青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「歌~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

欧州~ ~欲 欲~ ~欲しい 欲しい~ ~欲する 欲する~ ~欲望 欲望~ ~歌
歌~
歌っ~ 歌舞伎~ ~歎 歎~ 歓喜~ 止~ 止む~ ~止め 止め~ ~止めた

「歌~」 19903, 197ppm, 514位

▼ 歌~ (4316, 21.7%)

174 うたって 64 歌って 40 詠んで 39 書いて 35 うたひ, 唄って 34 うたふ 32 うたいながら, うたったり 30 作って 27 うたった 26 やめて 23 うたいました, 聞いて 22 歌いながら 18 うたつて, 歌う, 読んで 16 教えて, 見ると 14 歌ふ, 詠んだ 13 うたうの, うたつた, よんで, 唄ひ 12 うたう, 作った, 歌った, 歌ったり 11 唄いながら, 歌ひ, 聴いて, 見ても 10 うたうこと, うたつたり, 口ずさんで, 唄ったり, 読むと 9 うたつてゐた, きいて, つくって, 知って, 見て, 詠んだり 8 うたい出した, お詠み, 作ること, 唄うの, 唱って, 聞きながら, 詠みました, 謡って 7 うたひました, もつて, やって, 作るの, 唄い出した, 唄つ, 愛して, 覚えて, 詠じて

6 [11件] うたいはじめました, うたうと, お歌い, もって, 作つてゐる, 唄う, 残して, 詠む, 詠むこと, 詠む人, 詠めと

5 [27件] うたいだした, き, 作つた, 作る人, 口ずさみながら, 口に, 口吟み, 口笛で, 合唱し, 唱ひ, 引いて, 忘れて, 思い出して, 書いた, 歌いました, 歌うこと, 歌うの, 歌つ, 添えて, 私は, 聞かせて, 見るに, 見れば, 評する, 語部に, 誦して, 贈った

4 [45件] あげて, うたいそれ, うたいつつ, うたいに, うたい踊り, うたう声, うたつてゐます, うたは, うたひあげられた, うたひつ, うたひ出した, うたへ, うたわん, うとうて, きいた, きかせて, つくること, 作ったこと, 作ったの, 作ったり, 作つたが, 作つたこと, 作る, 作ると, 作ろうと, 口ずさんだ, 合唱した, 味う, 唱いながら, 小声で, 忘れたカナリヤ, 持って, 教へ, 歌い出した, 歌は, 耳に, 聞いたこと, 聞きて, 聞くと, 見かけ申候, 詠んだこと, 詠んだの, 讀んで, 選んだ, 選んで

3 [68件] うたい琴, うたうもの, うたうよう, うたうん, うたう時, うたえ, うたったの, うたふと, うたへる, およみ, お聞き, かいて, かけて, きいたこと, して, やめた, やる, よみ詩, よむこと, よむと, 一つ, 一番善い, 作つたり, 作つて, 作つてゐます, 作つて訓諭し, 作つて遣した, 作り文, 作るもの, 作る場合, 入れて, 取りて, 合唱する, 名所の, 唄い出したの, 唄うこと, 唄うよう, 唄ったの, 唄つてゐる, 唱う, 唱えて, 唱つた, 唱ふ, 唱へる, 善しと, 多く詠みいでたれ, 引出すまでも, 指して, 書く, 歌います, 歌おうと, 歌つてゐる, 歌つて呉れ, 止めて, 聞かして, 聞くの, 聞く時, 聞け, 聴かせて, 訳して, 評して, 詠まうと, 詠むが, 誦すれば, 謡い踊, 送つて, 集めて, 高唱し

2 [233件] あとで, いつでも, うたいたくなりました, うたいます, うたいますかね, うたいますと, うたいまた, うたい始めた, うたい楽器, うたうし, うたうだけ, うたう事, うたおうと, うたっては, うたひいづれ, うたひだした, うたひだす, うたひ初めました, うたひ続け, うたふこ, うたわせながら, うたわせようと, おきき, お作りに, お書き, お聞, お送りに, ききながら, きく, きくと, きくなかれ, きけば, くりかへ, こしらえるため, これほど, つくったの, つくりたいと, つくりて, つくる, つくるしろき, つくるため, つくる人, つくろうと, つづけた, つづけて, どなりました, なおして, はじめたの, はじめよう, ば, ばいつ, ひいて, まとめて, みて, みても, もて, もて我, やつた, やめると, やりました, よみ文, よむ, よむに, よむの, よむべき, よむ人, よんだ, わめくと, ピアノで, 一つと, 一行に, 一郎は, 三つ程, 不順序, 並べて, 中心と, 低い声, 作つて來た, 作らうと, 作らずに, 作らんには, 作りて, 作り上げる彼, 作り得たの, 作るという, 作るとき, 作るよう, 例に, 出した, 出したが, 出したの, 出して, 助けて, 十首ばかり, 叫びながら, 合唱す, 吟じて, 吹奏し, 告げた, 告げ顔, 咏んだ, 咏んで, 唄いつつ, 唄います, 唄うて, 唄うと, 唄うという, 唄えッ, 唄つた, 唄は, 唄ひ出し, 唱うの, 唱うれば, 唱った, 唱つ, 唱へ, 声高く, 奏しました, 奏せよ, 奏でて, 好み候, 始める, 小聲, 幾つか, 幾度と, 引いたが, 弟に, 彫る事, 彼は, 待つやう, 後世の, 得て, 微吟し, 思い出した, 思い出すの, 思うて, 思ひ出して, 感ずるの, 手帳に, 手本に, 扱ふ, 投げ落したり, 教えた, 教えるの, 教へて, 書いたので, 書きこんで, 書きつけて, 書きなど, 書き添えた, 書して, 朗誦する, 本歌と, 模倣し, 歌う声, 歌う者, 歌う許可, 歌つては, 歌ひたい, 歌ひ出した, 歌わせたり, 歌わせて, 止める, 此處に, 沢山残した, 流す, 清書し, 獻りました, 生徒に, 用ゐる, 発表する, 知つてゐた, 知つてゐる, 知らないの, 知らぬ故に, 研究する, 私の, 私達に, 紹介し, 紹介せられた, 続けて, 繰りかへ, 繰り返して, 繰返して, 習つてゐた, 考えて, 考へつ, 聞かせること, 聞きすまし, 聞きはじめたの, 聞くこと, 聞くほど, 自分で, 自分の, 落して, 見せた, 見せて, 見ますと, 見始めてから, 見歌, 解釈する, 記憶し, 評するとによりて, 詠じた, 詠じたと, 詠み, 詠みて, 詠みます, 詠むと, 詠むには, 詠むの, 詠んだので, 詠んだ人, 詠んだ経験, 詠んでも, 誦しこの, 誦した, 読まれて, 読むとて, 読めば, 読んだ, 誰から, 誰が, 謡うて, 謡う調子, 謡ふ, 讀むと, 送って, 送られた, 遣るにも, 遺して, 集めた本, 題して

1 [2140件 抜粋] あげすぎましたから, あはせられし, いかにも感, いく度か, いつの, いまでも, うたいあったり, うたいおわって, うたいさらに, うたいたいもの, うたいだしました, うたいだすなどという, うたいなさいよ, うたいはじめるの, うたいますから, うたいやっと, うたい出したその, うたい出しナースチャ, うたい始めました, うたい急いで, うたい申す拙者, うたい耳, うたい通行, うたうたのしい, うたうとき, うたうので, うたうわが, うたう千世子, うたう小鳥, うたう歌, うたう聲, うたえという, うたおうお前, うたったばかりに, うたった有名, うたってるのよ, うたつたと, うたつた筈, うたつて居りました, うたつて見た, うたひいでたれ, うたひだしました, うたひ初める, うたふさま, うたふも, うたわせたり, うたわせるお, うたわなくては, うたわれる場合, えらび我が, おうたいなさい, おこと, おほめ, おもい出して, お作りなされました, お取り次がせ, お弾きなされました, お歌いなされた, お聞かせいたします, お詠ませ, お送りなさいました, かいたノオト, かういふ形, かき居る, かけあう行事, かけ合せる, かため踊り, きいた事, きかして, ききとれましたほんとう, きき音楽, きくラジオ, くださいました, くっつけて, くり返して, こしら, こしらえ調子, この学校, ご存じでございます, さか, ささやいたたゆたいがち, さへ, さりげなく, しないよりは, すっかりおぼえる, すらすらといつて, せめて自分, その主題, それからあちら, たくさん殘し, だいぶ出し, つき合せて, つくったり, つくりました, つくり居るに, つくるとか, つくるは, つけるの, つづけましたが, つツ, とりあげられて, とろうと, なぜ作る, なろうても, ぬすみ聞いて, はっきり歌い始めた, ば作しなるべし, ひつくるめた, ひやかすの, ほめず細君むつ子さん, まぜッ, まねようと, みんな一個所も, めいめい工夫し, もじったこの, もてウリッセ, もて航海者, や, やめ, やめたそれ, やりながら, やるすべ, やる人, よく云う, よく謡っ, よせ, よまれたこと, よみかける処, よみつけると, よみ且歌, よみ恋, よみ文芸, よみ習い私たち, よむこと毎月一度位, よむべし, よむ必要, よろこび涙, よんだらすっかり, わすれたカナリヤ, われは, カイに, ギターで, レコードへ, 一つうたいやす, 一つやらかさう, 一つ入れたい, 一つ詠みました, 一人もとつてない, 一年に, 一般に, 一首二首と, 一首餞別と, 三つ四つ頼む, 三回繰り返し, 上げること, 下さいました, 与えんと, 久米夏子が, 二つつなぎ合わせた, 二つ三つ歌う, 二十二人から, 云いながら, 亜流し, 人に, 今日に, 代表する, 伝う, 低く鼻歌, 低音に, 何人が, 余韻も, 作ったであろうか, 作ったほど, 作った東風君, 作つたから, 作つたのは, 作つた事情などを, 作つてかい, 作つてゐた, 作つて唄つ, 作つて居れ, 作つて采女を, 作らうなんぞといふ, 作らせたらどう, 作られてを, 作りうるまでに, 作りつつ, 作り上げようといふ, 作り合ふじ, 作り得べしとの, 作るから, 作るといふ, 作るべきである, 作る人数, 作る境地, 作る気, 作れと, 使に, 偶っと, 充分慎重, 入れる可, 八田などの, 其の後, 凌駕する, 出すやう, 分析し, 刻んで, 創造する, 勅撰集に, 十三枚著書を, 十首ばかりの, 即興に, 収めて, 口ずさみかけて, 口ずさむこと, 口の, 口吟むばかりか要, 古歌, 召されると, 合唱させ, 同じ理由, 君聞くや, 吟ずる声, 吹いた, 吹きます, 味え, 味わって, 命ぜられたとおり, 咏むでならないといふ法は, 咏んれ, 唄いつれて, 唄い子路, 唄うかと, 唄うとき, 唄うも, 唄う仲間, 唄う方, 唄ったこと, 唄っては, 唄つた富岡の, 唄つて出, 唄つて躍つた, 唄ひ始めました, 唄へ, 唄わせお, 唱いたくなる事, 唱い一人, 唱い通したが, 唱つてまた, 唱ひ出しました, 啣へ, 善くす, 喜べるさま, 嗾る, 地下人である, 声に, 多く取った, 夜昼なし, 大声に, 天下第, 奉れば, 奏して, 奏するの, 好まず, 好み候えども, 好むの, 如何に, 子供が, 學生, 家隆の, 寄送される, 小耳に, 屋根でも, 差上げたいん, 平然と唱え続け, 幾首か, 弄び沐猴, 引用し, 弾いて, 弾く, 弾じ, 彼女の, 後鳥羽院は, 得作らじと, 御覽, 忘れたカナリア, 忘却したるなり, 思いして, 思い出したので, 思い出し思い出し所, 思うこと, 思った, 思ひ出したこと, 思ひ出すから, 思わせた, 想ひ浮べ, 愉しく聞いた, 愛するあまり, 憶ひ, 成就した, 手に, 手記する, 抄した, 披露しよう, 拵へ, 持ち来たって, 挙ぐるを, 挙げ自ら万葉調, 排すると, 探すので, 描きいわゆる, 插入し, 撒きちらす, 放送し, 教えたの, 教える力, 教授する, 斥し示す, 旅人に, 明晩は, 暗誦しだした, 書いたこと, 書いたり, 書いた方, 書かされたの, 書かれた時, 書きたしたもの, 書きつけても, 書きのこした楠正行, 書き取った, 書き残した事, 書き込んで, 書く歌, 最正しく, 朗吟し, 本場に, 案じて, 極めて声, 模倣したらしい, 歌いかわす催し, 歌いはじめたが, 歌いまた, 歌い乙女心, 歌い出して, 歌い抜くこと, 歌い終った時, 歌い銭, 歌うと, 歌うので, 歌うよう, 歌う時, 歌う男, 歌えば, 歌ったか, 歌っただけ, 歌ったりこじき, 歌ってないこと, 歌ってる自分, 歌つてしまつたこの, 歌つて居る, 歌として, 歌ひつ, 歌ひ終る, 歌わせたもの, 歌わぬかと, 止めるか, 止め紋太夫, 残したかは, 残すよりも, 母親が, 求むる心, 決めるといった, 沢山詠ん, 洗いおとし黒主, 浴びせかけ始めた, 添へ, 源氏は, 澤山に, 無心で, 爲す, 版画化した, 獨言に, 生まないもの, 産み出す迄の, 申し上げる際, 発表し, 皆なで, 眞面目なり, 知ってるでしょう, 知らないで, 知らんちうて, 知ること, 研究しよう, 祖述する, 稽古し, 窃と, 競った, 符牒式に, 純な, 組み入れた, 絵に, 綿密に, 繰り返し繰り返すよう, 纒めて, 羅列し, 習って, 翔りやらん, 考へて, 聞いたとて, 聞いたり, 聞いても, 聞かされあまり, 聞かれるに, 聞きしを, 聞きつつも, 聞きましたが, 聞き申したなるほど, 聞くの喜び, 聞く小児, 聯想し, 聴きながら, 聴くであらう, 聴けば, 聽く, 腹の中の, 自己流に, 若松屋の, 要する場合, 見せると, 見ぬわれ, 見る態度, 見帶, 覚えたかとな, 覚える声, 解する, 解剖し, 解釋し, 言上した, 記しつけた扇, 訳するに, 評釈した, 詠じたが, 詠じ詩, 詠まうとして, 詠まなかった万葉時代, 詠まれて, 詠まんとして, 詠みかけられて, 詠みに, 詠み交わすため, 詠み始められたの, 詠み香, 詠むん, 詠む娘, 詠む者, 詠めの, 詠んだが, 詠んだに, 詠んだ才媛, 詠出した, 話に, 誤りて, 誦するとも, 読まうと, 読みかけられて, 読み合, 読み聞かせては, 読むに, 読むもの, 読んだに, 誰を, 謡いあるいは, 謡うそれ, 謡うの, 謡ったの, 謡つて入らつ, 謡は, 謳つ, 讀み出しました, 讀み過ぎました, 貼って, 贈つて, 転じて, 載せた青年, 返せ, 送るは, 造る歌人, 運搬する, 選んだの, 酷愛する, 長く手, 附け加, 陳腐に, 集めた歌集, 雲の, 革命し, 題せしめたもの, 馬鹿に, 高らかに, 麓へ

▼ 歌~ (2895, 14.5%)

50 中に 46 ように 33 声が 26 ような 24 方が 23 上に 20 やうに, 中の 17 声は 15 意味は 14 やうな, 文句を 13 ことを, 一つも, 文句の, 方は 12 中には, 如きは 11 心を, 意味を, 文句は, 調子に 10 上の, 中で, 文句が, 話を 9 方で, 本を 8 一つ, 例を, 次に 7 一つである, 上手な, 声を, 心は, 数は, 文句に, 様な 6 一節を, 上で, 主は, 声と, 意は, 文句も, 様に, 節を, 都へ

5 [16件] 一つで, 上には, 中でも, 会が, 作者は, 勉強を, 声, 声に, 声も, 最後の, 歌ひ, 稽古を, 節は, 詞と, 調子は, 音頭を

4 [34件] あること, ことは, ために, つ, テストを, 中から, 中にも, 中山に, 会の, 内容は, 前に, 多くは, 大部分, 如きも, 心にて, 性質から, 意を, 意味が, 意味も, 方に, 方の, 美しさ, 聲, 言葉が, 話が, 調子の, 贈答が, 趣を, 近くに, 返歌, 道に, 道の, 門閥を, 音が

3 [67件] あるの, こころを, ことで, ごときは, しらべは, つづきを, とおりに, ところで, ところを, ほんとうの, やさしい歌, ようである, わかれ, 一つだ, 一つに, 一つを, 上では, 上にも, 上手と, 中, 主が, 代りに, 会に, 会を, 作者が, 価値を, 修行を, 原稿を, 句が, 外に, 多いの, 好きな, 妙味の, 家として, 山ヂサを, 形を, 心に, 悲哀で, 手本に, 拍子に, 拍子を, 数を, 曲を, 本が, 格画の, 模倣である, 歌い方, 歌い返し, 爲に, 社中の, 第四句, 節が, 節に, 結句と, 続きである, 続きを, 菅の, 解釈を, 詞書に, 調子を, 譜を, 贈答を, 通りで, 雄々しく強き, 類, 類は, 風情を

2 [177件] うち, うちに, おかげで, けいこで, けい古を, こころに, こころの, ことだ, ことなどを, ことばかり, ことやら, こと地震の, ついて, つづき, どんな上の句, なからめ, ひとふし, ふしで, ふしを, ほうが, やうである, やうなる, やうにも, ようで, ようには, よしあしは, ツチハリ, ノートを, パラダイス, レコードでは, 一つの, 一と, 一句を, 一種と, 一節が, 一節の, 一部を, 一首でも, 下に, 下手な, 中では, 中なる, 中山, 主, 主の, 主を, 主題と, 事に, 事を, 会などに, 伝来に, 伝称せらるる, 作意は, 作者を, 修行の, 先生でも, 全体の, 全部を, 内容が, 内容の, 内容を, 出て, 出来たの, 出来た頃, 初めと, 勢を, 半ばで, 半ばに, 反古で, 反歌である, 口調が, 口調の, 合唱は, 合唱を, 咏み, 品下りたる, 唱歌者は, 場合と, 場合に, 声の, 声や, 声調は, 変ったこと, 夕殿蛍飛思悄然という, 多いこと, 多き事, 女王と, 好いところ, 如き力, 如き鷲, 如く古, 如く礑, 如何に, 始めに, 姿を, 姿弱く, 字が, 学問は, 山ヂサは, 巧い, 師匠の, 師匠は, 平和な, 形が, 形で, 形を以て, 後を, 御園, 心の, 想を, 意, 意味から, 意味である, 感じを, 手ほどきを, 批評を, 撰を, 数々を, 数も, 文句で, 文句にも, 方である, 方にも, 方へ, 方面では, 方面に, 景氣よく, 材料に, 殿堂, 漫談を, 片歌, 特色が, 独立する, 生命を, 畫のと, 発生する, 発生の, 短き者, 短ければ, 碑は, 稽古の, 稽古は, 第三句, 節, 簡単なる, 紫の, 結句に, 結句の, 結句は, 結社創作社社中の, 美し音色, 興味は, 良さ, 行はれる, 解釈が, 言葉の, 言葉を, 詞は, 話も, 話俳句の, 話昌作の, 調は, 調べに, 調べは, 調子が, 調子で, 趣きさへ, 趣である, 趣味は, 返しを, 道でも, 選の, 醜いこと, 間に, 雜誌の, 雜誌を, 音に

1 [1517件 抜粋] あいだに, あとに, あひ, あるとき, ある理由, いでたるかぎり, いろ, うすみどり, うたうと, うたひ, うちなる, うち一首, うち勝れた, うまい人, おいとこそう, おもて, お師匠さん, お方も, かき人の, かげに, かたには, かへしなからでや, けいこ, けい古が, けい古三十分ばかり, こえが, こころ歌の, ことから, ことなど, ことについては, ことや, この盾, ごときすでに, ごとき東国語, ごとく下, ごとく外国語, さくらびととは何の, さまを, しらべでも, しらべも, じょうずな, すぐれて, せいで, その第, たぐひか, ためじゃ, だん, つばさもて, できたこと, とこなど, ところに, どういうところ, なかつた理由, なかには, なかばに, なきにし, はじまった時代, はるか奥に, ひとつである, ひびきは, ふしでした, ふしも, ほうも, ほかにも, ほんたう, まじれり, まねした, まま研かれ出, むすびを, もろ翅, やりとりを, ようであった, よくする, よみかた心得ず, よろしさ, われとかぼそう, イチシ, オーバラップは, クインとして, コーチを, スガが, ツチハリとは, ナワノリ, メリハリが, メロディーと, メロデーの, モティーヴを, リフレインに, レコオドを, レコードは, 一くさりでも, 一つその, 一つでし, 一つ一つが, 一体として, 一卷樹の, 一巻は, 一特質を, 一種, 一種建て, 一節です, 一節は, 一節吟ずる, 一部分が, 一部分を, 一類である, 一首も, 三期と, 上なら, 上の句の, 上の句を, 上五文字じゃ, 上手といふ, 下の句の, 下品なる, 世界などが, 世間性が, 中へ, 中山お, 中心にな, 中鎮魂の, 主よりは, 主題の, 事など, 二句の, 享けた命数に, 仕上げに, 代表的な, 会, 会など, 会にも, 会茶の, 伝へを, 伴奏とも, 何と, 余韻を, 作られた頃, 作り方の, 作歌動機は, 作者とは, 使ひ, 価値の, 値打ちが, 値打ちを, 側に, 傳へに, 優れたもの, 充ちた熟れた葡萄, 先生じゃあ, 先生どう, 先生の, 先生加茂川の, 入った軍事物, 入門か, 全体など, 六ツ八ツなら, 其の懷紙, 内でも, 内最も, 処で, 出た始めて, 出來る, 出来た当時, 出来た時代, 出来ること, 出来る日, 分らぬ子孫, 分析と, 初めの, 判の, 制作に, 前へ, 前後は, 功徳である, 勉強で, 動機が, 匂ひ, 卅一文字に, 半数以上が, 印象の, 原形だ, 友だちで, 友だちなどが, 友だちを, 友達, 叙する, 古い形, 古雅なるなら, 句を, 句法は, 合唱者に, 同門たちが, 名所なる, 名殘, 名稱, 味いが, 味は, 呼吸が, 唱えられるころ, 善きに, 器の, 四五句が, 園に, 地下八尺は, 堕落を, 場合も, 塞り, 声かしこより, 声で, 声などが, 声にも, 声わたしは, 声時々, 声調までが, 声足音手拍子が, 変ったの, 多い西行, 多く交つた散文に, 大凡に, 大家な, 天子の, 女王, 女王アドリナ・パティの, 好き嫌ひ, 如きに, 如き境地, 如き日本音楽, 如き調, 如くである, 如く下, 如く全体, 如く客観的に, 如く意味, 如く抒情, 如何なる, 姉妹歌が, 姿, 姿や, 子たれ, 字眼である, 存在を, 学問を, 完成した, 家からの, 家と, 家二条為子の, 寄りあひである, 対象たる, 少い人である, 尺度と, 山ヂサとは, 巡礼麗姫奴, 巧拙でない, 巧拙を, 巻を, 師匠, 師範家は, 常套手段の, 幸, 広い流れ, 序文は, 引用を, 形でだけ, 形の, 形式だけ, 形式は, 影響だ, 役は, 後さえ, 後鐘の, 御本, 微妙な, 心お, 心でなかろう, 心も, 心持ちを, 志を, 思い出と, 怨みまさに, 悲しみだ, 意である, 意とは, 意味だの, 意味など, 意明ならず, 感じが, 感興が, 成つたのと, 我に, 手人に, 才気めざましき, 技の, 抄出においても, 投稿などを, 拙なきを, 持つて, 持つ固, 持つ空間性, 指導を, 掛合ひ, 掛軸をでもと, 揮毫に, 擬態を, 数々は, 数十倍の, 文句から, 文句でもよ, 文句にかけて, 文句ばかりじゃ, 文句淋しい, 文字, 文字も, 断片でも, 断片を, 新作は, 方です, 方も, 方面を, 旋律は, 旧派化を, 時々示す, 時代に, 普遍的な, 景気よく, 暗記を, 曲から, 書いた紙, 書き方も, 書物は, 最初の, 最高の, 月, 末に, 末期とも, 本, 本におい, 本や, 本意をば, 本絵, 本辞, 材たら, 材料も, 枕である, 枯れ木とは, 栞, 條參照, 極端な, 楽譜を, 様にも, 樂しみを, 模倣では, 次に人麿, 次に鏡王女, 欲した, 歌い終, 歌手の, 歌類を, 歴史に, 殊によい, 比では, 気持ちを, 気禀を, 沿革を, 流れの, 流行に, 海, 涙の, 深い真心, 温かさ, 漫談客わりに, 潤い, 点料か, 無いの, 無趣味, 特徴な, 特殊な, 特色の, 犠牲と, 理想と, 生まれたころ, 生れて, 生命が, 由来を, 病そんな, 発生し, 発表出来る, 相間々, 真似を, 真意如何など, 真鳥住云々, 短きもの, 研究を, 神女の, 秀でて, 種を, 稽古だ, 稽古に, 穴師の, 競べに, 第一声は, 第四節, 節だけ, 節で, 節も, 精, 約束に, 紙は, 細かい技巧, 終るを, 組二ながら, 結社に, 絶れ, 続きば, 続と, 練習を, 美しい一節, 考え方が, 聞ける国, 聞こえるの, 聯句は, 聲にも, 背景なる, 能事は, 自分が, 興, 色彩は, 若え, 莚が, 菅を, 著く多きを, 表から, 表現によつた, 表面の, 見つかるとき, 規則などを, 解釋いづ, 言葉とは, 訳詩で, 詞すら, 詞の, 詞形の, 詞書は, 詠みぶり, 詠者とは, 詩一句, 話から, 話など, 話友の, 語と, 調と, 調よりも, 調子と, 調子拔け, 講釈なんとも, 謡ひ広められた, 貴い所, 起源を, 趣に, 踊り, 返しせむ, 返事に, 途中で, 通りの, 連続が, 過剰にも, 道を, 道統が, 遣り取りを, 選を, 選評さ, 邪道, 部門を, 金の, 鑑賞は, 長歌は, 陰に, 集が, 集に, 雑誌の, 雜誌つていふ, 雨乞の, 静かに, 面白さ, 面白味は, 音には, 音律美は, 音調には, 響きより, 頁に, 順路は, 頭には, 題に, 題詞は, 類に, 類型が, 風体の, 風韻を, 髄脳歌の, 魂が, 魔力が

