (10, 0.2%)

2 のもつ 1 じゃない, にはあらず, のそれ, の作, の考え, の自然観, の谷崎潤一郎氏, はこれ

▼ 派だった~ (9, 0.2%)

1 からである, から当然, がどこ, と思います, なんて事, のであろう, ので尭孝, のは, 一人の

▼ 派です~ (9, 0.2%)

31 か, から, が今度, が光, って, よ

▼ 派に対する~ (9, 0.2%)

2 自然派運動を 1 モスコー派に, 交響楽派の, 印象派の, 反対だ, 圧迫といった, 所謂ダリ的主観と, 旧武断派

▼ 派または~ (9, 0.2%)

2 改進論派は 1 共和論派と, 国粋論派または, 守旧論派と, 改進論派と, 改進論派の, 日本論派と, 進歩論派と

▼ 派作家たち~ (9, 0.2%)

2 が何, の作品 1 が多少, と批評家たち, について抱いた, に認めなけれ, のその後

▼ 派であった~ (8, 0.1%)

2 ことは 1 がガスカ, が信子, と見, と言う, のです, ので学校

▼ 派とが~ (8, 0.1%)

3 対立する 1 ある, きっと又, イエス, 今論争中, 相互ギリギリな

▼ 派よりも~ (8, 0.1%)

1 さかんに, すべてにおいて, その民権, はなはだ深し, 一層理想界, 土佐派の, 狩野派よりも, 現象学に

▼ 派および~ (7, 0.1%)

1 アメリカ的考えかたと, ドイツにおける, ブラームス派の, 形式派と, 法学論派, 法学論派多くは, 肥後守の

▼ 派からは~ (7, 0.1%)

1 こんな美, ひどくいわれた, 冷ややかに, 四十人の, 小燕路, 感心は, 金科玉条と

▼ 派とともに~ (7, 0.1%)

1 ただ, 主権在民の, 代議政体を, 国約, 急激の, 民権論を, 秩序と

▼ 派とを~ (7, 0.1%)

2 同時に歩ん, 連合せしめ 1 つなぐ最も, 両方とも, 区別し

▼ 派なり~ (7, 0.1%)

1 しかしてこの, しかして前, しかれども, 何となれ, 文芸復興派なりの, 是れ, 理想派なりと

▼ 派にとっては~ (7, 0.1%)

1 どうしても対抗手段, ほとんど一つ, 作品の, 全てが, 大打撃, 時局を, 異状な

▼ 派によって~ (7, 0.1%)

1 つい眼, 占領され, 始まって, 暗殺された, 神話時代奈良朝藤原時代の, 認識論と, 進歩党が

▼ 派に対して~ (7, 0.1%)

1 はなはだ慚色, 健全派とも, 単純派が, 明らかに, 理もとより, 理想派や, 言うところ

▼ 派~ (7, 0.1%)

1 がきわめて, が当時, の味わい, は多少, は批評, を拘留, を激怒

▼ 派らしい~ (7, 0.1%)

1 ものだ, ものである, 写生に, 座りかたに, 弱点が, 赭色の, 釜である

▼ 派経済学~ (7, 0.1%)

1 による国家干渉排斥, の完成者, の方法, の最後, の根本的基礎理論, はブルジョア的埒内, もそう

▼ 派~ (7, 0.1%)

1 先輩によって, 先輩の, 大名中の, 将と, 藩の, 門人が, 雄藩主も

▼ 派~ (6, 0.1%)

1 どっちが, トロツキー派か, 分らんが, 否定的な, 理知派かと, 見知らぬ山伏

▼ 派すなわち~ (6, 0.1%)

2 皇甥擁立派を 1 大同論派自治論派皇典論派を, 当時の, 民権論派を, 立憲党の

▼ 派などと~ (6, 0.1%)

1 いふが, 云うもの, 分れては, 呼ばれて, 申すは, 言われ当人

▼ 派なら~ (6, 0.1%)

2 んや 1 ば, わしは, んしかして, 文学の

▼ 派~ (6, 0.1%)

1 主事派又, 人情派と, 性情派又, 物語派と, 理想派と, 造化派と

▼ 派及び~ (6, 0.1%)

