青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「焔~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~点 点~ ~為 為~ ~為め ~烈しい 烈しい~ 烈しく~ 烏~ ~焔
焔~
~無 無~ ~無い 無い~ ~無かっ 無かっ~ 無き~ ~無く 無く~ 無し~

「焔~」 1984, 21ppm, 5364位

▼ 焔~ (579, 29.2%)

44 ように 39 ような 15 中に 13 やうな 11 中から 10 やうに 7 上に, 中へ, 舌が 6 中を, 舌を, 色が 5 海と, 色の 4 なかに, 下に, 中で, 息を, 舌は, 色を 3 ようであった, 上へ, 前に, 如く戰, 工合で, 様な, 海の, 男, 色に, 音が

2 [34件] あかりの, こ, ために, ついた松明, ない火玉, なかから, ハゼる, 上で, 下から, 下で, 下の, 光が, 光は, 光りが, 光を, 列が, 勢いが, 咆哮と, 壁は, 天路さしいよよ, 如く燃える, 姿が, 実現を, 尾を, 息が, 海である, 渦, 熱度が, 美しさ, 色と, 色は, 記憶が, 谷や, 風に

1 [276件] あかりに, あとが, あとを, あらん限, うずも, うちに, かがやきに, きらめきの, ことだ, ごとき五月, ごとき花, ごとくその, ごとくただ, ごとくひらめきつ, ごとく微, ごとく心魂, ごとく感じられるの, ごとく燃焼, ごとく的確, ごとく立ち上りつ, ごとく輝いた, ごとし, そこに, たつ硫黄, ため眼が, どれに, なかへ, はしに, はぜる音, ひそみたる, ほとりに, まえに, まるみした, まわりだけ, もえたち, ゆらめきに, ゆらめきは, ようだ, ようなきらめき, ような逢いた, バプテズマ, ユラユラゆらめい, リボンと, 一つ一つが, 一列が, 一団が, 一番あぶない, 上から, 上るごと, 下, 下は, 下を, 不思議さにも, 中からの, 中でも, 中には, 中の, 乱舞の, 伝播の, 來る, 傍らで, 傘と, 像が, 儘に, 先から, 先が, 先の, 先は, 先を, 光に, 光の, 光線が, 冷めるまで, 凄まじさ, 切れっ, 前にやすら, 劒, 劒を, 力に, 力の, 勢いに, 勢が, 印象が, 反映で, 叫びの, 叫ぶ聲, 合間から, 名殘, 周囲を, 呼吸を, 咆哮に, 城を, 城頭たかく, 執拗さと, 塊は, 塩の, 壁, 壁に, 壁や, 壁焔の, 変化によって, 外に, 外側を, 外岸の, 大いなる角, 天地だった, 央に, 女と, 如きもの, 如きイドメネー, 如き彼女, 如き波, 如き獅子王, 如く吹きまくる嵐, 如く燃, 如く燃しきって, 如く玄蕃, 家と, 少女君みれ, 少女君見れ, 尽きた, 屋根と, 屋根の, 屋根瓦に, 屏風を, 屑が, 山を, 幕が, 幕の, 広前で, 床に, 底から, 底で, 底の, 廓の, 弁舌だ, 形によって, 影おぼつかなく, 心臓を, 急に, 息, 抜けきらないの, 揺ぎから, 揺らぐ下, 揺れるに, 揺れる暖かい, 敷もので, 明りの, 明るさ, 明るみは, 明滅を, 映りが, 木と, 末だけ, 束が, 束の, 林だ, 枯れ柴, 柱と, 柱天に, 柱煙の, 様に, 次に, 歌, 正体が, 毛氈かと, 波あげ, 波ぞ, 波に, 波濤を, 流れ, 流れの, 流れのみ, 海, 消えそう, 渦が, 渦まきに, 潮だった, 火剣である, 火車を, 炎ゆる, 炬光が, 焔心の, 熱を, 熱気に, 燃えて, 燃える様子, 燃え立ったまま結晶, 爲に, 独楽の, 獅子座火に, 現は, 琴の, 環の, 生なり, 町中を, 白い煙, 相は, 眞ん中に, 真紅の, 眼は, 矢を, 砦を, 空は, 立ち升つてゐる, 立って, 立つ広い, 端も, 糧に, 糸が, 紛糾する, 絹に, 線を, 義, 羽添へて, 翅かろき, 翼を, 聲を, 腹の中に, 舌の, 舌先へ, 舞, 舞は, 航海, 色, 色そのうえ, 色で, 色としては, 色にて, 色には, 色も, 花牡丹, 苛烈を, 荒び其時靜むべ, 落葉か, 蘂を, 蛇が, 行列, 見えないこの, 記念だ, 記憶に, 謎, 赤い光, 赤い舌, 起る所, 躍り, 身に, 車が, 輝きが, 輝きだ, 輻射を, 迫ったその, 迸発, 連って, 閃光が, 間から, 間に, 陣は, 陣を, 離屋に, 雨の, 雲が, 雲の, 音とも, 音ばかり, 音や, 音を, 響ばかり, 順序が, 領分を, 風景, 首は, 馬や, 高さ, 鬨の声と, 麗しさ

