青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「照~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~焼い 焼い~ 焼け~ 煉瓦~ ~煙 煙~ 煙管~ ~煙草 煙草~ ~照
照~
~照らし 照らし~ ~煮 煮~ 熊~ ~熱 熱~ ~熱い 熱い~ ~熱心

「照~」 3319, 36ppm, 3258位

▼ 照~ (719, 21.7%)

55 ている 48 ていた 23 て居る 19 てゐる 17 合せて 14 出されて 13 て見る 12 てゐた 9 て居た, 出された 8 てみる, て居ります 6 てみ, て見れ, 諸鳥歓喜充満せり 5 たり, てこの, てその, て見, 出されたの, 出されるほど, 山々は 4 て, ていました, て之, て見せる, 出します, 谷を 3 ております, てそれ, て來, て居りました, て見せた, て見た, て視た, 出しました, 合わせると, 給ふ

2 [23件] つつ, ています, ておりました, てみた, てみます, ても明白, てよく, て居つた, て彼, て晴着, て空, て視る, ながら奥, ながら電車, ながら駈け込んだ, の光, 出されたところ, 出された大広間, 出された明るい, 出したり, 出せり, 初めた, 合は

1 [331件] あの五輪書, あらわしつつ, あらわして, かなたこなた, が居ります, さえした, しかし, それから鎮守, つ, つついづれ, つつ四辺, つつ材料詳細, つつ雨, てあの, てあまりに, てある, ているらしく, てくれた, てこう, てこの世, てこれ, てさらに, てしばしば, てしばらく, てしまった, てそう, てそこ, てでもいる, てはゐました, ては見た, てまた, てまるで, てみない, てみれ, てもなお, てもわかる, ても一目瞭然, ても僕, ても充分, ても大, ても明らか, ても櫻木大佐, ても這般, てゐるだらう, てをります, てをる, てチユペルス, てトルストイ, てドン底, てパッ, て一つ, て一同, て一塵, て一巻, て一日, て七兵衛, て三人, て中, て二つ, て二三, て五歩, て人, て会得, て何だか, て何と, て何となく, て余り, て例, て便宜, て信玄, て傍, て全体, て八五郎, て其の, て典教, て写し出した, て凡て, て処置, て処罰, て判斷, て北向, て厳密, て参りました, て又, て右, て合理的, て同室, て同時に, て向島, て呉れた, て嘗て, て四辺, て埃, て堂, て壁, て夕飯, て多少, て天井, て奇魂, て如何なる, て実用主義的, て家, て家内寂寞, て寄つて, て寒し, て寸分, て寺, て小径, て居っ, て居るで, て川筋, て平次, て廢め, て彼ら印象派, て御, て復習, て忘れる, て思ひ沈ん, て我が, て戰慄, て手水盤, て打, て持つ, て敗戦, て数寄屋橋, て断罪, て明, て明かである, て明かなり, て明らか, て明るい, て明白, て星, て晝, て暫く, て曲者, て最も, て有, て有る, て来た, て来る, て来る光り, て椅子, て検証, て模樣, て檢證, て次, て正午, て正直, て此後, て気, て気持, て江戸演劇, て決っ, て注意, て淋しい, て淡い, て溺れた, て父, て現れだした, て甚だ, て白髪, て皆霰, て目, て直ぐ, て眞, て眺める, て眼, て神, て窓, て紫煙, て美しき, て翠紫, て考え, て考慮, て自ら, て自動車, て自己, て色々, て衆, て行きたい, て行きました, て行く, て衝, て襟留, て見ました, て見廻, て観察, て言, て記載, て証明, て評価, て話した, て誠に, て説明, て説諭, て読む, て赤, て追う, て逐次, て通る, て遥か, て野, て量られる, て量る, て釣瓶, て静か, て面上, て鼠色, と白雪, ながらこの, ながらさ, ながらさっさと, ながらやっと, ながらゆるゆる, ながら少し, ながら座敷, ながら村, ながら熱心, ながら玉砂利, ながら線路伝い, ながら見, なにか異常, まさに忘我, やがてもう夜, や雪の下, われは, を出せ, キャン, 一行の, 且つ政府当局, 世界は, 停留場に, 出されたほこり, 出されたもの, 出されたる屍体, 出されたる此, 出されたれば, 出された一つ, 出された下, 出された前方, 出された売春婦たち, 出された夜目, 出された女, 出された妻, 出された室内, 出された小さな, 出された岩, 出された岩壁, 出された巴旦杏, 出された彼等, 出された時, 出された楊州, 出された横顔, 出された歩哨, 出された汚点, 出された牢獄, 出された狂人, 出された狭い, 出された男, 出された白い, 出された芝居, 出された蜀葵, 出された見覚え, 出された辺, 出された道, 出された銀座通り, 出された頼母, 出された馬橇, 出されては, 出される, 出されるたび, 出されると, 出される岩肌, 出される度, 出される憐れ, 出される白樺, 出され一人, 出しますもの, 出すの, 出す怪美, 出せる面, 出だせば, 初めようと, 初めようとして, 合した, 合した事, 合しても, 合すとき五分, 合すほどに, 合せその, 合せると, 合せるという, 合せ大いに, 合わす丈, 合わす鏡, 單四嫂子は, 壮士惨, 大手を, 宛も, 少しは, 少し悪酔, 尽す無量光, 島原では, 或は其光, 戯曲家も, 文学や, 日に, 日も, 明らしまし, 月は, 瀬の, 火鉢に, 爰に, 番場の, 白雲谷より, 相対し, 秋の, 窟内の, 終ると, 終夜床下で, 給へよ, 見ば, 見ると, 視た, 視たが, 視る, 視ると, 路を, 軒蛇腹の, 追憶した

▼ 照ちやん~ (180, 5.4%)

