青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「正午~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~止めた 止める~ 正~ ~正しい 正しい~ ~正しく 正しく~ 正に~ ~正体 正体~
正午~
正太~ ~正当 正当~ 正成~ ~正月 正月~ ~正直 正直~ ~正確 正確~

「正午~」 1056, 10ppm, 10272位

▼ 正午~ (154, 14.6%)

20 サイレンが 6 刻に 5 サイレンを 4 分配, 刻 3 刻には, 汽車で

2 [13件] やすみ時間, サイレンと共に, 刻だ, 刻の, 刻赤羽橋の, 刻龍の, 十二時を, 太陽の, 太陽は, 時間に, 汽笛が, 鐘が, 陽ざしに

1 [83件] お太鼓が, お弁当, ことについては, ころ麹町の, すこし前, ちょっと前, ところに, は敵側, サイレンから, サイレンさ, ドンが, ニュースが, ニュースで, バナナの, ベルだ, モスク, ラジオニュースで, 九つを, 事なり, 休みに, 休みや, 休みを, 休み時間に, 休憩時間に, 休憩時間議員食堂で, 位置から, 体温を, 光を, 光線で, 分割線, 初秋の, 刻と, 刻といった, 刻近くなる, 前後には, 勢揃いまでには, 匂ひ, 号砲の, 合図が, 大惨事, 太陽に, 市会が, 急行で, 意に, 日が, 明暗を, 時刻を, 時報, 時報前後だ, 時計と, 時間が, 暑気八十度に, 村に, 梵鐘を, 氣温は, 汽車に, 浅瀬に, 深い畏怖, 猫の, 空が, 空の, 管楽よりも, 線を, 羅府の, 號砲の, 西洋間の, 野良で, 間と, 陽が, 陽の, 陽光を, 頃である, 頃は, 頃までは, 頃より, 頃帰去る, 頃影最, 頃雨晴れ, 食事が, 食事時と, 食卓に, 餌を, 黙祷まで

▼ 正午~ (139, 13.2%)

11 なると 5 なって, 近い 3 なっても, 近かった, 重大放送が 2 なつた, なりますかいな, パンテオンの, 伺いますわ, 店へ, 着いた, 船の, 近い頃, 間も, 雪解けの

1 [89件] あちこちの, いただけること, いたるまで, おいで下さる, そこから, なったが, なったこと, なったところ, なりますやろか, なり午後, なり陽, なるか, なる一時間, なれば, ひと先づ終つた, ほんの僅, また医者, まちがいない, まも, ゴンサカの, チッキを, 一同集まった, 一息つき日の, 三十秒前であった, 両方から, 五分前という, 僅か長針, 僕たち三人は, 全世界, 冬は, 出かけて, 到り兩軍, 十分前, 午餐する, 参集する, 受取ること, 大名小路の, 大阪行の, 少し前, 山上と, 工場の, 当家へ, 彼は, 息子に, 成る, 料理屋で, 昼食を, 来ると, 来る大阪, 東京へ, 東京駅の, 死んだ, 瀕死の, 當る, 着いたばかり, 碇を, 私たちは, 私の, 立って, 箱ごとピン, 至りける頃, 評議する, 豚肉が, 近いこと, 近いころ, 近いといふ, 近い光り, 近い冬, 近い明るい日光, 近い時, 近い陽, 近い陽光, 近い頃やつ, 近かつ, 近き頃母上, 近くな, 近くなつた, 近くなる, 近くまでの, 近く香煙に, 近く高野の, 近し, 郵便局の, 門司を, 間に合うこと, 集りましょう, 雷門を, 青い甘味トウモロコシ, 鳴りしなりゆゑ

▼ 正午~ (72, 6.8%)

4 になる 3 であった, でした 2 だったが, になっ, になつて, の事, わが住む

1 [52件] お鳥, から, からまた, から六点鐘頃, から出, から前日, から旗田邸, から霽, ずっと上流, であるが, です, でちょうど, と夕方家, どうしても行こう, にこの, にその, にはぢ, には家康, には新潟附近, には早く, には最早, には雪子さん, にやっと, に一人, に家, に帰り, に横浜, に着いた, に私, ね, のこと, の大, の残暑, は遠く, また呑牛, までしか保たん, までにかけて法水, までには皆南方, までに受持分, までに見舞う, までの間, までもぼんやり顔, まで二三本, まで帰っ, まで無駄足, まで眠っ, を見計らっ, 同精神病学教室, 売り切る事, 来るからと, 見おろすよう, 起きて

