青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「焼け~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

無限~ ~無駄 無駄~ ~然 然~ 然し~ 然るに~ 焼~ ~焼い 焼い~
焼け~
煉瓦~ ~煙 煙~ 煙管~ ~煙草 煙草~ ~照 照~ ~照らし 照らし~

「焼け~」 1324, 14ppm, 7799位

▼ 焼け~ (653, 49.3%)

29 しまった 28 しまって 25 いた 19 しまつ 18 いる 14 いるの 8 しまったが, しまったの, 了った 6 しまいました, しまったので, ゐる 5 いて, いるが, いること, しまうと, 灰に 4 しまうの, ゐて, ゐるの

3 [12件] いたの, いますよ, いると, いるのに, いる最中, しまえば, しまったし, しまったと, 了いました, 居る, 来て, 百年荒野の

2 [28件] いたが, いまは, いるん, おいでに, しまいこの, しまう, しまったから, しまったこと, しまったって, しまったであろう, しまったよう, しまったろう, しまったん, しまっても, ふくれて, ますよ, ボロボロに, 品格なき, 壊れた提灯, 崩れて, 来た, 来る, 来るの, 濃い煙, 火の, 灰と, 砕けて, 苦しいと

1 [349件] あの見ごと, いいという, いきなり行く, いく, いけねえ, いたかと, いたで, いたん, いた本当に, いた豚吉, いた雲, いったの, いない, いないの, いない室, いない牛込, いない電車, いない鳥羽蔵, いなかったけれど, いは, いました, いましたから, います, いますから, いますぜ, いらっしゃいましたが, いるかも, いるから, いるからねえ, いるけれど, いるすぐ, いるぞ, いるでは, いるとも, いるので, いるのみを, いるよう, いる丸木, いる五徳, いる大鍋, いる山王七社, いる岩肌, いる杖, いる河原, いる火, いる熱, いる瓦斯煖炉, いる胡桃, いる裡, いる部落, いる鍵, いる附近, いる雨雲, いる頬, いれば, おっ死にましたがね, おっ死んだ, おほか, おりこの, おります, おりますが, おる, おるの, がさがさし, きそう, きた, きたが, きたの, きて, きました, くすぶった熔岩, くすぶつて, くるわよ, こうなった, ございませんが, さびた鍵, さへ, しっかりした, しまいいま, しまいましたが, しまいますよ, しまいまする, しまいまた, しまい主人, しまい今, しまい彼ら, しまい数百, しまい行き所, しまうか, しまうこと, しまうし, しまうぞ, しまうまで, しまう程, しまえという, しまったあと, しまったうえ, しまったさ, しまったため, しまっただろう, しまったですよ, しまったでは, しまったところ, しまったに, しまったもの, しまったらしい電車, しまったり, しまったろうし, しまったろうという, しまった事, しまった昔, しまった灰色, しまってからは, しまってない, しまってね, しまっては, しまつた事, しまつた其れ, しまつて, しまつてゐた, しまはないうち, しまはねば, しまふ, しまふので, しまへば, しようがない, じぶん, その代り, その香, それが, それっきり再建しない, たまに草地, ちぢれたひげ, とても綺麗, どうした, なくなったん, なくなって, なくなるなど, ならず天帝, なりゃア, のちに, のちの, ひと月あまりは, ふくれるを, ほとんど外部, ほろほろ膝, まっ先に普請, もうふたたび造られなくなった, やっといまし, ゆく, ゆくもの, ゆくよう, わやに, ゐたら, ゐないところ, ゐない方, ゐない街, ゐなかつたので, ゐは, ゐると, ゐるので, ゐるまだ, ゐる二つ三つ, ゐる藁, ん, ジュウジュウ音が, ヂレヂレする, ニルの, 一家不明だ, 一寸気, 一素の, 三分の一しか, 下さいという, 世界的名ソプラノに, 丸裸に, 亀裂が, 了い, 了うて, 了うのみでありませぬ, 了って, 了つたのかい, 了つた事を, 二本の, 五百部残った, 亡び中洲, 人びとに, 今まで, 今度また, 仕舞い三芝居, 仕舞た, 仕舞つた, 以来その, 住宅が, 保険会社より, 倒れる, 倒れ堅い, 入道の, 六年に, 其上に, 再建の, 冷却し切った, 凄まじい朝, 出て, 半蔵の, 口を, 吉原も, 咽ぶ, 四十一年に, 困つてボンヤリ, 困ります, 困る物, 土埃の, 地に, 坊主に, 堪らなかったと, 壮健そうな, 夜もすがら炬火, 夥だしく, 大人っぽく, 奥の, 女房子供は, 妻と, 家も, 小さく成った, 少いとか, 少し茶色, 少し黒ずん, 居た, 居ります尾張町, 居る火箸, 山羊が, 崩れる物, 干し柿に, 幾日にも, 後は, 後極めて, 御大は, 心持色の, 悪ずれ, 手には, 手の, 文珠菩薩だけが, 文部省が, 新しいもの, 新しく申告, 新宿へ, 明治座が, 本堂は, 村の, 来たから, 来たぞ, 来たらどう, 来たら何, 来たら死ぬがな, 来た叔父, 来た流浪者, 来た牧野, 来た顔, 来ました, 来やしねえか, 来ようとは, 来ると, 来るよう, 枯れてるん, 次の, 死な, 死ぬだけの, 死ぬなら仕方, 死ぬの, 死ぬより, 死ぬ彼, 死んだ, 段々北の方, 気が, 浅い庭木越し, 滅びるもの, 火に, 火の粉が, 灰にな, 灰ばかりに, 炎々と, 炭灰に, 無残に, 焦げた皮, 焦土と, 焦茶色である, 焦茶色に, 焼けあと, 焼けて, 煙姻高く, 燃えるやう, 爾来そのままに, 瓦斯が, 生涯褪めっこない, 男の, 男性的な, 留守居の, 疲労を, 白くなっ, 真っ黒でした, 眼つきの, 知るよし, 短かく, 砕けた, 禿げた額, 私の, 紙幣も, 終う, 罪滅し顔な, 自分も, 茶色に, 茶褐色の, 荒涼たる一面, 落ちぶれて, 葺屋町の, 行く, 行く我家, 行った, 行って, 裸木と, 親たちの, 赤い筋肉, 赤くなり, 赤銅の, 赤黒く素足, 赤黒く髪, 跡かた無くなっ, 跡形も, 身体中から, 輝いた, 辛抱が, 辱の, 銅色を, 鎔け, 雲が, 非常に, 頂上が, 頭の, 骨と, 骨ばかりに, 髯だらけである, 鳶色を, 黒いその, 黒いの, 黒い日, 黒い灰, 黒い色, 黒くなっ, 黒ん坊サで

