青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「無意識~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~無かっ 無かっ~ 無き~ ~無く 無く~ 無し~ ~無事 無事~ 無心~ 無意味~
無意識~
~無数 無数~ ~無理 無理~ 無用~ 無礼~ ~無視 無視~ ~無言 無言~

「無意識~」 1820, 20ppm, 5843位

▼ 無意識~ (771, 42.4%)

12 それを 9 手を 5 では, 歩いて, 自分の 4 そこに, 働いて, 出て, 顔を 3 これを, して, やって, 口笛を, 彼の, 彼は, 感じて, 求めて, 足が, 身を

2 [35件] あたりを, そうなっ, その手, ぞくする, やつて, わたくしは, ポケットへ, 両手を, 人の, 僕に, 先刻の, 刀を, 動いて, 口を, 叫んだ, 唇を, 寄って, 寝台の, 床の, 怕い, 書いて, 渡しながら, 煙草に, 私の, 私を, 立って, 美しいポーズ, 肩を, 自然と, 自然に, 触って, 過ぎて, 頭を, 額から, 首を

1 [619件 抜粋] あおぐ真似, あなたの, あの別荘番, あやまって, あらわれたる心, あれを, あわてて, いかなること, いかなる場合, いくひさしく, いじって, いって, うしろへ, うたいつるる, うちに, うなづいた, うめきながらも, おいと, おなじ方面, お得意, お杉, お礼を, かういふ動作, かき取って, かたえ, かたくつかんだ, かばいたい気持, かぶりながら, かんだ, がばと身, きき流しどんな, きのうと, ぐっと上がった, ここへ, こすった, こすりながら, この政党, この過多, これが, こんな悪戯, さういふ風, さう思ふで, さえも, さがし求めて, さける習慣, さへ, されど深長, しかし自分, しかめて, しきりに血だらけ, したたり, しなやかな, しろさえぎる空気, すぐ棒切, すぐ立ちかけた, すすんで, すでに阿, ずり寄っ, せよあったの, せよそこ, せよ仲, せよ有, せよ混同, せよ無理, そういう興味, そういったかも, そうする, そうひとり言, そう声, そこの, そして無抵抗, そして甚だ往々, その中, その人たち自身, その指, その文句, その特性, その男, その花, その花片, その蒔絵模様, その言葉, それと, それに, そんな事, ただこうした, ただもう, ただ外界, だ, だったの, だらうが, ちょっと額, ついそう観え, つかんだ, つぶやきながら, てくてくと, である, であろう美しく, となりの, なお青空, なかへ, ながめて, なされる現実世界, なつて, なつてる間に, なにかを, なりたりと, なると, はたらくので, ぱらぱらと, ひそんで, ひっかくと, ひょっと手, ふた足三足, ふと立ちどまり, ふりまいたデマゴオグ, べたと, ほとんど本能的, ほんとに無意識, まあ綺麗, またも自分, まどによる, まねて, まねを, むじな菊の, もてあそぶの, もとめて, ものを, もやもや何, わが家の, わが家を, わたしから, ウヌとばかり, ガラガラと, クローズ, サッと構える, ジャブリジャブリと, ズズッと, ネクタイを, ハッと, バケツを, パンを, ビラを, ピアノを, ベラベラと, ボリボリ食い始めた, ポケットに, ポーズを, マストを, マフラーの, 一つかみずつ, 一つの, 一二度その, 一室を, 一足出る, 一間ばかり, 万福の, 三方子川へ, 不可抗的に, 且つ不用意, 中ほどの, 丸めながら, 乘つてゐた, 予言した, 争われなかったとは, 二人の, 云い違えたもの, 云ったことば, 人を, 今でも, 今までより, 今掴んだ, 仮定し, 仰向いて, 伊八を, 伝は, 伴ふ, 伸びて, 低くは, 体へ, 体を, 何か, 何の, 余り馬鹿馬鹿しい, 作品の, 使う言葉, 使われて, 俺も, 停車場には, 働いたという, 働いたもの, 働かして, 元の, 兄の, 先取特権を, 先生を, 入歯の, 其の瓶子, 其儘飲ん, 内より, 処理され, 出た笑い, 出た自分, 出まかせに, 