青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「燒~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

熱い~ ~熱心 熱心~ 熱情~ ~燃え 燃え~ 燃える~ 燈~ ~燈火 燈火~
燒~
燕~ 爆弾~ 爆発~ ~爪 爪~ ~爲 爲~ ~爲め ~父 父~

「燒~」 1311, 14ppm, 7880位

▼ 燒~ (201, 15.3%)

8 殘り 7 つくやう 4 死んで, 跡の 3 ました, ツ腹の, 出されて, 死んだの

2 [12件] たつて, ない前, なくて, ツ腹だ, 死んだ, 死んでから, 殘りたる, 殘る, 空, 落ちて, 跡に, 雲が

1 [142件] あがる火, あとが, あとを, こげを, ざりしを, その上小僧, たといつて冷泉院, たらと, たら宙, たら自分, たる, たる木片も, たれども, ちゃったン, つく日中, であかく, で反, で眞赤, とる, どうの, ないから, ないはず, ない中, ない家, なかつた, なかつたの, なむ, ぬ, のこつて, のこりたらむがごとき, のこる葦, ばいつしか, ばさ, ばなり, ば例, ば外, ば空, ぼツ杙, ましたよ, ますの, めえなそんぢや, ツ腹にな, ツ腹的に, ツ鉢からの, トタンを, 三上の, 三度目は, 出された人達, 出された日, 出された筈, 出で, 切つて居, 切るといふ, 初めし, 初めて又, 半分に, 原に, 原の, 土が, 土と, 失せたり, 失せて, 失せなんず, 失せぬ, 崩れた炭俵, 拔けたの, 木の, 木は, 木有り, 材木や, 止まるやう, 死にを, 死に娘, 死ぬぜ, 死ぬところ, 死ぬなんて, 死ぬの, 死ぬやう, 死ぬ筈, 死ねば, 死んだし, 死んだぜ, 死んだと, 死んだといふ, 死んだとよ, 死んだに, 死んだん, 死んだ人, 死んだ妓共, 死んだ竹松, 死んでしまつた, 死んでしまつたが, 殘つたといふ, 殘つた土藏の, 殘つた小, 殘つた工場の, 殘つた木を, 殘つた材木は, 殘つた柱や, 殘つた棒の, 殘つた樹木が, 殘つた母家に, 殘つた街の, 殘つた輪廓ばかりの, 殘つてゐた, 殘つて居る, 潮風に, 焦げて, 焦げも, 爛れた小僧, 爛れた潮路, 爛れるやう, 盡くる, 盡した, 石が, 空の, 糞や, 色黒みたれ, 苦しみとの, 落ちさうに, 落ちた天守閣, 落ちた富士見, 落ちると, 落ちるとき, 落ちる中, 落ちる焔, 落ちる納屋, 落ち吠え叫ぶあらし, 落ち氣, 跡から, 跡で, 跡は, 跡へ, 跡を, 蹴りを, 過ぎき, 遺りの, 酒さ, 酒ばかり, 酒を, 附いた鹽, 黒み胸まで

▼ 燒~ (151, 11.5%)

7 拂ひ 4 餅を 3 て, も捨て, 拂はれた, 拂ふ, 方は, 盡す 2 その燒, もせず, もろこしの, もろこしのに, をし, 乍ら氣の, 屋なども, 物で, 物の, 盡し