1 その後の, 其末流並びに, 古文毛傳皆, 当時の, 自然主義派の, 近代大家の

▼ 派~ (6, 0.1%)

1 労農党結成或は, 古典超, 官僚の, 感覚派シェストフ知性能動精神人間性歴史文学等, 演劇朝日, 理智派と

▼ 派じゃ~ (5, 0.1%)

2 ないよ 1 だめの, ない, ないか

▼ 派でない~ (5, 0.1%)

1 からっていうなら, と共に革新派, ものは, 学生たちの, 限りは

▼ 派なりと~ (5, 0.1%)

2 曰ふ 1 いえども, 自ら名のる, 解し二者

▼ 派について~ (5, 0.1%)

1 その派, 一言したい, 吾人は, 言えば, 詳しく来歴

▼ 派もしくは~ (5, 0.1%)

2 浪漫派と 1 一橋を, 人道派と, 何主義という

▼ 派以前~ (5, 0.1%)

2 からも此風 1 である鏡花氏, の文芸, の詩

▼ 派即ち~ (5, 0.1%)

1 写象派未来派立体派表現派ダダイズム等の, 安島帯刀鵜飼吉左衛門幸吉父子が, 抒情詩と, 武家派の, 町人派の

▼ 派小説~ (5, 0.1%)

1 に現, の典型, の大, の開山バルザツク, は専ら

▼ 派運動~ (5, 0.1%)

1 によって又, の基礎, もついに, を行, を行う

▼ 派たち~ (4, 0.1%)

1 がいつも, が自身, は村, は自身

▼ 派たり~ (4, 0.1%)

1 し福地氏, し自由論派, 写実派たるを, 我れ

▼ 派なき~ (4, 0.1%)

2 を認めき 1 は大, ものとして

▼ 派などが~ (4, 0.1%)

1 いた, 日本の, 現われた, 起ったに

▼ 派などの~ (4, 0.1%)

1 主張や, 名を, 場合についても, 樣な

▼ 派を通じて~ (4, 0.1%)

1 カントに, プラトーンの, 自由党を, 自由黨を

▼ 派以外~ (4, 0.1%)

1 においても同様, にフランチスカン, のもの, の作者たち

▼ 派~ (4, 0.1%)

1 と云, の発生当時, は今日歌舞伎劇, やピランデルロ等

▼ 派哲学~ (4, 0.1%)

1 の, の発生, の開山, やギリシア

▼ 派婦人~ (4, 0.1%)

1 が, の光栄, の婦人論, を代表

▼ 派~ (4, 0.1%)

2 の連中 1 とプログラム, もしいんと

▼ 派文壇~ (4, 0.1%)

1 においてはいわゆる, における十一谷義三郎, の新, の誤った

▼ 派~ (4, 0.1%)

1 この地, に縮小, の小説家, の気合

▼ 派~ (4, 0.1%)

2 の作家 1 の者, の詩人

▼ 派あり~ (3, 0.1%)

1 て互いに, て此三派, といえ

▼ 派ある~ (3, 0.1%)

2 のみ 1 はずじゃ

▼ 派こそ~ (3, 0.1%)

1 実に世人, 正しく詩派, 論理性に対する

▼ 派さんたち~ (3, 0.1%)

1 の事, の作品, の作家活動

▼ 派であっ~ (3, 0.1%)

1 て儲けた, て奔放無礙, て自分

▼ 派でなかろう~ (3, 0.1%)

1 がないし, が全く, が象徴派

▼ 派でなけれ~ (3, 0.1%)

2 ばならない 1 ばならぬ

▼ 派としては~ (3, 0.1%)

1 かつてまなんだ, 奇蹟的な, 経済学者に

▼ 派などは~ (3, 0.1%)

1 何という, 嘲笑以外の, 最も極端

▼ 派において~ (3, 0.1%)

1 この思想, 代議政体と, 皇道と

▼ 派また~ (3, 0.1%)

1 和平派など, 国民論派とは, 過激派は

▼ 派めいた~ (3, 0.1%)

1 作物が, 感情の, 言葉を

▼ 派を以て~ (3, 0.1%)

1 最狹, 自ら任じ, 芸術界の

▼ 派一門~ (3, 0.1%)

