青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「泰~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

泥~ 泥棒~ 注い~ 注射~ ~注意 注意~ ~注文 注文~ ~注目 注目~
泰~
泳い~ 洋~ ~洋服 洋服~ ~洗 洗~ ~洗っ 洗っ~ 洗濯~ 洞~

「泰~」 1666, 17ppm, 6605位

▼ 泰~ (454, 27.3%)

15 と栄三郎 7 の声 64 とチョビ安, のうしろ, の眼, の言葉 3 の手, はお, は平然と, を見た, を見やった

2 [17件] がこの, てえ, とお, のいる, のかげ, のため, の姿, の笑い声, の顔, はすぐ, はまた, はやにわに, は何ごと, は忠相, は気, は泰軒, をみつめ

1 [361件] ううむ, うなりだした, おくればせながら左膳, お蓮様, かように, から預かっ, か月輪団, が, があけ, があぶない, がいう, がいった, がお神酒, がき, がこう, がこんな, がそば, がつづける, がとうとう, がとぐろ, がひさしぶり, がひそか, がまくら, がよろしく, がズルズルベッタリ, が一喝, が主, が仔細, が作阿弥, が前後, が口, が同時に, が味噌, が問い返す, が図星, が塀, が声, が多勢, が大, が大声, が大岡様, が娘, が寄寓, が対座, が左膳, が帯, が引き受けた, が思い出した, が悪い, が承知, が栄三郎, が橋, が眼, が私交, が突, が突如, が突然, が立ち去った, が笑う, が背, が腰, が船, が船宿, が艪, が苦笑, が見た, が言う, が評した, が起ちあがる, が連れ, が遅かっ, が鈴川, こうしてないしょ, さっそく庭, じゃ, そのかげ, その海草, たちまち四, たとえ一時, だ, だが, だけは一人ぽっち, だけを呼び戻しいそぎ, だった, だってこけ, ついに壁, てエ親爺, であった, である来る, であろうそこ, です, でとうとう, ではない, でまた, というたいへん, という乞食先生, という快, という思わぬ, という苦しい, という鬼, といえ, といずれ, といっしょ, とか申す, とがいあわせ, とがぶらりぶらりと, とが妙, とし, として, としては, としても思いがけない, とつれ, とともに栄三郎, とともに苦境, とともに露地, とのあいだ, との親交, とはそも, とは初対面, ともにあんどん, ともはからい, とも別れ, とやら申す, とチョビ安兄哥, と作阿弥, と忠相, と月輪軍, と栄三郎期, と申す, どの何やかや, にあと, にすべて, につづい, にとっては朝めし, にはこんど, には一太刀, には茶, にまかせ, にやれ, にわかに上半身, にスッカリ, に会っ, に出会, に取り戻された, に墜下, に守られ, に押し並ん, に用, に目礼, に絶大, に茶, に言われた, に話し, に迫った, に追われる, に頼まれた, のあ, のあいだ, のいう, のうわさ, のこころ, のことば, のだみ声, のにおい, のひ, のひたい, のほか, のぼろ姿, のまえ, の中間, の丸太ん棒, の乞食ぶり, の使い, の先ぶれ, の凝視, の出現, の刀鋩, の剛刀, の右, の噂, の大き, の大声, の尖, の影, の性格学識, の指す, の救い, の方, の気合い, の消息, の用件, の留守, の皎刃, の直前, の矢文, の秀剣, の窮状, の笑い顔, の耳, の職業, の肩, の胸元, の舟板, の船, の袂, の言った, の足もと, の身, の風体, はいい, はいかなる, はいかに, はいささか, はいったい, はいつ, はいつも, はいまさら, はいま白, はうう, はうごかない, はうまく, はおぼえ, はぐっと, はこうして, はこの, はこれ, はしずか, はすぐさま, はすこしも, はすまし, はすわった, はその, はそれ, はただ, はだしぬけ, はちら, はついと, はつづける, はとぼけた, はどこ, はなおも, はにっこり, ははや, はひたすら, はひとり, はぴたッ, はまくらもと, はむこう, はむり, はやおら, はわざと, はキチン, はキッ, はグッ, はチョビ安, はトンガリ長屋, はニコニコ, は一声なか, は一時京師鷹司殿, は一歩, は与吉, は低頭, は何, は例, は切実, は動かない, は半眼, は同時に, は含み笑い, は哄笑一番, は困った, は壺, は大岡さま, は家中, は屋敷, は岸, は左右, は平気, は彼女, は微笑, は徳利, は手枕, は日, は栄三郎, は歩調, は毎日, は無言, は燃え狂う, は瓦町, は盤, は盤面, は瞬間, は知っ, は知らん顔, は突如, は答えない, は血筆帳, は言葉, は説諭放免, は貧乏徳利, は足, は軽く, は首すじ, は髯, ばかりで, ふとあがり, へ, へすばやい, へのよしみ, へ伝え, へ向い, へ向きなおっ, へ向ける, へ届かないらしく, へ白刃, へ目, へ追いついた, めがけて, もうっとり, もそれ, もまた, もチョビ安, も乗りだす, も栄三郎, も白, も聞いた, も話そう, やにわに大声, やはり貧乏徳利, をうながし, をお, をおい, をとりまく, をのん, をひきだし, をまじえ, をめざし, をも忘れ, をも目標, を先生, を千代田, を呼び, を囲ん, を店, を愚楽, を捨て, を望ん, を見すえた, を訊問, を訪れる, を踏み潰し, を顧みた, を高く, 伸び上がり闇, 暗いなか, 来た時, 深くみずから, 突如戸口, 節くれだった腕, 考えこんで, 黙然と二間

