青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「洋~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

注い~ 注射~ ~注意 注意~ ~注文 注文~ ~注目 注目~ 泰~ 泳い~
洋~
~洋服 洋服~ ~洗 洗~ ~洗っ 洗っ~ 洗濯~ 洞~ 津~ 津田~

「洋~」 2524, 26ppm, 4461位

▼ 洋~ (615, 24.4%)

62 の光 25 の下 16 の灯 15 を持っ 14 の火 11 を手 10 の前, の心, を持つ 9 を点け, を點 7 に火, を消し 6 のホヤ, の光り 5 の傍, の笠, を消した 4 が明るく, を吹き消し, を点し

3 [12件] がしょんぼり, のあかり, の周囲, の影, の蓋, をつけ, を吹消, を持った, を消せよ, を点けます, を点じ, を点火

2 [53件] から, がともり, が幾つ, が明るい, が昨夜, が暗く, が消え, が点い, が煌々, が落ち, が螢火, つけたり, に対, に油, に灯, に点火, のもと, の周匝, の油, の油煙, の火屋, の灯影, の燈, の石油, の置い, は忽ちに, は昨晩, は暗, は私, は細め, は細長い, もつい, も明るく, も点けない, より榾火, をさしつけ, をそこ, をつける, をふっと, を動かし, を取っ, を持出し, を掃除, を探し当て, を明るく, を書斎, を消せ, を片手, を眺めた, を移し, を置き, を高く, 何だか銘

1 [229件] から出る, から滲出, がおち, がくっきり, がじいじい, がそこ, がただ, がつい, がついてる, がどう, がのっ, がぱっと, がまぶしく, がボンヤリ, が卓, が吊り下り, が多かっ, が寂し, が影, が曚然點つて, が朦然点つて, が消えた, が消える, が消え残っ, が灯された, が灯っ, が灯り, が点し, が点っ, が無気味, が照, が照らした, が真昼, が移入, が置い, が蜘蛛, が見附ら, が部屋, が點, だつたので, つけて, であります, です, ですから, ですよと, では旦那様, でも叩きこわす, でも引外, で自分, とを持ち込ん, と今, と取替, と焚火, と箪笥, など点し, にいたる, には冷やか, にも大小数々, に俗, に対して久しく, に手, に映る, に照, に照らされた, に照らし, に額, のあかり白, のかげ, のこと, のその, のひかり, のほや, のやう, のよう, の乗っ, の側, の傘, の催促, の光明, の光線, の兩側, の力, の台, の向う, の墜落, の外, の夜, の如くなり, の室, の尻, の掃除, の数, の方, の明, の明り, の明るい, の明るい眩しい, の時代, の火影, の火燈, の炎, の燈影, の特徴, の白い, の眞上, の真上, の破れ, の螺旋, の見ゆる, の赤い, の載った, の輝いてる, の輝き, の輸入, の遠い, の間, の陰, の黄色い, の點つた通り, はかんかん, はその, はパリー, はフッ, は仄, は今しがた, は何時も, は切り, は切子硝子, は坐, は寂し, は少し, は我々, は持っ, は持ッ, は暗い, は油煙, は火屋, は細目, は薄暗く青い, は躍りはためく, は静か, は額, ばかりが笠, へ伸ばした, へ眼, まで人, もついた, もやっと, も人, も却って, も明る, も明るかっ, も灯さず, も点け, も点けず, も珍しい, も矢張もと, も釣りさげられる, や外側, をお, をかかげ, をこの, をさ, をそれ, をつるし, をとみ, をと思う, をどう, をカッカ, をフッ, を一つ, を上, を上げ, を上り端, を享楽, を使っ, を凝視, を危気, を危氣, を取, を取り上げた, を取上げた, を取巻い, を囲ん, を圧, を差置き, を床側, を廃, を復, を意味, を戸棚, を投げつける, を持ち, を持て, を捧げ, を摺らし, を断っ, を断つ, を机, を杖, を此所, を漸く, を点, を点けた, を点けました, を点した, を点す, を片寄せよう, を用, を相手, を端, を細目, を翳した, を翳す, を背, を背後, を自分, を見, を見た, を見つめ, を買, を身, を載せ, を運ん, を間, を降し, を點けさ, 寂しい人生, 消えて

▼ 洋~ (215, 8.5%)

8 の先 6 を持っ 4 を持った, を突い 3 の柄, をつい

2 [20件] に力, の外, の石附, の頭, はいまだに, は依然として, をあげ, をふり, を傘入, を取っ, を大きく, を大輪, を小脇, を手, を持てる, を振り, を振り上げた, を握る, を聯想, を膝

