青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「燈火~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~熱い 熱い~ ~熱心 熱心~ 熱情~ ~燃え 燃え~ 燃える~ 燈~ ~燈火
燈火~
燒~ 燕~ 爆弾~ 爆発~ ~爪 爪~ ~爲 爲~ ~爲め ~父

「燈火~」 1717, 19ppm, 6185位

▼ 燈火~ (491, 28.6%)

42 光が 32 下で 18 下に 14 光を 8 光に 7 もとに, 光の 6 かげも, ついて, 点く頃 5 つく頃, もとで, ように, 中に, 影が, 影に 4 前に, 影を 3 かげで, ない部屋, 下へ, 光で, 列, 影で, 影の, 方へ

2 [27件] かげは, さして, そばに, つくの, ところで, やうな, やうに, 九十九谷その他は, 光, 光は, 光も, 光冷かに, 前へ, 反映の, 多い人, 工合で, 影さえ, 断える, 方に, 映じたる樹, 洩れるの, 海を, 消えるほど, 煌々と, 美を, 色は, 薄暗い光

1 [229件] あかりが, あかるい雑沓, あかるさ, あたりに, あるわけ, ある座敷, いろが, うつろう影, うま鳥, かげ, かげが, かげなど, かげを, かすかな, かんかんともっ, きらきらとついた, きらきら光る, きらめくの, ことを, ごとく, さす内, しづかな, せいか, ついたお, ついたころあい, ついたせい, ついたどこ, ついたよう, ついた四つ, ついた奥, ついた家, ついた広間, ついた明るい, ついた柳屋, ついた議院, つかぬうち, つき始めた軒下, つくころ, つくよう, つく夜, つく遠い, とどかぬ庭, ないこと, ない小屋, ない屋内, ない座敷, ない村民, ない甲板, ない真っ暗, なかに, なつかしさ, はためく蔭, ひかりで, ひらめくの, ほうへ, ほうも, ほか揺らぐ, まえに, また, またたき, まへに, まわりを, むれが, もれて, もれる大きな, もれる民家, ような, チラ, 上に, 下には, 下まで, 下を, 下幸わいの, 下近く, 中で, 中には, 乏しい樹木, 事, 仕掛が, 他に, 代用を, 作用であろう, 作用は, 光かなりに, 光と, 光な, 光のと, 光之に, 光明世界を, 光篝火の, 具合で, 前後障子に, 加減でか, 動き瞬い, 動き走っ, 占いであった, 反射が, 周圍に, 四辺にも, 外へ, 多い外, 多い広小路, 夜が, 夜景は, 奧に, 如くに, 射さない暗い, 射して, 届く所, 巷を, 幻影で, 度は, 強弱を, 影さえも, 影は, 影暗く, 影洩りたる, 影鴉鳴く, 彼方に, 後光を, 微に, 恩や, 恩を, 数も, 數も, 文明の, 方が, 明りに, 明りの, 明るい京女, 明るい家, 明るい広場, 明るい部屋, 明るくし, 明るさ, 星観音そこに, 映して, 映って, 映る頃, 映る食卓, 暗い低い木造, 暗い古びた, 望まれる産科病院, 朧ろな, 柱に, 様に, 様子が, 橙黄色の, 正体を, 気配も, 油さえ, 油に, 油を, 油煙とは, 油煙炊煙の, 泄れる, 洩れたの, 洩れて, 洩れない随分, 洩れる家, 洪水が, 洪水に, 海と, 海に, 海の, 消えかかろうと, 消えたの, 消えた原因, 消えた部屋, 消えて, 消えるまで, 消える時刻, 消えんとして, 消え入るばかり, 滅え, 火が, 火色は, 灯かげに, 灯ってからと, 灯影に, 灯影幽かに, 点いてない暗い, 点か, 点き初めた夕暮れ時, 点き始めた停車場, 点き始める頃, 点くの, 点く時, 焔を, 煌いた, 照り返しで, 用意が, 用意の, 白き影ほのか, 盞が, 種類が, 穂が, 穂先が, 紅の, 織目から, 美くしい, 美しいところ, 美しい人影, 美鳥, 群から, 色で, 色まで, 色も, 色彩は, 色彩を, 華やかな, 蔭を, 處に, 見えて, 見えるの, 見えるほう, 見える家, 見ゆるは, 見る見る暗に, 設備なし, 賑やかな, 赤黒い火屋, 輝きが, 輝きの, 輪の, 陰に, 黄色い光, 點く, 點る

