青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「沙汰~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

汽船~ ~汽車 汽車~ ~沈ん 沈ん~ ~沈黙 沈黙~ 沖~ 沙~ ~沙汰
沙汰~
沢~ ~沢山 沢山~ ~河 河~ 河原~ 河岸~ 河童~ ~油 油~

「沙汰~」 1735, 18ppm, 6362位

▼ 沙汰~ (200, 11.5%)

24 して 6 待って 4 迎へ 3 待った 2 したの, しても, しようじゃ, するの, 待つよう, 待て, 待てとの, 相待て

1 [147件] あげたら限り, いたして, いたしますが, いたすであろうぞ, いたせば, いただいても, いつまでも, うけた, うけて, うけながら, うけよう, うける覚え, うけ感泣, おこすなどの, お待ちなさい, お降し下さい, かさねて, きいた, きかねど, しおるちうが, した, したけれども, したよ, したん, した故, しないこと, しなかった, しなかつた, しなかつたの, しなければ, しましょうともかく, しませんに, しようが, し宿役, し次第, する, するから, するからと, すること, するこの, するだらうと, すると, するはず, するもの, する手当薬療, すれば, せずに, つたえた, とどけて, なされたの, ねがった, のぞけば, はるかに, ふれて, まって, もって, 一つ残らず, 下しおかれました松寿, 下し一時, 下すであろう, 九月末まで, 仰ぐ事, 何で唯々, 加えそれ, 受けそれから, 受けら, 受け西園寺家, 告げて, 報告する, 増すばかり, 布令だされ, 度々耳, 引起し, 引起した, 待たないで, 待ちまする, 待つうち, 待つこと, 待つやう, 待てという, 心すずしい, 心配し, 忘れて, 思いのほかに, 恥じすぐ, 悲しみ抵抗, 惹き起したこと, 惹起す, 愈々噂, 憂慮って, 或る, 承りましょう, 承ると, 招きましょうかな, 拝した, 拝しまし, 拝する, 振舞ったらしい, 排斥する, 携えて, 期した彼, 為ませう兎, 犬の, 用いないで, 申し伝えよ, 申し送るに, 申上げまする, 相待つべし, 真顔で, 紛らすため, 経らる, 経らるる, 耳に, 聞いて, 聞いても, 聞かぬ, 聞かぬが, 聞くと, 聞くまでは, 聞くもの, 聞こうなどと, 聞し召された由, 致すから, 致すでござろうと, 致すべきもの, 致そう, 蒙った時, 蒙り右薫, 見君家, 許された, 詫びかたがた, 賜うて, 賜わった, 賜わったが, 起こしたこと, 起こし日置流系図, 起こすの, 起して, 起し半殺し, 迎えた, 醒めて, 陋と, 降し給うて, 除いては, 離れた気持, 願いたい, 黙認できなかった

▼ 沙汰~ (187, 10.8%)

9 あって 8 あった 6 ないので 5 あつた, ある, ない 3 あつて, なかった 2 あったところ, あったの, ありそう, ありましたとやら, あろう, なかつた, 下った, 下ったの, 公向から, 出たの

