青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「灯~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

濡れた~ 瀬~ ~火 火~ ~火事 火事~ 火星~ ~火鉢 火鉢~ ~灯
灯~
~灰 灰~ ~灰色 灰色~ 災難~ 炉~ 炎~ 炭~ ~点 点~

「灯~」 6494, 70ppm, 1623位

▼ 灯~ (1583, 24.4%)

77 ついて 35 ともって 24 見える 21 見えた 20 消えて 18 点いて 16 はいって, 見えて, 點い 12 微かに, 消えた 11 入って 10 ついた 9 もれて, 動いて, 点って 8 入つて, 射して 7 つくと, ともった, チラチラと, 点々と, 輝いて 6 かすかに, ちらちらと, ぼんやりと, 洩れて 5 つきました, つく, 入る, 映って, 消えると, 点くと, 見えると 4 あかあかと, うつって, ともると, またたいて, 入った, 漏れて

3 [32件] きらきらと, ちら, ついたの, ついてから, ともりました, ともる, ないから, なかった, にじんで, はいると, ぽつりと, まばらに, ゆら, ゆらゆらと, キラキラし, チラついて, ユラユラと, 一つ, 二つに, 妙に, 往来へ, 揺れて, 明るくつい, 水に, 流れて, 消える, 点いた, 点く, 点されて, 煌々と, 瞬いて, 静かに

2 [86件] あたりを, あった, あって, あつた, あつて, あれば, いっぱいつい, かがやいて, きらめいて, さした, さして, さすもの, ちらつきまだ, ついたり, つきそめて, つき出した, つき路地, つく頃, ともされた, ともされて, ともったよう, ともり, ともり出した, なくては, ならんで, はいッ, ふっと切れ, ほのかに, まだ消えず, みえた, みえる, みんな消える, やっとついた, チラチラ見える, チロチロと, ボッと, ポチと, 一つと, 一時かつ, 一時かつと, 一時に, 一杯に, 下に, 丘の, 仆れた, 入ると, 噴水の, 多くつい, 大勢の, 川に, 左右に, 急に, 投げられる, 明滅し, 映えて, 暗い, 暗い部屋, 橙色に, 次第に迫っ, 欲しいな, 気の, 洩れる, 流れた, 消えそう, 消えたと, 消えるの, 滲んで, 点々として, 点いてから, 点る, 無くて, 空に, 窓から, 細雨を, 見えたかと, 見えたの, 見えたり, 見えた嬉し, 見えるが, 谷底の, 足もとに, 遠くに, 闇夜に, 離れて, 霧の, 魚の

1 [866件 抜粋] あおられて, あかつきまで, あかるく點, あたりに, あちこちの, あつてあつしも, あまりに暗い, ありますので, あるし, あるやう, あるランプ, いかに辛く, いっさん, いつもより, いつも背後, いれて, うかんで, うごいて, うすあかく天井, うちふられ, うっすりと, うつりそれ, おびえたよう, お雪, かんかん点い, きゅうに, きらきら賑, くらいため, ぐらぐらと, こころもち動い, ことに霧, この跳躍, こんなところ, さかんに, さしたよう, さして四五人, さして提灯, さすから, しきりに揺れた, しどろもどろに, しばらく点い, じいと, じっと位置, すいすいと, すうっと, すこし黄, そこここの, そこだけ, そこにも, その厚み, その火屋, その灯かげ, それな, たが, たしか甘酒茶屋, だしぬけに, だんだんに, ちかちかと, ちかちか光っ, ちよつと, ちらちらし, ちらちらしてた, ちらちらする, ちらつき耳, ちらほらと, ちらほら紅く, ちらりほらり点い, ついたという, ついたまま, ついたらどんな, ついたら銀, ついた時分, ついてなくて, ついてるね, つきそして, つきつづいて, つきれば, つき始めたが, つき蓄音機, つくの, つけっぱなしである, つけっぱなしに, つけられた, つづいて, てらと, とどかなかった, とまった荒れ屋敷, ともったころ, ともったその, ともってから, ともり始め白い, ともり王, ともり白衣, ともり美しく, どこからとも, どんどん後, どんなになつかしく明るく, どんなもの, なか, なくそして, なくまた, ななめに, ぬっと顔, ぬれた青葉, のびて, はいったばかりの, はいり土, はいり武器, はいれば, はためいた, はるかに, ぱっと明るく, ぱらぱらと, ぱッと, ひとつ点った, ふえる, ふっと消えた, ぶっちがう, ほしいと, ほしかった, ほのかな, ぼうっと障子, ぼうっと霞ん, ぼうとして, ぼんやりつい, ぼんやりともっ, ぽち, ぽつぽつつきだし, ぽつりぽつりと, ますます殖え, またたきだした, またたく, また現われた, まだ眠っ, まっ直, まばたいた, まぶしいよう, まぶしく目, みえ悲劇, もうすぐ先, もう消えた, もし生きる, もれ, ゆらめいて, ゆらめき凄惨, ゆらゆらゆらめきました, ゆるやかに, ゆれると, よけいに, わずかに, カンカン点い, キラキラと, サッと流れ, シネラリヤの, ジュウジュウと, スーと, タッタ一つと, チラと, チラチラ見えだした, チラチラ見わたされた, トラホームの, ドロリと, パツと, フッと, ボンヤリ夢の, ポッカリと, マダムの, メラメラと, 一つあ, 一つあれ, 一つずつ, 一つつい, 一つに, 一つぼうと, 一つポチと, 一つ冴え, 一つ明滅し, 一つ点る, 一つ現れました, 一つ薄, 一つ見えた, 一つ見える, 一つ點る, 一ツあれ, 一ツ風に, 一度に, 一時かっと, 一直線に, 七つ八つうごい, 七八間も, 三つの, 三つ四つきらめい, 下から, 下って, 不気味な, 中の, 中央に, 二つという, 二つ三つ水平線上の, 二列に, 五六人ずつ, 人の, 仄, 仄白く, 今夜は, 低く一つ, 何が, 俄かに, 僅かに, 儚いもの, 入ったよう, 入った刹那, 入つて豆腐売, 入りました, 入り人影, 入り暗く, 入り砂漠一面, 入ると共に, 全シナリオ, 其処此処に, 冴えた, 凍らうと, 凩に, 出して, 別に点滅, 前方から, 力なく, 十五六も, 危いから, 右の, 右へ, 向うから, 唯ちら, 四角や, 地上に, 墨の, 夏に, 夏萩の, 夜おそく, 夜光虫の, 夜空を, 夢の, 大きな円, 大格子, 女の, 女坂を, 宗近家の, 室町将軍の, 射したほの, 射す, 小さくぼやけ, 小さく遠くなり, 小さな胸, 尽きる北, 山の上から, 嵐が, 川から, 左右から, 幽かに, 幾つも, 床の間の, 廊下に, 弱い光, 往来を, 待って, 微暗く, 怪鳥の, 恐しく暗く, 戦ぎ立って, 手に, 据った, 掠めて, 揺ぎも, 揺らぎ出して, 揺れ線香, 搖いで, 散在し, 新しい油, 新らしく, 早くも, 明るい中, 明るく処々, 明るく半ば納戸, 明るく輝い, 映えたよう, 映つて情趣, 映り大きな, 映るか, 映ろうの, 時々薄暗く, 暁近く, 暗い水, 暗い空想, 暗い闇, 暗くし, 曲って, 最後の, 月の, 朧に, 松葉の, 果してワラタ, 柔いせい, 横に, 橋を, 次第にふえた, 次第に明るく, 次第に燃え, 次第次第に, 欲しいやう, 死体へ, 気味の, 水にも, 水の, 決して自分, 沖の, 沢山附け, 油を, 洩れた, 洩れる家, 流れはじめた, 流れ出しはじめた, 海に, 海面を, 消えか, 消えたから, 消えたって, 消えてから, 消えては, 消えなん, 消えました, 消えようと, 消えること, 消える直前, 消え切符売場, 消え戸, 消え犬, 消え間もなく, 消された瞬間, 消し忘れられ, 混って, 港の, 湯気曇りした, 滲み出て, 漂って, 漲つて, 漾って, 潤んで, 灯が, 点々し, 点々畷に, 点いたが, 点いたやう, 点かなかつた, 点きに, 点くも, 点く設備, 点された, 点ぜられて, 点った, 点ってこそ, 点つて夜と, 点の, 点りだした, 点ると, 点るという, 点れたが, 点火した, 無いから, 無くては, 煙, 照って, 熱しすぎないよう, 燃えお, 燃え立つたので, 燈って, 燦い, 燭つて直ぐ, 片面を, 現われたの, 生物の, 用意されました, 疎かつたに, 痛いほど, 白くなる, 白けて, 皆点いた, 相対し, 眉まで, 眩しくそれ, 瞬いた, 瞬いてるすぐ, 矢の, 私の, 立って, 立て掛けて, 紅い, 細くし, 絶対に, 縒れ合って, 美しい, 美しかつ, 美しく見え, 羨ましくなる, 耳の, 胸の, 腰から, 茫と, 蒼白い霧, 薄く雪, 薄らに, 薄暗く揺れ, 薄赤く, 蘆の, 蛍の, 蜘蛛の, 蠢いて, 街道の, 襖へでも, 見えすぐ, 見えたといふ, 見えたので, 見えたんで, 見えてから, 見えない, 見えなくな, 見えなど, 見えはじめて, 見えましょうあそこ, 見えます, 見えますけん, 見えますよ, 見えまする, 見えようと, 見えるあたり, 見えるかねと, 見えるから, 見えること, 見えるだけ, 見えるでございましょう, 見えるという, 見えるなあ, 見えるので, 見えるわ, 見える事, 見える時, 見える道理, 見える部屋, 見え何やら, 見え初めた, 見え始めた, 見え蓄音機の, 見へるわよ, 見ゆるの, 見わかず一本, 見事に, 見当った, 言いました, 赤かった, 赤く点された, 赤に, 足の, 足りない手燭, 踊る, 輝き出して, 近づいて, 近づく, 透けて, 這入ったばかりの, 這入つて, 這入りまして, 連つた所を, 運ばれ湯漬け, 道から, 遙か, 遠くの, 遠く港町, 遠く雨脚, 部屋の, 金網の, 鋩子先に, 長く影, 間近に, 闇黒に, 附いてるよ, 隙間風に, 難破船の, 雪子姉さんの, 雪解けの, 電気に, 靄を, 青くまた, 青白い光, 静寂な, 非常な, 面の, 音も, 風に, 飛行島の, 黄色に, 點き