▼ 燈火~ (363, 21.1%)

21 ついて 10 点いて 8 射して 6 消えて 5 ちらちらと, ともって, 見えて, 見える 4 つく, 見えた 3 つきそめて, もれて, 水に, 輝いて

2 [23件] さして, ちらほらと, ついてるの, ともされて, ない, ないから, ないので, なかった, ゆれて, ポッと, 山の, 慶養寺の, 散見き, 星の, 暗い海, 止まって, 海に, 消えるまで, 無いので, 煌々と, 燃えて, 紙帳の, 部屋を

1 [232件] あかあかと, あった, あったと, あったならば, あらわれ狼火, ある, いっぱいの, いつか目の, いつの間にか見えなく, いぶって, かうかうと, かもしだす哀愁曲, からみついて, かんかんつい, かんかんとつい, きらめいて, さしてるの, さして人, しきりに右, して, すぐに, する御, そこに, その室, その顔, ちら, ちらちらする, ちらちら俥, ちらちら瞬い, ちらっと遮られた, ついた, ついたの, ついたので, ついてからと, つきました, つくと, つくや, ともされたのに, ともりその, ともり食机, どこかに, どこからとも, ないの, なかつた, なくて, なくては, なく外, なければ, にわかに焔, ぱっと灯った, ぱつと明るく, ひらめいて, ふつと, ほとんど水, ほのかに, ぼんやりと, ぼんやり映っ, ぽうと, ぽっと仄, ぽっと点いた, まばたきながら, まばたきを, みな消えた, ゆらゆらと, アカアカと, カッと, ズラリと, チラリチラリと, 一つ据え, 一つ点い, 一つ見えた, 一度に, 一斉に, 一点ユラユラ, 一点見える, 一番最初に, 丁度芝居, 万燈の, 不十分な, 乳色のも, 二つ据え, 仄かに, 何よりも, 光らせたが, 八時半に, 処どころ漏れ, 列を, 半ば明るく, 向ひ, 哀れに, 四方菰張りの, 四邊一面の, 変わって, 夜空に, 夜霧に, 大変弱い, 家毎に, 射しいる, 射し高貴, 少なくて, 山を, 幌に, 平野を, 幾百万ある, 庭へ, 庭樹の, 悉く消され, 旁午入り亂れ, 明くなり, 明く射し, 明るい光, 明るくそこら, 明るくなれ, 明るく往来, 明るく見え, 映えた, 映し旅舎, 映じて, 映り栄えて, 映るまでに, 春の, 昼の, 暗いから, 暗いと, 暗い空, 暗くなった, 月光に, 望まれどうか, 村の, 来た, 極く, 橙黄色に, 檣頭に, 此度ア右手に, 殆ど水, 殘つてゐた, 河の, 泄れ, 洩れて, 洩れないよう, 浮かび出たが, 浮き上がって, 消えた, 消えました, 消える, 消えると, 消えるよう, 消え紙帳, 消え部屋, 消されるの, 消され始めて, 消され狼, 淡く灯っ, 滅し, 滲みだしたよう, 滲みもう, 漏るるに, 漏れて, 灯ってから, 点いた, 点いたかと, 点いてから, 点いても, 点き始めた, 点く従兄弟, 点されて, 点ぜられ注進, 点ぜられ葬いの, 点って, 無くて, 無く兵馬, 無気味な, 照らした, 照らしたから, 燃えるよう, 燃え上りました, 燈もっ, 燐の, 痛そう, 盛んに, 瞬きを, 私の, 第一番, 紫色に, 細まっ, 置かれその, 美しう, 美しく三味線, 背から, 自らの, 自然に, 花園の, 螢火の, 行儀よく, 街道の, 要る, 見えたという, 見えた時代, 見えない, 見えましたから, 見えましたらどんなに, 見えません, 見えること, 見えるぜ, 見えると, 見えるところ, 見えるよう, 見え汽車, 見る人, 見分けられるの, 變つてゐる, 賑やかに, 赤, 通って, 運び込まれた時分, 道を, 遠くの, 金屏に, 闇の, 附き始めた, 降る粉雪, 隙から, 雨戸の, 雲に, 靄の, 静かに, 音の, 風も, 鳥の, 點, 點い, 點いた