1 [123件] あったから, あったが, あったこと, あったそう, あったという, あったもの, あっては, あっても, あまり続く, ありと, ありました, ありましたか, ありましたそう, ありましたそれ, ありましたとか, ありましょうが, ありませんでしたが, ありわれわれ, あり故, あり郷里, あるかと, あるそう, あるだらうと, あるだろう, あるであろう, あるであろうその, あるでござろう, あると, あるという, あるといふ, あるに, あるので, あるのに, あるまで, あるまでは, あるもん, あるよう, ある上, ある家来たち, あれば, あろうが, あろうし, あろうと, あろぞ, いちばん迅速だった, いよいよ朝議, え申し, くだらないので, くだる, ございました就, それを, たえない, つづきますゆえ, ないと, ないの, ない時計, ない根拠, なくなった, なく唯, はじまる, ましく聞えき, もっぱらであった, 一せいに, 下がるであろう, 下ったため, 下りました, 下るまで, 主なる, 公示し, 凶兆の, 出たとか, 出た理由, 出て, 出ましたそうして, 出るも, 初まっ, 取り極められて, 多いの, 多かった, 多く日々, 天水の, 将軍家から, 少なかった, 届いたので, 届いても, 常に絶えなかった, 役所へ, 情の, 持ち上るの, 持上つた, 持上つてその, 搗き砕き, 来たので, 来て, 来るまで, 来次第に, 無い, 無いとも, 無くちや, 理解される, 生じて, 疾風の, 発表され, 絶えさ, 絶えなかった, 繁くなる, 聞えた, 聞えて, 聞えると, 荊州の, 行われようと, 街道を, 認められまた, 起きて, 起こったとの, 起ったかも, 軈て下る, 辺土に, 酒井邸の, 阿波から, 陰では, 頻りにあり, 頻発致そう

▼ 沙汰~ (156, 9.0%)

13 限りだ 8 限りな 7 限りである 6 限りの 5 消えるの 4 ないの 3 あるまで, 限りで, 限りと

2 [12件] あったの, かぎり, かぎりである, ような, 下るまで, 中から, 多いの, 限である, 限り, 限りじゃ, 限りです, 限りでは

1 [80件] あったこと, あったとき, あった大, あった時, あった節, ありしだい, ありましたこと, あるところ, ある間, かぎりだ, かぎりで, かぎりでしょう, かぎりと, かぎりなり, かぎりの, かぎり徳川家として, かぎり烏滸なる, ことでしょう, ことは, ごとき一般に, ご不満, すること, ために, ため警察の, でたの, ないうち, ないという, ないとこ, ない所, なくなったこと, ほかだった, まま却って, ようです, ように, わびばかりに, わびやら, わびを, スリルが, 一条で, 下る迄, 中さ, 伝はるに, 使いを, 借が, 凉み, 出たとき, 分疏, 前兆である, 原因に, 太刀打ちは, 好きな, 小動物, 悪名は, 感が, 感に, 手伝ひ, 挙動です, 探索です, 文章とは, 止みて, 止んだの, 毛利家へ, 無きこれ一つ, 知れるまで, 端を, 絶え間ない, 詫言を, 起ったの, 趣相, 軍士検非違の, 限, 限りであった, 限りでありました, 限りでございます, 限りという, 限りなた, 限りなり, 限りに, 限りよ, 限り引っ返しなされ

▼ 沙汰~ (152, 8.8%)

17 ない 13 なかった 5 ないので 4 金次第と 3 おこらず大藤村, して, ないうち, ないの, なし 2 ないか, ないそう, なくなって, なく残念, 義政公御, 金次第, 金次第だ

1 [84件] あらう, あり, ありませんから, あるだろう, あれきり, あろう, あろうが, あろうと, おくれて, おもしろからず, かかる話, かねがねだけに, これと, これなくいかが, ございません, ございませんでしたが, ございませんで余り, されて, しずに, しないなんて, しなかった伊奈子, せずに, せぬの, せねば, その身, とりどりに, ないが, ないわ, なかつた彼, なく, なくうるさい世評, なくして, なくもちろん, なく借, なく唯, なく国内安穏, なく寄せ手, なく打ち過ぎました, なく没収, なく節子自身, なく臨床, なく足かけ六年打, なければ, なし軽, ならず物, なんとやら, ねえぜ, ねえでございますが, まれには, 下さいませぬ, 下さらないで, 不用心給金出し, 中央の, 伝えられ小前, 信ぜられる, 出すゆえ, 出るが, 可笑しいかも, 夜盗も, 契沖は, 引ッきりなしであったらしい, 待つに, 断じてあった, 極まれりという, 止み一週間目, 無い, 無いという, 無し, 疾く達し, 痕を, 耳に, 聞いて, 聞えた, 聞えては, 聞えないは, 聞えなかった, 聞えねば, 聞えましたので, 聞かぬ, 聞こえざれば, 返って, 金, 金次第錢の, 頻々として