▼ 歌~ (1653, 8.3%)

14 うと 8 ない 7 感情を 6 なければ, 一首も, 人の 5 昔の 4 いつでも, う, 一つも, 万葉に, 何の, 前の, 当時の

3 [21件] このよう, さう, またと, 万葉には, 今の, 何れも, 俳句の, 受身の, 名所の, 夷振, 如何に, 少い, 平等無, 最も人, 本当の, 材料極めて, 次の, 私の, 色青ざめ, 詠みいでられまじく候, 進歩不可致候

2 [99件] あれは, いくばくか, いずれも, いち早し子ら, こうであった, こうである, これで, これを, して, しめよ, せたの, その守り, その裏面, それに, そんなこと, ただ器用, つぶさに示し, どういう形式, どうして作る, どうだ, どこへ, ないで, ないと, なりけりらん, なんという, ぬ, ねば, ほかに, まえにも, まし, まし水牛, まし汝, みなその, むかしなりけり, むすべに, やんだ, れつ, れる時, わがもの, シューベルトの, 一種の, 万口一斉に, 三句切の, 下手でした, 人間の, 今でも, 何とよい, 作って, 例示を, 函館の, 前に, 半蔵が, 叙情に, 右の, 唄えねえ, 嘘の, 固より, 外界からの, 多くの, 天皇に, 天皇の, 子供の, 字余りに, 実に少く, 客観の, 客観的なれ, 尻軽く, 平凡な, 平安朝に, 幾つか, 後の, 御免だ, 志都歌の, 忘れたが, 想ひ, 感情的ならざるべからず, 憶良の, 歌い出されだんだんはっきり, 歌ひ出され, 止んだ, 残って, 民謡風な, 理窟こそ, 男の, 皆その, 皇子の, 真似すべき, 知らないん, 石清水系統の, 私には, 紺三郎さんのだ, 聞えずとも, 聞かれない, 萬葉の, 調子の, 象牙にけ, 集中の, 非常に, 黒檀に

1 [1312件 抜粋] あっさりと, あまり早く, あまり面白く, ありますが, ありませんでした, あるが, いいと, いか, いくらも, いけないつまらない, いずれとも, いつか泣き声に, いつも同じ, いつも論説, いまは, いよいよ切なく美しく, うたうという, うたわずに, うとして, うまいん, うら若い高貴, う幸福, おかしいと, おけさ, おできに, おほく, おもしろしとも, おろか普段でも, お上手, お前たちか, お父様, かうした榑, かき消すが, かつて, かのうる, きこえては, きらいだった, ぐんぐん伸び, こういうの, こうした高士, ここの, この上伸びよう, この作者, この地方, この歌, この順, これに, これまでの, こんなもの, ございませんかな, さすがに, ざっと以上, ざりし滑稽, ざる詩人, しかし第三者, しばらく預, しめたり, しめたる程, しめ給ふ, すこし調子, すっかり出来あがりました, すでに終, せし男, せた, せたとか, せも, せ女子, せ辭, そういう関係, そののち, その三十一字, その代り, その子供ら, その後偶, その後私の, その流れ, その芽立, そよろ, それからずっと, それより, そんなわけ, たくさん織りこまれ, たしか日露戦争中, ただ抒情, たとい感情, だから何, ちょいと, ぢっ, つくらなかった, つまらないかな, できるはず, とうの, ともかく秋, どういふ, どうしても嘗どこ, どうして出来た, どうも好く, どこの, どこまでも, どんなに美しい, ないが, ないと共に, ないんぢ, ない詩人, なかつた, なかなか愛すべき, ながれて, なくともい, なけりや, なむ, なんだか細々しく, ぬかな, ぬ弥次喜多, ぬ詩人, はじめに, ほかの, ほんとうに, まあいい, まことにこの, まさしくさとり, ましはらから, まずい, まずは, またひとつ, また皇家, まだ一度, まほし, みな天の, みょうにわたし, みんな彼の, むとおもひしに母上と, むをりにはその, もうこれ, もう少し仇, もしあなた, もっと分かり, もつと, もとより俳句, もはや明らか, やすからむ, やはり少し劣る, やはり真言, やめなかったわ, やめるその, よくなっ, よく世の中, よく歌, るるもの, れずして, れるわけ, れる戀, れる音楽, わからないから, わが国情, わたくしの, われよく, アダリンきかずいねられぬ, イイネ, カルーソージーリダル・モンテガリ, クズどもが, ダアワが, ナポレオン再挙の, ピタリと, フランツの, 一つの, 一切棄て, 一寸, 一段と勇ましく, 一瞬の, 一般に, 七首の, 万葉を, 万葉集中此一首のみ, 三千百十二首ある, 三尺の, 三通りほど, 上手だ, 上手な, 下手です, 不思議に, 不撓の, 世間にも, 主として大額, 主として東, 之を, 事実性欲詩である, 二十三首ばかり, 二度繰返へ, 二条家の, 五人の, 人麻呂に対して, 人麿と, 仁明天皇の, 今一首万葉, 今日の, 仕方が, 以上選んだ, 伊太利の, 何, 何だか知らない, 何れの, 何処から, 何首か, 余り先生, 余り苦心し, 作るが, 作者を, 作者未定である, 依然として謎, 俗謠の, 倫理的善悪の, 僕の, 僕はかまは, 兇器と, 全くこの, 全く面目, 全体の, 全然うたわなかった, 全部カットする, 六十歳ごろから, 六首選に, 其の儘実現, 其中十首で, 其国の, 其語原から, 具象的で, 冬の, 出來上, 出来たが, 出来ない, 出来なかつた, 出来まい, 分布し, 列席の, 初句から, 別に, 別の, 前篇の, 勘弁し, 勿論其の, 十中八九まで, 十首中にては, 半以上理会出来ない, 単純で, 即ちその, 卷十七雜の, 取られて, 受身でも, 叙景歌として, 古今集には, 古来有名, 句, 只文字, 同時に唄, 名のみ, 君酔ひの, 味いを, 咏みません, 唄ひ, 唯人生, 問で, 善とも, 囈語の, 国経卿その, 型に, 墓なれ, 壯夫の, 多くこの, 多く支那, 多分筑前守時代, 夢を, 大人でなけれ, 大体建仁三年四月に, 大切な, 大変チャーミングでございました, 大概生かした, 大正三年の, 天へも, 天使の, 天平五年六月の, 天田振です, 夫に, 夷振です, 女声である, 好いと, 如何といふ, 如何なる歌, 嫁がれて, 子の, 字が, 学問で, 安政元年, 定めし皆さん, 実はその, 実徳, 実際に, 宮人曲です, 宴会即, 實に, 寿詞の, 將帥の, 少しも, 少なかった, 尻輕くなる, 山口祭か, 岡倉天心を, 川島皇子が, 巻四, 常にせぬ, 平凡で, 年が, 幻の, 幾度も, 序詞の, 強ひ, 彫心鏤骨の, 彼に, 彼らにとっても, 彼女が, 後人の, 従来の, 從来青年男女の, 心を, 必ずしも善き, 忍草の, 忘れつ西行忌, 忽ちメロディ, 思國歌という, 急速に, 恋の, 恐らく此歌, 悉く金玉, 惜し気, 意味も, 感傷家程度で, 感激に, 憐れな, 我肺腑より, 戯れ歌, 拙いと, 拙なかれ, 故意の, 教訓的に, 数限りなく作られ, 文し, 文学者らしくし, 斯う, 新作では, 新葉集卷九, 旅人作中の, 既に有名, 既に記した, 日本の, 早くから, 明るさ, 明瞭に, 春風, 晶子さんに, 暫くの, 最新しい, 有り得ない事, 有名で, 有間皇子の, 未だ実質的, 本当に死んだ, 東が, 柄に, 桜の, 森に, 極大切の, 概してつまらない, 樂し, 次から, 次第に声楽, 次第に近づい, 歌うや, 歌に, 歌はずと, 歌よむ, 歌わなかった, 歌曲の, 歌集, 止せよ, 武将としては, 死物で, 殆どとられ, 殊に自然静観, 殊更に, 殘つて關の, 母の, 毎號變つていつ, 毫も息, 民謡的の, 水車でなく, 沈みて, 波子も, 海峡や, 涙を, 深く私, 渾一体の, 滝の, 漸く手, 無くなり従つて, 無理やりに, 独詠歌と, 玉石混交だ, 理屈こそ, 瓢, 用が, 甲高い女, 略倒叙の, 病牀に, 白鳳時代には, 皆この, 皆歌つて氣持ちの, 皆表面は, 皆酒や, 皇女の, 目前の, 盲目的に, 直観的に, 相手の, 眞似すべき, 真言である, 短歌が, 短歌の, 神や, 神田に, 神語と, 私たちには, 秋といふ, 程よく鳴いてる, 空虚に, 竜田川に, 第二句ナツキニケラシ, 第二首, 第四集, 純万葉調, 純客觀, 終つてゐます, 終わって, 結句で, 絵解きだけ, 続いて, 縦い, 美しい声, 翁が, 考へ方, 脱走する, 臨終に, 自然の, 自身以外の, 船が, 花宵先生の, 花束, 若い時, 若かき恋, 草園の, 萬葉集にも, 蓆を, 行宮へ, 衰へて, 西行にも, 見える様, 覚えて, 觀よ, 言を, 言葉を, 評判ほども, 詠めないけれど, 詩として, 誦さむ, 誰にもは, 誰方も, 謡ふ, 譬喩歌という, 貴い芸術, 趣味卑く, 軍歌しか, 農民の, 途中で, 進んで, 遺憾なく, 酒神サチユーロスの, 金槐集に, 長く衰, 闇の, 隨分夥しい, 集中に, 雑の, 雲の, 露骨に, 靜歌の, 音節が, 響に, 題目も, 顕昭阿, 風雅に, 駄目だ, 鴿に

▼ 歌~ (1264, 6.4%)

71 ある 15 出て, 書いて 14 あるが 13 聞えて 12 あります 10 あった, 聞える 9 あって 7 あつた, 多い, 胸に 6 響いて 5 あつて, ありますが, きこえる, 出來, 残って, 聞こえて, 載って 4 あるから, あるの, 出来ました, 好きに, 終ると, 聞えた

3 [18件] その場合, 一番善い, 一番善き, 世に, 出来た, 出来たので, 出来て, 好きで, 好きです, 届き自分, 彼の, 書かれて, 生れて, 聞えます, 聞えると, 聞こえる, 載つて, 非常に

2 [62件] あったの, ありそれ, ありまた, あり共に, あり翌, あるかと, あるじゃ, あるであろうか, いくつか, いっぱいに, うたいたくなる, うたえるの, お出来, すきだ, それである, それを, だんだんに, つづいて, ないと, はやって, ひどく玉石混淆, われわれを, 上手で, 人の, 他に, 來た, 入ってないので, 入つて, 八首七首は, 其完全, 出たり, 出ました, 出来たの, 出来たもの, 出来ましたが, 出来る, 出来ると, 出来るといふも, 多かった, 大好きだった, 屆き, 強き歌, 心に, 思われて, 日本の, 歌われた, 沢山ある, 流れて, 流行った, 流行って, 浮んで, 漏れて, 濱の, 生きて, 生徒皆に, 私を, 空に, 耳に, 聴こえて, 船の, 賢いイタカ人, 鳴りも

1 [831件 抜粋] あがりどんな, あったこと, あったため, あったに, あの時私, あの酒場, ありこれ, ありますこれ, ありますので, あり上半, あり文学, あり日記, あり曾, あり近世, あり近江, あるかね, あるけれど, あること, あるであろうとも, あるといふ, あるので, あるほど, ある位, ある歌, ある瓜, ある通り, あれが, いいだろう, いかに多い, いくつも, いけないといふ, いま左馬介の, いま思い出された, いろいろ書い, うたいたいの, うたいたくなって, うたいたくなるの, うたえて, うたえるうたい方, うたへ, うたへる, うたわれました, うたわれザラ, うたわれ健康, うまいな, うまいの, うまかった, おしまいに, おのずから彷彿, おもしろいので, おもしろく聞える, おわっても, お出来なさいました, お嬢様の, かうも, かけ合, かつては, かれの, きかれる初夏, きこえて, きこえます, きこえるよ, きこえ出します, きらいや, くり返された, けっしてあなた方, こう刻まれ, このごろの, この世へ, この後, この心情, この鎮魂, これ程すき嫌い, こんな話, ござります, さう完全, さかんに, しかも非常, したためて, しるして, すむと, すんだトタン, すんでも, ずっと出, そこはかとなく例, そのあいだ, その伝説, その内, その扇子, それぞれに, それぞれ出た, それであります, それ以後の, たえず聞こえた, ただに素朴, たまらなく悲しい, だんだんと, だんだん萬葉, ちょうど咽喉, ついて, つきまた, つぎつぎに, つまらんと, できたぞ, できました, とぎれとぎれに, ところどころに, とても苦しかっ, とどろいた, どういう作用, どうなっ, どうにも気, どこからとも, どれである, どんな詩, ないの, なお荘重, なかつた, ながれて, なければ, なほ民間に, ぬきんで, はいって, はじまつたの, はじめて, ひどく違っ, ひびいて, ふしおもしろく, ほりこまれて, まじって, まずくなっ, また始め, また胸, まだ習いかけだ, もう一つ, もとだった, もはや歌, やどつたその, やはりこれ, やはりさうな, やむと, やむとともに, やんだ, やんで, やんやと, よいの, よくない, よく覚えきれません, よまれて, よろこばれたの, わからなくなるといふ, わかるの, われらの, アメリカばかり, チャイムと, 一そう下手に, 一つある, 一つの, 一も, 一二首出来る, 一向に詩人, 一番悲しい, 一番新, 一綴の, 一首出, 一體どんな, 七十七首ある, 万葉集の, 万葉集のを, 三首ほど, 上手いと, 上手いな, 上手でした, 上手と, 上手な, 上調子に, 下手な, 与えられます, 世の中の, 世間で, 主で, 之に, 乞食者の, 二つ並ん, 二十二歳までに, 亡びたよう, 人々の, 人麿の, 今に沢山残っ, 今日に, 会津八一博士の, 伝わったので, 伝誦の, 何うにも, 何となく, 何ゆえに, 何程勝れた, 余りつまらぬ, 作つて見たい, 作られて, 作られる様, 併せ記して, 俗に, 個人から, 催馬楽と, 元に, 先ず出来, 先の, 全國津々浦々, 全部亡ぼされる, 其だ, 内外人約, 出たです, 出たの, 出てからは, 出ない, 出るもの, 出来たから, 出来たかを, 出来たも, 出来たんで, 出来た時, 出来はじめた, 出来まして, 出来ようか, 出来るので, 出来上つた時分, 出来上る, 分ると, 初まつ, 初まら, 刻んで, 前よりは, 創作詩でない, 労働の, 十内の, 十分に, 即座に, 反つて, 取れませぬ, 口ずさまれた, 口を, 同じ作者, 同人の, 味いは, 咏まれた, 唱いたくなりすんで, 唱はれませう, 唱われるの, 嘆美すべき, 四首引い, 国土の, 塵気を, 変な, 多いが, 多いの, 多いもの, 多く, 多くの, 多くは, 多く行, 多分後飛鳥期の, 大きな影響, 大した受け方, 大事に, 大体おなじだ, 大分解け, 大変お, 大変な, 大好きよ, 大部分, 奉られた, 奏でられて, 女房歌の, 好いでしょう, 好きだった, 好きであった, 好きな, 如何に, 始まった, 始まつた, 婦人の, 安倍晴明の, 実にりっぱ, 実に豊か, 宮村の, 家の, 小さく書かれ, 少い, 少いの, 少しは, 巧みだ, 巧みで, 幸ひ, 幾つと, 幾分か, 幾首も, 引っ張り出されたり, 当時の, 彩られて, 彼には, 彼らによって, 彼女らの, 後又, 得々として, 御座いますね, 心の, 心や, 思い出され夫, 思わず口, 思われます, 怪しく空虚, 恋人へ, 恋愛詩で, 悲しいメロディ, 成立する, 成長する, 手に, 技巧に, 披露される, 拾遺の, 挙げて, 捨て難い, 推古時代の, 掲げられ之, 放送される, 散らし書に, 散文でなく, 文学以外に, 新古今集, 旅行の, 日本紀では, 旨かつ, 旨ければ, 明日の, 春の川を, 時に歌, 曙覧ならざる, 書きつらねて, 書き並べて, 最も古い, 最も好き, 最も成功, 最初である, 月並の, 有る, 有心体だ, 本當, 本能にまで, 来た, 松の, 松籟艸第七首目即, 極めて多く, 次の, 次第に美しい, 欲しいわ, 歌いたいと, 歌えますか, 歌は, 歌われます, 止むと, 此の, 残った, 残つてゐる, 民謡, 気に入って, 気に入らずハネ, 決して名, 沢山に, 沢山出来, 活躍し, 流れた, 流れ出す, 流行した, 流行り出した, 流行り出してからという, 流行るよう, 深く心, 混り, 添えられて, 添へて, 済みますと, 済むまでいようじゃありませんか, 済む来賓, 済んじゃったら監督みたい, 渡された, 湧きおこる, 湯上り女の, 潮騒の, 濱へと, 無い, 無技巧, 然しそれ, 煙突から, 爽やかな, 物の, 特殊面を, 珍重せられ, 現在または, 生き生きし, 生まれたの, 生彩を, 用いられたらしい, 男女の, 町に, 皆この, 盛んに, 目に, 相当作られ, 真でない, 真に叙情詩, 真言と, 短歌を, 私にだけ, 秩父地方で, 窓から, 立てがき, 素朴な, 終った時ぶん, 終っても, 終るの, 終わって, 終わると, 続いたり, 纏り, 纔に, 習いたい紅葉, 耳の, 聞えたぜ, 聞えたで, 聞えだした, 聞えだして, 聞えました, 聞えるでは, 聞えるほど, 聞かれます, 聞きたけ, 聞けるので, 聞こえた, 聞こえ始めて, 聴えて, 聽え, 能く, 自ずと私, 自由に, 良い, 良いとも, 若々しい声, 著しく叙事詩的, 薄暗い行燈, 行はれ, 行はれる, 街頭へ, 衰えて, 見出される度ごと, 見劣りの, 言ふまで, 記録せられる, 証拠立てる如くあづま根生, 評判が, 詠み度い, 詠めたもの, 詠めないこと, 詠めなくな, 誄詞から, 誘う真実なさけびもまにあわなかった, 誦ま, 読めるよう, 譬へば百點, 讀めた, 賞に, 贈答せられた, 赤人の, 起こって, 起る, 起るだろうと, 近代化すれ, 送られた, 通りの, 進行し, 選に, 選ばれれば, 遺って, 都々逸を, 酔い狂った, 金に, 長すぎる, 長歌に, 附けて, 隨分に, 隨分選に, 離れて, 雪に, 霧の, 面白く生き, 革命歌に, 響きわたって, 飛びだして, 飛び出たもの, 騒々しく聞える

▼ 歌~ (1029, 5.2%)

21 耳を 17 なると 13 して, 候 11 合せて 10 ある, 似て 9 しても, なって, 合わせて 7 就いて, 有之, 比して 6 あらず, こんなの, なつて, なる, 御座候, 曰く 5 つれて, なつた, 對し 4 あらずと, あるよう, 出て, 心を, 歌って, 詠んで

3 [11件] あはせ, あらはれて, いはく, お歌い, すること, せんには, なりそう, なり不, 伴れ, 比ぶれ, 非ず

2 [56件] あるの, ある通り, あわせて, いふ, うたわれて, きけな, くつ, こういうの, さへ, したの, しようと, せもの, ただ一字の, ちがいない, つきては, つきても, なつたり, ならない, ならないと, なるの, まとめようと, みら, よい物, よく似, よむ, よむ草枕, よめる後, よんだり, 似たる者, 何か, 入りがたく, 對する, 就て, 心ひかれる, 托した, 於て, 景曲は, 本づき, 比べて, 比べると, 潤いが, 現れ居候, 現われた, 用いられたもの, 直結し, 省くべきもの, 私は, 聞き惚れて, 見えたり, 見えて, 親しんで, 詠まれまた, 調子を, 限りては, 限るほどの, 黄なる

