青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「灰~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~火 火~ ~火事 火事~ 火星~ ~火鉢 火鉢~ ~灯 灯~ ~灰
灰~
~灰色 灰色~ 災難~ 炉~ 炎~ 炭~ ~点 点~ ~為 為~

「灰~」 2740, 30ppm, 3966位

▼ 灰~ (548, 20.0%)

6 かぶって, 落した, 落しながら 5 かきならして, かけて, ならして, 入れて 4 かぶせて, 撒いて 3 はたいて, 掛けて, 掻いて, 火箸で, 瓠に, 皿の, 落したが, 見ながら

2 [35件] おとしながら, じっと見つめ, つけて, つつきながら, はたきながら, はたき落した, はらった, ふらせろえい, ほとほと火鉢, まいて, 丁寧に, 入れたの, 押込んだ, 拂つては, 指の, 掻き廻して, 撒いたくら, 撒いたやう, 撒いたよう, 混じて, 灰皿の, 畳の, 落して, 落し乍ら言, 落す, 衢に, 被ったよう, 見つめて, 見ても, 踏んで, 降らした, 降らせろ, 降らせろ灰, 静かに, 頭から

1 [408件] あつくかける, あびたよう, いじって, いじりながら, うちか, おとした煙草, おとす, おとすだろう, おとすとき, かきあつめて, かきおこしはじめた, かきだしますと, かきながら, かきならしてるよう, かきならしながら, かきに, かきまわすという, かきよせて, かき上げた時, かき乱したくないの, かき出し大きい, かき取ったり, かき廻した, かけさせたらお前, かけそっと, かけた上, かけた火, かけた血, かけ蒲団, かぶせすっかり, かぶせた, かぶせたよう, かぶせたり, かぶせられた埋め火, かぶせられ驚き, かぶせ椅子, かぶった森, かぶった燠, かぶるよう, かむつた火, くらひ, こしらえた, こしらえたとき, こしらえたり, こしらえた以後, こしらえた直後, こしらえて, こしらえるこのごろ, この灰座, じっとかきならし, すこし降らせる, せせりながら, そそぐと, そのままに, その儘土, それでひつ, たたいて, たたきおとしまた, たたき落してから, つかむ, つかむが, つかんで, つくっては, つくつて, つけては, ですか, どうする, どんなもの, なすりつけて, なめ泥, ならしたり, ならす手, のばした人指し指, はたいた, はたき, はたきおとしながら, はたき出した, はたき路, はたくの, ば, ぱっぱっとそこらへまきちらす, ひとつまみ女に, ふいて, ふりかけて, ふりかけられて, ふるい小さな, ふるって, ふんで, べろべろ嘗め, ほじくって, ぽんと, ぽんぽんぽんと, まきちらした, まきゃア, まくの, まくやう, みつめうんと, やたらに, やるの, やるん, よく土, よく注意, よせて, アスピリンか, ザアと, テーブルの, トントンと, ハンカチーフに, ハンカチーフの, ヒサゴ, フッフッと, ポトンと, マジョリカ皿の, 一撮み取っ, 一生懸命擦, 与へた, 与へぬ, 世界中へ, 中指で, 二俵買った, 交えた紫, 今の, 入れた火鉢, 入れた煙草盆代り, 入れた茶碗, 入れる, 入れる壺, 入れ火, 入れ線香, 其の首, 冠って, 凍らせたよう, 凝視めた, 出したり, 加えて, 包みたる唐紙, 包んで, 厚くかけ, 原っぱへ, 取りそれ, 取り出して, 取り棄てるのに, 叩いて, 叩き落した, 叩き落しながら, 叩き落としながら, 