青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「泥~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~波 波~ ~泣い 泣い~ ~泣いた ~泣き 泣き~ ~泣く 泣く~ ~泥
泥~
泥棒~ 注い~ 注射~ ~注意 注意~ ~注文 注文~ ~注目 注目~ 泰~

「泥~」 3883, 40ppm, 2886位

▼ 泥~ (765, 19.7%)

89 中に 46 ように 37 中へ 27 中から 24 ような 19 中を 18 上に 11 やうに 10 なかに 7 なかへ, 上を, 中で, 中の, 足跡が, 足跡を 6 ついて, 上へ 5 かたが, ついた手, 底に, 鳩 4 やうな 3 なかから, なかを, はねだらけ, 様に, 洗ふて, 海と, 足跡は, 附いて

2 [47件] あとが, かたまりの, かたまりを, ごとし, ついたま, ついた履物, なかで, においの, ようである, 下に, 中さ, 中には, 中や, 付いたの, 付いた履物, 付いた袷, 付いて, 命, 命次に, 塊り, 塊を, 外を, 大沼に, 大沼の, 如くに, 如し, 岸は, 底からは, 手で, 手を, 指紋が, 浜の, 海に, 渚は, 着いたの, 神, 臭みが, 臭気を, 舟だ, 舟に, 色を, 足跡の, 鉢と, 鉢を, 面の, 面のうすら, 飛沫を

1 [288件] あつた, あとを, あるの, いろまでが, うえに, うちへ, うわ塗り, おびんずる様みたい, かんかんに, くせに, ことも, このけしき, こびりついた生々しい, ごとき脂, ごとく, ごとくよごれるとともに, ごとく緊, したたるこの, しぶきで, しぶきも, しみた古, たまるの, ために, だいぶはねかか, ついたもの, ついたコード, ついた万年筆, ついた上着, ついた下駄, ついた半, ついた壺, ついた彼, ついた手足, ついた指, ついた掌, ついた掘りたて, ついた杖, ついた火焔菜, ついた着物, ついた軍靴, ついた鉋屑, つかない着物, つまったブリキ罐, つまった表, とこへ, ところには, なか深く, なすりあいから, なすり合, においあ, においが, にじみが, ぬかり足駄, はじけた汚い, はねかかったタクシー, はねかかってる古い, はねかかつたタクシイ, はねかって, はねが, はねたとこ, はねた足, はねを, へばりついた草鞋, ま, まじった雪, ままのと, まま摺りつぶし, もう少し手軽く, やうにが, ようでした, ような呻き, ような睡り, ようにが, よどんだところ, わざに, カンが, グチャグチャいう, ゲートルを, コソである, コロイドその, ゴミみたいな, ハネが, ハネに, パイや, 一つ, 一寸でも, 上から, 上がるの, 上について, 上には, 上の, 上や, 上塗りだ, 上塗りでござろう, 下, 中からは, 中での, 中なる, 中につき, 中にて, 中にも, 中へでも, 中深く, 乗るの, 乱反射を, 乾いた其臀, 乾いた煙草畑, 乾きを, 乾き来る, 人形を, 仕事は, 付いた下駄, 付かない着物, 代りに, 儘の, 処は, 出るやつ, 剥げた伎芸天女, 動揺は, 匂いが, 半乾き, 印されて, 命は, 固り, 堆いの, 堆積で, 堆積に, 堤防を, 塊りで, 塗り合ひによつ, 壁を, 外に, 外には, 大陸, 天井の, 天分だ, 奔流が, 如くみな大酔, 如く少し, 如く形, 如く疲れきっ, 如く酔った, 如く酔ひ車上, 子の, 家, 家から, 家の, 密度は, 層が, 山だつた, 山の上には, 山濁った, 岸には, 岸へ, 川の, 巣の, 底を, 廻らない一段と, 形質にも, 徳利を, 急須から, 急須が, 感じで, 感觸も, 手が, 手や, 指痕が, 放射能が, 方に, 楽人蛙の, 母衣に, 気味悪さ, 水を, 水差それに, 水脈の, 汗を, 汚い事, 汚點, 沈澱より, 沸, 沼でした, 沼には, 沼遠く, 泡だけ, 波形である, 洲は, 流れと, 流れな, 流れの, 流れる釣場, 流を, 浅海に, 浪に, 浴槽を, 海, 海の, 海も, 海蝙蝠の, 深さ, 深さ底, 深みへ, 混淆する, 渚で, 湖と, 濁りを, 濁流が, 濃きうち, 王, 王が, 王三柱, 現場, 痕を, 皮を, 皮膜を, 皿向付香炉観音像などが, 目潰しを, 相違が, 着いた柿, 着いた足袋, 着いて, 碁石と, 碁石を, 礫を, 神に, 神経を, 穢さ, 窪みを, 粉末が, 粉衣掛けたる, 粒子などは, 紙包みを, 素足に, 義に, 義須比智は, 肌を, 腕前だって, 腸について, 膠着し, 臭いに, 臭いは, 臭いも, 臭に, 臭みに, 臭気と, 色から, 色に, 茶, 落ちて, 蔭にこそ, 藁苞を, 襞が, 足型が, 足痕を, 足跡あまた, 跡が, 跡を, 跳ねあとを, 跳ねた趾, 跳ね上りし, 這入る所, 道が, 道である, 道晩秋の, 郊外雨が, 重さ, 野原に, 量より, 間の, 附いた合間, 附いた薄汚い, 附いた鍬, 附きたる, 附く筈, 附着が, 附着も, 陥穽の, 難, 雨に, 雨は, 雨水が, 雲が, 面に, 音が, 類, 飛ぶ音, 飛沫が, 香と, 香孕み

▼ 泥~ (649, 16.7%)

15 吐いて 14 塗って 11 吐かせて 10 払って 9 洗って, 落して 8 こねて 6 払いながら 5 吐かして, 噛んで, 浴びて, 附けて 4 額に

3 [12件] ぬって, はたいて, 丁寧に, 吐かせようと, 塗ったの, 塗られて, 塗るといふ, 塗るよう, 洗い落して, 洗ふ, 落しながら, 踏んで

2 [40件] こねつて, なすり付けたよう, はたきながら, ふいて, もって, 上げて, 乾かさなければ, 付けた草鞋, 入れて, 凍らせては, 叩く, 吐いた, 吐かせること, 吐かねば, 吐きおった, 吐け, 噴出する, 塗った, 塗ったな, 塗ったもの, 塗っても, 塗つた, 塗られたの, 塗りつけたりよ, 塗りやがって, 塗る, 塗るの, 塗るやう, 引いて, 打ちか, 投げ悪罵, 拭いて, 汲みあげて, 溶いたやう, 落しました, 落すの, 調って, 跳ねあげて, 飛ばして, 食べて

