青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「望ん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

服~ ~服装 服装~ 朗~ 望~ ~望み 望み~ ~望む 望む~ ~望ん
望ん~
~朝 朝~ 朝倉~ 朝夕~ 朝廷~ 朝日~ 朝飯~ 朝鮮~ 期~ ~期待

「望ん~」 1404, 13ppm, 8437位

▼ 望ん~ (1263, 90.0%)

66 いるの 52 いる 42 いた 31 いたの 28 いること 17 ゐる 13 いたが, いたこと, います, いるよう, いるん, ゐた 12 いるもの 10 いたよう 9 ゐるの, 居る 8 いて 7 いたところ, いるか, いると, 來た 6 いなかった, いる事 5 おいでに, ゐたの, ゐること, ゐるもの, 居ります 4 いたもの, いない, いらっしゃるん, おるの, 来た, 止まない, 止まないの

3 [13件] いたか, いたから, いたので, いるが, いるそう, いるだろうと, おります, やまない, ゐたので, 出た, 居るの, 行った, 降って

2 [60件] いたお, いただろう, いたという, いたとおり, いたのに, いたろう, いたわけ, いた人, いた通り, いながら, いました, いるかという, いるその, いるだろう, いるだろうか, いるところ, いるとは, いるらしい, いるわけ, いる人々, いる人たち, いる人物, いる者, おく, おられる, おられるの, おりました, おるもの, みても, やまないところ, やまないの, やみません, ゐたが, ゐたこと, ゐたのに, ゐたもの, ゐたわけ, ゐは, ゐるやう, ゐるん, クルリと, 之を, 出ると, 十四歳の, 嫁に, 居た事, 来て, 止みません, 熄ま, 直進し, 置きます, 見た, 見た時, 足を, 通して, 通訳を, 重山なるべし, 青蛙を, 馳け, 麾下に