▼ 泰軒先生~ (118, 7.1%)

2 だ, とチョビ安, のよう, は, も

1 [108件] あっての, いつしかほんとにねむっ, うす眼, おちつきはらったもの, お美夜ちゃん, がいま眼, がこわい, がさき, がヌッ, が一つ腰, が一升徳利, が一日じゅう蒲団, が各, が来あわせ, が無言, が眉, が箒, が見まわす, が言いやした, が近づく, このとおり, このとんがり, じゃない, であった, と, との友達づきあい, とは知らない, と栄三郎, なの, におす, にお金, につぐ, にはつきもの, に今夜, に助太刀, に叱られた, に引き取られ, に斬りつけ, に申しあげ, に置い, に連れられ, のあと, のお, のおかげ, のかくし芸, のこと, のところ, のまえ, の一升徳利, の一声, の丸太ン棒, の人気, の便利, の口まね, の哄笑, の問い, の大声, の姿, の家, の徳風, の意外, の手, の腰, の言いつけだし, の鬚面, はあいかわらず, はいまだに, はおれたち, はこの, はこれ, はしっかと, はすでに, はどう, はどんなに, はガブガブ酒, はニッコリ, は丸太, は大きな, は委細御存じ, は振りむき, は星, は栄三郎, は根, は江戸, は笑い声, は腕っ節, へ向かっ, までが今夜, までこれ, もここ, もちょっと, もついに, も手, も神輿, やにわに寝, わっし, をうながし, をたくみ, を助けろ, を呼ん, を思い出し, を見つけた, を見やった, ケロリと, 実は自, 思い出しては, 濁み, 自源流

▼ 泰~ (111, 6.7%)

2 なり, の後, は, は医師, は心, は振返り, は旅店, 屹と

1 [95件] あり今夜, が一期, が尋ね, が幕, が彼, が怪しき, が悪, が捨てた, が日蔽, が東京, が片, が腕, が言った, が魂消る, さえこの, であ, という, という人, という当時屈指, と云, と原子爆弾, と同じ, と顔, などて見, なれば, に向っ, に對, に尾, に恨, に眼, の入りたる, の命令, の姿, の座敷, の手, の手代, の来れる, の死骸, の潜みたる, の袂, の面前, の顔, はことし五十歳, ははったと, はほぼ, はほろり, はまず, はやや, はよく, は一人, は下枝, は乗出し, は亭主, は付近, は呼吸, は壁, は奥, は寸鉄, は帳場, は幕, は庭, は忍びやか, は思い当る, は急ぎ, は昼, は曲者, は死骸, は深切, は潜, は目, は耳, は自宅, は莞爾, は表門, は見る, は近く, は近隣, は難無く, は雨戸, もと胸, も今, も度, も涙ぐみぬ, も続い, も驚き, をし, を引摺り出し, を見る, を見返り, を迎え, を遠目, 声をも, 奴が, 疾駆し, 蒼くなり

▼ 泰~ (111, 6.7%)