4 の病氣 3 のやう, の顏, の顏色 2 の身の上, は, は僕, は春三郎, は蒲團, もだ, を見た, を足蹴

1 [151件] か, から遊び, があの, が今日, が介抱, が少し, が居間, が思つて, が感じた, が此家, が此鹽梅, が焚く, が産褥, が臥つてしまつて, が角, が起きた, でもなかつた, との間, との關係, とは文太郎, と今日, と共に初めて, と屡, などが度外れ, などの附けた, に, には, には聽, にも一應丁寧, にも初, にも失望, にデヂケート, に一つ, に代, に對, に悉く, に持たせ, に獻身的, に答, に言, のいぎたなく, のお伴, のお蔭, のこと, のはだけた, のもう, のヒステリー, の世話, の二人, の云, の元, の兄, の前, の勇ましい, の姙娠, の容子, の寢息, の希望, の幽か, の役に立たぬ, の御, の心配, の我儘, の方, の来る, の活氣, の知らん, の聲, の腰, の腹, の臥つた日, の臥床中春三郎, の見, の解せぬ, の起き出でた, の鼻, はあ, はもう, は一二日, は一應不承知, は久しぶり, は何, は何とも, は何故, は俄, は俯いた, は假令臺所, は先刻, は其, は其翌日, は再び, は分娩, は唯, は女將, は嬉し, は尚, は常藏, は從順, は心から, は思, は急, は怨んだ, は恨めし, は愛國者, は戲談, は早く, は昨夜中神經, は暫く, は未だ, は松葉屋, は染, は此, は此天井, は汚い, は涙ぐんだ, は熱, は甘えた, は瞬, は秀子, は言, は赫, は足, は躊躇, は返事, は遊動円木, は餘, ばかしに厄介, への感謝状, もゐ, も亦, も今度, も同じく, も嘗て, も惡, も文太郎, も春三郎, も昨日あたり, も狼狽, も相, も稍, も稍目, やお金, をふり, を呼ん, を殺す, を相手ぢ, を臺所, を蘇生, を見上げる, を起す, を鞭撻

▼ 照~ (169, 5.1%)

2 また, 僕を, 女を, 宋に, 急に

1 [159件] いつも人樣, がばと跳, ぐづ, こっちの, これに従って, これを, さっきと, しゃあしゃあと, すこし笑, その一人, その娘, それから, それから暫く, それは, それを, ただ一人, ただ穏やか, つぶやいた, とりつくしま, どこで, ふと苦々しい, また其子, まだ来, まだ生き, よくあそこ, よく出来た, ギクリと, シクシクと, 一寸どき, 一寸變, 一方に, 丁謂と, 不貞腐れて, 乳房を, 二人の, 云つた, 云つて居た, 云ふ, 京言葉を, 人に, 人品学識すべて, 仰天しました, 何んにも, 何処から, 何気なく出, 何気なしに, 先刻から, 入道し, 入道少納言通憲の, 八景の, 其の人, 其儘に, 其故に, 動かずなって, 十九歳發病以來完全な, 十八綺麗とは, 又赫, 口を, 召返しの, 右の, 四方を, 変です, 外科の, 夜着を, 大きな聲, 大急ぎで, 天保六年生で, 嬉しさうに云, 子供の, 宅へ, 宇太八に, 寂心恵心の, 寂照であった, 山門の, 師の, 平次の, 平気で, 年中笑, 後に, 後ろに, 思い切れないで, 愈々道, 慌てて, 懐妊と, 戒律精至如何にも, 押へる, 振って, 掘りに, 既に仏子, 明るい窓, 明治三十九年一月十八日の, 昨夜も, 書斎へ, 有難涙に, 本當, 本箱の, 果して総監, 榮子の, 榮子を, 次第にこの, 正月の, 死んだか, 殺されたじゃ, 母の, 氣づい, 水でも, 江戸を, 洗面場の, 涙に, 湖水に, 火を, 照であったであろう, 熱心に, 物を, 玄喜の, 田舎から, 申し口, 番屋に, 病の, 痩せこけた手, 目に, 直ぐに, 相談を, 私共の, 立ちしなに, 立派な, 笑いながら, 笑つて, 笑みを, 簡單に, 紙の, 紙筆を, 絹坊を, 美しい顏, 義元の, 耳を, 自分の, 落ちついて, 表を, 袖を, 見せないと, 評判ほどの, 話し始めるの, 誰と, 謂に, 走つて寄つた榮子, 足が, 軽蔑の, 近来なにかの, 遂に呉門寺, 適當に, 酒の, 重二郎, 鍵屋の, 鏡子の, 面と, 面白くなく, 顳, 黄色いかさかさ

▼ 照~ (147, 4.4%)

3 父の 2 はうが, 家の, 死体は, 覘った, 阿魔, 額の, 顔は

1 [130件] ありし日, お引合せ, から松, ことだ, ことで, ことなどが, ことも, すがた, なかから, もと, ような, ように, ヒステリックな, 一つ年下の, 一身は, 下げられるの, 中に, 亂れ, 事と, 事を, 他に, 作用を, 信仰が, 傳や, 兄の, 光だけが, 其口調に, 出版した, 刺されたの, 反対の, 台所の, 名は, 名残の, 名残を, 名殘, 命その, 命に, 喉を, 噂を, 声が, 夏も, 外に, 夫の, 好い蒲鉾, 子は, 子絹坊だった, 客に, 家に, 家には, 家へ, 家まで, 居ない家, 屍体の, 峰の, 弟, 影は, 影ゆらぎまだ, 後を, 徒弟を, 心には, 心掛は, 忠実の, 性質は, 意志を, 憂いなどは, 持つて, 放った弾丸, 教化は, 方が, 方は, 方へは, 方を, 方年は, 日の, 枕元へ, 横に, 死と, 死によ, 死体も, 死後一ヶ月此頃出版されました, 死骸は, 殺された部屋, 母であった, 氣儘の, 為には, 無表情の, 父で, 父親の, 甘ったるい声, 生れぬ前, 生んだ子供, 直筆で, 着衣を, 稼ぎに, 空に, 空の, 箪笥の, 箪笥を, 繩を, 美しいの, 美を, 肉体の, 色の, 色や, 華美なる, 虎に, 襟髮を, 襲撃は, 見繕つた二三品, 言葉には, 言葉の, 言葉も, 記録によ, 許に, 詩の, 話だった, 話では, 話は, 誤写だろう, 赤く殘つた空, 身体を, 身重の, 遺言だった, 部厚, 顏を, 顔だった, 顔に, 顔を, 風神才能に, 鼻の

