青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「爪~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

燃え~ 燃える~ 燈~ ~燈火 燈火~ 燒~ 燕~ 爆弾~ 爆発~ ~爪
爪~
~爲 爲~ ~爲め ~父 父~ 父さん~ 父上~ 父子~ 父様~ ~父母

「爪~」 2696, 29ppm, 4022位

▼ 爪~ (660, 24.5%)

21 噛んで 16 立てて 12 切って 8 噛みながら, 噛んだ, 噛んだり, 持って, 磨いて 7 たてて 6 かんで 5 かみながら, きる, 噛む癖, 研いで, 磨いで, 立てながら 4 剪って, 立てるよう 3 きって, して, たてた, といで, 切ったり, 剪る, 引っかけて, 磨きながら

2 [43件] かけて, きり顔を, こすりながら, じっと見, もつた羽, 並べて, 入るれば, 入れて, 切つ, 切つた, 切られて, 切る, 切るとき, 切る日, 剥いで, 剥ぎバンド, 剪り, 噛みます, 噛み噛み関ヶ原, 噛んだの, 張りながら, 打ち込んで, 染めて, 煮たり, 現し始めたの, 生やして, 眺めて, 磨くの, 磨ぐの, 私の, 立てた, 立てたの, 立てるの, 血に, 衣類の, 見せて, 見つめた, 見れば, 鋏で, 長くのばし, 隠すと, 隠せないの, 隠せないのね

1 [410件] あつめて, あてて, あてれば, いかり立ッて, いじって, いじりながら, いじり彼女, いつも伸ばし, うちこんだので, おいて, おきり, おさめ無心, おそろしく長く, お互いに, お取りあそばす, かかしつ, かきくちばし, かくし大きな, かくすつて, かくすなるほど, かくす事, かくよう, かけた, かけただけ, かけたと, かけはじめたの, かける, かじる癖, かみ初めた, かみ続けて, かむけれども, かむばかり, かむクセ, かむ癖, からんで, かんだり, かんでた, きちんと剪, きらう, きりつ, きりながら, きりましたが, きり毛を, きる私, くはへ, こすって, こなたに, さかだって, さかだてて, さか立てて, した小さな, した泥まみれ, しっかと押しつけた, すべて削りおえた, そなえた長い, その中, その侶, そろへて, たって, たてようと, たてられて, たてられ一日, つけたまま皮, つつませて, つつんで, といだ, とぎ合って, とぎ復讐, とぐねこ, とぐやら, とって, とりあつめた紙, とるたびごと, とるべきこと, とんがらかして, どこへでも, にゅっと出し, ぬかれ髪, ぬきとろうとも, のばし, のばして, のばし蛇, はいだ, はがした, はがす鑿, はぐやり方, はさんで, はっきりと, ぱちんと鳴らす, ひそめ深淵, ひっかけた, ひろげびくびく, ふるって, ぶつりぶつ, まるで貝, みがいて, みがくの, みがくやり方, みがく性質, みせて, みんな切っ, みんな隠し, もがれたよう, もがれた蟹, もぎ取られた蟹, もった猫, もつた前足, もつて, もつてる, もつてる事, もておの, もらいに, よく噛ん, ギリギリ喰い込ませた, チョキンと, ハンカチで, バッファーで, パチ, ボロ畳, ポリポリかみつづけ, 一つ一つ削りはじめた, 一寸あまりも, 一本ずつ, 三日月の, 三角に, 下して, 伸ばすという, 伸ばす事, 何と云う, 傍に, 傷めて, 傷めぬよう, 免れたが, 出したら悪魔, 出して, 切った, 切っては, 切つてゐた, 切つてゐる, 切らせたり, 切られては, 切りさ, 切りそろ, 切りたがりませんから, 切りながら, 切るうら, 