青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「燕~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~熱心 熱心~ 熱情~ ~燃え 燃え~ 燃える~ 燈~ ~燈火 燈火~ 燒~
燕~
爆弾~ 爆発~ ~爪 爪~ ~爲 爲~ ~爲め ~父 父~ 父さん~

「燕~」 1752, 19ppm, 6066位

▼ 燕~ (329, 18.8%)

32 ように 9 やうに 4 やうな, 子が, 子の, 尾の, 恵王の 3 中を, 尾に, 巣が, 巣を, 歌, 為に, 群が, 身は, 雛が, 顔を

2 [22件] お客さん, お家は, さえずりが, ような, 來る, 兵を, 唄を, 姿は, 子安貝を, 寝顔を, 心の, 来るが, 様に, 歌は, 獲るところ, 糞を, 群れよ, 羽を, 翅る, 豪刀を, 運動を, 飛ぶよう

1 [194件] あどけない寝顔, あわて, いなくなった街道, ええ休み場, お話です, かよひ, かわりに, きたこと, ことを, こと沈みゆく, こゑ, こゑ微かに, ごとく公卿, ごとく舞上がる光景, しば鳴き飛ぶ, たくさん住ん, ためにも, とぶが, ひとり地ずれに, ひるがえるの, ふたりの, ほかは, むれ, むれだ, むれは, もつて, もよう, ゆるく飛び居る, よい玩具, 一生は, 一面に, 下げ緒を, 下の, 不在に, 不孝の, 中に, 乱飛する, 人であった, 人焦触, 來た, 倍ぐらい, 倍ぐらゐある眞黒な, 健康そうな啼き, 先鋒李遠, 光ったつばさ, 児の, 刃に, 勢漸く, 匿い方, 卵と, 口に, 古糞, 名ある, 嘴と, 囀る声, 國が, 國も, 城南に, 声を, 多いこと, 大群と, 太子丹に, 夫婦が, 夫婦は, 奸臣子之を, 如くあれ, 如く燕, 如く身軽, 如し, 妹雉子の, 始末に, 姿が, 姿も, 姿を, 子に, 子も, 子安貝, 子安貝です, 子安貝という, 子安貝の, 子牛私そして, 官校于諒周鐸等の, 室を, 小屋場と, 巣, 巣さへ, 巣で, 巣に, 巣の, 巣へ, 巣鮫の, 師に, 師勇躍し, 師進ん, 幼いとき, 形の, 影が, 影とを, 影を, 悪, 悲愁の, 手の, 手へ, 手足を, 指も, 揺れ一羽は, 数よりも, 斬っ尖ご, 斬っ尖どこ, 斬ッ, 旅立ちを, 早口でも, 春を, 昭文帝の, 昭王を, 柄, 柄が, 柄を, 模様の, 歌物語は, 母さん, 母子だ, 母親が, 泣きかたは, 泣き声が, 泣き声とそッくりな, 泣き声は, 泥ぬり, 泥の, 狂気じみた, 男性に, 番騎指揮王騏馬を, 白い腹, 目釘に, 破片が, 筆を, 糞が, 素姓は, 群, 群からは, 群は, 群れが, 群を, 羽と, 羽の, 羽根の, 翔りゆくを, 背なかに, 胸の, 腰から, 腰紐に, 腹が, 血ぶる, 血を, 行きかえり軒, 袂を, 言ふこ, 訪問を, 話を, 諸将是, 身や, 身を, 身軽さよ, 軍の, 軍中歓呼し, 軍戦っ, 軽業, 返るよう, 速力に, 運命までが, 采女を, 重み, 金を, 鋭い声, 長い鞘, 雛を, 鞘尻で, 額にも, 顔さえ, 顔に, 顔の, 飛び方, 飛び翔りながら, 飛ぶかとばかり, 飛ぶに, 飛ぶ小雨, 飛んで, 飛方を, 飛翔の, 驍将李斌死す, 鳥で, 黒焼が, 黒焼しか, 黒焼を

▼ 燕~ (168, 9.6%)