1 [102件] お夏, か何, そ, つい一里, てとる, てやがて, てクサントス河, てトロイア, て其姿, て其後, て喰, て宣ん, て戰場, て瘴氣, て賣りゐ, て轉, て食, て饗, どういふ, どもが, ながらそれら, ながら市井, ながら急い, ながら詛言, にしたい, になつ, になつたの, のもの, の家族用, の煙, または鐡床, もきすべき, もきする, もどうも, もよささう, もろこしさ, もろこしは, もろこしや, もろこしを, もろこし屋だけで, やア, や丸切り大根, を所望, を買, トロイアこ, パンに, 上つて二階の, 串に, 乍らそれを, 乍ら平次は, 人を, 付にか, 付の, 何百人の, 刃に, 又籃, 喧嘩口論した, 圍みました, 幾千の, 度く, 打ちを, 拂うて, 拂つ, 拂つてやる, 拂つてやんだ, 拂ひしました, 拂ふそ, 拔い, 掃ひ, 方だ, 方な, 方の, 此塚を, 殘した, 殺しなすつた, 河流を, 燒く, 物かと, 物や, 盡さう, 盡さね, 盡され, 盡されず, 盡された, 盡せよ, 盡せり, 石を, 窯の, 立つる, 立て, 立ての, 給へ, 胸を, 芋の, 落し近所の, 著かえ, 蓋くし, 逆にて, 都合六圓の, 餅など, 餅燒きで, 骨を

▼ 燒~ (140, 10.7%)

9 てゐる 7 てし, てゐた, て居る 5 てしまひました 4 てをります, て居た, て居りました 3 たりし, て, てお 2 てくれる, てしまつ, てしまつて, てしまふ, てそれ, て居ります, て食, て食べ

1 [68件] たり, たりする, たり何かしらお茶, たり大層, たり皆んな, たり空罌, たり麻繩, てある, ている, てえ, てえらい, てくれた, てくれます, てしまつたら, てしまつて難, てしまひ, てしまひたく, てしもふ, てその, ての強意見, てみ, ても喰, ても次, ても食, ても食べられる, てやつ, てやる, てよ, てゐました, てヒビ, てポリポリ, て上, て下さい, て了, て了つた, て了ふか, て二十食つた, て二階, て作つた灰, て來, て占わしめました, て友さん, て吹き上げる, て呉れ, て呉れる, て喰, て客, て平塚, て後ろ戸, て復, て擧行, て朝, て栗原越, て清々, て火事, て焔, て病人, て粉, て耕作, て膨れ, て苦勞, て行く, て見, て記者仲間, て貰, て轉, ばを, 話

▼ 燒~ (80, 6.1%)

3 やうな, 時に 2 のは

1 [72件] かい, かとぞ見えし, が如く明かなる, ことが, ことに, ことにな, ことはげしかりけれ, それは, ために, といふこと, といふの, といふ製法, ところと, とて手, とは何ぞ, と同じ, と眞埴, と言つてあちこち, なり, なんてそんな, のだらう, のです, のでよつ, のみ我等, のも, は櫟, ひま, ほどの不思議, やうに, を需め, 人の, 人を, 他の, 儀式, 前に, 原料として, 塲所を, 女は, 奴が, 奴だ, 恰好で, 惡慧者は, 憶ひなり, 我に, 時つくづく, 村のは, 樣に, 炎が, 炎で, 炭燒く, 烟が, 烟りかと, 煙低く, 父の, 物は, 猶ほ, 程暖く, 積りに, 窯が, 節でも, 臭ひ, 臭を, 苦みが, 道具が, 隙が, 難波の, 音が, 風習の, 香あり, 香立つ, 鰻の, 鹽の

▼ 燒~ (67, 5.1%)

2 匂ひ, 空が

1 [63件] ああわが, あかりが, いろが, お狐, お狐樣, お誂, こつた町家, した色, した青年, して, ために, と銅の, やうに, パンの, 中で, 乳の, 事に, 伜の, 光は, 四角なる, 土瓶など, 壺が, 壺と, 多いの, 女房の, 小子二人, 小屋の, 御馳走を, 徳利へ, 徳利を, 意味なるべし, 憂目, 方さ, 時失はれ, 模型など, 模樣で, 湯呑茶碗を, 烟を, 煙の, 物件は, 狐を, 狸の, 町名は, 空を, 竹や, 線香立てと, 老人, 老人御歌に, 茶器に, 茶碗で, 菓子皿を, 藥などを, 赤い反照, 跡始末を, 鉢の, 銚子を, 鍋や, 陶器店に, 陶繪の, 際に, 雲が, 鹽引の, 麺麭の