1 [147件] から出た, が, がある, がだんだん, がちゃんと, がどう, がどこ, がなにか, がタンゴ, がムンズ, が与え, が二人, が何, が依然として, が傘入, が元, が土間, が差, が発矢, が發矢, が石突, が立てかけ, が細い, が鼻, こそ孫悟空, さえ手持無沙汰, だ, だから, だけをうんと, ってどんな, であった, であるよう, でか, でこと, でしょう, です, でそいつ, でなぐりつける, でもっ, でコンコン, で前, で右, で右手, で地面, で太郎, で打っ, で豚, で靴, とは違っ, と一流, と云え, と共に真直, と唯, と紙入, と蝙蝠傘, なぞを削り, なの, なり蝙蝠傘, なんかもっ, なんか持っ, にある, におのずと, にて足, に災, に眼, のところ, の中, の倒れる, の偉力, の分解, の効果, の影, の御蔭, の握り, の泥, の音, はせっかく, は刀, は動かなくなる, は勢, は太, は当てられない, は惜しい, は根, は溢出, は竹, は自分, もすべて漆黒, もその, もて庭石打ち, も持たず, も持たない, も細い, を, をあなた, をかたわら, をこつこつ, をそのまま, をちょい, をついた, をつき, をつく, をとりなおし, をどう, をどうして, をひ, をひっぱりだす, をふりあげ, をもっ, をわざとらしく, をカン, をドクトル, を一旦, を下, を今, を前方, を取り出し, を取り直し, を取り落した, を取直し, を受取った, を大事そう, を奥, を扉, を把, を抜きだし, を拾い上げよう, を持, を持つた, を振っ, を振った, を握っ, を握りしめ, を握占め, を揮, を眺め, を突, を突いた, を突き, を突っ張った, を細君, を胸, を見る, を見直した, を蹴飛ばし, を顋, を鳴し

▼ 洋~ (212, 8.4%)

26 東西を 4 死者の 3 暑さ, 波を

2 [15件] 大潮流, 惡魔と, 東西と, 東西に, 東西時の, 歎を, 水が, 氷の, 波濤を, 流氷の, 海底に, 熱病だ, 眞中で, 航海の, 附近を

1 [146件] あるお蔭, うなりと, ことを, しげりおも, ながれの, はじまりまでは, へんまで, ほうから, ほかにて, まん中で, ように, シケを, タイクツを, ヒューマニズムの, マン中で, マン中まで, マン中目がけ, 一千九百十一年, 丁度真ん中に, 上の空は, 上へも, 上を, 中ごろで, 中で, 中に, 中心点から, 伝統を, 優劣を, 入日は, 制覇と, 制覇は, 原が, 史料を, 向ひ, 哲学および, 唯中を, 嘆を, 壮観そこで, 大惡魔, 大氷原, 大海賊, 大海賊船, 大空を, 天空を, 字は, 存在こそ, 孤島に, 孤島レユニオン島へ, 学生なり, 學に, 対立抗争統一の, 島に, 島人も, 差は, 平均水深は, 底深く, 彼不可思議な, 彼方, 彼方に, 怒濤, 思想が, 愛を, 或地方, 所見である, 文明, 方で, 方面に, 春の, 暑熱を, 書物が, 東岸には, 東西は, 東西も, 東西事の, 東西古今を, 某無人島, 次の, 歎で, 此孤島に, 気が, 水底に, 水面下を, 氷原は, 氷塊は, 氷山に, 氷山の, 氷魂の, 沖に, 泡の, 波が, 波で, 波の, 波も, 波上に, 波間に, 流氷が, 流氷を, 浪, 浪を, 海上海中海底について, 海口とも, 海図の, 海底で, 海底の, 海賊, 海賊船, 海賊船なら, 深い底, 深きを, 港, 湿気で, 炎熱が, 特有な, 状況が, 狂瀾怒濤を, 獵虎沿海州の, 番に, 白熊は, 相剋を, 眞中に, 真ン中へ, 真中における, 空を, 紺青の, 航海程, 航海者に, 船の, 荒波を, 荒浪へと, 荒海に, 藻屑と, 西岸には, 覇王どころの, 詩碑である, 諸國, 諸港, 貝殻の, 長いうねり, 長子である, 間に, 闇黒を, 離れ島, 青々と, 面に, 風舷に, 鯨も

▼ 洋~ (114, 4.5%)