右手の, 君公の, 吸うた, 吸は, 吸わせろえい, 吹きたて, 吹きたれば, 吹きつける様, 吹きつつ, 吹き入れて, 吹き散らしたよう, 吹き熾して, 吹き送りたるが, 吹き送れり降灰, 吹く, 吹出し関東諸国, 喰べ, 嘗めるの, 噴いたり, 四方へ, 団子に, 土の, 均した莨盆, 均らし, 塗つて置く, 塗りつけた額, 塗り山河, 塗り片手, 塗る苦行, 塗る額, 塵取の, 墜落せし, 売つた男, 売つて, 売りあるき, 売るの, 売るもの, 売食といった, 夕立の, 安く入札, 定めて, 家の, 寸時の, 少しでも, 少し包み込ん, 岸へ, 左手の, 巧みに, 市に, 平し, 弄って, 弄ぶりながら, 引掻いて, 引掻き廻して, 弾いた, 弾いて, 得たり, 必要と, 怪物の, 戻して, 手づかみに, 手に, 手にとって, 打たたきながら, 払いながら, 払い落したもの, 払い落した時, 払い落して, 払うの, 払ったが, 払って, 払つては, 払わなければ, 投げつけた, 折々取, 押しこんで, 押しつけて, 拂ひ, 拵える薪, 拾って, 持ちあげて, 持って, 持つて, 挂けて, 指さきでおとしながら, 指で, 指先で, 振って, 捨てるの, 掃かれて, 掃きだして, 掃除し, 掃除を, 授けて, 掌に, 掘ったり, 掘る, 掘れば, 掛ける, 掛けるとか, 掩うて, 掬い上げては, 掬い雑巾, 掻かせたり, 掻かせて, 掻きあつめてから, 掻きさ, 掻きなでながら, 掻きならした, 掻きならして, 掻きならしながら, 掻きならし乍ら, 掻きならす, 掻きまわして, 掻きまわす, 掻き上げる器, 掻き仮に, 掻き分けた時, 掻き分けて, 掻き廻さないやう, 掻き炭火, 掻き立て, 掻き起しました, 掻き集めて, 掻き馴らした, 掻くまでには, 掻くもの, 掻つ掃い, 掻廻し, 撒いたとも, 撒きて, 撒き散らす, 撒き清らか, 撒く, 撒く事, 撒けよ, 撒布し, 撤きたる, 撤く, 放擲した, 敷いて, 本の, 棄てたマジョリカ, 欄干に, 気に, 水に, 汚ない, 沖へ, 流したよう, 流すよう, 浴せた, 浴びたよう, 浴びて, 海へ, 満たした円い, 溶いたやう, 溶した, 火ば, 火桶の, 火鉢その他に, 火鉢へ, 灰振い, 灰皿から, 灰皿に, 炉べりで, 無意識に, 無造作に, 焼きこれ, 焼きつけて, 焼くを, 煙の, 照らして, 燒く, 爪で, 片手で, 獲んと, 用ひた, 用意し, 用意しろ, 畏る, 疵口へ, 皿に, 盗ませるため, 盛って, 盛つたものが, 真鍮の, 眼に, 睨みながら, 空けた作, 窓の, 立たせ和尚, 篠本造士館講師の, 篩うて, 篩って, 篩わせた, 粉々に, 絶やしたこと, 綺麗な, 綺麗に, 置くよう, 美しく掻きならし, 舐めるやう, 舷の, 茶の, 落させる, 落し, 落したきり, 落したくないと, 落したの, 落し乍ら, 落すこと, 落すと, 落す時, 落そうとして, 落とした, 落としたストーヴ, 落として, 落としては, 落としながら, 葬りて, 蒔いたやう, 蒔いて, 蒔き掛けたり, 蒔くと, 被った, 被ったもの, 被って, 被つた火鉢, 被つて微か, 被むって, 被るくら, 見たとき, 見て, 見る眼, 見入って, 調べに, 貰い帰った, 買うん, 連れ強談, 運ぶ時一緒, 釈し, 降らしたが, 降らしたるより, 降らし熔岩, 降らし硫気, 降らすという, 降らせて, 降らせるよう, 除いて, 集めて, 集め一切, 雨らする, 雨下し, 雪の, 零した, 頭に, 風吹く, 飛ばしたり, 食う人間, 食べても, 飲ませ細君, 鼻の