切るおせん, 切るこんな, 切るさ, 切るにも, 切るの, 切るやう, 切る寂しい, 切る理髪, 切る髭, 切れと, 利用し, 刳る妙, 削る小刀, 剔りかける, 剥いだり, 剥いて, 剥がされた足, 剥がして, 剥がれた足, 剥き出しました, 剥ぎ血, 剥して, 剥すとか, 剪つてゐる, 剪つてゐるらしい, 剪らせ, 剪り始めた, 割きて, 加えてから, 半分剃り, 反らしたるその, 収めた黄金, 取り集めて, 台に, 咬んで, 咽喉へ, 嗅ぐと, 噛み, 噛みつづけたまま, 噛みはじめた, 噛みました, 噛みました警官, 噛み乍ら歓楽, 噛み始めた, 噛み我儘, 噛む, 噛むが, 噛むでなければ, 噛むとか, 噛むの, 噛む習癖, 土に, 垂れて, 垂れ下げたまま, 大きく開ける, 大変大事に, 女が, 宙に, 展ば, 嵌めた彼, 己がに, 引かけ, 引き剥がして, 引き抜くこと, 引っぱが, 引つ掛けた, 引つ掛けて, 張つた蒼竜が, 当てると, 恐れしめよ, 懸けて, 我等の, 截って, 截り, 手で, 打ちかけられたら命, 打ち込んだと, 抜かれた猫, 抜かれて, 抜きとった指, 披かれ, 拾い軒燈, 持った指, 持った残り, 持った金, 持つて, 持つ女, 持つ足, 振上げ物凄い, 掌に, 掘り立てるくらい, 掛けた以上, 掻いて, 掻きちらした一種, 揮って, 揮り上げた, 擘し, 擦り切らしても, 断ち百姓, 時計の, 書物の, 有し雲間, 有つ, 染めきつね一匹, 染めたり, 染めてから, 染めると, 染める子供遊び, 染める花, 染める風, 桃色に, 植えて, 植え並べた熊手, 樹皮に, 機械的に, 歯の, 母指と, 毒々しいまっ, 気に, 泳がせて, 津村は, 深く剪, 火に, 烏の, 照らした, 煮る, 煮るたァ, 煮るん, 煮る匂, 煮る噂, 煮込んで, 燃すと, 狐の, 現は, 甘受してる, 痛める熊笹, 発見した, 相手の, 真紅に, 眺めた, 眺めたら剪ら, 眺めながら, 眺めましてね, 眺め頭, 眼で, 研き七つ道具, 研ぎ, 研ぎぬいて, 研ぎ澄ました, 研ぎ澄まして, 研ぎ牙, 研ごうと, 磨いた, 磨いだ, 磨いだの, 磨いだら細君, 磨いだり, 磨いだ旗本, 磨いてるところ, 磨いでを, 磨がずに, 磨きはじめたかね, 磨きキャロン会社製造, 磨ぎ喜ぶとき咽, 磨ぎ牙, 磨くこと, 磨くため, 磨りまさあ, 示した, 示して, 突き立てた, 突き立てた折, 突くよう, 突張る, 立たせ両方, 立たぬほどに, 立ったまま, 立って, 立つばかりに, 立て, 立てたが, 立てたがる困った傾向, 立てたり, 立てた地面, 立てちゃ, 立てないばかりに, 立てはじめた, 立てます, 立てようと, 立てようとして, 立てられた思い出, 立てられて, 立てられては, 立てられるよう, 立てる, 立てるが, 立てること, 立てると, 立てるほどの, 立てるよりも, 立てる方, 立てれば, 立てんばかり, 立て始めたの, 立て立て, 糠袋へ, 紅の, 綺麗に, 置いて, 自ら剪っ, 自分の, 興がって, 蔵する銀棺, 血の, 袖口に, 見それから, 見たか, 見ただけでも, 見たの, 見たまい, 見たり, 見つむる, 見つめて, 見て, 見ながら, 見なすつたんで, 見る, 見るが, 見るがい, 見ること, 見ると, 見るに, 見ろ妙, 見上げた, 見事に, 覩て, 調べて, 譲り与えて, 象牙の, 責めるだけか, 買つて貰つてお, 赤く彩る, 踏み立てる事, 轢かれたとか, 込んで, 逆立てて, 遠慮なく余, 銜える子供, 鍛へ, 長くし, 長くした, 長くのばした, 閃かせて, 開いて, 隠した, 隠した手袋, 隠す, 離れたの, 静かに, 靜かに, 鷲に, 黒くせず, 鼈甲に, 鼻へ