▼ 焔~ (369, 18.6%)

23 あげて 17 上げて 9 吐いて 7 立てて 6 眺めて 5 見て 4 見つめて 3 あげる, 吹いて, 燃やして

2 [20件] あげやまなしは, くぐって, もって, ゆらゆらと, 出し窓ガラス, 受けて, 吐けり, 後に, 挙げて, 映して, 横に, 浴びて, 煙草の, 煽ぐに, 立て, 立てた, 見た, 見た所為, 見つめながら, 見ながら

1 [249件] あげ, あげたの, あげたる嗚呼, あげてと, あげながら, あげました, あげ夜, あげ連ねて, あたりに, あらは, いだきながら, いよ, いよいよ燃した, うごかした, うつして, おたて, お通, かすめて, かぶったので, くわえた火食鳥, じっと眺め, すき透らせて, そのまま結晶, その上, その尖, たくさんに, たすく, たたへ, たのしみ, ちらちらさし, ちらちら鏡, ちらつかせると, ついて, つくった経験, つくる, とったの, ともす月, はきつつ, はきながら, はらふ幸, ぱっと上げた, ふき出させまいとして, ふく焚火, まぎらす風, またも弄い, みつめながら, みつめほそぼそ, もえたたせて, もつと, もてこれ, もやす篝火, ゆたぶられた, ゆらめかす, よろこぶに, チラチラさせ, ユラユラさせ, 一層複雑, 一方へ, 上げた三人, 上げては, 上げ煙りを, 上方に, 交へて, 作りその, 全身から, 八方に, 凝視て, 出ししかして, 出しはや, 切り取って, 加うる, 動かしその, 動かして, 動かすは, 吉運の, 吐いたの, 吐いたよう, 吐きだしたところ, 吐きつ, 吐きぬ, 吐き出したので, 吐き出したら, 吐く, 吐くこと, 吐くと, 吐くに, 吐くの, 吐くばかりの, 吐くよう, 吐くを, 吐く太陽, 吐く森林, 吐く緑, 吹きあげながら, 吹き出した, 吹き出したの, 吹き怪音, 吹き消しやっと, 吹き消しやつ, 吹き立てました, 吹き黒煙, 噴き出した, 噴き出して, 噴くよう, 圍ふ, 圧倒する, 地に, 声に, 太くした, 守つた火屋, 守ろうと, 弱める必要, 強く燃え立たせた, 当てると, 形に, 彼に, 待つて, 思わせる, 感じた, 懐に, 戯画化し, 投げこんだ, 投げ万鼓千喊, 投ずと, 指さして, 振ったと, 掃つてふり乱れた, 掃つてふり亂れた, 採炭場の, 掻き退けよう, 描いて, 描くと, 揚ぐる火の, 揚げた, 揚げて, 揚げるに, 揚げ初めました, 揺するかに, 揺らめかし燃えはじめた, 搬び來り, 搬ぶ, 撮る苦心, 擧げて, 擧げます, 放たしめるだけの, 放ちて, 放ったの, 放つかに, 放つごとく我, 放つもの, 放つを, 放てそ, 放てども, 放てり, 散らす青金, 新たに, 映した, 曳いて, 望んで, 枯れ草の, 染めたる襲衣, 氷の, 沈めうすい, 沸き立たす, 洗つた, 洩らすと, 消しぬ, 消し得ないばかりか, 消そうとして, 漲らせながら, 潜ったよう, 点し目ざま, 点ずるもの, 無心に, 煽いだり, 煽って, 煽つて, 煽られる理想, 煽り真昼, 煽る而, 熟視めて, 燃えさすには, 燃えたたせながら, 燃え立たさせるので, 燃え立たせる, 燃やさないわけ, 燃やし, 燃やし続けた後, 燈心に, 球皮上に, 疾風は, 発し一切罪, 発し火炎天, 盛るに, 目掛けて, 眺めつつ, 眺めながら, 眺めんとして, 眼一杯に, 瞬かせて, 瞶めて, 石灰に, 移して, 立つれども, 立てさせるの, 立てすぐ, 紙へ, 絶えず細か, 纏った吹筒, 纒い, 翳しながら, 翻え, 考えながら, 考へながら, 背に, 背中に, 胸に, 臀で, 自らの, 自分で, 蔵し, 裡に, 見たとき, 見た時, 見つめ合って, 見つめ考え, 見ては, 見ても, 見て取ったから, 見ると, 見上げて, 見下ろして, 見守って, 見物し, 見詰めじっと, 見詰めて, 貫いて, 越えて, 連ねた, 避けて, 針の, 鎮める小, 鏡に, 間に, 頭の, 風が, 高くかざした, 高くささげ, 點じたら