▼ 灰~ (522, 19.1%)

62 中に 42 中から 39 ように 28 上に 21 中へ 20 ような 11 やうに 9 下に, 中で 7 やうな, 中を 6 なかに 5 上を, 下から, 縄を 4 なかから, 上へ, 中には, 中の 3 うえに, なかを, 下の, 丘に, 浦に, 石, 雨が

2 [18件] これだけか, ために, 上, 上でばかり, 上にも, 下を, 入って, 塊の, 始末を, 感触の, 木という, 殻, 水曜日, 河に, 浦で, 皮を, 雲から, 雲が

1 [173件] あつた, あるところ, ある時, うちに, かたまった茶色, かたまりだけに, かたまりとか, かたまりなんかに, くすぼった, こぼれと, ごと, ごとき塵土, ごとく, ごとくふるへつ, ごとく蒼き, ごとし, たまってる蝋燭, ためまっ, ため息を, ないの, なかからは, なかだ, なかつたの, なか掻探し, ぬくみ, ほか何物も, ほてりとの, ま, まはり, ままに, やう, やうで, やうな乾いた, よう, ようなけむり, よに, チリが, レコードは, 一吋も, 一塊が, 一山のみを, 一片すら, 一部を, 上だった, 上では, 上には, 上の, 上層から, 下で, 下にも, 下より, 丘あり, 丘を, 中からは, 中が, 中にと, 中まで, 主, 事だ, 二人で, 傍に, 像胸の, 儘とつた, 入つた首, 入つて, 冷ゆる, 分量から, 加減蒸し焼き上る, 勇治が, 厚さ, 原っぱに, 吹雪は, 周囲を, 固まったの, 固まり, 固まりだった, 固り, 国, 埃が, 堅い火鉢, 堆かい上, 堆積の, 塊が, 塊を, 壁が, 外には, 如き感情, 如くに, 如く冷やか, 如く消え, 如し, 始末も, 山が, 山である, 山です, 山と, 山の, 帷の, 廃墟と, 強い悪戯, 形までも, 形も, 形容らしい, 微粒と, 急な, 抛射, 抜けた恋慕流し, 掻き除けは, 散った食卓, 新に, 方を, 最大な, 木と, 木を, 棒が, 様に, 樣に, 気さ, 氣に, 水曜日が, 浦の, 浦は, 浦へ, 浦を, 浦上だった, 濡れた箱火鉢, 火の, 灰の, 煙の, 照り, 白いの, 盛り上りたる, 目潰の, 眠から, 研究を, 粉に, 素人相撲では, 縄が, 縄なんぞを, 縄も, 罠を, 翻れる, 翼, 色と, 色を, 落ちるの, 落ちる穴, 蝶々へ, 行くところ, 行方が, 表を, 被覆物は, 製法鯛の, 視界は, 話を, 赤, 跡を, 近くに, 這入って, 都を, 醜い心, 野ッ原と, 錯乱と, 間から, 降りも, 雪袴に, 雲で, 需要たるや, 霧に, 靄に, 靄の, 頭分で, 香が

▼ 灰~ (387, 14.1%)

66 なって 49 して 9 なつた 7 されて 6 なった 5 なつて, なるの 4 なりました, なる, なるまで, 座を 3 した, しながら, なったの, なること, 埋まって, 焼いて, 突込んだ

2 [13件] いけて, し積んで, なったという, ならねえ限り, なりましたが, なり終り, なるという, なる時, まみれて, 交って, 差した人々, 目を, 覆はれたる火

1 [177件] あたためた酒, あとも, あるもの, いけた, うずめて, うつくしい面影, うもれて, かわって, かわりました, くるまつても, こすりつけて, こぼるる榾, さして, されては, されましたが, されましょう, されようと, されるという, したが, したと, したという, したの, した千世子, した震災, し僕, し去り世, し金藏, すぎないん, するとも, するの, するので, するよう, するよりも, する焔, すわせて, つ, なさ, なさいませ, なったか, なったころ, なったのに, なったもの, なったよう, なったらどう, なった妻, なった家, なった時, なった材木, なった気, なった男, なった私, なった葉巻, なっちまわあな, なってから, なつてる, ならない, ならない用心, ならなくても, ならなくとも, なりかかった燠, なりかかって, なりかけた火鉢, なりかけた石炭, なりきった髑髏, なりその, なりたり, なりはじめ, なりましたよ, なりませう, なりゃア, なりゃ私, なり井戸, なり問屋, なり死者七万四千, なり石, なり石碑, なり米国, なるか, なるかも, なるぞ, なるところ, なるものう, なるよりは, なる炭, なる迄, なれと, なれば, なれ灰, なろう, なろうと, なろうとして, まざってるの, まみれたれば, まみれた黒い, むかひて, よごれた畳, シェラックが, 三両宛金を, 付す, 似た微粒子, 似て, 似てる泥, 冷え果てて, 刺したは, 化って, 化つて更に, 化性した, 印せる美しき, 啖を, 埋まり空, 埋む, 埋めその, 埋めた, 埋めた僅か, 埋めた小さな, 埋めた炭火, 埋めて, 埋められしも, 埋り陶器, 埋るるをも, 埋んであの, 塗れて, 壺を, 変って, 変形された, 字を, 小紋縮緬, 強い印象, 当てが, 成つてな, 成つて仕舞つた, 成るの, 成る木, 手形を, 投て, 接近し, 掩はれ, 描かるる, 木屑はほど, 染めじと, 棒を, 気味の, 深く突き刺し, 漏れ落ちる, 火を, 焚いても, 用いて, 画きて, 空を, 突き刺しながら, 突き刺すが, 突き差したが, 突っこみ机, 突つ立てた, 突立てながら, 突込み, 突込む, 突込ん, 立てて, 立てるという, 立て上, 紫外線を, 罅が, 胴卷を, 胴巻を, 致す可, 落した, 落ちると, 著せたる色硝子, 葬りつつ, 蔽われてるという, 蔽われ生ける者, 血を, 袖の, 距てられ, 霜置か, 髪が

▼ 灰~ (219, 8.0%)