▼ 爪~ (477, 17.7%)

25 先で 21 垢ほども 18 間に 10 ように, 先まで 8 ような 7 あとが, 先が, 先を, 長い手 6 やうに 5 中に, 先に, 垢ほど, 垢を, 痕が, 痕を, 間を 4 先ほどの, 色が, 跡が, 間から 3 下に, 先から, 先ほども, 先までが, 垢でも, 垢ほどの, 掃除を, 跡を

2 [35件] あかでも, あとを, ある手, かかりよう, さきで, ところを, なかに, やたらに, 一ツ一ツが, 下から, 伸びた手, 伸びた足, 先き, 先までをも, 垢から, 垢まで, 形が, 生えたぶざいくな手, 甲の, 痕かと, 痕な, 痕は, 痕も, 臣, 臣が, 色も, 裏へ, 足音が, 跡だ, 長さ, 間へ, 音が, 音は, 音を, 黒い掌

1 [206件] あいだに, あかこんな, あかは, あかほどの, あとで, あとには, あとの, あと舌の, あと荷作の, あるそう, あるアカーキイ・アカーキエウィッチ, ある両手, ある他, ある鳥, いずれかを, いと長く, いろまでが, うるみに, ことまで, こひしや, ごとく, さきから, さきが, さきにも, さきほど, さきほども, さきまで, さきまでが, しっかと岩角, しつかと, すぐそば, するどい動物, ために, ところが, ない三本, ない川田, ない本職, ない猫, ない鷹, ながい真理子, なくな, はがれること, ばつは, むざんな攻撃の, 一つで, 一つを, 一枚一枚までが, 上端に, 下にこそ, 中ごろに, 中には, 中の, 中まで, 事などが, 代りに, 代りの, 伸びた指先, 伸びた汚い, 伸びた湯, 伸びた長い, 伸びた黒い, 伸び方に, 伸び方は, 傷は, 先きが人, 先には, 先にも, 先の, 先は, 先へも, 先までの, 先までも, 先も, 先想い, 先指小耳そんな, 光りか, 光れる, 凶神は, 切入る, 切屑な, 削屑, 力は, 匂が, 化粧を, 半ばは, 及ぶ限り, 名馬に, 唐辛千成り, 垢だ, 垢との, 垢なりと, 垢には, 垢の, 垢ほどにも, 垢も, 垢や, 垢程, 垢程の, 垢程も, 垢足の, 奇麗に, 女は, 如き髮, 字に, 安らかに, 尖ほども, 尖まで, 屑が, 山を, 幅ほど, 平たい艶, 形さえ, 形に, 形は, 恰好に, 恰好まで, 手で, 手入れを, 持主か, 掃除が, 掻き立て方, 数は, 方が, 方は, 枯柳, 根に, 根の, 根元に, 毒に, 毒イヤ, 深かりし, 生えた手, 生えた指, 生えた長い, 生え加減, 生え際とか, 生え際の, 生え際へ, 異状に, 痂を, 痕, 痕だ, 痕とが, 痕の, 痕程の, 痕跡など, 癒ゆる, 発育が, 皮ボオル箱の, 皮肉も, 真中に, 立ち歯の, 立つほど, 端も, 端髪の毛一すじまでも, 粉は, 脊骨曲りが, 至り留る, 色, 色あ, 色あいを, 色だ, 色まで, 色までも, 色を, 色合い珠の, 色眼瞼の, 蟹や, 表まで, 表面が, 袋を, 裏が, 裏まで, 襲撃に, 角に, 詮議を, 話を, 赤い小さい蟹, 赤い蟹, 趾が, 跡これは, 跡すら, 跡だの, 跡や, 跡地獄の, 跡悲しい, 跡馬は, 通りの, 鋒先を, 鋭い高利貸ども, 鋭さ, 鋭さが, 長いだれた, 長い両手, 長い人, 長くのびた, 長く生, 間で, 間にあった蝙蝠, 間には, 間の, 附け根, 音, 音こそ, 響, 黒ずんだ婆さん

▼ 爪~ (205, 7.6%)

4 もつて, 土を, 掻いて 3 ひつかき

2 [13件] がりがり掻い, その柔, つけたよう, はじいて, ひッ, もって, 床を, 引っ掻いた蛇の目, 弾きながら, 書いて, 正三, 自分の, 血の

1 [164件] あわれな小, お裂きなさい, かいて, かき提げたか, かたを, がりがり引っ掻い, ぎりぎりと, こすつて, こすりながら, こつこつ削げました, これを, ごしごしと, さながら雪, さんざんに, しきりにガリガリやっ, しっかと抑え, しっかりと, しっかり襟もと, しつかり幸坊, ずたずたに, せせくって, その男, たたいて, つかんで, のぞき孔, はげしく空, はじいた, はじきながら, ばつを, ばら掻き, ひきさいたよう, ひき出した, ひっかいて, ひっかかれたの, ひっかかれた蚓, ひっ掻いたって, ひつかかれた, ほぐして, むしりながら, むやみに, ものを, よじ登った, ガリガリ掻き, ガリガリ畳目, グサリと, コツコツ叩き, ゴリ, プスリと, ペガッサスの, 一寸擦る, 一生懸命に, 三歳五ヶ月に, 上の, 不細工に, 中指の, 丸く切っ, 丹念に, 件の, 作った酒盞, 働かれよう, 入口の, 刀刃を, 切ったり, 剥ぎ, 割って, 力一パイバリバリ, 千切りと, 千切りとった, 半分以上も, 半分掻きはがし, 卓などを, 印を, 向うへ, 向へ, 咽笛を, 唇の, 圧したの, 圧し潰したら, 地べたを, 地を, 小擦る, 引き掻く, 引っかいた, 引っかいて, 引っかかれるよう, 引っ掻いたよう, 引っ掻かれて, 引っ掻かれてよ, 引っ掻かれないよう, 引っ掻き合って, 引ッ掻い, 引ッ掻く打っ, 引掻いた跡, 引掻くと, 弾き取って, 弾く, 弾くの, 待機中の, 戸を, 抑えながら, 折り目を, 押えたよく, 押さえて, 押しつけて, 拵へ, 挟んで, 掘つた, 掘り返して, 推摩居士を, 掻いたらぼろぼろ, 掻き, 掻きたてて, 掻きむしるらしい音, 掻きむしる音, 掻き上げられるよう, 掻き亂, 掻き切るの, 掻き取った程, 掻き掻きちょっと, 掻き破って, 掻くと, 掻くもの, 掻く佐渡, 掻つ, 掻れ, 書いたらしい, 書かれて, 服が, 枝を, 武装した, 死刑に, 気まぐれな, 深い穴, 深く傷, 潰すこと, 火を, 爪が, 珠を, 着物を, 石炭を, 磁鉄の, 穴中の, 縄を, 耳垢を, 肉を, 肉体を, 胴中の, 脊中の, 脚もとの, 茨掻き, 蛇の, 裂いた, 裂き車, 触って, 觸つて見, 追っかけられたが, 鉄瓶を, 長い間, 開けて, 靴を, 頤の, 頭を, 頸の, 顔を

▼ 爪~ (160, 5.9%)

