青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「火鉢~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~濡れ 濡れ~ 濡れた~ 瀬~ ~火 火~ ~火事 火事~ 火星~ ~火鉢
火鉢~
~灯 灯~ ~灰 灰~ ~灰色 灰色~ 災難~ 炉~ 炎~ 炭~

「火鉢~」 2631, 28ppm, 4130位

▼ 火鉢~ (1166, 44.3%)

118 前に 55 傍に 42 上に 37 縁に 36 側に 34 火を 32 灰を 25 傍へ 24 中へ, 縁を 22 灰の 21 そばに, 傍で 19 中に, 前へ 16 上へ 14 火の 13 向うに 12 そばへ, 上で, 側へ 11 中を, 横に, 火が, 火に, 灰に 9 側で, 方へ, 縁へ 8 ふちに, 火は, 炭を, 炭火を 7 ところに, 傍を, 前で 5 上の, 中から, 中で, 中には, 中の, 抽斗から 4 そばで, ふちへ, まえに, まわりに, 側の, 灰が, 炭火は, 縁で

3 [12件] なかを, まえで, わきに, 両側に, 前には, 前の, 向う側に, 周囲に, 方に, 方を, 炭火に, 隅へ

2 [53件] ぐるりが, そばを, ところで, ところへ, なかで, なかに, はたで, はたに, ひきだしに, ふちを, へりを, まはり, 上にて, 上を, 側から, 側を, 傍だ, 傍には, 前でも, 向う側へ, 向へ, 周囲には, 周囲へ, 引出しから, 御前, 所に, 抽斗に, 抽斗を, 残り火を, 火で, 火でも, 火も, 火や, 火種を, 灰かきならし, 灰にも, 炭が, 炭の, 炭も, 炭火の, 猫板に, 端に, 脇に, 蓋に, 蔭に, 要らなくなつ, 角に, 許に, 鉄瓶から, 鉄瓶が, 鉄瓶に, 間に, 隅に

1 [219件] あた, あるところ, あるの, ある方, ある狭い, うえに, かげに, かげんで, かっかっと, ぐるりに, こちらから, こっち側に, ことに, ことを, そばには, そばの, ところから, ところの, ない正午四十二度, なかから, なかさ, なかには, なかの, ねこいた, はたへ, ひきだしから, ひき出しから, ふちかけ, ふちで, ふちは, ふちをか, へりへ, ほてりでのぼせるくらい, ほとりで, まわりすこし, まわりを, むこうへ, やかんからは, やかんを, ヒキダシから, ヒキダシへ, 一つある, 上から, 上では, 上には, 下に, 世話を, 中からも, 中なんぞ, 中にや, 中ばかり, 五徳までに, 代用に, 佐倉に, 佐倉炭が, 側な, 側にて, 側には, 側へも, 側まで, 傍から, 傍が, 傍にて, 傍の, 傍まで, 処で, 処は, 処へも, 出て, 前ばかりに, 前を, 割合には, 半分程も, 向うから, 向うで, 向うへ, 向う側から, 向こうに, 向こう座, 向に, 向側から, 向側に, 周囲が, 周囲さまざまの, 周囲を, 囲り, 図, 固い灰, 埋火, 大い, 大きなの, 大薬罐, 対面なる, 小さい火種, 小縁, 少し上, 尻で, 布巾を, 底から, 底が, 座から, 廻りや, 引き出しにさえ, 引出から, 引出しに, 引出しの, 引出しを, 引出に, 後から, 御前と, 御前の, 御前を, 所から, 手前に, 抽出にも, 抽出を, 抽斗ぐらいより, 抽斗し, 抽斗にも, 抽斗の, 抽斗へ, 据ゑてある前へ, 掃除する, 掃除は, 方は, 時と, 暖い, 曲んだ, 曳出しの, 枠に, 枠を, 模様も, 横で, 横座に, 横手に, 欲しいほどの, 欲しいやう, 正座に, 正面に, 活気に, 消えかかった火, 消えた炭, 温気と, 湯の, 湯沸しの, 火から, 火と, 火なんぞ, 火にあたって, 火には, 火の気も, 火位で, 火気の, 火箸も, 灰, 灰だ, 灰なら, 灰なんか, 灰にへ, 灰へ, 灰まで, 灰までを, 灰も, 灰抔敵より, 炭までが, 炭団に, 炭火が, 炭火で, 炭火や, 焼けて, 熱灰の, 熾火を, 片隅へ, 琢磨を, 用意まで, 白い灰, 白灰かきならしつ, 盛んな, 真中に, 真中へ, 真向ひ, 粉炭色の, 縁から, 縁と, 縁にあたる, 縁の, 縁打ちたたきぬ, 置いて, 置き所, 脇とか, 脇の, 茶釜は, 落ちた騷ぎ, 蒲団の, 薬罐に, 薬鑵が, 薬鑵へ, 薬鑵を, 藥鑵が, 裾に, 見本が, 角で, 角にまで, 角へ, 角を, 貝殼灰, 赤火を, 辺りは, 金網の, 鉄瓶には, 鉄瓶の, 鉄瓶は, 鉄瓶を, 銅壺で, 銅壺に, 鑵子の, 間を, 類が, 類に

