青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「活~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~洗 洗~ ~洗っ 洗っ~ 洗濯~ 洞~ 津~ 津田~ 洪水~ 洲~
活~
~活動 活動~ 活字~ 派~ 派手~ 流~ ~流し 流し~ ~流れ 流れ~

「活~」 1042, 11ppm, 10010位

▼ 活~ (85, 8.2%)

13 づいて 7 のある 4 づきました 3 が無い, を帶びて 2 ありて, ある火力, があつ, がある, が出, づいたやう, づけて, づける, 付きました

1 [37件] ある一團, ある人間, ある町, があふれ, がない, がなく, が少し, が溢れ出し, が生じ, ついて, づいた, づき力, づき周圍, づき支店長, づけられて, とそれから, と眞, と色艶, に充ちる, に漲つ, のない, のない懶う, の多い, の溢れた, の飛動, は全く, は増加, もない, や情熱, や期待, を呈, を囘復, を奪, を帶びてゐたのだらう, を帶びて行, を有し, を誘

▼ 活~ (83, 8.0%)

9 入れて 4 いれて, 入れた, 入れられたよう 2 して, 入れると, 論じて

1 [56件] いれた, いれ口, いれ竹造, えたの, えたもの, させたの, すること, なさん, もって, もとめて, よくし, 一つ入れた, 信ずるもの, 入れい, 入れさせると, 入れたやう, 入れてから, 入れながら, 入れまして, 入れようと, 入れられたやう, 入れられたラッパ, 入れられて, 入れること, 入れるため, 入れると共に, 入れるゆえん, 入れる大変化, 入れる意味, 入れる重要, 入れ顏, 卑う, 取って, 実に東洋人, 幾度か, 床の, 得て, 得ようと, 抜け出す時, 持ったまま椽側, 持って, 描いたもの, 求むと, 求めて, 求める, 求めるの, 求める手段, 經驗した, 続けたいから, 繋がれながら, 脱したすぐ, 見ると, 見るに, 語るの, 論じ棒頭上, 逆さに

▼ 活~ (52, 5.0%)

3 中に 2 花と, 花として

1 [45件] ある辺り, いいきは, いい海老, うしろから, うしろに, その桜, そばに, ところに, まま徒歩で, まわりを, 一手を, 下で, 中, 中から, 中なんかに, 中には, 今昔をも, 入った作家たち, 入らないよう, 入れかた, 入れられなければ, 内容を, 冬島京子眼は, 別名である, 前に, 區別を, 可い, 周囲や, 妖物, 妖物として, 安定を, 方が, 機に, 水が, 法にや, 続き見たいな, 自由なる, 花あたらしき, 花に, 花命の, 苦きをも, 葉は, 薊は, 詩人が, 鑵が

▼ 活~ (42, 4.0%)

2 である, であるかも, である故に, とはたと, なること, なれば, の緑

1 [28件] がゐた, が入った, たり霊体, だ, だから, だなぜ, だよ, だ活物, であり物質的, であればこそ, で常に, としてさらに, としての在り, として考えられし, となる, と名づけずし, と見る, なり, なりと思惟, にて容易, の意, の自分, の親, の運動, はゴッド, は死にました, を死用, を認めず

▼ 活人形~ (40, 3.8%)

3 のよう 2 が泣い, とはあんまり, に朝, の看板, の眼, は話

1 [25件] がその, ができ, が並べて, が芳しくしめっぽい, が薄暗い, である或は, と並べ, にそっくり, のやう, の並んだ, の大道具, の踊り, の顔, はこちら, はその, は此方, へ氷, も見, やその, をのぞく, を動かす, を彫, を彫った, を継いだ, 大喝采一

▼ 活~ (32, 3.1%)

4 てゐる 3 て来た 2 て行く, 古語と

1 [21件] かく惚苦めたま, ちゃあ帰さねえ, てください, てその, ては置かれね, て上げます, て伏し, て使, て其子, て来る, て見せる, て見よう, て詠む, ながらに一枚, また能, をし, 当的, 木の葉を, 無声無言の, 申候, 語尾が

▼ 活~ (27, 2.6%)