6 生えて 4 ある 3 のびて, 伸びて 2 赤く凝結, 長くて, 非常に

1 [138件] あたって, あたるのみ, あった, あったという, あっても, ありますし, あるからな, あると, あるの, あるばかりに, いつもぴかぴか光っ, おのれの, かくされて, きれいだ, ここの, すべって, ずきずきする, その愛児嬢次, その身, たった小判一枚, たつた一つ, だんだん内側, ちらちら光った, ついてるだよ, つけた傷, つやつや光ってる, どうかし, ない, なかった, なかなか見にくく, なくな, のぞいて, のびかかって, のびる, のびるとともに, はえて, はめこまれて, ひっかからない, ひどく痛ん, ふたつに, ふちに, へるから, みんな七八分も, もはやない, よう, わなわなと, ガッキと, 一つ, 一つ入っ, 一つ足りない, 一寸五分ぐらいは, 一寸以上も, 一番はやく, 争ううち, 二つ三つ出, 二つ列ん, 二分ほども, 二重に, 伸びようと, 何かは, 何んで, 余り短, 先刻使いの, 光った, 出たの, 出て, 剥がれて, 剥きだされて, 勃々たる, 半分ほど, 喰い入る程シッカリ, 喰い入る程力, 喰ひ入る, 喰込ん, 喰込んで, 塗料を, 外れて, 寂しく一枝, 少し欠けけ, 尖って, 尖つて, 左手のよりも, 帆村の, 幾つも, 幾度か, 床を, 当ったとき, 当った箇所, 彼の, 後足を, 恐ろしい速さ, 手のひらに, 手の甲にと, 指さきの, 指に, 掌に, 摺り減っ, 柔らかく肉, 桜貝の, 櫻いろ, 櫻貝の, 海底の, 海底を, 深く喰い込んでる, 火鉢の, 焼ける悪臭, 生え, 生えてんな, 生きて, 痛いばかり, 痛くなりました, 白くなる, 真赤に, 眼鏡の, 着いて, 矢筈形に, 短かく, 短かすぎてもなんでも, 立たない, 紫いろに, 聳えて, 肉と, 肉身の, 良人の, 薄桃色, 薬罐の, 襟もとへ, 貝の, 軽く頬, 速かに, 邪魔に, 酬い, 長々と, 長いの, 長く延び, 電の, 馬鹿に, 黒髪の

▼ 爪~ (130, 4.8%)

5 じきされる 3 じきするであらう 2 じきされ, じきし, じきを, ぢきして, 割れて, 類ひなく, 魚の

1 [108件] あっても, あるが, いつも桃色, いつも長, いまどこか, きれいに, こう延びる, じきされないけちんぼ, じきされぬ, じきされるだろう, じきしました, じきせらる, じきなど, じきに, じき身ぶるひ, すでに手足, その唯一, それぞれ違った, たんねんに, ぢき, づれの, どっちへ, どんな木, どんな色彩効果, どんな風, なくたって, のびて, のび放題, また, また練磨, まだ地中, もうきれい, もう鈍く, やがて私, やはり磨いた, わしの, 一種奇怪なる, 一縷の, 不恰好な, 世を, 両方へ, 二三寸に, 健康な, 兄弟達の, 再び迅速, 切り終わって, 前のより, 前申す, 又かすか, 夢中に, 大きいだらう, 天狗の, 如何に, 小さく恰好, 少し平たく, 幾つと, 彼の, 心に, 怖い俺, 怖ろ, 恋する者, 我千島に, 指そのものより, 時々きる, 暫く赤色, 桜色に, 横に, 次第に紫色, 殊に長大, 残酷な, 油断なく, 烏の, 独笑顔を, 生れたもの, 痒さ, 癇症な, 白し紅白, 白っぽくなっ, 白銀の, 相手の, 真くろ, 砂の, 空を, 紅きを, 縦の, 美しく取られた, 衣を, 見たこと, 見ても, 見届けた, 語らず, 象牙細工と, 赤銅の, 跡さえ, 達者です, 遠くまで, 鉄よりも, 鋸であり, 長い, 長いわ, 長くし, 長く眼, 長く黄白色, 長さ, 隱れ, 非常に, 騎士の, 鳥に

▼ 爪~ (113, 4.2%)

11 火を 2 かけられまいと, ついて, 灯を, 筋が, 緑宝玉の

1 [92件] あって, いっぱい垢, おしつけた, かかったに, かかった小鳥, かかった鼠, かからないよう, かからなかった, かかりそう, かかること, かかると, かかるところ, かきむしられて, かきむしられるか, かけた上, かけられその, かけられた, かけられたる, かけられるところ, かけると, さわったよりも, つかまれて, つかまれぬため, つかまれるな, つかんだまま空, つけないと, はじかれたうす, ひき裂かれたよう, ひっかけては, ひとしい役, もう一つ, ガクンと, 一点の, 丑べにを, 二分されよう, 僅かの, 全身の, 内には, 化粧を, 取りて, 噛ましむ, 塗った毒薬, 変りは, 屈まって, 引っかかって, 引っつかまれその, 引掛けられた, 当てて, 押さえられた, 挟んだ泥, 挟んで, 挾まつた金糸, 挾んだ豆粒大, 捉らはれたる, 掛り絶, 掩われた, 掻かれて, 掻きとられて, 撃ち殺されたの, 攫むは, 果して, 死線が, 残って, 毒が, 毒を, 浮くまで, 消えのこり, 火が, 火も, 灯すやう, 照りかえした星, 爪が, 猛烈な, 珠を, 生体反応が, 白い半月形, 白い小さな, 白い星, 移して, 紅せぬ, 脈を, 至るまで, 落つ, 蔽われたの, 血の, 血紅の, 追いかけられて, 過ぎなくとも, 針を, 靴を, 頭を, 黒いもの