▼ 沙汰~ (142, 8.2%)

11 なって 5 して 3 なるの 2 するの, なつて, なること, 及びけるが, 及ぶこと, 及んで, 非ず

1 [109件] ありました, おどろかされて, かくれそれ, この身, ございますが, させて, された噂, したくないので, したくねえので, しても, してやろうかと, しないと, しないとも, しようとは, しようとまでな, し経略使, するか, すると, するとか, するわけ, する日, すれば, せよある, せられるの, その様子, それを, なったが, なったの, なったので, なった事, なった日, なった義経, なっては, なっても, なってるの, なつた, なつちやつたんです, なりがち, なりました, なりませぬよう, なる, なるし, なるであろうと, なると, なるばかり, なるまで, なるよう, なるん, なる許, なれば, ひっそりし, べつだん驚喜, ほだされ仁義礼譲孝悌忠信, 一門の, 丘を, 会ひ, 出家得度は, 勝手の, 十太夫も, 及ばずと, 及ばないで, 及ばなくては, 及ぶであろう, 及ぶと, 及ぶ可ら, 及ぼう, 及んだと, 及んだり, 及んだ事, 及んだ日, 取逆上, 囚われると, 執着し過ぎた, 存ぜられまするが, 屡々及ぶ, 屡々及んだ, 帰りゆく, 後退に, 心を, 感泣なさいました, 感激し, 慣れて, 接しないと, 控えて, 来て, 火鉢へ, 父は, 生噛りの, 留ると, 移らねば, 突立っ, 立ち去った, 立って, 聞えたり, 致し置き昨晩, 致すの, 致せば, 莫迦らしい, 行はれた, 見えて, 訴へ, 輪を, 近いかも, 過ぎて, 過ぎないであろう, 過ぎなかつた, 違えねえて, 附近に, 非ずして

▼ 沙汰では~ (115, 6.6%)

27 ない 17 ありません 11 ないか, なかった 3 あるが 2 あるまいよ, ないと, ないので, ない一生懸命, なかつたの

1 [36件] あったが, ありますまい, ありませぬ, ありません獄門橋, ある, あるまいと, ごさ, ございませぬ, ございません至極高味, ないかと, ないから, ないがのう, ないぞ, ないとこう, ないの, ないもとより, ないよ, ないよう, ないらしく, ない上, ない世, ない何, ない筈, なかったろう, なかつた, なくいわば, なくぐるぐる, なく下手人, なく公然, なく少々, なく息, なく散々, ねえからな, 御座いませぬ, 根津の, 無いよ

▼ 沙汰~ (81, 4.7%)

6 ない 2 なかった, 実はどう

1 [71件] ありませんから, いやだ, お互い, きまったもの, この度, この忠之, この時代, この限り, ごかんべん, ござらぬ, したくないと, して, しなかった, すさまじいこと, せぬと, ただの, とうに余, とどいて, ないし, ない場合, なくて, なくとも, なにゆえである, ひッきりなし, まこと, また格別, まだ一度, まぬがれまい, 一つも, 一向無言, 一般人に, 何とも自然発生的, 何も, 何事で, 余りに恥しく, 全く有耶無耶, 再開後の, 判断に, 募る, 同月二十九日に, 国民も, 姑く, 少しも, 年中の, 庄左衛門に, 彼の, 打忘れ, 日増しに激しく, 朝廷としても, 未だかつて聞かざる, 極めて稀, 母への, 決して今, 沙汰, 浅はかな, 無用で, 焼け残り, 理由に, 看過し, 知って, 知らず義貞, 確定的な, 稀なれ, 穏やかで, 聞いた事, 聞えぬ, 聞かざれども, 聞かれざれども, 聞くも, 都への, 鎌倉将軍以来殿中は

▼ 沙汰~ (55, 3.2%)

