青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「炎~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~火鉢 火鉢~ ~灯 灯~ ~灰 灰~ ~灰色 灰色~ 災難~ 炉~
炎~
炭~ ~点 点~ ~為 為~ ~為め ~烈しい 烈しい~ 烈しく~ 烏~

「炎~」 1417, 15ppm, 7349位

▼ 炎~ (409, 28.9%)

39 ように 35 ような 20 中に 9 中で 8 中から 6 なかに 5 やうに 4 やうな, 下から, 中を, 色は 3 ころも, ために, 上に, 舌を

2 [22件] まわりに, 中へ, 人, 剣を, 声だ, 如き感情, 如く熱狂した, 少し上, 尾を, 手術の, 末は, 樹雷雨の, 正体を, 渦巻を, 燃えて, 燃えるよう, 舌が, 舌の, 色が, 車に, 野は, 驕慢を

1 [215件] あかるみに, いろに, いろ爆ぜ燃えるひびきを, うずまくところ, うちから, うら, おぎろなし春山霞, かたまりを, ことで御座います, ことを, ごとき妙義山, ごとくへび, ごとく一刀斎, ごとく真紅, ごとく這う指, さきを, しよぼし, たけは, ため商売を, なかで, のがれたいの, ひらめく言葉, よう, ようだ, ようにも, わかさ, ハゼる, ボクメツこそ, マントを, 一ツと, 一瞥鷲の, 下に, 下の, 下を, 下火に, 不定な, 中が, 中にか, 中には, 中の, 中心へ, 亂る, 二三カ所チョロチョロ, 人の, 人ヴィンセント・ヴァン・ゴッホに, 会句会粋花如風等々の, 余後の, 併発事極めて, 先端から, 光が, 光りたれか, 兵は, 内部が, 冠を, 出て, 刃の, 前に, 前面が, 勃発だつた, 勢は, 反射が, 名に, 向うに, 噴出が, 城から, 城を, 塔として, 墻に, 壁ある, 壁は, 夢は, 大氾濫, 大河だった, 大発作, 大蛇は, 奧には, 好象徴, 如きもの, 如き一斧, 如く上方, 如く戦火, 如く燃えた, 娘の, 娘は, 季節, 実験などが, 対象は, 小鳥の, 尖に, 届かない位置, 屏風に, 山黒く, 嶋を, 巽屋の, 常だ, 幅は, 幕の, 幻が, 幻影のみ, 底まで, 形に, 影が, 影に, 影の, 影は, 御猛威, 急湍に, 息を, 息人の, 情を, 手術を, 投げ松明, 搦んだ, 放電体と, 明りに, 映えに, 林だ, 林に, 柱だった, 柱に, 柱は, 桜, 様な, 様に, 樋と, 橋です, 櫟, 残って, 池の, 河が, 波が, 波に, 波の, 津波と, 流は, 流るるよう, 海と, 海に, 渦に, 火花だけを, 火車を, 為めに, 烈々たるに, 熱に, 熱気をさえ, 熱風よりは, 燃えたつよう, 片影でなく, 由眼ぐすり貰っ, 病名が, 病名を, 症状が, 症状だ, 痣, 眉も, 真ッただ中, 真相を, 研究に, 空に, 窓に, 立ってるまっか, 筋を, 粉宵空の, 線に, 線を, 罰は, 美しさ, 脈も, 脈を, 臨床的研究に, 舌だった, 舌は, 舌も, 舌見えつ隠れつ, 色と, 色に, 色も, 色を, 花から, 花と, 花を, 苞にか, 苦患を, 華とも, 裡に, 裡水の, 車が, 車で, 車も, 輪ある, 輪が, 輪を, 迫る音, 迷路だった, 迸るよう, 道を, 都, 金魚, 鏡に, 間に, 雲と, 靡いたり, 靡く方嚮, 面積が, 革命に, 音で, 音に, 音まで, 音人馬の, 音響が, 頭は, 頭を, 飛ぶが, 飛ぶを, 鬼と

▼ 炎~ (229, 16.2%)

