青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「無数~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

無き~ ~無く 無く~ 無し~ ~無事 無事~ 無心~ 無意味~ 無意識~ ~無数
無数~
~無理 無理~ 無用~ 無礼~ ~無視 無視~ ~無言 無言~ ~無論 無論~

「無数~」 2689, 29ppm, 4032位

▼ 無数~ (2036, 75.7%)

28 星が 17 人間が 12 星の 11 人が, 人間の 9 ものが 8 人々が, 人々の, 蛇の 7 顔が 6 女の 5 ものを, 影が, 星を, 生物の, 眼が

4 [12件] やうに, ように, 人の, 嘆きは, 嘆きよ, 変化を, 松明が, 蛇が, 触手の, 足音が, 軽い擦過傷, 頭が

3 [28件] 人影が, 光の, 卵を, 宝石を, 巨大な, 影を, 手が, 敵を, 死を, 死体が, 気泡が, 泡を, 猿が, 生物が, 男女が, 男女の, 皺の, 眼は, 線条は, 群衆は, 群集が, 花が, 蛇を, 針の, 雪の, 顔の, 鳥の, 鴎が

2 [161件] おおかみ, かげが, それらの, つまらぬ出来事, ものに, タブーを, ダイヤモンドを, ハンケチを, ブランキが, リズム, 不平不満を, 事実を, 人々に対する, 人々は, 人たちの, 人と, 人に, 人を, 人間, 人間に, 仏像を, 例を, 例証をも, 個々の, 傑作を, 傘が, 傷が, 傷に, 光が, 兎が, 兵船が, 危機や, 哀しい生命, 商船や, 嘆きが, 嘆きと, 嘆きに, 国家的羅曼主義者即ち, 塵毛の, 変り果てた顔, 大作を, 大小の, 天人が, 妙に, 子供の, 宝玉の, 宝石が, 宝石の, 小さい虹, 小さな喚き, 小枝, 小波が, 小猫, 小舟を, 小説が, 少女の, 岩燕が, 川が, 建物が, 心像が, 感情を, 抽出が, 提灯が, 教会と, 敵の, 旗が, 星である, 星にも, 星屑が, 時計の, 枝を, 椅子を, 構図を, 槍と, 死骸が, 死骸の, 死骸を, 毒蛇を, 民衆が, 水泡を, 浪人が, 渦を, 漁船が, 火の粉が, 灯を, 点を, 焔に, 無形の, 燈火が, 爆弾が, 片々が, 物象めまぐるしく, 玉が, 理由を, 生きものが, 生存者が, 用語を, 痕跡の, 瘋癲人を, 白骨を, 皺が, 真珠を, 眼に, 矢が, 知られざる死, 破片や, 神兵が, 神兵も, 神秘な, 穴が, 穴を, 窓から, 窯場が, 筏を, 糸が, 紙片の, 紫の, 細かい雪, 細かな, 結節が, 縄を, 者が, 脚が, 腐りかかった肺臓, 興味ある, 船が, 船に, 花粉を, 荷船は, 落葉を, 葉の, 蛙が, 蜂が, 蜘蛛が, 蝋燭が, 蝗の, 蟻の, 言葉は, 赤ん坊の, 足どりと, 身辺の, 軍馬の, 追憶的風景画を, 過去の, 過去生を, 醜いもの, 金銀を, 針を, 長所を, 階級が, 隣人たちよ, 雀が, 雑器が, 雑音無数の, 電燈が, 頭を, 風変りな, 飢えを, 魑魅魍魎が, 魚が, 鯨舟が

