青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「注い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~泣い 泣い~ ~泣いた ~泣き 泣き~ ~泣く 泣く~ ~泥 泥~ 泥棒~
注い~
注射~ ~注意 注意~ ~注文 注文~ ~注目 注目~ 泰~ 泳い~ 洋~

「注い~」 1005, 10ppm, 10325位

▼ 注い~ (888, 88.4%)

45 いた 33 いる 21 ゐた 14 くれ 12 飲んだ 11 ゐる 10 いたが, いるの, くれた 7 やりながら, 来て 6 いると, ゐるの, 居る 5 いたの, いて, その中, それを, やつた, やると, 出した

4 [12件] いました, いましたが, おくれ, くれました, くれる, もらって, やった, ゐたが, 持つて, 火を, 箸で, 飲んで

3 [14件] いた視線, いるが, いるよう, おくれよ, くる, まわった, やりました, やる, ゐること, 呉れ, 居た, 廻る, 心祕かに, 言った

2 [45件] ある, いたよう, いるうち, いる川, おやりよ, くれて, くれます, くれるの, しまって, その上, それに, ではひとつ, ひとりで, やって, ゐた私, ゐるやう, 一つを, 一口飲んだ, 一息に, 七兵衛に, 下さつて, 下すった, 今の, 出した茶, 出す, 出すと, 呑んだ, 売れば, 外には, 居るか, 居る川, 廻った, 廻って, 彼女の, 戦いを, 持って, 水四合を, 煙を, 置いて, 自分から, 薬を, 行って, 貰って, 飮んで, 飲みました

1 [475件] あがって, あげるから, あたしの, あった酒, あつた, あなたを, あるの, あるコップ, ある処, ある白葡萄酒, ある茶碗, いいました, いかにもよろこばし, いず向う, いたけれど, いただこう, いた信長, いた全力, いた処, いた川, いた彼女, いた私, いた訳, いた頃, いったその, いつまでも, いては, いても, いなかった方, いるお, いるかと, いるため, いるという, いるとの, いるならば, いるに, いるのみ, いるもの, いるらしい, いるらしいの, いるらしい竜, いるらしかった, いる三名, いる事, いる刑事事件, いる大甕, いる如く如何に, いる小野田, いる平ヶ岳, いる燃えるよう, いる男, いる真昼, いる石油, いる筈, いる精力, いる購読者, いる関西, うちをからに, おいたの, おいて, おかみさんに, おくんな, おずおずと, おったが, おったの, おられます, おられるかを, おられるの, おりました, おります那珂川, おる, お上げ, お二人, お光, お父さんに, お進げ, がやがやとうしろ, くださるか, くだされば, くりゃ, くれい, くれたとも, くれたばかり, くれたり, くれたん, くれたコツプ, くれたビール, くれた客, くれた珈琲, くれた酒, くれなかったかと, くれぬかと, くれること, くれる寺, くれる泡, くれる盃, くれる茶, くれる青年, くれわし, くれ乾葡萄, くれ私, くれ給え社会, くれ老父, ぐいと一, ぐいと飮ん, ぐっと一息, ぐっと飲み干し, ぐつと飲み干した, こう言う, ここに, ささがし, しまう, しまった, しまってから, しまつて茶托に, しまひ, すぐ食う, すすめる, そうしてその, そうして人, そうして今度, そうして恋, そうして適当, そして静か, その一挙一動, その価値, その思想上, それが, ちよつと, どなりつけたり, にっこりと, のんで, まいりました, また畑, まはります, まはる, まわったん, まわる, みた, みたん, みようと, みると, みる要, みれば, もらいたいと, もらいながら, もらい続けて, もらう必要, もらった茶, もらつて, もらわなければ, やがて男, やったか, やったほう, やったり, やったりなど, やつたり, やつべか, やらないと, やらなければ, やらねば, やりさえ, やりたいと, やりますと, やり私, やり老人, やるぞ, やるの, やる別, やれ, やろう, やろうか, やろうと, ゆくも, ゆく小川, ゆく水, ゆっくりと, ゐたのに, ゐた眸, ゐた眼, ゐるあの, ゐるが, ゐるだけ, ゐるといふ, ゐるのに, ゐるチャンベジ河, ゐる余裕, ゐる凝然, ゐる婉麗, ゐる有名, ゐる食堂, アツと, アンチモニーの, キューッと, キユーツと, グググググ, スライドの, チースを, テンピの, ベシン皿を, ルカスの, 一口に, 一口飲み, 一寸舌, 一杯飲ん, 三杯まで, 三杯を, 上から, 上げた盃, 上げた葡萄酒, 上げて, 上げるの, 上げるのに, 下さい, 下さいな, 下さるやう, 下され其上, 下に, 両人の, 了はう, 二人の, 二十分位蓋を, 二十分間そのまま, 二杯飲んだ, 享楽を, 人の, 人皇何代の, 仏名を, 仕上げます, 令夫人の, 伸子の, 何割かの, 何十年かかっ, 何度も, 何物かを, 來た, 來る, 僕の, 全身を, 兩人の, 其のぼろ, 其鐵瓶を, 具体的に, 冷やしたり, 出さすと, 出された白酒, 出した時, 出して, 出しながら, 出します, 出し乍ら, 出すこと, 出すを, 出す水, 出す茶, 出す茶碗, 出す酒, 出て, 初めてそれ, 別の, 前の, 助手に, 助次郎の, 匂いの, 半分ほど, 半弓に, 半纒, 又注ぐ, 口の, 口を, 叮嚀に, 各々勝手, 呉れた, 呉れたぎりで, 呉れ以後友人, 呑まうと, 呑ませましたが, 呑もうと, 喜んだであろう, 嚥み, 四つ又は, 回った, 固く蓋, 土を, 塩胡椒で, 壜へ, 大規模, 妙な, 学士に, 孫伍長に, 客に, 客の, 寝台自動車に, 居たが, 居たの, 居た彼, 居つたが, 居て, 居られる, 居りました, 居ること, 居るです, 居ると, 居るの, 居る事, 居る余, 居る愚, 居る間, 岡に, 嶮しい, 川手氏にと, 差し出した夫, 廻ったらどう, 廻り頭の, 廻るの, 廻る宿直, 引き留めようと, 強い呼吸, 彫ったあの, 彼等の, 往くと, 従って, 御二階, 御足, 怒号する, 恭, 憎悪に, 扉の, 手ずから飮, 手渡しながら, 持たして, 指先で, 掛持ちを, 摺り卸した, 日に, 星学上の, 時々飲ん, 晒布と, 暫く待っ, 暫く浸し, 暫く煮, 書いた, 替へて, 来た, 来たに, 来たの, 来た谷, 来るが, 来るべき収穫, 来るよう, 来る美しき, 根深を, 極彩色の, 此粋と, 歩いた, 毛の, 水を, 洗うため, 消しました, 深く落ち窪んだ, 渡した, 渡して, 測深錘の, 満たすべきすき, 演技の, 火桶に, 焼くこと, 煽りつけて, 燗鍋の, 片っ端から, 独りで, 猪口を, 理想生活の, 生きたる年, 生レモン一個, 相手の, 省三の, 真理弁護の, 真直に, 研究などを, 神を, 私に, 私は, 私へ, 穀物を, 立つて, 立去った, 答えた, 築き上げたもの, 紀久子の, 紅い唇, 細い燈心, 紳士は, 絶えず二人, 編集した, 置きの, 置くの, 老僧, 考へ, 肥饒の, 脣を, 自分も, 自在鍵へ, 自己化した, 茶でも, 菊太郎と, 蕭照にも, 藤岡の, 虐げられた稚い, 行かねば, 行き過ぎられし後, 行く, 行った, 行った茶, 行つた, 製作しない, 見たい, 見ねば, 見れば, 角砂糖を, 言い進んだ, 話に, 調査に, 謙作の, 貰いながら, 貰えぬ淋し, 貰ったお茶, 貰つた時私達は, 貰はう, 貰ひ, 貰ひまへ, 足もとの, 踊子たちにも, 身動きも, 身動も, 軈て去つた, 進げと, 過ぎた, 遣った熱い, 遣る女, 遮二無二許可, 選ぶべしと, 部屋, 部屋部屋へ, 醍醐の, 野田の, 青空を, 静かに, 静子も, 靜子も, 頂戴, 頓服し, 颯っと, 食うの, 食べるの, 飮まず, 飮んだ, 飲まずに, 飲みそれ, 飲みだした, 飲みながら, 飲みはじめました, 飲みまた, 飲みシユーマイ, 飲む, 飲むそうして, 飲むの, 飲む手, 飲む見物人, 飲もうと, 香煎を, 鯣を, 黒吉の, 黙然として, 黙読し