▼ 灯~ (1332, 20.5%)

43 消して 36 入れて 33 つけて 27 見て 22 持って 16 受けて 15 ともして 12 点けて, 眺めて 11 持つて 10 消した 9 たよりに, 見つめて, 見ると 8 目あてに, 見ながら 7 点して, 見せて, 貸して, 近くへ 6 つけた, ともした, 慕って, 明るくし, 眺めながら 5 うけて, かかげて, かざして, 入れた, 吹き消した, 吹き消して, 点ける, 点じて, 背に, 見つめながら

4 [11件] いれて, つけた食べもの屋, とぼして, みつめて, もって, 入れると, 入れるの, 映して, 消しに, 消すと, 過ぎ小さな

3 [30件] いれると, けして, つけると, ともしながら, ともす, ながめて, 中に, 便りに, 借りて, 呼ぶ声, 女房達に, 手に, 掲げて, 消し, 消し戸, 消せ, 点けよう, 点した, 片手に, 移して, 綴っては, 置いて, 見詰めて, 規則以外に, 貸せ, 避けて, 頼りに, 點けた, 點けて, 點ける

2 [70件] あげて, いつまでも, うけながら, うつして, お道, かかげた, かきたてて, かざしながら, かして, かばいつつ, くらくし, さしつけて, たたきつつ, ちらつかせながら, つけたま, つけたもの, つけます, つける, つけろ, とぼした, とぼす, ともしたの, ともしたよう, ともしたるに, ともした船, ともすの, ながめると, ふき消して, ふって, ぶら下げて, フッと, 中心に, 伏せて, 何時までも, 入れに, 入れる, 入れること, 出して, 反射し, 取って, 叩き落すまでの, 呼んだ, 慕うて, 挑げて, 明るくともし, 浴びて, 消したの, 消しても, 消しました, 消すこと, 消そうと, 点けた, 点けなけれ, 点しなど, 点じた, 点じたの, 用いて, 用意し, 目に, 網戸に, 背中に, 行燈に, 見つけた, 見つけ汁粉, 見付けて, 見出して, 認めた, 買って, 過ぎれば, 高くかかげ

1 [670件 抜粋] あおいで, あおり立てたとき, あおるたび, あかくつけ, あさるわしゃひとり虫, あちらの, あちら向きに, あてに, あびさそうよう, あびて, あびるほど, いただくこと, いれた, いれようと, うけた顔, うしろに, うち落とす, うんと明るく, おとして, おののかせて, かがやかす両側, かきあげて, かきたて, かき立てて, かけられようと, かけるぞ, かけるつもり, かざしたまま, かばいながら, かばって, きらめかせて, けすと, ここへ, ことごとく消し, さえぎりたくても, さがして, さきに, さげて, さしつけた, さしつけよく, さし上げて, さし入れるは, しずかな, しょった顔, しらべて, すかして, すべて消し, その上, その位置, そむけて, それとなく何度, たずさえて, たよるよう, だきしめて, ちょっと見返っ, ちりばめて, ちろちろと, つかった照明灯, つくれば, つけい, つけさせた, つけずに, つけず真暗, つけたから, つけたの, つけたはたご, つけたまま, つけたバアふう, つけた低空飛行, つけた夜汽車, つけた書店, つけた漁船, つけた羅針盤, つけた部屋, つけた電車, つけてから, つけないから, つけないその, つけない動坂, つけない深夜, つけない窓, つけました, つけましたから, つけよう, つけること, つけるときマッチ, つけるとって, つけるよ, つけるわけ, つけるん, つける度, つける等, つける間, つらねて, つらねながら, つりさげて, てりかえして, てり返し空, とぼさんの, とぼすもの, ともさせた落着きぶり, ともさないの, ともさんとして, ともし, ともしあと, ともしたまま, ともしたり, ともしたるなど, ともした支那そば, ともしても, ともしはじめた古駅, ともし昼, ともし樹, ともし潤子, ともすなとは, ともすまでの, ともすよう, ともす石燈籠, ともす者, ともす頃, とりまいて, とりもちて, なおしそれから, ながめた眼つき, はさんで, はなれて, ひたひたと, ひっくりかえしったら晩, ひろったので, ふき消し水, ふき消す, ふりかざして, ふりながら, ふりむいて, ふわりと, ぼんやり眺め, ぼんやり見送った, みて, みると, みる頃, むけました, めがけて, もそっと手もと, もっとこっち, もっと振れ, もっと殖やせ, もて, ようやくふっと吹き消した, よぎる衣冠, よび照らし見れば, ギラギラと, 一つずつ, 一つ見附けた, 一瞬に, 上げて, 下しこれ, 両側に, 二人の, 仰いで, 何遍と, 作ったが, 便に, 側へ, 傍に, 入れたばかりの, 入れた後, 入れた時, 入れなかったな, 入れながら, 入れなければ, 入れぬ, 入れぬイヤ, 入れました, 入れようとして, 入れるし, 入れるにゃ, 入れれば, 入れろ, 入れ終って, 入れ蚊遣, 入れ骨, 全然無視, 全部吹き消し, 其の胸, 写すよう, 出した家, 出しな, 列ねたり, 剪らせ, 剪り, 割いて, 包んで, 半透明, 半顔, 卓子の, 卸す頃, 取りだして, 取りて, 取り上げた, 受けた靨, 受けつつ, 受けピカッ, 吊りおろして, 向けて, 向けぬ家桜, 君が, 吸って, 吹かれて, 吹き消し, 吹き消しました, 吹き消す時, 吹き軒, 吹っ消した, 吹ッ消しました, 吹消した, 吹消したまい, 周馬が, 呼ぶ呼子笛, 呼んで, 囲んだ若干, 執る, 増し折, 壁の, 外向け, 夜ほか入用でない, 大きくし, 大事に, 失った思い, 奉納し, 奪って, 守りつづけて, 射る, 小さくやっと, 山の上から, 左手で, 左手の, 左舷に, 差出して, 差出すん, 差置くと, 幸, 広い掌, 庇いながら, 強みダリヤが, 往来に, 後ろに, 忍び足に, 思いだしながら, 思ひだしながら, 恋ひ, 恐がるかの, 感じた, 慕ったこと, 慕つて飛ん, 慕つて飛上り体が, 打った, 抱き, 抱へて, 持たして, 持たせて, 持たせないの, 持った先導, 持て曲者, 持て灯, 指した, 指して, 挑ぐ, 挟んで, 振り返って, 捜し出しては, 掛けて, 探りあてて, 掲げその, 掻きたてなければ, 掻き立てた, 掻き立てながら, 揺り動かしたまるで, 摺って, 放ち薄汚, 数えて, 数町の, 早くつけさせ, 早く持っ, 明かるく, 明るくした, 映したその, 映した宵, 映した金色, 映す堀, 映す柱, 暗くした, 暗くする, 有明の, 望む趣, 望んだ際, 望んで, 横ぎって通夜を, 横に, 横目に, 檣に, 此方へ, 比較する, 求めて, 求める声, 求め求め難き, 浅く受け, 海水の, 消さずに, 消さないという, 消さない飲食店, 消さなかったこと, 消されたショウウィンドウ, 消されると, 消さんと, 消したま, 消したまま, 消したり, 消したガラス, 消した闇, 消してからも, 消しましたね, 消しますと, 消しドア, 消し廻ります, 消し得る者, 消し月, 消し残す, 消し自分, 消す, 消すぞ, 消すだらう, 消すとて, 消すので, 消せば, 湿らせて, 満面に, 滅し, 滲ませれば, 潜るよう, 澤山ともし, 濡らして, 灯した模様, 灯を, 点けさした, 点けたの, 点けたばかり, 点けたまんま, 点けたもの, 点けたやう, 点けに, 点けました, 点けましょう何処, 点けよとぞ, 点け善, 点させてから, 点したやう, 点したよう, 点したるこれ, 点じたる後, 点じては, 点じても, 点じ枕許, 点じ給, 点じ隠し穴, 点す, 点すと, 点すよう, 点す手数, 点ず, 点火し, 無理に, 照らして, 照らしながら, 燃やし尽くして, 燃やす愚, 片すみの, 献じた, 用いても, 用ひ, 画の, 番頭の, 白めて, 皆な消しました, 皆消せる, 目がけて, 目がけ馳, 目懸け, 目當に, 目的に, 相手の, 眺めさらに大いに, 眺めし頃, 眺めた時, 眺め始めた, 眼で, 睨み上げて, 瞻った, 知って, 磨って, 移す, 積んだ船, 窺う不良児, 綴つては, 縫うて, 置きまして, 翳した片手, 翳して, 而も, 肩から, 肩に, 肩の, 背景に, 背負って, 背負つた五十年配の, 自分で, 若木の, 蝙蝠が, 裂いて, 要せず不夜城, 覆うた裲襠, 見かける様, 見せぬ, 見せませうと, 見たかったけれど, 見たかったけれども, 見たくつろぎも, 見ただけ, 見たとき, 見たとは, 見たの, 見たので, 見つけた位, 見つけた時, 見つけて, 見つづけた, 見つづけながら, 見てから, 見なさい, 見ますと, 見やって, 見るおもしろ, 見るという, 見るとともに, 見る夕, 見る時, 見上げて, 見付けてばたり, 見付けろ, 見出した時, 見詰めながら, 見詰めると, 見返りそれから, 視詰めた, 覗いたこと, 覗かせて, 計算し, 試験した, 認めたの, 認めるがい, 貰い我々, 貰つて來い, 踰えて, 身が, 車室に, 迎へ, 近々と見せ, 近くともし, 近づけた利助, 近づける, 追うて, 追ってまっしぐら, 追って行った, 追つて, 透間なく, 造りまたは, 進ぜるって, 運ぶ, 道路に, 遠いうしろ, 遠くから, 遠くへ, 遠のける, 遠方此方に, 遠見に, 配した花, 鋪道に, 鏤めて, 闇に, 附けて, 除いては, 雪洞に, 霞める, 頭で, 頼りて, 食って, 高くかざし, 高く掲げ, 鳥渡拝借し, 點け, 點けては