▼ 燈火~ (323, 18.8%)

17 つけて 11 持って, 消して 4 かかげて, 見て 3 あげて, つけた, 消した, 点じて, 目当に

2 [18件] きって, つけると, ともして, めがけて, 中に, 仰ぎ李花, 取り巻いて, 受けて, 吹き消して, 段, 消せい, 点けて, 点ける, 発明した, 置いて, 見せて, 輝かして, 頼りに

1 [225件] あかるくしたがる, あげられた, いつまでも, うしなったよう, うつして, おかないわけ, おつけさせ, お吊るし, かかげた, かかげ剣, かきたてて, こつちい, たよりに, ちらつかせながら, つけさせ髪, つけたの, つけたま, つけた紙鳶, つけてから, つけても, つけないの, つけない橇, つけに, つけぬか, つけました, つけますが, つけよ, つけようと, つけようとの, つけられい, つけること, つけるの, つける気, つけろと, つけんの, つけ放し, つけ鐘, つつましや, つつんで, つらねそこ, つらね諸, つるして, とって, ともしこれら, ともしたり, ともしながら, ともしまことにまことに, とりつけて, ながめて, ながめても, なくして, はねたに, ふき消した, ふき消して, ふっと消す, ぼんやり窓, まぶしさうに, みせて, みつめる, みて, もっと明るい, もてこれ, よぎり人影, よくともし, よせて, より明るく, 一あおりあおった, 上げて, 与へられた, 世界に, 中央に, 中心として, 付けて, 余り使わず, 使用せり, 借りるぜ, 傍に, 光らした大きな, 共にし, 具へて, 出して, 分った位, 分つた位, 前に, 反射し, 反射する, 取って, 取りに, 受けさせる位置, 受けたその, 受取って, 向ける, 吹き消した, 吹き消すこと, 呼びしかど, 圍んで, 垂れ筆, 夜霧の, 失うたよう, 失った甘酒茶屋, 奪うよう, 嫌う妖精, 寒さ, 小さくする, 己が, 引寄せ, 当に, 彼地此地へ, 愚弄する, 慕って, 手に, 打消し八基, 拝し, 拝借したい, 持った者, 持つて, 持て, 持運びます, 指しました, 掲げてという, 掲げながら, 掻きたて一書, 掻き上げにゃ, 掻き立てい, 掻き立てました, 携えし以前, 支えて, 数えて, 早う, 明, 明るく受け, 普通の, 望みながら, 望み候, 望み得たとは, 望んだ, 望んで, 横から, 横に, 欲しいほど, 歓迎する, 此方へ, 残らず消して, 毛布で, 浴びたが, 浴びて, 消さずに, 消さなかったの, 消したか, 消した室内, 消した後, 消した時, 消した枕, 消した蚊帳, 消した轟家, 消した部屋, 消しちまわねえと, 消しちゃあ, 消しちや, 消しに, 消し夜, 消し忘れた, 消し眼, 消す, 消すと, 消す室内, 消せ, 渡して, 湛えて, 点けてと, 点けない, 点けや, 点け惜, 点させた, 点さなければ, 点し総がかり, 点じた火花, 点じようとして, 点じ臥, 点るよう, 焚いて, 照らし亡父関羽, 照らすの, 燃やしたり, 燦めて, 献じて, 用いる必要, 用ひた, 眺めた, 眺めて, 瞬きさせた, 神に, 立てて, 細ませ, 置きその, 置くこと, 群がらせた停車場, 背に, 背負うて, 表に, 見せましょう, 見せるばかり, 見た, 見た時, 見つめた, 見つめたり, 見つめた事, 見ながら, 見る, 見るが, 見下しこの, 認めたよう, 負う私, 貸し給え, 赤く反映, 蹴りながら, 輝し, 輝す, 遠くし, 遠くした, 遮断した, 高く掲げた, 高く掲げなかったら, 點ける, 點ずるが