1 の恥さらし, の畫, の美術家

▼ 派以後~ (3, 0.1%)

1 に於ける, の新しい, の詩壇

▼ 派低徊派等~ (3, 0.1%)

1 が戦争, の諸, は支配階級

▼ 派余裕派低徊派等~ (3, 0.1%)

1 が戦争, の諸, は支配階級

▼ 派修道女~ (3, 0.1%)

1 とのため, とベネディクト派修道女, の修道院

▼ 派全盛~ (3, 0.1%)

1 の往時, の文壇, の時代也

▼ 派~ (3, 0.1%)

1 なく参究, を明らか, を称え

▼ 派~ (3, 0.1%)

1 が, の虚栄心, はあっ気

▼ 派學校~ (3, 0.1%)

2 の生徒 1 の教育

▼ 派対立~ (3, 0.1%)

1 がこんな, のこと, や何

▼ 派崩れ~ (3, 0.1%)

1 に刑死, に加担, を口実

▼ 派本願寺~ (3, 0.1%)

1 に借し, のお, の利井明朗氏

▼ 派模様~ (3, 0.1%)

1 の袷, を塗り, を藍

▼ 派絵画~ (3, 0.1%)

1 と脈絡, の手法, を謳歌

▼ 派~ (3, 0.1%)

1 などと云, やを筆記, を担ぎ出す

▼ 派~ (3, 0.1%)

1 などは啓蒙期, は, は理解

▼ 派~ (2, 0.0%)

1 つてその, つて藤澤派は

▼ 派あたり~ (2, 0.0%)

1 の人, を最後

▼ 派あるいは~ (2, 0.0%)

1 未来派の, 自然派の

▼ 派かと~ (2, 0.0%)

1 心配に, 見ら

▼ 派かも~ (2, 0.0%)

1 しれないが, 知れないな

▼ 派からも~ (2, 0.0%)

1 身を, 遠く無産階級文学運動

▼ 派これ~ (2, 0.0%)

1 なり, に反し

▼ 派さん~ (2, 0.0%)

1 が公言, は思っ

▼ 派~ (2, 0.0%)

1 ている, て敵状

▼ 派じみた~ (2, 0.0%)

1 極めて派手, 網の

▼ 派すらも~ (2, 0.0%)

2 殆ど屏息し

▼ 派そのもの~ (2, 0.0%)

1 から, に賛

▼ 派その他~ (2, 0.0%)

1 の学者ら, の客観主義

▼ 派だの~ (2, 0.0%)

1 抒情派だ, 相対派だ

▼ 派であれ~ (2, 0.0%)

1 ばどんな, 何であれ

▼ 派でなく~ (2, 0.0%)

1 てはならぬ, 革新派でない

▼ 派とかいう~ (2, 0.0%)

1 のであろう, 奇怪な

▼ 派とかの~ (2, 0.0%)

1 帝政論派とは, 絵が

▼ 派としての~ (2, 0.0%)

1 写実的傾向では, 長藩登場

▼ 派とて~ (2, 0.0%)

1 プロヴァンス派を, 推理に

▼ 派ども~ (2, 0.0%)

1 が, はやがて

▼ 派なく~ (2, 0.0%)

2 自由派なし

▼ 派などという~ (2, 0.0%)

1 呼称に, 特別の

▼ 派などを~ (2, 0.0%)

1 以って, 意味し

▼ 派なりき~ (2, 0.0%)

1 以上は, 政事上に

▼ 派なりとの~ (2, 0.0%)

2 目ありたれ

▼ 派なれ~ (2, 0.0%)

1 ばしたがって, 吾輩は

▼ 派においては~ (2, 0.0%)

1 既にその, 特にその

▼ 派における~ (2, 0.0%)

1 万全の, 高名の

▼ 派についても~ (2, 0.0%)

1 ごく一部分, プロレタリア派についても

▼ 派にては~ (2, 0.0%)

1 かく巧, 甲人に

▼ 派にな~ (2, 0.0%)

1 つてし, つてマルクス主義文学は

▼ 派に対し~ (2, 0.0%)

1 一頭地を, 吾輩は

▼ 派のみ~ (2, 0.0%)