4 なった 2 違って

1 [49件] いい彼, いうよりも, いわざるを, いわねば, いわるるの, して, しなれば, し当分, するかも, するの, たしなめそうした, てなく十七年, なったこと, なって, なりあるいは, なり一時, なり人々, なる, なるか, なると, なれば, わらって, 云い渡した, 云わねば, 人が, 伝二郎の, 何の, 嘲られるの, 外見えない, 後に, 思うかも, 思うまい, 思えなかった, 思はれたらしく実に, 思はれないの, 思はれる程, 思へ, 思われない, 成ると, 手軽い処, 申すべきでこれ, 知りつ, 聞いた, 見られるところ, 言いまた, 言う可, 言わねば, 違つて人殺しや, 違つて腕の

▼ 沙汰~ (39, 2.2%)

2 下は, 心を

1 [35件] あべこべに, いっしょに, いわゆる仁義礼譲孝悌忠信, おとが, ここへ, さへ, しかもその, せう, その夜, ちょっと不首尾, はござりませなん, ゐますうち, ゐるわたし, エリオットが, 与右衛門の, 九郎右衛門りよは, 何でおえい, 兎角は, 台町へ, 同僚の, 坐つて, 女と, 弓矢を, 御座ります, 打ち過ぎるの, 打過ぎる, 時の, 法蔵寺へ, 無理に, 町預, 筆を, 聟さがし, 自分の, 訳けが分らない, 辻売の

▼ 沙汰~ (37, 2.1%)

6 て廻り 5 ている 3 ていた 2 ております

1 [21件] て, てある, ていた事, ていられる, ているらしい, てお, てくれぬ, てくれる, てこない, てこの, てこれ, てずいぶん, てます, て居つた, て置い, て置いた, 供には, 入魂いたすべき, 合ひぬ, 敵人と, 申さる

▼ 沙汰~ (30, 1.7%)

62 という, としてある

1 [20件] あまりと, かどうせ, かふざけ, から一盞, が, がおこ, が事態, が可哀想, が真実舟, きっと成功, そんな蒙昧, ぞ, つたのです, といふ, と思う, と思っ, ね, わ, 何てえ, 阿呆の

▼ 沙汰とは~ (29, 1.7%)

1 [29件] いえその, いかにも別々, いったいどうした, おもへ, 余りに異様, 取れない, 受け取りにくかっ, 受取れぬよう, 嗤えますまい, 思いましたが, 思いませんよ, 思えない, 思えない位, 思えなかった, 思はれないね, 思ひませんよ, 思われかねるの, 思われず田畑, 思われないから, 思われないであろう, 思われないな, 思われません, 思われませんでした, 成れりける素松澤, 気の, 申せすべて, 笑止千万お陰で, 言えないと, 認め難し

▼ 沙汰じゃ~ (25, 1.4%)

4 ないか 3 ない 2 ねえさ

1 [16件] あげえせん, ありません, ありませんね, あるまい一個, から今, が宝蔵院, ございません, すむまい, ないぞ, ないと, ないので, なかったね, なかったもん, なくて, なんでも, アない

▼ 沙汰する~ (23, 1.3%)

2 ぞ, な, のも, 者が

1 [15件] こと取る, こと無用じゃ, ところを, と最後, なこの, なよ, にはお, のを, は山の上, までは一人, ように, 下々の, 向きも, 声が, 者も

▼ 沙汰なし~ (21, 1.2%)

2 にし, 沙汰なし

1 [17件] かい, だ, であの, でうっかり, でえらい, でご存じ, で只今どこ, で手紙, で持った, に出, に出かけました, に取崩されよう, に娘, に暮れよう, に頼みますだ, に願いたい, の者

▼ 沙汰やみ~ (18, 1.0%)

6 になった 4 となった 1 にし, になっ, になつて, になり, になるであろう, のよう, の綸旨, 天王寺で

▼ 沙汰~ (17, 1.0%)

2 のだ, のである

1 [13件] ここちであった, のであった, のでその, ので妃たち, のを, ままに, ように, んでございます, 徹夜の, 思ひを, 気持ちから, 顔を, 風