8 降って 3 かつた, 彼の, 附いて

2 [12件] うず高く, 付いて, 出來, 残って, 混って, 眼に, 立って, 落ちたの, 落ちて, 降りかかって, 雲と, 霜柱の

1 [178件] あそこの, あって, ありありと, ありさえ, ある, あるし, あるだらう, あるには, あれば, いっぱい湯, いっぱい湿っ, いつの間にか一寸近く, いつぱい, おのれの, かたまるざま, かりたる浅, かりたる金髪, くるまつ, こぼれる, こんなに降りました, すっかり取去られ, すっかり飛ん, たいへんな, たかって, たまったの, たまって, たまりも, だいぶ長く, ちっとばかり, ちらばって, ついて, つく, なかつた, なく生きた, なければ, なにを, ならしてなかつたこと, のこって, はいる, ばさばさばさばさ降っ, ばらついて, ぱたりと, ぱらぱらと, ひと握り, ふわふわと, べったりと, ほろり, ぼたりと, ぽとりとくずれ, また黒い, まだ冷え切らない, よくならし, わずかに, フェルトの, フーッと, 一と, 一パイに, 一寸近く, 一方を, 一面に, 二階の, 交って, 人間に, 体に, 余計出る, 作られます, 傾いて, 入って, 入つて, 入り頻りに, 円く崩れず, 冷えはじめた夜半, 冷たくなつたま, 出来るか, 半生の, 吸殻の, 呪文書の, 噴き騰った, 四辺を, 土と, 堆積する, 堆高く積つて, 外に, 多少南北, 完全に, 容易に, 小高く積つて, 少しでも, 少しの, 少しも, 山に, 山を, 崩れおちた, 崩れさうになつ, 崩れそう, 崩れて, 底冷えの, 強すぎる, 往来なかへ, 後から, 掛けて, 散らかって, 散らばって, 散らばつて, 来て, 来るらしい, 梢を, 次第に長く, 残ったばかり, 残つてゐる, 残り現に, 殖えると, 殘つて居た, 水滴の, 沢山あった, 沢山入っ, 沢山出来, 浪江の, 混つて居る, 湖上へ, 湿って, 溜つた, 火の, 火鉢の, 燻りながら, 珠江夫人のだ, 白くかかっ, 白くこびりつい, 白く掩, 白く残っ, 白く火, 目にも, 真白に, 砂煙の, 積つた, 積もり木, 積んで, 窓からの, 窯の, 立ちのぼって, 立った, 立つから, 美しく盛り, 肥料と, 自分の, 舞う, 落ちたわよ, 落ちましたわ, 落ちようと, 落ちると, 落着いた, 蒼ざめて, 蔽って, 薄すらと, 薄れると, 蛇の, 蝶と, 被けて, 触れると, 貝殻の, 貴女には, 起つので, 足の, 釉に, 降ったこったろう, 降つたと, 降り, 降りかかるの, 降り出したから, 降り初めて, 降り積もって, 雨の, 雲の, 飛び立ちました, 飛ぶから, 飛込むなんぞ, 高い家, 髪などにも

▼ 灰~ (159, 5.8%)

35 なって 4 なった, なつて 3 なる, 瓦と 2 いっしょに, なりに, なり果てたの, なるの, よび発熱, 化して, 化しよう

1 [96件] あたりの, いって, しようが, すべき火, なかば石灰に, なされても, なされん, なして, なすにも, なったか, なったこと, なったと, なった日, なった時, なった書籍, なった火, なった筈, なった薄い, なった記念物, なつた, ならば, ならむを, なりしが, なりしとき, なりしなり, なりて, なりぬ, なりましても, なりゆく, なり反古, なり同, なり微塵, なり泥, なり灰, なり灰皿, なり焼けつくして, なり窟, なり行くもの, なること, なる時, なる煙, なれば, なろうとも, わかれて, 一緒に, 三色の, 云ったな, 云った様, 云ふと, 何やら得體, 写真現像液で, 分けそして, 化しその, 化したせつな, 化したのに, 化したろう, 化した焼け跡, 化し去る, 化する, 土とは, 土ばかり, 埃と, 埃とに, 埃を, 塩とを, 塵芥とを, 岩石を, 成し塩, 新蔵を, 棄てて, 油に, 流る, 湯と, 火が, 炸裂した, 焼けるよう, 焼け残り, 煙と, 煙に, 煙の, 煙を, 瓦, 瓦の, 瓦礫の, 箸との, 緑と, 致しましても, 葉巻か, 赤の, 軽石で, 領民の, 食塩を, 黒い枯木, 黒い灰, 黒とを, 黒焦げの

▼ 灰いろ~ (136, 5.0%)

4 の眼, の風, をした 3 に光っ, の空, の雲, を帯び

2 [19件] にくもった, にし, にしずか, にしづか, に暗く, の, のそら, のまぶた, の一, の太い, の海, の肥った, の芽, の苔, の雪, の頁岩, の馬, の髪, をし