1 [666件 抜粋] あくがれて, あたるもの, あてられて, あは, あはせた, あまり興味, あやされて, あらずといふも, あらわれたもの, ありては, ありますよう, あるから, あるちんちろりん, あるアヤメグサ, ある土地, ある山菅, ある御, ある生, ある紫野, ある風格, いうマスホノススキ, いわく, うき身, うたい牧場, うたい船人, うたうだろうよ, うたつて見たくなる, うたはれ, うたはれた, うたわれ出たこと, おしえられて, おとれり, かけたら街道筋, かなうわけ, ききほれるだけ, きこえて, くらべても, こういう表現, この詩, こめて, こめられた一味新鮮, ござります, しありけり, しくもの, した事, した為め一首一首, してからが, しばしば, しばしば詠まれた, しようとして, しるされて, しるしを, しろいつか平常, しろ或は, しろ文字, じっと耳, すぐれさせられ御, すぐ感じられる, すぐ筆, すれば, せよこの, せよ後代, せん何山彼山春の風, そういう背景, そそのかされできるだけ, そのこころ, その原形, その妙, そよいでる古い, そら事, たたへ, ただ見る, たちまさりたり, たぢろぐ雲とい, ちなんで, ちょいちょい出, つ, ついでて, つき別, つき契沖, つけて, つづく人馬, つづけて, つまされたもの, つよく心, ですか, とらわれて, とりかかりましたの, どんなに優れた, なし得なかった思い, なぞつて出来た, なぞらえて, なったが, なったところ, なったり, ならないとかいふ, ならないので, ならなかった, なりは, なりませう, なりませんよ, なり父, なり言葉, なり詩, なるであらうと, なるので, なるよう, ねて, はい, はいり切れない心, ひきつけられて, ひどく感心, ひびき渡りて, ふさわしい言葉, ふさわしくない, ふと行き, ぶつ, ぶつつかり, ほかならなかった, ほんの稀, まさりを, まず指, みちのくの, むかうとき彼女, むちゅうになっていたことがあるのであろう, めで, もっとも近き, もとづいて, ゆかしさ, よく似おり, よまれ, よまれた時分, よまれ俳句, よみけり, よみたいと, よみなして, よみ込んであるツチハリ, よむ不破山, よりすぎて, よりて, よると, よんで, わがはし, アヤメグサと, オキナグサという, ツヅムヌ・ユリムヌという, ハネズ, ミヤコから, 一つの, 一度の, 一時期を, 一種の, 七箇所の, 与へられた難題, 与妻歌一首, 之を, 乗るよう, 乞食の, 云く, 人間の, 仕上げたもの, 仕立てて, 代へ, 仮せなの, 伴って, 伴ひ, 似たある, 似たもの, 似たるもの, 似たる春, 似た味, 似た節, 似た趣き, 似た音楽, 何振, 作った, 作って, 作りて, 作曲した, 使う名所, 依って, 依て, 傷つきし心, 充てし紙, 充てるの, 先行した, 入つて來, 入り難く, 入るべき事物材料, 入れて, 八雲立つ, 凝って, 出ずる, 出會, 分れて, 前行, 劣らず優れて, 劣らぬ歌, 劣りたる歌, 劣るもの, 包まれ歌, 及ばないところ, 叙景の, 叙景詩としての, 可なり, 合せた, 合せたり, 合はせ, 合ふ, 合わして, 合唱した, 同じく我妹子, 同情し, 同感し得る, 名は, 名所の, 向かないタンポポ, 君の, 含まれて, 和し, 和したり, 和し七月九日, 咏めと, 咏んれ, 咲花に, 唄つた音樂の, 唱い込んでありますよう, 善きと, 嘘は, 因むで芳野櫻, 因んで, 在るヤマスゲ, 在る十寸穂, 在る山治左, 地名を, 基づいたもの, 境遇も, 声を, 変って, 変つた, 変りその, 変わって, 変わる, 多いの, 多く見られる, 夢想し, 大海人皇子に, 失望する, 奪はれ, 好く詩, 妙味が, 存じて, 寄せていう, 専属の, 小倉山峰の, 尤も近き, 就いての, 就いても, 就ての, 屋後切が, 屬する, 山上憶良の, 山菅, 左の, 干渉した, 建て物, 引き入れられて, 強く現われ, 強田と, 当つた, 御熱心, 心は, 心をかへ, 応えるつもり, 快くゆすぶられ, 恍惚と, 悲しさ, 惚れて, 想を, 感じたる時代, 感動し, 感動せられざる, 感心する, 憑かれた名人気質, 應へて, 打ち興じつつ, 托して, 投げ入れて, 拠つて証明し得る, 拠りて, 拠ると, 採り入れて, 採用する, 採用の, 揺れて, 擬らえた, 攀ぢの, 敢て, 散見する, 斯んな, 方式が, 於いては, 於ける哀れ, 於ても, 旋頭歌は, 日本女性の, 曰く千とせぞ, 曰く来い, 更かせし小人, 最も似, 最も近き, 朝といふ, 東歌が, 松の, 松虫が, 標を, 次の, 欲が, 歌い勝ったと, 歌うの, 歌おうとしても, 歌つてゐる, 歌ひこむ, 歌われて, 此種類の, 武夫の, 歸り, 残って, 殘りぬ, 比するとき, 水くぐれ, 汎として, 汐越ゆる, 泣きし君, 泣菫子が, 浮され, 浴した, 海岸と, 海辺で, 涙あり, 淫し過ぎました, 混つてふと, 渾然と, 満ちたる国, 満ちた演奏, 満足する, 源く, 溢れ, 激戟せられ, 無上の, 熱心に, 父親としての, 牛の, 特に柿, 玉藻と, 現はれたる如く, 現れた, 現れた細み, 現れた誠実, 現れて, 現れる曝井, 現れを, 現わ, 現を, 甘えて, 生氣, 用いたる趣, 用いられた名, 由来し, 異色が, 畿内の, 直しもしくは, 相違ない, 相違なかっ, 相違は, 短歌の, 確立された, 磯良前が, 秘めて, 移りそう, 移行する, 笑みぬ恋二万年, 答えせず, 答えた, 答えた坊さん, 簡単な, 糞を, 結びついて, 続くの, 続く次, 縮めて, 纏めて, 習はば, 耳たて, 聞きいりました, 聞きとれて, 聞きふけった, 聞き入るとき, 聞き恍, 聞き惚れた, 聲を, 聴き入りました, 腸を, 自由に, 至って, 至っては, 良寛でも, 芝居に, 著しく所謂延言, 蘇ります, 行くと, 表すの, 袖かみし, 被せようとして, 裏を, 見えたりや, 見えた歌, 見えた視覚的, 見られないもの, 見られなかったよう, 見るよう, 親しむという, 言いあらわして, 託したの, 記して, 詠じあるは, 詠じたのみか, 詠ずる所筑前, 詠ぜられた平安朝, 詠まうもの, 詠まないだけで, 詠まれたましら, 詠まれたもん, 詠まれた水恋鳥, 詠まれた難波江, 詠まれて, 詠まれぬ訳, 詠まれるシデノタオサ, 詠みこまれて, 詠み入, 詠み入れた, 詠み込む為, 詠み込んだの, 詠み込んだもの, 詠み込んで, 詠むはいふ, 詠む事, 詠む義理, 詠んだの, 詠んだほか, 詠んだもの, 詠んでこそ, 詠んでも, 詩に, 誘われて, 誘われ蝙蝠, 読み込, 読んだこと, 調せ, 謡われた, 譜を, 譬喩が, 讀み繪, 費されるの, 跟い, 躍如として, 較べると, 較べるならば, 近いところ, 近い効果, 返事の, 返歌は, 通じた上, 通じて, 逢着した, 遊ぶとは, 過ぎないという, 過ぎないの, 過ぎない事, 過ぎない二種, 邂逅する, 酔うた, 酔つて賞讚の, 長じた, 關係した, 限ある, 限つて晶子さんでなけれ, 限らず私, 雁一双を, 霊感を, 非ずして, 面白い意味, 題して, 類例を, 風流をと, 駆りたてるもの, 魂を, 鴨川という, 麻用賀岐許邇加岐多礼和名鈔容飾具に, PR

▼ 歌~ (584, 2.9%)

12 ある 10 あるが 7 あった 4 あって, 作って, 句も, 踊りも

3 [15件] あり又, あるから, あるの, その一, その一つ, なければ, 出ず大路, 前の, 前置, 曲も, 最も善き, 有之と, 画も, 聞えて, 詠んで

2 [26件] あつた, あります, うたへ, この例, この時, ない, なく思, まだ聞え, 何も, 出来て, 妻を, 心の, 必しも, 既にクラシツク, 有之, 歌って, 歌へる, 涙声に, 燕も, 発句も, 知って, 詠まれた, 詩も, 諺も, 踊も, 鷹の

1 [442件] ああいう, あったの, あつたさうである, あの笠寺, あまりぞ, あまり讀んだ, あらでここ, あらむ, あらんなどと, ありますよ, ありますよう, ありません, あり一しょ, あり俳句, あり東, あり漂泊, あり漱石氏, あり覚官的, あるかも, あるくらい, あるのに, あるんで, ある情, ある手紙, ある魅力, あれ, あれば, いやなら, うたいましょうけれど, うたいます, うたい踊り, うたう, うたういつも, うたうし, うたうだア, うたえないおし, うたえませんし, うたった, うたったろう, うたって, うたへる, うたやる, うたわずただ, うたわずどう, うたわずほんの, うたわせぬぞ, うたわないし, うつくしかつ, うまく行かなかった, うらうら, おかわいく, おしまいさ, おどりも, おはせ, おぼえて, お歌い, お添え, お経, きれやしまい, けだし興味索然, ここでは, こっちの, こつちの方, このむとてあるにもあらざるべし, この作者, この像, この歌, この通り, この際, これだけの, こんな風, さういふ風, さうし, さびしい心, しんみりし, し中, すぐ涙, すこし変っ, すべてむかしの, せずにかへ, ぜひおく, そうだ, そうです, そう解釈, そこ迄, そのおどり, その作者, その声調, その時, その時代, その為, それから高橋蟲麻呂, それが, それほどうまい, それらに対して, た, たくさんに, たくさん作っ, たしかに馳走, ちょいちょい目, ちょっとなら歌える, つくるし, つくる評論, つくれやすまい, できないね, できまいと, できよう, です強盗, でて, とうていできやすまい, ないただ, ないでも, ない心, ない行列, なか, なかなか多く, なかなか大きな, なかなか熱心, なかなか複雑, なきはず, なき白鳥, なくなげき, なく鉄, なく黙々, なし身, はじめは, ばったりやん, べたべたと, ほ, ほかに, ほんとうに, まさしくその, まずいし, また桔梗, また生み出される, また純, また衰えた, まだ彼, まとめる, みえて, みんな同じ, もう聞かれなくなりました, やがてできた, やつぱりあの空に, やはりその, やはり当時, やめて, よく味, よく聞き取れぬ, よく詠む, よみましたが, よむし, よむという, よむもの, わたしたちは, アンリー四世万歳も, カイの, スクリーンの, スケッチも, ヌタも, ヘエケイも, ボツ, 一つは, 一つカットしちまった, 一気に詠ん, 一通り読ん, 一首とられ, 万葉には, 三句から, 上の句の, 上品ならず, 上手であっ, 上手に, 二三きいた, 二条后の, 互に周到, 亦かく, 亦わたくし, 亦大いに, 亦寿詞, 亦当節, 亦捨て, 亦結局其処, 京情調を, 人々によって, 人麿歌集出だ, 今の, 今日では, 今日の, 今日私達の, 今確存, 伊勢国説を, 会場では, 伝統正しい, 伸, 何でも, 何となくそらぞらしい, 何の, 何時も母, 佗洒落なり, 余り細部, 作らるるに, 作り小説, 作り連歌, 作る, 作れたり, 作れば, 作者は, 侍るよし, 侍者の, 俳句も, 優れて, 全くわからなく, 全く題詠, 全体理屈づめにしたる歌には, 全体理窟づめにしたる歌には, 其感化を, 内容よりは, 再びきく, 出て, 出るの, 出朝鮮人, 出来べく決して, 出来るし, 出来る訳, 出鱈目な, 分かり易い, 別に説明, 刻され, 前半生, 勝利の, 勝手な, 十分の九は, 単に仏教, 厠の, 取りたてていう, 取りわけ秀歌, 受けるといふ, 口には, 口伝えに, 古いし, 古い調子, 古今には, 同じで, 同じ舞い, 同じ舞ひも, 同人間, 同様である, 咏む, 哀れに, 唄おう四囲, 唄わず三味, 唱う気, 唱え, 営利の, 嘲弄も, 声が, 夕暮の, 多い, 多く歌われた, 多く相違, 好んで, 嫋々と, 子供等と, 実は純粋, 宴席で, 小坂部が, 少い数では, 少くなった, 少くは, 少し, 少しは, 少数知識階級の, 山上憶良の, 巧みであった, 巻十六の, 常識的な, 幽かながら, 幾分そういう, 弁へ, 強ち, 当時に, 形の, 影に, 得意だった, 御仕事, 心配した, 思い出される, 思出した, 恐らくいす, 恐らくこの, 恐ろしくよい, 情味あっ, 愈々真, 愛國歌といふ, 感慨を, 或雜誌, 手も, 拙くなっ, 改めて手古奈, 数首作られた, 新羅使, 新詩社, 旅人の, 旨いが, 早馬を, 明るくなり, 春野焼く, 時には詠まれる, 普通と, 普通の, 書かれて, 書も, 最初は, 本歌に, 本道なら, 染めず白き, 格別おもしろく, 極めて気持, 歌いません, 歌い手も, 歌えない鳥類, 歌える, 歌った, 歌として, 歌ふなり, 歌わないで, 歌わなかった, 歌わなくなった, 歌詞の, 止まるし, 此から, 此例, 此時作られた, 此歌も, 殆ど決定した, 毎日顏を, 民謡的だ, 民謡風で, 決して概括的, 沢山作りました, 沢山綴じられ, 流れる, 添えて, 添って, 清らなる, 渋りがち, 湧く, 演技も, 片歌, 片言まじり, 物語も, 特徴が, 犢鼻褌の, 珍しいので, 生れた, 生れよう, 生れるの, 田歌から, 畫も, 瘡の, 皆滿場一致で, 盛んに, 相当に, 相當, 矢つ, 知らない今, 知らなければ, 知れ渡つて, 硯の, 神事に, 神秘的に, 私には, 私の, 種切れだ, 童子の, 端的で, 素晴らしくうまかった, 素直に, 細棹の, 絵も, 美しい色, 翁舞から, 習え絵, 聞いた, 聞えず, 聞えない, 聞かされた, 聞かせて, 聞かれる, 聴けば, 聴覚から, 腋毛の, 自ら印象的の, 自信が, 舞の, 舞ひも頗象徴的の, 舞も, 良い声, 若い女性, 若干首あつ, 苦しい, 薔薇の, 行成流の, 製作年月も, 見つかるの, 見出した, 覚えて, 許されず踊り, 詠まず茶, 詠まないが, 詠まないわたくし, 詠みます, 詠みまする騎射, 詠む, 詠むし, 詠むし詩, 詠めずに, 詠めなくなったと, 話も, 諧謔の, 講釈師が, 謳へ, 讀める笛, 谿間の, 貞盛の, 蹂躙し, 軽佻でない, 追悼する, 追随者の, 送ったの, 遠いもの, 遺した人々, 閑かに, 防人丈部人麻呂の, 限定せられた, 院の, 震を, 非常に, 音曲も, 音楽も, 駄目で

▼ 歌~ (420, 2.1%)

14 言ふ 8 なって 6 なつて, 言ふも 5 比べて 4 いへば, なつた, 云ふも, 申すも, 舞ひと美食と, 酒と 3 いえば, いふと, なりて, 一時は, 比して, 相成可, 聞けば

2 [21件] いうと, いっても, いつて, いひ善き, する方, そして何, なった, なりました, なる, なるの, なるよう, 一しょに, 俳句との, 同時の, 舞との, 言ひ, 諺とに, 足拍子を, 踊の, 踊りが, 踊を

1 [294件] あらはれ, ありと, あるばかり, いいまことに, いい善き, いい御, いい橘守部, いうだけに, いうて, いうべきもの, いえましょうか, いったが, いはざるを, いはなければ, いはねば, いはれて, いはれるもの, いひたるは, いひヤンキー・ドウル, いひ書, いひ来りたるは, いふが, いふこと, いふべきであらう, いふべきもの, いふよりも, いへども, いわれて, おぼ, おんなじだ, きくおそらくは, きこえぬ主, きては, くらべもの, さけび声, したもの, して, しよう, しわれら, し何処, し毛詩鄭風, するか, すること, するに, する別, せずと, せずに, そこに, それから貝殻, ちがうん, ちがって, つき合せて, つみつつゆ, であった, どこか, なし, なすを, なったもの, なった畏怖, ならなければ, ならぬ様, ならんで, なりこの, なりたり, なりと, なり了つて, なり自由律, なり舞, なるに, なるべきを, なるまでに, なる事なき, なれ, はか, ひたたれ, ほめたつる, もつかないきれ, よびおの, よろこびに, わが笑, ザラマンダ・ライベンの, ピッタリ合っ, ベートーヴェンの, マルセールの, モツァルトの, リズムであった, 一列に, 世に通つて, 両方面, 並べて見れ, 並んで, 乱舞で, 云うても, 云うもの, 云う一大長篇, 云えば, 云ったら此, 云って, 云ふところかな, 互に裏書, 今ブ師, 代り大和, 令孃の, 伍せしめる, 伝と, 伝へるけれど, 伝へるもの, 伝へる物, 伴奏との, 伴奏とを, 似て, 俊頼の, 俳句と, 俳句とが, 俳句とは, 俳句の, 俳諧とを, 先生との, 共通した, 其事情の, 其意は, 其註とを, 剣の, 区別し, 千八百八十九年の, 古事記中の, 句との, 句を, 合唱と, 同じいと, 同じく下, 同じく芸術, 同じさま, 同じだった, 同じもの, 同じよう, 同じ事, 同じ様, 同じ節, 同じ運命, 同列に, 同時に漢魏六朝, 同様人間が, 同様旅人が, 同樣, 向うの, 呪詞, 味いの, 和やかな, 和讃と, 唱う歌, 唱詞と, 地の, 堂上風, 声に, 変化する, 夢声の, 大体に, 大歌, 女の, 嬌聲と, 宗教関係以外には, 対立し, 尊い祈り, 小説を, 強ひゆきぬ, 形態上甚だ, 彼等に, 心とを, 思い合わせて, 思うよう, 思えぬ瑞々し, 思つた, 思つてゐるらしい, 思はれるのに, 思はれるもの, 思ひたりとも, 思われる読人不知, 惡き, 意地とは, 意識させた, 愛とで, 或る, 支那語の, 新月や, 日常の, 曲が, 曲の, 書いて, 書かれた歌, 書家の, 本集の, 来たら聴いただけでも, 来た日, 来て, 栄太の, 梭の, 楽器とを, 楽器全部で, 様式上に, 樂との, 次の, 歌との, 歌なら, 歌に, 歌唱隊とを, 此相聞集とより, 武蔵が, 殆同じ, 母の, 比すべくも, 比べると, 比較に, 注して, 漫才と, 無言の, 物語とが, 狂歌との, 狐火とが, 申すので, 相似たるやに, 相俟, 相俟つて, 相成らず三首, 看做せば, 眼なざし, 眼の, 知りたま, 社交と, 神仏との, 称するもの, 稱すべき, 符合する, 筑波山だ, 節とを, 紙とには, 素晴らしい綱渡り, 結論した, 絵に, 縁が, 縁の, 考えて, 考へて, 考へ素朴, 自由小曲と, 舞踊の, 船に, 英雄たちの, 蛇及皮線に, 行事一方, 行進とを, 見える, 見たから, 見るより, 覚しく歌, 解釈が, 解釈する, 言つたのだ, 言はれ, 言ひ来りたる, 訴えられて, 詩とに関する, 詩とのみ, 認むべきものは, 誤認せられた, 読むの, 調子とを, 論義との, 諺とは, 講談の, 議論とが, 趣味を, 踊と, 踊に, 踊り, 踊りだけ, 踊りとで, 踊りに, 踊りにばかり, 踊りの, 身振りの, 較べて, 違つて重くるしい, 酒宴の, 酔っぱらいとで, 金村の, 金椎の, 関係した, 関係の, 関聯が, 音楽の, 題したもの, 類似点が, 髪の毛を

▼ 歌~ (402, 2.0%)

45 弥次喜多 19 やうに 11 のを, やうな 9 ことを 7 金色夜叉 6 のが, のである 5 ことが, をきけ 4 が如く, ことに, な, のは 3 ことで, のと

2 [26件] がやう, にはなだらか, には迫りたる, の, のだ, のであつ, ばかりである, を旨, を聞け, 事の, 前の, 可し, 女である, 日は, 時, 水戸黄門, 牧羊の, 男の, 習慣が, 者なれ, 者に, 聲が, 詩といふ, 頃は, 鳥の, 鶯の

1 [204件] あたりは, あの句, がいい, が一般人, が好し, が如き, が如く語り出した, が聞え, ことだ, ことだらう, ことの, ことより, この民, これが, ごとに, だみ声が, つもりで, であらう, ど, なり, な話せ, にあたり眞, にしく, につれて手, には, には如何, には詩, には餘, にも先づ自己, にも声, に事, に伴, に似, に過ぎざれ, に適当, に非, ので, のです, のですぐ, のでない, のには, のに耳, のみならず, のも, の吹く, の壮調, の所以, の歌, の舊作, は, はただ, は何故, は当初露友, は我等, は歌, は目, は胸, は贅沢, は隨即神, までには随分, やう, やうだ, やら, ように, をき, をつね, を主, を以て満足, を例, を好まざる, を指し, を最も, を業, を聞かせ, を聞き, を聞きし, を聞きつ, を聞けり, を聽きしこと, クラシツクの, シチリヤナの, ダミ聲, ツて, トレモロ, ナンシー, ハリキリが, 一ふしは, 一曲の, 事が, 事に, 事も, 事を, 人, 人々の, 人にぞ, 人の, 人達な, 伊東で, 何, 例にな, 僧の, 其節奏は, 剣戟といふ, 勇気が, 叙情詩も, 古い悲しい歌, 唄は, 唄や, 唱歌, 喜びの, 場合に, 声, 声々が, 声が, 声は, 声や, 声絶え, 声高らかな, 女の, 姿は, 姿や, 娘の, 子守唄は, 小鳥に, 山の, 己れ, 常春だけが, 幅は, 序曲なれ, 弥次喜多と, 弥次喜多の, 彼の, 心に, 心の, 必要の, 感激した, 所と, 所なる, 所は, 抒情詩の, 新婚旅行, 春も, 時には, 時の, 時は, 時自分が, 時諸君は, 最端, 校歌の, 桔梗色の, 様子には, 歌, 歌が, 歌なら, 歌なり, 歌は, 歌を, 歌此の方が, 気が, 気力も, 流儀も, 流行唄らしい, 浮世の, 無邪気な, 琵琶師は, 生徒等が, 男一人のみ, 番だ, 練習を, 習ひありたれ, 者と, 者なり, 者は, 者や, 者芝居の, 聖徒の, 聲, 聲かすかに, 聲も, 聲や, 聲次第, 能力が, 色鳥で, 芸術と, 處涼風の, 行事は, 術を, 詩に, 調子は, 諸靈, 謡である, 趣味低き, 身に, 造化なり, 限りの, 青春の, 頃から, 頃には, 頌詠, 頌詠にて, 飮ざるも, 魚, 鶯, 鼻唄に

▼ 歌~ (315, 1.6%)

11 て曰 4 ながら, 手の 3 つつ, てす, ぶりで, 了へ, 返し

2 [21件] たまへ, て, てとこし, て聞せ, ながら人形, ながら又, ながら街, ながら雨乞踊, にオルガン, はぢめ, 一は, 乍ら, 乍ら他愛も, 出で, 声を, 手として, 手は, 方を, 畢る, 給ふ, 續け

1 [239件] かつ曰, けむ, さまよ, ざまは, しかもそれ, その動作, その歌, その自然, それから市電一台, それも, たり, っぷりが, っぷりとは, っぷりには, つつ幸, つつ行く, づれの, てあら, てかれ, てこ, てすぐる, てその, てぞ解く, ての歌, てゆく, てを亡くし, てベアトリーチェ, て世, て今, て刀, て半, て吉, て微笑ま, て我, て我等, て穉, て罪, て聞かせし, て聞せし, て賜ひき, て身, て進む, て還らし, て馬琴, て鬪, ながらすたすた, ながらそれ, ながらぶらり, ながらへつ, ながらも暫く, ながらやつ, ながらズツ, ながらトントン, ながらマメイド, ながら一心に, ながら三味線, ながら上陸, ながら不機嫌, ながら丸木橋, ながら入る, ながら出掛けた, ながら勇ましく, ながら呂音, ながら啜り泣く, ながら夢うつつ, ながら大, ながら大道, ながら客席, ながら寒い, ながら居酒屋, ながら山人, ながら徐ろ, ながら意気揚々, ながら戻, ながら戻つ, ながら捜し歩い, ながら搜, ながら月明り, ながら歩い, ながら水, ながら汀, ながら沖, ながら洗濯, ながら洗物, ながら生活, ながら甲, ながら砂山, ながら草庵, ながら行進, ながら街頭, ながら踊つて左手, ながら踊る, ながら這入, ながら通る, ながら進む, ながら道, ながら部屋, ながら金茶, ながら銀, ながら銀座通り, ながら鍬, ながら隊, ながら静か, ながら面白, ながら風, ながら鶴次郎, にくい西洋, になれる, に来た, の生命, はしない, はなし, はやさん日は, ぶりが, ぶりよ, また多少, をさめ, をはり済まぬ, カエサルと, サクラ子ちやんは, ツこといふ, ヒヽヽと, 一人は, 一方は, 且つ花, 且つ踊る, 乍ら人目も, 乍ら出る, 乍ら女史は, 乍ら數へ, 乍ら歌て, 乍ら母の, 乍ら翩飜として, 乍ら街へ, 乍ら踊り乍らそして, 互ひ, 何かと冗談, 倒るる, 候こと桂月様たいさう, 傳へて, 僕と, 共に輪舞, 出しは, 出づるに, 出でぬ, 出でん, 初めても, 又尼寺, 合ふ, 唱へて, 地謡の, 堀内氏は, 大方の, 天地これに, 奏で, 女の, 姉娘は, 始む, 己れ, 幕医柴田常庵が, 度い, 弔へは, 彈ずるを, 後また, 徒にて, 心地よい凉風, 悦びを, 或る, 戰の, 手が, 手で, 手に, 手ひどし, 手も, 手を, 手商売も, 振りの, 放屁を, 文人が, 文句を, 方で, 易く調, 時々一枝, 時としては, 時計, 暮風清蔭に, 會員證を, 桜井を, 様で, 權兵衞が, 殉教の, 民謡を, 清流天上の, 無意味を, 牛小屋を, 狂を, 畢りし, 盡されぬ, 砂丘の, 神仙隠逸を, 竟へて, 笑ひ, 籠めて, 紅白の, 終つた時, 終つた時私の, 終つてこの, 終へる, 給は, 給はずや, 給はんや, 給ふか, 給ふところは, 給へ, 繼が, 續けて, 耳を, 能く, 腹話術を, 舞ひつ, 舞ひ仕, 舞ふ, 苦しさ, 苦を, 蝶は, 諸, 起していはく, 踊りも, 辛い歌, 辛く折角, 返しなり, 酒は, 鈴振鳴らし, 雰囲気に, 雲は, 順次, 額を, 鯨音を, 麻績王が