▼ 焔~ (312, 15.7%)

5 めらめらと, メラメラと, 燃えて 3 天を, 流れて, 立つて, 面白いの

2 [20件] あざやかに, あった, えんえんと, ちらちらと, どうどう音, もえた, ゆらゆらと, ゆれて, キラキラし, パッと, メラ, 二片畳の, 噴き出た, 微かに, 炎々と, 燃えた, 燃える, 燃え上がって, 立った, 音も

1 [245件] あがった, あがって, あがります, あたりに, ありました, あるか, あるやも, いやな, うつって, おれたちを, かすみ渡る, きれの, くるくると, ぐんぐん葉子, こんどは, ごつちや, しゅうしゅうとび出しました, そこへ, その女, その影, たちまちに, たった一つ, たっても, たつ, ちょろッ, ちらちらする, ちらちら右左, ちらついて, ちろちろ顔, ついて, とび出しました, とんだ, どうした, どうして燃, なかつたならば, ばつと, ぱったり消える, ぱっとあがりました, ぱッと, ひらめいて, ふき出て, へらへらと, ほろほろと, ぽつと, ぽろぽろと, まわって, みえて, もえあがったよう, もえあがって, もえたった, もえひろがって, もえ上った, もやしつづけられて, やって来た, やつて, ゆらぎはじめた, ゆらめいたかと, ゆらめき立ち昇って, ゆらゆら振れる, エセックスという, カッと, カーッと, ギラギラと, グングンと, チョロチョロと, チラチラと, チラホラと, ドッと, ヒラヒラと, ボーッと, ポーッと, メラメラし, ユラユラと, ロシヤ絨氈の, 一しきり燃えあがつた, 一列に, 一條の, 上がり始めた, 下から, 不動の, 人家の, 伝って, 体じゅうを, 信長を, 偶然その, 光の, 全部消え, 其尽凍った, 冷めて, 出ない, 出る所, 包んで, 半空, 危くも, 双方の, 吐き出された, 吐き出たと, 吸ひ込まれる, 吹きあげて, 吹き出した, 吹き出して, 唸りを, 噴き出しましてね, 噴き出す音, 地の, 坩堝の, 城内の, 塀に, 夜天に, 夜風に, 大将に, 天に, 天井を, 天地を, 太くなった, 太吉の, 宙天へ, 家々の, 小さい離屋, 小さくなっ, 巻き上がって, 幾つも, 延びるに, 彼の, 彼女の, 微に, 手ランプに, 手足を, 揺れた, 揺れはじめて, 数ヵ所から, 日一日と, 日記の, 映して, 映って, 時々ひら, 時々閃いた, 暗くなる, 曇るとき, 木と, 楔形に, 横に, 横倒しに, 樹油に, 次第にの, 次第に拡大, 殆ど垂直, 段より, 毛髪に, 気味悪く照らし, 水中の, 河を, 消えた, 消えたとたん, 消えて, 消えると, 渦を, 濃厚な, 炭の, 点ぜられた, 煖炉の, 煙と共に, 照り返して, 燃えあがつた, 燃えさかる, 燃えたらどう, 燃えついたの, 燃えついたよう, 燃えてるらしい, 燃えぬけ, 燃え上, 燃え上がる, 燃え上って, 燃え上つて, 燃え上り, 燃え上るほどの, 