▼ 沙汰~ (16, 0.9%)

6 やありません 3 やない 2 や, やございません 1 やあり, やから, やな

▼ 沙汰され~ (14, 0.8%)

4 ている 2 ていた 1 てお, ておりました, ております, てからおよそ, てはまことに, ては心外, 同時に徳川方, 楽屋中の

▼ 沙汰でも~ (11, 0.6%)

2 なければ 1 あった, あるまいと, あれば, して, ないだろうしさ, なく勿論, 義貞はじめ官軍の, 起こりゃしねえかと, 鎌倉攻めを

▼ 沙汰~ (11, 0.6%)

1 [11件] が載せ, が遅れる, に, も行きわたるまい, を作らせ, を受けた, を土下座, を引き裂い, を持たせ, を持つ, を発し

▼ 沙汰ある~ (10, 0.6%)

1 こと武術の, ときは, は貂, までこれ, までまず, まで出先大石殿, まで田村右京太夫方, まで自邸, もすぐ, 日まで

▼ 沙汰です~ (9, 0.5%)

4 が私 1 が思いの外時刻, の, よ, わ, ネエ学校が

▼ 沙汰など~ (9, 0.5%)

1 あった, ついぞ世間, どういわれよう, 何一つ民, 姦しく他所, 決していたさず, 異常心理に, 耳には, 起らなかったの

▼ 沙汰とも~ (8, 0.5%)

1 いえようけれども, 云うべき献身的, 思われないよう, 思われない事, 思召されん, 見えぬとの, 見えません, 覚えぬ振舞

▼ 沙汰には~ (8, 0.5%)

2 同情を 1 なんの, 及ばぬ事, 妾も, 宮の, 将来恐るべき, 論議なさらぬ

▼ 沙汰にも~ (8, 0.5%)

1 あらぬ朕, ならずのどか, なりましたが, 及ばなん, 及んだでございましょうが, 及んだという, 相成候, 聞いて

▼ 沙汰した~ (7, 0.4%)

1 がけれども, がその, ことも, のが, のである, まふも, 塔婆の

▼ 沙汰である~ (7, 0.4%)

1 か, がそういう, ことを, と常々, なとさとりました, のに気負い, 食事急い

▼ 沙汰という~ (7, 0.4%)

2 ほかは 1 ことは, のである, やつは, 文字は, 言葉が

▼ 沙汰~ (7, 0.4%)

1 あれへん, ようやく合戦, 時機を, 権力争いや, 群盗の, 野蛮性を, 面倒な

▼ 沙汰~ (6, 0.3%)

2 寝惚けてかと 1 せ, せせら笑って, ねぎらいの, 気が

▼ 沙汰にまで~ (6, 0.3%)

2 なって 1 なった, なった山論, なりかけたの, なりましたが

▼ 沙汰まで~ (6, 0.3%)

1 あった, おこすの, つぎつぎと, やって, 惹き起したので, 起したという

▼ 沙汰無し~ (6, 0.3%)

1 だよ, でいました, で内々, で拵えた, にふらり, は平に

▼ 沙汰から~ (5, 0.3%)

1 あやうく救われる, いつと, 何や, 当時の, 来たハート型

▼ 沙汰された~ (5, 0.3%)

1 がここ, が彼女, ところである, 禄は, 頃も

▼ 沙汰としか~ (4, 0.2%)

1 信じられないの, 扱われぬぞ, 映らないに, 言いよう

▼ 沙汰にでも~ (4, 0.2%)

1 なったと, なった日, なると, なろうもの

▼ 沙汰によって~ (4, 0.2%)

1 公人の, 当屋形, 情勢一転し, 改名した

▼ 沙汰~ (4, 0.2%)

1 が交代, でも通りかけたら, へ告げ, や地侍たち

▼ 沙汰有り~ (4, 0.2%)