▼ 灯~ (1313, 20.2%)

72 下で 62 下に 36 中に 23 光が 20 影が 16 ついて 13 ように 12 中へ, 前に, 方へ 11 光に 10 色が 8 かげに, なかに, 光で, 光の, 影に, 影も, 影を 7 かげが, かげは, そばに, もとに, 下を, 光を, 色を 6 やうに, ような, 消えて, 色は 5 さして, 光りを, 影の, 影は, 明りに

4 [12件] ともって, なかを, まわりを, 下には, 下の, 下へ, 光も, 光りの, 影で, 方を, 明りを, 点いて

3 [23件] いろを, ない部屋, ひかりが, ひかりで, もれて, スイッチを, 上, 下では, 中から, 中で, 中を, 側に, 光は, 光りが, 光りに, 心を, 洩れて, 町を, 色と, 色に, 蔭に, 見えるところ, 點い

2 [72件] あかりで, あるところ, いろが, うごく見ゆ, かげも, かげを, ために, ついた一軒屋, ついた島, ついた提灯, ついてから, つきそめる頃, つく頃, ないところ, ない街, にじむ油障子, ひかりに, ひかりの, ほうへ, ほのかに, まえに, もとで, もとの, もとを, もる家, やうな, 入つた提灯, 前の, 加減で, 台を, 唯一つ薄暗く, 多い隼町, 夜の, 少し大, 山の, 幽に, 影から, 支度を, 数は, 数も, 明かりしかば, 明りが, 明りで, 暈を, 暗号を, 柱の, 梢に, 波を, 海を, 消えたの, 消えたよう, 消えた廊下, 消える刹那, 渦が, 火で, 火に, 灯が, 灯を, 点くまで, 点つた, 用意を, 穂が, 翳みたいなボヤけた, 蔭から, 蔭で, 街, 街の, 見える所, 見える方, 角度が, 間を, 風景が