▼ 燈火~ (102, 5.9%)

2 ゆらめいた, 優しく旅先, 場所により, 大抵消され, 消えて, 瞬きも, 見えて

1 [88件] あたりの, ありませんが, いらぬ, かすかな, かすかに, このとき, これと, すっかり消えてる, すべて十時には, そこから, だんだん近, つけずさ, つけられ, ともされ食事, ないし, ないの, なかった, なく堅く, ふっと消え, まだまだ淋しい, ゆらぎ太い, よく目, わしの, われを, カンカンと, タングステン白熱電燈である, メラメラと, 一しきり明るく, 一つきり窓の, 一つも, 一切ともす, 一様に, 三人の, 下等の, 人の, 会堂の, 何うし, 何一つとして, 側近く俯向い, 僅かに, 出入り口から, 取り急ぐ編輯, 吊ラムプ, 吹き消されたよう, 地上に, 夜の, 夜見世でも, 客を, 常より, 廊下毎に, 弱弱しげ, 彼の, 径一寸も, 時々地味, 時々静か, 暗し数行虞氏, 林泉を, 次第に光, 次第に少く, 水に, 消えた, 消える女, 消え夜空, 消え物音, 点いて, 点けても, 無いので, 煌々と, 煌々とか, 用いるなと, 私に, 窓越しに, 終夜その, 置かれて, 自動車の, 蝋燭か, 行くに, 要らないん, 見え初, 貴女の, 赤い光り, 闇に, 陣幕を, 雪の, 電燈よりも, 非常な, 風に, 黯澹として

▼ 燈火~ (91, 5.3%)

4 映じて, 照らされて 3 照された 2 かざしながら, 反射し, 向って, 向はん事の, 映って, 照し

1 [68件] あこがれて, ういて, かざして, かざす少女子, きらめいて, くっきりと, さすがの, そうつぶやい, そそけ立って, そむいて, たとえるなら彼, たへられなく, なんとなく陰気, むかって, よく照らし, 代うる, 似たその, 候, 光って, 冷たく晃, 右の, 向けて, 向はね, 対って, 引き寄せては, 御顔, 心ひかれた, 應用する, 描かれる, 明く照らされた, 映えて, 映った彼女, 気を, 水面に, 油の, 油を, 淡く照らされ, 満ちた巴里, 火を, 照され, 照らされたが, 照らされた向う, 照らされた鮮, 照らされ同じ, 照らされ端坐, 照らしつ立ちたるま, 照らして, 照らし出されて, 照添ひ, 異変が, 百姓たちが, 私は, 背いた其笑顏, 背いた其笑顔, 親しむ, 親しむこと, 赤く見え, 近いところ, 近くすわる, 近づけて, 透かして, 透かし見, 違えねえそうして, 雑沓に, 面を, 顔を, 飛び込むよう, 黒く群れ

▼ 燈火~ (65, 3.8%)