▼ 焼け残り~ (68, 5.1%)

5 の土蔵 3 の建物 2 の人家, の家, の材木, の柱, の部分, の電車

1 [48件] がまるで, のくすんだ, のところ, のガラクタ, のビル, の一廓, の一本, の一角, の一郭, の倉, の兵糧蔵, の刀剣類, の地域, の堂々たる, の塀, の壁, の大, の待ち合, の提灯, の料理屋, の本丸, の松明, の枯芝, の民家, の物, の狭い, の町, の皮膚, の石, の立木, の翼, の老木, の荷物, の薄汚い, の街衢, の襤褸, の角材, の謂わ, の辻, の部落, の都市, の閑静, の隣り, の雑品, の黒い, の黒ずんだ, をたより, を踏んだ

▼ 焼けあと~ (54, 4.1%)

3 の原っぱ, を見 2 の一坪

1 [46件] からは石ころ, から出, から工兵, がまだそのまま, では四日五日, でもここ, で働い, にはなお, には灰, には片, にほこり, にも庶民, にも隠そう, に何用, に働い, に出かけ, に坐つ, に掘, に新しい, に枕, に遊び, に野屯, のこわれた, のさびしい, のとりしらべ, のなか, のひろい, のほか, のほこり, のよう, のトタン板, の二つ, の変わり, の小さな, の市中, の広い, の形, の校庭, の灰, の焼け煙突, の空, の黒銀杏, をうろ, を歩き, を眺め, 遠く目路

▼ 焼け~ (42, 3.2%)

5 こりの 2 した顔, 火は

1 [33件] こった屋敷町, こった町, こつた或, こりを, こん, したお, したにがみばしったいい, したまつ, した女, なだら, ま, ままで, をり, ビルも, ロースト, 偉大なる, 儘出, 原と, 右足の, 器物が, 土蔵は, 女房の, 屍体, 気味で, 火が, 状態で, 石の, 米櫃焼け米そこらを, 素顔も, 肉片を, 透らぬ堅い, 顔が, 顔を