2 が, だ, のからだ, のす, の声, の目, の首, はいま, はそれ

1 [150件] いきなり庭先, か, がかえって, がしきりに, がその, がただいま, がどこ, がなか, がはるばる, がびっくり, がペタ, が一世一代, が一町半, が右, が唇, が壺, が夢, が家, が帰っ, が斬っ, が正則, が泣き虫, が飛びあがっておどろくうちに, きッ, このほか, この大事, ごときは, ごとき素町人, さてはなんぞ, じゃない, その菊亭, だった, だったか, だよ, ちょっと手, であった, である, であろう竹, でございますよ, でなくても, でも騎手, というやつ, という前座, という者, とは鎖駕籠, と可児才蔵, と竹童, などみなそこ, にし, にちがい, にはもう, にまさる, にもただ, にもちょっと, に出会うだろう, に追いこされた, のあと, のこめかみ, のさけび, のすて, のそば, のふと, のほう, のもうす, のやつ, のバカ, の刀, の吉報, の小粒, の拇指, の持っ, の早足, の真剣, の耳たぶ, の肚, の肩, の肩骨, の襟, の足, の鈍刀, の顔, の首すじ, はあ, はあっけ, はいきなり, はいつも, はおどろいた, はおもわずうなっ, はかけ着いた, はここ苦心さん, はさき, はさっ, はしたたか, はすぐ, はすっかり, はその, はちぢみあがっ, はとびあがっ, はどこ, はなんだか, はひだり, はふたたび, はまばゆい, はもう, はもじもじ, はやく, はやくこい, はよく, はよろけ, はイヤ, はグッ, はソロソロ狡獪, はバッ, は伝内, は兎, は可児才蔵, は唾, は大, は思い, は手, は拳, は朱雀, は気, は水車場, は泣きだしたくなった, は礫, は腰, は見くびりぬい, は見張り番, は足, は野武士, は鉄門, もいちだんと, もそこ, もそこで, もそば, もそれ, もつづい, もゆだんする, も手, も石段, も蚕婆, やア, や二, をうしろ, をさき, を息子, を物見, を見る, 受ける気

▼ 燕~ (143, 8.2%)

3 の兵 2 の傅, の師, の語, も亦, をし, を勧め, 諸将

1 [126件] が為, が英雄, が蘇秦, となし, となす, と三人, と大, と対塁, と戦う, にあらず, にし, に上り, に仕えり, に位, に勧め, に北坂, に及ばざる能わず, に召出されし, に従い, に於ける, に書, に肖, に薦むる, に見え, に見ゆる, に説い, に負, に負い, に逼, に遇う, の世子, の信任, の傍, の傲慢, の兄, の前, の剛邁, の勇卒, の動静, の北平, の召, の同母弟, の大, の大事, の妃, の孫娘, の宮殿堅牢, の建文帝, の張, の従姉, の心胸もと, の意, の手, の機略威武, の此, の為, の爵, の狂, の盛徳, の笑っ, の簒奪, の胸中颶母, の衆意, の言, の語直, の請えるなり, の護衛百戸, の豪傑, の軍, は予め, は初, は勝, は南軍, は叔父, は堂々, は太祖, は孝康皇帝, は将, は智慮人, は杖, は正月, は汝, は済南, は護衛指揮張玉朱能等, は速く, は遂に, は道衍, は骨肉至親, まことに狂, も堪えかね, も心, も炳文, を伐たん, を執, を容, を思う, を戴く, を殪す, を立て給わ, を責む, を迎, を迎え, を首, 先ず使者, 入覲, 其の五十万, 其の材勇, 及び張玉, 及び諸, 反せり, 怒ること甚, 悦んで, 憤ること甚, 既に兵, 未だ必ずしも毒烟猛, 猶疾, 真定, 笑って, 聞き入れず更に, 聴かずして, 蓋し志, 覚って, 謀って, 辞すること, 遂に復師, 遂に意

▼ 燕~ (118, 6.7%)