▼ 火鉢~ (476, 18.1%)

46 手を 32 炭を 30 火を 18 火が 6 かじりついて 5 凭れて, 炭火を, 翳して 4 あたりながら, あたるやう, かざして, よりかかって, 両手を, 火の, 炭火が 3 かかって, しがみついて, 当って, 頬杖を

2 [24件] あたって, かけた薬鑵, かけて, くべて, さして, はたいて, ドンドン新聞, 倚り, 入れて, 凭り, 凭りか, 向直つて頭だけ, 抱付く, 湯気が, 火は, 炭団を, 燻べる, 片手を, 獅噛みつい, 移して, 移す, 粉炭を, 縁に, 落ちて

1 [241件] あたったらどう, あたつ, あたらせず皆, あたりました, あたるほどの, あぶったり, あらぬ得意, ある時, いくら炭, いっぱい散らかっ, いっぱい散らかった, うちゐれば, うんと炭, おあたり, おかゆなどが, おこした炭火, お火, かかった湯気, かかった鉄瓶, かかってた錻力, かがみこんで, かけた, かけたゆき平, かけた中形, かけた兩手, かけた指, かけた湯鑵, かけた物, かけながら, かけられた瀬戸ひき鍋, かけられて, かけるもの, かざさねば, かざされた長い, かざしたが, かざした叔母, かざした岡, かざした手, かざしながら, かざしました, かざす, かざせし左手, かじりついた, かじりついたまま, かじりついたまま湯, かじりつきお, かじりつく, かたまりながら, かたまる訳, くっついて, くべながら, くべられた, これまた, さして俯向, さし向い, しがみつきながら, しがみつくよう, しては, しゃがみ込んで, しゆんしゆんと, しょんぼり手, しょんぼり手を, じつと, すくい込んで, すりよ, それから机, それぞれ鉄瓶が, たくさん火を, たたきつけて, だん, つぐ, つまずいて, はかり炭, ふたを, ぶつりとも, またが, またがるよう, ゆうべからの, ゆったりと, よりあって, よりかかり, よりかかりました, よりかかり火箸, よりて, わずかばかりの, パチパチ切り, 一と, 両肘, 中腰を, 乗り出して, 二本揃へて, 仲よく手, 佐倉が, 侍従香が, 依掛って, 倚った, 倚りかかっ, 倚りかかった, 倚りかかり, 倚り掛り, 倚れ, 僅かの, 僅かばかり, 入れたり, 入れた火, 兩肱を, 凭つて彼は, 凭つて頻りに, 凭りかかっ, 凭れながら, 凭れ懸ッ, 凭掛る, 出した, 切り炭が, 取り付いたきり, 取付きつつ, 向いあって, 向き合つて, 向って, 向つてあぐら, 味噌汁の, 噛りつい, 噛りついた, 噛着い, 噴きこぼれて, 坐らせて, 大きな薬缶, 大きな薬罐, 大きな鍋, 婆さんと, 安ツ, 寄せた, 寄せて, 寄っかかったまま, 寄りかかりながら, 寄りたり, 対き合っ, 対向いで, 小判を, 崩折れ, 差, 差した火箸, 差し向い, 差向, 帰る, 当たって, 当つて, 当らせといて, 当りながら, 懸けたる鉄瓶, 投げつけて, 投げ込み天井, 投げ込んで, 投り込ん, 持たれて, 指環の, 挿し込んだ鏝, 掛かって, 掛けた鉄瓶, 掛けて, 掴つてぶる, 掴まって, 支へ, 放げ, 放り込みライター, 昨日の, 暖ため, 暖り, 架けたる鍋, 棄てた, 椅子を, 榾火の, 横う, 殘つたもう, 沢山火を, 沸き立って, 流釉の, 消し炭が, 湯を, 湯沸が, 湯沸しが, 火でも, 火なけれ, 火なし, 火も, 火机に, 火箸が, 炭ばかり, 焙りながら, 熾して, 熾つた炭の, 燻べて, 燻べると, 用ゐる, 眼を, 移すと, 突きさして, 突き立てて, 突っこみながら, 突つ立つ, 突差し, 竈に, 立ちはだかりお, 粗惡, 紙屑を, 細い指先, 網を, 縁の, 縮かまっ, 翳した, 翳したお, 翳し烈々, 艶の, 茶器を, 落ちました, 蠅が, 行き中腰, 親しみながら, 赤くな, 足を, 軽く手, 載せたるが, 載せた薬罐, 近かつ, 近く二人の, 郡内の, 酒の, 鉄瓶が, 鉄瓶て, 鉄瓶の, 鉄瓶を, 銀瓶が, 鍋を, 附いた眞鍮, 隻肱を, 靠れて, 頤を, 頬杖し, 顎を, 顏を, 麁朶を