1 [1432件 抜粋] あらしの, いろんな細かい, おも, かかる不幸, かんこ船と, きのこを, こまかい事情, これらの, しかも密接, ちがったしばしば, ともしびをてらして, ばからしくくだらない質問, ほしが, まことし, ものにおいて, ろうそくを, イルカ魚, カラクリを, ガラス窓人の, サンブリ族及び, ダイヤで, バチルスあり, バンカが, ヒビが, ピストンや, ヘビは, ホテルを, ミタマサマを, ランチは, 三角波を, 不均衡な, 不規則な, 世界の, 中国人, 乳房それが, 事件を, 事実から, 事柄に, 五十匁掛の, 交通路が, 人々よ, 人そうして, 人命をも, 人家軒を, 人為的風物が, 人間だろう, 人間を, 人類が, 仏陀の, 仔蜘蛛を, 仕事や, 伝書鳩の, 体験を, 使用人が, 信号中の, 信頼の, 偃松の, 偶然的危険が, 傷ついた肺臓, 働きを, 元子は, 光る物, 兵員を, 兵船の, 円い顔, 写真を, 出迎えが, 刀鍛冶たちへ, 分裂を, 列よ, 剣の, 力発展しよう, 労働者無数の, 動かない電光, 動物も, 化菩薩あり, 半意識的状態, 南京小桜が, 卵が, 卵細胞が, 友だちが, 口を, 古代の, 古神像, 可能を, 各方面, 同じ仲間, 同時作家の, 名が, 名も, 名称は, 吸珠, 吹雪と, 唸る蠅, 嘲弄的な, 器物が, 因子の, 困難第, 圃園と, 土器, 地域には, 執意, 場合に, 墓が, 墓窟の, 壁面の, 売笑婦が, 変化が, 多くの, 大功あり, 大小各, 大石で, 天人を, 天使たちが, 天狗が, 夭折する, 奇妙な, 女が, 女に, 女性の, 妙な, 姉妹が, 嫌味が, 子供を, 宝物お, 実を, 家々が, 家族, 寄進者から, 寝台が, 対局が, 将校の, 小さい日の丸, 小さい湯気, 小さい雲, 小さな傷, 小さな地響き, 小さな島, 小さな海月, 小さな蝶, 小児の, 小姑が, 小川も, 小池五郎, 小生命, 小穴, 小艇が, 小説を, 小軽音楽団体, 小銭が, 小鳥と, 尖った岩石, 屍で, 層を, 山伏が, 山河を, 山蟻の, 岩塊が, 岩石は, 峰の, 島々を, 工作機械が, 巨木や, 差別段階が, 幕と, 幻影が, 広範な, 廃残者, 建築の, 弩を, 形を, 彫りを, 役人, 彼等の, 後姿が, 御用提灯が, 微生物と, 微細の, 心を, 思い出が, 怡悦を, 怨恨が, 怪獣が, 恒星の, 悲劇は, 惰性の, 意地悪鴉を, 愛人を, 憂患を, 成り上がり者, 戦争原因が, 扉が, 手下が, 手彫, 投げ槍, 折れた剣, 抽出を, 掌の, 掻き傷, 提灯を, 摺物は, 支流を, 散歩路で, 敵は, 斧魚が, 断面に, 新鋭駆逐機や, 旗じる, 旗や, 旗幟を, 旧董卓派, 明りと, 星とが, 星に, 星も, 星群として, 時期に, 暗鬼を, 曲線の, 書物からは, 木の実が, 木材は, 木葉の, 未知な, 本を, 材木の, 条件によ, 松明, 枝道が, 枯枝と, 根から, 棘を, 検査官や, 楽器それらの, 槍を, 横道を, 橋や, 欲求に, 武者修行の, 歩兵が, 歳月を, 死体もね, 死屍を, 段階から, 