5 飛んで 3 白い腹 2 すっと上り, そして私, 二羽飛ん, 今度また, 幾羽と, 父さんの, 絶え間なく, 通行人が, 飛んだ

1 [92件] あずかってるん, ある, あれッ, いようとは, いれば, えしに, えしの修辞法, かれの, すういと, その巣, それに, それを, たちまち小さく, つうっ, とまった, ともすると母以外, ないに, はるばるナイル, ふと, また一人ズン, みんな灰に, もう帰ろう, ものの, よく奇効, わざわざ駆け回っ, 一時に, 一羽どこからか, 一羽ひらり, 一羽浮い, 一羽矢の, 二羽やつと, 人家の, 低く飛ん, 何処まで, 出たり, 卵を, 去年巣を, 同じよう, 四五羽, 土を, 堺町の, 大すき, 家の, 岩から, 川を, 巣にか, 巣を, 幾度と, 往来なかで, 往来中で, 悲鳴に, 戻されて, 承知せぬ, 捷く飛び廻る, 村へ, 来た, 来る, 来る頃, 横切つた, 水汲む, 沢山翔ぶ, 泣くの, 演ずる, 生れて, 窓から, 紺の, 縦横に, 群れ鳴い, 羽ばたきしたの, 蚊柱の, 行抜けそうに, 街道を, 言った, 訪れて, 身を, 軒に, 軒の, 軽々と流れ, 返って, 迷ひ込ん, 道路に, 闇に, 降るやう, 雲の, 顔を, 風切羽と, 颯々と, 飛びか, 飛びかうて, 飛び廻るの, 飛び翔つて, 飜って

▼ 燕~ (113, 6.4%)

3 おどろいて 2 母の, 王子の

1 [106件] いい事, いつも春晴桃紅, おいしげった葦原, おめかしを, おもしろい, おもしろくって, お嬢様と, このあたり, このわかいりりしい, この二人, これを, しきりに飛び交わし, その手, その麦, そばかすの, それも, ただの, ただ笑っ, ちょこなんと王子, つつがなく暮らし, とまらずただ, どんなけっこう, なおも心, なお口, なかなか南, なんでいまさら王子, ひくに, ひとりで, びっくりし, ふと身, ほとほとなんとお, また自分, まだこんな, まだ小さい, まるで独立, わしが, 不思議でたまりません, 世の中には, 久助の, 予め備, 二人っきりで, 井戸へ, 今日こそは, 今朝どうして, 何ごとも, 侠な, 先に, 出産を, 北から, 名代の, 周末戦国時代において, 姿こそ, 婚約し, 嬉しさうに父さん, 季節の, 宅の, 家宅侵入の, 岸から, 巣の, 巣を, 左膳の, 帰るネ, 帰ろうとは, 年々帰っ, 役塲の, 彼等と, 得たり, 得たりと, 快活に, 急潮, 恰度我国で, 懷かしい, 成人する, 打って, 来ぬの, 母に, 泣く, 泣く泣く南, 洒落母さん, 洪武三十三年と, 浪を, 渡さぬ, 王子を, 異人でした, 目を, 筏にも, 緩くボート迅, 翔る居留地, 翔る水無月, 翔る花柘榴, 翔る葉煙草, 葦が, 葦の, 藪八の, 虫が, 街の, 見るも, 軽やかな, 遠く去, 重兵, 陳文王真韓貴李斌等を, 鞘だけ, 飛ぶ, 駕籠へ, 黒繻子の, 黙って

▼ 燕~ (108, 6.2%)