1 [599件 抜粋] あいだを, あかりが, あかりに, あかるい光, あかるい往来, あかるい村, あたりが, あたりを, あとは, あひだ, ありますの, あるため, あるもの, ある周囲, ある場合, ある宵, ある所, ある部屋, いたずらです, いろさえ, いろと, いろとは, いろに, いろは一と, うち一つが, うつる八幡樣, おかげどうやら, おもっただけでも, かげから, かげで, かげの, かげ一つ, かさに, かたまりが, かんかんつい, きえた邸, きらめきを, くすぶる紫いろ, ことに, こないその, ごとく膝, ごと心もとなし, ささえようすら, さした庭, さし入れられる, さすところ, さす窓, さす道理, しょぼしょぼした, せいか, せいで, せいも, そばへ, そよぎは, ちらちらし, ちらちらで, ちらちらであろう, ちらちらと, ちらちら映ってる, ちらつくの, ちらつく暗がり, ちらつく頃, ちらりとする, ついたところ, ついたはじめて, ついたまま, ついたよう, ついたランプ, ついたローソク, ついた三味線, ついた六畳, ついた大きい, ついた家, ついた小さな, ついた所, ついた教室, ついた深夜, ついた満員電車, ついた病室, ついた窓, ついた部屋, ついた電車, ついた食卓, ついた食堂, ついてるレストラン, ついてる所, つかぬ五時ごろ, つきそめた町, つきそめた裏街, つき初めたすがすがしい, つき初めた巴里, つき始めたすがすがしい, つき始めた山下辺, つき始めた浅草, つく, つくころ, つくの, つくまでも, つく三丁さき, つく刻限, つく安, つく想い, つく時刻, つく街, つるしぼう, と, ところに, ところへ, とどかないところ, とどくよう, ともしく映る, ともったクラブ, ともった一つ, ともった切抜万燈, ともった臨時電車, ともってる賑, ともつたローソクが, ともつた室, ともるもの, ない侍部屋, ない倉庫, ない夏, ない屋なみ, ない店, ない汽車, ない田舎, ない行燈, ない裏長屋, ない闇, においが, にほひ, のつ, はいった常, はいった河豚提燈, はいった行燈, はためきが, はては, はひり, ひかりと, ひかりは, ひかりも, ひかり彼, ひそやかな, ほうから, ほかには, ほっか, ほのかな, ほやの, またたき, まだら, まちの, まったく消えた, まったく見えなくなった, まばゆい電車通り, まわりに, もれる二階, もれる宿場町, もれる道場, やうにも, ややほのか, ゆれるの, ようだ, ようです, よく届かない, よるべ, イルミネーション, オーロラが, スイッチが, スタンドが, ストックホルム, 一つが, 一つ二つ残れる, 一杯に, 一燦の, 上で, 下, 下ごとに, 下でだけ, 下にこそ, 下にて, 下まで, 下書に, 下珍味の, 下顔子狗の, 世界であった, 中水の, 仕度は, 付ように, 代りに, 代りを, 側まで, 傍で, 傍に, 傍へ, 催促も, 光, 光それが, 光だ, 光だけに, 光です, 光などは, 光ばかりに, 光りだけで, 光りで屹, 光りは, 光線も, 入ったばかりの, 入った夕暮, 入つた市街, 入るまで, 入る時分, 入る頃, 列が, 列は, 前じゃ, 前を, 割には, 力の, 動揺する, 勢の, 半分を, 台, 台としか, 台は, 向うへ, 周囲に, 周囲を, 垣や, 堵列, 外は, 多い大, 多い明るい感じ, 多い町, 多い街, 多い黄浦江, 多くついた, 如く細く, 孤座に, 宵早き, 寿命は, 射すやう, 射すよう, 小さい影, 少いここら, 少くな, 屆いた, 屆か, 屆く, 届かない隅々, 届くところ, 届く距離, 巷, 巷へ, 巷を, 廻りを, 影ここまでは, 影には, 影暗, 影響を, 役目を, 心細い寒夜, 感じだ, 戸を, 所まで, 手入れを, 揺めく, 揺れるの, 揺れるほど, 搖れるの, 散ったその, 数々と, 数に, 数の, 数ほど, 文字が, 方に, 明で, 明と, 明り, 明りでも, 明りと, 明りも, 明るいべ, 明るい室内, 明るい店, 明るい座敷, 明るい油井, 明るい町, 明るい街, 明るい辻, 明るい酒場, 明るい電車, 明るい電車路, 明るさ, 明滅が, 星が浦, 映って, 映つた水の上, 映るその, 映るの, 映る加減, 暗い, 暗いにも, 暗いのに, 暗い下, 暗い光, 暗い明るみ, 暗い植半, 暗い鬱陶しかるべき, 暗くなる, 朦々と, 来る前, 様な, 横で, 欲しいほど, 欲しい薄暗い昼, 残像と, 気の, 気を, 汽船だ, 沢山の, 油が, 油こそ, 油つり道具まんいち, 波の, 洩る家, 洩れぬよう二人, 洩れる, 洩れる房, 洪水が, 洪水の, 流れる二階, 海が, 海だ, 海です, 海に, 海は, 海上は, 消えたあの, 消えたボート, 消えた仲店, 消えた時, 消えた暗, 消えた自分たち, 消えた部屋部屋, 消えない前, 消えるの, 消える前, 消える時, 消されたの, 消された家, 消されて, 消ゆるたゆ, 涼しい夕まぐれ, 淋しい茶店, 淡い光, 港である, 滅入, 滝の, 漏れたの, 漏れて, 漏れるの, 火にかけて, 火にも, 火光ばかりで, 火屋紙厚紙皮の, 火影が, 灯だった, 灯先に, 炎の, 点いたエンジケイタ, 点いた下, 点いた室, 点いた店, 点いた方, 点いた洋燈, 点かぬ部屋, 点くか, 点くころ, 点くの, 点く見れば, 点く頃, 点された中, 点った大広間, 点る頃, 点在だけに, 無い二階, 無い梯子, 無い横町, 無い船, 無い輕舸, 無き町, 煌めくとき, 照し出す, 照り返しを, 照射を, 熱に, 燃え流れる瞬間, 燦光が, 燭つた室で, 片影に, 片影にな, 狙を, 玉が, 珠と, 珠は, 町である, 百合が, 目ば, 目当ぐらいは, 真下で, 真下に, 瞬くの, 碁盤目であった, 祭典は, 穂を, 空に, 笠に, 笠を, 粒々や, 細きより, 細るまで, 緑の, 線が, 線を, 縞が, 美しい巴里, 美しく見える, 美しく輝い, 美しさ, 聚落が, 聲も, 船に, 船を, 色からばかり, 色などを, 色にも, 色までが, 色沈み, 色種々, 艶めかしい, 菜種油の, 蓋が, 薄い光, 行列を, 行手を, 街とも, 街へ, 街を, 街恋し, 見えた地点, 見えて, 見えないやう, 見えること, 見える大通り, 見える方角, 見える桟橋近く, 見える機関室, 見たい欲, 見ま, 見ゆるや, 許に, 賑わいに, 赤いの, 赤いランプ, 赤い動く, 赤い灯, 赤さ, 走るさま, 輝いて, 近くへ, 這入った霧, 連り, 遠くに, 遠くまたたく, 遠ざかる美し, 遲い, 鈍い光, 鉄柱の, 鉄梯子を, 長くつ, 附いて, 陣は, 陰に, 集りが, 雫を, 青い光, 青い光り, 青ざめた光, 青ざめ渡る夏, 額際が, 飾りの, 香油は, 高きは, 高さ, 黄味を, 黄色と, 點いた, 點け, 點る

▼ 灯~ (368, 5.7%)

17 消えて 6 点いて 5 ついて, 消して 4 暗の, 點い 3 なかつたの, 消えた

2 [12件] だんだんと, とぼしつつ, どこにも, どれも, ないが, ゆらゆらと, 吹くと, 多しも, 左右から, 明うし, 沿岸の, 禁物だ

1 [297件] あっしが, あつた, あの高, あまねく共和, あまりに冷酷, あれで, いつか有明けめい, いつか風に, いつの間にか消え, いつもの, いつもより, いつも点け放しな, いよいよ明る, いらっしゃるしるし, いらない, いらないと, いらぬ, うす明るい影, うるんで, おりおり下さま, お寺, お濠端, かき立てられて, かねて帆村, けされて, けむれども, ことごとく消え, この時分, ごった返して, さながら動かない, しだいに先, すぐそこ, すぐにみえなくなつた, すぐ二人, すでに断崖, その先, その卑小, その月, その炎, その真正面, それに, そんな大きい, たいがい寺の, たお, たった一つ, だんだんに, ちかっと, ちさし生き, ちらちらと, つけてない, つけないでね, とうに消され, ともさないと, ともされずに, ともり, どうしてあんなに赤く, どうも心持ち, どこかの, どこからも, どこに, どこのも, どちらが, ないか, なくて, なくても, なく天皇, なしもう, なびくよう, なんだ, なんとなく彼女, はいり始めたが, ひく, ひそまり散会, ひっくりかえしたり, ひっくりかえるとともに, ほのかに, ぼっとともっ, ぼやけて, またたいて, またたき, またたきも, またたきテカテカ, また消えかかる, また點, まだ後ろ, まだ白く, まるで暗い, みえんか, みながら, みんな點けられ, もうさっき, もうすっかりともされ, もう十間, もう目, もう眼, やがて動き出した, やがて境, やがて道頓堀川, やや一条, ゆら, イルシ段丘の, チラチラした, パッと, フッと, 一つのこらず, 一ぺんに, 一度に, 一本の, 一體誰が, 丁字に, 三日の, 下から, 世にも美しく, 乏しくあちこち, 亥刻ずっと, 人の, 人間らしいもの, 仄かに, 今にも消え, 低く沈ん, 何事かを, 例の, 依然として生暖かい, 依然闇, 僅か十五六点, 僧たちの, 光なく, 入ったが, 入つて, 入らないでも, 入れて, 全く消された, 其處に, 冬の, 冷ややかに, 動かないで, 口金から, 台ばかりに, 右に, 君が, 吹きけされ外界, 吹き消された, 吹き消されて, 味方の, 地上を, 堀の, 塀に, 夕方宿から, 夜は, 夜霧に, 夜風に, 天の, 奥深く点い, 妻が, 客間のよりも, 室戸丸から, 容易に, 宿場に, 少しも, 届かぬ座敷, 届かぬ手探り, 山霧に, 建武以来初めて, 彼が, 彼方に, 往来まで, 後ろだった, 御法度だ, 微かに, 心を, 心細いもの, 思い思いに, 急に, 恐らく千分の一秒, 斜めに, 斜後ろから, 新しく酒, 明, 明滅す, 星を, 映えて, 普通の, 暖簾越しで, 暗いか, 暗い中, 暗い川音, 暗い庭先, 暗くなつた, 暗し某, 暮れてから, 曇り, 更けて, 木屋町から, 棕櫚の, 検閲点呼の, 横目付和田八之進の, 歓楽の, 此方の, 殖えた, 毎夜の, 水道尻の, 流るる蛍, 消えその, 消えたよう, 消えぬ, 消えました, 消えんばかりに, 消え不思議, 消え月, 消しに, 滅し, 滅前鮮らかな, 濃密な, 濠端の, 灯下を, 点かぬが, 点って, 点りません, 煙草の, 煤を, 熱り過ぎるね, 燦き出し, 狐火の, 珠玉なりと, 百千に, 皆紫つ, 皆隠しあり, 目を, 相当の, 瞬きも, 神戸よりも, 私の, 移動を, 稀に, 種々な, 窓から, 簡単な, 約十二哩背ろ, 細まっ, 美しいし, 美しい紫色, 美しく水, 舞臺で, 船室に, 芯だけが, 華の, 華やいで, 華やかだ, 薄い靄, 薄もみぢ, 藪から, 蛍ほど, 街に, 見えない, 見えぬが, 見えましたが, 見えるが, 見ましたがね, 詩子が, 谷の, 谷のむ, 豹吉の, 赤く戦い, 赤く点け, 赤く燃え, 赤く道, 赤く點, 赤と, 足元を, 軒より, 近く見え, 通常病気を, 逝きに, 遙か, 遙に, 遠し思切, 遥かに, 醉ひ, 関明神の, 陰ったよう, 雨の, 雪ま, 霧の, 青く柳, 青に, 静かに, 非常に, 風に, 風の, 館の, 首を, 香の, 駿河屋の, 高い家々, 高倉利吉の, 點け, 2が