▼ 火鉢~ (382, 14.5%)

15 囲んで 14 中に 11 持って, 挾んで 10 前に 8 置いて 7 かこんで, 持つて 5 かかえて, はさんで, 圍んで, 挟んで, 擁して, 隔てて, 離れて 4 抱いて, 抱えて, 間に 3 なかに, 入れて, 控えて, 掻きおこし, 落したの

2 [14件] さし挟んで, して, 中心に, 傍に, 出して, 取って, 引き寄せて, 引寄せる, 抱へ, 押して, 探りながら, 盗り出さんとして, 真中に, 要求した

1 [209件] あたえさせた, いじくって, うちたる勢い, おいて, おそば, お貸し, かかへこんで, かかへて, かきま, かき廻しましたが, かき起しつ, かこみて, かこみながら, かこむこと, かこんだ時, ぐいぐいと, ぐいと, ぐっと手許, ぐるりと, こは, さしはさんで, さし挾んで, しかと横木, しきりに突, したしく感ずる, しまいこんだ所, すえさせた, すぐその, すこし入れました, すすめこの, すすめても, すてて, ずっと傍, せっせと磨い, たたいて, ちっとずらした, とって, とりに, とり下すとたんに, どさん, なかに差, はなれて, ひかえて, ひっぱり出して, へだてて, ほしが, ほじッ, まえに, もらつてる, よくふく, ギッシリ取り巻いた, グイグイ押し, グルリツと, 一つ, 一つあてが, 一つの, 一カ所に, 一ツ置く, 一尺も, 三つも, 下して, 下り坐わ, 与えられても, 与える, 並べたり, 二つばかり, 二つ三つと, 二人の, 何の, 借りて, 入る, 入れずよく, 入れたの, 入れたり, 入れました, 出しな, 出す, 出すの, 前へ, 勧めて, 半七, 博士の, 取りまいて, 取り上ると, 取り廻わし, 取囲いて, 叩いて, 各自に, 向けて, 呼び燈檠, 囲いながら, 囲みどてら, 囲みながら, 囲んだ一人, 囲繞いた, 圍み, 圍みました, 圍む, 圧えた, 央に, 奥からか, 寄せふんだんに, 寧国寺さんの, 小楯に, 少し持ち上げ, 少し離れ, 差上げましたよう, 座中へ, 引きはなした, 引き出して, 引き出しまた, 引つけながら, 引寄せ, 引寄せし, 引寄せたい, 引寄せ脛の, 引張り寄せ叩き曲げた真鍮, 彼の, 彼女の, 後に, 想像し, 手摺を, 手許へ, 打碎い, 打込色々, 投げるやら, 投げる等, 投られた, 抱いたま, 抱いたまま, 抱えこんで, 抱え夏, 抱え居, 抱え込んで, 抱かなければ, 抱きあげて, 抱き股引, 抱くやう, 抱へて, 抱へる, 押しやった, 押し出して, 押し出すよう, 押出して, 持ちあげようと, 持ち出して, 持ち込まない故, 持出し来る, 持込みますが, 指さしました, 指したり, 挿んで, 据えつけその, 据えて, 掴んだ, 掻きたてて, 掻きほじつたらしく, 提げて, 撫でながら, 擁え, 敬遠した, 敲いた, 敷島の, 斜めに, 枕元に, 横に, 正造の, 正面に, 滑らせさ, 片付けたり, 用意する, 眺めながら, 磨いたり, 約束し, 綺麗に, 縁の, 縁側へ, 置いた, 置いては, 置きうしろ, 置きその, 置きなさいな, 置き棄てたの, 置くこと, 落したこと, 落したに, 落したもの, 製造する, 見て, 買いに, 越えて, 越して, 蹴飛ばすこと, 轉が, 造らせよう, 運んで, 部屋から, 鐵火に, 降すと, 隔て, 隔てたの, 隔てながら, 隔て向き合う, 障子の, 隠しそれから, 頭から, 頻に, 飛ばし鉄瓶, 馬越の