出る青春, 分析しうる, 刺激された, 前からの, 前へ, 前句, 力が, 動いた, 動かしながら, 友を, 双葉の, 反芻を, 取つた竹, 受けとめた次郎, 受け取って, 受け取る, 口から, 口に, 口辺に, 古人の, 叩きながら, 叫び出して, 叫び聲, 叫んだが, 叫んで, 右手に, 右手を, 合目的に, 名刺を, 含糊の, 味岡小, 呼んだ, 呼んだ彼自身, 咽喉を, 唯だ, 商売仇を, 土手を, 基準に, 壁の, 壓迫された, 多緒子, 大きな手, 大工は, 大道を, 天井を, 天地と, 守って, 守りぬかうと, 実行し, 家の, 家を, 封を, 尊氏はば, 小児の, 小姓の, 少年に, 尾けて, 左右された, 左手が, 帽を, 帽子を, 平易に, 引く, 引ッぱりながらそれを, 当の大蔵, 彼女は, 彼等の, 彼等を, 待って, 後ろを, 後を, 従うこと, 微笑で, 微笑を, 必要と, 応じた, 思い浮べて, 思つてゐるらしく, 思ひ込んて, 急いで, 息を, 悩んで, 惡戲された, 惨酷, 意識した, 愛の, 感じたため, 感じたので, 感じつ, 懐に, 懐へ, 懸命に, 或る, 手に, 打ちこわして, 承諾の, 抑えて, 投げおろした, 抜き取って, 抱きついて, 押しすすめて, 拘らず彼女等, 拘らず覊旅, 拾いあげると, 拾って, 持った手紙, 持続する, 持続せられる, 指先で, 指先を, 挙動に, 振り上っ, 振り返った, 探し求めて, 掴まつて, 支配された, 放射し, 救を, 於て, 既にこれ, 日本の, 暮らしたこと, 書いたん, 書かされそうして, 有つて, 望むだらし, 本能の, 本能的にばかり, 机の, 林の, 柳町の, 棄てて, 植込みへ, 楽器を, 構成された, 模型教育で, 次の, 歌い返して, 止めたが, 歩く, 残したが, 比企の, 気に, 汗の, 没入すべき, 洩らすの, 活動し, 流露させる, 浮かべた微笑, 湿つた洋服, 漏らして, 潜んで, 火箸の, 無意識に, 煙突にたいして, 煙草を, 片腕を, 物理的力学的に, 犯人の, 狐の, 生み出す絵, 生垣へ, 甲を, 男の, 畳の, 畸形な, 疲れさすそ, 発した苦痛, 盃の, 盲目的に, 直覚し, 看過した, 真っ黒な, 瞥見した, 知覚した, 石地蔵の, 砂利場の, 破れかけの, 破壊を, 祈りつ, 神を, 種を, 突きだし気味, 窘んだ, 立ち上った, 立ち上ろうと, 立つて, 立上つて次の間へ, 立上る, 筆を, 築き上げた例, 紅庵の, 納屋の, 納戸の, 紙包を, 絵巻物を, 緑の, 縋り頼って, 繰り返して, 繰返しつつ, 美しい権利, 美しきもの, 考えたため, 考へたの, 聞くと, 胸元に, 脚が, 腕を, 腰から, 腰を, 膝を, 自ら伸び, 自分を, 自動的に, 自宅に, 自白され, 自重の, 舌打ちを, 舞って, 般若丸の, 舷側を, 色褪せさせるもの, 若い老, 荒々しく掻きあげ, 荒木が, 菓子を, 葬られるであろう, 蒲團の, 蚊を, 蚊帳の, 血だらけの, 行って, 行なわれるわけ, 行ふ, 表して, 表戸, 覆面を, 見つめる, 見ると, 見返ったとき, 解釈し, 触れて, 言って, 言つた, 計量する, 訝つて, 話を, 誇張した, 起きあがった, 起きあがろうと, 足の, 足音を, 跪くこ, 跳び退いた自分, 踏んだ韻, 身びいきの, 身体の, 輾転反側した, 辛抱し, 辻を, 近い放心状態, 追求し, 逃げかけたが, 連れ立つて, 遊戯の, 過ぐるもの, 過す時, 避けるの, 部屋には, 酔の, 銃身掃除を, 銭を, 鍛えるべきであ, 長男を, 開くと, 開けた, 開けて, 防禦の, 頬に, 頭の, 額の, 顫へて, 食いたがるよう, 食べて, 食物の, 飮み, 首筋の, 馬の, 駅へ, 駆りたてられて, 駒井の, 駕籠を, 高くし, 鳥目を, 鼻歌が, 鼻糞を

▼ 無意識~ (402, 22.1%)

120 うちに 30 裡に 27 間に 25 中に 10 ように, 内に 4 世界が 3 偉大や

2 [19件] うちにも, ままで, 世界, 世界に, 世界の, 世界へ, 中にも, 中の, 圧迫を, 境に, 境に対する, 底から, 底に, 状態で, 状態と, 背景を, 裡にも, 邊より, 間にも