▼ 歌~ (250, 1.3%)

14 あつた, あらう 5 あつて 4 でも 3 あらうと, さへ

2 [11件] あつたの, この歌, ござります, さう, それを, 人を, 作者不明の, 月を, 注意すべき, 私の, 見ると

1 [185件] あつたらう, あとのは, あなたが, あゆみすぎた, あらうか, あらは, あらわして, ありうるむしろそう, いえば, いつか自分にも, いふ, いまなお, いろいろの, うたって, うたひはやされるべき, おしまいに, お答えに, くたびれちま, くり返して, けして, こういう佳景, こういう心情, ここへは, このほか, この世を, この事, この句, この海, これそこに, これに, ござりました, さけられて, せう, せうかと, その外, その物語, その調子, そらは, ただ, たとへば草紙, だんだんと, つまらないでしょう, どれだけの, はかなごと, はござりませぬか, みても, みると, もう御, やはり身, よいの, よく唄う, よく解らない, わかつて, シャバに, 一つの, 一人位は, 一読し, 上句の, 二ツ文字は, 云ひ開く, 亡友島木赤彦も, 交すの, 今でも, 今読ん, 代えます, 以て, 余程心細, 作者は, 作者も, 供奉歌人の, 僕愛唱の, 別に珍, 利休が, 助丁, 十七荷の, 十字架の, 古い旋律, 同博士, 名高い桜町中納言, 向日葵は, 和んで, 問答する, 声も, 夕方の, 夜の, 大精進, 大衆化すべき, 大陸渡来の, 天才と, 天皇に, 女に, 女を, 如何にもきびきびと, 妖精を, 始まった, 子供たちの, 学ぶべきは, 学者を, 宮廷よりは, 家持は, 寓意でなく, 平安の, 引込むん, 強がって, 強く誇張, 彼等を, 後の, 御身が, 心を, 応じた, 応和返答する, 思ひ出したが, 恋歌では, 恋歌と, 意味も, 意味を, 感心した, 感激させられる, 憶良のよりも, 描いて, 救はれよう, 教を, 文句は, 昔は, 春の, 春到来の, 春泥集に, 是だけは, 時代が, 最も古い, 最も新, 杜鵑を, 棄てがたい, 棄て難い, 機織りながら, 此処の, 此身の, 気持が, 泣けるという, 注意を, 海は, 涙を, 溜息の, 現されること, 現代に, 申して, 男が, 白玉に, 相手が, 眠むつて, 知られますが, 私には, 笑い声の, 第二, 第二長歌, 答えました, 答えます, 答える, 節の, 自分の, 草紙はいふ迄も, 葦の, 衛士が, 見ても, 観ても, 言へば, 訣つた様な, 訳して, 訴えるよう, 詠雲の, 話しかけられたやう, 誘い出した貴方, 調子が, 調子の, 述べるの, 遠い夜明け, 遠ざかり金吾, 酔いつぶれて, 重々しい寂しげ, 長歌を, 陛下よ, 響くこと, 顯れ, 體操する, 鬚が

▼ 歌つて~ (234, 1.2%)

33 ゐる 18 ゐるの 11 ゐた 5 居る, 居るの 4 ゐるが 3 ゐたの, ゐるうち, ゐるので, 呉れ君ら, 居たの

2 [16件] から, もいい, やつて, ゐたこと, ゐます, ゐるから, ゐること, ゐるもの, ゐるやう, ゐる事, ゐる此境地, ゐれば, をります, 呉れお前, 聞かしてる事, 駈けて

1 [111件] あります, ある, あるだけ, あるだけに, あるの, ある事, ある歌, お聞かせしませう, お還り, きかせて, きかせる, その歌, ともにお, ね, のけられる自信, は, はあれ, はいけない, はならない, は太陽, は空, みたり, みました, も人, も大丈夫, も誰一人, やつて來, やらう, やらうぢ, やらうと, やる, よ, らしつたぢ, るぢ, る小鳥, る腰, ゐたので, ゐたやう, ゐたらおん, ゐたん, ゐた一人, ゐた二人, ゐた二人連, ゐた女, ゐた日, ゐた浪人者, ゐた許, ゐて, ゐても, ゐました, ゐましたところ, ゐるけれど, ゐるだけの, ゐると, ゐるといふ, ゐるとか, ゐるところ, ゐるに, ゐるよ, ゐるよう, ゐるらしい, ゐるらしかつ, ゐるビラ辰, ゐる中, ゐる位, ゐる古い, ゐる唄, ゐる声, ゐる多く, ゐる大, ゐる奴, ゐる子供, ゐる少女, ゐる山園屋上, ゐる節, ゐる自分, ゐる處, ゐる詩, ゐる間, 上げたり, 上げても, 呉れ, 呉れた, 居たと, 居られる, 居られるの, 居ります, 居ること, 廻る踊, 暮すやう, 来た軍歌, 来ると, 来るの, 歌いぬいて, 流れて, 無いもん, 程よく奴等, 織りました, 聞かされたか, 聞かせる, 聞かせるもの, 行きました, 行く, 行くの, 見ても, 見るかも, 見れば, 親しいヤン, 言うには, 通ります, 飛び

▼ 歌よみ~ (219, 1.1%)

23 に与 12 に與 11 の歌 4 がおれ, は歌

3 [13件] が多く, ならば, ならん, なる者皆無, には到底, に蕪村派, の中, の手段, の言, の詠む, は申す, は調, を比較

2 [22件] がましき, がよみし, が不注意, が歌, でもなく, にて, にて古今集, にはあら, には爾, に向, のいふ, の人, の公卿達, の如く, の浅見, はむやみ, は古来助辞, は和歌, よりは局外者, らしい気, を優遇, 連歌師猿楽師など

1 [82件] かある, が, がいう, がこ, が出過ぎた, が多い, が常識的, が沢山, さ, じゃといえ, たわむる, だったよう, だという, であった, でありました, でちょい, ではござりませぬ, ではない, でもあつ, でも無く, で情熱的, という噂, といわれ, としての努力, としての歌, としては勝れた, と云, と人, と俳人, などが何とも, などは大, などは閉口, なら, ならひ候, なる者, に, にけり, にそんな, にては候, になる, にはあらで, にはしか思わるる, にも見離され, に与うる, に向い, に学問, に面会, のいう, のごとく, のよう, の一人, の仕事, の公卿たち, の吉植庄亮, の嘘, の家, の常, の才媛, の方, の様, の樣, の淺見, の短歌, の苦労, の顧, はい, はそれ, は世間知らず, は勿論, は古, は可, は夢, は大, は文法, は無, は皆堂上方, もみなこれ, も恐らくは, や宗匠, や宗匠位, をし, を一人

▼ 歌~ (214, 1.1%)

86 という 5 のを 4 と言, な 3 がその, と思う, と私, なあ, ね

2 [20件] いい歌, から, からこういう, からそういう, から恐らく, か私, が不思議, が人麿, が同じ, つたのだ, ということ, というの, といふ, とおも, と云っ, と思います, と思った, と思ふ, と証明, ねい

1 [132件] かその, からあれ, からこいつ先づ自信, からここ, からこの, からこれ, からである, からです, からといつ, からと解釈, からやはり, から一しょ, から他, から余り, から先ず, から同じ, から咏物, から大体食用, から少し, から庭前, から引い, から憶良, から此処, から此歌, から特に, から神代, から稍形式, から細砂, から自然, から調べ, から鼻唄, かわからない, かわからなくなります, か分らない, か判らない, か知んねえ, か西国, がいい, がことし, がこの, がこんな, がすこし, がその他, がそんな, がどういう, がね知らん, がやはり, がポリドール, が丁度三十一文字, が万葉集, が今, が偶然蒔絵, が僕, が兄, が内容, が初句, が前, が右, が天平十九年, が天然現象, が娘子, が少しく, が平俗, が後に, が恋愛, が愛國歌, が此, が残念, が眼, が諧謔, けれどあんまり, けれども新年, こと, ご存じでしょう, そうだ, そうで, そうである, そりゃ, それは, ぞ, だが好い, つけ, つたが, つたのです, つてその, つて醒め, というよう, という批評, といっ, といはね, といふ程, といわれ, とか人麻呂, とか賤歌, とすぐ, とする, とねうち, とは思ひません, とも言, と云つて, と仰, と傳, と左注, と思, と思いました, と思つて, と思つて彼女, と思ひます, と想像, と注し, と注せられ, と私ども当麻, と考へ, と考へる, と解釈, と言っ, と説明, と謂うべきである, なと思っ, なんていわれた, ねと私, よ今日, よ白い, わ, わね, んがな, ッた, ネエ, ヨハンが, 慰だ, 油蝉も, 洪水だ

▼ 歌~ (183, 0.9%)

6 俳句の, 詩を 5 詩の 3 音楽の

2 [11件] 俳句などで, 句に, 叫びや, 小説を, 徒然草が, 日記の, 浪花節が, 発句が, 発句を, 真淵, 素晴しい

1 [141件] お鳴らし, きたない紙くず, これ位なら取つ, さすらいの, さだめとわ, それから, とどろくよう, どうよう, どこかの, なんか思い出す, に対する反撥, ぬめりぶし, ばかな, ふみや, また時に, みな私の, よろこびの, オペラなどで, ドビュッシイの, ハムレットの, バカ本, ピアノの, ヘンデル草が, ヘンデル草や, ユーゴーの, ローレライの, 中臣宅守と, 乃至は, 人の, 何の, 俗曲が, 俳句などをも, 俳句に, 俳句や, 俳句やで, 俳句やの, 俳句を, 俳諧に, 其章曲が, 切り込まれた歌, 句の, 句畫の, 合唱を, 名句は, 吾は, 呪文に, 呪詞が, 和讃の, 声が, 夜ふけ月を, 小杉さんの, 左伝春秋などに, 式子内親王の, 御火焚棒, 手拍子に, 手紙を, 抒情歌やに, 挽歌の, 文や, 文句の, 文字余り, 文学の, 文学や, 文學の, 文章が, 文章の, 文章は, 文章を, 文章以外の, 木々の, 木の葉の, 東歌が, 根氣に, 歌合せが, 歌合せなどに, 歌垣で, 歌謡曲の, 歓楽の, 法楽歌や, 法隆寺の, 物語が, 物語に, 物語にこそ, 物語の, 物語や, 玲瓏透徹, 琵琶行は, 発句で, 発句の, 發句や, 百石讃歎の, 相聞の, 看板の, 眞淵が, 短い文, 短篇小説を, 祝賀の, 笑い声が, 笑い声の, 節や, 舞なども, 舞ひ, 舞より, 良経邸での, 芝居や, 若い頃, 英雄主義, 薬師寺に, 行進曲, 言葉だって, 言葉の, 言葉を, 詩で, 詩に, 詩は, 詩や, 語り物のみ, 語詞とも, 諺の, 譜を, 讃歌や, 讃美歌も, 賢治の, 踊が, 踊にも, 踊はい, 踊りが, 踊りで, 踊りの, 踊りへ, 踊りを, 近江の, 連歌などから, 酒の, 雨中に, 雨中吟, 音楽に, 音楽にのみ, 韻文も, 鶯姫や, 鼓も

▼ 歌には~ (179, 0.9%)

3 ろくな者, 再び現れぬ 2 おなじ思い, この歌, さう, それが, ならない, 堕涙の, 無之, 言つた

1 [157件] あらじ, あらゆる歌, あるの, ある心, いかにも静穏明快, いずれも, いまだ用いざる, かういふらむ, きまじめな, これと, しっくりあわない, しばしば, すべて似つかぬ, すべて多少ともに, そういう通俗理窟, その, その用例, そら事, たいへん深い, ちょうどそれ, なお, なかなか好い, なって, ならないの, ならないわ, なりにくい, なるまじ, なんらの, ほとんど文學, ほんとうに, ま, また, またツミマシグサ, まだいろ, まださ, まだ相当, もはや感ずる, やはり単純, ややその, よい物, よく髪の毛, ろくなもの, ソニ鳥の, ティベット以外に, ネジログサと, ハツカグサナトリグサの, ヒュッシュのが, 一切これを, 一切之を, 一定の, 一時世界一と, 万葉の, 万葉風の, 人情を, 人間的な, 仏教が, 何かの, 何が, 何と, 何処かに, 余りよい, 余り価値, 例外が, 俳句趣味を, 入らざるべし, 全体として, 共通要素として, 其魂が, 内容からも, 出て, 初秋にも, 前途の, 加行の, 十三年頃詠まれた, 十余年を, 又, 及ばないのみ, 可成り, 国体との, 土地の, 天地開闢の, 天武天皇御製に, 女性らしい, 女房を, 妹または, 子規居士, 安住が, 宮廷詩人, 少しの, 少し小きざみ, 少ない材料, 峯見れ, 巧みな, 師を, 干渉を, 弱き調を, 強いヴァイタリティ, 強き調を, 当時の, 彼の, 必ある, 必ず潤い, 忍び逢うた, 忘れられ勝ち, 情景の, 意味が, 意味は, 意味や, 愛國的な, 戦争について, 攘夷の, 既に其所属, 既に廣, 明かに, 是非附かね, 時々見当る, 松を, 極々の, 歌材として, 殆ど興味を, 母が, 母の, 深い懐かしみ, 無い名詞止め, 無くなって, 理屈めきたる, 用ゐられぬ, 異った, 皇子一流の, 直接に, 相手を, 真の, 確かに, 種々と, 第一, 縦い, 耳を, 聴きてを, 自ら志都歌としての, 舊エッダの, 芸術として, 蒲原有明さんの, 虚を, 衷情を, 見える, 見たこと, 見られなかったの, 解釈に, 言葉に, 言葉の, 言語の, 詠めず布団, 身分の, 追懐の, 露窃て, 非常に, 飽きが

▼ 歌舞妓~ (154, 0.8%)

8 の世界 4 の為 3 と言 2 の影響, の役者, の所作事, の新しい, の本流, の本筋, の歴史

1 [125件] から出発, がまだ, が内的, が島, が最初, が根, が歌舞妓発生時代, が生れ, が盛ん, が統一方法, である, では型, では大, では王代物, とこれ, との交渉, とは合致, と云, と姫, と橋渡し, と認められた, と謂, と踊り, など, などになる, なの, にからんだ, についても保存, にとっても大事, にとつて, になつて, にはさ, には象徴劇風, にも新派, に傾いた, に合, に専念, に残つて, に発達, の, のうち, のやう, のよ, のれぱあ, の一つ, の一分脈, の三座, の与へよう, の世話狂言, の世間, の亡びる, の人々, の伝統, の光りで, の処女, の初め, の反省, の名聞, の和尚, の大きな, の太夫, の女, の女性, の娘, の宿命, の崩壊, の性質, の持つ, の改造, の救, の敵役, の旧い, の時代, の木戸, の末日, の模倣, の権威, の狭い, の獅子舞, の理論, の生命はか, の発声, の知識遠藤為春さん, の立て前, の立役, の約束, の美, の習慣, の脇, の舞台, の芸団, の芸容, の芸様, の草子, の語, の近世, の限界, の鶯, はかう, はこれから, はその, はやがて, は女歌舞妓, は念仏踊り, は理論, は相当, は脱却, は飛躍, ほど悪声, ほど聞き, も何十年, も其変態, らしさ, をまねた, を亡, を亡びさせない, を圧倒, を持つ, を救, を救う, を散歩芸, を見, を鑑賞, 亡びずの, 第一

▼ 歌でも~ (144, 0.7%)

6 うたうよう, うたふ 5 うたって 3 あらうか, 聞かせて 2 うたいたいよう, うたは, なく歌よみ, 唄つてゐり, 歌ひ, 歌ふ, 詩でも

1 [107件] あった, いえない事, うたいそう, うたいたくなった, うたいましょう, うたいましょうか, うたい出したいよう, うたえそう, うたおうか, うたおうって, うたおうよ, うたったらまあどんなに, うたはせ, うたひ, うたふたら專務さんも, うたわぬこと, おれが, お唄いなさい, さし上ぐるの, そうで, その歌, ちゃんとした, ないが, ないし, なくそれ, なく何十字, なさそう, なし俳句, なんでも, むしろ都会, もし彼ら, もはや時代, やらかそうか, よいし, よんで, チェロ編曲でも, 二三遍うたった, 云った如く余程, 仕舞へ, 何でも, 作るさ, 作るとか, 作る人, 作ろうと, 初めの, 即興的に, 句でも, 同じこと, 名家の, 吾等の, 唄いましょう, 唄うよう, 唄う様, 唄え, 唄えないもの, 唄ひます, 唄ふ, 唄わせたと, 唱ひたくなる, 唱ふ, 如何に, 実質的具体的だ, 尊ばれたもの, 幾通りも, 序詞の, 後から, 後に, 意味が, 或は蘆屋, 教へて, 早いの, 書くよう, 歌いしもの, 歌うべ, 歌うよう, 歌おうと, 歌ったか, 歌って, 歌つてやらう, 歌つてゐれ, 歌はう, 歌ひたい気分にな, 歌ひ出し, 歌ふと, 此事実を, 源氏や, 無く歌よみ, 皆が, 立派な, 習おうとか, 翻訳は, 聞くと, 聴いて, 聴かせて, 聽く, 覚えようという, 詠みは, 詠むか, 詠む青年, 詠めたらひとつ人麿, 詠めるという, 詠んで, 認めたか, 語つ, 読む様, 読んで, 鴨の

▼ 歌にも~ (123, 0.6%)

3 生が

2 [13件] ある通り, うたえないよう, この囃し, して, ないとよ, よくつい, 出て, 及ばぬ, 寓意を, 欲するところ, 殘つてゐる, 見えて, 詩にも

1 [94件] あった, あったが, あったよ, あったよう, あった如く和名鈔, あらあ, あらず, ある, あるが, あるけれども, あるじゃ, あるぢ, あるとおり, ある大和, いつぬき川, いふ, いろいろに, うたわれず文句, かつは, この客観的, この尾花, ございます, さう, すべての, それが, とり入れられる, なかなか骨, なさじわが, なりやしない, ひとりで, また慊ら, また村, よく出, よみてよ, 五番めの, 伝わって, 似たもの, 似た女, 似ない単調, 作る歌, 例あり, 例が, 信玄の, 俳句にも, 俳諧にも, 共通な, 凡骨を, 出たもの, 劣らない, 取り上げられずに, 古書にも, 同様に, 唄い絵, 多くできた, 多く讀出, 実に優れた, 広い意味, 従来の, 心なし, 恋心が, 情合が, 成り不, 数等劣った, 有るよう, 本文の, 楢林の, 歴史にも, 比ぶべき, 澤山ある, 無いの, 申す通り, 白菊の, 知識を, 短文にも, 筆者の, 粉屋の, 美い, 聞いた, 聞き恍, 職を, 良いもの, 見えた大和宮廷時代, 見えますけれども, 見られぬでは, 見られるだれ, 見られるところ, 詠まる, 詠まれたこの, 詠まれて, 詠まれ文章, 詠み詩, 詠み込まれたもの, 詠む所, 身が

▼ 歌では~ (111, 0.6%)

14 ない 4 あるが, ないか 3 ないの 2 ありません, ないが, なからう, なく百人一首

1 [78件] ありませぬ, ありませぬが, ありませんが, あるけれ共, あるまい, いずれかと, いまだに, これが, その最初, それが, そんなわざとらしい, とても照子, とても道子, ないかと, ないと, ないという, ないん, ない今, ない何処, ない単純, ない月, ない秋風, なかった, なかつたから, なかろうと, なく, なくして, なく人, なく単に, なく友情, なく四十, なく歌, なく現代人, なけれど, まだ, まだ七五, みな譬喩を, むごい心, やはり白秋, よろめくが, アシを, アラノと, カオヨグサと, スガノミの, ビクターの, レーマン, 一歩深く, 不釣合な, 人麿が, 何時見, 元正天皇が, 十分に, 半々に, 印象派の, 哀調切々だ, 如何にも耳ざはりである, 字句に, 少しでも, 尾花と, 昔の, 有ろうか, 木でも, 松に, 決してない, 決して出, 河内境の, 清阿, 満天の, 無くて, 特別に, 珍しく他, 私は, 秋の, 自身の, 豫め計, 趣味以上の, 鈴子に, 間に

▼ 歌~ (106, 0.5%)

2 ではない, に変化, に浮び, に立つ, の上, は全く

1 [94件] から少し, から脱却, が, がある, がかうした, が定, が正しい, が混じ, が生命, さうし, であ, である, であるけれども, との関係, とは違う, と師範家, と歌学, と言, と謂, と遠く, なりの基調, なりを生かし得るであらう, にある, についていふ, について云, について論じる, には目, にもたけ, にも色々, に対する博, に就, に就い, に適不適, のもと, のもの, の中, の中心, の個性, の固定, の変遷, の大局, の推移, の時代的変化, の暗示, の比較論, の流行, の目標, の相違, の自然描写, の行われよう, はどうして, はまた, はまち, は主観主義, は出来上った, は創作家, は単純化, は取材, は大体訛語, は女房風, は学校, は宇多, は政為, は時代的, は服部躬治, は特殊性, は茲, は過ぎ去っ, は鈍く, までも棄てきれない, も外部, も殆ど, も生活, も自ら, も見え, を, をこの, をも支配, をよい, を主張, を作つた為兼, を合理化, を咀嚼, を圧倒, を好んだ, を幽玄体, を成就, を模倣, を濁らした, を知る, を罵つ, を見, を認め羨む, を貫かさう

▼ 歌として~ (92, 0.5%)

3 味う 2 昭和八年度に, 独立する, 解釈する

1 [83件] あたりま, あらわすこと, あります, あるが, かなり多く, さかんに, しっとりと, すぐれた態, その存在, それほどの, たけを, まことに面白い, また第, もてはやされるもの, ゐる, 世に, 世人が, 人麿の, 伝えられるのに, 伝ふる, 伝る, 伝わって, 伝誦せられ, 伝誦せられ来った, 余は, 作る, 信ずべきもの, 優るかを, 却って面白い, 卷十四に, 取るに, 取扱った歌, 受納れ, 味ふ, 味わう上, 哀深い, 執拗で, 存在の, 少し句, 居り, 引き延ばされた語, 当座に, 愛誦せられ, 挙げて, 推奨したい, 掲げて, 文学上より, 斥けんのみ, 書に, 最上級の, 欲するもの, 歌いあげられる, 歌はれた, 歌を, 歌集, 此歌の, 注意すべき, 特別扱を, 現は, 目ざゝれたものはどうしても, 眠りに, 眠入った, 私の, 秩父地方の, 称えさせた, 称揚したい, 考へると, 萬葉を, 見るに, 見る上, 視たる神樂, 覚えて, 解して, 解し易い, 解釈した, 話します, 読んで, 象徴的に, 軽蔑する, 通つて行く, 選んだが, 鑑賞した, 面白ければ

▼ 歌つた~ (90, 0.5%)

15 もので 4 ものが, ものだ, ものである, ものは 3 やうな 2 もの, ものであります, よ

1 [50件] あのデスペレイト調, あんな歌, いかにも悲痛, からつて, からで, からである, が, がそれ, が今, が其の, が實際, が私共, が金, が雷音, が霰白, ことか, ことが, ことで, ことも, この歌, そして消滅, その名残, だけです, だらうと, でせう, というの, といふ風, ときは, とした, とすれ, と事実, と云, のであつ, のでお, ものでありませう, ものでした, ものです, ものと, ものの代り, ものばかり, ものも, ものらしく, ものを, やうに, らしいもの, んだ, んです, 中學校, 喜んだ, 短い詩

▼ 歌である~ (88, 0.4%)

4 が, ことは 3 が作者 2 がこの, ことを, のだ

1 [71件] いよいよ私, かどう, から, からこれ, から今に, から何時, から即興的, から同, から謹んで, かわかりません, か或いは, があれ, がいつも, がこうした, がこれ, がこんな, がされ, がその他, がつまらぬ, がどうやら, がどちら, がなほ, がやはり, が万葉, が不思議, が之, が予, が事情, が何と, が使い, が其頃加賀, が劇, が巻一, が情景相応, が感傷的, が手紙, が持統天皇, が洋行, が源氏, が為, が特に, が王女, が男, が眞淵, が結句, が罪, が自分, が菫, が語, が調子, ことから, ことも, だけ童謡, というよう, といった風, といふこと, といふやう, ともなく, と宮, と微笑, と思う, と思った, と感得, と見, にすぎません, には相違, に違い, ので我々, のにこの, ばかりでなく, 為中門口を