毒蛇が, 毛色の, 民の, 民も, 気味合事物の, 気泡を, 水を, 水禽の, 水芭蕉の, 汚らしい言葉, 汲出櫓ばかり, 沢蟹が, 河童を, 泊まり客や, 泡の, 波は, 波頭を, 注射の, 活劇及び, 流砂の, 浮浪者が, 海底隆起部に, 海鴉の, 清新な, 渡鳥の, 渦と, 温泉が, 滅亡の, 漁舟帆を, 漠然とした, 灌木の, 火の手を, 火の粉と, 火光が, 火花を, 灯火が, 点で, 無名の, 無銘な, 焼けた屍体, 焼跡これが, 煩悶と, 燈火を, 燭火の, 牛, 物象に, 物質的欲求や, 犠牲によって, 犠牲者, 狂人の, 独立国起こる, 獣の, 玩具やを, 珍奇なる, 現象の, 理由が, 瓦斯灯は, 生き物の, 生人形, 生活様式に対する, 田氏が, 男という, 男女どもは, 町家が, 疑問が, 疣を, 痩せた青ざめた顔, 登山団体が, 白い綿雲, 白い花崗石, 白骨に, 百姓たちを, 皮膚の, 皺紋は, 目潰し, 相談を, 真珠と, 真蒼, 眼から, 眼を, 眼金ぶち, 矢や, 知識を, 石の, 石を, 石碑が, 石階や, 砂利が, 破片の, 礼拝所数限りない, 神学者や, 神経細胞あり, 禁令中から, 私転, 秘宝が, 種子の, 稲妻形の, 空家が, 窪に, 第二変化, 筏に, 精力が, 精霊を, 糸の, 紀念を, 紅葉樹に, 紙片を, 素朴な, 細い泡, 細い針, 細流や, 細長い湖水, 経歴を, 経験の, 結節で, 絵を, 線の, 縁者を, 繁みに, 羊が, 美しいお, 美しい民藝品, 美女に, 羚羊の, 群衆と, 羽虫が, 老婆の, 考えが, 肉弾, 肺臓が, 腕で, 自動車が, 至細, 航空路の, 艨艟が, 色魔が, 花に, 花びらを, 花束の, 若いヨーロッパ人, 苦労, 英語を, 茶器が, 草花と, 萌芽は, 落葉である, 葉を, 薬壺が, 藪蚊が, 藻草の, 虫どもが, 虫箱が, 虹を, 蚕が, 蛇ども皆その, 蛸は, 蝋燭の, 蝨が, 螢が, 蟹が, 蠅であった, 蠕くもの, 行列を, 衝撃の, 衣裳が, 表現的形成的な, 複雑した, 要素は, 視線が, 観念をば, 触角を, 訴訟を, 試験管ガラス棒の, 説話と, 諷刺画中最も, 謙虚な, 谷や, 負傷立ち上る, 貧人は, 貼り紙の, 赤とんぼが, 赤蜻蛉を, 足が, 足跡と, 足音日を, 踊り子が, 軽い砕小種子, 輜重は, 迷い子の, 透明な, 連想の, 道具, 邪教徒が, 部屋と, 部屋は, 都人やら, 金モールが, 金銀の, 針, 針金の, 鉢が, 鉾を, 銀燭に, 錦絵に, 鏡は, 長靴と, 関係が, 闘争を, 陣地陣地を, 陰影どもは, 陳列台が, 隙間からは, 障碍物を, 隧道それをも, 集合によって, 雨傘を, 雨蛙の, 雪片が, 雲助は, 電球を, 露の, 青い破片, 青蚯蚓, 青蠅, 面を, 音に, 音物が, 順列を, 頭, 題材を, 類型や, 風習と, 風雲児は, 餓鬼は, 首です, 馬蹄の, 騎士達は, 驚異を, 骨と, 高層建築は, 鬼属を, 魚どもが, 鮎が, 鰻浮き出た, 鳥で, 鳥獣と, 鳥籠を, 鳩が, 鳶が, 鴨が, 鶏無数の, 黄ばんだ祈り, 黄金の, 黒い松, 黒色の, 黴菌を