1 [427件] あげて, あびせられつ, あびたり, いじくり出し例えば, うかべた水流, うちふみ, おくと, かいては, かきたてたり, かきたてること, かきはじめた, かきわけて, かき回しました, かき廻すよう, かき落した, かくよう, かける或, かぶった, かぶったり, かぶって, かむって, がじり, きれいに, くちばしで, こすって, こすりながら, こすり落しました, こすり落とし手, こねかえして, こねたよう, こねるため, こね返したよう, こね返せば, こびりつけて, ごしごしと, ざつと洗つて家には, した, じっさいに, すくい上げお, すくい上げそれ, すくい上げるにも, すくうて, すくって, すくひ上げる, すすぐとて, すっかりハンケチ, すつかり落して, そめた, つぎ込まれたよう, つけたの, つけた千次郎, つけて, つけても, つけないもの, つめて, つんだ大きな, とかした真, なすったもの, なすって, なすに, なめたり, なめろ飴, ならべて, ぬぐひ痛, ぬたくったまま, ぬってさ, ぬられた, ぬられた良人ジノーヴィー・ボリースィチ, ぬられ兄, ぬりおったの, ぬりおる, ぬりそれ, ぬりやがったな, ぬること, ぬるつもり, ぬると, ぬるとは, ぬるな, ぬるの, ぬるよう, ぬる気, のせて, はいて, はくしか, はくに, はくよう, はたいた, はたき落しながら, はねあげた淺, はねあげて, はねかけた, はねかけたり, はねかけられるか, はねかけられるかも, はねかけるよう, はねかしながら, はねかすおどけた横眼, はねかす音, はねとばして, はねとばし壊れ自動車, はね上げ身, はらいながら, はらい身, はらうと, はらひながら, ひたして, ひっかけた, ぴよつと吐き出し, ふいた, ふくんで, ふむ, ぶっつけたの, ぶつかけ, ぶつけられたよう, べっとりつけた, ほじくり廻しただろう, ほじって, ほじり夜, ほとほとと, みだして, みんなあけた, もて汚され, やって, よく落し, よく食, コテコテと, ソッと, ナラす, ハネか, ハネかす, ハンケチで, バシャバシャやっ, ベタベタと, ムコの, 一層好ん, 一段, 一種の, 一面に, 二本の, 付けたまま, 働いた, 全身に, 円めて, 冒しつつ, 冠って, 冠つて居ります, 冠る, 凝視めた, 刎上げ, 刷いた, 割って, 半ば取換え, 厭い厭い度々, 去る, 友さんの, 取って, 取つて, 取つて後, 取つて身, 受けた樣子, 叩きつける, 吐いたか, 吐いたところ, 吐いたの, 吐いたもん, 吐いッ, 吐かされるの, 吐かしたそう, 吐かせたなら関東方, 吐かせたらいい, 吐かせたら何, 吐かせたり, 吐かせましょうか, 吐かせましょうと, 吐かせようのみ, 吐かせられて, 吐かせる, 吐かせるか, 吐かせるから, 吐かせると, 吐かせるなり, 吐かせるの, 吐かせる事, 吐かせる外, 吐かせる大手腕, 吐かせる手段, 吐かせる確証, 吐かせれば, 吐かせろ, 吐かない, 吐かないな, 吐かなかつたらお詫び, 吐かなけりゃ俺, 吐かぬと, 吐かねえと, 吐きおったな, 吐きおりました, 吐きながら, 吐きましょう, 吐きません, 吐きませんので, 吐き出すうち, 吐くから, 吐くまい, 吐く気づかいは, 吐く気遣い, 吐けば, 吐けよ, 含ませた私, 含んだ藁屑, 含んで, 吸いとりはじめた, 吹き上げた処, 吹き上げる上, 呑んだ腹いせ, 哺んだ, 啣んだ, 喰った, 嘗めながら, 嘗めるにも, 嘗め乍ら, 噛む轍, 噛る, 固め雀, 塗ったよう, 塗ったり, 塗ったりは, 塗った不埒, 塗った友人, 塗った妹, 塗った門生, 塗つ, 塗つた上は, 塗つて杖を, 塗らずに, 塗られた, 塗られたから, 塗られたからって, 塗られただけで, 塗られたと, 塗られたよう, 塗られた見にく, 塗られても, 塗られること, 塗られるに, 塗られる様, 塗られ浴びせられても, 塗り, 塗りおったな, 塗りこくっ, 塗りそれ, 塗りつつ, 塗りて, 塗りました, 塗りゃあがったな, 塗りやがったぜ, 塗り上げ丁度, 塗り固めた支那人, 塗り杖, 塗るいおうよう, 塗るため, 塗るだけじゃ, 塗るつもり, 塗るという, 塗るとか, 塗るなと, 塗るにくい, 塗る不義, 塗る事, 塗る奴, 塗る量, 塗ッても, 天日で, 好み炎天, 好むは, 存分に, 家名に, 容るべき, 少々送った, 座敷の, 引き擦るやう, 引っかけたの, 後でよく見, 心持わるく, 念入りに, 怖れ, 恨めしそう, 手に, 手足から, 手近に, 打ちかける, 払いほころび, 払い大小, 払い落して, 払い血, 払い身, 払うと, 払う暇, 払え, 払った, 払は, 払われアイロン, 投げこんだらしゅうございます, 投げつけちょうッ, 投げつけられて, 拂つてやつたり, 拂つて椽側に, 拂ひ, 拗切つて, 拭いたり, 拭うて, 拭きながら, 拭き清め血, 拭くと, 拭ったり, 振ひながら, 捏ねあわせて, 掃き除ける溝, 掘じくって, 掘って, 掘つた樣子, 掘り出すところ, 掘る者, 掛けて, 採ること, 採ると, 採れば, 掬い上げては, 掴むやう, 掴んだまま, 掴んだよう, 掴んで, 掴んでは, 掻いて, 掻き, 掻き廻しただけの, 掻け, 掻廻し, 掻廻す, 握ること, 握るとか, 撥ね上げながら, 擲附けた, 支ふるあり, 次から, 歯の, 沢山なすり付け, 波で, 注意深く研究, 洗いおとす義務, 洗い落した, 洗い落すは, 洗う水, 洗つて持つ, 洗つて置いた, 洗へりしか, 洗わせて, 流した様, 浚うという, 浚えて, 浚えるので, 浴びせられた, 浴びせられた砲兵, 浴びるので, 渡って, 温めたとき, 渫へ, 溜めて, 潜って, 濁しあげては, 濁り水で, 濺ぎ雲南に, 無理に, 無理やりに, 無雑作, 爆発させる, 白い足袋, 盥へ, 眺めて, 私共は, 積みあげはじめました, 積み上げむ, 穴の, 練りかためた人形, 縛って, 縛つて手柄顏を, 置きました或は, 自白した, 落すことさ, 落として, 薄く敷きつめ, 衝いて, 被った水草, 被って, 被れるもの一人, 見うろこ雲, 見て, 見ても, 見なれて, 越えゆく間, 跳ねとばしたが, 跳ね上げた, 踏まぬ雪沓, 踏み分けては, 蹴って, 蹴つて疾走, 蹴て, 蹴りつ, 蹴上げて, 蹴立てて, 逆上げ, 運ぶ者, 運搬する, 銜えたまま, 附けずして, 附けたま, 附けた顔, 附けましたので, 雨で, 雨の, 顔へ, 飛ばす者, 飛ばせた, 食うて, 食うと, 食って, 飮む者に