2 花の

1 [25件] いけましょう, した花, しちゃ, しを, づツぷりぬれし水色の, なげこめば, なつて, なる, ピストルを, 一寸, 入れるん, 帰す経験, 投げこまる, 投げこまるるにぞ, 活けられて, 浅ましく水仙, 燈火には, 絶えず話し, 花が, 花を, 語感を, 軽い一輪, 造り椿, 遊ばしましても, 隠さなかったこと

▼ 活くる~ (22, 2.1%)

3 者に, 者は

1 [16件] あるは未だに疵負, ともなく, に非, の人也, ものに, も神, も運命, を, を得た, 強き人でなく, 才子の, 永遠の, 罪かも, 者, 者也と, 身と

▼ 活~ (18, 1.7%)

1 [18件] である, と看破, と稱, には慥, には關係, に待つ, の二字, の利劔, の劔, の外, の悟り, の理, の蹂躙, の道理, は安藤, は進退, を平易, を振翳す

▼ 活~ (17, 1.6%)

1 [17件] が働く, に作者, に触れん, の分らぬ, の根元, はただ, をつかん, を以て律すべき, を伝道, を利用, を吾人, を悟り, を捉え得た, を敏, を看破, を経た, を見つける

▼ 活~ (16, 1.5%)

5 なるもの

1 [11件] が往々, に面白い, の人気, の名, の当り狂言, の影響, の立女形, の趣意, は演劇史上, ものでしかも, を謳歌

▼ 活平等相~ (14, 1.3%)

1 [14件] あり, といふ, といふもの, といふ名, などにてや, なりといふ, の, の別, の小天地, の理法, はおなじ, は沒却作家, を法律, を理法的

▼ 活差別相~ (13, 1.2%)

3 を具 2 を個物的 1 あり, といふもの, といふ名, の, の人物, の個想, の有無, は

▼ 活~ (12, 1.2%)

2 蜘蛛か 1 ら変格を, 作用が, 作用を, 手腕を, 批評眼を, 眼を, 筆は, 線について, 解決を, 駆使に

▼ 活~ (11, 1.1%)

4 後の 2 場合と 1 ことが, といふ, ままの, 生命にや, 薬すなわち

▼ 活~ (10, 1.0%)

1 いいと, どうかいたしました, まだ日活, よかった, よさそう, 一つそして, 入るでしょう, 載って, 飾って, 飾つてある

▼ 活~ (10, 1.0%)

1 から拾つた, から来, が覚束, じゃ, は施すべき, をここ, を施し, を獲, を知りません, を試むることがいいか

▼ 活躰解剖~ (10, 1.0%)

3 の犠牲 2 の恐ろしい 1 の今夜, の手術, の犠牲者, の真相, を行なわれ

▼ 活きもの~ (8, 0.8%)

1 が棲ん, といふの, になる, の説明, はどうして, は蜜蜂, もその, を造つたの

▼ 活~ (8, 0.8%)

3 依姫, 依毘賣 1 依媛, 依毘売其容姿

▼ 活~ (7, 0.7%)

1 とも殺す, のと, のも, もある, も勝手次第, 程に両手, 道程は

▼ 活~ (7, 0.7%)

1 あったり, いる, いる者, みようじゃ, ゐると, 居るよ, 生たる

▼ 活~ (7, 0.7%)

1 この死, した, 怒るや, 燭台と, 表現する, 見ひらき天井, 見開いて

▼ 活~ (7, 0.7%)

3 いて 1 きとして, きを, き掛けて, き掛けること

▼ 活世界~ (7, 0.7%)

1 だぞ, となる, においてはあからさま, にし, の中, の時事, の有様

▼ 活~ (7, 0.7%)

1 させたと, し智, する事, てだにあるなら, の報恩, の大, の恩

▼ 活字引~ (7, 0.7%)

1 である, として皆, ともいうべき, と写字器械, と言, になっ, はまだ

▼ 活~ (6, 0.6%)

1 そのままのかれ, に近づく, の隣, は絵, をその, を料理

▼ 活~ (6, 0.6%)

3 な蠕動 1 でもっと, なこと, になっ

▼ 活~ (6, 0.6%)

1 とはかの, の, の一代, の神, の神二柱, の解釈

▼ 活~ (6, 0.6%)