1 [135件] あいだに, あきらめと, あらゆる方面, うちにかの, うちには, かわきが, ごとく手, なかに, べつなく, ま, まに, ままに, まま前額部の, まま感応に, もので, ものでなけれ, ものと, ものとか, ものにも, やうに, ゆえに, ようじゃ, ようであっ, イージーさに, 不安が, 世界から, 世界を, 世相史料として, 中へ, 主要目的である, 人生経験とが, 企てを, 伝承と, 作用なる, 修正が, 修辭が, 偶然の, 僕らの, 内にも, 冷評の, 制約による, 力に, 功績な, 努力の, 動きが, 動作だつた, 印象が, 反芻とは, 口實だ, 口移りは, 叫びの, 君主を, 命じた業, 哲學を, 哲理, 問題に, 圧迫, 圧迫である, 境遇に, 変化では, 変化を, 変化改竄を, 変更が, 変貌を, 大なる, 奧に, 女々しき復讐心, 好意で, 嫌悪や, 嫌惡や, 尊敬じゃ, 尊敬に, 布置であった, 底の, 底力を, 役割は, 心の, 心理に, 性の, 想定な, 憎しみが, 或る, 批評という, 掛声だった, 敏捷さだった, 断層に, 方則に従って, 智恵であり, 有志だ, 期間が, 朦朧たる, 本能では, 概念と, 構造を, 権威である, 欲求に, 歴史だけは, 殴打です, 海洋に, 深さとのこ, 測り知る可, 片言まじり, 状態であっ, 狭さ, 疎隔感情が, 眼に, 眼を, 祈が乳色, 空虚と, 競争心から, 罪を, 習合であったろう, 習慣が, 習慣にまで, 肚裡に, 芸術的衝動だけは, 芸術的衝動はね, 蔵に, 行動だった, 行動で, 行為も, 衝動から, 衝動に, 表現, 言動の, 誘惑と, 謙遜, 贅沢おっとり, 軽蔑の, 配慮が, 間にさえ, 関係に, 関心が, 隅々に, 雲霧の

▼ 無意識~ (267, 14.7%)

10 にせよ 7 に, にその 6 なもの 4 では, にもせよ

2 [14件] であるが, であるに, なこの, な努力, な動作, な大きな, な技術, な過去, にそれ, にである, に彼, に甲, に相手, のもの

1 [201件] かに次, かの模倣, から意識的, であつ, であるか, であるとを, であるにも, であるの, となり, との区別, な, なあらゆる, なからくり, ながら, ながら器械, なそして, なも, なり必然, なるもの, なるゆえ, なデフォルメーション, なメカニズム, な一つ, な不満, な世界観, な二重, な仮定, な作用, な公明さ, な内部運動, な危険, な哲理, な善良さ, な嘘, な場合, な夢, な妄信さ, な媚びを, な希望的観測, な情愛, な意識, な感情, な憎悪, な憤懣, な文化的要求, な文化統制, な模倣, な機械的, な欲求, な残忍さ, な無自覚的, な犬, な癖, な策略, な経験, な美術工芸品, な考慮, な自然的, な苦痛, な虚偽, な誇大, な部分, な開展, な闇冥, な願望, な騙り, にあきらめ, にいつしかやたら, にお, にか, にかかる, にか一向に, にか例えば, にか働い, にか其処, にか又は, にか恐らくもう少し, にか意識的, にか苟くも此, にこの, にこれら, にしか習得, にしろ, にせよ懐い, にそこ, にただ, にだが, にで, にでもあらう, にでもその, にとにかくさ, になされる, にねらっ, にはあらゆる, にはまた, には反, には必ず, には既に, にもしくは, にもその, にも新しい, にも求め, にも泰西作家, にも限られた, にスタンダール, にファシズム, にブルジョア, に事物, に人, に偉大, に働く, に分配, に利用, に剋殺, に創りあげた, に動い, に動かされない, に原始的, に取らせ, に取り入れ, に受け容れ, に同じ, に唯物論, に商法, に問題, に垣根, に外來, に多少, に少女, に常に, に彼等, に往々, に待ちかまえられ, に微妙, に愈々, に感じ, に感じる, に感受, に承認, に拾い上げ, に拾い取る, に指輪, に改竄, に新劇, に暗, に本能, に板倉家, に次いで, に歪められ, に殊に, に気付い, に治者, に浅草公園, に無, に片山夫妻, に犯されるであろう, に男, に眼, に知っ, に破棄, に私たち, に競争, に答えた, に組織, に統一, に編集活動, に考慮, に自分たち, に自分一個, に自家, に自己自身, に色々, に若しくは, に蒲団, に行, に行なう, に行われ, に行われる, に衝動的, に試み, に認め, に認識理論, に資本主義自身, に踏みしめ, に連帯関係, に運動, に遣った, に遣つた, に避けよう, に野狐, に音韻, に頭, に顧, に顧み, に顯, の八百長臭, の印象, の推理, の模倣, の誘惑, 又は意識的