▼ 燒いた~ (66, 5.0%)

6 のは 5 のを 2 のさ

1 [53件] あとに, が後, が此頃, くらゐ, ことは, ことを, そのとき, だけで, だけで濟, だけの由, ぢや, といふこと, とか紛失, と云, にち, のか, のだ, のである, のです, のでその, ので七録, のと, のも, のや, のをね, ものが, もので, ものであります, ものです, ものなら, やうな, 下手人を, 乾物で, 伊藤益良は, 假面の, 其の主人, 口惜しさ, 小魚, 幕府は, 握飯を, 時代即ち, 樣子です, 火の, 火傷の, 火葬場の, 灰が, 玉子は, 痕が, 罪は, 臭が, 話なら, 謀叛人の, 釉藥の

▼ 燒けて~ (45, 3.4%)

7 しまつ 2 百年荒野の

1 [36件] いのちだけは, さうし, しまうと, しまつたのでした, しまつては, しまひました, しまひましたつけ, しまふわけ, それが, そんなに香ばし, とても喰, どうにも, ぷす, ますよ, ゐた, ゐるつて留さん, ゐるよ, カンカンな, 主人の, 今や欄干, 仕舞つた, 假宅で, 兎に, 參考と, 妻し思へ, 家人は, 性を, 文庫は, 旅を, 淺草へ, 灰にな, 碎けて, 脊には, 變色した, 過ぎました, 雲たち出でぬ

▼ 燒かれ~ (36, 2.7%)

2 てゐる, て死ん

1 [32件] しも有るべく, その燒, たりこの, たり女, たり斧, てしまう, てしまつ, てふくらむ, ても枯れ, て伐られ, て其の, て其烟濛々, て居ます, て岸, て御, て樣子, て油, て灰, て獨, て硬く, て而, て變色, て轉, むとしき, 南方の, 寺, 斯く叫び美麗, 水は, 神に, 給はんと, 自若として, 高樓

▼ 燒ける~ (28, 2.1%)

3 のを 2 のも, やうに, 匂ひ

1 [19件] うちに, とバラ, と家族, と見え, と覺悟, に從つて牡蠣, ね, ほど煙草, ものか, ものは, やうな, 匂いです, 所を, 柴垣です, 炎々の, 炎は, 程吸つて了つた, 野郎だ, 間が

▼ 燒けの~ (23, 1.8%)

2 した淺, した空, した蒼

1 [17件] あかりを, しかも二度目, した年増, した男, した素顏, した脊長, した赤い, した額, まままごつい, 中で, 光線に, 厄に, 手が, 手の, 手を, 殘光が, 空に

▼ 燒かれた~ (14, 1.1%)

3 のである

1 [11件] といふばかりで, ところが, のかも, やうである, 今坂餅を, 個所には, 南方支那の, 怨が, 瓜の, 道の, 避難者の

▼ 燒~ (14, 1.1%)

2 廻つたね

1 [12件] あつた, おびたゞしく, したいから, まつ赤, 同一雪籠, 少々甘い, 廻つたに, 御法度ださうです, 殘つてゐる, 痒い, 薄赤く, 黒焦

▼ 燒~ (14, 1.1%)

3 して, なつた 1 するぞ, すると, するの, てらされひとり馬, 中てられた, 似し薄, 屠られたが, 成つちやあん

▼ 燒~ (14, 1.1%)

1 [14件] さかなに, された何とも, しさうで, せずして, 免れた家, 十枚づゝ買う, 喰ふと, 幾串も, 斥す, 知らなかつた若い, 表町の, 見に, 覺悟し, 防ぐに

▼ 燒けた~ (11, 0.8%)

1 [11件] かと思ふ, からよ, し今, そして脣, といふ證據, と云, のが, ので, のね, 赤い煉瓦, 赤い足

▼ 燒けに~ (11, 0.8%)