▼ 正午近く~ (42, 4.0%)

7 なって 4 なると 2 だった, であった, なってから, になる

1 [23件] だつたが, で畑, とおぼしき, と仮定, なった, なつた, なつて, なので, なり, になっ, になつて眼, にロス・アンゼルス, に亡くなった, に眼, に起床, の事, は, まで何, まで寝飽きた, まで私, まで遊ん, らしかった, 進んで

▼ 正午~ (33, 3.1%)

4 少し過ぎた 3 期して, 過ぎて 2 知らせる鈍い, 約して, 過ぎる頃

1 [17件] すぎたばかり, すぎるわけ, よほど廻っ, 告げて, 少しばかり, 意味し, 生活し, 知らせる鐘, 組みあは, 過ぎた既に, 過ぎても, 過ぎると, 過ぎヂュウス黄金, 過ぐる三十分位, 過ごした頃, 過るや, 遥か廻った

▼ 正午ごろ~ (30, 2.8%)

2 かれは

1 [28件] おくれた朝, からがぜん, からふり出した, からものすごい, から北町奉行所, から膃肭獣, その触れ, であった, であったろう, である, どやどやと, になっ, になつて太陽, にはモンフェルメイュ, には断雲, にファンティーヌ, にメトロポリス, にモコウ, に一度, に大きな, に来, に皆, に社長, のこと, までヒョコヒョコ庭先, 今お松さん, 早くも, 来た

▼ 正午過ぎ~ (29, 2.7%)

2 であった, になる

1 [25件] から寒, それから掃除, ぞ, ですか, ですかと, なので, になっ, になりますやろ, には大阪, にまた, に上程, に上野駅, に俺, に大連, に村, に見え, に起き上りました, に釈放, の, の事, の八ツ, の日光, の温気, まで寝込ん, まで熟睡

▼ 正午~ (26, 2.5%)

3 のこと 2 から来, のうち

1 [19件] からあんなに, だけが時, である, になつたの, には宝島, には私, には雲, にサラブレッド系, に北, に家, に帰っ, に弁当, に来る, に石井柏亭, に行つて, の太陽, の田舎, の麗らか, 眼を

▼ 正午少し~ (24, 2.3%)

4 前に, 過ぎに 2 前まで

1 [14件] 以前に, 前だった, 前池田良斎は, 前門の, 前電信配達夫が, 前頃まで, 後った, 過ぎた頃, 過ぎであつた, 過ぎの, 過ぎ新, 過ぎ歸, 過ぎ飄然, 過るころ下諏訪

▼ 正午から~ (20, 1.9%)

1 [20件] こっち死んだ, 一時ごろまでの, 一時までの, 三十分ぐらい, 二時間ほど, 午後一時まで, 午後三時までに, 喰いません, 四時まで, 夕方まで, 夕方迄, 安田画伯が, 放送し, 昨日の, 月曜の, 横浜まで, 真夜中に, 軍研反対の, 通う処, 開演する

▼ 正午まで~ (19, 1.8%)

2 だ, 待って

1 [15件] 一昼夜間に, 京浜地方西北の, 何処に, 妾が, 子供会が, 川に, 待たなかったの, 待たねば, 打っ続けに, 煙草一つ吸わず, 立入禁止だ, 続いた末, 続けられた, 草取りを, 講義録読ん

▼ 正午すぎ~ (16, 1.5%)

1 [16件] からの彼, その砂利道, て帰宅, て死ぬ, ですぜ, にどう, になぎ, になっ, になる, に伊東, に見た, に郵便, の八ツ, の八ツごろ, の六ツ七ツ, まで寝

▼ 正午には~ (16, 1.5%)

2 酢く

1 [14件] まだかなり, まだ間, パリー全市が, パンと, ビュク飛行場へ, 一同会堂に, 九十度絶頂の, 太陽は, 尚ほ, 新鳥島, 着く, 私は, 種蒔き, 風まったく