▼ 火鉢~ (92, 3.5%)

8 置いて 4 あって, 出て 2 あつて, ある, あるだけ, あるという, ないので, 一つの, 一つ針箱が, 唯一個幾何炭を, 無くなり机

1 [58件] あった, あったかいから, あったので, ありその, ありまして, あるだろう, あるぢ, あるまいと, あるん, いりますね, いる, おかれその, おかれ炭火, こひしう, こひしく, とりのけられ未成品, なつかしくな, ほしいと, まんなかに, 一つその, 一つと, 一つ教場に, 一つ燒きすてた, 一つ置い, 一つ置きざりに, 一つ醤油砂糖米の, 一ツあとは, 一個づつ用意された, 一番多く, 二つ, 二つ火が, 人々の, 何個も, 出た, 出る, 出来て, 割れて, 大きい, 寒中しか, 幾つも, 性懲も, 恋ひしい, 手から, 投げ出されたの, 新たに, 机の, 欲しいくらいの, 灰も, 無くても, 獨りで落ちる, 現われ中, 続いて, 置かれいい, 蜜柑の, 運ばれた, 金色に, 飛んだり, 馬耳の

▼ 火鉢~ (73, 2.8%)

7 火を 6 手を 2 埋火二杯, 炭を, 雲脂を

1 [54件] あたって, あっち向きに, いつて, および腰, かけた, かけた金網, かけて, かちんかちん, しがみつくよう, とりながら, やると, 中腰に, 乗りかかるよう, 二三人が, 二人が, 入れて, 切炭を, 叩き付けた, 大じ, 寄りかかりながら, 寄り添うた, 寄るやう, 寒いって, 寒そう, 少しあたらし, 少しづゝ木の根, 屈み込んで, 屈んで, 山の, 打ちまけたが, 打撒ける, 投げ込んで, 抛りこんだ, 掛けた, 掛けて, 新聞紙を, 無遠慮に, 燻べた, 片肱, 眼を, 移す音, 粗朶を, 線香を, 縁日物の, 翳した鼠色, 落して, 蝿も, 行つた, 載せて, 近づいて, 銀の, 鐵の, 靴を, 麁朶を

▼ 火鉢~ (44, 1.7%)

3 茶を 2 何か, 焼いて

1 [37件] おからを, じいじいと, なか, なしに, もやして, 一生懸命乾し, 丹念に, 乾かして, 乾してから, 何んか, 使う箸, 冬の, 切りに, 初冬の, 名を, 少し濡れた, 御飯を, 我慢し, 手を, 拵えたら炭代, 暖めて, 湯の, 炙つて, 焚いて, 煮るもの, 燒い, 燗を, 牛乳の, 線香に, 肘まで, 育って, 腰の, 軽便に, 隔てて, 頸窪を, 顔なじみであった, 香は

▼ 火鉢には~ (40, 1.5%)

2 まだ火, 火が, 炭が, 炭火が

1 [32件] たえず火種, カンカン火, 一塊の, 其処の, 冷たい灰, 大藥罐, 存分に, 小さな鍋, 揉み消した短, 文火に, 新しいニューム, 新しい切炭, 新しい藁灰, 桜炭が, 極く, 火の気が, 火も, 火を, 炎を, 烟立つ, 煮えくり返つて, 盛りあがるよう, 相当火が, 真鍮の, 継ぎたての, 茶を, 藥罐が, 釜の, 鉄瓶が, 銀瓶が, 錻力の, 鐵瓶と

▼ 火鉢~ (40, 1.5%)

2 殆ど素焼では

1 [38件] あつて, ある種, おろか公儀の, お一つ, ここへ, つめたい灰, ないか, なかった, なかつたが, なかつたの, ほとんど消えた, まさに下, まっかに, 一つある, 二つで, 何とぞお, 何処からか, 余計な, 僕の, 出せねえ, 前から, 割れて, 単に燃える, 大きい, 娘の, 山之, 差押えに, 幾分か, 廊下に, 思い出す事, 戸口から, 手摺と, 手放せなかつた, 男女の, 私の, 納戸へ, 重くて, 香雲が