1 [74件] でぼさぼさ, で穴, と葡萄, なども, にうすれ, にただ, になっ, になつてしまつて, になり, によごれた, に傾い, に光つて蒸發, に光り, に変わり, に尾, に彩, に曇っ, に見え, に閉じ, ねずみ, のあらぬ, のおかしな, のきれ, のくすし, のこと, のこの, のずきん, のひだ, のを, のイムバネス, のカード, のゴム, の中, の乾草, の労働, の北守将軍ソンバーユー, の単調, の咽喉, の單調, の四本, の夜, の大きな, の大型, の小屋, の屋根, の市街, の帳, の幾つ, の建物, の影, の憂い, の日々, の棘, の毛, の海鳥, の煙, の石, の砂地, の細長い, の紳士, の背広, の花椰菜, の蕈, の蘚苔類, の襟巻, の足跡, の道, の重い, の釣鼻, の霧, の鞄, の顔, の鳥, や雪白

▼ 灰~ (57, 2.1%)

2 散りて, 風の

1 [53件] あれは, いつも湖水, かたまりぬべし, かなしい追憶, このとおり微粉状, すばらしく大きな, そこの, どんな事, まことぞも, まだいくら, まつ白い, コンスタンチノポリスに, パラパラと, 一寸ばかり, 上の, 今も, 入れたね, 八方に, 八方へ, 固まって, 土と, 大したもの, 家に, 容赦も, 微に, 掃除した, 掻き廻され戸棚, 改めて北東, 暖いようです, 机の, 案外に, 棒の, 検鏡分析の, 次の, 水面に, 江戸まで, 溜まる火, 無慚, 熔融體の, 痴者の, 相当入ってる, 砂地の, 藁を, 踝を, 銀行の, 降つて, 降り硫気, 降る, 隅田川に, 靴の, 須走村が, 風が, 高野聖の

▼ 灰~ (29, 1.1%)

2 歳月に

1 [27件] きたないもの, くさった野菜, こいしを, すべてあぶない, ガスと, ガラクタ等で, 土を, 埃が, 埃の, 埃棄場も, 塵芥が, 掃除の, 泥が, 泥に, 炭の, 炭火までは, 焼け残りの, 煙が, 煙で, 燠が, 瓦や, 礫が, 蛤の, 追剥を, 酒の, 闇黒や, 雑巾から

▼ 灰~ (27, 1.0%)

2 磨いて

1 [25件] あつた, いっぱいです, うずめて, がんす, ござり, そこらは, そこらはすつかり埋まりました, そんな観念, でも, ひどく汚れ, 塗られた雪田, 実は少し, 忌な, 村井や, 枯木に, 汚したり, 洗はれ, 煮出して, 煮込んで, 白くなっ, 真黒に, 繩を, 道連れ小平その, 髪を, 黒くなった

▼ 灰~ (22, 0.8%)

1 [22件] あった, ずいぶん降っ, たき木, なし焚さし, ならしたまま綺麗, はきすてられて, マッチ殻も, 何んにも, 取らず打捨ておくよう, 掻かずブスブス, 斷食も, 有り燒, 残って, 残らないよ, 残らなかった, 残らねえって, 炭も, 爐も, 白く積, 薄蒼う, 見道具, 零れず出て

▼ 灰~ (19, 0.7%)

2 の色

1 [17件] なので, な色調, な貌, になっ, に亙せる, のチョッキ, の小, の小さい, の幾千万丈, の睫毛, の砂塵, の空, の翅, の路, の骨, は刻々, よ疲れたる

▼ 灰~ (17, 0.6%)

1 [17件] ぷッと, スッテンドウジが, ブリキの, 傾けた, 八五郎は, 向って, 抛って, 文字を, 暫く埋め, 曲書き一里を, 書く楽書, 燐寸の, 突っこみながら, 突立て, 良い灰, 藁や, 言を

▼ 灰から~ (16, 0.6%)

1 [16件] ここに, ひろい上げる歯, よみがえるという, フェニックスの, フエニツクスの, 井戸の, 先生が, 出て, 出來, 帽子は, 帽子を, 得られる肥料, 掻き出されて, 更生し, 火が, 犯人にまで

▼ 灰だらけ~ (16, 0.6%)

2 にした, にする, になっ 1 だ, にし, にせし, になった, になった斬り, になつて, の小判, の所, の毛書き筆, の顔

▼ 灰~ (14, 0.5%)

1 [14件] かが積もっ, し一門, っけなア, つて旦那樣の, という事, としてその, とつぶやいた, と云う, と云っ, と稱, と解った, み, よ, 彼女は

▼ 灰でも~ (11, 0.4%)

1 [11件] あろうか, かぶって, かぶりたい, なく乳白色, みて, よいからとて, 拵えるの, 煤でも, 眺めて, 落とすよう, 降つたやう

▼ 灰にな~ (11, 0.4%)

5 つてし 2 つてゐた 1 つてしまつ, つてしまつたそれらの, つて殘つて居る, つて煙脂で

▼ 灰とも~ (9, 0.3%)

2 針とも 1 つかず人, つかぬ微粒子, つかぬ軽々, なし得るほど, なれひとり, 土とも, 烟とも

▼ 灰ばん~ (9, 0.3%)