▼ 灯~ (358, 5.5%)

10 照らされて 8 透かして 7 すかして, 照らして 5 透して 4 顔を 3 かざして, 照し, 背いて

2 [21件] あかるみどりの, そむいて, ギラリと, 光らせて, 光り沁む, 入る夏, 写った男, 反い, 影を, 映った, 濡れて, 照され, 照された, 照らされながら, 照らしみる向日葵, 狂ひける, 疎く崩, 縋りついた守宮, 見入って, 近づけて, 透かしつ

1 [266件] いくたび, いる夏, うす暗く照らされ, うつって, うつり影, おぢ, おぼろに, お吉, お湯あがり, お艶, かこつけて, かざした, かざしては, かざしながら, きらきらと, きらきら反射, さしむかえに, さへ, しても, しろそれぞれ, じっと眸, すえて, すかし乍ら, すすり泣いた, そこの, そそられて, その一本, その枯れた, その眼, そむけて, たぎるが, ただ松一つ, たまった油煙, だいじそう, ちかちかする, ちらりと飜, ちりばめられた式場, てらされた, てらされながら, てらしだされて, なったもの, なって, にじませて, にぶく光らせ, ぬれながら, はえた一筋路, はえるその, ひかれて, ひきよせられたり, ひらめいて, ほんのりと, ぼうっとなっ, ぼやり, ぼんやり照らされた, まさりたる淋しき, またがってる者, またたかせて, またたかれて, みいって, みると, むかって, むかひては, ものがなし毛糸編み, ものがなし毛絲編み, ゆらぐ淡い明る, ようやく脚, キラキラと, キラリと, チラチラと, チリと, 一層いかめしく, 二人の, 人の, 付する無し, 代って, 佇み何, 何でカフェ, 光る弓, 入る愚, 写る床柱, 切られ橋, 切り替ると, 別れると, 反映し, 名残りが, 向けられたその, 向って, 向つて, 向つて候鳥, 吸われこんだ気持, 吸われて, 吹きつけるよう, 噴けるなり, 大きな自分, 大刀を, 寄つて來た, 寄る夏, 寫し出された主人, 対して, 対って, 射し照, 對し, 屋号の, 彩られた徳島, 御目ざし, 心を, 応じて, 怯え両手, 惜しむふたり, 憧れてるの, 憧れる彼等, 抜け上がった額, 押し付けて, 挨拶した, 揺めき畳, 揺らいで, 揺れて, 文書や, 新版の, 明るいの, 明るい四条通り, 明るい障子, 明るかつ, 映えて, 映した, 映じても, 映って, 映つて, 映つて光, 映る一つ, 映る不, 映る男ら, 映る紙, 曝した, 曝して, 最も近しく親しかっ, 本艇は, 東洋が, 松ただ一つ一本松こそ, 染まり招かれた客たち, 格天井を, 横顔を, 沿うて, 泛い, 注意し, 流れて, 浮いた鏡, 浮いて, 浮かされて, 浮かせて, 浮かんで, 濡れた苔, 火を, 灯が, 点火した, 照らされたその, 照らされたの, 照らされた人, 照らされた側面, 照らされた妹, 照らされた怒った眼, 照らされた所, 照らされた方, 照らされた時, 照らされた次郎, 照らされた泰親, 照らされた秀蓮尼, 照らされた細君, 照らされた縁, 照らされた行水, 照らされた西瓜, 照らされた闇, 照らされぬ, 照らされ鏡, 照らしだされた怪人物, 照らしては, 照らし出されたの, 照らし出された妾, 照らし出された時, 照らし出された老婆, 照らし出す仏皆観世音, 照らし銀之丞, 照り映えたらその, 照れたから, 熊野灘を, 燦爛と, 牽きつけられるよう, 独り書を, 用いて, 男の, 白い影, 皆脊が, 盗人を, 目が, 目の, 目ばかりが, 眞直な, 真青な, 眼を, 瞬きたまう, 私は, 秘密の, 立って, 笑いさざめいた, 第二清開楼, 紙の, 紛れて, 美化された, 群れる虫, 翳つて苦し, 背いたま, 背いた小袖, 背いた美しい, 背を, 舌つづみを, 艶, 草の, 蒸し薫, 薄く紅紅, 薄ら赤く, 蛾よりも, 蝶々の, 要する直流電気, 見えた, 見えた目元, 見えるの, 見て, 見てか, 見る君, 見恍, 覺束なく, 読んで, 調えて, 貧相に, 踊る停車場, 輝いたに, 輝いて, 輝く琥珀色, 輝やかせ, 迎えられつつ, 近いた, 近いと, 近く話などを, 近づいて, 近づけると, 迷つて來る, 送らるるよう, 送る主, 透いて, 透かし見, 透かせば, 透けて, 透しました, 透しましたが, 透せば, 遠い, 遠きうすいろ, 遠く居る, 降る雨, 集って, 集つて来る, 集まり人, 集るごとくに, 青く染まっ, 飾られて, 黒く長くみだれる

▼ 灯~ (210, 3.2%)

5 つけずに 4 消えて 3 ない, 何にも

2 [13件] うつるなり子ら, ちらほらよりつい, ない小屋, ない廊下, なかった, なければ, 人も, 仄白ん, 今夜は, 消えた, 点つてゐない, 見えて, 見えない

1 [169件] あかつきを, あつた, いさり灯, いつか滅し, いつとは, いつの間にか点いた, いれましよう, うるむかと, おくみ, おもつ, かかげに, かすむ宵, ここまでは, この前, さして, さし菱, さやかに, それに, そろそろ始まりかけた, ついて, つけさせず壁, つけず抱き合って, つけず椅子, つけて, つけない空家同然, つけない部屋, つけぬ暗い, ともさずに, ともさない台所, ともって, ないから, ないこの, ない一間, ない中, ない何, ない夕暮, ない大きな, ない室, ない真黒, ない縁先, なき河畔, なくさしいる, なくまた, なく影, なく横, なく眩しい光, なく靜, なく騒がしい気配, なく黒く纜, ほの, またふっと, まばらに, みえない真, みな消え, みんな消え, もうすっかり消え, もとより多い, やがてひとつひとつ, やがてみな, やがて眼界, ややちらちらと, シートの, チョウチンの, バタバタと, ローソクの, 一つでは, 一歩エビス駅を, 不断より, 人声も, 今夜からは, 今宵は, 何も, 僅かで, 入つて, 入れずただ, 吉原通いの, 夙うに見えない, 少ないし, 差し上げなかったの, 幽かに, 広間や, 庵の, 役に, 微かだった, 微かに, 悉く瞋恚, 持たずに, 揺れ杯, 数世紀前の, 明るかった, 明るき無料, 明るみ出した, 昔日の, 暗い, 暗いから, 暗くなる, 暗ら, 朦朧と, 森閑と, 水ぎはに, 水の, 洩れては, 流る, 消えか, 消えしんかん, 消えそう, 消えたと, 消える, 消えれば, 消え吉原通, 消え家人, 消え果てると, 消え長平, 消されて, 消します, 涙の, 漏れず流, 澱んで, 火桶, 点いて, 点さない家, 無かつ, 犬が, 町の, 疎くて, 白, 白けると, 皆消え, 盛りながら, 真近, 眼を, 瞬かぬ野中, 私には, 絶えた, 絶えて, 綺麗だつた, 艶かしく川水に, 花瓶も, 芸術も, 薄れ, 薄暗くて, 薄暗く母, 薄茫然, 見えずぼツ, 見えず低き, 見えず前途, 見えだしたが, 見えない人家, 見えない壁, 見えなかった, 見えなくなって, 見えなければ, 見えるが, 見ゆる夕暮, 見ること, 辺りの, 近々と綴られてる, 遙か, 野も, 鐘も, 陰気らしく, 雨音に, 電灯では, 霜を, 顫える, 鮮やかに, 黄に, 黒い山々, 點い