▼ 爪らしい~ (86, 3.2%)

17 顔を 6 顔で 4 ことを 3 調子で, 顔付を 2 お辞儀を, 楷書で, 横平な, 顏を, 顔し, 顔つきで

1 [41件] お悔み, のが, のを, フロック, 事を, 八字髭と, 六芸の, 別の, 原作者の, 口の, 名前は, 咳ばらいを, 問題を, 嘘ッ八の, 声で, 声よそゆきの, 大きな口, 大人の, 学者振った, 応接室を, 恭順な, 戒名と, 挨拶の, 文句を, 校長や, 武悪面に, 漢語を, 理窟を, 祖父や, 表情と, 表情を, 言葉ばかり, 調子を, 謝罪状を, 遠慮気分を, 顔つきだ, 顔つきに, 顔つきを, 顔に, 顔付で, 顔付に

▼ 爪さき~ (65, 2.4%)

3 あがりに, あがりの 2 は小波, を反らせ

1 [55件] から背筋, がまだ, が痛ん, が薄く白い, さがりに, それとなく, たてて, でうず, ではじい, で歩い, で石ころ, で背伸び, で軽く, で階段, と洋傘, にかかっ, にすっと, に下駄, に何, に光る, に地, に捌く, に接吻, に畑, に畳, に蛇, のそる, の厚味, の平たい, の白う, の線, は白い, へ近く, までうつる, までぶるぶる, まで木の葉, まで膚, まで走り, まで身, も分り, も見え, をそろえ, をちょろちょろ, をちよろちよろ, を上皮, を刻ん, を引っ張っ, を引つかけた, を無心, を真紅, 上り山, 深く谷, 立てて, 薄くさみしく, 足の

▼ 爪~ (56, 2.1%)

4 立たないよう 3 牙も 2 折れよと, 見えないほど, 黒く長いの

1 [43件] あり角, あんまり尖っ, あんまり尖つ, いふまでも, いまに, お鉄漿, するどいくちばし, その髪の毛, ちゃんと切っ, ついて, つかみ得べからざるもの, とがって, なく牙, なけりゃあ, なければ, なにも, はさみも, また桜色, みな凍っ, みんな食べられる, もうみがきあげられた, 全く生きた, 凍りはて, 口も, 同じ蒼ざめた鉛色, 平均した, 手の, 歪に, 知らぬ間, 短くて, 立たず僕たち, 立たないほど, 立たないほどの, 立たない聴衆, 立たぬこと, 立たぬほどの, 立たんばかり, 立たんほど, 立ちそう, 立てよと, 見えた, 鐡搭も, 長く尖っ

▼ 爪~ (52, 1.9%)

2 あがり, に絡まる, の沈む, まで黒し, を瞠め乍ら

1 [42件] からまた, から見上げ, がポン, が震えた, で歩く, と杖, に蠣殻, に響いた, のぼりの, のよう, は松葉, ばかりの残つた時, へとかく, まで, までが白く, まで全身, まで垂らした, まで引, まで透き通っ, も辷らず, をそろ, をコト, を上, を凝, を反らし, を取, を嘗める, を小さい, を慌しく, を懸ける, を揃, を揃え, を見, を見た, を見れ, を踏ん, を頂く, 上がりの, 下りに, 白く濃い黒髪, 立ちを, 膝から

▼ 爪~ (34, 1.3%)

5 の音 2 して, で端唄, の三下り

1 [23件] か, が合図, されて, したところ, しや, せし探偵吏, で, で何, で心意気, といふ古い, とやら乙, の, の三味線, の小唄, の忍ぶ, の歌, の音色, をし, をする, を楽しん, を聞い, を聴き, を遣る

▼ 爪~ (32, 1.2%)

2 親指の

1 [30件] いわれた上部八風斎, そっくりの, ひづめとしつぽとを悪魔, ひづめと尾, ゆがめる嘴, よぶ岩, 云う利器, 何も, 同じよう, 呼んで, 嘴とが, 嘴とで, 大きな翼, 擬した節足, 斬髪頭とに, 歯とで, 歯を, 牙から, 瓜岡と, 皮も, 翼とを以て, 血を, 見ゆるは, 足指とへは, 踵とに, 鋭い嘴, 頭を, 顎とを, 髪ばかり, 鷲の

▼ 爪らしく~ (26, 1.0%)

1 [26件] お前が, お取り, も何, 仲裁した, 何の, 内部は, 半ば苦笑を, 同じ言葉, 報告する, 外国煙草を, 嫁の, 嫂の, 小首を, 左の, 弔文を, 憂慮気に, 文化的理由を, 文字を, 構へ, 母の, 私方へ, 耳を, 腕組し, 袴なんぞ, 説明する, 首傾け

▼ 爪~ (25, 0.9%)