5 つけないで 4 つけずに 3 つけなかった 2 ついて, ないの, ない真暗, 点けないで

1 [45件] ある, ついた, ついては, つかず人, つけて, つけないこと, ともされて, ない, ない城中, なくブラインド, なく月, まばらな, もれて, 与えられて, 今は, 今晩は, 何も, 侍どもの, 外へ, 大橋から, 影更け, 彼自身で, 暗く闇, 欲しい暗さ, 残さず消して, 洩れて, 消えました, 消えわけても, 消し疲れて, 濡れ輝いて, 点々三つ四つは, 点けずに, 点けてない船, 無いので, 無い真, 無く只, 無論洩れ落ち, 要らないと, 見えずに, 見えず人声, 見えず廃墟, 見えない暗, 見えなくなって, 見えれば, 霧の

▼ 燈火管制~ (62, 3.6%)

4 の夜 3 の下, の中 2 でまっ, で暗い, のため, の時

1 [44件] ありそのうち, がムヤミ, が嚴重, が始まっ, が実施, された都会, だから, ださうで高山線, でどの, ではない, でもやっ, で湯, で点燈, で真暗, といふの, としては大, とは何, などは全然, なの, なので, に對, のおかげ, のなか, のやかましい, のわり, の予習, の日, の晩, の月夜, の第, の道, の風, は暗く, もいらん, も何, も十三夜, も終った, をした, をする, を嚴重, を実施, 第三日, 第二夜, 第四夜

▼ 燈火~ (22, 1.3%)

2 なって, 相乱れ

1 [18件] いはずすべて自分, いわずすべて自分, するため, そのまわり, なれる, 人声とが, 人間と, 影との, 押返すよう, 時々響き, 歌声と, 比較し, 海岸の, 火と, 蝙蝠の, 身を, 題する道場便り, 食物の

▼ 燈火~ (12, 0.7%)

2 照らされて 1 あつた, ぼんやりと, 尻を, 市営自動車停留場の, 明るい室, 明るかった, 煌い, 照らされた明るい, 見当を, 顔を

▼ 燈火一つ~ (10, 0.6%)

1 つけないで, ない, 少くなり, 漏る家, 点されて, 無く窓, 見あたらない, 見えないで, 見えない田舎道, 見えなかった

▼ 燈火にも~ (7, 0.4%)

3 似て 1 根に, 諦觀すれ, 過ぎて, 顔を

▼ 燈火~ (7, 0.4%)

1 いろ, ネオンサインに, 土産物を, 彩旗の, 活気が, 群集の, 農家の

▼ 燈火~ (5, 0.3%)

1 ことか, というよう, な, もっと明るく, よ

▼ 燈火~ (4, 0.2%)

1 赤く霞ん, 面を, 飛びこむ蛾, 飛びつこうと

▼ 燈火をも~ (4, 0.2%)

1 お貞, にじませ將, 嫌うよう, 嫌ふ

▼ 燈火さえ~ (3, 0.2%)

2 洩れて 1 なかった

▼ 燈火では~ (3, 0.2%)

1 そんなこと, なくて, 暗かった

▼ 燈火でも~ (3, 0.2%)

1 つけ給へ, 点けねえ, 点けねえか

▼ 燈火などは~ (3, 0.2%)

1 一つも, 一点たり, 乏しく灯っ

▼ 燈火~ (3, 0.2%)

1 といふ字, のこと, の日

▼ 燈火うち~ (2, 0.1%)

1 まもるあり, 見やりてや

▼ 燈火うつる~ (2, 0.1%)

2 三階の

▼ 燈火~ (2, 0.1%)

2 定は

▼ 燈火から~ (2, 0.1%)

1 遠く離れ, 離れて

▼ 燈火すら~ (2, 0.1%)

1 こんなに変わり, ない城寨

▼ 燈火その~ (2, 0.1%)

1 光を, 台その

▼ 燈火とは~ (2, 0.1%)

1 なんの, 遂に私

▼ 燈火とを~ (2, 0.1%)