3 射たこと, 抱いて 2 斬って, 見た, 逐ふ

1 [96件] あいてに, あそばせる, あの年, あやしながら, いだいたまま, かえり見て, かたえ, かまえるが, くわえた丹下左膳, さえその, さげた左, せいて, そらす柳, つくつて, どこへ, ながめて, ひっさげ蒼く, もって, グイと, ソッと, ツバクロという, ツバクロまたは, トンと, 上から, 世間から, 云いますか, 交る, 以後当家の, 伐つの, 倒に, 加えて, 助く, 去るも, 口説くし, 吹矢で, 図らしむ, 図るの, 夢に, 大きく散らした, 大上段に, 大身の, 射落し, 左手に, 左膳は, 幇けて, 形造つた, 思わせる色, 愛する深, 憂うるの, 抱きとって, 抱き上げて, 捕へる罠, 搏ち, 搦めて, 斬り柳, 斬り落して, 斬るには, 春の, 杖に, 枯れ細った左手, 案じお, 横抱きに, 求むる心, 泊めて, 滅せん, 片手で, 用う, 町に, 砂に, 突いて, 考え出す, 育てたいため, 背から, 背に, 自分の, 至るところ, 見たよい, 見ても, 見初めて, 負い面, 負わせ木賃, 走らせた丹下左膳, 蹙めんと, 逃がして, 逐へば, 釣り食らうこと, 降ろさせて, 鞘に, 鞘へ, 頭上斜めに, 食うは, 飢え死なすか, 駆って, 駕籠へ, 魚の, 黒焼に

▼ 燕~ (51, 2.9%)

3 は權八 2 でした, といふの

1 [44件] から引出した, が下手人, が怪しい, が持つ, が突き詰めた, が近頃人, ですね, でせう, と夫婦, にやつ, に心, に惚れ直したらう, に繩, に逢, の仲, の優し, の小柄, の後ろ姿, の手, の持つ, の方, の父親, の目的, の翩飜, の身輕さ, の輕, の部屋, はあんな, はこれ, はそれ, はようやく, は一, は一緒, は人, は夫婦ぢ, は殺し, は泉州堺, は相手, は親方, は鮮, をいとしく, を怨ん, を手, を縛つて行

▼ 燕~ (48, 2.7%)

2 連絡さす

1 [46件] かかった伊賀侍, かこつけて, きいて, して, しては, するなんて, その読み, それを, たのんで, ちがいない, なりたい, なろうとは, まじつて, むかって, むだを, 下るに, 与え敵, 人血を, 使し, 侵入した, 催促され, 勧め干戈, 化しラテン, 協力を, 告ぐるに, 在りと, 守ること二十余年, 属す, 帰す, 帰らんと, 当り矛, 当るが, 後者は, 於けるは, 於ける其適例, 比したほど, 相たる, 立聞でも, 至り書, 見せまいと, 見舞われた運, 身を, 還らしめ内応, 降り舟, 降る, 降る者

▼ 燕~ (31, 1.8%)

2 ふきながされ

1 [29件] ありました, このからみつい, とうとう納得, なお知らず, はるかに, ひたと身, また年々苦労, まへりあた, ゆれるネ, 何か, 來た, 來ぬ, 十六七の, 巣に, 帰って, 思うさまあばれられよう, 拝むよう, 時々は, 村に, 来た, 来ぬに, 気がついて, 水を, 泣いて, 真物であった, 糸し, 群れを, 翔るなり, 走った

▼ 燕~ (29, 1.7%)

2 の李, は女の子

1 [25件] が力め, が呼び入れ, という字, と結婚, に言いつけ, の不思議, の家, の手, の母, の母親, の言った, はそれ, はにわかに, はますます, は喜ん, は声, は履, は指, は泣いた, は自分, は言った, をせめた, をつくづく, を迎え, を迎える

▼ 燕~ (29, 1.7%)

3 の弟子 2 の人情話

1 [24件] がほめ, がわたし, である, であるとか, となりました, と並び称された, と新, にはもとより, にもらはれ, に拮抗, のほめ, のむかし話, の一座, の個人, の柳派, の話, の軸, は下品, は明治三十三年二月十一日, は江戸っ子肌, は非常, も円朝, も親しく, も高座

▼ 燕~ (25, 1.4%)

2 びかふ旅から, まるただ

1 [21件] いうので, どっちが, なれるピロメラ, ふたつ斬っ尖, 一緒に, 似ざる遠き, 呼んだ愛人, 啄木鳥の, 女の, 思えば, 思ふさま, 戦う, 最愛の, 柳, 為る, 相携え, 竟に, 蝶と, 言える, 酒の, 鷄