▼ 泥~ (346, 8.9%)

30 まみれて 17 塗れて 9 なって 8 して 7 汚れて 5 よごれて 4 まびれ 3 まぶれ, 吸はれ, 成りて, 成るは, 我着る

2 [22件] うつぶして, おのれ身が, すむ魚, つくや, ならべるく, なるの, ふる雨, まみれた, まみれたり, まみれた二つ, まみれた帽子, まみれた草, まみれ雨, 埋めて, 埋められて, 埋もれて, 突いた膝, 突き差して, 落ちた, 踏み込むぶきみな音, 踏み込んで, 酔ったよう

1 [207件] おちこむかも, かくれ鉄, くるまつて, くるまれた蓑虫, くるんで, さへ, さわって, しいて, したの, した爲, しっかと四足, しても, しぼんで, しまいと, するだけ, そまって, そまると, た, ちがいあるまい, ついて, つかれたよう, なじんで, なった, なったその, なった好い, なった手, なった稲富喜三郎, なってな, なってるから, なつた, なつて, ならず日, なりあっちこっち, なり野, なる, なるが, なると, なる故, にじめる落花, にじんで, ねりまぜたもの, はまったかと, はまり込んで, ふみ込んで, まじったこの, まびら, まびれ汗, まみるる, まみれさすの, まみれさらに, まみれし民, まみれし鼠麹草, まみれたかたち, まみれたの, まみれたまま, まみれたゴカイ, まみれた姿, まみれた学校服, まみれた将士, まみれた小さな, まみれた平山十, まみれた手, まみれた手の甲, まみれた武将, まみれた無数, まみれた繻子, まみれた股引, まみれた藤五, まみれた藤吉, まみれた虫の息, まみれた赤黒い, まみれた足痕, まみれた軍隊, まみれた馬, まみれては, まみれてるぼろぼろ, まみれながら, まみれみな, まみれも, まみれるの, まみれるばかり, まみれる思わず, まみれカラ子, まみれ傷だらけ, まみれ塵, まみれ天晴, まみれ弁当行李, まみれ暑い, まみれ着物, まみれ私, まみれ終るだろうよ, まみれ血, まみれ表紙, まみれ豚, もがいて, もぐったり, もぐって, もどろうと, よごされたコンクリート, よごして, よごれた女, よごれた手先, よごれた無数, よごれては, よごれながら, よごれ血, 一尺ぐらゐ踏みこん, 交つた古い, 似たから, 似た小さな, 似寄りの, 入って, 匍う, 向く動き, 向つて, 吸い込まれ永久, 吸はれた, 吸わせその, 吸われて, 喰いこまず半分, 喰い込んで, 埋まって, 埋まつて, 塗つた, 塗らした趣, 塗りつぶされて, 塗れさせたくないという, 塗れし素足, 塗れたまま, 塗れた失意, 塗れた小石, 塗れた足, 塗れた雪, 塗れた顏, 塗れながら, 委そうと, 寝た, 對するむかつく, 尾を, 引傾げ, 成つた腰の, 成るという, 手を, 打込んでは, 掻き立てその, 敷いて, 曳きづる蔓草, 曳き身, 染まりそれでも, 染めて, 染りも, 染れた衣裳, 染んで, 横は, 横倒わった, 汚さじ, 汚さじと, 汚しただけ, 汚れかきむしったよう, 汚れたの, 汚れたまま宗助, 汚れた儘宗助, 汚れた手, 汚れた自分, 汚れてること, 汚れない, 沈んで, 没する稲刈, 浸つた儘, 深く喰い込んだ, 深く碇, 混ぜて, 溺れて, 滲んで, 潜む魚, 真紅の, 眼を, 瞳に, 石油の, 硬ばつた顔面, 積って, 穢したまま鳩尾, 空回転し, 突き差したもの, 突き手, 突っ込んだ, 落し, 葉が, 衣物を, 見えた, 解けだして, 赤く腐った, 足を, 踏み入り, 転がる, 酔たるごとし, 酔ったフナ, 酔った大, 酔っぱらったよう, 重い靴, 長い竿, 隠れて, 食い込まない, 食ひ込まない, 饑ゆ, 黴が, 鼻を

▼ 泥だらけ~ (307, 7.9%)

39 になっ 24 にし 12 になった, の手 98 にした, になつ, になつて 7 の足 6 になる 4 の靴 3 である, な手, のフトン, の手足, の草鞋

2 [15件] で, であつ, ですから, となっ, な手紙, な笹, な鍬, になり, の子供, の床, の手紙, の男, の白骨, の蓮根, の馬車

1 [125件] さ, じゃありません, じゃない, じゃア仕方, じや, だし, だって己, だよ, であった, であったし, であったよう, です, ですね, ですよ, でその, でもかまわない, で仕, で向う岸, で木, で来る, で淦, で芬々, で袴, で足, なびしょぬれな着物, な兼松, な奴, な市長, な汚れた, な法被, な着物, な群集, な膝, な草履, な藁, な護謨靴, な足, な身体, な長靴, な顔, にいたした, にされ, になってる, になっとった, になつた手, になつて搜, になつて田, になつて顏, になりおった, になりおれ, になりまし, になりました, のお, のがたがたフォウド, のくつ, のこの, のたたき, のまま, のまんま, のもの, のオバオール, のゲートル, のズボン, の下水, の下駄, の両手, の中庭, の乗合自動車, の人参, の侍, の儘家, の八つ頭, の八丁, の匕首, の双子, の古, の哲学者, の四人, の土工, の外套, の姿, の宰, の小さい, の左手, の帽子, の平手, の忠三郎, の手の甲, の指先, の掘出しもの, の服, の木履, の杖, の板張, の洋服, の浴衣, の濡れた, の独楽, の玄関, の白足袋, の石ころ, の素足, の羽織, の脇差, の脚, の腰, の自動車, の芹, の荷車, の藁草履, の藤吉, の虫, の足痕, の足跡, の路, の込み合った, の通路, の道, の雪沓, の青い, の颯爽, の駒下駄, の高, の黄色い, よ

▼ 泥~ (232, 6.0%)