1 まるで名匠, 示す

▼ 燈火なき~ (2, 0.1%)

1 の有様, も枕上

▼ 燈火なし~ (2, 0.1%)

1 で闇中思索, には話

▼ 燈火にかへて~ (2, 0.1%)

2 草鞋うちながら

▼ 燈火による~ (2, 0.1%)

1 かげろう, 検査法と

▼ 燈火に関する~ (2, 0.1%)

1 取締規則を, 経費を

▼ 燈火はも~ (2, 0.1%)

1 うふッつり, うふツつり

▼ 燈火~ (2, 0.1%)

1 客の, 我よく

▼ 燈火より~ (2, 0.1%)

2 遥に

▼ 燈火を以て~ (2, 0.1%)

1 照し見, 直ちにブウルヴァール

▼ 燈火一時~ (2, 0.1%)

2 に消え

▼ 燈火一筋~ (2, 0.1%)

1 さして, 洩れても

▼ 燈火~ (2, 0.1%)

1 といふ書物, をなす

▼ 燈火無き~ (2, 0.1%)

2 室の

▼1* [92件]

燈火ぐる龍宮の, 燈火あまりにあかるく, 燈火かこむ物語欠伸かは, 燈火からも遠ざかって, 燈火くもる夜の, 燈火さし向くる, 燈火したしむべし孤独よろこぶべし, 燈火すくなき場末の, 燈火そして空には, 燈火のぼりゆく, 燈火だけ人通りの, 燈火であったことに, 燈火であり生命の, 燈火といった体たらくです, 燈火とのあいだへ, 燈火とばかり眺めるであろう, 燈火とも頼んで, 燈火ともして, 燈火なくば嘸, 燈火など一筋も, 燈火ならざるはなき, 燈火なり南極これが, 燈火には黒く見えた, 燈火に対して瞳清しゅう鼻筋が, 燈火はをやみなく, 燈火ばかりである, 燈火ばかりを見せて, 燈火まばらにし, 燈火みたような, 燈火よりも颯と濃い, 燈火われを愚弄, 燈火暗クスル必要ハナイ, 燈火一つ見えようともしない, 燈火下界人間のなか, 燈火並木道ゴチャゴチャした, 燈火代りやらに松ヶ根, 燈火以前の場所, 燈火供物その他に対してまた, 燈火信号には遠, 燈火信號で西, 燈火倒れやせむと心許なく, 燈火に蛍, 燈火兼用以外には使えない, 燈火再び晃, 燈火凄味を帶, 燈火切燈台の油, 燈火動き明らかには見えざる, 燈火十二ヶ月といふ, 燈火をばオランダ, 燈火器械音楽騒音色彩蟻の巣, 燈火四辺のひっそり, 燈火智識の, 燈火清夜, 燈火小暗き夜の, 燈火広告の最も, 燈火長く水, 燈火掻き立て見れば口, 燈火明るい町の, 燈火明るきとき吉事あり, 燈火のごとし, 燈火更けたる夜を, 燈火に点ぜられし, 燈火の自由, 燈火消そうと試みた, 燈火えぬ, 燈火漸く親しむべき思, 燈火煌々と輝き, 燈火燃えゐたりしかして, 燈火燦爛として亂點, 燈火物音その他のもの, 燈火瓦斯のマントル材料, 燈火のとき, 燈火管制下の夜, 燈火管制不十分とあ, 燈火管制最後の夜, 燈火管制用のエンスイ形, 燈火節二月二日旧教にてはこの, 燈火紅し草臥れて, 燈火腰蓑を濡, 燈火のごとく, 燈火薫香の匂, 燈火行きちがう車馬あとは, 燈火親しむという秋, 燈火親しむべしなどという漢語, 燈火言語を禁じ, 燈火が為, 燈火赤く四囲の, 燈火なる長, 燈火輝くのみ四方, 燈火降りてこの, 燈火に, 燈火音曲寄席芝居がある