2 な青年 1 で何, なところ, なる企業心, に云

▼ 活神様~ (6, 0.6%)

1 が毎晩, だ, では罰, にし, の裏面, を御

▼ 活なる~ (5, 0.5%)

1 動物の, 心を, 精神を, 者も, 高尚の

▼ 活人剣~ (5, 0.5%)

1 このけじめ, じゃ, というの, を握る, を知らず

▼ 活~ (5, 0.5%)

1 なきなり, なきは, はすでに, は自家, を胸

▼ 活舞台~ (5, 0.5%)

1 が現われた, です, に一役, に飛躍, の中

▼ 活かせる~ (4, 0.4%)

2 だけ活かす 1 ものなら活かし, ような

▼ 活くべき~ (4, 0.4%)

1 ものです, ものを, も殺し損, 病人が

▼ 活した~ (4, 0.4%)

2 力の 1 さうである, 顔を

▼ 活~ (4, 0.4%)

1 あるまいが, 世人に, 手に, 秀真が

▼ 活もの~ (4, 0.4%)

1 がこれ, だから, のごとく, は泥

▼ 活~ (4, 0.4%)

1 がごとく, がごとし, 水川の, 為めに

▼ 活作用~ (4, 0.4%)

1 とも見, に現, に見参, の弾力

▼ 活~ (4, 0.4%)

3 なしめ 1 を作ろう

▼ 活歴物~ (4, 0.4%)

1 などを演ずる, の評判, をする, を多く

▼ 活火口~ (4, 0.4%)

1 たる中岳, で交互, とは矛, と多く

▼ 活~ (4, 0.4%)

2 と音 1 として傲, り蝋燭

▼ 活~ (3, 0.3%)

1 ていた, ている, て居る

▼ 活さう~ (3, 0.3%)

2 とした 1 と云

▼ 活には~ (3, 0.3%)

1 あらざるなり, どこで, 何處で

▼ 活~ (3, 0.3%)

1 ついでに, 何も, 改まつた譯

▼ 活人間~ (3, 0.3%)

1 として今日, なりその, を描く

▼ 活~ (3, 0.3%)

1 しなければ, である, によって法

▼ 活地獄~ (3, 0.3%)

1 だ, のオーケストラ, の圖

▼ 活手段~ (3, 0.3%)

1 はあの, を奪われた, を身

▼ 活~ (3, 0.3%)

1 でさ, でね, はいつ

▼ 活~ (3, 0.3%)

1 した顔, として美くし, と表現

▼ 活知識~ (3, 0.3%)

1 を求め得べき, を獲得調査, を調査獲得

▼ 活~ (3, 0.3%)

1 つまり人間, のご, の都

▼ 活~ (3, 0.3%)

1 なく眼, の羽織, を失い

▼ 活證人~ (3, 0.3%)

1 があつ, にしたかつた, になつ

▼ 活返った~ (3, 0.3%)

1 とこう, のじゃが, 李花て

▼ 活~ (3, 0.3%)

1 な連中, の彼, 随分派手

▼ 活~ (3, 0.3%)

1 と共に滿洲, の末孫, は耶懶

▼ 活~ (3, 0.3%)

1 があります, に放りこまれ, に放りこむ

▼ 活~ (3, 0.3%)

1 がおのれ, が演じられた, が起った

▼ 活~ (3, 0.3%)

1 にし, のうち, 生餌

▼ 活あゆ~ (2, 0.2%)

1 の塩焼き, の料理

▼ 活あり~ (2, 0.2%)

1 て始め, 活中死あり

▼ 活いき~ (2, 0.2%)

2 とした

▼ 活くべし~ (2, 0.2%)

1 とあった, 一日と

▼ 活され~ (2, 0.2%)

1 てゐる, もし期待

▼ 活そう~ (2, 0.2%)

1 とした, とする

▼ 活~ (2, 0.2%)

1 目で, 詩的技芸である

▼ 活だの~ (2, 0.2%)

1 ゴテ, 富士新種という

▼ 活でも~ (2, 0.2%)

1 ひっかかって, 入れて

▼ 活~ (2, 0.2%)