▼ 照され~ (135, 4.1%)

10 ている 6 て紫 5 て, て居る 4 ていた, てゐる 3 てその, てゐ 2 てい, ていと, ていました, て居りました, て苦しき

1 [85件] たり, つつ時々, てある, ていず, ていつ, ています, てかかっ, てこっち, てす, てそれ, てはいる, ては瘠せ細った, てばけ, てぼんやり, てまた, てゐた, てハッキリ, て一きわ鮮やか, て一人, て一尺四方, て一般に, て主人, て二枚掛つて, て今夜, て唯, て土, て塵だらけ, て墓地, て墓場, て太閤道, て奇, て女, て居た, て居り, て山羊髭, て常に, て庭, て愛, て文明, て新た, て映し出した, て晩, て母娘巡禮, て浮出した, て海, て湖, て濡れた, て男女十幾人, て病みほうけた, て皇后, て直にびしょびしょ, て真に, て眼, て突然, て窓, て立つた, て竹, て紅波, て美しく, て薔薇色, て見出す, て輝く, て近き, て透通る, て銀, て隅, て雲, て黄金, て黒奴, ながら, ながら独り町, ながら食事, ながら鶴嘴, にちゃにちゃし, 一方は, 乍ら向, 乍ら長々, 初めた, 初めて往昔, 味の, 寄波は, 清浄の, 清淨の, 透明と, 風に

▼ 照~ (126, 3.8%)

2 [11件] といふ趣き, に上世, のみ, のみで, ばかり, を見る, 下に, 傾いた日, 光りの, 力が, 法の

1 [104件] けど, けれど直ぐ, ことは, だけの明り, だけ時々, という, といへど, ところは, とする, とも無き, とも評す, とやや, と云う, と切, と同じ, と播磨, と確か, と私, と糸, なし, なり, なりこれ, にし, には充分, には裸蝋燭, に及ばざる, に及ばなかつた, に足る, に餘, のが, のでなく覗く, のは, の光輝, の夕闇, は, は光, は御, ばかりであった, ばかり沈々, ものの如し, もの唯, もの顏, も斯, やいなや英雄, よと思う, をゆるさざる, を見れ, アーク燈の, 一江の, 世の中を, 世界に, 事とが, 事は, 事を, 二本の, 光かな, 光と, 光として, 光も, 光明に, 光景は, 其光は, 処その, 力を, 可き, 夕闇の, 夥しい提灯, 太陽の, 底の, 微光が, 懐中電燈の, 提灯の, 日光は, 日影が, 旭の, 晩に, 智慧の, 曙光に, 月の, 月よ, 月色, 汽車の, 灯の, 炬火は, 燈のみ, 燈台では, 燈火である, 燈火と, 燦爛の, 白い色, 瞬間において, 秋の, 程ふり積, 篝火の, 絹行灯に, 縁側に, 美しい雲, 自由の, 船室, 蛍沢, 蝋燭の, 間柄と, 電灯の, 電球が

▼ 照大神~ (125, 3.8%)

8 の御 6 と高 4 のお 2 が天, にお, の子, の生れ変り, はすなわち, はその, を祀

1 [93件] からはじまり, から崇神, がある, がおし, がそう, が万物, が上, が多賀神社, が女, が月夜, が機, であります, というお, という名, としてあります, として居る, との御, ともふす, と二番目, と全く, と国津神, と大地主神, と御, と書いた, と素戔嗚尊, などを始め, に出, に命ぜられ, に対しては天子様, に岩屋, に当る, に本, に母, に添う, に関する神話, に高, のおぼしめしである, のお供, のみ子, の事, の代表者, の冥加, の同じ, の大日, の岩戸, の御厨, の投げた, の末, の物語, の男性説, の発せられた, の相談相手, の神勅, の神意, の神格, の美しい, の荒魂, の蔭, の返し矢, の魂, は, はお子さま, はそれ, はそんな, は伊勢, は信仰, は古代日本, は日, は最初, は玉, は高天原, へご, または蚕玉さま, もかうした, も最高至尊, をはじめ, を並べ, を地神, を奉じ, を女神, を始め, を感じる, を方々, を生み給い, を男性化, を礼拝, を輔, 之御, 八幡大, 即ち大日靈尊の, 当新嘗時, 或は天御中主神, 隠れて

▼ 照さん~ (107, 3.2%)

6 だつて

2 [20件] いいの, が笑つて, とする, とは一ばん, に尋ねる, に怒られます, に聞い, に逢, のはう, の簪, の舌, はいい, は小さい赤い, は微笑んだ, は眼, は笑つて, は首, を好き, を忘れない, を邪魔

1 [61件] がいらし, が少し, が心配, が承知, が来た, が貴下, こんな結, そんなこと, というたかの, というの, という今年十六, とかいふの, とやらは私, と一緒, と仲, と言, と顏, と顔, にも同情, に可愛がられ, に夢中, のお, のこと, のその, のところ, の下手人, の威光, の手, の方, の本意, の父さん, の肉体, の足, の身許, の部屋, は, はどう, はよく, は乱暴, は人間, は仕返し, は何ん, は取, は奥, は奧, は幸福, は御新造, は歌, は男, は確か, は私, は養, も戻, をひどく, を刺した, を怨ん, を愛し, を捜し, を探し, を搜, を殺せる

▼ 照常様~ (100, 3.0%)

52 がいった, がきいた, のお, のところ, はそれ, は正三君, は照彦様, もご

1 [79件] おテーブル, が, がお, がとりおさえる, がニコニコ, が叱った, が否定, が告白, が呼びとめた, が呼んだ, が喜んだ, が声, が多少, が学校, が安斉先生, が念, が書生, が照正様, が申し出た, が笑った, が興味, が賛成, が追っ, が駈けだした, だけです, だった, ちょっと学監室, なんかはその, にきかせる, にささやいた, には忠義, のお次, のこと, の教科書, の腕, の英語訳解, はあきらめ, はいきなり, はいたずら, はお, はおと, はその, はたいてい, はとにかく, はどう, ははいっ, はようやく, は上, は不意, は不承知, は不要, は仕方, は力ん, は大, は奨励, は得意, は感心, は指, は時々, は正直, は用意, は矢島先生, は立っ, は試験, は説明, は頭, までうち, までシャキッ, も, もがっかり, もなにか, もひやかした, も内証, も憤慨, も照彦様, も言葉, を叱っ, を奥様, 申しあげても