▼ 灯~ (200, 3.1%)

8 の下, の蔭 7 のやう 5 の側 4 のよう 3 に灯, の傍, の灯, の笠, を提げ, 流し 2 があっ, があつ, だとか, の人物, の影絵, の火, の蓋, を転がし

1 [134件] かける絵, がありました, がふけ, がぶら下がっ, が一つ, が一基, が一基天井, が光線, が名, が多い, が春風, が点し連ねられた, が石, が置い, が舷側, が雨ざらし, じゃあねえ, だけは此方, だの上り框, だの六地蔵, だろう植木屋, ですが, ですよ, ではなく, というは形, となん呼做, とみそ萩, と右左, などあり, などといふもの, なり, にからんだ, にし, にもたれた, に夢中, に愛憎, に押し潰され, に書割, に被っ, に違い, のあたり, のうえ, のお話, のご, のまわり, のわき, のシルエツト, の三つ, の上, の下敷, の下敷き, の中, の傍ら, の光, の光り, の前, の前後, の古い, の台, の台笠, の垂れ紙, の姿, の形, の影, の数, の文, の消えし, の火かげ, の真下, の秋風, の笠石, の肩, の袋, の裾, の見物, の買手, の踊り, の頂上, の頃, はあ, はどかせ, はもう, は今, は余り, は出来, は引っくり返されました, は毎晩, ばかりお, へ立掛け, もまだ, も七百年, も古い, も植木, も花, やその他, や八手, や庭木, や野暮, をか, をかかげ, をさげ, をたてます, をつける, をもつくる, を下げ, を中心, を売る, を崩し, を座敷, を張り替え, を手向け, を打落し, を指します, を掛け, を提げた, を揺すっ, を睨め, を移した, を突っ, を突飛, を背負っ, を背負った, を背負わされ, を背負わせ, を背負わせる, を自分, を見, を見詰める, を転がした, を釣った, を除かせた, を頭, を首筋, 紅き出口

▼ 灯~ (127, 2.0%)

4 見ると

2 [11件] いろどられて, ちらりと見た, ほの, よけい真っ赤, 字が, 朧ろげながら, 松の, 煙草を, 照され, 見ても, 透かして

1 [101件] あかるい, あつた, おなかを, お初を, がっくりと, きらきらと, きらきら光つて, これに, これ等が, これ等の, こんな画, ござります, ご合図, しばしば男, そこと, そこらは, そして空, その姿, その灯, その邊, その顔, ちょいと, つながったと, てらされて, てらしながら, なしに, のみ照らされるもの, ふけた夜道, ほんのりと, ぼんやりと, ぽつりぽつり喋る, みると, むらむらと, よく見えた, よく見える, よく見ました, 丁字形に, 二人を, 互の, 今度は, 仏壇に, 仕事を, 佗びしく照らされた, 停頓した, 刳物, 前に, 前方を, 勉強する, 勉強を, 吸うの, 商売を, 夕飯の, 夜眼にも, 大きなもの, 妨げられて, 守宮を, 幽に, 幾つも, 彼の, 手に, 早や, 明らかであった, 明るい障子, 時計を, 東大寺一円の, 案外明い, 死ぬの, 深さ, 渦を, 温泉は, 澹山は, 照された, 照し出される, 照らされた廣間, 照らして, 照明され, 痩せさらばった影, 筒服の, 絲車を, 能ふ, 苦笑し, 薄暗く照らされ, 見えた, 見えない筈, 見たその, 見た唐紙, 見るが, 見るそれら, 見る少女, 見る程, 見る蚊帳, 読書し, 豊かに, 賑か, 通って, 長かった, 防ぎながら, 障子越しに, 馬車の, 驚いて, 黒白縞の

▼ 灯かげ~ (122, 1.9%)

2 で女, に, にちかく, の下, の洩れる, をうけ, 全く無し

1 [108件] あふるる夜, からすこし, がさして, がその, がところ, がない, がゆらめい, がろう, が動かない, が壁, が天井, が映っ, が映った, が暗い, が洩れ, が淋しく, が見えた, が見える, が赭, が閃く, が静か, さしたる沼尻, さだまる夜, だけが静か, でお, です, でよく, で一冊, で気持, で頭巾, と, という句, といっしょ, とその, とどかぬ小暗, となる, とに温泉, と玄関, と産婦たち, にいささか, にすわる, にてらされ, には記念, には鼠, にふと, にぼんやり, によろ, にニッ, に君, に和歌, に影, に歌書きし夜, に浮きだし, に浮ぶ, に無性髯, に照, に照らされ, に照らし, に燦, に生育, に白い, に背い, に近く, に金糸銀糸, に閃いた, のうつる, のため, のともった, のまま十時ごろ, のチラチラ, の上, の中, の姿, の流れた, の輪, の闇, の陰翳, の隙, はチラチラ, は外, は白く, は障子, へソウ, も一層, も乏しく, も多く, も無く, も薄く, を, をうける, をうつす, をさまよっ, をたちこめ, をみせ, をみつめ, を仰いだ, を反射, を坂みち, を戸棚, を掠め, を次々, を漲, を片面, を眺め, を見, を見つめ, を黒い, 淡く勤め

▼ 灯~ (75, 1.2%)

2 すれば, もしの, 色を

1 [69件] いう, いっしょに, いふので, おもつ, ざわ, した, それから, それに, たまにトラック, つがれる油, なった, なる, なれたの, ほに, もう支那人, もしごろ, もし石, ボートの, 一つの, 一回分の, 一緒に, 人と, 人とが, 人の, 人混みの, 八五郎親分が, 八面壁画とに, 列の, 同時にいつか, 囃子の, 広場の, 広間に, 役人連と, 彼女の, 思ったの, 愛情の, 拙い音楽, 旗ばかり, 明るい商店, 暗との, 楊や, 沈黙をも, 温かい稗飯, 湯けむりが, 漆の, 澄み渡った夜, 牡丹台の, 牢舎長屋の, 物音は, 申せば, 白熱瓦斯の, 相映じ, 箪笥を, 絶えず揺れ動く, 縁側から, 自転車の, 落葉は, 見た千手院, 豊麗な, 貸ボート, 賑かな店が, 赤灯とが, 踊りと, 金屏風とに, 闇との, 露店の, 顔を, 食卓いっぱいの, 黒い影

▼ 灯ともし~ (63, 1.0%)

9 頃に 5 頃から 4 頃, 頃と 3 ごろ, ごろに, 頃で, 頃の 2 ごろの, て夜, 頃を

1 [23件] ころ, ころに, ごろであった, ごろまで, ていた, てなみだする, て下城, て園, 時の, 頃お, 頃ここで, 頃だった, 頃です, 頃とは, 頃には, 頃まで, 頃も, 頃奈良の, 頃宵の, 頃幸に, 頃牛若は, 頃神戸病院へ, 頃自分は

▼ 灯~ (30, 0.5%)

4 木の

1 [26件] かがりが, くれの, それらの, ガス灯は, 九月十四日の, 人にも, 城とも, 文珠堂の, 方丈の, 春の, 樽神輿さては, 水に, 水蘆むらに, 池には, 活動小屋の, 海中信号器に, 火の気は, 灯取, 炊煙にも, 盃事の, 精進料理の, 華かな, 贈物やらで, 長い鎖, 電車の, 青い旗

▼ 灯~ (29, 0.4%)

84 虫の 3 虫が 2 虫は, 虫よ, 虫を 1 虫う, 虫でも, 虫に, 虫より, 虫燭を, 虫稿を, 虫這ひ, 蟲が

▼ 灯~ (19, 0.3%)

1 [19件] から燃えゆらぐ, がおい, が横木, が白い, が置い, が輪, につるされた, にはいつも, に油, に薄暗い, のそば, の方, の油, の燈芯, の細い, の罪, の翳, の芯, を架け

▼ 灯~ (15, 0.2%)