▼ 注い~ (78, 7.8%)

16 みると 4 眼を 3 見ると 2 これからどうした, 傍の, 女の, 急に, 船頭に, 顔を

1 [43件] いた, いる, いるの, きた靜, こっちを, そこの, その陽, その首, それを, にやりとした, わたしは, ゐたので, 一寸顎, 今飲んだ, 体を, 僧の, 刀を, 坐った, 女を, 居る苫舟, 己の, 帰って, 後から, 後を, 恐る恐る眼, 懐中に, 揮りかえった, 来た, 残りの, 窓を, 立ちどまるよう, 笑いだした, 箸を, 色々な, 苦笑した, 荻原から, 蓋を, 起きた, 足を, 近くの, 離れようと, 電話局へ, 驚いて

▼ 注いだり~ (11, 1.1%)

4 して 2 した 1 される時, する女, 笑い興じ, 薬缶を, 顔の

▼ 注いでは~ (11, 1.1%)

2 呑乾し 1 いないパウンドケーキ, いるが, ゐるが, 大瀛, 慌て, 飮んで, 飲みやがて, 飲み注いでは, 飲む茶碗酒

▼ 注いでも~ (7, 0.7%)

1 あまり美味い, いかん, さして敵, 何等の, 無駄な, 足らねえからな, 黒い粉

▼ 注いでから~ (4, 0.4%)

1 よく掻き廻し, ママが, 前に, 雉子焼に

▼ 注いじゃ~ (2, 0.2%)

1 あいけない, いけねえぞ

▼1*

注いでの熱演は, 注いでやつてから, 注いでよ一升が, 注いくれやす