17 あげて 4 動かして, 吐いて 3 くぐって, 吐くよう, 噴いて, 揚げて

2 [12件] たてて, ながめながら, 交じえて, 出しながら, 患って, 放って, 浴びて, 眺め出した, 立てて, 見て, 見ること, 見出さない事

1 [168件] あおり立てて, あぐる道, あげたが, あげただけ, あげた晩暉, あげた焚火, あげはじめました, あふぐとき, あらわしたが, いつまでも, うしろに, お消し, かけずに, かなたに, からめて, かんじた, こがす一団, こぐり黒煙, さしつけ人, しばらくの, しばらく見つめ, じっと見つめ, それが, た, たいて, たててた火, たてるの, だし始終, だすと, だせば, つけた芬, つつんでも, つまんで, なし金色, なすったの, にらみながら, にらみ歯, のけて, はいて, はきその, はなれた少し, ひとたび上げたれ, ふいて, ふきあげて, ふくよう, ぶうぶうと, ぶうぶうやる, ほとばしらすその, ぼんやりと, ますますひたむき, みせるところ, みつめて, もって, やったとき, やりましたから, ユラユラと, 上げすぐ, 上げた, 上げたと, 上げた怪し, 上げた炭, 上げない火, 他人に, 仰ぐたび, 保って, 出してる心臓, 出て, 制しながら, 前に, 加えるだけ, 加へる, 包まれて, 吐いた, 吐きながら, 吐き出して, 吐き前景, 吐き小, 吐くかと, 吐くなり, 吸い込んで, 吹いて, 吹きおこすこと, 吹きつけて, 吹きながら, 吹き消して, 味方として, 咽喉に, 善く避けん, 噴き出しは, 噴く, 墓場として, 宿して, 少しは, 履む様な, 彩って, 影の, 思慕の, 怯やかし, 患ったの, 患った時, 患へてから, 惹起し, 感ずるの, 憂いて, 手に, 手術した, 打ち出さなければ, 抉掻, 抱いて, 持ち目, 持ち行くこと, 挙げて, 振って, 揚ぐるが, 撫ずるよう見る, 映じて, 此が, 水に, 注いだ, 洗ふごとくなり, 消して, 消し去る, 消し得なかったと, 消すには, 深く吸いこん, 潜めて, 熾んに, 燃えたたせる, 燃しはじめて, 燃やした, 燃やして, 燃やすであろう, 爛々と, 発してる流星, 発し口角, 発し壁, 発し始めたであろう, 発し左眼, 発する怒った獅子, 発する恐るべき, 瞶めて, 突破した, 立てたかと, 脊負って, 衝いて, 見た, 見たので, 見つめて, 見ない所, 見ました, 見調べて, 負いながら, 起こして, 起こし歯齦潰瘍, 起こす危険, 起した, 起した女, 起して, 起しチュトン族, 起し左, 起し脳膜炎, 輝し, 逃げ落ちた, 逃れて, 逃れ死, 運んでは, 避けんとのこ, 面に

▼ 炎~ (141, 10.0%)

5 立って 3 立ちのぼって

2 [11件] あがります, メラメラと, 上がって, 今烈々, 吹き出して, 搦んで, 映って, 燃えあがって, 燃え上がって, 眼に, 立つ

1 [111件] あがる, あたりを, あった, あらう, あり光, いつしか波, いまは, うずまいて, かくも, きざしてるの, きらきらと, この一篇, すべての, そのたびごと, それでございました, たって, だんだん消え, ちろちろと, ついた, つんざいて, でき口痛, なく光, ひとしきり低く, ひもの, ひらめいた広い, ほとばしった, ぽツ, まいたって, むやみと, むらむらと, やはり七つ, やんで, ゆら, ゆらめいて, ゆらめき人聲, ゆるやかに, よくなつ, 一つも, 一夜の, 全身を, 凄じい勢い, 割れた口, 十分反対側に, 厚い闇, 唸りを, 噴き出るの, 嚇, 変に, 夕ぐれの, 大きく立つ, 大波の, 天をも, 宿って, 強かった, 影も, 彼女の, 揚つた, 搦んだ, 支持され, 新しい風, 明るい部屋, 時あっ, 月明の, 来はじめたの, 深呼吸を, 渦巻くよう, 火を, 煙ならず, 燃えた, 燃えたつ前, 燃えたつ決定的, 燃えて, 燃えてるビロード, 燃えるばかり, 燃え上がった, 燃え上った時, 燃え上る, 燃え極まると, 燃やされたこと, 牡丹の, 物を, 王爵を, 直立しなくなっ, 眠ってる細民階級, 立った, 立ったの, 紫色の, 結核性だっ, 絡むソレ, 群立っ, 蓮の, 薄赤く, 蛇の, 衰えて, 見えたり, 見えないほどに, 見上げるばかりの, 赤い心, 走った, 起こり赤痢, 輝いて, 輝きだした, 輸入され, 閃めい, 雪の, 非常に, 鞴の, 飛ぶかと, 高く天, 鳴り始めた, 黒い