3 なつた 1 からだを, すき透り眼, なつて, ゆすつた, 持つて, 燒け, 燒けた前後から, 燒けた奎吾の

▼ 燒~ (9, 0.7%)

2 ずに 1 うかと思ひ立つ, して, しめしは, しめたま, ず狗, なくツ, ぬ此頃

▼ 燒きつく~ (9, 0.7%)

2 やうな 1 して, し既成佛教, では, のです, やうで, やうに, 特徴を

▼ 燒きた~ (8, 0.6%)

1 てし, てて, ての, てのお, てのおいしい, てのパン, ての熱い, まひき

▼ 燒くる~ (8, 0.6%)

1 か人, 前, 我が下心, 由沙汰せりと, 見よ甍, 蹈む, 頃ほひ, 黄昏に

▼ 燒かれる~ (7, 0.5%)

1 ことよりも, といふ, ときこれに, のである, やうな, 事は, 蛾の

▼ 燒かせ~ (6, 0.5%)

1 その鬚, てある, てし, ながら鈴鹿越, になります, 乍ら江戸まで

▼ 燒きつい~ (6, 0.5%)

2 て離れぬ 1 たやう, てゐる, て來, て居た

▼ 燒けたの~ (6, 0.5%)

1 が消し炭, が自分, だといふ, です, では, はいつ

▼ 燒けを~ (6, 0.5%)

4 起して 2 見又

▼ 燒あと~ (5, 0.4%)

1 に, に大きな, の煉瓦, へ何, へ貼出した

▼ 燒かん~ (5, 0.4%)

1 しかすれ, でも可, としつる, とす, とする

▼ 燒~ (5, 0.4%)

1 もう殆, 免れたが, 前年七月の, 攝氏千度以下で, 頽れ

▼ 燒小屋~ (5, 0.4%)

1 がすぐ, であ, でせう, より上, を思ふ

▼ 燒豆腐~ (5, 0.4%)

1 などがはい, の, の煮, や芋, を添

▼ 燒きし~ (4, 0.3%)

1 うすいろ, か, かば, と云

▼ 燒きつけられ~ (4, 0.3%)

2 て來 1 しかも常に, てゐる

▼ 燒けず~ (4, 0.3%)

1 に殘つて, に青い, 小屋の, 常緑木

▼ 燒けても~ (4, 0.3%)

1 お前だけは, 他の, 塔の, 殘る

▼ 燒~ (4, 0.3%)

1 仕やう, 何方かと, 又狂, 赤くなる

▼ 燒いてる~ (3, 0.2%)

1 のか, のぢ, のや

▼ 燒かれし~ (3, 0.2%)

1 ものにて, 者等に, 身を

▼ 燒きたる~ (3, 0.2%)

1 の人なり, 後に, 所なる

▼ 燒きつける~ (3, 0.2%)

1 やうな, ような, ように

▼ 燒き付く~ (3, 0.2%)

2 やうに 1 やうな

▼ 燒き棄て~ (3, 0.2%)

2 たりし 1 てし

▼ 燒き炙り~ (3, 0.2%)

1 手に, 暗紅色の, 終りて

▼ 燒くに~ (3, 0.2%)

2 は火 1 忙しく女ども

▼ 燒けたもの~ (3, 0.2%)

2 と思ひこん 1 ですから

▼ 燒けた土~ (3, 0.2%)

1 をとつて, を芥川, を草鞋

▼ 燒けた樣~ (3, 0.2%)

1 な赤土, に眞赤, に赤く

▼ 燒けん~ (3, 0.2%)

1 を洒落, 時救ふ, 爲

▼ 燒~ (3, 0.2%)

2 て來 1 又北風

▼ 燒しめ~ (3, 0.2%)

1 には, は陶器, 石燒位の

▼ 燒にな~ (3, 0.2%)

1 つたのである, つておくれ, つて急には

▼ 燒棄てた~ (3, 0.2%)