▼ 照~ (96, 2.9%)

3 榮子を 2 死んで

1 [91件] あのかう, あり, お狩場四郎, かねてから, この子供, しばらくここ, その足もと, それを, そんなに邪魔, つ, つと走り出, なぜすぐに, なにか鏡, なれの, のこして, ふいと, またときどき, また河獺, まだ小さな, まだ後ろ, まだ榮子, みずから滑り込んだ, もう五つ六つ年若, もう先廻り, やっとそれ, ズブの, 一人だけ, 三年越し, 三河守定基で, 二階に, 云つた, 云つて来た, 仇討を, 何と云つて, 何んの, 僧都に, 入つて來, 入唐し, 再度貴公, 出て, 出ない, 出掛けて, 勝家と, 千枝子に, 去った其翌年, 口を, 叱ると, 同衾を, 四歳の, 大好きの, 如法に, 巴里へ, 平坦な, 後に源信, 御飯粒で, 思ひの, 悲鳴を, 既に滑稽以上, 日本に, 明るくさし, 本当に覘, 来て, 柳という, 極く滅入つた, 欄干にも, 次の, 此貧乏臭く, 此部屋に, 歸つて間も, 死んでからまで, 残るからにはと, 浮かばれないぞ, 独り唐土に, 甥を, 申通りで御座います, 番屋へ, 眞つ, 立つと, 義理の, 老母を, 背後から, 自殺である, 見せに, 記して, 訴えに, 赤く水, 身受の, 靈界に, 願文を, 高知縣の, 髪を

▼ 照つて~ (89, 2.7%)

15 ゐた 8 ゐる 6 居た 4 ゐました 3 ゐて 2 て, ゐます, ゐるの, ゐる秋, 居る此小昼, 居る此小晝, 来た

1 [39件] あそぶてふてふ, あた, ある旧, かげろふが, は急, も, もか, も営舎, も持つ, も晴れ, も父, も独り者, も立たう, も通, も降, ゐたそして, ゐた春, ゐるきち, ゐるので, ゐる中, ゐる外, ゐる奥, ゐる庭さき, ゐる所, ゐる日, ゐる月, ゐる空, ゐる間そこ, ゐる電車通り, 再び暑気, 居たが, 居りました, 居るが, 居る情景, 居る石高道, 折りしも, 来ましたので, 来る, 燃えて

▼ 照された~ (64, 1.9%)

2 その顔, 彼女の, 方は, 演劇の, 道路も

1 [54件] あさ子の, かず, かと思う, が群集, せいであろう, だるまの, ところで, ところを, ものは, 一室から, 中で, 中は, 二人の, 二個の, 先輩の, 古色紙らしい, 四方には, 壁の, 夜の, 大逵, 少女の, 峠道に, 常識内容, 幾重の, 彼の, 応接室へ, 思いも, 文字は, 明るい空, 景色だけは, 景色よりも, 暗い烟, 梅は, 櫂の, 死体の, 洞穴の, 海道丸の, 留置場で, 私の, 緑の, 羽虫の, 花崗岩の, 薄暗の, 褥の, 誰の, 谷の, 進路を, 酒池肉林は, 陰影の, 陰気な, 雄大な, 雪中街衢の, 雲も, 青年の

▼ 照~ (63, 1.9%)

1 [63件] うんと怨ん, お勝手, お勝手口, お呼びなさい, して, どうしよう, みながら, もらうには, やると, 万兩さんの, 上客として, 世話した, 中に, 了へて, 供養した, 促しました, 傍から, 僕が, 出した関長, 匕首で, 半次郎の, 印度に, 受けて, 受け府関査察, 呉門寺に, 呼出して, 娶れと, 延見せ, 引留めずに, 忘れて, 怨んでるの, 恵心の, 意識し出し, 抱いて, 持ちまして, 持って, 斬って, 新橋から, 日頃愛し, 殺したに, 殺したも, 殺した下手人, 殺した事件, 殺して, 殺す隙, 殺そうと, 留めんと, 睨んだ, 縫って, 育て, 苦戦に, 落籍させて, 見させた, 見た, 見たとき, 見たまうに, 見やり乍ら續, 貰いに, 返して, 連れて, 重く見る, 除いた他, 階子段の

▼ 照~ (46, 1.4%)

5 の光 2 と全く, のやう, は私, をてらす

1 [33件] がすえつけられ, がたたっ, がクルクル, が彗星, が揺れ動い, が星, が照らしだされ, が青白い長い, だ, で映すなら, で照, とはちがう, なの, によって賊, のほう, のよう, の光線, の十字, の翼, の行った, は, はすべて, は希薄, は軽気球, をあびせかけ, をもっ, を付近, を向けた, を据えつけ, を据ゑつ, を消す, を照, を見出した

▼ 照し出し~ (36, 1.1%)

12 ている 4 ていた, て居ります 2 ているで, ながら遠く

1 [12件] ています, てみる, てやりました, てゆく, てゐた, てゐる, て一行, て居た, て時計, て聞える, て薄, 読者に

▼ 照~ (30, 0.9%)

2 いって, 下女の

1 [26件] いふ, おなじよう, かわりありません, こんな風, その叔母, それからお, 一緒に, 二人の, 云うが, 云ふ, 元興寺の, 六歳に, 同じ人, 妹芸妓の, 姪の, 山平殿に, 杯を, 生駒八右衛門の, 申します, 知ったの, 祝言する, 立ち話を, 結婚した, 継母分の, 言って, 許婚の

▼ 照~ (29, 0.9%)

