青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「無かっ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

烈しい~ 烈しく~ 烏~ ~焔 焔~ ~無 無~ ~無い 無い~ ~無かっ
無かっ~
無き~ ~無く 無く~ 無し~ ~無事 無事~ 無心~ 無意味~ 無意識~ ~無数

「無かっ~」 1251, 14ppm, 8201位

▼ 無かっ~ (1134, 90.6%)

131 のです 67 のである 55 のだ 17 んです 16 のか 15 ことは, ように 13 ような 11 んだ 9 のでした 8 が, ということ, 筈だ 7 か, しまた, のであった, のであろう, ようだ, ようです 6 かも知れない, そうです, というの, ので, のであります, のでしょう, のは, よ 5 から, がしかし, がその, ことが, ために, という事, と云う, と言っ, のを, ものだ 4 かそれ, かも知れません, からである, と思う, のだろう, のでその, のも, ものが, ろうが, 筈です

3 [17件] かね, から私, がそれ, がただ, ことな, ことに, と思っ, にし, に相違, ね, のかも, のが, ので私, のよ, もので, ようである, 様です

2 [45件] かい, かえ, かな, からだ, からで, か知ら, がこの, が今, が然し, ことだ, ことを, そうだ, そうである, という点, ところの, とさえ云っ, としたら, と書いた, と言う, の, のかい, のかな, のさ, のじゃ, のでございます, のでそれ, ので二人, のと, のに, のに不思議, のに十年間, ものと, もんです, ようで, ような澄ました, ろうに, わね, んだろう, んでしょう, 事は, 岩かけが, 筈で, 筈でございます, 訳で, 頃の

1 [440件] かしら, かそれとも, かそれとも実は, かとまで思い込んだ, かと尋ね, かと思う, かと想われ, かと私, かと訊いた, かについては今, かのよう, かはわからない, かは不明, かもしれなかった, かもしれぬ, かも期し, かも知れなかった, からし, からじゃ, からその, からだろう, からです, からとか言う, からと且, からみんな土葬, から仕方, から何, から其の, から定基, から家庭, から寝床, から封建時代, から御, から思い思い, から木立, から知らん, から立ち上っ, から竹, から追窮, から通り, から長, から雑書, かを問いたくない, か分らない, か少し, か知りません, か聞きたい, か調べ, か賊, か間もなく, か駕籠, があえて, があまりに, がいやいやそう, がいわゆる, がお, がここ, がこんど, がそれだけに, がたとえ, がつい, がとうとう, がともかく, がどう, がどんな, がねえ, が一旦, が上, が下, が不幸, が世間, が主人, が京都, が人々, が今宵, が仮に, が何しろ, が偶然, が兎, が兎死, が全く, が努め, が向う, が喫驚, が多分, が妙, が実に, が実際, が少し, が嵐, が幕府, が年, が彼, が彼等, が待て, が後に, が怪, が恋, が惜むら, が捜し, が控席, が有ったら, が木版刷, が本当, が果して, が此, が死そのもの, が殊に, が流石, が特徴, が甲板, が真鍮刀, が私, が署長さん, が美しい, が自ら, が興奮, が船長室, が葉子, が街道, が親御, が詩人, が誠に, が警部, が近づく, が風変り, けれど, けれどあまり, けれどそうした, けれどたった, けれども, けれどもこれ等, けれども眉, けれども神様, けれども私, けれど今, けれど陰森, ことか, ことじゃ, ことだった, ことである, ことです, こととも, ことなぞを, ことも, し, しいわんや, しお, しこれから, しすべて, しとやかな, しラジオ, し博士, し吉良, し向上, し寺, し恋, し方向, し殊に, し父, し私, し窓, し笑い, し鶏小屋, じゃない, ぜ, そうでございます, その一, そんなに早い, ためか, ため実に, ため穴ぼ, っけ, って御覧, でもあろう, といいます, という, というあの, というべきであります, というよう, という事実, という人, という類, といっ, ときと, とこう, とこぼし, ところから, ところに, としたなら, としても医学, としても蒲生方, とする, とすれ, とともに発句, とのこと, とは, とはいい, とはいえない, とは云わない, とは思わない, とは断言, とは言い切れない, とは言えまい, とは言わさぬ, とは言われず, とみえ, とも言えない, とわかりました, と世間, と云, と云います, と云い切る, と云え, と云っ, と云われ, と伝え, と同じ, と告げなけれ, と思います, と思われる, と答えた, と考えられ, と聞い, と聴い, と自白, と見え, と言います, と言い切る, と言え, と言わなけれ, と謂っ, な, なあ, なぞとも書い, にしろ, にと罪, にもかかわらず, に疑い, に違い, のかナと, のださうです, のだった, のであり, のでありまする, のでいくらか, のでいつも, のでけさ雑誌社, のでこれ, のでございました, のでございましょう, のでござる, のですぐ, のでそっと, のでそのまま, のでどう, のでまた, のでみんな断, ので一つ, ので一向, ので三人, ので事, ので二十歳, ので人, ので仕方, ので何, ので例, ので別に, ので刺殺さず, ので前後, ので友人, ので只, ので当時, ので彼女, ので忘れる, ので忙しかっ, ので我が, ので手当, ので手鞠, ので格別気, ので残念, ので江戸, ので浮浪外人, ので清, ので甚だ, ので甚助, ので生麦酒, ので私独りポッチ, ので笠原, ので自分, ので藤波金三郎, ので行っ, ので誰, ので鈴子夫人, ので隣村, ので非常, のにきょう, のにきょう不意, のにその, のにと不思議, のにどう, のに一つ, のに女, のに家中揃い, のに急, のみか徒然, のよ母様, の遺書, はず, はずだ, はずな, は勿論, ばかりか私, ばかり髪, ひどく下品, べが, ほどいくら, ほどの大きい, ほどの愛情, ほど威厳, ほど愛し, ほど附, もの, ものであります, ものである, ものであろう, ものでございます, ものに, ものを, もんだ, も同じ, やうでした, ゆえに, ようじゃ, ようでありました, ようであります, ようでした, ような落ちついた, ようにも, ろうしまた, ろうにと, わい, わけだ, わけで, わけでしょう, わねえ, んか, ワ私大嫌い, 一俵の, 一種の, 一種崇高な, 上に, 下見窓が, 不平の, 事じゃ, 事で, 事でしょう, 事と, 事には, 事も, 事や, 事を, 二人が, 井上半, 人である, 人間像を, 他処, 代りに, 以前の, 位である, 体に, 侍と, 全く出来心, 叔父の, 古い位牌, 場合には, 変な, 外交問題に, 夢の, 大屈辱, 女性が, 妹の, 定基は, 尾根が, 帆村荘六様, 形の, 怪我人の, 或る, 故大工, 文字である, 新しいもの, 新しい地盤, 新しい白人, 日には, 早瀬に, 昔にも, 昔の, 昔ピル・ナピシュチムの, 星が, 時の, 時は, 時代から, 時代だ, 時代である, 時代に, 時代には, 時代を, 晩春も, 木目菓子の, 様でございます, 様子で, 様子です, 江戸時代は, 浮世は, 清潔な, 点であろう, 為で, 為である, 為でも, 父が, 私にも, 程この, 程の, 種類の, 積りだ, 筈である, 筈の, 筈は, 粗忽かしくッて, 紙入を, 縁に, 者などの, 自分の, 落着きが, 訳です, 話に, 誠に使者太儀, 食物道具なんか, 鶴も, 黒い大きな