▼ 燕~ (14, 0.8%)

3 の肩

1 [11件] から大天井岳, であって, には, の洞窟, の連峰, の頂上, の麓, への尾根, への路, へ登り, 大天井

▼ 燕~ (12, 0.7%)

1 [12件] がなん, が元祖, である, でこの, ですよ, というの, という柳派, ならわれわれ, の亭主, の教え子, は千葉秀輔, は当時

▼ 燕~ (9, 0.5%)

2 水田の 1 ヨツトクラブの, 私は, 蝶に, 蝶や, 馬の, 骨牌の, 鳩の

▼ 燕~ (9, 0.5%)

1 が知つて, といわれ, の会, の前, は今夏不遇裡, は北国, は死ん, もムジナ, や柳枝

▼ 燕ちゃん~ (8, 0.5%)

1 お行水, がそっと, じゃねえ, だが, にとっては実, のお, はよく, もお父さん

▼ 燕~ (8, 0.5%)

4 助は 3 助の 1

▼ 燕人張飛~ (8, 0.5%)

1 がこれ, である, という名, という者, とは, とはすなわち, と名乗る, なり

▼ 燕楽軒~ (8, 0.5%)

3 の横 1 から白十字, と云, にいる, の前, の広い

▼ 燕~ (7, 0.4%)

1 か小僧, ぞ, というん, とか冀州, な, なんて, のが

▼ 燕~ (7, 0.4%)

1 にたけ, に入貢, のいくさ, のまん中, の使い, を出発, を陷

▼ 燕~ (7, 0.4%)

2 を破り 1 の済南, を脅かさしむ, 至るに, 追いて, 遂に城下

▼ 燕~ (6, 0.3%)

2 何かが 1 何か, 何ぞの, 兎か, 鳥の

▼ 燕という~ (6, 0.3%)

1 そんな気配, 世間に, 人が, 女, 陽なた, 鳥は

▼ 燕~ (6, 0.3%)

2 に限らず 1 で東北方, に就い, の張飛, を評し

▼ 燕~ (6, 0.3%)

1 あるいは銀耳, にはじまる, のもつ, の料理, の斜面, の頂上

▼ 燕~ (6, 0.3%)

2 に在り 1 の官属, の将校官属, を囲ん, を挙っ

▼ 燕~ (6, 0.3%)

2 の話 1 が好き, といふ人, といふ老人, に稽古

▼ 燕~ (6, 0.3%)

1 の再, の勢非, は回, を攻圍, を散ぜしめ, 遂に克たず

▼ 燕から~ (5, 0.3%)

1 しずくの, ちやんと, 一筋の, 会得した, 渡しを

▼ 燕~ (4, 0.2%)

1 とはエタ, とも云い, のこと, はすなわち

▼ 燕作さん~ (4, 0.2%)

1 おめ, この人, ごまかしちゃ, や一大事

▼ 燕~ (4, 0.2%)

1 ですネ, で来た, の食堂, は東京駅

▼ 燕~ (4, 0.2%)

1 の到れる, の勢, の暴起, を扼せしむ

▼ 燕~ (4, 0.2%)

1 が上野広小路, の調査, の講談, を責め糺す

▼ 燕~ (4, 0.2%)

1 という名, という名前, となっ, は落語家

▼ 燕おまえ~ (3, 0.2%)

1 は町奉行, は親切もの, は騙され

▼ 燕である~ (3, 0.2%)

1 し相当, とすれ, にまちがい

▼ 燕には~ (3, 0.2%)

2 類しては 1 不便だ

▼ 燕にも~ (3, 0.2%)

1 罪あり, 行き會つたためし, 門戸閉鎖で

▼ 燕人張飛ここ~ (3, 0.2%)

1 にあり, にまかり出た, に待ちうけ

▼ 燕~ (3, 0.2%)

1 である, の一峰, の護衛百戸倪諒

▼ 燕~ (3, 0.2%)