4 は伊太郎 2 と伊太郎, はほんの

1 [21件] か, が京都, が写し出す, が大地, が殺された, が無心, とは待宵, の方, の枕許, の相棒, の突いた, の肩先, の身の上, の野郎餘, は, はそれ, は後ろ, は死ん, は無二, を斬つ, を殺し

▼ 照~ (28, 0.8%)

2 取つて, 聞く方

1 [24件] かぎらず誰, くつきりと, めぐり会いたくも, 云ふと, 代って, 似て, 何な, 入府許可の, 及ばんや, 反感を, 取っても, 向かって, 委せるん, 婿を, 尋ねて, 点化された, 相続させたいでしょう, 空かけめぐる, 訊き度, 話して, 逢って, 逢ひ, 部屋から, 酌を

▼ 照~ (28, 0.8%)

2 お浪, 初も

1 [24件] おなじ夢, お庄, した, まだ目, 一緒に, 亦済まぬ, 唯だ, 実に一月許, 実に道, 山平も, 廿三四日頃から, 心配致し, 早く常, 暇さえ, 泣伏します, 無言の, 無論帰っ, 睨む, 細く見えた, 美しい假名文字, 與八郎も, 里へ, 長く他, 顔を

▼ 照し合わせ~ (22, 0.7%)

3 て見る 2 てみる

1 [17件] そこから, て, ていき合っ, ていちいち, てみまする, ても解る, てやや, て万, て僕, て御覧, て推測, て文, て私たち, て考えた, て見よう, ながら訊ねた, 様として

▼ 照ちや~ (20, 0.6%)

3 んお前, ん高さん 2 んもう少し

1 [12件] ん, んこの, んぢ, んであつ, んはげえ, ん今日, ん天上, ん知らなからう, ん私, ん見, ん許, ん酔

▼ 照~ (20, 0.6%)

12 町の 2 町に, 町は 1 町, 町と, 町へ, 町煙管屋の

▼ 照した~ (19, 0.6%)

1 [19件] かと思ふ, がいつか二人の, がパチパチ, が一同, この著しい, だけで, と同じ, のである, ので時, のは, まふ, よ, 一条の, 太陽は, 姿の, 怠惰の, 明月は, 時その, 間柄で

▼ 照し出され~ (19, 0.6%)

3 てゐる 2 ていた, てみます

1 [12件] あとの, たりほのか, ている, てはじめて, てゐた, て土藏, て大学教授, て来ました, て無味乾燥, ながら歩い, 相原夫人は, 絶えず出入り

▼ 照し合せ~ (19, 0.6%)

2 て何, て見る

1 [15件] ていた, てごらん, てそう, ての惣治, てみます, て事件, て全体, て小町, て次第に, て私たち, て考える, て考へる, て見, て見たなら, て見よう

▼ 照し出す~ (18, 0.5%)

1 [18件] ことの, ころ恰度天から, ためよりも, というところ, と黄色い, に過ぎなく, のだった, のだつた, のみか橋, ようです, 感動的な, 時彼等は, 範囲が, 結果に, 荒涼たる黒土原, 葛岡の, 頃に, 頃にな

▼ 照~ (17, 0.5%)

3 たり曇 2 たり降つ

1 [12件] たりし, たりちよろ, たりボンヤリ, たり何だか, たり何事, たり大きな, たり死場所, たり畑, たり私, たり見る, たり雑草, てくれ

▼ 照~ (16, 0.5%)

2 のことごと, の椎

1 [12件] がその, がやってき, という名前, という平凡, とは天爾波俄, にくらべる, に似, の想念, の語原, の面, は社長, をよぶ

▼ 照し出された~ (15, 0.5%)

1 [15件] その白い, その眼鼻, その黒い, ので, ゴタ, 仏壇を, 土の, 形跡は, 怪物は, 惨虐人形芝居, 死骸の, 私自身の, 窓ガラスの, 香代は, 鯛の

▼ 照~ (15, 0.5%)

1 [15件] ばその, ばまことに, ば何, ば光る, ば単に, ば女王國, ば彼, ば所謂, ば既に, ば無理, ば直に, ば矯飾, ば著しく, ば鄭暁, ば雷霆

▼ 照~ (15, 0.5%)

2 だの, は惜福, 御墨附 1 と戦っ, と戰つて, の功, の木像, の横ツ腹, はそれ, は太閤秀吉, は自己, も仰せ

▼ 照という~ (14, 0.4%)

1 [14件] ような, 二十二歳に, 人の, 名で, 名を, 坊主が, 女は, 女酋長が, 娘は, 字を, 者が, 芸妓の, 酔っぱらいの, 青道心に

▼ 照吉さん~ (14, 0.4%)

2 の様子

1 [12件] が一七日塩断, が病気, が誰, です知ってるでしょう, にはあの, のは弟さん, のは気病, の母さん, の許, は芸者, も家業, も成りた

▼ 照~ (14, 0.4%)

7 して 1 したこと, したその, したら學部, した木材事業, した木材拂, に對, の上送還

▼ 照太神~ (12, 0.4%)

2 と素盞嗚尊 1 が太陽神, と争闘軋轢, と相, と素盞嗚, に讓, の太陽神, の弟, の玉, の神田, の称号

▼ 照~ (11, 0.3%)

2 うと, なければ 1 うかと云, うとして, ざる殆ど, なかった, るるよりも, るるを, るる満枝

▼ 照~ (11, 0.3%)

4 魂神社といふ 1 魂といふ, 魂も, 魂社といふ, 魂神是は, 魂神社それから, 魂神社は, 魂神社即ち

▼ 照しだされた~ (10, 0.3%)

1 あの人工, ところに, のは, をり, 人影は, 家の, 峡谷の, 彼らが, 木像の, 鬼面の

▼ 照権現~ (10, 0.3%)

1 からの拝領品, が有難い, に参詣, のお, の偉大, の前, の御, の神前, もそれ, も心から

▼ 照顕さま~ (10, 0.3%)

1 からお許し, というの, と彼女, に辰吉, のこと, の一件, の信者, の思召, の神子, を信仰

▼ 照される~ (9, 0.3%)