22 ついて 12 附いて 8 付いて 6 着いて 5 乾いて 3 白く乾い 2 いっぱいつい, たまって, ついても, つき何, 一ぱいに, 一杯に, 入って, 屋根と, 氷河の, 煙の

1 [156件] あが, あがって, あたたかに, あった, あったり, あって, あらわれて, あり糞尿, あれて, いっぱいだぶだぶたまっ, お巡りさんを, お顔, かさかさに, くっついたの, くつ, こすりついて, このへん, こぼれ落ちる, しみわたり泥細工, しみ込んで, すいて, その長崎町, たくさん入っ, たちこめ咫尺, たつた一つかすか, たべたくて, たまったの, ついただけ, ついた兵卒, ついてたほう, ついてら, ついとりましたか, つきまして, つきますよ, つき濡れて, つく, つく筈, つづいて, つまった死人, つまって, つめこんで, つもって, どうして着いた, どうでも, どっちも, なくて, なすりついて, ぬれたらぬたくッ, はねたつて, はねて, はね上り濁水, はね返りもし, ふかくよどん, ふわりと, ぶくぶくと, べたべたつい, やわらかいので, ハジける, バラバラと, ヒビ割れる, ブヨブヨの, 一パイに, 一層ひどく, 一杯で, 三尺ほど, 乾き着いて, 二尺の, 付いたが, 付いてるが, 付くだろう物, 何か, 入つて, 入らなかつたから, 内側に, 刎ね, 厚さ十里以上, 喉へ, 固くなり, 培養に, 堆かった, 堆積する, 増して, 多い万一己, 多ければ, 天日で, 少しずつ, 少しつい, 山盛りに, 帶に, 幾度も, 彼の, 手に, 掘り出したまま, 掘り返されて, 掻き分けられた所, 擦りあらされおが屑, 明瞭な, 染んで, 残つてゐる, 沈めて, 沈んで, 沈澱する, 沸いて, 流れて, 流れでて, 流れ出て, 流れ込むの, 浸み, 涙に, 深いから, 深かった, 深くなっ, 溜つて生じた, 溢れて, 澱んで, 無かったら, 煮えるよう, 爪の, 畳を, 礫の, 私の, 穢ならしく着い, 立つて, 立つやう, 続いて, 脛の, 膝まで, 落ちた, 落ちて, 蘚苔の, 被うて, 見える, 足に, 足の, 跳ねたの, 身体中に, 車の, 這入つた, 附いてるが, 附いてるやう, 附く, 附くじゃ, 附着い, 靴には, 顔を, 飛び込んだ, 飛ぶから, 飛んで, 食い込んで, 飴の, 高く水, 高速度映画の, 黄河の, 黒くかたまりつい, 黒くつい, 黒く乾い

▼ 泥~ (93, 2.4%)

4 よごれて 3 汚れて 2 一と, 拵へ, 滅茶

1 [80件] あつた, おおわれる, かためた家, こしらえた模型, こねた實感, この暑, すこむる, せき切って, せき切りウケ, つくった胸壁, つくられたその, つまったみたい, できた肉体, でっち上げた低い, ぬるぬる滑る, ねつた, ひどく汚れ, まぶしそう, よごしたごめんなさい, よごれた, よごれた足, ウネを, オダンゴこさえ, 不快に, 作った菓子, 作られそれから, 出來, 分らぬ, 判然っても, 固めそれ, 固めたカチカチ山, 固めた家々, 固めて, 固め九世紀風, 埋って, 塗った火炉, 塗られ床, 塗るの, 塞がって, 大きな黒い, 封じた上, 封じられ人々, 帆木綿の, 彼に, 惨憺だ, 我れ, 手際よく, 押えつけて, 拭ひ取つた, 拵えたもの, 拵えたる団子, 拵えた人形, 捏ねて, 染まって, 汚く濁つ, 汚されて, 汚されては, 汚して, 汚しながら, 汚し清水, 汚すと, 汚れた樣, 汚れた用箋, 滅茶滅茶春木屋の, 濁つた河, 濡れた梯子段, 煎茶器を, 煮つめたよう, 畑の, 着物が, 空気の, 菓子を, 裾まわりが, 赤く濁っ, 造り其の, 重くなった, 重くなり, 隱せない, 非常に, 黒

▼ 泥~ (91, 2.3%)

7 血に 4 一緒に 3 血と 2 夕立に, 水とを, 襤褸との

1 [71件] いう, いうと, いふ, ごたまぜに, そのうえ血, その上血, ちょっと見, なし俄, なってるを, なり, なりたるに, なり金貨, ほこりで, ホコリに, 一つことです, 一つに, 一つの, 云うが, 人, 化る, 吹っかけられた水, 垢で, 垢との, 塵が, 塵とに, 官軍の, 小石で, 戦い渓流, 摩擦した, 枯葉に, 水とが, 水とで, 水との, 水に, 水の, 汗と, 汗とに, 汗とを, 汗に, 沼地で, 涙に, 灰とに, 炭で, 煉瓦とで, 瓦の, 疲労に, 瘴気と, 白檀の, 石との, 砂と, 糠に, 紙で, 草で, 血だらけの, 血で, 血とが, 血とで, 血の, 血を, 血潮だらけな, 見えて, 言おうか, 設計図だけの, 長海松の, 雜草を, 雨とに, 雨との, 雨に, 雨の, 雪の, 露に

▼ 泥~ (86, 2.2%)

13 の中 6 の水 5 の上, の水面 3 のよう 2 に落ち, の岸辺, の流れ, の蘆

1 [46件] ありて, からあげた, が変, くさい裏町, だった, で溺れ死ぬ, にそっ, にでも転げ落ちた, になぞ落ちる, には長, に息, に掛けた, に架けた, に死ん, に沿っ, に添っ, に渡した, に片, に落ちこんだ, のところ, のなか, のやう, のわき, の中央, の内, の匂い, の岸, の樣, の水の上, の複雑, は薪積場, へなと捨て, へ向っ, へ投, へ棄てる, へ突仆, も今, も浚った, をお前, をもった, を包んだ, を挟んだ, を眺め, を見おろし続け, を見る, を通る

▼ 泥~ (59, 1.5%)

9 のまま 4 の夢 2 の痕, はむなしく, を撫で廻す, を脱ぎ

1 [38件] がある, がベタリ, がベッド, が床, であるく, でゴシゴシ, でペッタンペッタン, で力, で力いっぱい, で汚れた, で畳, で踏みくだかれた, で蹴り, にとりす, によごれ, に蹂躙, のびしょ濡れ, のま, のまま寝台, のまま突進, の不愉快, の生々しい, の痕跡, の跡, の青い, まで穿かせ, を, をあげ, をそのまま, をはいた, を喰い, を曳きずり, を私, を穿い, を穿きたる, を脱い, を脱ぎ捨て, を踏み込む