1 こぎつけようと, 水を

▼ 活~ (2, 0.2%)

1 に頗る, より死

▼ 活世間~ (2, 0.2%)

1 という一つ, の人間

▼ 活人書~ (2, 0.2%)

1 に扁鵲中蔵経, 括指掌図論

▼ 活~ (2, 0.2%)

1 のやう, の光明寺さん

▼ 活~ (2, 0.2%)

1 の鋭さげ, 即ち己

▼ 活~ (2, 0.2%)

1 なり, を見る

▼ 活如来~ (2, 0.2%)

1 の扱, をや待

▼ 活如来様~ (2, 0.2%)

1 が千年, や予言者殿

▼ 活~ (2, 0.2%)

1 即ち夫婦共稼ぎ, 即ち梵語

▼ 活~ (2, 0.2%)

1 にし, を教える

▼ 活寫し~ (2, 0.2%)

2 てゆく

▼ 活差別相即活平等相~ (2, 0.2%)

1 なりといふ, は沒却作家

▼ 活差別相活平等相~ (2, 0.2%)

1 などにてや, の別

▼ 活形容詞~ (2, 0.2%)

1 となる, の語根

▼ 活~ (2, 0.2%)

1 のベテラン, を踊つて

▼ 活~ (2, 0.2%)

1 だろう, であらう

▼ 活~ (2, 0.2%)

1 を読む, を読め

▼ 活杙二神~ (2, 0.2%)

1 は其意義, も亦

▼ 活東子~ (2, 0.2%)

1 は, は月今宵

▼ 活歴芝居~ (2, 0.2%)

1 で君前, に対してたとい

▼ 活~ (2, 0.2%)

1 を体言, を意識

▼ 活~ (2, 0.2%)

1 の意味, を汝

▼ 活~ (2, 0.2%)

1 なり, には悉く

▼ 活津日子根~ (2, 0.2%)

2 の命

▼ 活~ (2, 0.2%)

1 なる器度, の制

▼ 活物たる~ (2, 0.2%)

1 に相違, のみならず

▼ 活物霊体~ (2, 0.2%)

1 ではない, なること

▼ 活玉前玉比~ (2, 0.2%)

2 賣の

▼ 活~ (2, 0.2%)

1 なりと, を見

▼ 活畫圖~ (2, 0.2%)

1 が現, を當時

▼ 活目子~ (2, 0.2%)

2 の郎女

▼ 活~ (2, 0.2%)

1 を観ずる, を観得なかった

▼ 活~ (2, 0.2%)

2 は如何

▼ 活社會~ (2, 0.2%)

1 の實用, の選手權

▼ 活~ (2, 0.2%)

1 が歓迎, に割き

▼ 活~ (2, 0.2%)

2 を試みたく

▼ 活自在~ (2, 0.2%)

1 の妙用, の思弁

▼ 活~ (2, 0.2%)

1 するならば, するに

▼ 活著し~ (2, 0.2%)

1 て生長, 且つ生長

▼ 活~ (2, 0.2%)

1 を火吸器, 流れよ未来万年

▼ 活~ (2, 0.2%)

1 でもなく, というよう

▼ 活閻婆~ (2, 0.2%)

1 といわれ, の王定六

▼ 活須毘~ (2, 0.2%)

2 の神

▼ 活~ (2, 0.2%)

1 の目, の眼

▼ 活鯛屋敷~ (2, 0.2%)

2 の前

▼1* [199件]