燃え乍ら, 燃え人, 燃え移って, 燃え立って, 燃え赤い, 燻って, 物凄く閃いた, 玉の, 現われた, 生々と, 當るべからざる, 目まぐるしくおれ, 私娼宿の, 竈の, 立ちのぼる, 立ち上がるの, 立ち上った, 立ち昇って, 立ち騰つて粗朶小屋, 立って, 立つた, 立つの, 紅く川波, 細くなつ, 絶えず心, 綱を, 肉体の, 舌なめずりを, 舌を, 荒削りの, 蛇の, 見えて, 見えなくな, 谿の, 赤あかと, 赤く博士, 走って, 走ると, 起った, 軒端を, 輝いて, 近づけられた, 迸り出たよう, 迸り出る, 迸り出るので, 途方も, 遠ざかって, 鎮まったかと, 鎮まつたか, 閃きました, 降りそそいで, 隠顕し, 青く燃え, 青白く私, 靡く度, 音なき, 風で, 風に, 飛び交った, 飛んだ, 飛んで, 飯盒の, 香の, 駆逐艦の, 高くあがった, 高く上がった, 高く上った, 黄ろい, 黒い樹

▼ 焔~ (174, 8.8%)

8 なって, 包まれて 7 照らされて 4 包囲され, 背を 3 して, 水を 2 つつまれて, まかれて, 包まれた, 包囲された, 手を, 照しだされた, 燃えてを, 頬を, 顔を

1 [119件] あぶられた電車, いろどられいっそう, かがやいた, かざした, しては, すぐつながっ, ただぼんやりと, ちかづき己, ちょうどその, ちらついて, つ, つつまれかなしく, つつまれますぞ, つつまれ如来, つつまれ山々, つつんで, つづいて, つれて, とりまかれて, なぶらせて, なりさ, なり焔, なる, なるの, なろう, まかれた別館, まじって, めぐり搏, もえる犠牲者, もだえて, ゆすられるよう, よりて, わが目, わが見, わなないて, カッと, ガソリン油を, チラ, チラチラと, ユラユラと, 似た巨大, 入れて, 全身を, 八百八町を, 勢いを, 包まれたと, 包まれたので, 包まれたミマツ曲馬団, 包まれた三人, 包まれた松の木, 包まれつ, 包まれながら, 包まれ中, 包まれ千古, 包まれ記者, 包まれ飄々翩, 包れた, 向かって, 向って, 城兵たちの, 変って, 對し, 對する, 少しばかり, 巨大な, 巻かれて, 忽ち焼かれ, 思想あり, 悉く呼吸, 悶えしめたの, 我を, 我身を, 揺れる大, 映じて, 渇きたり, 滿面朱を, 点火し, 無残にも, 焦れ死んだ, 焼かれて, 焼かれ命, 照らされは, 照らされ抜き身, 照らして, 照らし出された七人, 照り映えて, 熱した呪詛, 熱し切って, 燃えたり, 燃えて, 燃えながら, 燃かれ, 燃やし上げたこの, 燃ゆるがごとき, 燒かれし, 狂気し, 目を, 眼が, 破られ焔, 脅かされた, 腰を, 舐められて, 薄紅く, 見えその, 見入って, 護国の, 赤かつ, 身を, 輝きつ, 近くよって, 追いまくられもう, 追われたよう, 追われて, 適は, 音を, 頻吹きひえびえ, 驚かされもし, 鶏小屋にも, 黒くすすけた