▼ 無数~ (512, 19.0%)

24 ある 11 あって 7 並んで 5 あるが, あるの, 存在する 4 林立し 3 あった, あります, あること, あるもの, 住んで, 出て, 出来て, 散在し, 立ち並んで, 立って

2 [37件] あり蛆, あり詮, あるから, あるだろう, あると, いる, かたまって, きこえる足音, ぎっしりと, して, ついて, できて, ならんで, 交錯する, 傷を, 光って, 入り乱れて, 分枝, 動いて, 四散し, 散らばって, 散乱し, 残る, 殖へ, 皺が, 目に, 知って, 砂の, 砕けて, 空中を, 群がって, 自己自身を, 落ちて, 通って, 連って, 集まって, 飛んで

1 [347件] あけられて, あったが, あっただろう, あったと, あったの, あったもの, あったり, あつた, あつて, あつて因習, あらわれて, あり, ありそれ, ありたるならん, ありましたが, あり無限, あり網, あるいや, あるであろう, あるという, あるに, あるね, あるので, あるのに, あるはず, あるわけ, あるん, ある交叉点, ある微小凝結核, ある民藝品, ある訳, ある迷信, いたこと, いること, いるそば, いるでしょうから, いるの, うろついて, おりるガラス, かかげられて, かたまつてぴらぴら, きらめいて, こうして漂い来る, こしらえて, こしらえ始めた, さきみだれて, さし通して, しきつらねた海底, すんで, その中心, その小, そびえ立つて, たたまれて, たれ下がった岩, ちらついて, ちりばめた夜, ちりばめられ時計, つくらせた, つけその, つづいて, つみ重ねたよう, つるんで, できた訳, できる海苔, でき上がって, とぐろを, ともし出され酒肴, なる, のたうち交錯, ひきよせそれ, ひとり秘め, ひらめく提灯, ひるがえって, まいったお迎え, もぞもぞと, やって来た, わかれ河原, ゐた, ゐるが, ガサガサと, キラキラ輝い, ツバを, ヒラヒラさした, レコードされ, 一つ所に, 一方の, 三角形に, 上から, 上ぼつた, 下ろされそれ, 並び出して, 並んだ沢庵桶, 並列し, 乗込んで, 乱れてる中, 乱れ飛んでは, 乱舞する, 乾しひろげられたそれ等, 亡き数, 交錯し, 仕切られて, 住み大, 作らせて, 使って, 侍し, 保たれながら, 個々別々である, 倒れて, 入り込んで, 全島を, 典型的な, 列べ立てて, 列を, 列挙された, 刺し殺した, 刻みこまれて, 加える特権, 印せられて, 印刷し, 印刷配付し, 厳重に, 反対である, 取り囲んで, 取付けそれ, 取巻く, 受けて, 可能に, 含まれて, 吹いた, 和みあ, 和みあって, 咬み殺したといふ, 咲いて, 唱えられるので, 嘉吉の, 噴き出したの, 在って, 地を, 垂れさ, 増せば, 増やした, 変化の, 多くの, 天井から, 天鵞絨の, 存し, 存する, 存すること, 存するの, 存在し, 存在し得る, 存在す, 宇治に, 宵の, 容赦なく振い落される, 寂しく熱く, 寄り集まっ, 展開し, 川を, 巣くって, 建って, 張り出して, 彫った, 御分配, 恋も, 手の, 投げつけて, 投げ出し酒肴, 抱いて, 押し合って, 押し合つて, 押し着けられたまま, 拵えた, 拾いだせるはず, 指摘する, 按配した, 揺れて, 撒きながら, 散らして, 散在した, 散在する, 散点した, 整然と置かれ, 日本へ, 映ったから, 映る, 書くだろう, 書けるよ, 書店から, 有ること, 来集し, 東へ, 松火が, 枝から, 棲息し, 植えて, 植えられて, 櫛比し, 止まった, 残しその, 残して, 残って, 残存し, 殖えたの, 殖え腕, 沈んで, 波上に, 流布され, 浮かんで, 浮上って, 浮游し, 浸って, 渦巻いた, 游いで, 溢れる無機的現象, 潜んで, 灯火が, 点々と, 無類に, 焼け死んだ, 燦い, 獲た矢, 現はれる, 現れた, 現れたので, 現われて, 現われ出して, 生え, 生ずること, 生まれて, 生んだ功績, 生起し, 産ませ世界, 産出する, 用意し, 発生し, 発表した, 発見され, 発見し, 白くまた, 盛りあげられた土山, 着いて, 示されるもの, 種子を, 積み上げて, 積み重ねたあの, 積み重ねて, 空に, 空へ, 空中に, 穿った軽量, 突出し, 立った, 立てられた銀燭, 立昇りひとみを, 立迷ってる肉眼的, 籠められ, 納めて, 細い廊下, 絃を, 結び垂れ, 縫いつないで, 繁茂し, 繋がれ嘶き地, 織られて, 繰り出して, 繰り返されこれから, 繰出して, 繰返された喜劇, 繰返された悲劇, 美しいもの, 群がりながら, 群がり夕立雲, 群を, 聞いて, 胡麻粒ほど, 臨時燈を, 落しても, 落ちる胞子, 蒔かれて, 蔓って, 蔓で, 蔦の, 蔵し, 蕾を, 螢が, 蠢いて, 行なわれねば, 行はれ, 行われて, 製造され, 見いだされたに, 見えた, 見えてるきり, 見えましょう, 見える, 見かける猿, 見て, 見ること, 見出された, 覗き下ろす, 詰め谷間を, 買い込んだ, 起伏し, 跳ね出しでも, 転がって, 転落し, 軽井沢に, 載せながら, 輝いて, 近い大小船舶, 迷い出してること, 送り出した囲い場, 逃げ走るの, 連れて, 連絡し, 道が, 遺して, 重なり合う刃, 重なり合った樫, 重なり合ってるの, 野獣に, 針が, 釣って, 釣り場が, 開鑿され, 関係し, 附着いてる, 降って, 降りそそぐという, 陳列され, 集って, 集めそれ, 集めて, 集めても, 雪の, 青虫が, 飛びたったの, 飛びちがい流星, 飛び出して, 飛び回りうようよ, 飛んだ, 食いその, 飾り付けられて, 馳けだす, 駅からな, 鴨が