あるを信ず, 活しかたこそ, 活かいておきたかった, 活かさむとした, 活かざるばかりくち, 活かつて居ました, 活から花を, 活がいがあった, 活くに足ると, 活くべきであるか, 活こそ真の, 活ないの, 活さなければならない, 活される芝居の, 活さんことを我等, 活ざれば意, 活したいという気, 活し得ないものは, 活すかの問題, 活すか自己を殺し, 活すよう活かすよう, 活す様になる, 活す者ぞとなり, 活て置かね, 活せしなり, 活せしめ文部省も, 活せられつつある, 活そのもっとも融通変化, 活たる樣に, 活たる如きものは, 活ちょったか, 活っている, 活づくりはお, 活連體形は, 活という文字を, 活といふ風に, 活として美くしく好ましき, 活ならざるなし, 活にだけあると, 活ぱつに執筆, 活殺しみなぶりおれる, 活らく時その創作, 活られるだけ活, 活を通じて形容詞の, 活ことを, 活窃ムガ如キモノハ殆一人モ有, 活上下一段活を見る, 活下一段さ行変格, 活覊なる, 活中死あり枯木, 活という舌出し薬, 活事実を捉え来り, 活人剣剣に二種, 活人剣燕王宮中の士気, 活人形作人の儀, 活人形覗機関声色使の雑技, 活人指掌方とは熊宗立, 活人畫の背景好み, 活とは国土, 活代りに相手, 活伊達の衣裳, 活の解剖, 活作略がある, 活を以て横溢, 活光景たる也, 活写真の感, 活判処へも通, 活判處へも通, 活した後法興院記近衛准后政家, 活劇詩の主人公, 活動物一般の常性, 活を機微, 活図画ぞや, 活なれども, 活と云つて一族, 活埋めにし, 活が俄, 活権現は, 活太刀なりと説破, 活太郎君をはじめ, 活夫君の論, 活として私, 活如来新聞屋さんがおっしゃれ, 活学問を講じたる, 活学校に入り, 活学者には歴史上, 活寫するを主, 活を洞, 活差別相及活平等相なりといふ, 活差別相活差別相即活平等相なりといふ, 活平等相即活差別相活差別相即活平等相なりといふ, 活形容詞専門と思はれる, 活復位せしめたと, 活がない, 活に活溌, 活思想とも稱, 活あり之, 活惚れの小屋, 活惚三味線が調子, 活惚伊勢音頭などを鉄火, 活惚何処かでまだ, 活惚坊主がスネーク, 活惚塩茶で活惚, 活惚活惚三味線が調子, 活惚活惚何処かでまだ, 活惚活惚甘茶で活惚, 活惚甘茶で活惚, 活惚軽業なぞのいろいろ, 活惚騒ぎで取り落したふさぎ, 活惣派の本山, 活を知らぬ, 活されましたが, 活教訓である, 活文壇と云, 活文章を誠一片, 活断績善堂加藤左伝次と記され, 活日子郎女次小野郎女亦名, 活なきを, 活智識を収容, 活をし, 活なり, 活杙神と伺神, 活で極められる, 活板字がたり不, 活板時代であるから, 活板本で実記, 活とする, 活したかも, 活歴仕立のもの, 活歴劇上演をこころみた, 活歴劇流行の頃, 活歴史にし, 活歴史劇を興す, 活歴嫌いの観客, 活歴式のこしらえ, 活歴熱の頂上, 活歴腹である, 活さえまじっ, 活氣横溢するもの, 活にいたしました, 活流している, 活たる自然, 活火縄で粛々と, 活烏賊イカナゴ擬餌芋味噌団子烏賊の腸, 活物中の霊体, 活物同志が活きた, 活物杓子定規の理屈, 活物社會が活物, 活物私も死んだ, 活物臨機応変に妙味, 活物霊体たるを知れ, 活する, 活現し来りて飽くまで, 活現前とかいった, 活現実ですから, 活瑞仙大居士, 活甚だ多し, 活生活の偉大, 活用言のヒ, 活画図が現, 活画面は好個, 活画題だ, 活の如く, 活畫像なり, 活癒力はまず, 活盆鬱金の切, 活眞なりと云, 活神活仏気取りの浅, 活だ, 活らしい寒菊, 活策略の縦横無礙, 活さえ持っ, 活聖マリアの聲, 活へ早く, 活衣裳鮫鞘の一腰落し差し, 活証人になっ, 活論的な見方, 活論的唯物論はギリシア, 活論風の最も, 活趣味は人, 活の失業人, 活つたの, 活返ったら夢と, 活返つた李花て, 活返るに疑い, 活達豪放の宗春, 活達豪放英雄の素質, 活里四世の孫, 活を地下, 活閻羅ともアダ名, 活ではない, 活となす, 活題目ありこれ, 活題目たるを知ら, 活に返した, 活した時代, 活體之主宰而能與外界庶物相交, 活をそのまま, 活と其義