▼ 焔~ (163, 8.2%)

3 何を 2 ゆらいだ, 到る処, 急に, 消えて, 狂ふ

1 [150件] あまり強く, いつでも, いづれも, えんえんと, おそらくは多, かかりません, かく燃え上がらなく, かつての, かれの, けっして見る, この時, さながら悪魔, すぐに, すでに上, すでに乾草小舎, そのうしろ, そのまま天啓, その間も, その間を, たちて, ちょうど, ちょうど白牡丹, ちろちろ燃えて, どこか, なくて, なく天の川, はや消え, ぱちぱちと, ぱっと大きく, またすぐ, まだ尽きない, まるで生物, みるみるまっくろ, めらめらと, ゆるき, わななきぬ二, ガソリンの, グラツィアーンの, コルマックの, パツと, ピエートロ即ち, メラメラと, リボンの, 一揺れし, 一時飴屋の, 不完全燃焼である, 世に, 二人を, 二條三條まで, 云わば, 人の, 今消ゆる, 他を, 伸びたり, 伸子が, 僕に, 僕にとって, 入り込んでは, 六度目の, 凄じく, 刹那に, 口を, 吾が想い, 固体の, 坂の, 執拗に, 壇を, 壇上に, 天を, 天井を, 宮殿の, 家に, 山の, 岐阜提灯に, 左京の, 幾条の, 強められて, 御覧に, 忽ち熾, 怒濤, 思うさま伸び伸びと, 恐ろしい力, 押えられた今, 捲き起された炭塵, 揺れその, 揺れ顫, 斜に, 時々紅蓮, 暖く, 暗くなり, 最も己, 朝の, 木の, 極めて強烈, 横さまに, 欄を, 次第に近づい, 次第に高く, 河口の, 沸え, 流れ火, 消えたが, 深く木材, 渦を, 満天の, 火あぶりの, 炳然として, 烈々として, 烟に, 煤けた壁, 燃えるであらう, 燃えるであろう, 生き物の, 白ッちゃけた灰に, 目の, 真昼の, 瞬く内, 知らぬ間, 私共の, 穗の, 空洞の, 竈の, 経験の, 絶える間, 綿煙を, 背へ, 芒の, 花房と, 茅萱の, 荒い格子組, 葱の, 螢合戦の, 螺旋状によ, 見えない, 見て, 見る間, 誰が, 誰の, 赤くなり, 近く聳えた, 迫って, 追つて, 金網を通じて, 鍋の, 青く燃え, 青色を, 飛びき, 飴の, 黒い天井, 鼻の

▼ 焔~ (80, 4.0%)

9 なって 4 なつて, 煙の 3 煙が, 煙を 2 なるの, 化した, 縮む, 黒煙が

1 [49件] あい抗するは, つけては, なし刃, なったよう, なった夜, ならざる先, なりおま, なりました, なり吹きぬく風, なり運動, なる, なるに, なろうと, よぶの, 人影が, 化しきるまでは, 化した頃, 化して, 化し一瞬, 化し腰かけて, 化し鬨の声, 呼ぶの, 壁煖炉の, 山風には, 機智の, 消えんのみ, 火が, 炭火の, 煙とが, 煙とは, 煙とを, 煙に, 照れば, 燃えし時, 燃えたつ女, 燃え立つ夏, 燃え立つ大, 燃ゆる, 甘た, 疫気を, 立騰り, 色, 見えるその, 輝く, 電光が, 音響とが, 髪の毛の, 黒い煙, 黒けむり