▼ 歌調~ (85, 0.4%)

3 は人麿 2 からいえ, は稍, をなした

1 [76件] から見, がいかにも, がぼ, がまことに, が万葉人的生気, が伸, が力, が当時, が後世, が快く, が明朗, が概ね, が此歌, が自然, が読ん, しかもおの, である, であるが, でない方, で特有, で統一, としての本格, となった, などと較べる, なり内容, には何, にめいめい, によつて, に似ない, に何処, に及ぶ, に感心, に比し, に統一, のうち, のよう, の三つ, の二番煎じ, の大きく, の情けない, の渾沌, の表現, はおのずから, はそういう, は人麿あたり, は単純, は天平, は太く, は家持あたり, は年, は幾分, は顫, ほど切実, もおのずから, も万葉歌人全般, も大きく, よりも太い, をおのずから, をもった, を全う, を学ん, を完, を実行, を常識的, を強めました, を成さしめ, を成し, を成就, を概論, を耳, を自ら鳥, を解せざる, を解せず, を輕, を這個, を這箇

▼ 歌舞妓芝居~ (84, 0.4%)

2 [16件] がげす, がどれ, だが, では世界, では既に, にあ, には見物, に於, のやう, の中, の役者, の約束, はそれ, は女形, もこの, を人生

1 [52件] から取り返し, から最, から消え去, がさ, が一度, が如何, が考へられ, だけがその, だけに一段, であつ, である以上, では元禄以後, では初めて, との関係, にかなり, にだつ, にはこの, に存, に於けるかぶき, に欠け, に限つた欠点, のある, のせりふ, のよう, の何, の俳優, の古典性, の型, の場合, の如き, の希望, の景気, の次代, の発生, の精神, の舞台, の著しい, の起る, は中心, は其後非常, は勿論, は只今, は固, は彼, は彼等, ほど率直, ほど語, もずつと昔, も其名自身, や小唄類, より外, らしい技術

▼ 歌~ (82, 0.4%)

1695 かし 2 えけ, ぢやん, ない, ぬの, や, 微笑の

1 [40件] さうもない, さうもなかつた, ず困る, た, たしピチッ, ないで, ないと, ないの, ないセンス, ない人, なかつた時, なくなりましたやう, なくなる, なくなるとか, な山, ばよ, ば何んな, ば可い, ば四時間もか, ば好い, ません, ませんでした, よう, るいさな, わかうどよ, アキリュウス・, ピピヤスなんて, モンパルナス, 今様の, 動くな, 古人の, 御加, 恋しき, 歌うて, 汝が, 移るの, 詠み込み機嫌, 語れ呼ばはれ鳥, 踊れや, 踊れよ踊れ

▼ 歌合せ~ (80, 0.4%)

2 の夜, の第

1 [76件] から刺戟, が出来, が文壇, すらある, といふの, となつ, との関係, と称せられた, と言, と謂つた姿, と連歌, など, などに文壇意識, などの催し, などの読み捨て, などを中, における歌論, には其家, には古く, にもさ, にも多い, に出る, に変化, に大伴黒主, に新, に於い, に来た, に稀, に臨んだ, に負け, のうち, の中, の中心, の会, の元, の判者, の刺戟, の副, の博士, の原, の原形, の古く, の固有種子, の場合, の女房, の如き, の如く, の左右講師, の席上, の形, の影響, の意, の慣例, の披講, の本格, の様式, の画, の異式, の興隆, の記録, の講式, の跡, の醸した, の闘詩, は女房歌合せ, は整理, は文学発生, は歌評, は此一つ, は神事, も気, や絵巻, をなさつ, を卑下, を顧みなく, 花合せあるいは

▼ 歌という~ (66, 0.3%)

9 のが, のは 8 ものは 4 のを, ものが 3 ような 2 ことに, のに, ものの

1 [23件] ことは, ものだろう, ものも, ものや, ものを, やつが, やつだ, やつは, 中に, 事は, 例歌が, 内容, 名の, 四楽章から, 字を, 左注が, 歌は, 漢字を, 趣に, 遊女の, 長短歌の, 題を, 題詞が

▼ 歌~ (64, 0.3%)

6 たりし, てくれた 5 たり踊 3 たりした, たりする 2 たり巫山戲, てくれました, てくれる, てみた, てゆく

1 [31件] たり, たりすれ, たりど, たりまた, たり年下, たり彈, たり或は, たり歌, たり歩い, たり毬, たり笑, たり粉煙草, たり絵画, たり總てこ, たり翻つて, たり見, たり詩, たり饒舌, たり騒い, たんぢや, ちやあ, ちやだめ, てあげよう, てあげる, てほしい, てみせた, てもらう, てやれ, てよい, てる, て頂きたい

▼ 歌はれ~ (63, 0.3%)

29 てゐる 4 てゐた, て居る 3 てある 2 て居た, て居ます

1 [19件] て, てから私たち, てそれ, ては酒, てゐます, てをります, て居, て春, む, もした, 万人が, 候べきや, 又, 往々俗謠, 往々俗謡, 死後には, 研究され, 行はれ, 貧乏の

▼ 歌など~ (62, 0.3%)

5 作って 3 うたって 2 書いて, 言ふ

1 [50件] いひて, いふ, うたい出した, うたった, うたったこと, うたひ, これを, その一つ, つくる, はかへ, ひいて, ひく, もさういふ際, もさうだ, やる人, よくわからない, らくだった, 作りしといふ, 具合わるし, 前の, 口ずさみ乍ら, 口ずさんでから, 君の, 唄い出したの, 唄い出すよう, 唄えねえ, 唄ツて, 唱いながら, 唱ひ, 地にも, 夜々の, 少しは, 張り付け余念, 手が, 書いては, 歌ったこと, 歌つたのに, 歌つてゐた, 歌ふ, 消息の, 無理に, 知って, 聞いたの, 胸に, 見て, 解するは, 詠みはじめた前後, 詠むのろのろ, 詠んで, 謡いそう

▼ 歌から~ (56, 0.3%)

4 見ても 3 想像し 2 出て, 暗示を, 見ると

1 [43件] いひませう, いわゆる軽音楽, よんで, ショーペンハウエルまで, 一声ごとに, 予めを, 云っても, 人麻呂の, 僅かに, 入ること, 冬の, 出た平安末, 出た物, 出ないのに, 初まった, 受ける感じ, 受ける興味, 展開し, 影響を, 感じられる暗示的効果, 感ぜら, 感得出来る, 我々が, 推しても, 数首の, 新しくは, 歌さらに, 歌を, 武蔵野の, 獨立した, 獲ようと, 生じた後, 私は, 脱却し, 舞踏歌争闘歌悲歌歓喜狂乱歌哀悼絶望回生その他様々な, 見た作者, 見た宇都野さん, 誘い出されて, 読まうと, 變化し, 近くは, 遊離した, 非常な

▼ 歌~ (54, 0.3%)

1 [54件] ありと, がさす, が加わっ, が黒繻子, だが, だと, であらう, ではございません, ではない, でもいる, でもお, として若い, となった, となりし, とに葉書, とまで身, とも女優, と共に宴席, などより遥か, なりける由, には逃げられ, にも売れざる, にも譬えられる, に恋し, に想, に現, に非ずし, のあがりである, のいかに, のお, のこと, のため, の一人, の事, の代表, の名, の声, の家, の恋文, は無邪気, も及ばぬ, も婢, も気, や遊女, らしい女, をし, をそば, を出し, を娶るべき, を恐れ, を携, を此席, を載せ, 思ひ思ひに

▼ 歌よみした~ (51, 0.3%)

49 まひしく 2 まへる

▼ 歌なども~ (44, 0.2%)

2 神女として

1 [42件] あった, あつた, ありさ, あります, あるが, くちずさんだ, さいしょは, すべて経験から, その一例, その内, その最も, その現, その証拠, その試み, それらしく思はれる, どうもよく分らない, よい作, わざとらしいもの, 上方唄の, 今では, 伝わって, 作らせて, 作るよう, 働きかけて, 僕の, 処々に, 単に, 単に詩人, 古く伝わっ, 同じ姫君, 唯自覚, 大抵は, 実感そのまま, 平凡で, 従来の, 旅の, 日本の, 書かれて, 有名な, 来た, 真に作者, 随うて

▼ 歌~ (43, 0.2%)

11 のである 8 のだ 53 のです, んです 2 のかも, んだ 1 どうたつ, のじゃ, のであった, のでございます, のでした, ので何だか, ので載せ, の論語, むおもほゆる

▼ 歌といふ~ (42, 0.2%)

12 ものは 3 ものが, ものを 2 ものに

1 [22件] ことであります, ことに, のが, ので, のであります, のは, のも, のを, もの, ものについて, ものの, 上からは, 事だ, 具合で, 名を, 四樂章から, 字面に, 意味で, 意味を, 短い唄, 語を, 風の

▼ 歌とは~ (40, 0.2%)

2 思はざりし故に, 相成り候

1 [36件] さう, それぞれ自分の, ちがいますね, ちがって, どんな歌, なんの, シックリ合わない, 不調和な, 云って, 云はじ浪に, 云へ, 似ても, 余り関係が, 全くその, 全く異, 全く違った, 全く関係, 区別が, 思わざりしゆえ, 文句は, 断言は, 日耳曼と, 明に, 異つたもの, 相成り候いしやらん, 相手の, 知らず歌うたふ, 確然定義を, 細工物らしい, 言は, 違って, 違つた, 違ふところが, 関係の, 限らず口調, 頗る趣

▼ 歌へば~ (39, 0.2%)

28 天国

1 [11件] いいのに, バルベ等大, ロールッヒ先生の, ロールツヒ先生の, 俺達も, 匂も, 孰れ, 更に寂し, 歌へ, 歌へば, 片側の

▼ 歌などを~ (38, 0.2%)

4 書いて

1 [34件] うたつて, それを, たしなんで, だれかが, むやみに, 不似合い, 不調和に, 作った, 作ったと, 作ったという, 作ったり, 作って, 口ずさみながら, 口ずさんで, 口ずさんでは, 各自が, 唄ひ, 少しも, 差し上げたが, 引合に, 教え帰化人, 歌いながら, 歌って, 第一, 聞いて, 見ても, 見ると, 詠んだらしい, 詠んだり, 詠んで, 読む, 贈つたこと, 走り書きし, 送って

▼ 歌~ (36, 0.2%)

2 何か, 女の, 発句かを

1 [30件] いずれが, え, お前たちの, お前たちを, こういうの, こんなやう, こんなよう, さらずば, どうか, なんか歌つて, やがては, 万葉と, 今試み, 何かが, 何かの, 何かを, 何ぞの, 何んかに, 俳句か, 句に, 字面だけ, 寺井に, 忘れて, 歌は, 略解も, 磐姫の, 芙蓉といふ, 蛇見, 見せ給, 詩か

▼ 歌~ (36, 0.2%)

2 の方, の落語

1 [32件] が掛け, が犬, が落語界, が連れ, である, という弟子, と相, などは金魚, に, にくらべる, にしろ, にのぞむ, にはその, に一つ, に運動, に類する, のよう, の人気, の家, の座談会, の強味, の曰く, の顔, はケタ違い, は映画, は洗, は醜男, は金語楼程度, やストリップ, をくらべる, をさして, を世に

▼ 歌です~ (35, 0.2%)

874

1 [16件] かそれ, がこの, がまう, がわるい, がモヤ, が僕の, が沖, この者, し殊に, ともかく大, ねえ, ね文春, よこれから, わ, 大きな鳴動, 神や

▼ 歌よりも~ (35, 0.2%)

2 更に劣り, 遥に

1 [31件] この全部, この古, さきに, そつの, その情緒, その本, つとスカート, とりわけ古く, もっとほがら, もっと曲折, もっと素直, 一体何と, 一段である, 上品なり, 以前で, 前である, 古いもの, 寧ろイタリア, 小説の, 強く強く人, 後であろう, 心が, 恋の, 早いもの, 更に劣り候わん, 深きこころ, 絵には, 詩人の, 遙に, 遜色が, 雪の

▼ 歌へる~ (33, 0.2%)

3 やうに, 日まで 2 詩あり

1 [25件] かとは情ない, が, ことあり, ころは, といへる, のよ, はバッコ, まではアウエルバツハ, ものあり, ものなる, ものなれ, も八雲たち, を敍, んだ, 人々の, 光景では, 和歌の, 唇なり, 意に, 最大いなる, 杜少, 歌を, 者の, 舞踏と, 詩

▼ 歌寿~ (33, 0.2%)

4 の家

1 [29件] が病気, が秘蔵, と呼ぶ, に, に尺八, の弟子, の枕元, は, はその, はとうとう, は不審, は不承不承, は亡夫, は喘息, は嘆息, は失神, は屹, は彼女, は急, は悲し, は慌て, は泣き, は渡された, は烈しく, は病, は裏表, は責めた, は重い, を訪う

▼ 歌にて~ (32, 0.2%)

3 けしきも, 俗人の, 候, 極めてほめる 2 善きも, 善き者

1 [16件] いはば, その各, やるが, われらの, 人に, 人を, 只蛭児, 善しと, 夜の, 思想的内容ある, 悪しと, 歌といふ, 狐に, 知るべき由, 述べ候こと, 非常の

▼ 歌物語~ (32, 0.2%)

2 が野卑陳套, も瑞歯, を持ち

1 [26件] だの或は, であろうと, でこういう, で筋, と中篇小説, と言, など致し, なるもの, においては如何にも, における滑稽, については角川源義君, に何, の古形, の型, の多く, の描写, の歌, はまだ, は虚構, は逸話, をはじめ, をもっ, を作つて, を多く, を簡明, を聴き

▼ 歌などは~ (30, 0.2%)

1 [30件] かえって知る, その代表的, その内容, そんなにたくさん類例, ほとんど強い, まだよろしい, 万葉としては, 今では, 他の, 何とで, 作る時, 作者の, 公卿たちの, 其だ, 呪詞の, 大形に, 実は舍人等, 感心しない, 既に文学史上クラシツク, 早くできる, 最著しい, 殊に約束, 殊に象徴的, 洒落たもの, 無名氏作に, 無駄に, 立派な, 色彩の, 辛い, 都に

▼ 歌なら~ (30, 0.2%)

3 ば, ば大概底 2 誰にでも

1 [22件] あたし知つてる, あの甘ったるい, こうは, さっきから, ざる者との, とにかく日本語, どんなの, どんな小さな節, ばあなた方, ばこ, ば他, ば差支, ば調子, みな讃歌たれ, みんなが, め, コロリと, 助詞などが, 山ほど, 嶋にも, 歌らしい, 私だって

▼ 歌ばかり~ (29, 0.1%)

4 である 2 作って

1 [23件] うたって, だ, であるが, であるらしい, でなく九条家, でなく地下, でなく時おり, で一巻, で呼びもの, で揃えられたの, みんな歌う, 作つて居つた, 反逆的な, 口誦し, 咽び泣く銀, 唄って, 多く詠ん, 巻きかえして, 改訂し, 歌いおるわ, 歌って, 考えて, 詠んで

▼ 歌をも~ (28, 0.1%)

4 作って 2 一つ, 作った

1 [20件] あわせて, なすに, のして, また通過, やめて, 作ったの, 信濃で, 含んで, 多く模倣, 弄んだ, 拝領し, 持つて, 支配する, 納めて, 聞きて, 自在に, 舞をも, 若干首書き記し, 見て, 読味った

▼ 歌一首~ (28, 0.1%)

2 という題, のうち, のなか

1 [22件] あり, があった, があつ, きかせて, だけのよう, である, であるが, で山上憶良, で巻五, という題詞, に残, のこと, の妻, は, をよんだ, を擧ぐべし, を詠まれた, 作るにも, 書きつけて, 有り, 詠まうと, 詠もうと

▼ 歌~ (28, 0.1%)

1 [28件] がため, が上, が声楽以外, が海, が生涯, が足, が車, といい, とはなりし, と命名, と相識, なり, に出させた折り, に初, に寄せ, の, の上, の意外, はその, は樂屋口, は美質, は面, もし, をすぐ, を見つけ, を車, を養っ, 大御

▼ 歌つたの~ (25, 0.1%)

3 である 2 では, は

1 [18件] か, か一寸見當, か私, がこの, がヒエツキ節, が万葉集巻一, が抑, だが, だらうと, であるが, などと來, にふと, に驚く, は忙, は誰, もあつ, も偶然, も此

▼ 歌はれた~ (25, 0.1%)

2 からと云つて, 堤防附近や, 私の

1 [19件] お前, がそれら, が何れ, ことは, し武林君, のは, ものかも, もので, ものであります, ものと, アルヂユナの, 二皇子の, 人好の, 即興の, 常世神も, 精神の, 繋, 詩でなけれ, 馬酔木は

▼ 歌~ (25, 0.1%)

2 のうち

1 [23件] および特殊, があります, が幸福, が終る, だつたの, との間, など御, のいみ, のお, の上, の作例, の原始的, の外, の如き, の抑揚, の殘つて, の節, の調, はみな, ひ, まで隈, を奪, ヲ能クスル者ハ

▼ 歌とも~ (24, 0.1%)

2 いうべき一文

1 [22件] いわれて, お念仏, お念佛, ききながら, つかず口上, つかず詩, つかぬ格言, ない, なして, ならず, なるが, 何とも云, 何とも見当, 共通し, 思はれるやう, 成らば, 称すべきもの, 解らない, 言ふべき, 言わずちょっと, 謂って, 附かぬグウダラ

▼ 歌などが~ (24, 0.1%)

1 [24件] うたえますこと, かえって多き, そう即吟, その一例, その例, その現, その自由, とびぬけて, ひどく彼女, より日本, 作れるかしら, 傍証を, 出來, 出来て, 寒さ, 幾つも, 幾首も, 当時の, 手習ひ, 日本文学中の, 直接間接に, 聞えます, 聞え花嫁, 落ちて

▼ 歌らしい~ (24, 0.1%)

4 ものを 2 歌の, 歌を, 言葉の

1 [14件] から防人, こと, のが, のびやかな, ものに, ものには, わ, 味を, 歌が, 歌であった, 歌は, 歌も, 歌乃ち技巧の, 物に

▼ 歌女寿~ (23, 0.1%)

4 の家

1 [19件] が経師職, ではなかっ, と呼ばれる, と喧嘩, のところ, のふところ都合, の娘, はわざと, は今年四十八, は意地, は歯ぎしり, は無, は自分, は蒲団, もだんだん, も二つ返事, も持て余し, よりも年下, を快く

▼ 歌~ (23, 0.1%)

4 の歌

1 [19件] か官庫, と, とのある, と言つた日本楽舞部, に古く, に昔, に集められ, のした, のひる, の事, の人々, の台帳, の執り, の奥方, の為, の詞曲台帳, の部, はし, は附属

▼ 歌としては~ (22, 0.1%)

1 [22件] だれでもが, なほ, むしろ変例, よいが, よいの, よい歌, 値打ちの, 分かり好く口調, 動機が, 完全な, 実に面白い, 寧ろ凡作, 少し行き過ぎ, 平凡でつまらぬ, 御製の, 最も初期, 清新な, 珍らしく, 秀逸ならね, 第一等, 遙かに, 風俗歌であり

▼ 歌~ (21, 0.1%)

5 ゑが 32 ゑは, ゑも 1 ゑがききとりたいのだが, ゑがすつかり耳について, ゑきけば, ゑだけはその日の, ゑに, ゑの君なり, ゑを, ゑをきく, ゑ殊に

▼ 歌によって~ (21, 0.1%)

1 [21件] この趣向, その悲惨, アカマツの, 一層詳, 初めて水, 動かされて, 名を, 呼び出される作者, 天気の, 実朝, 忘れ貝, 想像される, 抱いたしん, 数限りなく, 水が, 決定する, 法を, 私の, 秋の, 算法を, 算術を

▼ 歌うた~ (20, 0.1%)

2 ひ, ひて, ひの

1 [14件] はしめき, はせん, ひし童, ひぢ, ひつくして, ひは, ひゑひて, ひ太鼓, ひ旅, ひ琴彈, ひ裸, へといふ, へ君, も無理

▼ 歌とか~ (20, 0.1%)

3 申候 2 俳句とかいう, 発句とか

1 [13件] こたえ歌, この歌, 云う, 云って, 先生の, 別れの, 嫌ひな歌とか, 悪いとかいう, 校歌社歌等が, 浪花節とか, 獄中作なども, 発句とかいう, 音楽とか

▼ 歌との~ (20, 0.1%)

1 [20件] ことしかるに, つきるまでは, つながりは, 一音づゝを句の, 合著に, 対立が, 差別は, 掛合の, 最も著しい, 模倣によって, 相違について, 第一, 管理が, 素朴な, 調和を, 間に, 間へ, 関係が, 関係は, 関係並びに

▼ 歌~ (20, 0.1%)

2 が風

1 [18件] が盛りこぼれました, が聞え, が起っ, と, となりぬ, と三味線, に耳, の耳, の響い, は直ぐ, は絶え沈む, まで風, もする, や叫び聲, や囁き, を縫つて, を聞い, を聞き

▼ 歌だけ~ (19, 0.1%)

3 では

1 [16件] けい古する, でその, でどんな, でなく新しい, で伝, なの, なので, のが, やる, 拾って, 書いて, 殘れ, 簡単に, 聞える, 述べた, 録音に

▼ 歌について~ (19, 0.1%)

1 [19件] いうと, おいで, お蝶, 一言を, 一言寸感を, 即ち一二七, 多少その, 小声で, 少し申しませう, 批評だ, 森じゅうの, 注意せね, 画いて, 知るべき内容, 答へる, 見て, 見ると, 論じ, 論じた

▼ 歌より~ (19, 0.1%)

2 外に, 外の, 春信の

1 [13件] うまいと, こういう独居的歌, ずっと好き, なお下手, ほかに, ほかの, 一段と威勢, 優しくアルバノ, 前だ, 幾分理智的, 明快だ, 眼を, 詠まれなかったの

▼ 歌女代~ (19, 0.1%)

1 [19件] と名乗らせ, にささやいた, に同情, のわがまま強情, の亡霊, の健康, の墓, の弱った, の言質, の魂, はとうとう, はどうも, は去年, は泣い, は火葬, は若い, もこの, をぜひ, を無理

▼ 歌などに~ (18, 0.1%)

2 なると

1 [16件] かぶれて, 似ないこと, 作者の, 埼玉の, 奨励され, 感ずると, 散乱し, 残つてゐる, 深山隠れの, 溢れた仏教味, 用いられたもの, 苦吟した, 表われ, 訛って, 詠まれぬが, 詠み込まれて

▼ 歌ひし~ (18, 0.1%)

3

1 [15件] いにしへの, が一たびアヌンチヤタ, ことあり, ことを, てゐる, て曰, に人々, のみならず, は母, は皆我閲歴, もの, を想, 戀の, 曲は, 為めに

▼ 歌ふこ~ (18, 0.1%)

2 とだけが残され, とはできない

1 [14件] と, とだけが務, となき, とはできる, とは余り, とは出来ない, とは致しませ, とは餘, と一句, と能, と能はず, ゑのひびき來ここに, ゑのひびき来ここに, ゑ澄みぬる

▼ 歌ふと~ (18, 0.1%)

2 いふこと, いふ序歌

1 [14件] いひ詩想複雑, いふ, いふ事, いふ余興, か踊つて, もこの, も競, 云ふこ, 仕様ぢや, 地謡が, 松風も, 見えたりき, 言ふ, 謂つた風である

▼ 歌~ (18, 0.1%)

2 の高座

1 [16件] がやれ, が大阪, だの圓太郎, という背, などの音曲師, なる人, のあの, の上, の両, の印象, の大阪, の弟, の時蔵, ばかりになったろう, もそういう, もその

▼ 歌舞妓役者~ (18, 0.1%)

2 としては本格

1 [16件] が新派芝居, だけに一, である以上, としての資格, として七役, との接触, などが出た, には通例, に新劇, の劇場, の手, の演じる, の芸格, の間, や芸能人, を語る

▼ 歌ふも~ (17, 0.1%)

3 のが 2 のか

1 [12件] きくも, の, のあり, のある, のたち, のとして, のとしての, のとに, のにでもすべて, の單純, の議論, 母の

▼ 歌を以て~ (17, 0.1%)