1 と眉毛, と美しく, を入湯, 事に, 人洋服を, 子供達は, 最も陰気, 私の, 緑の

▼ 照~ (9, 0.3%)

1 いうて, だす, に何, の花江時代, の間, はその, はつく, は何と, は淋しく

▼ 照返し~ (9, 0.3%)

2 ている, でお 1 がわたし, が彼女, が蒸れ, て来る, は日除

▼ 照しあわせ~ (8, 0.2%)

1 てさまざま, てそれ, て七人, て興味, て解釈, て間違い, 加筆し, 対立し

▼ 照し出した~ (7, 0.2%)

2 のです 1 お蔭である, か, が風, 白い板, 電燈の

▼ 照ちゃん~ (7, 0.2%)

1 か, が来る, が檀那, が殺されました, て云う, は母さん, もいた

▼ 照といふ~ (7, 0.2%)

2 字を 1 僧が, 凄いの, 女には, 娘は, 飛んだ女

▼ 照皇大神~ (7, 0.2%)

1 と言われる, の幅, の掛物, の神符, の魂, は本地大日如来, を中心

▼ 照葉狂言~ (7, 0.2%)

1 である, というもの, などは能, にも度々, に替っ, は嘉永, をも好んだ

▼ 照させ~ (6, 0.2%)

1 て四辺隈, ながらもどかし, ながらよろ, ながら静か, 乍ら庭の, 給へ

▼ 照~ (6, 0.2%)

1 お前も, お茶を, 一寸此処へ, 佐久間甚九郎正勝などに, 娘達では, 狼藉者

▼ 照國丸~ (6, 0.2%)

1 に乘船, は一週間さき, は似, は千トンあまり, は夜, は沖合

▼ 照~ (6, 0.2%)

5 太神宮 1 御神

▼ 照~ (6, 0.2%)

2 し給 1 ありて, して, し皇化, するところ星霜九年

▼ 照近江~ (6, 0.2%)

3 のお 1 お鯉, から初代, に居た

▼ 照したる~ (5, 0.2%)

1 ものなら, 事も, 実に匂, 色彩の, 限無く

▼ 照付ける~ (5, 0.2%)

1 し下, ぞ, のである, 大道で, 日の

▼ 照~ (5, 0.2%)

1 から授つたの, と初, は下界, は馬主, を一つ

▼ 照~ (5, 0.2%)

4 に示され 1 を大阪

▼ 照~ (5, 0.2%)

1 いいかげんに, が頼んだ, と二人, や, 速すぎる

▼ 照~ (5, 0.2%)

1 したりしも, して, し合つて, する, する要素

▼ 照殺し~ (5, 0.2%)

4 の下手人 1 の疑い

▼ 照比売~ (5, 0.2%)

1 のお, の哭声, はあの, はびっくり, をまた

▼ 照~ (5, 0.2%)

1 あれ, あれ瀧口時頼, あれ血, か, 遊ばす我が

▼ 照道寿真~ (5, 0.2%)

1 から修真, はそれ, はにっと, は軽く, もまた

▼ 照さむ~ (4, 0.1%)

2 とする 1 かが意味, と焦る

▼ 照しだされ~ (4, 0.1%)

2 たりする 1 て天井, て横たわっ

▼ 照しました~ (4, 0.1%)

1 がそれ, けれどその, マルコの, 武士が

▼ 照します~ (4, 0.1%)

1 つもりか, と二人, と無論そう, と鏡

▼ 照~ (4, 0.1%)

2 の許 1 その妻, を明治十九年

▼ 照渡っ~ (4, 0.1%)

3 ている 1 ていた

▼ 照~ (4, 0.1%)

1 にまたがってる, の光, の光り, は首

▼ 照陽女学校~ (4, 0.1%)

2 の教頭 1 さ, は一斉

▼ 照から~ (3, 0.1%)

1 大変だ, 始まつて, 来た何時

▼ 照されたる~ (3, 0.1%)

1 世界は, 姿は, 谿間の

▼ 照されぬ~ (3, 0.1%)

1 ともし, ように, 以上考へ

▼ 照しつけ~ (3, 0.1%)

1 てあんまり, てみる, 左右に

▼ 照し出そう~ (3, 0.1%)

3 とする

▼ 照すべき~ (3, 0.1%)

1 ことを, 便宜も, 進歩的傾向が

▼ 照す所~ (3, 0.1%)

1 に出, の光線, は皆我地

▼ 照には~ (3, 0.1%)

1 せめてもの, 成基尊基の, 笠寺の

▼ 照上人~ (3, 0.1%)

1 など当, は近衛殿, 召し捕るなどと

▼ 照~ (3, 0.1%)

1 にきい, は信心決定, は臆病

▼ 照天姫~ (3, 0.1%)

1 が判官, と, を挿入

▼ 照映え~ (3, 0.1%)

1 て女, て尚, て黄

▼ 照~ (3, 0.1%)

1 でございますねと, よりお, をする

▼ 照~ (3, 0.1%)

1 ひて, ふも風情, ふ唇

▼ 照皇太神~ (3, 0.1%)

1 である, は即ち, を奉安

▼ 照神君~ (3, 0.1%)

1 から遺言, の神謀, の英霊

▼ 照空燈~ (3, 0.1%)

1 が入りみだれ, の光芒, の矢

▼ 照空隊~ (3, 0.1%)

1 と砲隊, の光芒, はスーッ

▼ 照空隊長~ (3, 0.1%)

3 の号令

▼ 照~ (3, 0.1%)

1 無礙玄妙千里を, 遠遊孤客身, 銀糸垂半天

▼ 照見し~ (3, 0.1%)

2 て一切 1

▼ 照ある~ (2, 0.1%)

2 七日の

▼ 照~ (2, 0.1%)

2 豊お

▼ 照お前~ (2, 0.1%)

1 は何処, 何故そんなに驚きなさる

▼ 照~ (2, 0.1%)

1 光る鼻, 照か

▼ 照かぐろい~ (2, 0.1%)

2 七日の

▼ 照さま~ (2, 0.1%)

1 し, に御

▼ 照さまお隣社~ (2, 0.1%)