▼ 焔~ (37, 1.9%)

2 かな, に仕掛けた, のけむり

1 [31件] いぶり, が乾き過ぎた, が匂う, で燃え, と炭粉, にうつっ, にむせん, に燃え, に燃え上がっ, のあと, の煙, の製法, の香, はいちどに, はその, は沢山, また油, や油壺, をたずさえ, をつつみ, を下, を作り得る, を作る, を併せ, を使, を充たした, を充分, を投げ, を投げつけ, を抱きあわせ, 枯れ柴

▼ 焔~ (22, 1.1%)

1 [22件] おなじ意味合い, ここに, その瞬間, ただ一息, ちらちらみえる, はかなげ, ひとつ根の, ふたたび勃興, またこれ, よくは, 夜の, 屏息しよう, 弱って, 我を, 水も, 煙も, 煙りも, 燦か, 目に, 立つ真に, 衰えました, 衰え崖

▼ 焔~ (18, 0.9%)

1 [18件] おし包ん, お互, ぐらぐらと, ひとなめ, もつて, 二人の, 南側の, 引き伸ばした細い, 引っかきまわしたよう, 明るかった, 溶かして, 燃えて, 燃え尽きませうとも, 石の, 科学的天稟の, 胸に, 腫れぼったくなった, 語って

▼ 焔~ (10, 0.5%)

1 にきらめき渡る, に塗り立てた, に鱗片, の周囲, の夜会服, の男, の装, を射出, を映し, を見守り

▼ 焔~ (7, 0.4%)

1 したので, したもの, シェナ大理石の, 火花に, 煙に, 白い烟, 赤い色

▼ 焔~ (4, 0.2%)

1 つつ遠く, ている, 光り四辺, 湯気は

▼ 焔から~ (4, 0.2%)

1 まぬがれたの, 逃げるところ, 遁れ, 飛び出したよう

▼ 焔でも~ (4, 0.2%)

1 まっくら, 傍から, 発しやしないかと, 發しやしない

▼ 焔~ (4, 0.2%)

1 というもの, などそんな, の消化薬, へいらし

▼ 焔硝樽~ (4, 0.2%)

21 へ投げ込まう, へ投げ込もう

▼ 焔~ (3, 0.2%)

1 づまりて, て, 京伝の

▼ 焔その~ (3, 0.2%)

1 そとに, 上に, 士卒の

▼ 焔という~ (3, 0.2%)

1 ものは, ものを, 字は

▼ 焔とも~ (3, 0.2%)

1 なふおそらくは, ならずほの暗くやるせなく, 見えたり

▼ 焔~ (3, 0.2%)

1 のだ, のである, 消しそ

▼ 焔もて~ (3, 0.2%)

2 焼きすてろ 1 畫きたる

▼ 焔より~ (3, 0.2%)

1 いでて, いや熱く, 一の

▼ 焔仍熾~ (3, 0.2%)

1 なり, なり深く, 深蔵

▼ 焔~ (3, 0.2%)

1 に嘗められ, を上げた, を視つめ

▼ 焔~ (3, 0.2%)

2 を吸 1 の四方

▼ 焔~ (3, 0.2%)

2 ゆる大 1 ゆるが如し果然

▼ 焔魔樣~ (3, 0.2%)

2 へのお 1 へお

▼ 焔あり~ (2, 0.1%)

1 不律, 精采ある

▼ 焔いと~ (2, 0.1%)

1 ひろく天, 燦か

▼ 焔かなんかで~ (2, 0.1%)

2 焼きつけて

▼ 焔だけは~ (2, 0.1%)

1 消える, 観えて

▼ 焔つよく~ (2, 0.1%)

2 襲ひたる

▼ 焔とが~ (2, 0.1%)

1 又勢いよく, 静けさと

▼ 焔とは~ (2, 0.1%)

1 なって, まるでその

▼ 焔と共に~ (2, 0.1%)

1 ちらちらと, 罪を

▼ 焔なり~ (2, 0.1%)