3 ている 2 ていた, てゐた, てゐる 1 ざよふ, ていない, ては居ました, てもまだ, て居りました, て居ります

▼ 灯~ (14, 0.2%)

6 灯だ 2 よ, 勝手から 1 ぞこの, なんて邪魔, ツ, 灯を

▼ 灯一つ~ (14, 0.2%)

1 [14件] が消えのこっ, ついて, ないこの, ない眞, も見えなかった, も見えなかつた, をたより, を見, 置かない夜店, 見えない, 見えない焼野, 見えなかった, 見えぬ深夜, 見える一つ灯

▼ 灯がと~ (13, 0.2%)

4 もつて 3 ぼる 1 ぼった, ぼって, ぼらぬのに, ぼるアーク燈, もつてる, もれて

▼ 灯から~ (12, 0.2%)

2 眼を, 遠くぼろ 1 そっと離れた, 出る乏しい, 旌旗の, 火種を, 物音までも, 遠い土間, 遠い所, 顏を

▼ 灯とが~ (12, 0.2%)

2 私達を 1 ついた, 半々に, 合流し, 向きあつ, 物ものしく闇黒, 眼に, 見える, 載って, 高台同士で, 鼻先に

▼ 灯つて~ (11, 0.2%)

3 ゐる 2 居ります 1 その明り, またたいて, ゐた, ゐた年寄つた母親, ゐるので, ゐる灯火

▼ 灯~ (10, 0.2%)

3 向って 1 さまよいに, 彼女等の, 目を, 逃げて, 電気を通して, 面を, 飛びついて

▼ 灯~ (10, 0.2%)

1 がぼんやり, が曲者, が窓ガラス, が風, にすかす, にヌツ, に透しました, に長, へ顏, を向け

▼ 灯だけが~ (9, 0.1%)

1 のこった, 宙に, 息づくよう, 明, 枯れた木叢, 白かった, 細長く出, 聖者の, 見える

▼ 灯でも~ (9, 0.1%)

2 繁華な 1 あげて, あろう, あろうか, ともしたよう, ない明, ほしいほど, よしいろいろ

▼ 灯という~ (9, 0.1%)

4 のは 1 ものを, 如何に, 灯は, 灯を, 美くしい

▼ 灯らしい~ (9, 0.1%)

2 ものが 1 ふしぎな, 光が, 灯の, 灯も, 色を, 艶媚し, 黄色い明り

▼ 灯~ (8, 0.1%)

1 たらいい, っ放しで, なくちゃ, まして, よう, ようか, んの, 部屋の

▼ 灯にも~ (8, 0.1%)

1 その色, よくわかる, 別れを, 物の, 紫に, 総じて酒, 色めき出して, 青年の

▼ 灯さえ~ (7, 0.1%)

1 ここには, ちらちら見える, ときには光, ないの, 一つ一つ消えかかっ, 現実の, 見えずどちら

▼ 灯台下~ (7, 0.1%)

4 暗しで 1 暗しだ, 暗しとでも, 暗しの

▼ 灯あし~ (6, 0.1%)

2 が, の線引き 1 だ, の蕊

▼ 灯けて~ (6, 0.1%)

1 みたくなるの, やるからの, 一気に兇行, 引っ立てられて, 私を, 置くの

▼ 灯ともる~ (6, 0.1%)

1 ころまで, 夜寒かな, 奥深さ, 所神の, 頃の, 頃ようやく

▼ 灯によって~ (6, 0.1%)

1 ながめた光景, 写し出されたほど, 前下方, 増したけれども, 来た馬追虫, 起った錯覚

▼ 灯まで~ (6, 0.1%)

1 つけた上, つけて, 二重に, 廊下の, 抜け掛, 消えて

▼ 灯~ (5, 0.1%)

1 ない, わからぬが, 仏壇に, 何かの, 標識灯かしらない

▼ 灯だけ~ (5, 0.1%)

2 残して 1 ぐらぐら覚束, であろうが, 何うし

▼ 灯ともす~ (5, 0.1%)

1 が右, 夜寒かな, 宵の, 隣かな, 頃は

▼ 灯などを~ (5, 0.1%)

1 ともさせて, ともして, はこぶ宵, 借りて, 持つて

▼ 灯やら~ (5, 0.1%)

1 さまざまな, 庭上の, 芝居篝が, 野の, 関所も

▼ 灯~ (5, 0.1%)

2 の襖 1 から周馬, になっ, を向け

▼ 灯~ (5, 0.1%)

21 と八五郎親分, を, を持つ

▼ 灯がとも~ (4, 0.1%)

1 つて, つてゐ, つて靜かに, ッて

▼ 灯~ (4, 0.1%)

1 で淋しく暗, へない, へ必要, へ點

▼ 灯ざし~ (4, 0.1%)

1 がちらちら, が揺れた, が鳴いた, にすかし

▼ 灯である~ (4, 0.1%)

1 が白炭, ことで, と思, 軽装した

▼ 灯では~ (4, 0.1%)

1 あまり暗, あるまいか, ない, ないのよ

▼ 灯とともに~ (4, 0.1%)

1 乗出す膝, 枯茎に, 枯莖に, 近づくおぼろ

▼ 灯とも~ (4, 0.1%)

1 しぬわが, よろこばれた, 見えな, 辿れよ

▼ 灯ともせ~ (4, 0.1%)

2 ば只 1 ばた, ば早

▼ 灯には~ (4, 0.1%)

1 星と, 書きも, 相当強力, 雜誌の

▼ 灯よりも~ (4, 0.1%)

1 はるかに, キラキラと, 白く黒髪, 近いだけ

▼ 灯~ (4, 0.1%)

1 にもはいった, に入った, の運動, や

▼ 灯点し~ (4, 0.1%)

1 ごろ所長の, て囃し立て, 頃から, 頃が

▼ 灯赤い~ (4, 0.1%)

21 灯が, 灯ふたつとも

▼ 灯青い~ (4, 0.1%)

1 灯, 灯を, 灯白い, 灯道頓堀の

▼ 灯しか~ (3, 0.0%)

1 なかった, 見えない自分, 見えなかった

▼ 灯だった~ (3, 0.0%)

1 その灯, のかも, のだ

▼ 灯とは~ (3, 0.0%)

1 異うらしい, 目が, 自分自身で

▼ 灯と共に~ (3, 0.0%)

1 わが幼年, 暗い廊, 消えた

▼ 灯~ (3, 0.0%)

1 のである, のでよく, んだ

▼ 灯なく~ (3, 0.0%)

1 して, 昼食は, 部落も

▼ 灯などが~ (3, 0.0%)

1 乱雑に, 点きはじめて, 雨の

▼ 灯なる~ (3, 0.0%)

1 ものであります, ものは, ものを

▼ 灯のみ~ (3, 0.0%)

1 であるから, でそれ, 明るい一室

▼ 灯ひとつ~ (3, 0.0%)

1 ない八百八町, の光り, 点されたためし

▼ 灯~ (3, 0.0%)

1 が消えた, でございました, は民家

▼ 灯までが~ (3, 0.0%)

1 水音を, 華やいだ, 薄暗くぼんやり

▼ 灯より~ (3, 0.0%)

1 出ずる紫外光線, 反射したる, 派手て

▼ 灯~ (3, 0.0%)

1 ている, て來, て来る

▼ 灯をば~ (3, 0.0%)

1 みつめても, 其處に, 消し

▼ 灯入り~ (3, 0.0%)

2 の月 1 の美し

▼ 灯明り~ (3, 0.0%)

1 に紫陽花, の縞, を立て

▼ 灯映り~ (3, 0.0%)

2 にし 1 ゐて

▼ 灯~ (3, 0.0%)

1 の影, は赤光, をうつし

▼ 灯~ (3, 0.0%)

2 に暗う 1 がちらほら

▼ 灯~ (3, 0.0%)

1 は十五秒ごと, は明らか, をうっかり

▼ 灯あかり~ (2, 0.0%)

1 が薄い, に透け

▼ 灯あしたち~ (2, 0.0%)

2 にけり

▼ 灯うつる~ (2, 0.0%)

1 水溜, 路の

▼ 灯かげ緑~ (2, 0.0%)

2 なり夜

▼ 灯ける~ (2, 0.0%)

1 か何, のよ

▼ 灯さえも~ (2, 0.0%)

1 ない, 彼を

▼ 灯さしむけ~ (2, 0.0%)

2 て我ら夕餉

▼ 灯~ (2, 0.0%)

1 が燈, 火が

▼ 灯した~ (2, 0.0%)

2 のが

▼ 灯じゃ~ (2, 0.0%)