3 の祈祷, は自分 2 の使い, の眉, はかさね, はさらに, はまだ, はもともと

1 [93件] いまだその, かねて, から始められた, がおととい, がかの, がきょう, が一生, が今度, が半日, が泣き言, が白昼, が秘蔵弟子, が見透した, が願意, じゃ, だけは無事, である, としてはさも, にもその, にもそれほど, に取っ, に救われた, に祈り伏せられ, のため, のほか, の一, の一字, の不覚, の優し, の前, の名, の命, の姿, の存ずる, の居間, の意見, の敗北, の法, の無事, の眼識, の群れ, の観る, の訴え, の門, の顔, は, はあわれむ, はいう, はうなずいた, はかさねて, はこの, はさき, はじっと, はすぐ, はその, はそれ, はともかく, はなにやら, はよい, は一段と, は万人, は低い, は力強い, は叔父夫婦, は四人, は壇, は外, は妖魔, は幾らか, は彼, は彼女, は忽ち, は意味, は日ごろ, は激しく, は灼けた, は申し上げた, は白い, は眼, は立ち停まっ, は笑まし, は言った, は跳, は陰った, は頭, もいこう, もこれ, もよみがえった, も四人, も席, を卑怯, を召し, 自身で

▼ 泰さん~ (106, 6.4%)

5 の所, の顔 4 の声, は 3 と新蔵, の家, の計画 2 と云う, の店, はさらに, はその, は蛇の目

1 [69件] から電話, が, がまだ, がわざと, が何気なく, が気がつく, が水, が顔, さえいよいよ, とお, との約束, と一しょ, と母親, にもこの, に代っ, に別れる, に尋ねられた, に御礼, に渡しました, に話し, の云う, の傍, の巧, の慌てる, の方, の用心, の袂, の言葉, の電話, の饒舌, はいろいろ, はこれ, はちょい, はやはり, は一向, は三度びっくり, は何, は勇気, は反っ, は場所, は始新蔵, は娘, は存外, は実際まだ, は左右, は得意, は怒鳴りつけ, は急, は急ぎ足, は新蔵, は昨日, は熱心, は男, は笑い, は苦笑, は落着き払っ, は遅れ, は面憎い, へ電話, もしまいに, もその, もその後, もただ, もほか, もやはり, もやむを得ず, も満足そう, も皆涙, を前

▼ 泰~ (49, 2.9%)

2 ふたりが, 巓を, 軍は

1 [43件] おふた方, それだった, ために, は珍, ふたりなどは, ふたりには, ふたり小姓組では, ほうへ, 一命は, 一軍と, 一陣さえ, 二将が, 二将を, 余党検挙が, 傷を, 兄弟は, 兄弟も, 兄弟横山辰弥等が, 全般の, 兵を, 前に, 力持を, 功を, 加勢が, 和琴また, 子であり, 宅趾と, 室を, 引渡しだった, 弟周平の, 手に, 手勢が, 東軒筆録に, 死から, 瘡は, 背を, 舟へ, 諸王の, 軍勢にも, 輩より, 連れて, 遊軍二万は, 部隊が

▼ 泰~ (47, 2.8%)

2 禁令違反の

1 [45件] かえって怒った, ぎょっとし, ここに, これに, すぐ走っ, その中, にやにやした, ふたたび戻っ, 一応この, 云った, 俄に, 兵庫から, 刀を, 刺絡の, 半町ほど, 去った, 吉野攻めの, 和泉へ, 喰って, 大勢の, 天王寺塔の, 帰って, 平素江原印刷所に, 廻って, 想像以上ひどい, 憤然として, 敵の, 気づかわしげ, 江南の, 法成寺址を, 病都督の, 眉を, 矢杉の, 石見へ, 確信を, 私にとっては, 第二陣, 答えて, 自己の, 舷の, 衣葛翁と, 訊いた, 銀行づとめの愚痴を, 高野山へ, 鷺坂

▼ 泰~ (24, 1.4%)

2 の先例, の旧

1 [20件] がほろびる, が殺された, が背き, と四代, に不利, の二の舞, の代, の方, の遺臣大河次郎重任, の郎従由利八郎, の首級, はむしろ, は北海道, は源家累代, は累代, は鎌倉, を亡ぼす, を討伐, 空く以, 非指朝敵

▼ 泰軒居士~ (22, 1.3%)