▼ 正午近い~ (16, 1.5%)

1 [16件] ころに, 太陽が, 日が, 日を, 春の, 時だった, 時を, 時分浴室へ, 時刻にな, 朝食の, 銭湯は, 陽の, 電車どおりの, 頃だった, 頃であった, 頃わたくしが

▼ 正午~ (15, 1.4%)

2 覚しい極熱

1 [13件] いうと, いうのに, いえば, なりまして, なる, 云ふ, 六時の, 夕刻の, 夜半と, 昼飯の, 約束した, 解したれば, 限ったこと

▼ 正午までに~ (15, 1.4%)

1 [15件] それぞれの, たった三分, もう半秒, もう半秒時間, クラブ, 一時間半しか, 体格検査が, 女たちだけを, 宅に, 帰ると, 戸外に, 書いて, 最上等, 行けば, 鎮台へ

▼ 正午十二時~ (11, 1.0%)

2 の飛行 1 からの宴会, にいつも, にはサア罪人, にヴィール夫人, に一婦人, に開場, に食事, までの間, を過ぎ

▼ 正午~ (10, 0.9%)

1 から俄, から天気, から降り出した, ぐるころに, だったけれども, であつ, の早, まで待っ, 妻とともに, 木村カラ学校ヘ

▼ 正午~ (9, 0.9%)

2 近い銘々 1 三十一度といふ, 廻って, 待たれて, 来ても, 約束され, 鳴って, 鳴つて

▼ 正午すこし~ (9, 0.9%)

1 まえだった, 前, 前お, 前でした, 前の, 廻った頃, 過, 過ぎたころ, 過ぎである

▼ 正午~ (8, 0.8%)

1 そこにも, もうとっくに過ぎ, もう廻つて, ドームに, 勤め先から, 太陽が, 暗く夜, 聖都の

▼ 正午~ (7, 0.7%)

21 そうです, つたから, という, わね, んべ

▼ 正午ちかく~ (7, 0.7%)

1 であろう, なってから, まで投げ捨てられた, 向島の, 小屋へ, 床屋へ, 警察の

▼ 正午より~ (7, 0.7%)

1 三柏葉の, 今日正午まで, 午後三時まで, 早いと, 水道涸渇, 父上と, 翌朝の

▼ 正午ちかい~ (6, 0.6%)

1 ころで, のになかなか, 山の上を, 空が, 陽が, 陽光を

▼ 正午~ (5, 0.5%)

2 あつた 1 いい, 中止に, 人気少く

▼ 正午にも~ (5, 0.5%)

1 ならないし, ならぬうち, 事務所へ, 登つた, 近かろう

▼ 正午前後~ (5, 0.5%)

1 には一旦, にリング, のぽかぽか, はちょっと, までには頂上

▼ 正午時分~ (5, 0.5%)

1 であつ, にいったん, になっ, になった, までは何事

▼ 正午までは~ (4, 0.4%)

1 お一人, もたずそれ, ピアノを, 支局の

▼ 正午~ (4, 0.4%)

2 近づけば 1 すぎてるん, 同様の

▼ 正午下り~ (4, 0.4%)

1 の晴れ渡った, の頃, 八丁堀の, 時分に

▼ 正午我々~ (4, 0.4%)

1 はトモコマイ, は一緒, は急い, は鰻

▼ 正午まえ~ (3, 0.3%)

1 に村道, に起きた, の東京

▼ 正午休み~ (3, 0.3%)

1 でございます, の時間, を利用

▼ 正午太陽~ (3, 0.3%)

1 の位置, まさしく頭上, を望む

▼ 正午~ (3, 0.3%)

2 瀧氏來話 1 瀧氏日かげの

▼ 正午近かっ~ (3, 0.3%)

3

▼ 正午この~ (2, 0.2%)

1 港を, 羅府の

▼ 正午さがり~ (2, 0.2%)

1 のこと, の日光

▼ 正午しんしん~ (2, 0.2%)

2 と降る

▼ 正午すぎ足~ (2, 0.2%)

2 に怪我

▼ 正午だった~ (2, 0.2%)

1 から飯, のである

▼ 正午~ (2, 0.2%)