11 の隠し 7 のポケット, の裾 5 をはい 4 の膝, の隠, をはいた 3 を穿い, を穿いた 2 の太い, の股, や靴足袋, をつけた, をまくっ, を乾かした

1 [54件] から余った, から外套, が人間, くらいのもの, だけになっ, でい, でおとなしい, で小刀, との衣嚢, と背中, になすりつけ, になった, にはまった, にも折目, に別れたる, に包まれた, に同居, に滲み出る, に爪先きのふ, に羅紗, に身, に長靴, のお, の割股, の啓吉, の折目, の方, の物入れ, の短い, の膝頭, の衣兜, の衣嚢, の襞, の足, はかなり, はところどころ, は何, は皺一つ, は薄茶色, をお召, をかけ, をしきりに, をはき, を二本, を取り, を引きあげしつ, を捲くり上げ, を捲っ, を着, を着け, を穿き, を穿く, を誇り顔, 同じく靴

▼ 洋~ (103, 4.1%)

3 の中, を取り上げた, を手 2 に一昨日, のなか, の縁, をとつ, を下, を代, を傾け, を唇, を探した, を膝

1 [74件] から冷酒, があった, があつ, が絨氈, で傾け, で傾けよう, とを持っ, にビール, に投, に放り込ん, に注い, に注がれた, に注ぎ, に白い, に移された, の, のふち, のやう, の上, の側, の底, の水, の酒, の飲みもの, は床, へついで果物, へキュラソウ, へ酌ぎながら, へ麦酒, も持つてない, をあふりつける, をお, をじっと, をその, をそのまま, をつまん, をとりあげる, をとり上げた, を上げ, を上げた, を下ろした, を乾した, を二つ, を傾ける, を其儘洋卓, を取っ, を取った, を取り上げ, を取り揃え, を取上げ, を叩きつける, を呉れ, を大隅学士, を打ち振つ, を持ち出し, を持っ, を持つ, を持つた, を指し, を挙げ, を挙げる, を撮みあげる, を殆ど, を添, を渡す, を置いた, を自分, を触れあわせる, を起し, を退け, を長く, を飲み干し, を高く, を齎

▼ 洋~ (97, 3.8%)

6 の下 3 の台, の心, の灯 2 のやう, の光, の影, はくらいかあかるい, を持っ, を点け, を点す

1 [68件] から出る, から眼, が二つ, が微, が暗く, が点い, が細く, が部屋, だけぐらぐら, と共に消えた, と箪笥, に照, に照らされた, に照らし, のかさ, のみである, の両側, の傍, の催促, の光り, の力, の暗い, の油, の淡い, の火屋, の無礼, の熱, の穂, の笠, の蓋, の鈍い, はいつも, はどこ, はひっくりかえる, は例, は心, は暗い, も明るかっ, やらさまざま, をここ, をさげ, をつけ, をひっくりかえしったら, をもっと, をもつ, をようやくふっと, を傍, を卓子, を取っ, を取りだし, を取り上げた, を君, を執る, を左, を手, を明く, を明るく, を点, を点けさした, を点し, を点火, を用, を用い, を翳した, を肩, を運ぶ, を頭, 若しくは電気灯

▼ 洋~ (86, 3.4%)

35 の上 7 の前 4 の所, の角 3 の下 2 がある, の周圍, の引出, の縁, を隔て

1 [23件] があつ, が一脚, だとは, と色, と薬瓶, に遮らるる, の一脚, の傍, の向側, の周囲, の片端, の眞近, は唐机, は堅い, は大きな, まで戻っ, まで来, もあり, もことごとく, も小さな, やら絨氈, を唐机, を遠

▼ 洋~ (53, 2.1%)

3 越えて 2 すぎて, 経て, 經て, 迂廻して

1 [42件] つなぐ縁, ひと夏, まへに, わが植民地, シベリアの, 乗り切るという, 何回か, 侵す意志, 全速力で, 南へ, 去る遠から, 叙するの, 外に, 廻れば, 払拭し, 挟んで, 擁し云々, 東から, 横切り支那海, 横断し, 横断した, 横断する, 渡つての, 百年間も, 知らなかった時, 經マライ半島を, 航し, 航海し, 衣に, 見はらす巨, 距てた, 距てて, 通ずるには, 通って, 通りか, 通るの, 通過し, 進攻できる, 進航し, 間に, 隈なく, 隔てた遙

▼ 洋~ (45, 1.8%)