1 などの生れ, の殿樣, の道

▼ 燕~ (3, 0.2%)

1 で食事, の日, の趣

▼ 燕楽ホテル~ (3, 0.2%)

1 の三階, の自分, へ連れ戻った

▼ 燕王これ~ (3, 0.2%)

2 を聞き 1 を首肯

▼ 燕王今~ (3, 0.2%)

1 は帝, は燕王, は皇帝

▼ 燕王兵~ (3, 0.2%)

1 を挙ぐる, を率い, を起し

▼ 燕~ (3, 0.2%)

1 が楠公, が死ん, の家

▼ 燕返り~ (3, 0.2%)

1 にお, に立ち直った, に飛び

▼ 燕~ (3, 0.2%)

1 に造る, の事, の実

▼ 燕いや~ (2, 0.1%)

1 采女, 鴉でも

▼ 燕さえ~ (2, 0.1%)

1 づる, も巣

▼ 燕たち~ (2, 0.1%)

1 とは何, もうたいつれ

▼ 燕~ (2, 0.1%)

1 来たやろ娘はん, 鍋釜薬缶の

▼ 燕でも~ (2, 0.1%)

1 何の, 雁でも

▼ 燕といふ~ (2, 0.1%)

1 所で, 順序に

▼ 燕と共に~ (2, 0.1%)

2 そろそろ征途

▼ 燕ども~ (2, 0.1%)

1 が空, のあこがれ

▼ 燕ならびに~ (2, 0.1%)

2 煙蘭という

▼ 燕ひとり~ (2, 0.1%)

1 が見えない, にかけられ

▼ 燕~ (2, 0.1%)

1 帰るを, 行くとか

▼ 燕ダルミ~ (2, 0.1%)

2 又は笠取峠

▼ 燕京大学~ (2, 0.1%)

2 や輔仁大学

▼ 燕人張飛これ~ (2, 0.1%)

1 にあり, に待っ

▼ 燕作さま~ (2, 0.1%)

1 にはひと, はこの

▼ 燕作吹針~ (2, 0.1%)

2 の蚕婆

▼ 燕啼い~ (2, 0.1%)

2 て夜蛇

▼ 燕~ (2, 0.1%)

1 は後, を討とう

▼ 燕~ (2, 0.1%)

1 にやってくん, よりは先

▼ 燕~ (2, 0.1%)

1 あり曲折飛躍, に類し

▼ 燕小屋~ (2, 0.1%)

1 へ引返し午後六時泊, まで三時間

▼ 燕斬り~ (2, 0.1%)

1 の修練, の手練

▼ 燕温泉~ (2, 0.1%)

1 から北地獄, に行った

▼ 燕王志~ (2, 0.1%)

2 を得

▼ 燕王父子~ (2, 0.1%)

1 の間, をし

▼ 燕石雑志~ (2, 0.1%)

1 なんぞにありゃしない, もない

▼ 燕~ (2, 0.1%)

1 だとか, にならぶ

▼ 燕~ (2, 0.1%)

1 の各, の温泉

▼ 燕~ (2, 0.1%)

1 には代用, のやう

▼ 燕~ (2, 0.1%)

2 の弧

▼ 燕趙悲歌~ (2, 0.1%)

2 の士

▼ 燕路さん~ (2, 0.1%)

1 がいつの間にか, に感心

▼ 燕~ (2, 0.1%)

1 がでた, は義経記

▼ 燕~ (2, 0.1%)

1 でも殆, を刈り取つた

▼ 燕~ (2, 0.1%)

1 の人, の間

▼1* [277件]