1 やぞ, やない

▼ 正午である~ (2, 0.2%)

1 からたとえ, のでその

▼ 正午とも~ (2, 0.2%)

1 なれば, 覚しい頃

▼ 正午における~ (2, 0.2%)

1 太陽の, 陰影の

▼ 正午~ (2, 0.2%)

2 は十時

▼ 正午~ (2, 0.2%)

1 の鐘, 少し前

▼ 正午~ (2, 0.2%)

1 は下宿, は舟

▼ 正午扶桑書房主人來~ (2, 0.2%)

1 り新, り白米

▼ 正午横浜~ (2, 0.2%)

1 をさる, を出港

▼ 正午迄に~ (2, 0.2%)

1 今一着同じ, 放送局へ

▼ 正午~ (2, 0.2%)

1 かつた, まりに

▼ 正午頃お前たち~ (2, 0.2%)

1 は一臺, は二台

▼ 正午頃それら~ (2, 0.2%)

2 の村

▼ 正午頃里~ (2, 0.2%)

1 近く滝, 近く瀧

▼ 正午頃高知驛~ (2, 0.2%)

1 から郷里, に着く

▼1* [225件]

正午かっきり小田原の, 正午ぎりになっていたが前期の日課点, 正午ころ一通り馬車の手入れ, 正午ごろそこへ着いた, 正午ごろキャラコさんは雪ヶ谷, 正午ごろボルドーを通り, 正午ごろ一人の農夫, 正午ごろ宝島へ着い, 正午ごろ彼は四〇〇〇フラン, 正午ごろ水平線を見はっ, 正午ごろ眼を覚した, 正午ごろ社長室へ行っ, 正午ごろ神社の前, 正午ごろ自分たちの家, 正午ごろ長平は放, 正午ぶんに, 正午すぎアメリカ陸軍部隊からマック, 正午すぎ一時間ばかりルクサンブール, 正午すぎ上野の都美術館, 正午すぎ中原君来庵焼酎を奢, 正午すぎ志水英子がまた, 正午すぎ樹明君から態, 正午すぎ講談倶楽部原稿書きおわる, 正午だすかいな, 正午ちかく詳しく言えば, 正午ちょっと過ぎに伊達家, 正午であったが私, 正午という一語から, 正午といふのに, 正午などの意味を, 正午なり深くひそめる, 正午なれば太陽中天, 正午にからだが, 正午になつて腹の, 正午にべにやへ来る, 正午のぼおが, 正午べにやで待って, 正午べにやへ弓子に, 正午までで授業が, 正午までにという注文だ, 正午までには是非帰館らね, 正午までの四時間を, 正午まわりを帰り, 正午ま夜中, 正午よりは淡き水蒸気, 正午イエルサレムの日沒, 正午イスパニアの夜半, 正午カッキリまで, 正午ダージリンを辞し, 正午ラヂオの放送, 正午リヴァプールに向け, 正午一先づ休憩したる由, 正午一寸前くらいに結晶, 正午一行と別れ, 正午三時の休憩, 正午上高地の仙境, 正午下関に渡り, 正午中央公論社小瀧氏來話, 正午中洲病院に徃, 正午中食を終る, 正午乃至午後一時, 正午二分前大地の鳴動, 正午五分前外へで, 正午五分前時計の針, 正午っと廻った, 正午人々が床, 正午以後の殺人, 正午以後翌日の正午, 正午以来時間の感じ, 正午休憩となる, 正午伝馬町の獄, 正午の大, 正午は天来, 正午世界の, 正午出帆の, 正午出発十八マイルの路, 正午前三分間だと, 正午前三十秒程になつ, 正午前二三時間余りの間, 正午前五分間と云, 正午前後妻は確か, 正午前矢君来訪しつかりやりたま, 正午前赤池着駅前で理髪, 正午北上川を百二十五マイル, 正午北緯二十四度にあり, 正午北緯六十度三十六分の地点に達す, 正午十二時ジゲルミューレンに着岸, 正午十二時ジュネーブ発車フランスに向かう, 正午十二時ホンコンを抜錨, 