1 [17件] する古学, す乃ち, 万葉最上級の, 主張した, 代へる, 判ずる歌, 和えて, 女房に, 宇治川を, 尋ねた時, 文法の, 申上げる, 直に, 答えられたけれど, 粗雑鹵莽取る, 結ばれた, 震へ

▼ 歌比丘尼~ (17, 0.1%)

2 の歌

1 [15件] が直接, が通りがかり, とかいうもの, として廻国, と相対死, と称せられる, のもと, の前, の為事, の熊野代参慫慂, の艶書代筆, の語りごと, の身すぎ, は市中, は悪道苦患

▼ 歌であり~ (16, 0.1%)

2 最も新

1 [14件] これらの, これを, その使つて, その天才, ながら其歌, また涙, また絶叫, 伏見院に, 又舟乗り, 寧国俗諺の, 挽歌の, 糸とりの, 路傍に, 野の

▼ 歌ひた~ (16, 0.1%)

13 まひしく 2 まひき 1 まひて

▼ 歌よむ~ (16, 0.1%)

4 人の 2 友の, 遊女聞ゆなる 1 は短冊, 人々は, 人々よろしき, 人も, 仲間には, 性根玉でも, 春の, 行脚など

▼ 歌俳諧~ (16, 0.1%)

2 にまでたしなみ

1 [14件] が好き, でもやる, で日, と版画, にでも月, にもよく, にも詠ん, によみ込まれ, に至る, の交際, の道, の集まり, や絵, や茶の湯

▼ 歌~ (16, 0.1%)

2 が立っ

1 [14件] あがり声色屋, がうたっ, がヴァイオリン, です, ですか, なんてあまり, のヴァイオリン, の四角い, の弾く, の暗に, の芳太郎, や香具師, を古, を聞い

▼ 歌などの~ (15, 0.1%)

2 中に

1 [13件] あいだに, お講義, よいところ, 上に, 優美至上主義者にと, 名で, 影響かも, 書かれて, 朗らかな, 用途から, 稽古を, 聲は, 類型の

▼ 歌~ (15, 0.1%)

4 と広子 2 の母親 1 か歌助, っていうやつ, というの, という子, といった目的, と心中, なる小唄, は日本橋, も広子

▼ 歌に対する~ (14, 0.1%)

2 考えが

1 [12件] ならば, のは, 情熱は, 愚見を, 手柄は, 批評意識を, 未来の, 漢詩の, 考と, 自覚は, 興味は, 親しみから

▼ 歌よみども~ (14, 0.1%)

3 はいたく, は多く, は宗旨以外 2 には負け, の思ひ至らぬ 1 の思い

▼ 歌ごえ~ (13, 0.1%)

1 [13件] があっ, がききとりたい, がなお一, がぱったり, が僕, が戸, が流れ, が美しい, が聞え, に耳, は真向い, も微か, をきく

▼ 歌ちゃん~ (13, 0.1%)

1 [13件] あの方, かと云, がお, すなわち小歌, なること, の詞, の頸, はこの, はと婢, は絵心, まだ着, も一緒, をお

▼ 歌としての~ (13, 0.1%)

1 [13件] つてを, 伝説を, 修練が, 値うちは, 効果の, 外形は, 外形的技法のみの, 穿鑿的な, 立ち場が, 第二, 練れは, 鑑賞に, 風格や

▼ 歌ほど~ (13, 0.1%)

1 [13件] なる事, やさしいもの, 今人の, 僕は, 具象的でない, 切実に, 声調に, 早くは, 歌として, 緊張し, 身体的で無い, 陳腐なる, 難しいもの

▼ 歌一つ~ (13, 0.1%)

1 [13件] あつて話, うたいも, うたえませんでした, でさえ満足, なき今, の他, は狩人, は猟人, をおぼえ, 作らなかつた, 作らなかつたけれど, 謳う元気, 讀みて

▼ 歌~ (13, 0.1%)

1 [13件] が一新, だかも, であった, と共通, と謂うべきで, なの, の特性, はなほ今日, は一転, は少し, は非常, も著しく, を知る

▼ 歌~ (13, 0.1%)

1 [13件] から見, から言つて, が小さく, が強く大きく, である, についての短評, の上, の大き, の極めて, の稍, も後期王朝末, を変, を落し

▼ 歌とを~ (12, 0.1%)

1 [12件] いっしょに, うたはう, おも, もった小鳥ら, 劇中で, 含んで, 唱ひぬ, 対比する, 授けたり, 極端に, 親同胞の, 記して

▼ 歌などには~ (12, 0.1%)

2 純良で 1 いいもの, そういう事, そう感心, まるでその, 半分も, 取扱われずこの, 最も適当, 最も適当致居候, 最も適當致居候, 残つてゐない

▼ 歌なんか~ (12, 0.1%)

2 一つも 1 うたっても, 僕に, 唄う民主主義者, 唄ってるけ, 唄わなくとも, 歌って, 歌つて居た, 牛が, 真平だ, 自分の

▼ 歌ひだ~ (12, 0.1%)

6 した 1 したが, したくなる, したもの, した流行歌, して, しました

▼ 歌~ (12, 0.1%)

1 [12件] が開かれた, で二囘迄, で先生, とは云つて, につ, に出, に往く, のある, の前後, の席上, は新聞社, や詩會

▼ 歌~ (12, 0.1%)

1 [12件] だけで見れ, においても勢力, にも歌界なみ, のスケッチ, の全般, の前途, の大勢, の実際, の衰退, の覇, の重鎮, を支配

▼ 歌~ (11, 0.1%)

2 はせ 1 うめえ, こりでいい, つむる事, ひの, 唄えんばってん, 唄って, 唄つて口説かう, 歌って, 止せと

▼ 歌がるた~ (11, 0.1%)

1 [11件] に其, の会, の昔, の絵, も売る, をした, をとっ, をもつてた, を書せしめた, を樂, を頼みける

▼ 歌だけを~ (11, 0.1%)

1 [11件] つけ添えること, みると, 唄ふ, 清書した, 献じる風, 聴かせようとして, 自分で, 記憶し, 読まれても, 読めば, 読んでも

▼ 歌と共に~ (11, 0.1%)

1 [11件] フランス歌曲の, 二つの, 作者を, 先づ無難な, 女子は, 当時衆愚の, 挙げてかに, 消え失せて, 純然たる, 踊りを, 高殿の

▼ 歌ども~ (11, 0.1%)

3 御知らせ 1 にさ, に見, はヤモリ, を人, を口授, を唱, を少し, を神

▼ 歌はせ~ (11, 0.1%)

2 ては不可, て差支, て聞いた 1 ては黙つ, てゐた, て夜業, て目, て面白く

▼ 歌はせる~ (11, 0.1%)

4 風が 2 には矢張り校長さん 1 ことに, のでした, のは, やうに, 様に

▼ 歌はれる~ (11, 0.1%)

2 といふ丈, 様に 1 かと云, といふ, としたら, と云, と見る, やうに, 片田の

▼ 歌への~ (11, 0.1%)

2 大陽気, 大騒ぎを 1 お褒めである, 前奏曲に, 大騒ぎに, 大騷ぎで, 大騷動, 關心である, 騒ぎを

▼ 歌まで~ (11, 0.1%)

1 [11件] ある, あるの, ひがみッ, 下すつたもの, 侵略万能に, 収録せられた, 合せて, 引き合, 来ると, 添えて, 載せて

▼ 歌~ (11, 0.1%)

2 にある, に挿まれ 1 に, に在る, に山萵苣, のアサガオ, の浜木綿, の珍物, 最も早期

▼ 歌全体~ (11, 0.1%)

1 [11件] が口語, が憶良, が被る, に世, に微妙, に脈搏, の上, の調子, の趣向, をしたてる, を口説きすぎる

▼ 歌~ (11, 0.1%)

2 の整理, を索 1 で, とされ, として第三者, とする, の上, を提供, を求める

▼ 歌そのもの~ (10, 0.1%)

1 がすこぶる, が主眼, が決して, として歌う, に依っ, は, はどう, より歌, より箸, をこそ彼女

▼ 歌だった~ (10, 0.1%)

2 のです 1 かもう, かも知れぬ, ことを, という, ということ, な, ねぇ, のであろう

▼ 歌であった~ (10, 0.1%)

1 がここ, が世間, が二月号, が常に, ともいえるでしょう, にちがい, のだ, ので, ようである, 何とも言えない

▼ 歌でない~ (10, 0.1%)

1 かと私, かも知れない, が, こと勿論, のを, までも一体, ものは, ようで, 何か, 歌歌ふ

▼ 歌とが~ (10, 0.1%)

1 それを, ともに同一, ようやく一つ, 一つな, 交互に, 全く一つ, 新たに, 異常な, 純な, 表面上関係は

▼ 歌なれ~ (10, 0.1%)

3 ども意味 1 ども左右人世, ども自, ばなり, ばをの, ばダンテ, ば一, ば結句

▼ 歌に対して~ (10, 0.1%)

1 ある好尚, こちらからも, 古今の, 女方から, 宮の, 春日王は, 特別の, 皇太子, 製りたる, 解釈力の

▼ 歌はん~ (10, 0.1%)

1 といふはわ, として躊躇, とす, とせり, と云, には先, のみ, はわが, は易く, は難

▼ 歌ふべき~ (10, 0.1%)

1 ことが, ことは, ナンシー, 内容に, 單吟の, 文躰を, 最大の, 歌一つなき, 者を, 身なり君なり

▼ 歌唄跳躍~ (10, 0.1%)

10 して

▼ 歌~ (10, 0.1%)

1 に主観的, に比し, に至り, の中, の歌, は他, は多く, は極めて, を現すあたわず, を述べたる

▼ 歌~ (9, 0.0%)

1 へあるで, へいと, へぞしなび, へも何と, へ作られ, へ作れない, へ信じる, へ晶子以前, へ歌

▼ 歌だけが~ (9, 0.0%)

1 この世にながらへ, 余計だつた, 前から, 収めて, 哀調を, 好ましく存ぜられます, 残ると, 残るもの, 静かに

▼ 歌つた歌~ (9, 0.0%)

2 つた 1 がも一つ, と考へ, によつて命, は, はこの, は大変, は無数

▼ 歌とともに~ (9, 0.0%)

1 しづまり, やみしこと, 人間の, 古いもの, 感激させられる, 発達した, 絶えず新しい, 鉱毒歌の, 鶯の

▼ 歌なる~ (9, 0.0%)

2 ものは, 事も 1 ことも, もの, ものを, 者に, 長篇に

▼ 歌ひ出す~ (9, 0.0%)

2 とかし 1 ことが, と並居る, までにならなけれ, までにも其の, 世界の, 悦びを, 歌でも

▼ 歌をば~ (9, 0.0%)

1 うたふ, なりたけ, 事々しい誇張, 事実として, 依羅, 口口に, 奏でつつ, 新郎の, 歌に

▼ 歌二首~ (9, 0.0%)

2 の一つ 1 かきつけて, からいひ, として, の如き, を上げる, を詠めり, を送る

▼ 歌言葉~ (9, 0.0%)

1 があっ, がはからずも, でもし, に驚かされました, の中, の端々, の非常, は母, を離れ

▼ 歌ある~ (8, 0.0%)

2 を喜ぶ 1 にあらずや, に因る, ほどは弔, を喜ぶなり, んだ, 事を

▼ 歌その~ (8, 0.0%)

1 振始, 歌を, 物の, 物は, 物を, 玲瓏の, 者が, 著述これについても

▼ 歌なぞを~ (8, 0.0%)

1 よみかわした, 刷り込んだの, 咏んだ, 歌ふと, 紙の, 聞かせた, 胸に, 諳誦させ

▼ 歌なり~ (8, 0.0%)

1 こ, 今日は, 何なり, 俳句なりを, 全く理窟, 思い浮べて, 物語を, 荒城の月なりが

▼ 歌にまで~ (8, 0.0%)

1 うたわれ江戸中, まだ飲みたい, 入りこんで, 及んで, 唄うて, 唄われたほど, 歌われたもの, 謡われまして

▼ 歌はう~ (8, 0.0%)

1 としてはゐない, としてゐる, として居る, として手風琴, として見る, と思, と思つて, と思つて習つて

▼ 歌はず~ (8, 0.0%)

1 と思へる, なりぬ, にはゐられない, には居られぬ, に居られ, に居られなかつたら, に踊り行く, 踊り行く男

▼ 歌ひたる~ (8, 0.0%)

1 が忽ち, ことなり, ものも, ピクメインと, 如くに, 歌こそは, 詩人が, 詩家は

▼ 歌やら~ (8, 0.0%)

1 伝説やらを, 感慨が, 消息やらは, 詩やら, 詩やらを, 變つた歌を, 踊りやら, 送って

▼ 歌反古~ (8, 0.0%)

21 がいよいよ, だつた, とか五車反古, なの, の中, を持っ

▼ 歌団治~ (8, 0.0%)

1 といい, の話, は競馬, は言った, も助, やたちまち, やろ, や助

▼ 歌~ (8, 0.0%)

2 の博學, をやつ 1 で有名, といふもの, の成就, は足利時代

▼ 歌或は~ (8, 0.0%)

1 一世に, 其一類の, 呪詞を, 宮中での, 枯荻を, 絵画美に, 自分が, 諺の

▼ 歌~ (8, 0.0%)

1 がある, にはその, の指導, の秀才, を作つた, を學ばる, を結ぶ, 及び書牘

▼ 歌~ (8, 0.0%)

2 がある 1 が作られる, でも, にひき較べ, に徴, のプログラム, をその

▼ 歌~ (8, 0.0%)

3 又其旧辞 2 又其舊辭 1 が次第に, とその, を必

▼ 歌こそは~ (7, 0.0%)

1 いたく我心, おまへの, すべての, その恋愛, 如来の, 歌の, 浮島の

▼ 歌じゃ~ (7, 0.0%)

3 ないか 1 ない, ないぜ, ないだろ, 源女の

▼ 歌つた詩~ (7, 0.0%)

2 がある 1 だ, にある, はたしか, は東洋, を読んだ

▼ 歌でなく~ (7, 0.0%)

1 てはならぬ, ては困る, ても外, て何, て安否, 大崎を, 普通の

▼ 歌にては~ (7, 0.0%)

2 候よ 1 いか, 夕立する, 嫌よ, 徒に不快, 桑の

▼ 歌ひ終る~ (7, 0.0%)

1 と, とやがて, と乳母, と大西, と平謝り, と役者, なり

▼ 歌へと~ (7, 0.0%)

1 せがむ, なったが, 勸む, 勸めしに, 念じても, 曰は, 責めて

▼ 歌~ (7, 0.0%)

1 おのづか, まば, まむ, まん, むはじめし頃の, 好いから, 文句は

▼ 歌よみし~ (7, 0.0%)

4 て曰 1 つらくのみ, 京洛の, 妻は

▼ 歌及び~ (7, 0.0%)

1 それから, 其から, 其に, 民謡は, 美連娟として, 諺に, 諺を

▼ 歌~ (7, 0.0%)

1 がよく, が間々, には秀吟, の人麿, の拙き, の模倣, は一向何だか

▼ 歌~ (7, 0.0%)

1 からテル子嬢, っていう人, という外務省情報部勤務, という奴, という青年外交官, の恋敵, の方

▼ 歌~ (7, 0.0%)

1 が育つ, でも出来ん, の中, の句, の大人, も舞踏, や画家

▼ 歌~ (7, 0.0%)

1 が勅撰集, が殆ど読者, と全く, はわが, は葉書, を供給, を出され

▼ 歌あれ~ (6, 0.0%)

1 ど今作り添, な秋, ば爰, ほど浮いた, を駕籠, 終の

▼ 歌~ (6, 0.0%)

1 たりし, てご, て悲腸, て衰えず, て走り出し, て門外

▼ 歌だけは~ (6, 0.0%)

1 わたしも, 何うし, 忘れは, 新しい力, 昔の, 覚えて

▼ 歌だの~ (6, 0.0%)

2 発句だ 1 手習だ, 文學だ, 漢詩朗吟なぞも, 百首歌などを

▼ 歌であっ~ (6, 0.0%)

1 て, てもよかっ, て俳句, て普通, て自分, て重々しい寂しい

▼ 歌とても~ (6, 0.0%)

4 大同小異にて 1 すべてただ, 宴遊の

▼ 歌にか~ (6, 0.0%)

6 ありけん

▼ 歌によ~ (6, 0.0%)

1 つていろ, つても, つて命を, つて懺悔しつづけ, つて稍原意を, むほどなつかしいものでもなかったし毎日藻塩木を

▼ 歌~ (6, 0.0%)

2 しこそは 1 しいと, しなむ, しの名をか, しもまた

▼ 歌ばかりは~ (6, 0.0%)

3 日本固有の 2 趣味ある 1 作つて居なくなる

▼ 歌ひます~ (6, 0.0%)

2 と云つて 1 か, から, と達磨さん, よ

▼ 歌みたい~ (6, 0.0%)

2 に音楽 1 なひやかしを, なもの, に歌っ, に無

▼ 歌らしく~ (6, 0.0%)

2 もない 1 しか聞かれないであろう, つつましいところ, 不健康な, 涼しかった

▼ 歌~ (6, 0.0%)

2 助を 1 会邂逅相過, 口伝十六重之重附古歌之事十七土代十八伝受之次第と, 曰とかと, 返歌

▼ 歌~ (6, 0.0%)

2 ひを 1 ひさ, ひの, ひ物, へば

▼ 歌唄い~ (6, 0.0%)

1 のミリアム, の女, の父娘, の親, は仰天, ほどデッカク声

▼ 歌~ (6, 0.0%)

1 か或は, には, に一書, に拠る, に斯く, を編んだ

▼ 歌~ (6, 0.0%)

1 のなげかひ, の一ステージ用, の割当て等, の席, の座, は今

▼ 歌こそ~ (5, 0.0%)

1 いみじけれわれ, おもしろけれ, なほ響かめ, 上手なれ, 大事に

▼ 歌さえ~ (5, 0.0%)

2 あれば 1 あるそう, みゆるの, 聞こえて

▼ 歌~ (5, 0.0%)

4 やない 1 やご

▼ 歌なぞ~ (5, 0.0%)

1 あれは, どうだ, 歌ふも, 聞えるやう, 聴いては

▼ 歌のみ~ (5, 0.0%)

1 だれよ, でしかも, でなく一般, ならず総て, ならで

▼ 歌ばかりを~ (5, 0.0%)

1 くり返して, 口吟み, 揃えて, 詠んで, 集めたもの

▼ 歌ひける~ (5, 0.0%)

3 やう 1 かも, も恋愛

▼ 歌ひしと~ (5, 0.0%)

2 ころを 1 か, きこの, 讚め給へば

▼ 歌ひつ~ (5, 0.0%)

2 づけいよいよ 1 かれては, づけ候, 呼びつ進み行く

▼ 歌ひも~ (5, 0.0%)

4 し語り 1 せずに

▼ 歌ひ出し~ (5, 0.0%)

1 さうな様子, て, てくるで, てゐた, 度い

▼ 歌ふところ~ (5, 0.0%)

1 あり面喰, が皆, の, のもの, はアカイア

▼ 歌もち~ (5, 0.0%)

1 てその, て天皇, て答, て語り, て雁

▼ 歌よめ~ (5, 0.0%)

2 ばよくも 1 とあれ, とのたま, と侍りけれ

▼ 歌三首~ (5, 0.0%)

1 あり, かいて, がある, であるが, を書き遺した

▼ 歌右衞門~ (5, 0.0%)

1 が江戸, が福助, の役, の襲名披露, も育つ

▼ 歌~ (5, 0.0%)

2 を以て偶 1 の及ばざる, を序, を成就

▼ 歌多き~ (5, 0.0%)

1 が中, は歌人, は題詠, 中に, 故前に

▼ 歌左衛門~ (5, 0.0%)

2 の芝居, は 1 という名

▼ 歌念仏~ (5, 0.0%)

1 に関係, の中将姫, の声, を語りあるく, を語る

▼ 歌~ (5, 0.0%)

1 がこの, の制限, の少ない, は本文中, もはるか

▼ 歌~ (5, 0.0%)

1 という女性, とは何等, と娘, は何処, ん坊

▼ 歌~ (5, 0.0%)

1 が何とか, とか清元, の師匠, は, も少し

▼ 歌自身~ (5, 0.0%)

1 が人, が短歌, について反復熟読, に伴うた, はほ

▼ 歌舞妓狂言~ (5, 0.0%)

1 である以上, に取つた, の一部, を専門, を役者

▼ 歌あり~ (4, 0.0%)

1 て, て一切, て人, 支那人も

▼ 歌うたう~ (4, 0.0%)

1 くちびるにさえ, のが, 人であった, 裸女どもの

▼ 歌からも~ (4, 0.0%)

1 想像し得られる, 推測される, 考えさせられるの, 遠ざかつたので

▼ 歌ことば~ (4, 0.0%)

1 た, にたいする知識, や慣行, を集める

▼ 歌する~ (4, 0.0%)

2 にもよる 1 荷風氏, 風が

▼ 歌だけに~ (4, 0.0%)

1 なつた, 心を, 落ちたもの, 隠者気分に

▼ 歌だって~ (4, 0.0%)

1 やはりそう, カニという, ダンスの, 満足に

▼ 歌であろう~ (4, 0.0%)

1 か, が, と云っ, と想像

▼ 歌とかいう~ (4, 0.0%)

2 ものは 1 ものには, 意味で

▼ 歌などと~ (4, 0.0%)

1 云うもの, 大それた, 比較すべき, 違って

▼ 歌などにも~ (4, 0.0%)

1 すでに見え, 幾百幾千とよみ込まれるだらう, 無いもの, 用ゐ得べき

▼ 歌ならず~ (4, 0.0%)

2 心ひそめ 1 街を, 鬼の

▼ 歌なんぞ~ (4, 0.0%)

1 できるもん, よく仕込ん, よまなきゃよかっ, 唱つたためしは

▼ 歌なんて~ (4, 0.0%)

1 むずかしいわねえ, ものは, 古く俗, 私には

▼ 歌における~ (4, 0.0%)

1 成功と, 新傾向, 正岡君は, 純客観態度

▼ 歌にても~ (4, 0.0%)

2 文学にても 1 いかに病鶴, 文學にても

▼ 歌にな~ (4, 0.0%)

1 つてしまつ, つてなく, つてを, つて出

▼ 歌によっても~ (4, 0.0%)

1 分かる, 明らかであろう, 知られるが, 知れるよう

▼ 歌のみを~ (4, 0.0%)

1 もって, 作りしに, 見て, 辛うじて作る

▼ 歌はむ~ (4, 0.0%)

2 として居る 1 はわれ等, 一節は

▼ 歌はれし~ (4, 0.0%)

1 ギリシア方の, 其時は, 歌を, 重景殿

▼ 歌ばっかり~ (4, 0.0%)

1 でないか, なんで, 教えとるからな, 聞いて

▼ 歌ひたい~ (4, 0.0%)

1 と思つた事, と思つて, ものは, やうな

▼ 歌ひだす~ (4, 0.0%)

1 ことが, のでなけれ, のを, 眩しい祭典

▼ 歌ひ上げる~ (4, 0.0%)

1 ことに, と謂つた, 様な, 為に

▼ 歌ひ出され~ (4, 0.0%)

1 たるを, だんだんはっきり強く, だんだんはつきり, ていろいろ

▼ 歌ひ出した~ (4, 0.0%)

1 のであつ, のに遭遇, 妓の, 時には

▼ 歌よと~ (4, 0.0%)

2 私ども当麻の, 私ども當麻の

▼ 歌よまん~ (4, 0.0%)

3 とする 1 と言

▼ 歌らしき~ (4, 0.0%)

4 歌は

▼ 歌以外~ (4, 0.0%)

1 に研究, のもの, の学問, の方面

▼ 歌~ (4, 0.0%)

2 乏し 1 に苦しん, に苦心

▼ 歌~ (4, 0.0%)

2 比売命次に, 比賣

▼ 歌十首~ (4, 0.0%)

2 但し各人 1 に詠み足し, のうち

▼ 歌占巫女~ (4, 0.0%)

1 から胚胎, の語彙, の霊感, を女房

▼ 歌~ (4, 0.0%)

2 をひらく 1 の同門, は佐佐木信綱

▼ 歌夫さん~ (4, 0.0%)

1 がお, に来, に直ぐ, はそれっきり

▼ 歌好き~ (4, 0.0%)

1 な小娘達, な歌, な青年男女, のこころ

▼ 歌~ (4, 0.0%)

1 という, という女役者, の月, 懶妝梳

▼ 歌枝さん~ (4, 0.0%)

1 で自殺, の事, の投書, の自殺

▼ 歌~ (4, 0.0%)