2 づから負け

▼ 照しあはせ~ (2, 0.1%)

1 て困難, て彼女

▼ 照しかけ~ (2, 0.1%)

1 ても見えない, ながらその

▼ 照しかける~ (2, 0.1%)

1 と見え出し, ので自分

▼ 照しだし~ (2, 0.1%)

1 ていた, ている

▼ 照しだした~ (2, 0.1%)

1 のが, 時には

▼ 照しつけられ~ (2, 0.1%)

2 てゐる

▼ 照し出しました~ (2, 0.1%)

2

▼ 照し分け~ (2, 0.1%)

2 ながら一台

▼ 照し合う~ (2, 0.1%)

1 ような, 立体的関係に

▼ 照し合せた~ (2, 0.1%)

1 わけで, 上で

▼ 照し合っ~ (2, 0.1%)

1 ている, て仇同士

▼ 照し合わせた~ (2, 0.1%)

1 のは, 結果兄の

▼ 照す玉~ (2, 0.1%)

1 のやう, のよう

▼ 照~ (2, 0.1%)

1 つたと, ナ

▼ 照だった~ (2, 0.1%)

1 のかい, のには

▼ 照ちやん達~ (2, 0.1%)

1 とこんな, も

▼ 照つた~ (2, 0.1%)

1 だけが儲け, 明るい道

▼ 照つた家鴨~ (2, 0.1%)

2 の一

▼ 照つた山の上~ (2, 0.1%)

2

▼ 照つて人影~ (2, 0.1%)

2 も無い

▼ 照~ (2, 0.1%)

1 お壕, 一本の

▼ 照~ (2, 0.1%)

1 はありません, もちろん染吉

▼ 照とか~ (2, 0.1%)

1 言ふ, 言ふんだ

▼ 照とが~ (2, 0.1%)

1 相擁し, 見舞に

▼ 照との~ (2, 0.1%)

1 永の, 談は

▼ 照はげし~ (2, 0.1%)

2 我は

▼ 照上人様~ (2, 0.1%)

1 はおられました, はお前様一人

▼ 照介し~ (2, 0.1%)

1 て, て返事

▼ 照~ (2, 0.1%)

1 られて, るの

▼ 照付けられ~ (2, 0.1%)

2 て溝泥

▼ 照~ (2, 0.1%)

1 王, 王が

▼ 照吉の~ (2, 0.1%)

1 が烏, も同じ

▼ 照~ (2, 0.1%)

1 の年賀状観, 明けて

▼ 照大神高座神社~ (2, 0.1%)

1 だけは天照大神高, と稱

▼ 照~ (2, 0.1%)

1 が見, は本年七十一歳春琴

▼ 照~ (2, 0.1%)

1 の事, も顔

▼ 照手段~ (2, 0.1%)

1 が探偵小説, が本格

▼ 照林坊~ (2, 0.1%)

1 という由緒, へ参った

▼ 照権現以来~ (2, 0.1%)

2 の名家

▼ 照権現様~ (2, 0.1%)

1 の出開帳, 御遺訓

▼ 照~ (2, 0.1%)

1 天涯孤客身, 遠遊人

▼ 照殿~ (2, 0.1%)

1 であろうとは, にお

▼ 照~ (2, 0.1%)

1 賣, 賣を

▼ 照添う~ (2, 0.1%)

1 に露, 俤

▼ 照~ (2, 0.1%)

1 と共に旗上げ, と堂々

▼ 照甚佳~ (2, 0.1%)

2 なり

▼ 照神君三百年~ (2, 0.1%)

1 の洪業, の遺業

▼ 照空隊分隊長~ (2, 0.1%)

2 の号令

▼ 照~ (2, 0.1%)

1 の前, 娘は

▼ 照~ (2, 0.1%)

1 に於, に溶け入るべき

▼ 照込ん~ (2, 0.1%)

1 でいる, で焚附同様

▼ 照~ (2, 0.1%)

1 さる, を見する

▼ 照返す~ (2, 0.1%)

2 だけで

▼ 照返つ~ (2, 0.1%)

2 て家々

▼ 照~ (2, 0.1%)

1 という古, の

▼ 照~ (2, 0.1%)

1 と照星, の中

▼ 照~ (2, 0.1%)

1 しつつ, はむつかしい

▼1* [302件]