1 て御, 今日御前に, 参訴の, 向後に

▼ 沙汰だった~ (3, 0.2%)

1 と思われた, なと思った, のだ

▼ 沙汰であった~ (3, 0.2%)

1 が, と解する, に

▼ 沙汰であろう~ (3, 0.2%)

21

▼ 沙汰として~ (3, 0.2%)

1 小普請組という, 祇園御霊会の, 許すが

▼ 沙汰ばかり~ (3, 0.2%)

2 して 1 では

▼ 沙汰やめ~ (3, 0.2%)

3 になるべく

▼ 沙汰をも~ (3, 0.2%)

1 せられなかったの, せられなかつたので, 注目し

▼ 沙汰あるべき~ (2, 0.1%)

1 ことを, をいきなり

▼ 沙汰かも~ (2, 0.1%)

2 知れないが

▼ 沙汰こそ~ (2, 0.1%)

1 ないけれども, 奉行が

▼ 沙汰さえ~ (2, 0.1%)

1 なければ, まだ来

▼ 沙汰される~ (2, 0.1%)

1 にちがい, ものと

▼ 沙汰じゃあ~ (2, 0.1%)

2 ない

▼ 沙汰すら~ (2, 0.1%)

1 ある, 議されて

▼ 沙汰せし~ (2, 0.1%)

1 が一月, が是ひとつ

▼ 沙汰せよ~ (2, 0.1%)

1 といいつけた, と待ちまけし

▼ 沙汰せられた~ (2, 0.1%)

2 時宗助は

▼ 沙汰それ~ (2, 0.1%)

1 が力商売, と関係

▼ 沙汰だけ~ (2, 0.1%)

1 では, で将軍

▼ 沙汰でございます~ (2, 0.1%)

1 から私, よ

▼ 沙汰でない~ (2, 0.1%)

1 がこれ, ことは

▼ 沙汰なく~ (2, 0.1%)

1 て, 無謀の

▼ 沙汰などは~ (2, 0.1%)

1 ふるふるだ, 些事と

▼ 沙汰などを~ (2, 0.1%)

1 出さぬよう, 触れ廻った

▼ 沙汰なら~ (2, 0.1%)

1 ば容赦, 足利どのが

▼ 沙汰なり~ (2, 0.1%)

1 互に相, 窪所

▼ 沙汰なりとい~ (2, 0.1%)

2 はまく

▼ 沙汰なれ~ (2, 0.1%)

1 ばあらかじめ, ば予

▼ 沙汰にさえ~ (2, 0.1%)

1 なった事, 持ち出せば

▼ 沙汰やら~ (2, 0.1%)

1 存じませぬが, 頻々たる

▼ 沙汰~ (2, 0.1%)

2 を京辺

▼ 沙汰~ (2, 0.1%)

2 も無御

▼ 沙汰見舞~ (2, 0.1%)

1 に参ります, に来

▼1* [149件]