▼ 火鉢~ (40, 1.5%)

2 ある, 煙草盆も

1 [36件] いらないやう, うるさい位, おかないかつて, かして, そのま, ない, ないがらん, ないし, ないじゃ, ない部屋, なかった, ひとつの, ひッ, インク瓶も, 僅かの, 其の周圍, 出ると, 古い馴染, 巻煙草の, 座蒲団も, 引くり返して, 必要が, 拭いて, 持て来, 楽屋の, 火を, 無ければ, 煙草も, 父の, 當が, 粗末な懸, 置き茶道具, 置けぬ悦ばしい, 膳椀も, 茶器もちやん, 非常に

▼ 火鉢~ (35, 1.3%)

2 小さい茶ブ台, 牝鶏と

1 [31件] いわず臼, お茶を, お蒲団, そっくり同じ, みかんと, もう一つ, スープ鍋を, 一つに, 三味線の, 不可思議の, 云うもの, 云う胸壁, 同じである, 同じよう, 同じ事, 大きな細工盤, 天窓と, 座布団が, 座蒲団が, 座蒲団の, 座蒲団を, 晩酌の, 机それだけ, 湯沸が, 碧色の, 縁の, 茶器の, 茶道具とを, 茶餉台とが, 薬鑵とを, 西洋婦人と

▼ 火鉢~ (30, 1.1%)

2 盥や

1 [28件] こたつに, せり台立派な, ストーブでは, 七厘へ, 七輪に, 古い馴染, 大きな鑵子, 座布団を, 座蒲団も, 手で, 棚や, 湯釜や, 炬燵に, 炭取を, 烟草盆を, 綿入れや, 茶などを, 茶を, 茶呑み, 茶器で, 茶器や, 茶箪笥などは, 茶箪笥の, 蒸籠などで, 行火を, 鏡台が, 鏡台などが, 黄な

▼ 火鉢から~ (20, 0.8%)

2 手を

1 [18件] おこって, はなれて, はるか離れた, もぎ取って, やや蒸気, 余程はなれ, 僅かな, 十万ほどの, 机座布団に, 殘る, 沸立っ, 火箸を, 立ち昇る, 立つて, 細い真鍮, 鉄瓶を, 離れて, 頭を

▼ 火鉢にも~ (13, 0.5%)

4 たれて 1 あたらせなかったり, あたるまいと, あたれずクラスメート, かけず膝, たれさせ宙, たれながら, 手を, 火が, 燠が

▼ 火鉢越し~ (8, 0.3%)

1 にかの机, にせいいっぱい, につかんだ, にはじめ, に乗り出し, に彼, に覗き, に這

▼ 火鉢~ (6, 0.2%)

1 つてこの, とか花瓶, と鍋, なと気がついたら, 炭取りだ, 遠慮なくコッツン

▼ 火鉢でも~ (5, 0.2%)

1 ほしいよう, 七厘でも, 抱えて, 火気を, 置くと

▼ 火鉢にかけて~ (5, 0.2%)

1 斜に, 毎朝毎夕そこから, 独りひそかに, 粥を, 食べさせて

▼ 火鉢一つ~ (5, 0.2%)

1 あつた, でしのい, ではこんな, と六人分, を境

▼ 火鉢なし~ (4, 0.2%)

1 でこれ, です日, でももてた, という

▼ 火鉢により~ (4, 0.2%)

3 かかるよう 1 添った

▼ 火鉢まで~ (4, 0.2%)

2 どうやらこうやら 1 何れも, 用意し

▼ 火鉢とか~ (3, 0.1%)

1 ざぶとんとか机とかいう, インキ壺とか, 膳とか

▼ 火鉢などは~ (3, 0.1%)

1 その上方, 問題でない, 相ならん

▼ 火鉢にあたって~ (3, 0.1%)

1 おいでに, 信州に, 昔風の

▼ 火鉢にて~ (3, 0.1%)

2 林檎を 1 辣薤を

▼ 火鉢~ (3, 0.1%)

1 に二人, に女, に覗き

▼ 火鉢だの~ (2, 0.1%)

1 古い新聞紙, 炭取りだの

▼ 火鉢では~ (2, 0.1%)

1 ある, 始終柴

▼ 火鉢という~ (2, 0.1%)