あり相和, 燕あれでもおそい, 燕いけないよ, 燕いったいおまえは, 燕めえ, 燕がとびちがつてゐる, 燕くらいは大目に, 燕くろの腹, 燕さすかた頸を, 燕さんも晩, 燕さんお前さんは一年, 燕したしく今日の, 燕その燕を, 燕鳴く, 燕たち燕たちとは何, 燕だったら断然絶交, 燕だつて来ない, 燕だの弟だ, 燕ちゃん下手に跳ぶ, 燕ってやつは, 燕ついついひらりと飛び翔る, 燕であるべき所が, 燕でたりはいつたり, 燕でないのだ, 燕でなかったらおれを, 燕でなくては到る, 燕ではなかった, 燕とかいふ娘を, 燕とかの傳説と, 燕とが連れ立って, 燕ときには金翅雀ときには, 燕との關係が, 燕とも称し和名, 燕どこいつた, 燕なく朝を, 燕などと云うもの, 燕などとの仇気ない, 燕などの国境を, 燕ならでこれ, 燕ならぬ濡れ筆を, 燕なんかもってるの, 燕にさえ心も, 燕のくびが宙へ, 燕はや巣を立ち, 燕はナ手前たちのな, 燕ひもじかろ燕, 燕と張飛, 燕ほどでその尾, 燕または雀と, 燕までの間が, 燕までをりて, 燕みたいに引っかける, 燕よりもなお不, 燕が, 燕わかり出して来る, 燕ゐるこゑ, 燕オモトが多い, 燕コツキリコ畦道やギリコ, 燕一羽の飛ぶ, 燕一羽気まぐれに浮いた, 燕万年青の白い, 燕世家の註, 燕して, 燕を悼む, 燕二一座の狂言方, 燕京大学教授となり, 燕人張翼徳の後裔, 燕人蘇秦が他, 燕は且, 燕以上の速力, 燕伊賀の暴れん, 燕作ここまで試合, 燕作さんいまそこへだした, 燕作さんおれの金, 燕作それに丹羽昌仙, 燕作てめえはなにしろ, 燕作のからだ, 燕作一番あとからかけつけまし, 燕作向こうだ向こう, 燕作四人四ほうへバラバラ, 燕作悲鳴をあげ, 燕作木のそば, 燕作歯がみ, 燕作殿堂の間道門, 燕作燕作向こうだ向こう, 燕作燕作殿堂の間道門, 燕作肩ごしに対手, 燕作逃げ口をあんな, 燕作陽にかがやく, 燕兵もと勇にし, 燕兵偶然三たび砲を放っ, 燕兵勝に乗じ, 燕兵勢に乗じ, 燕兵千余を殺し, 燕兵大名に次, 燕兵急に之, 燕兵披靡す, 燕兵数千を殺し, 燕兵河北に拠る, 燕兵泗州に至る, 燕兵西水寨を攻め, 燕の四人, 燕南龍のごとき, 燕や撥, 燕同様短き二足, 燕周等に王, 燕啼くなり, 燕喜之辰余亦与, 燕図るべしと, 燕国公に封ぜられました, 燕国松林伯円がある, 燕の文化, 燕型これは一番, 燕多く神社に, 燕太子丹秦に人質, 燕女等と署, 燕女舞臺一パイに匂, 燕嬢先生は前身, 燕嬢寄席で今日, 燕子銜来泥尚滑, 燕子風にひるがえり, 燕の席, 燕に侍する, 燕将劉保華聚等終に朝陽門, 燕将張武悪戦して, 燕将朱栄劉江の為, 燕将王真を囲む, 燕将譚淵董中峰等南将荘得と戦っ, 燕将軍となり, 燕将陳亨安の為, 燕将陳文を斬り, 燕小屋午前六時出発この路アルプス銀座通り, 燕小屋着途中女学生の一隊多数下山, 燕山外史を読む, 燕山楚水蘇浙小観北清見聞録長江十年観光紀游征塵録満洲, 燕岳槍岳の連峰, 燕岳蓮華岳の上, 燕巣湯にも思い取られ, 