▼ 無数~ (41, 1.5%)

2 人間の, 人馬の, 顔が

1 [35件] さむらい, のである, ものが, 世の, 人たちが, 例も, 光の, 出家と, 古来の, 天幕に, 天幕を, 子供を, 室それぞれの, 小旋風, 小隊の, 尼僧が, 屍を, 岩や, 川すじと, 弱き者, 影が, 旗幟を, 民家の, 灯が, 狭間に, 生命の, 精霊に, 細かい穴, 群集の, 背景の, 足の, 鈴が, 頭の, 顔も, 飛魚の

▼ 無数~ (21, 0.8%)

6 いって 2 いうほどに, いっても, 結びつく 1 云うぐらい, 云って, 植えつけられて, 死体を, 称して, 続いて, 言って, 言っても, 言つてよ

▼ 無数~ (7, 0.3%)

1 その一波一波, その中, それだけでも, キリが, 無尽蔵で, 累々たる, 雌蕊は

▼ 無数である~ (7, 0.3%)

2 がその 1 うえに, から鬼光, がそういう, が特に, のみならず

▼ 無数なる~ (6, 0.2%)

3 個物の 1 を見る, 瞬間の, 霊感は

▼ 無数~ (5, 0.2%)

2 もって 1 一々切出小刀, 作りそして, 殺した後

▼ 無数~ (4, 0.1%)

1 がそれら, が直接行動, という, という伊予

▼ 無数無限~ (4, 0.1%)

1 といっ, な人間, にある, の方面

▼ 無数~ (3, 0.1%)

1 無数の, 発達し, 製造され

▼ 無数だろう~ (2, 0.1%)

1 し姓名, とのこと

▼ 無数であり~ (2, 0.1%)

1 これに対しては, それらに

▼ 無数という~ (2, 0.1%)

1 外は, 感じの

▼ 無数には~ (2, 0.1%)

2 いって

▼ 無数~ (2, 0.1%)

1 の事, の間不文

▼ 無数無名~ (2, 0.1%)

2 の二千年間

▼1* [31件]

無数あって羅列, 無数それは慶長年間, 無数だったことだろう, 無数であって文字, 無数であったけれども後, 無数であろうがそういう, 無数ですからね, 無数としか思はれないさまざま, 無数とも無限とも, 無数なしやつぱに, 無数なれども那個, 無数な生まな感情が, 無数によりあはせた, 無数のやどかりども, 無数のよぢれた, 無数零ノ, 無数不可思議阿僧祇劫と念, 無数仲裁も捕手, 無数億衆生爾来無量劫, 無数投降者約一万, 無数数億而も仏, 無数汀洲と, 無数生死の千変万化, 無数持つ身, 無数の大, 無数空気中を飛行, 無数糧草は山野, 無数続き游ぎ船坐る, 無数を害す, 無数連山映夕陽, 無数隠れている