1 [22件] いきなり腰, がじっと, がドッカ, であった, でした, とこの, の二人, の前, の言葉, はいつ, はそれ, はポカン, はムンズ, は口, は寝, は悠々閑々, は身動き, へ交互, ほんとに愚楽老人, もついぞ, も一刻, を取りまい

▼ 泰~ (16, 1.0%)

1 [16件] これへ, すこしすすん, すすんで, それに, それを, なお苦言, ふいに, また船, みえるだけ, 地だ, 声に, 常住し, 急遽加勢, 憂えると, 無断で, 軍中に

▼ 泰~ (16, 1.0%)

1 [16件] この日, さすが心, その中, それに, またいま, また一笑, よほど人目, 口を, 唸く, 油断せず, 瀬田の, 生きて, 疲れきッ, 盧植も, 足利勢すべてこの, 馬には

▼ 泰ちゃん~ (15, 0.9%)

1 [15件] しっかりおし, じゃない, たっしゃか, たら, と遊ん, どうしてこんなにおそく, に何, のお, のこと, の云う, の画, はどう, もお, も気, も皆

▼ 泰~ (15, 0.9%)

2 であった

1 [13件] から聴い, が力強く, が親切, と一緒, と同じ, に誓っ, はすぐ, はもう, は早く, は残念そう, は眼, は蒼ざめた唇, も声

▼ 泰松寺~ (14, 0.8%)

4 の老師 1 から家, でお, にある, にまた, の仏弟子, の山門, は寺格, へしげ, へ出かけ, へ出頭

▼ 泰~ (13, 0.8%)

1 [13件] が宇治攻め, が貞永式目, が障子, に, の反対, の善政, の善政時代, の帰依, の故智, は勿論, は明惠上人, より六波羅探題, を射さしめ

▼ 泰~ (12, 0.7%)

1 [12件] いろいろ導い, つけて, のこしその, 二大将と, 先鋒に, 切になだめた, 始めとして, 旗本頭と, 池田隊へ, 療治した, 総帥と, 負うて

▼ 泰軒栄三郎~ (12, 0.7%)

1 [12件] いわず語らずの, がお, がこの, が力抜け, と腹, にささやい, のあいだ, の出, の身辺, をつけ, を促し, を顧みた

▼ 泰勝寺~ (11, 0.7%)

1 [11件] と春山和尚, にやっ, に位, の二世, の山号, の若い, の裏山, を訪れた, を開い, 第一世大淵和尚, 第二世

▼ 泰~ (11, 0.7%)

1 [11件] と合戦, にはその, に迫っ, の所領, はきかなかった, はまだ, は右近, は奥州, は死ぬ, は眸, をあげ

▼ 泰時さま~ (11, 0.7%)

2 はその 1 が御, が本, に背負, のあの, の御, はあの, はただちに, をお, 御草創

▼ 泰軒小父ちゃん~ (11, 0.7%)

2 とチョビ安兄ちゃん 1 すぐ発足, であろう, とあの, にお願い, に言いつかっ, のお, の一升徳利, の待っ, もいっしょ

▼ 泰~ (9, 0.5%)

1 あたえそれ, ござります, 万代の, 会い仔細, 兵一万余を, 出かけるぞと, 命じて, 対抗し, 連れられて

▼ 泰安州~ (9, 0.5%)

3 の岳廟 1 は東岳泰山, へ乗り込もう, へ帰る, へ行く, へ行っちまった, へ行ってる

▼ 泰~ (9, 0.5%)

1 が七三郎, が主張, が唸り出した, が赫, であった, という者, といつた, の夜目, も七三郎

▼ 泰~ (8, 0.5%)

1 きては, して, なると, 歸妹との, 称したらしい, 良円とが, 良円とは, 話の

▼ 泰勝院~ (8, 0.5%)

1 での馬場筋, というの, にて荼, の門内, は前, は細川家代々, へ, へお

▼ 泰伯篇~ (7, 0.4%)

1 と堯曰篇, になる, に五章, の一章, の中, の分, を排除

▼ 泰~ (6, 0.4%)

2 の子 1 である, と利右衞門, の下, の嫡子

▼ 泰~ (6, 0.4%)

1 がたずねた, である, はその, はむろん, は下男相手, は何

▼ 泰~ (6, 0.4%)