1 ならずまた, ならず孔子

▼ 派よりは~ (2, 0.0%)

1 たしかに一歩, 強大なる

▼ 派シテ~ (2, 0.0%)

1 之ヲ圧抑シ誣テ兇徒ト称シテ獄ニ投ズルニ至ル, 之ヲ抑圧シ

▼ 派ダダイズム~ (2, 0.0%)

1 が流行的, などの傾向

▼ 派ダダイズム等~ (2, 0.0%)

1 のもの, は自然

▼ 派~ (2, 0.0%)

1 哲学ヲ, 第一流トイハレシ周東村ニ学ビ

▼ 派ブロック~ (2, 0.0%)

1 の幕府統御官, の盟主

▼ 派一刀流五点~ (2, 0.0%)

1 の二位, の序

▼ 派人生派~ (2, 0.0%)

1 というよう, と称える

▼ 派作家ら~ (2, 0.0%)

1 にたいしても同じく, のうち

▼ 派使~ (2, 0.0%)

1 はこれ, を決行

▼ 派修道士ら~ (2, 0.0%)

2 のごとく

▼ 派修道女ら~ (2, 0.0%)

1 のもの, はベルナール派修道士ら

▼ 派全盛時代~ (2, 0.0%)

1 でこつ, の頂上

▼ 派出身~ (2, 0.0%)

1 の女, らしいスタイル

▼ 派初期~ (2, 0.0%)

1 の丹絵, の役者絵

▼ 派印象派~ (2, 0.0%)

1 なぞいう, の色彩

▼ 派哲学者~ (2, 0.0%)

1 のシェリング, のデュ・プレル

▼ 派四世~ (2, 0.0%)

1 の画工清長, をつぎ

▼ 派大臣~ (2, 0.0%)

2 は彼

▼ 派学ぶ~ (2, 0.0%)

1 はミケランジェロ, はルウベンス

▼ 派尊攘~ (2, 0.0%)

1 の提唱, の義挙

▼ 派~ (2, 0.0%)

1 オーギュスタン派大, 劇場派の

▼ 派小説中間小説~ (2, 0.0%)

1 の作者, の商品性

▼ 派~ (2, 0.0%)

1 のジャンセニスト式, の芸術価値至上主義

▼ 派~ (2, 0.0%)

1 はアリ, はアリ父子

▼ 派或は~ (2, 0.0%)

1 スバル派早稲田派と, 民友社派との

▼ 派時代~ (2, 0.0%)

1 の女, の横光

▼ 派末期~ (2, 0.0%)

1 の先生, の高貴

▼ 派本部~ (2, 0.0%)

1 の前, を出た

▼ 派構成派~ (2, 0.0%)

1 などの名, の諸君たち

▼ 派洋画~ (2, 0.0%)

2 に就

▼ 派演劇~ (2, 0.0%)

1 のはるか, の壮麗

▼ 派的傾向~ (2, 0.0%)

1 が思わぬ, 若しこの

▼ 派的心境~ (2, 0.0%)

2 が渾然

▼ 派的態度~ (2, 0.0%)

1 は実は, を明らか

▼ 派的時代錯誤~ (2, 0.0%)

2 であること

▼ 派立体派~ (2, 0.0%)

1 は既に, 超現実派

▼ 派系統~ (2, 0.0%)

1 の老少幾多, の芸術左翼戦線

▼ 派自然派~ (2, 0.0%)

1 に対して理想派, のよう

▼ 派芸術~ (2, 0.0%)

1 が漸, の哲学

▼ 派詩人たち~ (2, 0.0%)

2 の訳詩集

▼ 派~ (2, 0.0%)

1 という戦後派, のよう

▼ 派~ (2, 0.0%)

1 のため, の手

▼ 派連合~ (2, 0.0%)

1 の弾劾上奏案, の氣勢

▼ 派音楽~ (2, 0.0%)

1 の最も, の闘士

▼ 派~ (2, 0.0%)

1 訓導と, 訓導の

▼1* [429件]