2 といふの 1 ことは

▼ 燒野原~ (3, 0.2%)

1 にながき, になつ, は依然として

▼ 燒あがりし~ (2, 0.2%)

2 餅を

▼ 燒かう~ (2, 0.2%)

1 とした, とする

▼ 燒かし~ (2, 0.2%)

2 やがる

▼ 燒かせる~ (2, 0.2%)

1 のは, やうな

▼ 燒かれたる~ (2, 0.2%)

1 が如し, カムパニアの

▼ 燒きすてた~ (2, 0.2%)

1 といふこと, 反古紙の

▼ 燒きつけた~ (2, 0.2%)

1 やうな, 寫眞を

▼ 燒きであります~ (2, 0.2%)

1 がとにかく, けれども黒ずんだ

▼ 燒きの火~ (2, 0.2%)

2 が燃え

▼ 燒きます~ (2, 0.2%)

1 とも, よ精一杯

▼ 燒き出された~ (2, 0.2%)

1 人の, 身の上で

▼ 燒き捨てる~ (2, 0.2%)

1 のが, のです

▼ 燒き棄てた~ (2, 0.2%)

1 と見え, もうこれ

▼ 燒き殺さう~ (2, 0.2%)

2 とした

▼ 燒き殺され~ (2, 0.2%)

1 ては浮ばれまい, ながらそれでも

▼ 燒き殺された~ (2, 0.2%)

1 ことは, 筈の

▼ 燒き殺し~ (2, 0.2%)

1 ても蟲, てやる

▼ 燒き退け~ (2, 0.2%)

1 て還, て還り

▼ 燒くそ~ (2, 0.2%)

1 の渇, の焔

▼ 燒くもの~ (2, 0.2%)

1 である, に卷かる

▼ 燒けたやう~ (2, 0.2%)

1 な色, な葉

▼ 燒けたり~ (2, 0.2%)

1 する, 壞れ

▼ 燒けた事~ (2, 0.2%)

1 も今度, も船

▼ 燒けた時~ (2, 0.2%)

1 に廢朝, に發狂

▼ 燒けた晩~ (2, 0.2%)

1 も濱町, も稽古所

▼ 燒けた離屋~ (2, 0.2%)

1 には南側, の南側

▼ 燒けた顏~ (2, 0.2%)

1 がてら, の女

▼ 燒けにな~ (2, 0.2%)

1 つた舞臺裏を, つて愼しみを

▼ 燒けも~ (2, 0.2%)

1 したらうが, しないで

▼ 燒けり~ (2, 0.2%)

1 といふ傳説, ともいふ

▼ 燒~ (2, 0.2%)

1 室を, 海中に

▼ 燒でも~ (2, 0.2%)

1 あるの, したやう

▼ 燒~ (2, 0.2%)

1 爲れる, 玉子燒とを

▼ 燒ながら~ (2, 0.2%)

2 弄か

▼ 燒パン~ (2, 0.2%)

1 に塗つて, の一片

▼ 燒ヶ腹~ (2, 0.2%)

2 の道樂

▼ 燒火箸~ (2, 0.2%)

1 や刄物, をつかん

▼ 燒饂飩~ (2, 0.2%)

1 の細く, 幽に

▼1* [159件]