2 だ色 1 だまるで, だ何処, だ土, だ朱, でゐる, で横, で池

▼ 灰にも~ (8, 0.3%)

1 いろいろある, いろいろの, たれて, なりやすい, 摧き棄て申すべし, 気づかないで, 留南木の, 色々の

▼ 灰紫色~ (8, 0.3%)

1 に掩, に淀ん, に見え, に見える, の膜, の闇, の雲, の黄昏

▼ 灰褐色~ (8, 0.3%)

1 である, のふしぎ, のみで造られた, の壁, の大きな, の樹皮, の浅深, の髪

▼ 灰~ (8, 0.3%)

1 から頼まれた, であった, の作, の行方, は例, は四, は留置場, は顔

▼ 灰ばかり~ (7, 0.3%)

1 あびた中, あびて, だ, 最愛の, 立って, 落して, 霜を

▼ 灰白く~ (7, 0.3%)

1 かさ, 冷え夕餉たべし, 凍って, 寝棺の, 散乱し, 横に, 露出れ

▼ 灰~ (7, 0.3%)

2 のフラノ 1 との一大コンクリート風景, の柔, の煙突, をさ, をさえ交えた

▼ 灰黒色~ (7, 0.3%)

1 にし, の大きな, の煉瓦, の着物, の羽, の護謨布, の髭

▼ 灰より~ (6, 0.2%)

1 巨きく, 成って, 成れる黒烟, 生じて, 生まるる, 生る

▼ 灰小屋~ (6, 0.2%)

1 のよう, の一つ, の中, の柱, へ身, をあけ

▼ 灰~ (6, 0.2%)

1 というところ, に多分, の引揚作業, の方面, の海岸, の真中

▼ 灰~ (5, 0.2%)

1 炭の, 煙りかかた炭, 砂でも, 紙屑に, 落雁の

▼ 灰かき~ (5, 0.2%)

1 で麦, に行った, もまだ, をし, 火ば

▼ 灰とを~ (5, 0.2%)

1 まぜたよう, 代りに, 吹いた, 掻き出すところ, 混ぜて

▼ 灰には~ (5, 0.2%)

1 おこつた火が, まだページ, 何の, 別にホドアク, 灰掻きの

▼ 灰まで~ (5, 0.2%)

1 きれいに, くっついて, やるといふ, 旅に, 自分の

▼ 灰一色~ (5, 0.2%)

1 で緑, となり, に充満, のアカデミズム, の死

▼ 灰~ (5, 0.2%)

1 など, などの美しい, などの野鍛冶, なども選びます, や火箸

▼ 灰白い~ (5, 0.2%)

1 夜の, 夜明けのけ, 紐の, 紙帳を, 雲の

▼ 灰~ (5, 0.2%)

1 に塗れつ, の大きな, の対面, の被覆, の降る

▼ 灰青色~ (5, 0.2%)

2 の熔岩 1 した緻密, のもじゃもじゃ, の堅緻

▼ 灰いろな~ (4, 0.1%)

1 のだ, のに海, のは, もの走る

▼ 灰である~ (4, 0.1%)

1 がそれ, ことは, 傷を, 先刻の

▼ 灰として~ (4, 0.1%)

1 了わ, 何か, 用いる, 自身は

▼ 灰とに~ (4, 0.1%)

1 なりずっと, まみれて, 湧きあがる, 白くなった

▼ 灰までも~ (4, 0.1%)

1 乃公の, 引渡すこと, 掻き集めて, 自分の

▼ 灰~ (4, 0.1%)

1 がもうもうと, となる, のみのぼうぼう, のよう

▼ 灰~ (4, 0.1%)

1 が流れ出し, の崖, の稜, や砂質

▼ 灰~ (4, 0.1%)

2 のよう 1 と言, を落した

▼ 灰緑色~ (4, 0.1%)

1 に三角形, の皮膚, の葦, を呈し

▼ 灰銀色~ (4, 0.1%)

1 の旋転光, の空気, の雲, の風変り

▼ 灰かぐら~ (3, 0.1%)

2 を立て 1 がもうもうと

▼ 灰がかった~ (3, 0.1%)

1 眼で, 色に, 黄

▼ 灰それ~ (3, 0.1%)

1 から少し, が彼, を猪

▼ 灰では~ (3, 0.1%)

1 ないか, ないかも, 油蟲の

▼ 灰~ (3, 0.1%)

1 み悲し, み過ぎし船腹, むだ朱が

▼ 灰ばかりが~ (3, 0.1%)

2 あって 1 閉め切った雨戸

▼ 灰ばめ~ (3, 0.1%)

1 る楊, る煤, る鈍き

▼ 灰みたい~ (3, 0.1%)

2 なもの 1 な老い

▼ 灰~ (3, 0.1%)

3 又山

▼ 灰~ (3, 0.1%)

1 に墜ち, に沒, の遺骨

▼ 灰掻棒~ (3, 0.1%)