3 の上 2 が爆沈, にのっ, の爆沈事件

1 [36件] がやられた, がスコタラ沖, が艫, で, でこの, で日本, とともに太平洋, にいた, に乗り込み, に危機, に室, に帆村, に船室, のこと, のマスト, の一等船客, の中, の無電室, の爆沈原因, の生まれかわり, の第, の船室, の船腹, の荷物炭, の遭難, の針路, はぐんぐん, はそれから, はもう, は三回, は爆沈, は直ちに, よ, より無線電信, を解約, 以来ずっと

▼ 洋~ (42, 1.7%)

2 のよう, を何匹

1 [38件] がそこら, がのそのそ, が一匹, が出, が四つ肢, が居りまし, が御, が此方, が鎖, が首, じゃあなく, じゃねえ, で, でさえ骨一つ, ですよ, となれ, と戯れ, と支那美人, などなら, に啖, の仕業, の口, の名前, の妾, の菓子, は吠える, は貴様たち, も澤山, やあま, や三毛猫, をむごたらしく, をカメ, を合, を呼ぶ, を殺した, を殺られた, を綺麗, を飼っ

▼ 洋~ (37, 1.5%)

2 出でて

1 [35件] あらはれた, あらはれた異, かかる, さしかかる頃, しても, 中央アジアに, 亘りて, 候, 入った, 入りマダガスカル, 出て, 出れば, 向いた方, 向つたといふ, 彷徨い出たの, 抜けて, 掛つたが, 敗れては, 於ける政治, 比すれば, 派遣した, 浮ぶ満艦飾, 浮ぶ滿艦飾, 特産の, 猿轡か, 疲れを, 負けたので, 輻輳する, 近い冷涼, 迫らんと, 進航つてからも, 面した島々, 面した浜, 面し後, 面す

▼ 洋~ (34, 1.3%)

2 の所謂, の記録

1 [30件] が, がこれ, が採りし, が濁った, が百圓宛, であらう, という洋人, には能, に勝る, のテーブル, のホテル, の乗客, の僞造, の其の, の家屋, の持ち来った, の移, の色, の衣服, の諺, の間, の食料, は今日, は夜中, は鼻汁, もやどり, を指した, を聘し, を除い, 果たして来遊

▼ 洋~ (34, 1.3%)

4 の連中 2 の諸

1 [28件] が板垣, が総出, が腕力, で一口, というもの, となる, と別行動, と愛国社, に伝わった, のこうした, の一派, の乱暴者, の事業, の二階, の前身, の力, の団中, の壮士, の小使, の旧式, の梁山泊連, の面, は潰れ, へは現金, を尊敬, を提げ, を離脱, を飛出し

▼ 洋~ (32, 1.3%)

2 にふんぞりかえっ, の群

1 [28件] からおりた, からおろされた, が二台, が全速力, が刑場, だって俺等, でものの, で十王殿, とすれちがい, に乗った, に磨きすまされた, のあと押し, の上, の出, の前後左右, の梶棒, の泥, はこの, はぽ, は塵埃, は歩く, もその, や馬車, を, をとめる, を呼ぶ, を呼べ, を走らし

▼ 洋封筒~ (27, 1.1%)

4 の中 3 を取出し 2 の金

1 [18件] が落ち, と自分, に包まれた, へ吉岡, をちらりと, をとりだした, を前日, を取っ, を取り出した, を取出さなけれ, を差出した, を帯, を懐, を手, を投げ込ん, を押し戴いた, を敏子さん, を私

▼ 洋~ (26, 1.0%)

2 が被害者

1 [24件] があった, がどういう, が載っ, という痴面, とき, とは異なり, と云った, に, のこと, のみしかダンネベルグ夫人, のみに手, のみを取った, の中, の出現, の授受, の汁, は全部二つ, も皿, をお, を取る, を口, を召し上る, を嚥, を食べた

▼ 洋~ (26, 1.0%)

4 の女 2 をした

1 [20件] した坊ちやん, した若い, した體格, であつ, である, でがつ, で南洋風俗, で肩, で舞踏場, なんぞをせず, にハイ, のひと, の一婦人來, の二人連, の娘, の日本婦人, の若き, の身, は女, をする

▼ 洋~ (23, 0.9%)

1 [23件] いつまでも, もういつか立上り, よく人, 一分時ならずし, 一瞬言ひ, 両国の, 二大国に, 人の, 別として, 又らくだそう, 大抵毎日, 大西洋か, 妙に, 幾干, 彼を, 暫く考へ, 果ても, 毎日梅雨の, 永遠に, 海外から, 湿気と, 立ち騒ぐ, 餌を

▼ 洋~ (22, 0.9%)