▼ 炎~ (129, 9.1%)

6 なって 5 して 4 なった, なつた 3 つつまれて, 罹って 2 つ, 水を, 煽られて, 燃えて, 触れるが, 身を

1 [92件] あぶられて, あやされながら, いいしれぬ, かかったこと, かかって, くるまれたの, くるまれて, くるまれては, くるまれ領下, さきだちて, されて, した, すぎなくて, たやすくとらわれ, つつまれ諸所, てらされて, どうにも寝つかれない, なったから, なったの, なったらどう, なりぎらぎら, なるいうこと, なるの, まぐれて, よりて, ガソリン油を, チカと, バケツを, 会った泣き叫びも, 似て, 体を, 其躯を, 包まれた, 包まれて, 反射し, 塗れさった, 変へ, 委する事, 姿を, 巻かれながら, 彩られて, 悩まされて, 投ずる, 捲き込まれて, 搦んで, 散った, 新しい薪, 染めたる文字, 染めなし, 比すべくは, 満ちた目, 無限の, 焼かれた物, 焼かれた顔, 焼かれての, 焼かれる恐れ, 焼け槍, 照された, 照しだされた, 照らされて, 照らして, 燃えし多く, 燃えつと, 爛れ, 犯されて, 犯されると, 異ならなかった, 眼を, 罹つて, 罹りました, 翳して, 老の, 背いて, 舐らるる者, 被われて, 裂かれたり, 譬ふれ, 赤く照らされ, 赤く見える, 身をも, 輝き小さな, 迷いあやうく, 追い出されて, 鋳たるが, 限るもん, 隔てられて, 面を, 飽いて, 駆られだすと, 驟雨が, 魂を, 黙々と燃えてる

▼ 炎~ (88, 6.2%)

2 彼等の, 消えて

1 [84件] あつて, あなたが, あるの, ある種, いっぱいな, いつに, いまでも, いろいろな, おさまるどころか, おた, ここからは, この元, この小, この時, こんどは, すべて阪井の, その破屋, た, たちまち全, とどかずて, ない風, ますます立ちぼる, みるま, みるみる蟇, みるみる黒煙, もう寮一面, もう高い, バリバリと, 一段の, 三人の, 人家の, 今や全日本, 余すなく狂い出した, 内膜炎, 凍えきッ, 北は, 半分は, 司教である, 失敗の, 小川の, 尺を, 山肌を, 強し何れ, 彼の, 彼らの, 日本全土を, 普通なら, 曇つた空に, 松明を, 梁の, 次第に大きく, 歎きつ, 殆ど消え失せた, 海を, 消えかかった蒼白い, 消えず江戸, 消ゆ, 満州事変頃より, 滑川も, 炉端に, 燃えながら, 燃えるばかり, 燃ゆる, 猫の, 眼ば, 瞬くまに, 空に, 絶えず消え, 美しく燃え, 翼の, 胸を, 虚空に, 襟元から, 西行の, 見え附近, 赤くその, 足を, 迫って, 遠い野, 遠くでございます, 遠慮なく燃えだし, 酒の, 風邪に, 高く壮観

▼ 炎~ (64, 4.5%)

6 なって 2 なった, 白と, 黒煙とに

1 [52件] いうよりは, いえども, いって, され父子一族, するまでには, なっても, なつて, なりあたかも, なり果てるとは, なり灰, なる, なるだろう, なる炎, なろうと, 光明とを, 共に迫り, 化したかと, 化して, 名づけて, 命名し, 唖の, 変じて, 変わって, 少ない私たち, 広大な, 思わされて, 機微な, 炎の, 炎は, 煙とが, 煤とで, 燃えあがるの, 燃えて, 燃えながら, 燃える金粉, 燃える雲, 燃え熾り角, 燃え狂わすかと, 燃え視線, 猛炎が, 称して, 老人の, 肝臓ジストマとを, 自由の, 血みどろの, 見えた, 診断された, 賊の, 闘え, 革めても, 黒煙と, 黒煙も