▼ 泥~ (51, 1.3%)

2 でぶくぶく, に乗せられ, に乘, に取っ, の底, を兎

1 [39件] が勝った, が明け, が水, が狂, で記し, とはこうして, とも称, と共に溺れる, と号, に乘つたよう, の息, の槍術, の生家山岡家, の足, の鉢, の頬, はいきなり, はうつつ, はさては, はその, はもう, はやっと, はりゅうと, は何, は割腹, は夢中, は手, は疑わなかった, は突き負かされた, は蹌ぼう, は養家, は黙然, も励まされ, を作り, を励ます, を勘定奉行下, を圧した, を眺め, を見つめる

▼ 泥~ (45, 1.2%)

2 流れに

1 [43件] いつの間にかアメリカ大陸, うつかりする, こねて, これでも, しめらしても, ついて, ない, ぶつぶつ醗酵, ほとんど見あたらない, まるで噴火山, わりにきれい, コソ泥で, ポカポカと, 上らなかった, 丘田医師が, 依子を, 千年に, 厚し水草, 厚化粧の, 吐かせると, 呈上可仕, 常々桶に, 干して, 必死に, 新しいもの, 東京で, 板橋区の, 柔かい筈, 決してどこ, 沈み水は, 沈んで, 無い, 煙の, 目を, 目立ち易い, 穴の, 細工過ぎた, 肥えて, 脛までも, 膝に, 膝の, 附いて, 非常に

▼ 泥人形~ (34, 0.9%)

7 のよう 3 のやう 2 であった, の

1 [20件] がバタバタ, が仮り, が折れた, が江戸生れ, であって, ではない, とコーカサス遺族達, と化した, などに思, に等しい, に見返られた, のくずれる, の多, の小娘, の武者, の頭, の首, はもし, を並べ, を仕入れ

▼ 泥~ (33, 0.8%)

2 ついては, 付いては, 砂も

1 [27件] いとわず彼方, かきたれて, くずれたよう, こびりついて, そのままな, つきますよ, つき汚, つくわけぢ, 刈株も, 同じよう, 呑みました, 塵も, 女院の, 払わずに, 払わない手拭, 揃ったので, 新しいぢ, 水草も, 沈んで, 深い沼, 甘露だ, 用意し, 落ちてないだらう, 藤から, 血も, 附いては, 食はんず

▼ 泥~ (33, 0.8%)

2 下水に, 小砂利, 水が, 汗や

1 [25件] ホコリで, 何か, 土や, 埃に, 墨で, 小石を, 春の, 木の葉が, 水で, 水に, 汗の, 汚物で, 漆喰を, 煤に, 砂や, 砂利などの, 破れが, 碧朱燦爛と, 藁, 藁屑が, 血の, 袂の, 雨などが, 雪が, 露に

▼ 泥~ (25, 0.6%)

5 の一件

1 [20件] からお迎え, から夜昼, で仮死状態, で遭った, といっ, によく, に出没, のあの, の一林, の一端, の匪賊, の名物, の小, の智恵取り, の本, の東一里, の近村, の鬼, は済州管下, を南

▼ 泥~ (23, 0.6%)

4 の中 2 が川, が顔, でどうせ, の出張った, の露出, は東, は粘土 1 だの, に, の向, の向う, を噛む

▼ 泥草鞋~ (23, 0.6%)

2 があやまっ, がぽん, や馬, をふりまわし, を一足ブラ, を投げる

1 [11件] が片, つかんで, などの跡, に蹂躙られつ, のまんま高座, のよう, の乾いた, は身, もて蹂躙りつ, も一まとめ, 踏み入れて

▼ 泥~ (21, 0.5%)

1 [21件] がとつぜん, が殺した, すらもときおり, です, とやらが本能寺, と書い, ならば, にちがい, に面, のおどろき, のこの, のところ, の住まい, の口, の罪ほろぼし, の覚悟, は火炎, もえれ, も業火, をもし, 恥ずかしゅうて

▼ 泥~ (20, 0.5%)

1 [20件] この泥路, だ, でも平気, に立っ, に立った, の行軍, は通れない, も二人, よく帰れた, をいと, をふむ, を一里, を二人, を夜, を女中, を帰っ, を思う, を歩く, を跳び跳び行く, 初晞杖

▼ 泥~ (18, 0.5%)

2 の料理, を抱い

1 [14件] が酒, だ, であった, でからだ, に食いつかれる, のまま, の年功, の形, の泳ぐ, は死ん, ほどの違ひだ, も大, をあつらえる, を食う

▼ 泥~ (17, 0.4%)

2 を作りあげ

1 [15件] が見晴らされた, ではあるまい, となった, と化し, に対しどんな, に当面, の中, の水, の流木, はいま, へそそぎはじめ, を怪魚, を泳ぎ渡っ, を泳ぐ, を見

▼ 泥~ (17, 0.4%)

2 をし

1 [15件] した唇, に, にもせよ, に塗った, に染めわけられた, に浮腫ん, の水, の湯, の濁り, の皮, の皮膚, の魚, の黄ばんだ, をした, を基調

▼ 泥~ (17, 0.4%)

4 して 2 した大

1 [11件] がす, したやう, したよう, した人, した女乞食, と, と悔恨, と懊惱, に近く, の粹背肌, の翌朝

▼ 泥~ (15, 0.4%)

1 [15件] か何, か岩, が矢張り片袖, ぜ仕, ぜ仕様, つた泥の, といっ, といひます, といふ, とかハンカチーフ, とか犬, とか風, と思う, よ八, んご

▼ 泥掻き~ (15, 0.4%)

3 の水音 2 と草取り, をはじめる 1 お前持て, がすまねえ, で反対, などを突き差し, ばすまし, をする, をはじめた, を取っ

▼ 泥~ (15, 0.4%)

2 のため

1 [13件] あふれたって, がかぶさっ, が作りあげた凝, が押し出され, と化し, のよう, の被害, は更に, は有珠火山, を火口壁, を被らなかった, を被らなかつた, 深く進退

▼ 泥烏須~ (14, 0.4%)

1 [14件] が勝つ, でない事, に, に勝つ, のよう, の声, は全能, は勝つ, ばかりで, へ祈祷, もこの, も必ず, を念じ, を指し

▼ 泥~ (13, 0.3%)

1 [13件] から足, が洲, である, でも上物, とあっ, と泥, にまみれたれ, にめりこん, に作っ, に印する, の如く, の血漿, は胡粉

▼ 泥から~ (12, 0.3%)

2 湧いて 1 である, ぬけ出した上半身, 上るムッ, 出ようと, 抜けだしてさえ, 生まれると, 生れた鯉, 股引の, 足を, 餌を

▼ 泥岩層~ (12, 0.3%)

2 にぶっつかる, の上, の岸, の間, は川, をイギリス海岸

▼ 泥~ (12, 0.3%)