▼ 焼け~ (29, 2.2%)

2 焼くほど

1 [27件] いちばんおいしい, くずれないもの, その灰, それでいい, それは, 一層結構, 出来るの, 呂布は, 喧嘩に, 大きく脹れる, 始末が, 干渉も, 復び朱と, 恐れて, 普通の, 枯れて, 水銀は, 激しい油, 灰と, 灰土と, 直き, 直ぐ含嗽, 硫酸銅と, 臭悪しき, 蛇聚い来る, 豚の, 香も

▼ 焼け~ (28, 2.1%)

4 なって 2 なったの

1 [22件] すると, なったのね, なったビルディング, なった人間, なった右足, なった小さな, なった庭木, なった方, なった物置きが平, なった連中, なった鈴, なった障子, なっちまうなんて, なつた, なり, なりまして, なること, なる迄は, 怒鳴ったっけ, 成て, 日が, 焼けた妻

▼ 焼けても~ (21, 1.6%)

1 [21件] いい筈, いなかったのに, おらず生きたまま, くずれず葉脈, さすがに, その人, びくとも, まるで顔, 千日前は, 去年の, 困らない人達, 夫程, 子供が, 屋上では, 役に立つのに, 扱うたび, 日本の, 消し口を, 焼けぬでも, 白い, 胴体は

▼ 焼けたり~ (17, 1.3%)

2 する音, 潰れたり

1 [13件] したこと, したの, して, しない前, し酒倉, たおれたり, 人死が, 千歳の, 折れたり, 死んだり, 流れたり, 焼かれたり, 皮が

▼ 焼けビル~ (14, 1.1%)

4 の中 2 の樋, の跡 1 から樋, でした, の一階, はなんだか, をアパート風, を修理

▼ 焼けトタン~ (13, 1.0%)

1 [13件] で囲った, で片庇, と枯れた, の上, の家, の小屋, やらまばら, や焼け瓦, や石ころ, を十枚, を張り, を押し, を集め

▼ 焼けてから~ (12, 0.9%)

1 [12件] このかた, じゃア錠, 六年目の, 再築し, 半日経たぬ, 大層荒れ, 建ち直った神仙閣, 母宮とともに, 神奈川の, 裂けたん, 跡は, 飲み覚えた酒

▼ 焼けそう~ (8, 0.6%)

2 になっ 1 なん, な家, な熱い, になる, に熱く, もなく

▼ 焼けつつ~ (8, 0.6%)

2 ある家 1 あるに, ある一, ある国府, ある大火, ある軒並み, 鉾杉の

▼ 焼け~ (8, 0.6%)

1 しないというくらいの, せずに, せず八十助, せず教場, せず相, せず苦しみながら, せず高さん, 焦げも

▼ 焼け~ (8, 0.6%)

2 の上 1 とが滝, にまみれ落ち, のあるいは, の一塊, の空地, を踏ん

▼ 焼けては~ (7, 0.5%)

1 いたが, いなかった, いましたけれども, いるが, ならぬもの, 没し燃えては, 落ちて

▼ 焼け~ (7, 0.5%)

1 日が, 此様な, 済んだの, 終ったの, 近所に, 鎮まった, 鎮まりましたが

▼ 焼け~ (6, 0.5%)

1 なり一見いずれ, 云えば, 云っても, 言つてゐた, 遺言した, 金で

▼ 焼け~ (6, 0.5%)

1 から先生, のうえ, のなか, の上, をつかむ, を煙

▼ 焼け~ (6, 0.5%)

4 の上 1 とを雲, に急

▼ 焼け~ (5, 0.4%)

3 あった 1 とれて, 来たよう

▼ 焼けつく~ (5, 0.4%)

3 ような 2 やうな

▼ 焼け布片~ (5, 0.4%)

1 がで, がひっかかっ, だけでも自分, の方, は大切

▼ 焼け~ (5, 0.4%)

1 が横たわり, の森, の横たわる, の積んである, をのせ

▼ 焼け~ (4, 0.3%)

1 に真, に腰, へ歩哨, を信長

▼ 焼け失せ~ (4, 0.3%)

1 てしまった, てしまつた家, て永く, なむも

▼ 焼け~ (4, 0.3%)

1 があったで, だ, でめちゃめちゃ, はあれ

▼ 焼け残つて~ (4, 0.3%)

1 ゐたの, ゐる, ゐる場所, ゐる家屋

▼ 焼け~ (3, 0.2%)