1 けれ, せば

▼ 焔ばかり~ (2, 0.1%)

1 だ, 眼に

▼ 焔みたい~ (2, 0.1%)

1 だったわ, なもの

▼ 焔よりも~ (2, 0.1%)

1 あつくもえ, 輝きつつ

▼ 焔アンドレイエヒミチ~ (2, 0.1%)

1 はさすが, は有

▼ 焔~ (2, 0.1%)

1 の焔, や火花焼切器

▼ 焔~ (2, 0.1%)

1 に冲らしめむ, を焦す

▼ 焔~ (2, 0.1%)

1 といっ, は三十余合

▼ 焔硝蔵~ (2, 0.1%)

1 である, と艮

▼ 焔章旗~ (2, 0.1%)

1 といひ, はその

▼ 焔羅王~ (2, 0.1%)

1 の命, を扶

▼ 焔魔様~ (2, 0.1%)

1 へお参り, へのお参り

▼1* [117件]

あげつつある, 焔あまねくあほり, 焔あれを見, 焔いく重の輪, 焔うかべし朝の, 焔えた時の, 焔えるような, 焔えんえん今燃えあがる, 焔ながき尾, 焔かかぐる, 焔かげとが写り, 焔がともつてゐ, 焔これにともなふごとく, 焔しに悪, 焔さえ際涯の, 焔さえもやがて酸素, 焔そこから真直ぐ, 焔そっくり新鮮で, 焔からだ, 焔だち林檎一つぞ, 焔つんと鼻を, 焔であるからだ, 焔ではないじゃ, 焔といった感じが, 焔として近代武器による, 焔とぞ見し, 焔とでも云うの, 焔とともに自責と, 焔との相雑, 焔なき燭を, 焔なくして, 焔などよりももっとはげしく, 焔なら橙いろ, 焔なれやさこそ, 焔によって照らされそれ, 焔に関する実験シリウム並びに, 焔のけはいが, 焔はげしく荒れ狂, 焔ばかりが自分の, 焔ふかし蒟蒻の, 焔へとしみ入るやう, 焔ほどの火燃え移り, 焔ほんとうに五色, 焔ゆる冷厳であるであろう, 焔ゆるがごとき炉の, 焔ゆ水を得れ, 焔エクタの, 焔よけて飛んで, 焔をば再び薪, 焔てこと, 焔ハ紅日ニ隨ツテ遠ク, 焔一たび外にあら, 焔一樣に薄らげり, 焔万丈をあげ, 焔の光景, 焔停彼則是, 焔世界を現出, 焔並びにガス体の, 焔れて, 焔に分れ, 焔二三人の女, 焔光明と化し, 焔切断機で鉄壁, 焔千年たつても, 焔口供の法会, 焔吐きて飛び, 焔吹き捲き飛ばす樣や, 焔味球という珠, 焔の間, 焔の中, 焔消滅せずし, 焔山刀の光, 焔の飾金具, 焔だけである, 焔の無色, 焔惜しい財宝が, 焔まら, 焔最終の語, 焔を抱く, 焔として平安, 焔波上を狂いまわる, 焔清潔の満潮, 焔温泉の端, 焔を翻, 焔はここ, 焔炎天を衝く, 焔は城内, 焔焦せる論理を, 焔で烟, 焔焼切り器に, 焔照りで熱っぽい, 焔煽り立てアカイア人の, 焔燃え憤激彼に, 焔現在の闇黒, 焔ずぼん, 焔硝獣油枯れ柴, 焔硝箱の中, 焔立ちのぼるさま地獄の, 焔立つ脂ぎった生魚を, 焔立上り遂に伏見一円火中, 焔繁り立つ林の, 焔は黄金, 焔の銘, 焔ひおこる, 焔ひ來, 焔の命, 焔赤くこれに, 焔起せば舳, 焔車地雷の計, 焔近づくにおよび, 焔達成である胎土, 焔遠きに照る如く, 焔を摩し, 焔頂左に破散し, 焔より肩, 焔飛ぶが如く, 焔魔王七母八執曜