2 死んで, 非業の, 風邪を

1 [16件] かえると, すてて, 北西通路突破の, 名高い大, 延びてるから, 得た豪興, 思い出して, 死んだ, 死んだ日本人, 測量の, 焼けて, 眺めた南十字星, 荒れる波, 著名の, 蒸し返した時, 高浜虚子氏は

▼ 洋~ (16, 0.6%)

3 の孤島

1 [13件] から運ばれた, であつ, で小, にあり, にある, にシェシャ蛇, に二人, のごとき, の一孤島, の作, の或, の風光, をお

▼ 洋罫紙~ (16, 0.6%)

1 [16件] が一枚, が十枚, で輪廓, にペン, に亂暴, に何, に向っ, に数字, に細字, のノート, の帖, の綴じた, へ赤, を室, を紅い, を赤い

▼ 洋ちやん~ (14, 0.6%)

1 [14件] が可哀想, が心細い, が泣いてるだらう, が飛び下りる, とつて, と二人, と湯ヶ原, にもつ, に対してといふよりはむしろ, の荷物, の顔, はみかん, は何, は案外

▼ 洋~ (14, 0.6%)

2 を挙げ

1 [12件] が五箇, が載, が載っ, だの, だの金, と酒壜, になみなみと, に手, に水, の水, は伊太利, を手

▼ 洋~ (13, 0.5%)

2 を把, を逆手, を閃かし 1 と小刀, のよう, を以て其の, を手早く, を揮っ, を逆, を重蔵

▼ 洋學年表~ (13, 0.5%)

2 では

1 [11件] でいふ, では嘉永元年, では文政五年物故蘭學者, では片, にしろ, による, に從つて, に誌, の著者如電, も萬延元年, 元祿十年

▼ 洋~ (12, 0.5%)

2 紅海の 1 いうたり, いえば, であります, アラビアとを, インド洋を, 名づけられて, 懇意に, 有明沖には, 義三郎氏とは, 銅貨との

▼ 洋医方~ (12, 0.5%)

2 に対する態度, を排した 1 に従, の前, の能, の行, の診断学, は信じ, は終局, を知らざる

▼ 洋~ (12, 0.5%)

3 の傳統 2 をやる 1 とに精通, と近代活字, に志し, に貢獻, の教師高橋新吉, の道, はその

▼ 洋~ (12, 0.5%)

3 を置い 2 を放り出した 1 がころころ, や万年筆, を取り上げた, を執っ, を持った, を走らす, を走らせ

▼ 洋~ (10, 0.4%)

1 この村, そんなに慾ばり, どう答, もうズット前, もう来, 元気を, 惚れ込んで, 泣いて, 西には, 見える

▼ 洋~ (10, 0.4%)

2 を取り寄せた, を姉, を嫂 1 に入れた, をお, を二つ, を干し

▼ 洋先生~ (9, 0.4%)

1 が彼, といえ, と彼, は人泣かせ棒, は余程, は眼, は追い, もようやく, も初め

▼ 洋~ (9, 0.4%)

1 が一年近くラッサ, と密約, に心, の一隊, の血, の調練, の靴, は王陵, は船

▼ 洋服す~ (9, 0.4%)

2 がたが, がたの 1 がたと, がたに, がたは, がたも, がたを

▼ 洋活字~ (9, 0.4%)

1 がインデル・モウル, が澤山, の一方, の再, の流し込み, の混合度合, はまがりなりにも比較的, は既に, も補給

▼ 洋畫家~ (9, 0.4%)

1 たる大野, であ, である葉藏, と對座, にし, に觀念, はれい, は在宅, を訪れる

▼ 洋~ (8, 0.3%)

1 さしかかっても, 入ったが, 入ったらいう約束, 抛り込んだ, 拔けた, 水葬に, 躍込んだ一方, 遠征し

▼ 洋~ (8, 0.3%)

1 が何, に仕込ん, の背, の音, の類, を刺された, を向け, を鞭

▼ 洋~ (8, 0.3%)

1 に依, に對, に狂奔, の影響, の方, や日本畫, を勉強, を見

▼ 洋~ (7, 0.3%)

2 とかの話, にはヒマラヤ 1 にあった, に飛び, のポイントバロー

▼ 洋~ (7, 0.3%)

1 に大, に趣, の潮, の諸, は終に, をなす, を越え

▼ 洋から~ (6, 0.2%)

1 こっちの, セイロンボンベイへの, 千島列島を, 東支那海を, 東洋の, 軍艦を

▼ 洋學者たち~ (6, 0.2%)