1 が鈍, でなに, で殺害後突墜

▼ 灰村カントク~ (3, 0.1%)

1 に義理, に育て, の子飼い

▼ 灰~ (3, 0.1%)

3 ひに

▼ 灰~ (3, 0.1%)

3 める

▼ 灰~ (3, 0.1%)

1 が代っ, って男, を連れ

▼ 灰~ (3, 0.1%)

1 でおおわれ, の斜面, の谿

▼ 灰神樂~ (3, 0.1%)

1 が立たう, と眞, の中

▼ 灰~ (3, 0.1%)

1 から海緑, に芽ぐん, の海藻

▼ 灰藍色~ (3, 0.1%)

1 のサルジニア, の山峰, の靄

▼ 灰身滅智~ (3, 0.1%)

1 の空寂, を終局, を結局

▼ 灰黄色~ (3, 0.1%)

1 に変っ, の土, の眼

▼ 灰鼠色~ (3, 0.1%)

1 に暮れ, のスーツ, の天地

▼ 灰いろは~ (2, 0.1%)

1 がねのそら, がねの天末

▼ 灰かきならし~ (2, 0.1%)

2 炭火体よく

▼ 灰だけ~ (2, 0.1%)

1 だ, では

▼ 灰だみた~ (2, 0.1%)

1 濁りを, 遠方に

▼ 灰っぽく~ (2, 0.1%)

2 なって

▼ 灰という~ (2, 0.1%)

1 事が, 奴が

▼ 灰とな~ (2, 0.1%)

1 つた, ッて

▼ 灰との~ (2, 0.1%)

1 外に, 海の

▼ 灰とは~ (2, 0.1%)

1 あたりに, 様々の

▼ 灰ならし~ (2, 0.1%)

1 で囲炉裏, とかを手

▼ 灰なんか~ (2, 0.1%)

1 火箸で, 附くわけ

▼ 灰にて~ (2, 0.1%)

1 ませば, 引く事

▼ 灰ばかりじゃ~ (2, 0.1%)

1 ない, ないですから

▼ 灰ばかりに~ (2, 0.1%)

2 なって

▼ 灰ふき~ (2, 0.1%)

1 の音, をたたき

▼ 灰ふるい~ (2, 0.1%)

1 を用意, 五徳やかんの

▼ 灰まみれ~ (2, 0.1%)

2 の焼

▼ 灰らしい~ (2, 0.1%)

1 灰が, 灰も

▼ 灰~ (2, 0.1%)

1 に, に家鴨

▼ 灰~ (2, 0.1%)

1 として貯え, となし

▼ 灰~ (2, 0.1%)

1 と, は明らか

▼ 灰問屋~ (2, 0.1%)

1 と舟宿, の庫

▼ 灰土色~ (2, 0.1%)

1 に変じた, に変るべき

▼ 灰~ (2, 0.1%)

1 じゃあない, で乱暴

▼ 灰屋どの~ (2, 0.1%)

1 のお, へ使い

▼ 灰~ (2, 0.1%)

1 といふの, に集めた

▼ 灰捨て~ (2, 0.1%)

1 て白梅, 箱と

▼ 灰文字~ (2, 0.1%)

1 となっ, を書い

▼ 灰~ (2, 0.1%)

1 も殘つて, を轉

▼ 灰~ (2, 0.1%)

1 が彼女, であらっ

▼ 灰~ (2, 0.1%)

1 に帰した, は時期

▼ 灰煙り~ (2, 0.1%)

1 を蹴上げ, 即希望

▼ 灰~ (2, 0.1%)

1 とでも名づけたい, の空氣

▼ 灰繩千束~ (2, 0.1%)

1 などをつけたした, を献上

▼ 灰臭い~ (2, 0.1%)

1 においが, においを

▼ 灰茶色~ (2, 0.1%)

1 で脊, に変わった

▼ 灰~ (2, 0.1%)

1 には私, を行つて

▼ 灰蒔き~ (2, 0.1%)

2 爺の

▼ 灰買い~ (2, 0.1%)

1 あんま師衣紋竹売り, の三吉

▼ 灰~ (2, 0.1%)

2 の泥岩

▼ 灰~ (2, 0.1%)

1 の眞中, の真中

▼ 灰~ (2, 0.1%)

1 の翼, の重き裏門

▼ 灰~ (2, 0.1%)

1 の筋隈, の色

▼1* [192件]