▼ 無かったら~ (45, 3.6%)

1 [45件] あたしうまく, お聞かせ下さいませ, お話し下さい, この女, こんなにも好き, そう云う, と考え, どうする, どうだろう, むしろ不思議, もう知り, もっともっとこの, 三人は, 不精の, 人生は, 今ある, 今夜は, 今夜一晩ぐらい, 今日の, 何うし, 何も, 何ん, 僕は, 又別, 大変な, 始めから, 帆村の, 形式の, 我々の, 日本人の, 東京の, 武装し, 殆ど取りのぼせる, 泥だって, 無いよう, 焼酎でも, 猶よかろ, 王子と, 田園の, 石油でも, 私の, 私は, 色気の, 葛飾在から, 酒と

▼ 無かったなら~ (24, 1.9%)

32 ばこの, ばその, 私は

1 [15件] この時, せめて胸, その難, ばどう, ばもっとよく, ば人間, ば何, ば全く, ば劒沢, ば吾人, ば実に, ば非常, 今夜は, 或は出版, 面目として

▼ 無かったでしょう~ (19, 1.5%)

91 かと叔母, から罹災等, か併, が, があの, が提灯, が競い立った, な, よ, よが

▼ 無かったり~ (7, 0.6%)

1 あっても, いろいろ目立っ, したもの, した為, するため, 両方の, 鬚だけで

▼ 無かったで~ (4, 0.3%)

4 はない

▼ 無かったであろう~ (4, 0.3%)

1 からである, が其他, しあるいは, し或は

▼ 無かったらしく~ (3, 0.2%)

1 お節は, そのまま承服, とうとう世間

▼1* [11件]

無かったけれ共一度, 無かったこって, 無かったごとくこれらの, 無かっただろうと思います, 無かったでございますか, 無かったでしたがツマリ自分, 無かったですが家, 無かったらしく揺り起こされて男, 無かったら思い切って美奈子, 無かったろうと思う, 無かった言うに言われぬ