▼ 無意識~ (70, 3.8%)

1 [70件] あらゆる行い, がらにでも, そうして表面平静, どうけいが, のか, ので, のである, のと, ものが, もので, やうに, サラリーマンスユニオンが, 一服を, 不格好な, 且悪質な, 世界無意味な, 予期の, 仕草の, 会話ぶりでありました, 偏向が, 偽瞞, 充らん動物だ, 力の, 努力は, 動機を, 反感さえ, 反映として, 告口から, 嗅覺とは, 嘘つき癖が, 媚は, 定型を, 心理の, 意図が, 意図をば, 愛情で, 憂愁に, 手つきでからの, 手足で, 手足の, 挑戦に対しては, 日本人は, 昏迷に, 本能的な, 歩みは, 残酷さで, 残酷さにたいして, 気持から, 気楽さを, 無言の, 状態で, 独り合点の, 端的行為の, 結果に, 結論である, 者の, 能力が, 自然的統制であった, 自衛的手段でしょう, 萌芽の, 行動の, 行動も, 裏切者高い, 要求は, 調子を, 謙譲と, 豊かさが, 軽微の, 軽蔑の, 過程を通じて

▼ 無意識~ (43, 2.4%)

2 あつた, はある

1 [39件] あたりを, あつたの, あつて, あとから, あらうが, あらうとも, いつのまにか自然, いるよう, かつ健康, こういう用心深い, せう思ひやりが, ただ一筋, ただ腕, なさって, はあったろう, はあつ, はあり得なくなっ, はあれ, はなく, ふらふらと, オルガ姫を, 作ったから, 執行する, 夢うつつの, 夢を, 或はすまし, 拳骨を, 描いた職工版畫, 書いて, 正直な, 此那心持を, 無意味で, 睡眠を, 自然描寫に, 行って, 行つてゐた, 選んで, 頭を, 駆けて

▼ 無意識にも~ (23, 1.3%)

1 [23件] いやな, お艶, これを, する為, せよ, せよあなた, せよこの, せよそれと, せよマイナス, せよ家霊, せよ少し, せよ素朴, その日, 一度は, 女らしさ, 字に, 或る, 手持無沙汰らしく, 有意識, 真似たもの, 私が, 絶えずあった, 義元の

▼ 無意識ながら~ (20, 1.1%)

1 [20件] この平凡, さうし, そうした方向, とりこんで, 予期し, 全く彼, 分別し, 判然と, 口語的発想を, 国の, 守りつ, 広い天然, 悉さう, 意識を, 憎んで, 或る, 有力に, 真に大衆的, 筆者自身も, 縄を

▼ 無意識的虚偽~ (16, 0.9%)

1 [16件] が原理的, が這入る, であり或いは, であるか, である所以, なの, の一つ一つ, の代表的虚偽形態, の代表者, の保証人となり弁護者, の論理, は意識, は所謂良心, は良心, は虚偽, は虚偽者自身

▼ 無意識~ (15, 0.8%)

2 いっても

1 [13件] いい一見全く, いはれて, いふ, なった一つ, なること, なる筈, 云っても, 云つてもよ, 云つてよく, 名付ける, 呼ばれて, 安全なる, 意識の

▼ 無意識哲學~ (10, 0.5%)

1 などを論じた, の如き, よりも完全, を作る, を僻典視, を帳中, を藏, を講ぜ, を讀め, を鈔録

▼ 無意識なる~ (9, 0.5%)

2 作用は 1 がごとく, が如く, 伝承に, 壓迫を, 外形の, 昔風の, 自発自

▼ 無意識状態~ (9, 0.5%)

2 に陥る 1 となり, にさせる, にズンズン落ち, に陥っ, に陷ら, の絶頂, を利用

▼ 無意識~ (9, 0.5%)

2 へ幽囚 1 から迸り出, に潜在, の変化, の底, へ突き, を見ず, を觀

▼ 無意識である~ (8, 0.4%)