1 ものが, ものを

▼ 火鉢~ (2, 0.1%)

2 のです

▼ 火鉢なぞを~ (2, 0.1%)

1 引き寄せて, 運んで

▼ 火鉢などの~ (2, 0.1%)

2 置いて

▼ 火鉢なども~ (2, 0.1%)

2 ある

▼ 火鉢などを~ (2, 0.1%)

1 入れさせて, 後や

▼ 火鉢なら~ (2, 0.1%)

1 火鉢に, 鉄架の

▼ 火鉢へは~ (2, 0.1%)

1 燠が, 藁灰の

▼ 火鉢ほど~ (2, 0.1%)

1 ちがう, 彼の

▼ 火鉢代り~ (2, 0.1%)

1 であらう, の摺鉢

▼ 火鉢投じ~ (2, 0.1%)

2 てガラス戸二枚破損

▼1* [98件]

火鉢ありて鉄瓶, 火鉢からは炙り肉, 火鉢からも小判が, 火鉢くらいで防ぎ切れない寒, 火鉢しに額, 火鉢すべて取寄せまして, 火鉢その他に入れ, 火鉢それにもその, 火鉢だけだったので, 火鉢だけが火が, 火鉢だけは一度毎に, 火鉢だってなんだって, 火鉢であるそれへ, 火鉢といふのは, 火鉢とかいうものが, 火鉢とから成る台所, 火鉢とが行儀よく, 火鉢との間に, 火鉢とはかなり離れた, 火鉢とへ取分けた, 火鉢とを持って, 火鉢と共に身を, 火鉢なきも猶, 火鉢などがあって, 火鉢などに取りかこまれた蒲団, 火鉢なりに擦り寄って, 火鉢なんか持込んで, 火鉢なんぞを忘れて, 火鉢にあたる自分の, 火鉢にすらもぶつかつ, 火鉢になぞ当つて, 火鉢にばかりかじりついてるその, 火鉢によってくださいましな, 火鉢に当たって小説の, 火鉢のうへで大衆雑誌を, 火鉢のうへにのりかかるやう, 火鉢のうへの方で, 火鉢のよこに, 火鉢ばかり誰も, 火鉢ばかりの店も, 火鉢ひとつのあた, 火鉢へでも囲炉へでも, 火鉢へもたれて, 火鉢ほしきほどなり, 火鉢をかかへながら寒いと, 火鉢をどさり, 火鉢ガスの燈明, 火鉢丼鉢眼に入る, 火鉢亀裂した鍋, 火鉢二ツそれに餅一臼, 火鉢以上であろう, 火鉢何個煙草盆何個草履何足幕何張それに供, 火鉢何個燭台何本というよう, 火鉢其他一通りの器具, 火鉢半分壊れかけた炭取り, 火鉢在る方に, 火鉢塗箱茶碗花活盆鬱金の切, 火鉢壁際に小さい, 火鉢の中仕舞, 火鉢薬鑵炭取箒寝台布団机鈴乃至, 火鉢小机置物目覚し時計膳椀皿古茶器, 火鉢小道具顏から棚, 火鉢屏風書棚の如き, 火鉢床の間には白孔雀, 火鉢座布団すべてこれに相応, 火鉢座布団その他はその, 火鉢座蒲団も五六枚, 火鉢座蒲団茶器などを貸し, 火鉢座蒲團すべてこれに相, 火鉢持つて行け, 火鉢書架棚など凡そ, 火鉢本箱でおしまい, 火鉢と一順二階, 火鉢の上, 火鉢毎年買いたく思う, 火鉢水甕塩壺など様々, 火鉢洋品店ならメリヤス襯衣, 火鉢湯たんぽ炬燵毛織物締め切った障子, 火鉢火箸から灰, 火鉢炬燵櫓の形, 火鉢炭火の烈々, 火鉢燭台の類, 火鉢玩具ソロバン弓油絵雑誌その他が古ぼけ, 火鉢甘い茶を, 火鉢の灰, 火鉢硯料紙とそれ, 火鉢碁盤將棊盤など總, 火鉢のお, 火鉢脱ぎ散らした着物の, 火鉢ぶ台, 火鉢茶菓それから手, 火鉢褥膳具酒器などない, 火鉢見るほど何, 火鉢こわれた板, 火鉢鍋七輪バケツ茶椀箸そして米, 火鉢鍋茶碗棚飲料果物匙やナイフ, 火鉢額その他勝手道具の類, 火鉢黄縞の座蒲団