沙汰あらんのみ, 沙汰ありけるにこの, 沙汰ありければコロンナ家, 沙汰あればよい, 沙汰あろうぞ, 沙汰いたしておる, 沙汰いたしまする故いわゆる, 沙汰いたせばそれ, 沙汰うるさく一村挙り, 沙汰がちじゃに因っ, 沙汰きくも厭, 沙汰へ始まる, 沙汰さうにし, 沙汰させるからな, 沙汰さだめしご不快, 沙汰さては女中どもの, 沙汰されるなら之以上の, 沙汰しける松下常, 沙汰したらきっと助命, 沙汰しねえは重々済み, 沙汰しましたハア, 沙汰しやした和平どんも, 沙汰しようと約束, 沙汰し奉らんと侍従卜部兼治, 沙汰し廻るものと, 沙汰し進むべく京都に, 沙汰じゃったで, 沙汰じゃァねえん, 沙汰すべしといい, 沙汰すらん西に, 沙汰するであろうと言った, 沙汰せられぬ評家の, 沙汰せりとあり, 沙汰そうに時々, 沙汰それでやり口が, 沙汰たり何等の, 沙汰だけとは云えない, 沙汰だけのものでなかつた, 沙汰だけはなかった, 沙汰だって朝暗い, 沙汰だの強請者が, 沙汰ってところがまず, 沙汰つまらない家中の, 沙汰であって毛, 沙汰ですべきもので, 沙汰でだけ語らして, 沙汰でなく双方が, 沙汰でなく儲かってもそれ, 沙汰といふのは, 沙汰とて取上げられず, 沙汰とのために, 沙汰とよりは思ひ難い, 沙汰と共に佐殿の, 沙汰どう思う, 沙汰なからんや, 沙汰なかりし儀にて, 沙汰なされたく伏して仰ぎ, 沙汰なす者ありしかるに, 沙汰なぞはこの, 沙汰なぞ唄ひ歩みし読売, 沙汰などには立至らずに, 沙汰などよりはもッとも, 沙汰なるは日本, 沙汰なんかいやです, 沙汰なんかにしたくない理由, 沙汰なんともめでたいこと, 沙汰にかけては京都方も, 沙汰について正面から, 沙汰についての差しあたりの, 沙汰についても彼の, 沙汰にて御座候, 沙汰になつて第, 沙汰にまでも及ぶ, 沙汰のみ世に, 沙汰はねえと見て, 沙汰ばかりといううちにも, 沙汰ばかりのようであった, 沙汰ばかりは致しませぬ, 沙汰ばかりを店員や, 沙汰ぶれしたものに, 沙汰へと発展し, 沙汰ほどならいくら, 沙汰まさしく佐藤家の, 沙汰までは自邸において, 沙汰みんなグラン・タムールに似, 沙汰もちとおかしい, 沙汰よりはるかに, 沙汰らしいぞ, 沙汰らしく見えるのであった, 沙汰をと工夫し, 沙汰ガナイカラソノ晩ハ吉原ヘ行ッタ, 沙汰与ウベシ, 沙汰シアヘリ隼人正ハ力ナク唯二人, 沙汰ニシテ権右衛門ヲ追, 沙汰しほ忘れがたく, 沙汰下さる可候, 沙汰不可停滯歟云々, 沙汰世間で豪い, 沙汰の所, 沙汰事あらわれしかと覚えられます, 沙汰人たちが布令, 沙汰人どもをあつめ, 沙汰人数多出でける, 沙汰今年の暮, 沙汰以上牢屋まわりは金, 沙汰以外にはありません, 沙汰任寛喜二年閏正月之例, 沙汰はり, 沙汰何とも申訳無, 沙汰ツては, 沙汰内通沙汰をなされた, 沙汰再三ニ及ブモ向後ニオイテハ須ラク誅戮シ奉, 沙汰加減よりも気の毒, 沙汰即日四方に喧伝, 沙汰多く辻斬り据物斬り, 沙汰將何うです, 沙汰女房は隔意, 沙汰女沙汰盗難沙汰つまらない家中, 沙汰少なからずして, 沙汰断じてお容れあるべきで, 沙汰書伺書願書等には多く, 沙汰有るの間面々に, 沙汰極端な猜疑心, 沙汰になつ, 沙汰止めかな, 沙汰殊に上役の, 沙汰没収の地, 沙汰無く剰へ, 沙汰申してきた, 沙汰申しあげていた, 沙汰申すであろうゆえ, 沙汰申上候に付, 沙汰男気なしの, 沙汰盗難沙汰つまらない家中, 沙汰相違せざるの, 沙汰秋子なんぞは食後, 沙汰空巣ねらい土地争い水喧嘩, 沙汰致しましたから一寸, 沙汰致す可き, 沙汰召件箭於御所之, 沙汰触れであった, 沙汰計書状も瑩, 沙汰過ぎたり, 沙汰過ぎた青二才, 沙汰過ぎるからせめて, 沙汰違法の行跡, 沙汰の悪い, 沙汰限りの悪戯, 沙汰音楽師ピアノの波