1 かもしれない, からと云っ, が故に, だけだ, だけに偶然, だけ余計, ということ, にしろ

▼ 無意識から~ (7, 0.4%)

4 出た化尼 1 最初の, 有意識, 眼を

▼ 無意識~ (6, 0.3%)

1 かえってかかる, これとは, その特有, 君主に, 実は茲, 彼に

▼ 無意識~ (5, 0.3%)

2 巴の 1 その奴隷根性, はた意識, 意識し

▼ 無意識哲学~ (5, 0.3%)

1 から出, に仮り, の迷い, を信仰, を買

▼ 無意識~ (4, 0.2%)

1 パイプを, 努めるらしい, 横たわる, 非常に

▼ 無意識との~ (4, 0.2%)

1 区別に, 矛盾を, 間に, 間の

▼ 無意識ながらも~ (4, 0.2%)

1 それを, 是だけの, 是は, 習俗に対する

▼ 無意識~ (4, 0.2%)

1 問わずその, 装いうるという, 装ひ, 論じて

▼ 無意識~ (4, 0.2%)

1 なる神來, に潜入, の算術, より作者

▼ 無意識~ (4, 0.2%)

1 にあばれ, にという, に両, の奇癖

▼ 無意識だった~ (3, 0.2%)

1 が無神経, に過ぎない, 世界観を

▼ 無意識作用~ (3, 0.2%)

1 が私, である, と申す

▼ 無意識~ (3, 0.2%)

1 であつ, と同しなの, なの

▼ 無意識或は~ (3, 0.2%)

1 有意の, 有意識, 潜在意識の

▼ 無意識こそ~ (2, 0.1%)

1 フロイト精神分析の, 吾

▼ 無意識であり~ (2, 0.1%)

1 ながら然, 自我は

▼ 無意識という~ (2, 0.1%)

1 ことだけを, やつである

▼ 無意識とを~ (2, 0.1%)

1 一度に, 崇拜する

▼ 無意識にでも~ (2, 0.1%)

1 存在した, 自ら恃むところがあるためにこそおのづか

▼ 無意識には~ (2, 0.1%)

1 これらの, 相当ヂリ

▼ 無意識へと~ (2, 0.1%)

1 移り行く間, 表現の

▼ 無意識みたい~ (2, 0.1%)

1 になされた, に肉体

▼ 無意識より~ (2, 0.1%)

1 出づる詩, 起こりて

▼ 無意識らしい~ (2, 0.1%)

1 が白粉, 状態にだけ

▼ 無意識現象~ (2, 0.1%)

1 と見た, を呈する

▼ 無意識的要求~ (2, 0.1%)

1 から云っ, をあり

▼ 無意識的語源論~ (2, 0.1%)

1 の発達, は之

▼ 無意識運動~ (2, 0.1%)

1 を続け, を起させる

▼1* [61件]

無意識あるいは有意識的, 無意識こそはフロイトに, 無意識からなお, 無意識だったろうがもっと, 無意識だって放免する, 無意識つまり法悦的境地を, 無意識であってその, 無意識であったのだ, 無意識であり得るのは, 無意識であろうともその, 無意識でしょうが女, 無意識ですが極, 無意識でなく意識あっ, 無意識でも反射的に, 無意識とが結合する, 無意識とはいえ, 無意識ともいうこと, 無意識ながらの懐かしさ, 無意識なはじらいがちの, 無意識なんてことが, 無意識にか故意にか, 無意識にても子として, 無意識に関してフロイトは, 無意識織り入れた思索, 無意識らしく話しこみながら保姆, 無意識らしく迫っている, 無意識をさえ装いうる, 無意識伝承を少し, 無意識すること, 無意識から溢れる, 無意識形美より美術, 無意識といふもの, 無意識抵抗の形, 無意識模索である, 無意識活動のよう, 無意識争闘といふ, 無意識發動もある, 無意識的セクショナリズムである, 無意識的作用によりて再び, 無意識的利己心の突然, 無意識的努力はその, 無意識的善夢を結ぶ, 無意識的快感これを思ふ, 無意識的構成との別, 無意識的模倣をする, 無意識的物質の波, 無意識的理智の発動, 無意識的生力が物質, 無意識的考察の必然的結果, 無意識的芸術活動とは燕, 無意識的虚偽それを今検出, 無意識的虚偽形態の代表, 無意識的虚偽虚偽としてで, 無意識的行爲が僕, 無意識的記憶の中, 無意識的説話構成の契機, 無意識空虚な生活, 無意識脳作用といふ事, 無意識若しくは半意識的, 無意識誘惑なの, 無意識選択のはたらき