正午十二時午後三時午後六時には取, 正午十二時天ようやく晴, 正午午後に太陽, 正午即ち太陽の, 正午又は夜半十二時を, 正午報知臺等が皆それ, 正午外城が陥ちた, 正午鞆は, 正午大石国手を中洲河岸, 正午大鳥居で自動車, 正午天皇はラジオ, 正午完了の実験, 正午室内の温度八十五度, 正午室内七十四度にのぼる, 正午宿に引き上げ, 正午川越に着き, 正午左記の病院, 正午師範学校の正門前, 正午愛生の喜び, 正午扶桑書房清水氏來り青森, 正午折柄安否を氣遣つて伊豆, 正午會何事も, 正午散歩のとき, 正午数寄屋橋歯科医山形氏の家, 正午新生社主人來り新, 正午新生社寫眞師來る, 正午新生社青山氏來り余, 正午旅館竹家に帰る, 正午はうらうら, 正午明治座当祝, 正午昭和通りのレストゥラント, 正午昼食後他の家族三人, 正午に今, 正午時分一時頃までなら, 正午時刻のこと, 正午に入る, 正午本町のセンコーレン会館, 正午松莚子に招かれ, 正午へ上陸, 正午櫓下の妓八重福明治屋, 正午正餐が終る, 正午歩みて中山, 正午と夕方家, 正午海水を浴びる, 正午海神への途次船橋, 正午を買った, 正午生きて戦争, 正午甲板にあり, 正午を冒し, 正午病人が昼食, 正午まで一時間半, 正午發列車中の清水, 正午省線電車にて沿道, 正午石家荘にはひる, 正午神戸を出る, 正午は居住区, 正午肥後の岸, 正午舟岩内を発し, 正午英国南端プリマス港をさる, 正午葛飾驛停車場より無線電信所, 正午の内, 正午蛇行の跡, 正午西木屋町のべに, 正午西条についた, 正午親里に帰り, 正午観音堂前ニテ待ツ, 正午記者は日比谷交叉点付近, 正午詔書渙発によってすべて, 正午軈て晩に, 正午寢込んで, 正午迄には台ヶ原の, 正午迄の約束で, 正午近き頃川村書記が, 正午近くサンの町, 正午近くパンを買っ, 正午近く学校から帰る, 正午近く宿を立つ, 正午近く新聞がくばられた, 正午近く沢渡温泉に着き, 正午近く澤渡温泉に着き, 正午近く眼を醒した, 正午近く神楽坂署へ出る, 正午近く米野菜その他若干の食糧, 正午退けだあ, 正午過ぎた太陽は, 正午過ぎ二時近くでございました, 正午過ぎ光三が光丸, 正午過ぎ村を騒がし, 正午過ぎ無闇に雜誌, 正午過ぎ近江屋の大, 正午重大放送がある, 正午金員を持参, 正午閉式引続いて, 正午間近なので, 正午阿部雪子來り洋書二册, 正午降りしきる雨を, 正午陰暦六月の暑い, 正午雨霽る, 正午電報為替で送った, 正午頃テレエジェン街のある, 正午頃マザガン港を出発せり, 正午頃マターファ軍とぶっつかった, 正午頃一台の車, 正午頃事件勃発当時同科担任教授正木博士, 正午頃二階の中程, 正午頃佐川驛につく, 正午頃來るからと, 正午頃勘又さん, 正午頃十四五人の男女, 正午頃和尚さんの読経, 正午頃四千フランの金貨, 正午頃土堤に沿っ, 正午頃夢殿に入られ, 正午頃大雨沛然たり, 正午頃安蘇郡役所の門前, 正午頃完了するはず, 正午頃山村の中所, 正午頃彼は眼, 正午頃日本の東, 正午頃望遠鏡をのぞい, 正午頃浦安に帰り, 正午頃男が来, 正午頃繁青年は訪ね, 正午頃置洋燈をかかえ, 正午頃育児院にいた, 正午頃船が差しかかった, 正午頃藤原中央気象台大阪出張所長は梅田, 正午頃車は都, 正午頃霧がはれ, 正午領事の宅, 正午食堂デ晝餐, 正午を洗っ, 正午駕籠町から上野行, 正午高い丘の, 正午重熱海, 正午DC四型四発機は滑走路