1 がはじめて, だつた, と同じく, のそれ, はただ, は最初

▼ 洋~ (6, 0.2%)

1 の六割, の骨董屋, は全く, は当時東京, を仕込む, を買った

▼ 洋物店~ (6, 0.2%)

1 の硝子, の硝子窓, より我が, を神田美土代町, を見つけ, を開く

▼ 洋~ (6, 0.2%)

2 の本 1 で一度, の厚い, の帳面, の書籍

▼ 洋~ (6, 0.2%)

2 を外し 1 が寒かっ, のかわり, をはずし, を濡らした

▼ 洋~ (5, 0.2%)

1 あり大西洋, また杉田門, ズツト南方に, 今朝着いたさうだ, 寒山寺の

▼ 洋~ (5, 0.2%)

1 アラビヤ砂漠を, 南氷洋に, 太平洋の, 文天祥の, 紅海あたりの

▼ 洋學者~ (5, 0.2%)

1 があらはれ, だつた, の行衞, はその, を一緒

▼ 洋~ (5, 0.2%)

1 に手足, の, のレコード, の曲, よりも邦樂

▼ 洋物屋~ (5, 0.2%)

2 の旦那様 1 が有った, だか, の主人

▼ 洋丸事件~ (4, 0.2%)

1 ということば, ときい, のそもそも, の当時

▼ 洋~ (4, 0.2%)

1 に就かずし, の薬, の軍門, は経験

▼ 洋~ (4, 0.2%)

1 が読めない, で書いた, の部分, を用い

▼ 洋~ (4, 0.2%)

2 の上 1 と椅子, を囲ん

▼ 洋~ (4, 0.2%)

1 でやれ, によらん, に取るべき, を用い

▼ 洋~ (4, 0.2%)

1 などまで並べ, にエクレア, のカナリア, や匙

▼ 洋社代表~ (4, 0.2%)

1 が二人, の貫禄, は迷わなく, も腹

▼ 洋~ (4, 0.2%)

1 の棚, を繙き, ノ結構, ヲ不

▼ 洋たる~ (3, 0.1%)

2 大洞ふたりの 1 蒼海の

▼ 洋~ (3, 0.1%)

1 に集めた, へ向けた, へ挙げた

▼ 洋戦艦~ (3, 0.1%)

1 でおそらくは, といふやつ, に集中

▼ 洋文字~ (3, 0.1%)

1 のこみいつた, のノンブル, 四角い漢字

▼ 洋料理~ (3, 0.1%)

1 にでも伴, へ案内, 食う時

▼ 洋~ (3, 0.1%)

1 に遷, の岐, を取らざるべからざる

▼ 洋方医~ (3, 0.1%)

1 である, に託せむこ, の病理解剖

▼ 洋燈台~ (3, 0.1%)

1 であったが, になる, の注文

▼ 洋社精神~ (3, 0.1%)

1 なぞいう, の精髄, は今日

▼ 洋筆軸~ (3, 0.1%)

1 は父, をぽとりと, を転がし

▼ 洋~ (3, 0.1%)

1 に書い, に米つぶ, の文字

▼ 洋~ (3, 0.1%)

1 と華やかさ, を帶びたところがある, を遠

▼ 洋~ (3, 0.1%)

3 にも優りたる

▼ 洋あたり~ (2, 0.1%)

1 の無聊, を航海

▼ 洋~ (2, 0.1%)

1 とうふ, んすの

▼ 洋ちや~ (2, 0.1%)

1 んトンネルん中, ん何だか

▼ 洋である~ (2, 0.1%)

2 から仕方

▼ 洋では~ (2, 0.1%)

1 是等の, 長い日

▼ 洋でも~ (2, 0.1%)

1 動く筈, 横断する

▼ 洋とて~ (2, 0.1%)

1 千尋の, 蛮骨稜々たる

▼ 洋ふう~ (2, 0.1%)

1 の応接間, の開窓

▼ 洋丸上~ (2, 0.1%)

1 にあらわした, にしきりに

▼ 洋~ (2, 0.1%)

2 か虔

▼ 洋~ (2, 0.1%)

1 にウラニウム, の

▼ 洋~ (2, 0.1%)

1 されて, とも違う

▼ 洋卓越~ (2, 0.1%)

1 に前, に相手

▼ 洋~ (2, 0.1%)

1 の向かう, を排斥

▼ 洋場頭~ (2, 0.1%)

1 に往, へ往

▼ 洋~ (2, 0.1%)

1 の滲む, や日用品

▼ 洋夷一行~ (2, 0.1%)