1 まる焼け, よ, 大議論

▼ 焼けてや~ (3, 0.2%)

1 しないでしょうかね, しないでしょうね, しないよ

▼ 焼け~ (3, 0.2%)

1 する心配, 一ツせず, 額には

▼ 焼け~ (3, 0.2%)

1 しないかと, しなかった土地, する

▼ 焼け~ (3, 0.2%)

1 した船員, つたなあ, 起して

▼ 焼け~ (3, 0.2%)

1 こない, ちまいましたから, ちまうなんて

▼ 焼けッ腹~ (3, 0.2%)

2 になっ 1 が叫ぶ

▼ 焼け~ (3, 0.2%)

1 と化し, になっ, べいで尋ねる

▼ 焼け~ (3, 0.2%)

1 が下, が割れ飛ん, が渡し

▼ 焼け火箸~ (3, 0.2%)

1 でも踏んだ, で両方, で突いた

▼ 焼け爛れた~ (3, 0.2%)

1 感情は, 死体も, 鉄の

▼ 焼け~ (3, 0.2%)

1 の間, は火, を取り除いたなら

▼ 焼け~ (2, 0.2%)

2 二軒焼けぐらいで

▼ 焼けぐらいで~ (2, 0.2%)

2 皆消し止め

▼ 焼け~ (2, 0.2%)

1 かる火の粉, かる館

▼ 焼けさして~ (2, 0.2%)

2 悲しみも

▼ 焼けてからは~ (2, 0.2%)

1 たしかに頭, 実にでした

▼ 焼け~ (2, 0.2%)

1 人間も, 話だ

▼ 焼けながら~ (2, 0.2%)

1 杏の, 臭い煙

▼ 焼けトタン板~ (2, 0.2%)

1 が重ね, を何枚

▼ 焼け~ (2, 0.2%)

1 せて, せ雪

▼ 焼け会社~ (2, 0.2%)

1 の世話, も焼け

▼ 焼け半分~ (2, 0.2%)

1 になっ, の厭

▼ 焼け失せた~ (2, 0.2%)

1 丈けでも, 函館の

▼ 焼け明る~ (2, 0.2%)

2 その静けさ

▼ 焼け明日天気~ (2, 0.2%)

1 になあれ, になーれ

▼ 焼け残つた土蔵~ (2, 0.2%)

1 の中, を一家

▼ 焼け残つた家~ (2, 0.2%)

1 がいくつ, の便所

▼ 焼け~ (2, 0.2%)

1 も煮え立っ, も燃え

▼ 焼け焦げた~ (2, 0.2%)

1 ような, 野原を

▼ 焼け煉瓦~ (2, 0.2%)

1 の割れ目, を置き

▼ 焼け~ (2, 0.2%)

2 らして

▼ 焼け爛ら~ (2, 0.2%)

1 され大概, せて

▼ 焼け爛れ~ (2, 0.2%)

1 よ, を剥き出し

▼ 焼け~ (2, 0.2%)

2 になっ

▼ 焼け~ (2, 0.2%)

1 だけが今, は焦げ

▼ 焼け~ (2, 0.2%)

1 だろうと, を飲ん

▼ 焼け~ (2, 0.2%)

1 の酸っぱい, をおしつけられた

▼1* [185件]