2 はすなわち 1 がつい, すなわち, と書いた, については, も共に, を, をハセツカベ, を何, を何故, を集解

▼ 泥~ (11, 0.3%)

3 の命 2 といふ人 1 と云う, と謂人, をもち, を神, 残念帖と, 残念帖にも

▼ 泥~ (11, 0.3%)

1 [11件] があっ, があった, だ, になっ, にはまっ, に捨て, の中, の崖上, の底, は湧き水, めがけて

▼ 泥~ (11, 0.3%)

1 [11件] である, であるゆえ, というは絵馬, について一笑話, の如き, の寸紙, の小汚い, は, は余り, を描い, を描き

▼ 泥~ (11, 0.3%)

2 の下, の肩 1 があり, にかけて蒸し, にせい, の上, の前, の口, の蔭

▼ 泥~ (11, 0.3%)

2 の皮, を売り 1 か仕上げ, であると, ですからね, でたった, でないと, の方, は金

▼ 泥でも~ (10, 0.3%)

1 くつ, みんなし, 刎上げ, 歌子の, 溜ると, 知れる雨, 砂でも, 詰って, 顔へ, 食つてゐる

▼ 泥ンこ~ (10, 0.3%)

1 だった, でみな無口, な兵たち, な兵ども, な惨状, な都, にし, にまみれ, に番, も次

▼ 泥~ (9, 0.2%)

2 埃が 1 わからぬよう, 人間か, 何かの, 埴土で, 岩礁か, 強盗か, 血か

▼ 泥とに~ (9, 0.2%)

2 見る影 1 からまりて, まみれた青年, まみれた顔, 化して, 塗れて, 汚れて, 着物は

▼ 泥竜館~ (9, 0.2%)

3 の玄関 1 という古ぼけた, にかけて天願氏, に七八年, のどこ, の違った, は家

▼ 泥との~ (8, 0.2%)

1 交る, 大沼に, 大沼にか, 河である, 相違ある, 相違なれ, 着物を, 間から

▼ 泥~ (8, 0.2%)

2 助は 1 助, 助なる, 助兎角, 助兵法, 泥と, 泥也

▼ 泥~ (8, 0.2%)

1 がボロボロ, と茅ぶき屋根, にはみんな, には地図, に大きく, に寄り, の農家, を見る

▼ 泥とは~ (7, 0.2%)

1 なんだらう, まるでちがう, 何事だ, 思われない, 水を, 神の, 縦横に

▼ 泥~ (7, 0.2%)

3 みれに 1 たよう, になっ, にまみれ, の脚絆

▼ 泥~ (7, 0.2%)

1 でただ, にいる, に棲ん, に集団, のなか, の川, へ水

▼ 泥溝板~ (7, 0.2%)

1 がことこと, が敷い, に気, に触れる, に音, をことこと, をガタ

▼ 泥~ (7, 0.2%)

2 と言っ 1 というもの, という文字, のこと, や近江女, や黒塚

▼ 泥酔漢~ (7, 0.2%)

1 が故, が泣き出だす, だ, のおくび, の態, の貧乏老爺, めいて

▼ 泥~ (7, 0.2%)

1 に出揃つた, のあつかひ, の一方, の夜店, の胴, は一, を一鉢

▼ 泥とで~ (6, 0.2%)

1 どす黒く見える, ひどくよごれ, よけい異様, 汚れて, 汚点だらけに, 辷り易く

▼ 泥~ (6, 0.2%)

1 填まり, 彫刻した, 突っ込んで, 舳を, 鼻を, 鼻柱を

▼ 泥ダラケ~ (6, 0.2%)

1 なのよ, にし, になっ, のフォード, の桐下駄, の脳髄

▼ 泥合戦~ (6, 0.2%)

1 だつた, の末, は承知, へ返っ, をやり合っ, を好む

▼ 泥~ (6, 0.2%)

1 が一日, に頼ん, の徒, は元来, は建築師, 或いは

▼ 泥~ (6, 0.2%)

1 でぢい, で煙草, で肌, のま, のまま夫, を洗っ

▼ 泥濁り~ (6, 0.2%)

1 になりまする, に濁, に濁っ, に濁った, に濁つ, のした

▼ 泥烏須如来~ (6, 0.2%)

1 か何れ, に御, に背き奉り, より難, を礼拝, 二つながら失ひし

▼ 泥~ (6, 0.2%)

1 だけを見, とかいうもの, の大, の感じ, の画工たち, の絵具

▼ 泥草履~ (6, 0.2%)

1 つかんで, で真っ, と塵溜, を履い, を投, を投入れ

▼ 泥ぼっ~ (5, 0.1%)

2 けえ 1 かいの, けになっ, けになる

▼ 泥~ (5, 0.1%)

1 あり湖沼, にまではまり込まなかつた, に寝転ん, のそば, のよう

▼ 泥~ (5, 0.1%)

1 では, と来てるだらう, に生れつい, もす, 御来臨

▼ 泥~ (5, 0.1%)

1 が沢山, じゃねえ, などをひしひし, ならペイドオフ, よりまだ

▼ 泥いじり~ (4, 0.1%)

2 を厭わなかった 1 して, をし

▼ 泥などを~ (4, 0.1%)

1 きれいに, 払って, 拂つてや, 食べる者

▼ 泥まじり~ (4, 0.1%)

2 の雪 1 の死水, の水煙

▼ 泥下駄~ (4, 0.1%)

1 まで綺麗, をいっし, を再び, を垂

▼ 泥~ (4, 0.1%)

1 だ, という賊, の奴, を追って

▼ 泥~ (4, 0.1%)

2 を撥ね上げぬ 1 にぬれた, に浸した

▼ 泥灰岩~ (4, 0.1%)

1 が流れ出し, の崖, の稜, や砂質

▼ 泥~ (4, 0.1%)

1 をすさまじく, を揚げ, を立てる, を防ぎ切れない

▼ 泥細工~ (4, 0.1%)

1 で仕立, の住吉踊, の濡れ人形, の達磨

▼ 泥~ (4, 0.1%)

1 にその, に噛りつくま, に縋っ, をおさえ

▼ 泥~ (4, 0.1%)

1 という魚, と人生, のよう, の隠忍

▼ 泥~ (4, 0.1%)

2 のよう 1 が乱暴, が頬

▼ 泥~ (3, 0.1%)

1 たりする, ぽい男もの, ぽくしめつ

▼ 泥などで~ (3, 0.1%)

1 いつも散らかっ, 汚れて, 重くし

▼ 泥なり~ (3, 0.1%)

3 幾度も

▼ 泥まで~ (3, 0.1%)

1 濁らせる様, 濁らせる樣, 綺麗に

▼ 泥よけを~ (3, 0.1%)