1 に引き取られた, に於ける, の住職, の安田作兵衛, の日道, の明導

▼ 泰~ (6, 0.4%)

1 が白山, によって開かれた, に関係, の巌間寺, はこの, や臥行者

▼ 泰~ (5, 0.3%)

1 かさ, かに葬っ, かに解決, かに雪, が無念

▼ 泰勝院殿~ (5, 0.3%)

2 の御代, は甲冑刀剣弓鎗 1 幽斎藤孝公

▼ 泰安さん~ (5, 0.3%)

2 の頸 1 はその後発憤, はどうして, は死

▼ 泰との~ (4, 0.2%)

1 あいだには, 二人しか, 打合せだけ, 連名で

▼ 泰~ (4, 0.2%)

1 こそは至徳, に至る, の子孫, 第八

▼ 泰~ (4, 0.2%)

1 はどう, もお, もつれて, も皆

▼ 泰助君~ (4, 0.2%)

2 の作文, は生憎

▼ 泰~ (4, 0.2%)

1 と云う, は, へ迫っ, を抛棄

▼ 泰~ (4, 0.2%)

1 こういう人達, とが新進作家, と会った, の田圃

▼ 泰澄和尚~ (4, 0.2%)

1 がそう, が始め, が開いた, が養老元年

▼ 泰澄大師~ (4, 0.2%)

1 が昼飯, などは奈良, の故, の開いた

▼ 泰~ (4, 0.2%)

2 のむす 1 などの書簡, にみとめられた

▼ 泰~ (4, 0.2%)

1 です, は他人行儀, もその, も聞く

▼ 泰という~ (3, 0.2%)

1 のを, 卦に, 名前は

▼ 泰などの~ (3, 0.2%)

1 一族や, 全隊, 十三将が

▼ 泰~ (3, 0.2%)

1 花が, 花の, 華元帥は

▼ 泰仁寺~ (3, 0.2%)

1 という寺, の寺域, へ行った

▼ 泰叡山~ (3, 0.2%)

2 の方丈 1 の取扱い

▼ 泰~ (3, 0.2%)

1 の集めた, はこの, や矢代幸雄君

▼ 泰寺松山銀座~ (3, 0.2%)

3 へ七丁位

▼ 泰~ (3, 0.2%)

1 の上, の麓, へ出かけ

▼ 泰~ (3, 0.2%)

1 といえ, に何友仁, に入る

▼ 泰~ (3, 0.2%)

1 といった, と会談, の兄

▼ 泰衡征伐~ (3, 0.2%)

1 にも左翼軍, の祈祷, までには其間

▼ 泰軒何~ (3, 0.2%)

1 か珍奇, を思い出した, を思った

▼ 泰韓当~ (3, 0.2%)

1 などがわれ, などの諸, を退け

▼ 泰養寺~ (3, 0.2%)

2 の山 1 の手

▼ 泰ちやん~ (2, 0.1%)

1 の気象, は大きな

▼ 泰といふ~ (2, 0.1%)

1 人が, 年號が

▼ 泰なる~ (2, 0.1%)

1 人物を, 者が

▼ 泰~ (2, 0.1%)

1 堀秀政に, 石堂仁木などの

▼ 泰二郎氏~ (2, 0.1%)

1 に示し, の好意

▼ 泰~ (2, 0.1%)

1 二年, 二年十月

▼ 泰勝院殿御~ (2, 0.1%)

2 笑いなされ先

▼ 泰~ (2, 0.1%)

1 は世簡, は直

▼ 泰~ (2, 0.1%)

1 を掌, 啻に月鼈霄壌

▼ 泰~ (2, 0.1%)

1 のメナム河, の国境あたり

▼ 泰~ (2, 0.1%)

1 に仮託, は漢

▼ 泰安寺~ (2, 0.1%)

1 の址, を造営

▼ 泰~ (2, 0.1%)

1 帝の, 鼠児の

▼ 泰~ (2, 0.1%)

1 わがため, 飯店では

▼ 泰~ (2, 0.1%)

2 為の

▼ 泰~ (2, 0.1%)

1 という他, 常意

▼ 泰衡追討~ (2, 0.1%)

1 の, を猶予

▼ 泰親殿~ (2, 0.1%)

1 の屋敷, は気むずかしい

▼ 泰軒さん~ (2, 0.1%)

1 に頼ん, もチラホラ

▼ 泰軒どの~ (2, 0.1%)