いろかねずみいろかわからない, 灰いろで風は, 灰いろのけだものを, 灰お座敷の火鉢, 灰かいそれだ, 灰かと思えば, 灰かのような, 灰からさえ生ける人間, 灰がちな下, 灰がまだらについて, 灰むりのおさまったあとにはふたたび, 灰こそよき藁灰, 灰こり塗らば正, 灰さえやはり落ちず, 灰さえもなかった, 灰さながらの味, 灰ざらがありました, 灰趾を, 灰ろみ, 灰じゃありませんか, 灰すなわち信州で, 灰だけでも殘つてゐる, 灰だったのです, 灰だのひでり, 灰だめる氷雨雲空, 灰だらけ娘のくせ, 灰だろうという話, 灰ぽくくもつ, 灰であったと判り, 灰でうづめて自分だけ, 灰でございますが忰, 灰でございやす先刻番頭さんに, 灰でしかない, 灰ですが唇, 灰でなくてはならないだろう, 灰とか人買とかいう, 灰とがうず高く, 灰としてはまず第, 灰とだけが残りました, 灰とても面白から, 灰とより人間を, 灰ので紺灰, 灰なかったから, 灰なく生きながら, 灰なぞをすると, 灰など頗る多く, 灰などで十五センチくらい, 灰などは難有, 灰などを作って, 灰ならしのこと, 灰ならしと同じで, 灰なんぞが出来るはず, 灰にさえかず書くよりも, 灰にしかならぬ高価, 灰につき刺しながら, 灰にへのへ, 灰にやなりぬらむと, 灰ぬけしてき, 灰のうづたかく, 灰のみ白き墓, 灰のみがあった, 灰のみしか彼女の, 灰ばかりと思い入って, 灰ばんだいろをした, 灰ふり落して, 灰ほどの尊さ, 灰または掘上し乾, 灰までが俺の, 灰までをお銭に, 灰もこそよきしかれ, 灰もて盛り成したる, 灰もろ共に払, 灰やら犬の, 灰よけに傘を, 灰よりはこの榎長者, 灰をかぶつた, 灰をば束ねたよう, 灰をも受けない者, 灰降ルッテ云ウノニ沢山生ンダッテ仕様ガナイジャアリマセンカ, 灰ザーミとの場面, 灰同ニセン, 灰をせせり, 灰乾シトシ又ハ熱湯, 灰事件の謎, 灰を動す, 灰今冷やかなる其の, 灰会所のかどを曲っ, 灰に帰した, 灰入れを包ん, 灰円錐体に掛か, 灰なるの, 灰包みのまん中, 灰を立て, 灰十日ひでりの, 灰は炉端, 灰山の, 灰及び燒け, 灰受けを捧げ, 灰を埋めいた, 灰吹きでぽんと, 灰土山古墳の如き, 灰の中, 灰を沈める, 灰埋ずむればすなわち, 灰墨のにほひ, 灰を打ち, 灰多く雜れり, 灰夜一枚でおり, 灰のこと, 灰宇呂武和水而飲焉中古而来王已即位必択吉日偏召群臣於護国寺令飲霊社神文之水, 灰寄せの人夫, 灰小屋此方は生垣, 灰小平が強談, 灰にいる, 灰屋様のお誘い, 灰という所, 灰帽子峠の口, 灰座問屋というの, 灰座奉行をやっ, 灰式唯物的探偵法の創始者シャーロック, 灰の男, 灰心滅智の羅漢, 灰抔敵よりなにか, 灰けのした, 灰振いで振っ, 灰振り落して, 灰掃けば, 灰掻棒みたいなもの, 灰新聞のきれ, 灰さを, 灰有り燒け, 灰へあけ, 灰止めの近く, 灰殻壺の中, 灰の大きな, 灰水色の制服, 灰の, 灰洗いにし, 灰浮石等噴出物落下の爲め, 灰しの, 灰消え残りの火, 灰の中, 灰溜りに眼, 灰濁みて, 灰瀑布がある, 灰焼一人採薪四人, 灰の降りそそぐ, 灰燒ケ木等ヲ以テ證スベシ, 灰片付け食料運搬等の, 灰らる, 灰田勝彦を誘っ, 灰白かったが, 灰白光を放つ, 灰白質を養う, 灰だ, 灰立ちあがりて盛, 灰は塵, 灰がたとえ, 灰の帆, 灰細工だの, 灰色っぽく浅瀬が, 灰色とりどりに鮮明, 灰色めいた明りは, 灰など本草, 灰茸鳶茸坊主茸の類, 灰草色の暗鬱, 灰華石のアラ, 灰蚊遣香などの荒物, 灰衣托鉢僧団の祖師フランシス, 灰見たいなものが, 灰買いなり仮親に, 灰質集塊岩の美事, 灰道連の小平, 灰遺恨禍源猶未, 灰部屋のそば, 灰鋳鉄のいかり, 灰関東の野, 灰降るといふも拿破里, 灰除けにかかっ, 灰から其の, 灰集塊岩より成り, 灰雨上里春生伊波文雄桃原思石歌人の石川正秋, 灰ひ落としたる侯爵, 灰の埃及人, 灰頭土面して, 灰頭土面の消息裡, 灰の張る, 灰黍稈の灰, 灰黒い布を, 灰黒く煙って, 灰黒色胸と腹, 灰鼠焦茶