あえて熱心に, 派ありましてなア, 派あり下って左近右衛門派, 派いろいろの宗旨, 派いわく自治論派この二論派, 派おのおの別な, 派かい勤王派かい, 派かなんかの文化住宅を, 派かに分れ互いに, 派ことごとく日置流より, 派この二論派は, 派へこれ, 派そこでは雑誌, 派そして遂に近代主義, 派その著述の, 派その他自家の反対党, 派その他関直彦君末松謙澄君等が発議者, 派それに城兵, 派それからボーデン湖畔の, 派たらざるべからず思うにその, 派だけあって, 派だけの栄える世, 派だに稀なる, 派だらうと評した, 派だ流行らないのよ, 派でありましたがウェッセール, 派でさえある, 派でしょうね, 派でなかったなら多計代, 派での古看板, 派というか嫡子袁譚を, 派といったふうに, 派といつても佛國人, 派といふでもなく朱子, 派とかいふ運動も, 派とさえ相容れなくなった, 派としても性質組織大に, 派とても科学を, 派とでも稱すべき, 派とまでに称せられたるかの, 派どころですか, 派どちらも, 派ないし教養派であり, 派なぞいうあらゆる, 派など幾つにも, 派などと共に第一次世界戦争中, 派なりといふときは, 派なりとてた, 派なりの文士とを, 派にたいして自分と, 派にたいしては寸毫も, 派にたいする持論を, 派については一言し, 派にとって戦争は, 派にとっての深い打撃, 派にとっても倒幕派にとっても, 派にまで集結し, 派にやあらん土佐画, 派によつて繼承され, 派により各部, 派による運動だった, 派に対してはあえて正面, 派に関して君達の, 派のけぢめの, 派のでもいい, 派のみに専領され, 派のみを知って, 派はから他愛が, 派やりの, 派ばかりそういう人々, 派ばかりが剣術の, 派ふうの金屏風, 派へと移籍した, 派ほとんど朋友に, 派まがいの奇抜さ, 派までのあらゆる先駆的作品, 派やの背後に, 派退却せよ, 派らしさであろう, 派らしくないがさがさした, 派て斜め, 派をも生じた, 派をもって誘導せられ, 派アカデミイ美術, 派カプェサン派カルム派小オーギュスタン派, 派カルム派小オーギュスタン派, 派シャフェイ派ハンバル派といっ, 派シュワーベン派それからボーデン湖畔, 派ジスケをかぎ出した, 派ジャンセニストジャコバン党員産業革命家その他各方面, 派タンギーの絵画, 派ダダイズム象徴派構成派如実派のある, 派ツングース民族などの移住地, 派ドイツのラサール派, 派ニセ達人だが, 派ノデモダソウデ二時カラ日比谷ニ集リ主トシテ国会警視庁辺, 派ハルトマンが叙情詩, 派ハンバル派といっ, 派ピュリズムとなつ, 派フォーヴの一群, 派フランスのフーリエー派, 派ブロック中で争われた, 派プロレタリア文学を彼ら, 派ボグダーノフとがマルクス主義哲学, 派マネ以下の仏蘭西近代, 派マリク派シャフェイ派ハンバル派といっ, 派ミニム派カプェサン派カルム派小オーギュスタン派, 派ロマンチック派等が詩壇, 派ロマン的皮肉がある, 派一刀を工夫, 派一刀流伊藤典膳忠也が忠也派一刀流, 派一刀流切り紙以上なお甲源流, 派一刀流指南役左分利新十郎, 派一刀流熊野三斎の高弟, 派一刀流真の構え, 派一味の暗躍, 派一性論派王党派の衣, 派一橋立儲君派らを拘留, 派一派の俳人, 派三世の絵師清満, 派三人の研究, 派三代の教祖直伝, 派三代目忠雄の高弟, 派三十歳の純粋派, 派三千万人北部派四億七千万人合計五億人なりと, 派三角派などが日本, 派下段の型どおり, 派世子斉彬派などと分れ, 派世襲の本業, 派中今は世界的大家, 派中余の最も, 派中保護貿易派とは相反, 派中各種の間, 