1 を見, を黒船

▼ 洋学校~ (2, 0.1%)

1 がある, は人

▼ 洋學年表説~ (2, 0.1%)

1 のいづれ, の如く

▼ 洋家具~ (2, 0.1%)

1 というの, のこと

▼ 洋~ (2, 0.1%)

1 は今, もどこ

▼ 洋~ (2, 0.1%)

1 にも大きな, は航海中

▼ 洋~ (2, 0.1%)

1 と福仙, 食って

▼ 洋或は~ (2, 0.1%)

1 全く洋風, 局部に

▼ 洋文明~ (2, 0.1%)

1 の大勢, の接触

▼ 洋料理屋~ (2, 0.1%)

1 があっ, があつ

▼ 洋方面~ (2, 0.1%)

1 から侵入, に關

▼ 洋映画~ (2, 0.1%)

1 のもつ, のタイトル

▼ 洋杖洋杖~ (2, 0.1%)

1 です, と云え

▼ 洋杖蝙蝠傘~ (2, 0.1%)

1 などを買っ, をとおし

▼ 洋~ (2, 0.1%)

1 が急性肺炎, はから駄目

▼ 洋燈二つ~ (2, 0.1%)

2 の下

▼ 洋燈掃除~ (2, 0.1%)

2 をし

▼ 洋燈片手~ (2, 0.1%)

2 に花郷

▼ 洋物小売部~ (2, 0.1%)

1 であった, の店

▼ 洋物部~ (2, 0.1%)

1 の主任, の損害

▼ 洋畫界~ (2, 0.1%)

1 では最も, に一生面

▼ 洋瞿麦~ (2, 0.1%)

1 が落ち, の事

▼ 洋~ (2, 0.1%)

1 と合せざる, を用

▼ 洋社一派~ (2, 0.1%)

1 とさえ相容れなく, の主義主張

▼ 洋社葬~ (2, 0.1%)

1 にしたい, をし

▼ 洋社連~ (2, 0.1%)

1 が大院君, の四百億円

▼ 洋社長~ (2, 0.1%)

1 の進藤喜平太氏, をやっとる

▼ 洋~ (2, 0.1%)

1 のお, の医者

▼ 洋箪笥~ (2, 0.1%)

1 と化粧台, を少し

▼ 洋~ (2, 0.1%)

1 で切れ, を放り出し

▼ 洋~ (2, 0.1%)

1 か回天, の修理

▼ 洋袴下~ (2, 0.1%)

1 さえ穿い, は穿い

▼ 洋~ (2, 0.1%)

2 も足袋

▼ 洋~ (2, 0.1%)

1 に乗り, は左

▼ 洋~ (2, 0.1%)

1 だの原油, にまとめ

▼1* [210件]