1 つけて, どうにか引き曲げ, 穿いて

▼ 泥れた~ (3, 0.1%)

1 一列の, 女騎兵士官の, 形骸が

▼ 泥~ (3, 0.1%)

1 にえがい, に佇立, に印した

▼ 泥上げ~ (3, 0.1%)

1 である, をし, 代田の

▼ 泥~ (3, 0.1%)

2 の上 1 を放下し

▼ 泥~ (3, 0.1%)

1 も交えない, を食っ, を食った

▼ 泥~ (3, 0.1%)

1 のやう, の像, を以ツ

▼ 泥~ (3, 0.1%)

1 に生れた, の者, は極楽

▼ 泥斎親子~ (3, 0.1%)

2 の窯 1 であろうな

▼ 泥~ (3, 0.1%)

1 が岸, だに持つ, や葦

▼ 泥~ (3, 0.1%)

1 に蘆, の上, の影

▼ 泥~ (3, 0.1%)

21 にぐいと

▼ 泥~ (3, 0.1%)

3 の具

▼ 泥繪具~ (3, 0.1%)

1 で汚らしい拙い, の鳩笛, を塗つて

▼ 泥~ (3, 0.1%)

1 であろうと, の殻, をまで食べなけれ

▼ 泥~ (3, 0.1%)

2 の児 1 のあはれ

▼ 泥~ (3, 0.1%)

1 とを眼, を指した, を残し

▼ 泥あそび~ (2, 0.1%)

1 をし, 水あそびする

▼ 泥~ (2, 0.1%)

2 ぢり

▼ 泥いろ~ (2, 0.1%)

1 に塗られた, のマント

▼ 泥うち~ (2, 0.1%)

2 絶えて

▼ 泥しぶき~ (2, 0.1%)

1 たる行燈, をかけられる

▼ 泥たんこ~ (2, 0.1%)

1 が出来, を私共

▼ 泥だって~ (2, 0.1%)

1 いいじゃ, 舌鼓だ

▼ 泥だの~ (2, 0.1%)

2 油だの

▼ 泥だらけの~ (2, 0.1%)

1 が多い, をはい

▼ 泥だらけ左~ (2, 0.1%)

2 の手

▼ 泥っ臭え~ (2, 0.1%)

1 奴等に, 田舎娘の

▼ 泥です~ (2, 0.1%)

1 が, ね

▼ 泥では~ (2, 0.1%)

1 なく怠惰, 櫂も

▼ 泥という~ (2, 0.1%)

1 のよ, チャチな

▼ 泥とともに~ (2, 0.1%)

1 押し流して, 浅い雪

▼ 泥とを~ (2, 0.1%)

1 混ぜた壁, 混ぜた家家

▼ 泥などの~ (2, 0.1%)

1 感触をまで, 附いたま

▼ 泥などは~ (2, 0.1%)

1 潮流に, 附いちや

▼ 泥には~ (2, 0.1%)

1 悉く毒, 泥鰌の

▼ 泥~ (2, 0.1%)

1 みたてる橋, み青む捨石

▼ 泥ひど~ (2, 0.1%)

2 らが

▼ 泥べた~ (2, 0.1%)

1 の上, の中

▼ 泥~ (2, 0.1%)

1 っけにした, ツくり

▼ 泥みたい~ (2, 0.1%)

1 なもの, な土耳

▼ 泥~ (2, 0.1%)

1 ば堕胎, 久しく自然

▼ 泥~ (2, 0.1%)

1 品賞シ其, 塗ツタナ

▼ 泥七宝~ (2, 0.1%)

2 の青

▼ 泥~ (2, 0.1%)

1 に踏散, りの

▼ 泥吐口~ (2, 0.1%)

1 を抜きよった, を抜こう

▼ 泥塗られた~ (2, 0.1%)

1 武門の, 福知山方の

▼ 泥~ (2, 0.1%)

1 あげて, をあげる

▼ 泥~ (2, 0.1%)

1 と言, を越し

▼ 泥岡白沙塢野雲渡~ (2, 0.1%)

1 などという有名, などという難所切所

▼ 泥~ (2, 0.1%)

1 の濁流, の藻草

▼ 泥帯水~ (2, 0.1%)

1 の弊, の陋

▼ 泥掘り~ (2, 0.1%)

1 をし, 野郎

▼ 泥斎方~ (2, 0.1%)

1 に奉公, へ参り

▼ 泥斎門人弥七郎作~ (2, 0.1%)

1 というきざみ, という焼き彫り

▼ 泥~ (2, 0.1%)

2 の王

▼ 泥~ (2, 0.1%)

1 の大島, をします

▼ 泥~ (2, 0.1%)

1 だけの荒涼たる, の低い

▼ 泥~ (2, 0.1%)

1 のあと, を拭いた

▼ 泥~ (2, 0.1%)

1 をあげ, をあげる

▼ 泥洗足~ (2, 0.1%)

2 の池

▼ 泥~ (2, 0.1%)

1 へをやらせ, をせぬ

▼ 泥~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ 泥~ (2, 0.1%)

1 も斷食, を塗る

▼ 泥炭層~ (2, 0.1%)

1 の伏流, を水

▼ 泥炭山~ (2, 0.1%)

1 ちかく飛行機, のよ

▼ 泥~ (2, 0.1%)

1 のお, の朱線

▼ 泥牛海~ (2, 0.1%)

2 に入

▼ 泥~ (2, 0.1%)

1 であること, を許し

▼ 泥~ (2, 0.1%)

1 の紙, の美しい

▼ 泥~ (2, 0.1%)

1 の下, の火

▼ 泥~ (2, 0.1%)

1 がきれい, とばかりに見

▼ 泥~ (2, 0.1%)

1 なん, を脅し

▼ 泥運び~ (2, 0.1%)

1 です, は中

▼ 泥~ (2, 0.1%)

2 を持ち

▼ 泥飛沫~ (2, 0.1%)

1 がたかく, が二千

▼ 泥~ (2, 0.1%)

2 を釣る

▼ 泥~ (2, 0.1%)

1 のよう, の如く酔っ

▼1* [282件]