▼ 炎~ (28, 2.0%)

2 あつた

1 [26件] あらせられて, いっぱいだった, ついこの, どしどしかわい, モスクワ, 入院を, 冬は, 動けなくなって, 包んで, 四十度あまりの, 小さく切った, 小さな卍, 床に, 手が, 溶かして, 焼き焦されるよう, 片眼, 神田の, 私の, 美人が, 肥大と, 舐めると, 赤くただれた, 赤く光った, 身動きも, 鼻の

▼ 炎~ (25, 1.8%)

3 たつて 2 ている

1 [20件] あがり夜, あがるかも, あがる焔, たたせる, たつ, たつよう, ついた竃, ていた, て一先づ村, て行列, 上がると, 上つてゐる, 上つて来た, 上る, 出しても, 盛る火, 立たせると, 立ち膝頭, 立つた, 終には

▼ 炎ゆる~ (15, 1.1%)

3 やうな 2 祭りの 1 ところに, のであつ, のは, やうに, ストーブを, 地は, 校長の, 火柱の, 血の, 陽炎の

▼ 炎~ (14, 1.0%)

3 の下

1 [11件] と奮闘, なの, のため件, のつづく, の陰, は直射, もお, を予告, を忘れ, を避ける, 焦く

▼ 炎えて~ (13, 0.9%)

2 ゐるん

1 [11件] ゐた, ゐたかといふ, ゐた焚火, ゐました, ゐる, ゐること, ゐるばかり, ゐる彼, ゐる暇, 怖ろ, 自分の

▼ 炎~ (13, 0.9%)

1 [13件] あるの, さかんな, すっかり消えうせ, そのまますばらしい, 今は, 何だか他, 回復した, 火元は, 燃えば, 燃へ, 燃へては, 矢も, 赤あかと

▼ 炎という~ (12, 0.8%)

1 [12件] いよいよ前途, ごとく全く, だが変, のが, ものが, もので, やつです, 主病の, 未だかつて聞き, 火は, 病気には, 脚の

▼ 炎える~ (10, 0.7%)

3 やうな 1 が如き, やうに, を欺, 夏を, 意気を, 牛一つ, 陽に

▼ 炎でも~ (8, 0.6%)

1 ある, あること, その中, 吐くよう, 吐けよかし, 燃え出ずるよう, 見るよう, 起すと

▼ 炎~ (8, 0.6%)

2 と戰 1 いくぶんを, が烈しい, にめげぬ, ようやく強し, を感じ, 強くわが

▼ 炎~ (7, 0.5%)

1 あるいは闇夜, なにかそんな, もしくは暗黒, ピラピラ赤い, 紅の, 華か, 鯰の

▼ 炎とか~ (7, 0.5%)

1 まあそんな, 云う事, 云ひまし, 名づけて, 大腸加答児とかいう, 流感性肝臓炎とか, 言いふらしかく

▼ 炎~ (7, 0.5%)

1 して, コロナを, 泉など, 煙の, 白波の, 眼精疲労が, 黒煙が

▼ 炎とが~ (6, 0.4%)

1 うねって, どっと吹き出し, 互いに矛盾, 入り交じって, 燦く, 自分に

▼ 炎~ (6, 0.4%)

1 に次, の威, は元, は此点, は間もなく, 特に威

▼ 炎~ (5, 0.4%)

1 たの, はじめてゐた, 向って, 柴を, 身を

▼ 炎~ (5, 0.4%)

2 の裡 1 と燃えたっ, のうち, の喉

▼ 炎~ (4, 0.3%)

1 といふ, とか云つて, と云った, ね

▼ 炎との~ (4, 0.3%)

1 併発症で, 出会は, 大いなる渦巻, 長い病名

▼ 炎とも~ (4, 0.3%)

1 オーダンカゼとも, 呼ばれて, 湯気とも, 言うべき恋

▼ 炎えた~ (3, 0.2%)

1 時でも, 横目を, 眼だけが

▼ 炎から~ (3, 0.2%)

1 取り出そうでは, 急に, 牡丹色に

▼ 炎~ (3, 0.2%)

1 ということ, の時, の無道

▼ 炎先生~ (3, 0.2%)

1 のやう, は鼠色, を訪問

▼ 炎~ (3, 0.2%)