いたつていい, 燒いたろかおも, 燒いたんだあ食, 燒いた憶えがある, 燒いちやつて今日, 燒いもの如き, 燒てくふ, 燒えつちやつたから, 燒おでんの屋臺, 燒かざれば其身, 燒かしむるが如き, 燒かつたツ, 燒かむとする, 燒かる詩人等堤を, 燒かるべき身なりし, 燒かれざる處に, 燒かれようとした, 燒かれるだらうが藏, 燒かん火の前, 燒きあげると又多少, 燒きがどこかで見, 燒きが喰ひたくなつ, 燒きし藤四郎が瓶, 燒きたくなるやうな, 燒きつ神は, 燒きつかれて死ん, 燒きつきます, 燒きつけてし, 燒きで人を, 燒きでありまして人間, 燒きなさいよ, 燒きの厚く切, 燒きのこして, 燒きの支度で私, 燒き上げ地の, 燒き上げた澁紙色の, 燒き付けられながらその, 燒き倒す汝と, 燒き凝して, 燒き出し何時でも, 燒き出したのださう, 燒き切り又は打製石斧, 燒き固まらしてコウゾ, 燒き持ち心を, 燒き捨てたのだらう, 燒き捨てたる少年俊雄を, 燒き暮れても炭燒, 燒き棄てるやうに, 燒き棄てん君の, 燒き殺さむとす, 燒き殺した樓だ, 燒き炙り炙りて火, 燒き爛れるほど玩具, 燒き賣りする爺さんが, 燒き附いていた, 燒き附けたる窓の, 燒くお灸についての, 燒くくらゐなら持ち出して捨てる, 燒くべく雄叫びて, 燒くめりお近, 燒くもんでもあゝえ, 燒くよしもなし, 燒くるいぶり火に, 燒けが眞赤に燃える, 燒けして, 燒けした廣い, 燒けし姿にとむる, 燒けし後トロイアより來, 燒けし後臟腑試み喫する後, 燒けし時臟腑を先, 燒けし黒髮かと散る, 燒けそさめけむ, 燒けたどこか荒々しい, 燒けたゑぐが與吉, 燒けたコルク栓とポケット用ハンケチ, 燒けたストーヴにかじりつい, 燒けたボロボロの屑, 燒けた丸顏と上品, 燒けた健康らしい無, 燒けた前後からである, 燒けた壇は足許, 燒けた奎吾の顏, 燒けた女がそこ, 燒けた女學生の群, 燒けた家もどこ, 燒けた年寄りの御者, 燒けた後で見る, 燒けた杉の木, 燒けた柱掘立てたのよ, 燒けた柿がそこ, 燒けた温灰に水, 燒けた火事跡に雪, 燒けた皮を殘, 燒けた石を磨り合せる, 燒けた砂がまるで, 燒けた礫の熱い, 燒けた竹を伐つ, 燒けた脊中ばかり此方, 燒けた腕に献げ, 燒けた邸宅の穴倉, 燒けた銅貨を彼, 燒けた鍋釜を砥石, 燒けた鐵の棒, 燒けた頬にはみるみる, 燒けた顏土に塗れた, 燒けた鬢などを掻き上げ, 燒けちまつた所, 燒けてから食へ, 燒けてももかりが, 燒けな冷酷を, 燒けはしません氣味, 燒けむ柴垣, 燒したのでま, 燒すんのも, 燒せしめる程の, 燒足が, 燒つけなどをとつて, 燒とて行はる, 燒とよむので鰻, 燒とりを買つて來, 燒とるで, 燒とを一寸檢め, 燒などが附いた, 燒などはなか, 燒なる無釉, 燒には陶器が, 燒のりをたて, 燒材木も, 燒極めて古い, 燒もちやいて, 燒丼など, 燒やからまぶしや, 燒らしい煙が, 燒後人間に, 燒を以て美味いとして, 燒カルト信仰ストモ是等ノ信仰ガ信仰ナルガ, 燒ケ木等ヲ以テ證スベシ, 燒乾物野菜のおいしい, 燒亡ぼす情熱と, 燒付けて居る, 燒切らないうちに, 燒半分い, 燒増しをする, 燒燒, 燒打ちでもし, 燒打ちするだらうとか警官, 燒棄てることは, 燒椀盛の四品, 燒死にましたぜ, 燒死んでしまはれた, 燒殺さうとした, 燒水不能漂とかいた, 燒しめ石燒位, 燒玉子の黄味, 燒禿げた待乳山同然だ, 燒落ちない鐵骨コンクリート構造であれ, 燒里芋の煮ころがし, 燒野原茫々として立木, 燒饅頭が何日