あしらいをされ, 泥あとのついた, 泥いや泥斎, 泥早う出し, 泥おとしが鋳, 泥かきを放り出し, 泥かなんかでこしら, 泥かは其れ, 泥がちの道, 泥きのこのよう, 泥くさりの水, 泥くせえ身装, 泥ぐさい生ぐさい臭いの, 泥ぐつから落ち散つた, 泥ぐつをはいた足をあいた, 泥こそついて, 泥ことごとく茎葉の, 泥さえついて, 泥さえも交えドロドロ, 泥さんにとっての迷路, 泥ざらえで, 泥て描け, 泥じゃねえかよ, 泥すすぎゐにけり蓮の花, 泥すらも腕次第で, 泥アな, 泥たまってしようがあっか, 泥たんこの田舎道, 泥だけお落し, 泥だけでも落すが, 泥だつたさうですよ, 泥だめがあつ, 泥だらけぢやない, 泥だらけ通行人も泥だらけ, 泥ちゃんでもやっ, 泥し稲株, 泥たりする, 泥っている, 泥っぽこりに, 泥つきし枝の, 泥つくだぜ, 泥つけさ, 泥つけた靴で, 泥つまり河底の, 泥づかりになっ, 泥づくりの牛, 泥づけにし, 泥ていの髯, 泥であるのを, 泥でなくって壁, 泥とかのふか, 泥とが一緒に, 泥とも見当の, 泥どもときた, 泥ながら存八は, 泥なくて長, 泥などというチャチな, 泥なること, 泥なんか疊に, 泥について恐る恐る立ち上った, 泥にでも家と, 泥になつても, 泥にも塗れず綺麗, 泥まの, 泥ねいにまみれきった, 泥ねずみとなっ, 泥のみならず血痕, 泥はねだらけであった, 泥ばかりの水鉢の, 泥ばねをお, 泥ばめる橋, 泥ふかく住みしと, 泥ぶっかけるぞ, 泥べとから動かず喚きながら, 泥べとがマンノーから, 泥べとの中を, 泥ほど懸隔の, 泥ぼう入伝右衛門下男刀持て表, 泥まがいの鉢, 泥またの名は意富夜麻登久邇阿禮比, 泥までが吸い上げられたので, 泥までを執念ぶ, 泥けがつぶれた, 泥よけにコツコツぶつかっ, 泥よけの端に, 泥らしいものさえ, 泥んでやりきれ, 泥をしか与えない, 泥をとました足跡, 泥をはかせるから, 泥をも払わないで, 泥を以て赤く塗り上げ, 泥グツをみがく, 泥シブキをあげ, 泥くささ, 泥リンゴが何故, 泥ンまみれにかきまわす, 泥一行まぜ書, 泥となし, 泥の字, 泥人形ゆえにあやふや, 泥人形一つ小さな木碗二つ, 泥でその, 泥仕事の中, 泥以上に図々しく, 泥に席, 泥全体が腐れ爛れた, 泥公一心これを手早く, 泥六升という伝え, 泥具足のまま式台, 泥なこと, 泥とならざるべからざる, 泥及び水などの, 泥が現れ, 泥団たるを信ぜず, 泥団子の様, 泥の中, 泥が汝, 泥塗り人であった, 泥塗るやうな, 泥塗満身消防に尽力, 泥を磨り流し, 泥壁茅軒智利村南米人文何処遍田家猶未, 泥におちいり, 泥がため, 泥子土之助, 泥害砂害見なくちゃ, 泥宿めいた混雑, 泥の小路, 泥をさらに, 泥小屋石の破れ, 泥滑, 泥屋滅茶滅茶先生という筆名, 泥を拓い, 泥岡事件の後始末, 泥川のと違, 泥川沿いの戸叶, 泥工事を彼, 泥に趣, 泥巴求古本神山宗教見新開, 泥巷さ随分変っちまった, 泥の上, 泥建築のよう, 泥の忍び込み, 泥打ちかはす, 泥打地蔵と称し, 泥拭いで靴, 泥の目的, 泥捧扱いにされ, 泥掛地蔵などは毎月二十四日, 泥の水音, 泥描きの模様, 泥を上げない, 泥斎安らかに参れよ, 泥斎老人お互い心配だな, 泥斎自慢するので, 泥斎自身も思い, 泥斎身にこたえまし, 泥斜線ある葉, 泥木塑像の麁悪, 泥染れになっ, 泥根性は抜けず, 泥を投げ捨てる, 泥と化し去っ, 泥をもあわせ, 泥氷部をさけ, 泥汚物を押, 泥没し百姓は, 泥沸き寒天には, 泥を店, 泥だつた, 泥泥泥だつた, 泥洋杖の泥, 泥流コースの近く, 泥浚えをやらせ, 泥浸入に因, 泥及び, 泥を捏ねかえさせないで, 泥湖様の処, 泥をば浴び, 泥湿未だ乾かず, 泥の中, 泥溝板長屋の富士春, 泥溝沿いに入っ, 泥溝泥長屋にいた, 泥溝際のどころ, 泥溝鼠のよう, 泥を離れた, 泥水の, 泥の有, 泥のま, 泥濁つた渤海あたりを, 泥灰石に塗れつ, 泥に茶, 泥炭坑の上, 泥烏須自身もこの, 泥を吐く, 泥無くなってしまっ, 泥焼きのお, 泥のお, 泥のよう, 泥の闇, 泥の青酸加里, 泥の死骸, 泥田の面にほちほ, 泥田圃か肥料溜, 泥的チーア卿がこの, 泥的仲間の変り種, 泥相手に威張っ, 泥眼不動弱法師, 泥砂礫草花その他の器物, 泥磐岩をくり抜いた, 泥と言っ, 泥へついた, 泥立ち乱るる, 泥立った急湍であっ, 泥竜館下宿人一同という札, 泥と貿易, 泥と同様, 泥粘土を使っ, 泥を塗り, 泥のきらい, 泥繩式だと, 泥股山などの大山高岳, 泥と脛, 泥に木履, 泥自ずから身毛に, 泥臭味の語, 泥臭派なのね, 泥舟まがいじゃ, 泥舟翁槍を取っ, 泥舟自身にも分らなかった, 泥芝居に疲れ, 泥などを投げる, 泥を提げ, 泥ぼこりおよそ, 泥菖蒲とも水菖蒲, 泥落すひまなみ藁草履手に, 泥著して中心, 泥緑などを, 泥で泥, 泥に染まり, 泥の戦士, 泥装束を脱い, 泥の爆弾, 泥見たいなもので, 泥之淤蔭, 泥豚照りかがやき鼾, 泥の徒, 泥の海底, 泥足駄で二人, 泥を上げ, 泥なづむ大津道我, 泥に昼夜, 泥通っていく, 泥部廿人が附属, 泥醉亂醉怒喝, 泥醉状態になつ, 泥醉者は羊, 泥金銀などもある, 泥をのせ, 泥鉢春の野, 泥長屋にいた, 泥長靴をひきずり, 泥障り御手綱, 泥霜どけの, 泥青色であったら先祖, 泥を這う, 泥面子や古, 泥飛礫みたいなもの, 泥及び惰眠, 泥饅頭をつくっ, 泥鰻金蔵閣下一人の頭脳, 泥鰻金藏閣下一人の頭腦, 泥のほか, 泥鱒位は飛出し, 泥鱒鍋をあつらえた, 泥の口業, 泥黒い雲を, 泥黒い汚い光ない, 泥黒色で僕自身, 泥鼈ぎらいな鏡花氏に泥鼈