燕師浦子口に至る, 燕に列せざる, 燕帰るにや, 燕帰来に似, 燕帰雁その他春夏にかけて飛ぶ, 燕念間を, 燕張りの節廻し, 燕待つらん, 燕遂に克つ能わず, 燕の地, 燕斬っ尖から肩, 燕方面から槍ヶ岳, 燕のセエリー, 燕の麻酔, 燕曰幽州齊曰營州といふ樣, 燕朝近く悲しき歌, 燕は手紙一本, 燕来る日の, 燕来往し一匹, 燕枝はじめ死んだ燕路さん, 燕枝らの死後, 燕枝一派を柳派, 燕枝志ん生, 燕枝承諾のうえ, 燕枝春錦亭柳桜のたぐい, 燕枝春風亭柳枝桂文治らが春木座, 燕枝柳桜が代表的, 燕枝華柳先々代柳枝先代助六先代今輔, 燕枝蔵前の師匠, 燕枝門下の新進気鋭, 燕の普及運動, 燕の国, 燕棲處自成雙, 燕楽街の十番地, 燕洋その他の諸君, 燕渡ること少なく, 燕とした, 燕燕春のセエリー, 燕燕昼の麻酔, 燕に偸む四年これ, 燕王たるや塞北, 燕王もと智勇天縦且夙に征戦, 燕王乃ち江神を祭り, 燕王乃ち館陶より渡り, 燕王事を挙げ, 燕王位に即, 燕王信の誠, 燕王十余騎を以て庸, 燕王反間を放ち, 燕王周王斉王湘王代王, 燕王国に還る, 燕王壮士万人を分ち, 燕王大に喜び, 燕王宮中の士気, 燕王崛起の事, 燕王左右軍を放っ, 燕王幾んど, 燕王府の護衛, 燕王弁疏する能わざるところ, 燕王張玉を中軍, 燕王張玉の死を聞き, 燕王彼は天子, 燕王徳州の城, 燕王忠をし, 燕王恵帝の性格風, 燕王成祖の前, 燕王戦罷んで営, 燕王手を拍, 燕王指揮李遠を, 燕王指揮武勝を遣り, 燕王敢て撃たし, 燕王是の如き, 燕王曰く兵の事, 燕王曰く南軍飢えたり, 燕王棣に命ぜられける, 燕王此の勢, 燕王河に循, 燕王父子天縦の豪雄, 燕王疑いて而, 燕王等笑って, 燕王等手を袖, 燕王等皆国に在り, 燕王答えたまわねば, 燕王範を垂れ, 燕王精騎を率い, 燕王聞て大, 燕王自ら其縛を解い, 燕王自ら文を撰, 燕王衝撃甚だ力むれ, 燕王覬覦の情, 燕王計に陥り, 燕王語の洩れん, 燕王長史葛誠をし, 燕現下の門葉東燕, 燕石十種は刊本, 燕石十種先生といふ綽名, 燕石十襲でこの, 燕石襍志と云, 燕窩鯊翅の珍, 燕等北邊の諸, 燕結びと称する, 燕絶頂にも行っ, 燕群れて迅, 燕が三代目菊五郎, 燕を嗜む, 燕脂染料がインド, 燕の合羽, 燕蓮池それ等に面, 燕の護衛, 燕へ自動車, 燕袖すり光る, 燕豫留滯梁荊函丈斯隔七年於茲茲譜尚書細繹所聞而識之曰尚書者述五帝三王五伯之事蠻夷猾夏王降爲覇, 燕に襲はる, 燕の間, 燕趙悲歌的傾向を忘れ, 燕路さん年枝さん鶴枝さんたちはみんな, 燕路さん感心はしなかったでしょう, 燕路それに木やり, 燕路柳昇などという人, 燕軍之に乗じ, 燕軍吶喊鉦鼓の声地, 燕軍多く傷つく, 燕軍大に敗れ, 燕軍霊壁の営, 燕遊一日の交情, 燕重荷をひいてる疲れた, 燕門人の浪曲師, 燕門田を知らず, 燕の二温泉, 燕雁来の季節, 燕雁狗猫の類, 燕が何, 燕韓魏斉楚の合従, 燕韓魏趙これらの国, 燕頂上へ五時, 燕の羅漢, 燕飛び交ふ, 燕飛んで尋常百姓, 燕齊地方の方士等