1 が小豆飯, もひさしく

▼ 泰軒坊主~ (2, 0.1%)

1 ではない, とトンガリ長屋

▼ 泰軒碁~ (2, 0.1%)

1 のはなし, をそっちのけ

▼ 泰軒長屋~ (2, 0.1%)

1 か, とかえ

▼1* [250件]

いずれも尊氏, 泰かに人楽しみ災除かれ福, 泰からもききましたが, 泰かれと祈る, 泰におかね, 泰だけにかぎって, 泰ちゃんおまえなにをする, 泰ちゃんごはんまだな, 泰ちゃんそれじょうだんなんでしょう, 泰ちゃんほんとうにどう, 泰ちゃん泰ちゃんたら, 泰あらう, 泰ですが, 泰ではチェディと, 泰とが以前よりもずつと, 泰とて笑われ者, 泰とはこもごも彼, 泰どのには甲, 泰など老練を, 泰などがこの防戦, 泰などというのも, 泰などもみな勇躍し, 泰などを先に, 泰なんか四条畷戦後北畠軍に, 泰にたいする反感が, 泰について伺いたいこと, 泰にでもかぶれたの, 泰には一そうわけも, 泰へも先日お, 泰までが陣頭に, 泰らかさとが女神, 泰じ奉る唯一, 泰一二十九卷があつ, 泰一雜子候歳二十二卷があつ, 泰一雜子十五家方二十二卷があつ, 泰三十間堀の元春, 泰三年の昔, 泰下り松を占, 泰に成つた, 泰丸氏から手紙, 泰了泰了の子, 泰了縁家の祖, 泰二年には都, 泰二年二十九歳の時, 泰二郎君と筆記者建宮君, 泰二郎君櫻井平喜君と共に催された, 泰二騎を従える, 泰令等であつ, 泰令雨宮良通島村周庵前田安貞高井元養等, 泰以下が武庫川堤, 泰以下三千騎ほどをとりあえず, 泰伯文王の如き, 泰伯顔淵堯曰の三篇, 泰が薨御, 泰徳である, 泰元年に亡くなつ, 泰兄弟を総, 泰に立て, 泰入道等覚の門人, 泰公稲梁を積み, 泰助めが出懸ける, 泰助原子爆弾の五六ちゃん, 泰助等を見, 泰勝院徹宗玄旨の法名, 泰勝院殿以来の忠勤, 泰勝院細川幽斎公のため, 泰大居士, 泰及びその子, 泰が言葉, 泰四年の正月, 泰を廊, 泰を, 泰壱兵法とか泰一陰陽, 泰壱神農を祖宗, 泰壱雑子黄冶三十一巻という文字, 泰多くの顔, 泰の卦面, 泰もと同一, 泰始二年を以て最後, 泰始五年の木簡, 泰は子新, 泰なども付き, 泰安州東岳廟の大祭, 泰安菊庵立造玄察金左衛門洞谷理安策恒三雄之介, 泰安酒が半分, 泰安門や新建門, 泰宗時綱泰藤常意, 泰家さまの郎党, 泰家何の面目, 泰山崩るると, 泰岳巨峰の風物, 泰といふ者, 泰の渓流, 泰師重南遠江守畠山阿波守細川顕氏などは先, 泰帯刀の両, 泰平郷村地元農村の感情的抗争, 泰廓土遐畿累葉朝宗不愆于歳, 泰徐盛丁奉など, 泰忠その他の弟子たち, 泰といふ静, 泰恩寺に到り, 泰におわす, 泰とし, 泰時さまそれから三浦, 泰時公また最明寺時頼公, 泰時執権の時, 泰時時頼等の傑出, 泰時武門のつつしみ, 泰曰く燕は重, 泰東巧芸史滝精一先生の日本絵画史, 泰松寺通ひの, 泰松本侯臣兄弟共泉豊洲門人なり, 泰検討程亨, 泰殿桐山正哲殿鳥山松園殿中川淳庵殿そういう人達, 泰氏江戸川乱歩氏横溝正史氏アーサーリーヴチェスタトンビーストンウェルシーニンというよう, 泰消長にかかわる, 泰の大池, 泰片桐助作などに護らせた, 