派中当時に至る, 派中心の人物, 派中間の日本労農党, 派中間小説派の作者たち, 派中高等なる者, 派丸円寺の分れ, 派主流で維新後藩内京都派, 派乃至はキニク派流, 派乱行の斬り, 派二世の絵師清倍, 派二十歳の共産派, 派二論にわかれ, 派五世清満の事, 派五人と僕, 派五人組の最も, 派井伊大老の首相就任, 派人情劇の作者, 派人生派人道派自然派象徴派等の全部, 派人道派自然派象徴派等の全部, 派以來現實, 派以来の我が, 派以来混雑の往来, 派伊藤弥五郎を祖, 派伊賀派おのおの別, 派伝奇派の交渉, 派作家中間小説を主張, 派作家達の中, 派作曲家中最も学殖, 派信者がユダヤ人, 派俳人の定評以来, 派俳諧の慣用手段, 派個想の折衷派, 派偏屈な童貞型, 派健全風景でダイヴィング, 派の印可, 派入り一件かもしれない, 派全体が地獄, 派八矢中間の三種族, 派共産主義者からはセンテイメンタリスト, 派其の他の, 派円山派アカデミイ美術, 派写実派の中, 派出雲派あり下って, 派前派の精神, 派は皆一道, 派劇可なり詩劇可, 派劇詩人アルフレット・ド・ミュッセと共に彼, 派加入を申し込んだ, 派勃興以後の花袋自身, 派勤王がよけれ, 派勤王派二論にわかれ, 派医化学派などと称する, 派十一名を極端, 派十七世紀のモラン幻覚派, 派十八世紀の火傷強盗, 派印西派ことごとく日置流, 派又は体質派とも, 派及梓神子をみ, 派反対派は欣喜雀躍, 派叢書の広, 派古文に左氏, 派古来の筆法, 派古画の絵巻物, 派史家の安全, 派各個の論旨, 派合則主義にとどまった, 派同人は新進, 派同人健はいかが, 派同士の一人, 派に戴い, 派向きかも知れませぬ, 派否定派どちらも, 派和歌の調子, 派哲学者達は必ずそう, 派四人男の一人, 派四億七千万人合計五億人なりと, 派四十歳の保守派, 派四条派の写生画, 派四派の顔ぶれ, 派など, 派城安寺を檀那寺, 派多くは英国, 派オーギュスタン派旧, 派大同論派また国民論派, 派大覚寺派の両方, 派天下の京都, 派天保調などに入り, 派奥村派の描ける, 派奸党のふところ刀, 派好みの三角形, 派如実派のある, 派婦人政治運動促進会というもの, 派学習院中学校長テンデリング改訂, 派れも, 派學説として見るべき, 派宗家の道場, 派官学と対比, 派実にこれが, 派實際派の別, 派審美學を聞か, 派小天地想の人間派, 派小栗上野介の輩, 派小説論が日本小説, 派小説論中間派小説論が日本小説, 派尖鋭の動物, 派左派が詩, 派巨頭田中河内介に紹介, 派建築の傑作, 派式タイル張の三坪, 派式五層モダン建築呉服橋劇場の所有主, 派式印象派式はもとより, 派弾劾の連判書, 派征伐のため, 派の二派, 派後期印象派未来派は勿論, 派復興のため, 派必ずしも非現実主義, 派志士の行動, 派忠也派憲法の吉岡流, 派感覚派なぞいう, 派感覚派印象派なぞいう, 派憤慨家呑気者労働者知識階級貧乏人物持ちそれら, 派憲法の吉岡流, 派ひは, 派所謂る芸術, 派批判の論争, 派批判以後の弁証法, 派抒情主義などと云う, 派指導部は藩士, 派振りを見せ, 派攻撃会である, 派政府は盛ん, 派政治家すら大, 派教会に属する, 派散することが, 派数名は何, 派文士となる, 派文士シャミッソーは影, 派文士劇の女優, 派文学いずれもテーマ小説, 派文学これ以外には一つ, 派文学中でも自分, 派文学勃興以前のこと, 派文学団体の改組, 派文学理論とを尖鋭, 派文学発生の原因, 派文学運動が擡頭, 派文學理論とを尖鋭, 派新人の明星, 派新聞に高遠, 派新興芸術派などの場合, 