1 [649件 抜粋] あそこらが, あまりに遼遠, いたある, いたかが, いたかも, いたけれど, いたそれ, いたたった, いただきたいという, いたであろうか, いたに, いたには, いたほど, いたよりも, いたらしくすぐ, いたら何, いたん, いたオースチン師, いたルーサン, いた二つ, いた兵馬, いた出会い, いた勉強, いた勘弥, いた印度洋, いた唐寺, いた天正祐定, いた妹, いた婚約, いた学問, いた宣教師たち, いた島人等, いた幻影, いた彼, いた征夷大将軍, いた悦子, いた情調, いた新しい, いた旨, いた本, いた桔梗色, いた森山, いた機会, いた死刑そのもの, いた漢づきあい, いた理想, いた目的, いた知的欲求, いた脚本, いた芝高輪泉岳寺, いた買収, いた願い, いっしょに, いないあの, いないかも, いないが, いないの, いないばかり, いないらしいので, いないわ, いないん, いない力, いない証拠, いなくってよ, いなさるはず, いねえって, いましたこの, いますよ, いませんから, いませんわ, いやッ, いようと, いらしった方じゃ, いらっしゃるの, いらっしゃるよ, いらっしゃるよう, いられたが, いられたと, いられました, いられるか, いられるや, いられるよう, いられる家, いるある, いるかは, いるから, いるけれども, いるこれら, いるこんな, いるそして, いるだけ, いるって, いるであろうこと, いるとおり, いるとか, いるとも, いるならそれと, いるならば, いるなら男, いるばかり, いるほど, いるものの, いるらしいこと, いるらしい気ぶり, いるらしかった, いるらしく想像, いる一つ, いる事柄, いる人, いる以上, いる位, いる同志, いる品物, いる新しい, いる時, いる最後, いる朝鮮開国, いる概念, いる様, いる次第, いる氷, いる浮舟, いる物, いる男, いる相談, いる真, いる祖国, いる秋, いる米国行き, いる血相, いる許すという, いる身の上, いる間, いる顔, おいで, おいであっても, おいでな, おいでの, おくこと, おくの, おなじ行き方, おののきわたった, おられいかに, おられたお, おられたし, おられますので, おられると, おられるとの, おられるやら, おられる事, おりますけど, おりますし, おりまする, おる, お供を, きた, きたかわずの, きとるという, くだすっても, くるかなり, くる者, くれると, こうしたの, ここへ, この向, この町, このSET, これは, これへ, これを, しきりと, すること, するので, そこの, そしてそこ, その尽きた, その昔, その甲斐, その討伐, それを, たより以上猛烈に, た聖人, できないの, どうする, なつた, なにかどよめき, なんとなく遠い, ひしめきあったが, ひそかに, ひとりで, ますもの, また一声, まっしぐらに, みな先生を, みるが, みる余裕, めとった女房, やしませんよ, やすまい, やったらいい, やまざるなり, やまないが, やまなかった宮廷警士総監, やまなかつた, やむにも, ゆけ, よつて以, わざとその, われがちの, ゐたか, ゐたといふ, ゐたところ, ゐたん, ゐた一つ, ゐた旅行, ゐた樣, ゐた物質的栄華, ゐた筈, ゐないこと, ゐないといふ, ゐなくつて, ゐました, ゐましたのに, ゐますから, ゐませんよ, ゐらしつたやうに, ゐるから, ゐるそう, ゐるだけ, ゐると, ゐるところ, ゐるに, ゐるので, ゐるひとり, ゐるわけ, ゐるんぢ, ゐるんで, ゐる二人, ゐる人, ゐる仕事, ゐる愛, ゐる次第, ゐる男爵, ゐる知識, ゐる脚本, ゐる若しくは, ゐる蘭丸, ゐる風, サン・レミイの, チャルメラを, ロオマへ, 一せいに, 一層力, 一直線である, 三階を, 下さったかと, 下さつたかと, 不平を, 不意に, 不知火と, 世話に, 二三年前から, 二者の, 今年の, 今日只今の, 他の, 他所へ, 何となし, 何とも言, 作つた, 佳なる, 個人的独立を, 停船しました, 傍に, 先生夫妻の, 児太郎の, 其の勝敗, 出て, 出品物を, 出掛けるの, 刑死した, 割りつけた, 力を, 力弱い, 印度洋に, 原の, 参りましょう, 只一人怒, 叱咤しました, 后と, 吠え立てて, 呆れた山, 咆え, 咆哮し, 喜び躍り, 喰わせて, 嘯いた, 夏期に, 夕陽を, 大臣は, 天国から, 奔り出し, 奔駆し, 如何に力強き, 嫁った, 子供の, 孕み口中, 客人に, 寄手の, 寶劔を, 尊敬しあった, 小普請組には, 少しく気怯, 居た, 居ただろうから, 居たの, 居たん, 居た一人, 居た御, 居た黄金世界, 居ったかも, 居らる, 居らるるとも, 居られる仕事, 居りました, 居りますので, 居ること, 居るだらうと, 居るところ, 居るのに, 居るわけ, 居る効果, 居る勘次, 居る恋, 屋敷の, 展け, 山を, 崖の, 帰り去, 帰る, 帰城を, 幾度か, 広漠たる, 弥勒の, 彼女を, 往き宿る, 待つて, 得ざる處, 得べからざる願望, 得べからずついに, 得られなかった静穏, 得るもの, 快走す, 思ったもの, 思つた, 悠然と葉巻, 悲しんで, 愈, 成らざるところ, 投げたの, 投げつけて, 描かせたばかりの, 敗走した, 新規に, 昇天し, 時親は, 曰, 曹操は, 有吉の, 望んで, 未開の, 李白の, 村民が, 来かかれり, 来たか, 来たこと, 来たの, 来たり, 来たボルドオ附近, 来た唯一, 来た地中海, 来た往き, 来た社会, 来た船客一同, 来るの, 来る蔭, 来る話題, 東の, 東上した, 架せられたツウル, 棹を, 極楽水へと, 楽しんだこと, 槍を, 橋添には, 次第に上層, 止まざる人, 止まないので, 止まないもの, 止まなかった, 止まぬ, 止まぬと, 此方へと, 武者ぶる, 歩く旅行者, 気どられぬよう, 沼岸に, 法の, 海へ, 涙を, 深き敬意, 清爽な, 焔を, 焦るには, 犬死にを, 獲た女, 理想する, 理想を, 生島慎九郎に, 男泣きに, 疑はず, 発達し来った, 白い細かい柔, 白服を, 益なき, 目下の, 目前の, 直ちに御, 相当騒いだらしい, 相慕い, 相携え, 相求め慕いあい, 看護婦に, 真鶴の, 秀吉の, 空中の, 窓を, 立つて, 精神の, 絵図を, 総懸りを, 縁組みを, 美人の, 羽柴軍に, 自分の, 至り難い, 舌打ちする, 艱險を, 花崗岩の, 芳江姫の, 芸事が, 藤さんを, 蘇峰に, 行く, 行くべきです, 行く日本海, 行った彼, 行へ, 西へ, 見えるか, 見たが, 見たこと, 見たらばと, 見ても, 見ねば, 見るに, 見る大山, 見送り人たちの, 親に, 読手に, 讀手に, 谷底から, 走り出したが, 走るの, 越前堀に, 軍事探偵の, 近づいて, 逃げて, 逃げ奔り, 途中で, 通つた, 通り過ぎようと, 進んだ, 道なき, 道を, 遽に, 鈍感に, 降ったので, 降るよう, 障子越の, 青く塗られ, 非力者の, 飛んで, 飛騨山中の, 餘分の, 馳駆し, 駈け付けると, 駈歩, 駿駆する, 齷齪白馬青雲を