2 耳の

1 [23件] ナイフで, 前歯で, 咬みつく尖った乱杭歯, 唇に, 嘴が, 堅い甲羅, 尾や, 杉戸の, 歯牙が, 歯牙は, 涙の, 牙では, 牙に, 甲羅が, 甲羅の, 胸に, 表皮が, 角を, 鉛筆の, 頭髪が, 頭髪に, 飼猫の, 髪の

▼ 爪まで~ (16, 0.6%)

1 [16件] いや出来る, すっかり洗っ, はぎとって, ほとんど神, 作りつけて, 凍えるよう, 剥がして, 取って, 本物かと, 無関心, 知り抜いて, 磨き上げられた耕馬, 綺麗に, 色を, 見えるから, 赤い手

▼ 爪から~ (15, 0.6%)

2 出入りする

1 [13件] すべりおちるよう, だんだんに, のびあがって, 余った先, 入らうとして, 出入りを, 彼を, 悪魔が, 抜ける, 放されて, 血が, 身体に, 逃れ出た温め

▼ 爪~ (13, 0.5%)

7 をし 2 して 1 あがれ, するよう, に伸し, をした

▼ 爪とを~ (10, 0.4%)

2 持って 1 そなえて, もって, 切つて逐いはらいました, 切り祓, 弄んで, 持ってるもの, 擦り切らししかも, 有し若し

▼ 爪~ (10, 0.4%)

1 か何, きされて, きの, きも, きや, きを, して, せらる, に浮かれ出す, の聲

▼ 爪深く~ (10, 0.4%)

10 その身

▼ 爪~ (9, 0.3%)

1 あっしの, かはっきり, ぜ, ちかげん, ちよれり, てて, てて歩いた, とこれ, もの

▼ 爪~ (9, 0.3%)

1 があります, である今日, と相, の, のサラサ, の僭王胡瓜, の宣教師, への旅行許可証, 満剌加

▼ 爪びき~ (8, 0.3%)

2 の音 1 で低音, で唄いだした, で明鴉, に合わせ, の絃, をつづけ

▼ 爪先だち~ (8, 0.3%)

2 になっ 1 でベッド, で往來, になり, に行き過ぎる, に覗い, に足音

▼ 爪折笠~ (8, 0.3%)

1 が高低, である, との為め, は一度, は高く, を冠つた, を冠つて毒消し, を戴く

▼ 爪立て~ (8, 0.3%)

7 をし 1 につかみ

▼ 爪あと~ (7, 0.3%)

1 が交叉, が何より, には生血, に血, のひどい, はまだ, をつけ

▼ 爪でも~ (7, 0.3%)

1 きらう, チェーン・ボロッコでも, 剪っ, 摘みながら, 摘んで, 斬つたら, 牙でも

▼ 爪には~ (7, 0.3%)

1 かからなかったが, かかりません, 条が, 薄赤い, 血が, 靴を, 黒く垢

▼ 爪ばかり~ (7, 0.3%)

4 観て 1 噛って, 噛んで, 閃かいた一面

▼ 爪切鋏~ (7, 0.3%)

2 を手 1 できれい, で切, は怖, をお母さん, を枕元

▼ 爪磨き~ (7, 0.3%)

1 がつく, であり交換手呼出器, で爪, としての効用, なぞうわの空, の女, をし

▼ 爪だけ~ (6, 0.2%)

1 だぜ, 忘れて, 白い手の平, 見ると, 貰うつもり, 食わせる所

▼ 爪~ (6, 0.2%)

1 がたま, がたまっ, が一ぱい, で楽譜, のたまった, を少し

▼ 爪楊子~ (6, 0.2%)

1 になりよる, のはて, のよう, を使い, を使う, を襟

▼ 爪はずれ~ (5, 0.2%)

1 が堅気, などが媚, のもの, の尋常, よく足高膳

▼ 爪~ (5, 0.2%)

1 入墨を, 書いて, 漆の, 釘を, 鉄靴を

▼ 爪らしき~ (5, 0.2%)

1 八字髯の, 古外套, 手紙の, 爺が, 道徳談や

▼ 爪探り~ (5, 0.2%)

1 てや, ながら勝手, に下駄, に進み行け, をし

▼ 爪さぐり~ (4, 0.1%)

1 ながら, ながら頷, に例, 乍ら楽し

▼ 爪だの~ (4, 0.1%)

1 ニンニク沢山の, 嘴だの, 垢くらゐ, 糠袋だの

▼ 爪上り~ (4, 0.1%)

1 なる向うから, になる, に新しい, のいちご畑

▼ 爪~ (4, 0.1%)

1 と踵, に戞, の灰, までの事

▼ 爪だって~ (3, 0.1%)

1 ことよ, これ程の, 痛いわ

▼ 爪とが~ (3, 0.1%)

1 はっきり眼, 光りに, 凡ての

▼ 爪にも~ (3, 0.1%)

1 堪らず消滅, 掌にも, 身嗜みの

▼ 爪ほどの~ (3, 0.1%)

1 凸面も, 大さ, 小さい蟹

▼ 爪みたい~ (3, 0.1%)

1 なもの, な角製, に自由自在

▼ 爪もて~ (3, 0.1%)

1 その処, その顔, 後足を

▼ 爪~ (3, 0.1%)

2 るの 1 り乍ら

▼ 爪立足~ (3, 0.1%)