ありいま小島新五郎が, 照かつて校猟し, 照ぐらいなもの, 照けだしはげしき, 照この者ヴァンニを, 照さしめて睨みたるなり, 照させた汽車が, 照されし物体と, 照されず自然の, 照された破芭蕉の, 照されてる室は, 照されなければ根, 照されますやう神かけ, 照されゐたり, 照され光っていやに, 照され出してや, 照され始めていた, 照さんさへ幸福, 照さん今日は君, 照さん僕は至急, 照さん巴里から私, 照さん爲故意に焚き火, 照さん真実に難, 照さん絹坊の父親, 照さん鞄の鍵, 照しあわせれば一つ, 照しきれない新鮮な, 照しくるれど同伴者, 照しけるがその, 照したらきれいだったでしょう, 照しだよ, 照しだされる蛍火の, 照しつける自動車の, 照しづけき四つの, 照してやった時夜明の, 照してやる強大な, 照してやれば光っ, 照しなり行燈なり, 照しまする, 照しようをする, 照しわける早春の, 照し出された瘠せ顔は, 照し出されようはずは, 照し出される川面を, 照し出したるが如き, 照し合さねば少し, 照し合わせず内面的の, 照し始めると雪, 照し来る光り物即, 照し続けられ候, 照し考へれば墨子, 照し見て驚く, 照すかのやう, 照すさま何事, 照すその美し, 照すべからず, 照すべしと言い伝えられ, 照すようになり, 照すらむ, 照するに到っ, 照すんですがそれ, 照す所匈奴の大, 照す方に向けなけれ, 照す電燈の光, 照せらるる時, 照せり夜の桜, 照せり過去の壯大, 照せるがその, 照そうとした, 照ちゃん今晩はさし向い, 照ちゃん御覧よ, 照ちやんたア違ふんだ, 照つけて山桜, 照つけた西日の, 照つたものが手のひら, 照つたら一雨, 照つた往來を涙, 照つた往来を涙, 照つた虫の合唱, 照つてひつそりして, 照つて來ました, 照つて正月のあそび, 照つて紫陽花がその, 照つて草の葉, 照であった鳥影が, 照であることを, 照ですか, 照でもそこは, 照とともに柳を, 照とも何とも書い, 照どうもよろしからず, 照どの青木広次どのなど次々, 照にとっても実の, 照にまでも道の, 照にも会えなかった, 照によつて大概の, 照によって始まったとしても, 照に対して弘の, 照はじめて来た窓, 照ひろし満汐, 照ほど日頃主の, 照まぢかきひとたひら, 照やすからず夏山, 照ゆたかに舟, 照より一つ年上の, 照を通して神樣が, 照ウェルギリウス未だレーテ, 照れば, 照ゴマメだ, 照シテ日本帝國ノ一部タリ一行政區タル大本, 照シテ街灯光無シ, 照ス時往年ノ, 照て変, 照ラシ松風吹ク永夜, 照ラシ紙上聲アルカ如ク人ヲシテ一讀骨, 照ラスガ故ニ智度, 照隠シニ, 照書け, 照一行が亡命, 照上人鉢を飛ばす, 照を八景, 照云々楚忽之儀人怪之, 照付けられた三越の, 照の義, 照先閃めく海, 照入唐して, 照入梅のよう, 照入水に立会っ, 照公以来独裁制を擁護, 照公入国よりもずっと, 照公樣御封の遠, 照凖器をもつ, 照凹むか海朶, 照出された白蝋の, 照出される昭和の, 照出した所を, 照天人造化心, 照を持っ, 照十九になります, 照反されたるいへば尋常, 照収星光波際見点点去来舟, 照取り調べは史家, 照吉姉さんが亡くなる, 照吉殺しもお, 照和尚によって始めて, 照和尚栗原の火葬, 照和尚遷化して, 照がいつ, 照四季おり, 照困りますなア, 照といふ力士, 照國五ツ島の取組, 照國照天火明命とある, 照坊母千里御前そのまんなか, 照に行い, 照る月, 照にひっそり, 照神像だ, 照大神八幡宮春日明神三社を掛け, 照大神君ヲ駿城ニ拝シテ洛陽ニ帰休ス, 照大神外宮は豐受大神, 照大神宣布に由る, 照大神宮の軸, 照大神岩戸籠りの, 照大神復た天熊大人, 照大神神武天皇釈尊の如き, 照大神神農帝以来人間が選り, 照大神自ら神に新, 照大神高御産巣日命, 照天娼家に事, 照天火明命とある, 照太神出でし時に, 照太神即位八百萬年の日附, 照太神即位八百萬年正月元日の日附, 照太神宮にし, 照太神後醍醐天皇長慶天皇の御, 照太神心に独り謂, 照太神素盞嗚尊に詔, 照妙魂の聖なる, 照というの, 照姫従へて, 照宮さまがお, 照家康公の御, 照寒き出津の, 照を乞い, 照康の, 照は昔, 照山平不埓至極, 照常おまえは学校, 照常これじゃ仕方, 照常様一つ書き取りをいたしましょう, 照幢等の老, 照に営まれた, 照大猷廟, 照を打っ放した, 照徳光に参す, 照徹することあるべし, 照といつた, 照忠大伴の若菜姫, 照愈々憤りを, 照抔至極之決心, 照まで大, 照あを, 照早く表へ, 照早し紅う染みつつ, 照映える川波を, 照映しない憾みが, 照映する如く色相金色に, 照暎シテ爛然異彩ヲ放, 照のごとし, 照栄える目前の, 照しながら, 照権現家康公のお, 照権現誕生の地, 照權現樣から頂い, 照權現樣御入國, 照權現樣御一統の後, 照權現樣江戸御入府前, 照武蔵の賤妓, 照殿玉獅子等なお多かる, 照母娘と多, 照は日本, 照の下, 照深みかも, 照添いて眩き, 照渡つた事でした, 照渡つてゐる時, 照火葬の翌年, 照にし, 照照り一吹吹かば, 照燈めいたうすら, 照燐火と云, 照燒乾物野菜のおいしい, 照燦爛たり, 照牀頭一小珠, 照として自己, 照玉命神社といふもの, 照画船人似花, 照皇大神さまだ, 照皇大神はじめ奉り八百萬, 照皇大神以来の神国, 照皇大神宮八幡大, 照皇大神宮右に湯武, 照皇大神宮外宮には四十末社, 照皇太后の御, 照皇太后宮にお, 照皇太后陛下の御, 照皇太神宮と阿弥陀仏, 照を掲げ, 照セシメ之ト同, 照御祖命, 照神明にあり, 照神社といふの, 照神社斯ういふ, 照禅定尼と墓石, 照禅師少康禅師, 照禅曲と号し, 照の場合, 照に焼け, 照あらせ給え, 照耀いている, 照耀日光のごとく, 照臨セザルハ無シト, 照臨下土集地之霊神, 照など引きのけ, 照草丁子草薄荷などあり, 照荼毘の後二十年, 照葉狂言一類の能楽, 照なるもの, 照蓮寺の御堂, 照見した真理の, 照見する幻想の, 照見せられてついに, 照誉東成信士という, 照して, 照貞氏と田富小学校長輿石正久氏, 照賢鞍手助左衛門正親倉橋伝十郎直行粕屋甚七常定神原茂左衛門基治で年齢, 照軒翁之冷泉家, 照するであろう, 照はうれしい, 照込みが欲しい, 照返って居る, 照返へらせながら去年, 照道大寿真と呼ばれる, 照道寿真に面会, 照遷化火葬あり, 照遺品を携え, 照阿闍梨を日毎, 照附けられるのと, 照降りをしり, 照へ転住, 照院様から拝領, 照院殿様から拝領, 照陽殿裏第一人, 照隠しに勢, 照と云, 照雲上人を戒師, 照額田毘道男伊許許知邇の神, 照顧脚下と書, 照饒速日命だとして, 照かにかがやい, 照麿様