▼ 望んでも~ (68, 4.8%)

2 いないのに, 容易に, 無駄だ, 霧と

1 [60件] あきらかに, いざ債務, いたから, いない出来事, いない皇位, いない自分, いない血縁, いなかつたくらい, いるという, おりません, かなえられる事, そう信ずる, その枝, それは, たづさはり, だ, だめだ, だれも, できないの, できないやう, できること, でございますか, とうてい手, ないこと, ない死出, なかなか購えません, なんの, まだ日本, むだだ, むだらしい, ゐませんし, クリストフには, クリストフを, 之を, 今と, 其の枝, 出來, 出来ぬよう, 又と, 唯だ, 売れる日, 夜には, 山また, 得たいと, 得られないと, 得られない文化的恩恵, 得られぬこと, 得難き良縁, 日本の, 望みえまい, 望み得ないこと, 望めない物, 欲しいくらい, 武甲山だけは, 無理だろう, 無駄である, 無駄な, 結構な, 船上山の, 駄目だ

▼ 望んでは~ (48, 3.4%)

6 いなかった 3 いたが, いない, おりません, ならぬ 2 いけない, いないの

1 [26件] ああとても, いけませんなどと, いないはず, いないん, いなかったの, いなかつたと, いらっしゃらないよう, しなかった, そこに, そのむこう, ならないという, ならぬ程度, なりません, もらいたくない, ゐない, ゐないこと, ゐるが, 一太刀の, 冥加の, 喜び狂い, 居たの, 居りません, 涙ぐんだ, 縦一文字横一文字に, 黯然として, 黯然としても

▼ 望んだり~ (9, 0.6%)

1 した, したこと, するの, する場合, 久米の, 更に甚, 次から, 滝壼を, 生きたり

▼ 望んでを~ (4, 0.3%)

1 つた子供を, つた田と, られる, ります

▼ 望んでから~ (3, 0.2%)

1 さて小半時, 一年自分の, 道が

▼ 望んじゃ~ (2, 0.1%)

1 いなくってよ, いねえだいそれた

▼1*

望んやゐなく, 望んいるの, 望んでぞくッ, 望んでと問われても, 望んではをらんや, 望んでばかりいた私, 望んでやまず