1 ないか, 仕様が

▼ 灯~ (2, 0.0%)

1 かし, ともる支那床

▼ 灯だけは~ (2, 0.0%)

1 消して, 船岸の

▼ 灯ちん~ (2, 0.0%)

2 がり

▼ 灯です~ (2, 0.0%)

1 か, が之

▼ 灯でなく~ (2, 0.0%)

1 化学的の, 獣油灯でなく

▼ 灯ともしたる~ (2, 0.0%)

2 灯影すずしく

▼ 灯とを~ (2, 0.0%)

1 浴びて, 聖壇に

▼ 灯ながら~ (2, 0.0%)

1 この辺, それでも四方

▼ 灯なし~ (2, 0.0%)

1 で歩い, に何

▼ 灯など~ (2, 0.0%)

1 どうあらう, 見るらし

▼ 灯なんか~ (2, 0.0%)

1 ありません, 幾つだって

▼ 灯によ~ (2, 0.0%)

1 つてむかしの, つて照らされ

▼ 灯のかず~ (2, 0.0%)

1 が夜ごと, が宵

▼ 灯はくらいか~ (2, 0.0%)

1 あかるいか, あかるいかを

▼ 灯ばかり~ (2, 0.0%)

1 である, でそれ

▼ 灯ゆらぎ~ (2, 0.0%)

1 のうち, の中

▼ 灯右上~ (2, 0.0%)

2 からは青白い

▼ 灯山中~ (2, 0.0%)

2 のみ湯

▼ 灯~ (2, 0.0%)

2 や家

▼ 灯映見れ~ (2, 0.0%)

2 ば父

▼ 灯火の見~ (2, 0.0%)

2 ゆるを

▼ 灯点る~ (2, 0.0%)

1 さあれなほ梢, 局舎の

▼ 灯照り~ (2, 0.0%)

1 のなか, 大路赤らみ

▼ 灯~ (2, 0.0%)

1 にお, のよう

▼ 灯籠風~ (2, 0.0%)

1 にくりぬいた, に刳り貫いた

▼ 灯~ (2, 0.0%)

1 の縄張同様, を切っ

▼1* [232件]

ふつや, 灯あかあかと, 灯あかき宵を, 灯あかくつきに, 灯いた所は, 灯いっぱいに振り仰いだ, 灯うつりに鼠, 灯船蔵の, 灯おでんの行燈, 灯かかげ御酒そな, 灯かがやく壁の, 灯かがり火など閃, 灯かげ一と時代前, 灯かげ守りゐむ, 灯かげ川瀬の響, 灯かげ月かげを掃く, 灯かげ月かげ芋の葉豆, 灯かざしてう, 灯かざりというもの, 灯かしらないが, 灯かすかに広島, 灯かと思われた, 灯かなんかを吹き消すやう, 灯かなんぞを吹き消すやう, 灯からは遠いところ, 灯がかどかどに, 灯がはひると, 灯がもや, 灯きえて真, 灯きはじめている, 灯きらめくロスアンゼルスまで, 灯時分に, 灯ぐらゐでは橋の下, 灯けさせない人です, 灯けつ放しの, 灯こちらは闇, 灯この灯と, 灯ごろから文武, 灯さきは白く, 灯さす格子は, 灯さんにもさようなら, 灯すべてが暗く, 灯すら見えない大風, 灯する頃より, 灯それを見たら, 灯だけとなり人々, 灯だの積み重ねた野菜, 灯ちらちらと目の下, 灯ついていなかった, 灯つきましたろうか, 灯つけて, 灯つたら何ん, 灯つた青葉を通して遠く, 灯つづきがぼんやり, 灯つてそれはコーリン・ムーア, 灯つてぼんぼりのやう, 灯であったのだ, 灯であり暗いなか, 灯でしたが金三郎, 灯でもともそうで, 灯といふものを, 灯として作者も, 灯とても絶対に, 灯とで美くしく, 灯とでも思って, 灯との間を, 灯ともさず榾火が, 灯ともしたらまたそ, 灯ともれば役宅, 灯とりに飛ん, 灯なき街, 灯なと見つけようと, 灯などにも実に見るべき, 灯などの外に, 灯なら散らつくはずだ, 灯なんかはよく忘れる, 灯なんざこんなにで, 灯にさえ顔を, 灯にしかすぎなかったが, 灯にてひとり哀しき, 灯により前方の, 灯による虫も, 灯に対してそれぞれの, 灯ぬかるみをもどる, 灯のかずでも知られた, 灯のけない暗闇だ, 灯のせゐか浮かぬ, 灯のせゐだつたかも, 灯はとぼり, 灯ばかりが足もとの, 灯びが西にも東, 灯びと婬蕩と赤い, 灯びにうしろを見せる時分, 灯ふたつともいち, 灯へはすさまじく大, 灯たる, 灯まさに滅せん, 灯まではほんの十町, 灯までを少しゆるがせ, 灯もうす暗い短檠, 灯もかの女の, 灯もはひつて, 灯氷柱は, 灯よりしかない屋敷町, 灯れた電燈は, 灯をも点けず夜すがら, 灯をやともすと, 灯をよける様, 灯をよけて壁の, 灯ちらちらし, 灯ランプやガス風呂, 灯一つ二つ消えて, 灯一つ二つ婦たちは落人, 灯一つ百万石の昔, 灯一ツ夏隣りの, 灯一杯に振り仰いだ, 灯にうずめ, 灯二つ虫の声, 灯二ッ三ッ消えつ明り, 灯五日市あたりの灯, 灯は周易, 灯以外の別, 灯伯林の街上, 灯低く白みわたる, 灯の者, 灯入り下の方二間, 灯入り月が出, 灯六波羅の灯, 灯の木の葉, 灯前後に架せられた, 灯をたて, 灯取り虫のよう, 灯取り虫一つ一つの燭, 灯台形の白い, 灯台数光に接見, 灯同じ寒さ, 灯向けしめその雪, 灯る変圧器, 灯唯一つ有る, 灯つちやん, 灯坊っちゃんは俺, 灯を中, 灯を照らす, 灯大江山へ何里, 灯に尽きん, 灯の正体, 灯平家の一門眷族, 灯広いらしいが, 灯の和尚, 灯の段だら, 灯忍術用の黒小袖, 灯を知らず, 灯提灯手投げの, 灯揺ぎの中, 灯揺らぎが窺われる, 灯故郷を夢む, 灯料理店湯屋三味線の湧く, 灯昨夜の奮闘, 灯昼間は気付かなかった, 灯に近く, 灯暗い空稲妻一寸, 灯暗く室を, 灯梵鐘の間, 灯樽天王を見, 灯武者屋敷や役所, 灯泉殿の灯, 灯洩れる窓を通して, 灯流しのよう, 灯消え人定まり, 灯溜りを指さし, 灯灯坊つちやん, 灯灯坊っちゃんは俺, 灯点ぜらる, 灯点っている, 灯点火本艦の位置, 灯は刹那, 灯無しでどす, 灯燈つけ舷燈携えなど, 灯を続, 灯王城の燭, 灯田楽屋のうちわ, 灯行く小, 灯病院にかかっ, 灯白い灯が, 灯百千は櫻, 灯眺むるもなかなか味変りじゃ, 灯神社仏閣の灯, 灯の菓物, 灯空駅を照せり, 灯に肩, 灯立ちを均, 灯を霧, 灯籠多助一代記等に勝る, 灯籠屋の廻り灯籠, 灯籠幾棟かの建物, 灯籠流しを再興, 灯籠舟のさざめき渡る, 灯籠諸仏野干鬼神, 灯籠道でもあるく, 灯籠鹽原多助一代記等一編出る毎, 灯光反射鏡の, 灯の中, 灯繩梯子覆面頭巾などといふ忍術使, 灯美しき夜ありき, 灯自ら滅す, 灯の在る, 灯花やかな桃色, 灯若しくは電気灯の, 灯と表, 灯蔭灯蔭と表, 灯薄暗い人の, 灯かな, 灯のよう, 灯行燈の見える, 灯街路樹さう, 灯を流し, 灯見ゆる遠蛙, 灯読経の声, 灯や屋根, 灯道頓堀の河面, 灯部屋の方, 灯金箔塗りの装飾網, 灯銘酒屋のらしい, 灯と身, 灯陰灯陰と身, 灯雑業こんな仕事, 灯頃辻の方, 灯した大船小舟, 灯が左肩, 灯鬼火がめらめら, 灯黄色に広場, 灯黒ずんだ紅玉の