2 からいう 1 の上, ももうすでに

▼ 歌漫談~ (4, 0.0%)

1 をすませ, をやり, をやる, を一席

▼ 歌~ (4, 0.0%)

1 の勝負, の娯樂, の札, を仕

▼ 歌~ (4, 0.0%)

1 三は, 九歌第, 十一歌第, 十六歌以下第

▼ 歌~ (4, 0.0%)

1 が出来た, と其, の中, を形づくつた

▼ 歌舞妓顔~ (4, 0.0%)

1 といふ, としては特殊味, になつて, のまだ

▼ 歌舞妓風~ (4, 0.0%)

1 です, と官憲, と言つて, な動作

▼ 歌~ (4, 0.0%)

2 をする 1 から見, をなせるごとき

▼ 歌かき~ (3, 0.0%)

1 てやま, て居ぬ, 濁す

▼ 歌かと~ (3, 0.0%)

1 おもわれる声, 思はれる, 思ふと

▼ 歌かも~ (3, 0.0%)

1 しれないかういふ歌, 知れない, 知れぬ

▼ 歌かるた~ (3, 0.0%)

1 をし, をとらせ, をやつ

▼ 歌これ~ (3, 0.0%)

1 が大した, は一昨年, は蕨真

▼ 歌そして~ (3, 0.0%)

1 その後すぐ, ヴァルハラの, 浪花節だ

▼ 歌それから~ (3, 0.0%)

1 万歳のく, 東京に, 自分が

▼ 歌~ (3, 0.0%)

1 おぞき苦鬪, それなる, 人麿も

▼ 歌だろう~ (3, 0.0%)

1 かと考え, という説, 海の

▼ 歌ちゃんと~ (3, 0.0%)

1 だけ分り, 云れた, 呼ぶ声

▼ 歌つくり~ (3, 0.0%)

1 たちに, であられる, やトルストイアンども

▼ 歌つてる~ (3, 0.0%)

1 の, のが, やうだ

▼ 歌つまり~ (3, 0.0%)

1 作者不明の, 前の, 題を

▼ 歌であります~ (3, 0.0%)

1 からお話, から児童, そうで

▼ 歌であれ~ (3, 0.0%)

1 ばある, ば人麿, 詩であれ

▼ 歌でございます~ (3, 0.0%)

1 か, が雲, とかねて

▼ 歌でなけれ~ (3, 0.0%)

1 ばなりません, ば先, ば将来性

▼ 歌といふも~ (3, 0.0%)

2 四つや 1 多くは

▼ 歌としても~ (3, 0.0%)

1 優れて, 生じなければ, 随分自然

▼ 歌とでも~ (3, 0.0%)

1 いうの, いふので, 解すべき抒情デテエル

▼ 歌とに~ (3, 0.0%)

1 此せり, 見えた昼目歌, 足る身

▼ 歌ながら~ (3, 0.0%)

2 万葉以外に 1 萬葉以外に

▼ 歌なく~ (3, 0.0%)

1 ばわが, 歓呼の, 物心ついては

▼ 歌なぞの~ (3, 0.0%)

1 宣伝は, 形に, 時は

▼ 歌なぞ歌~ (3, 0.0%)

3 はない

▼ 歌ならざる~ (3, 0.0%)

3 方に

▼ 歌ならざるべからず~ (3, 0.0%)

2 この歌 1 此歌の

▼ 歌なりとも~ (3, 0.0%)

3 感情を

▼ 歌において~ (3, 0.0%)

1 代表的に, 例外が, 詠嘆せらるる

▼ 歌に対しては~ (3, 0.0%)

1 ひどい嫌悪, 女の, 言葉も

▼ 歌に関する~ (3, 0.0%)

1 古跡を, 議論の, 限り定家は

▼ 歌はなど~ (3, 0.0%)

1 言は, 言はる, 言わるるは

▼ 歌はれたる~ (3, 0.0%)

1 恋愛学慈悲友誼愛国の, 歌の, 烟華の

▼ 歌ひけり~ (3, 0.0%)

2 のどに 1 サー・ランセロットは

▼ 歌ひたく~ (3, 0.0%)

1 て仕方, て真面目, なつた

▼ 歌ひたれ~ (3, 0.0%)

1 ども, ば, ばなり

▼ 歌ひとつ~ (3, 0.0%)

1 作れません, 浮んで, 遺した

▼ 歌ひな~ (3, 0.0%)

1 さるけん, された大和先生, どす

▼ 歌ひました~ (3, 0.0%)

1 がその, のです, よ

▼ 歌ひ出さう~ (3, 0.0%)

1 とした, として来た, とする

▼ 歌ひ得る~ (3, 0.0%)

1 やうな, やうに, 寄席の

▼ 歌ふか~ (3, 0.0%)

1 な, なア, も知れぬ

▼ 歌ふて~ (3, 0.0%)

1 曰く少, 曰く遺, 朝寐坊する

▼ 歌ふべく~ (3, 0.0%)

1 大に, 羊は, 賦すべき

▼ 歌までも~ (3, 0.0%)

1 喜んで, 思い出して, 録した

▼ 歌よみて~ (3, 0.0%)

1 奉りたれば, 罪せられきと, 遊ぶ外

▼ 歌よみならぬ~ (3, 0.0%)

3 人の

▼ 歌よみ仲間~ (3, 0.0%)

1 にはかよう, には箇様, には箇樣

▼ 歌よりは~ (3, 0.0%)

1 はるかに, 却つて古い, 投げさ

▼ 歌~ (3, 0.0%)

1 一ツ聞カセテアゲルコトアリマススペインハ日本人イスパニヤ言イマスイスパニヤハ果物タイヘンオイシイデス唄モナカナカ面白イデスオ婆サンモ若, 以テ一部ヲ, 堰イテハ

▼ 歌一首并~ (3, 0.0%)

3 に短歌

▼ 歌下二句~ (3, 0.0%)

1 が理屈, が理窟, には理窟

▼ 歌~ (3, 0.0%)

1 の在所, の心, を良邏法師

▼ 歌~ (3, 0.0%)

1 に於, の宴, は恐く

▼ 歌以上~ (3, 0.0%)

1 の価値, の働き, の情熱

▼ 歌以前~ (3, 0.0%)

2 のもの 1 にこの

▼ 歌以来~ (3, 0.0%)

1 つつむに, のもの, 多少感傷主義

▼ 歌仲間~ (3, 0.0%)

1 で神主, という, の思わ

▼ 歌余譚~ (3, 0.0%)

1 と題した, に曰く, の一節

▼ 歌作らん~ (3, 0.0%)

2 とてこれ 1 とて之

▼ 歌作り~ (3, 0.0%)

1 がそれ, だといった, て謳はん

▼ 歌俳句~ (3, 0.0%)

1 の叫び, も作り, を好む

▼ 歌~ (3, 0.0%)

1 呂音也, 涙零, 變じ

▼ 歌名所~ (3, 0.0%)

1 で古来人, になった, の性質

▼ 歌唄う~ (3, 0.0%)

2 声が 1 てお

▼ 歌問答~ (3, 0.0%)

1 が行, の方, の昔話

▼ 歌多く~ (3, 0.0%)

21 載せられぬ

▼ 歌太郎~ (3, 0.0%)

1 と改名, なんてつまらない, を名

▼ 歌時計~ (3, 0.0%)

1 ではない, のその, のねぢ

▼ 歌極めて~ (3, 0.0%)

3 面白けれども

▼ 歌~ (3, 0.0%)

2 された飛鳥 1 けると

▼ 歌法師~ (3, 0.0%)

1 がいた, の西行, はともかく

▼ 歌~ (3, 0.0%)

1 が客, が座敷, なれば

▼ 歌百首~ (3, 0.0%)

1 を作る, を發表, を詠み出し

▼ 歌~ (3, 0.0%)

1 の大半, をも完成, 及び哀悼歌章

▼ 歌舟子~ (3, 0.0%)

1 が関口, に招がれ, は日本橋堀留

▼ 歌~ (3, 0.0%)

2 の羽音 1 の音楽

▼ 歌詠むべからず~ (3, 0.0%)

2 などいふ 1 などいう

▼ 歌~ (3, 0.0%)

2 の聲 1 の首句

▼ 歌骨牌~ (3, 0.0%)

2 も巧 1 をとるごとく

▼ 歌麻呂~ (3, 0.0%)

1 のかいた, の春本寐乱髪, の鮑

▼ 歌あたり~ (2, 0.0%)

1 から一転, ができ

▼ 歌あるいは~ (2, 0.0%)

1 前奏曲ばかりを, 劇舞踊音楽そういう

▼ 歌うたい~ (2, 0.0%)

1 になれる, 犬使いの

▼ 歌うたっ~ (2, 0.0%)

1 て, てください

▼ 歌および~ (2, 0.0%)

1 詩を, 諸家の

▼ 歌がら~ (2, 0.0%)

1 の高下, を低く

▼ 歌ごころ~ (2, 0.0%)

1 ぞ温めまし, や旅

▼ 歌さえも~ (2, 0.0%)

1 何とはなし, 続けて

▼ 歌さながら~ (2, 0.0%)

2 に木々

▼ 歌さらに~ (2, 0.0%)

1 なつかしみつつ, 道理に

▼ 歌ざま~ (2, 0.0%)

1 のもの, の多く

▼ 歌それ~ (2, 0.0%)

1 おもひで, は

▼ 歌たる~ (2, 0.0%)

1 巨大なる, 星の

▼ 歌だらう~ (2, 0.0%)

1 と思う, と言

▼ 歌つくる~ (2, 0.0%)

1 ことを, にも

▼ 歌つた私~ (2, 0.0%)

1 の家, の數數

▼ 歌つた頃~ (2, 0.0%)

1 にはもう, を想

▼ 歌つて御覧~ (2, 0.0%)

1 なさい, なさいよ

▼ 歌~ (2, 0.0%)

1 ある, もの

▼ 歌といふは~ (2, 0.0%)

1 その地, 其の地

▼ 歌とやら~ (2, 0.0%)

1 妙だ, 文右衞門さんが

▼ 歌なぞに~ (2, 0.0%)

2 頓着なく

▼ 歌などで~ (2, 0.0%)

1 就中尤も, 沸くばかり

▼ 歌なんかでも~ (2, 0.0%)

1 その文章通り解釈, 二千年も

▼ 歌にこそ~ (2, 0.0%)

1 きけ, 光明皇后の

▼ 歌にさえ~ (2, 0.0%)

1 作られて, 聞く人

▼ 歌にだけ~ (2, 0.0%)

1 様々な, 身も

▼ 歌についての~ (2, 0.0%)

1 一寸した, 考えを

▼ 歌については~ (2, 0.0%)

1 一隻眼も, 院は

▼ 歌についても~ (2, 0.0%)

1 何か, 此は

▼ 歌にでも~ (2, 0.0%)

1 したいと, 変え得られたはず

▼ 歌にや~ (2, 0.0%)

1 あらん谷, はらげ

▼ 歌~ (2, 0.0%)

1 元気の, 大君来ませ

▼ 歌のみが~ (2, 0.0%)

1 つづいて, 要求し

▼ 歌はずし~ (2, 0.0%)

1 て世, て壯嚴

▼ 歌~ (2, 0.0%)

1 唄うてなあ, 教えてな

▼ 歌ひあげ~ (2, 0.0%)

1 てたけ, てゐる

▼ 歌ひあげた~ (2, 0.0%)

1 のだ, ものが

▼ 歌ひけ~ (2, 0.0%)

1 め, らく

▼ 歌ひけん~ (2, 0.0%)

1 岡より, 遠つ

▼ 歌ひつ足速~ (2, 0.0%)

2

▼ 歌ひながら~ (2, 0.0%)

1 に一つ, の旅

▼ 歌ひぬ~ (2, 0.0%)

1 京の, 賤が

▼ 歌ひはじめる~ (2, 0.0%)

1 ことなどが, にあ

▼ 歌ひはやし~ (2, 0.0%)

1 ながらどつと, ながら地

▼ 歌ひま~ (2, 0.0%)

2 ゐ來

▼ 歌ひまし~ (2, 0.0%)

2

▼ 歌ひめ~ (2, 0.0%)

1 たまへ, となるなら

▼ 歌ひ上げ~ (2, 0.0%)

1 てゐます, てゐる

▼ 歌ひ成し~ (2, 0.0%)

2 てぞおもしろき

▼ 歌ひ続け~ (2, 0.0%)

1 てゐる, はぢめ

▼ 歌ひ返す~ (2, 0.0%)

1 ことは, 可き

▼ 歌びと~ (2, 0.0%)

1 の声, の妻

▼ 歌ふた~ (2, 0.0%)

1 當時の, 詩は

▼ 歌ふため~ (2, 0.0%)

1 にもジエンツアノ, の詩

▼ 歌ふとい~ (2, 0.0%)

1 はしむ, へどもそ

▼ 歌ふとき~ (2, 0.0%)

1 提香爐を, 相代り

▼ 歌ふとし~ (2, 0.0%)

1 声に, 歌ふ

▼ 歌ふらく~ (2, 0.0%)

2 おのれ楽しむ

▼ 歌ふわ~ (2, 0.0%)

1 がうた, が族

▼ 歌ふん~ (2, 0.0%)

1 です, ですがね

▼ 歌へて~ (2, 0.0%)

1 そして身装, またピアノ

▼ 歌ほどの~ (2, 0.0%)

1 事業を, 独自性に

▼ 歌まじり~ (2, 0.0%)

1 の手紙, 眼も

▼ 歌また~ (2, 0.0%)

1 あれほど, 一種の

▼ 歌までが~ (2, 0.0%)

1 よくは, 繰り返される

▼ 歌みた~ (2, 0.0%)

1 やうな, よな

▼ 歌めく~ (2, 0.0%)

1 ものまれに, 天が下に

▼ 歌もて~ (2, 0.0%)

1 われを, 怒りの

▼ 歌やや~ (2, 0.0%)

1 理屈めきたる, 理窟めきたる

▼ 歌やらを~ (2, 0.0%)

2 歌ひ

▼ 歌よまで~ (2, 0.0%)

1 うたたね, ゐるは

▼ 歌よみたる~ (2, 0.0%)

1 ことは, と繪師

▼ 歌よみ出る~ (2, 0.0%)

1 にも少し, 人は

▼ 歌をか~ (2, 0.0%)

1 ぇ, へるので

▼ 歌をかへ~ (2, 0.0%)

1 したの, した時

▼ 歌をと~ (2, 0.0%)

1 ほうも, 心に

▼ 歌をのみ~ (2, 0.0%)

2 好むかと

▼ 歌を通して~ (2, 0.0%)

1 憧憬し, 見た西行

▼ 歌ア唄~ (2, 0.0%)

1 って合力, って表

▼ 歌ヘエケエ~ (2, 0.0%)

1 の親類, 何一つ出ない

▼ 歌ヶ浜~ (2, 0.0%)

1 においてその同じ, のいづみ

▼ 歌ヶ濱~ (2, 0.0%)

1 から上野島, に行く

▼ 歌万葉時代~ (2, 0.0%)

2 に流行

▼ 歌~ (2, 0.0%)

1 といふ割合, の二二以下

▼ 歌三味線~ (2, 0.0%)

1 で持芸, にかえしなり

▼ 歌上手~ (2, 0.0%)

2 の老人

▼ 歌二つ~ (2, 0.0%)

1 と三益, 入れる

▼ 歌二十三首~ (2, 0.0%)

1 あるが, は素直

▼ 歌二首中~ (2, 0.0%)

1 の一つ, の一首

▼ 歌~ (2, 0.0%)

1 はわが身, も寺院

▼ 歌~ (2, 0.0%)

1 びとならぬこのわれの歌, 二つも

▼ 歌以下~ (2, 0.0%)

1 に扱っ, 第二十四歌

▼ 歌~ (2, 0.0%)

1 ならば, は知っ

▼ 歌作っ~ (2, 0.0%)

1 たりしました, て差し上げたら

▼ 歌作成~ (2, 0.0%)

2 につき

▼ 歌~ (2, 0.0%)

1 に, の歌

▼ 歌~ (2, 0.0%)

1 がい, で為世

▼ 歌入り~ (2, 0.0%)

1 の万才, の小説

▼ 歌全く~ (2, 0.0%)

1 ひどくなっ, 取所無

▼ 歌八首~ (2, 0.0%)

1 という中, のうち

▼ 歌~ (2, 0.0%)

1 が, というの

▼ 歌六首~ (2, 0.0%)

1 を作り, 作って

▼ 歌其の~ (2, 0.0%)

1 他珍しき, 儘の

▼ 歌~ (2, 0.0%)

2 から庶野

▼ 歌勝鬨~ (2, 0.0%)

1 では二条蔵人, 第一段松枝

▼ 歌~ (2, 0.0%)

1 の類, を告げる

▼ 歌占い~ (2, 0.0%)

2 夢占い等を

▼ 歌即宮廷詩~ (2, 0.0%)

1 と言, はその

▼ 歌召されけり~ (2, 0.0%)

2 梨の

▼ 歌史上~ (2, 0.0%)

1 に一大エポック, に於

▼ 歌~ (2, 0.0%)

2 一首が

▼ 歌~ (2, 0.0%)

1 のあ, の海

▼ 歌品秋冬~ (2, 0.0%)

2 に尠

▼ 歌~ (2, 0.0%)

1 に響き, の母

▼ 歌妓達~ (2, 0.0%)

1 が近く, は姉さん

▼ 歌孔子様~ (2, 0.0%)

2 の讃

▼ 歌~ (2, 0.0%)

2 朝の

▼ 歌少く~ (2, 0.0%)

1 して, 雑の

▼ 歌~ (2, 0.0%)

2

▼ 歌常に~ (2, 0.0%)

2 異らず

▼ 歌~ (2, 0.0%)

1 が段々, となり

▼ 歌徒然草~ (2, 0.0%)

2 よりもはるか

▼ 歌念仏踊念仏~ (2, 0.0%)

1 となる, を始めた

▼ 歌悲し~ (2, 0.0%)

2 佐久の

▼ 歌成る~ (2, 0.0%)

2 このよろこび

▼ 歌所御歌~ (2, 0.0%)

1 としてから大体, などは後で

▼ 歌~ (2, 0.0%)

1 でもさうだ, を集めた

▼ 歌拍子~ (2, 0.0%)

1 に足, をいれる

▼ 歌日記~ (2, 0.0%)

1 をよこし, を幽閉中唯一

▼ 歌~ (2, 0.0%)

1 のかがやく, の最後

▼ 歌書き~ (2, 0.0%)

1 て, 重ねたる反古

▼ 歌林苑~ (2, 0.0%)

2 の俊恵

▼ 歌残された~ (2, 0.0%)

2 飛鳥の

▼ 歌~ (2, 0.0%)

1 の歌, の絵

▼ 歌~ (2, 0.0%)

1 をやる, を一くさり

▼ 歌申し~ (2, 0.0%)

1 あぐる蛙, 上ぐる蛙かな

▼ 歌百人一首~ (2, 0.0%)

2 にあれ

▼ 歌的性質~ (2, 0.0%)

1 を存続, を残すまい

▼ 歌~ (2, 0.0%)

1 の絵, の自画像

▼ 歌社会~ (2, 0.0%)

2 に老人崇拝

▼ 歌~ (2, 0.0%)

1 大観的で, 威勢が

▼ 歌笑以上~ (2, 0.0%)

2 の新人

▼ 歌終れ~ (2, 0.0%)

1 ば全群, ば圓形

▼ 歌~ (2, 0.0%)

1 とおぼしく, とか何

▼ 歌聞こ~ (2, 0.0%)

2

▼ 歌~ (2, 0.0%)

2 の煙霞

▼ 歌舞妓そのもの~ (2, 0.0%)

1 から言つて, は平然

▼ 歌舞妓所作事~ (2, 0.0%)

1 の獅子舞, を踊り

▼ 歌舞妓者~ (2, 0.0%)

1 が多, の文学

▼ 歌舞妓踊り~ (2, 0.0%)

1 である, も狂言

▼ 歌~ (2, 0.0%)

1 に招がれ, に招がれ采女町三笑庵

▼ 歌~ (2, 0.0%)

1 のかおり, の文

▼ 歌~ (2, 0.0%)

1 に花, の神

▼ 歌~ (2, 0.0%)

2

▼ 歌虚言~ (2, 0.0%)

1 など, に馴れた

▼ 歌行脚~ (2, 0.0%)

1 であった, よし茶三昧

▼ 歌~ (2, 0.0%)

1 かけて, の歌

▼ 歌詠む~ (2, 0.0%)

1 ことさえ, 人の

▼ 歌誇張~ (2, 0.0%)

1 した歌, の歌

▼ 歌~ (2, 0.0%)

1 に用い, を踏まえ

▼ 歌読み~ (2, 0.0%)

1 で同時に, とか歌人

▼ 歌読みで~ (2, 0.0%)

1 は無くし, も俳人

▼ 歌踊り~ (2, 0.0%)

1 天性すぐれざる, 特別な

▼ 歌雑筆等~ (2, 0.0%)

1 なりといえ, においてはこれ

▼ 歌順礼~ (2, 0.0%)

1 の輩, は主として

▼ 歌~ (2, 0.0%)

1 の声, の調べ

▼ 歌麿~ (2, 0.0%)

1 でもそれぞれ, の描ける

▼1* [963件]