1 でびく, で黒焼屋, をし

▼ 爪~ (3, 0.1%)

1 のそった, を視, を踏

▼ 爪~ (3, 0.1%)

2 とりて 1 と糸

▼ 爪調べ~ (3, 0.1%)

1 か, が素敵, にかかる

▼ 爪責め~ (3, 0.1%)

1 でぺらぺら, にした, は愚か

▼ 爪~ (3, 0.1%)

1 から血, などは泥, までも調べ

▼ 爪あとたち~ (2, 0.1%)

2

▼ 爪あり~ (2, 0.1%)

1 性殺, 焔と

▼ 爪ある~ (2, 0.1%)

1 カンジキを, 手あり

▼ 爪あるいは~ (2, 0.1%)

1 牙で, 牙の

▼ 爪~ (2, 0.1%)

1 指先でも, 歯かで

▼ 爪かも~ (2, 0.1%)

1 知れない, 知れないね

▼ 爪ぐらいの~ (2, 0.1%)

2 大きさ

▼ 爪ごとき~ (2, 0.1%)

1 爪が, 爪で

▼ 爪さえ~ (2, 0.1%)

1 そのままに, 知って

▼ 爪さきで~ (2, 0.1%)

1 そして医者, なにかかたい

▼ 爪さき上がり~ (2, 0.1%)

1 に少しく, に登っ

▼ 爪それ~ (2, 0.1%)

1 から可愛らしい, は死

▼ 爪だけが~ (2, 0.1%)

1 だだびろく, 部屋の

▼ 爪だった~ (2, 0.1%)

1 ね, のです

▼ 爪でかき~ (2, 0.1%)

1 ながらおのれ, ながら口

▼ 爪です~ (2, 0.1%)

1 か, が

▼ 爪でなけれ~ (2, 0.1%)

1 ば, ばならん

▼ 爪とどまる~ (2, 0.1%)

2 かぎり

▼ 爪とは~ (2, 0.1%)

1 大に, 大理石

▼ 爪~ (2, 0.1%)

1 んざ何んの, んだ

▼ 爪にて~ (2, 0.1%)

1 はじけば, ひねりたるに

▼ 爪にまで~ (2, 0.1%)

1 その白い, マニキユアが

▼ 爪までが~ (2, 0.1%)

1 もう戦闘, 生理的に

▼ 爪より~ (2, 0.1%)

1 小さい奴三つ, 火を

▼ 爪らし~ (2, 0.1%)

1 さは, さを

▼ 爪らしくなっ~ (2, 0.1%)

1 てしまいました, てまるで

▼ 爪らしく書い~ (2, 0.1%)

1 てある, てゐる

▼ 爪らしく聞え~ (2, 0.1%)

1 てよく, て善く

▼ 爪らしく述べ~ (2, 0.1%)

1 てい, 従って勘定

▼ 爪一つ~ (2, 0.1%)

1 だつて, だつて発明出来

▼ 爪一本~ (2, 0.1%)

1 でも人, で棚

▼ 爪下り~ (2, 0.1%)

1 ぐらいの店, に向う

▼ 爪付い~ (2, 0.1%)

2 て倒れる

▼ 爪~ (2, 0.1%)

1 がもと, ではすみますまい

▼ 爪~ (2, 0.1%)

1 を抱え, を持っ

▼ 爪切り鋏~ (2, 0.1%)

1 おせい, を持ってる

▼ 爪~ (2, 0.1%)

1 さがりに, 細く

▼ 爪~ (2, 0.1%)

1 怖, 怖も

▼ 爪外れ~ (2, 0.1%)

1 が良い, の良い

▼ 爪懸り~ (2, 0.1%)

2 のいい

▼ 爪折り~ (2, 0.1%)

1 て桔梗, 傘を

▼ 爪~ (2, 0.1%)

1 っております, って居ります

▼ 爪~ (2, 0.1%)

1 に取らし, を引き

▼ 爪~ (2, 0.1%)

1 をきちんと, をまね

▼ 爪~ (2, 0.1%)

1 の掌, より毛よう

▼ 爪~ (2, 0.1%)

1 と, のなか

▼ 爪~ (2, 0.1%)

2 の花

▼ 爪薄く~ (2, 0.1%)

2 足は

▼ 爪~ (2, 0.1%)

1 には, を行っ

▼ 爪~ (2, 0.1%)

1 のひ, 白く流れ

▼ 爪~ (2, 0.1%)

1 で削り落し, なぞを提げ

▼ 爪髪塔~ (2, 0.1%)

1 なること, なん

▼ 爪~ (2, 0.1%)

2 に似る

▼ 爪~ (2, 0.1%)

2 の鹿

▼1* [208件]