および地中海を, 洋どこかで, 洋からの苗木を, 洋ふもわ, 洋さえ越せば, 洋その他の諸君, 洋その他世界中に大, 洋ちゃんちょいと, 洋奴が, 洋というのは, 洋といふ詩の, 洋といふか要するにあ, 洋とは海外から, 洋ともに見る, 洋まなどを, 洋なぞの事が, 洋において難船に, 洋または大阪灣と, 洋まで行ったら無線電信, 洋ものの活動写真, 洋より岸に, 洋ニ問フテ曰ク我君ニ事フルコト三年技進マズ其ノ故, 洋ペルシア灣を經, 洋ホテルでお, 洋ホテル伊勢崎町と書い, 洋マルセイユが蘇っ, 洋モクをくゆらし, 洋モク洋酒その他を買い, 洋モスの着物, 洋ヨク三承気, 洋一座の奇術, 洋三学の得失, 洋中ニ於テ我国人ヲ捕, 洋中マルダイブ群島から數千里南方, 洋中気似秋, 洋中遥かな島, 洋中雨後の光線, 洋中風浪暴くして, 洋中風色日加新今朝船入彼南港緑葉紅花冬似春, 洋丸から命からがらのがれた, 洋亞剌比亞海の制海權, 洋人さんは五両, 洋人某曾つて余と, 洋人男女とその他, 洋人赤套の英国士官, 洋人輩や軽薄, 洋人銀の肉叉, 洋人馬来人印度人に対して辣腕, 洋以外に一人, 洋先生位じゃ, 洋其不屆な小, 洋典科は藩地, 洋典科医療科算数科という, 洋典緒方秀雄両君のたびたび, 洋を横縦, 洋写真の像, 洋の音, 洋化時代があった, 洋から南, 洋医三沢玄間があつ, 洋医可心掛之命有, 洋医平賀杏里殿がこういう, 洋医方そのものをも排した, 洋和である, 洋半紙に鉛筆, 洋南洋支那海に來往, 洋南海支那海の水上交通, 洋及び南太平洋において, 洋商事会社はもともと, 洋墨色の雲, 洋を代る代る, 洋の文学技芸, 洋大西洋上に出動, 洋太平洋の南端, 洋夷事件が起った, 洋夷侵入はわかっ, 洋娼等は頻りに, 洋婦人がこの, 洋字漢字假名の混淆, 洋学術研究所所属の科学者数名, 洋學傳統の研究家, 洋學先生の教, 洋學年表享保元年の項, 洋學年表安政元年の項, 洋學年表文政八年の項, 洋學者連に高, 洋學開始以來單に西洋, 洋定食のま, 洋客百三四十圓邦人百圓内外の相場, 洋家具売場附属倉庫内で睡眠, 洋家具屋支那街の焼豚屋, 洋家具店のもの, 洋家具部倉庫の扉締り, 洋を出し, 洋より發程, 洋州刺史となつ, 洋廻りで東京, 洋でなく和彩, 洋をもっ, 洋戦隊にとりまかれ, 洋折衷に無, 洋数字を書い, 洋數字の不, 洋文字活字をもつ, 洋新報社朝刊切抜抜萃再録, 洋方面のを西洋, 洋有明海等幾多の区分, 洋の三角, 洋杖奥様持ちて, 洋杖灯を点じ, 洋杖蝙蝠傘藤いろ革, 洋杖蝙蝠傘麦藁帽などがかなり, 洋杖護謨靴という才子肌, 洋杯全体が嵌る, 洋として天, 洋毛皮業は向ふみ, 洋波上を亘る, 洋活字嘉平のそれ, 洋活字長崎の活字板摺立所, 洋海川河ハ其渡渉ヲ厭ハズ, 洋涛万里を破る, 洋といふ湖, 洋漁業会社の要求, 洋を全面, 洋を点じ, 洋灯部屋の方, 洋燈さんわたしあなたに, 洋燈三ツ四ツ薄暗き明, 洋燈台下暗しで, 洋燈掃除惣菜の買出し, 洋燈棚へついと, 洋燈空瓶古バケツ, 洋燈講談物の古本, 洋を飼え, 洋物土屋という弁士, 洋物小間物飲食物器具等またしかり, 洋物店呉服屋の店, 洋物流行新学, 洋物産で飴色, 洋物百貨店とマカン・マアカア, 洋物輸入熱の名残り, 洋物雑貨が塵溜, 洋畫壇の猪熊弦一郎氏夫妻, 洋畫日本畫家にわたつ, 洋皮紙に, 洋盃二三杯で跡形, 洋盃様のもの, 洋であつ, 洋睡蓮パピルスなどを養い, 洋社一流の真, 洋社員は筆者, 洋社壮士連の大, 洋社式がつながっ, 洋社張りの酒豪, 洋社流にも共鳴, 洋社魂みたいなもの, 洋であったが, 洋の声, 洋一の, 洋筆先で粗末, 洋の難所, 洋箋二枚くらいの短篇, 洋箪笥登山靴ピッケルそれから大切, 洋粉砂糖等の主, 洋絵勉強の娘さん, 洋綉球ともいっ, 洋繍球ともあるいは, 洋罫紙一杯につい, 洋罫紙五六枚にこまごま, 洋羅紗の半, 洋を出し, 洋聯合艦隊司令官ヤーネル提督は電話機, 洋胯下や靴下, 洋が錆, 洋にて三十里, 洋航海をする, 洋航海中に撮影, 洋航空母艦隊は逸早く, 洋が日本, 洋花以外のまだ, 洋菜屋の世話, 洋菜屋さんもこんな, 洋の漢薬, 洋袴いずれも釣しんぼう, 洋袴ポケット上衣伯爵は身体, 洋袴服をつけ, 洋裝和服を問はず, 洋裝太鼓や三味線, 洋裝婦人連の素姓, 洋複雑なるは, 洋を読ん, 洋典を, 洋が出, 洋越ゆと六騎, 洋趣味もそこ, 洋踏破は正, 洋絶巓, 洋通過で英国, 洋も大, 洋の洋燈一つ, 洋をつかっ, 洋だのメス, 洋猿は, 洋に至, 洋革紙を貼り附け, 洋食いや西洋料理, 洋髮美人の等身大, 洋を殺せ, 洋鵝さんの小説, 洋の蕃拉布