派日労系社民系は現在, 派オーギュスタン派, 派早稲田派と三田派等, 派映画のよう, 派春流一短篷, 派春陽会等はこの, 派是非論それを三人, 派暗黒派と光明派, 派月輪一刀流より出で, 派て波斯等, 派未来派の絵, 派未来派立体派表現派ダダイズム等のもの, 派末法の山水, 派本山のお, 派本心派道怡派の六派, 派本郷は新派, 派李光明一派の密旨, 派楽天派憤慨家呑気者労働者知識階級貧乏人物持ちそれら, 派構成派如実派のある, 派構成派感覚派印象派なぞいう, 派構成派等の新, 派様式のもの, 派模樣をちりばめた, 派横山浜川の手の者, 派歌会の中心, 派歌壇の元老, 派歌学の正統, 派正統の武家歌人, 派法学論派のごとき, 派洋画家と自ら称, 派流者はまず, 派浄土真宗一派階級之次第, 派浪士を検索, 派浪漫派及び近代大家, 派清掃後の新撰組, 派渡来期夭折した天才漫画家小川治平, 派技巧派と, 派無念流の斎藤弥九郎, 派特に西南学派の, 派特有の犯罪者, 派独立の初期, 派王党派の衣, 派現在保田与重郎氏等によって提唱, 派現実派と理想派, 派理想派などと云う, 派の哲学派達, 派生き残りの唯一, 派産商業家一般に通ずる, 派画家で闘牛, 派画工が描いた, 派畫家の祖, 派発生当時のアポリネール, 派発足時代の低徊, 派的フンガイなんかよりもね, 派的プチブルインテリ哲学の俗物, 派的不満を唯物論, 派的伝統主義と異, 派的俗物がこう, 派的傾向資本主義末期の小, 派的力学形式をとる, 派的天才概念や各種, 派的契機の内, 派的客観性を有っ, 派的思想すなわち芸術至上主義, 派的感傷を交, 派的態度のがある, 派的憤慨で勉強, 派的手法の試み, 派的批判主義が文化批評, 派的文学者は得意, 派的方法による西田哲学, 派的暴動を突発, 派的理論はおのずから, 派的生活のおかげ, 派的羅曼的に見ない, 派的自然哲学に負う, 派的見解に対する批評, 派的観念論から護らね, 派的解釈によって危険思想家, 派皇典論派を略説, 派皇甥李光明一派から密旨, 派禅院宗仙寺へ御, 派の目腐れ, 派立体派表現派ダダイズム等のもの, 派立体派表現派ダダイズム象徴派構成派如実派のある, 派三筆頭が, 派籠城派また和平派, 派紀州派の諸, 派経済的には富豪, 派続々逃込み, 派自治論派皇典論派を略説, 派自然派象徴派等の全部, 派自由主義教授達に緘口令, 派花翁派雪荷派本心派道怡派の六派, 派芸術家である, 派若しくは印象派の, 派表現派ダダイズム等のもの, 派表現派ダダイズム象徴派構成派如実派のある, 派裸体巨人像の額縁, 派西方は青六派, 派言葉派小劇場派, 派討伐を命ぜられた, 派詩人達は殆, 派説教場創立係世並信常と書い, 派論北碑南帖論と云, 派諷刺の構図, 派諸人の反省, 派諸氏はしかるべく, 派議員の意見, 派象徴派の詩人, 派象徴派等の全部, 派貞徳派よりはたしかに, 派起りてほどもなく, 派現実派ピュリズムと, 派趣味だと, 派気と, 派軍隊は楊森軍, 派連中の大いに, 派連署組の巨頭, 派道怡派の六派, 派道雪派花翁派雪荷派本心派道怡派の六派, 派違いだ, 派遺され伊藤は, 派野獣派立体派超現実派, 派野獣派等正に壮大, 派鍛えの太刀風, 派鎮圧のため, 派鎮撫のため, 派長州を討った, 派開通派の連中, 派開闢以来のこと, 派の対立, 派陣営の塵, 派随一の使い手, 派雄藩に相続, 派雪荷派出雲派あり下って, 派雪荷派本心派道怡派の六派, 派露西亜のカメルヌイ劇団, 派青年も日本人全般, 派非人狐派がある, 派領袖が慶喜側近, 派頭腦の惡, 派騎士団の修院, 派を焼かない, 派鼓動の力