あうたったはは, 歌あげて数, 歌あたし作曲しましたの, 歌あのつづきを, 歌あはれなり柳絮, 歌あらば海, 歌ありし君, 歌ありて後我は, 歌いかに酒蟲の, 歌いくつかが人, 歌いとも嬉しき愛, 歌いま一つは南方, 歌うくわつみ唄, 歌うたいつけないんでまずい, 歌うたいどりはとん, 歌うたってるわ, 歌うたひとの戀, 歌うた痕が見え, 歌うつくしく日の, 歌うまかったわねエ, 歌おのおの二首あり, 歌かいてお送り, 歌かがいと同じくもと, 歌かきかさねたる反古とり, 歌かきつけてなき, 歌かき残せし楠正行は, 歌かく春の, 歌かたみに詞あまり多かりき, 歌かとも思われるよう, 歌かなしまむ, 歌かなり苦しい, 歌かなんか歌って, 歌からといふことになつ, 歌からは知ること, 歌がかはつた望ましい, 歌がたり乱れたる心, 歌がも一つある, 歌がやまった, 歌ききたまへ, 歌ききますな, 歌きく人々の, 歌きけば, 歌きこゆこの, 歌きこえて, 歌きり歌わなかった, 歌きりほかの返辞, 歌くらいだと, 歌ぐさかきあつめ友とする, 歌ぐちを見せ, 歌ぐらい知らなくっちゃ, 歌ここに十年, 歌ごとに一, 歌さしたる難も, 歌さし出し可申候, 歌さては浪花節に, 歌しかも千年前の, 歌しける折, 歌じゃったが, 歌すなはち, 歌すべてがそういう, 歌すら四季のには, 歌すれば, 歌ずきで騒々しい花, 歌ずする君, 歌へて奉れ, 歌その他の遊芸, 歌その他明かに武器, 歌そめむ, 歌そめし御堂の, 歌それだけの騒ぎ, 歌そんな風な, 歌たくみに唱, 歌たけ高く詠まれたる, 歌たまへ女はらから牡丹, 歌たらしめてゐる, 歌たりし幸, 歌だけでも読んで, 歌だけについて見れば, 歌だけには残って, 歌だけに対してのことで, 歌だったら松島も, 歌だつたことを, 歌だ唄ってくれ, 歌だ読んでもくれ, 歌ちゃんあれはあれッ, 歌ちゃん明日は縁日, 歌ちゃん昨日どこへ行った, 歌つかまつる御姿, 歌つくりならひしも十二三, 歌つたいはゆる, 歌つたすべての古蹟, 歌つたそれは当時, 歌つたつて同じぢ, 歌つたやつらの魂, 歌つたら廊下に, 歌つたアンダルジヤぢやない, 歌つたサラミヤ姫は孔雀, 歌つたジャムの詩, 歌つたプラトン時代の絶望詩人, 歌つた万葉集中の女人, 歌つた世界最初の詩人, 歌つた事なんぞ思ひ, 歌つた二子山の附近, 歌つた五世界五州といふ意氣込, 歌つた京の舞姫, 歌つた人がない, 歌つた作者は青春期, 歌つた呪歌を凡, 歌つた大渡新橋もまた, 歌つた寿詞を語る, 歌つた小出の林, 歌つた弟の王, 歌つた彼の詩, 歌つた後に心底, 歌つた恋歌を奏で, 歌つた愛を, 歌つた所は南方, 歌つた摂政道長の権勢, 歌つた時は恰度職員室, 歌つた時間において私, 歌つた本所さへ今, 歌つた松尾桃青の心持, 歌つた歌詞を伝え, 歌つた波宜亭, 歌つた浜島の詩, 歌つた牧水も, 歌つた男である, 歌つた短歌はおそらく, 歌つた芭蕉と僅か, 歌つた虐殺これら一切のこと, 歌つた裏の林, 歌つた覚えはない, 歌つた詞が今, 歌つた詩人が二人, 歌つた詩人フランスワ・ポルシェは保守的, 歌つた詩海を歌つた詩, 歌つた詩集であつ, 歌つた通り自分その物, 歌つてこれほど壯烈, 歌つてしまつたこの笛, 歌つてみたいと思つて, 歌つてウクレレを彈, 歌つて下手な俳諧, 歌つて云つた, 歌つて人の門, 歌つて來ると, 歌つて充分に土佐, 歌つて出來た聲, 歌つて刀を拔, 歌つて切りに復讐, 歌つて參ります, 歌つて夏のま, 歌つて小娘達が町, 歌つて屹度歌や俳諧, 歌つて彼等の心, 歌つて情熱の空, 歌つて我家へ帰, 歌つて手品師がたくさん, 歌つて曰く青山雲水の窟, 歌つて村雨と向き合, 歌つて枝から枝, 歌つて歌を掛け合い, 歌つて歌つて歌いぬいて, 歌つて気を紛らさう, 歌つて氣持ちの好い, 歌つて活動的生活を讃美, 歌つて海にはいつ, 歌つて満場総立の拍手, 歌つて目をあけ, 歌つて笑はれたの, 歌つて聽かせませうか, 歌つて聽かす外にはまだ, 歌つて花のにほひ, 歌つて蔭ながら自分等, 歌つて行つた, 歌つて調子はずれは困る, 歌つて諷刺した, 歌つて貰つたが, 歌つて踊つたのである, 歌つて踊つた時代をこそ見たい, 歌つて踊つて綱渡りをやつ, 歌つて身體を温めなけれ, 歌つて門に立つた, 歌つて門跡前まで來, 歌つて雪を嫌, 歌であったろうがかつて, 歌でありましたが私, 歌であるならばその, 歌でさえこの通り花やか, 歌でしかない, 歌ででもあって, 歌でなく謂わば, 歌でばかり想像し, 歌でもかへし歌, 歌でもも一度は, 歌でもやつて呉れ, 歌で無いので後廻し, 歌とあるのは, 歌というはその地, 歌というも四つや, 歌といつては, 歌といはずに何とか, 歌といらへむ, 歌とうたふとは, 歌とかいふものには, 歌とかを作るとき, 歌としか思えないの, 歌としてのみ味ひたい, 歌とたんに打楽器と, 歌とだけを比較すれ, 歌とて思ふなと, 歌とで埋ったろう, 歌となつた, 歌とばかり思つてゐた, 歌とまで二条派及び, 歌とやらをひいて, 歌どうし合せるもの, 歌どおり遥けく, 歌どころか嚔一つする, 歌なかばに男, 歌なからんや, 歌なかりきの君, 歌なきをわれ, 歌なしにその, 歌なぞは芸妓は, 歌なぞも唄うて, 歌などから採られたの, 歌などといふものが, 歌などとは違った大きな, 歌などと共に集録され, 歌などによってもかなり有名, 歌などよりちょっとした清新, 歌などよりははるかに, 歌などをも学んだ形跡, 歌なになれば, 歌ならうたう必要が, 歌ならびに次の, 歌なら持ちあわせは山, 歌なりとて仙歌へ, 歌なるべしと, 歌なんでも書きました, 歌なんかじゃなくあの, 歌なんかにたくさんあっ, 歌なんかを小聲, 歌なんぞがなり立て, 歌なんぞのあったの, 歌なんぞは到底詠め, 歌なんぞをうたうんだい, 歌なんてもなあよくよく, 歌なんどは宜, 歌においては長い形, 歌においても他人に, 歌にかはつて, 歌にすらさうし, 歌にたいして野蛮な, 歌につき纒う, 歌につれて左右に, 歌になどもござるのう, 歌にはをかしくて, 歌にばかり夢中に, 歌にわとりはかけろ, 歌に対し東宮の, 歌ぬくねたみ妻五月, 歌のせて君, 歌のせますな, 歌のせゐもあるだらう, 歌のははき木, 歌はいふ迄もなく, 歌はうではない, 歌はかへつてこれ, 歌はかいって思い出の, 歌はげむ夜の, 歌はさのみ悪い, 歌はじめて正しと, 歌はたふとし, 歌はなはだ悲涼, 歌はね茶店で, 歌はるべきであつた歌, 歌はれてる歌曲は, 歌はれまつせんや, 歌はれ居り又船, 歌はをかしき歌, 歌はん春の歌, 歌はん汝が我心, 歌ばかりかも知れないけれども, 歌ばかりが次第に彼ら, 歌ばかりに苦しんで, 歌ばかりの唱和, 歌ひあかさうぢゃないか, 歌ひあげゆく声きけ, 歌ひあげられてゐた, 歌ひあげ過ぎてゐる, 歌ひあふほどはよかりし, 歌ひいでさてうたひつ, 歌ひいでたればなり, 歌ひおきたく候, 歌ひかはし, 歌ひかけられると其人, 歌ひかつ照しあふ, 歌ひかはす歌と共に, 歌ひくづされてゐます, 歌ひくらしたのち夏の, 歌ひけしたり, 歌ひこなして居る, 歌ひこなせないでゐる, 歌ひこむまではさ, 歌ひごゑを聞い, 歌ひさうな男, 歌ひさして, 歌ひすぎてるのでくさった, 歌ひすぎてゆく, 歌ひたい時には何時, 歌ひたい材料があり, 歌ひたい欲望がといふ, 歌ひたい気分になつていそ, 歌ひたくなりましたな歌, 歌ひたくなるものの, 歌ひたてて両手, 歌ひたのしむ身こそ, 歌ひつくしてゐる, 歌ひつぐ人あり, 歌ひつれてをり, 歌ひとつ君なぐさめむちからなし鬢, 歌ひとつ染めつけぬ玉虫, 歌ひとつ染めむねがひ, 歌ひとつ謠つてやれない國民, 歌ひなさい私は, 歌ひなばかへつて高尚, 歌ひのめしたのである, 歌ひはじめたり, 歌ひはばからぬ人, 歌ひはやす賑やかな, 歌ひませうよ, 歌ひも了らず元, 歌ひやめないであらう, 歌ひゐたる處なる, 歌ひ上げたがその, 歌ひ出さないで, 歌ひ出さないではゐられなくなる, 歌ひ出された曲の, 歌ひ出される刈手の, 歌ひ出しますよ, 歌ひ出し得るもの有るべき, 歌ひ出すべきものに, 歌ひ出せるにて子ども, 歌ひ出たのであつ, 歌ひ去つてゆく, 歌ひ叫んでも決して, 歌ひ喚く声, 歌ひ囃して, 歌ひ尽されたことが, 歌ひ帰ると又, 歌ひ延したり縮め, 歌ひ廻してゐる, 歌ひ弾き舞ふ, 歌ひ得ざる堕落の, 歌ひ得た時代であり, 歌ひ得ない結果と, 歌ひ得ぬ性質の, 歌ひ得られる形式の, 歌ひ抜いて名残り, 歌ひ振であつ, 歌ひ揚げるのである, 歌ひ放してある, 歌ひ明かすので降誕, 歌ひ暮したいものである, 歌ひ残された感情の, 歌ひ現さうと努め, 歌ひ直して, 歌ひ相寄りて忽ち, 歌ひ立つて, 歌ひ終つたとき全く, 歌ひ終り両人が, 歌ひ給うた折の, 歌ひ継がれて来た, 歌ひ耽つてゐた, 歌ひ聞せたり, 歌ひ興ぜむ, 歌ひ舞うたと言, 歌ひ見るがま, 歌ひ話し踊ることを, 歌ひ踊り激しい一夜, 歌ひ踊ること, 歌ひ込めて行く, 歌びとたちは尚, 歌びと秋津三池より来る, 歌ふかはりに打, 歌ふが如き不知火の, 歌ふけれども, 歌ふこんな歌, 歌ふしづかなるこの, 歌ふたら大工さんが笑ふた, 歌ふた通り禁庭術士多幻化上前較勝紛相持羅公如意奪顏色, 歌ふだらうか, 歌ふてくるペンギン, 歌ふて居るのを, 歌ふて立ちぬるくだかけ, 歌ふであらうか, 歌ふところそれだけで今日, 歌ふところセットへ入る, 歌ふところ一カットやっただけ, 歌ふべくんば自然, 歌ふみだらな流行唄, 歌ふもあれば跳ねる, 歌ふらめ歌あ, 歌ふらしい歌が, 歌ふんだぞ, 歌ふんぢやない, 歌ふ如く自然に, 歌ふ節餘所に聞く, 歌ぶり十首許り撰, 歌へって仰言いますけど, 歌へとはいはなかつたはず, 歌へども終の, 歌へは此処を, 歌へや騷げやとて, 歌へよ日曜日の, 歌へりそのさま詞, 歌へるなりヴルガータにては, 歌へんやうに, 歌よ歌, 歌ほどに優れたもの, 歌ほどには行かぬの, 歌ほれぼれ涙に, 歌ますます清しからめ, 歌までに寓意を, 歌までは持って, 歌まなびに影, 歌まろの絵, 歌知たる, 歌むすびきぬ, 歌めいた響や, 歌めきてもいひつる, 歌もいでくる, 歌もう一度歌って, 歌もがななんど, 歌もつ子等も, 歌もて送帰す黄冠の, 歌もの曲ものも, 歌もよむときいてゐたけれどどうせ, 歌やで一ぱいに, 歌やと成て, 歌やに似たもの, 歌やのように, 歌やばかりで占められて, 歌やん下りて, 歌ゆゑ記臆をすべり, 歌ゆゑ首尾よく我が, 歌よしとにはあらね, 歌よっぽど苦しかりし, 歌よみいでし顔を, 歌よみけるついでに, 歌よみて曰ひしく, 歌よみ人である処, 歌よみ家のよう, 歌よみ専門の歌人, 歌よみ專門の連中, 歌よみ活け花師などは, 歌よみ等の之, 歌よみ達も大層, 歌よめる所なりけり, 歌よめるもじ三十文字あまり七文字人皆え, 歌よりもなあ青木, 歌らしくないとか歌, 歌らしく響いて来, 歌のだず, 歌さばやと, 歌わたしの可愛い, 歌ゑにしの神はいつ, 歌をかぞへその, 歌をぞよめる, 歌をなも奉り給, 歌をなんかきつけたり, 歌をのばへ, 歌をはぢめて, 歌をもよまで窓に, 歌をわづかに, 歌を以ては替へられない, 歌を通じて見られるよい, 歌アフリカの沙漠, 歌アルプスのふもと, 歌アンテルナショナルを称えしめる, 歌イカナル御懽有テヨマセ給フトハシラネド, 歌イマスイチバンシマイニ日本ノ歌イマス, 歌クレーンでやる, 歌も出た, 歌シテ酔郷ニ入ラム, 歌スイスの山, 歌スペインのお祭, 歌ツルカヅルカを歌, 歌デュパルクの傑作, 歌ト云ヒ詩ト云ヒ声ヲ呑テ涙, 歌ニスガリテ之ヲ考ヘテ, 歌ニモみるみるぶさみるめナド多く詠メリ, 歌ニヨツテ之ヲ和ス, 歌御師ナレバ, 歌ハリキリのコント, 歌ハリキリボーイを歌, 歌ハ万葉ニハ其例ニ乏シクナイ, 歌バッカリ毎日毎晩歌わに, 歌パセドーブルタランテラなどという舞曲, 歌フランスの田舎, 歌ヘエケエ何んでも, 歌マルセイエーズや軍隊解放, 歌せまつる事, 歌モニカの顔, 歌ヤンヤと拍手, 歌ヨミよりは精しく, 歌一つご存じないとは, 歌一つ歌へさ, 歌一ツだに持たず, 歌一向に子らを, 歌一声坐定, 歌一巻を唱え囃し踊る, 歌一旦紂君を, 歌一曲を歌, 歌一曲蔽明鏡昨日少年今白頭, 歌一番の出来, 歌一粒撰りの, 歌一読変な歌, 歌一首この世の言葉, 歌万歳の声, 歌ならいい, 歌三君が涙香, 歌三首並短歌の中, 歌三首中の一つ, 歌上歌初同サシクセ, 歌不断の陶酔, 歌並びに古歌集, 歌中ウクライナの夜, 歌中間の歌, 歌主としては, 歌乃ち技巧の歌, 歌之と書いて, 歌九首を作つた, 歌争闘歌悲歌歓喜狂乱歌哀悼絶望回生その他様々な部門, 歌事切紙一以上を実隆, 歌二ツ出來たの, 歌二・三に曰, 歌二三首をかきつけ, 歌二百首をえらん, 歌二首並載たる, 歌云志努波羅能意登比比売能古袁佐比登由母弥為弖牟志太夜伊幣爾久太佐牟也, 歌五十余首あり, 歌人間または高貴, 歌人麿歌集にある, 歌仕れとありけれ, 歌以外私はまだ, 歌伊織は憶え, 歌伴奏なしで詠ずる, 歌を其の, 歌位作者を見る, 歌何だか教へて, 歌何でございますの, 歌何とか君の, 歌何れも晶子調, 歌舞い倦みし時, 歌余韻嫋々たる悲し, 歌作ってるかね, 歌作るの, 歌作上の根本義, 歌作曲者の寝室, 歌作爲の歌, 歌冤罪を, 歌を善く, 歌俳両者は必要上, 歌俳及古今体狂詩が添え, 歌俳句類の極めて, 歌俳文章大によい, 歌偶然よいもの, 歌に游心帖時代, 歌僧正と十字架行列, 歌兄さん御存知でせう, 歌ちょっと奥さん, 歌體に, 歌全文を愛誦, 歌全部英譯とともにノルトン, 歌八重山吹のひと, 歌六のをこつき, 歌六百余首もその後半期, 歌六首中の一首, 歌の桂園一枝, 歌から更に, 歌其もので研究, 歌其影響を受けた, 歌其様なり, 歌其辞句以外に風姿, 歌出しの, 歌切れると共に女子, 歌初めて合唱さる, 歌の詞, 歌に, 歌前半の長閑, 歌といくさ船, 歌劇場でしたが, 歌劈頭近くにアカイア, 歌か小歌, 歌勝利の歌, 歌十三首のうち, 歌十四首などは殆ど, 歌危険な山坂, 歌即ち大体大正七年八年九年の, 歌又は旅の, 歌及俳句を自署, 歌反乱の末歌, 歌反故いだき立てる火, 歌口授し勢, 歌古書に拠り, 歌句法ととのはず, 歌句畫などを畫, 歌楽三木助の, 歌合し侍りけるに, 歌合せなる事を, 歌合唱交互齊唱等による團體的遊戲唄, 歌吉といへるもの中橋, 歌吉ヒョロ子は広子, 歌吉四人が無事, 歌同様寂しい気持, 歌同様家持の歌, 歌同様流動的で強い, 歌同様線の太い, 歌君が代歌ふしづかなるこの, 歌君ヶ代の是々非々論, 歌吟じ来れば無限, 歌吹シ遅遅タル春日興ヲ追, 歌吹海となり, 歌吹音楽のほか, 歌味いをもっ, 歌し, 歌みだの, 歌哀し佐久の, 歌哀悼絶望回生その他様々な部門, 歌唄うち聞かせちく, 歌唄諺話欧州に多い, 歌唄讃頌する数千, 歌唱いになっ, 歌ふもの, 歌喧嘩すんなよ, 歌しまつる, 歌嚢俳諧嚢何んでも, 歌になる, 歌四・八にあり, 歌四五年前にある, 歌四首になる, 歌団治ほんとうに長襦袢一枚, 歌が出品, 歌より高尚, 歌固有の音律, 歌土屋伍一丸トチリもう怒る, 歌翠, 歌在原の業平朝臣, 歌堂慷堂慨堂という支那浪人, 歌を失い, 歌多分そなた, 歌籠り仕りとう存ずると, 歌好評, 歌大いに受ける, 歌大国主のたぎし, 歌大阪毎日新聞大阪朝日新聞に公, 歌天狗書天狗画天狗浄瑠璃天狗その上, 歌天皇に對しまつる賀, 歌太鼓の響き, 歌夫君の事, 歌へる生活, 歌夷曲の, 歌奏でるユダの, 歌女二十人其他いろ, 歌女代さんのお, 歌女出でたり, 歌女及譜を作る, 歌女寿藤田芝女橘町にも女役者, 歌女王パティにも欠け, 歌妓しら滝の歌, 歌妓たちの歓待, 歌妓シユウマン・ハインク女史は無論, 歌妓ラミアーが武勇, 歌妓両花道に並ん, 歌妓女中たちに囲まれ, 歌妓楽女をし, 歌妓舞妓は祇園, 歌学生が地理歴史, 歌安曇氏の歌, 歌放悶, 歌宝徳三年頃すでにあった, 歌客等の十二分, 歌宣長は別, 歌して, 歌寥々として起る, 歌實朝のはじめ, 歌尋常めきたれども, 歌少しとの事, 歌といはれ, 歌山根寿子と土屋伍一, 歌岸本が東京浅草, 歌は無論, 歌ならん, 歌已に後苑, 歌師たちはおそらくまだ, 歌師アルベールが結婚, 歌師匠へ, 歌師女衒などなどこれら, 歌遠浦, 歌などが身辺, 歌平凡歌の類, 歌年月いまだ詳, 歌を祈ら, 歌幽明長へに隔たりぬ, 歌幾つかが纏まっ, 歌幾日をかけ, 歌として巧み, 歌廿三首は舎人等, 歌式以来各家, 歌式出で歌話, 歌式学者であ, 歌引用は流行, 歌弟子野邨恒見に, 歌多弗利, 歌に独り孤高, 歌彼らの物語, 歌後生願ひの, 歌なく歌っ, 歌必ずしも崇拝する, 歌必ずしも尽く上品なら, 歌念佛で總踊り, 歌思ふ閑居の, 歌悪しと憎まれ, 歌悲歌歓喜狂乱歌哀悼絶望回生その他様々な部門, 歌慈鎭和尚の詠, 歌我等の歩履, 歌我詩は端, 歌本には, 歌所関係の書類, 歌扇事かね二十歳, 歌技巧的な歌, 歌歌を, 歌拙く候, 歌証論, 歌物, 歌採集熱から丹念, 歌飲豪食十二日に, 歌放吟を禁じ, 歌へてもらつた, 歌数六百六十三首であるが, 歌数首を挙げ, 歌の關係, 歌數制限なし, 歌數首を書きつけ, 歌文詩脚本など沢山, 歌ゆる時四絃, 歌新しい思惟の, 歌新しく神秘に, 歌日本の歌, 歌せしわが, 歌の快楽, 歌昨日までは手, 歌とか歌, 歌書けば人, 歌書けるものあり, 歌て聞ける, 歌の歌, 歌朝三首夕三首ときめ, 歌朝高空に鳴響く, 歌の山地, 歌木曾の山, 歌染めてい, 歌梁塵秘抄の一部, 歌極地のほとり, 歌のうち, 歌楽し鳴らす木履, 歌楽神また音楽天, 歌構成の以前, 歌の合唱, 歌の群, 歌のうち, 歌橋十首を作る, 歌機械文明のかちどき, 歌の節, 歌次第にその数, 歌み幕, 歌ふ歌, 歌歌え歌わむなど, 歌此の方が猶よく, 歌此變化を知らざる, 歌死なれた後に, 歌に短歌, 歌殊に旅の, 歌毎度ありがたく存じます, 歌水夫が錨, 歌沈める者の, 歌洩りたり, 歌の対立, 歌の抒情詩, 歌浄瑠璃や端唄, 歌浦さんの御, 歌浦八重咲幾世とて何, 歌海犬養岡麻呂の, 歌淡路しまのうた, 歌滑稽歌として特別扱, 歌滿ちあふるなめ革の, 歌漫才式のもの, 歌澤再興者の一人, 歌点検致し候, 歌無くして, 歌煙波縹緲として空, 歌熱心で御, 歌ではない, 歌物話りも, 歌物語化せられてから, 歌物語絵書の綜合芸術, 歌特有の持味, 歌特殊の言葉, 歌狂言唄端唄等明らかにうたう, 歌之を, 歌りたま, 歌王昭君などを題目, 歌現実味は十分調子, 歌理窟歌言語の綾, 歌琴歌譜に載せ, 歌上る蛙, 歌界なみの政争, 歌界内部に対しては全く, 歌界改革の一歩, 歌に触れる, 歌発句をひねくり, 歌発表式あり, 歌發表式あり, 歌に飛躍, 歌舞ひ, 歌相答へ名, 歌真摯にし, 歌知ってやがる, 歌社會に老人崇拜, 歌祝歌のよう, 歌程はございませんけれども, 歌稽古するグランドオペラ, 歌章当時の武将, 歌の手, 歌競いの戯, 歌競べ虫競べなどの, 歌を紅, 歌管樓臺人寂寂鞦韆院落夜沈々と云, 歌系図と言, 歌にある, 歌終ってすぐ, 歌終りて止まる, 歌終るにおよび, 歌絃管笛は水, 歌結三十四番左の, 歌に染め, 歌聖賢の経典, 歌聞いてるとその, 歌聞かぬ大河の, 歌聞きてまた, 歌聲ともにあだなら, 歌聲居酒屋の内, 歌聲輟むも束の間おもへ, 歌聴いてられる, 歌聴きに来ない, 歌聴覚から視覚, 歌けば, 歌肆宴では舞, 歌を組み直しけり, 歌自慢歌のやう, 歌舞妓それの持つた, 歌舞妓以前の芸能, 歌舞妓以来の風, 歌舞妓俳優の調子, 歌舞妓劇の存在, 歌舞妓劇場での常習的, 歌舞妓化なども此間, 歌舞妓十八番の名, 歌舞妓史の上, 歌舞妓味を, 歌舞妓唄にも謡, 歌舞妓式の手法, 歌舞妓性格の一基準, 歌舞妓批評は其点, 歌舞妓擁護者を以て自他共, 歌舞妓時代の影響, 歌舞妓発生時代から劇的要素, 歌舞妓的であ, 歌舞妓的整頓に導い, 歌舞妓自身で刈り取るべきであらう, 歌舞妓芝居そのものをも滅する, 歌舞妓芸を創作, 歌舞妓草子として伝へられた, 歌舞妓見世物等各種の遊観, 歌舞妓踊り時代のもの, 歌舞妓隆盛の勢, 歌芝居から彼ら, 歌若干首之を誦する, 歌さす紫野行き標野行き, 歌荻原太郎君の両君, 歌ができ, 歌この辺, 歌蒸すかと見れ, 歌虚栄にはじまり, 歌を悪魔, 歌のうなり, 歌は憲政芸妓, 歌蝶富菊などは三都歌妓, 歌とびかふ夕闇, 歌は進ん, 歌袋歌滿ちあふるなめ革の, 歌を膝, 歌裝飾を施した, 歌見たような, 歌言語の綾, 歌記さんと企て, 歌りでは, 歌評釈者は宜しく, 歌詠まんには思, 歌詠める身は, 歌詠んだと出, 歌詠ミ絵ヲ書キアクマデ御心ニ情, 歌詠讃揚するお, 歌をも巧み, 歌語りが大きな, 歌語り吹く途すがら四の, 歌読も凄まじい糸瓜, 歌誹諧書画等の稽古, 歌調明快でありながら, 歌調音楽もあれ, 歌諸国の人, 歌諺類をすべて, 歌謠うたひの, 歌謠者絃を彈, 歌謳唄謡唱等様々に書きます, 歌で見る, 歌讀みではない, 歌貧弱振付鹿島光滋ゼロでエノケン, 歌赤い血と, 歌起るところに, 歌趣味を刺戟, 歌足もとに起つ, 歌返しである, 歌返だとする, 歌通りだ, 歌連歌の者, 歌達者の女性ゆえ明日, 歌に相, 歌遠く聞える, 歌に聞え, 歌遥かに聞える, 歌遼東九月蘆葉断つ遼東, 歌の造りはじめ, 歌金吾さん知ってる, 歌長唄義太夫謡曲そういうもの, 歌長崎のサンタマリヤ, 歌間抜けの友, 歌閨怨の歌, 歌防人の妻, 歌ては梶原源太景季, 歌隆盛の時代, 歌としての女, 歌歌中間の, 歌まではいまだ, 歌順礼系統の哀れ, 歌は今, 歌を立てさせた, 歌風ハ空シク筑ヲ撃チ, 歌の近く, 歌高く引きあげたが