2 を忘 1 の巷

▼ 炎~ (2, 0.1%)

1 漕いで, 絡まって

▼ 炎さかり~ (2, 0.1%)

2

▼ 炎その~ (2, 0.1%)

1 上に, 中での

▼ 炎であり~ (2, 0.1%)

1 光であった, 鋭い矢

▼ 炎である~ (2, 0.1%)

1 というよう, と判った

▼ 炎とともに~ (2, 0.1%)

1 三百石積を, 座敷の

▼ 炎とを~ (2, 0.1%)

1 たどって, 併発し

▼ 炎~ (2, 0.1%)

1 んだ, 日が

▼ 炎なり~ (2, 0.1%)

2 けむか

▼ 炎にも~ (2, 0.1%)

1 無関心, 熱くなっ

▼ 炎のみ~ (2, 0.1%)

1 なりき, ゆる気孔

▼ 炎より~ (2, 0.1%)

1 紅く笊, 美しいやう

▼ 炎よりも~ (2, 0.1%)

1 熱く燃え, 美の

▼ 炎をも~ (2, 0.1%)

1 取り去って, 認めなかった

▼ 炎二年~ (2, 0.1%)

1 と革まった, 即ち至

▼ 炎~ (2, 0.1%)

2 を立てた

▼ 炎~ (2, 0.1%)

1 が下, を立て

▼ 炎~ (2, 0.1%)

1 に悩み, を愁

▼ 炎~ (2, 0.1%)

1 の花盛り, やカンナ

▼ 炎~ (2, 0.1%)

1 や白い, を吐く

▼ 炎~ (2, 0.1%)

1 に紛れ, はやや

▼ 炎燃リズム~ (2, 0.1%)

2 である

▼ 炎立ち~ (2, 0.1%)

2 冬木に

▼ 炎~ (2, 0.1%)

1 とき, の放

▼ 炎赫灼~ (2, 0.1%)

2 たれども

▼1* [91件]

あげつつ焼け, 炎えあがつた, 炎えさかつてゐた, 炎かと思ひ石, 炎がのんの, 炎常陸山脈, 炎これ等の文字, 炎て, 炎したに相違, 炎そのものの形相, 炎たてり真, 炎だの小火だの, 炎であったところで, 炎とかで死んだ祖母さん, 炎とはなれり, 炎と共に何も, 炎ながら引掴ん, 炎などを吸い込む気, 炎なることに, 炎にたいする同じ崇拝, 炎にでもなるんぢ, 炎にはあの雪, 炎ばかりなの, 炎ひとつだけで, 炎ひらめく宇曾利山, 炎へてピクピクと, 炎ほど無気味にも, 炎までゐるの, 炎までが彼の, 炎みたいに濡れ縁, 炎慾よ, 炎手術デ, 炎上せる季節の, 炎上砂灰を吹出し, 炎に立ち, 炎乱舞だ, 炎以外になんら, 炎元年より約, 炎はその, 炎に小人, 炎を迎えた, 炎夕方から少し, 炎を衝く, 炎失せしは天正八年, 炎威猛勢にし, 炎威相加わり宛然三伏, 炎帝神農は其名, 炎彷徨してる力, 炎日灼土すべて回天の熱, 炎日赫々なり, 炎をおかし, 炎晴数旬の間降雨, 炎模様粗絹, 炎に, 炎正義の炎, 炎此等の文字, 炎民衆の一人, 炎焦くが, 炎気稍退き五島, 炎に乗っ, 炎の気, 炎火熾なり, 炎烈野火のご, 炎焔天を焦す, 炎焔霄を摩し, 炎の太陽, 炎熱いので甲乙, 炎熱中には随分, 炎熾光を揚げ, 炎燃ゆと緋, 炎らしくは, 炎にゆき, 炎精あはれ色も無し, 炎胃炎腸炎が起こり, 炎から離脱, 炎菩薩太陽マジックの歌, 炎菩薩太陽マヂツクの歌, 炎忍ぶ可, 炎である, 炎衝症状を呈し, 炎郎さん鳥平さん善七さんさんに逢つて愉快, 炎郎君にかへし, 炎から蹴とばされた, 炎に, 炎雲ニ慈雨ノ兆, 炎をた, 炎立てて, 炎鬱蒸盪瀉し尽せり, 炎の庁, 炎黒い蛇が, 炎齒根膜を冒される