泰は琉球国王, 泰瓊敬徳二門神の絵像, 泰瓊神の手こぶし, 泰なる實例四五, 泰申しつけたぞ, 泰皇考の詔, 泰直為は文化六年十一月二十四日七十二歳, 泰福島市松などが帰っ, 泰秋子爵がこの, 泰竹渓元岱, 泰三の, 泰の諸氏, 泰等潜渓の詩, 泰は九条兼実, 泰の人格, 泰舒河崎夏子有島信子諸君の顔, 泰の武士的風格, 泰華山蛇あり肥, 泰蒋欽呂蒙潘璋, 泰蔵ドクトルに電話, 泰蔵家へ行く, 泰蔵氏のところ, 泰蔵氏来診これは扁桃腺, 泰衡らのこと, 泰衡兄弟の感情, 泰衡家を継ぎ, 泰衡平泉館に火, 泰衡時代の例, 泰衡等梟心性を稟, 泰衡調伏の法, 泰親どのか, 泰討死し関城, 泰の, 泰稚堅, 泰豐吉君が明治四十三年, 泰貧乏で百里薪, 泰花廠とか, 泰に捕捉, 泰軒いかがいたす, 泰軒うしろざまに飛びすさる, 泰軒きょうも垣, 泰軒この世に生, 泰軒さっきお美夜ちゃん, 泰軒さまといえ, 泰軒そこへもっ, 泰軒つきものの貧乏徳利, 泰軒どこにい, 泰軒ひさしぶりじゃ, 泰軒ひとりでは心もとない, 泰軒ふところをさぐっ, 泰軒われからすすん, 泰軒サアッと敵, 泰軒ニッと忠相, 泰軒一人でも持てあまし, 泰軒上身をのめらせ, 泰軒下手の考え, 泰軒何ごころなくみやると, 泰軒先生いまお兼婆さん, 泰軒先生さかんに与, 泰軒先生さっき左京の言った, 泰軒先生それこそ泰然, 泰軒先生ひとりで大はしゃぎ, 泰軒先生不動のごとく, 泰軒先生今は余儀なく, 泰軒先生喜色満面のてい, 泰軒先生屋根屋の銅義さん, 泰軒先生後生ですから, 泰軒先生得意の自, 泰軒先生心得がお, 泰軒先生急にこの, 泰軒先生怪物の上, 泰軒先生愛用の一升徳利, 泰軒先生手をたたい, 泰軒先生最初にぶんどった, 泰軒先生死人の血, 泰軒先生片っぱしから道, 泰軒先生独特の持ち前, 泰軒先生通行妨害という, 泰軒剣を棄て, 泰軒助けの石, 泰軒即座に思い起こした, 泰軒坊主めすぐ出かけよう, 泰軒大の字なりに寝そべっ, 泰軒大人いくら心を洗う, 泰軒小父ちゃんおいらも相談, 泰軒小父ちゃんこれはいったい, 泰軒居士いたずららしい笑み, 泰軒居士いつになくかたく, 泰軒居士一歩さがって, 泰軒居士例によって敵, 泰軒居士身の軽い, 泰軒居士長屋じゅうへひびきわたる, 泰軒彼は自, 泰軒徳利に頭, 泰軒徳川などは天下, 泰軒忠相急遽手, 泰軒愚楽の三人会議, 泰軒愛蔵の殺生道中血筆帳, 泰軒手を合わせ, 泰軒手もとの白石, 泰軒様を大事, 泰軒正座して, 泰軒殿聞いて, 泰軒氏のため, 泰軒水煙とともに川, 泰軒源十郎その他を抱きこん, 泰軒燭台の灯かげ, 泰軒筋くれ立った指, 泰軒腰をかがめ, 泰軒自身大日本精神, 泰軒蒲生先生の出現, 泰軒藤堂粂三郎とパチッ, 泰軒貧乏徳利を平手, 泰軒身を低め, 泰軒顔を見合っ, 泰軒首をひっこめ, 泰軒黒には黒, 泰迷子孔甫花守と共に稽古会, 泰通子夫人があります, 泰卿記, 泰金堂で種々, 泰長出雲からきた, 泰の剣, 泰陳武徐盛董襲なんどの雄, 泰の騎兵一団, 泰雲君は元, 泰雲寺に住み, 泰雲頭巾を取っ, 泰首藤通経らが先陣, 泰馬来英対照の字引, 泰駒城主の中御門実寛, 泰鳥山松園など皆医師