あんな骨類を, 爪うす紅の, 爪うちかけて, 爪喰う奴, 爪かけて, 爪かたをつけた, 爪かと見ゆる, 爪かはからこぼれて, 爪からだにはえ, 爪からも息を, 爪がてまえの, 爪きられて稲, 爪きりが出, 爪きりぎりすの奥歯, 爪きり鋏そろばん, 爪くる人も, 爪くれなゐ, 爪ぐらゐな大きさ, 爪この神天の, 爪こまかなる熊手, 爪さきかけたままの, 爪さきでなおしながらあっち, 爪さきでのび上ってみ, 爪さき立ち気味にし, 爪さき近く流れて, 爪さき遠くにはひろがっ, 爪さき静かに辷り出る, 爪さぐって居ります, 爪さんそれから芥原さん, 爪しろがねに指, 爪ろに, 爪じゃアある, 爪じゃあねえどうも鳥, 爪じゃァねえぜ, 爪じるしは一か所, 爪ずきには決して, 爪うれしき, 爪だけかとまで一ころは, 爪だけのものに, 爪だけは生きて, 爪だらけの手, 爪やと皆, 爪づいたのでした, 爪であったが何物, 爪であろうが垢, 爪でですか, 爪でなくてその, 爪ではないの, 爪というものが, 爪といふものは, 爪とか潔癖を, 爪とて咬破り, 爪とのその手先, 爪とやら先の日に, 爪とりを持つ, 爪なく隠顕自在の, 爪など最近綺麗に, 爪などが積みあげられ赤錆, 爪などもあるさ, 爪なりとも少々この, 爪なんぞは見えまいが, 爪にかかつて寸々, 爪にかけてその時空, 爪にしか見えない, 爪について居りましたか, 爪にでも引つか, 爪ぬけてしまった, 爪はげて血だるま, 爪はずれ品よく揃った, 爪はずれ帯の状, 爪はのびたであらうか, 爪見たり, 爪ばかりの無理も, 爪ほど小きもの, 爪ほどに見えるのみ, 爪ほども気がついて, 爪まがり爪, 爪までも一つ一つ見分けられる, 爪よりもほのかに, 爪よりもずつと速く伸びる, 爪らしかったのでわたしたち, 爪らしくしたような, 爪らしくならないで各々, 爪らしく並べ立てていた, 爪らしく乗っている, 爪らしく云い出すのも, 爪らしく儀式張ったり騒ぎ廻っ, 爪らしく切り出せば土地整理問題, 爪らしく呼び出されたそれは, 爪らしく唸り出すと大業, 爪らしく唸出すと大業, 爪らしく坐り直したりし, 爪らしく居ずまひを, 爪らしく控えている, 爪らしく控えてる立派な, 爪らしく教えている, 爪らしく歩んで城, 爪らしく穿いている, 爪らしく答えてゐる, 爪らしく言うのも, 爪らしく説いて見, 爪らしく返禮の, 爪らしく述べ立てている, 爪をとつてゐた, 爪を以て全身に, 爪食う奴, 爪サキ立チ夕焼ノ雲, 爪サキ立ッテイルソウデス川ノ流, 爪スコップ六尺棒バイスケ素手など, 爪スコップ陸尺棒などを取りだした, 爪スリッパの踵, 爪化粧モコノ伝デ, 爪バラバラこっちの, 爪バンをおし, 爪一つ指の尖, 爪一片もやる, 爪へ大, 爪中万二市木公太書を貴, 爪二つと言っ, 爪二つ相対して, 爪の大き, 爪などがならべ, 爪切りなどの小物, 爪切り刀などまで買い求め, 爪切り清掃耳掃除按摩など凡そ, 爪切り紅筆など艶, 爪切る時すら, 爪刻船のさま, 爪る石竹, 爪割いて, 爪半分ほどしか掛らない, 爪即ち帝國の, 爪反りや巌端, 爪剪が, 爪取り鋏である, 爪叩き聽く其の, 爪名文あり警句, 爪哇婆羅納安南, 爪哇更紗のカーテン, 爪哇水仙の意, 爪哇竹などの多い, 爪哇芋か爪哇薯, 爪哇薯かにすれ, 爪哇蘇門多羅, 爪大いなる腹に, 爪姫鍬形などの高山植物, 爪小さきも今更, 爪尖き軽くもの, 爪尖りて若党, 爪でえ, 爪引くや弓絃, 爪弾位は静か, 爪彈きし度くなる, 爪彈きの音も聽, 爪を, 爪忠澄以来この北町奉行所, 爪打ち込みしにはあらず, 爪の出た, 爪折傘そいつを恭, 爪けざれ, 爪掛けをつ, 爪探つて居る, 爪探るように, 爪摘んだ時の, 爪摺れであろう青々と, 爪既に死色を, 爪い頬, 爪楊子位の大き, 爪楊子入れのよう, 爪だ, 爪を組みあわせ, 爪民部の人々, 爪永遠にこの, 爪のもの, 爪猩々の鼻, 爪の牙, 爪理髪お髯, 爪甲等を始め, 爪剥落し, 爪相術等となる, 爪相足相にまで突き入った, 爪した彼女, 爪磨き粉やすり, 爪磨き道具でマニキュア, 爪神社の例祭, 爪立ちをし, 爪立ち上って満月, 爪少しくこ, 爪美しき火桶かな, 爪翡翠の死体, 爪の髪, 爪を内職, 爪覆いを着せ, 爪調べぢやない, 爪謁気吾瀬子之射, 爪であって, 爪足鼠に似る, 爪軽くお沢, 爪遣りすること多く, 爪な指, 爪長い尾二つに, 爪長く髯短し, 爪附きの片足, 爪の色, 爪の外, 爪髪手脚各, 爪黄馬を走らす, 爪黒黄蝶の鱗粉