焼けあした天気になあれ, 焼けあとあちこちに立っ, 焼けあとだらけだ, 焼けあと空虚になった, 焼けあんばいによって焜炉, 焼けうどんを温めろ, 焼けおちた大きな丸太, 焼けかたでこと, 焼けかと思うと, 焼けくずを結えつけ, 焼けくずれた自動車の, 焼けこぼれた石の, 焼けさうに思はれる迄, 焼けさかんな水気, 焼けしもうて, 焼けそこで一族全員の, 焼けそれから今の, 焼けたかいなあ, 焼けただれた工場の, 焼けたりと聞き谷中, 焼けたりもしなかつた, 焼けたりや焼けたり, 焼けつき頭がずきずき, 焼けつくさんとする, 焼けてからというものは, 焼けてからの丸善に, 焼けてからも又くり, 焼けてこそおれ若い, 焼けてさえいなかったら仙台, 焼けてでもいなければ, 焼けてね深谷の, 焼けてほどよい頃, 焼けであるにも係わらず, 焼けでもしなければ, 焼けという大火事, 焼けとか軍防令に, 焼けとも思われぬ薄い, 焼けどした子供, 焼けどの瘢痕かと, 焼けどもせず大して, 焼けなむと諦めゐたる, 焼けなんの届け, 焼けぬけたポケットから, 焼けはじめの頃自分, 焼けひびの入った, 焼けまた上杉の, 焼けよく崩れて, 焼けり災した児童, 焼けわが家も風下, 焼けガラスが落ちた, 焼けコゲのある, 焼けバケツに妻, 焼けビルのかどを黒い, 焼けボックイに火, 焼け一家は田舎, 焼け上つた自分の耳, 焼け上つた身内の温まりと, 焼けには赤い, 焼け丸太小屋の丸太, 焼けが死ん, 焼け人形衣裳が焼け, 焼け卵子が出, 焼け又は潰れて, 焼け古い支那学校に, 焼け同様なす, 焼け四日市小網町一面の火, 焼け土蔵倉を落す, 焼け地獄みたいな所, 焼けで大変, 焼けを修築, 焼けは燃え, 焼け多くの旅人, 焼け大学の図書館, 焼け大覚寺も焼かれた, 焼け失すると共に玉藻, 焼け失せしまでは売り, 焼け如何にも軍人らしき, 焼け妻子も行方, 焼け子供は一人, 焼け安田家の蔵書, 焼け尽くるまで, 焼け尽したと見せた, 焼けで草木, 焼け崩れの土塀, 焼け工場の跡, 焼けが落ち, 焼け帝国ホテルに泊る, 焼け床板は焼けた, 焼け弁口も爽, 焼け所々煉瓦塀の残骸, 焼け揚威戦闘力を失し, 焼けいみたい, 焼け損じがあっ, 焼け損われたり縮れ, 焼けが早かっ, 焼けること, 焼けならん, 焼けやトタン, 焼け材木を叩く, 焼けに火, 焼け松竹会長の白井さん, 焼けも焼け, 焼け果つるとも硯, 焼け果てにけり, 焼け枯木に花, 焼けくいの, 焼け棒ッ杭をひろっ, 焼け棲家のなくなった, 焼けの柄, 焼け横浜も一日, 焼け橋梁の上, 焼け武蔵野ヶ原であったけれど, 焼けによるぞッ, 焼け死傷十万という災害, 焼け残った家へ, 焼け残つた広い家, 焼け残つたのである, 焼け残つたメリンスの布団, 焼け残つた一郭の住宅地, 焼け残つた学校などに収容, 焼け残つた尼御台さまの御, 焼け残つた木株や石, 焼け残つた本郷の通り, 焼け残つた東京の住, 焼け残つた東京郊外の空ツ風, 焼け残つた校門の傍, 焼け残つた樹木の歯車, 焼け残つた祖母の家, 焼け残つた私らの地区, 焼け残つた立木もあり, 焼け残つた邸町を番地, 焼け残つて天を引裂かう, 焼け残ればよろこん, 焼け気味のある, 焼け汐風に吹かれ, 焼け河原を越え, 焼けでは兵船, 焼け渓水は死屍, 焼け溶ろける火, 焼けだの真赤, 焼けに吹かれた, 焼けれた淫蕩, 焼けばし, 焼けの火, 焼け無茶だ, 焼け焦げた窪みに湯呑, 焼け焼け跡のバラック, 焼け煙突のうえ, 焼けに蒸され, 焼け爛れ乍らカッと, 焼け理学部では木造, 焼けを付けた, 焼け確定しがたき, 焼けの避難先, 焼け米そこらを掘る, 焼け糞半分になっ, 焼け細君も娘, 焼け肴町の通り, 焼けの中, 焼け焦げ空, 焼けの石燈籠, 焼け芝居も焼けでしょう, 焼け芝浦まで焼け抜けた, 焼け茶谷金弥は四人, 焼け落ちてしまった, 焼けが一戸前, 焼けがいよいよ, 焼けを大学, 焼け軍隊は解散, 焼け逃げおくれた男女, 焼けのよう, 焼け金剛石の腕輪, 焼け鉄棒を焼け, 焼け鉄管に接触, 焼け銀杏の根元, 焼け銅線をつかまされた, 焼け陣所陣所の建物, 焼け難いという西洋紙, 焼けに打たれ, 焼けれた, 焼けはほとんど, 焼けにさらされ, 焼け食欲も減退, 焼け飲みをした, 焼けにつける